2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:49:28 ID:eTs+gDxw
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。

12月9日(土)、丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:50:10 ID:UNC087Ba
2げと

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:51:01 ID:2SHdGU+0
>>996

硫黄島の戦士のほとんどが
パン屋などの自営業だ

その自営業の集団が米国と大善戦したんだお。

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:52:04 ID:U7rr8YEU
直リンクするべきか迷ったが、これの「2」辺りから読んでいくと
想像を絶する事が書いてある。
最後に捕虜になってアメリカに行き日本に帰る話。
簡単に人が死んでいくことが恐ろしい。

ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html




5 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:52:08 ID:2SHdGU+0
996 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 15:45:34 ID:pgkhWYxw
>>992
同意。ID:2SHdGU+0は何を思っているのか知らないけど
パン屋の召集兵が凛としてるわけないのになw
多くの文献で召集兵の動き方はなっていない。軍人として論外みたいな
証言があるしね。




6 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:53:16 ID:eTs+gDxw
>>3
とりあえずお前の本当の目的は1000取りだったんだろ?

それは置いといて
参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1


7 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:54:43 ID:eTs+gDxw
日本公式(予告編多し) 
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
アメリカ公式(写真多し)
ttp://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
IMDB
ttp://uk.imdb.com/title/tt0498380/
前スレ 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/

予告編
「2部作編」予告
ttp://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:56:14 ID:eTs+gDxw
前スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙 12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/l50

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:56:59 ID:4k4ruL5R
海軍陸戦隊マジで足引っ張りすぎだな。
陸軍部隊だけで統一すべきだった。

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:57:14 ID:UNC087Ba
>>4
それ以前から有名だけど、オレは手紙の脚本家がかなり参考にしたと思ってる。
イーストウッドも確実にスタッフによって英訳されたのを読んでいると思う。
主人公の境遇がその手記の主と似ている。
でも奥さんは・・・・・。

ご冥福を祈ります。

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:57:14 ID:2SHdGU+0
>>6
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

これは俺も読んだ。

その手記にも書いてたが
夜中、水が飲みたいと出て行った兵隊は
ほとんどが帰ってこなかった。
機関銃で一斉攻撃を受けるんだ。

でもさ、映画の中じゃ、結構その中をかいくぐって移動してる
んだよね。
俺はありえんと思った。

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:58:30 ID:GLV1RoJA
やはり手紙は母親に宛てるものが多かったんだろうな…
硫黄島とは関係ないが、特攻隊員の遺書が残っている。

『母を慕いて』
ttp://sidenkai21.cocot.jp/img8790908e0l1ece.jpg

まだ18歳のガキがこんな凄い手紙書いてんだぞ…
みんなそれぞれに人生があった。
その人生の手紙一枚一枚に何が書かれていたのだろうか。
クリントには硫黄島の手紙のドキュメンタリー映画も撮ってほしい。
61年前と今を結ぶ一枚のメッセージなのだから。

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:59:01 ID:eTs+gDxw
999 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 2006/12/10(日) 15:46:56 ID:2SHdGU+0
>>995

妻のゆうきなえ
も、赤紙受け取って
その場で暴言吐くってあり得ないだろ。

二人になってしぶしぶ泣くってシーンなら分かるが。
それとあの軍国おばさんもありえん。


劇中で私の夫や息子も戦地に取られたとか言ってたぞ
ID:2SHdGU+0に鬼子母神の話しても無駄か?

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:59:12 ID:CQM+cwPS
でも、当時の若者は陸軍に入隊するよりかは
海軍に入隊するほうが遥かに良かったって
俺のじいちゃん言ってたけど

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:59:37 ID:vPN7qKdD
あり得ないとか、そんなわけないとか、もうアホかと
何のためにわざわざ2本別々の視点で映画撮ったんだよ

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 15:59:56 ID:lmQ7HYRp
私道は相当劣化したな 役も私生活も

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:01:32 ID:pgkhWYxw
>>9
え、もしかしてこの映画だけでそう判断してないかい?



18 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:02:01 ID:eTs+gDxw
>>15
ID:2SHdGU+0はアホだが空気読めなくて痛い子だと言う事でネタとしては面白い。

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:03:06 ID:2SHdGU+0
>>13
ありえんな。
俺の祖父も徴兵でとられ戦死したが
まさか、うちのばあちゃんが、赤紙配られたその場で
あんなこと言うとは想像すらできん。

俺のじいちゃんはよく軍歌を口ずさんでたっていうし
俺のばあちゃんは教育勅語やら歴代天皇をそらんじるのが
得意で、
結局、夫を戦争で亡くしたが
別に国を恨むとか、そんなことはなかったな。
逆に同情されることを恥とした。
それが典型的な明治人だと思うよ。

あの二宮は典型的な平成の若者だって。

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:04:42 ID:0qflQcaj
2SHdGU+0は全て想像で書き込みしてるみたい。

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:05:08 ID:vIBBw7D4
ハリウッドのギャラってどれくらい?
金額もクレジット順になるのか?

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:05:43 ID:GLV1RoJA
実写
ttp://www.youtube.com/watch?v=7Ys1kSOxdts&mode=related&search=

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:06:16 ID:eTs+gDxw
>>20
なんて想像力のない人間だと思ったが

逆に全部想像か・・・オソロシス。

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:07:12 ID:Qb/kQVOV
今日見てきたけど、なんちゃ面白うなかった。
盛り上がるはずのシーンも肩透しっちゅうか・・・。ぜんっぜん泣けんし。
日本の軍隊がただのあほにしか見えん。監督はそういう風に見せたいのかも試練
けど。
まあ、金返せとは言わんけど、この映画、ヒットはせんやろな。


25 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:07:34 ID:vIBBw7D4
ID:2SHdGU+0はイーストウッドのインタビューや映画関連の記事を読んで
西郷という役がどんな意味を持つのか、なぜ二宮を起用したのかを
勉強してから出直したほうがいい
今参考にできるような雑誌なんて腐るほど出てるから

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:08:34 ID:2SHdGU+0
>>23
想像じゃない。
ホントのことを言っている。

お前、赤紙が配られて
その場で妻が、夫を戦争に取らないで下さい!
なんて泣き叫ぶと思うか?

そんなのほとんどいないだろ。

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:08:51 ID:B4AjAN8x
硫黄島は本土を守る最後の砦だったと言われておりますが

最後の砦は


江ノ島

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:09:03 ID:lmQ7HYRp
>>14
徴集権があるのは陸軍、海軍は志願。
ボケーとしてたら気が付くと陸軍にいて、海軍は自分の意志だから女にモテた  

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:10:03 ID:CQM+cwPS
>>24
ヒットしてるがな
少なくとも国内では

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:10:04 ID:ZYpwSlCl
おまいら明治時代の生証人に失礼ですよw

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:10:06 ID:46NQtr9i
>>26
あれ? そんな泣き叫ぶシーンは無かったけどな?
俺の記憶がおかしいのか、はたまたお前が違う映画を見たのか。

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:10:33 ID:vPN7qKdD
>>24
見終わってスッキリしたとか、全米が泣いたとか、おすぎです!とかのわかりやすいカタルシスではないな
たまにはこういうの突き放した感じのもいいんでない
感情移入ばかりの映画じゃ食傷気味になるでしょ

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:11:08 ID:Yx1bnU6k
軍事教練を受けた昭和一桁世代の父から、
教官になんか言われたら即、直立不動、
歯を喰いしばって鉄拳に備えたとよく聞かされたので
映画の冒頭で上官に咎められた西郷が
口開けっ放しなのを見てハラハラした。


34 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:11:42 ID:2SHdGU+0
>>24
俺もそれを危惧している。
日本と戦ったが、あの狂人的な日本人を
解放してあげたんだってことで
空襲での民間人虐殺等をチャラにしたいのかと。

日本がどういう経緯で戦争に突き進むことになったのか
盛り込まないと単なる反戦映画になってしまう。



35 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:12:42 ID:eTs+gDxw
>>26
何万人もそういう夫婦がいたら建前より本音が出るのがいるとおもうけどw
つい本音が出ちゃったあのシーンに共感覚えるんじゃん。

今までの映画だったら肩を震わせながら「ありがとうございます」って建前言うようなシーンだけど。
ID:2SHdGU+0はこの映画のテーマをもう一回見直した方が良い。
そういう映画なんだよ。

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:13:15 ID:hZLNQZOb
>>26
西郷の妻は身寄りも無かったんじゃなかった?
小津の映画とか成瀬の映画とかでも分かるけど、
戦争で夫が死んだ後、残された妻は悲惨だぞ。
感情のあまりに言っちゃったんじゃね?

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:13:18 ID:2SHdGU+0
>>33
そうそう。
今の学校にいる
腰抜け高校生みてるみたいだった。

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:13:52 ID:ICSuOSKM
西郷は軍事教練も受けてないただのパン屋。
喋り方だってあんなもんなんじゃないの。

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:14:01 ID:vPN7qKdD
>>26
お前はいろいろ客観視できないタイプだな

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:14:44 ID:cIxiBl1k
>>32
おすぎ笑った
おすぎです!で始まるCMを見ると途端にその作品が薄っぺらく感じられる。


41 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:15:21 ID:eTs+gDxw
>>39
ID:2SHdGU+0はリアルでも友達が居ないタイプです。
仲間は居ても変な思想の持ち主ばかりです。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:16:44 ID:eTs+gDxw
>>40
おすぎの評価なんか聞きたくもない反面、どんな評価するか気になって来た やべぇw

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:17:01 ID:cIxiBl1k
しかし、当時の軍隊は糞だな。
俺だったら上官とかに不条理な命令されたら絶対そいつを射殺すると思う。

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:17:09 ID:0qflQcaj
2SHdGU+0は実社会で腰抜けなので西郷役の二宮とダブったんだろう。
と想像してみる。

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:17:13 ID:UNC087Ba
>>34
自分で映画撮れw

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:17:26 ID:2SHdGU+0
>>38
なわけない。
今と戦前じゃ、学校教育が違う。
センセイに平気で為口きいたり
おちょくったりする平成人と違って
ちゃんと訓練を受けている。

あんなのいねえだろ。

それともう一つ、硫黄島に配属されたのは
戦のスペシャリストではなくて
ほとんどがパン屋や八百屋、魚屋
っていう自営業だよ。

その自営業ですら祖国を守るために
あれだけの戦いをしたってことだ。

二宮みたいな
上官に怒鳴られても
ふてくされた態度をその場でしたり
硫黄島で水一滴も貴重なのに
味噌汁こぼしまくりなんて
あんなのいないだろ。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:18:04 ID:vFru5OaF
>>42
おすぎはあまり評価してなかったみたいなので大丈夫。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:18:33 ID:CQM+cwPS
もし淀川長治が生きてたらどんな評価下すんだろう。
星条旗と手紙セットで

49 :名作シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:20:18 ID:WfApYw4V
しゃべり方云々というのは、これまでの戦争映画の
肩に力が入りすぎというのがあるんだよ。日本兵だって
仲間内じゃ普通のしゃべりをしていたはず。
「諸君!」の次のコメントがすべてだと思うよ。
「二宮君が演じたパン屋の西郷の役に、あの島で
戦った兵士たちのあらゆる面が反映されていたと思います」
と、49ページで硫黄島協会の遠藤喜義会長が語っておられる。

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:20:21 ID:eTs+gDxw
>>46
あーもう
お前はステレオタイプみたいに右ならえ右!みたいな当時の日本しか想像できないのか。

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:20:41 ID:x0j5Zcra
>>12
昨日のドラマでも野菜作りに召集された少年達が手榴弾で自決したよね。
みんな泣きながら「お母さん!」と叫びながら。

焼きたてのパンの香りって幸せの象徴って気がするよね。
そして愛する妻が妊娠して西郷は幸せの絶頂を迎える時
だったんだよね。
しかも本土を守る為に頑張ってた間にもう本土もやられまくっちゃってる
わけだし。
アメリカ人から見たら愚かな国、そして可哀想な末端兵ってところか。

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:21:04 ID:ZYpwSlCl
なんだ、単なる二宮叩きかw
そんなに許せないならアイリス山下に文句言いなよw

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:21:06 ID:V1wLep+8
2SHdGU+0にこの言葉を送ろう。
イーストウッド曰く「遠方で操作している輩に限って見て来たような戦話をする」

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:22:07 ID:vPN7qKdD
>>46
かなり当てはまるな

詭弁のガイドライン
1:事実に対して仮定を持ち出す
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:知能障害を起こす
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:23:15 ID:JQMwb6Tj
とりあえず二宮はピーコと仲良いらしいので
おすぎとの関連が不安です

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:23:17 ID:eTs+gDxw
ID:2SHdGU+0の人気に嫉妬

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:23:37 ID:aIXJfLvz
「手紙」を真実を描こうとする映画としてとらえてしまうと、
時代交渉等の面で、目をつぶれないところがあるのは、事実だな。

そこが気になってしまうと、
この映画の本質(というかクリントのメッセージ)を読み取れにくくなる。

俺がそうだww。

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:23:47 ID:CQM+cwPS
>>34
説明なんか必要ないだろ
そもそもこの2部作は趣旨が違いすぎる

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:24:34 ID:GLV1RoJA
>>38
戦前の人間は非常に厳格だからあんな反体制的な口調はまずない。
心情としては大いにあったろうが、あんなチンピラっぽい言葉遣いはしない。
それにパン屋はお師匠さんから厳しいシゴキを受ける。
それくらいパン作りは厳しいものだ。
あんなだらしない香具師にパン屋が務まるか!と言いたくもなるけど映画だから楽しもう、
…と自分に言い聞かせる漏れw

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:25:04 ID:2SHdGU+0
>>45
俺は、無名映画だが
「ムルディカ」のほうが身震いしたよ。

この映画は、インドネシア人に軍事教練する際、
こんなやり方には付いていけないと
反抗してサボるイネ人がいたんだが、
教官がそいつの首根っこ捕まえて
ぶん殴り、決闘するシーンがあった。
「貴様、日本が誰からか自由を与えられたと思うのか!
自由というのは、努力して自分達の手で勝ち取るものなんだ!」
とボコボコにしばくシーンがあるんだが
あんなの観たらジーンと来るよね。

インドネシアじゃなく、スリランカの話なんだが、スリランカの初代大統領の回想に
日本軍がスリランカに空襲してきた時、母親から
「日本人みたいに勤勉なら、英国とだって対等に戦争ができるんだ。
よく観ておきなさい!」と言われたらしい。

その初代大統領が、サンフランシスコ講和会議で、
日本は友邦だと全面的に擁護して賠償金を求めないわ
連合国を非難するわ、ソ連の日本分割統治案に真っ向から反対するわ
ってあったんだがな。

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:26:35 ID:GLV1RoJA
>>60
『神様の愛い奴』で血の気が引いた漏れの立場はどうなる!w

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:26:45 ID:eTs+gDxw
>>60
何度も書き込みしたけど
ムルデカは面白いけどつくりがトンデモネタっぽいんだよw
史実なのは分かるが。

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:27:56 ID:9aI+SDhy
>>12 転記した。最後の1行に涙した。


母を慕ひて

母上お元気ですか
永い間本当に有難うございました
「我六歳のときより育ててくだされし母
継母とは言え世の此の種の女にある如き」
不祥事は一度たりとてなく
慈しみ育て下されし母
有難い母 尊い母

俺は幸福だった
ついに最後まで「お母さん」と
呼ばざりし俺 幾度か思い切って呼ばんとしたが
何と意志薄弱な俺だったらう
母上お許しください
さぞ淋しかったでせう
今こそ大声で呼ばして頂きます
お母さん お母さん お母さん と。

相花信夫 18歳


64 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:28:21 ID:pgkhWYxw
当時のパン屋なんていったら最低限の教育を受けただけの
今でいう中卒みたいなもんだろ。単なる下町育ちで気がつけば召集されて
島に送られてるだけ、小銃の使い方も下手で弾が的に当たらない
西郷が清水みたいに「誇りある軍人として死決すべきだ!」
なんて言ってたらそっちの方が嘘くさくて笑えるんですけどw

西郷のやる気のなさ、愚痴の多さってのは本人の性格だったという設定
なんだろうね。色んな人が招集されて集まってるんだなあって思ったよ。

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:30:24 ID:UNC087Ba
>>60
馬鹿これはイーストウッド映画だ。
ミリダラかミスティックリバー観てから出直して故意や。

それが嫌なら極東板でも逝って鯉w

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:30:31 ID:2SHdGU+0
>>64

ほとんどの国民が尋常小学校出だ。
でも現代人よりもはるかに達筆だし
はるかに語彙があるし
家庭教育もしっかりされているし
戦前の教育を侮ってはいけない。



67 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:30:54 ID:eTs+gDxw
>>64
大丈夫大半の人間はそう考えると思う。
ID:2SHdGU+0みたいな脱左翼したばっかの粋がってる元左翼、もしくは最初から右翼教育受けてました。
みたいな奴ばっかじゃない。

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:30:57 ID:CQM+cwPS
>>59
>戦前の人間は非常に厳格だからあんな反体制的な口調はまずない。

あったよ。
知識人だけでなく、
大正時代にモボ・モガと言われた自由人達。

後、淡屋のり子

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:31:14 ID:hZLNQZOb
>>60
へースリランカってそういう国なんだ。
ttp://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1
前にこれ見て、やけにアンチ日本が少ないなと思ってたらそういうことだったのか。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:31:15 ID:qt/7VSQX

今日日曜洋画劇場40周年特別企画「ラスト サムライ」

http://tv.nikkansports.com/tv.php?site=007&station=0007&mode=14&sdate=20061210&shour=21&lhour=1&category=tn&sminutes=00&template=detail








71 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:31:36 ID:+qLCsSoK
>>60
ちょっと出来の悪い映画だし、インドネシアの人から
「インドネシア人はこんなことしないよ・・」みたいな
批判も頂戴していたね。

なんかそういう記憶があるわ。

そもそもイーストウッドの二部作との志の差は埋めがたい
ような気もする。自己分析の映画と自己弁護の映画の差と
いうものがあると思うんだなあ。

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:33:27 ID:JQMwb6Tj
おかしいな
>>63に涙が止まらない

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:33:27 ID:GLV1RoJA
>>64
だから戦後教育と戦前教育とでは礼儀作法の習い方も躾も全然違うんだよ。
目上の人に対してあからさまな反抗的態度をとるのは相当のやむを得ない理由がなければ絶対にしなかった。
体育会系の組織では今でもそんなもんだけど、それでも戦前と戦後とでは世代の違いから上下関係も違ってくる。

むしろ目上の人に反抗的態度をとるのは高等教育を受けたエリートが圧倒的に多かった。

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:33:34 ID:hZLNQZOb
西郷が穴の中で読んでた本って何だったんだろうか。
大きな城のような墓がどうのとか言ってたが。翻訳ものかね。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:34:09 ID:2SHdGU+0
>>71

確かに差は埋めがたい。
日本がどういう大義名分で戦争せざる得なかったか
描かれている「ムルディカ」「プライド」と

平成のヘタレ日本兵を主人公にして
戦争せざる得なかった大義名分には
触れていない「硫黄島」との差は歴然としている。

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:34:29 ID:LKeAfhE9
戦争映画とか歴史に全く興味のない私ですが話題性につられて観てきました。

この映画について何かを語りたいわけじゃないし、
語ろうとしてもうまく言えないけど、ここに書き込まずにはいられませんでした。
『今が良ければそれでいい。過去(歴史)なんか知っても役にたたない。』
って思ってた私が愚かでとても恥ずかしくなると同時に、日本の歴史を知りたいと強く感じました。
私は日本人だということ、戦渦の日本、今ある日本、世界、思想、戦争…頭の中がぐちゃぐちゃですが、
ここまで突き動かされる思いをした映画は初めてです。


77 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:34:30 ID:eTs+gDxw
>>71
まぁID:2SHdGU+0みたいに最初から決まっていて修正不可能な自分の答え持ってる奴には自己分析の映画見せたらファビョルよなぁ・・。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:35:29 ID:GLV1RoJA
>>68
彼女にしても当時としてはそうだったろうけど、
やはり現代人と比較したら相当厳格な人間だよ。
テクノロジーが発達するのと反比例して人間が薄っぺらくなってる希ガス。
そんな漏れの財布も薄っぺらいorz

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:36:09 ID:2SHdGU+0
>>77

お前、映画に洗脳されてしまってるんじゃないか?
あんな態度を取る二宮みたいな兵隊は存在しない。
あいつの存在自体が当時の日本兵への侮辱みたいなもんだ。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:36:37 ID:z4ACGtSu
>>14
食い物で困ることは無かったって言ってた

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:38:15 ID:ctAjcRZN
祖母の子供の時の記憶では戦争の終わり頃になってくると
新聞の黒塗りのところが増えていったらしい。
で近所のお爺さんが「この戦争は負けるかもしれん」とか
話してると誰かが「シッ!どこで憲兵が聞いているかわかりませんよ」って
止めていたって。
だから身内に赤紙がきても表向きはあからさまに嫌がる事はできなかったし
家族だけで夜「無事でね」って泣いていたらしいけど。
で出征するときは近所中でばんざーいって見送ったらしい。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:38:47 ID:vPN7qKdD
>>79
お前、なんか変なものに洗脳されてしまってるんじゃないか?
お前の存在自体が当時の日本兵への侮辱みたいなもんだ。
なんて俺は思うよ

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:38:51 ID:vIBBw7D4
今日のダーリン

『硫黄島からの手紙』、観てきました。
アメリカ製作の映画なのに、字幕なしでした。
登場するのは、ほとんどが日本人で、日本語をしゃべっているので、字幕はいらないんですね。
だから、観終えてからしばらく経ってから、
どうしてこの映画を日本でつくれなかったのか、と、考えてみたくなりました。

ぼくねぇ、この映画、たくさんの人が観るといいと思いました。
観るべき人が観るとか、わかる人が観るとか、
そんなんじゃなくて、「誰でも」が観るといいと。
誤解されてもいいと思うんですよね、

この『硫黄島からの手紙』って映画は、誤解されるでも、考え違いされるでも、なめられるでも、
なんでもかんでも引き受けてしまえばいいんだと、思ったんです。
戦争映画がかっこいいと思う人も、なんだかとにかく「感動したい」という人も、
出演者のひいきの人も、話題になってるから、とにかく観ようかという人も、
時間つぶしに映画館に入る人も、
とにかく、観たら、必ずなにかを得られると思う。

あらゆる誤解も、思い違いも、偏見も、
イーストウッド監督と、そのクルーは、たぶん、ぜんぶを正面立ちして受けとめられるでしょう。
そういうつもりで、つくっていると思うんです。
(正直言いますけどですね、ぼくのつくるものは、そんなになにもかもには耐えられませんよ。
 そういう自信あります)
でも、この監督のこの二部作は、どんな人が来ても揺るがずに立っていられるでしょうね。
映画館でやっているうちに、ぼくはもう一度観ます。
そうするほうが、いいような気がしたので。

最後に、ぼくがこの映画のキャッチフレーズを頼まれていたとしたら、これを提案をします。
◆わたしは、ただのパン屋です。

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:39:36 ID:eTs+gDxw
>>79
と偏見の塊のID:2SHdGU+0が言っておりますw

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:39:46 ID:pgkhWYxw
>>82
ぬるっとスルーしときなさい。

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:40:16 ID:apLvlEfy
>>79
二宮じゃなくて西郷だろ。
お前ただの二宮叩きかよ。

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:40:30 ID:UNC087Ba
>>76
がんがれ。
歴史に興味持ってた人間だってショック受けてる。

つか日本人として恥ずかしい気持ちでいっぱいだから。

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:41:45 ID:GLV1RoJA
>>83
◆わたしは、ただのパン屋です。

つ[硫黄島の行革110番]

((;゚Д゚)ガクガクブルブル 憲兵よりコワイぞ。

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:41:53 ID:eTs+gDxw
>>87
俺も映画好きとして最後のスッタフロールで洋画なの思い出させられて悔しかった。


90 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:41:54 ID:2SHdGU+0
>>81
だろ。
で、武運長久、つまり、武運よく長く生き延びることを祈る
ってことで日章旗に署名の寄せ書きをするんだ。
それを身に着けて日本兵は戦った。

あの場で兵に取るなってシーンは
無理がありすぎ。

ユウキと二宮は、日本人を馬鹿にしてるのか
と腹立たしかった。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:42:09 ID:dnx6WyC/
わたしは、ただのパン屋です。
なかなかいいキャッチフレーズだな

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:42:23 ID:UNC087Ba
>>83
いいこと書いてるな糸井さん。

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:43:31 ID:2SHdGU+0
>>83
◆わたしは、ただのパン屋です。


ほら、こんな馬鹿にされたようなキャッチフレーズの
映画になるんだよな。



94 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:45:26 ID:apLvlEfy
>>93
もしかして本気で言ってるのか?

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:45:32 ID:eTs+gDxw
ID:2SHdGU+0の発言がすべてageになってる件について・・・。
おめーの着せがましい自己主張意見なんてほとんどの奴が聞きやしねーよ。

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:45:34 ID:dnx6WyC/
庶民が、お前らが巻き込まれ犠牲になるんだってことが一発でわかる
アメリカのきもち日本のきもちだっけ?
あれよりいい

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:46:36 ID:T7YelQwJ
そのままジブリ映画に使えそうなキャッチコピーだな

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:46:45 ID:g9aacrc8
>>94
>>95
荒らしにはスルーが一番

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:47:00 ID:KByWIr0d
>>93
お前確実に映画見てないだろ。
もしくは自分に都合の悪いシーンは脳内消去か。

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:47:03 ID:lmQ7HYRp
>>76それが大事

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:47:22 ID:2SHdGU+0
俺は、映画よりも
ヒストリーチャンネルの日米兵士の硫黄島での
再開ドキュメンタリー番組を推薦する。
こっちは感動的だ。
俺の家族もこっちのほうがずっとよかったと言っていた。

http://www.historychannel.co.jp/rec/index.html#02
鎮魂・硫黄島

放送日: 12月1日(金) 20:30 - 21:54
再放送: 12月9日(土) 18:30 - 20:00、ほか


1945年2月19日。太平洋戦争最大の決戦場となった硫黄島に米軍が上陸作戦を
敢行した。米海軍兵士団7万、日本軍守備隊2万1千。戦闘は1ヶ月以上にもわた
り、米軍は3人に1人が倒れ、傷つき、日本軍の生還者はわずかに1,033名であ
った。1985年2月19日。この悪夢の戦場に40年の歳月を経て、かつて敵と味方
に別れて死闘の限りをつくした旧日米両軍兵士が再会した。鎮魂と平和を祈念
して碑を建立するためであった。再会の感動、生々しい証言。激しい戦闘シー
ン等は、我々ひとりひとりの心に強く訴える。



102 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:48:31 ID:UNC087Ba
映画がロングランになるようだったら使って欲しいコピーだよな>◆わたしは、ただのパン屋です

たぶんイーストウッドさんも同意すると思う。

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:49:43 ID:CTR5fJMK
>>90
あの場面に兵はいないんだが・・・・。


104 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:49:48 ID:9aI+SDhy
パンはただではありません

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:49:51 ID:TIZBeOZ+
>>83
最後グッときた。
そうだよな、そうだったのにな。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:50:18 ID:8yiZ9llw
>>28
ウチの爺さんは、海軍に振り分けられた。
浜松の飛行場の近くで塹壕を掘ってるウチに終戦を迎えたが・・・

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:50:53 ID:qbbX8igy
>>96北朝鮮にいえ

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:50:58 ID:pgkhWYxw
西郷をムチで殴ったり(コレは西郷の失言が原因だから自業自得)
ウンコ運ばせたりしていた大尉も最期の自決の瞬間は
6歳の息子のことを考えながらピストル自殺したんだろうなと
考えると胸が締め付けられるね。

梶原の泣きながらの手榴弾自決も。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:51:05 ID:2SHdGU+0
>>103
[
あの場面ってどの場面かちゃんと家。

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:52:51 ID:2SHdGU+0
>>108
俺は実はあのおっさんの離婚原因は
浮気よりも、あの配役だと思う。


111 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:54:38 ID:apLvlEfy
>>109
お前何がしたいの?

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:55:19 ID:eTs+gDxw
>>111
もー
せっかくみんなでスルーしてたのに。

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:55:47 ID:2SHdGU+0
>>111
文脈を読めるようになれ。

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:55:53 ID:CTR5fJMK
ID:2SHdGU+0が段々壊れていってる件

 109 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 2006/12/10(日) 16:51:05 ID:2SHdGU+0
 >>103
 [
 あの場面ってどの場面かちゃんと家。
 
 
 110 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 2006/12/10(日) 16:52:51 ID:2SHdGU+0
 >>108
 俺は実はあのおっさんの離婚原因は
 浮気よりも、あの配役だと思う。



115 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:57:31 ID:qODTHgVj
さっき見てきたー

久しぶりの映画館だったけど、やっぱ臨場感があっていいね
画面近くでピストル撃つシーンが3回くらいあったんだが、
同じ席の奴がその度にビクッってなるから振動がきてびっくりした。

あと、隣にじいさんが座っててさ、スゲー泣いてたよ

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:58:49 ID:QlxnE2aF
シドーワロス
最期二宮が捕まって、タンカに乗せられて横たえられた時
ふと二宮が横見たら、シドーも寝てて、ぴんぴんしててばつが悪そうに
してる絵が浮かんだ。

私の涙腺決壊ポイント
・清水の死
・長野の子供たちの合唱
・「ここはまだ日本だ」
とくに子供の合唱やばすぎ。
あとおかん、犬の口ぐらい押さえとけばか!

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:59:23 ID:+qLCsSoK
>>109
赤紙が来る所でしょう。

兵役の拒否など、当時の婦人が公の場で口にすることって
考えられないことだから、やはり無理はありますよね。

でもこの映画にとっては小さな傷だと思うんだけどね。
気に障る人は、気に障るんだろうけども。

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:59:25 ID:QXC8Nk5b
あの時代は、フツーのパン屋や、フツーのお父さんたちが
南国の孤島でえらい目に合ったってことなんだろうね。
一部の軍人は軍国主義バリバリ(小野田さんみたく)だったろうが、
多くが西郷みたいなフツーの人達だった。軍国主義バリバリの人の中にも
いざというときには兵隊たちや開拓移住民を見捨てていち早く
本国へ逃げ帰った人達もかなりいたらしい。水木しげるの「総員玉砕せよ?」ってマンガ
読むといいよ。この映画に通じるものがある。


119 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:59:34 ID:pgkhWYxw
清水〜〜〜〜!!。・゚・(ノД`)・゚・。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:00:29 ID:vIBBw7D4
>>108
梶原は手榴弾じゃなくて赤痢で死んだ方の奴

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:03:20 ID:H93qlMcA
>>101俺は見た 二度も三度も見れば見るほどすげー泣いた 

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:03:29 ID:GLV1RoJA
つーか西郷とペアだったBEGINのボーカルっぽいおヒゲが素敵なカールおぢさんって誰だったっけ?w

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:03:32 ID:KByWIr0d
万が一、西郷役が加瀬で清水役が二宮だったらどうなっていたのだろう…

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:03:57 ID:vPN7qKdD
>>118
16歳の少年兵もいれば30歳越えた老兵もたくさんいて、なんかまともな兵隊さんは少なかったみたいね
敗戦濃厚な時期だし、本部からは硫黄島自体もう無理だろうと思われてたみたいだしね

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:04:37 ID:jq6LtAGk
さっき見て来た。
感動もしたけどどっちかというと俺は怖さで涙がでた。
俺が現実にあの場にいたら絶対発狂する…つくづく自分が情けない

立場、思想に関係なく全ての人が見てほしいってレスがあったけど、まったく同意見。
平穏に生活してる事がいかに幸せか考えさせられたよ。


126 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:05:41 ID:vIBBw7D4
>>123
特にどうもしないと思うよ

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:05:43 ID:GLV1RoJA
>>116
そこで二宮対獅童のリアルファイトでつお!w
対戦車地雷オパーイとウンコバケツで戦ってくれw

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:05:53 ID:V1wLep+8
>>122
ttp://www.yukimatsuzaki.com/blog/

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:06:09 ID:ynxIfgGk
前スレで、「西郷や清水みたいなヘタレを硫黄島へ送るくらいなら…云々」
ホザいてた奴がいたけど、確かに、フツーの生活してた人が戦地に送られ
短期間の訓練ののち本物の戦に挑まなければならなかったんだから
「死にたくない」とか「投降しよう」とかって気持ちになる方が人間として自然な希ガス。
だからクリントも、軍事訓練とかを特に受けさせずに、撮影に入ったんじゃないかと…
(無論、栗林、バロンクラスの立場なら、ある程度の基礎は必要だけどサ)


130 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:06:50 ID:QlxnE2aF
二宮、先入観で、たぶんヘタレ新兵役だろうなと思ったけど、
うんこバケツ捨てに行ったときに遭遇した米艦からの砲撃に
ありがちに「ひええええ!」とかって尻餅ついてあわてふためかず、
何のかんの毒づいてたあたりが、
あ、こいつ単なるヘタレキャラでは無いんだな、って分かった。

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:07:06 ID:jsebv3x6
>>118
小野田さんは徴兵される前は商社マン

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:07:38 ID:HQPzY7df
昨日からジャニだなんだ差別発言ばかりしていたが
結局何でもいいから叩きたかっただけか…

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:08:05 ID:GLV1RoJA
>>128
何てこった!髪を剃れ!
坊主が一番イイゾ!

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:09:06 ID:Ac42ECly

観客の中に「特攻」とか「日本」とか書いた日の丸ハチマキしてたDQNっぽいのがいたけど、
あれは見てて痛痛しいな。むしろ失礼だから止めてほしい

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:09:20 ID:qujvC03S
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99
ここで一日だけ硫黄島ロケってあるけど
どのシーン?
最初とラストの望遠レンズのシーン?

準備とかリハとかもあるけど一日だけしか使わないとなると
ほんの1シーンぐらいしか出来そうにないと思うが?

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:10:00 ID:2SHdGU+0
今、こういうHP見つけた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog185.html
人物探訪:海軍少将・市丸利之助
_/_/ 〜硫黄島よりルーズベルトへの手紙
_/ _/_/_/  ルーズベルトの19世紀的人種差別観に対し、
_/ _/_/ 市丸少将の気高い理想は21世紀にも通用する。

http://www.historychannel.co.jp/rec/index.html#02

この番組ヒストリーチャンエルの中では市丸少々の逸話を
懐かしげに、涙を流しながらかたるもと少年兵がいたんだ。
「硫黄島」には、市丸少将がいないし、善良な幹部は
栗林や西などのアメリカ帰りだけに設定されている。

市丸の逸話

昭和20年初頭、敵上陸を目前に控え、米軍の空襲は連日続
いた。しかしその合間には、少年兵達が集まって、小学唱歌を
歌う光景も見られた。「おもえば遠し故郷の空 ああわが父母
いかにおはす」と歌う声を岩陰で聞きながら、市丸少将は密かに涙した。


http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog185.html
には日本が戦争した大義名分が書かれているが
「硫黄島」には、なんか戦争はいけないっていう
メッセージ性が前面に押し出されているだけで
ものタリン



137 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:10:27 ID:LMXcLLmT
>>136
そろそろ軍板にでも去ってくれない?

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:10:33 ID:vIBBw7D4
>>130
そのとき不発弾おかげで命拾いした西郷が
「まだ見放されてなかった」みたいなことを言ってたけど
あれはどういう意味だったんだろうな
なんかちょっと台詞違った気がするんだがスマン、思い出せない

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:10:50 ID:GLV1RoJA
>>131
のちの獅童であるw
つまり、硫黄島→大和→ルパング島と転戦した後歌舞伎役者となって竹内を孕ませて浮気した絶倫(ry

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:11:17 ID:oYklUghp
確か硫黄島の兵士の4分の3は銃もまともに使えない一般市民だったかと。
栗林さんは地下壕の掘削作業の合間に、銃の持ち方や構え方から
戦闘の基本を一から丁寧に教えたそうだ。
栗林さんの苦労を思うと泣けてくるよ・・・・。

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:12:33 ID:2SHdGU+0
>>140
まずは一兵卒でも
横須賀だとかに配属されて
そこで軍事教練受けるでしょ。

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:12:44 ID:qujvC03S
父親のほうがアメリカ国内で
英雄の偶像を作りあげて昔から全く進歩していないっていうイラク戦争批判って話だったけど
これって現状に置き換えると
敵側にも敵側なりの戦う理由があるっていうテロリスト擁護って受け止められないの?
アメリカ国内で

批判のための批判かもしれないが
アンチイーストウッドもいるだろうし

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:12:55 ID:+qLCsSoK
>>138

いや、市丸さんは出てましたよ。2シーンのみでしたが・・

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:13:11 ID:vIBBw7D4
>>135
・2005年のシーン全部
・栗林が杖をつきながら海岸を歩いてるシーン
・栗林が島の全景を見渡すシーン
とかじゃないか?
当然だが、擂鉢山が映ってるのは全部硫黄島撮影分だろうな

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:13:17 ID:GLV1RoJA
>>140
占守島の部隊と交換してればよかったのにな。
そこの部隊は百戦錬磨の部隊で機甲部隊もあった。

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:13:57 ID:8z8ecSmK
なんかここの感想見てるとゴーセン好きと読んだ
ことない人がはっきり判るわー。

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:15:28 ID:GLV1RoJA
>>141
全く軍隊経験の無い香具師はむしろ少ない。
送られてきたのは竹槍事件のとばっちりで再召集された大正時代のオヤジ兵隊。

竹槍事件
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E6%A7%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:16:05 ID:2SHdGU+0
>>142
テロはいけないけど
擁護できる部分はあるわな。
だってイラクにしても英国が勝手に作った国だから
その中にスンニだとかシーアだとか
当然一緒になりえない民族が一つの国を
形成している。
それで争いが絶えないから
フセインのような強権者を必要としたわけで。

中東はあらたに国を編成しなおすべきだろうな。
日本も朝鮮人や中国人がわっと押し寄せたら
イラクみたくなる可能性だってある。
朝日新聞を監視しないとな。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:17:45 ID:CTR5fJMK
>>145
機動戦は必要ないから砲兵以外は招集兵で十分に思うよ。


150 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:18:23 ID:eTs+gDxw
>>146
俺は昔読んでたよ。
だから反動で変な方向に行く奴の気持ちも分からなくない。

この映画左翼には物足りないと言われ右翼には半日だと言われる。
マジむかつくぜ。
そんなんばっかりなわけないだろと。

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:18:25 ID:pgkhWYxw
>>145
まあ歴史なんて全てにおいて結果論なんだがもしそうなら
占守島があっさりソ連軍に奪われて北海道北東部が赤化してたかもね。

そもそも硫黄島は機甲部隊が身動き取れないから戦車を地中に埋めて砲台化
したりしていたのだが・・・。

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:18:26 ID:UNC087Ba
>>147
それ召集年齢が40歳に上がっただけだって聞いたが
偏向してないか?

オレは戦時中のマスコミの言うことは信じないな。

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:18:41 ID:z4ACGtSu
>>134
今すぐ死ぬ覚悟が出来てるんだろうか
とか思うな。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:20:44 ID:oYklUghp
再召集の人もいるが、ほとんどは普通の人だと聞いたけど。
硫黄島の兵士は戦闘の訓練もされたことがない人が大半、と記憶している。
あまりにも使い物にならないんで、栗林さんが直々に作業の合間に訓練したとも。

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:20:45 ID:2SHdGU+0
>>151
なるほど。
そーかもね。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:21:04 ID:jsebv3x6
>>145
チハじゃどうにもならん

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:22:10 ID:vPN7qKdD
>>145
貴重な戦力を捨て駒として硫黄島には送れんだろ

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:22:10 ID:ib7TGpGL
NHKのドキュメンタリーもよかったな。
「(あの戦いについて)意味がないとは絶対に言えない。
それはやりきれない。ただ、ではどんな意味があったかと
いうとそれは難しい」元兵士が最後に言った言葉。たぶん昔
の自分だったら「祖国のために勇敢に散った兵士達」という単
純な意味づけをしていただろうけど、それはやはり間違いだな。

妻と子と共に生き、生活を紡ぐことがまず第一の普通の人間、普通の
大衆、普通のパン屋が地獄のような戦地に行くというのはどういうこと
なのかをこの映画はよく表してると思った。

崇高な理念と同一化しようとする清水、それができない生活者西郷、両者
の間にいる軍人栗林。

「友愛(家族愛)と共同体的献身は矛盾する」アリストテレス
を引いて宮台真治が言ってたけど、これはそうだろうなぁと思う。

>>83
さすがイトイ。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:22:19 ID:tFtLJ2Dd
昔、祖父と一緒に暮らしていた。
帝国陸軍軍人だった。
ビルマ戦線の生き残りで、ポツダム大尉だったとの事。
小学生だった私がTAMIYAのプラモデルを買って来て、私は昔が懐かしいだろうか?と思って無邪気に見せて作り始めると一瞬見るけど直ぐに奥の部屋に行ってしまった。
かなり気まずくて、それ以来目の前で作ることはしなくなった。
私は慣れていてそれ程気にならなかったけど、小さい妹が「おじいちゃんが夜中にうなされて凄い声を出す。」と言っていた。
私と祖母は多分戦争の記憶だろう、と直感したが死ぬまで聞く事が出来なかった。
小学校の課題で、ある日祖父に戦争の体験を聞く必要があったが、祖父は悲しそうな顔をしたきり遂に口を開く事が無かった。
お祭りで、怖い人に凄まれても睨み返すだけで相手が逃げていった事がある位、それは優しくも怖い祖父だったが、絶対にあの戦争の話はタブーで我が家で戦争の話自体しなくなってしまった。

今日、久しぶりに見たこの戦争の映画を3世代目の私が見て思った。
祖父が一生かけても整理出来なかった出来事とは、この様な事だったのか…と。


160 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:22:32 ID:vTMyJITl
見てきた
ラストサムライとあまり変わらん

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:23:05 ID:2SHdGU+0
143 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 17:12:55 ID:+qLCsSoK
>>138

いや、市丸さんは出てましたよ。2シーンのみでしたが・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どんな役柄で?


162 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:23:40 ID:z4ACGtSu
シャーマンでも作ったのか

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:23:44 ID:+qLCsSoK
>>148
中国や韓国に限らず外国人はどんどん日本国内に入ってくるだろうし、
受け入れるべきだろうと思います。それでインドネシア人が握った寿司
を食うことになっても、フィリピン人の介護ヘルパーにオシメを代えて
もらうことになっても、仕方がないと思うしさ、別にイラクみたいにな
るとも思わないしさ。


164 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:24:01 ID:jq6LtAGk
>>146ゴーセンは正しい事実を知ろうという意味ではいいかもしれないが、
未来への指針が抽象的でただ愚痴ってるだけに見えるなぁ
結果として強硬論あおってるだけな気が

おっと、スレ違いでした

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:24:37 ID:GLV1RoJA
>>151
ダックイン戦術か。

>>152
まあ海軍が抗議したほど有名な事件だからね。
ちなみに海軍も戦艦陸奥爆沈事件で生き残りを死地送りにしてる。

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:24:40 ID:qujvC03S
この映画に対して韓国人や中国人の反応ってどうなの?

あとアメリカ人二人が投降した捕虜を撃ち殺すシーンってアメリカ人にとって衝撃的じゃないの?

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:24:52 ID:+qLCsSoK
海軍の軍人さんでしたが・・>>161

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:25:10 ID:+PGCBktg
ID:2SHdGU+0

この映画は
帝国陸軍がいかに強く、真面目で、規律正しく、完全無欠の精鋭集団だったか
を伝える映画ではありません
そういう話がしたかったら、軍板にでも行って下さい

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:25:52 ID:z4ACGtSu
>>166
ライアンでもドイツ捕虜撃ち殺すシーンあったし
特別なモンでもないんじゃないの

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:26:37 ID:2SHdGU+0
>>163

反日思想を持った人間は受け入れはご勘弁。
日本はスパイ天国です。

はやく総連を解体して
公安に「帰れ」と大合唱してる朝鮮人を
半島送り返してやりたい。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:26:38 ID:v8z6qtBT
西郷の一筋の涙が良かった。
音楽とあいまって。

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:26:42 ID:5YoycsFs
すげー映画だったよ
泣くだの何だのそういう次元の作品じゃないんだと震えながら見てたさ
ラストのスローでバラ巻かれる手紙と兵士達の声に泣いてしまったが・・・客の鼻すする音が周りで聞こえてきた



173 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:27:55 ID:CTR5fJMK
>>156
歩兵への砲撃にはそれなりに効果はあったと思うよ。





174 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:28:20 ID:jsebv3x6
>>168
いや、軍板でも迷惑だぞ。
極東かゴー宣板あたりに捨ててきてくれ。

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:28:32 ID:vPN7qKdD
>>169
BOBにもあったな

176 :146:2006/12/10(日) 17:28:56 ID:8z8ecSmK
>>164
確かに、だからどうしろっちゅーんじゃという所はある。
でもこういう映画と合わせてみるとバランス良いかもね。
ゴーセン+大和よりは。

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:29:11 ID:UNC087Ba
>>165 なるほど。
やりきれないな。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:29:32 ID:pgkhWYxw
>>169
ライアンと違って多少の衝撃は受けるんじゃないかな?
脱走の直前に「今までアメリカ人は腰抜けだと思ってたがそうじゃなかった。
アメリカの母も私の母と同じだ」って言ってて泣いてた清水が投降後
あっさりとアメリカ兵に撃ち殺されるんだから・・・。

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:29:46 ID:QlxnE2aF
ところでこれ、アメリカの観客は見るんだろうか・・・
って気がしてきた。

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:29:58 ID:KI3+lGyZ
もう一回上映期間中に見たいとおもう。
自分の中でベストワンのさ作品だ。

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:13 ID:eTs+gDxw
>>164
感謝してるよ小林よしのりには。
若かった俺には物事の捉え方の参考にはかなり役に立ったし今も同じ。

昔本人も言ってたけど自分の言う事も絶対じゃないって言ってた。
だからじゃないけど ただ彼の言う事に諸手を上げて着いて行く気は無くなった。

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:13 ID:H93qlMcA
>>159ちょっと面白くないな。あと一捻り

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:23 ID:jsebv3x6
>>173
歩兵相手で陣地に固定して使うなら山砲でいいじゃん。

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:24 ID:2SHdGU+0
>>163
>フィリピン人の介護ヘルパーにオシメを代えて
もらうことになっても、


まずは、日本人に働いてもらうべきだと思う。
ヘルパーといえば
戦前はヘルパーなんて必要なかった。
なぜなら家族が自分の両親の面倒を見たからだ。

二宮はいかにも現代の若者で
フィリピン人ヘルパーを雇いそう。
そんな雰囲気をかもし出していて
違和感を感じるわけだ。

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:39 ID:+qLCsSoK
>>170
思想の検閲は、無理だと思います。
思想信条の自由や言論集会の自由も日本のよいところです。

外国人排斥運動がしたければ、そういう人向けの団体がきっと
あると思います。そこで存分にやったら良いと思いますね。

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:31:39 ID:vPN7qKdD
>>179
全米批評家賞かなんか取ったからある程度見るんでないの
字幕みたいだから見る層は限られるかもな

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:31:51 ID:QXC8Nk5b
>>159
一作目の父親たちの星条旗のドク(ジョン・ブラッドリー)のような
おじいちゃだね。ドクも硫黄島のことは全く家族に話さなかったらしい。
家族はドクが勲章を授かったことすら知らなかったんだって。

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:32:30 ID:pgkhWYxw
>>183
バカだな〜、砲門は多い方が良いに決まってるじゃないか( ´∀`)σ)Д`)

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:32:46 ID:2SHdGU+0
>>185

日本に恨みを持っていて
日本人に仕返しをすることを望んでいる人は
社会性が欠如しているから
日本に住んでもらっては困る。

思想の検閲の問題ではない。

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:33:54 ID:vPN7qKdD
うちのじーちゃんの兄弟は士官学校でて満州行ったらしい
結局シベリア送られちゃったらしいけどね
じーちゃんは兵隊姿の写真の絵葉書大事にしてる

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:03 ID:qujvC03S
アメリカや日本の生存者がこの映画を見て
基本的に戦闘シーンはあんな感じでだいたいOKなの?
あの場面に実際に参加してなければ所詮は本を読んだだけの空想になりがちだし


192 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:14 ID:z4ACGtSu
チハ埋めて固定砲台として使っても
艦砲射撃で全滅じゃないの

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:37 ID:sKZvAe9M
今日「星条旗」を見てきたが、昨日見た「硫黄島」の衝撃が今でも離れない。

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:46 ID:UNC087Ba
>>184
いまさら戦前のような地域共同体は取り戻せないんだよ。
かと言って、日本社会は外国人の流入に耐えられるのかと言うと自信が無い。
日本文化はある意味ガラス細工のようにもろいからな。
しかし前に進まなきゃならない。

だけどこれぜんぶスレ違いなんだよ。

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:59 ID:jsebv3x6
>>188
なら擲弾筒追加配備で

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:36:39 ID:+qh2Dm1K
映画見るために硫黄島こといろいろ資料で知って、映画見て歴史をナメていた自分が恥ずかしいと思った。学校の日本史でもっと太平洋戦争や硫黄島のこと深く勉強しなければいけないんじゃないか?と思った。今、学校は太平洋戦争戦争なんてあまり教えてくれない。

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:36:57 ID:CTR5fJMK
何かさ、こいつホントに映画見てるのかな?
延々とレスしている割に、市丸さんのことも知らなかったんじゃない?


  161 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 2006/12/10(日) 17:23:05 ID:2SHdGU+0
  143 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 17:12:55 ID:+qLCsSoK
  >>138

  いや、市丸さんは出てましたよ。2シーンのみでしたが・・

 
  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
  どんな役柄で?

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:37:36 ID:9aI+SDhy
この映画を観た直後に、
「7月24日通りのクリスマス」か「日本以外全部沈没」を見ると、
同じ映画でも、その商品価値にはものすごく差があることが肌で実感できる。

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:38:00 ID:2SHdGU+0
>>195
大東亜戦争と呼ぶべき。
太平洋戦争は第一次、第二次とあって
そもそもどの戦争のことを指すのか分からん。



200 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:38:25 ID:UNC087Ba
>>197
星条旗の方も観てないだろうね。
別にどうでもいいけどw

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:38:28 ID:eTs+gDxw
>>184
君は確実に両親の世話を見るんだね。
言っておくが平均寿命の長くなった現在。
老人の自律神経失調症(ボケ)や四肢の動きが満足にすらいかない疾患の発生率はかなり高い事すら知らないだろ。

何度か老人ホームに足を運んで手伝ってきた事があるが実際の介護の現状は本当に大変だぞ。

核家族化が進んで一人じゃどうしようもなく老人ホームに預けたりするのも多いし、
老人の中には自ら姥捨て山に行くがごとく老人ホームに行く人だって居る。

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:39:29 ID:2SHdGU+0
>>197
どういうふうに描かれてるのか訊いている。
それくらい印象がなかったんだ。

市丸少将は
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog185.html
に詳しくかいてある。

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:39:33 ID:QADbnZME
さっき見てきた。
細かい事だが、「ライフル」「ジープ」という語が気になった。
わかりやすさという事かも知れないが、「小銃」「車」といえば通じるだろうに。




204 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:40:20 ID:CTR5fJMK
>>192

海岸配置だったら艦砲にやられるけど、内に隠蔽配置しているからなかなか分からない。


205 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:40:43 ID:eTs+gDxw
>>199
ねぇ本当に映画見たの?

何かさ、こいつホントに映画見てるのかな?
延々とレスしている割に、市丸さんのことも知らなかったんじゃない?


  161 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 2006/12/10(日) 17:23:05 ID:2SHdGU+0
  143 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 17:12:55 ID:+qLCsSoK
  >>138

  いや、市丸さんは出てましたよ。2シーンのみでしたが・・

 
  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
  どんな役柄で?

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:40:53 ID:2SHdGU+0
>>200

星条旗のほうがよかった。
インデアンが可哀想だった。
俺はあのシーンを見て
アリを思い出したよ。
五輪で金メダル取っても
レストランから追い出されたモハメド・アリ。


207 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:41:53 ID:wvWZdQrM
>>48
出演者がほぼ男という時点でベタ誉め「男のにおいがプンプンしますね」
渡辺謙もおそらく嫌いなタイプではない。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:41:56 ID:vPN7qKdD
>>196
教科書なんて誰かの都合いいように改変されてるからな
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010714.html

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:42:14 ID:eTs+gDxw
>>203
軍板によるとそれは許容範囲で自然な話し方だったらしい
あんなにうるさく言ってたのは内地ぐらいだろ。
戦地でイロイロ言ってたら作戦行動の障害。

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:42:31 ID:qujvC03S
みみずを食うシーンがあればより悲惨さを出せてたのに
なんでカットしたんだろ

別にグロなもんは前後の展開からすると平気なはずだろうし
別に本物を使わなくても小道具だと出演者も平気だろうし

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:42:52 ID:jq6LtAGk
>>166
俺は友人の韓国人留学生に見るのすすめて見るけど。
まあぱっと見だけと拒否反応起こされそうだが話せばわかってくれるタイプだし。

ただ向こうだと微妙だね。こういうネタは大衆レベルになると決まって反日だし、
不用意な発言するとネット右翼に叩かれまくるらしい。

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:44:35 ID:QADbnZME
>209
うーん、「ライフル」はわからんでもないけど、「ジープ」は商品名では?


213 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:45:04 ID:vPN7qKdD
>>207
潔白な栗林は慰安所も撤去させたらしいからな
民間人も避難させたし、半年以上島中男だらけのでアッー!

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:45:39 ID:jsebv3x6
>>204
山砲の方がイパーイ問数揃えられるてばよ
ばらして歩兵と随伴して行軍する前提で設計されてるんだから。
戦車は輸送艦に載せるにもスペース食うぞ

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:45:47 ID:2SHdGU+0
>>212
マジックもウォークマンも、シャープペンシルも商品名です

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:45:48 ID:V1wLep+8
>>212
ホチキスをステイプラーって言う人が少ないのと同じ。

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:47:08 ID:Bi2dewuG
>>203
いやあ、おれもライフルはないだろうと思ったんだが、
海軍じゃ普通に英語使ってたらしいよ。
ライフル、ジープはもちろん、シャフトとかロッド、タラップ等々、
終戦まで日常的に英語を使ってたという話。
戦前戦中といえど、画一的に見てはならんらしい。

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:47:50 ID:wXcPcxk1
それより俺は父親達の正常位のイギーのシニザマをうつしてほしかった

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:48:04 ID:46NQtr9i
>弱いものは死ぬ。強いものは生き残る。死んだらその場に埋める。生きていれば重労働だ。
地獄だな。

ところで>>4の斬り込みの記述は「散るぞ悲しき」にもあったね。

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:48:29 ID:40uqtpyO
我が皇軍は最強なり

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:49:14 ID:1QigGSGQ
>>218
捕まってリンチされて死んだのがイギーだろ?

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:49:38 ID:pc+dZnp9
捨助が出ているときいてとんできました。

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:51:31 ID:+qLCsSoK
>>211
へー。

じゃあ私は知り合いの中国人にオススメしちゃおう。
そもそも映画に興味ないタイプだと思うけど、一応ね。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:52:29 ID:eTs+gDxw
つかミリタリー・政治色強すぎる話したい奴はどっかいってくれないかな。
ここは映画の話するスレだぜ。
あいつの演技が上手い、あの演出イカス、ぐろかった、俳優、監督、深遠なテーマ、映画の背景、考えさせられる、まともな批判。とか映画に直接関係する事話せよ。

自己中は自分の巣に帰ってくれ。

俺もID:2SHdGU+0で引っ張りすぎたけどな。

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:52:53 ID:ijSVdoHZ
映画!っていう映画でした
星条旗もいいが手紙の方がまとまりのいい気がした

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:53:24 ID:Mx9edrtf
戦争はやっちゃいけないのは当然。でもだからといって防衛戦争までは否定しない。
もし外国が日本に攻めてきた場合、それでも戦争はしないと言い切れるのか。
敵を非武装ということによって説得できるのか。
ヤフーの感想に書いてる奴に問いたい。

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:53:27 ID:p+L/QxVO
期待しすぎたせいか、まぁまぁの出来って感じだな
星条旗よりはよかった

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:53:30 ID:4k4ruL5R
sage

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:54:12 ID:QXC8Nk5b
>>221
イギーじゃない別人

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:55:19 ID:9aI+SDhy
>>219
アメリカ兵が来たら助からないのを知ってて、なおかつ
アメリカ兵がきたときに、やっときたと喜んだらしい。
死ぬより苦しい状況から開放されるからって。

ちょっと想像がつかないんだが。。。

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:55:51 ID:eTs+gDxw
>>229
イギーも串刺しで死んだのが見つかってたからあのシーンとダブらせた方が映画を見る方としては俺は面白いとおもった。

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:55:52 ID:2SHdGU+0
>>224
この映画自体が政治色が強いんだから
そういう話が出るのは当然。



233 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:55:55 ID:DU62XXO3
戦車来る
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/page4.html
私は兵に、よく休んでおけよと言っておいて穴の出口に行き、戦車を見つめていた。
矢野軍曹も今は同じ陣地で飛込む時期を待っている。一斉に飛込むが、総指揮は矢野
軍曹がとることになっている。いくら待っても戦車は10メートルまで来ない。
我軍の飛込みを恐れているのだ。あと90メートルで私は飛込むのだと見つめている。
90メートル近づけば私が一番先に飛込んで見せるぞと自分に言い聞かせていた。
その時意外な事が起こった。

決死隊
あと90 メートル進んでくるのを待っている私の80メートルくらい前に、
一人の日本兵が這いながら先頭の戦車に近づくではないか。只一人だ。私が飛込むと
決めていた戦車に向かって近づく。アッという間の出来事だ。戦車めがけて飛込んだ。
我が身と共に戦車に飛込んだのである。たちまち起こる爆音に戦車は火を吹き燃え
はじめた。ヤッターと私は叫んだ。
敵さん騒ぎだした。日本の斬込隊が居ると知ったから大変だ。敵は火炎放射器で焼き
だした。火炎はボーボー黒煙と共に真っ暗い。一寸先も見えなくなった。
先頭の戦車をやられたので、敵さん怒ったにちがいない。2番目の戦車が先頭になり
大砲で撃ちまくる、機関銃でなでる火で焼く、物すごい。

花と散る

この我等より先に飛込み見事に戦車1台破壊した兵はどこの部隊の誰かは知る由もない
が、南海の島で花と散った。只一名のみだ。他部隊の生き残りかもわからん。
知っているのは私一人だから功績を認める者はない。
誰のために死んだのか、国のためとはいいながら爆弾を背負って戦車に飛込み戦死した
のだ。


234 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:57:22 ID:QXC8Nk5b
>>231
イギーはもっとひどい死に方をした。しかもそれは実話。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:58:02 ID:GLV1RoJA
>>217
陸軍も航空隊では操縦桿をステッキといってたしな。
敵性語禁止は内地の一部にとどまってたのが事実。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:58:08 ID:eTs+gDxw
>>232
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1152876374/l50
君にはここお勧め。

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:59:12 ID:mE7FmwBs
>>166
日本兵が殺されるたんびに喝采が起こるんじゃないの?

冗談抜きに

冒涜的に扱われるだけだと思うから見てもらいたくない

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:59:14 ID:2SHdGU+0
>>235
おれのお勧めは>>233だ。
だいぶ前に読んだが。映画よりずっとよかった。

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:00:02 ID:46NQtr9i
>>230
皮や目、鼻、口だけ残って、中身の頭蓋骨だけ吹き飛んでる描写がもう・・・

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:00:38 ID:2SHdGU+0
>>237
俺もそんなところだと思う。

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:01:48 ID:1QigGSGQ
>>232
つか敢えて政治色を相当排除してると思う

局地的な話がメインで大極的な事は自分で学習していかなきゃ理解できんだろ?

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:04:04 ID:2SHdGU+0
>>241
政治色は強いだろ。
バロンだとか渡辺が
「この映画を観ると戦争が嫌になります。そうい映画です」
って言ってるじゃねえか。



243 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:05:35 ID:Jl3ZRFsi
>それにしても、イーストウッド監督のこの冷静な視点、当事者の一方でありながら、余計な感傷に浸る
>事無くあの戦争を描ききった態度には恐れ入る。彼はここ数年の日本映画が(北東アジア三国に遠慮して)
>どうしても言えなかった"あの一言"さえも、いとも簡単に言わせてしまう。
http://movie.maeda-y.com/movie/00842.htm

すげー、気になる

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:07:26 ID:2SHdGU+0
>>243
「俺はただのパン屋だ」じゃないの?


もしくは「天皇陛下万歳」



245 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:08:01 ID:IsGks13n
都内の上映館電話してみたが有楽町とか新宿とかでは
「館名入りパンフ」は刷らなかったようだね・・・・残念(値段700円らすい)

パンフ買った方、出来はどうでしょうか?値段相応?


246 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:08:41 ID:1QigGSGQ
>>242
だから戦争云々じゃなくて人間ドラマがメインだったろ?

「戦争は悲惨だから嫌になる」ってのは政治的な発言というより感情的な発言

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:09:37 ID:eTs+gDxw
>>246
ID:2SHdGU+0は荒れる原因だからヌルー推奨
関わると映画が汚れるよ。

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:10:17 ID:2SHdGU+0
>>246
反戦は政治色だって。

沖縄で米軍は出て行け!ってのは感情的な発言であり政治的な発言だわな。

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:11:50 ID:Jl3ZRFsi
>>244
天皇陛下万歳は想像つくけど、前者はどういう文脈か分からないんで、実感わきませんね。
見てないんですけど、靖国かなと思ったんですが、答えを聞くのは野暮ですね。
楽しみにしときます。

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:12:13 ID:LMXcLLmT
市丸が何時出てきたのかも気づかなかったヤツがこの映画を語ってやがる。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:13:02 ID:eTs+gDxw
人間ドラマと言えば
渥美清の「拝啓天皇陛下様」を誰か見たこと有る奴居ないかな。
邦画の戦争映画で唯一、余計な事が頭に浮かばず手放しで面白かった映画だった。
渥美清の人間性がよく出てた秀作。

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:14:45 ID:4k4ruL5R
>>251
弁慶がな、ぎなたをもって。

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:15:29 ID:eTs+gDxw
>>248
うぜーなスレを無駄にageんなよ
厨房!
ウンコみたいな2チャンネルの常識も守れないのが奥ゆかしく古き良き日本人としてのお前なのか?

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:15:42 ID:vIBBw7D4
市丸と藤田の雰囲気が似ていたので
時々混同はしたけどな

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:18:38 ID:2SHdGU+0
>>250
市丸少将は、こういう思想の持ち主だわな。
こういうことが「硫黄島」では、語ってなかったから
印象がないんだわ。

貴下は真珠湾の不意打ちをもって対日戦争唯一宣伝材料
となすといえども、日本をしてその自滅より免るるため、
この挙に出る外なき窮境にまで追いつめたる種々の情勢は
貴下の最もよく熟知しある所と思考す。

 卿等は既に十分なる繁栄にも満足することなく数百年来
の卿等の搾取より免れんとする是等憐れむべき人類の希望
の芽を何が故に嫩葉(どんよう:若葉)に於いて摘み取ら
んとするや。ただ東洋の物を東洋に帰すに過ぎざるにあら
ずや。卿等何すれぞ斯くの如く貪欲にして且つ狭量なる。

大東亜共栄圏の存在は毫も卿等の存在を脅威せず、かえ
って世界平和の一翼として世界人類の安寧幸福を保障する
ものにして日本天皇の真意全くこの外に出ずるなきを理解
するの雅量あらんことを希望して止まざるものなり。

 翻って欧州の事情を観察するもまた相互無理解に基づく
人類闘争の如何に悲惨なるかを痛嘆せざるを得ず。今ヒッ
トラー総統の行動の是非を云為(うんい:言う)するを慎
むも、かの第二次欧州大戦開戦の原因が、第一次大戦終結
に際しその開戦の責任の一切を敗戦国ドイツに帰し、その
正当なる存在を極度に圧迫せんとしたる卿等先輩の処置に
対する反撥に外ならざりしを観過(見過ごす)せざるを要
す。

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:18:43 ID:eTs+gDxw
>>252
居たwww
元教師の部下に国語習ってるシーンだww

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:19:13 ID:ynxIfgGk
各地で満員の観客動員は、先に公開の連作第1弾「父親たちの星条旗」の約3倍。
「父親−」の興収が現在15億円で、「『硫黄島−』の興収50億円突破は確実」と見ている。


という事は、「硫黄島」観てから「星条旗」観る香具師の方が多かったりして…?
順番的には、やっぱ星条旗観てから行った方がいいんだけどな…。

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:19:45 ID:eTs+gDxw
>>255
2SHdGU+0まで読んだ。

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:20:56 ID:UNC087Ba
ネタバレはネタバレスレの方でやってね。

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:21:47 ID:2SHdGU+0
あとは


卿等の善戦によりよくヒットラー総統を仆(たお)すを
得るとするも如何にしてスターリンを首領とするソビエッ
トロシアと協調するをえんや。およそ世界を以て強者の独
専となさんとせば、永久に闘争を繰り返し、遂に世界人類
に安寧幸福の日なからん。

 卿等、今、世界制覇の野望一応将に成らんとす。卿等の
得意思うべし。しかれども君が先輩ウィルソン大統領は其
の得意の絶頂に於いて失脚せり。願わくば本職言外の意を
汲んで、その轍を踏むなかれ。



261 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:22:19 ID:iB33/FMP
>>138今日見に行ってきたけど、ウンコ=運があったから助かったみたいなこと言ってたんじゃないかな?

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:22:38 ID:V1wLep+8
だから2SHdGU+0はスルー。


263 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:23:03 ID:eTs+gDxw
>>262
たった今透明アボンしたよ

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:23:31 ID:37I1KGyq
ついに昨日、公開されたわけだが、同じ日に公開されたNANA2、オープン・シーズンより客足は多いのか?

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:23:51 ID:1QigGSGQ
>>248
映画全体の流れが、軍部とは剥離した極限状態の人間模様であったことも解らないのか?
だから「手紙」がキーなんだよ。

初めからそういう目でみてるから映画の面白さも解らないんだな

市丸少将の手紙もあえて出さなかった演出かも…とか考えた事もないんだろ?

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:23:57 ID:3IPd8S+I
>>249
「靖国で会おう」だと思うよ。


267 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:25:54 ID:1QigGSGQ
スマン・・・スルーしきれなかった…orz

3年ROMってくるノシ



268 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:25:54 ID:ZrcTb058
また説教が始まったw

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:27:18 ID:UNC087Ba
まぁ背景音(ノイズ)だと思えば気にならないw

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:28:53 ID:eTs+gDxw
市丸良いキャラしてたなー
栗林との一見戦争ごっこみたいなシーンとかすげーよかった。

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:29:11 ID:hSo7iV2b
頼むからイデオロギーでこの映画を語らないでくれ。

「戦争は嫌」というのは、
左右云々以前に、人間として当然の感情だろ?
この映画はそこに拠ってるだけ。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:30:21 ID:qujvC03S
この映画を転機に靖国に対する考えを改めてほしい
アメリカ人は

以下に韓国や中国の言いがかりが不当ってのももっと知ってほしい
東条をさんぱいしてるのではなく、こいつらを参拝してるんだって


273 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:30:38 ID:Jl3ZRFsi
戦闘シーンのえぐさはどう?

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:32:13 ID:zRUcLD4h
2ちゃん暦それなりにあるんだけど、
2SHdGU+0がウザ過ぎるから、初めてあぼーん登録したよ。
これは結構快適!
あぼ〜ん初心者のテストスレとして使えるな。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:32:14 ID:eTs+gDxw
結構えぐいよ。
グロ映像で有名なオグリッシュ並みの自決シーンとかある。

手榴弾自決が血の花火みたいである意味綺麗だよ


276 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:35:41 ID:Pnxr5xUH
文脈が日本映画なんだよなぁ、でも奇跡のハイブリッド

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:35:52 ID:Jl3ZRFsi
>>275
ほー、結構楽しみ

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:37:01 ID:1AM7Xbad
2chのブラクラと比べたらはるかにソフトw

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:37:28 ID:eTs+gDxw
>>276
黒澤生きてたらトラトラトラちゃんと完成させられたかなぁ?

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:38:43 ID:s3xarJJM
「ここはまだ日本か?」の時、アメリカの星条旗映せば良かったのに。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:40:13 ID:NKJTUKUf
まだ見てないんだけでこのスレ読んでも大丈夫?

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:40:40 ID:eTs+gDxw
>>280
せつな過ぎる・・・orz

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:41:02 ID:C9ppAnme
手紙にのほうもフラッシュバックを違う意味で多様してたな

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:41:05 ID:UNC087Ba
>>281
ネタバレたくさんあるから、やめた方が無難です。

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:41:30 ID:PY8kMejX
「戦争はイヤ」
で思考停止する馬鹿は社会の意思決定に加わらないで欲しいと思ふ

何かを守るために戦争が避けられない状況もありうるということ
何かを守るために命を投げ打って散っていった人への感謝、哀悼
最低限そこまでは共通理解として欲しい

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:42:50 ID:C9ppAnme
>>285
そういう共通理解を進めると
古代ローマ帝国まで遡ることになるな

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:44:07 ID:eTs+gDxw
>>285
あと脱左翼思想の反動でネット右翼に走った奴、実際右翼の奴も同様に居なくなって欲しいな。

さっきの奴みたいなうっとうしいのも居るし。

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:46:02 ID:Bi2dewuG
演技が下手、というより、みんなせりふ噛みまくってたなw
「ミミズもってこい」って、「水もってこい」だよな、シーンのつながりからいって。

噛みすぎてなに言ってるのかわからんせりふも結構あったが、
「1テイク目を使う」「失敗もそのまま使う」イーストウッド監督というのは知ってたけど、
今までは英語だから気にならなかったんだと思う。
日本語になったとたん、噛んでるのがわかったってことらしい。

289 :名無しシネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:47:08 ID:ew5faLvq
戦争だけでなく悲惨な事件多すぎ、現在の日本社会も理不尽な犯罪
被害がある。
硫黄島だけでなく泣いてしまうような悲しいことがある。


290 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:48:26 ID:LMXcLLmT
>>288
いやあれミミズでしょ。

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:48:58 ID:7GUTnYVw
俺は、寝水取ってこいに聞こえた。
寝る前に飲む水かと思った。

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:49:03 ID:pgkhWYxw
>>288
「ミミズもってこい」じゃなくて「ミミズ取ってこい」だろ。
聞きづらいシーンは何度かあったけど一応ちゃんと聞き取れるぞ。
虫すら食う環境だったことを知ってるか知っていないかの差かな?

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:49:12 ID:4k4ruL5R
ライフルやジープより「いおうじま」と言わせたのが残念だった。

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:49:54 ID:eTs+gDxw
>>288
ミミズって言ってたし
後でもミミズ食うみたいな事言ってた。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:51:15 ID:Nyg7ur+T
>>288
生きる為に信じられないことをする

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:51:38 ID:UNC087Ba
>>288
じゃあショーン・ペンも噛んでいたのか・・・orz

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:52:32 ID:rlOuj64m
栗林中将で凄い人だったんだね。
歴史的に見ると優秀な指揮官のほとんどが戦争反対の意見を
唱えていたんだね。


298 :288:2006/12/10(日) 18:53:12 ID:Bi2dewuG
そっか、あのコップに入ってたのミミズなのか。
いくらなんでもミミズコップに入れてくるかな、と思ったんで。
いや、俺の勘違いらしい。


299 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:53:17 ID:+qLCsSoK
>>272

>東条をさんぱいしてるのではなく、こいつらを参拝してるんだって

それは国内でしか通用しない理屈ですから、おおっぴらに世界に宣言する
ワケにもいかないでしょう。

>>281
ヤメレ!

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:53:32 ID:eTs+gDxw
>>295
つかミミズ食うのって日本じゃそんなにめづらしい事でもなかったぞ。
昔 学研の科学の本でミミズを煎じ薬にして飲むおばあちゃんの特集見たいのがあった。

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:54:47 ID:9aI+SDhy
反戦映画でもなければ戦争賛美の映画でもない。

ただ戦争の下では個人の思惑は何の力も無く無慈悲な事実があるだけである。
そこでは個人は「自分の正義を貫き通す」しかない。
また、その正義は「愛する者への思いにのみ裏づけされる」ことを描いている。

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:55:06 ID:6rDfe6rt
>244
靖国で会おうもそうだろうけど
突撃前に渡辺謙がいった
「あとの世代が我らの行動を〜(ごめん、具体的に思い出せない)」
のセリフもそうじゃない?このセリフがイーストウッドからのメッセージだと勝手に解釈してる


303 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:55:15 ID:C9ppAnme
>何かを守るために戦争が避けられない状況もありうるということ

例えばどんな状況?

>何かを守るために命を投げ打って散っていった人への感謝、哀悼

星条旗では何故ドクは沈黙を貫く?
現在ご存命の硫黄島守備隊兵士達は何故多くを語らない?

結局のところ、感謝・哀悼なんか美談に過ぎないんじゃないの?
いやマジで。
皆生きて帰りたかったでしょう。

少なくとも戦争体験者は文字通り
「戦争はイヤ」的思考だと思う。
というか、そういう体験をすると思考が自ずと停止するんじゃないの?
時代考証等は後世の人間がすること。

この板的に言えば
WWU中 オランダでレジスタンスの伝書鳩をしていた
オードリー・ヘップバーンは
死ぬまでドイツ兵に殺される悪夢をみていたが(所謂PDSD)、
それが明るみになったのは彼女の死後のこと。
それを想定すればいい。



304 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:56:07 ID:Pnxr5xUH
かの餓島じゃヒルまで食べてたからね。


305 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:56:17 ID:mE7FmwBs
英語の字幕がないと分からん映画なのか?w

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:56:30 ID:mA+QGJDo
硫黄島は制作費15億円で、父親は55億円って雑誌にのってた。
日本だけの興行収益で全製作費回収できたら良いなあ。

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:57:31 ID:QADbnZME
敵国の実像を知り、友好を願っていた者が戦いに赴くという点で、東映の「二
百三高地」を彷彿とさせる物があったなあ。


308 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:57:43 ID:eXNGmm4z
>>306
穴の中だからそりゃ安いよね。

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:58:23 ID:LMXcLLmT
戦闘シーン自体星条旗の方が多く無かった?

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:00:12 ID:4k4ruL5R
上陸時の戦闘は星条旗のほうがあったね。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:01:06 ID:eTs+gDxw
http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/061207/ent061207002.htm
写真こえー

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:02:15 ID:hZLNQZOb
>>134
何か右も左も馬鹿がいっぱい釣れそうな映画だな・・・

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:02:21 ID:QADbnZME
>216
というか、この時点で「ジープ」という呼称が、軍用車両の代名詞になる程普及していたんだろうか?という素朴な疑問。

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:02:24 ID:jn5UtSJX
>>311

野沢直子ヤング。

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:02:53 ID:Pnxr5xUH
ライティング技術の違いでこうも日本人が格好良く画面に映えるとは・・・予算云々じゃネーヨな

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:03:52 ID:eTs+gDxw
>>315
男達の大和とかちゃっちぃ。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:03:54 ID:Z/IlpndB
>>315 画面全体がモノトーンだろ。ああいう風に色彩落とすと高級感が出るんだよ

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:05:01 ID:ZVjkb9/0
やはり、あの俯き加減の栗林の天皇陛下万歳は、良いシーンだなあ。

家族を含む国への愛、しかしその愛する祖国から絶望的な
戦いを強いられる寂寥感、国に殉じる勇壮感、しかし、
愛する家族のもとへ帰れないことへの悲愴感、矛盾する
全ての感情を凝縮した素晴らしいシーンとして焼き付いて
いるよ。

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:05:21 ID:+qLCsSoK
>>314
これこれ、歳がバレますよ・・

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:05:56 ID:PY8kMejX
>>303
戦場へ行くのは誰でもイヤだろ。
皆、生きて帰りたいのも当然のこと。
そんなイヤな汚れ役を、イヤイヤでも務めてくれた人たち、
そのために命を落とした人たちに感謝、哀悼の意を捧げるのは当然でしょう。

太平洋戦争が避けられない戦争だったかどうかは
ここでは議論しない。


321 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:06:25 ID:mA+QGJDo
そういえばラストサムライも製作費の大半を日本の収益でペイできたみたいだね

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:07:53 ID:zTc/nzo6
>>303
みんな生きて帰りたがっただろうと思う。でも、戦った。

そう思うから、感謝、哀悼するんですよ。

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:10:11 ID:g9CyEtSM
栗林中将って生きてたらA級戦犯になるのかな

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:11:03 ID:Pnxr5xUH
「まだここは日本か?」
栗林中将が思い出のコルトで自決を決意して、
発射音とともに蒼い空をバックに
西郷の頬に涙がつぅーっと流れるシーンはやばかった。

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:11:08 ID:ZVjkb9/0
>>323
なるようなことなんにもしてないけどな。

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:12:55 ID:oSAFrwz6
太平洋戦争の中で最も悲惨な戦場。

沖縄の戦いもあるが、実際には沖縄よりはるかにこっちの方が悲惨。

米軍の反撃が始まり、すり鉢山が米軍に奪取される頃には
日本守備隊は本隊と各部隊が分断され、本隊に戻れなかった者は
米軍の馬乗り攻撃により各個に殲滅されてゆく。
穴蔵にリンやガソリンをまかれ焼き殺される者が続出。
もしくは穴をふさがれ、窒息死。窒息と言っても簡単なものではない。
風の流れがなければたちまち気温60度にもなる穴蔵の中で
水も食料もなく死んでいくのである。
戦後、小笠原が返還された後、遺骨収集に言った人たちは
高温でミイラ化された遺体をいくつも見たそうだ。
ミイラ化されているから死んだときの表情が分かる。
その表情は遺骨収集に慣れている彼らでさえ言葉もなくすほどの
苦悶の表情だったそうである。

昔、小学生くらいの頃おじいさんたちの戦争談義になったとき
あの人たちは硫黄島とは関係なかったが、話が硫黄島になると
急に静かになったのを覚えている。


327 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:13:21 ID:HZhMEdvc
The Sunday Times December 10, 2006 How Clint recaptured the war movie
Eastwood’s powerful pair of films tell both sides of one bloody, hellish battle.
He talks to Christopher Goodwin
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2101-2489803,00.html
Eastwood was surprised by how little younger Japanese people now know about the war.
“It’s not taught in schools,” he says. “None of my actors in Letters knew anything
about the Battle of Iwo Jima. I thought it was important to tell that history for Japan,
because these are people who made the ultimate sacrifice for their country.
I think it’s also important internationally, because it’s important to realise that
war is a futile exercise at best, and people are trying to kill one another who,
under other circumstances, could be extremely friendly.”


New U.S. Release Letters From Iwo Jima By TODD MCCARTHY
http://www.variety.com/review/VE1117932266.html?categoryid=31&cs=1


Attacking Iwo Jima on both fronts
First Clint Eastwood put U.S. soldiers on the battlefield in 'Flags of Our Fathers.'
Now he looks at the same conflict from the Japanese side in 'Letters From Iwo Jima.'
BY BRUCE WALLACE Los Angeles Times December 3, 2006
http://www.newsday.com/entertainment/movies/ny-ffmov4995599dec03,0,5454630.story?coll=ny-entertainment-promo
There has never been a Japanese movie about Kuribayashi.
And the hell of Iwo Jima in winter 1945 has never wooed Japanese filmmakers.
"None of my Japanese actors knew anything about Iwo Jima," Eastwood says.
"You lose 21,000 people! To just ignore them. What would happen if we did that?"

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:13:26 ID:nLZhueGJ
ミミズ→御水だろう

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:13:41 ID:eXNGmm4z
>>313
めちゃめちゃ普及していました。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:15:06 ID:jn5UtSJX
>>327
ttp://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/
メディア評価たったの5件。
注目度ひくす。

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:17:05 ID:+qLCsSoK
>>320
戦争ともなれば、そういう汚れ役が出るのは当然なのかもしれないね。

それを知る、という事自体が、無念の死を抑止することになればいいと
思うね。イーストウッドもそういうことを考えて撮ったんじゃないかな。


332 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:18:44 ID:V22bLtAY
アメリカ人の反応


なんでこの映画の日本兵はケロロ軍曹と同じ帽子を被ってるんだ?

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:20:00 ID:QADbnZME
>>329
どうしても気になったのでウィキペディアで調べた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%97

あの手の車両としては、キューベルワーゲンの方が先みたい。
日本がジープを鹵獲したのが1941年。
敵味方問わず、「ジープ」という呼称が普及していたと考えるのは無理ではないかと。



334 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:20:01 ID:jnMYZvau
長野の子供たちが守備隊を讃える歌が、無線で流れるくだりから涙が止まらなくなりました。
二宮は時代を意識しない演技で、歴史と現代を結ぶ良い仕事をしたと思う

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:22:15 ID:ZVjkb9/0
>>334
二宮は顔が良いんだよ。あの顔は時代を問わず、日本人に
特徴的な顔の一つだからなあ。

そして濃い演技をしないので、第三者的な立ち位置を
演じるのに邪魔にならないのが良かったのだろう。

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:23:24 ID:eTs+gDxw
奴はジャニーズ辞めて俳優業に専念すべき

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:23:30 ID:eXNGmm4z
>>333
生産台数調べてみたら?


338 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:24:40 ID:I6YCM0q+
獅童のオチでちょっとなごんだ。

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:25:06 ID:DU62XXO3
>>287
>あと脱左翼思想の反動でネット右翼に走った奴、実際右翼の奴も同様に居なくなって欲しいな。
>さっきの奴みたいなうっとうしいのも居るし。

市丸利之助少将の手紙も、映画の背景だろ。

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:26:36 ID:Pnxr5xUH
正直、後半の紫藤のシーンは噴いた

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:27:04 ID:W3IadEQU
>>331
ていうかなんで抑止するとか反対するとか
そういう風に考えるの?きみだけじゃないけど。
ダリの絵を見て違法建築を抑止するために描いたと思うか?
もう頓珍漢すぎる感想が多いよ。

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:27:16 ID:1cqFOBcf
>>335
二宮は役の位置が独特になっているからね
むしろ今の視座に立った役柄 あの時代に対して距離がある
二宮は架空の役だし、彼がいないと、本当にドップリの役だけになって 濃すぎてしまう気がする。


343 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:27:30 ID:eTs+gDxw
>>339
また変なのキタ
たのむ こっち来るな( ´Д`;)

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:28:25 ID:g9CyEtSM
星条旗のアメリカ兵と比べると、日本人としての贔屓目かもしれないが
硫黄島の日本兵が圧倒的にかっこよく描かれている。
謙さんはもちろんのこと、バロンのかっこよさは異常。

それはそうと、謙さんの「行きましょう」は、英語だと「レッツゴー」なんだな…。

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:29:41 ID:eTs+gDxw
>>344
レッツゴー!



たのしそうだなー・・・


346 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:30:30 ID:s3xarJJM
虎の門での井筒のコメントが楽しみだな。
稲垣は黙ってろ。

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:30:38 ID:1cqFOBcf
>>344
英語の語彙の少なさを感じるんだけども・・・日本人だから思うのかな。
言葉が少ないと情感も少ないのではと思ってしまう。
単語数が世界一の言語を母語とする自分だからそう感じるのか、そうでもないのか。




348 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:31:39 ID:wDB0isAQ
それはそうと、英語の「レッツゴー」は戸田さんだと「行くので?」なんだな…。

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:31:43 ID:ZVjkb9/0
>>344
バロンはまじでああいう格好良い人物だったらしいから。
あれでも、敵の戦車を乗っ取ったりとかいう英雄的部分
をあえて削ってんだよね。

日本兵がグルカ兵に一目おかれるくらい勇猛だったのは
事実だから、へたれ部分を相当いれてもなお格好よく
見えるんだと思う。クリントは日本兵の格好よさを
過度にいれないようにしていると思うんだけどね。

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:32:00 ID:QADbnZME
>337
当時の日本軍で、自国の軍用車両を「ジープ」と呼称する様な状況だったのかを問いたいのだが。
連合国側がどうたったか、また戦後どうだったかを問うている訳ではない。
80年代頃までは、ランクル等も「ジープ」とごっちゃに呼称する人が多かったという記憶はある。


351 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:32:46 ID:A936BP7f
最後で発掘した袋をさかさまにして中身を出すシーンはなんかもっと大事に扱えよと思った。

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:33:59 ID:eTs+gDxw
>>351
紐がほぐれて袋が開いたように見えたよ。

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:34:01 ID:Pnxr5xUH
>>348
「行くかもだ」

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:34:39 ID:+qLCsSoK
>>339
市丸さんもクリさんも、合理的思考の出来る人という点では同じなんですよね。
クリさんは知らないけど、手紙の内容を見る限り、市丸さんのほうは典型的な
大亜細亜主義者みたいね。

列強の脅威から自らのみを守るために、アジア諸国と連携して徹底的に近代化
を推し進めるべし、とするのが大亜細亜主義なのだとすると、対米戦争に徹頭
徹尾反対したのは近代的な合理主義の表れ、なのかも知れないねえ。

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:34:45 ID:0zOp6JMu
硫黄島フラッシュ
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf
最初は真っ暗で「?」ですが、我慢して見続けると・・・終わる頃には号泣してる。

ネタではないので無くならないうちに見てね。

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:36:27 ID:MPP8SulR
質問です。映画見てないといちゃいけないのでせすかここは?

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:37:09 ID:1cqFOBcf
いてもいいです。ただ質問しないでください。

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:38:24 ID:MPP8SulR
工エエェ(´д`)ェエエ工
書き込み禁止です?


359 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:38:33 ID:pIqkM4+T
昔小学校のころに日教組の先生が戦争のことを教えるときに
昔の戦争では偉い人間ばっかりが助かって死んだのは下級兵士
ばかりとか言ってたけれど、栗林中将や市丸少将の事さえも知らないのか。

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:38:44 ID:Pnxr5xUH
>>355
世界史版の人乙です。
いいフラッシュだよな

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:39:34 ID:P3VjSQFe
この映画モノクロっぽくした時点で失敗だと思った。
せめて[プライベートライアン]ぐらいの色調にしてほしかった。
冒頭とラストに現代をもってくるパターンは[タイタニック]以降流行だな。
正直またかよって思った。(笑)
二宮に子供がいるのはちょっと無理な設定だと思った。
戦闘シーンはリアルだけど最近の視覚効果で目が肥えてるせいか特に驚きはなかった。
音楽もなんかイマイチ。

以上、期待ハズレでした。

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:40:23 ID:EuW6hyAi
獅童よかった
あんなに勇ましく散ってやると飛び出したものの
無数の死体の中でたった1人で
何日も敵を待ち続けて結局爆弾捨てて
最後まで生き残ってしまった伊藤中尉の気持ちを考えると
すごい複雑な気持ちになった
あんな時、人はどんなことを考えるんだろう
みじめでどうしようもないだろうな……

おそらく他の戦争映画の戦いっぷりを見て
オーディション通したんだと思うのに
この役にあえて獅童を使ったクリントはすごすぎる



363 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:40:58 ID:QADbnZME
引っかかった点。
憲兵が店の商品を持っていったり、犬がやかましいといって射殺したりという
事は多々あったんだろうかね?



364 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:41:04 ID:OcEnS+Ao
本を読んだとか時々偉そうな人が出てくるが
本は本、映画は映画なんですから
映画は映像の魅力があるし本なんていうのはまた別の世界
どの映画にも言える事だが

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:41:19 ID:eXNGmm4z
>>350
ジープはあのジープ。軍用車両の代名詞です。
でもワーゲンをジープと言う軍人はいないでしょ。



366 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:41:29 ID:GidEV05B
>>347
だから、アメリカ人とかは身振り手振りが大げさなのかね

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:41:54 ID:QG8yjqnm
>>324
俺はそこでウッときて踏み留まったが
その後西郷がスコップ振り回す所で決壊してしまった

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:41:59 ID:QSxOEDJ9
>>355
アドレスでバレバレ。


369 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:42:51 ID:WSEyZUvt
>>355
違う意味で号泣したよ。日本が勝手に戦争したとでも思ってるのか?

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:44:00 ID:eKhqRCfx
東京12チャネルの特番で加瀬亮が言っていたように
この映画は「質問」だ。
自分のアタマで考えよ!
思考停止するな!
ちなみにおらは情報が、ある意図をもって操作されているとオモタ。今の時代でも。
戦車は忘れろ

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:44:43 ID:QADbnZME
>365
捕獲したジープが配備されていたとか? なら、すまん。


372 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:44:43 ID:pIqkM4+T
てかヤフーブログの感想、うんこすぎ

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:45:15 ID:oPWYrsVg
>>372
こっちを見ればいいじゃん
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324563/

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:45:29 ID:ZVjkb9/0
>>363
ゼロとはいえないけど、普通にあったとは思えないけど。

当時の日本にそんなことする権限がある人間はいない。

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:46:36 ID:WSEyZUvt
>>363
みんなそう思うよな。
ありゃただの犯罪行為。

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:48:00 ID:Pnxr5xUH
>>367
そうそう、「閣下の遺品を汚い手で触るな!」と言わんばかりに
あの生きのこりたい、帰りたいと強く願っていた西郷が、
自分の命を顧みず、恩義に報いようとする姿が凄くよかったよな。
あの流れたまらない・゚・(ノД`)・゚・

377 :大和 ◆JApAN.yB6w :2006/12/10(日) 19:48:16 ID:IOSw10ru
>>363
有り得ないでしょ。
日本人と犬の歴史は古代よりの関係。
第一、日本人のメンタリティから言って有り得ない。

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:50:05 ID:OcEnS+Ao
通信妨害だっけ
それはなー、ちょっとなー

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:50:16 ID:Pnxr5xUH
わからんよ、権力をかさに着て悪質な特高もいたみたいだしさ。

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:50:17 ID:WSEyZUvt
清水もあそこで自分で「わんわん」とかやれば犬も殺されなかったろうに。

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:51:00 ID:eTs+gDxw
>>380
ブッ!
吹いたw

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:51:05 ID:CqrSwZjS
>>166
プライベートライアンでもあったじゃん。投降兵をブッ殺して笑うシーン。

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:51:52 ID:WSEyZUvt
>>379
清水がクビになったのは実は上官が自分の犯罪をごまかすためとか?

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:52:03 ID:aUhiwtFQ
俺の元教師の爺さんも全身鋼鉄で出来たような無口な超堅物だった。
明治神宮建立の際に、自分で育てた木(種目忘れた)を植えに地方から上京した事が人生最大の誉れ。
80過ぎて、毎朝5時に起きて、河川敷で走りこみやってる時点でもう怪物。
老後は年金で相当金持ちだったけど、80年代にもなっても俺の生まれる前に購入した白黒テレビを大事に大事に使ってた。
食事は玄米と魚中心の粗食。昭和天皇の崩御の少し後に後を追うように亡くなった。
明治人ってのは、オーラからして違う、もう俺の理解を超えた存在だったよ。


385 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:53:26 ID:eXNGmm4z
>>371
本当に配備されてたかどうかは知らないけど、映画に出てきたのはジープだった。
だからセリフで『ジープ』と言っても、コピーか捕獲品を持ってきたって設定かなと解釈するのが妥当かと思うよ。



386 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:56:52 ID:59IsY4Z+
>>348
「行くかもだ」だ

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:58:01 ID:DU62XXO3
>>343
>映画の背景、考えさせられる、まともな批判。とか映画に直接関係する事話

だろ?

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:58:28 ID:b3jnGsy9
中国が攻めてきたらどうする?


389 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:59:06 ID:Pnxr5xUH
向こうで公開するとき千人針のエピは説明台詞になっちゃうのかな
ちょと嫌

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:59:59 ID:6gEAwX4/
ここが人多そうなのでスレちがいですがちょっとおたずねします。

1988年 1989年 1990年あたりに放映された、
ゴールデン洋画劇場をCM入りで録画している人がいないか、
さがしています。
どのスレッドに書き込んだらみつかりそうですか?
事情があってかなりせっぱつまっています。

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:00:07 ID:GLV1RoJA
>>378
なんぼなんでもあれは法的根拠の説明が苦しいよ。
憲兵があんなことしたら警察からカミナリ落とされるわ軍法会議にかけられるわで、
自分の立場が危うくなるだけだしね。

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:00:10 ID:pgkhWYxw
>>389
アメリカ人も自分で考えろ。ってスタンスなら単純に
「Sennninnbari」くらいの訳なんじゃね?

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:00:11 ID:1cqFOBcf
>>389
パンフレットで解説か?

ネット環境がこっちと似たようなものなら説明は行き渡ると信じるが、どうだろ。

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:00:34 ID:P7i23/yp
みてきました。今年のベストワンじゃなかろうか。
こういう映画を作ったクリント・イーストウッドにあっぱれ。
日本人にも高潔なのも下賎なのもいるし、時代の勢いもあった。
アメリカ人だってさわやかでいい奴ばかりではない。
単純に白黒をつけられない戦争のあり方を、十分に書いた作品だと思う。

死にに行く前に「諸君の軍功は後世によってたたえられ、涙を流されるであろう」という栗林の話がたまらなかった。
日本人として、あの戦争で散った人々を忘れてはならないのだな、と痛感しました。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:00:58 ID:aUhiwtFQ
中には元コックとかもいたんだろうなぁ・・・

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:02:10 ID:Pnxr5xUH
俺、大工の後継ぎなんだ。
硫黄島から帰ったら許婚と式を挙げるんだ。

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:02:39 ID:1cqFOBcf
中国の人口の多さは戦略になる凄さ。
クラシック関連に触れる身としては、
ヨーロッパにおけるクラシック音楽教育を受ける総人口を中国国内のそれが上回っている事実。
これによって、文化をもぎ取る戦略らしい。 
なんという壮大なおろかさよ。。    
中国人が一人ひとり特攻したら、どこの国も終わりな気がす

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:03:12 ID:pgkhWYxw
>>396

つ手榴弾

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:03:34 ID:QADbnZME
西郷が「パン屋」という、欧米から伝わった食文化を生業としていたという処に悲哀を感じたのは考えすぎだろうか。

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:03:43 ID:GLV1RoJA
>>388
沖縄戦が再現されるぞ…何としても海空戦で敵を海の藻屑にせねば!

>>395
ちょwwwww一人だけで硫黄島制圧できるって!w

>>396
奇跡的に復員したら自分は戦死公報出されていて許婚は他の男とセックスしてたとさ(涙

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:05:00 ID:ZVjkb9/0
>>397
> 中国人が一人ひとり特攻したら、どこの国も終わりな気がす

中国人はそんなことする連中じゃないからw

普段声が大きい連中ってのはいざ戦いの時になると
さりげなくいなくなるものなんだよ。

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:05:24 ID:eTs+gDxw
>>387
めんどくせーな
俺別に一丸はんの手紙の話題についてはとやかく言ってないよ。

ログとか観れ。
ID:2SHdGU+0がまともに映画も理解してないのにあんまり政治やリアルじゃ無いとか自己中な厨発言連発するからあえて書いただけ。

一丸少将の手紙の内容とか面白いと思うから書き込めば良いじゃないか。
いちいち聞くなよ
俺は自治厨じゃないんだ。

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:06:19 ID:JcSXRI8n
>>393

アメリカにはパンフレットてないからなあ。
日本のパンフの文化は世界に誇れると思うな。

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:07:05 ID:UNC087Ba
>>385
たしか戦前栗林さんがアメリカにいる時息子さんに出した手紙に
「こっちでジープを買ったよ」と書いていると思ったが・・・・。

軍で慣用されてかは知らん。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:09:19 ID:UNC087Ba
>>397
中国人に特攻なんてメンタリティは無いよ。
上官の目を離れると全員逃げ出すのは日中戦史でも明らかさ。

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:09:30 ID:0zOp6JMu
硫黄島フラッシュ
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf
最初は真っ暗で「?」ですが、10秒だけ我慢して見てください。

BGMは「春よこい」と「春よ、こい」です。

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:09:42 ID:jyNPgjVG
jeepという固有名の車

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:10:03 ID:+qLCsSoK
>>397
>これによって、文化をもぎ取る戦略らしい。 
>なんという壮大なおろかさよ。。    

君はその日本版ってわけか。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:10:08 ID:Pnxr5xUH
それはそうとさっきから腹が痛いのだが・・・

410 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:10:46 ID:vnBRJGak
この映画を見た感想はおいといて、君達2チャンネラー?の
書き込みにはヘドがでます。
まず忠実に再現するという事に過敏に反応を示し、歴史がどうとか
ほざいてるが、事実を求めるのなら、この映画を見るなと言いたい。
そもそも、映画とは商業なんだよ。
作り物の世界に感情移入し、過去の戦死者達に敬礼か?w
笑わせるな。
敵が作った映画に金を払い、そして日本人に敬意を表す。
おかしいとは思わんか?


411 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:11:26 ID:1cqFOBcf
そういえば、中国人は弱い相手には態度デカいが、相手が強くでると萎縮するときいたことがある。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:11:40 ID:pgkhWYxw
寝言は寝て言え。

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:12:25 ID:JcSXRI8n
>>362

オレも前スレで書いたが、この役にシドーを
選んだイーストウッドの眼力は恐いくらいにすごいw

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:12:41 ID:QADbnZME
>404
??? ジープって、軍用として世に送り出されたのが1941年だよ。
栗林大尉(当時)がワシントンに赴いたのが1927年。

いわゆるMB以前から、ああいう車が存在し、民生用として販売されて
いて、一般に「ジープ」として呼ばれていたんだろうか。

悩。


415 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:12:43 ID:55JAk2TR
犬に関しては憲兵5日目がポイントになるのかなあ

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:12:46 ID:OcEnS+Ao
>>410
いまだに敵だと思ってるのか

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:12:55 ID:Pnxr5xUH
>>410
まぁ、もちついてこの赤痢入り雨水でも飲んでくれ


418 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:13:02 ID:vnBRJGak
現在この国はお前達みたいなメリケンカブレに支配され、
思想は失せ、復興の喜びすらなく、メリンケン共の傘下で
守られ、そして、メリケンに与えられた映画で兵隊美化に酔う。
現実すら理解されてはいない。


419 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:14:02 ID:JcSXRI8n
>>410

お前見てないだろ。
書き込みすんな。
どっかいけ。

420 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:14:05 ID:vnBRJGak
アメリカは敵ではない。天皇なんだよ。
支配されているんだからな。

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:14:29 ID:1cqFOBcf
>>418
お前は自分の現実を見ろ

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:14:51 ID:Pnxr5xUH
なんか変なの来ちゃったよ
錦糸町14:05の回に居た迷彩服の奴か?

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:15:27 ID:LMXcLLmT
アレな人を相手にしたらいかんと思うのです。

424 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:15:50 ID:vnBRJGak
過去の戦の本当の姿を見る前にまずは君達がおかれている
現代に目をむけ、考える事が一番のお礼ではないのか?
過去の偉人達を懐かしみ、その末裔だとオナニーする。
お前達の目は前にあるかな?

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:16:02 ID:Pnxr5xUH
う〜ん墓穴掘ってるのかな

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:16:11 ID:WSEyZUvt
この手の映画だとどうしてもこういう手合いが湧いてくるね。

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:16:35 ID:R2SBouZ0
2SHdGU+0に続いてまたvnBRJGakみたいな痛い奴がわいて出たな。
今日は当たり日なんだろうか。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:17:25 ID:VL/mPXPt
見てきた
2の宮の演技が絶賛されてたようだが、
確かに表情が良かった。
でも演技は素で、顔と身長が役柄にハマってただけな気がする。

内容はよかった。
この戦地は日本軍の予想外の強さがよく語られるんだが、
それが全くなかったことにちと驚いた。



429 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:17:26 ID:QADbnZME
>>415
ただまあ、清水の機転のきかせかたは見事と思うよ。
それを活かせなかった飼い主は残念。

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:17:38 ID:COeiN8UI
>401
彼らの繋がりは砂粒のようなもの
国家権力に対する不信が数千年にわたって根底まで染み渡っている以上ありえない。
あまりに巨大な人口と国土故に分裂するだろう。

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:17:51 ID:apLvlEfy
糞まみれ映画観たの?

432 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:18:25 ID:vnBRJGak
そもそも、この『映画』にお前達の主観の現実を求める
のはどういう意味があるのだね?
商業の舞台でそれをまずは語ってくれませんか?

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:18:44 ID:1cqFOBcf
>>430
7つの国に分裂してくれないかね

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:19:05 ID:Pnxr5xUH
ジャーンジャーンジャーン

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:19:46 ID:OcEnS+Ao
>>428
俺も表情が良かったと思う
というか二宮なんて知らなかったからそう思うのかな
表情を大事にするアメ人にどう受け入れられてるか興味がある

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:19:56 ID:1cqFOBcf
おおみごとなにげっぷり


437 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:20:01 ID:MsTJf1Ib
>>398 マテw

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:20:39 ID:eTs+gDxw
>>427
さっきのが右翼として今は左翼か?
めんどくせ

うざかったら透明アボン。

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:21:55 ID:QADbnZME
>>432
それ言ったら、商業作品を世に送り出したなら、いかような評価を受けようとも製作サイドは覚悟すべきと
思うんだけど。
(甘受せよとまではとは言わないけどね)

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:22:15 ID:Pnxr5xUH
二宮は良い役もらったし、充分に応えた演技だと思う。

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:22:25 ID:XANAqCMy
>>410
おまい真性のマルクス信者かいw
一昔前の、相手の社会的ポジションで批判するヤツを思い出す。
いいかげん、イデオロギー論の言葉で世の中見るのをやめろよw
もう、流行らないぜ〜、、って既に社会主義なくなっているんだけど・・・
19世紀の亡霊だな。

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:22:27 ID:COeiN8UI
>433
いや、3つ以外許可できない。
ダメ絶対

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:22:30 ID:1cqFOBcf
表象不可能性に20世紀芸術は到達した。

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:23:04 ID:WSEyZUvt
相手にするなよ。

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:23:58 ID:Pnxr5xUH
あとジュピターたんの見せ場少なすぎ、
浜辺の中将への戯れは萌え萌えでしたが

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:24:56 ID:COeiN8UI
俺は一番序盤の↓写真とほぼ同じアングルのシーンで、既に決壊してました。とても静かで平和な光景だけにもう・・・・
http://www.iwojima.jp/jpg/suribach.html

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:25:22 ID:by3N/9fq
映画を見たのが大宮だったから、西郷が自宅が大宮だと言ったときドキッとした
ラスト後、日本に帰って大宮で奥さんと子供といっしょにまたパン屋を始めたと思いたい

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:26:17 ID:LMXcLLmT
死亡通知が来てて他の男と結婚してたら帰ってきたなんて事になってなければいいが。

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:26:18 ID:WSEyZUvt
なにげに西郷と大久保が出てたんだな。

450 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:26:59 ID:vnBRJGak
そもそも、現実もしらないひよっ子がネットで情報を
集め、全てを理解したかのように、この映画の現実性を
語る事に違和感があるのだよ。
現実的かは兵士達が論ずる事であってお前達にその資格などない。
そしてわかったつもりで戦死者に対して敬礼か?
笑わせるな。
お前達みたいなのを真の非国民というんだ。


451 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:27:04 ID:gB/uoamp
隣の50台ぐらいの
夫婦が普通に話ししまくりで
うざかった
マナーまもれないならくんなよbkg

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:27:47 ID:QADbnZME
>>449
ネーミングはやっぱり明治の元勲からかね。


453 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:27:53 ID:eTs+gDxw
>>450
2SHdGU+0に言ってあげてね
ハイ次の人!

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:27:59 ID:UmjMRDoQ
観てきた
虚しい・・・虚しすぎる
栗林中将は後世の我々日本人に語り継がれ称えられる事を
信じて死んでいった・・・他の兵士も
なのに中国や韓国と一緒になって靖国反対運動をしている
日本人がいる事が情けなく、腹立たしい


455 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:28:00 ID:W3IadEQU
>>441
410などどうでもいいが
この映画の時代は日本は社会主義っぽかったと
思うけどな。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:28:33 ID:+qLCsSoK
やれやれ。
なんか今の2ch映画板って、中国を凄く敵視する人が多いんだね。
こんな趣味系の板にまで浸透して来てるのは、不思議。

あめぞうがコケてから9.11同時テロ事件あたりまで結構リベラルな
印象があったけど、新参の利用者がほとんどを占めるようになった
ということかね?たまーに寄って書き込みする程度の私には、奇異
に映るなあ。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:28:43 ID:ZVjkb9/0
>>451
そのくらいの年代が一番マナーが悪いw

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:28:52 ID:VKqkIXRk
硫黄島

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:29:30 ID:WSEyZUvt
>>452
そういや伊藤もかw

460 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:29:33 ID:vnBRJGak
そもそも、お前達みたいなカスの本質はグロシーンみて
興奮する事くらいだろう。
それか生死をかけた戦いの憧れか。
本質はそんなもんだよ。
それを、理性だの人間性だのを表現しようとしてるから
ムシズがはしるのだよ。

お前達など、命をかけて守れる物などない。
今この日本においてな。


461 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:29:51 ID:ZVjkb9/0
>>456
中国人なんていまや普通の日本人に敵視されてると
思うが?

462 :まだ見てない人:2006/12/10(日) 20:30:07 ID:QGFQureA
Google Earthで硫黄島がリアルに見れるよ。
映画見て、硫黄島に興味が出た人たち必見です。
下の座標を入力してみてね。

沈没船群
24 46.60 N, 141 17.48 E
座礁船(自衛隊の残飯捨場)
24 46.95 N, 141 17.59 E
擂鉢山(集中砲火による変形の痕)
24 44.95 N, 141 17.26 E



463 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:30:45 ID:eTs+gDxw
透明アボーンした。
ブラウザ使ってる人はアボン推奨

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:30:46 ID:9aI+SDhy

この映画の感想は、言葉(単語)にした瞬間に伝えたい意味が
矮小化されてしまうような気がして、述べるのが難しい。


465 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:31:19 ID:vnBRJGak
お前達は暖かい毛布にくるまり理想論を歌う。
それが君達の本質なんだよ。


466 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:32:46 ID:O++D1cMD
>>456
そんなのは、ごく一部だろ。
やたらヒマでやたら書きたいのさ。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:33:48 ID:sRzGd1lP
>>465
お前もなー

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:34:21 ID:QADbnZME
>>456
サッカーの試合中継で中共嫌いになった日本人が多い様に思う。
現実問題としては是々非々、ビジネスライクな関係程度でいいんでないかと。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という態度は宜しくないと思う。

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:34:25 ID:OcEnS+Ao
>>466
ここでいくら訴えてもなんにもならないし

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:34:43 ID:+qLCsSoK
>>454
私は首相の靖国参拝に反対する立場だけど、
それが栗林や他の戦死者を貶めているとはまったく思いませんが・・

というか、栗林の如き合理的近代主義者の志を考えるなら、首相の
靖国神社参拝は控えてしかるべきなんでは?

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:34:50 ID:jCqsLCwX
>>348
「行かにゃ」

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:35:07 ID:LMXcLLmT
一つアレ?っと思ったのがアメリカの栗林帰還パーティーの時
アメリカと日本が戦争したらどうするって聞いた婦人がわたしの夫に銃を向けるの!って
切れてたシーン。いやアンタどんな答え期待してたんだよ。

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:35:10 ID:R2SBouZ0
>>463
俺もアボーンした。
真性にまじめにレス返しても無駄。


474 :売女国民糞まみれ:2006/12/10(日) 20:35:25 ID:vnBRJGak
おい、負け犬の子孫。
発言も又、負け犬だな。

お前達は、日本人だとアメリカに教えられて生きてきた
だけの生き物なんだよ。

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:37:27 ID:ylsQ9nrW
栗林中将と家族の書簡集が文庫で出てた。留学してる頃から
最後まで。心暖まる絵柄に泣けた・゚・(ノД‘)・゚・

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:37:30 ID:jBaWPkr8
中国なんて普通に好かれてないから。
つい最近もその種の世論調査がでたろ。

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:37:31 ID:XANAqCMy
なんか、映画見てないで攻撃している香具師いるなw
防空壕にはいってよっ (〃・´ω`・【怖いよぉ】

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:37:44 ID:8+3Wsey9
清水がかわいそうでボロボロ泣いてたけど、
「クリさんと呼んでいいかしら?」で不謹慎にも吹き出してしまった。

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:38:12 ID:eTs+gDxw
>>473
俺のギコナビはアボンしても更新されるたびに更新分が表示されるんだよな。
更新されても痛い書き込み表示させられないようにするにはどうしたら良いかなんか知ってる?

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:40:28 ID:QADbnZME
>>472
属する国同士が戦争になれば、個々の友情を棚上げして戦わなければならないのが軍人の宿命
という事をわかってなかったんじゃないかと。
独立戦争や南北戦争で、肉親や友人が敵味方に分かれて戦うといった悲劇が多々あったと思わ
れるので、米国人の発言としては疑問がわくが。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:41:39 ID:eTs+gDxw
>>480
ちょっと無神経なところがアメリカ人の女クオリティだと脳内補完した俺。

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:41:50 ID:JcSXRI8n
>>470

靖国参拝控えるのがなぜ合理的なの?
合理的な理由がある?
「中国が反対してる」から?



483 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:44:25 ID:g9CyEtSM
清水の最期ってどんなんだっけ?
白旗振って殺された人と混同してしまってる

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:44:46 ID:gB/uoamp
>>457
ほほー
感動するシーンでも
あんまり感動できなかったよ;

ばばぁ:「あらやだ、死ぬわよ・・・」
とかマジウザスwwww

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:45:11 ID:LMXcLLmT
>>483
それが清水です。

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:45:15 ID:8+3Wsey9
クリントもクリさんと呼んで欲しかったに違いない。

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:45:20 ID:95219aJX
今見終わった、相変わらず獅童の顔が気持ち悪かった、
だからやっぱりヒロヒト天皇は戦犯だと思いました。


488 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:45:57 ID:WSEyZUvt
>>483
まさにそいつだよ。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:46:14 ID:59IsY4Z+
アメリカ  自分の信条と国の信条は違う場合もある
       →星条旗「国のためではなく戦友のために戦った」

国の信条と同一でなければならない日本軍人

って違いを出してるのかなと思ったあのシーン



490 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:46:18 ID:zY1UZpJc
>>468あまい!中国とビジネスした事ないから、んな呑気な。俺んとこの会社は‥‥  

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:46:41 ID:OcEnS+Ao
映画では靖国で会おうといってたな。その当時もそうだっただろう
でもただそれだけでその時の感情でしかない。生きていたら考え方も変わってたろう
靖国問題は現代の人が考える問題だよ。昔は関係無い

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:48:26 ID:ijSVdoHZ
しどー、あまりにもお似合いな役…

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:48:36 ID:HZhMEdvc
硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン 450円くらい
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M
【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/


United Newsreel Motion Pictures (1942-1945)
ttp://video.google.com/nara.html#united
Marines Raise Flag Over Iwo Jima [Etc.] 1945
Part 1, 5th Div. Marines advance on Iwo Jima behind
ttp://video.google.com/videoplay?docid=-634212782694418867&q=39054



Iwo Jima Photographer Dies
Pulitzer Prize-Winner Joe Rosenthal Was 94
http://www.cbsnews.com/stories/2006/08/21/national/main1914278.shtml
SAN FRANCISCO, Aug. 21, 2006

The photo actually shows the second raising of the flag that day on Mount
Suribachi on the Japanese island. The first flag had been deemed too small.
写真は、日本の島の擂鉢山山で、旗を二番目に掲げる実際にその日を示します。
最初の旗は、あまりに小さいと考えられました。

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:48:52 ID:ZVjkb9/0
>>487
ほう、そうか。

ならルーズベルトもトルーマンも戦犯にしないとな。
戦しかけた張本人だし、原爆投下命令下した連中だしなw

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:49:07 ID:JcSXRI8n
清水が殺されるシーンは恐いね。
あれはいったん「助かった」と思わせといて・・・という
ひねりがあるから。
こういうところもむこうの脚本家はよく考えてるな、と思うよ。

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:49:12 ID:COeiN8UI
>475
それ、俺も買った。
あぁ・・・漫画界は惜しい逸材を・・・

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:49:23 ID:mfs0e+7W
観て来た…。
やっぱアメリカ人が作った日本の映画って感じだね。
価値観が余りにもそっちよりで…。

後、あれを硫黄島だって言われても…。
全然そう見えないよ。

498 :靖国の軍需利権問題は現代の人が考える問題だよ>491:2006/12/10(日) 20:50:27 ID:It075mnq
651 名前:今週の4大週刊誌が一切、慎太郎疑惑に触れない異常国家 :2006/12/09
>建設財閥の再編には慎太郎でさえ切捨ての大立ち回りと大芝居が必要なんだ。

慎たろう、こいずみ、あべ、昭一、etc
統一教会、稲川会、日本会議、靖国神社,,etc
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
「お茶の裏千家、お華の小原流、企業では鹿島建設、資生堂、それに新興宗教では霊友会から踊る宗教まで回ったからね。
五億のうち、霊友会からは二億くらいは出たね。霊友会の本部には慎太郎さんと一緒にしょつちゆう行った。
教祖の小谷っていうのはスゲえ女でね。挨拶に行くと、着物をゆすりながら、帯の奥から百万円の札束をほじくり出して、
『ホラ持ってけ』っていうんだ。慎太郎さんは平身低頭して、それを両手で押しいただいていた」
 慎太郎は当選の翌年、小谷との対談をまとめた『対話 人間の原点』(サンケイ新聞社・昭和四十四年四月)という、
書名をオカルト入門とした方がよさそうな本を出している。、、、、、
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html



499 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:51:05 ID:LMXcLLmT
>>495
俺の家横浜に有るんだ、今度遊びに・・・・銃声

だったもんな。

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:51:07 ID:zY1UZpJc
>>482 >470は釣りですから。前スレから貼ってるよ是非スルー 

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:51:39 ID:g9CyEtSM
>>485
>>488
そうなんだ…
じゃ、最初から一緒にいた兵士はどんな最期だっけ

つうか、もう一度見に行こう
最近の俳優はわからん

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:52:52 ID:LMXcLLmT
>>501
最初から居たやつ。赤痢で死亡。
次のヤツ擂り鉢山で自決。
清水投降するも面倒だからと言って射殺される。

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:53:19 ID:+qLCsSoK
>>482
そのほうが外交上良い、という合理的な理由があるし
ちょっとズレますが天皇陛下も自粛してるじゃないですかねえ。

逆に首相の靖国参拝を支持する合理的理由なんて、何もないです。
遺族の心情と遺族会を票田とする議員さんらの心情は、よく解りますけども。

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:53:34 ID:jBaWPkr8
星条旗の興行収入、少ないのな
なんだかなぁ、もったいないね

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:54:36 ID:58EMQ42T
中国は異常に日本を叩くけど、チベットのことは実際にどう思ってるんだろう・・・

硫黄島の方しか見てないです
先に父親見たほうが良かったですか?変わりない?

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:56:07 ID:OcEnS+Ao
>>505
どっちが先でもいいがどっちも見たほうが良いな

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:56:17 ID:mfs0e+7W
>>505
人と思ってない

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:56:34 ID:q5NWiVij
ところで何で西郷の妻役の女優さんがアメリカで賞を取れたの?
ちょい役で数分しか出演していないのに全然理解に苦しむのだが。

おまけに駅内のポスターにも主役級の連中と肩をならべて出てるし。
重要な位置づけにあるのは確かだけど変じゃない??


509 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:57:40 ID:ynxIfgGk
>>508
何の賞のこと?

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:58:39 ID:eTs+gDxw
比べるものじゃないかもしれないけど日本とアメリカの映像表現の違い。

フジのドラマ
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/ara_a.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/ara_b.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/ara_c.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/ara_d.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/ara_e.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/mido_a.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/mido_b.jpg
http://wwwz.fujitv.co.jp/iwojima/photo/mido_c.jpg


511 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:58:41 ID:g9CyEtSM
>>508
映画唯一の女っ気だからだろ う

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:58:50 ID:7wXbOBj0
おもしろい、おもしろくないの一言で終わらせない良い映画でした。

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:58:53 ID:ylsQ9nrW
>>505
その編の事が文芸春秋に載ってるらしいよ。新聞広告で見た。


514 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:59:36 ID:Ew/r/CHQ
もしかして>>508は・・・「バベル」の菊池凛子と勘違いしてるとか?

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:59:37 ID:jyNPgjVG
怪電波発生中

大見得切っても資本主義を満喫して、のうのうと生きている七不思議
お花畑は盲目のオナニスト

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:59:56 ID:59IsY4Z+
>>508
「バベル」に出てる菊池凛子と感違い?

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:00:25 ID:UmjMRDoQ
>>508
他の映画と勘違いしてるよ
なんとか凛子さんという人ならブラピが出ている映画で新人賞を受賞した

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:00:43 ID:eTs+gDxw

硫黄島からの手紙
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01284r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00402r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04178r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01289r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/0702r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03128r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11297r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00222r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02679r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04670r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04005r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00081r.jpg


519 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:01:15 ID:OcEnS+Ao
星条旗ではさかんに衛生兵とか叫んでるようなシーンがあってよく分からなかったが
硫黄島ではまず衛生兵を狙えという指示
そこらへんの繋がりがあったかな

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:01:19 ID:P2SXL8ev
シナ畜は飼うに限る

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:02:44 ID:q5NWiVij
んや!勘違いしていない!
調べるのメンドクサイから探すのは省く
各々調べるように

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:02:46 ID:eTs+gDxw
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04303r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05064r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03208r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07642r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05990r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/09046r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11045r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06934r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/08232r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01057r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06072r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/1065r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03988r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07982r.jpg

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:02:53 ID:ynxIfgGk
もし菊池凛子と裕木奈江を勘違いしてるんなら
>>508は本当に本編を観たのかと?

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:03:11 ID:JcSXRI8n
>>503

非合理な批判であってもそれを受け入れる、
ということは合理的な判断とは言えないでしょ。
そんなことしてたらいくら不合理な要求つきつけられても
今後もう反対できなくなるよ。
それが中国のねらいでしょ。外交的には絶対無視するのが
合理的な判断でしょうね。

逆に、靖国参拝する理由がないなんて、よく言えるもんだな。

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:03:12 ID:COeiN8UI
>518
クリントがケロロ軍曹のコスプレしてやがる・・・

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:03:42 ID:Z/IlpndB
号泣した。ぜひDVDを買おうと思ふ。

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:04:14 ID:Ew/r/CHQ
>>521
何の賞なのか、おまいさんが見たソースくらい貼っとけや


528 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:04:24 ID:eTs+gDxw
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/4123r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03591r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03703r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06034r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02074r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01721r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/5666r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01985r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04608r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01049r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02658r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05900r.jpg

やっぱ俺は硫黄島の絵のほうが好きだな
フジのドラマの絵は今までの日本映画みたいで安っぽい。

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:05:20 ID:R2SBouZ0
DVDは「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」がセットになっててほしいな。

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:06:03 ID:ynxIfgGk
リンク厨ウザス>ID:eTs+gDxw


531 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:06:21 ID:EUkEqmjB
おまいらいまヒストリーチャンネルで硫黄島やってるぞ
実録でこれはすごい

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:06:22 ID:WSEyZUvt
>>528
> フジのドラマの絵は今までの日本映画みたいで安っぽい。

それはむしろ日本映画の方が安っぽいのでは?

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:06:48 ID:ydmxdwn+
二宮が意外に良かった

いやー、クリント最高!
マジでいい映画だった

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:12:07 ID:MRfCcaCU
ノンポリの人間が助かるって
スピの常套手段ですな

スピ自身ノンポリの人なんだろ

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:12:13 ID:ynxIfgGk
>>521
ソースはまだぁ?

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:12:56 ID:UmjMRDoQ
西郷 「助けて頂いたのはこでれ二度目です」
栗林 「そうか、二度あることは三度あるかもしれんな(笑」

これって栗林の遺体を埋める為に一生懸命穴を掘っていたので
交戦できなかったおかげだよね。・゚・(ノД`)・゚・。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:13:05 ID:OcEnS+Ao
二宮が最後まで生き残ると思わせなかった所がいいところだ

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:13:22 ID:+qLCsSoK
>>524
いや・・・日本の現実としては、「外交的には絶対無視」など
してないですよ?むしろ小泉さんの強硬路線とは全く違う妥協路線
を選択してます。安部政権は「絶対無視」などしていません。

なかなかいい外交をやってると思います。
安部も日本国内のタカ派や保守層の支持を失わないために、参拝の
有無を公表しない、という玉虫色のアイディアで切り抜けようとし
ています。これも致し方の無い選択ではないかと。

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:13:35 ID:6umAFN7c
DVDはいつ頃出るかな?

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:13:52 ID:ijSVdoHZ
>>531 録画中

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:14:02 ID:MRfCcaCU
>>536
スコップしか持ってなかったので
助かったんでしょうな

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:14:08 ID:r/xzZgE0
二宮が最後担架で運ばれるシーン・・・
隣の負傷した米軍兵士がちらっと二宮を観たが
表情を崩すことなく又空を見上げた。

あのシーンが全てでねーの?

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:14:09 ID:HZhMEdvc
Battle of Iwo Jima
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Iwo_Jima

* To the Shores of Iwo Jima, a 1945 American documentary produced by
the United States Navy, Marine Corps and the Coast Guard.
http://video.google.com/videoplay?docid=-3939121847638029622&q=To+the+Shores+of+Iwo+Jima

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:14:33 ID:Pnxr5xUH
>>536
そうだよ、栗林の温情

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:14:55 ID:+qLCsSoK
>>536
書類の焼却処分と手紙を埋めるのに忙しかったから、じゃないかな。

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:15:15 ID:eTs+gDxw
>>531
今のCGわろたw

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:16:00 ID:MRfCcaCU
二宮が戦友が死んで俺だけ助かったとか
悔恨の表情じゃなくて
夕日見ながら。ああ やっと終わったという笑みだったのが良かった

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:18:47 ID:rPzj+MMx
硫黄島の映画が2作品も公開されるっていうんで
硫黄島に関する本を10月からかなり買ったな。
津本陽の「名をこそ惜しめ」
山岡荘八「太平洋戦争」
梯久美子「散るぞ悲しき」
伊藤正徳「帝国陸軍の最後」
留守晴夫「常に諸子の先頭にあり」

ただ忙しかったんで、映画は残念ながらまだ見てない・・・
父親たちの〜はDVDを待つとする。
硫黄島からの手紙は来週あたり有休取って必ず見るつもりだ

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:20:34 ID:GsflgzFV
中村始動、結局なんだったんだ・・・

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:21:32 ID:oPWYrsVg
>>510
皺一つ無くて不気味だな

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:22:03 ID:Pnxr5xUH
>>549
クリントの慧眼w

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:24:06 ID:r/xzZgE0
>>549
たぶんすぐに戦車が来てたら戦死してたんじゃない?
たぶん意図的なものがあるだろうが、
死体だらけの戦場の跡に取り残されている間に
心境の変化でも生じたんだろう。
又海軍だったことも頷ける

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:24:26 ID:9aI+SDhy
有休取って見に行くんだったら両方いっぺんにみてくればいい。
星条旗のほうを先に見たほうがいいらしいよ。
来週くらいまで併映しているところは多いから。
1日つぶす覚悟があるなら二回ずつ見てくれば?
2回見ないとわかりにくいという話もあるから。

述べ4回見ても10時間。有給休暇の1日ですむ分量。

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:25:01 ID:HpY+ZCsC
王の男が世間からスルーされてるだけでもこの映画の価値はある  

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:25:06 ID:sOZQK3UD
>>549
笑い者

556 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:25:31 ID:W5hpxevu
今日、観にいった。京都のMOVIX京都。
二宮達がすり鉢山から、退避してきたシーンでトラブル発生。
フィルムの不調があって、上映不可能になりました。
料金は払い戻し。。。でもね〜、期待して観にいったのにすげー残念。


557 :548:2006/12/10(日) 21:26:58 ID:rPzj+MMx
>>553
そうだね、そうするよ。
その日は濃い一日になりそうだw

ただ本に関しては感動したものがいっぱいあるけど
映画には過剰な期待はしないで観に行くつもり。
勿論、楽しみだけどね。

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:27:10 ID:ohPK7BVp
清水より先に投降してた奴って、
その前どのシーンで出てきた奴だっけ?

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:28:08 ID:+qLCsSoK
>>549
「弱い犬ほどよく吠える」を体現する見事なキャスティング。
いざと言うとき、初めてその人の真価がわかるのですなあ。そんな風に思ったよ。

今回のシドウは「男たちの大和」の百倍良かった。当社比で。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:28:53 ID:RMxWpZ/n
某ブログでみつけた。栗林中将の軍服係を務め硫黄島への同行を希望するも
内地に残された貞岡氏の話。(多分別冊宝島からの転写だと思う)
とにかく読んでくれ。キシュツだったらスマソ。

>戦局の悪化に伴い、どうせ死ぬなら閣下の元で…と諦めきれない貞岡は、父島の軍基地まで渡り、
藤田副官に栗林中将へと電話をかけてもらう。しかし「こらぁっ、渡島あいならん」と怒鳴られ
剣もほろろに返される。硫黄島には縫工作業する人手は要らず、無駄な死は必要なかったのだ。
その時の事も栗林は、妻の義井宛の手紙の中で「貞岡がせっかく来たのに、私に会えずに帰還し、
結局郷里に帰るのだと思う…後略…東京へ着けば無論立ち寄るだろうからその時は、玄関だけに
せず何でもある物をやって下さい」と書いていて、貞岡の気持ちを知りつつ、心を鬼にしたこと
が覗える。その後、栗林は貞岡宛てに葉書を出した。軍事郵便の文字が印刷された葉書に端正な
文字で認められていた栗林中将の温かい言葉…。葉書は、61年経った今でも貞岡家の自宅の金庫
に保管されているという。

その貞岡が硫黄島へと渡ることが出来たのは、栗林中将の死から33年を経た昭和53年だった。
慰霊巡拝団の一人として渡島した貞岡は、栗林中将が潜んでいたという司令部壕を示されると
声を限りに叫びながら駆け出した。「閣下ぁー、貞岡がただいま参りましたーっ!」

親として、夫として、軍人として、そして何より人として、思いやりに溢れた栗林忠道の手紙…
日米合わせて3万人近い硫黄島での戦死者の魂へ、そしてその遺族の心へと、言葉の壁も乗越えて
届いているように思えた。





561 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:30:26 ID:CqrSwZjS
>>559
西の命令で負傷米兵を治療する奴

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:31:01 ID:DGV2qfTz
まあ、私道を卑怯者、なんておれらの誰も責められないよな。
彼は彼なりの(西さんの言う)「自分の正義」を
貫いてたのかも。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:31:25 ID:xPlGRND6
なんか上陸開始後まで艦砲射撃続いてたけど、あれちょっと危なくない?
未明から激しく射撃を加えて、上陸直前にピタリと止めるのが普通だと思うけど。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:32:26 ID:WSEyZUvt
獅童の役どころは卑怯者というよりピエロではないかと。

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:32:41 ID:r/xzZgE0
>>548
二つの作品を軍隊だけでなく
当時の文化・経済ありとあらゆる視点から考察したほうがいい。
星条旗では日本軍が強く描写されているが、
あのパレードから見受けられる当時の米国の国力。
一方で手紙は絶望的な日本軍の描写と
江戸時代を彷彿させるような町並み・人。
他にも色んな角度から観る事が出来る。

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:33:01 ID:CqrSwZjS
アンカーミスしたorz

>>558
西の命令で負傷米兵を治療する奴

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:33:23 ID:n7Jp0r+C
>>548
NF文庫がないのは、避けてるの?w
RFニューカムの「硫黄島」はいいよ。
日本側とアメリカ側、両方の側からキチンと書いている。

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:35:04 ID:TFAwar+N
ところで中村指導はどうなったの?

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:35:17 ID:GLV1RoJA
>>563
確かに危ないね。
まあ「火線前進」といって上陸部隊の前進に合わせて着弾地点も前進させるんだけどね。
この火線前進がないと上陸部隊が丸裸になっちゃうからね。

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:35:36 ID:MRfCcaCU
イーストウッドが日本人の演出
演技指導している姿ってにわかに想像できない

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:36:18 ID:kUSnhtJG
>>556そんな事あるんだ


572 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:37:22 ID:ohPK7BVp
>>566
あ〜なるほど
それも伏線か 上手いねクリント

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:38:17 ID:K9UlIvjH
>>560
これは泣けるよね。
『散るぞ悲しき』プロローグ
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:38:18 ID:UmjMRDoQ
ちょっと質問
誰か教えて
硫黄島の砂は何であんなに黒いの?

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:38:22 ID:Le76CjJO
>>563
素人は黙ってろ

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:38:40 ID:Pnxr5xUH
>>568
こないだ上海で発見されますた

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:40:01 ID:WSEyZUvt
>>571
以前「動乱」を見た時はフィルムが焼けたことがあった。20年以上前だ。
今時あるんだね、そういうことが。

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:41:37 ID:GnYWTI8I
>>574
溶岩

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:42:03 ID:+qLCsSoK
>>562
>まあ、私道を卑怯者、なんておれらの誰も責められないよな。
>彼は彼なりの(西さんの言う)「自分の正義」を貫いてたのかも。

アメリカには「chickenhawks」という言葉があって、意味は臆病な
タカ派。まさに「弱い犬ほどよく吠える」の意。

イーストウッドが「戦場の手柄話を大言壮語する輩は大抵後方勤務」
などと発言し、イラク戦争に反対するのはブッシュやその側近たち
にチキンホークが多いと考えているからじゃないですかね。

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:42:26 ID:UmjMRDoQ
>>578
ありがと

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:42:50 ID:GLV1RoJA
>>574
砂の一粒一粒に黒いペンキを塗ったんでつよ。

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:43:15 ID:Pnxr5xUH
>>570
故山田康夫の声で想像するんだ!

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:45:00 ID:r/xzZgE0
獅堂で思い出したんだが
「戦場のはらわた」に出てくる
あの口先だけの将校思い出すなぁ

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:45:13 ID:kQZNfSc/
いい映画がだったね、しんみりできました。
陸軍と海軍が、それこそ一蓮托生で共同作戦やるなんて、珍しかったな。
連合艦隊について、あんなに動向に関心を持つ陸軍将官っていたのかな。
しかも陸軍の兵卒を成敗する海軍将校て、戦場ではアリなのか・・・

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:45:23 ID:jBcUsDn8
タコの実って旨いのか?

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:45:31 ID:pMv+pd+d
戸田奈津子の割りに日本語がまともだったな

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:46:33 ID:cIxiBl1k
>>579
だから戦争は不条理なんだよね。
うちの兵力はうんぬんと自慢話するのは安全な司令室から現場に命令してるだけの連中。
よく、日本の過剰なサービスを自慢げに話す奴いるけど
そういう奴に限ってサービスを提供する側の苦労を何も知らない。
安倍だとか特権階級の政治家のために自分の大事な命を捨てるなんてばからしい
冗談じゃない。

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:47:16 ID:r/xzZgE0
>>586
でも、あんなに英語の会話のシーン短かったのに
翻訳がちょっとおかしかった

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:47:38 ID:JcSXRI8n
>>570

「銭型のとっつあ〜〜ん!」
「フージコちゃ〜〜ん!!」



590 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:48:04 ID:1cqFOBcf
距離がないと語れない、か。
二宮が好演とされるのもそれだな。


591 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:48:04 ID:WSEyZUvt
>>584
硫黄島作戦では海軍が足を引っ張ったって、元陸軍士官が本に書いてる。

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:49:09 ID:oc2H/54F
579
チキンホークかただのチキンか・・。
現実世界、それも政治の世界での判断は難しいな。


593 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:49:21 ID:O++D1cMD
シドーは惜しいよな。
役に入ったら、実にハイレベルなのだが、
あまりにおバカな私生活・・・・

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:49:47 ID:gB2SSN1V
だが指導みたいな役こそ演技力が必要だと思うぞ

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:50:28 ID:RMxWpZ/n
>>573
さんくす。
このエピは「散るぞ悲しき」にもやはり載っていましたか・・・
貞岡氏がまだご健在とはしらなかったよ。
「硫黄島からの手紙」もご覧になれるといいね。

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:50:54 ID:r/xzZgE0
>>591
そりゃ制空権と制海権を取られてるんだもん。
陸戦隊はそれ程強くはないし。

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:51:07 ID:Vezo4BTb
絶対中国とか硫黄島上映禁止にしそう。
まぁ上映されても中国人見ないと思うけどな

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:51:08 ID:cIxiBl1k
俺が兵隊に行って指導みたいな奴がいたら即殺してるよ

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:52:27 ID:kQZNfSc/
>>593
それこそ、あの錦之助の血統だよ。
まさに典型的な役者バカw


600 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:52:38 ID:oc2H/54F
自分の嗜好で安倍政権やら政治ネタを持ち込む奴は早めに出ていってもらおうか

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:52:44 ID:r/xzZgE0
>>597
中国や韓国では上映しないんじゃなかったっけ?

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:53:15 ID:ynxIfgGk
バロンが負傷したメリケン人に英語で話すシーンは
伊原の発音にちょっとワロテしまったw


603 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:55:10 ID:WSEyZUvt
>>596
問題は命令の不履行。
中将自身も海軍を批判してたらしい。

604 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:55:41 ID:M/GGHUOu
>>591
硫黄島だけに限らんようだ。

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:55:48 ID:DGV2qfTz
しかしみんな凄いな。。。
オレなんか今朝見たんだけど、まだ重いものが残ってるよ。


606 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:55:52 ID:GuZ3Wcgf
>>584
実際には仲悪かったよ。
栗林中将は、敵が飛行場に上がるまで打つなと厳命していたが、海軍が
フライングして先に砲撃したから、海軍の陣地が壊滅した。その為一斉
砲撃のときは、砲撃エリアに穴ができててアメリカ軍は何とか壊滅しな
かったはず…



607 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:58:58 ID:nfcFL0lU
このスレ進行速すぎ・・・
この13スレも深夜には1000達成か?いい加減にしろ!
速くててついてけねーよ。
で、明日中には15スレ目になるのか?
馬鹿野ろうが

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:01:24 ID:oPWYrsVg
>>561
その2人は明らかに別人

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:02:34 ID:M/GGHUOu
陸軍と海軍の関係を知るなら下記の本が面白い。http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%AB%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F%E5%8B%9D%E6%A9%9F-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%99%83/dp/4334933076/sr=11-1/qid=1165755669/ref=sr_11_1/250-1214578-6405009

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:03:17 ID:+qLCsSoK
>>607
ラストサムライのスレも凄い勢いで代替わりしてたぞ、そう言えば。

こういうウヨ厨房の涙腺を刺激するネタって、勢いが凄いんですよねえwww

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:03:36 ID:xPlGRND6
手当てしてたのは確か遠藤とかいう兵士で、結構大柄だったような気がする。
投降した奴とは別人では?

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:03:43 ID:Qb/kQVOV
>>494
なんで原爆投下させたら戦犯なの?


613 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:04:19 ID:Vezo4BTb
観終わった後、あぁ明日から頑張ろって思った。

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:04:27 ID:UNC087Ba
>>570
クリントさんはね、出世作をイタリアで撮影してるとき、言葉が分からなくて四苦八苦
した経験が今回の手紙の撮影に生きたってインタビューで言ってたよ。
ず〜っと前のほうにある英文の長いレビューの中で。

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:05:20 ID:TXygCGqm
今見てきた。
ちと客の反応が面白かったのでその話を。

俺は18で1人で見たんだが、回りは20〜40代のカップルばかり十数組。
どいつもこいつも派手な戦闘シーンを期待していたようで、
エンドロール終了後『一体この映画は何だったんだ?』って表情をしていたw


気になった話をもう一つ。隣に居た20代のバカップルは栗林中将が海岸で部下をひたすら走らせ、
戦闘のシュミレーションをしているシーンで爆笑。終わった後も話がよく分からなかったらしく
2人で苦笑いしながら帰って行ったw
ただその2人が、機関銃手が砲弾に当たり腕がちぎれたシーンで
(;゚д゚)ポカーン 状態になったのにはワロタww

愚痴なのでsage

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:05:53 ID:DGV2qfTz
>>610
凄いね。サムライもこれも一言「ウヨ」ですか。
そうやって簡単に型にはめられれば、人生気楽で良いねえ。

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:06:50 ID:1ux8aqq/
>>601
特に姦国なんて「日本人を戦争の被害者として描いているのがイクナイ」ってな理由で「火垂るの墓」すら上映中止になったんだから、こんなの上映しないだろ。

そういえば硫黄島で戦死した半島系の帝国軍人っているのかな?

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:07:12 ID:oc2H/54F
まあバカには見て欲しくない映画だ。

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:07:27 ID:M/GGHUOu
>>616
サヨのヒステリーはスルーしるに限るよ。

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:08:23 ID:WSEyZUvt
>>612
非戦闘員の大量虐殺だから。

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:09:49 ID:1ux8aqq/
>>612
民間人の無差別虐殺は当時でも戦時国際法違反。

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:10:52 ID:ZYpwSlCl
61年経ってそんな馬鹿がいる国なんだよね・・・・・・・・

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:11:32 ID:+qLCsSoK
>>616
気楽ですまんカッタw
ウヨばかりだとは思わないが、昔の映画板(ラストサムライより前の・・w)
とはすっかり雰囲気が変わってるのでちょっとショック受けたんだよ。
どうせ2chだとは、判ってるんだけどねえ。。

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:11:56 ID:6OOuEVfY
↓肛門の中でダイナマイトが湿めなけりゃもうすぐ爆発する↓

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:11:59 ID:DGV2qfTz
>>619
ごめん。ほんとにすまん。
でも「許されざる者」とかにもかなり思い入れのあるオレとしては
ちょっと放置しておけなかったんす。
以後、注意するなり。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:12:44 ID:CCRWDsIW
>>558
自分も誰だっけ、って思ったんだけど、
「オレも神奈川出身なんだ」っていうセリフから
清水が部隊に合流、出身の話をしてた場にいたのかなと推測。
誰か確認よろ。

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:13:05 ID:ynxIfgGk
>>593
ま、竹内結子の戦略の方が一枚ウワテだったという事だ罠

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:14:31 ID:Wd3lWLEC
硫黄島からの手紙見てきました。
観客に旧日本軍の軍服を着て軍刀を下げた人が何人か居ました('A`;)

from 東京都池袋



629 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:15:00 ID:eTs+gDxw
ほんと右翼も左翼もうるさい映画だなー。
なんて自己中な奴らだ

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:16:06 ID:XANAqCMy
>>629
しかし、ウヨにサヨにも批判される映画って・・・・w

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:16:11 ID:58af3fAw
日本軍の兵卒の帽子のうしろについてるヒラヒラは何?
首を保護?それにしては意味なさそう。

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:16:19 ID:FMGdltK5
>>362
ああいう手合いは、戦後日本に帰ってきてから、はやりの共産主義運動に
共鳴し、アジでデモ隊を煽り、運動が下火になってくると、硫黄島の民間人を
虐殺したなどの捏造をしそうだw
あ、あのへたれ具合はなんだかいい味がでてたな。

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:17:01 ID:Pnxr5xUH
暑いときにあれは使えるぜ

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:17:10 ID:qebalkoL
西郷らが射撃練習しているシーンで栗林がなんて言ってるか分かる方います?
西郷に靴磨きを命令したときに「それよりも銃の手入れだろ」と聞こえたような気がするのですが、合ってますか?

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:18:14 ID:b3UlAI2D
脳ミソがもう右か左でしか考えられないんだな。

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:19:02 ID:R2SBouZ0
>>634
合っていると思います。

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:19:06 ID:+qLCsSoK
>>625
あれ?私もイーストウッドには思い入れがあるし、シドウの人物像に
関しても君よりは(イーストウッドに寄り添って)理解していると思うよ。

ま、「サヨのヒステリー」だから気にしないでくれ。な?w

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:19:18 ID:TXygCGqm
>>634
合ってるよ

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:21:14 ID:mOLfUuGT
>>631
炎天下でバイク乗って実感した。
首の後ろの日焼けはマジできつい。
あのひらひらは助かるよ。

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:22:33 ID:Wd3lWLEC
>>634
合ってると思います

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:22:40 ID:4BJAwrvR
>>634
あってる。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:22:51 ID:PQCVqRc6
631>一番の理由は日よけ。
首筋が日に焼けないように。かなり辛いのよね。マジで。

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:23:03 ID:kQZNfSc/
>>631
無知って罪だなw何も知らないんだな、お前。
あれは、南方とか日差しが強い地域で動くための防暑用の帽垂れなんだよ。
農作業時に麦藁帽にタオルを垂らしている農家がいるだろがw


644 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:23:51 ID:DGV2qfTz
>>639
なるほど。。。良く作ってあるんだな。

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:24:22 ID:R2SBouZ0
>>643
あまりお調子に乗らないように願います。

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:24:43 ID:+qLCsSoK
>>639
私はバイク乗りじゃないけど、シャツの襟と擦れるから、
実際、痛いんだよね。

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:25:30 ID:1z3m4Ft0
今日観て来た、父親たちの正上位ガラガラだったのに
こっちは満員御礼だった、ジャニタレ効果凄い。
前のより3倍面白いな、二ノ宮とか言う人も凄くいい演技だった。
終了後思わずスタンディングマスターベーションしそうになったよ。
日本語のセリフが聞き取りにくい所があったからDVDでじっくり見たいね。

前作はスピルバーグに撮って貰ったほうが良いんじゃね?って感じだったけど、
今作はイースドウッドの情緒的な演出がドンピシャだったと思う。

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:25:49 ID:2epjb9Zl
栗林が退却命令を出しているのに従わず部下に自殺や玉砕を強要。
投降しようとする兵士を射殺。
むしろ旧日本軍のひどさをよく描いている映画だと思うが。

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:25:54 ID:qebalkoL
>>636>>638>>640>>641
おぉ、合ってましたか!
実は今日観るのが二回目だったんですけど、昨日観たスクリーンと違ったせいか昨日よりもよく聞き取れたんです。
でもそのシーンだけちょっと自信なくて・・・。ありがとうございました。

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:26:33 ID:eTs+gDxw
631の人気に嫉妬

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:27:23 ID:R2SBouZ0
>>647
公共の場でスタンディングマスターベーションしちゃだめ。


652 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:27:38 ID:cIxiBl1k
しかし、こんな不条理な現場を見せ付けられても
まだ、当時の政府や軍を支持してる奴いるの?

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:27:41 ID:eTs+gDxw
>>647
終了後思わずスタンディングマスターベーションしそうになったよ。

こ・・これは!

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:28:20 ID:mOLfUuGT
夏バイクに長時間乗るときは、必ずメットと後頭部の間に白の手ぬぐいを
はさんで、首を日差しから守るようにしているよ。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:28:47 ID:FMGdltK5
>>397
世界中からマンホールのフタが一斉に盗まれたと
いう話があったな。最近は電線が消えてるらしい。
日本だけの話ではない。
各国にいる中国人が運び出して中国に送ってるそうだ。
善悪の判断が他国と違う。
恐ろしい民族だよ。

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:29:09 ID:ynxIfgGk
キムタコの“たけしのいっぷん”、
興行成績1位も一週で終わりだな。

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:29:15 ID:lTC2Lgqc
隣の馬鹿女二人組み(30中ばぐらい)は終わった直後から笑いながら話し始めてた
「渡辺謙超かっこよくない〜↑?」
映画中もポップコーン食いまくりだし


658 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:29:39 ID:XZJ71POE
>>647
>終了後思わずスタンディングマスターベーションしそうになったよ。
ちゃんと許可証もらってからね。

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:30:06 ID:3k+lQMLe
スレ違いスマソだが小学生とかのお子さんお持ちの方は
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/search/books_list.cgi?key=sakuhin&isbn=006647&sakuno=2&bunrui=
写真で見る太平洋戦争 写真で見るヨーロッパ戦争

秋田書店のロングセラーのこのシリーズでも読ませたほうが
戦争に関する知識へ興味持ちやすいかも

かくいう漏れも消防低学年のときこの本読んだのがきっかけで
歴史に興味持つようになりました。全部ルビ付きだし図版も多いから
子供でも読みやすい
(情報自体は古いけどね)

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:30:27 ID:ynxIfgGk
今「ラストサムライ」で勝元の息子の髷を切り落とした香具師、
「硫黄島」の野崎役だな

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:30:29 ID:HAZevTCc
二宮が好演と言われてるからさぞかし好青年を演じてんるんだろうと
思って観たら終始愚痴垂れてる若造だったのが意外で、突出した性格でも
ないのに観終わった今でも焼きついて離れないのは彼の表情の数々。
記憶に残る演技をしてくれたと思います。

それにしても、映画館に赤ん坊連れてくる非常識人がいてびっくり。
たとえ泣かなくても(やっぱりぐずってた)いつ泣き出すか周りは
落ち着かないんだよね。
子連れの方達には優しく努めようとしてるけどこれは許せなかった。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:31:01 ID:R2SBouZ0
>>658
それか!


663 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:31:10 ID:lTC2Lgqc
藤田が栗林を切ろうとして後ろから銃殺されたシーン、あれは米兵が撃ったの?
何で栗林も撃たれなかったんだろう。

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:31:34 ID:Ew/r/CHQ
>>661
速やかに、ママズクラブシアター
でも行ってもらってくれ

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:34:02 ID:2epjb9Zl
>>663
そうだよ。
栗林はねっころがってたから撃たれなかっただろ。

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:34:23 ID:4BJAwrvR
>>657
映画の愉しみ方は人それぞれ。
一人でも興味を持ってくれる人が増えればそれで良いのではないか、と思う。

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:35:50 ID:Qb/kQVOV
ウヨの人が見ても詰まらんと思うわこの映画。
俺もそうだったし。
小林義則先生のマンガのほうがかっこよくてええよ。
この映画は旧日本軍の悪いところ強調しとるし。

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:36:01 ID:0ir/rFZp
>>660
硫黄島ではかなり減量したのがよくわかった

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:37:04 ID:mOLfUuGT
>>657
古い話だが「プラトーン」のときは
「へ〜アメリカとベトナムって戦争してたんだ」
ってほざいた女がいたよ

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:37:46 ID:eTs+gDxw
この映画誰にも媚びたつくりしてないのがイイ!

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:38:04 ID:dpSpBvi6
>>652
お前馬鹿だろ。
全然そういう問題じゃないんだが。

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:40:55 ID:mOLfUuGT
日本兵にぼこぼこに殴られたあげく
銃剣でめったざしにされてた米兵は
「父親…」のイギーさんですかね?

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:41:59 ID:eTs+gDxw
>>672
もうそうゆう事にしようぜw

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:42:29 ID:FMGdltK5
>>663
立ってたんで稜線の向こうから上半身が見えたので
偵察に出ていた兵が撃ったんでしょう。
そして上官に日本兵がいたことを報告して、
あの米軍の部隊が来たという流れだと思いました。


675 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:43:23 ID:B0GybtdJ
イギーつながりじゃ洞窟の天井の丸い穴、
あそこからイギーがおっこってくる、と予想していたのだが、
まさか炎が降ってくるとはおもわなんだ。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:44:19 ID:wVaw9WOr
最近は保育園児なんかも紫外線よけらしく、旧日本軍みたいな帽子をかぶってるよな。
近所の保育園は色もカーキ色でそれらしい。
http://www.shinsyu-iryou.co.jp/catalog/E17S.jpg

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:45:46 ID:0zOp6JMu
硫黄島フラッシュ「春よこい」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:47:07 ID:Ew/r/CHQ
>>675
全く同じことを、ワールドプレミア直後に書き込んだw

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:48:36 ID:mOLfUuGT
ひげ面のおっさんが涙流して
手榴弾のピンはずして抱え込むシーンが
たまらんかった。

俺もひげ面のおっさんなんで。

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:49:55 ID:Pnxr5xUH
あの自決場が父親たちの〜で踏み込んだ場所ですね

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:50:56 ID:oc2H/54F
670
父親達の星条旗と合わせて、日米双方の悪い部分を一通り描いたな。
いくつか「本当かよ」と思うところはあったが、やはり良い映画だった。

ただ、獅童の役割だけは今でもわからない・・。

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:51:52 ID:XIih2a8h
重苦しい内容だが一気に見させるイーストウッドの才気に脱帽。
兵士の苦しい様、英雄がいる戦場など幻想にすぎない様
前作と同じ主題を持つ。戦場の苦しさと銃後の苦しさを同時に
描いたイーストウッドに感謝。

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:52:07 ID:ZVjkb9/0
>>679
死にたくなかったんだよな。あのおっさん。。。

もうストレートにその感情が溢れてて。

たまらんよね。

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:52:32 ID:dtI/WwoR
>>660
さっき真田に斬り捨てられた香具師か?
野崎役は24歳って誰か言ってたな。
ってことは、ラストサムライの時こいつ21かよ。
頑張ってるのも凄いが老け顔も凄いな。

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:53:07 ID:eTs+gDxw
あれ?ラスト侍
純音声と副音声同時に出力されて無い?

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:53:58 ID:vyrFPuZk
昨日1回目見て、今日2回目見てきた。

昨日見た時はドキュメンタリーを見ている感じだった。
クリントみたいにちょっと離れた立場から見ていたので、
重い事実の受け止めが中心になって、泣けそうで泣けなかった。
事実が自分の中に咀嚼されるまで一晩かかった。

今日は手榴弾のあたりから思いっきり硫黄島の兵士たちに感情移入してしまった。
西郷の赤ん坊の回想シーンのあたりからうるうるきて、
せりふが全部ストライクゾーン直球ど真ん中に入ってしまった。
清水の遺体への千人針、内地の子どもの歌、最後の突撃前の
栗林の激、ラストの栗林の死、と涙ぼろぼろこぼれまくり、
鼻すすりまくり状態だった。
最後の突撃シーンは涙でスクリーンが曇ってまともに見られなかった。

泣きが入る映画の場合、たいてい1回目で感情移入して泣いても、
2回目は醒めて客観的に見るようになるのだが、この映画は逆だった。
こんなことは初めてだ。

今日涙が出てきたことで、硫黄島で亡くなった兵士たちと自分が
深いところでつながったような気がする。
エンドロールが出た時、思わず合掌して祈っている自分がいた。


687 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:54:09 ID:eTs+gDxw
激しく誤爆ッたスマソorz

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:54:48 ID:ZVjkb9/0
>>681
>ただ、獅童の役割だけは今でもわからない・・。

ピエロを1人仕立て上げることで、現実の人間のある一面を
浮き彫りにしたんだろ。

部下を生き延びさせるために自らを犠牲にした大久保と
対比させることとセットだと思う。



689 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:55:18 ID:ohPK7BVp
自決っていうのはもっと、
弾丸も尽きて飢えと乾きと怪我と病気とで
もう死んだ方がマシだみたいな状況で
行われたように想像するんだが…



690 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:57:07 ID:eTs+gDxw
>>689
上官がすぐ諦めちゃうような人だったからな。
日本人的にはいさぎがいいと写るのかも知れないけど

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:57:22 ID:Z4Eh7Sni
よかった!
昨年はヒトラー最期の12日間
今年はこれが最高傑作じゃないだろか
>>686
自決はきつかったね

個人的に西郷が
うんこバケツ>>大艦隊
のとこが最高

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:57:25 ID:mOLfUuGT
「父親…」を木曜にみて「…手紙」を今日見た。

先週DVDをかって改めて見ておいたジョン・ウェインの「硫黄島の砂」が
ゴミに思えた。特にあの星条旗のシーンw

作られた時代とカルチャーギャップもあるのでゴミ扱いするのは
申し訳ないのだが、マジでそう思ってしまったよ。

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:57:42 ID:wX6fHX5g
軍人教育を受けた厳格な兵士だったのに、
極限状況に追い込まれ、全く違う行動をとってしまう
とても人間らしいですね

と獅童自身はインタビューで答えてるな

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:58:22 ID:MwgAa3WA
今日見てきた。
戦闘シーンが少ないというヤシもいるみたいだけど、俺は逆に戦闘シーンが多すぎるように思った。
大和みたいにもう少し家族の事など取り上げて欲しかったなあwもっとぐっとこれたのに

あと釈然としないのが、最後のシーンの拳銃盗られたシーン、あれ普通は拳銃も一緒に埋めるだろ…っておもた。

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:58:45 ID:XIih2a8h
>>692
アメリカも大人になってきたんだろうな。
日本は14の少年だったが、アメリカ人も戦場や負け戦を
知らない16かそこいらの少年だったんだよ。

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:00:32 ID:oc2H/54F
688
なるほど。
獅童と大久保とは対照的だな。ならば大久保は平素目立たぬ人が英雄的行為をするという象徴か

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:01:26 ID:eTs+gDxw
日本と中国、韓国、北朝鮮とはこういう映画撮る事が想像つかないな。

一回、向こうの国が解体しないと駄目。


698 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:01:29 ID:JneZytW1
>>689
俺もそう思う。

「もう動けない。が、このまま捕虜になってアメリカ人に惨殺され
るよりかは自決したほうがいい。どうせ間もなく死ぬんだ。他に道はない」

ていう、思いがあっての自決だったというところが伝えきれてな
かったように感じた。
なんだか上官命令での集団自決って感じになってたよね?


699 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:02:25 ID:XIih2a8h
>>696
獅童も運や巡りあわせが良ければ英雄として死ねたんじゃないかと。
銃砲弾炸裂する戦場では男気などいかに空しく、無力なのかと。

700 :697:2006/12/10(日) 23:02:28 ID:eTs+gDxw
まぁそんな話をするような映画じゃないか。

701 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:02:46 ID:Z4Eh7Sni
初めてプログラム(700円)も購入してしまったよ
もう一回観ようかなあ

別冊歴史読本「硫黄島の戦い」ってのも本屋で購入
流れを詳しく見ておいてからだともう一回観ても違うかなと思って

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:02:49 ID:WSEyZUvt
>>681
日本の場合、いい部分も描いてる。


>>689
殆どの玉砕は、まだ戦える状況で行われた。

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:03:39 ID:ZVjkb9/0
>>696
そう思う。かなり古い本だが、会田雄次が戦争体験を書いた
著作でそうしたことを書いている。

極限状況ごとに、役立つ人間が違ったそうだよ。

そして状況が変わると、昨日の英雄が役立たずになり、
昨日までのクズが英雄になったらしい。

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:03:51 ID:XIih2a8h
>>698
そうでもないだろ。

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:03:52 ID:6961yMQk
質問&携帯からごめん。二宮が手紙出した時に書き直されて「感謝することになる」って言ってた人がいたけど何を書き直して何に感謝することになったの?

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:05:42 ID:WSEyZUvt
>>705
検閲に引っかかる内容を書き直して、検閲を通ったことに感謝する。

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:05:46 ID:eTs+gDxw
>>705
奥さんへの手紙
後でどの道検閲されるからあらかじめ差障りの無い様に伏字しといてやるって事言ってたんじゃなかったかな?
気遣いだとおもう。

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:06:24 ID:JneZytW1
>>702

> 殆どの玉砕は、まだ戦える状況で行われた。
そうなの?
NHKのドキュメンタリーや「名をこそ惜しめ」を読んだかぎりじゃ
そうじゃなさそうだけどもな。

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:06:55 ID:mOLfUuGT
「大脱走」でイギリス人の指令がドイツ軍の収容所の所長に
「捕虜になれば何度でも脱走を試み、敵の兵力を後方に割かせるのが
軍人としての責務である」みたいなことを言っていた。

「生きて虜囚の辱めを受けず」と自決を強要した日本軍の方針は
絶対に間違っていたと俺は思う。

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:07:04 ID:XIih2a8h
>>708
つバンザイ突撃

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:07:41 ID:dBRAFval
>>697

「独島からの手紙」

「父親たちの五星紅旗」

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:07:47 ID:JneZytW1
>>710
硫黄島の戦いに限っては禁じられていたわけだが。

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:08:31 ID:6961yMQk
>>705です。
レスして下さったかたありがとう!

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:08:40 ID:WSEyZUvt
>>708
硫黄島じゃなくて他の島の話ね。
だから最初に自決した連中で帝国軍のスタンダードを表現してるわけだ。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:08:49 ID:fhcbAIgW
■1.世界の航空常識を覆した3日間■

 1941(昭和16)年12月8日からの3日間に、世界の航空史
は新しい時代を迎えた。次の3つの出来事がそれまでの航空常
識を覆したからである。

 第一に、12月8日、ハワイ・真珠湾に停泊中の戦艦8隻か
らなる大艦隊を、航空母艦から飛び立った航空機のみの攻撃で
壊滅させた。[a]

 第二に、12月8日から10日にかけて、台湾の台南、高雄
両航空基地から飛び立った大編隊がフィリピンの米軍航空基地
への渡洋攻撃を襲い、壊滅的打撃を与えた。米軍は、まさか戦
闘機が台湾からフィリピンまで飛んで攻撃できるとは夢にも思
わず、その後の数日間、フィリピン近海に航空母艦がいるはず
と必死に探し回って、日本の航空隊指揮官たちを苦笑させた。[b]

 第三に、12月10日、南進する日本の大輸送船団を攻撃し
ようと出撃したイギリスの誇る新鋭不沈艦「プリンス・オブ・
ウェールズ」、巡洋戦艦「レパルス」を、日本軍は航空攻撃の
みで撃沈した。当時世界最強と言われたドイツ空軍でも、2年
3ヶ月もイギリス艦隊と戦って、戦艦はおろか、一隻の巡洋艦
すら沈めていなかった。飛行機では大艦は沈められない、とい
う世界の常識が覆された。[c]


716 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:09:20 ID:v3tQycJ9
渡辺謙が読んでた手紙は自分が家族宛てに書いたものと家族から来たものだけだっけ?
検閲でひっかかった兵達のも読んでたのか?
昨日見たのにもう記憶があいまいだ…。


717 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:09:56 ID:fhcbAIgW
■2.「神秘性を帯びた奇怪な飛翔物」■

 開戦劈頭の戦果は、当時の世界水準から抜きん出た日本の航
空技術によって、もたらされたものである。その象徴が零式戦
闘機(零戦)であった。たとえば12月10日のフィリピン攻
撃では、渡洋攻撃した零戦34機を2倍近い米戦闘機群が包囲
して、大空中戦が展開されたが、米軍機44機が撃墜され、零
戦の被害は一機のみであった。

 米軍パイロットにとっては、まさに悪夢であった。

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:10:41 ID:oc2H/54F
709
それは捕虜が捕虜としての待遇が得られることが前提だな。
現実は・・リンドバーグの日記を読んでくださいな

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:12:40 ID:fhcbAIgW
■8.「そんな戦闘機を日本が作れるはずがない」■

 重慶市街上空の衆人環視の中で、ソ連の最新鋭機イ15、イ
16が、半分以下の機数の日本機に全滅させられたことに、中
国空軍は戦意を著しく喪失し、さらに奥地の四川省成都まで後
退した。零戦部隊はそれを追って、攻撃を続けた。

 日本国内では零戦の量産体制が整えられ、三菱重工と中島飛
行機が毎月数十機という規模で続々と零戦を生み出し、前線に
送り込んだ。

 中国大陸での零戦の作戦行動は、昭和16(1941)年8月末に
完了した。大陸全体が、日本の航空兵力の制空下に納められた
からである。約1年間で中国空軍に与えた損害は撃墜162機
(不確実3)、地上での撃破264機。零戦の被害はわずか2
機、それも地上からの防御砲火によるものであった。

 中国空軍は、アメリカのクレア・シェンノートという元陸軍
航空大尉によって指導されていた。シェンノートは蒋介石から
の厚い信任のもとに、アメリカ、ソ連、イタリアなどから最新
鋭の戦闘機を購入し、多くの中国人パイロットを育てていた。

 零戦の登場にシェンノートは激しい恐怖を覚え、その客観的
なデータとともに、世界航空界の先進国を自負する米英軍の最
新戦闘機でも、零戦と交戦したら悲惨な結果となると警告した。

 しかし、その警告にアメリカもイギリスも全く反応を示さな
かった。数年前まで日本は米英の航空技術をコピーしていた後
進国であった。シェンノートが報告したような驚異的な性能を
持つ戦闘機を、日本が作れるはずはない、と彼らは信じこんで
いたのである。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:13:18 ID:WSEyZUvt
>>709
「戦陣訓など聞いたこともない」と山本七平さんが書いてたぞ。
自決は単なる心の弱さ。

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:13:52 ID:+qLCsSoK
>>681
保守派として知られるイーストウッドはイラク戦争に反対。
ブッシュ政権も支持しない。

右翼や保守層なら全員国家を支持して然るべき、と思ってる日本人には
不思議かも。でもアメリカの伝統的な保守派の中には、連邦政府そのものに
不信感を持つ人々がいる。
もちろん彼らはアメリカの理想を信じ国を愛しているが、だからと言って無条件に
政府を支持したりはしない。愛国ゆえに、政府をブッ叩く。
そういう右翼もいるのが、アメリカ。

それがシドウと関係あんの?と思うだろうが、アリだ。
彼の役割はアメリカで言うところの「chickenhawks」。
チキンホークとは、口先だけ勇ましいタカ派のこと。
イーストウッドは、自分の兵役は回避しておきながら自国の若者を死地に
赴かせるジョージ・ブッシュ政権の高官たちがお嫌いなのだ。
広く知られているが、ブッシュ政権の戦争を支えたネオ・コンと呼ばれる連中は、
ことごとく兵役を忌避した弱虫小虫。
こうしたチキンホークこそが対外戦争を煽り、前途ある若者をツブしていく・・・。
この暴挙を許さないという立場の伝統的アメリカ保守、
それがイーストウッドなんだよ。

というわけで、シドウの役割は「弱い犬ほどよく吠える」臆病なタカ派の役割。
それが監督と脚本家の狙いと私はみた。如何だろうか。

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:14:14 ID:fhcbAIgW
■9.世界航空史に残した画期的な一頁■

 そうした米英の思いこみを一挙に粉砕したのが、冒頭に述べ
た昭和16(1941)年12月8日からの3日間の出来事であった。
米英軍は大恐慌に陥った。
 昭和17(1942)年6月のアリューシャン攻略作戦では、零戦
隊は米軍機40数機を撃墜するなど、大きな戦果を上げたが、
1機の零戦がガソリン・タンクに被弾し、無人島に不時着した。
機体は裏返しとなり、パイロットは死亡した。その機体を入手
した米軍は狂喜した。

 機体はアメリカに持ち込まれ、徹底的な分析が行われた。
20ミリ機銃を装備しながら、極めて機体が軽く、米戦闘機で
はとうてい敵わない運動性能を持っていた。しかも航続距離は
1600キロという例のない水準である。アメリカの航空技術
者は驚嘆した。その調査結果から、米軍は零戦1機に対して2
機で急降下攻撃を加えること、それが失敗したらそのまま逃避
して、決して格闘戦に入らないようにせよ、という指示が出さ
れた。

 その後、米軍は新鋭機を続々と開発・投入したが、一騎打ち
で零戦に対抗できるものはなかった。しかし、アメリカの巨大
な工業力で大量生産される米軍機に取り巻かれると、多勢に無
勢で、零戦も撃墜されることが多くなっていった。さらに「空
の要塞」と呼ばれる爆撃機B17、B24、そして後のB29
は、堅固な防御に覆われ、前後上下左右に銃座が設けられて、
零戦でもなかなか撃墜できなかった。

 しかし大東亜戦争末期のフィリピンや沖縄での戦いでは、零
戦を中心とした特攻作戦が大きな戦果をあげ、米軍を恐怖に陥
れた[d]。結局、零戦は支那事変から大東亜戦争まで5年間も
第一線で主役を務め続け、世界航空史に画期的な一頁を残したのである。

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:15:20 ID:XIih2a8h
憲兵の描き方とかは笑ってしまったが、まあありだろ。

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:16:16 ID:eTs+gDxw
シドウの「お前らは帰れここからは俺一人で良い」みたいな台詞の後全員穴倉に戻ったのには惨めさもあったがウケタww
部下が「やってらんねぇよ」とか言ってヒドスw

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:16:27 ID:2epjb9Zl
>というわけで、シドウの役割は「弱い犬ほどよく吠える」臆病なタカ派の役割。

そうでしょうね

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:16:28 ID:2VXpXwsE
映画館にこういうのが何人か来てた('A`) @東京池袋
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26301.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26302.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26303.jpg
右の団体の人かと思ったら会話を聞いていたら
「俺秋葉で外人のテレビクルーにそれはコスプレかい?と聞かれたから
いつもこの格好で移動してるよって言ってやったよ」
「人がいっぱい集まってきてさー」
単なる軍人コスプレマニアだった・・・。
コミックマーケットの軍事マニアが集まるような場なら分かるが
この映画を見に来る格好じゃないだろ。酷い冒涜だろ。
軍刀を床にガッガッさせていて見てるだけでイライラして殴ってやろうかと思った。
ちなみにこいつ等の後ろに居たおばさんが凄い形相で睨んでた。
たぶん教職関係者っぽかった・・・(日教組?)
あと白髪頭のじいちゃんとかが顔をしかめてたよ・・・。
父親たちの星条旗よりも人が多かったし
年配の方が目立った気がする。


727 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:16:59 ID:Qb/kQVOV
町山の受け売りそのまんまにワロタ

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:17:17 ID:UHqMxtYn
お前ら・・・、スレの勢いすごすぎ

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:17:28 ID:ZVjkb9/0
>>721
もう何度か書いたが、小林信彦が、獅童みたいな
人物は、現実には戦時中の日本に実に沢山いたのだ
と言っていた。チキンホークは普遍的現象だと思う。

その対比が大久保。地味だったが最期に渾身の仕事を
自らの命を投げ出してした。そういう人間がいるのも
また事実なんだよね。

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:17:58 ID:oc2H/54F
721
あんたがブッシュ支持しないのは分かったから、それをクリントと獅童に代弁させるのは止めような。



731 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:18:42 ID:JneZytW1

戦車破壊したあのロケット砲みたいなのはやっぱ
この噴進砲かな?

ttp://www.iwo-jima.org/ihin/sensekishuushuuhin.html

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:18:49 ID:XZJ71POE
ID:oc2H/54F
レスアンカーを覚えてくださるとありがたい。

>>+レス番

専ブラならマウスオーバーで該当レスを読むことが出来る。

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:18:54 ID:d+/+A7Dy
>>694
もう一回見ればググっと来ると思います。
私も昨日・今日と見ましたが2回目の方が感動が大きいです。

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:19:09 ID:XIih2a8h
>>730
映画見てれば普通にわかるべ。
これ、あの猿あてこすってんなと。

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:19:18 ID:r/xzZgE0
>>726
漏れ初日にその映画館のレイトショー観にいった
大丈夫か?
そこ外国人も結構観に来てただろ?

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:22:29 ID:mOLfUuGT
>>735
馬鹿すぎ、そいつら。

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:22:33 ID:5dH43cV4
ちょっとですね。映画と関係ない話で申し訳ないんですけど

ここにときどき、だから靖国参拝しようよ、見たいな書き込みが散見されるんですが
まってくださいよ。参拝の前にやることあるんじゃないですか?

硫黄島には、まだ収集されずに残っている遺骨が1万体以上もあるんですよ。
硫黄島が日本に戻ってきてからもう何十年にもなるんですよ。
それなのに、まだそこに眠る遺骨が本土に戻ってきてない。
これ、ちょっとおかしいんじゃないですか?

靖国参拝言う前にやることがあるんじゃないですか?

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:23:02 ID:5j3w06jp
ブッシュ父はアベンジャーに乗ってて硫黄島で撃墜されたんだっけ。後部座席の相棒は戦死したとか。


739 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:23:03 ID:XIih2a8h
>>729
おれは獅童みたいな奴も同情するけどな。

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:23:15 ID:eTs+gDxw
>>735
面白く無いからマジ死んで欲しいねコスプレイヤー

でも観終わった後、日本軍がイメージと違うって憤慨したか、自分の格好が恥ずかしくなったかもね。
前者のパターンが多そうなわけだけどこのスレみてると・・・。



741 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:24:07 ID:JcSXRI8n
>>737

さりげなく無理やり靖国参拝反対表明すんな。
スレ違いなんだよ。
死ね。書き込むな。


742 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:24:09 ID:r/xzZgE0
>>738
F6Fじゃなかったっけ?

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:24:12 ID:XIih2a8h
>>737
その前に一人でも多くこの映画見せろや。
星条旗と組でさ。

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:24:56 ID:UmjMRDoQ
>>737
もう粉々になって砂の中に混じっているんじゃない?
硫黄島の隆起もあるし海底の中で収集不可能なのでは?

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:25:28 ID:XIih2a8h
>>740
そういう意味でも良い映画だな。

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:26:24 ID:WSEyZUvt
>>737
硫黄島は一般人立ち入り禁止。

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:27:30 ID:eTs+gDxw
硫黄島自衛隊が管理してるらしい。
たまに遺骨とか遺品探索とかやってるみたいだよ

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:28:22 ID:2VXpXwsE
>>731
あれ話だけは聞く和製ロケット弾だけど
普通は砲の中からロケット弾が飛び出すんだけど
日本のは逆で、ロケット弾に下が開いた筒状のようなものが付いてて
円柱の金属棒に挿して発射してた兵器らしい・・・名前は忘れた。
命中精度は凄く悪いけど威力だけはあったらしい。
メリケンさんもビックリの火力を打ち込める兵器だったらしいけど
狙って戦車を破壊なんて無理だと思う・・・。

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:29:06 ID:ogcc0vkZ
フジテレビの硫黄島といいスパの評論といいいったい何を言いたいんだ
しかもクリントイーストウッドに見ろとは無礼極まりない

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:29:11 ID:SdbEZ3qt
>>737

硫黄島は日本の領土だからまだいい
南洋に眠っている遺骨こそ・・・

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:29:52 ID:O++D1cMD
>>709
アメリカ軍のマニュアルでも捕虜になって隙あらば脱走しろ、と書いてあるな。
もちろん軍の秘密は漏らすな、という前提条件の下でだが。

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:30:02 ID:Z4Eh7Sni
しかしイーストウッドは凄い映画を撮ったもんだ!

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:30:05 ID:XIih2a8h
>>749
クワシク

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:30:14 ID:eTs+gDxw
>>748
さっきみてたヒストリーチャンネルじゃ確かに大きな損害有ったらしいよ。
ポリバケツが振ってくるって言われるぐらいでっかい弾頭だったから直撃は無くても周囲は地獄じゃない?

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:32:13 ID:57pgFjfi
映画では本土からの増援が無くて落胆してたけど
wikipediaには増援があったって書いてあるけど。
時期的に違うだけなのか知らんが

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:32:20 ID:JcSXRI8n
「お前はアメリカ人を知っているのか?」
と言われて兵士が言葉に詰まるシーン。

これは、アメリカ人にも「お前は日本人を知っているのか?」
と同時に問いかけている。
深いよね。

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:33:11 ID:7zCjbikz
この映画、ラストサムライよりできがいいか?


758 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:33:38 ID:SdbEZ3qt
>>756
うんうん
俺も思った

アメリカ人にも母がいて、日本人にも母がいた
戦争中に日本人は悪魔だと思って戦ったアメリカ人に対するメッセージ

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:33:57 ID:SVB9Xpwa
英語字幕版見た。
結構いいよ。聞き取りにくいところでも割と簡単な英語で
(ちょっと日本語のニュアンスが。。というとこもあるが)
わかりやすかった。

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:34:29 ID:xPlGRND6
>>748
「狙って戦車を破壊なんて無理」の発言の意図が良くわからんぞ。
そりゃ命中率は低かったかもしれないが、だからといって一発も当たらなかったわけでもない。

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:34:46 ID:XIih2a8h
>>757
そりゃもちろん!

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:35:14 ID:eTs+gDxw
>>757
渡辺兼が好きなら観ろ

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:35:29 ID:UmjMRDoQ
>>757
史実なのでラストサムライと一緒にできない

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:35:39 ID:oNC9B2Sc
オレは映画と映画を比べて評価はしたくない。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:35:50 ID:SdbEZ3qt
シナリオは硫黄島のほうがずっといいよ


766 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:36:17 ID:SdbEZ3qt
>>764
映画とテレビ番組
映画と漫画

こういう比較ならできるのかw

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:36:20 ID:Z4Eh7Sni

あのアメリカ人捕虜の母親からの手紙
犬が地面をいくつも掘ってフェンスを越え鶏を震え上がらせてるって
日米の硫黄島戦をあらわしてるんだね
うまい

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:36:48 ID:eTs+gDxw
淀川長治の解説DVD 地味に欲しいぃwwww

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:37:09 ID:JcSXRI8n
>>767

そ、そこまでは考えてないと思うが・・・w

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:37:11 ID:SdbEZ3qt
それにしても、西郷が穴を掘るシーンで登場し、穴を掘るシーンで終わるというのがうまいと思った

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:37:14 ID:R2SBouZ0
>>741
死ねとはなんだ。何て事を書くんだ、こいつは!

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:37:31 ID:XdWPgLcN
おじいちゃん達が結構見に来てたな
どういう感想を持っただろうか

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:38:26 ID:+qLCsSoK
>>727
ま・・・特になんの考えもないコスプレイヤーの方々でしょーね。
歴史とか映画とかどうでもいいんでしょ。
それよりも
海外のTVクルーはどういった文脈で報道するんでしょーかねーw


774 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:38:30 ID:SVB9Xpwa
六本木は外人さんがいっぱい見てた。
どういう感想を持ったのかね。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:38:36 ID:2VXpXwsE
>>760
いえ、単に狙って当たるような兵器じゃなくて
打ちまくって「あ、当たった当たった」みたいな運用だったらしい・・。
でも当時の兵器の中では使用火薬量は相当な量で
メリケン人を驚かせたらすぃ・・。


776 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:38:42 ID:XIih2a8h
ラスト侍は演出が稚拙だと思う。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:40:02 ID:XIih2a8h
>>774
彼らの感性は日本人より遅れているかも。
独伊日の文化と比べて米英仏の文化は薄っぺらと言える。

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:40:03 ID:AEiyL246
日本人が観るべきなのは「父親達の星条旗」の
方なのかもな、と思った。そしてアメリカ人が「硫黄島からの手紙」
を観ればいいのだ。
日本とアメリカは利害が衝突しやすい経済構造だが、
この国とは話せる事が沢山ある、ずっとそうであって欲しい。
と、日本とアメリカで半分ずつ生きてる自分は
栗林の無念さに自身を重ねてしまった。

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:40:33 ID:Z4Eh7Sni
>>769
いや創作だろうから明らかにそうでしょう

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:40:47 ID:xQuAojJZ
昨日、大阪なんばで18時からの回のをみたんだけど、
若い奴が多かった。時間帯かなぁ。
星条旗の時は奈良で日曜の13時からの回を見たときは、
年配の人ばかりほとんどだったんだけど。

昨日は、途中で隣の若いカップルが出でいって帰ってこなかった。


781 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:40:55 ID:xPlGRND6
>>775
だからって狙わなかったら全く当たらないじゃん。
つーかロケット弾の命中率が低いのは普通。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:41:15 ID:SdbEZ3qt
>>772
戦場を体験しているのは、今、70代後半以上のお年寄りだけだから
映画館まで来れる体力のある人はごく少数だろうね

俺はかつてプライベートライアンを見に行ったとき、そういうおじいちゃんが
奥さんと見に来ているのに遭遇した

で、気になって見ていたら、最初の15分くらいで帰ってしまった
その気持ち分からないでもないなぁ・・・と思ったものでした
戦場帰りの人に、あの映像はやはりきついだろうと。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:41:28 ID:eTs+gDxw
>>778
まぁ間違い無くDVDBOX出るから
1部2部隈なく舐め回すように観尽くすだろうなw

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:41:48 ID:Np5ir/Ga
次はいよいよ新撰組ハリウッドだな

これを描ききったらすごい



785 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:42:20 ID:mOLfUuGT
「ラストサムライ」は侍が英語しゃべってる時点で、俺はもう駄目。
ましてやぜーんぶ英語の「さゆり」は論外。

ようやく日本人が日本語しゃべるという当たり前のことが映画になった。
イーストウッドGJ

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:43:05 ID:1rN1rt+R
俺のお爺さんも硫黄島ほどではないが
奇跡の連続で生きて帰ってきた。
完全に制海権制空権を取られ
補給路を断たれた島、ポナペ島。
トラック諸島よりも東にある。
護衛なしの輸送船のみでたどり着いた。
それがまず奇跡。他の輸送船は
敵に途中見つかって轟沈、撃沈されたとの事。
補給路は断たれているから食べ物はない
芋だけ食べていた。
毎日、敵の飛行機が爆弾落としに、機銃照射しきた。
島の周りを潜水艦がぐるぐる回り
日本兵を見かけると連絡されてすぐに飛行機が来た。
崖の横に穴掘って隠れてた仲間は死んだ。
飛行機が爆弾を落とすと
ジャングルのような木々が畑を耕したように
何にもなくなったのだと。タコツボに入って隠れてた仲間は
そのまま吹き飛び死んだ。
タコツボに隠れ爆撃の衝撃が酷く
身体が浮きあがるような感覚をなんども味わった。

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:43:10 ID:vyrFPuZk
>>782
後ろの席で見ていたのがおそらくは戦争体験世代のおじいさん。
終わってから杖をついて立ち上がるのがつらそうだった。


788 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:43:22 ID:ZRaP4Yd6
>>767
「その解釈いいね!!よし!!そういう事にしておこう!!」byイーストウッド
・・なんか撮影中もこんなノリで役者陣のアイディアをどんどん採用していったらしい

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:43:31 ID:SdbEZ3qt
>>785
アメリカ人は世界でいちばん字幕を読まない人種なんだけれど
(教育程度が低い人も多いし)
アメリカで公開されているバージョンは吹き替えなの?

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:43:39 ID:UmjMRDoQ
映画の途中でウンコしたくなった
おかげで10分間見てない・・・欝

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:44:11 ID:WSEyZUvt
侍が英語しゃべるのはまだいい。
問題は日本人同士で、それも明治天皇と西郷と大久保が英語で語り合うことだ。

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:44:10 ID:eTs+gDxw
>>785
でもアメリカじゃ字幕は毛嫌いする傾向にあるらしいから、流行るかどうか不思議だ。
果たして米でヒットするのかな?
専門家には馬鹿受けらしいけど。

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:44:20 ID:SdbEZ3qt
>>790
どこからどこまで見ていないのか言えば俺たちが補完してやろうww

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:44:43 ID:d+/+A7Dy
>>757>>776
ラストサムライは日本一国のみで143億円も稼いだ映画だから、硫黄島からの手紙もラストサムライに負けない位稼いで欲しいね。
いい映画だから余計に思うことがある。

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:44:49 ID:XIih2a8h
イーストウッドがこんな思いがけない贈り物をくれるとは。
日本は、仏、ニューヨークよりも早く彼の初期作品から評価を加えていたからだろうか?

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:45:19 ID:BbUJqre8
>>784
「御法度」リメイクで超リアルなウホッシーンがあるわけですね!

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:46:10 ID:AEiyL246
>>789
前編字幕なので、最初はアート系シアターのみの扱いだった。
ここに来て、どうやら話題作として全米公開に踏み切るらしい
のだが。
どちらにしても様子見での拡大公開扱いぐらいだと思う。

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:46:28 ID:UmjMRDoQ
>>793
ありがとう
でも、二回目また観に行くからいいよw

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:46:54 ID:SdbEZ3qt
>>797

やはり、という感じだな
俺としては吹き替え版でもいいから、世界中の人に見てほしいわ

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:47:20 ID:SdbEZ3qt
>>798

心配するな
全部ウソ補完だからwww

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:47:25 ID:XIih2a8h
>>792
ヒットはしないでしょ。インテリ層が見るだけ。
硫黄島は予算がかかってなさそうだから、元はとれるでしょ。

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:48:04 ID:O++D1cMD
字幕があるとどうしてもそっちを追いかけてしまう。
マトリックス・リローデッドは最悪だった。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:48:24 ID:XANAqCMy
メリケン人の評判ってどうなんだろう?
評論家受けは聞こえてくるけど・・・

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:48:36 ID:JcSXRI8n
でも皮肉だね。ついでに思いつきで作った低予算の映画の方が
評価されるなんて。
(特にもしこっちの方がオスカーにノミネートされたら)

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:50:06 ID:qDW4j0jD
後半涙でスクリーンが殆ど見れなかった俺はアホですね

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:50:23 ID:JcSXRI8n
黒澤がスピルバーグに「作るんだったら全編絶対日本語で作れ」
て言ってた映画ってなんだったけ?

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:50:37 ID:GnYWTI8I
>>748
全スレに書いてあったけど直撃しなくても
至近距離で爆発しただけで戦車がひっくり返ったらしいよ

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:50:45 ID:0z0AfOpg
>>794ラスサムでそんなに稼いだのか?あれで  

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:51:02 ID:2VXpXwsE
>>781
そりゃ狙いますよ^^;ただこの映画の見せ方だと
突然出てきて発射して戦車に直撃という1シーンだけだったので
いかにも命中精度が良さげに見えたので。

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:51:11 ID:+qLCsSoK
>>756

そうだな。

イーストウッドは本当にスゴイ映画を撮ったんだ。それは確かだよ。

俺は知り合いの中国人に薦めてみようと思う。
映画にお金を使うようなタイプじゃないから無理かな。でもま、一応
薦めてみたい。そう思わせる映画だった。

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:51:16 ID:eTs+gDxw
>>808
お涙頂戴は簡単に稼げるからな

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:51:24 ID:AEiyL246
>>804
映画ってそんなもんじゃねえ?
ファンのお気に入りとか、最高傑作って、大体
巨匠の力作じゃないでしょ。

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:51:28 ID:SdbEZ3qt
>>806
1941?

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:53:13 ID:XIih2a8h
イーストウッドってアメリカじゃあんまり評価されてないから。
フランスと日本とかの方が評価は高い。

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:53:55 ID:mOLfUuGT
>>806
「さゆり」

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:54:01 ID:6UIfCBrR
アメ人にとってみたら、星条旗の帰還兵が現実と戦場の記憶の間でさいなまれる
っていうストーリーはベトナム物で見飽きていたってのもあるみたいね。
アメの批評見たら、確かにいい映画だけど、これまでの戦争映画のジャンルに衝撃をもたらすものでもない
っていう意見が多かった。その点、硫黄島の方は、相当衝撃強いみたいね。
批評家とかには硫黄島のほうが圧倒的に評価されてる。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:54:50 ID:n/hQTR8A
>>778

俺もそう思ったよ。
はっきり言うと、言葉遣いとか、セットの小物とかちょっとしたことが一杯気になったけど、
アメリカ人が何かのきっかけで、同じ戦争を戦っていたとき日本人がどんな思いをもっていたか、
興味を持ってみてもらうには良い映画だ。
同じように俺も星条旗を見て、まあこれが全部本当か分からないけど、感じるものがあった。

お互いに相手のことを知らないんだなーと思った。
同じように家族を思う気持ちがあって殺し合っているんだから。

戦争のむなしさっていうのを本当にリアルに描いていると思う。



818 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:54:56 ID:7u9T6pCQ
イーストウッドは映画人にはリスペクトされまくりという理由がなんとなく分かった。
映画に対してすごい硬派だし真摯だ。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:55:14 ID:57pgFjfi
中村獅導と前園そっくり上官の馬鹿っぷりは
やりすぎじゃねーか?

820 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:55:35 ID:AEiyL246
>>806
「サユリ」
スピルバーグは版権をゲットして、「ハリウッド初の全編日本語映画」
という企画を売り込んでいた。
結局時間が流れて、DWの不振で版権がソニーに渡り、彼は
企画立ち上げのプロデューサーとして名前だけ残す事になった。

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:56:05 ID:SdbEZ3qt
>>819
いや、あんなもんだろうなぁ
戦争始まったらああいうふうになりそうなやつって、今の日本でもどこにでもいるぜ

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:56:14 ID:JcSXRI8n
>>814
それは昔の話。

>>815

やっぱ「さゆり」?
そのときまだ黒澤生きてたか。
でもまあ、さゆりなら日本語で作ってもたいした
映画にはなってないな。


823 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:57:05 ID:SdbEZ3qt
>>820
そうなんだ

今調べたら、SAYURIの原作が発売された翌年に黒澤は死んでいるんだね


824 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:57:38 ID:XIih2a8h
>>818
彼は一貫して硬派。メリケンにしては考えられない職人肌の人。
好戦映画「ハートブレークリッジ」とかでもしっかり硬派。

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:58:38 ID:6UIfCBrR
>>820
サユリって黒澤が生きている間に原作出てたのか?

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:59:15 ID:SdbEZ3qt
でも、この映画を見て思ったことは
脇役も主役もみんな大根でも
面白い映画は作れるということでもあったな

827 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:00:34 ID:XdWPgLcN
戦争“ドラマ”ではなかったね

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:00:50 ID:0z0AfOpg
>>816でもそれって硫黄島というより旧日本兵の闘い方に衝撃てかんじじゃ 

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:00:52 ID:FhaqAHNR
>>804
イーストウッドっていつも低予算(ハリウッドにしてはだけど)で淡々と早撮りして
傑作を作っちゃうってイメージだからなあ
今回は確かに星条旗の方がバジェットはでかいし準備期間も長いけど、撮影に
臨む姿勢としてはいつもと変わらずどっちも淡々と撮ってるんじゃないかって気がする

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:01:11 ID:I3Y6/g4L
>>826
作り手ね。
具体例にならんかもしれないけど、シュワルツネッガーだって大根でしょ?
それでもT1,T2はそれなりに役になっている。T3はさ・・・。 

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:01:26 ID:eTs+gDxw
正直映画始まる前の海賊版映画撲滅のCMは絵が間抜けでワロタけど映画観た後はこりゃ買わなあかんなと思えた。

久々にいくら金払っても良いと思える映画に遭えた。

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:02:12 ID:+tfeDrCv
>>721
>右翼や保守層なら全員国家を支持して然るべき、と思ってる日本人には不思議かも。

そんなの2ちゃんの若いやつらぐらいだろw
自分は保守だが自民党の政策が気にいらなきゃ当然反対する。当り前のことだ。
君は保守層というやつに偏見を持っている。(そもそも一色に染まった集団でもない)

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:02:20 ID:ZRaP4Yd6
>>820
なんかのスレ(〜手紙のかなり前のスレかな?)で誰かが言ってたな
この映画が全編日本語になったのは、イーストウッドのこだわりもさることながら、
日本語SAYURIが流れたスピルバーグのリベンジでもあると

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:02:26 ID:D59GOJu7
>>788
>>824
映画作りに硬派な職人肌(つまり、頑固ってことだろう)な人間が、
役者陣のアイディアをほいほい使う。ちょっと矛盾してませんか?

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:03:06 ID:24TK5mgm
>>819
全然。甘い甘い。その道では牟田口という神のような人もいる。

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:03:11 ID:nqnvSptT
>>828
ごめ、伝わりにくかった。
硫黄島っつーか、「手紙」の方ね。

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:04:04 ID:FtFXDjzf
>>828

どういう意味で言っているのか、俺が誤解してるかもしれないけど
アメリカのエンターテインメント小説とかでは「硫黄島帰り」の男というのは
すげー強い!というイメージで描かれている。
それだけの激戦をやったという意味では、日本人はやはりすごいと思われているわけだ

ただ、それが「鬼畜日本人」というイメージであったのが・・・という意味では、お前の言うとおりだね

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:04:09 ID:qaDHm5it
>>828

いや、そうじゃなくてやっぱテーマでしょ。
敵の人間性をここまで掘り下げて描いたハリウッド映画なんて、
空前絶後でしょう。

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:05:05 ID:24TK5mgm
>>834
頑固と偏狭の意味を取り違えているかと。

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:05:07 ID:bNIjDQ/M
>>834
本当の職人や名人ってのは、実に謙虚で勉強家な人が
多い印象があるよ。

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:05:39 ID:vm/Jy0Zs
>>834
職人=頭が固いじゃないと思うが

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:05:48 ID:hg5Er7vN
なんでみんなべた褒めしてるの?
どこがいいのかさっぱりだよ。
余りのリアリティのなさに、もう唖然…。

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:06:04 ID:r4KAwYZg
>>835
牟田口は死神だったよな…
大英帝国のダブルエージェントじゃないかと疑ってしまう。

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:06:25 ID:nqnvSptT
>>821
だよな〜

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:06:27 ID:24TK5mgm
>>842
君のリアリティをクワシク。

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:07:15 ID:s4Hb+DEm
淡々と描いたことをイーストウッドの今回の仕事として評価したい。
栗林の死のシーンについて、もうちょっと・・・という知人の意見を聞いたが、俺はあれでよかったと思う。
死に際の台詞も、その直後の死も。 バンというだけ。 
ラストサムライのようなジーンとこさせるようでは、淡々と事実を描いた描写そのものを根底からひっくり返すことになるし、
それこそヒロ賞賛につながる描きかたになるだろう。


847 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:07:30 ID:FtFXDjzf
ここからは>>842のリアリズム論を聞くスレ?ww


848 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:07:32 ID:MbJNkCBS
>>803
アメリカの評価=満足度80%
http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:07:46 ID:Y6ea2hyJ
>>842
リアルかどうかなんて我々にはわかるはずもなく

850 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:07:52 ID:XZJ71POE
>>842
つ アンチスレ立て

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:09:10 ID:24TK5mgm
牟田口最狂!

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:10:46 ID:MxntX3ES
どっちかに媚びた映画じゃないって感想は私も同じですね。
米国の捕虜を殴ったり蹴ったりした挙句銃剣で刺しまくりとか
米国側も捕虜を監視したり連れて行くのが面倒になって撃ち殺してしまうとか
こういうのは多かれ少なかれ戦争には付き物ですからね。
あと直ぐに暴力を振るう上官や憲兵が当時何をしていたかとか
内地への手紙が検閲されていて、都合の悪い部分は黒塗りにするとか
上司には勇ましい事を言い反論も出来ない天皇万歳万歳という当時の雰囲気や
裏ではやってらんねーとかグチをこぼしたりとか・・
良い悪いは別にして結構ありのままに再現されてたと思う。

でも気になるのがあまりにも出てくる人物の顔や服や
地下壕の中が綺麗過ぎる。
オイラがじいちゃんに聞いた話では、何十日も風呂に入れず
地下壕の中は地熱と硫黄で蒸し暑くて汗と砂で顔も服もドロドログチャグチャだったとか。
衛生面でも最悪で生きてる兵士でさえ傷口のウジを頻繁に取らないとヤバイ状態と聞いてたけど
この映画の地下壕なんてまるで涼しそうやん・・・('A`;)
夜間の抜刀隊とかパイナップル爆弾だけを持って
できるだけ敵兵が多い場所に行って自爆したり、戦車に張り付いたりとか
あんま無かったね・・・・。


853 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:10:57 ID:IuVz2qAn
荒れるからアンチスレ建てて勝手にやってくれ。
日本の馬鹿の集まりが凝縮されたスレになるだろうから凄い事になりそうな悪寒。
実際この映画批判してる奴は大半が考え方逝ってる変な奴多い。
映画自体ちゃんと観てたかも怪しいのばっかだ。

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:11:45 ID:4MkcqsSr
アメリカ人の評価が甘いのは日本語が理解できないものな

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:12:20 ID:u7JNQMN5
はいはい、ネタバレはこちらでどうぞ

【※ネタバレ※】 硫黄島からの手紙 Letters From Iwo Jima@映画作品・人
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163667281/l50

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:13:09 ID:24TK5mgm
>>852
まあ映画だからね。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:13:49 ID:D59GOJu7
アメリカの批評家がほめてるのは、
日本人と日本語ばっかでつまんねーと本音言うと
差別に受け取られかねないから。

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:13:57 ID:FtFXDjzf
>>852
そこまで書き込むと尺長くなるからねww

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:14:20 ID:s4Hb+DEm
リアリティを極度に求めたら、本当に戦争するしかないからなw
俳優を餓死させたり、実弾で倒れてもらう。 

溝口は田中に肉食わせない生活させたがなw

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:14:27 ID:IuVz2qAn
>>852
それをやるならバンドオブブラザーズみたいにDVD6枚組みとかやら無いときついかも。

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:14:33 ID:24TK5mgm
>>857
アメリカの評論家を馬鹿にし杉。

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:14:53 ID:Y6ea2hyJ
>>852
確かに地下壕の暑さとにおいってのがあまり表現されてなかったが
まあいいんじゃないかい

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:15:28 ID:FtFXDjzf
>>859

ただ、もうちょっと兵隊さんたちはやせていたほうがよかったとは思った
せめて撮影中ぐらいは絶食させろよ・・・・なんて思った俺は鬼畜ですかねw


864 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:15:48 ID:hg5Er7vN
>>853
アンチ=馬鹿と決め付けるアンタも相当キテると思うがね。
反対意見を耳塞いで聞こうとしない人が多すぎるよ。

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:16:42 ID:IuVz2qAn
>>864
スマネorz
今日の昼から本当におかしいの2人ばかし相手にしてたから疲れてたんだ。

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:16:45 ID:Qy/SvluP
米軍の手に渡るぐらいなら、擂鉢山の火口にありったけの爆薬投げ込んで
火山活動を誘発させ島を水没させるという作戦はどうだ。

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:16:52 ID:cUPPE0qN
そういや、この二部作って、視点の側の国が敵をやっつける
シーンってほとんど無いよね。やられるシーンが多い。

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:17:20 ID:nMQ4V1VC
牟田口に比べたら中村獅童なんて…
無謀な作戦のせいて何万人も餓死させて
自分だけ戦後のうのうと生き延びて…

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:17:21 ID:24TK5mgm
まあ硫黄島っぽくはなかったな。
硫黄って黄色いでしょ。

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:17:30 ID:VvlAYVVJ
イーストウッドはただ現場居ただけっぽいな
やっつけ仕事だろ

871 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:17:33 ID:FtFXDjzf
>>864

あおるわけじゃないけど、どこがリアリティがなかったかを書けば
>>852へのレスに見るがごとく、ちゃんとみんなきちんと対応すると思うよ
君みたいに、「唖然・・・」と書いて終わりにしちゃうから反感買うんだよ


872 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:17:58 ID:D59GOJu7
>>863
アメリカの戦争映画って、役者を事前に猛訓練でしごきあげるけど、
この二作じゃそういうことやったのかな?

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:18:08 ID:IuVz2qAn
>>866
宮沢賢治の話みたいだなw

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:18:19 ID:s4Hb+DEm
映画とはズレるかもしれんが、出自というものの影響を考えたな。出身国の環境の影響?
イーストウッドの出自というか階級といえばいいのか・・・

地下壕でいえば、湿度の表現が弱かったり、栗林がピストル受け取るパーティーにおける
ある程度上流としての品がなかったり、、、


875 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:18:42 ID:24TK5mgm
>>870
君はどのくらいイーストウッド映画を見ているのだね?

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:18:51 ID:NeeEkzwB
つか二宮の演技が酷すぎる

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:19:07 ID:u7JNQMN5
>>709
でも相手によって死ぬまで拷問をされたり、見せしめに晒されたりするからね。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:19:08 ID:FtFXDjzf
>>874
パーティのシーンに品がないのは
ギャラが安い役者だったからだと思うww

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:20:07 ID:5u6LOOqn
硫黄島のほうが星条旗よりも気合入ってる気がするんだが気のせいか

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:20:10 ID:gnFnulf9
>>875
夜釣りだよ。スルーした方がいい。

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:20:22 ID:24TK5mgm
>>874
たしかにパーティーで奥さんが失礼な話をするわな。
アメリカの上流社会なんてあんなものというもの成り立つのでは?
歴史ないし。

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:20:31 ID:s4Hb+DEm
>>879
気のせいではないのでは?


883 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:21:29 ID:IuVz2qAn
>>878
あのアメリカ軍人の夫人は
ちょっと無神経なところのあるアメリカ人女性として、又は栗林を試してると言う事にして脳内補完してミマスタ。

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:21:59 ID:hg5Er7vN
>>852
監督は実際にいったんだよね?
壕の中には入らなかったのかな。
あそこはマジやばいって…。
そこで呑まず食わず、病気、毎日の戦闘。
どうしたら、あんな涼しげな顔で会話出来るんだろ。

この監督。外国人にしては当時の日本の状況をよく研究してると思うよ。
だからこれが硫黄島じゃなければ、評価できたかも。

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:23:07 ID:24TK5mgm
>>884
映画ですから

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:23:34 ID:Y6ea2hyJ
>>866
実際にそれを進言した後宮大将
取り合わない栗林
しかし後に本気で硫黄島沈没を考えた栗林
しかし爆薬量がとても計算外だった

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:24:12 ID:Qy/SvluP
>>879
「星条旗」はやらせ写真をネタに「国債買ってくれ」だが
「手紙」は死ぬことを覚悟した男たちの話だもん、
気合の入り方も違うだろ。

ともに英雄はいないけど。

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:24:13 ID:qaDHm5it
というか、イーストウッド無神経なやつを描くの好きだよね。
ミリオンダラーでは主人公の家族。
父親たちではインディアンのやつのところに来て写真撮る一家。
ここではあのアメリカ人の夫人か。

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:24:18 ID:IuVz2qAn
>>884
そんな事言ったらバンドオブブラザーなんて長編なのにも関わらず雪の戦場でずっと白い息が出てなかったけどなw
黒澤だったらそんなヘマはしないかもね。

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:24:31 ID:s4Hb+DEm
アメリカ婦人のツッコミシーンは、無神経と受け取られる発言かもしれないけど、言わずにはいられなかった、
軍人という立場より前に、やはり愛する家族を思うのよ、日本人・アメリカ人を隔てずそうなのよ、人間だものって
シーンの一つだと思った。 それはアメリカ兵のママの手紙が読み上げられるシーンも同じでさ。

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:24:40 ID:24TK5mgm
>>886
噴火さえるのはどうよあ。
溶岩だらけという手もある。

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:25:04 ID:FtFXDjzf
>>884

そこは監督の方法論の違いかな
君みたいな人には中国映画だけど
「鬼が来た」みたいな映画がお勧め

何しろ、香川照之は本当に殺されるかと思ったらしいww

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:25:20 ID:jC6O0R2q
アメリカ人の評価を日本語で読んでみたいもんだ。
彼らがどんな風にこの映画を受け取ったのか。
どなたかアメリカのレビューサイトかどこかから、いくつかコメントを
ピックアップして翻訳してくれまいか。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:25:22 ID:NxELEaC9
>>878
そのシーンで、謙さんのヅラばかりに目が行ってしまったモレ。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:26:09 ID:n+qTaJs/
>>889
FOYのところだっけ?
あれは飛行場の格納庫を改造した巨大セットだから仕方ない。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:26:32 ID:+feaa+NP
ねえオジちゃん
あの特攻服を着ているおにいちゃんはお空の花にならないの?
あの服を着て映画見てるのって変だよね?
秋葉のコスプレオタっていう人なの?
楽しんで特攻服着るなんて戦死した人を馬鹿にしてるのかな?
ねえオジちゃん
あのおにいちゃん映画が終ったのにまだ生きてるよ
いつお空の花になるの?

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:26:43 ID:IuVz2qAn
>>895
そうそう。
CGとかで補完して無かったね。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:27:05 ID:bNIjDQ/M
>>891
自然の力舐め過ぎ。
核爆弾放り込んだって、火山の誘爆なんて出来ない。

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:27:24 ID:D59GOJu7
>>852
全部やろうと思えば再現できるはずだよな。しかもハリウッドなんだし。
『父親たちの星条旗』にエネルギーとられたから仕方ない、と言えるのかもしれないが
つまりまだ余地がある。つくりがまだまだ甘いってことになっちゃうね。


900 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:27:32 ID:s4Hb+DEm
>890
訂正
>軍人妻という立場、ね

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:27:38 ID:cUPPE0qN
>>884
ま、実際には壕の中は暑すぎで素っ裸でいたらしいものな。
グロ系なんかもそうだけど、そこまで描いたんじゃ強烈過ぎるから
断念したんじゃないか?

けれども飲み水が無い苦しさはもう少し入れても良かったと思う。

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:28:03 ID:24TK5mgm
>>896
戦後特攻服着たふざけた奴らはいました。
朝の鮮やかな人たちです。

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:28:24 ID:Qy/SvluP
>>886
え゛?
ほんとに検討されてたの「硫黄島沈没作戦」?

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:28:27 ID:FtFXDjzf
>>899
ハリウッドだから何でもできるわけじゃないでしょww
やはり予算が「星条旗」ほどになかったということでは?


905 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:28:34 ID:n+qTaJs/
>>897
CGで補完する手もあるけど、
不定形な白い息を実写とシンクロさせるのは難しそう。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:28:46 ID:IuVz2qAn
>>899
つくりが甘くていいじゃないか
日本映画がこれを越える物を作ればイイって話。
すぐ出来るかは疑問だけど。

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:30:04 ID:nqnvSptT
当時のアメリカの新聞に毎日「クリバヤシ」って単語が出て、経歴とか色々かかれてたらしいから、
栗林って、アメリカ人の中では相当な戦術家で知略家で、効果的にアメリカ人を殺す冷徹なイメージなんだろうな。
日本でも過剰に美化する感じがあったよね。
でも映画では、戦術が成功するような爽快な描写は一切なく、作戦はことごとく失敗し、統率は乱れっていう
苦しむ栗林の姿ばっかりだった。
栗林の戦術面での優秀さが描かれてないって言う意見もあったけど、
苦しむ人間栗林こそイーストウッドが描きたかったことなんだろうね。

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:30:28 ID:24TK5mgm
>>884
死体画像というタブーに一つ踏み込んだことはおわすれか。

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:30:30 ID:YkKfDjcA
>>906
今のリメイク真っ盛りの日本映画界じゃ当分無理そう。

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:31:29 ID:s4Hb+DEm
>>907
普通の人間が状況に翻弄される姿を描いてるよね。

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:31:34 ID:0Vw2LUM7
いやまあこれだけの映画になるとは正直大半の人間は思ってなかっただろうから
(かく言う自分もそう)多少ない物ねだりになるのはしょうがない

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:31:42 ID:24TK5mgm
>>907
戦術面の優秀さがないのがつらかったね。

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:31:50 ID:FtFXDjzf
>>909
ていうか、思想的にここまでしっかりした作り手がいないでしょ
なんか、安直な反戦思想/愛国主義とかで描かれそうでイヤ

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:32:06 ID:rjQ9xiyh
映画としては
星条旗のほうが明らかに上だな
脚本 構成 編集


915 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:33:07 ID:FtFXDjzf
>>914
星条旗のほうが複雑なシナリオだということには賛成する
ただ、アメリカ人にあれだけ複雑な時間軸の移動が理解できるのか
ちょっと心配になったなw

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:33:13 ID:s4Hb+DEm
星条旗→硫黄島 の順番で見た人と
硫黄島→星条旗 の順番で見た人    

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:33:25 ID:RYr8Y2Ng
星条旗も手紙も傑作だけど、
たぶん一般人には受け入れられないだろうな。
星条旗は日本人が観てもよくわからないように
手紙もたぶんよくわからんのじゃないか?
アメリカは他民族国家で英語が読めない奴も沢山いるから
字幕だときついだろうな。

あと、手紙はアジアではまず受け入れられないだろう。
台湾でも危ない。
上映されるとして
唯一受け入れられそうな国はタイぐらいじゃないかな。

918 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:33:27 ID:YkKfDjcA
>>913
事実、石○某東京都知事原作のそんな映画が来年公開されちゃうし。

919 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 00:33:53 ID:vSL/c6Li
レイトショーで見にいったけど カップル多すぎだぜ! ひとりで見にいった俺は敵に取り囲まれた気分だったぜ

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:34:01 ID:SAXrdpRh
とりあえずこのスレ回りすぎ


921 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:34:10 ID:hg5Er7vN
>>892
方法論とかの問題じゃないよ。
あの島は、そんな安易に語っていい場所じゃない。
実際にあそこに足を踏み入れて置きながら、あんなものしか作れないなんて…。
やっぱりアメリカ人だなって思ったよ。
まったく敬意を払わずに、平気で土足でズカズカと…。



922 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:34:18 ID:cUPPE0qN
>>910
そうそう。それ。
2作品も追い込まれている人を描いてる。


923 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:35:02 ID:Y6ea2hyJ
>>903
されてたらしいよ「闘魂・硫黄島」ってのにあるらしい
火山を誘爆〜って意味じゃないと思うが飛行場として使えなくしようってことじゃないかな

後宮大将じゃなく
小笠原兵団参謀の堀江芳孝少佐だった

924 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:35:06 ID:FtFXDjzf
>>921
お前、それをクリント・イーストウッドに文句言ってどうする

それならばお前がそういう映画を作る男になれ!
俺は応援するぞ!

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:35:27 ID:YkKfDjcA
>>921
全然安易に語っているとは思わなかったけど。
それとも俺には映画を観る目がないんだろうか。

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:35:52 ID:24TK5mgm
>>921
敬意はあると思うよ。

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:36:30 ID:hg5Er7vN
星条旗は良かった。かなり良かった。
だから手紙にも相当期待してたんだが…。
やっぱ限界あるよなあ。外国人の話だもんなあ。

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:36:37 ID:RYr8Y2Ng
とりあえず
人大杉

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:37:48 ID:IuVz2qAn
とりあえず誰かスレ建てて

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:37:59 ID:FtFXDjzf
>>927

当たり前じゃん

でも、今のアメリカでこういう映画が曲がりなりにも作れるところは
アメリカの懐の深さだとは思うよ
それは認めてやれ

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:38:27 ID:MxntX3ES
個人的に戦闘シーンに関しては
父親たちの星条旗の方が人数の多さを感じない撮影の仕方でちょっとガッカリ。
むしろNHK大河ドラマの戦国物の方が少ない人数を
まるで大勢の人が戦ってるような撮影の仕方(人を繰り返し使う)をしてると思う。
なんかまるで人が少ないのを誤魔化すかのように定期的に
硫黄島沖の米国艦船群を映してる様に見えた。
その点が硫黄島からの手紙を見る前まで気がかりだったよ。
でも硫黄島からの手紙は、父親たちの星条旗よりも
兵士をアップで撮影し画面に土砂が掛かるようにしたり
やたら弾丸の着弾が多かったので映像に必死感があったと思う。

それでもジイチャンが言ってた
昼夜問わず砲撃と爆撃で雷が鳴り続けるかの如く
地面から体が浮き上がるような衝撃が延々と続き地下壕の一部が崩れて出れなくなったりとか
暑い臭い暗い怖い感が弱かったかな・・?
地上にヒョッコリ顔を出してみたら、昨日までところどころあった木々が
何一つ無くなっていて当たり一帯が真っ黒こげとか
夜間しかまともに外に出れなくて、みんなパイナップルや地雷を持って
ほふく前進で進むも照明弾が上がり撒くって敵も味方も動く影に取り合えず撃てみたいな
誤射や同士討ちもやたら多かったのも
あと気が狂う奴続出や食料や水を巡って殺し合ってたりとかも
あまり表現されてなかったと思う。

932 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:38:29 ID:FtFXDjzf
>>929
じゃ、俺が立てるわ


933 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 00:38:58 ID:vSL/c6Li
中村指導がいい感じの悪役だったな やつはやっばり映像に映えるね はやくプライベートのゴタゴタを処理して現場復帰を

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:39:27 ID:YkKfDjcA
>>932
お願いします。

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:39:29 ID:dxh50nd0
>>921
全く敬意払ってないって、何で他人のお前が断言するの?

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:04 ID:D59GOJu7
プラトーンは従軍者にベトナムの臭いがした、と言わしめた。
だけどこの映画は硫黄島体験者に同じことを言わせられるかな?
イーストウッドは当時の日本兵でもないし、従軍者がアドバイザーに
ついているわけではない。しかし状況をうかがえる記録は残ってる。
予算が足りなくとも工夫次第では>>852の言うような、地下壕の
惨状は再現できたのではないかな? 名監督はそういうことを可能にする。
良作とは思うが、死んでいった者の鎮魂を十分になせる映画とは言えない。



937 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:43 ID:mpeNY7ur
この映画、アメリカでヒットすると思うわ。
というのも、
微妙にアメリカ人の優越感をくすぐってるから。

硫黄島の戦いは、アメリカ軍がガチンコ戦で被害で劣勢になった唯一の戦争といわれてる。
(死人の数を考えるとそうともいいにくいんだけど、、、とりあえず、な)
これは、ある意味アメリカ側が考えるアメリカ側の汚点。

だけど、この映画を見ると
「アメリカは必死だったけど、日本は決死。こりゃあ勝てなくてもしょうがなかったな」
と自己正当化ができる。だから、アメリカでの好評価につながると思う。

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:47 ID:24TK5mgm
>>932
おまえなんか無理だよバーカ。
クリント御大の仕事も知らんくせして。

939 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:58 ID:IuVz2qAn
>>932

thx

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:41:05 ID:FtFXDjzf
ほいよっ

【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:42:02 ID:RYr8Y2Ng
>>931
イーストウッドが伝えたかったのことと趣旨が違うじゃん

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:42:36 ID:cUPPE0qN
ところで日本軍の基地のシーンだけども、あそこはアメリカのオープンセットだよね。
硫黄島にああいう地形のところってあるのかな?

すり鉢山を見渡すシーンや海岸線なんかは、よく作りこんだCGだと
思ったけど。

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:42:55 ID:YkKfDjcA
>>938
アンカー間違えてませんか?

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:43:26 ID:IuVz2qAn
>>921>>931
こいつも痛い奴か・・・?
とりあえず監督の映画に対するテーマを汲んでやれよ。


>>940新スレ乙!

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:43:43 ID:ffdXnKuo
433 名前:_ メール: 投稿日:2006/12/10(日) 08:16:47 ID:eV2Ad0jl0
「米国の観客に、『われわれはいい人間だ』といった単純な考え方から
卒業してほしい、と思ったからだ」
イーストウッドって、ハリウッドの商業主義派とは対極をなす漢だ。
日本のバカ監督連中は、正座して観ろ。

457 名前:_ メール:sage 投稿日:2006/12/10(日) 13:52:56 ID:Bw2l8yKc0
The Sunday Times December 10, 2006
How Clint recaptured the war movie
Eastwood’s powerful pair of films tell both sides of one bloody,
hellish battle. He talks to Christopher Goodwin

Eastwood was surprised by how little younger Japanese people now know about the war.
“It’s not taught in schools,” he says. “None of my actors in Letters knew anything
about the Battle of Iwo Jima. I thought it was important to tell that history for Japan,
because these are people who made the ultimate sacrifice for their country.
I think it’s also important internationally, because it’s important to realise that
war is a futile exercise at best, and people are trying to kill one another who,
under other circumstances, could be extremely friendly.”

462 名前:_ メール:sage 投稿日:2006/12/10(日) 14:55:27 ID:Q0FL8mZE0
>>457
泣けた。
クリントは硫黄島を日本の学校で教えないことを間違っていると感じている。
それは手紙を撮った動機のひとつだと。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:43:54 ID:FtFXDjzf
>>941

たしかにそうだよな

イーストウッドが書きたかったのは戦場の現実ではなくて
戦争のむなしさであり、それを知りつつも戦わざるをえない男たちの物語

947 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 00:45:07 ID:vSL/c6Li
戦争映画ってのは青春映画であれはいいと思ってるよ なにもリアルさなんてなくていいじゃん リアルな戦争映画はドキュメンタリー映画で

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:45:46 ID:hg5Er7vN
>>941
そうなっちゃうよね。
結局この監督は硫黄島を伝えたかったんじゃない。
自分の主張を語るために硫黄島を題材にしただけ。
別に此処じゃなくても全然良かったように感じるんだが…。

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:07 ID:Y6ea2hyJ
>>942
LAとからしい
黒い砂場の戦闘はアイスランド

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:13 ID:4MkcqsSr
違うよ、石原と小泉に日本側の視点でとってと頼まれたから取ったんだよ
制作費もこっちはわずかだしな

美化しすぎるのは危険だよ

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:32 ID:FtFXDjzf
>>948
お前の愛国心はよく分かるけどね
どう考えてもそれは筋違いだよ

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:50 ID:dxh50nd0
>>852
戦争を知らない人間には十分苛烈な作品だと思うよ
仮に事実でもそのままやってしまうと、戦争自体「目を背けるもの」になってしまう
多くの人が観るべき作品だと思うし、「グロいから観ない方がいい」という評価は出て欲しくない

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:47:15 ID:hg5Er7vN
>>947
そういうのに硫黄島を使って欲しくないなあ…。
しかもそれを絶賛してる日本人って…。

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:47:29 ID:IuVz2qAn
俺の友達の親父さんは戦争映画で人間関係を学べと言い切るような人で息子はすげー人間的に良い奴。
戦争映画好きにはそういう人間も居るのです。

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:47:44 ID:24TK5mgm
石原の映画は、いまやっている「ありがとう」みたいになるといいな。

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:48:18 ID:mE40BR+z
「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」両方のラストに、共通の硫黄島の夕日が出ていた。
なんかあの絵で、ふと芭蕉の"夏草や兵どもが夢の跡”を思い出すけど、
イーストウッドって東洋的な感性を持っているのかな? それとも単にじーさんになっただけ?

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:48:19 ID:YkKfDjcA
>>953
あらら、hg5Er7vNもアボーン対象な匂いがしてきた。


958 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:48:26 ID:DN5elPUh
しかし、アメリカ人がこの映画を見て
「日本の将官は立派な人ばかり」
と思われやしないか。
冨永恭次陸軍中将みたいなのもいるし。

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:48:36 ID:MxntX3ES
>>941
>>944
>>946
むむ、確かに(´_`;)ゝ 失礼

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:48:44 ID:FtFXDjzf
>>953
だから日本人のお前が作れよ

ていうかね、こういう映画を作れない日本の現状を恥じろと言いたい

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:49:54 ID:xtoFqJx0
>>958
明らかに立派じゃない将官もいたから大丈夫じゃないの。

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:50:02 ID:IuVz2qAn
>>955
俺は石原閣下だろうと和製戦争映画な限り色眼鏡で観てしまうことを禁じ得ないと思う。
それぐらい近年の日本の戦争映画アレルギーになってる俺。

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:50:12 ID:MxntX3ES
>>952
確かに。。多くの人に見てもらうならそうですね。

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:51:06 ID:FtFXDjzf
>>958

立派じゃないやついっぱいいたよな

死に場所だけ探して、そのために兵士を玉砕させてもいいという

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:51:27 ID:D59GOJu7
>>948
確かに、硫黄島じゃなくてもいいよな。
日本側から見る硫黄島を描くならまずやるべきは地下壕と日本兵の
徹底描写だと思うんだがなあ。
仮に俺が監督なら、自分の主張を入れるなんて恐れ多くてできやしないよ。

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:52:01 ID:y26d8Mg2
ついさっきレイトショーで観てきた。監督のバランス感覚のよさは賞賛に値するし
見栄えあるる戦闘シーンもなく、あんな似たような背景ばかりの中で飽きさせない構成も素晴らしい。
二ノ宮のキャラクターには賛否あるみたいだけど
あの状況で二ノ宮みたいなキャラが居てくれなかったら観る方の精神が持たず作品として成立しないと思った。
ただ野崎とか、二ノ宮の戦友の扱いはもっと丁寧にして欲しかったな…そうすればもっとドラマにも拡がりが出来ただろうし。
面白いとかいう類の作品ではないから、この映画を他人にお勧めするのは気がひけるけど
老若男女、人種に関係なく観て欲しいとは強く思う。
観たばかりなのでまとまりのない感想でスマソ。

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:52:16 ID:24TK5mgm
>>962
「ありがとう」という映画をぐぐってみてください。
ちなみに私はこの映画を絶対見ません。

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:52:31 ID:wraPQLwo
今日観てきたけど、ひどい映画だな。
まるでTBSが作る戦争ドラマみたいと思った。
バカバカしすぎて。
2ちゃんでもボロクソだろうと思ってきたけど、そうでもないのか・・・・
俺はID:2SHdGU+0にすごく共感するんだが。
お前等まさか、当時の日本人の過半数が、戦争に反対してたとか思ってるんじゃないだろうな。
犬のエピソードなんてひどすぎ。

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:52:44 ID:YkKfDjcA
>>965はhg5Er7vNがID変えたのかな。

970 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 00:53:16 ID:vSL/c6Li
敵の奇襲で死んだ馬は、死んだ演技のできる馬と信じたい

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:53:56 ID:rjQ9xiyh
犬のエピソード
コントみたいだもんな

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:54:05 ID:FtFXDjzf
>>970

最後に「この映画では動物は虐待していません」というクレジットは出ていたのかな
最近のアメリカ映画にはかならず出るクレジットだが、俺は最後までエンドロール見なかったもんで

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:54:17 ID:24TK5mgm
>>968
戦争反対している描写なんてあったか?

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:54:20 ID:hg5Er7vN
>>957
そういう対応は痛いよ


975 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:55:21 ID:FtFXDjzf
>>973
共産党とか社会党が言っているような反戦主義者はいないね

ただ、見る側が「あ〜、これはひどいわ」って思うだけで

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:55:48 ID:oBnBesj+
>>968
お前ひねくれて捕らえすぎw

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:55:57 ID:Qy/SvluP
もうずいぶん昔の映画になっちまったが「炎のランナー」ってのがある。
イギリス人で敬虔なクリスチャンのオリンピックの短距離選手が
オリンピックの当日が安息日である日曜日に重なったため、試合より
礼拝を選ぶという話。

皇太子も「国のために」と彼を説得するが「国より信仰を取ります」という
彼を説得できなかった。そのときの皇太子の台詞。
「彼が正しいのかもしれない。われわれは神を愛するより、国を愛したため
戦争を繰り返してきた…」。

俺ももちろん愛国心を持っているが、愛国心は隣人愛よりは下であっても
いいと思う。

「星条旗」と「手紙」を両方見て、ちょっとそんな気になった。

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:56:20 ID:24TK5mgm
>>972
アメリカは動物愛護協会がうるさい。
あれは特撮の人形でしょ。

979 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 00:57:33 ID:vSL/c6Li
犬が吠えないように餌でも食べさせとけば清水くんは硫黄島にいかなくて済んだんだよな

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:57:45 ID:FeEfAvcV
>>953

この映画は十分リアルだよ。
台詞とかセットとかに目が行くと、どうしてもそうじゃないと思うかも知れないけど、
そんなのは大事なことじゃない。

戦争のむなしさっていうかさそういうのを本当にリアルに描いている。
ああいう極限の中でさ、心の支えにしていたのは家族のことで、
それはアメリカ側からみたって同じ。

同じように大切にしたいものがあって、それはお互いに共通しているのに殺しあっているんだから。
これほどむなしいことはないよ。

それを両方の視点から世界に訴えかけているこの映画はすごいと思う。


981 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:57:51 ID:lxfBK/m7
>>973
ないよね。

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:58:00 ID:MxntX3ES
オイラのジイチャンの話が当時あまりにも強烈過ぎてショックだったんだけど
撃たれた味方を引っ張ろうとしたら急に軽くなって振り返ったら
その人の腕だけが自分の手を必死に握ってたりとか・・・・・(つA`)
悲鳴を上げて振り払おうとしてもずっと握られたんだって。

そういう話を聞いた者からすると↓こういう連中が許せないんだけど・・・。
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26301.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26302.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26303.jpg


983 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:59:02 ID:SG9U/Fs8
>>966
二宮の周囲を掘り下げたら、それこそ栗林は脇役になってしまうよ。

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:59:10 ID:24TK5mgm
>>982
別にいいんじゃね。軍服着るのは戦時だけじゃないよ。

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:59:20 ID:FtFXDjzf
>>982
こういうやつらが戦場で一番先に逃げて捕虜になります
そして、殺されちゃいます

だから、放置でいいんですよww

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:59:36 ID:HL3Ebv07
牟田口廉也 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9F%E7%94%B0%E5%8F%A3%E5%BB%89%E4%B9%9F

なんじゃぁぁぁぁぁ! この恐ろしく無能な司令官は!

泥沼の日中戦争を起こし、日本軍参加将兵約8万6千人のうち戦死者3万2千人余り、戦病者は4万人以上出したインパール作戦を引き起こし、無意味に引き伸ばして自分だけさっさと遁走。
部下に自決を強要しながら、自分は戦後ものうのうと生き続ける。

こういうのをしっかりと歴史で教えろ!!




987 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:00:02 ID:FtFXDjzf
>>986
いや、牟田口の本はいっぱい出てますよ


988 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:00:23 ID:IuVz2qAn
ていうか右翼と左翼のステレオタイプみたいな奴にこの映画観て偉そうに評価して欲しくないな。
自覚無い分だけどうしようもない。

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:01:10 ID:24TK5mgm
>>986
牟田口は英雄だったのよ。

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:01:20 ID:wraPQLwo
>>976
いや、二宮の役の男やその奥さんみたいな人間は、もしかしたらいたかもしれないが、超特殊な人間だろ。
当時でいえば超特殊なキャラを、映画化する意味があるのか。
共感もできない。
もっと普通の人で、戦争の悲惨さを伝えて欲しかった。

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:01:42 ID:DN5elPUh
>>972
競走馬になれない(値が付かない)ウマは食肉用になるし、
革やシッポにも需要はあるが、実際のウマで予想通りの死に方をさせるのは不可能だろう。

どっちだ、オレ?

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:01:56 ID:FO4jyqWK
別にインパールはそれほど馬鹿な作戦じゃないよ
たった4万人しか死んでないじゃん

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:02:02 ID:D59GOJu7
>>980
そもそも、そんな程度のテーマは当たり前過ぎることなんだよね。
アメリカ人も日本人もつらかった。そんなのは言われないでも知ってる。
イーストウッドはそれがわかってないアメリカ人が多すぎるといった。
つまり極論すれば、馬鹿を想定して撮った映画でもあるんだよ。

アメリカの戦争映画をさんざん見てきた我々のスタンスとしては、
もう一段階突っ込んで批評すべきだろ。

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:02:05 ID:y79gZpZk
自民党支持者は戦争起こったら真っ先に戦場に行くんだよね?

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:02:48 ID:IuVz2qAn
>>990
もう何回も同じ説明するのだるいのでスルーか誰かかわりに反論を・・・

996 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 01:03:09 ID:vSL/c6Li
桜チャンネルの評価も楽しみ これほど日本側を擁護している作品だもの かなり高い評価が期待できそう

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:03:13 ID:24TK5mgm
>>993
昔のことはみんなわすれる。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:03:58 ID:FtFXDjzf
>>990
え〜とね

「兵隊やくざ」って映画見たことある?



999 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:04:09 ID:HBRDABAN
>>992
なんにせよ、惨憺たる結果だったのは誰の目にも明らかだけどな。

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:04:43 ID:+RrgwVED
1000なら1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

269 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)