2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:22:48 ID:rkwfaEpw
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。 
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。 
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。 
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。 

12月9日(土)、丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー 

スタッフ 
制作・監督:クリント・イーストウッド 
制作総指揮:ポール・ハギス 
制作:ロバート・ローレンツ 
制作:スティーブン・スピルバーグ 
脚本:アイリス・ヤマシタ 
    
主要キャスト 
<士官> 
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将 
伊原剛志 ・・ バロン西 
中村獅童 ・・ 伊藤中尉 
渡辺広 ・・ 藤田中尉 
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉 
坂東 工 ・・ 谷田中尉 
阪上伸正 ・・ 大杉少将 

<兵卒> 
二宮和也 ・・ 西郷 
加瀬 亮 ・・ 清水 
松崎悠希 ・・ 野崎 
山口貴史 ・・ カシワラ 

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ 


2 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:26:32 ID:dLy/MDqR
2?

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:26:45 ID:58uS7jOB
                      ,ィ, (fー--─‐- 、、
.                     ,イ/〃        ヾ= 、
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         },.,.,.,..,.,.
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l::::::::::::::T
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l ̄ ̄ヾ:::i
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、r_  ,,,,,,_ヾ|
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  l三)=(三)=|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l :::(__..::  |
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ー=ー  ',
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / | ___ / ,、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_



4 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:27:29 ID:rkwfaEpw
前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/l50

硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/ 
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/ 
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/ 
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/ 
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/ 


5 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:30:29 ID:aKFJ69+/
2 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/11/22(水) 12:42:46 ID:CDmZAriv
参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

3 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/11/22(水) 12:42:58 ID:CDmZAriv
硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい
BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M
【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/


6 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:30:32 ID:rkwfaEpw
日本公式(予告編多し)  
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies 
アメリカ公式(写真多し) 
ttp://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html 
IMDB 
ttp://uk.imdb.com/title/tt0498380/ 
前スレ  
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/ 

予告編 
「2部作編」予告 
ttp://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv 

テレビCM 
西郷編 
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx 
栗林編 
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx 
総合編 
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx 


7 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:37:52 ID:My2ZgL6P
>>4
前スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:49:27 ID:Uw3JYk5s
>>1
とりあえず乙!

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:51:37 ID:qkfnrY2Z

>>1が立てるこの1スレには意味があるんです!

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:51:59 ID:rkwfaEpw
>>7
ごめん、失敗した・・・・。


今日見たけど良かった。もう一回見に行こう

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:54:56 ID:moraqcT0
>>1


12 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:59:01 ID:v4QQxMwl
映画は戦場の悲惨さが描かれてなかったので、
TVドラマで補完できて丁度よかった。

あと足りないのは、蟻、蝿、ゴキだな。

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 23:59:03 ID:bPrZ9cBr
海軍に市丸とかいう奴がいたらしいが
先に攻撃したり突撃したりした最低の軍人だな。

体罰や部下を見殺しにして自分だけ生き残ろうとしていたんだろうな。

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:00:16 ID:jifhO+j5
>>2-3を火炎放射器で焼いておきました

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:00:41 ID:ZtXhvKtJ
いちおつ

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:01:44 ID:et0bXUqk
>>1は常に諸氏の先頭にあり!

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:02:36 ID:xvPfn1RM
不発弾おめ

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:03:42 ID:vyrFPuZk
>>13
ルーズベルトニ与フル書
http://homepage2.nifty.com/Bokujin/shiryou1/Roosevelt.html


19 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:05:25 ID:YkwSQTlT
今見て帰ってきたが、中村獅童完全にギャグキャラだろあれはwwwww

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:05:26 ID:TnIDy/FY
何か盛り上がってるなおまえらw
でどういう映画なんだこれ?
( ´,_ゝ`)プッ

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:06:00 ID:3BTxt7K1
>>12 あと極端な水不足、地熱と硫黄のにおい、栄養不足。

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:06:15 ID:z7TW2P9k
>>12
クマー

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:06:29 ID:4BJAwrvR
>>19
俺獅童嫌いだからアレで良いと思う。
獅童ならあんなもんだろ。

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:07:07 ID:yhd2nm34
さっきみてきた。
2chのかきこみみて萎えた。


25 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:07:18 ID:CTR5fJMK
>>20がタコツボに落ちてリンチに合う映画


26 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:07:23 ID:kaDUhqtz
実況から こんなひどい指揮官に見殺しにされないだけ硫黄島の人はマシかも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9F%E7%94%B0%E5%8F%A3%E5%BB%89%E4%B9%9F
牟田口のこれ読んだら吐き気がした。 こいつが靖国に祭られず済んでよかった。


27 :山本モナ子:2006/12/10(日) 00:08:05 ID:8vnYsGvk
しかし私が読んだ本には栗林が死んだ時点でまだ日本兵が、
洞窟の中で数千人が生き残っていて、その後アメ公に洞窟をふさがれ、
生き埋めにされて殺されたそうだが・・

そーいうのも映画に入れて欲しかった。

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:08:08 ID:eXUa4MwF
>>23
李香蘭見ろよ!
甘粕大尉なんだからさw

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:08:10 ID:LMXcLLmT
998 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2006/12/09(土) 23:57:53 ID:jifhO+j5
1000だったら、イーストウッド100まで現役 
999 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2006/12/09(土) 23:58:05 ID:rkwfaEpw
1000なら今年中に星条旗とセットでDVD化。 
新着レス 2006/12/09(土) 23:59
1000 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2006/12/09(土) 23:58:24 ID:Kti+EvG3
1000ならクリキントン 


・・・・・クリキントン・・・・・

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:08:17 ID:w6hzaJff
なんで斉藤隆が俳優やってんの?

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:08:35 ID:cpj6LKJS
白旗掲げながら殺された清水・・・・

西郷が涙して千人針被せるところ、
場内からすすり泣きが聞こえてたよ・・・・゚・(ノД`)・゚・.

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:09:11 ID:VyenlF4O
発掘した手紙をあんなに粗末にぶちまけるか?

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:10:00 ID:9XJT1i7k
>>18
誰か訳して・・・ドラマのそのシーンでぐっときた
あと娘さんが硫黄島へのラジオ放送で言わされた言葉を
70過ぎた今でも覚えていて、その事を思い出すと涙がでちゃうところ

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:10:06 ID:4BJAwrvR
渡辺謙良かったわぁ・・。
「散るぞ悲しき」をちょっとだけ読んでから見たが、
子煩悩なやさしい人間栗林を見事に演じていた。

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:10:38 ID:eTs+gDxw
>>32
何これ?
どうみてもたまたま紐が緩んで落ちたようにしか見えないじゃん。

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:10:50 ID:qregjVgO
これ観たら『星条旗』も改めて観なおしたくなった

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:11:10 ID:WaFDbw35
獅童見る前は、大和みたいな役どころかなと思ってたけど、
あまりに間抜けで可哀想になってしまった

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:11:26 ID:R7OIlZYG
米軍の大艦隊を目の当たりにしながらもウンコ入れを必死で回収しようとする西郷

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:11:44 ID:vPN7qKdD
父親では随分トリッキーな編集だったのに対して、手紙はオーソドックスな流れなのな
映画館のせいか、声が聞こえにくいのが気になったくらいで、かなりいい映画だった
映画的なカタルシスもあるし、いろいろ考えさせられるし
帰りに散るぞ悲しき買って今読んでる

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:12:17 ID:59IsY4Z+
>>38
全米が泣いた

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:12:18 ID:bE1XLfvm
巨大なスクリーンやサラウンドという点を差し引けば
今日のフジのドラマの方が良い出来だったのでは?

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:12:35 ID:eTs+gDxw
星条旗、結構面白かったけど評価悪いな。
まぁほとんどアメリカの視点だから歴史に興味ない人はつまらなく感じるかもしれないけど

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:12:46 ID:dnx6WyC/
観てきたよ〜
渡辺謙はさすが貫禄あるねぇ
二宮は台詞回し差し引いても表情が豊かだから通の目に止まるのなんとなくわかるわ
前スレにもあったが西郷が闘争心見せたシーン良かったな
未熟さも感じたが噂通り好演してるよ彼

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:13:48 ID:2hecgzmT
シドー観て感じたのは
何気に当時の海軍を印象付けしてやしないか?
何気に強がっていても降伏するところは降伏するし。
一方で陸軍将校はこの映画では善良に描かれてるけど
最期は陸軍らしく自決・玉砕という道を選んでるし。


45 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:13:53 ID:Rd8rkHKl
戦争で戦った人達くるしかっただろうな……戦死された方御冥福をお祈りします…

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:14:05 ID:LMXcLLmT
最後のシーン西郷を包囲してる米兵の中に、清水を射殺した人が居たような気がした。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:14:56 ID:qregjVgO
獅童は確かにちょっと笑ってしまう滑稽な役どころだったけど、あれはあれでリアルだと思う。
ある意味あれも人間らしいよ。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:14:59 ID:AK5C37w5
この映画観ると109師団に疑問が出てくんのよね。
あんな西郷みたいな甘ちゃんみたいなのに守らせるんだもん。
もっといい部隊があっただろう?
まぁ109師団にも145連隊とか西中佐の戦車連隊みたいな精鋭も少数はいたけどさ。
全員精鋭だったら、米の戦死傷者は3万以上は望めたんじゃね−のか?

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:15:01 ID:fw4vI2Wx
>>41
まあ、半ドキュメンタリーだからね。
事実を描いたドラマには敵わない。

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:15:07 ID:azK+xHnL
西郷がシャベル振り回した時の米側部隊長が
短気な人じゃなかったのは運が良かったな

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:15:28 ID:IiYo51OW
日本軍の手榴弾って自決するにも威力があんまり強くないから
ピンをぬいてその上に覆いかぶさらないと死ねないって何かで読んだ記憶がある
旧軍人の人の何かのインタビューだったような

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:15:58 ID:vPN7qKdD
そー言えば、エンドロール最後まで見なければ良かったな
戸田奈津子の名前が出てきてなんか萎えた
せっかく余韻に浸ってたのに

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:07 ID:NppRUC6G
>>52
あるあるw 何度も経験がある

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:15 ID:qt/7VSQX

今日日曜洋画劇場40周年特別企画「ラスト サムライ」

http://tv.nikkansports.com/tv.php?site=007&station=0007&mode=14&sdate=20061210&shour=21&lhour=1&category=tn&sminutes=00&template=detail





55 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:30 ID:VyenlF4O
>>50
×シャベル
○えんぴ

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:31 ID:IiYo51OW
戸田奈津子死ねよ
って心からオモタ

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:37 ID:9YVYDGn+
>>27
穴塞いでガソリン流して焼いたそうだね・・悲惨すぎる・・
獅童はちょっと・・今の奴にはぴったりの役ではあったけどな。
俺的にはNHKスペでやったドキュメントの方が衝撃的だった。ってか二宮が出てくるたびに萎えてしまった。

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:43 ID:lSJXBHfu
>>42
一般客には、あのフラッシュバック演出がとても分かり辛くて
映画に入り込めなかったかもね。
個人的には兵士のトラウマ表現として、上手く出来てたと思うけど。
星条旗で一番のポイントは最後のシーン(命を懸けたのは戦友のためだ)と
エンドロールの当時の写真だろうな。あれはグッと来たよ。

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:17:58 ID:azK+xHnL
そういえば日本軍の手榴弾は末期には物資欠乏で瀬戸物で作ったりしたんだよな

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:18:13 ID:wDB0isAQ
>>52
戸田を?
みたので?

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:18:52 ID:ijQlQ+EF
>>48
どこを縦読み?

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:19:03 ID:eTs+gDxw
>>52
今思うと確かになえるww
でもあの時それに気がつかなくて俺はかなり幸運だったと思う。w

つか戸田奈津子って業界の癌じゃね?
大御所の癖して何あんな少しの英語の台詞だけでしゃしゃり出てるの?

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:20:01 ID:LMXcLLmT
戸田奈津子のぽかを見ると俺はまだ生きていて良いんだと思える。

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:20:02 ID:azK+xHnL
>>55
あーえんぴと書くとマニアックかなと思いw

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:20:21 ID:7bX4u4Vy
>>48
小松真一「敗因21か条」の1。「精兵主義の軍隊に精兵がいなかったこと」

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:21:23 ID:0QT+MzgN
謙さんのキャラが・・・
ラストサムライと被ってたと思ったのはオレだけ?

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:22:48 ID:WaFDbw35
そういえば映画と全然関係ないんだけど、
海賊版撲滅キャンペーンのCMが変わったな。
前の黒い涙が出るCMはキモかったからよかった。

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:23:05 ID:AK5C37w5
そういえば226事件の青年将校たちは皆死刑になったんだっけ?


69 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:23:16 ID:9YVYDGn+
バロンかっこ良すぎ!!

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:23:25 ID:vFDYtbxr
閣下のわたし達に対するご親切なるご好意
まことに感謝感激にたえません
閣下よりいただきましたタバコも肉の缶詰も
ありがたくちょうだいいたしました

お勧めによる降伏の儀には
日本武士道の慣いとして
応ずることはできません

もはや水もなく食もなければ
十三日午前四時を期し
全員自決して天国にまいります

昭和二十年五月十三日
日本陸軍中尉
浅田真治

スプルアンス提督殿


71 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:23:26 ID:qregjVgO
>>67
でも新しいバージョンのあのイラストはあれはあれで不気味だったぞw

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:24:27 ID:xvPfn1RM
>>71
 スーパーメンに免じて許してくれ

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:24:29 ID:vPN7qKdD
ナチス側から描いた戦争映画も見たいな
まー、ハリウッド牛耳ってるユダヤ人が絶対に許さないと思うが
その前に早くドリームワークスの太平洋戦争のテレビドラマが見たいけど

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:24:49 ID:4BJAwrvR
栗林中将の
「われわれの子供らが・・・」
のくだりが今の俺たち日本人をも含んでいることに気付くと泣ける。
「この島はまだ日本か?」
の問いも。

戦争はいけない、でも、日本を守った人たちに敬意を忘れてはいけない。
いろんなことを考えさせられる映画だった。
もっかい見に行こう。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:25:39 ID:NppRUC6G
>>67
>>71
あのバージョンは笑えるからいい。
「撲滅する気があるなら、もっとまじめにやれ」とは思ったが。

あのイラスト誰が書いたんだろ

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:26:34 ID:vPN7qKdD
天皇陛下万歳もグッときたな
最近の邦画じゃまず言えない台詞だな

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:26:39 ID:L/ZNkn0b
日本軍の帽子をかぶってるイーストウッドを見るたび
本当は栗林の役やりたかったんじゃないかと疑っている

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:26:57 ID:VyenlF4O
>>74
>戦争はいけない、でも、日本を守った人たちに敬意を忘れてはいけない。
同意

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:27:38 ID:wDB0isAQ
アメリカもひどいことをしたものだ。
アメリカが戦争をふっかけなければ日米双方が死なずに済んだのに。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:27:58 ID:eTs+gDxw
>>75
なんか本屋とかでよく見かけるよね。

てか俺のまわり軍オタばっかで映画の事まともに評価しない奴ら多い。
日本人の映画だから左翼映画にきまってるとか。


そんな感じ。マジツマラン。

日本の左翼的世論と真逆w

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:28:01 ID:SNFzSchk
Q 急に
T 戸田の字幕が
K 来たので

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:28:12 ID:59IsY4Z+
>>74
「この島はまだ日本か?」

今の日本に対する皮肉も入ってるんだろうか

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:28:46 ID:7bX4u4Vy
バロン西に米軍が「我々はあなたを尊敬している。死んではいけない」と投降を呼びかけたという作り話が無かったのは良かった。

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:29:00 ID:IiYo51OW
>>67
あの絵面白いなw

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:29:01 ID:WaFDbw35
>>75
犬山犬子とかいう人じゃないかな
うろおぼえだけど

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:29:44 ID:ohKwE3Cn
主要キャストのオーディション受けた人って他に誰がいたんだろうか。
有名どころはそんなにいないのでは?電車男は論外だとして。

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:29:53 ID:T7YelQwJ
マキバオーかいな

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:30:03 ID:7bX4u4Vy
>>85
犬山犬子は声優だろ。新しい単位の人だよね。

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:30:18 ID:WLsluxNL
ラストのシーンで、
西郷にウンコバケツ特攻して欲しかった・・

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:31:57 ID:WaFDbw35
>>85
間違った。
五月女ケイ子だ。
シティーボーイズの舞台に出た人で混同してた

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:32:05 ID:iExNXWpF
>>73
そのテレビドラマってBOBの太平洋版?
俺、エキストラで出たいな

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:32:14 ID:SNFzSchk
>>86
ハリウッドメジャー作品に出たくないやつはいないだろ
結構受けてんじゃねーの
落ちたら口外するわけもなし

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:33:53 ID:qregjVgO
友人の映画関係者に聞いたんだけど、石橋凌(字不安)はオーディション受けてたらしい。

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:33:56 ID:NppRUC6G
>>90
thx イメージ検索してみたが、この人の絵っぽいですね

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:34:58 ID:oPWYrsVg
フジのドラマにも手榴弾自決があったらしいが、
映画と比べてどうだった?

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:35:14 ID:BnYuLwVu
>>89
そんなことよか、あのうんこバケツから出ていた
ケムリ(湯気?)はナニ?

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:35:22 ID:bRCmrsVz
クリントは傑作を作ったと言ってる人とクリントは駄作を作ったと言ってる人
ナベケンをさすが!と言ってる人とナベケンをワンパだと言ってる人、
二宮がスゴイと言ってる人と二宮が下手だと言ってる人、
シドウが良いと言ってる人とシドウは要らないんじゃないか?と言ってる人、
伊原をカッコイイと言ってる人と何故伊原?と言ってる人、
加瀬が味があると言ってる人と全く触れない人、
裕木が若いと言ってる人と裕木が老けてると言ってる人

がいる。つまり、見る人次第なんだな。

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:35:50 ID:2SHdGU+0
正直言ってヒストリーチャンネルの硫黄島特集のほうが
よかった。今から20年前の日米兵士の再会特集。

日本がどういう大義名分で戦争せざるを得なかったか
全く描かれてなかった。ありゃ駄目だろ。

「ムルディカ」のほうが100倍感動した。
所詮米国人が監督の映画ってところだ。


99 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:36:01 ID:iExNXWpF
松本人志とか石橋貴明ならいい演技しそう

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:37:21 ID:eTs+gDxw
>>98
ムルデカとかナツカシスwwwwwwwwww

でもあれ面白かったなトンデモ演出は多かったけどw
ストーリーは史実らしいし。

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:37:22 ID:ixxCBEJq
>>98
これ、感動する映画とは違うと思う。
クリントも狙ってないだろうし。

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:37:47 ID:pgkhWYxw
>>95
ドラマの手榴弾って光沢がなく、プラスチック丸出しっぽかったので
タギミが出してるプラモデルじゃないのか?って思った。

まあ映画とは比べ物にならんけど日本のドラマのわりには
血のりとかが生々しかったかもね。

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:38:06 ID:R7OIlZYG
「戦争映画」という前に「イーストウッドの映画」ということを理解してない人が見受けられますね。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:38:28 ID:eTs+gDxw
>>102
木製でしょ?あれ

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:38:34 ID:7bX4u4Vy
>>98
> 日本がどういう大義名分で戦争せざるを得なかったか
> 全く描かれてなかった。ありゃ駄目だろ。

そういう話じゃないだろう。

> 「ムルディカ」のほうが100倍感動した。
> 所詮米国人が監督の映画ってところだ。

ムルデカは映画としては駄目だろ。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:38:39 ID:WaFDbw35
>>96
ホカホカふんわりうんこ

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:39:03 ID:I6YCM0q+
獅童のエピのオチにワラタ

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:39:45 ID:NppRUC6G
>>96
まさかほかほか湯気ウンコ(発酵かなんか?)をハリウッド映画で見られるとはな。
ぶちまけた中身を見たいがために前のめりににググっと乗り出したぞ。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:39:51 ID:BtLsFw6t
最後の突撃前のシーンで、
栗林が「今後我々のこの戦いが、後の日本で語られる」って台詞を聞いて、
今の日本ではそんな教育していないなって感じた。

だから日本人は愛国心とかがないんだろうな。
ちょっと心に響いた言葉でした。

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:40:05 ID:eTs+gDxw
でも硫黄島って寒いのかな?
あんなに湯気立つなんて化学反応起きてるとしか考えられない

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:40:07 ID:WaFDbw35
手榴弾って、ピン引っ張るだけじゃ爆発しないの?
なんでみんな頭コンってしてたのかな。

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:40:19 ID:qFne5b2P
獅童は結局は生き残って生還できたの?

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:40:19 ID:LMXcLLmT
向こうはストロベリーソース。こちらは・・・・・

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:41:44 ID:Yrsrn+3T
<<73

 ハリウッド映画じゃないが、「ヒトラー」っていうモロナチス側の
視点のドイツ映画があるぞw

 洋画の第二次大戦モノといえば、英米連合国側の視点で描かれた作品
がほとんどだからかなり新鮮だったw

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:43:00 ID:WaFDbw35
>>109
イーストウッドは、今のニッポンのそういう所も揶揄してると思う。
戦争で死んだ兵士達を拝んじゃいけないなんておかしな国だ。

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:43:32 ID:2SHdGU+0
正直言ってヒストリーチャンネルの硫黄島特集のほうが
よかった。今から20年前の日米兵士の再会特集。
。。。。。。。。

この特集では、少年兵として従軍した人が
司令官(栗林ではない。大石?忘れたがそんな名前だった)

少年兵らが軍歌じゃなくて唱歌を合唱しながら
農作業をしていると、突然司令官が現れて
「しまった。軍歌じゃなくて唱歌を歌ってる」
と思ったが、そのまま歌い続けていると
司令官が少年兵の歌を聴きながら
頬に涙を浮かべてられたなんて
その時の感動を涙を流しながら懐かしそうに話す元少年兵。
「あの戦争はムダではなかったんだ。あの戦争が私を変えてくれた
んだから」と涙ぐむ牧師。そして日本兵との再会したとき
なんの恨みもなくお互いが打ち解けていることに
感動している様、、、

やっぱヒストリーチャンネルのほうがずっと良かった。

硫黄島からの手紙は腰抜け日本兵がいたり
反戦に意図的に持っていこうとしたり
そのあたりの構成が見苦しい。



117 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:43:32 ID:eTs+gDxw
>>111
それはアメリカのパイナップル型手榴弾。

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:43:54 ID:Yrsrn+3T
 >>73 「ヒトラー最後の12日間」だった・・・訂正

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:08 ID:NppRUC6G
>>111
ハリウッド映画の見すぎだから、じゃなくて日本軍の手榴弾の構造。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:14 ID:kaDUhqtz
春よ、こい
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:32 ID:0QT+MzgN
>>113

こちらは特性のカレールー。
あったかいご飯にどうぞー

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:36 ID:GmeWpESz
ナベケンの「私の部下を勝手に殺さないでくれるか」
と「行きましょう」の静かなセリフにしびれました。

ところでNAEってなんなんだ。

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:47 ID:/vyjGgaR
見てきた
ハリウッド的演出もなく地味で良い映画だったけど
でかいオモチャみたいな黒いロケット弾が戦車に命中する所だけがなんか嘘っぽかった
ワロタけど

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:52 ID:pgkhWYxw
>>111
爆発しませんよ。あれは安全ピンをはずしてるだけだからね。
手榴弾の上部にある突起物(起爆装置)を押すと数秒後に爆発する。

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:45:11 ID:cV6ui3e7
>>109

そういうことに話を持っていくのはイヤーン。

>>111

日本製はそういう仕様になっていたため、
アメリカ製手榴弾より劣っていたそうだ。

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:45:46 ID:z4ACGtSu
坂東英二
松本人志
石橋貴明
村上ショージ
内藤剛志
木村祐一
水野晴郎
でやってほしい

127 :E.S:2006/12/10(日) 00:45:58 ID:R8dIWt75
なんだかなー。はっきりいって駄作です。そもそもダーティハリーには荷が重過ぎる題材だったんだよなー。期待しすぎた私が悪いのでしょう。くだらなすぎて、噴出しました。がんばったのは認めるけど。力抜けちゃったよ。ハー・・・。

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:45:58 ID:LMXcLLmT
>>116
はあ、そうですか。それならそちらのスレ(有るかどうか知った事じゃないけど)で
思いの丈をぶちまけられては如何ですか?

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:46:07 ID:B2V24/9S
ナベケンの天皇陛下万歳に痺れた

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:46:30 ID:vOckCBsP
>>82
韓国です。

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:46:42 ID:2SHdGU+0
>>105

いや、「ムルディカ」で一番感動したのは
インドネシア人に殴り飛ばして皇軍の真髄を教えていた場面。

「貴様、自由は人から与えられるものじゃないんだ。
日本は、自らの手で勝ち取ったのだぞ。甘ったれるな!」

とビシバシドツクシーン。
あのあたりの迫力は良かったがね。

「硫黄島」は反戦映画だ。

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:47:04 ID:59IsY4Z+
>>123
あれ 「星条旗」の方の 「…戦車は忘れるんだ」のシーンかな

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:47:17 ID:WaFDbw35
>>117
>>119
へぇ。
だったら、手榴弾って思ったより殺傷能力無いんだなと思ったのはそのせいか。

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:47:24 ID:z4ACGtSu
ドイツの棒状の手榴弾も同じような仕様じゃないっけ?
もち手の下の部分ネジを外してスイッチ入れる感じ

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:47:28 ID:NppRUC6G
>>122
NAE→裕木奈江ですよ。

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:47:36 ID:vFDYtbxr
>>131
頭がウニになってかわいそうに・・・・

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:48:12 ID:qFne5b2P
ごめん 俺、映画で途中で寝てしまったんだ・・・

教えてください。 獅童はどうなったのでしょうか?

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:48:24 ID:KfRs6f+R
>115靖国参拝は、ナチの墓を参拝することと
同様に思われているのに、軽々しく
そんな意見、書き込まないほうが
懸命かと、考えます

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:48:33 ID:jCqsLCwX
>>96
ウンコが発酵してホカホカになってる。

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:49:12 ID:NppRUC6G
>>131
>「硫黄島」は反戦映画だ。
ええ、そうですよ。それで?

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:49:23 ID:3P0FHpcy
この二部作ってひょっとして実話ではなく
史実をもとにしたつくり話なんですか?修羅の刻みたいなもんですか?
おやじたちの星条旗のすり替え話もつくり話ですか?
なんか実話にしてはドラマチックすぎるんだけど

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:49:52 ID:2hecgzmT
そういや随分前に米CBSのドキュメンタリー番組で
10年前に太平洋戦争50周年企画を大々的にやってたけど
硫黄島のことは一言も触れられてなかったな。
米国側:ブッシュ父
日本側:酒井三郎
が出演してたけど。

ただ、フランクリン・ルーズベルトが死去した時に
数多くの戦場の名前が惜別の言葉の中に入っていたけど、
太平洋戦線では真珠湾と硫黄島が入っていたから、
当時の米国民には硫黄島の戦いは印象的だったんだとは思う。

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:50:34 ID:7bX4u4Vy
>>131
まあ史実はあんな感じなんだが、全体的に演出が単純すぎるってことね。

>>138
「思われてる」ことと真実は別だぞ。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:50:48 ID:xvPfn1RM
>>123
 203mmロケット弾ちゅー物らしいが直撃したのかな?
どっちにしろ戦車を破壊したけど

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:51:32 ID:2hecgzmT
>>141
ほぼ実話をもとにしてる。
ただ、手紙のほうは若干フィクション

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:51:54 ID:6rDfe6rt
今見てきたがわからんことがある
この映画をどう見たら反戦映画になるんだ?


147 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:52:37 ID:cV6ui3e7
>>137
戦車が来ないのでやけになり地雷を投げ捨てシャツ一枚で寝てて、
米兵に見つかり捕虜になって助かったと思う。

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:52:46 ID:2SHdGU+0
>>140

反戦はいいんだけど、
日本がなんで戦争せざるを得なかったのかの
説明が全くなかった。

どう戦争を仕向けられていったのか。
そのあたりが不満なのと

あんな腰抜け日本兵は当時いないだろ。
なんか60年前に一人現代っ子が
タイムスリップしたような。。。。

あの日本兵(パン屋)が浮きすぎ。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:53:12 ID:eTs+gDxw
>>116
>硫黄島からの手紙は腰抜け日本兵がいたり
>反戦に意図的に持っていこうとしたり
>そのあたりの構成が見苦しい。

ふだん反戦色強い日本映画にはムカムカしたり気分悪くなる俺だけど、西郷は何も全く戦ってないわけじゃないんじゃねーの?
ただ戦ってる場面が描いてないだけ。
イライラしたりムカムカしたりする事はなかった。

仮にこういう日本人が実在したとして、ホッとしたのは俺だけじゃないはず。

逆に昔の映画のパターンにある模範的で礼儀正しくて戦闘意欲旺盛な日本人や変な反戦色強い人間、駄目芸人がタイムスリップして「昔の日本人」に感化されて終わる説教映画とかよりはよかった。
あっちの方がなんか胡散臭くて嫌い。

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:53:20 ID:CTR5fJMK
>>111
種類による。米軍が使うパイナップルは安全ピンを抜き、投げた段階で、
枝が外れてバネの力で撃鉄が信管を叩く。
日本のは、ピンを抜いて、自分で遅延信管を叩いてから投げる。

>>133
いくら日本製でもあんなもんじゃあないよ。
周りの人にも被害あるはず。あのシーンには違和感があります。


151 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:53:32 ID:SNFzSchk
良い映画だったが、ゆうきなえの「〜だよ」しゃべりはチョト残念
あの時代の女は、あんなしゃべり方しないだろ。あれじゃいまどきの女の台詞だ。

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:53:47 ID:LMXcLLmT
>>148
そんな説明が有るような映画じゃ無いんだよ。初めから。


153 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:54:26 ID:7bX4u4Vy
>>148
> 反戦はいいんだけど、
> 日本がなんで戦争せざるを得なかったのかの
> 説明が全くなかった。

だーかーらー、そういう話じゃないっつうの。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:54:38 ID:JgbySv26
流れ読まずにカキコで申し訳ないのですが、、教えてください。
小学生を連れて行こうと思うのですが、「父親達の星条旗」のような、
グロい戦闘シーンは無いものと思っていいでしょうか・・?
(「・・星条旗」は流石に子供を誘えなかった)

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:08 ID:cpj6LKJS
ひたすらセンチに作るせいで、テンポ乱れまくりの和製戦争映画に比べ
戦闘行為の惨さ、恐ろしさをドライにきちんと伝えようとする西洋戦争映画。
物事を上手く伝える技量は、やっぱり向こうの製作者の方が上手だよ。
自決シーンの怖さをアメリカ人監督に教えられるとは、思っても見なかった。
この路線(外人監督、役者日本人)でも良いから、ひめゆりの塔とか
広島原爆とか作って欲しいな・・・。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:35 ID:+io5MunX
>>154
星条旗よりは若干グロ度低し

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:45 ID:qFne5b2P
>>147 ありがとうです!
また今回も生き残ったんだ。
獅童ってどの戦争、戦闘映画でも死ぬことが無いよね。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:49 ID:7bX4u4Vy
>>154
勿論、当然のようにあります。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:55 ID:LMXcLLmT
>>154
辞めた方が無難です。星条旗の自決遺体の自決シーンがあります。

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:55:57 ID:BE6BQjuH
>>154
もっとグロいよ。ヤメトケ

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:56:20 ID:2D51jpGa
正直、面白いかと言ったら終盤まで駄作一歩手前。
ただ栗林が「まだここは日本か」と言ったシーンにグッと来た。
日本・日本にいる家族を守るためと言う思いがこもった一言だった。
(もちろん栗林中将は総攻撃時どのように亡くなったのか定かでない)

栗林中将やバロン西の逸話(捕虜助け除く)は史実に基づいているが
ありえないシーンはやはり気になった。
日本の名優以外はどうも日系人俳優が出ているらしく言葉が変だし。
人間味のある将校が皆、アメリカ留学ありでまるでアメリカを経験したから
あのような人間になったと言わんばかり。

だけどアメリカ人にあそこまでほぼ違和感なく作れたのはすごい。
そういう意味ではアメリカ人が作った日本映画とすれば秀逸

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:56:22 ID:vPN7qKdD
>>91
今回のが興行成績よければ2009年位には見れると噂の
もちろんバンドオブと同じスタッフ

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:56:25 ID:2SHdGU+0
>>154
あるよ。
腕が飛び散ったり
自決で体が粉々に
飛び散って腰抜け現代っ子兵士の
顔に結婚がべったりついたり
バロン西の被弾した眼がえぐかったり

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:56:27 ID:xvPfn1RM
>>154
 腕が千切れて血がぴゅーぴゅー飛び出ます。
人が火達磨になります。
振り返るとグロい面構えになった人が死んでいます。

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:56:46 ID:3ogkkoO1
>>114
>>73氏が言ってるのはそういうことではなかろう。
戦後の西ドイツ映画には、他にも、「橋」(59年、ベルンハルト・ビッキ監督)
とか、「リリー・マルレーン」(81年、ライナー・ウェルナー・ファスビンダー
監督)とか、ドイツ人にとっての第二次大戦を描いた秀作はいくらでもある。
今回画期的なのは、日本の敵国だったアメリカの映画人であるイーストウッドが、
日本人俳優を使って日本側の視点で日米戦争を描いたことであるわけで。

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:06 ID:ixxCBEJq
>>154
グロさでは、手紙の方がグロいと思うけど。
戦闘シーンよりも、自決と捕虜殺しが怖かった。

最近の映画では、怖さでは『トゥモローワールド』が最高だったけど。
本当に、自分が撃たれる感じがして、映画館で思わず体をのけぞらしたよ。

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:07 ID:UNC087Ba
41 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/10(日) 00:12:18 ID:bE1XLfvm
巨大なスクリーンやサラウンドという点を差し引けば
今日のフジのドラマの方が良い出来だったのでは?

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:14 ID:z4ACGtSu
星条旗そんなにグロいんか。
まあ人によるだろうけど死体より
死にかけで動いてるやつのほうが
うわーと思うな。
のたうちまわる演技とか見るときついと思う

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:48 ID:B2V24/9S
反戦映画とか見ると
逆に俺はアメリカ人を皆殺しにしたくなるけどな

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:58:05 ID:qFne5b2P
>>154
「星条旗」よりも多いかと思われます。
捕虜の射殺とかリンチ&刺殺シーン、手榴弾集団自決で肉片飛び散り
シーンなど盛りだくさんです。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:58:10 ID:qregjVgO
死体を見せる時間は『星条旗』の方が長いんだけど、こっちは自決するシーンがモロに描写されてるからな。
最初からあった死体と、生身の人間が恐怖を感じながら肉片になってしまうのとでは、後者の方がトラウマ度は高いと思う。

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:58:34 ID:SNFzSchk
>>154
結構グロシーンあるし、そもそも最低限の予備知識がないと分からんと思う。
小学生は無理じゃないかな。
小学生なら、男たちの大和でも見せとくほうが良い。

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:59:09 ID:vPN7qKdD
地上波放送すんのかな
カットシーンは多そうだが

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:59:11 ID:9/f/mo5U
「まだここは日本か」から最後までは嗚咽してしまったよ
傑作だろこれ

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:59:32 ID:qregjVgO
しかし微妙なところだね。敢えて見せておいた方がいいのかとも思うが、ショッキングすぎる気もする。

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:59:42 ID:B2V24/9S
今時の小学生は毎週死体見てるから大丈夫だろ、コナンとかで

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:59:46 ID:2SHdGU+0
>>161
栗林中将やバロン西の逸話(捕虜助け除く)は史実に基づいているが
ありえないシーンはやはり気になった。
日本の名優以外はどうも日系人俳優が出ているらしく言葉が変だし。
人間味のある将校が皆、アメリカ留学ありでまるでアメリカを経験したから
あのような人間になったと言わんばかり。
................................

俺もそれは気になった。
やっぱりハリウッド。
何かしら洗脳工作が入ってるなと思った。
アメリカ人ってインデアン抹殺、ハワイ人抹殺
フィリピン植民地にして、次は日本人虐殺。

チャンネル桜による当時のギャラップ調査で
米国人の12%か13%だかが日本人抹殺を望んだんだってさ。



178 :154:2006/12/10(日) 01:00:06 ID:JgbySv26
・・・やっぱり、そうですよねぇ・・・
自決シーンとか、たぶんですが、、穴の中に引きずり込まれたアメリカ兵士が
酷い殺され方をするとか・・? 「星条旗」で前フリしてたところの描写はありますよねぇ・・・
戦争映画だモンなぁ。。。
そうかーーー、やっぱり大人になってから観てもらうことにしよう。

皆さん速攻で教えてくれてどうもアリガトウございました。


179 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:00:32 ID:eTs+gDxw
>>177
ギャラップ?

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:00:41 ID:pgkhWYxw
>>168
星条旗はねえ。時々2ちゃんねるに貼られているバラバラ死体の写真並みに
グロいシーンあったよ。手榴弾で自決した日本兵の死体の顔が半分割れて
中身が出てたりとかね。よく造ったなあって思ったわ。


181 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:01:04 ID:qregjVgO
>>173
とりあえず「天皇陛下万歳」はカットされるな。テロ朝だと。

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:01:21 ID:LMXcLLmT
>>180
あの人西郷と仲良かった人なのかな?

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:01:22 ID:B2V24/9S
機銃掃射の後に山崎の顔が半分無くなってるのは結構グロいかも

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:01:51 ID:ixxCBEJq
>>178
戦争もんでは、トゥモローワールドが怖かった。

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:01:59 ID:qFne5b2P
硫黄島の戦いってどっかで見た史実だと
かなりの数の日本兵が投降したらしいね。
戦う前から栄養失調や、赤痢でまともに戦える状態じゃない兵士ばっかり
だったらしいし。

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:02:04 ID:xvPfn1RM
>>178
 そいつは散々暴行受けたあとで銃剣で刺殺されます。
米兵捕虜を助けたシーンとの対比が、


187 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:02:08 ID:2D51jpGa
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

これ読めば当時の一平卒がどのように考えてたかよくわかるよ。
今とほとんど変わらん
すごく嫌な臆病な上官が病気(仮病)を使って硫黄島の任務から
逃げたことも書いてある。
この人自身は大怪我を負って保護に近い状態で捕虜になった。

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:02:34 ID:CTR5fJMK
両方見た人に聞くけど、あの米兵はイギーとリンクさせて見た?


189 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:02:34 ID:ZKLa99yU
>>116
>硫黄島からの手紙は腰抜け日本兵がいたり

兎のような戦わないスタンスの兵士、ただの青年が戦場においてどう変わっていくのか
メインの栗林やバロン西を彼の目を通して見ながら描いた映画なんだと
どこかのインタビューで見た

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:02:40 ID:eTs+gDxw
>>181
こういうのに限って朝日がCMによるカットと長年の捏造編集技術の粋を持って偏向映画にして放映しそうw

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:00 ID:jgXyOpkr
考証がデタラメ過ぎる。

日本軍に戦車、大砲、機関銃なんてあるわけない。おまけにミサイルまである。

江戸時代じゃないんだから刀や馬を使わないし。
あんなに古い言葉使いをするわけない。

日本軍の指揮官が人道的過ぎるし捕虜は容赦なく処刑するはず。

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:29 ID:c29X+5ov

二宮クンの口調だけにとらわれすぎてるとイーストウッドの大事な宝物見逃しちゃうぞっ

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:31 ID:9/f/mo5U
凝り固まったウヨにとってはモノ足りん映画だろうが
アメリカ兵の残虐さまで客観的に描いてる
イーストウッドじゃないと作れん

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:33 ID:z4ACGtSu
小学生なら本で読ませとけば良い

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:39 ID:2SHdGU+0
>>187

ああ、それ俺も読んだよ。
捕虜になって助かった人の手記だろ。
なかなか読み応えがあったな。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:55 ID:vy78RRTc
>>191
(ノ∀`)アチャー

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:55 ID:vFDYtbxr
>>154
あなたのお子さん?の年齢にもよりますが
日本のTVで流されてるような「綺麗な戦争報道」では
見られない映像を見せることで戦争の悲惨さだけでなく
その当事者達の苦悩を子供の内から教えたいのなら
覚悟の上で連れていかれてはいかがでしょうか。
ただ、その子が単なる恐怖感しか得られないと判断されてるのでしたら
ムリに連れていかないほうが無難でしょうね。
そのお子さんがどう受け止めるかにかかってますね
(あなたがその辺の説明をちゃんとしてあげらられば得るものは大きいかもしれません)


198 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:57 ID:LMXcLLmT
>>190
リターナーの中国マフィアを完全に削って放送したのは見事だった。

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:03:59 ID:7bX4u4Vy
>>191
お前の方が出鱈目。

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:04:11 ID:Yrsrn+3T
 >>154
 日本兵が火炎放射された腹いせに、米兵捕虜をリンチしたり、
逆に白旗をもって投降した日本兵が捕虜の面倒みるのがだるい
という理由で虫けらのごとく米兵に射殺される場面があるから、
少なくとも、子供連れて観る映画ではないね

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:04:15 ID:250sxWVG
この映画は、出来不出来は置いておいて(まだ未見だが)
反日じゃないかと思われていた(来日がほとんど無い)
イーストウッドが日本側にたった映画を撮ったことそのものに
価値があると思う


202 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:04:36 ID:CTR5fJMK
>>191
カエレ!

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:04:51 ID:eTs+gDxw
>>191
>日本軍に戦車、大砲、機関銃なんてあるわけない。おまけにミサイルまである。

ミサイル・・・

ネタですか釣りですか?

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:08 ID:qFne5b2P
あ! 今気づいた。

星条旗で途中に行方不明になったアメリカ兵と
今回、日本兵にリンチされて刺殺されたアメリカ兵って同一人物なの?

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:09 ID:ixxCBEJq
>>188
あれは、イギーだと思った。
日本人捕虜×2が殺されたところも怖かったけど。

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:31 ID:59IsY4Z+
「衛生兵を狙え」 って国際法違反ですよね?

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:36 ID:NppRUC6G
>>191の人気に嫉妬

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:38 ID:ZIBDlwk6
>>154
小学生でも年齢によるんじゃないかな?
私は小学生の頃(10歳くらい)に学校の体育館で、広島の原爆映像を見せられたよ。
ヤケドだけでなく被爆者のまぶたをめくると両目とも眼球がない場面もあった。
映画のような作り物ではない、強烈な映像を見たあとすぐに給食の時間で
ちょっと皆はゲンナリしてたけどね。
高学年になってたら大丈夫じゃない?

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:45 ID:3ogkkoO1
>>191
もう来なくていいよ。

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:05:51 ID:eTs+gDxw
>>204
確か串刺しにされてミンチになってたとか言ってたからそうじゃない?

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:06:06 ID:cUpwtZX6
>197
同意
子供の頃沖縄の記録映画見せられて
トラウマになったもんだ

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:06:09 ID:250sxWVG
>>126
水野晴夫を除いて嫌われ者ばっかじゃん

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:06:22 ID:2SHdGU+0
>>193

いや、凝り固まってないよ。
ハルノート作成者がソ連のスパイだったこと
国民党に中国共産党のスパイがいて
そのスパイが日本軍に発砲しただの
ちょっとばかし知識がある人間にとっては
なんだかって思うわけ。

もっと、どう戦争に巻き込まれたのか
書けよと。
大本営批判だとか憲兵批判だとか
そんなのだけかよ
と思ってしまうわけ。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:06:49 ID:2D51jpGa
>>185
日本軍2万人いて
生き残った人千人
20人中19人が戦死。
投降した人が多かったとは言えない。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:06:58 ID:vPN7qKdD
イーストウッドって76歳なんだよな
あと何本映画取れるんだろう
てか、昨今の老人はスゲーな

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:07:07 ID:cV6ui3e7
>>191
ぶっこわれた戦車や迫撃砲や軍刀や少数の機関銃や大砲はあったと思う。

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:07:47 ID:ZKLa99yU
>>210
だがあのアメリカ兵はイギーではなかったよ
イギーを彷彿とさせるシーンではあったけど

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:07:55 ID:7bX4u4Vy
因みに単独で投降しても捕虜になれるとは限りません。
投降は部隊単位でするもの。個別の投降を受け入れる義務はないそうです。

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:08:12 ID:AAKkrmw/
↑え?は?
戦車、大砲、機関銃あったよ。一応。ミサイルつか高射砲な。
陸軍は皆少尉以上は軍刀持ってた。
「捕虜は容赦なく処刑・・」
ありえません。
ジューネーブ条約は戦前からあったです。


220 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:08:31 ID:vPN7qKdD
>>214
投降しても清水みたいなのも多かったのかな

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:08:35 ID:eTs+gDxw
>>208
ていうかあれだよね
原爆のショッキングな描写も見せられてるんだから当然こういうのも見せるべきだと思うよ
受身オンリーの情報はアメリカFUCKっていう偏向右翼・左翼になる可能性もあるし。
バランス感覚に溢れる人間にさせたかったらこういうのは積極的に見せるべきだと思う。

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:09:12 ID:pgkhWYxw
バロン西の身なりがめっちゃキレイだよね。
史実では彼自身は硫黄島に来る途中に乗ってた輸送船を潜水艦に撃沈され、
戦車26両と部下2名を失ったけど馬は大丈夫だったのかな?

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:09:55 ID:UmjMRDoQ
>>215
長生きしてほしいな

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:07 ID:3ogkkoO1
>>215
「昨今の老人」て、天才をそこら辺の一般人と一緒にすなw

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:14 ID:qFne5b2P
>>203
実際、写真に写ってますよ。

「戦地を訪ねて」
>>http://www.iwojima.jp/battle2.html

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:14 ID:B2V24/9S
>>213
ハルノートは外交のたたき台に過ぎない
日米関係の悪化は日本軍の南部仏印進駐が原因
陰謀論は卑怯モノの言うことだ

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:23 ID:7bX4u4Vy
>>220
リンドバーク日記によれば、英語のできるものだけ残してあとは殺したそうだ。

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:23 ID:CTR5fJMK
>>205
見た感じは顔が違うし、アメリカ人の受容範囲を越えるからイギーとは別人なんだろうけど、
イーストウッドの表現方法の一つかなと勝手に思って見てました。


229 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:44 ID:2SHdGU+0
>>214

いや、実際のところ
日本人捕虜は結構殺されてんだわ。

戦争やると死者と負傷者の割合はだいたいこうだってのが
あるんだが、生き残った日本兵はかなり少ない。
自決以前に殺されてるってパターンはかなり多いはず。
民間人でも空襲で虐殺しまくったのが米軍だからさ。

捕虜にだけ優しいってことは考えられん。


230 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:10:52 ID:9/f/mo5U
硫黄島協会遠藤会長は映画を見た感想をこう話す。

「硫黄島協会の関係者四十数名でいっしょに見ましたが みんな最初から
泣き出してしまいました。 二宮君が演じたパン屋の西郷役に、
あの島で戦った兵士達のあらゆる面が反映されていたと思います。(中略)
『二度も三度も見たい』という遺族もいました。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだからかなり客観性にはこだわったんだろう

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:11:04 ID:cpj6LKJS
>>217
ええ?イギーだろう?!竪穴から落ちてたし。
イーストウッドがせっかく2作掛かりで用意した演出を汲み取ってやらないと・・・

と釣られてみる。

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:11:15 ID:bjqG4x8C
誰も突っ込まないみたいなので・・・

>>161
>栗林が「まだここは日本か」と言ったシーンにグッと来た。
>日本・日本にいる家族を守るためと言う思いがこもった一言だった
そんなんじゃなくて、単純に「死ぬなら日本で」ってだけではないか?
大体彼が死ぬこと自体、誰かを守るためではなくて、部下に死を命じた
ことの責任を取るためだろう。
そこらへんが、西に連隊を任された士官が部下を逃がすために機銃陣地に突撃する
エピソードとあわせて、無駄な攻撃を命じたあげく自分だけは死を免れた陸戦隊の
(中村がやってた)士官との対比で生きてくるわけだし。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:11:45 ID:z4ACGtSu
>>208
それは強烈やな
あの手の教育ってどうなんだろ。
俺は読み聞かせばかりで、
映像は無かったが、それでもきつかったしなぁ。
中学の頃、教科書の1ページの隅にそういう写真発見して
その教科書封印した思い出が・・・

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:12:07 ID:JgbySv26
154です。
皆さま、いろいろご意見大感謝です。
まだ4年生で、グロイ映像にはまったく不慣れな子供なので、
皆様のご意見を参考に、、
博物館の資料庫で史実記録映像見せて説明するくらいにしておきます。

今日のフジテレビ、せっかく2時間も見たのに内容薄くて、見て損した気分でした。


235 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:12:16 ID:vPN7qKdD
>>227
日本軍にしろ似たようなことはあったろーし、その辺を淡々と描く辺りがイーストウッドのいいところだな

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:12:46 ID:bjqG4x8C
栗林を埋めた西郷が、米兵に囲まれて暴れるシーンって、父親たちの星条旗の方に
あったっけ?

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:13:04 ID:LMXcLLmT
すれ違いだがヒロシマ、ナガサキはせめて中学からにしてくれ。
あまりにも重すぎるよ・・・・・・・

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:13:15 ID:DXHOnxSR
前レス>>880

西の失明→自決ってのはもともと脚本にはなくて
伊原が監督に提案したとクリントがインタビューで言っていた気がする。
伊原曰く「西はすんなり自決するタイプには見えない」とかで。
で、クリントがグッドアイデアだと言ってスタッフに赤いコンタクトを
用意させたというのを読んだ。

もし、伊原がその部下の証言を知らずに提案したと言うのなら
その時、彼には西の魂が宿っていたのかも知れないな。

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:13:45 ID:cV6ui3e7
>>236

ねーよ

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:13:59 ID:2SHdGU+0
>>230

こんないいかたしたら申し訳ないが
骨のある日本兵は戦死したってパターンが圧倒的だろ。



241 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:14:16 ID:xLEt7sS4
グロ描写だけがトラウマになるとも限らないな
中学生の時に見た「映像の世紀」で、フランス解放後
ドイツ兵の愛人になっていたフランス人女性たちが同国人に
丸坊主にされて見世物にされているシーン(彼女たちはその後
処刑されたらしいが)はグロくなくてもあのシリーズで一番印象に残ってる
トラウマって程じゃないけど

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:14:49 ID:9/f/mo5U
>>232
「死ぬなら日本で」なら
「まだ」とは言わない

自分の死体を隠せと言ったのも
アメリカ兵に司令官がまだ生きていると思わせるためだよ

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:15:27 ID:eTs+gDxw
>>232
俺はまだ日本か?と言う質問に「ハイ」と答えた場面は
安堵と落ちた硫黄島によって本土攻撃の拠点を敵に与えてしまって残念至極に思っている場面だと思う。

考えさせられる映画だ。

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:15:34 ID:NppRUC6G
>>213
なんかなぁ・・・映画って何でもこれがこうで、って説明するもんじゃないでしょうよ。
この映画自体はある程度予備知識を要求されるのが前提で物語ってるんじゃないか。
ドキュメンタリーだったら2SHdGU+0の言いたいことも分かるけど。


245 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:15:44 ID:vPN7qKdD
>>242
なるほど
孔明みたいだな

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:16:32 ID:xvPfn1RM
>>236
 その頃には星条旗の主人公達は本国で戦時国債ショーに出ていたはず

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:16:41 ID:pgkhWYxw
>>235
「私が見て育ってきた戦争映画はどちらかが正義でどちらかが悪と
描かれていた。しかし人生もそうではないように戦争もそんなものではない」

っていうクリントのコメントにそれらの想いが込められてるよね。

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:16:44 ID:B2V24/9S
>>208
俺も小学生の頃に原爆投下後の広島の映像とはだしのゲンのアニメ見せられた
感想文書かされて、「今度戦争になったらアメリカ人を皆殺しにしてやりたくなった」
とか書いて怒られた記憶がある
でもああいうの見て腹立つのは普通だよな

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:17:04 ID:jCqsLCwX
>>234
連れてけよ。子供だと思わずに、良いもの、本物に触れさせろ。
それを理解できるお頭のある子供なら、の話だが。

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:17:07 ID:2hecgzmT
>>154
私が観た映画館では小学生の男の子を連れて観に来たお父さんいらっしゃいましたよ
因みに星条旗では小学生の女の子を連れて観に来ていた家族連れもいましたし。
まぁ、みせても問題ないかとは思うのですが、
最近SPRのまねして火炎瓶作った中学生がいましたから、
その辺注意は必要かと

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:17:18 ID:250sxWVG
>>215
すげーよなーよく考えると
毎年のように映画取って

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:17:37 ID:iExNXWpF
修学旅行で沖縄のガマに入ったことあるが、真っ暗だった。
井戸や遺骨などがそのままにされ、岩肌は火炎放射器で黒こげていた。
当時の状況を想像するだけで怖くなって、彼女の尻をさわりまくった。


253 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:17:49 ID:UNC087Ba
>>70
 硫黄島で組織的抵抗はもはや、なされず各部隊が散発的に攻撃を行うまでとなった。
日本軍の総反撃が終わると、米軍は各地の洞窟のなかにこもっている戦傷者らに対して、降伏を勧めた。浅田小隊も次々と戦死し、残っている者は六人に過ぎなかった。
米軍は「戦争は終わった。捕虜にはしないから、出てきたらどうか」と誘いをかけ、チョコレートや缶詰を投げていった。
 そんな中、和英両文の手紙を、地下豪の入り口の木にくくりつけ、浅田中尉は亀田軍曹ら六人とともに、午前六時、手榴弾三発をもって自決した。
「閣下の私達に対するご親切の御行為、誠に感謝、感激に絶えません。閣下より頂きました煙草も肉の缶詰も皆で有り難く頂戴致しました。
お勧めによる降伏の義は、日本武士道の習いとして応ずることはできません。もはや、水もなく食もなければ十三日午前四時を期して、
全員自決して天国に参ります。終わりに貴軍の武運長久を祈って筆を止めます」 
 昭和二十年五月十三日 日本陸軍中尉 浅田真二
 米国司令官スプルアンス少将殿

その後スプルアンス提督は硫黄島における浅田中尉の最期を知り、戦後各地で公演し、日本人をこのように伝えた。
「日本人は生死の境にあっても気力と勇気に満ち、困難に当たっても損得の計算をせず。祖国のために殉ずる。東洋的な礼儀と武士道を最後まで失わなかった。
あのような青年がいる限り、日本はやがて世界から尊敬される国になるにちがいない」

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:19:12 ID:qFne5b2P
俺のじいちゃんから聞いたことある話だけど、日本兵はゲリラ戦を仕掛けて
いってたらしいし、死んだ降りして近づいてきたのを打ったり、投降とみせ
かけて米兵を巻き込んで手榴弾自決したりとかね。

映画での「退却は逃げだ!」って言うシーンあったけど俺の中では「自決」
の方が逃げにしか見えない。

どうせ自決するなら、友人や知人の敵討ちの為に米兵巻き込んだ方が後に
残った味方の為にもよっぽど為になるだろ?

だから投降者を受け入れずに片っ端から殺していくのは仕方がないと思う。
中には本当に投降してきている人間もいるんだろうけどね。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:19:40 ID:pR0NHW59
渡辺が「ここままだ日本か」と海を見ながら行った台詞。
どうしてそう言う言葉を言ったのかわからん・・・。
だれか説明して。

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:19:39 ID:9/f/mo5U
>>240
しかし生き残った人たちが
>パン屋に、あの島で戦った兵士達のあらゆる面が反映されていたと思います。

と言ってるんだから
これは実に客観的な証言なわけだ

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:19:59 ID:ZIBDlwk6
>>233
私は関西だけど、地域によって違うのかな?
小学校の修学旅行先は広島の資料館だったし、小学校低学年のころにあった
学級文庫(教室の後ろに本が置いてある)には「はだしのゲン」がそろってた。
中学になったら731部隊とか南京大虐殺の授業が写真解説付きで3時間ほどあったよ。
(スレ違いすみません)

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:20:00 ID:2SHdGU+0
>>244

あの構成だと
観た米国人は、戦争によって日本を民主化させてあげられて
よかったんだって勘違いされそうな感じなわけ。

じゃなくて
お前らの起こした戦争は
実は戦う相手を間違えていたんだよ
ってところまできづかせる映画でないと
ね。

次にやるレイプオブナンキン映画よりはずっとまともだが。



259 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:20:07 ID:UFWVcZzq
歴史厨・ミリ厨が熱いな
映画は、言ってしまえば所詮娯楽なんだから、もっと気楽に
観たらいいのに。
硫黄島を知らない若い世代が知る機会を得ただけでも
よかったと思うよ。
俺はこの映画もう一回観に行くかも。今他に面白そうなのやってないし

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:20:19 ID:z4ACGtSu
>>248
俺はそういう感情は起きずに
そういう授業を
もうやめてくれって感じだった。
もうトラウマ。
ただそれがあるから、二度と起こしてはいけないとか
真剣に考えるわけで、難しいもんだな。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:20:29 ID:iExNXWpF
>>241
ありゃーすごかったな。囲まれてひっぱたかれたりされてさ。
泣きじゃくる人、毅然とした表情を崩さない人、いろいろいたな。

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:20:52 ID:LMXcLLmT
>>258
そんな心配アンタのすることじゃない。

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:21:17 ID:2SHdGU+0
>>252

ちなみに渡嘉敷島の集団自決は大江健三郎の捏造だということが発覚している。



264 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:21:26 ID:ldbu3LNP
結構泣けたけど、
*日本兵は凄い少ない数で戦ってるように見えた(1000人前後)
*話の分かる指揮官はアメリカ帰りですか
*脇役に大根役者使いすぎ

評価としては3.5(5.0満点)

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:21:45 ID:CTR5fJMK
>>248
ゲン役は俺の一学年下の宮崎一成ってやつだ。
学校で上映されたとき、テロップに宮崎の名前が出たとたんに講堂中が大爆笑。
いまそいつは声優でカードキャプターさくらとかに出てる。人生ってそんなもんだ。
はだしのゲンくらいで熱くなるな。


266 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:21:55 ID:cV6ui3e7
ウヨうぜえ

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:22:13 ID:z4ACGtSu
映像の世紀は
ピストル自殺した人のヒザがカックンとなって
崩れ落ちる様が印象に残ってるわ。

268 :E.S:2006/12/10(日) 01:22:28 ID:R8dIWt75
おー、だれもネタ本読んでないみたいですね。あれは、たぶん噴進砲ってやつで日本軍の切り札的兵器を表現したかったのでは。


269 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:22:53 ID:jgXyOpkr
>>216 戦争ドラマにはでてきてないから
日本軍が持っているわけない。

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:22:57 ID:7bX4u4Vy
栗林中将がアメリカに留学してたのは史実ですから。

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:23:12 ID:KpRbE6yz
アメリカにお返しの原爆投下映画とってアカデミー賞に参加するから。



272 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:23:30 ID:OkMnpQcA
今日見てきたが、終了後劇場が明るくなったとき、前の席の家族連れが普通に
小学生連れて見に来てて「おいおい、よく泣き出さなかったな」と思ったもんだ

あと、愛国婦人が気持ち悪すぎた。あの婆さんみたいに、「世継ぎが生まれたか
ら」=「父親が死んでもいいでしょ」みたいなこと言える時代に生まれなくて
ほんと良かったよ

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:23:34 ID:LMXcLLmT
>>話の分かる指揮官はアメリカ帰りですか 


大久保を忘れるとは!

274 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 01:23:59 ID:a3yDaP1C
>>241
たしかにあれは強烈だった。
どこの国のどんな人間も、ああなり得るもんだと思ったなぁ。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:24:12 ID:CTR5fJMK
>>269
早く寝ろよ。


276 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:24:41 ID:ldbu3LNP
>>273
大久保すきだったけど、結局彼の上は西だもん。

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:24:47 ID:eTs+gDxw
>>268
めんどくせーな
要はロケットだろ

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:25:26 ID:aY4dCDdH
それにしても自決シーンでもポップコーンをガサガサ、ぼりぼり食う人が多かった。
「水は残っていません」って言ってる横でゴクゴクペットボトル飲みはじめるし。
静かなシーンでいまセリフを言うぞって緊張した瞬間でもお構いなしにガサガサ
コーンあさるから、ほんと集中できなかった。
そんなに絶え間なく食わなきゃいけないのか?

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:25:38 ID:vPN7qKdD
>>264
せめて2時間半じゃ描ききれないな
せめて10時間くらいは欲しかったな

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:25:53 ID:z4ACGtSu
>>271
史実にのっとってやると
アメリカ人見ないだろうな。
現代を舞台にどうなりのか
客観的にリアルに描写したら見るかもしれないけど

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:00 ID:qFne5b2P
もし、俺一人が歴史の教科書一冊をもってあの時代の硫黄島にタイムスリップ
したらあの戦況を日本勝利に打開できるかな・・・?

と考えるバカな俺がいる。

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:07 ID:sfTUZ02r
珍しく大入りの上映だった。しかし、トイレだか電話だか判らんが出入りする客の多さに閉口。。
DQNばかり観に来ていたワイルドスピード3でも見なかった光景。約10名かな。
映画観にくんな。DVD出てからへやで観ろ。。。。
@久山TOHO

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:07 ID:/vyjGgaR
しかし清水のツンデレぶりには萌えたな
犬カワイソス

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:32 ID:vFDYtbxr
>>241
http://www.temple.edu/photo/photographers/capa/capa13.jpg
http://www.pbs.org/weta/reportingamericaatwar/reporters/capa/images/photo8.jpg


285 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:36 ID:cV6ui3e7
>>278
もうシネコンで観るのやめろ。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:45 ID:eTs+gDxw
>>272
全くだw
あの演技、目にまったく陰りがなくて怖かったww

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:26:48 ID:2SHdGU+0
>>272

あれもちょっとおかしいんじゃないかと思う。
あと憲兵が犬を殺す場面も。


俺、共産党員の三輪明宏の講演聞きに言ったことあるんだが
香具師、軍需工場で一人の女子がピンクの下着を身に着けていて
そこで日本兵は「貴様、ピンクの下着をつけるとは」
って怒鳴って蹴飛ばし殺した
なんて大嘘こいてたんだが

それを思い出したんだわ。

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:27:44 ID:jgXyOpkr
>>270 敵性語だから陸軍がアメリカに行ったり、英語を習うわけない。考証ミス。

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:27:52 ID:0/JTQU/H
>>278
そういう環境で観たくないな。
明日行くつもりだけど、平日の方が救われるかな?


290 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:28:03 ID:2D51jpGa
中将ともなれば日本軍幹部。
通常幹部はほとんど兵隊の前には姿を現さなかったらしい。
栗林中将は映画にあった様に、島を歩きまわって指示を出した。
アメリカ軍が驚いたのが捕虜のほとんどが栗林中将の姿を見た事あったとか。
アメリカでさえそんな事はなかった。
なお兵には栗林は人気あったが将校には煙たがってるものも多かったらしい。
その辺は映画はホント。

ただ栗林と少将の鬼ごっこはなかったと思われる。

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:28:03 ID:UFWVcZzq
>>264
必ずしもアメリカである必要は無いが、当時も今も何かを学ぼうと
思ったらとりあえず欧米しかないんじゃない?
日本の中で外の情報を与えられず半ば洗脳状態だった人よりは、
世界を見てより広い視野を持った人のほうが話しが分かるのは
至極自然に感じたけどな

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:28:20 ID:wXcPcxk1
獅童の役柄は最高。この役を渡辺謙にヤラセたら国内大ブームなのかな

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:28:58 ID:CTR5fJMK
>>274
でも、映画『マレーナ』ではけっこうエロいシーンなんだよねぇ
モニカ・ベルッチが裸にされるんだから。

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:29:04 ID:iExNXWpF
>>241
生き延びるためなら仕方ないよなあ。
現代日本に置き換えて考えると、日本が北朝鮮に占領されて、
日本人女性が北朝鮮兵士とくっつくみたいな感覚か。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:30:08 ID:vPN7qKdD
>>288
〜するわけない、〜するはずって
思い込みで話すよか、まずお前がちゃんと考証しなよ

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:31:27 ID:jgXyOpkr
>>287 憲兵は民家に入って略奪や虐殺をしていた。

297 :参考資料がてら軽く貼っておきますわ。:2006/12/10(日) 01:31:46 ID:pgkhWYxw
日本軍の兵器

三八式歩兵銃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%85%AB%E5%BC%8F%E6%AD%A9%E5%85%B5%E9%8A%83

九二式重機関銃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E4%BA%8C%E5%BC%8F%E9%87%8D%E6%A9%9F%E9%96%A2%E9%8A%83

【四式二〇糎噴進砲】←これが映画で出てたロケット砲みたいなやつね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%BC%8F%E4%BA%8C%E3%80%87%E7%B3%8E%E5%99%B4%E9%80%B2%E7%A0%B2



298 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:32:03 ID:LMXcLLmT
栗林の前に命令されたけど硫黄島の赴任を断った人はどうなったんだろうな・・・・・。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:32:09 ID:2SHdGU+0
>>295

してねえ。
お前共産党か?




300 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:32:55 ID:wXcPcxk1
何で罪もない犬を射殺するんだ?知らない人が来たらワンと吠えるだろ。

あんまりだ!!

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:33:05 ID:vPN7qKdD
>>299
ほら、また思い込み
気をつけなよ

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:33:34 ID:CTR5fJMK
>>296
もしかして、あなたは朴さん?

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:33:51 ID:7bX4u4Vy
>>296
それじゃ犯罪者だ。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:33:59 ID:ZKLa99yU
公式サイトには画像の載っている靴磨きをする西郷と梶原?のシーンと
スタッフが涙したという西郷と清水が友情を深め合うシーンっていうのが
DVD化された際に特典で付く可能性はあるかな?
西郷が本当は目が悪くて眼鏡をしていたとか(それで射撃の腕が悪かった)
たまに耳にするけど出来るならカットされたシーン全て見たい。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:34:06 ID:0ZHXv5zx
これって反日なん?

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:34:07 ID:xgKL3dEm
>>255
まだ完全に硫黄島は占領されていない、
つまり、まだこの島が日本である内に
祖国の土に還りたい。
、という風に解釈しました。

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:34:08 ID:NppRUC6G
>>297
映画で見た時は、なんかオモチャみたいな砲だなぁ、と思ったがそれがこれか?

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:34:42 ID:2SHdGU+0
>>298
しかし
松井石根といい、大田中将といい、栗林中将といい山本五十六といい、
旧日本軍には名君が多かったわな。

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:35:06 ID:/vyjGgaR
>>297
あの黒いミサイルって実在して硫黄島で使われたのか
結構こだわってるな

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:35:24 ID:eTs+gDxw
>>295
正直この映画をまともに批判出来ないような奴はこういう先入観に囚われた奴や知識不足のやつばっかだと思う。
やっと最近左翼偏向世論から脱出し始めようとしてるのにこういう奴が逆に現れる。
結局、大半の日本人は何も変わらないんだな。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:35:49 ID:2SHdGU+0
>>296

マジ、お前共産党か朴李さんだろ。

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:35:50 ID:OkMnpQcA
>>289
良くも悪くも、CMの効果でなんとなく見に来ましたーって奴もいるのかもね
で、戦争映画なれてなくて退屈になってポリポリポリポリ……

俺が見た劇場では、斜め前の席のおっさんが自決シーンでクスクス笑っててマジ
蹴り飛ばしたかった。足届かなかったし隣に迷惑かけそうだったから辞めたけど
平日レイトショーで見たほうがよかったかもしれん

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:36:19 ID:iExNXWpF
>>297
>但し弾数が50発/門だったため、あっという間に撃ち尽くしてしまったのは残念である。
残念であるってなんやねんw

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:36:53 ID:vFDYtbxr
>>294
戦争映画ではないがデヴィッド・リーンの「ライアンの娘」っていう
WWT時代のアイルランド舞台にした映画で(地元では憎まれてる)英軍将校と
新婚のアイルランド人のヒロインが不倫してそれが後に地元村民にばれて
ヒロインが丸刈り等のリンチ状態になるってシーンがあったね。
女性にとっては殺される以上に丸刈り等されて晒し者になるのが
つらいんだなって初めてこの映画をレンタルで観た工房時に思った。


315 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:37:32 ID:hSygWKki
>>191
320ミリ臼砲12門、
150ミリ中迫撃砲と81ミリ軽迫撃砲65門、
80ミリ以上の沿岸砲33門、
および75ミリ以上の高射砲94門
さらに200門を超える20ミリおよび25ミリ対空機関砲
69門の37ミリおよび47ミリ速射砲
そして日本軍の新兵器、噴進砲(ロケット砲)70門
更に戦車22両がありましたが

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:37:32 ID:7bX4u4Vy
>>309
20センチ、22センチ、40センチの3種類のロケット弾が数十発配備されていた。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:37:41 ID:ldbu3LNP
ラストの手紙がばらばら落ちるシーンはグッと来たなぁ。

あと西郷の友達の自決するとき泣いてた人、演技上手い!

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:37:43 ID:CTR5fJMK
>>307

違う!映画のは四式四十糎噴進砲 です。
20と40では威力が全く違います。


319 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:38:00 ID:2D51jpGa
ヲイヲイ栗林中将はアメリカ留学してる。37歳のころ。紛れもない事実。
戦争する前は建前でもアメリカと付き合いはあったんだから。
カナダの駐在武官もやってる。
留学先から長男の太郎君に「アメリカは車が多い」とか「金曜日のアメリカ将校
のダンスパーティーに出るのに閉口してる」とか「アメリカで最新のジープを
買いました(自慢げに)」と味のあるイラスト入りで手紙を書いてる。
これらのシーンは映画でも使われてるよ

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:39:01 ID:FMGdltK5
>>226
たたき台のつもりで最後通牒を出されたんだったらたまったもん
じゃないな。

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:39:16 ID:jgXyOpkr
栗林は大本営と同じでに終戦して裏切られるのが嫌で部下を手なずけたり持久戦をした。

最後は部下を道連れにバンザイ突撃した。

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:39:21 ID:xBl94Wj6
>>281
詳しい歴史の教科書があれば戦況打開できるだろ。
何日、何時、何分にどこに上陸するか解れば部隊を一極集中すれば良いし、大本営に航空機による爆撃要請もできる。
ただその時だけで、一時退却体制立て直しされたら終わりだけど。

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:39:53 ID:LPAnvvKa
>>305
これは反日でもその反対でもない。
太平洋戦争に運命を翻弄された人間の日本側が手紙。
アメリカ側が星条旗だな。

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:39:53 ID:eTs+gDxw
そういえば最後一丸さんが殺される時撃った歩兵ボルトアクションだった希ガス。
38式かあれ?
アメリカだったらスプリングフィールドくらいしか思いつかないし・・・。
もしかしたら直後に出てきた西郷が誤って撃ったのかな?(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:40:19 ID:X0DzZYBz
>>312
> 蹴り飛ばしたかった。足届かなかったし隣に迷惑かけそうだったから辞めたけど


怖かったから、止めただけだろw
おまえはいつでも口ばっかりだよなwww

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:40:50 ID:7N92GGNM
jgXyOpkr つまらなすぎ、そんなんじゃ釣れないよ

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:41:35 ID:7oIeldD/
中村獅童はまっていたな、地かもしれんが見直したよ。
父親たちの星条旗の方が出来としては良かったが、見る価値はあると思った。
あと、バロン西(役者は別として…)テラカッコヨス

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:41:40 ID:wXcPcxk1
結論として命を投げ打ってまで憲兵隊に逆らった犬が一番の政治犯と言うことでOK?

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:41:48 ID:2SHdGU+0
>>326
IDがコレアだしな。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:42:06 ID:OkMnpQcA
>>325
ここは、お前どんだけ足短いんだよとツッコんで欲しかったんだがw
お前はいつも俺の期待を裏切るツッコミをするなwww

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:42:13 ID:vPN7qKdD
散るぞ悲しきで冒頭から朝日新聞による栗林中将の訣別電報の改変
変わってないな

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:42:22 ID:z4ACGtSu
>>324
スプリングフィールドじゃないの

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:42:37 ID:eTs+gDxw
中村獅童はああいうのも有りだなって俺も感心した。

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:42:51 ID:H72exEAf
>さらに200門を超える20ミリおよび25ミリ対空機関砲

コレの水平射撃(というか山の上から人への射撃)が米軍の恐怖の元だったんだろうなぁ
一発当たればバァラバラ・・・う〜ん、アヴェンジャーw

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:43:53 ID:UmjMRDoQ
お客さんは星条旗みたいに老人が多い?

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:44:23 ID:xVeSCYDp
硫黄島戦跡収集品「四式二十糎噴進砲」靖国神社へ奉納される
ttp://www.iwo-jima.org/ihin/sensekishuushuuhin.html

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:44:51 ID:2SHdGU+0
>>331

今日CNNで中田特集してたんだ。
中田、マスコミは言ってることを改変するから信用しない
で、嫌われたらマスコミも追いかけないだろうって
嫌われキャラを作ったんだって言ってた。

ああ、そういやどっかの新聞が中田ともめてたよね。
中田は在日だとか中田は引退とか
でっち上げられて。

今思い出した。


338 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:44:59 ID:6rDfe6rt
>272
今の時代だからそういう的外れなこと言えるんだよ
よかったな、平和ボケした時代に生まれて

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:45:00 ID:jgXyOpkr
>>319 敵性語の英語を使ったら公開処刑される。ジープとは書かない。

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:45:13 ID:vPN7qKdD
>>335
そー言えば、父親たちのときは客は10人くらいだったけど、今日は20人くらいいたな
老人はちらほらかな

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:45:36 ID:eTs+gDxw
>>332
だとしたら殺した兵隊確認しに行かなかった理由が理解できない。アワワワ
俺だったら刀持ってる>戦利品でほすぃーっ+将校かやったぜ確認しよう ってなる。

まぁDVD買ったらじっくりみてみよっとw
それか誰か確かな情報キボンヌ

342 :E.S:2006/12/10(日) 01:45:41 ID:R8dIWt75
312>>栗林が傷ついてパン屋に、首を差し出し、介錯を願うシーン。吹きましたw


343 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:46:07 ID:2SHdGU+0
>>339
じゃあ、ゼロ戦も敵性言語だわな。



344 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:46:10 ID:z4ACGtSu
>>334
弾も航空機落とすポンポン炸裂するやつ
使ってたのかな

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:46:18 ID:T/czgUX9
この映画が終わると最後の字幕が流れ終わるまで劇場から出ない人が多かった。
それと押し黙ったまま出て行く人が多かった。

つまらなかったからでは無い、何から連れと話していいか分からないくらい
重たい映画だったからではないか。

上映中は「空気が止まったように」館内は静まり返っていた。

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:46:21 ID:UmjMRDoQ
>>340
ありがとう
たったの20人ですか・・・
情けない

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:46:47 ID:2D51jpGa
獅道の今の状況にはまさにハマリ役。
1年前に配役した監督GJ!

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:47:12 ID:jgXyOpkr
>>308 大本営の軍人より階級が上だから
もっとひどい軍人に決まっている。

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:47:25 ID:vPN7qKdD
>>346
まー俺のとこは田舎だし
午前の初回だったしね

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:47:31 ID:2SHdGU+0
>>342
直属の部下に介錯を求めたんだろ。
パン屋に求めたのは墓穴を掘って埋めてくれってこと。

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:47:48 ID:jCqsLCwX
イーストウッドの何が偉いって、

「おい、見ろよ俺の千人針」
「おお、おれも持ってるぜ。女房が道端に立って、道行く女性から一針ずつ縫ってもらったのよ」
「これさえあれば、敵の弾に当たらないぜ」

みたいな説明台詞を入れずに、それでも小道具にあれだけの意味を持たせたところ。

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:48:29 ID:ixxCBEJq
>>345
感動するとか、泣ける映画ではないよね。


353 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:48:53 ID:2SHdGU+0
>>347

俺はあの役が実は離婚の決定打になったんだと
信じてる。


354 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:49:18 ID:z4ACGtSu
ボッキしてたんだよ

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:49:54 ID:eTs+gDxw
>>354
それが天皇陛下万歳の時だったらゲンナリ。

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:52:23 ID:jgXyOpkr
>>343 ゼロもライフルも敵性語だから使わない。

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:52:38 ID:vPN7qKdD
>>298
栗林は親米扱いされてたから捨て駒としての硫黄島行きという見方もあるらしい
バロン西も同じ理由
あと兵隊も30越えの老兵が多かったみたいだし
始めから玉砕覚悟で死んで来いみたいな筋書きっぽいな

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:52:45 ID:2SHdGU+0
>>354>>355
流れが止まったじゃねえか、エロハゲ



359 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:53:09 ID:4BJAwrvR
>>352
いや、十分に泣けるし、感動もすると思うぞ。
ただ、日本では戦時中のことを語るのがタブー視されてなかなか
ゆっくり考える機会が無いから、みんなどう受け止めて良いかそれぞれ考えてたんだろ。

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:53:15 ID:2hecgzmT
>>345
俺が観にいった映画は
終わったらあっさり出てった奴多かったよ

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:53:42 ID:SNFzSchk
>>339
海軍兵学校は最後の最後まで英語教育やってたわけで

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:54:03 ID:LPAnvvKa
きっと獅童は役作りは簡単だったろうな。
地をそのままさらけ出せば良いんだから。

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:54:16 ID:LMXcLLmT
こちらも星条旗みたいに残ってる写真とか手紙の文章とかをEDで流してくれれば良かったのに。

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:55:21 ID:vPN7qKdD
>>362
小野田少尉ん時も思ったけど日本兵の軍服がよく似合うな

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:55:30 ID:tpYHpyu8
とても、気になったところ。

栗林さんが最期に「斬れ」と首を差し出すところ。
首を落とすのは罪人だろう?


366 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:55:53 ID:T/czgUX9
ついでなんだけど二宮の演技は最初「現代のあんちゃん過ぎる」と思っていたけど
後半になるにつれ映画にしっとり染まっていくのには驚いた。
渡辺 謙 伊原剛志 加瀬 亮の演技とか、日本映画のときとレベルが違うような気がする。
「あんないい俳優さんだったけ?」って思っちゃって。
それにしても監督は大半をリハーサル無し、一発撮りでやったんだよね、
そう考えると彼らは更にレベル高いと思ってしまう。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:56:11 ID:ZKLa99yU
>>363
それはなくて良かったと思う。
ただの黒地に白い文字っていうだけであれほど説得力があるものだと初めて知った。

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:56:31 ID:eTs+gDxw
>>358
ゴメンネw
みんなまじめな話してるからツイw

369 :E.S:2006/12/10(日) 01:57:47 ID:R8dIWt75
あの戦況で、米軍にあれだけの出血をさせたのは、「鬼神を泣かしむるものあり」だったはずだろ。この映画にはそれがまったく見えない。1割くらいか。残念だ。

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:58:26 ID:2hecgzmT
>>363
顔出ししなかったのは
わざとじゃないか。
アメリカでは視覚効果に訴えるのは効果的だけど
日本は名もなき兵士の集団でもあったから、
イーストウッドはその辺の文化的な相違を配慮したんじゃね?
文章なんか流したらただのお涙頂戴映画になってただろうし。
逆にあのエンドロールでよかったような気がする。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:02 ID:7oIeldD/
>>365
自分が司令官だとわからないようにするためでは

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:34 ID:vPN7qKdD
>>363
父親ん時は写真がテーマだったけど、硫黄島ん時は手紙がテーマだからじゃね?

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:46 ID:jgXyOpkr
>>365 部下を捨て石にした愚かな上層部の軍人だから罪人。

生きていたら東條と戦犯として処刑されたはず。

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:49 ID:2D51jpGa
大本営にいた将校たちは陸軍幼年→士官学校のエリートでドイツ語に強い。
栗林のような普通中学→士官学校は中学で習った英語に強くアメリカ通で陸軍では傍流。
そのため最前線に出されたが優秀な合理主義者が多かったらしい。

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:52 ID:ixxCBEJq
>>359
そうなのかな。自分は感動とか、泣くというよりも
心の底に響くような感じがしたね。今の日本や自分は、こういった人達の
お陰で存在しているんだ、とマジで思った。言葉にすると嘘みたいなので、
言葉や涙にできない何かを残したと思う。
確かに、俺は戦後生まれなので教育の影響も、無意識的にあるかもしれないが。

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:59:59 ID:9/f/mo5U
つーかスカパーあるヤツは
ヒストリーチャンネル見てみろ
栗林のアメリカから家族に送った手紙(絵入りの)とかが紹介されてる

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:01:18 ID:9/f/mo5U
>>345
俺が見たユナイテッド・としまえんも
まさにそうだった

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:01:26 ID:z4ACGtSu
>>365
介錯じゃないの
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8B%E9%8C%AF

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:01:47 ID:RRUb+85D
あんの〜、映画の長さはどれくらいですか?2時間以上?

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:01:54 ID:eTs+gDxw
>>371
何でこんなレスが出るのか分からない
武士の時代じゃ切腹するときに解釈で首切るだろ。
罪人とは限らないし、自決するときも一緒。
白虎隊とか有名じゃん。

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:02:02 ID:4BJAwrvR
>>366
二宮はあれは意図的に盛込まれた「現代の日本人」なんじゃないか?
硫黄島の激戦に放り込まれ、軍隊のモノの味方に反発し、怯え、逃げ回り
それでも西、栗林の生き様に感動し戦う。
左右どちらの見方もできるが、俺たちに「考えろ」というメッセージなのかもしれない。

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:02:05 ID:y1WbjVol
>>278
狭い座席に座ってじっとする事が苦手な人は結構います


383 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:02:48 ID:ROfIlIMy
>>366
二宮は自決後から一気に雰囲気が変わった
パンフレットで
『栗林の前では大きなものを仰ぎ見る息子の顔になり、一方、
清水の前では、命の重さを背負う父親の顔を見せるのが、素晴らしい。』
と書かれてるがまさにその通りだと思う
前半のシニカルなキャラが後半で吹き飛んだ

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:02:53 ID:zc+ESkYs
ジャニの若造の出っ歯は良い演技をしてる。
ジャニ・タレント目当てなのか小娘が多かったが、
映画館には大人も多かった。

「鎮魂」の静かなこの映画は
70歳を過ぎた監督だからこそできたのだろう。

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:03:35 ID:vPN7qKdD
>>378
介錯の場合は切腹ありきだからな
切腹も許されない場合に打ち首だもんな
まー、敵にやられるよりも味方に首切られた方が、みたいなふうに勝手に解釈してた

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:04:53 ID:z4ACGtSu
切腹は省略して
いきなり介錯することもあるみたいよ

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:04:54 ID:sfTUZ02r
>>373さんへ
>>371さんの意見が適切と思います。
まあ、貴方の文面からご自身のイデオロギーがプンプンで焼酎吹きましたがw

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:05:09 ID:v0+QXQ/r
>>369
俺も思った
飢え・渇きでやせ細りながらも鬼神のごとく戦ったとこが見たかった

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:05:21 ID:ixxCBEJq
>>365
三島由紀夫事件でもあったし。
切腹じゃ死に切れない場合もあるから、その後で首切り落とすの
介錯っていうの。
ちなみに、三島由紀夫は森田必勝に介錯された。


390 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:05:49 ID:7oIeldD/
>>380
糞ガキなもので、すいません

何か栗林中将が俺がイメージしていた人物像と違ったな…

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:05:53 ID:vPN7qKdD
>>386
なるほどな
まー、カッコいい場面だったからいいか

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:05:53 ID:LPAnvvKa
>>379
2時間以上ある
140〜150分くらいだな。

393 :E.S:2006/12/10(日) 02:06:10 ID:R8dIWt75
380>>アメリカ人の日本の首切りにたいする興味というか、錯誤が垣間見えて、違和感と浅はかさを感じました。ブラックレインの首切りシーンを連想しました。w

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:06:40 ID:tpYHpyu8
>>380
腹も斬らずに、首、斬れってか。

切腹で首を斬るのは、腹を斬っただけでは死なないため。
扇子腹といって扇子で腹を斬るしぐさをしてから、首を落とすというのはあったがな。
あの首の突き出し方は、江戸時代では咎人のするしぐさ。


395 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:07:10 ID:vyrFPuZk
>>255
映画の中で「たこちゃん」と呼ばれていた栗林中将の娘の
インタビュー映像が残っている。(「鎮魂硫黄島」)

戦後になってしばらくしてから、ある晩栗林の夢を見たという。
夢の中の栗林は「もうすぐ家に帰る」と伝えていたそうだ。

その後すぐ、政府の知人から「小笠原諸島がアメリカから返還
されることが決まった」と電話があった。
ようやく硫黄島が日本に戻るので、栗林が安心できた気持ちを
家族に伝えに来たのではないか、と娘は語っていた。

渡辺謙はこのドキュメンタリーを見ているから、この話が下敷きに
なって入れられたせりふかも知れない。


396 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:07:21 ID:jn5UtSJX
ttp://www.boxoffice.com/boxoffice_scr/movie_reviews_result.asp?terms=8932
映画批判記事。

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:07:35 ID:9/f/mo5U
実は切腹は腹に刀を当てただけで介錯する
というケースも多かった

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:08:18 ID:b5VwJ4Vt

でも、払った金は米にも行って税金として戦費となるのよね|ω・`)



399 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:08:28 ID:BzSOoibT
>>344

対空用の弾(高射砲弾、機関砲弾)ってのは、この頃は時限信管(タイマーがついてる弾と思ってくれい)を
使ってたんだけど、装着出来るのは40ミリ以上の弾だったのね。

(アメリカはVT信管てのを使ってたけど、ココでは割愛。ググっておくれ)

20〜25ミリの機銃弾は、着発信管(物とぶつかったら炸裂する)を使用してた思うよ。
かなり省いちまったけど、まぁこんな感じ。


400 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:08:53 ID:v0+QXQ/r
切腹するのかと思ってたからちょっと違和感あったけど
瀕死で切腹どころか起き上がることもできないから
仕方ないのかと好意的に解釈した

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:09:21 ID:2D51jpGa
これは日本映画ではなくハリウッド映画って事はわすれていけない。
ラストサムライや真珠湾と比べたら出色の出来。

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:09:29 ID:2hecgzmT
>>396
思いっきり文字化けしてますけど

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:09:30 ID:LMXcLLmT
>>394
もう足に重傷負って息も絶え絶えだったからもう首落とせよって事だったと解釈したけど。

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:09:42 ID:H72exEAf
>>380
「斬首」と「介錯」は似て非なるものですよ

ただこの場合、栗林中将が斬首の意味を持たせたとしてもそれほどおかしくはない
多数の部下を事情がどうあれ失なってしまったのは、事実でしょうから・・・

特攻隊の生みの親は、「介錯」すら拒否しました

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:10:17 ID:z4ACGtSu
>江戸時代中期以降になると切腹自体が簡略・儀礼化し、いわゆる「扇子腹」の形式で行われるようになり、
>切腹人が小刀・脇差に見立てた扇子に手を伸ばそうとした瞬間に介錯することがほとんどであった。

>三島由紀夫を介錯したものの2度斬り損ねてしかも刀を曲げてしまった森田必勝などの例もある通り、
>剣術の腕の未熟な者は手許を誤って何度も斬り損ねたり、刀を損傷してしまうことも多々あった。斬り損ねや刀を損じる事は非常な恥とされたため、
>介錯人は特に剣の腕の立つ者が厳選された。



406 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:10:27 ID:eTs+gDxw
>>403
普通そう考えるよな。

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:10:54 ID:2pWJQEPc
>>393 ESのような人間が日本人だとは嘆かわしい。切腹も介錯も
     知らないんだろうな。アメリカ人のクリントさんのほうがよほど
     理解している。これじゃあ戦争に負けるわけさw。

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:11:01 ID:7bX4u4Vy
>>396
痴ワロス

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:11:03 ID:vPN7qKdD
腹切っただけじゃ死ねなくて長い間のたうちまわることになるしね
すぐに楽にさせるために脊髄を切断するんだよな
三島由紀夫は壮絶な切腹の上、介錯失敗されてかわいそう

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:11:47 ID:2hecgzmT
あの介錯は直前で狙撃兵によって阻止されている。
あれも一種のイーストウッドのメッセージじゃないのか?

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:12:06 ID:MKHG6wTO
ヲレは多少ミリヲタ入ってるから、聞き取れた(&脳内補完できた)けど
予備知識がない人には、セリフが速すぎてわかり辛かったんじゃないかと思う。
なぜかアメリカ人ぽい恋人つれて来ていた若い女性が「何言ってるかわかんなかった〜」
とか言ってたし。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:12:13 ID:7oIeldD/
>剣術の腕の未熟な者は手許を誤って何度も斬り損ねたり、刀を損傷してしまうことも多々あった。斬り損ねや刀を損じる事は非常な恥とされたため、
>介錯人は特に剣の腕の立つ者が厳選された。

あの補佐官だと無茶苦茶苦しみそうだな

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:12:22 ID:v0+QXQ/r
でも切腹じゃないなら、首落とさせることもないんじゃないかとも思うか
拳銃自殺でもいいような

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:13:19 ID:iQSQ2aYl
>>396

またいきなり「300万人の南京の被害者」か!!
アメリカ人は自分に都合のいい捏造だけは信じるな。
まあどの国もそうなんだろうが。

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:13:24 ID:z4ACGtSu
拳銃で腹撃って
自殺図ったひとがいたな

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:13:32 ID:eTs+gDxw
>>409
ねずみの実験で脊髄損傷させて殺してからする実験やったことあるけど女子がよく失敗してた
半身じたばたさせて苦しがる様子はかわいそうだった。
何匹も失敗するもんだからそのときの事を「ちゅーちゅー村大虐殺」と言って今もそのこの話のネタにさせて貰ってる。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:14:10 ID:ixxCBEJq
>>413
あのアメ公からもらった銃を使ってもよかたんだけどな

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:14:14 ID:vPN7qKdD
>>413
それじゃパン屋に「ここはまだ日本か」の台詞が言えなかったからだろーな

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:15:27 ID:7bX4u4Vy
>>417
最後に使ったがな。

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:16:25 ID:ZKLa99yU
銃を使いたくはなかったので藤田には介錯をさせようとした
しかし西郷には介錯をさせようとしなかった
結果、自ら銃を使って自決した

この辺りの流れが少しこんがらがる
西郷に介錯させようとしなかったのは単に剣の腕のせいじゃないよな?

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:16:36 ID:48mBjZzB
見つからないように埋めてくれって言ってたし
死んだのわからないようにしたかったんじゃ?
って普通そう考えない?

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:17:00 ID:ixxCBEJq
>>419
パン屋に首切らせる前に、使ってもよかったのにって思うんだが。

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:17:24 ID:UmjMRDoQ
>>396
何で南京大虐殺30万人が出てくるんだ?w

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:18:05 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:18:14 ID:EJYaSOXO
>>339
海軍は戦時中も英語つかってましたがなにか?

海軍学校試験にも英語の試験があったそうですよ

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:18:23 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画


427 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:18:27 ID:jgXyOpkr
>>404 東條と同じで最後まで生き残ろうとした。

本当に死のうとするなら首をきるはず。

栗林も牟田口と同じで部下に止めてもらおうとした。
本当に死のうとするなら自分で死ぬ。


428 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:19:29 ID:eTs+gDxw
>>424
と左翼偏向世論から目覚めたばかりの元左翼がいきがって書いております。
俺も若かった頃はこんなんだったんだろうか。

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:20:33 ID:2D51jpGa
>>420
西郷は職業軍人ではない。
精神的には軍人と認めたけど介錯までは酷とおもったのかも

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:20:34 ID:xVeSCYDp
>>425
日本海軍のお師匠さんは英国だもんねぇ

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:21:13 ID:LMXcLLmT
>>427
で自分で死んだわけですが。

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:21:19 ID:tpYHpyu8
あとパン屋がスコップもって走ってきたのも、
どうかと思った。

433 :E.S:2006/12/10(日) 02:21:33 ID:R8dIWt75
421>>階級章とか全部はずして最後の突撃して、死んだから、米軍が栗林の死体を捜索したが見つからなかったって、エピソードを粉飾しただけのことと思います。


434 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:22:07 ID:ixxCBEJq
>>422
パン屋でなかった、藤田だ
大ボケ

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:22:10 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画



436 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:22:26 ID:eTs+gDxw
>>433
どっちが曲解だよwww

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:22:43 ID:iExNXWpF
パン屋=欧米・西洋=西洋化された現代日本=二ノ宮は現代日本人

おれってあったまいいいいいいいいいいいいいいいいいい

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:23:14 ID:BzSOoibT
>>428

まぁ、ダレもが通る「熱病」みたいなもんさ。
生暖かく見守ってやろうや。
今はこの映画の時代と違って、日本以外の事を片鱗でも知る事が出来るのは
幸せな事だと鑑賞後思った。


439 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:23:42 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画



440 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:24:31 ID:9/f/mo5U
ID:jgXyOpkr
こいつ日本人??
すっごいキチガイ電波出てる

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:24:32 ID:EUkEqmjB
CXの硫黄島の郵便のが泣けたし感動した

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:24:58 ID:JnQUTRxz
>>377
昨日21:15の回か?
確かにほとんど出て行く奴いなかったな。

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:25:02 ID:LMXcLLmT
>>439
何で行を開けてないところがあるの?
高度な暗号化何かか?

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:25:23 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画



445 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:26:27 ID:2SHdGU+0
>>437

ってかジャニーズ事務所の圧力で大根役者を使ったから
ああなったんだろ。


それだけの話。

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:26:32 ID:eTs+gDxw
>>438
ただの構ってちゃんに見えてきたw
もうあいつに対する俺のレスは終わりねw

>>443
キットに皇国の暗号電波を妨害してるのです。
間違いない。

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:27:10 ID:UNC087Ba
>>440
たぶんいじめられっ子だと思う
放っとけw

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:27:51 ID:jgXyOpkr
>>431 死なないくらいの傷で助けてもらおうとした東條と同じ。

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:28:03 ID:X++J2bgW
釣りかもしれんがこの映画を左翼が喜びそうだと本気で思える
2ちゃん脳の人間てマジでいるのか?よほど重症だろそりゃ

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:29:32 ID:2SHdGU+0
>>448

俺「硫黄島からの手紙」おりも
「プライド」や「ムルディカ」のほうがずっと好きだ。

「星条旗」はまだ良かったが「手紙」は
ストーリーが左がかってる。

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:29:45 ID:JlSIsLbs
そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。


そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。



そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。


452 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:30:00 ID:JlSIsLbs
そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。


そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。



そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。

そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。


そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。



そもそも日本人の問題をなんでハリウッドなわけ?
金出して感動して泣いてアメリカ人が儲ける。
全滅させたのはアメリカ人だぞ。


453 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:30:33 ID:2SHdGU+0
サヨクが喜びそうだとは思わないが
どこかしら洗脳工作は入ってる。

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:30:37 ID:iExNXWpF
沖縄戦は日本人が撮とう

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:30:39 ID:ZKLa99yU
>>445
クソジャリ事務所の圧力がハリウッドまで及ぶことに驚いた

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:30:42 ID:LMXcLLmT
>>452
なんで行の間隔がちがうわけ?


457 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:31:37 ID:O++D1cMD
>>456
うっかりさんに相手して欲しいからだろ

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:31:49 ID:UNC087Ba
>>449
筑紫や古館のとまどいっぷりは相当のもんだったからなw
右か左かでしか物事判断できず、故人への追悼の念も持ち合わせていない
ヒトモドキとしか思えん。

実際こういう連中が戦争が起こった時怖い。
正義の名のもとにシレっと人を殺したり密告したり陥れたりする。

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:31:51 ID:UmjMRDoQ
>>450
でも、クリントは、この映画で何を伝えたいかの問いに対して
「祖国の為に戦って死んでいった人達がいるのを
知って欲しい」と言ってるよ

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:31:59 ID:7bX4u4Vy
>>450
「プライド」「ムルデカ」は映画として駄目。はっきり言って期待を裏切られた。

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:32:12 ID:LMXcLLmT
そういえば戦車が又あんまり出てこなかったな。
また忘れて欲しいのかな。

462 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:32:13 ID:jgXyOpkr
>>449 その通り。軍人を美化した戦争賛美の右翼映画。



463 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:32:23 ID:eTs+gDxw
>>445
アイドルグループに全く疎い俺が二宮がジャニーズだと知らなくて、こいつはスゲEEEって思ったのは嘘ですか?
逆に昔の映画のパターンにある模範的で礼儀正しくて戦闘意欲旺盛な日本人や変な反戦色強い人間、駄目芸人がタイムスリップして「昔の日本人」に感化されて終わる説教映画とかよりはよかった。
あっちの方がなんか胡散臭くて嫌い。

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:33:04 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:33:05 ID:2SHdGU+0
>>460
どこが駄目なの?
そのあたりを詳しく

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:33:20 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


467 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:33:30 ID:z4ACGtSu
>>458
古館スウィートホームの役どころ
まんまやん

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:34:34 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


469 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:34:37 ID:eTs+gDxw
>>465
ムルデカは面白いけどつくりが安っぽくてネタっぽいんだよw
史実にのっとってるのは分かるけどw

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:35:13 ID:8z8ecSmK
日本兵が愚かに描かれ過ぎててこんなウンコ兵士
ばっかじゃ三日と持たんだろと思いました。

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:35:43 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


472 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:36:27 ID:vPN7qKdD
>>470
こんなダメ兵隊を栗林中将は纏め上げて島を死守せねばならなかったのだよ

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:36:37 ID:UNC087Ba
気違いがふたりいるなw> ID:JlSIsLbs  ID:jgXyOpkr

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:36:38 ID:2SHdGU+0
>>463
チャンネル桜でもパン屋が現代人のようで浮いているという評価だった。
それにさ、赤紙来てさ、当時の日本人が、戦争にやらないで下さい!
なんてわめかないだろ。普通。
あのあたちのストーリーはおかしいと思う。
憲兵が犬を殺すのもあれはない。

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:36:40 ID:7bX4u4Vy
>>465
>>469の言う通り。あと「プライド」は演出が変。何でパル判決を女房とやりながら言わんといかんのだ。

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:37:07 ID:LMXcLLmT
ミミズ居たのかな?なんか生き物なんて居そうにないイメージだけど。

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:38:17 ID:z4ACGtSu
放射器で
焼けた戦友
食う兵士

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:38:45 ID:/vyjGgaR
和式の自決で死のうとしたが果たせず
アメリカ人から貰ったピストルで死ぬところに意味が込められてるだろう
日本人がサムライ的な生き方と決別したことを象徴とする

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:38:57 ID:LPAnvvKa
>>470
星条旗も見るといいよ。
アメリカ兵が無能ばかりが多くてダメ集団みたいに描かれてるから。

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:39:36 ID:vPN7qKdD
>>476
栗林の手紙だと、蝿や蚊やゴキブリがすごかったらしい
映画じゃあまり描かれてなかったけど
みみずはどーだろ
石と砂と火山灰ばかりでまともな土がなかったみたいだからな
みみずがいたらもっと肥えた土地だったんじゃないか

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:39:44 ID:f4Gwztuc
>>473
3人だ
つUNC087Ba

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:39:51 ID:LMXcLLmT
>>479
一番駄目なのは途中下船したうっかりさんだよな・・・・・。

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:39:53 ID:wdegSLdl
>>476
どんな汚染地帯だよ

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:40:10 ID:eTs+gDxw
>>472
終戦間際の悲壮感漂う日本だったんだからこれぐらいの奴が居てもおかしくはないと思うけどな。
世の中は必勝間違いないと言う傍らで戦死者は膨れ上がってたからな。
建前はお国の為に頑張りますだけど本音は嫌だなぁでもいろいろな理由があってやらなきゃなぁ ってのが大半だったと思う。

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:40:16 ID:2SHdGU+0
>>470
俺もそう思った。
あんなに糞だったら2ヶ月弱も
善戦するわけない。

>>475
女房とやりながら???
しらね。
パールが女房が不治の病でも
インドに帰らず判事を続けたってシーンは知ってる。

>>463
チャンネル桜も二ノ宮には酷評だった。
現代人がい鳥だけいるって。

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:40:53 ID:iExNXWpF
ジャックスパロー一行が硫黄島にふらりと立ち寄り・・・
両軍が砲弾を打ちまくる中、真中をふらふら・・・

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:40:55 ID:kODhLh53
>>450
左のように日本軍人は全員鬼畜とか
右のように全員英雄じゃなくて、いろんな人がいる。
また国同士もどちらかが正義でどちらかが悪なんかではないし
いろんな思惑が絡み合っている。

ってのがイーストウッドのメッセージだろ。

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:41:13 ID:LPAnvvKa
>>482
確かにw
まさかあの場面で死者が出るとは思わなかったな。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:41:24 ID:O++D1cMD
>>480
一応サトウキビを栽培していたらしいが

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:42:09 ID:eTs+gDxw
>>474>>485
なんでチャンネル桜なんだよw

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:42:54 ID:ixxCBEJq
>>488
あれもアホだったけど、縄はしごを踏み外して落ちたのも
ありえねーだろと思った。

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:43:08 ID:UmjMRDoQ
>>487
それは星条旗のメッセージだったはず

手紙は「祖国の為に戦って死んでいった人達がいるのを知って欲しい」
さっきTVで聞いた

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:43:19 ID:vPN7qKdD
>>489
あと、わずかながら畑も作って野菜の栽培も
でも、雨が降ってもすぐ地面に染み込んじゃうから大変だったらしい

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:44:08 ID:7bX4u4Vy
>>492
2つで1つだろ?

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:44:17 ID:2hecgzmT
つーか
今時思想的に右も左もないだろ
どれだけ低レベルな話してるんだ?

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:44:36 ID:LMXcLLmT
栗林が育ててたひよこも爆撃とかでしんじまったんだろうな。

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:44:47 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


498 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:44:48 ID:UmjMRDoQ
>>494
いや。二つのメッセージがそれぞれある

499 :E.S:2006/12/10(日) 02:45:00 ID:R8dIWt75
硫黄島戦を全身全霊で戦い抜き、死んでいった人たちを、わたしはたまに思い返します。平和を貪り、自堕落な生活をしながら。

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:45:03 ID:2SHdGU+0
>>493

味噌汁をよそって分けるシーンで
味噌汁こぼしまくりなのもあり得ないと思った。
ジャニーズの二ノ宮。
あれも現代人が一人まぎれこんだ
っていうイーストウッドの演出なのか?



501 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:45:40 ID:z4ACGtSu
一家庭人が
極限状況に放り込まれて
戦い死んでいったということ

502 :名無し:2006/12/10(日) 02:45:41 ID:bQ1d5pMG
今の役人の無能腐敗振りにはあきれ果てて言葉もないが
当時の国家公務員である職業軍人も相当腐敗していたんだな
訓練で経費のかかった兵隊の命を一発の銃弾と交換してしまう
万歳突撃が用兵と思ってたのがたくさんいたようだから
今の戦争を知らない中高生でも機関銃を構えているところに
突撃するのが無意味だって事くらいわかるのにな

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:45:43 ID:eTs+gDxw
>>495
チャンネル桜持ち出す奴にはどうしたらいいんだw
あそこは軍オタとしては見るのは楽しいけどw

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:45:55 ID:c29X+5ov
二宮クンは戸田奈津子や関係者筋、会見の様子、イーストウッドの言葉など
総合的にみてゴリ押しじゃないのは明らかだお

見苦しいお
評論家新聞コラム
圧力にすんなお

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:46:18 ID:fhcbAIgW
ヒトラー 最期の12日間
と並ぶ傑作ですな

戦闘シーンの迫力では
ヒトラー 最期の12日間のほうが上

ヒューマニティでは
硫黄島からの手紙のほうが上



ヒトラー 最期の12日間
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=11874
映画館で観たときは過去にないすごい迫力に圧倒された作品
ドイツ映画なのにハリウッドを凌駕したと評判になった
テレビでやったら絶対観るべし

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:46:37 ID:vZyJnRxq
人間が小さく素直に映画に感動できないかわいそうな
斜めの人がいますね

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:47:57 ID:vPN7qKdD
>>500
まーな
実際は雨水だけで2万人分を調達しなきゃいけないわけだから、かなり水は貴重だったらしいな
水を粗末にした兵隊を死刑に値するとか言って罰しようとしたとも言うし
まー、二ノ宮のダメっぽさはそれはそれでよかった気もするが

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:48:16 ID:2SHdGU+0
>>503
チャンネル桜はけっこう為になるぞ。
ハルノートを作成した人間は後に「自殺」するんだが
ソ連のスパイだったってことが発覚している。

実は日米戦には、ソ連による
資本主義国家同士戦わせるっていう
工作が働いていたってこと。

こんな情報入ってくるからね
桜は。


509 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:49:03 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画


510 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:49:41 ID:H72exEAf
>>491
あまり一般人は縄梯子を利用することはないだろうが、アレは意外ときついんだわさ

もし泊まったホテルが火事にあって脱出手段が縄梯子しかない時には、自分が想像する2〜3倍の体力が必要になると考えた方が良い

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:49:52 ID:JlSIsLbs
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画
ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画

ブサヨクが喜びそうな最低な左翼映画


512 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:49:58 ID:0/JTQU/H
ん、急に二宮ダメダメな流れだなw


513 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:50:22 ID:z4ACGtSu
海水を煮て
蒸発した水蒸気集めて飲み水確保とか無理か。
まず燃やす物がないのか

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:50:47 ID:eTs+gDxw
>>508
え?そんなのとっくにテレビとかでもはるか前に言われてた希ガス・・・

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:50:50 ID:x0j5Zcra
もうここでネタバレしてよいの?

栗林が西郷に「二度ある事は三度ある」と言って1人書類を
燃やさせるのに残したでしょ?
きっと「まだ見ぬ娘がいる」って聞いて「生きて娘に会わせてあげたい」
と思ったんだろうね。

この映画見た後に西郷バージョンの予告CMのスコップ振り上げる
シーンを見ると戦いが嫌いだったはずの西郷が栗林の心に触れて
初めて悔しいと思ったんだろう。と思って泣けてくる。

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:51:28 ID:vPN7qKdD
>>512
あの口先だけで何もできないダメっぽさがいいんだよ
ちょっと感情移入しちゃったぜ

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:51:33 ID:7bX4u4Vy
西郷のような現代風の兵士やら、典型的な無能軍人やら、栗林中将のような合理主義者やら、色々いてリアルだと思うが。

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:52:38 ID:UmjMRDoQ
二宮和也はクリントが渡辺謙に
「いい子が見つかった」って言ったらしいけどね
まだ観てないから何ともいえない

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:53:44 ID:2SHdGU+0
>>515
そんなの分かってるよ。

それよりも俺が気づいたのは
最初のシーン。
海岸線でパン屋が文句垂れながら
穴掘ってた時つぶやいてたろ
「自分の墓穴を今彫ってるのかな」って。
あれは後に、栗林の死体を埋めさせる
その伏線として働いてるんだ。



520 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:54:15 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


521 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:54:22 ID:uaJh6Gnl
>>73
遅レスですまんが、
当時のドイツを今の日本に当てはめれば
上流階級とか新卒の扱いをうけるのがユダヤ人だったとか
在日のパチ屋がユダヤ人だった
ということでしょ。
そらゲルマン人キレるわな。

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:54:46 ID:ZKLa99yU
>>515
多分そうだと思う

>「二度あることは三度ある」と言った栗林中将の言葉、あれは
>「お前は生きて帰れよ」という意味であり、
>「生きて帰って、皆に最期の状況を知らせてほしい」ということでしょう。

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:54:49 ID:UmjMRDoQ
>>513
手紙(本)では雨水しか確保する手立てがないと書いてある
暑いので冷たい水が飲みたいと・・・

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:55:02 ID:vPN7qKdD
>>513
量が量だからな
数人なら可能だろーけど、万単位だからな

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:55:49 ID:ruGZ3AgC
結論から言うとオレが一番泣かされたのは二宮だったよ

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:56:32 ID:2SHdGU+0
>>525
俺も、あのダメダメぶりには泣かされた。

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:57:46 ID:8CYbUlYZ
泣けばいいのか

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:58:53 ID:2SHdGU+0
>>525
あそこまでダメダメぶりなら
ざわわでの演技を評価してさんまを起用すべきだった。

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:59:05 ID:+io5MunX
副官藤田カワユス

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:59:44 ID:LMXcLLmT
演技の話なのか?西郷というキャラの話なのか?どっちよ。

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:59:50 ID:2hecgzmT
明日は今日以上に込みそうだな

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:00:27 ID:UmjMRDoQ
>>531
混んでた?
なんか嬉しい

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:00:45 ID:c29X+5ov
二宮クンの役は当時こういう兵士達もいたというリアルに基づいているけど
アメリカ人の目と日本兵を繋ぐ役目も背負わされてるんだお
だからイーストウッド婦人など西郷に共鳴して泣くんだお

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:01:34 ID:LMXcLLmT
>>532
俺が言ったととこじゃ完売だったよ。

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:02:05 ID:2SHdGU+0
>>533
あの動作や話しっぷりはどうみても平成人。
あんなの戦中に存在しない。


536 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:02:21 ID:UmjMRDoQ
>>534
えーーーっ?
どうしよう、今日見れないかもしれないじゃないか
ヽ(`Д´)ノ

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:02:23 ID:3IPd8S+I
関係ないけど外国人が観たら俳優の顔の見分けつかないだろうね。

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:02:23 ID:ib7TGpGL
ダメダメっていうのは、国のために勇敢に戦えないという点のことを言ってるの?

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:03:48 ID:UmjMRDoQ
>>537
俺も外人の顔の区別がなかなかつかない
黒人は全部同じ顔に見える

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:04:14 ID:eTs+gDxw
こんな俺ですがシリアス系でなかったら大好きな戦争邦画は拝啓天皇陛下様です。
どうもありがとうございました。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:04:22 ID:RRUb+85D
いい加減寝ようか

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:04:31 ID:CCRWDsIW
まだまだ人多いな。

今日舞台挨拶の回見てきた。
謙さんの存在感と、重みのある挨拶はやっぱり圧倒的。
若い女性がほとんどだったにもかかわらず、ワールドプレミア時のような
黄色い声が全くなくて、始終厳かな会見だったのがよかったな。

2回目ということで感じ方はずいぶん変わったものの、
この映画に込められたメッセージの重さはやっぱりすごかった。
初日で見てわからない部分が多かった方、
ぜひも一回見直すことをお勧めする。

今月中に星条旗の方も行ってきます。




543 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:05:18 ID:2hecgzmT
本当なんか
星条旗のときと観客数は雲泥の差だね。
映画的には星条旗のほうが遥かに質は高いと思うが。
星条旗の時はじっくり観れたけど
手紙は息苦しくて観辛かった。
観客のマナーも手紙のほうは最悪だったし。

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:05:25 ID:ruGZ3AgC
>>528
ID:2SHdGU+0へ
失礼な。オレはな、感動してるんだぞ。

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:07:34 ID:2SHdGU+0
日本人でも
岡田監督と藤山寛美は見分けがつかないっていうし。



546 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:07:37 ID:z4ACGtSu
>>539
下っ端はわからんだろうが
映画にててる主要キャラくらい見分けつくだろ

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:08:16 ID:A0jKIvj7
日本兵の格好した兄ちゃんが観に来ていてビビった。

凄い気合の入れ様・・・。

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:08:17 ID:2hecgzmT
>>539
俺は高校までアメリカに住んでたから
白人と東洋人はわかるよ。
でも黒人はわかりづらい。
アフリカ人との差ならわかるんだけどね

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:08:55 ID:eTs+gDxw
>>547
うp!うp!

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:09:21 ID:8z8ecSmK
渡辺謙はカッコいいが本人が少し『俺カッコいいオーラ』を出し過ぎなのがハラハラした。
謙さんだめっそれ以上やったら寒くなっちゃう(゚Д゚;)
っていうぎりぎりのラインで。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:10:49 ID:UmjMRDoQ
>>546
星条旗の時も全員同じ顔に見えたw
有名な俳優なら見分けつくけど

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:16:16 ID:eTs+gDxw
>>550
ちょっと昔の日本の戦争映画みたいに嫌味みたいの全く無かったな。


553 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:17:40 ID:UmjMRDoQ
>>548
なるほど

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:18:06 ID:eTs+gDxw
みたいに× みたいな○

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:18:55 ID:3IPd8S+I
当たり前のことなんだけど、穴掘ってシャツの背中に汗が滲んでいたり、
顔が汚れてたり・・・そういうのがちゃんとしていた。


556 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:19:41 ID:iExNXWpF
電車男って軍オタなのかな

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:21:37 ID:7ytLPlTY
レイトショーから帰ってきた

星2つの一等兵が、「陛下の御意にかなうと思う」
なんて言うのかなぁ〜、と思っていたが

目を血走しらせた同僚に、銃突きつけられての
場面だったから納得いった。

二宮は悪くなかったと思う

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:21:54 ID:3ogkkoO1
>>555
うむ。
そういや、「フルメタル・ジャケット」は、熱帯の南ベトナムが舞台なのに、
全然暑そうじゃなく、登場人物が汗をかいてなかったような。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:23:43 ID:c29X+5ov
>>535ずっと二宮クン非難してるが体験者なのかおドキュメントのひとは二宮クンに重ねておられたお
肝心なのは心に響くかだと思うお
おやすみなさい

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:24:49 ID:iExNXWpF
語尾におってつけるのは何なの?

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:25:01 ID:UmjMRDoQ
>>557
都会はレイトショーあるから
ウラヤマシス

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:25:54 ID:iExNXWpF
>>558
あの監督のとる映画って、画面がひんやりしてないか?

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:27:31 ID:+SrK8z3F
アメリカが先に日本側の視点を映画化しちゃった。
何やってんだよジャップwww

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:27:38 ID:dQht28r7
>>562
確かに冷めてるね

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:28:03 ID:iGNjTbuG
今観てきた

犬カワイソス
腹撃たれて夜明けまで生きてるってどういうこった
獅童は笑われキャラか
二宮は意外と良かった
って感じ

父親たちの〜の出来に比べたら落第点だな

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:28:29 ID:kQJ4mVVX
>>560
どっかの方言じゃねーの?

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:29:45 ID:7ytLPlTY
>>561
実は結構田舎だったりする、静岡県

レイトショー23:50より、料金1200円でお得

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:32:03 ID:d00wnuWe
昨日レイトショーで見てきた。
渡辺謙や伊原剛史,大久保中尉が良かった。
後,二宮が意外と良かった。
感想としては色々考えさせられ,教えられたといった感じ。
ここでは戦争は悪いとか,残虐だとかいった浅薄な感想はとても述べられない。
ただ,今の日本は此処で描かれている様に祖国の人達の戦時中の信念,犠牲,
もがき,苦しみがあった上で成り立っているにも拘わらず,現状との違いに対し,
やり場のない悔しさ,大げさかもしれないが今迄生きて来て何をやっているんだ
と言うとりどめのないわだかまりが私の心の中にわいて来た。
特に自分達の事しか考えていない経団連の裸の王様こと奥田硯や
小泉純一郎を初めとするセンセイ方にはこの映画を観てもらいたいよ。

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:32:06 ID:3BTxt7K1
父親たちの〜の出来に比べたら落第点だな
父親たちの〜の出来に比べたら落第点だな
父親たちの〜の出来に比べたら落第点だな
父親たちの〜の出来に比べたら落第点だな

\  釣られたクマー
  \ 助けてクマー
   \∩_∩    今助けるクマー
    (;(エ); )∩_∩    ∩_∩
    ⊂. ⊂ |(・(エ)・; )_○ (・(エ)・; ).∩_∩ 頑張るクマー
    ⊂_⊂/⊂⊂___つ⊂⊂  |(・(エ)・; ).∩_∩
                   |    ⊂⊂   |(・(エ)・ )
                  ∪ ̄∪|   ⊂⊂   |  〜〜
                       ∪ ̄∪|    |○  〜〜〜
                            ∪ ̄∪  〜〜


570 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:32:27 ID:UmjMRDoQ
>>567
静岡は都会

桜エビ食べたくなってきた

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:33:20 ID:xJ/KuWy6
星条旗がアメリカでコケたのはただ出来が悪かっただけなんだよな。
戦闘シーンはプライベート・ライアンの方が上だしアメリカのタブーなら
プラトーンが既にやっちゃった。反米映画ならマイケル・ムーアがいるしね。

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:33:40 ID:uaJh6Gnl
>>547
ちょwwwwwww
それ、きのうどっかのスレで宣言してたよ。

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:35:46 ID:UxNIhNdq
お前ら、まだ寝ないのか・・・


574 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:36:21 ID:Np5ir/Ga
興奮して眠れない

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:36:52 ID:3IPd8S+I
今、NHK観てる。。。


576 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:37:41 ID:UmjMRDoQ
>>568
試写会で観た一般人の感想は
「戦争は絶対にしたらいけない」的な内容ばかりで
兵隊さんに感謝するとかのコメントがないね
あっても流してないだけなのかな・・・TV

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:38:22 ID:UxNIhNdq
おれも>>5 の帰還兵の日記を読んで愕然とした


578 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:39:13 ID:dQht28r7
>>562
西部劇でも初期の単なる出演作だと、汗と埃と血がギトギトの作品ばかりなんだけど
監督兼任の西部劇は寒々とした奴ばかり

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:39:30 ID:xJ/KuWy6
>>576
感謝って、あいつら所詮は犬死(ry

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:40:41 ID:ynxIfgGk
ナゼ>>568は、読点が全てカンマなのか・・・?
敢えて変換してまでカンマを使うって・・・?
今日まで誰にも注意されなかったのか・・・?

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:40:55 ID:UxNIhNdq
沖縄戦は、富野御大将に実写映画化してもらおう
「リーンの翼」ですでにやってるしな!

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:41:22 ID:z4ACGtSu
先祖が疎開した直後に東京大空襲が来て
硫黄島守ってくれたおかげで命拾いしたんだなとか言う書き込みを見た

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:41:29 ID:dQht28r7
>>568
奥田は判るが、何故に小泉?

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:42:20 ID:uaJh6Gnl
オレも感想書いとこ。
印象に残ったセリフは
栗林中将が後世の人間が語り告いでくれる云々
言ってたセリフかな。
今の日本を省みちゃうよね。
絶対今の日本は全部じゃないけど一部おかしいよ。



585 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:43:01 ID:z4ACGtSu
富野やると強烈な鬱展開になりそうだわ
ザンボット3で人間爆弾引っ張りすぎ

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:43:28 ID:UmjMRDoQ
>>579
祖国を思って死んだ兵隊さんたち可哀想

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:47:40 ID:uaJh6Gnl
やっぱりこういう映画を日本が先に作れないの考えると
やっぱり日本は敗戦国なんだなぁて思うよ。

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:48:22 ID:z4ACGtSu
NHKスペシャルのやつが印象的だったわ
死体の下に潜って息を殺して隠れるとか。
戦車の下敷きになっても動かずに耐えるしかないとか。
終盤で孤立してからが地獄

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:48:48 ID:3IPd8S+I
>>578
ちゃんとスレ嫁
キューブリックについて語ってるだけだぞ。
追加でイーストウッドが出ていたのはマカロニウエスタンで
マカロニウエスタンがどういう成り立ちのジャンルの映画か調べてこい


590 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:50:03 ID:jBQ4rzA+
>>587
筑紫哲也みたいな発言する人間がごろごろいる限り一生無理だよ

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:52:21 ID:ePc+T+5P
赤痢だった人いつの間にかいなくなってた。。。

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:53:07 ID:UNC087Ba
>>587
昔は日本でもいろんな戦争映画があったさ。
80年代以降サヨが幅を利かせ出してから
直球の戦争映画が撮られなくなっていった。

593 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:53:23 ID:xJ/KuWy6
>>587
ハリウッドより先にヒトラーを映画化したドイツは凄いぞ。
日本も早く東條をやっちゃえ。ほぼ無理だが。

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:53:44 ID:uaJh6Gnl
>>590
でも、最近は日本も九条教から徐々に抜け出てきてるから
希望はもてるよね。富野御大将とかは日本がやって欲しい。
まあ、少々アメリカに配慮した映画になるとは思うが。

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:54:04 ID:3IPd8S+I
>>593
プライドがある


596 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:54:33 ID:nPZrDm0c
>>592
単に演じられる俳優がいなくて予算がなくて作品を作る才能がなかっただけじゃないの?

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:55:13 ID:uaJh6Gnl
>>593
東條さんもやって欲しいね。石原莞爾さんとかも。

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:55:14 ID:SNFzSchk
>>560
頭の悪い人の識別記号

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:56:06 ID:z4ACGtSu
そろそろ水野晴郎にも
大どんでん返しで事件解決するばかりではなく
戦って欲しいのだが

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:56:19 ID:nPZrDm0c
>>697
丹波哲郎が「大日本帝国」でやってたような気がする

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:56:25 ID:uaJh6Gnl
なんかこの映画みてから軍人さんの名前を呼び捨てにできない

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:57:28 ID:M/GGHUOu
>>586
チョンにマジレスするなよw

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:57:31 ID:Cl35WF1V
前張られてた硫黄島のflashてどこにある?
みつからない・・・

604 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:57:36 ID:HoJUWiN1
何回も出てきた話だとは思うんだけど、この脚本と監督は、ほんとは誰なの?
日本映画にしか見えないよ。(悪い意味ではなく)

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:59:06 ID:uaJh6Gnl
>>603
昨日もこの板にいたがあれはすごかったな。


606 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:00:01 ID:z4ACGtSu
BF1942の記念動画でも軽く鬱になれるのに

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:02:47 ID:xJ/KuWy6
>>602
そこでチョンになるお前の思考回路が面白いwww

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:05:10 ID:uaJh6Gnl
あー、しかし敗戦国ってのがこんなに悔しいとは。

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:06:22 ID:g9aacrc8
星条旗の片手間に作ったとか何とか聞いてたから物凄い手抜きかと思ったら全然そんな感じじゃなかったな。
最初のほうの飛行場のシーンとか、あまり画面に登場しないシーンのセットもちゃんと作られてる。

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:06:26 ID:UmjMRDoQ
>>603
これ?
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:07:32 ID:llpMXWUz
レイトショー見てきました。生粋の日本人の皆に見てもらいたい映画です。
気がかりなのは細かい議論の間で、その映画の本質を見失わせることです。
俳優さん皆素晴らしかったです。
若干の描かれ方の片寄りは仕方がないと思います。
日本人監督では、日本人が作ってるということだけで日本を美化してるなど
の評価がされそうですが
米の有名な監督さんがこのような映画を作ってくれたことを純粋に評価したいです。
日本の片隅から硫黄島の日本兵の戦没者に深い哀悼ならびに感謝を込めて…

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:07:59 ID:Cl35WF1V
>>605
今みつけた。貼られてたの春よこいってやつだたんだけど
見たことあったわ。

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:08:57 ID:3BTxt7K1
>>604

監督は、クリント。助手がスピルバーグ一家。リアル特殊撮影はお手のもの。
脚本は、たたき台が日系2世。詳細改変が、渡辺 謙、伊原剛志、二宮和也、加瀬 亮など。

役者もそれぞれ資料を調べて、提案したり、現場で綿密に打ち合わせしたりしたらしい。
なかでも、ケンワタナベは、遺族に会いに行って、お話を伺ったり、現地(実家)で墓参りをしたり、
栗林中将の生手紙をコピーさせてもらって肌身離さずで読んでいたりしたそうだ。

また、彼らの提案をグッドアイデアだと次々採用していったクリントも太っ腹。
彼らの手柄も相当にあるし、クリントの肝の太さ、大将としてのセンスの良さもあると思う。

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:10:29 ID:+SrK8z3F
>>608
アメリカだってロシアだって少なからず敗北した戦争はあるんだぞ。
それを今の庶民が今更悔しがる必要性はない。

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:10:45 ID:Cl35WF1V
>>610
ごめんさんきゅ

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:13:34 ID:sYeTDA1c
赤痢で死んだ方ではない方の友人(自決した方だが)

あいつ市川海老蔵に似ててワロタ

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:13:39 ID:ynxIfgGk
>>613
目を負傷したバロンを演じる際、コンタクトを入れたい
と伊原剛志が提案したこと以外にも、
あそこで清水の身体に千人針を戻すのは、二宮和也の提案らしいな。

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:15:26 ID:HoJUWiN1
>>613
さんきゅー。
俳優の意見を取り入れてくれるなんて凄いことだ。
だから、違和感なかったのかな?
早くアメリカでも公開してほしいな。

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:16:26 ID:eTs+gDxw
この映画左翼には物足りないと言われ右翼には反戦映画と揶揄されてムカツク
お前らみたいな考え方ばっかじゃないんだよ!

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:18:33 ID:uaJh6Gnl
あ、感想で書き忘れたのがあった。
最後のここはまだ日本かのセリフで、
やっぱ軍人さんたちのことを思うと北方領土は四島返してもらうまで
ねばらなと思いました。
どーしても今の日本の現状を考えてしまうな。

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:18:35 ID:UmjMRDoQ
>>618
アメリカ人って字幕を嫌うらしいけどね
だからSAYURIも英語になったんでしょ?
観てくれたらいいけどねぇ・・・

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:20:52 ID:HoJUWiN1
>>621
たしか、アメリカにも戸田なっちみたいな訳をする人がいるんだよね。(っていっぱいいるか)
それで、ガンダムとかの訳も散々だったって話が昔ありましたな

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:22:02 ID:ZKLa99yU
>>617
ついでに清水に自分の帽子を被せたのも二宮の提案らしい

それと加瀬は初対面の二宮が愛想的な挨拶もせず始終マイペースだったので
生意気そうな奴だと思っていたそうだ

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:23:48 ID:eTs+gDxw
>>623
すげえな二宮
ジャニーズと知る前にこの映画に出会ったからかますますファンになったぜ!

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:25:26 ID:UmjMRDoQ
>>622
ほんとお・・・
でも監督がしっかりしているので大丈夫なんじゃ?

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:25:36 ID:939RPvC+
レイトショーで見てきましたが、アメリカ人向けに日本軍からの視点の
硫黄島の戦いを知る上では、貴重な一本になりえる作品だと思し、それなりの評価もできる。

但し日本人向けにこれが硫黄島の戦いとされてしまうといささか説明不足だし、
見る人が見れば戦争怖い・反対の単なる反戦映画と捉えられてしまう可能性も拭い切れないと思った。

ただ、硫黄島や大東亜戦争に興味を持つ入り口としては良いかと思ったが、
果たして今日の客に大東亜戦争の事を考えてみようと思った人はどれだけいるのやら…

良くも悪くもこの作品は邦画ではなく洋画なんだなぁと…

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:27:30 ID:ynxIfgGk
>>621
ニュアンスが変ってしまうと残念だよね。
擂鉢山から戻ってきた西郷達数名に、水を与えようとした栗林が
部下に「もうここには…(水が残ってません)」と言われ
「すまんな…ゆっくり休んでくれ」と優しく言う所とか
ただ「I'm Sorry〜」だけだと、なぜ上官が部下に謝るんだ?
と米の観客には思われそうだし。
上手い翻訳をして欲しいね。

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:28:26 ID:z4ACGtSu
コレがきっかけで
ちゃんとした太平洋戦争モノの映画が出始めたら
いいね

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:31:00 ID:uaJh6Gnl
>>628
日本の映画人にとっては相当悔しかったと思うぞ。
これで悔しく思わなかったらおかしいと思う。
今の日本人を信じよう。

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:31:13 ID:TIZBeOZ+
>>604
日本映画だったら、わかりやすーいお涙頂戴映画になってるぞ。

この映画は逆。
わざわざ辛さを強調してない。
己で戦争の虚しさを感じろ、考えろってこと。
観終わって一人で考えさせられた時が、最大の見所な気がする(日本語変だな…)


631 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:31:25 ID:HoJUWiN1
>>626
いろんな思想を入れないで(入れることができなかっただけかもしれないが)フラットな
作りってのは、なかなかできるもんじゃないと思うよ。

過去にこんなことがありました。ってことを淡々と描くだけでも十分価値があったと思う。

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:31:42 ID:UmjMRDoQ
>>627
それを考えると言葉まで合理的なんだねw

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:32:03 ID:GRNQNNjz
史実を知らない人が見たら、
日本兵はごく少数で戦ったという印象を受けるだろうね。
実際は2万人もいたんだから、
地下要塞の中は負傷兵を運ぶ者、弾薬を運ぶ者やらでぐちゃぐちゃだったろう

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:32:46 ID:eTs+gDxw
>>630
確かに泣きそうになるところまで行ってふと考えさせられるそんな映画だった。

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:34:11 ID:UmjMRDoQ
>>628
これはどう?
http://www.chiran1945.jp/

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:34:41 ID:+SrK8z3F
>>628
ビルマの竪琴、シン・レッド・ライン、戦場に咲く花など既に佳作はある。

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:34:44 ID:uaJh6Gnl
>>634
確かに、オレも号泣まではいかなかった。
めっちゃ監督に課題を投げかけられた感じだった。

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:35:02 ID:HoJUWiN1
>>630
どうも。
なんか書いてることが被りましたね。

確かに自分も日本でお金を集めて作ったら、変な思想込みのものになっていたと思います。
で、日本映画に見えるって書いたのは、日本人の描写や台詞に無理がないってことだったんです。
いわゆる、トンデモ日本人の出る洋画とは一線を画していると。

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:35:46 ID:sYeTDA1c
パールハーバーのことかー

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:36:35 ID:eTs+gDxw
>>635
石原都知事だろうがまだ分からない
この映画を見ることが出来てますます日本の戦争映画に対する目が厳しくなった。

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:38:49 ID:eTs+gDxw
>>636
シンレッドラインは難しすぎてわけ分からん。
ビルマの竪琴はいいね。ちょっと反戦色強かった気がするけど。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:39:30 ID:sYeTDA1c
男たちの大和以来、柳の下のドジョウ狙いの日本の戦争映画が増えて萎える。
アメリカ資本の日本を描いた戦争映画を見るのは癪だけれど、手紙が一番泣けたかな。

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:40:51 ID:GLV1RoJA
>>288>>339
英語が敵性語になったのは開戦以降の野球の用語ぐらいだよ。
しかし開戦後も東條首相が公式の場で「イニシアチブ」なんて英語使ってる。
海軍に至っては英語教育を最後までやめなかった。

>>300
さすがに犬まで殺したらその憲兵は軍紀違反で軍法会議にかけられるぞ。

>>317
カールおぢさんみたいなヒゲさんがいい味出してたね。

>>324
M1ガーランドだよ。
セミオートマチックライフル。

>>348
つまらん釣りだ。

>>502
しかしその機関銃を現有兵力のみ犠牲ゼロでどうやって潰す?
それが問題なんだ。

>>535
演出がちょっと現代人ぽすぎたね。

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:42:49 ID:eTs+gDxw
>>642
男達の大和は演出と言う点ではこれに劣ってたな。
大和自体がドラマレベルの映像で安っぽかった。
なかなか好演してたけどキャスト配置には驚きもなかったし。
硫黄島の方が新鮮だった。
ストーリーは日本戦争映画にしてはよかった。

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:44:14 ID:g9aacrc8
>>643
M1ガーランドでは無かったぞ、ボルト回して排莢してた。
服装から海兵隊のスナイパーだと思う。

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:45:57 ID:eTs+gDxw
>>643
>>324
M1ガーランドだよ。
セミオートマチックライフル。

いやあのボルトを引くアクションは間違いなくボルトアクションだった。
オペレーティングロッドを引くような動作には見えなかった。

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:46:14 ID:GLV1RoJA
>>561
漏れは隣町が歌舞伎町だからミラノ1でレイトショー見てきたが、携帯電源切ってない愚か者が多過ぎて…orz
あと館内の缶ジュースが市価の2倍つーのもな…

>>592
ちょうどその時代はサヨが演劇やテレビ、映画の世界でそれなりの地位を築いた頃だね。
漏れも舞台演劇やってるクチだが、関係者にブサヨが多過ぎて嫌になる時もある。

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:48:11 ID:uaJh6Gnl
>>647
俺たちが社会的地位を持つときにはとんでもない右翼国家になってたりしてな

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:52:14 ID:qmEAnoGK
>>638 トンデモ日本人の出る洋画といえば
The Great Raid (2005) http://www.imdb.com/title/tt0326905/
フィリピンの捕虜収容所の話
ディズニーが作った反日映画の1つです

日本ではいまだ公開されてませんが、
Paradise Road (1997) http://www.imdb.com/title/tt0119859/
こちらはシンガポールの捕虜収容所の話

バズ・ラーマンの次回作は
Australia (2008) http://www.imdb.com/title/tt0455824/
日本軍のオーストラリア侵攻の話
ラーマンのパトロンはマードックですから

日本の受難はまだまだ続きそうです・・・

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:54:47 ID:GLV1RoJA
>>645>>646
すごい、けっこう詳しいね!
まさかここでオペレーティングロッドという単語が飛び出してくるとは思いもよらなんだ。
漏れは「棹桿」って習ったけど、劇中では装填してたのか排莢してたのかどっちだったか分からなかった…

お礼に既出動画でもドゾー
ttp://www.youtube.com/watch?v=7Ys1kSOxdts&mode=related&search=

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:55:17 ID:/c6AhTp4
台詞でジープとかライフルとか言ってたけど
敵性外国語ではなかったのかな?

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:55:27 ID:sYeTDA1c
>>649
そんなこと言っていたらドイツは・・・

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:55:37 ID:UmjMRDoQ
映画館は高いのでペットボトルはスーパーで買っていくよ

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:58:12 ID:UmjMRDoQ
>>652
ドイツはナチスと切り離してなかった?
つまりナチスとドイツは関係ありませんって

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 04:58:14 ID:eTs+gDxw
>>645
ありがとう
そうか服装が海兵隊だったか
よもや西郷が誤って38式で撃ったのかと冷や冷やしてたけどw
これで安心して寝れるw

>>650
右翼でも左翼でもないチョイミリオタですw

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:00:58 ID:+SrK8z3F
>>654
それは無茶だろwww

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:01:24 ID:GLV1RoJA
>>648
恐らくその反動で我々の子供の世代は左傾化する。
そしてまたその子(つまり我々の孫)の世代はその反動で右傾化する。
歴史は常に繰り返し、常に世代交代するわけ。

>>651
敵性語つうのは野球の世界だけがほとんど。
旧日本軍では終戦まで英語を普通に使ってた。
軍隊でも敵性語なんてやってたら敵の通信を傍受しても翻訳できないし、
捕虜をとっつかまえても尋問すらできないつうシャレにならない事態になっちゃう。
むしろ軍隊では敵国語の勉強を奨励するのが義務と言っていいだろうね。

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:02:14 ID:V/aZ9O+J
レイトショーで観ました。
二宮、いい演技してるなと感じました。
客席も4割りぐらい入ってたんじゃなかったかな?
先週に観た、武士の一分よりも観客も多かった。

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:05:42 ID:UmjMRDoQ
>>656
戦争責任はナチスヒトラーのせいにしてしまっているはず
軍事で聞けば詳しいことわかるかも

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:06:14 ID:sYeTDA1c
星条旗の自決後の日本兵を米兵が見るシーンと、
今作の自決をまさに実行するシーンが印象深かった・・。

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:07:22 ID:sYeTDA1c
>>659
ドイツ政府の立場と、映画を見る他国民の感情はまた別だからね。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:08:27 ID:eTs+gDxw
俺あの自決シーンちょっと花火みたいで「ちょっときれいだな」って思ったんだよね。
俺逝ってる?

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:09:32 ID:+SrK8z3F
>>659
ドイツはどいつも都合の良い奴らばかりだな。
国民が支持したからヒトラーが総統になったのにね。

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:13:26 ID:UmjMRDoQ
>>663
>ドイツはどいつも都合の良い奴らばかりだな。

今の若い人達はホロコーストの事実を知らないらしい

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:15:00 ID:eTs+gDxw
>>662
すまん自分でレスつけるけど
やっぱり俺そこの部分逝ってるな。

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:22:07 ID:UNC087Ba
まぁドイツと日本は反共のために同盟組んだんだがな。
アメリカや英国はそれをまだ理解出来なかった。
そういう意味ではカンの鋭い両国だよ。

だがホロコーストに関しては懐疑的だ。
強制移住のためにユダヤ人を隔離したあげく、食糧不足や伝染病で
大量死を招いてしまったことをホロコーストと言うなら別だが。

日本もドイツも敗戦国はいいように情報操作され洗脳される。
戦争に負けるってことはとてつもない傷跡を後の世代に残すな。

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:22:15 ID:oPWYrsVg
何スレか前に登場した勘違いの遠藤衛生兵クンのブログが炎上しとるw


「南京大虐殺は事実。認めろ。」反日プロパガンダ映画に出演した日本人がコメント
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1165581640/

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:25:22 ID:sYeTDA1c
>>666
渡部昇一でも読んだか

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:30:17 ID:OHg23h4z
クリント・イーストウッドはよく作ったと思うし、役者もすごく頑張ってた。
前半は役者の顔が実に「兵隊」って感じが出てて良かった。

でも、硫黄島戦って飢えと渇き、灼熱と死臭のなかの全滅戦なのに、
終盤の顔が綺麗すぎたのが残念。
日本側の視点で作った映画なんだから、硫黄島の地獄のような有様を
リアリティあるように撮って欲しかったなぁ。まあ役者に5日飲み食いして
ない身体作れ、っていうのは酷かもしれないけど。

あ、でも憲兵犬殺しのエピソードは余計だった。
強引でリアリティ薄いエピソードだし、第一あの一家がむかつきすぎ。
犬の口ぐらい塞いどけよ馬鹿母親、恩を仇で返すにもほどがありすぎ。



670 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:32:54 ID:UmjMRDoQ
>>666
>日本もドイツも敗戦国はいいように情報操作され洗脳される。
>戦争に負けるってことはとてつもない傷跡を後の世代に残すな

おっしゃる通りですね
日本人は南京大虐殺をでっちあげられ、従軍慰安婦をでっちあげられ・・・
今も中国国内には抗日記念館が増え続けています
虐殺されているのは日本人なのに、中国人が虐殺されているという設定らしいです(´・ω・`)
ユダヤ人が何故あんなに嫌われたのかは知らないけどソ連も相当に嫌っていたと聞いてます

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:32:57 ID:XBQhpOTY
長崎原爆は米と日本軍の自作自演

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:33:10 ID:eTs+gDxw
http://www.iwojima.jp/jpg/jouriku.html
手前に見えるのは米軍の上陸用舟艇の錨。写真の奥の方に注意されたい。
 この付近は現在、高さ15mの崖の上なのである。戦後50年の間にこの付近の地面が隆起を続け、当時の海岸は高い崖になってしまったのである。

 硫黄島の地形を変えたといわれる大激戦だったとはいえ、人間はしょせん、大自然の力には及ばないのである。


硫黄島凄い。

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:34:24 ID:NyP/1BBY
アメリカにとっては硫黄島の勝利で太平洋戦争は終わってるのな
それ以上は後ろめたさがあるから

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:58:26 ID:ToA6V9EP
イーストウッド様は映画の現人神になられたね

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:59:37 ID:Vc3jPf/a
ポツダム宣言受け入れろ!と迫ってから(しかも期限も無し)
何と、11日目に広島、二日後に長崎と、、国際関係では絶対にありえない
暴挙をアメリカはやってしまったからね。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:01:04 ID:UNC087Ba
>>668
いや陥落当時のノンキな南京市内の様子を見て呆れてるだけ。
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:05:31 ID:Hkkpgmx1
>>669
>まあ役者に5日飲み食いしてない身体作れ、っていうのは酷かもしれないけど。

5日じゃなくて5週間もやってるぞ
http://www.yukimatsuzaki.com/blog/archives/cat21/

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:05:40 ID:aVYg+IkC
この映画グロいシーンあるの?

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:13:54 ID:eTs+gDxw
>>678
ある。
グロ動画で有名なオグリッシュにあるような鮮明な自決シーン。

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:15:17 ID:sYeTDA1c
ttp://www.iwojima.jp/data/b_story2.html#Anchor406698

史実は映画より悲惨だな・・・。焼死体の待っている壕まで戻るなんて

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:16:43 ID:oPWYrsVg
>>678
人が砕け散るだけだよ

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:18:19 ID:eTs+gDxw
>>681
見る人によれば意外と綺麗かも・・・


マジ俺終わってると分かっててレス。

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:20:39 ID:rCHBmjC/
手紙に松尾スズキが出ていて凄く良かったのに星条旗のグロ死体の一つになったのがショックだった。

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:21:26 ID:oPWYrsVg
なんじゃこりゃw

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324563/rid160/p3/s0/c24/
日本人は残忍な殺人の性質を持っている.
アジアの多くの人々をおかゆよ, 強姦してもお詫びも反省もしない卑怯な人種だ.
そのだけでなく最近には北朝鮮に圧力を一国だけ行っている.
従軍慰安婦や拉致問題など多い過ちが分からない振りをして!
映画中(の内)で靖国に帰ると言うシーンがあるが, この気配に思いやりもしないで信じられない.
この映画を見て感動した日本人は危ない右翼であることを自覚しなければならない.
イーストウッド監督は日本政府からいくらお金をもらうでしょう.
非常に不快な映画だ.


同じ奴の別のレビュー
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324861/rid399/p0/s0/c0/

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:22:56 ID:Vc3jPf/a
>>684

社民共産あたりの元在日のお方では?

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:26:55 ID:eTs+gDxw
この映画左翼には物足りないと言われ右翼には反戦映画と揶揄されてムカツク
お前らみたいな考え方ばっかじゃないんだよ!


と上に書いた自分の書き込みを再ウプする俺・・・。
もう寝よう。

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:27:33 ID:/e62GE+b
>>684
その「おかゆ」ってのは殺すの誤訳
機械翻訳で韓国人が書き込んだんだろう
削除申告できるならしておいてよ
韓国では公開しないんだし、どうせ見ないで書いてるんだから

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:41:14 ID:G+FffdOu
兎に角、日本で良質の戦争映画が作れないのはおかしいよ。あれだけ多くの国民
が戦争にかかわった分けだから色々な解釈の映画があっていいと思う。中国の様
な社会主義国なともかく、日本は表現の自由がある国だから。
 でも反日勢力が騒ぐのは勝手にしても、肝心の映画を撮る監督がいないし、肝
が据わってるプロデュサーもいない。ポルノ映画出身監督が多すぎだし、作家も
左が多い。やっぱり三島を失ったのは大きいのか?
 保守は肩身の狭い思いをしてきたと思うよ。でもその頃はまだ国民には常識や
昔の記憶があるから語ざるも十分理解していたと思うし、事実と違う映画や、明
らかに曲解した映画に対しては元兵士らが抗議していたらしいが、その実体験者
も段々年を追うごとに減り、今では抗議なんて殆んど聞かない。
 最近ようやく歴史を正しく検証しようという声が聞かれる様になったが、まだ
まだ失われた時間を取り戻すには暫くはかかりそうだ。
 そんな時に突如降って湧いたかの様に出来たのがこの《硫黄島からの手紙》。
しかも旧敵国製の…細かいディテールを見るとおかしな所や首を傾げたくなる所
もあるが、この監督はそこにあるものを悲劇というオブラートに包み込むのでは
なくて、ただ淡々と描いている。何と例えたらいいのか[観る側の人の境遇によ
って如何様にも受け止められる映画]とでも表現したらいいのか、一言では片付
けられないのだ。そこにこの映画の男っぽさを感じる、理屈っぽくないし恩着せ
がましい訳でも無い。 クリント七十五歳…なかなか骨太な男だよ。
 ふと思ったんたが、ダッカ・ハイジャック事件の時、極左テロ犯人の要求が金
と受刑者出獄要求ではなくて、犯人達の究極の目的である《打倒天皇》を達成す
る為に「天皇と引き換えに」みたいな要求だったら政府はどうしたんだろうか?
まさか「人の命は地球より重し」とか言って天皇を差し出すわけないよな?勿論
犯人だって無理な要求はしないだろうが、今だにあの決断は賛否両論ある。結局
犯人は金と仲間を手に入れてトンズラと‥‥。あの決断が戦後の日本の全てを象
徴している。       

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:41:27 ID:tZ/UIPgl
>>684
みんなもうわかってると思うけど
その下のほうのやつ縦読み

690 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:42:39 ID:oPWYrsVg
釣られてしまったorz

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 06:54:32 ID:ZVjkb9/0
>>633
栗林兵団長(師団長)と呼称しているから、2万前後いる
ってことは示唆してんだけどね。でもそもそも兵団(師団)
がどんなものか知らない日本人が大半だろうからな。

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:05:39 ID:HZhMEdvc
Eastwood was drafted into the Army, apparently in 1951, during the Korean War.
He was sent to Fort Ord on the Monterey Bay, California for basic training.
He was supposed to be sent to the war in Korea, but on a trip home to Seattle to
visit his parents and girlfriend, Eastwood caught a ride aboard a Navy plane at Moffett Field.
On the ride back aboard a Navy torpedo bomber, the plane developed engine trouble and was
forced to make a water landing off San Francisco. He was forced to swim over a mile through
the tide to shore. Because of this, instead of being sent to Korea, he was assigned a job
as a swimming instructor and remained at Ft. Ord. He worked nights and weekends as
a bouncer at the NCO club.
明らかに、朝鮮戦争の間に、1951年に、イーストウッドは軍に徴兵されました。彼は、モンテレー湾
(基本的なトレーニングのためのカリフォルニア)の上に、フォートOrdに行かせられました。
彼は韓国に戦争に行かせられると思われました、しかし、彼の両親とガールフレンドを訪ねるため
にシアトルへの帰りの旅に関して、イーストウッドはモフェットフィールドで海軍機に乗ってドライブ
を捕えました。海軍雷撃機に乗って後ろにドライブで、飛行機はエンジンの故障を開発して、
水をサンフランシスコから着陸しているようにすることを強いられました。彼は、岸への潮流中を
1マイル以上泳ぐことを強制されました。このため、韓国に送られる代わりに、彼は水泳インスト
ラクターの職を任せられて、Ftで残りました。ord.。彼は、NCOクラブの用心棒として、夜と週末を働かせました。

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Clint_Eastwood

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:07:56 ID:8RM3Iy+r
DVD観てたら007の「リビングデイライツ」の冒頭の訓練基地として出てくる場所は
「硫黄島」と「星条旗」のロケの場所と同じだと思うんだが・・・擂り鉢山の形が同じに見える

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:18:47 ID:tZ/UIPgl
>>666
ドイツと日本が同じ?
信じられないことにドイツ人はホロコーストという言葉すら
知ってる人がほとんどいないらしいが
この事実だけでも戦後の日本の自虐教育とは全然違うことが想像できるけど

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:45:09 ID:eKhqRCfx
このスレ一通り読んだ。

「そんなの分かってるよ。」と書いて、独りよがりの意見を書く人って自らレベルの低さを露呈してる。

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:47:19 ID:+k/FxoNB
>>399
機銃の写真だったらここにあったぞ。

ttp://sk-photo.main.jp/ioujima/main/kikanhou/kikanhou.html

対空機関砲かな?これ。

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:48:27 ID:y4xOQYAH
>>695
なんとレベルの高いレス
感動した

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:53:40 ID:DI4mR16f
>>672
1911-1952年では11 cm/年,1952-1968年では33 cm/年の,異常な速さの隆起が続く.
http://www.aist.go.jp/RIODB/strata/VOL_JP/vol/177.htm

当時島だった釜岩ってとこは隆起のおかげで繋がってしまった

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:55:24 ID:mEjdAttr
>>695
相手に協調せず、「独りよがりの意見」を露呈できるのが
匿名性の良さだろう。



700 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 07:58:17 ID:mE7FmwBs
>>666
反共?

三国軍事同盟を進めた松岡洋右の「戦略」が、ソ連を含んだ日独伊ソ四
国同盟で米英に対抗しようとするものであったことは結構有名らしいぞ

また、旧陸軍の皇道派は容共だったんじゃ



701 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:10:55 ID:fWH0YNqr
>>691
それを聞いてのび太と鉄人兵団でのび太はすごいのと
戦っていたんだと感じた。

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:11:09 ID:jsebv3x6
>>696
96式25o機銃
大和に積んでた奴と同じ

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:16:25 ID:jsebv3x6
軍事板、のび太と栗林兵団より転載>>701

55 名前: 名無し三等兵 02/08/23 03:10 ID:i8akaL17

>>54

主との久しぶりの再会を果たし、鼻先を寄せてくるウラヌスをそっと撫でる西。しかし
しばらくすると、彼はドラえもんたちに言った。

西「有難うドラえもん、のび太君。これでもう思い残すことは無い。私は硫黄島に戻るよ」

のび太「でも帰っちゃったら西さんは死んでしまうんだよ!それでも戻るんですか?」

西「僕は仲間を見捨ててまで、自分が生き長らえようとは思わない。また君たちの言う通り歴史
が動いたとしても、それは帝国軍人である僕に時代が課した使命だと思う。それを甘んじて受け
るのが僕には必要なことなんだ」

涙ぐむドラえもんとのび太。西は二人を抱き寄せ、優しく語った。

西「将来の日本が美しく素晴らしい国であるように、よろしく頼んだよ」

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:16:33 ID:X++J2bgW
軍ヲタよりも泣きたいだけの馬鹿な女のほうがまだ観衆にふさわしいな

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:25:29 ID:jyNPgjVG
日本語はわからない
クリントは基本的に1発で撮影、とり直さないらしい

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:28:53 ID:PpOjpnAq
硫黄島隆起しているのか
カルシウム分が効いて成長しているのだろう
英霊たちがまさに硫黄島の一部となり一体化しているんだ

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:33:54 ID:JlSIsLbs
ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん

ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


ちょっと反日ハリウッドに頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん


708 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 08:43:05 ID:FMGdltK5
>>651
新聞が煽っていたという部分はあるらしい。
敵性語を追放するためこのように言い換えようと
いった具合に。
実際は、英語の語彙がないと会話が成立しないし、
特に海軍なんかは今のパイロットと同じで船同士
で通信するのが国際語の英語なので、
日常会話的な部分まで英語を使っていた人も
いたみたい。


709 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:00:14 ID:UGXcIzSi
日米両軍に対して、
硫黄島の土地神様が怒っています


710 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:03:48 ID:kaDUhqtz
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf
これ見てから映画行ってね

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:48:53 ID:WaFDbw35
「てぁばつはやめるように」
って聞こえる
なんか出演者全員かつぜつが悪い

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:50:36 ID:3BTxt7K1
ちゅりばちやま

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:51:27 ID:q08tHCKB
>>710
またどうせ最後に「うぎゃあぁぁぁぁぁ!」とか白い顔がでてくんだろ

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:51:56 ID:HZhMEdvc
Flags of Our Fathers James Bradley、Ron Powers (マスマーケット - 2006/8/29)
価格: ¥ 1,157 (税込) 在庫あり 新品/ユーズド価格 ¥ 830から
Flags of Our Fathers: Heroes of Iwo Jima James Bradley、Ron Powers、、Michael French (ペーパーバック - 2003/5/13)
価格: ¥ 1,255 (税込) 在庫あり 新品/ユーズド価格 ¥ 830から
Flags of Our Fathers James Bradley、Ron Powers (ペーパーバック - 2001/10/2)
価格: ¥ 1,702 ¥ 1,447 (税込) 通常7~12日以内に発送 新品/ユーズド価格 ¥ 1,302から
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/250-3866169-7548233?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Denglish-books&field-keywords=+James+Bradley&Go.x=11&Go.y=14&Go=Go


硫黄島の星条旗 (文庫)
ジェイムズ ブラッドリー (著), ロン パワーズ (著), James Bradley (原著), Ron Powers (原著), 島田 三蔵 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4167651173/250-3866169-7548233?SubscriptionId=0C760DFJTH2FN8YG3CR2

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:52:33 ID:jC6e+TZ4
滑舌が良過ぎるのも逆にリアリティがない。

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:54:57 ID:kaDUhqtz
>713
最後まで見たらきっと泣く。

717 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:55:36 ID:GrWfA3rY
栗林の最後には燃えたw
身に十数弾を浴びながらも
米軍から捕獲したマシンガンをぶっ放し、米兵6人くらいを殺して玉砕。
さすがハリウッドらしいと思ったw

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:59:51 ID:GrWfA3rY
シドウは単なるお笑い要員だったねw

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 09:59:55 ID:Vg363+Cs
裕木奈江の、

だって、みんな死んじゃうんだよ。
みたいな、「〜だよ。」っていう語尾が良かった。
当時使われていた語尾には聞こえないが、
自然に耳に入ってきて、重かった。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 10:01:42 ID:UNC087Ba
裕木奈江は大根じゃないよ、巧いんだ元々。
舞台出身で演技に対して真面目だし。

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 10:02:10 ID:VZbOzpSi
>>713
お前は俺だ
黒い画面に音楽だとブラクラだと思うよなwww

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:50:21 ID:7ytLPlTY
鯖復活か?

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:55:26 ID:MPP8SulR
(`・ω・´)シャキーン

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:55:30 ID:dfNIFJ2H
繋った

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:56:21 ID:Y6Lg4dKK
やっぱ「父親たちの」も見といたほうがいい?

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:56:25 ID:FMGdltK5
>>717
バロン西については、敵の戦車をのっとって、敵を撃破したと
伝えられてるから、普通のハリウッド映画だったら取り入れてたと思う。
だた、この映画でもかっこいいのに、そこまで描いてしまうと、うそ臭く
なってしまうので、よしあしだが。


727 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:56:39 ID:sn+E2V5b
エンディングのスタッフロールを最後まで見る人に注意

「翻訳 戸田奈津子」の文字が出る前に箱を出ろ

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:56:59 ID:MwN8ANfu
今日は混むだろうな晴れだし

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:57:18 ID:7bX4u4Vy
やっと戻ったか。

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:58:07 ID:FMGdltK5
>>727
あれが一番盛り上がるところだろう。
観客の頭の上に一斉に疑問符が表示された
ような雰囲気になったぞw


731 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:58:23 ID:MPP8SulR
長かた

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:58:47 ID:869NemO4
長いね

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 11:59:23 ID:MPP8SulR
鯖 ( ゚Д゚)ゴルァ!!

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:00:01 ID:cZUIUlSg
>>727
今回は星条旗の
「戦車は忘れろ」
の名訳があるから大目に見ろ。

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:00:12 ID:FVPSYwi6
この映画は戦争は悲惨だなあ以外に感想ある?

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:01:32 ID:MPP8SulR
夕日のガンマンも必死だな

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:03:36 ID:ROfIlIMy
映画を先に見た人に聞きたいんだけど
昨日のフジのドラマは見るに値するものだった?
自分はこの映画は秀作だと思っていて
電車男じゃなくて二宮か加瀬でよかったと心底感じてるんだけど

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:09:36 ID:MwN8ANfu
>>737
映画観てないけどドラマ観た自分腹立った

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:12:10 ID:c6DE5kiw
>>734
星条旗のあのシーンは、イーストウッドには珍しい、スピルバーグ的な、
シリアスな場面にブラックな笑いを混ぜてくるいいシーンだったな。
なっちの「戦車は忘れろ!」も上手いと思った。

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:15:55 ID:ZVjkb9/0
>>735
ああいう人たちの犠牲の上に今があるんだなと。

実際はあれよりかなり悲惨なはずだし。素直に
悼む気持ちになるよ。

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:16:05 ID:MwN8ANfu
DVD幾らだ?やっぱ2枚組か
ハマコー激怒してる

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:16:35 ID:HZhMEdvc
硫黄島の星条旗 (文庫)ジェイムズ ブラッドリー (著), ロン パワーズ (著), James Bradley (原著), Ron Powers (原著), 島田 三蔵 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4167651173/250-3866169-7548233?SubscriptionId=0C760DFJTH2FN8YG3CR2
この商品を買った人はこんな商品も買っています
* 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯 久美子
* 名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本 陽
* 硫黄島決戦―付・日本軍地下壕陣地要図 橋本 衛
* 硫黄島 菊村 到
* 栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林 忠道 (単行本)  栗林 忠道 (著), 半藤 一利 (著) 価格: ¥ 1,000 (税込)
http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%97%E6%9E%97%E5%BF%A0%E9%81%93-%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99-%E6%A0%97%E6%9E%97-%E5%BF%A0%E9%81%93/dp/4163683704/ref=pd_sim_b_1/250-3866169-7548233


BEST ACTOR
LEONARDO DiCAPRIO "The Departed.''
FOREST WHITAKER "Last King of Scotland.''
PETER O'TOOLE "Venus.''
WILL SMITH "The Pursuit of Happyness.''
★KEN WATANABE "Letters From Iwo Jima.''
He towers as an honorable, American-educated Japanese general who realizes his country's cause is lost

BEST PICTURE
* "Dreamgirls''
* "The Departed''
* "Little Miss Sunshine''
* "The Queen''
★* "Letters From Iwo Jima''
http://www.nypost.com/seven/12072006/entertainment/movies/women_and_dreamgirls_rule_movies_lou_lumenick.htm


Clint Eastwood's Iwo Jima film resonates in Japan     Sat Dec 9, 2006 6:20am ET135
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-12-09T112032Z_01_T338550_RTRUKOC_0_US-JAPAN-IWOJIMA.xml&archived=False

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:18:10 ID:ruGZ3AgC
西郷役が電車じゃなくて良かった。オレ近頃めっきりニノフリーク

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:20:07 ID:ldbu3LNP
同情買える様な容姿なのはいいよね、童顔で。
清水もなかなかのツンデレぶりでいいね。

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:20:39 ID:MwN8ANfu
で結局どうなのこの映画?

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:21:17 ID:KBFz3nFW
>>737
実写映像と、親族の話、実際の手紙を見れただけでも意味があるだろう
ドラマ部分に期待していた人いないでしょう?

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:23:46 ID:3IPd8S+I
重要人物が死ぬ時や攻撃を決断する時など、意図的に感情をかき立てる音楽を排除してるよね。
ただ爆撃音や銃撃音が聞こえてるだけ。
感情移入させずに映像を突きつけられる感じだった。


748 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:24:15 ID:u4nAOW7o
ドキュメントビデオ【鎮魂!硫黄島】を見ろ 泣くぞ 

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:24:39 ID:4ScakMxj
コーラを飲みながら見させて貰った。
結局、こういう良作の映画も観客から金をむしり取る為の
コンテンツなのだなと思いに耽っていた。

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:26:06 ID:SdbEZ3qt
これから行こうと思うんだが、新宿あたりだと込んでいるかな、やはり・・・

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:26:20 ID:KBFz3nFW

クリントの代表作ってスペースカウボーイでOK

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:26:22 ID:wxVk5Z/g
>>555
昨日のドラマの硫黄島では、大汗かきながら吐く息が白かったんで( ゚д゚ )だったもんなぁ

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:26:30 ID:4ScakMxj
画面の中では水も食料も無い日本人兵士達の悲惨さが描かれ、
画面の外では60年後の同じ日本人がコーラを飲み、ポップコーンを食べ涙する。
なんだかね

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:28:11 ID:syWLOTvo
俺は映画鑑賞中にものを食べたことはないよ。

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:28:43 ID:u4nAOW7o
>>749それは映画入場料への愚痴?

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:30:06 ID:4ScakMxj
>>755
アメリカ型資本主義と同化した現代日本人への皮肉

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:30:54 ID:vPN7qKdD
>>755
これが中二病というものだよ

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:31:40 ID:ruGZ3AgC
ポップコーンといえば自決シーンで隣の女子高生の手から転がり落ちたけどね。

…凄いと思わん?

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:34:35 ID:SETwTIYN
あー確かに中二の頃はシニカルに物事を見てた。
成長期には必要なステップだ。

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:35:40 ID:fhcbAIgW
>>666
>日本もドイツも敗戦国はいいように情報操作され洗脳される。
>戦争に負けるってことはとてつもない傷跡を後の世代に残すな

言えてるね

最近になって、ドイツのホロコーストもインチキ臭いことがばれてきた
たとえば

★ユダヤ人の死体の山の写真は、食事もロクに与えられず
虐殺された者の死体ということになっているが、
本当は単に病気で死んだ捕虜の死体の寄せ集めにすぎなかった
また
当時のユダヤ人捕虜がまるまると肥っていた写真まで出て来ている

★ガス室で殺したのは、虐待というよりも、劣勢になって
捕虜を生かす余裕のなくなったドイツ軍が、苦しまずに楽に死ねるように
配慮したものだった
実際、その後、ドイツ軍人自身みんな自決したし、その際も苦しまないように
死ねるよう配慮している。 この辺はヒトラーの12日間を観ればわかる

どーも戦後マスコミを牛耳ったユダヤ人の捏造の可能性が高い

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:37:07 ID:3IPd8S+I
36日という時間経過が判り辛かったという人が何人かいたけど
実際の戦場だったら今日は何日目とか麻痺してくるだろうから
あえてそうしたんじゃないかな
実際、観てていつまでこんな状態が続くんだよ(退屈という意味ではなく)・・・
もう降参してくれって何度も思った


762 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:37:37 ID:ZVjkb9/0
>>758
女子高生の反応素直だな。

良い体験になったろう。ちょっとトラウマ入るかもしれんがw

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:38:34 ID:RYNwrnyi
爆笑問題の太田が主演だったとはね。。。

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:39:19 ID:ZVjkb9/0
>>761
ああ、それはおれも思った。だけどそういう意図だな。
なるほど、納得だよ。

爆弾や火炎放射で戦友が次々に死んでいく状況におかれたら
そんな感じになるよな。絶対に麻痺するよな。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:43:19 ID:eTs+gDxw
>>758
俺は竪穴から火炎放射器かけられる方のシーンがグロかったけどな

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:43:51 ID:48FvTEGq
うんこなんていいからさっさと隠れろよ二宮って思った

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:44:37 ID:eTs+gDxw
http://www.fujitv.co.jp/index.html
なんか主人公の顔だけ見ると演技下手そうなんだけど面白かった?
昨日のドラマ。

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:45:18 ID:7bX4u4Vy
ラスサムの時は「これが今の日本人に作れるか」って声に、「こんな出鱈目な駄作はそりゃ作れんわな」と思った俺が、
今度は「今の日本人にこれが作れるか」と同じことを思った。
右か左の一方的な視点からしか作れんだろうな。

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:46:06 ID:1AM7Xbad
Yahooやミクシーで低い評価をつけてるやつは物語を理解できなかっただけなんじゃないかと思う

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:46:35 ID:4BJAwrvR
隣で見てた女の子は自決シーンと火達磨シーンで顔そむけてたな。
女子供にゃつらい映画かもしれん。

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:46:36 ID:IkVtIgXU
感想の押しつけはいかんよ

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:46:37 ID:wxVk5Z/g
>>767
映画見た後だと、全てがショボかった。ドキュメント部分は良かったけど

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:47:13 ID:7bX4u4Vy
あのくすんだような色も良かったな。

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:48:02 ID:pgkhWYxw
>>766
明日からみんなのクソを手ですくうのが嫌だったんだよ。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:48:54 ID:fhcbAIgW
>>768
ラストサムライはお子様向けの幼稚な映画だから
あんなのと比べんなよ
ラストサムライは
時代考証もいい加減だったし
日本人を見下す人種差別臭もプンプンだった

一方、硫黄島ではイーストウッドはかなり日本を尊敬して作った
感じを受ける

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:49:15 ID:u4nAOW7o
当時の日本が鬼畜米英言ってたが、英が鬼畜なのはインド・清の統治や搾取を
見ていて分かるだろうが、米の事いつから鬼畜認定したんだろか  

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:49:39 ID:eTs+gDxw
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/chart/01.html
この人司令官だっけ?
栗林中将じゃないの?

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:49:50 ID:kyeHYjv4
>>767

電車男がパン屋の役をやらないで良かったと思った
電車男は電車男だけ演じていれば良い

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:50:00 ID:3IPd8S+I
>>764
いつの間にか夜になって、また朝になっての繰り返しがリアルだった。
あれが下にテロップで25日目、32日目とか出てたら
観る方も36日目に過剰なクライマックスを期待して単なるハリウッド映画になるんだろうね。


780 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:50:40 ID:PmFybTB9
>>775
>日本人を見下す人種差別臭もプンプンだった

具体的に挙げてくれない?

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:51:32 ID:7bX4u4Vy
>>777
海軍の方の司令官だよ。映画にも出てた。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:51:45 ID:UNC087Ba
>>768
そろそろ日本人もイーストウッドの視点を手に入れたいもんだけど。

でもイーストウッドって「もののあはれ」や「諸行無常」的な日本的な
感性持ってるんじゃないかな、とミスティックリバー以降思ってる。
イーストウッドは亡霊に取り憑かれているという評論家もいる。
ラフカディオ・ハーンの日本のような世界観のことだろうか。
ちょうどラスサム挙げているけど、西欧に接して日本人は少し無理を
重ねてきたのかも知れないな。

かといって江戸以前に戻れるはずもないけど。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:52:29 ID:pgkhWYxw
>>776
明治時代くらいじゃないのか?その頃にはインディアン抹殺も
済んでいてハワイの占領、搾取も進んでいたから。

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:53:25 ID:kyeHYjv4
鬼畜米英って考えも傲慢だよな
日本だって植民地持ってたのに

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:53:47 ID:c6DE5kiw
>>776
カリフォルニア日経移民排斥あたりじゃね?

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:53:54 ID:G+msxxRa
イーストウッドは神掛かってる。技術が優れているという意味ではなく、何かに取り憑かれているね。

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:54:07 ID:7bX4u4Vy
>>784
でも搾取はしてないよ。

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:54:22 ID:u4nAOW7o
けど日露の時は米はかなり日本側だったよね

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:55:21 ID:ZVjkb9/0
>>774
あれ、敵よりも身近の理不尽な上官が怖いって感覚を
うまく現わしてたね。

多分、おれでもあのうんこ壷をなんとかとりにいくと
思うよ。パニックも含めてそんな精神状態になるかなと。

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:55:45 ID:jdlJ/1eU
>>769
試写の段階からその傾向はあったな。
あとは勧善懲悪とか起承転結がないとつまらないと思う単純馬鹿か。

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:55:47 ID:T/zv/8EJ
ドイツは肯定できないだろう、日本が助けようとしたユダヤ人を虐殺していたんだから。
しかも支那と裏で通じてたし。こんなものと同盟してたこと自体間違い

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:55:55 ID:kyeHYjv4
>>787

朝鮮では米を増産させて
ある意味搾取はしてるよ。
別に悪いことだとは思わないけど

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:56:24 ID:YS7uXSjV
>>769
前もって原作本を読破しないと楽しめないと思った。

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:56:41 ID:7bX4u4Vy
>>792
収支は日本の赤字だから搾取にはならないよ。

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:57:00 ID:pgkhWYxw
>>788
鬼でも悪魔でも利害が一致してるときはナカーマ。
てか第一次大戦中は日英も同盟国だったろ。

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:57:39 ID:HZhMEdvc
Stalking Oscar, With Carnage and Mayhem Galore
By DAVID CARR
Published: December 7, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/07/movies/07viol.html?_r=1&oref=slogin

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:58:09 ID:vPN7qKdD
>>776
なんか本土決戦に向けての新聞のスローガンみたいだな
http://homepage2.nifty.com/k-sekirei/dojidai/histology2_05.html

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:58:12 ID:u4nAOW7o
>>787でも幕末に大陸行った視察団が支那人を奴隷如き云々とか  

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:58:59 ID:ZVjkb9/0
>>792
朝鮮の米は内地より値段を優遇して買ってるんだから搾取じゃ
ねえと思うがねw

あれで朝鮮南部はかなり豊かになったはずだぜ。

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:59:48 ID:ew55wqqo
>>684

ああ、俺日韓掲示板で議論してたからわかるわw
韓国語を日本語に翻訳すると、「虐殺」が「おかゆ」と何故か変換されたりする。
韓国人だろ。

面白いのは、日韓掲示板で硫黄島からの手紙の話題を振っても、
「イーストウッドを買収した!」
「人肉食の場面はどこですか?」
こんな返事ばかり。

映画好きの韓国人はこっちでは上映無理だからインターネット探し回らないと・・って嘆いていたけれどね。



801 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:59:55 ID:kyeHYjv4
>>794

台湾は黒字だったね
朝鮮はお荷物だったか

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:00:12 ID:pgkhWYxw
>>798
それって植民と全く関係なくね?
今でも小さい会社だと社員を奴隷の如く扱うむちゃくちゃに
扱うワンマン社長とかいるしそんな感覚なんだろね。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:00:29 ID:vPN7qKdD
欧米は根が狩猟民族だから、植民地=搾取したらそれでおしまいみたいな考え
で、日本は根が農耕民族だから、植民地=育てて収穫するみたいな考え

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:01:28 ID:NYcJzX/J
昨日見てきたけど
ホント俺は幸せ者だよ。平和な時代に生まれて運が良かった。
あの時代に生まれてたら、あんな野蛮な連中と玉砕しなけりゃならなかったんだし。
あの時代は日米両方とも狂ってた特異な時代だったんだな。
さぁて赤いきつねと焼肉弁当食うよ。

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:02:43 ID:kyeHYjv4
>>804

世界史未履修者が降臨

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:03:05 ID:PmFybTB9
硫黄島の手紙は見なくて良い。 | 映画

No.88542 投稿者: casanova30 作成日: 2006-12-10 12:39:44

ちょっと反日のハリウッド(アメリカ)に頭撫でられたからって喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん。



アメリカの飼い犬の日本人はさぞかし嬉しいんだろうな。韓国ではこういう現象は絶対起きない。

国として、人間として自立してるからな。



韓国を見習えよ。何が武士道だ ?何が武士の魂だ?



お前達のDNAを見る限り、立派な日本人は存在したのかも疑問が残る。


自分たちで戦争映画作った時にはゴミみたいな映画しか創れない日本に嫌気がさす。



アメリカ人に作られたことを恥かしく思えよな。此処で誇らしげに話してるお前達。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tmovie&nid=98670

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:03:27 ID:eTs+gDxw

昨日のドラマ面白かったの?
映画を超えるものではなさそうだけど少し気になる。

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:03:53 ID:6OOuEVfY

これって、イーストウッドが「星条旗」の余ったフィルムで金をかけずにこしらえた栗林タン萌え映画でしょ?

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:04:27 ID:eTs+gDxw
>>806
昨日荒らしてた奴リアル韓国人かよwww

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:07:03 ID:UmjMRDoQ
さて、観に行ってきます
ワクワク

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:07:44 ID:7bX4u4Vy
>>798
よく読め。俺の言うのは日本が搾取していないってことだ。


それにしても良くあれだけ盛りだくさんの内容を陳腐にも通り一遍にもならずに盛り込めたもんだね。
まあ犬だけは余計だったが。

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:08:34 ID:cpj6LKJS
>>805
世界史履修とは、軍国主義教育を受けることなのかwwww
そんなに受けたけりゃ、半島北側の国にでも逝ってこいよwww

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:08:37 ID:vPN7qKdD
まー、武士道とは言え、読んでみれば人として当たり前の道徳の教えみたいなもんだからな
武士とかあまり関係なく、庶民や平民にも全然通じてる
もともとアメリカ人から、何故日本には聖書やそれに類する書物が無いのに日本人にはしっかりしたモラルがあるんだ?
という問いに新渡戸稲造が答えたものだしね

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:09:56 ID:wxT+S9MP
獅童の生き残り方はワロタ。
一番粋がって威勢良く出て行ってそれか!みたいな。
なんかあのマヌケっぷりが私生活とリンクするw

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:11:05 ID:mE7FmwBs
>>776
1937年以降なんじゃないの?

日中戦争で米国は中国側に武器を供与していたほかに、軍関係者まで派遣していた

日本側はこれに抗議するも無視され、それ以降、米国との関係がこじれ国民の間でも反米英感情が高まる

国際法に厳密に照らせば、米英は日本に対して戦争行為を既にしかけていた

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:11:25 ID:/vyjGgaR
ラストサムライと決定的に違うのは天皇の扱いだな
今日の実況のなんじゃこりゃ祭りが楽しみだ
ワクワク

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:13:17 ID:ZVjkb9/0
>>814
小林信彦が、ああいう獅童みたいな人間が、実際の戦時中には
多かったって書いてたよ。

あれは滑稽に描かれてたが、朝日みたいに戦争煽ってながら
戦後は態度一変させるマスゴミなんて見ていると、確かに
ああいう連中がたくさんいたんだなと納得。しかもそういう
のに限って生き残ってたりするw

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:13:22 ID:OHg23h4z
>>677
> >>669
> >まあ役者に5日飲み食いしてない身体作れ、っていうのは酷かもしれないけど。
> 5日じゃなくて5週間もやってるぞ
> http://www.yukimatsuzaki.com/blog/archives/cat21/

全般に役者は兵隊らしいいい顔作れてたと思うよ。

それでも、5日間ってパン屋のセリフ(のはず)だけど、
矢折れ弾尽き果てた極限の「最後の5日間」の顔にはなってないなぁ、と。
いやそこまでくると役作りといういうより特殊メークの話かもしれないけどさ。



819 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:15:02 ID:ew55wqqo
>>817

ああいうのが、戦後の左翼に急旋回するんだなと思った。
そして、逆に振れ過ぎて毒電波を撒き散らすんだよなw





820 :804:2006/12/10(日) 13:15:50 ID:903rtNET
冗談じゃないよ!
僕は間違ったこと書いてないと思うんだけど。
みんなだってあんな時代に生まれたくないでしょ?
ましてや硫黄島なんて食えず、飲めず死んでいったんだよ。
あの時代を肯定する人がこのスレッドに多いけど、それは平和な人間が俯瞰して語ってるに過ぎないよ。
みんなだってあんな状況だったらチビって逃げ出すって。

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:17:45 ID:u4nAOW7o
>>816
そんなにラスサムは酷いの?

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:18:57 ID:7bX4u4Vy
>>820
誰があの時代を肯定してるって?w

世界史をながめれば平和なのが特殊だって言ってるんだよ>>805は。


823 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:19:30 ID:pgkhWYxw
>>818
もともと米兵上陸前から栄養失調状態の兵が多かった環境なのに
最期の5日間飲まず食わずだったら普通は動ける状態じゃないと
思うけどなあw

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:19:45 ID:YS7uXSjV
たまには戦争みたいな刺激がないとな。

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:19:48 ID:eTs+gDxw
>>821
ラスサムのテーマ性は好きだけどな

確かに忍者とかは嘘っぽかった

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:20:16 ID:vPN7qKdD
>>820
過去に肯定も否定も無く、冷静に受け止めちゃんと噛み砕いて未来を歩む糧にしていけよ
みたいな感じだろ

827 :804:2006/12/10(日) 13:20:42 ID:903rtNET
平和が特殊ね。
ならそれでもいい。その特殊な年月が長く続いてる今の日本は最高だと思う。
今後も戦争に巻き込まれず、安泰に暮らせたらいいな。

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:20:58 ID:kyeHYjv4
>>812

オマエが馬鹿だということは
良くわかった。

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:21:32 ID:4k4ruL5R
>>821
ラスサムは日本の林の中に巨大なシダ植物が植生してたのが印象に残ってしまった。

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:22:15 ID:UNC087Ba
>>820 お前観てねぇだろ

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:22:24 ID:ROfIlIMy
やっぱドラマは評判あんまよくないね
ドキュメントの部分だけ早回しで見ることにするわ

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:22:27 ID:pgkhWYxw
米軍の戦車にはほとんど歯が立たなかったけど九七式中戦車マンセー!
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f2/Type-97-Shinhoto-ChiHa-Aberdeen.0003dtwq.jpg

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:22:29 ID:7bX4u4Vy
>>821
明治天皇と西郷と大久保が英語で会話する。

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:23:32 ID:GpOUJKKJ
なんで朝鮮のコメの話になてんだ?」

835 :804:2006/12/10(日) 13:23:46 ID:903rtNET
栗田中将だって「日本軍司令官では部下に優しい異例の人」なんて書かれてたけど
さいごの突撃で、部下も道づれにしてるじゃん?
真に心ある人だったら「私だけが玉砕する。皆は降参して生き残れ」というはずだ。

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:24:44 ID:eTs+gDxw
>>835
今までの臭い日本映画だったらそうかもな

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:25:21 ID:7XKYz3Yk
>>835
貴方の考えは、今の価値観。
もう少し想像力を働かせたら。
歴史の勉強、やり直しだね。

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:25:23 ID:vPN7qKdD
>>835
我々の子供らが日本で一日でも長く安泰に暮らせるなら、
我々がこの島を守る一日には意味があるんです。

この意味わかった?

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:25:35 ID:u4nAOW7o
ラスサムwww

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:27:01 ID:iVf0F+uK
本当のことを伝えたい。「特攻 最後の証言」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213034/ref=sr_11_1/503-8073642-246554

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:27:55 ID:ZVjkb9/0
>>835
おまえ、映画みたか?降参した日本兵は普通に殺されてたじゃん。

これは各地で連合軍が実際にやったことだ。その状況で司令官が
部下に降参しろなんて言えるかよw

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:28:28 ID:7430CtIv
>>835
いいから焼肉弁当食ってろよ。

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:29:02 ID:oc2H/54F
投降した日本兵が殺されるシーンを描くあたりがクリントらしい。紛れもない事実なのだが、なかなか描かれない事実だ。
簡単に善悪を作らないクリントは偉大

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:29:10 ID:kyeHYjv4
>>841

組織的に降伏しないと
殺される可能性は高いね

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:29:18 ID:7bX4u4Vy
>>835
栗田中将wwwwwwwwwwwwww

中将の最期はホントの所は謎。あれは解釈の一つ。

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:29:32 ID:eTs+gDxw
俺はあの擂鉢山の激戦から命からがら帰ってきた二ノ宮を労い最後の戦いに参戦させないで残した事に栗林の人間味を感じたけどな。
「私だけが玉砕する。皆は降参して生き残れ」だったらシドウと一緒

847 :846:2006/12/10(日) 13:30:42 ID:eTs+gDxw
二宮じゃねぇ西郷だw

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:30:54 ID:YS7uXSjV
>>846
まぁフィクションなんだけどな。

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:32:11 ID:eTs+gDxw
>>848
え?今これ事実だから嘘だからとか言う話の流れだったの?


850 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:32:13 ID:oc2H/54F
組織的に投降してもブルドーザーでひき殺される可能性ありだな。運次第。
武器取られてから後悔しても遅い

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:33:27 ID:u4nAOW7o
沖縄に着くって前提だが多くの兵士乗艦してたのは、あれは上陸して陸戦隊やるんじゃなかったか? 

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:33:30 ID:eXUa4MwF
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pmilitary/39000/20061210116567995466687900.gif
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pmilitary/39000/20061210116568055488097700.gif
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pmilitary/39000/20061210116568056245598900.gif

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:33:56 ID:apLvlEfy
>>848
それを言っちゃ

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:36:48 ID:vPN7qKdD
硫黄島死守の目的って本土爆撃の回避だろ
万が一自分が助かっても家族が死ぬ羽目になる
で、敗戦濃厚な状況下、栗林はアメリカに甚大な損害与えることで、
アメリカに戦争嫌悪の感情を芽生えさせ早期終戦に導こうとした
でも、結局余計怒らせて原爆落とされちゃったんだけどね

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:38:42 ID:fTxedAIX
栗林中将がもっていたピストルってその後どうなったんだろう?

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:39:32 ID:EgDYF7O/
本土の描写に関してはラスサムのほうが断然上だけどな。
当時の風俗に忠実な着物、自毛で結った髷、日本建築の美しさ。
時代劇が好きであの時代に興味のある人間なら
半端な時代劇よりよく出来た美術衣装に関心できると思う。
硫黄でもできるならどこかで本土の本物を使って欲しかった。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:41:47 ID:7oIeldD/
>>854
4行目までは同意
原爆は実験的な意味合いがかなり強かったらしい…
予算もかなり割いたから、落とさないと説明がつかないような状態だったとか
世界恐慌→ニューディール政策で国の財務はボロボロだったのに、原爆まで開発したから、
国債キャンペーンをせざるを得なかったという勝手な俺の解釈

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:43:02 ID:7bX4u4Vy
>>854
硫黄島が原爆の原因とは初耳だなw


あと、一等兵の西郷が上等兵の清水にタメ口聞いて、階級が上の清水の方が最初は丁寧にしゃべってたのはリアルだったな。
「星の数よりメンコ(飯の器。年期のこと)数」、階級より年数がものを言ってたこと、何で知ってたんだろう。

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:43:41 ID:YBAsOruD
>>855
そりゃあのアメ公ががめてそのまま持って帰っただろ

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:44:42 ID:eTs+gDxw
>>858
原因じゃなくてB29の本土往復の架け橋として硫黄島を渡してしまったって事じゃなかったっけ?

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:44:47 ID:oSAFrwz6
>>684

消された。

ざまーみやがれW

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:45:47 ID:eTs+gDxw
>>861
ウケルw
消したの本人かな?

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:46:15 ID:vPN7qKdD
>>857
まー、要因の一部じゃないかってことね
アメリカじゃ硫黄島の戦いは結構重要視されてるしね

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:47:17 ID:7bX4u4Vy
>>863
本土爆撃と原爆投下は話が別だってこと。

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:48:12 ID:oSAFrwz6
この「硫黄島」が出てから、今までの戦争映画が如何に嘘で
塗り固められてるかよくわかった。

本物の戦争では泣けない。泣けるはずがない。
狂気と恐怖だけが支配する世界、それが戦争。

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:49:18 ID:vPN7qKdD
>>864
てか、原爆は軽いからエノラゲイはサイパン辺りから飛び立ってるでしょ
例の星条旗掲げる写真とか、逆にアメリカを奮い立たせてしまったってことね

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:49:53 ID:3hLCwT4C
ラストシーン近く、西郷は栗林らが総攻撃中に書類処分していたはずなのになぜに栗林の最期の場所を探し当てることができたのか?
あまりにもご都合主義でちょっと萎えた。





868 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:49:53 ID:8kqBwwM/
>>835

栗林は弾薬、水、食料がつきて人間として誇りを持って死にたいから
最後は玉砕を選んだの鴨しれない
これ以降日本兵はウジや死体をたべたりした
餓鬼になりさがっている。

このまま持久戦になったらどういう結果になるか
わかっていた。

ここでは先逝ったほうがかえって幸せだろう。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:50:37 ID:ZVjkb9/0
>>863
そら、敵より味方の損害が甚大な戦いなんて、アメリカは
滅多にしたことないからな。あれはアメリカ軍にとって
最高の条件の下での戦いだったし。

870 :sage:2006/12/10(日) 13:52:52 ID:b730POqr
近所の犬が吠える度に焦る自分がいる。

871 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:53:42 ID:HZhMEdvc
The Sunday Times December 10, 2006

How Clint recaptured the war movie
Eastwood’s powerful pair of films tell both sides of one bloody,
hellish battle. He talks to Christopher Goodwin

http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2101-2489803,00.html

Eastwood was surprised by how little younger Japanese people now know about the war.
“It’s not taught in schools,” he says. “None of my actors in Letters knew anything
about the Battle of Iwo Jima. I thought it was important to tell that history for Japan,
because these are people who made the ultimate sacrifice for their country.
I think it’s also important internationally, because it’s important to realise that
war is a futile exercise at best, and people are trying to kill one another who,
under other circumstances, could be extremely friendly.”

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:54:33 ID:dWGU9KbJ
思想が左翼な友達は感銘受けていた。

国家は信用ならねえよな。


873 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:57:34 ID:2ngYqy6r
降参してきた日本兵を殺した、
艦から海に落ちた兵隊をそのままに進行した(星条旗)、
こういう事が起きていたことをこの2作品を見なければ
想像しなかったと思う。
戦争という大きな一括りの中の、
こういう一つの一つの出来事を見た事は、
戦争の本当の怖さを突きつけられた感じがした。



874 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:58:23 ID:EuW6hyAi
昨日見て終わった後館内から出る時
小学校低学年くらいの男の子がいたことにビックリした
きっと両親か誰かにつれてこられたんだろうけど
この映画を見てどんなふうに思ったのか聞いてみたかった

そして映画館を出て、飯屋で飯を食ってたら
となりの席に親子連れが来て楽しそうに会話してた
どうやらプリキュアとかデジモンみたいな
映画を見た後だったっぽかった

すべての子供達が人の心の痛みがわかる
優しい子に育ってほしいと思った

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:59:19 ID:kyeHYjv4
>>872

国家は信用できないが

地球市民よりは信用できる

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:59:34 ID:rsHxgcx5
糸井重里
>ぼくがこの映画のキャッチフレーズを
>頼まれていたとしたら、これを提案をします。
>◆わたしは、ただのパン屋です。

このキャッチフレーズとあのポスターなら確かに興味を引くわな。

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:59:40 ID:ZVjkb9/0
>>874
小学生がみるにはまだはやい映画じゃないかな。



878 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:00:11 ID:eXUa4MwF
左翼は自衛隊がまた侵略戦争を始まるかもと妄想を抱くw
映画を製作するにも制約があり口を出して妨害する。

さて今週末は見に行くのを控えた俺に教えてくれ!
劇中で“海ゆかば”は流れたかね?

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:01:01 ID:eTs+gDxw
>>875
俺はどっちも信用してないけど(´・ω・`)

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:01:23 ID:YS7uXSjV
>>877
確実にトラウマになる。断言できる

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:02:21 ID:eTs+gDxw
>>878
お前みたいな奴らは左翼ともどもこの映画を見るなw

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:02:40 ID:YS7uXSjV
>>878
抜刀隊は日本兵が少し口ずさんだ。
「〜入れざる朝敵ぞ〜」と一部のフレーズだけなのだけれどね。

気付いたのは俺ぐらいなもんだろう・・・

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:03:22 ID:ZVjkb9/0
>>880
だよな。

下手したら大人でもトラウマになりそうな映画だもんな。
R指定されてないのが不思議。

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:04:54 ID:8kqBwwM/
高倉健のちょっとした含みのある表情や演技が
うっとおしく感じる。
本人は何かタメがある行動が司令官らしくていい
と思っているが
違和感バリバリ。

その人物が過去どのような経験をしてきたから 
そのような仕草をするのだということまで 
考えが及んでいないのだろう。

悪く言えば謙の独りよがりの表面的な
演技で終わっている。
だからどの映画も同じ人物に見えてしまう。

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:05:15 ID:kyeHYjv4
>>882

剣の山もなんのその〜♪

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:06:23 ID:pgkhWYxw
でも銃や爆弾で「うわ〜やられた〜」で人が倒れるだけの映画なら
惨さなんて伝わらないしただの娯楽戦争映画だもんな。

何歳から見るかと言う議論にはあえて触れないが銃弾や爆弾の怖さを
早いうちから知るのも必要かと。

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:06:29 ID:CqrSwZjS
>>761
ルバング島の小野田少尉は30年、ジャングルでゲリラをしてたのにもかかわらず
発見された当時、3日位しか暦の感覚がずれていなかったらしい。

まぁあの人は普通の兵隊じゃないから特別だけど。

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:07:06 ID:GntSHtDv
クリント イーストウッド監督作品 父親たちの星条旗 & 硫黄島からの手紙
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

    \
     ∴.、  UNITED STATES MARINES RAISE THE STARS & STRIPES
 .   ∴∵\
   ∴∵∵/\   atop Mt. Suribachi of Iwo Jima on February 23, 1945
   ∴∵∵////\
  //∵ ∵////// .\
. /////∵////// .  \     アメリカ合衆国海兵隊は1945年2月23日
/////////////      \
\//////////       . \  硫黄島すり鉢山の頂上に星条旗を揚げた
  \///////          \
   \////       ∧∧∧∧\
     \/    .  (  ´/) ))ヽ∧
             /   /  / ´∀) ∧∧
           ○(   イ○  (   ,つ,,゚Д゚)
           /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
           (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
        / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\
       /      リ     Y    |     \
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:USMC_War_Memorial_02.jpg

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:07:29 ID:eXUa4MwF
>>881
黙れ売国奴がww
皇軍の英霊に謝れ!!

あの戦争でな日本が得た教訓はただひとつ!
“アメリカとは戦うな”だ。

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:07:34 ID:+DbhH67l
中将の演説の後の「天皇陛下、万歳」の時の
渡辺謙のあの前傾姿勢での葛藤を含んだ表情に痺れた

891 :m:2006/12/10(日) 14:07:37 ID:Nl+AIKaX
硫黄島から兵士が書いた手紙ってどこかに展示されていないの?
全部読んでみたいんだけど
これが戦争の真実だよね
それ以外は結局フィルターがかかっていると思う。



892 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:08:47 ID:UNC087Ba
>>884
どこに出てたっけ?>高倉健

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:08:55 ID:ZVjkb9/0
>>890
おお、同士!

あの表情と声、良かったよね。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:09:26 ID:fs3ptuc6
>>891
あのー、手紙は検閲されているんですけど。。。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:09:53 ID:CqrSwZjS
栗林の天皇万歳のシーンはあえてうつむき加減で演じたらしいよ。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:10:18 ID:YS7uXSjV
>>892
おそらく男たちの大和を皮肉ったものでは。

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:11:34 ID:UNC087Ba
渡辺謙、満席に感無量「硫黄島からの手紙」初日
◆ 興収50億円突破見込み ◆
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200612/10/ente200465.html

なんか泣けた。
ジャニヲタばっかりでもいい。
興収に貢献してイーストウッドに恩を返してくれ。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:13:02 ID:XANAqCMy
>>817
なるほど、獅童=朝日新聞か・・・ なるほどっ!って思った。
ありがとう、新しい視点くれてw

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:13:57 ID:4BJAwrvR
>>891
靖国にあると聞いた。遊就館に。
あとは「ちるぞ悲しき」などの書物を読め。


900 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:14:58 ID:+DbhH67l
>>893
>>895
やっぱりわざとだよねぇ。
シャキっとした万歳にいつも違和感あったから
憂いがなおさら心にキタ。

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:16:26 ID:8+3Wsey9
>>893
あの時代に日本人の心を一つにさせる言葉はあの言葉くらいだったんだろうな…
玉砕する前じゃなくて、戦闘の始まる前に言ったのも良かった。

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:17:35 ID:YS7uXSjV
こうして見ると細かい所まで演出が効いているんだなぁ・・・

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:17:54 ID:SETwTIYN
手紙の原物は遺族の方々が寄付されない限り自宅に保管されてるのがほとんどだと思う。
うちにもじいさんの手紙と写真とハーモニカがある。

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:17:59 ID:kyeHYjv4
>>900

だいたい当時の日本人でも
本気で天皇陛下をマンセーしてたのなんて
ほんの一握りだよね。建前で万歳してるだけで

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:18:38 ID:eTs+gDxw
>>902
DVDで話の隅から隅まで観て観たい。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:20:10 ID:GYbagOOc
>>894
だとしても別にそんなたいしたこと書いてないだろ
頭わるいのか

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:20:31 ID:YS7uXSjV
>>904
それは当時を生きてみないと判らないな・・・。

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:21:37 ID:ZVjkb9/0
>>904
天皇陛下万歳は天皇陛下個人マンセーじゃないから。

あの当時も日本国民統合の象徴はやはり天皇陛下だからね。

だいたい、当時は天皇陛下を神聖化するため、天皇陛下
個人の具体的なことなんて国民は知らされてなかった。
なので個人マンセーなんてしようがない。

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:21:54 ID:eTs+gDxw
>>906
そういえば西郷の手紙預かる郵便兵みたいな奴。あいつ何気に結構良い奴だ。

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:22:26 ID:pgkhWYxw
陸軍の昼飯は海草汁一杯。海軍航空隊の昼飯は赤飯をメインとしたお弁当。

映画とドラマでこういうところはきちんと再現されてたね。

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:23:21 ID:kyeHYjv4
>>907

まあそうだろうけどさ、

おそらく当時の人は
天皇に敬意を抱いていても

大切な存在
家族>戦友>>>>>>>天皇、国家
だったと思うけどなあ


912 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:23:41 ID:4BJAwrvR
日本を守ろうとする決意なんだろうな。
いままで教えられてきた教育のおかげで素直には受け取れないが
あれはあれで純粋な想いなのだろう。

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:24:03 ID:8+3Wsey9
>>898
獅童って、あの後日本に復員してから反戦運動とかするんだろうか?

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:24:46 ID:eTs+gDxw
>>913
そんなフラグ立ってたねw

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:25:15 ID:YS7uXSjV
>>908
結局天皇が生きている=日本国家が存在するということだからな

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:25:55 ID:HZhMEdvc
New U.S. Release
Letters From Iwo Jima
By TODD MCCARTHY
http://www.variety.com/review/VE1117932266.html?categoryid=31&cs=1

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:26:03 ID:5r5wJGlp
回想シーンの謙さんのズラ違和感ありすぎた

918 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:26:16 ID:dQQ209Q7
獅童・・・あの後大和に乗ったりジャングルに潜んだり大変だよな・・・

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:28:21 ID:ZVjkb9/0
>>915
そうなんだよな。昨日偶然松本健一の「昭和天皇伝説」を
買って、映画見る前に読んだんだけど、まさにそんな
感じだった。

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:28:23 ID:O++D1cMD
>>910
そうか?
海軍は戦闘時には握り飯にサケの切り身のようなすぐに食えるものと聞いていたが。
ネタ元はフィクション系の戦記物だけどな。

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:28:50 ID:oawUe2sS
死ぬ前にはたいてい「お母さん」といって死んでいった。


922 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:29:25 ID:CqrSwZjS
次に獅童が演じるのは敷島隊の関大尉あたりかな

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:32:07 ID:kyeHYjv4
>>922

レイプオブ南京で
虐殺を行ったと証言する一兵士だと思われ

924 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:33:00 ID:ZVjkb9/0
しかし、獅童、今後の役者人生を危ぶまれるくらい、へたれ演技好演だったよなw



925 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:33:04 ID:nRqgqcaf
「米軍の方が戦死者が多かった唯一の日米の死闘」と思ってたが
よく見たら、米の戦死者は6000人だけだったのね・・・
全然大したこと無いじゃん・・
日本軍なんて20000人が死んでるのに・・・

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:33:29 ID:GLV1RoJA
>>777
栗林陸軍中将の隷下に市丸海軍少将が入ったからね。
二人とも非常に優れた軍人だった。

硫黄島の戦い - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:34:23 ID:nRqgqcaf
たかだか6000人が戦死しただけで「激戦だった・・」なんてアメリカは言うんだから
生ぬるいな。

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:35:17 ID:jgXyOpkr
>>835 栗田中将は人命無視のバンザイ突撃の愚かな栗林とは違う。

大和の突撃を中止して引き返して日本とアメリカの命を救った。
その他の作戦でも戦闘に消極的だった人命重視の軍人

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:35:59 ID:ZVjkb9/0
>>925
戦死者じゃなくて「損害」だろ。

日本軍の何倍もの兵力があって、逐次新戦力を
投入できるアメリカ軍と、逃げ出すことができない
状況の日本軍とで、戦死者の数だけ比較して日本
が圧倒的に多いのは当然。

アメリカは負傷者はどんどん後方に引かせて
新戦力をどんどん投入してるんだよ。

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:36:25 ID:kyeHYjv4
>>925

米軍は負傷した後の
医療のバックアップ体制が半端じゃないから
日本兵なら死ぬはずの怪我でも助かるんだよ

浜辺での野戦病院→病院船→本土の病院
見事なもんです

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:36:54 ID:eTs+gDxw
日本は全滅して20000人死んだけど負傷者も含めた戦闘不能者の数じゃ日本よりアメリカの方が上回ってた。

まぁ死んだ人間は帰ってこないけどな・・。

932 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:38:33 ID:CqrSwZjS
獅童は旧日本軍兵士専門の役者になればいいのに

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:38:44 ID:kyeHYjv4
>>927

911同時多発テロ
より多いんだから衝撃だったんじゃない?

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:40:35 ID:eTs+gDxw
栗林中将以下の将兵がもうちょっと言う事聞いてくれさえいればもっと善戦で来たのかなぁ・・・。
兵隊勿体ね。

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:40:39 ID:dQQ209Q7
>>925
一人を殺すよりたった一人を負傷させれば、
負傷した一人を後方に運ぶ為に三人が戦闘から外れる。

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:42:25 ID:dQQ209Q7
>>934
水際のトーチカは要らんかったな。

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:43:53 ID:eTs+gDxw
>>936
劇中で中将が渋々承諾したっていってたから
おとりぐらいには使いつもりだったんじゃ?

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:45:25 ID:ZVjkb9/0
>>937
映画でも描かれてたじゃん。

軍内の政治的配慮だよ。

939 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:46:20 ID:kyeHYjv4
硫黄島の
要塞化は計画の三割程度しか
完成してなかったんだよね

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:46:44 ID:jn5UtSJX
>>796

NY登録しないとみれんな。

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:52:58 ID:fRqcmZ1g
>>926
読んで自分がいかに無知か改めて知った。
あんな狭い島で4年も隠れ抵抗してたって凄いというか、
酷いというか、愕然とする。

>その後も生き残った日本兵が地下坑道に潜伏し、
>一部は終戦を知らずに抵抗を続けた。
>終戦から4年後の1949年1月1日、最後の日本兵2名がアメリカ軍に投降した。



942 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:53:17 ID:eTs+gDxw
なんかもう一回見たくなった。
昨日あの後連続で見ればよかった。

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:53:59 ID:kODhLh53
>>928
ワロタ。確かに栗田中将はそうだなw

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:56:26 ID:UNC087Ba
>>871
クリントは硫黄島を日本の学校で教えないことを間違っていると感じている。
それは手紙を撮った動機のひとつだと。

日本人、教育されてしまったな。
恥ずかしい。

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:57:18 ID:ZVjkb9/0
>>943
マッカーサーが長生きできたのは、栗田提督のおかげw

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:57:23 ID:FMGdltK5
>>925
星条旗のほうは見たか?
両手のない人とか出てただろ。
多少の傷だったらそのまま前線に残る。
負傷と言っても、重篤な負傷だぞ。

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:58:31 ID:jsebv3x6
>>934
海軍陸戦隊はいらなかったな

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:59:35 ID:CqrSwZjS
>>947
栗林は海軍陸戦隊をあまりアテにしてなかったとか

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:59:40 ID:eTs+gDxw
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a1/Iwo_Jima_-_Landing_Plan.jpg/425px-Iwo_Jima_-_Landing_Plan.jpg
1945年2月16日、作戦開始を控えた記者会見でスミス中将は説明した。「攻略予定は5日間、死傷は1万5千を覚悟している。」

実際は1ヶ月以上2万人超える死傷者。

こりゃアメリカにとって予想以上の激戦になってしまったんだな

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:00:30 ID:1FdJNMPL
レイテ島では山下将軍が満州から精鋭第一師団を召集して
それを主力にして、マッカーサーを捕らえようとしたみたいだけどな。

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:03:23 ID:ZVjkb9/0
>>949
硫黄島って平坦でさ、ろくに木もないような狭い島なんだよ。

そこを完全に制空制海状態の大軍で1月も制圧にかかるなんて、
誰も予測できないって。

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:03:31 ID:HZhMEdvc
Attacking Iwo Jima on both fronts
First Clint Eastwood put U.S. soldiers on the battlefield in 'Flags of Our Fathers.'
Now he looks at the same conflict from the Japanese side in 'Letters From Iwo Jima.'
BY BRUCE WALLACE
Los Angeles Times December 3, 2006
http://www.newsday.com/entertainment/movies/ny-ffmov4995599dec03,0,5454630.story?coll=ny-entertainment-promo

There has never been a Japanese movie about Kuribayashi.
And the hell of Iwo Jima in winter 1945 has never wooed Japanese filmmakers.
"None of my Japanese actors knew anything about Iwo Jima," Eastwood says.
"You lose 21,000 people! To just ignore them. What would happen if we did that?"

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:05:41 ID:eTs+gDxw
>>951
だなぁ
すげーよ日本軍。

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:08:55 ID:H4+mz5F7
>>944
歴史の視点から見ると極致の戦闘状況などいちいち説明してたらキリがない。
関ヶ原だって、戊辰戦争だって、日露戦争だって戦闘の状況なんて教えない。

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:09:04 ID:ZVjkb9/0
>>953
ゲリラ戦の達人のベトナムの将軍が、実際に硫黄島訪れて
説明受けて驚嘆したらしい。

誇らしいと同時に、そんな絶望的状況で最善尽くした
先祖の気持ち思うとたまらんもんがある。

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:09:42 ID:GLV1RoJA
>>948
海軍陸戦隊はどっちかと言えば市街戦を得意としていたからね。

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:11:57 ID:2SHdGU+0
>>576
俺は、あの映画見たらああなると思った。
日章旗を掲げてない家に憲兵が押しかけるシーンなんて最悪。
あんな憲兵おらんだろ。
ありゃ、共産党のプロパガンダのようなシーンだった。

958 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:14:19 ID:t0/ZBna2
>>957
> 日章旗を掲げてない家に憲兵が押しかける

今の日本にはそれに近いヤツがいるけどな

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:14:29 ID:jsebv3x6
>>956
陸軍の援軍がなかったら上海事変全滅してたろ。

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:15:09 ID:eTs+gDxw
>>958
朝日の販促員ですかw

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:16:18 ID:GLV1RoJA
>>957
つーか民家の日章旗掲揚義務化なんてブサヨからも聞いたこと無いぞw
憲兵であんなことしたら軍法会議で営倉入りか憲兵クビになってるよ。
あれは恐怖支配というより住民を敵に回す非常にまずいやり方。
法的根拠に乏しい行為だし、深夜に発砲したらえらい騒ぎになる。

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:18:42 ID:GLV1RoJA
>>959
何せ戦力が少なすぎてねえ…

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:19:49 ID:mFhPylId
>>955
勝たなきゃどんな戦争も無意味。

ソ連空軍が直前でドタキャンしたおかげで空軍・海軍の支援がない
「一軍対三軍」状態で戦争に突っ込んだ人民解放軍はちゃんと
朝鮮戦争でマッカーサーを首に追い込んだぞ。

硫黄島には長期的展望も無ければ、劣勢になったときの方策もない。
場当たり的で絶望的。栗林も、前半の人道的な感じが後半は行き詰まって
痛々しい。なにが天皇陛下万歳だゴラァ。

そんなわけで硫黄島を賞賛することはできない。
この映画は反戦映画としてひじょうに優れている。
そして、自国の歴史をこういう風に的確に映像化できないで、
かえって敵国にこういうものを作られてしまうところに
戦後日本の文化的退廃を見る。第二の敗戦だねえw。

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:19:51 ID:8P7q2XFd
硫黄島では白兵戦が多かったそうだけど
実際、銃剣相打つ刺し合い・斬り合いで戦死した日本兵って
2万の内、どれぐらいだったんだろう?
白兵戦と言うと、日本のお家芸だからねぇ。
米軍は白兵戦を苦手にしてたらしいし。

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:21:58 ID:eTs+gDxw
>>961
あの憲兵の上官、地域社会に相当深く根付いた悪の根源だと脳内補完して観てた。w
地元の有力者から賄賂貰ってるとか。

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:22:01 ID:dQQ209Q7
2万と言っても、半分くらいは栄養失調や体調不良で戦力外だったんだろ?

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:22:02 ID:ZVjkb9/0
>>963
ああ?人民解放軍の実態は、投降した国民党軍だぞ。

背後から銃つきつけられて突進してったんだ。馬鹿か
お前はw

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:22:14 ID:jsebv3x6
そもそも海軍の市丸少将は航空畑出身で陸戦の素人

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:23:05 ID:vPN7qKdD
>>964
万歳突撃は膨大な兵力の前には単なる無駄死にになるから、わざとゲリラ戦に持ち込んだんだよな
あと、制空権、制海権無かった日本軍はまともに戦っても無駄ってことも良くわかってた

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:24:56 ID:2SHdGU+0
>>958
いねええよ。馬鹿。
チョン半島にお帰りください。

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:27:39 ID:2SHdGU+0
>>865
やっぱプロパガンダ効いてるのかな。
日章旗掲揚=街宣右翼
みたいな。

マジ、街宣右翼=ヤクザの別働隊=同和・在日
ってこと公にすべきだね。



972 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:28:52 ID:CQM+cwPS
然し情報操作ってのは怖いねぇ。。。。
今回の手紙のメディアの報道というチンケなのじゃなくて、
国家単位でのレベルで。

アメリカだってパールハーバー直前までは
アメリカ社会ではモンロー主義が浸透していて
ナチスと戦うことすら否定的な程だWWUには距離を置きたがっていたんだから。


973 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:29:34 ID:C+A4/lcW
>>961 >>965
ある程度の数の人間がいれば立派な奴もクズもいる。
兵隊さんだけ特別、全員が規律を守る、と思ってる時点でイーストウッドのメッセージが伝わってないのでは?

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:29:41 ID:2SHdGU+0
>>965
やっぱプロパガンダ効いてるのかな。
日章旗掲揚=街宣右翼
みたいな。

マジ、街宣右翼=ヤクザの別働隊=同和・在日
ってこと公にすべきだね。

>>961
だな。あれは、イーストウッドに抗議したいくらいだな。

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:29:41 ID:8P7q2XFd
米軍て銃剣術とか白兵戦の訓練はなかったのかな?
ドイツ軍には全くなかったそうだが。

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:29:46 ID:pgkhWYxw
>>964
日本軍の三八式歩兵銃、九九式歩兵銃ってのは
銃身が長く、着剣時の全長は160センチだそうだ。
だから白兵戦の時はリーチの差では日本が有利だったようだ。

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:31:00 ID:O++D1cMD
万歳突撃と言うけど、実際に突撃するときには「ワッショイ、ワッショイ」言いながら突撃していったらしいね。
ろくな武器を持っていなかったこともあり、アメリカもためらったのか、飛行場を突き抜けてUターンして戻ってきたそうだ。

祭りって怖いな

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:32:10 ID:dQQ209Q7
>>977
真面目に読んでしまったじゃないか。俺の時間を返せ

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:32:15 ID:2SHdGU+0
>>977
ワッショイは韓国起源らしい?
から韓国に文句言ってくれ

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:33:08 ID:CQM+cwPS
>>975
白兵戦が強かったのは
武術等が発達した国の兵士
日本軍兵士やソ連軍兵士がその代表例

例外的に名前忘れたが
つい最近の現代戦まで活躍していた
ネパール傭兵部隊が強かったと聞く。

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:33:14 ID:syWLOTvo
2SHdGU+0はその時代をリアルタイムで生きてたの?
なぜいないって分かるんだ?

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:34:38 ID:HZhMEdvc
興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061210-128339.html

渡辺は、当初のタイトル「RED SUN,BLACK SAND」から、現在の「硫黄島−」に
変更された経緯を明かし
生存者は少なく、兵士が残した手紙だけが唯一の情報だった。
そういう意味で(現行のタイトルに)なるしかなかった」と説明した。

[2006年12月10日9時28分 紙面から]

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:35:57 ID:jsebv3x6
>>975
アメフトみたいな恰好ででっけえ綿棒みたいのをぶつけ合う。

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:36:11 ID:2SHdGU+0
>>981
南京大虐殺はプロパガンダだが
そのプロパガンダを流してる香具師
(ニュース捨テーション)ですら、
憲兵に隠れてレイプしてましたって証言している。


985 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:36:52 ID:v8z6qtBT
>>921
それは泣ける…。
母を想う気持ちに、年齢は関係ないもんな。

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:39:18 ID:syWLOTvo
>>984
答えになってないよ。
憲兵に隠れてレイプしてた香具師じゃなくて憲兵の事を聞いている。

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:39:26 ID:2SHdGU+0
ラストサムライのような爽快感がなかった。
平成の現代人の若者が多すぎ。
あの二宮は大根役者すぎで、なんであんなの起用するんだ
と思った。
あの身のこなし、話し方、やること、全て平成の腰抜けじゃねえか。
違和感ありまくりだった。
穴ぶち込まれて飼いならされたジャニーズなんか起用するなよ。


988 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:40:41 ID:eTs+gDxw
>>984
>Nステでプロパガンダを流してる香具師

ここで既にこいつのすべての情報が怪しいと思えるんだけど・・・。

自分も実は悪い事してましたって言って関係ない奴ら巻き込むのは奴らの常套手段だぞ。

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:41:49 ID:deXa96UJ
クリント映画に爽快感なんて求めるなよw

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:42:11 ID:syWLOTvo
2SHdGU+0の書き込みはスルーした方がいいな。


991 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:42:33 ID:2SHdGU+0
>>986
憲兵は軍規を守らせるために存在する。
それに民家に押し入り犬を殺すなんてあり得ない。

でも本当に共産党の非国民の家ならありえたかもな。

共産党ってのは戦前も戦後も
ソ連コミンテルンの日本支部で
朝鮮人使ってテロ活動してたんだから。

シベリア抑留を許可してその見返り
に何百億円をソ連から支援を受けたんだしな、
野坂さんぞうなんか。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:43:12 ID:eTs+gDxw
>>987
俺は日本のここ十数年の和製戦争映画の俳優の中で一番好感持てたけどな。

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:43:25 ID:GLV1RoJA
>>985
第77振武隊 相花信夫少尉が継母にあてた遺書
http://syusuke3821.web.infoseek.co.jp/tokko.chiran.html

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:44:48 ID:2SHdGU+0
>>992

味噌汁を他の兵士によそって分ける時
味噌汁こぼしまくりなんて
硫黄島の状況から考えてありえんだろ。

ああいう大根演技が二宮は多すぎ。
なんでカットされなかったのか
疑問だった。

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:45:04 ID:dQQ209Q7
>>987
ミリオンダラーベイビー、
父親たちの星条旗を見ていれば爽快な映画じゃないのは判るはずだ・・・。

二宮は妻と向かい合うシーン以外は、まぁまぁ見られたよ。
当初は凄まじいくらい違和感を感じたけれど、
終盤の悲惨な戦局になるにつれて違和感が薄れていった感じ。

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:45:34 ID:pgkhWYxw
>>992
同意。ID:2SHdGU+0は何を思っているのか知らないけど
パン屋の召集兵が凛としてるわけないのになw
多くの文献で召集兵の動き方はなっていない。軍人として論外みたいな
証言があるしね。

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:45:54 ID:ozbE5LDD
決め付けの激しい奴がいるな。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:46:23 ID:syWLOTvo
2SHdGU+0は真性っぽいので以後スルーでお願いします。


999 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:46:56 ID:2SHdGU+0
>>995

妻のゆうきなえ
も、赤紙受け取って
その場で暴言吐くってあり得ないだろ。

二人になってしぶしぶ泣くってシーンなら分かるが。
それとあの軍国おばさんもありえん。



1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:47:01 ID:Np5ir/Ga
1000なら天皇陛下バンザイ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

268 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)