2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:21 ID:FtFXDjzf
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。

12月9日(土)、丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ


2 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:40:49 ID:FtFXDjzf
前スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:45:41 ID:ffdXnKuo
433 名前:_ メール: 投稿日:2006/12/10(日) 08:16:47 ID:eV2Ad0jl0
「米国の観客に、『われわれはいい人間だ』といった単純な考え方から
卒業してほしい、と思ったからだ」
イーストウッドって、ハリウッドの商業主義派とは対極をなす漢だ。
日本のバカ監督連中は、正座して観ろ。

457 名前:_ メール:sage 投稿日:2006/12/10(日) 13:52:56 ID:Bw2l8yKc0
The Sunday Times December 10, 2006
How Clint recaptured the war movie
Eastwood’s powerful pair of films tell both sides of one bloody,
hellish battle. He talks to Christopher Goodwin

Eastwood was surprised by how little younger Japanese people now know about the war.
“It’s not taught in schools,” he says. “None of my actors in Letters knew anything
about the Battle of Iwo Jima. I thought it was important to tell that history for Japan,
because these are people who made the ultimate sacrifice for their country.
I think it’s also important internationally, because it’s important to realise that
war is a futile exercise at best, and people are trying to kill one another who,
under other circumstances, could be extremely friendly.”

462 名前:_ メール:sage 投稿日:2006/12/10(日) 14:55:27 ID:Q0FL8mZE0
>>457
泣けた。
クリントは硫黄島を日本の学校で教えないことを間違っていると感じている。
それは手紙を撮った動機のひとつだと。

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:31 ID:/EnGvv3N
               __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
 ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!        
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
こいつが欲しいだろ?wwwwww


5 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:46:36 ID:WrWDqIWz
この作品で、プライベートライアンや最近の作品でいえばトゥモローワールド
で見られるような戦闘シーンは期待できますか?
それとも人間模様のストーリー重視ですか?

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:47:18 ID:FtFXDjzf
>>5
戦争好きには向かん
これは戦争のむなしさを描いた映画だから

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:51:57 ID:IuVz2qAn
>>4は透明アボンシマスタ

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:04:44 ID:24TK5mgm
>>5
人間模様です。最後まで見てしまうから、迷わず映画館に行けばよろし。

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:05:32 ID:y79gZpZk
安倍ひきいる自民党を支持してる人たちは
戦争が起こったら率先して戦場に赴くんだよね?
政治家たちは安全な場所で命令してるだけという事実を知ってても。

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:05:50 ID:cUPPE0qN
>>5
そんなキミはブラザーフットにしとけ。

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:05:54 ID:Y6ea2hyJ
1000なら大ヒット

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:06:00 ID:rba5J6DJ
すいません。いくら読んでも読んでも
スレに追いつきません。

どうすればいいんでしょう......orz

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:06:21 ID:IuVz2qAn
>>11
カワイイナオマエ

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:06:26 ID:FO4jyqWK
>>9
仕方ねーだろ。負けるのはもう沢山

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:06:39 ID:FtFXDjzf
>>12
一ヶ月後に読めばよろしい

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:07:45 ID:MxntX3ES
個人的に父親たちの星条旗で出てくる
ヒーローに擦り寄る女がムカつく・・・

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:08:24 ID:FtFXDjzf
>>14
いや、またやっても負けるしw

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:08:28 ID:oBnBesj+
>>12
必要ないと思ったIDを次々にアボーン設定する

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:08:34 ID:24TK5mgm
>>9
知りません。ごめんなさい。

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:09:08 ID:FtFXDjzf
>>19
星条旗見てないですね

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:09:25 ID:MxntX3ES
一番心配なのが、この映画を米国人が見て
『OMG!!まるで北朝鮮みたいだ!!』
なんて言う人多い・・・・かな?
 

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:09:25 ID:wraPQLwo
>>6
そういう映画だと思ってたら、最初で愕然としたよ。
これは糞映画だってね。
このスレは信者の巣窟だな。
かつてのラストサムライのスレに空気が似てる。

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:10:28 ID:FO4jyqWK
>>17
やっぱ日本も核兵器作らないと駄目だわな

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:10:36 ID:7X6dSk7J
栗林のラストはちょっと演出過剰かなぁ
帰ってきてTV付けたらラストサムライの最後のシーンで
ちとワロス。

映像は洋画にありがちなインチキ日本ではなく
稀に見るきっちりした日本(人)を再現してる映画だと思う。
チャイナになってない。
ただ映像はそんな感じでよいのだが人物の行動や考え方は
どーも所々典型的な”アメリカ人の思う日本人”になってるなぁ、
という部分が気になったかなぁ。上で言った栗林の最期なんてその典型。

最後、やっぱ泣く映画ではないのかな、、と思わせといて
あの手紙散るシーンは反則。グワッときた。

でもエンドロールの音楽が微妙すぎて感動しきれなかった。

見ようと思ってる人は劇場で見ないと損な映画だねぇ。
少なくとも映像と音は素晴らしいよ。
スクリーンで見るに値する出来。

個人的には内容も良かったよ、星条旗と続けてもう一度見たい。

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:11:00 ID:FtFXDjzf
>>21
ないだろ

戦ってた相手も人間だったんだなと思うのが普通の反応だろ

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:11:51 ID:bpoc6FUj
>>956
イーストウッドは俳句が好きらしい

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:11:59 ID:IuVz2qAn
>>22
またお前か。

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:12:03 ID:wraPQLwo
>>9
まあ、君は女房や娘がレイプされても逃げるだけなんだろうな。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:12:32 ID:FO4jyqWK
スコップで米兵に立ち向かう姿が何とも言えないな

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:12:34 ID:24TK5mgm
>>22
人が信者にみえるときは、
自分が信者である確立が高い。

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:12:51 ID:FtFXDjzf
>>22
つまらん映画と思ったならスルーすればよろしい

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:12:58 ID:llakRWoB
昨日見ますた、
とても良い作品でした

一つ質問、最後栗林中将の首切ろうとした人撃ったの誰だか教えれ。


33 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:13:32 ID:bpoc6FUj
唯一笑ってしまったのは赤痢の真似をする清水
二宮はよく笑わずに耐えたと思ったよ
ただ、その直後に殺されるなんて思ってなかったけどね

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:14:07 ID:NxELEaC9
>>32
米兵

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:14:24 ID:24TK5mgm
>>32
アメリカ兵


36 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:14:59 ID:oBnBesj+
>>32
アメリカ兵

37 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 01:15:03 ID:vSL/c6Li
>>32 ああ それは確かあの ズギューン!

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:15:15 ID:FO4jyqWK
M1ガーランドライフルの音がやかましいな。清水が殺された時の
音で耳の奥に衝撃が来たよ

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:15:44 ID:MxntX3ES
>>25
そう願いたい・・・
人権蹂躙、言論弾圧とか戦争美化とか左巻きの人が
そういう部分だけを誇張して騒がないと良いな・・・。


40 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:25 ID:IuVz2qAn
>>32
これまでのスレではアメリカ海兵隊の狙撃兵と言う事で結論出てる。
ボルトアクションの操作をしてたが服装の概観が違ったので99式や銃身160センチもある38式ではない、スプリングフィールド銃である確率が高いとなった。

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:35 ID:wYBf9srM
よかったです。

でも二宮パン屋さんに見えないんだけど。
下町の貧乏長屋の三男坊とか、そんな感じのほうがしっくり。
奥さんと子供がいるっていうのも何か違和感が。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:35 ID:FtFXDjzf
>>39
どんな作品であっても、読解力のない人はいるよ
それはしょうがない現実

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:47 ID:24TK5mgm
>>21
思うかもな。メリケンは馬鹿だから。

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:57 ID:rba5J6DJ
日本の優秀な将軍たち

http://www.geocities.jp/buzensakai/reki/episodo.htm

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:59 ID:hg5Er7vN
>>33
そういう下らない小細工がこの映画をいっそう安っぽいものにしてる。


46 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:18:25 ID:IuVz2qAn
>>45
そうか妙演だったと思うけど?


またお前か hg5Er7vN

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:18:37 ID:wYBf9srM
あと、野崎のキャラがすごい良いと思った。自分的に。
初めて見る俳優さんだけど。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:18:44 ID:24TK5mgm
勇ましい映画じゃないことでファビョッている人がいるようで。

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:19:14 ID:llakRWoB
>>34>>35>>36

質問、なんで栗林と西郷は撃たなかったの?


50 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:19:49 ID:FtFXDjzf
>>49
だって、そこで終わってたら映画が終わらなくなっちゃうもん♪

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:20:07 ID:7X6dSk7J
>>32のシーンって星条旗になかったっけ?
あったような気が・・・

海岸で米兵が1人で刀振り上げてる兵士撃つシーン。
なんだこりゃ、と思った記憶が・・


52 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:20:09 ID:24TK5mgm
>>49
栗林は遠目には死体。西郷が来たのは狙撃兵が去った後。

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:20:09 ID:aoLWqRuB
>>49
本当に見てたのか?お前

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:20:32 ID:wraPQLwo
この映画に比べたら、同じ渡辺謙が出てる海と毒薬の方が百万倍よい反戦映画。
あっちはありえないと思うようなところがなく、深く考えさせる。
こっちはありえなさすぎて呆れるだけ。

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:20:44 ID:FO4jyqWK
当時の一兵卒の本を読むと銃が重かっただの、砲弾が重かっただの
武器の重さに対しての文句が多い
食事の不味さより武器の重さの方が辛いのかな

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:21:11 ID:hg5Er7vN
>>44
日本の社会ってホント未熟だと思う。
こういうのが平気でリーダーやってんだもんね。
そして今も戦前と変わりなく・・・。

という事で、スレに追いつけないのは「さっさと寝ろ!」って啓示です。

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:21:22 ID:NU+m+bBx
バロン西の馬はみんなで美味しくいただいたのだろうか?
見ていて気になってしまった。

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:21:39 ID:24TK5mgm
>>54
史実だけどw

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:06 ID:FtFXDjzf
>>57
ああ、俺もそれを思った
馬肉は食えるんだから兵隊さんに食ってほしいと思いましたよ

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:10 ID:oBnBesj+
通路側で観ていたら爺さんが「すみません」と言って
俺の前を通って行った(多分トイレ)
それも俺の太ももに手をついて・・・
その爺さんが帰ってくる別の爺さんがまた通っていった
帰って来た時俺の足を踏んづけていきやがった

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:28 ID:bpoc6FUj
>>45
うるさいな
そういう意味で言ったんじゃねーよ

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:53 ID:Dnuul1Cu
参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1



63 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:56 ID:NxELEaC9
基本的に、“ヒーロー好き”な米国民がこの作品を観ても、
日本人が感じた様な感慨は、感じないんだろうな…orz
さっきのラストサムライの中にも
「我々のしてる事を奇妙と思うかもしれんが、それはこちらも同じこと」
という様な類の勝元の台詞があったが、やっぱり文化や価値観の違いで
日本の死に様やその心情にあまりにもポカーン(゚д゚)だったら、カナシス…

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:22:57 ID:FtFXDjzf
なんかアンチ粘着がいて、うざいんですけど

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:23:01 ID:xgOeodUS
日本も核持つしかないな。
北朝鮮なんぞに屈してはならない。
拉致被害者をなんとしても取り返そう。

「一日でも意味があるんです!」
栗林中将が同朋のためを想い言ったセリフを忘れてはならない。
日本人の命はたとえ何人犠牲になろうとも
拉致被害者を取り返さないといけない!

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:23:06 ID:Onn28z4f
栗林閣下のコルトM1911A1で、パットン将軍思い出したの俺だけ?
そうか、二人とも騎兵出身か!バロンといい、芋臭い陸軍でも飛び抜けてお洒落だな騎兵は。
騎兵だけは、海軍よりスマートw


67 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:23:25 ID:FO4jyqWK
憲兵が取り締まりしてるシーンがあるけど
ああいうのって特攻警察の仕事じゃないの?

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:23:34 ID:24TK5mgm
>>56
破壊兵器もってない国にインネンつけて滅ぼした国があったでしょ。

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:11 ID:/fHu40Ya
少しでも否定的な意見を排除したらヒトラーと同類ですよ。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:26 ID:FtFXDjzf
>>65
栗林が最後に「我々の死を後世の人々はきっと・・・」と語るシーンは、
本当に日本人として感動したし、恥じたね

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:27 ID:Dnuul1Cu
日本公式(予告編多し) 
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
アメリカ公式(写真多し)
ttp://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
IMDB
ttp://uk.imdb.com/title/tt0498380/
前スレ 
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/

予告編
「2部作編」予告
ttp://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx


72 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:39 ID:24TK5mgm
>>65
おまえが犠牲になれ

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:41 ID:NxELEaC9
>>49
前スレで既出。

それに西郷はその後に栗林のとこにやってきた。
オマエもういっぺん観て来いよ!ウザ

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:59 ID:IuVz2qAn
>>59
ジュ・・・ジュピターぁ!!(´Д⊂

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:24:59 ID:lMqpbkiD
北朝鮮はまだ滅んでないわ

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:25:31 ID:MxntX3ES
>>68
酷い話だけどねw
しかも自爆テロが続いてるのに撤退・・・。


77 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:25:33 ID:llakRWoB
>>52
分かりました狙撃兵(一人)
んでその後小隊に戻り再びその場所に戻ったって事ね。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:25:46 ID:ld6xQPgo
>>54
まあ日本がアメリカに戦争吹っかけた時点で普通は
ありえないんだけどね・・・・

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:25:46 ID:24TK5mgm
>>67
あれは考証不足。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:25:46 ID:y79gZpZk
>>28
あの、レイプと政府の要人は関係ないですが…
頭大丈夫ですか?反論できないなら素直に飲んどけばいいんですよ。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:26:57 ID:Dnuul1Cu
前スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/

硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/



82 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:27:13 ID:oBnBesj+
基本的な事を理解しないまま観たんだけど
大本営って何?東条のこと?

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:27:17 ID:FtFXDjzf
>>54

二宮の立場はさ、反戦じゃなくて厭戦なのよ
厭戦映画ってのもあるんだよ

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:27:39 ID:NxELEaC9
>>71>>81
ちょwwwおまwww
遅杉w

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:27:58 ID:rba5J6DJ
>>56
あ〜〜う
やっと追いついて貼ったらそうですかorz

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:28:01 ID:/fHu40Ya
>>76
中東のヒトラーであるフセインを捕まえたから問題ない。

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:28:21 ID:24TK5mgm
>>82
戦争を統括するところ。

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:29:01 ID:Dnuul1Cu
>>84

>>1が全然テンプレ貼らずに始めたからでしょ
スレ立てする人はちゃんとそこまでやって欲しいね


89 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:29:24 ID:FO4jyqWK
>>82
大本営ってのは陸軍参謀本部と海軍軍令部の事ですわ

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:29:39 ID:24TK5mgm
>>86
そのヒトラーさんを捕らえたとたんに、目の前で宗教対立起こしたわけだがw
メリケンさんは指をくわえて見ているだけw

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:29:48 ID:FtFXDjzf
>>82
大本営というのは陸軍の意志決定機関(何も意志がなかったが)
海軍のほうは軍令部(上に同じ)

この二つのヘッドは結局合体することはなかった
連絡会議というのはできたけど、意思統一は何もできずに敗戦を迎えたわけですね

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:30:00 ID:oBnBesj+
>>89
そうだったんだ・・・
まさか天皇の事ではないと思ってたが

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:30:57 ID:D59GOJu7
>>86
ネタだと思うが、イラク人が独裁政権下のほうがまだましと言ってる時点で大罪だろ。

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:31:23 ID:oBnBesj+
>>91
>連絡会議というのはできたけど、意思統一は何もできずに敗戦を迎えたわけですね

腹立たしい事を知ってしまった(T_T)

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:31:23 ID:/fHu40Ya
>>90
そんなんまで面倒見てやれるわけないだろ阿呆。

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:31:42 ID:u7JNQMN5
> http://www.newsday.com/entertainment/movies/ny-ffmov4995599dec03,0,5454630.story?page=2&coll=ny-entertainment-promo
>
> There has never been a Japanese movie about Kuribayashi. And the hell of Iwo Jima in
> winter 1945 has never wooed Japanese filmmakers. "None of my Japanese actors knew
> anything about Iwo Jima," Eastwood says. "You lose 21,000 people! To just ignore them.
> What would happen if we did that?"

今まで日本映画で栗林についての映画は作られたことは無かった。そして1945年の冬の
硫黄島の地獄の出来事は今まで日本の映画関係者の制作意欲を起こさせることは決して
無かった。「日本の俳優で硫黄島の出来事について知っている人は誰一人いなかった。」
「21000人もの人を戦争で失ってしまったのだよ。もし我々がその戦死した人たちを全く
無視したりしていたらしたらどうなる。」イーストウッドは言った。

> -----
> "When I grew up, everything was propaganda; we all thought that the Japanese tortured
> and killed people," Eastwood says. "But it's tough to swallow that everybody was that way.
> After all, some of the Japanese have a decent soul."

「私達が成長する頃は全てがプロパガンダだった。日本人は虐待したり人を殺したと私達は
教えさせられた」「しかし私達に理解するのが難しいのは全ての国の人たちが同じことをしたんだ。
結局のところ全ての日本人も普通の精神を持っていたということだ」

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:32:18 ID:SXUyNDBU
見てきた。日本を見事にとらえてくれた映画。ハリウッド映画でここまで日本を敬ってくれる映画はなかなかないだろうな。
戦闘シーンはスゴいという程ではないが、悪くもなかった。もう少し激戦のシーンが見たかった。とにかく銃撃シーンが多く、もっと大規模な戦争らしいシーンを見たかった。
渡辺謙はとくに問題なし。二宮は言葉使いが彼だけ浮いてた。
主要キャスト以外の日本兵は棒読みが激しかった。
捕虜になった日本兵をアメリカ兵が殺してしまうシーンは、戦争は善悪ではないというクリント・イーストウッド監督の思いがあらわれてるシーンだと思う。

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:32:46 ID:24TK5mgm
>>95
牟田口みたいで良いねw

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:32:52 ID:FO4jyqWK
日本やアメリカは例外的に陸海軍が同列の地位にあったからね
普通の国では海軍は陸軍の指揮下に入るけど

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:33:20 ID:/fHu40Ya
>>93
それはフセイン支持者だから。

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:33:33 ID:TIgxG28g
獅童が何をしたかったのかよく分からなかった。

102 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 01:33:50 ID:vSL/c6Li
イーストウッド監督はダーティーハリーのような非情な人ではないことがわかった

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:34:23 ID:yKchNN5b
見てるときは犬とか大宮の夫婦とか時間や空間が掴みにくいとか
いろいろ突っ込んで見て、アレ?駄目映画だった?と思ったりしたけれど
全く泣いたりもしなかったけれど、しばらくしてじわじわきたよ。
近年の邦画やドラマの戦争物に比べて登場人物がありがちな型にはまらない
リアルな感情を持っているキャラクターであると思えた。
それから天皇万歳!の場面、彼らがどんな気持ちでそれを言ったか。

あと浜辺で鬼ごっこしている中将と頭をもふもふしていた馬と
手榴弾で自爆した西郷の西郷さん似の友達(役名が思いだせん)と
中将についてた小さい軍人さん(役名が思いだせん)が印象的。

>54
海と毒薬好きな映画。あっちの渡辺謙はエキセントリックだった。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:34:29 ID:u7JNQMN5
> -----
> Kuribayashi may have known he was going to die, but he wasn't about to go down without
> a fight. His creative strategy of fighting from underground hideouts turned Iwo Jima into a
> vicious ambush for the American Marines. The result was carnage: 6,800 American dead;
> about 19,000 wounded.

栗林は死ぬことを覚悟していた、だだし戦わずに死ぬことはしなかった。彼は地下の隠れ家を作り
戦うという素晴らしい戦略を考え、アメリカ軍を苦しめた。結果はアメリカ軍に6800人の戦死者を出し、
19000人の兵を負傷させた。

> Such ferocious fighting meant that sometimes, humanity could also be lost. Eastwood's film
> shows atrocities, including American atrocities.
>
> "Well, that happened a lot," Eastwood says. "I talked to so many Marines who were there,
> and I'd say, 'What did you do with the prisoners?' And they'd look at me and go, 'We didn't
> have any prisoners.' And I'd say, 'Oh. OK.'

このような猛烈な戦いをする時には人間性も失われることもある。イーストウッドの映画では米軍を
含む残虐な行為も描写されている。

それは「非常に頻繁に起きたんだ。」イーストウッドは言う。「私はそこで戦ったたくさんの海軍兵士に会ったよ。
そして聞いたよ。「POW(戦争捕虜)についてはどうした」と彼らは私を見てこう言った。
「私達には戦争捕虜なんかいなかった」私は言った。「あぁ、なるほど」と。」


105 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:35:00 ID:oBnBesj+
>>97
二宮は悪くは無いが言葉のイントネーションが現代風になる事が多いので
時々違和感があった
ジャニーズの若い俳優という事と監督が日本語わからないクリントなので
指導する人がいなかったんだろうね

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:35:31 ID:NU+m+bBx
>>91
それじゃだい陸軍と海軍がてんでバラバラに自分達に都合良く発表していたってことか!
そこまでいい加減だとは知らなかった

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:35:37 ID:D59GOJu7
>今まで日本映画で栗林についての映画は作られたことは無かった。そして1945年の冬の
>硫黄島の地獄の出来事は今まで日本の映画関係者の制作意欲を起こさせることは決して
>無かった。
作りたくても作れなかったんだよw
まるでアメリカ人のイーストウッドの手柄とのたまってるようなもんだぜこれ。


108 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:35:46 ID:xgOeodUS
72
馬鹿がきたか

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:35:52 ID:IuVz2qAn
>>103
ウマ>ジュピター
西郷の西郷似の友達>http://www.yukimatsuzaki.com/blog/ こいつ?

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:37:37 ID:llakRWoB

戦闘シーンより穴堀の大変さをもう少し短くまとめてほしかったね。


111 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:37:53 ID:Am6gjbIq
映画の端々から当時の空気が想像できてよかった。
色彩や小物などのディテール、台詞とかで全体がリアルに見えた。
考証間違いもあるみたいだけど、日本映画と比べたら・・・


112 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:38:29 ID:N0mcJExf
昨晩、夜の12時すぎの回で見たんだけど、
おばあちゃんが独りで観に来てたの気になったなぁ
見た目70は超えてた80くらいかも
字幕終ってもまだ座ってた

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:38:57 ID:D59GOJu7
>>100
スンニだけじゃなくてシーア派のイラク人も言ってんだよ。
おまえイラク情勢をさして知らんだろ?

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:39:17 ID:24TK5mgm
時間軸が微妙であるな。時間的感覚が欠落した映画とは言える。
黒沢明なら、ここいら辺は絶対間違わない。

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:39:32 ID:OsqO3+lr
ジャニの子が高校生くらいにしか見えなくて違和感あったなー

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:40:48 ID:u7JNQMN5
ネタバレはこちらで

【※ネタバレ※】 硫黄島からの手紙 Letters From Iwo Jima@映画作品・人
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163667281/l50


117 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:40:49 ID:oLImUD9k
映画公開のちょっと前にNHKのドキュメンタリーやったのはみんな知ってると思う
けど、まさにあれはナイスタイミングだった。中味も濃かったし、この映画では割愛
されてて、実録ものならもっと盛り込んでたはずの内容も網羅していた。
 
この映画も悪くは無いけれど、あまり製作期間をかけてないんじゃないかって気は
してる。ロケのシーンとセットのシーンに違和感あったし、脇役さんの演技とセリフ
も気になった。日本軍はそこそこいたはずなんだが、いきなり残り100人です、
あとは殺されたんですみたいな雑っぽいところも。

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:41:04 ID:l3v3KHoA
客入りも好調なようで嬉しい。
興行収入スレの予想によると↓

週末予想
1位:「硫黄島からの手紙」 5.6億
・硫黄島がダントツの首位です。
うちのシネコンのみでは「父親たちの星条旗」動員対比で約380%だそうです。
星条旗に比べて若い客が増えた印象があります。

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:41:18 ID:oBnBesj+
「天皇陛下万歳」とか「靖国で会おう」なんて
台詞が史実にのっとり再現されていたけど、
これ、日本人が作った映画なら反日マスコミや自称市民団体が
騒ぎまくるんだろうね

120 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 01:41:27 ID:vSL/c6Li
>>112 いかんなぁ ちゃんと声をかけてやらんと 

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:41:45 ID:24TK5mgm
地理的感覚も微妙だね。東も北もわからん。
予算がないからこそ、ここいら辺はきちんとすべき。
やはり黒澤明なら絶対こういう間違いはしない。

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:43:10 ID:MxntX3ES
>>101
あーいう話って生き残った兵士の証言でよく聞くような・・・。
爆弾を持って敵戦車が来るのを待ち構えるも来ない
しかたなく戻ると何で戻ってきたんだ!と袋叩き
そうこうしてるうちに自分の周りは次々と名誉ある戦死し
自分だけが取り残され非国民だのスパイだの言われ
行かせてくれと懇願し再度突撃を試みるも
爆発せずとっ捕まって捕虜になり終戦を迎えるってパターン・・・


123 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:43:27 ID:oBnBesj+
>>120
あんた優しいね
俺も爺さんに優しい声かけしてあげればよかった

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:10 ID:IuVz2qAn
俺は二宮の演技言葉遣い好きだけどな。
日本の映画みたいにこの時代はこう出なきゃ駄目だみたいな媚びも無いし、違和感も無かった。
終わりに近づいてる大日本帝国の雰囲気にあってて好き。
あのあたりの頃には少なからずああいう考え方の人居たと思うし。
言葉遣いはそういうのを表してたと俺は思う。

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:20 ID:0Ej2jeTy
>>118
さっき弁当屋行ったら待ちの20代のカップルが「明日硫黄島行くだろ」って話しててびっくりした。
こりゃひょっとするとひょっとする鴨世

つかイーストウッドさんに恩返しできる加茂根

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:25 ID:/fHu40Ya
>>113
フセインはシーア派虐殺を行ったのでその時点でアウト。
どう言い訳しても罪人。

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:29 ID:7X6dSk7J
確かに海岸の穴掘りはあんなに大変そうなのに
地下壕は何時の間にか完成している。

知らない人には地下の広さ分からないだろうね。
どこにでも栗林が現れるのが不思議に思われるかも。



128 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:36 ID:HBRDABAN
>>121
最初に出てた作戦地図、北が上になってなかった?

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:44:50 ID:xgOeodUS
109
この人も善い味出してたよね。
GJ!

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:45:01 ID:N0mcJExf
>>120
しかし何と声をかければいいのか・・・
俺には勇気がないよ

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:45:23 ID:24TK5mgm
>>126
中東の世界観でモノを考えたら?

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:46:06 ID:cUPPE0qN
>>121
擂鉢山周辺の海岸線は忠実に再現されてように思う。
けど、元山以北のところはなんか違和感あったね。
本来平べったい島なのに、草木の生えてないがけの谷間に基地があるし。


133 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:46:11 ID:oBnBesj+
>>124
あの時代にあのイントネーションはないだろう
二宮にはもう少し勉強してほしかった
悪い俳優と言っている訳ではない

134 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 01:47:01 ID:vSL/c6Li
>>130 そこは「おばあちゃん 戦争はもう終わりましたよ」って言えばいいんだよ

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:47:41 ID:IuVz2qAn
>>133
狙ってやったんじゃないか?と思うと
二宮すげーって事になるから俺はそう思ってる。w

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:47:44 ID:hg5Er7vN
>>127
場所によっては5分掘っては交代とかしてたらしいからね。
中は物凄い暑さ。大変さは海岸の塹壕とは比較にならんでしょ。

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:48:26 ID:/fHu40Ya
>>131
イラク人による裁判で死刑を求刑されたんだぞ。
お前アホだな。

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:48:30 ID:2ZQ7W7mz
>>134
ちょww

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:48:42 ID:D59GOJu7
>>126
・・・はあ? 会話なりたってねーよwただの低能か。話し掛けてすいませんでした。

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:49:04 ID:oBnBesj+
>>135
これから伸びていく俳優だと思うよ
将来の草薙かもしれんw

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:49:05 ID:FO4jyqWK
硫黄島に比べるとサイパン陥落はあっけなさ過ぎるな

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:49:16 ID:20uoqQZb
ニノを否定する感想によくある「現代の若者口調っぽくてダメ」みたいなのがいまいち分からない。
昨日祖母と一緒に見に行ったけど、気になる?と聞いたら、あんな喋りの人もいたと答えられたよ。

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:50:27 ID:IuVz2qAn
まぁ洞窟の掘削作業の大変さとかアピールする余地を日本映画のために残してくれたと思えばいいんじゃね?
そこまで外国の監督に求めても日本人として恥ずかしいよ。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:51:11 ID:24TK5mgm
>>137
は?笑うところ?

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:52:10 ID:D59GOJu7
>>142
当時を生きてた人の言葉は威力あるなw 
当時の人が存命な分、生半可な批判する人は無知をさらしちゃう。


146 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:52:21 ID:IuVz2qAn
>>134
バロスw

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:52:45 ID:24TK5mgm
現代口調と批判する人間が、当時の言葉回しを知っているのだろうか?
まあいいけど。

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:52:56 ID:xgOeodUS
二宮の批判は現代語だけ
裏を返せばそれしか批判できないということ
二宮はよかったよ
監督が絶賛したのもわかる
最後はホントに違和感なかったからね

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:53:14 ID:N0mcJExf
>>134
うあー言えねぇっす

つかね、ホントに夜中に独りでってのが不思議だったのさ
腰なんかバリバリに曲がっててさ
普通あれくらいの年の人なら誰かと来ると思うんだけど、
家族に内緒で来たのか違う理由を付けてきたのか
あるいは独り身なのか

おばあちゃん・・・

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:53:33 ID:/fHu40Ya
>>139
反論できなくなって敗北宣言か負け犬www

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:53:42 ID:oBnBesj+
>>142
軍隊での経験がある爺さん連れて行け

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:53:54 ID:rcocaBbx
中東の世界観
フセインは憎いが
白人はもっと憎い

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:54:05 ID:lxfBK/m7
>>124
同意。
違和感あり見えた人は西郷の役所が掴めていないのでは。
栗林に「わたしは、ただのパン屋です」と言っちゃう人だよ西郷は。

二宮の見た目の若さは笑いどころだが。
しかし西郷は彼以外考えられん。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:54:55 ID:llakRWoB
二宮、こんな島アメリカにくれちまえばいいのに、

でこの映画は成功だと確信しました。


155 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:55:40 ID:IuVz2qAn
西郷の役、
悪く言っちゃあ、学がなさそうだし、あの言葉遣いでも違和感感じなかったけどな。

すげーいい奴だけどな。
清水には自分の子供に接するような親父の態度で、栗林には尊敬する親父に対してみたいな態度とか凄く上手かった。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:55:50 ID:/fHu40Ya
>>152
少数派のどうでもいい意見だね。

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:56:39 ID:5R/hCFs8
クンニ派の話は別板で

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:56:40 ID:24TK5mgm
>>141
前半の陣地を作り直すところを見ると、
水際作戦でこりかたまってたっぽいね。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:56:49 ID:D59GOJu7
>>143
今後、安易にアメリカ人が本来日本人が撮らなきゃいけないことを
先撮りするのを防げるし、映画の出来映えの向上につながるから批判するところは
きちっと批判したほうがいいと思われ。いい金づるだと思われたら最悪だよ。
ハリウッドが描く日本映画の内容がリアリティを失ったものへとどんどん劣化していき、
勘違い映画の再量産が始まっちゃうよ。

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:56:50 ID:yKchNN5b
>109
野崎さん(役名)でしたか。こっちの映画でも見たいな。
ジュピターももふもふしたり焼けたり頑張った。

二ノ宮は体の演技が出来てないのが惜しかったな。
投降シーンとか立ちの演技が弱いのが気になった。

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:57:19 ID:oBnBesj+
二宮はいい役者だと言っているだろ
時々覗き見える現代の若者が残念だっただけ
まぁイントネーションだけなのだがね

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:57:43 ID:4CwM736k
二宮の嫁いくつよ?
年離れすぎオモタの俺だけか?
しかしやっぱ日本人を綺麗に描きすぎじゃねーかな、まぁ前作より面白かったけど。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:58:06 ID:FO4jyqWK
そもそもイラクなんて国はサイクスピコ協定で人為的に作られた国だし
フセインみたいな独裁者じゃないと国としての統一なんかすぐに崩壊するでしょ

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:58:46 ID:24TK5mgm
>>159
許せるのはアメリカ最後の巨匠が撮った稀有な作品であるためかと。
ラスト侍みたいな糞映画は許しませんよと。

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:58:46 ID:IuVz2qAn
>>156
そろそろスレ違いだぜ
           ___
          ./    \
          .| ^   ^ |
          | .>ノ(、_, )ヽ、.| <あまり私を怒らせない方がいい
         __! ! -=ニ=- ノ!___
    /´ ̄ ̄ .|\`ニニ´/    `ヽ
   {      .|__  ̄ ̄ヾ      }
   i;;',,,  r---イ     /|,、_,,  ,',;:',i
   .l;';',;,,  }  /;\     / ヽ / ,;,;;',;l
   .|;;',;,   } ./;;;,, \   / ;;;;;;ヽ ,,;;','i
   i;',,   / /;;,',';;  ノ--, ',',;;::',',゛i ,,';';i
   i;,';  /./,',',';;" /   \ ',',',;;,'i ,;',i
  /  / i 、  /    ヽ ',;::'、|  \
 ヽヽヽヾ丿  〈       ヽ''  {////
  ```` ト,   i        | 、 i´´´
      |',',;;  }        ! ',',;;i
      |,','、 /        ヽ',',','|
      !;;', /          !,',;,;'|

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:59:10 ID:w9OTXSTY
父親達の星条旗をまだ観ていない。宣伝が薄すぎてね・・・DVDはいつ頃出るのかな?

手紙の方は観た。戦闘シーンと二宮目当ての若者は来ないで欲しいよ

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:59:51 ID:oBnBesj+
>>162
おまえ、そんな事いってたら
北の零年では渡辺謙と吉永小百合は15歳ほどの年の差で
夫婦役演じているんだが?

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:00:34 ID:24TK5mgm
>>156
雨公乙。イーストウッド御大の処女作品から見直せやヴォケ。

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:00:58 ID:fsVUMy/u
>>164
クリント爺より有能な監督なんて腐るほどいるだろ。

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:01:06 ID:xgOeodUS
つか、自分が役者だったらと考えたら
言葉遣いなんて真っ先にに気をつけるだろう
あの言葉遣いは意図的だよ
実際最後は違和感なかったしな
日本人役者はそこまで馬鹿じゃないよ

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:01:36 ID:24TK5mgm
>>169
今生きているのではいない。

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:01:45 ID:bpoc6FUj
千人針について詳しくないから未だ疑問なんだけど
清水が投降する際にわざわざ千人針を外して置いていったのはどうして?

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:02:01 ID:7X6dSk7J
回想二宮は
ああ、こんな若造がこんな格好して
この年齢不祥さ、当時の日本ってこんな感じだったんだろうなぁ
と、普通に見てた俺。

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:02:19 ID:IuVz2qAn
>>166
二宮目当ての若者>それってもちろんジャニオタ対象だよな

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:02:19 ID:Rhd3s7jz
>>169

そうでもない

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:02:48 ID:mE40BR+z
>>149
80くらいっつーと、恋人かなんか戦争行ってんじゃねーか。
一人で来たのはその、初恋の人を家族に知れたくなかったためとか・・・(つω`、哀)

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:02:58 ID:fsVUMy/u
>>171
ではクリントが他の監督より明らかに優れている根拠を書け。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:03:06 ID:rWhmeXFU
イーストウッドとゴダール

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:03:09 ID:/wGbCdFo
西男爵かっこよかった・・
しかし、あんな島に馬連れてきてどうするつもりだったんだw

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:03:26 ID:oBnBesj+
まぁ、ジャニの二宮使う事で若い女の子も興行成績に寄与してるんだからいいか

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:03:31 ID:4CwM736k
>>167
北の零年・・
見たいと思ったが吉永で倦厭したよ・・
時代考証とかリアリティーに拘るタチなんでね

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:03:34 ID:24TK5mgm
イーストウッドとため張れるのはコッポラか?
でもコッポラ映画撮ってねーし。

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:04:02 ID:IuVz2qAn
>>179
つ 非常食・・・

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:04:39 ID:w9OTXSTY
>>174
そうだよ

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:04:54 ID:fsVUMy/u
>>182
根拠を書けカスがwww

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:00 ID:oBnBesj+
>>181
結構よかったよ
やはり歴史の勉強になる
北海道の開拓者が四国人中心だったとは知らなかった

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:01 ID:DN5elPUh
>>167
更に言えば20歳下の香川照之が吉永小百合を襲ったりした。
イヤだったろうな。

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:03 ID:hg5Er7vN
>>172
投降する=国を裏切る→全てを捨てるということ。
当時の日本人にとってそれくらいの意味があった。

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:10 ID:llakRWoB
>>169
は釣りだよ、そして明らかにその他の監督なんて誰一人知らないw

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:18 ID:24TK5mgm
>>177
演出がきちんとしている、スタッフが良い仕事をする。
それを超えた思想性がある。で、あんたが言う腐るほどあげて。

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:05:40 ID:E8eHVqeF
>>172
御国のために力を尽くせと託された千人針を持って
投降するのは忍びなかったんじゃないか

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:06:03 ID:bpoc6FUj
仲間の自決を目の当たりにして西郷の意識は確実に変わったと思う
それまでは正直言葉遣いというか言い回しが気になったが
それからは批判しようにも見つからないほどの名演だった
それと、イーストウッドは時系列に撮影するタイプの監督だったりする?

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:06:06 ID:oBnBesj+
>>187
熟女趣味の人もいるので
そこらへんは・・・・(´・ω・`)

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:06:16 ID:IuVz2qAn
>>184
俺アイドルグループ興味なかったから
こいつ誰だ?演技ウメーと思った。


195 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:07:24 ID:fsVUMy/u
>>190
>演出がきちんとしている、スタッフが良い仕事をする。
例えば?

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:08:08 ID:2ZQ7W7mz
すでに見た方
劇場の混雑具合はどんなかんじですか?

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:08:34 ID:24TK5mgm
>>195
例えば・・・この映画w
で、君がいう腐るほどの。誰?

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:09:02 ID:oBnBesj+
>>196
田舎だからか半分も埋まってなかったが
星条旗より客は入ってた

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:09:34 ID:/wGbCdFo
>>196
夜10時からのレイトショーだったからガラガラ

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:10:04 ID:LFEySe7L
>>195
上の方にあるフジのドラマと映画の映像を比べると一目瞭然だろw
影が深くて趣がある
その程度の良さも理解できずにアンチするんじゃねぇw

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:10:51 ID:D59GOJu7
無知の自慢大会はやめてください

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:10:58 ID:bpoc6FUj
>>181>>191
そうか、千人針自体が忠義の表象だったってことか

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:11:20 ID:IuVz2qAn
さて きな臭い争いがおきそうなので関わる前に寝るか・・・。
今朝から夕方にかけて変なのと関わって疲れたよ。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:11:28 ID:24TK5mgm
>>196
新宿満員、池袋満員。

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:11:36 ID:fsVUMy/u
>>197
悪いがこの映画観てないから知らないよ。

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:12:45 ID:v8lC/BlL
娯楽映画をお望みの方はど〜ぞ他の映画をご覧ください<クリントイーストウッド

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:13:19 ID:mE40BR+z
>>205
じゃ、他スレ行ってねw (*つω・。)つ))バィバィ

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:13:20 ID:24TK5mgm
>>205
金券ショップに池。そしたら1300円で映画見れるからな。
見たらこいやw

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:13:27 ID:/wGbCdFo
どうせなら市丸さんのルーズベルトへの手紙のエピも入れたらよかったのに

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:13:44 ID:PYGvE3eX
>>196
阿倍野15時、満席。
年配の方も居たよ。
孫?に支えられて来た爺さん。
一人出来てた婆さん。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:13:55 ID:xgOeodUS
203
ちょwwwwwwww
おま、いつからここにいるんだ

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:14:07 ID:Rhd3s7jz
>>196
ド田舎のシネコンで観たけど、日曜昼間の回で役4分の3ほどの入り。
この動員数は、上出来だと思うよ。

フジのTVドラマや渡辺健のニュース番組やワイドショーへの露出も
あって、「話のネタに、話題作を見とくか・・」的なスタンスの観客
が数多く来館したようだ。

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:14:34 ID:IuVz2qAn
>>211
エヘヘ お休み。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:15:58 ID:K9FFy/v8
戦闘シーンは少なかったらしいが、あまり戦争映画を観ない俺にとって、火炎放射器で丸焼きにされるのも、大砲で身体が吹っ飛ぶのも、ショッキングな映像だった。突然だもんな…戦場で死ぬのはもっと突然なんだろう。これだけでも戦争には絶対行きたくないよ。
61年前か…どんどん戦後が遠くなっていくけど、もしかしたら今俺たちのいる時間が「戦前」と呼ばれる日の方が近いのかな…と思うと、怖くなったよ。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:17:16 ID:7X6dSk7J
>>196
今日の夜8時で1/3くらいだった。
一番広いハコだったけど。

でも昼の2時3時の2回は満席になってたよ。


216 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:17:28 ID:fsVUMy/u
>>207
結局クリントの有能さを証明できなかったかwww

217 :196:2006/12/11(月) 02:17:34 ID:2ZQ7W7mz
今度の水曜日母と祖父と行こうと思ってたのですが
今週はやめときます

レスありがとうございました

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:17:59 ID:oBnBesj+
俺は学生だけど、彼女と行ったよ
彼女は
「戦争は怖いね〜、戦争って絶対反対」っていうような事しか言わなかったけど
俺は彼女に言った
「それだけ?後世の民である俺達は靖国参拝すべきじゃない?」
彼女「・・・・・・そうね」

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:19:05 ID:llakRWoB
擂鉢山は陥落しましたの場面
旗がなんとか認識出来る肉眼の映像に感動しますた。

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:19:08 ID:24TK5mgm
>>216
負け犬キエロ。こっとは処女作から東林御大の映画は全部見てんだよ。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:19:52 ID:oLImUD9k
日曜の深夜に、このスレ伸びのスピード。デビルマンもこうだったのかしらん。

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:21:12 ID:yKchNN5b
田舎のシネコン初日レイトで7割の入り。
男達の大和を去年の今頃週末レイトで見たのと同程度。
年代は老若男女ほどよく分かれてた。

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:21:31 ID:fsVUMy/u
>>220
好きな監督の有能さすら証明できないお前のようなクズこそ失せろ。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:21:43 ID:7X6dSk7J
そういや気になったのだが
この間のTVのドラマで市丸の娘さんが本島で歌を?唄ったのを
市丸が硫黄島で聞いてたなんて手紙のやり取りがあったと思うけど
この映画の最期の方で流れてた歌がそれ?

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:22:07 ID:xgOeodUS
219
こりゃDVDも買わにゃいかんな

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:22:13 ID:bpoc6FUj
>>217
シネコンによっては事前に座席指定でネット予約出来るよ

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:22:31 ID:24TK5mgm
>>223
きみ、イーストウッドの映画一本も見てないの?

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:22:52 ID:CuxupLEX
見てきた。ハリウッドは昔から反戦だから
前作では兵士が政治的にも利用されて可愛そうでしょ?
今作では若者が犠牲になって可愛そうでしょ?
戦争するお偉いさん方悪いよねって今更なメッセージしか受け取れ無かったよ俺は。
そのわりに死肉たべたりもっと凄惨な部分は描かないってのも潔癖で薄っぺらな映画だよ

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:24:05 ID:llakRWoB
>>224
市丸の娘さんは歌じゃなくて作文読んだだけだろ。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:24:18 ID:Xx5fAfUj
戦争映画じゃなくて、人間ドラマだった。戦闘シーンはおまけと言ってもいいぐらいじゃないか。
個人的に好きな加瀬君が「スクラップ・ヘヴン」のようなまたもやハマり役だったので
殺された時は本当に自分が殺されたような気になって怖かった。そして二宮からもらい涙。

231 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 02:24:19 ID:vSL/c6Li
>>221 バカ言っちゃいけない デビルマンはもっと凄かった スレが四つくらいあってすべてのスレがこのスピードで進行していた

232 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 02:24:22 ID:CvZiIZUY
TOHOシネマズ浜松は土曜の320席のスクリーンのレイトは満員だったが、
日曜のレイトは半分だった。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:24:27 ID:fsVUMy/u
>>227
話を逸らすのに必死ですねwww

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:24:33 ID:MxntX3ES
>>196
東京池袋
満員
父親の星条旗より多かった

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:26:18 ID:24TK5mgm
>>233
イーストウッド全部見ているから有能だと思うけど。
見てもいないのにイーストウッドよりも有能な監督は
腐るほどいるというのはなぜ?
つりだろうから、ここらで止めたいんだけど。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:27:11 ID:w9OTXSTY
>>219
俺も感動しますた。

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:27:54 ID:D59GOJu7
>>227
その"今更"がわかってない人が多すぎるんだよね。その点をイーストウッドは批判して
この二作を作ったみたいだ。つまり想定する観客はちょっと無知な人。
言われなくてもわかっとるわそんなこと、と言いたくなる人が出てくるのは当然かも。

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:28:12 ID:Rhd3s7jz
>>218
靖国神社は、残念ながら先の大戦を聖戦視しているよ。

それは栗林中将の合理性を尊ぶ精神と言うよりは、非合理な
精神主義を礼賛する無能な将官たちの愚かさに近いのではないか。

239 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 02:28:50 ID:vSL/c6Li
>>219 それは気づかなかった

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:29:21 ID:xy3Nvdcb
戦時中って生めよ増やせよで
20歳ぐらいで子供作ってる夫婦って
珍しくもなんともなかったんだよ
今の感覚とはだいぶ違う

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:29:25 ID:oBnBesj+
日本人が描こうとしても今の日本の諸事情で描けない名作
これこそ後世に伝わる名作映画だろうね
クリント・イーストウッド万歳と言いたいよ

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:29:53 ID:MxntX3ES
>>214
>火炎放射器で丸焼きにされるのも、大砲で身体が吹っ飛ぶのも、




手榴弾で頭ゴチして天皇陛下万歳と次々と自爆するシーンの方がえげつなかったよ・・・・
その後の上半身が吹き飛んだ死体やら腕やら散乱してたじゃん・・・
父親たちの星条旗でも、なんか戦闘の合間合間に急にショッキングなシーンをパッっと入れるね。
戦闘の流れから起きちゃったような映像じゃなくて、なんか意図的にパッっと・・・

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:30:14 ID:24TK5mgm
>>241
そういう意味で太陽というロシア映画もあったよね。

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:30:53 ID:oBnBesj+
>>238
言っている意味がわかりません

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:31:08 ID:K4DXaNp9
低予算でついでに作った映画が日本で大ヒットで
製作会社はウハウハだろうな。

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:31:11 ID:KMGUF/O4
悔しいね。日本人にこれが撮れない事が。

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:31:28 ID:llakRWoB
>>233
だ・か・らー監督名言うてみ。腐るほどw

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:32:09 ID:oBnBesj+
>>243
なにそれ?
観てないけど話題になった?
田舎なので上映されなかったのかなぁ?

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:32:28 ID:24TK5mgm
>>245
イーストウッド映画は基本的に低予算。30億円くらい。

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:32:45 ID:fsVUMy/u
>>235
クリントの映画を観ただけでアメリカ最後の巨匠とまで評価できる根拠はないんだろ?
それにお前の理論だと他のハリウッド映画監督の作品も全て鑑賞しないと比較できない。
いい加減盲信でしたと認めろカス。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:34:23 ID:Rhd3s7jz
>>248
ふーん。

そうだろうね。田舎では上映しないって所が多そうだ。

というか、話題作だけあって映画に詳しくない人たちも大勢映画板に
来てるんだね。それはそれで悪いことではないな。

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:34:24 ID:oBnBesj+
>>246
横田さんの映画もしかり・・
この国は半分日本人じゃないんだろうね

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:34:48 ID:2ZQ7W7mz
>>226
祖父は足が悪いので人の多い日は
よくないと思ったので

でもネット予約ができるなんて初めて知ったよ
ありがと


254 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:34:53 ID:K4DXaNp9
>>248

おい!w
田舎とか関係ないぞ。ネットに接続してんだろ?

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:35:02 ID:X63VYduC
この映画が面白いのはよく解ったからさ、
他のスレにまで出張してこないでくれないか?
下手にアンチ増やしたくないんならさ

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:35:07 ID:Am6gjbIq
>>249
それでも日本だと超大作!!とか煽られる規模だよね。
悲しくなってくるわw
資金でも内容に色々制約やバイアスがかからざるを得ない現状はなんとかならんもんか

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:35:44 ID:24TK5mgm
>>248
昭 和 天 皇(はあと

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:36:04 ID:aGMhbjEm
>>250

くだらないやつ。

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:36:59 ID:oBnBesj+
>>251
いつもは違う板にいるんだけど、この映画を観てしまって
ずーーーっと引きずっているんですよ
邪魔ですか?
太陽っていうロシア映画のDVDはレンタルしてます?

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:37:30 ID:llakRWoB
ID:fsVUMy/u
有能な監督まーだー。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:38:42 ID:oBnBesj+
>>254
ぐぐったらこれがでてきたよ
http://www.narinari.com/Nd/2005064631.html

観たい!!!

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:39:22 ID:80uCr4CB
私も学生だが、彼女が嫌がったので、二作とも一人で見た。
感想としては、やはり戦争を過去のモノとして一纏めに見てきたことが情けない。
義務教育過程で余りにも日本の関わった戦争について教えなさ過ぎる。
靖国問題や戦争論に対しての積極的な議論を封殺する意図を感じずには居られない。

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:39:23 ID:s+pMA4YO
>>210
ウチの辺りも田舎のシネコンで14時300席ほぼ満席でした。
車椅子で家族に付き添ってもらって久々の外出…
みたいな、じいちゃんばあちゃんが多かった。
都市部よりも地方の方が興行良さそうだね。
田舎はまだまだ戦後引きずってる人多いんだな。
平日も天気が良ければ伸びるかも。

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:39:48 ID:24TK5mgm
>>250
ID:X63VYduC続けろ。で?

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:40:09 ID:QIbaWKW0
わたしは高校2年生です。母と見に行きました。
戦争映画を映画館で見たのは初めてでした。
見る前は、硫黄島で起きた戦争について全くの無知でした。
この映画を通して感じたことは、
今の自分がなんて幸せでなんて情けないんだろうということです。
つまらないことで、もう死にたい・・・とか、
「一生懸命」生きることに必死になったことがナイ自分が、
ただただ情けなくなりました・・・。
過去の日本において、こんなにも残酷な歴史があるのに
そんな過去があるから自分がいるのに
そのことを多くの人が伝えようと努力している人もたくさんいるのに

自分は何一つ戦争の恐ろしさや重さがわかってなかった・・・。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:40:23 ID:fsVUMy/u
>>258
それで精一杯の反論か馬鹿がwww

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:41:46 ID:bpoc6FUj
ソクーロフの『太陽』は秀作
今まで観た中で最も静かな戦争映画だった
戦争映画というよりは人間ドラマに近いっていう点では硫黄島と同じかも

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:42:01 ID:Rhd3s7jz
>>259

もちろん居てもいいよ。邪魔じゃないと思うし。。

それから数年前から比べると、板の専門性はどんどん低くなってる
ように思う。ある意味、映画にそんなに詳しくないという人にも門戸
を広く開放しているんだとも言えるんじゃないでしょうか。

オタク的な濃さや深さよりも、もっと大衆的な間口の広さを選択したの
かも知れないね。最近の映画板って。

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:42:40 ID:CuxupLEX
これ見て靖国とか言い出す奴頭わるすぎる
靖国は宗教なんだよ墓参りじゃねーんだよ

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:42:47 ID:rWhmeXFU
>>267
同意
「太陽」の劇場公開数少なかったような
そして、なんで、公開する日時を伸ばしたんだろ?

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:44:17 ID:oBnBesj+
>>265
高校生なのに何て素晴らしいコメントなんだ。・゚・(ノД`)・゚・。

272 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 02:44:17 ID:vSL/c6Li
時代劇が好きな自分には栗林中将が戦国武将の真田幸村に似てるなぁって思ったよ

現場での「戦術」は得意なんだけど、国全体での「戦略」に恵まれていなかった所が共通している

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:45:24 ID:rcocaBbx
墓参りの前にこういうタフな連中を
目的も勝機もない戦いで使い捨てたアホ指導者どもとそのアホどもの支配を
受け入れた俺たちの歴史&精神性を反省すべきだろーよ

それが本当の供養って奴です

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:45:44 ID:rWhmeXFU
>>265
これほかの板にもはっとくか

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:46:34 ID:K4DXaNp9
なんか変なやつがいるが、イーストウッドが映画作家としてアメリカで現在
一番評価されているというのは常識に近いんじゃね?
他にだれだ?ウッディアレンは小粒だし、スコセッシは最近どうも・・・

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:47:14 ID:LFEySe7L
ttp://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324563/rid294/p1/s0/c1/

アンカーもついでに
それYahooレビューだ

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:47:28 ID:0e4QQRS7
賛否両論があるのは当たり前だが、
ここで二宮を全面否定してる奴は恐い物知らずだな。
二宮を否定する=イーストウッドの役者を見抜く目を否定しているわけだからな。

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:47:36 ID:Mb99QJjD
>>265みたいのがいたら、クリントも役者も本望だろう

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:47:39 ID:oBnBesj+
>>268
ありがとうございます

でも、CMが多いし、渡辺謙は報道ステーションにでるわで
宣伝効果で観に行っている人も多いと思います
私もその中の一人でしたが、少しでも史実を調べる事になり
この映画には感謝してます

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:48:08 ID:/fHu40Ya
>>274
布教活動気持ち悪いっすね…

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:49:44 ID:RYr8Y2Ng
そういや二宮はジャニだったな
すっかり忘れてた。
自決以降は完全にはまっていたな。
実は二宮こそが当時の日本兵っぽいんじゃないかって
今更ながら思ってみたりもする。
小柄だし。

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:49:55 ID:K4DXaNp9
高校生がこんな時間になにやってんだ!!!


283 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:50:20 ID:fsVUMy/u
>>275
ソースもないくせに痛過ぎる発言は控えた方がいい。

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:50:33 ID:llakRWoB
>>265
うそくさw
誰が国の為に死ぬかアホ!が今の高校生の本音だろ

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:50:40 ID:O8UxmFqE
『お前が「死にたい」と言って無駄に過ごした今日は
昨日死んだ奴が一生懸命生きたかった明日なんだ』

自殺板で前に見かけてガツンとやられた。
この映画見て同じようにガツンとやられた。
死にたいと口にしなくともそれに充分近いんじゃないのか今の日本は。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:51:40 ID:rWhmeXFU
自殺板なんてあるのか

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:52:44 ID:yKchNN5b
「太陽」うちの田舎の単館でやっと来週からかかるよ。
フィルム焼いてなさそうだから今後上映する地方もあるんじゃないか?
しかし狙ったようなタイミング。秀作なのか、期待しよう。

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:53:41 ID:D59GOJu7
>>285
>『お前が「死にたい」と言って無駄に過ごした今日は
>昨日死んだ奴が一生懸命生きたかった明日なんだ』
この手の言葉、どうもピンとこないのは俺だけ?

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:54:00 ID:O8UxmFqE
>>286
2ちゃんじゃないけどな。

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:54:20 ID:y79gZpZk
>>285
バカじゃね?他人は他人だよ。
永久に交わることのないレールの上を歩き続ける他人。


291 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:54:38 ID:EW7x+hNN
この糞映画、脚本がアイリス・チャンってホント?

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:55:12 ID:MxntX3ES
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324563/rid100/p0/s0/c0/

↑そういえば子供の頃小学校の教師がこういう人ばかりだったなぁー(棒読み

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:55:17 ID:bpoc6FUj
>>288
別にいいんじゃないか?
硫黄島だってピンとくる奴もいればこない奴もいる
言葉や表現なんてそんなもんだと思うよ

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:55:20 ID:oBnBesj+
>>262
歴史に目を背けてはいけない
日本の史実くらい知っておくのは日本人として常識と思う

俺は嫌がった彼女にこういうウンチクたれて連れて行ったw

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:56:06 ID:RYr8Y2Ng
>>267
人間ドラマだったら
古いけど
「砂漠の鬼将軍」も良いんじゃね?

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:56:11 ID:llakRWoB
>>288
自殺者の気持ちを全然分かっていない文章だよねw

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:57:16 ID:ui5gxYwO
古舘伊知郎は左?

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:58:11 ID:y79gZpZk
>>296
そうそう。
自分は幸せな奴に限って他人に死ぬなとか周りが苦しむとかぬかす。
一番苦しいのは当の本人だって簡単なことにどうして気づけないのかな。
おまけに、死ぬな死ぬな言うくせにろくな手助けもしないから手に負えないよ。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:58:23 ID:bpoc6FUj
そういやワールドプレミアも封切りも
藤原紀香とお笑い芸人の結婚ネタに潰されてるな

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:58:32 ID:K4DXaNp9
>>288
まあ、でも甘ったれた理由で自殺するやつよりも、
本当に生きたいと思いながら死んでいく人間が圧倒的に多いのも事実だな。

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:59:11 ID:Rhd3s7jz
>>275
新作THE DEPARTEDは凄いらしい。インファナル・アフェアを越えたかどうかは
知らないが、ともかく絶賛されてるのは確か。

ところでイーストウッドが有能かどうか?という話題が一部で続いているよう
ですが、それって愚問では?
胸を打たれた人にとっては名監督だろうし、そうでない人にはフツーの監督、
見ていて胸糞悪くなった人にとってはクソ監督ってことでしょう。

最近のイーストウッド映画の評価は非情に高いのは、それだけ胸打たれた人々
が多かったということでしょうか。私も「ミスティック・・」「ミリオン・・」
と、後味の悪さを含め、感動を覚えました。泣いて笑って、だけではない複雑
な感興を引き起こす立派な才能を持った、有能な監督だと思います。

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:59:45 ID:D59GOJu7
>>296
自分の立場になったら、生きたいと言ってたやつもどうせ死にたいと
言いたくなるだろうって思うし、死にたいと言って過ごす日々も無駄とは思えんし。


303 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:01:00 ID:y79gZpZk
>>300
低賃金重労働とか極度の鬱病とか老老介護とか自殺者で甘ったれてる奴なんていない。
おまえが甘ったれて毎日生きてるんだろ。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:01:22 ID:BfLWaffk
レス番が飛ぶ飛ぶw

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:01:37 ID:Mb99QJjD
全てに対して真摯な映画って初めて見たな
監督すげーわ

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:01:47 ID:24TK5mgm
普通に人それぞれだろ。

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:01:50 ID:K4DXaNp9
硫黄島で死んでいった人間も、お前の立場だったら死にたいと言いたく
なるってか?冗談も休み休み言えよ・・・

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:02:27 ID:bpoc6FUj
でも今この状況だと嫌が応にも
>昨日死んだ奴=硫黄島で戦った兵士達
っていう構図になる
あんな地獄でも一生懸命生きたかった人は大勢いたんだろうな

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:02:32 ID:/fHu40Ya
>>301
24TK5mgmの発言が原因だから。

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:02:43 ID:y79gZpZk
>>307
ん?話が通じない。
彼らが現代に生きて、重労働の職場でイジメまで受けたら死にたくもなるだろ。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:04:20 ID:80uCr4CB
>>294 素晴らしい!!
グロが全く駄目で、学校では習わない歴史だからと言っても無駄ですたorz
極めて普通の人が戦地に駆り出され、国家に利用されたり、死に行く有り様は見ておくべきだと思ったのですが。

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:04:39 ID:oBnBesj+
>>308
栗林中将も最後のほうで言っているじゃないか
祖国の為に死を覚悟しても家族の為に生きたいと思うのは・・・って

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:05:13 ID:K4DXaNp9
>>310

本気でそうおもってるのなら、もう重症だな。
死んでもいいよ。

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:05:26 ID:RYr8Y2Ng
何、この人生談義?w

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:05:54 ID:D59GOJu7
世界一の自殺率(当時)
兵隊サンも今時の若者である
http://www.warbirds.jp/heiki/jisatsu.htm

こんなのあった。


316 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:06:45 ID:MxntX3ES
映画を見終わって映画館を出たら
ちょっと繁華街のネオンと夜空を見上げてしまったかな・・・
 

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:06:52 ID:y79gZpZk
家族のために死ぬってのはきれいだけど
家族のため「だけ」には死ねないんだよね。
国が残れば自分勝手な為政者も嫌な人間もみんな生き残ってしまう。
ってかそういう類の人間のためといったほうが正しい。
当時に人間は洗脳が効いてたから「家族のためだーー!」の掛け声ひとつで
みんな何の疑いももたず、利用されるだけの戦いに走った。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:07:43 ID:RYr8Y2Ng
あんたらって明日学校とか仕事とか大丈夫なの?

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:07:54 ID:u9h1o4zL
さっきTVに加瀬さんがでてていい事言ってました夕陽をみて綺麗だと思う人も退屈だって思う人もいるけどその退屈だと思える当たり前なことがいかに幸せかと気付かされた。 私今こうしてカキコしてる事さえも幸せだって思えます。

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:08:00 ID:oBnBesj+
>>311
今年、初めて選挙(地方)に行った彼女だけど
共産党に入れたと言っていた
たぶん、次回からは共産党はないだろうと思っているw

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:10:08 ID:oBnBesj+
>>318
もう3年生なので余裕

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:10:08 ID:IatFbrji
途中で長野県の少女たちによる歌を聴く栗林中将がいるよね。
やはりあの瞬間に、家族を思う気持ちと軍人として潔く死ぬという心が
一つになったような演出をしているんだよね。

それが非常に素晴しかった。
故郷を守ること=家族を守ること と同義に成った瞬間なのかなって

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:10:21 ID:5p6QNbbR
前スレ>>737
福島まる穂先生、お疲れさmです

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:10:23 ID:/fHu40Ya
戦争の目的は国のために死ぬのではなく、国のために敵を殺す。
すぐ自決とかする奴は敗戦間近でお頭がイカれちゃったから。

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:11:26 ID:y79gZpZk
>>320
むしろ自民党がないのでは。
自民こそこの映画と同じ、国民を使い捨ての駒にした政府の残滓だからな。
自民党に入れちゃうと安倍の一声で自決。手榴弾ハンバーグになっちゃうよ!

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:11:50 ID:Rhd3s7jz
>>313
なぜ?>>310が言ってることって実に正しいと思いますよ。

自殺志望者に「甘えるな」とか「がんばれ」とか「無念の死を余儀無くされた
人々を思え」とか、そんな説教をしても仕方がないのでは。

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:13:28 ID:y79gZpZk
自民の議員とかトヨタの役員だとか金だけあって品のない連中だけが残る国のために
戦うくらいなら、占領でもされたほうがマシってもんですよ。

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:14:06 ID:80uCr4CB
>>320 それでも次も共産党に入れれば、日本の現状を理解していると言えるのでは無いでしょうか。
自民党の対立軸として、あくまでも野党としての共産党に入れるしかないわけで。
ただスレ違いなので、この話はやめときましょう。

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:15:19 ID:y79gZpZk
自民なんて一番戦争の悲惨さと近い政党だもんな。
まともな知能のある奴なら誰でもわかる。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:15:47 ID:oBnBesj+
>>325
残念ながら自民党以外に選択肢がないのが実情
民主と社民の違いがわからないほど民主は腐っている
つうか、俺の選挙区は人がいないのが実情
小選挙区制をやめるべき

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:17:00 ID:oBnBesj+
>>328
その意見には同意
野党と呼べる野党は共産しかいない

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:17:07 ID:cF0oEolU
回転速杉w
自分はこの映画をかなり期待してて楽しみにしてたんだ。
でも実際今日観てみたら余りに辛すぎて何を期待してたんだって思った。
そんな映画じゃないのは分かってたはずなのに、全然分かってなかった。
思い出すだけで涙が出てくる。
だから最低だって分かってるけどなるべく思い出したくないんだ。
目を背けちゃいけないって分かってるけど無理そうなんだ。
そうしないと日常生活に戻れない気がするから。
自分はこの硫黄島を受け止めるには余りに現代人過ぎる、のかな。
いや、ただの弱虫の臆病者なだけか。
映画自体は素晴らしかったと思う。
頭悪い感想でスマソ。

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:17:27 ID:K4DXaNp9
>>326

別に説教してねえよ。罵倒してんだよ。
勝手に死ねば?


334 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:17:39 ID:CuxupLEX
>>325に一票
俺も次は自民は無いと思うよ
まー、だから共産ってのもないとも思うが、
ろくな奴いないんだから、コロコロ与党変えて政治家ども食いっぱぐれさせたらいいんじゃね
既得権益層全滅させるっつーか

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:18:21 ID:K9FFy/v8
>>242
確かにそこも目を覆いたくなるシーンだったが、潔いとされる自決というのが俺には非現実なもので、他人事のようだった。(他人事だが)今の時代潔い自決を良しとする考えがないからかな。
登場人物に感情移入してしまい、自分が戦場に放り出されたらどうなるだろうと考えてしまって、むしろ火炎放射器や大砲の敵にやられるシーンの方がショッキングだったよ。

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:19:44 ID:oBnBesj+
>>332
頭悪くないから、そこまでの感想が書けるんでしょ?
日本人の悪い癖ですよ、自分を卑下するのはw

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:20:12 ID:rba5J6DJ
>>218

遺骨収集ボランティアしてこい、バカが。

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:21:03 ID:Fs/dfe29
「発見だったのは二宮君。彼の演技は胸に染み入った」

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:22:24 ID:Mb99QJjD
>>332
いや、俺も実は夕飯食って無いんだ
グロとかじゃなくて何か食えなかったんだよね
目がさえて眠れないし

西郷の表情が頭から離れない
でも、辛いけどもっかい見に行くよ
学校の友達誘って行く
その前にとりあえずは、明日一生懸命生きようと思う

弱いなー俺も

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:23:05 ID:D59GOJu7
>>332
どの場面を思い出すと涙があふれたり、目をそむけちゃうの?
一時的に日常生活ができなくなっても、いいことだと思うよ。

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:23:22 ID:oBnBesj+
>>337
許されるものならしたいねw

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:26:04 ID:yxpEgipF
>>96
「しかし私達に理解するのが難しいのは全ての国の人たちが同じことをしたんだ。
結局のところ全ての日本人も普通の精神を持っていたということだ」
     ↑
この訳はおかしいだろ。

しかし日本人すべてがそんなふう(に残忍)であったとはどうしても思えない。
結局のところ、日本人にも(他の国の人たちと同じように)まともな心を持った人と
そうでない人がいたということだろう。

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:26:19 ID:bpoc6FUj
>>332
自分も初日に舞台挨拶と本編見てから何も手がつかないよ
今週提出のレポート書いても論点ずれるのは目に見えてるから諦めた
目を背けずに日常を放棄してみるのも悪くないと思う

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:27:42 ID:D59GOJu7
物狂いと呼ばれた人たちがいてね、彼らは、葬式といった気を紛らわす事を
否定し、悲しい出来事にいつまでもとらわれていて日常生活が営むことができないんだ。
でも、物狂いが狂うさまは人々にとって見るべき価値のあるもとされていた。
知らず知らず忘れてしまった、大事なことを彼ら物狂いは思い出させてくれるからだ。

長々と何?って感じだけど・・・>>332なんかはものぐるう瀬戸際だね・・・

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:28:55 ID:K4DXaNp9
>>338

だれの言葉?

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:29:20 ID:oBnBesj+
>>338
将来が楽しみだね
俺より二つ上とは思えないよ

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:29:36 ID:CuxupLEX
メンヘル板っぽくなってきた件について

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:29:55 ID:aAUTSy81
>>332,>>339
なんか、小学生が初めて「はだしのゲン」を観ましたって感じだなw
おそらく今迄に、戦記物とか当時の手記とか全然見た事無かったんじゃない?

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:30:21 ID:Rhd3s7jz
>>322
私の解釈では、違いますね。
国家と個人との齟齬、あるいは対立を描いたものだと思います。

自殺にも等しい突撃を敢行するような「愛国」と、家族を思う気持ちは
どこかちぐはぐで行き違っているような気がします。

栗林は前半「この戦いにも意味はあるんです」と断言しますが、結局の
所武人としての責務を全うして散華するという行為と、家族への想いと
を重ねることが出来たとは思えない。彼の心は二つに切り裂かれていた
のではないでしょうか?

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:30:39 ID:y79gZpZk
掲示板に彼女とか書き込んでるやつって
例外なく穴ぼこがあるだけの醜い生き物を連れてる

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:31:22 ID:D59GOJu7
え!二ノ宮って23だったのか。21の俺より年下かと思ってた。

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:31:37 ID:CuxupLEX
蛍の墓とか毎年のようにTVでやってんじゃん
なんで>>332 >>339みたいなのが出てくるのか不思議

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:32:08 ID:yxpEgipF
>>348
今の日本人10代20代の戦争耐性は小学生並みだよ。
だからこそクリントもそのことを危惧しているわけで。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:32:59 ID:oBnBesj+
>>349
硫黄島の指揮官を断った人物の代わりに栗林が任務についている
彼はアメリカ在住の経験もあり、日本とアメリカの力の差は歴然と悟っている
にも、かかわらずだ・・・悟れ

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:32:59 ID:K4DXaNp9
>>349

本当のところは本人にだってわからないだろうな。

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:34:03 ID:bpoc6FUj
西郷が歳上なのは認める
だが二宮が歳上だなんて認めない

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:34:37 ID:y79gZpZk
今のこの時代召集令状なんて出されたら
絶対靖国とか国会とか襲撃する奴でるだろうな

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:34:51 ID:QIbaWKW0
しかし見てる間辛かったな。開放されて行ったヘルスがまた格別

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:35:09 ID:Rhd3s7jz
>>354

ナニを悟れと?

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:35:09 ID:RYr8Y2Ng
>>349
それだと完全な日本人的な思考じゃん。
君はアメリカ人を知っているのか?
彼らの思考はプラグマティズムが根底にある。
彼らは全て事実から出発する。
そしてその事実を即してストーリー性をかぶせる
今回の作品もそうしたアメリカ人特有の手法に基づいた描写にないかね?

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:35:49 ID:rba5J6DJ
>>341

http://www.nishinippon.co.jp/media/news/0004/asia/asia_8nd.html
http://volunteer.yahoo.co.jp/category/international_cooperation/588603719/
http://www2.gizo.net/solomon/index2.html


362 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:36:10 ID:oBnBesj+
>>356
西郷は30代
ジャニタレの二ノ宮は23歳
その辺の改竄は製作中のコメントでも言っている

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:36:33 ID:aAUTSy81
>>352
ヒント:「ゆとり教育」「未履修」

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:37:04 ID:yxpEgipF
>>349
「天皇陛下万歳」「大日本帝国万歳」と叫んで突撃した兵士たちも、心の中では
もっと具体的な家族や郷里の姿を浮かべながら死んでいったに違いないと思う。
それは天皇や国家という抽象的な表現の中に、愛する者たちへの思いを重ねて
同一視していたということにはならないかな?

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:37:48 ID:oBnBesj+
>>359
栗林の前に任務を命じられた人物は任務を拒否している
栗林は勝ち目が無いのをわかっていながら受けているってこと

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:38:44 ID:y79gZpZk
しかし2ちゃんのウヨってわかんねーな。
靖国万歳!とか言ってる割に皇太子のAAおもしろおかしく貼ってたりするし。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:39:51 ID:yxpEgipF
>>362
それを言ったら裕木奈江は36歳。
13も歳が違う姉さん女房になってしまうw

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:39:53 ID:D59GOJu7
>それは天皇や国家という抽象的な表現の中に、愛する者たちへの思いを重ねて
>同一視していたということにはならないかな?
調子のいい考え方だよな。命をかけることにまったく値しない。
当時の兵士たちは安直すぎるし物分りがよすぎ。
政府から見れば動かしやすいだろうがな。

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:39:58 ID:K4DXaNp9
>>361

>>341の人生が、今晩大きく変わった予感。


370 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:40:08 ID:rba5J6DJ
2ちゃんのウヨは在日と韓国と中国を叩きたいだけで
ウヨやってる自己厨ウヨだ。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:41:07 ID:oBnBesj+
>>367
あいつ36歳にもなるのかw
でも北の零年よりマシw

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:41:11 ID:IyvsfFP0
金がないから、なんとか親と一緒に見に行こうかと画策中だが、
普段、映画なんて劇場で見ない親だから見込みが薄い・・・_| ̄|○

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:41:33 ID:hujVTwac
>>362
西郷の年齢設定は最終的になくなった。
イーストウッドが年齢は気にするなと言っていた。

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:41:53 ID:y79gZpZk
ID:oBnBesj+がなんか気持ち悪いんだけど…
こいつ年齢絶対偽ってるね。感性が違うもん。

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:43:27 ID:K4DXaNp9
>>367

その年齢の事実恐いなw
日本人のオレでもびっくりするくらいだから、
アメリカ人とかが知ったらどういう反応だろうw

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:44:06 ID:Rhd3s7jz
>>360

どういう点が「日本人的な思考」なのでしょうか?

国家の思惑に翻弄される英雄ならざる個人を描いた「父親たちの星条旗」。
国家と個人の想いは同じ、と断言した若き帝国将校が、結局国家に無念の死を
強いられる「硫黄島からの手紙」。

違う国の、同じ悲劇を描いた映画とは言えませんか?

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:44:40 ID:Fs/dfe29
>>345
毎日新聞の映画評だお

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:44:49 ID:aAUTSy81
>>349
栗林中将は、他の戦線のように安易な「バンザイ突撃」などはしなかった。
「一人十殺」「最後の一兵まで、ゲリラとなって徹底抗戦」を唱え、その通り実行したという、日本陸軍の将校の中でも希有な存在。
最後の突撃も、米軍に追い詰められた末に全滅を覚悟した挙げ句の行動でした。

という、硫黄島戦の基本的な知識もない癖に、偉そうに「私の考えでは〜」などと騙らないでくれるか?
最低でも、Wikiで「栗林忠通」や「硫黄島の戦い」を牽いて最低限の勉強してから、レスすべし。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9E%97%E5%BF%A0%E9%81%93
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:44:50 ID:bpoc6FUj
二宮の実年齢が23歳なことに驚くのか
祐木の実年齢が36歳なことに驚くのか

それにしてもあの顔で23…おかしいだろ

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:45:28 ID:oBnBesj+
>>373
そうなの?
西郷と西の年齢を入れ替えた製作になったと
どっかのサイトで読んだけど?
>>373
お前が気持ち悪い

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:47:10 ID:hujVTwac
>>380
30代と言われたけどイーストウッドが撮影の時に
年齢は気にしなくていいと言ってたそうだ。

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:48:12 ID:lHyIlOLy
初日見てきたよ。ココのみんなの感想通り..
しょーーっもないデスノとか7とか見るよりは金払う価値があるね。
クリントにいろいろ教えられたことが日本人として恥ずかしくてしょうがない..。
邦画嫌いの俺が日本人俳優の映画で感動してしまた。
日本の監督ってホント糞しかおらんな..悔しくないのか??
後「日本のきもち。アメリカのきもち。」とかいうコピー作った奴マジで氏ねと思った。

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:49:01 ID:oBnBesj+
>>381
そうか、
栗林中将が戦死した年齢が52歳を考えれば
渡辺謙は5歳年上の役だしね

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:50:51 ID:K4DXaNp9
>>377

ありがとう。これだね。
日本では作れない戦争映画だ、というのには同意。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/review/news/20061208dde018070067000c.html

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:51:35 ID:bpoc6FUj
17歳の清水役を32の加瀬がやったって時点でぐだぐだだったんだな…

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:51:57 ID:Rhd3s7jz
>>378
ウィキが便利なのは解ってるし「父親たちの星条旗」の時から何度か利用
してます。

でも、君の発言と私の考えは別に矛盾などしてないと思いますよ。
武人は潔く散華すべしという考えと、家族への想いは本当に重なるのか?

パーティ会場でも国家の思いと個人の思いは違わない、と断言した若き
栗林でしたが、映画のラストでは果たしてそうだったのでしょうか。


387 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:52:36 ID:aAUTSy81
>>379
この人も24歳でしたw
----------------------------             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   /働いたら負けかなと
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <      思っている
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /   ttp://www.gazo-box.com/wara/img-box/img20040724044408.jpg
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|
/,,,,,,,    ::::::::\\::::     :::|__ 
/::::::'''-,     ::::\\____ノ '''l__
::::::::::::::::ノ        \____,,-''':::::\
::::::::::/                    ::\
\/                       \
'                           ヽ


388 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:53:39 ID:RYr8Y2Ng
>>376
ちょっと勢いで書いたんでごめん。
俺自身普段は米国系外資で働いているんで(今はクリスマス休暇中)、
周りは全て米国人で毎日彼らと接してるもんで。
まぁ、今と昔とでは違うんだろうけど、
少なくとも彼らはあなたの書き込みのような浪花節の感覚は持ち合わせてないと
思う。
後はなんだろ、俺が彼らと接したことによる印象(主観かもしれない)かな。
彼らは事実をもっと掘り下げて考察する。
同じ家族愛を描写するのにも星条旗と手紙では違うように私には映った。
このくらい。特にそれ以上の意味はない。
気分悪くしたんだったらスマソ。
おやすみ。

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:54:47 ID:5p6QNbbR
ちなみに、吉祥寺16:00超満員
初めて見た
たぶん次の回も満員だと思う

俺、いい映画だと思った
でも、これほどまで人を集めてスレも伸びてる理由がわからん

石原ちゃんの撮影許可の軍門にだけは下りたくないと思う次第

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:55:14 ID:y79gZpZk
自称外資系に戦争大好き青年、香ばしいメンバーですなあ。
まあいずれにせよ二宮とは比べ物にならんブサ顔が
モニターの向こうに並んでると思うと嫌になるね。

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:55:23 ID:0Ej2jeTy
>>374
お前の感性がいちばん浮いている件について

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:57:04 ID:K4DXaNp9
ID:y79gZpZk
ID:y79gZpZk
ID:y79gZpZk


こんな時間に変なのが・・・
いや、こんな時間だからこそなのか・・・w

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:58:50 ID:qHvudGVq
今日デートで観にいった
男友達といってたら靖国や思想云々について大いに盛り上がった
んだろうけど、さすがにまだ気心知れてない彼女に靖国だの天皇が
どうだの話しても引かれるだけだと思ってやめたw

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:58:55 ID:y79gZpZk
ID:K4DXaNp9
安倍のもとにいって下男にしてもらうといいよ。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 03:59:41 ID:ZnkfDtJm
中将の血縁者なんだけど正直見るのを躊躇ってる。
ラストは惨かったりする?

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:00:24 ID:oBnBesj+
>>390
顔は不細工かもしれんが顔関係あるのか?

しかし後世に残る名作だよ
クリント監督には長生きしてもらわないとね

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:01:03 ID:y79gZpZk
>>393
>>350

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:01:39 ID:D59GOJu7
栗林は米国留学してるから常識に縛られないプラグマティズムの影響を
受けてるのは当然だろう。万歳攻撃をせず、かつ部下たちを納得させることが
できたのは留学で学んだ明晰な論理と言葉によるんだろうな。
当たり前過ぎるんだが、持久戦はともかく攻める段は天皇陛下万歳アタックの
方が戦果はいいんだろうが、防衛戦には向かなそうだ。

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:01:45 ID:5p6QNbbR
>>374
わりとふつーじゃね?
>>392
嘘を嘘とみぬけn(ry
>>394
華麗にヌルーしr(ry
ちなみに、おれは>>392>>394とも間違っちゃいないと思う日和見主義者
後の大岡越前であr(ry

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:02:02 ID:oBnBesj+
>>395
血縁者じゃないな
血縁者なら観るはず

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:03:16 ID:qHvudGVq
ID:y79gZpZk

キモヲタ乙

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:03:34 ID:5p6QNbbR
>>398
はげ堂。
栗林の「海岸線を放棄しよう」の発言に対して
「合理的じゃない!」の反論があった部分、あれも個人的にひねりが利いててぐっときたお

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:03:45 ID:CuxupLEX
栗林のゲリラアタックは最初合理的だと思ったが、
結局バンザイアタックもある意味合理的なんだなと思った
長く苦しむ必要は無いというか

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:03:53 ID:D59GOJu7
>>390
くわえて強烈なルサンチマンがひとりw

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:03:58 ID:y79gZpZk
>>401
ブサ顔じゃないなら顔さらせばいいのに

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:04:53 ID:oBnBesj+
>>403
おまえIQ低いな

407 :402:2006/12/11(月) 04:04:57 ID:5p6QNbbR
>>403
そういうみかたもあるのか。。。
そうだよな。。。

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:04:57 ID:ZnkfDtJm
>>400 今の時点で見に行ってないのは俺くらいのもんらしい・・・。
母ちゃんが不機嫌そうに言ってた

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:05:30 ID:qHvudGVq
>>405
前純恋板でさらしたことあるお。

410 :402:2006/12/11(月) 04:05:57 ID:5p6QNbbR
>>406
いや、あの映画の趣旨としては、あながち>>403の意見も間違ってない希ガス

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:06:19 ID:y79gZpZk
>>409
カツーンの4割引くらいに見といてやるよw

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:06:33 ID:0Ej2jeTy
大人気だね「硫黄島からの手紙」
こりゃ大ヒットだ。

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:07:45 ID:qHvudGVq
>>411
ありがとう

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:09:04 ID:oBnBesj+
>>410
一日でも長く・・・これは祖国と家族を思う一心と
胸にキュンと来るし、意味があったかどうかの話は二の次だ

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:09:10 ID:5p6QNbbR
>>412
電車男より伸びるんじゃないか?
軍事とか他の板入れるとアホほど伸びてる
間違いなく大ヒットだろ

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:09:26 ID:D59GOJu7
>>403
ただ万歳アタックは徹底的な個人的な思考放棄のための無茶な教育が必要だから
そもそもかなり無理があるし、明らかにゲリラ戦を仕掛けるべきところで万歳アタックを
かましてしまうようなとち狂った行動をするという弊害が生まれるっぽい。
長く苦しみたくないのが行動の動機なら万歳アタックが合理的だし、
国への爆撃を遅らせたいのが行動の動機ならゲリラ戦が合理的だな。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:09:51 ID:CuxupLEX
>>406
馬鹿は黙ってろハゲ
そもそもアメリカに勝てると思ってた奴なんて、国家の偉いさんの中でも馬鹿だけだったんだよ
そう考えれば玉砕だの虜囚の辱めを受けるななどという命令も兵士の為を思ってこその物だった可能性だってあるんだよ

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:11:39 ID:oBnBesj+
>>417
アメリカに勝てないと判っていたのは栗林そのものなわけだが?
だから三流大学のバカは・・・

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:12:06 ID:K4DXaNp9
みんな熱いな、こんな時間に・・・
すごいよ、この映画w

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:12:26 ID:5p6QNbbR
>>414
うーん そりゃそうだ
でも、403は単純に
「バンザイアタックも祖国と家族の為になる合理的な選択肢の一つだ」と感じただけじゃないか?
詭弁のようだが、
「戦場で真に合理的な選択などあり得るのか?」
ということ?
それを考えさせる事がクリントの狙いの一つだったとすると。。。

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:12:44 ID:4MkcqsSr
黙って靖国参拝に行ってこいよ

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:13:28 ID:5p6QNbbR
と、高卒の俺がいってみるテスツw

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:15:01 ID:CuxupLEX
>>418
何言ってんだクズ
だから栗林のゲリラ戦が間違いだった可能性を指摘してんだろが
脳みそ沸いてんのか

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:15:25 ID:oBnBesj+
>>418は失言
すまん


425 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:15:28 ID:ZnkfDtJm
ていうかレス伸びすぎじゃねwww公開して間もないからすげえなwww

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:15:40 ID:B9p/Z8DQ
    , -.―――--.、   >>1-1000 緊急速報だ
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ  零戦、大和やチハたんが登場する あの有名なBF1942がなんと今なら2890円
  .i;}'       "ミ;;;;:}  MMOなどとは違い購入した後は一切お金はかからないと約束する 
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:| すでに優秀なMODも完成している もちろんこれらは無料だ
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|  リアルなWW2体験 アフリカ、西部、東部、太平洋戦線も充実だ ForgottenHope 
  |  ー' | ` -     ト'{  http://forgottenhope.bf1942files.com/main.php?module=about?=japanese 
 .「|   イ_i _ >、     }〉}  湾岸戦争 イラク軍となり鬼畜米軍を撃破しろ DesertCombat 
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'   http://www.desertcombat.com/ 
   |    ='"     |    密林のベトコン同志を助けるのだ Eve Of Destruction 
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     http://www.eodmod.com/about.php
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ その他にも多くのMODがある 君も忘れられないあの戦場へ
''"〜ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/   公式HP http://www.japan.ea.com/battlefield/1942/home.html 
               購入 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FOTJSK
               初心者FAQ http://bf1942-hp.hp.infoseek.co.jp/main/index.html
               WIKI  http://www4.atwiki.jp/battlefield1942/pages/38.html
               本スレ http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamef/1165675451/
               君も硫黄島で戦ってみないか?

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:17:04 ID:K2MJ8bFI
ちょいとスレ違いだが、今の政治家見ていると、
こういう有事の際、「自分の息子は前線から外すよう」手を回す連中ばかりに思える。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:17:26 ID:oBnBesj+
>>423
あれは、もう尽くす手立てがないから・・
どうせ生き延びれないだろ?


429 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:17:33 ID:ZnkfDtJm
>>427 そう?

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:17:51 ID:5p6QNbbR
>>423
言葉遣いは最低だが、>>418の意見に同意
映画が訴えていたのは、一義的な解釈を鵜呑みにする事のおろかさだと思う
俺には、だからこそラストシーンが人間讃歌に見えた


431 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:18:42 ID:D59GOJu7
>>426
この手のゲームの有名なプレイヤーに米兵がいて、そいつがイラクで戦死したって話を聞いたが
よっぽど戦争好きだったんだな。ゲームの経験は実際の戦場で役に立ったんだろうか。


432 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:19:12 ID:5p6QNbbR
>>424
ありじゃね?2ちゃんだし。w

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:20:05 ID:lHyIlOLy
ホント硫黄島に行って英霊にお参りしたいと思った..行きたい。
でも開放されてバカップルとかに海岸とか茂み荒らされたら...
やっぱこのままでいいのかな。でも行きたいな..


434 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:20:09 ID:oBnBesj+
>>430
フォローありがとう

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:20:24 ID:D59GOJu7
>>427
コネで大学や会社が決まるからな。延長として当然あるだろう。

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:20:26 ID:Rhd3s7jz
>>389
いや、国家を個人の尊厳に重ね合わせるような愛国の精神が
「浪花節」だと言うのなら、理解出来るのですけども。
例えば、>>322の発言のような。

栗林はパーティ会場においてはその「浪花節」を何のてらいも
なく素直に断言します。国家と個人の心は同じである、という
ようなことをです。
しかし合理的近代主義者としての栗林は、大日本帝国の軍部に
蔓延る非合理な精神主義を排します。
これは重要な作劇上のテクニックだと思います。

映画「アラビアのロレンス」では、主人公は最初から愛国者と
して強調されていませんでした。だから英国軍人でありながら
アラブを愛するロレンスの中に、矛盾に悩むような葛藤はあまり
見られなかった。
清潔な砂漠にアラブ独立の夢を追った若者の挫折物語として、
とてもストレートな語り口になっていると思います。

しかし「硫黄島からの手紙」の栗林はどうでしょうか。
精神主義に侵された大日本帝国と、己の信条を同一視する若きエリート
将官は、にも係わらず徹底的な合理的近代主義者であるのです。
つまり、彼の心は引き裂かれているのです。

家族を想いながら、散華する。その態度こそが、矛盾を孕んだ物だと
考えます。それが私の見解でした。

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:21:55 ID:5p6QNbbR
あ。おれまちがえてる
>>423
言葉遣いは最低だが、>>418への意見に同意
映画が訴えていたのは、一義的な解釈を鵜呑みにする事のおろかさだと思う
俺には、だからこそラストシーンが人間讃歌に見えた
ですた

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:22:19 ID:oBnBesj+
>>432
いや、勉学ができるから頭脳明晰ではないんだよ
勉強バカも多い

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:24:21 ID:5p6QNbbR
>>434
フォローになったような、なってないようなwスマソ

とにもかくにも、4時台に見ず知らずの人間と罵倒し合える2chの有り難みを再認識する次第であります。

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:28:06 ID:5p6QNbbR
>>428
>>432

>>422
う〜んw
漏れは、高校3年の秋まで「君は理3受けるんでしょ?」と言われていたけど、
「音楽やりた〜い」とかいっちゃって、身を滅ぼしかけてる人間なので
レスがしづらいw

今は正直、反芻してるorz

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:29:34 ID:oBnBesj+
罵倒のし合いは避けたいよ
でも、結局はこの映画の批評は左か右にしたい人が来るしね
そんな映画じゃないんだけど

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:30:32 ID:5p6QNbbR
連投スマソ
不勉強で申し訳ないんだが、
>>436の言う
国家と個人の心は同じである=浪花節
という論理がいまいちわからん。。。
職業軍人としての真っ当な発言
って解釈はNG?

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:30:47 ID:D59GOJu7
大物の思想家はたいてい真中

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:31:41 ID:oBnBesj+
イーストウッド監督は素直に言っている
このような歴史人物がいたことを知ってほしいと

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:32:39 ID:5p6QNbbR
>>441
ね、同感w 自分のレスを棚に上げて。
映画として評価するもよし、各々の思想に照らし合わせるもよし
でも、結局その度量を持ってるこの映画は称賛に値するとおいらは思うお
願わくば、このスレは映画としてのこの作品を批評する場であってほしいと
またもや自分のレスをたなn(ry

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:38:35 ID:oBnBesj+
>>445
第二次大戦史というDVDが500円で売っていたので買ってきたよ
米が撮影し販売している
もちろん硫黄島も収録されているが、彼らは蛸壺の硫黄島を赤子の手でも
ひねるかのような感覚で歌や踊りを披露しながらやってくる
だが、そこで見たものは想像を絶する戦闘だった・・・(米のフィルムより)

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:39:33 ID:5p6QNbbR
>>416
本当に申し訳ないです まったくアンカを確認していませんでした
よもや自分へのレスを頂いたと思わず読んでいました
申し訳ない。。。

>>442
での俺のレスは取り消させて下さい

これだから高卒は。。。orz

栗林さん(あえて)の苦悩は戦争に対する知識に乏しい僕にも理解できます

今日、一緒に映画を見た自分の連れに感想を言いました
「結局、栗林も、パワハラで自殺するサラリーマンもかわんねえんじゃね?」って。
ええ、DQN発言だとは思います。彼女もぽかんとしていました。

でも、なぜか自分はまるっきり間違っているとは思えないのです。


448 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:41:09 ID:CK87BGiv
10年ぶりくらいに映画みにいこうと思ってるんだけど、やっぱ人多い?
今日の朝のでも見ようかと思ってるんだけど。

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:43:57 ID:5p6QNbbR
>>446
結局のところ、アメリカ人がこの作品を見て
「すげー!あんなにソフィスティケーテッドされた日本人がいたのか!」
「でも、俺ら、勝ったもんねー」
の時代はもうやめようと
アメリカから手紙をもらったんですね
(ちょっと渡辺謙のコメントとかぶりますけどw)

でも、その手紙は随分前からアメリカから送られてきていたのかもしれませんね
彼らも、俺達も
やっと同じ土俵でこの史実を語り合える立場になった
その事を「時代に感謝」という言葉でくくってしまうのは、なんだかすこし
もったいないというか、俺らのじいちゃんの世代に悪い気がします。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:44:00 ID:oBnBesj+
>>448
田舎なのか少なかったですね
ガラガラでした
都会は結構多そうですが

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:44:25 ID:JZh3vXS8
初日に見に行ったけどもう一度見に行こうと思った。
何日くらい開けたら良いかな…

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:46:48 ID:5p6QNbbR
>>448
ちょっとレス違いかもですが、
ものすごい年齢層が広かったです
あらゆる年齢層の人が一人でもかポーでも見に行って不審がられない感じ
近年、あまり無かった感じでした

あ、おれ、配給会社の営業です
工作員です 本当にありがとうございました

ってレスしたくなるくらい俺、宣伝に貢献してるなw

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:47:16 ID:IuVz2qAn
>>447
話の前後は今北産業でよくつかめてないけどそういう解釈もありじゃ無い?

俺は最後自決する栗林中将みて中将の(硫黄島の)闘争が善戦の上の敗北に終わると同時に日本の滅亡を感じて残念至極な感情がみれて取れたよ。
パワハラの末自殺とは完全に当てはまるとは思えないけど、どこか一部通じるものはあるかもね。

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:47:25 ID:FK5OhDlT
日本人はなぜ自分たちを否定する者にペコペコするのか!

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:49:12 ID:IuVz2qAn
これだ・・・
少し覗きに起きてきたと思ったらすぐ変なのがわいて来る・・・orz
俺は寝るぞ!

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:51:47 ID:oBnBesj+
>>454
俺はしないね
自分の主張すべきことはするよ
日本のネジの会社だけど、スペースシャトルにも使われていて
従業員が13人で年商10億の会社があるんだ
普通の日本企業だとコスト面で妥協するはずなのに絶対に妥協しなかったおかげ

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:59:30 ID:Rhd3s7jz
>>442
国家と個人の心が違っていても、
やむなく従うのがまっとうな職業軍人です。例えばブッシュ政権の前国務長官
パウエルのように。
もし、「国家と個人の心が同じである」のが当然で真っ当だと言うのなら、
パウエルの味わったような「やむなく」というような苦悩は最初からあり得
ないことになります。

「硫黄島からの手紙」の栗林は合理性を尊ぶ精神から、そもそも対米戦争に
反対でした。しかし国家の決定に「やむなく」従うのです。彼の心は、何の
てらいもなく「国家と個人の心は同じ」と断言しながら実は矛盾しており、
切り裂かれていたと考えます。

「国家と個人の心は同じ」だと言うのなら、愚かな精神主義に殉じて華と散れば
良い。「国家と個人の心は違う」ならその場合「やむなく」従うのだから、それ
も又矛盾はない。
しかし、「国家と個人の心は同じ」と断言しながら「やむなく」従い、結局は
抜刀して戦場の露と消えた彼は、実に矛盾した存在です。イーストウッドは、そ
うした複雑な人物像を栗林に与えました。立派な仕事をしたと思います。

ていうか、寝ます。さすがに限界。5時だもん!!

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:00:37 ID:g9gMrO76
「父親達の星条旗」より良かったね
チハも忠実に再現されてた
「パールハーバー」のひどさに比べたら神の出来
クリントは凄い

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:00:59 ID:0Ej2jeTy
だめだこの映画引きずってしまう。
星条旗の方もだ。
これは陰謀だ。

日本人は同胞が2000人が死んだ硫黄島のこと知らなかったの? Oh OK
私は栗林に興味を持った、ではもう一本撮ろう、とクリント。

ただ撮った男がクセ者だった、イーストウッドだ。
おまけにバックにはSAYURIの怨念を晴らしたいスピルバーグがてぐすね引いている。
やっちゃれクリント、全部日本語でやるんだこれはハリウッドへの挑戦状だ。
馬鹿リアリズムのスピと彼岸の目を持つ男クリントのタッグだったからたまらない。
追悼どころか憑依に近い。
おかげで他の映画も見る気がしないいつも硫黄島のことばかり考えている。
じっちゃんもばっちゃんも観に来るからたまらない。
沖縄の平和団体の連中も真っ青だw

こりゃ陰謀だ。
クリントとスピは日本をひっくり返そうとしている。

無論いい方にね。


460 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:03:17 ID:D59GOJu7
日本のスピルバーグが生まれるのはいつのことやら・・・

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:04:25 ID:0Ej2jeTy
>>459
22000人の間違いでした。

462 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:06:18 ID:rjQ9xiyh
黒澤にひっついたり
イーストウッドにひっついたり

世渡りの上手いおっさんだな
まさに生き残った二宮そのもの

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:10:40 ID:oBnBesj+
日本のタブー
「天皇陛下万歳」
「靖国で会おう」
これだけでも意味あるだろ

真実を伝えられない日本

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:18:18 ID:pPggLxbg
D:5p6QNbbRです
申し訳ないです。。。。 サーバ規制に引っかかってしまいました
ご丁寧なレスを頂き、ありがとうございます。
無学な俺にいくつものレスを頂き、久々に2chの良さを実感しました。
ぜひ、いつの日か続きをさせて下さい。
おやすみなさい

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 05:51:41 ID:g9gMrO76
硫黄島はでるらしいね
自衛隊員も怖れる心霊島

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:08:56 ID:cSJrLBtH
他の戦争映画を見てもどこか他人事のようにしか
見られなかったが、この映画は自分が戦争にいったら
どうなってしまうのか考えさせられた。自分の中でもう少し
整理をしてからもう一度見に行きたいと思う。単なる過去の話
ではないよね。。。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:11:42 ID:O1POFyIy
ジャニーズの二宮が糞だった。
あれ、どーみても平成の軟弱男だろ。
あの口調、あの身のこなし、あのヘタレさ。
ちゃんと訓練受けて映画に出ろよ。

二宮が味噌汁を他の兵士によそって分けるシーンが
あるんだが、味噌汁こぼしまくり。
それだけでも失礼な話だが
そもそも硫黄島っつーのは一滴の水をも大切に
していたのに、なんでボタボタ味噌汁こぼせるんだよ。

上官に怒鳴られてる時もふてくされて
あんな現代風高校生みたいな香具師、当時存在するわけない。
あと、二宮の妻の裕木奈江にしても
赤紙来て、その場で、夫を兵隊に取らないで下さい!
って猛抗議するし
そんな女、当時の日本にはおらん。

なんでこんな違和感あるシーンを作るのか?


468 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:12:43 ID:0Ej2jeTy
>>467
あんた80歳?

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:16:26 ID:OQ4W92Cu
一昨日の朝一、名古屋ピカデリーで観てきました。
それほど混んでなかったけど、観終わった後ロビーには長い列が出来てたので、
そこそこ客は入ってると思います。
でも大ヒットしてほしいんで、今日、会社で宣伝しようと思います。

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:17:49 ID:O1POFyIy
>>468
お前が80歳か?

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:20:21 ID:eA7lHWxD
ジャニアンチの質が落ちるからやめろ。

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:22:20 ID:O1POFyIy
>>471
あんたは二宮を評価できるの?
味噌汁ボタボタや平成人口調を評価できんの?

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:22:53 ID:oBnBesj+
すまん、一旦布団にもぐったが
眠れない
>>465
過去に自衛隊板で経験された人がいたよ
寝る前はバケツ一杯の水を廊下だったかな
汲んで寝るんだって
朝は半分に減っていると書いてあった

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:31:22 ID:lr/yCYkq
西郷がみんなに味噌汁配って回るシーンなんてあったか?

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:34:04 ID:6Acy/VeF
日本人からみた硫黄島をアメリカ人が描く愚かさ
その映画を事実と疑問なく受け入れるオマエ等
かなり滑稽だよね

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:35:36 ID:oBnBesj+
>>472
そういうシーンは覚えてないが
二宮の演技より監督にいうべきだろう

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:37:30 ID:oBnBesj+
>>474
「今日も味噌汁か〜」って味噌汁を貰う場面はあった

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:39:04 ID:lr/yCYkq
貰うシーンは覚えてる。
けど配るシーンは記憶にないな。

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:39:37 ID:xjED0Mys
はっきり言ってクリントイーストウッドは糞だ

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:39:52 ID:O1POFyIy
>>476
>二宮の演技より監督にいうべきだろう

なぜ?


481 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:40:21 ID:oBnBesj+
>>475
アメリカ人が描いた映画だから真実が伝えられるんだよ
日本人監督が「天皇陛下万歳」なんて台詞入れたらマスコミの餌食になる

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:41:07 ID:4mpdiZAy
雑草汁じゃ?

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:41:58 ID:O1POFyIy
>>478
俺は鮮明に覚えてる。
栗林は「水の一滴は血の一滴」「各人は一日水筒一本で我慢すること」
と訓示してたくらいだから、あのシーンを見たとき
オイオイ!って突っ込んだ。

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:42:02 ID:oBnBesj+
>>480
水が貴重だったのに
撮影で汁をこぼしたら駄目でしょ?

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:44:20 ID:SG9U/Fs8
時々出てくる味噌汁ボタボタって何だ?
味噌汁なんて贅沢なもの飲んでないし、二宮が何かよそってたシーンなんてあったっけ?
野崎が水をよそってくれたシーンとか雨の中でのバケツリレーはよく覚えているが。

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:45:55 ID:O1POFyIy
>>475
実際のところ、俺もそれは感じてる。
アメリカ人の作った映画だから
やっぱり変なシーンはあるし
どっかしら、日本人が米国を好きにならせよう
っていう暗示みたいなのはある。
アメリカ帰りの栗林や西だけが良識があって
アメリカに行ったことのない武官は
常識はずれにあまりにも描かれ過ぎ。

あと、憲兵があまりに酷く描かれ過ぎ。

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:46:41 ID:oBnBesj+
>>485
>時々出てくる味噌汁ボタボタって何だ?

わからない
何の意図があって書いているんだろうね?

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:48:29 ID:NxELEaC9
>>ID:O1POFyIy
2回観たが、西郷が味噌汁配るシーンなんてねぇよ。
もう一回観て来い ドアフォ
毒吐くなら、もっと高尚な文面で宜しく!

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:48:49 ID:O1POFyIy
>>485
このスレ検索したが俺が初めてだよ。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:50:35 ID:O1POFyIy
>>488
じゃあ、そんなシーンもなかったか?
味噌汁だかなんだかボタボタ零して配るシーンは
絶対にあったぞ。

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:51:21 ID:6Acy/VeF
>>481
プロパガンダ映画に真実があると?

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:51:39 ID:oBnBesj+
>>486
この映画を製作するにあたって
クリントは念密な調査と取材を行ってますよ
そういう意味では史実に最も近い映画です

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:52:29 ID:lr/yCYkq
>>490
寝言言ってんじゃねーよ。

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:53:18 ID:cID51/xV
>>486

大半の軍人は世界観が狭かったし、
憲兵は似たようなことをしていた
当時を生きてきた者からすれば
違和感がない真実だったんだよ

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:53:24 ID:O1POFyIy
>>491
まだ、大和よりはマトモってところなんだろ。
角川春樹は意図的に「天皇陛下万歳!」を外したってことだ。

でも、硫黄島の一兵卒はヘタレの愚痴言いに描かれ過ぎ。
あんなヘタレ集団だったのかと誤解されるわ。

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:54:10 ID:oBnBesj+
>>491
そういう意図はこの映画に関しては全く感じられませんでしたね
観客にボールを投げているような・・・?
でもクリントははっきり言ってるんですよね
事実を知ってもらいたいと

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:54:38 ID:L2PmgUIi
最後さ、太陽が沈むのを見て一瞬笑みを浮かべたように見えるよね。
自虐的な笑みなのか
安堵の笑みなのか

太陽が沈むっていうのも、なんともいえないよね


あと味噌汁?雑草汁じゃ?

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:55:24 ID:O1POFyIy
>>492
近くねえよ。
例えば、赤紙来て、妻がその場で猛抗議するってのも
俺は初耳だ。そんなのないだろ。



499 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:55:29 ID:NxELEaC9
>>490
そもそもあの状況下で、味噌汁なんて贅沢なモン食ってるシーンねぇし。
雑草汁食ってるシーンだって、西郷は配っちゃいねーよ。
栗林の指示で、穴掘りから開放されて休憩時に水が配られた時だって
バケツと柄杓で配ってたのは西郷じゃねぇし。
コイツ本当に観たのか?
そこまでムキになんなら、どのシーンだか詳しく言ってみろよ。

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:56:59 ID:oBnBesj+
>>498
猛講義でもなかったでしょ
あの程度なら誰でも言いますよ
お腹に子供がいるんですからね

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:57:12 ID:O1POFyIy
>>497
雑草を具にしても味噌汁だろうが。
変なところで突っ込むな。

ボタボタ落としてたろと俺は言っている。

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:57:20 ID:NxELEaC9
映画に関して賛否両論あるのは然るべきだが、
ID:O1POFyIyはマジウゼ〜


503 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:58:26 ID:NxELEaC9
>ボタボタ落としてたろと俺は言っている。

だ〜か〜ら〜
西郷が配っちゃいねぇのに、どうやってボタボタこぼすのか言ってみろつってんだよ!
これだけの住人が、オマイのレスにポカーンじゃねぇかよ!

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:58:27 ID:oBnBesj+
>>499
映画も観ないで発言するなんて最低

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:59:45 ID:O1POFyIy
>>500
いない。
観てきたように言うなよ。
お前、映画関係者?



506 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 06:59:52 ID:Y6ea2hyJ
500なら大ヒット

2時間30分もあったのか
この尺で短く感じたのはいつ以来だろう
途中で少しおしっこしたくなったのが無念

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:00:01 ID:w+VxqFQs
>>504
それを言うなら、499じゃなくて490だべ!?

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:01:55 ID:oBnBesj+
>>505
日本人は沈黙する人ばかりではなかったと思いますよ
その辺は色々いらしたと想像できます
ただ、抵抗できないのは同じ結果なのですが

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:02:24 ID:O1POFyIy
>>503
ボタボタ落としてたろと言っている。
俺は記憶違いしてるとは思わない。
お前の記憶違いだと思う。

それに水だろと言ってる香具師もいたが
湯気が出ていたから明らかに水でもない。

しかし、ボタボタ落としてたろと俺は言っている。
それがまた、かなりの違和感があると言っている。
どーなの?違和感ないの?

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:02:56 ID:Uzlv1P6w
雑草汁、器の中で持ち上げてポタポタっと落として戻すところは
あったけどね。

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:03:18 ID:oBnBesj+
>>490
映画観ろ

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:04:45 ID:O1POFyIy
>>508
見たようなうそをつくな。

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:05:37 ID:43mRdAEa
西郷は雑草汁を配ってないんだが。

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:06:55 ID:eA7lHWxD
西郷と誰か勘違いしてるだろ。

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:07:10 ID:oBnBesj+
>>512
>見たようなうそをつくな。

だって、現実に共産の宮本だっていたじゃないですかW

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:07:11 ID:NxELEaC9
>>509
往生際が悪い厨だねw
だからどのシーンで西郷が配ってたのか、詳しく言ってみろつってんの。
雑草汁だって、野崎は自分から立っておかわりしに行ってただろ。
西郷自身はその横で、清水の話をしたり、パン屋を営んでた時に
憲兵に色々持ってかれた話を野崎にしてんのに、いつ配るだよ?

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:07:39 ID:O1POFyIy
なるほど

477 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 06:37:30 ID:oBnBesj+
>>474
「今日も味噌汁か〜」って味噌汁を貰う場面はあった




518 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:08:23 ID:NxELEaC9
>じゃあ、そんなシーンもなかったか?
>味噌汁だかなんだかボタボタ零して配るシーンは
>絶対にあったぞ。




オマエ、乖離性同一障害なのか? ダイジョウブか?

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:10:02 ID:3DFhdD7C
硫黄島に戦前まで民家があった事すら知らなかった。
でもいかにも貧しそうだったな。実際もそうだったんだろうな。

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:10:13 ID:oBnBesj+
>>517
そう、
言葉は残念そうなんだけど嬉しそうにコップの味噌汁を見つめていた西郷
(二宮君)

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:10:17 ID:NxELEaC9
>>517
寝ろ!

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:10:37 ID:Uzlv1P6w
>ID:O1POFyIy
2,3分おきにレスしていたのが間違いに気づいたのか?


てか、30分も前のレス>>517に「なるほど」かよ!

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:10:42 ID:6Acy/VeF
映画を真実と思える日本人はそうはいないと思うんだが
それに脚色しまくりのアメリカ映画だよ
このスレはアメリカ賛美のお年寄りが多いのかな
よくわからん

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:11:31 ID:SG9U/Fs8
>>509
お前こそ、いつ西郷が汁物配ってたのか言ってみろよ。
二宮叩きたいだけで観てないの丸出しだな。
汁を配ってたのは野崎、西郷は何一つ配ってない。雑草汁を文句言いながら飲んでただけ。

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:13:44 ID:NxELEaC9
>しかし、ボタボタ落としてたろと俺は言っている。
>それがまた、かなりの違和感があると言っている。
>どーなの?違和感ないの?


オマイの記憶に全員が違和感を唱えてるという件について…

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:15:21 ID:eA7lHWxD
もうスルーでいいんじゃないか?

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:16:44 ID:O1POFyIy
>>527

川すらなく、水一滴でも貴重な硫黄島で
あのシーンは違和感ありまくりだと思ったわけ。
ID:oBnBesj+も俺と同じような思想の持ち主で
それはいいんだが、
もうちょっとマトモに取ってくれよと思った。
特に二宮みたいなヘタレ兵士はいなかったろ。
出来の悪い今の中高生みてるみたいでイライラした。
あの上官に怒鳴られた時の態度。
ありゃ、センセイに怒られてふてくされてる
今の厨房と同じだよ。
あんなのいねえ。
イーストウッドの演出なのか二宮の演出なのか。
身のこなしも話し口調も平成の厨房そのもので
イライラした。

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:17:39 ID:NxELEaC9
妄想DQNが、散々喚き散らした挙句
訂正もせずに引っ込んだということは
未だに自分の中では認めてないんだろう。
今日にも初回の上映に行って再見してこい!

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:18:39 ID:NxELEaC9
>>527
つか、まだいたのかよ!
話逸らしてんじゃねーよ(失笑)

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:18:48 ID:O1POFyIy
>>528
硫黄島であのシーンは違和感覚えなかったの?


531 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:19:46 ID:eA7lHWxD
まじでただの二宮叩きだったのか。

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:19:54 ID:SG9U/Fs8
>言葉は残念そうだけど嬉しそうに味噌汁のコップを見つめてた西郷

これだってどうかと思うぞ?
「雑草汁」については文句は出るだろう。
しかし、空腹状態で飯を目の前にしたら嬉しそうな顔になるだろ。

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:21:53 ID:iBBN8ri8
オスカー作品賞取れるか?


534 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:21:54 ID:O1POFyIy
>>531
そういうわけじゃないけど

例えば日本の企業の会議に厨房社員が出てきて
上司に2ch口調で話したり、煽ったりしたら
さすがにこんな企業ないって思うだろ。

あんな違和感覚えた。

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:22:04 ID:NxELEaC9
>身のこなしも話し口調も平成の厨房そのもので
>イライラした。


二宮の演技云々の前に、オマイの存在がイライラするんだがw


「俺、墓穴掘ってんのかな?」 FROM ID:O1POFyIy

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:22:26 ID:oBnBesj+
>>532
そういう複雑な兵士の心情を充分表現してたと思うよ

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:23:13 ID:SG9U/Fs8
O1POFyIy←コイツ必死だな。
尺度がおかしい。
2ちゃん口調ってなんだ?

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:23:54 ID:NxELEaC9
534 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 07:21:54 ID:O1POFyIy
>>531
そういうわけじゃないけど

例えば日本の企業の会議に厨房社員が出てきて
上司に2ch口調で話したり、煽ったりしたら
さすがにこんな企業ないって思うだろ。

あんな違和感覚えた。





擁護でも安置でも、こういう必死なタイプよくいるよなw
ナンダカンダ無理やり例え話で正論付けようとする香具師。

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:26:02 ID:O1POFyIy
>>535

「俺、墓穴掘ってんのかな?」 

冒頭シーンだね。
あれはなかなか良かった。
海岸線に最初、攻撃する場所を作ろうとしたのか
どうか、史実どーりなんだろうかという疑問はあるが

あそこは栗林が最期を遂げる場所なんだよね。
最後の最後に、あの冒頭のシーンの意味を分からせる
イーストウッドのテクニックは良かった。


540 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:26:43 ID:NxELEaC9
>>536
ほぼ同意!
前半こそ「(二宮の演技は)これが言うほどの演技なのか?」とは思ったが
後半はそれなりだったし、実際、理不尽な思いのまま戦地に送られたら、
あんなもんじゃねーかとオモ。愚痴の一つもこぼす罠。
全員が全員、訓練された根っからの軍人気質ってこたぁないよな。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:27:45 ID:EXRD3vFK
>>475
左翼フィルターが掛かってない分日本人が作った映画よりもストオレートで見やすかったが?
むしろ日本人が作った映画なら事実と疑問なく受け入れるのか?それこそ単純な人間というものだろう。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:27:54 ID:NxELEaC9
>>539
逝ってヨス。
オマイに関しては、玉砕を許す!

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:27:55 ID:O1POFyIy
>>543
貴様の前回の投稿を100回読みたまえ

537 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 07:23:13 ID:SG9U/Fs8
O1POFyIy←コイツ必死だな。



544 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:28:30 ID:lr/yCYkq
西郷は軍人でもなんでもなくて戦場に借り出された市民なんだよ。
穴掘るためにも人員が必要だった。
西郷は兎みたいな奴でどうかわっていくのか見せたいとイーストウッドが言ってた言葉を聞いてない
というか意図が分かってないのな。

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:28:36 ID:hQr+UX8O
2時間30分だったのかよ・・・
時間が気にならなかったな 
映画が終わっても、何度もシーンを反復して、考え続けてるから まだ終わってない映画なのかも

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:28:55 ID:SG9U/Fs8
AFIのトップ10にも硫黄島入ったな。

ttp://www.afi.com/tvevents/afiawards06/default.aspx

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:29:31 ID:Uzlv1P6w
ID:O1POFyIy
おまえが叩かれるげいいん(←何故か変換できない)の一つに
sageを入れてないことがあるんだが、それはわざとなのか?
sage方を知らないのか?

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:29:59 ID:NxELEaC9
>>543
ひでぇ妄想の次は、誤爆かよ!( ´,_ゝ`)プッ

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:30:17 ID:O1POFyIy
スマソ。事故レスしてまった。
ウンコ我慢してたから間違えた。

>>537

貴様の前回の投稿を100回読みたまえ

537 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 07:23:13 ID:SG9U/Fs8
O1POFyIy←コイツ必死だな。



550 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:31:04 ID:NxELEaC9
>>547
つ「げんいん」で変換

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:31:26 ID:SG9U/Fs8
>>549
何か不都合なこと書いたっけ?

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:31:46 ID:oBnBesj+
西郷はジャニーズ軍団から援軍が来ているが
決して悪い演技じゃなかった
たまに出る今風のイントネーション以外

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:32:13 ID:NxELEaC9
>>ID:O1POFyIy

取りあえず、>>544を嫁。

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:32:14 ID:eA7lHWxD
>>549
おもしれー

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:33:19 ID:NxELEaC9





釣りにしては、レベルが低すぎたID:O1POFyIy。







556 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:35:01 ID:Uzlv1P6w
>ID:NxELEaC9
おまえも相当ウザいんだが。

映画の内容について全然書いてないし。

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:36:42 ID:NxELEaC9
>>547>>556
おまえに言われる覚えはない。

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:37:11 ID:oBnBesj+
「戦争ってだめ!こわいね!いやああああ」
だけで済まされている今の時代があまりにも悲しい
彼らの御霊は何処へ?

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:38:04 ID:O1POFyIy
>>556
この映画では日本が米国と戦争せざる得なかった理由に
関しては描かれなかった。

近い将来、日本の映画界が日本発ということで
その部分を描いた映画を発信する必要はあるだろうな。
その試金石として「硫黄島」の意味はあったと。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:38:52 ID:w+VxqFQs
もう一人、頭オカシイ奴がいるのか?変な八つ当たり→ID:Uzlv1P6w

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:40:36 ID:O1POFyIy
>>558
知識のない人間は「硫黄島からの手紙」を
観てしても、それで思考停止に陥る香具師も大勢いるだろうと思われる。


562 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:40:52 ID:NxELEaC9
>>ID:O1POFyIy
数十分前コケ下ろしてたくせに今度は賞賛か?
意味フ・・

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:42:24 ID:oBnBesj+
白人を中心とした世界が黄色や黒色や茶褐色やらを
攻めよ、増やせ、植民地だったわけだが
日本だけなんだ・・・あの時代に抵抗したのは

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:46:47 ID:LeVS+T6A
やっぱり渡辺謙の演技苦手

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:48:14 ID:O1POFyIy
>>563
そそ。
それは前回の「星条旗」で矛盾に触れていたよね。
アメリカインデアンへのあの祖国の扱いの酷さ。

アメリカを日本を危険視したのは
おそらく第一次世界大戦後のパリ講和会議での
日米の対立・・・人種平等を唱える日本とそれを否定する米国。

日本も米国での日本人移民排斥運動が激化して
パリ講和会議でこういう主張をしたんだろうが

そのあたりの日本としての大義名分に触れられていないのが
この映画にまだ欲求不満を感じる要因なんだよな。

でもこのあたりを世界に発信するのは日本の映画界の仕事だわな。

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:50:00 ID:O1POFyIy
訂正

>アメリカを日本を危険視したのは

アメリカが日本を危険視したのは


567 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:51:54 ID:oBnBesj+
>>565
アメリカ先住民インディアンも虐殺されて今は細々としているのだろうか?
アイヌはどうだろう?
同じことが言えるかもしれないね
人間は戦争の歴史であり、陣取り合戦だったんだから

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:53:13 ID:O1POFyIy
>>567
アイヌも日本民族の先祖だが。


569 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:53:18 ID:iBBN8ri8
アカデミー賞
96 イングリッシュ・ペイシェント
97 タイタニック
98 恋におちたシェイクスピア
99 アメリカン・ビューティー
00 グラディエーター
01 ビューティフル・マインド
02 シカゴ
03 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
04 ミリオンダラー・ベイビー
05 クラッシュ

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:54:26 ID:oBnBesj+
>>568
アイヌはわからないのが本音
何でと思う?
文字の文化がなかったので文章で残ってないんだ

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:55:47 ID:e5/0q0o1
>>562
どうでもいい事だが、正しい日本語では「コキ下ろす」と言うんだよ。
多分中学生でも知ってると思う。もうちょっと勉強しようね。

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:57:35 ID:iBBN8ri8
ニューヨーク映画批評家協会賞 1/10
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ゴールデングローブ賞 6/10
イングリッシュ・ペイシェント
タイタニック
アメリカン・ビューティー
グラディエーター
ビューティフル・マインド
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:58:24 ID:nMQ4V1VC
日本は流れに逆らったように見えて
アメリカに踊らされてたわけだが。

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 07:59:30 ID:O1POFyIy
>>567
それともう一つ。
江戸幕府はその陣取り合戦に参加することを放棄した。
日本は荒海に囲まれていて、一つの要塞のようなものだから
鎖国することで日本を西洋から守れるだろうと考えた。
それがもともとの日本の立場だろ。

でも、アヘン戦争があって、その後、米国が軍艦使って
高圧的に開国を迫った。
で、帝国主義の争いに巻き込まれてしまったってこと。

じゃあ、現在、同じ時代を繰り返さないために
どうすべきか?

日本が変わるべきなのか?
いや、世界が変わるべきだろうね。
特に中国・北朝鮮・ロシア・米国。

日本は世界の中できわめて穏健な国だよ。
なのに、
日本をいつまでも責め続ける香具師は信用できない。

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:03:50 ID:oBnBesj+
>>574
江戸幕府なんて小さい話をしているつもりはないけどね
過去に於いての日本の国っていくつだ
小さい世界で小競り合いを繰りかえす愚かな歴史だな

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:05:22 ID:lNZQXUXY
映画の話をしましょう。

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:06:00 ID:4mpdiZAy
お前の人生も愚かな営みだったな

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:06:49 ID:oBnBesj+
>>577
偉そうに急に出てくるな

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:07:11 ID:O1POFyIy
>>575
今の平和が大切だから
日本人にではなく特定アジアにこそ
それを発信すべきなんだよ。

少なくとも特定アジアがマトモになれば
日本の平和は守れる。

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:09:34 ID:oBnBesj+
>>579
特定アジアに関しては明治時代に
福沢諭吉がすでに言っているだろう?
書き込みを読んだけど、バカでなない
むしろ切れ者なのに何で特定アジアなの?

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:15:55 ID:oBnBesj+
福沢諭吉が言った言葉捜してるのかな?
つまり、こういうこと
中国人や朝鮮人に何をしてあげても感謝の気持ちが無い
日本人は極東より欧米に目を向けるべき・・・だったかな

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:17:36 ID:A8DrSkWi
>>51
マ ジ で ?

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:23:40 ID:oBnBesj+
でも、台湾人は違う
今は中国から入ってきた人間が工作しているので
台湾もいつまで持つかな?
日本が統治していた頃の台湾は心は日本人だったという

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:24:08 ID:O1POFyIy
>>580
特定アジアの人間にかなり工作されてるなと感じるから。

ところで、古代は小さなクニ同士で戦争を起こしたのは事実
なんだけど、日本の宗教、つまり神道はきわめて穏健な宗教だと思う。

自然への恐れや死者の魂への恐れ。
それらの恐れから逃れるために祈ったのが神道なはず。
で、稲の収穫に感謝する。

でさ、日本が統一されるに従って
神道信者の集団である朝廷は
殺し合いを穢れだとして忌み嫌うようになってきた。

殺し合いを穢れだとして武士に穢れ職業を外注した。
それで、穢れ職業の武士に政権を取って代わられ
また、陣取り合戦のが再開した。
でも武士も江戸時代になって全国を統一すると
また平和なご時世が続く。
武士道ってのを確立して殺し合いを忌み嫌った。
ってなことで、日本人は歴史を顧みても
平和を好む民族だと思う。

>>581
それは2chで有名なのでよく知っている。

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:24:47 ID:A8DrSkWi
また変なのが沸いてるな・・・

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:25:11 ID:cexhDB/n
映画の話をしましょう

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:27:23 ID:A8DrSkWi
映画以外の話する奴って空気読めてないよな

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:27:51 ID:fWrYtd0x
初日に岐阜モレラのレイトショーに行ってきたっす。
お涙頂戴方向に流れてなくてよかった。


589 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:29:09 ID:Uzlv1P6w
ID:O1POFyIy
ID:oBnBesj+
ID:NxELEaC9
NG登録したらスッキリした。こいつら朝からチャット状態だ。
スッキリしすぎる感もあるけれどw

>>582に便乗
>>51の言ってたシーンに見覚えある人いる?
一度しか見てないけどそんなシーンは覚えていないな。

590 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:32:07 ID:oBnBesj+
>>584
ちょ・・・w
お前長いよ
分けて質問してくれ
質問というか、反論なw

俺は無宗教なので宗教は知らないけど
信心している人たちにとっては親より大切なのかもね

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:36:23 ID:w+VxqFQs
>>589
お前さんも暇だなw
いつまでも粘着してるのは同じ穴の狢

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:36:35 ID:O1POFyIy
>>590
俺は浄土真宗だ。同和に乗っ取られた
エセ平和のどーしよもない宗教信者だ。
というか、先祖が浄土真宗なんで門徒というだけで
別に信仰はしてないが。

神道がどーのというのは
日本のルーツを知りたくて井沢元彦の著書なんか
で勉強したってところ。
例えば・・・

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198622310
井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (単行本)
井沢 元彦 (著)



593 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:40:45 ID:oBnBesj+
>>591
GJ
>>592
うちも浄土真宗だけど予約入れた日に坊さんが来るだけ
これが普通じゃない?
井沢の本も読んだけどあいつは何かに怯えたような文章だね

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:41:53 ID:Uzlv1P6w
>>591
ギコナビだから自動的にID検索されちゃうんだよw

何かで読んで感動したんだが、「星条旗」でドクが流す涙と
「硫黄島」で西郷が流す涙がリンクしているように感じると。
日本人もアメリカ人も同じ涙を流すということが描かれてる。

最後の方で西郷が遠くを見つめて流す涙、いいよね。

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:42:04 ID:oBnBesj+
反日が何かを知りたいなら黄文雄だろ

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:42:13 ID:Re90XGD9
>>427
> ちょいとスレ違いだが、今の政治家見ていると、
> こういう有事の際、「自分の息子は前線から外すよう」手を回す連中ばかりに思える。

特に石O東O都知事は。。。。

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:45:27 ID:oBnBesj+
>>594
ぎこってまだあるのか
俺は2ちゃんらいぶ
全部のIDが過去にどんな発言してるか瞬時にわかる

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:46:28 ID:9K4IqVAV
日本の手榴弾は威力が弱いからこその凄惨さがあったね。

自決シーン、グロかった…。

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:47:15 ID:oBnBesj+
らいぶ2ちゃんだったw

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:55:33 ID:A8DrSkWi
「散るぞ悲しき」を大本営が「散るぞ口惜し」に改変するエピソードは、
アメリカ人には言葉のニュアンスが判らないということでカットされたらしい。
渡部謙は主張したらしいけど。

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:55:38 ID:oBnBesj+
あれ?自分の意見にブレが
なけりゃID関係ないと思うけどね
俺なんか全然携帯からアクセスしないのに・・・

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:59:53 ID:O1POFyIy
>>596
石原都知事に関しては
2chで共産党の工作が激しすぎ。
俺はあれで共産党を評価するのを止めた。

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:08:29 ID:oBnBesj+
日本共産党は過去にもロッキード事件を
スクープしたけど、結局何の答えもみつからない
議席は増えても一時的と思う

604 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:10:05 ID:FYqbZ3S4
この映画って思想うんぬんより
娯楽作品として普通に面白いよね
望まずして危険な境遇におかれた人間が
その状況から脱出するというよくあるパターンの映画
その過程で人間が成長するという物語

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:11:26 ID:JlaeUxMD
帝国続いていたら、2chなんか監視されて
何も議論なんか出来なかったわな。

先人たちには申し訳ないが、負けて良かった。

早々に全面降伏してりゃ、沖縄戦・空襲・原爆被害者なかったのに。

戦犯野郎

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:13:22 ID:O1POFyIy
>>604
その評価、ムカツクんだが
シドーだけに注意して観るとギャグ映画だと受け止められかねん。
映画の中も外もまさにギャグ。

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:14:02 ID:BEqykRZ+
>>563
>日本だけなんだ・・・あの時代に抵抗したのは

朝鮮半島、台湾、中国大陸で日本がやってたことは無視?


608 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:14:43 ID:oBnBesj+
この映画は娯楽ではないですよ
史実に基づいて描かれた貴重なハリウッド映画です

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:15:39 ID:O1POFyIy
>>605
あのね、挙国一致にならない戦時中の国家って存在しないんだが。
それに大正デモクラシーってあるよな。

>戦犯野郎

こんな薄っぺらい感想しかもてない香具師も
生み出すところが俺の懸念していたところ。



610 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:15:57 ID:A8DrSkWi
>>604
よくある能動的な生還ではなく、
完全に運が良かっただけの受動的な生還だけどな。

不発弾のシーンで死んでいた可能性もある。
本隊と合流できずに死んでいた可能性もある。
上官に首を落とされていた可能性もある。
清水と一緒に逃亡していたら殺されていた。
清水の代わりに投降していたら殺されていた。
栗林に手紙を埋める作業を命じられていなければ死んでいた。

生き残ったのは完全に運。

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:16:06 ID:Re90XGD9
621 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/05(火) 12:30:32 wmnVAG6n

「ヘイ!ジャップ、オセロやろうぜ!」とヤンキー野郎に言われて
盤を見たら、既にほとんど白で埋まってた。

「これはあんまりです。黄色が1個しかありません」と言うと隣の紳士が答えた。
「あそこの酔っ払いのコサック野郎と喧嘩して勝ったら3個をひっくり返して
黄色にしてやろう」ヤンキーと紳士はニヤニヤ笑った。

死ぬ気で喧嘩してようやく勝った。黄色は3個増えたが、ヤンキーとコサックは
滅茶苦茶こっちを睨んでた。ヤンキー野郎のニヤニヤ笑いは既に消えていた。
しかしゲルマン野郎が馬鹿みたいに暴れてくれたおかげでまた黄色が増えた。

調子にのって周りもひっくり返して黄色を増やそうとしたらヤンキー野郎に見つかった。
「ヘイ!ジャップ!てめー、それ戻せ。黄色1個に戻せ。戻さねえとこうだぞ。」
4人がかりで鼻と口を塞がれた。苦しかった。

もうさすがにヤバイと思ってヤンキーの顔面に痛烈な不意打ちパンチを喰らわした。
「ジャップめ!卑怯だぞ!」隙だらけだったくせにヤンキーが馬鹿みたいに叫んだ。
結局ボコボコにされたが、ヤンキーは妙に優しくなった。別人みたいだった。

ボロボロだったが、ヤンキーと酔っ払いが喧嘩してる隙に頑張って金を稼いだ。
気が付いたらヤンキーの次に金持ちになってた。
紳士は皮肉を言い、酔っ払いが愚痴をこぼしたがどうということはなかった。
ヤンキーは優しかったが他所では相変わらず威張り散らして喧嘩ばかりしていた。
ターバン野郎がヤンキーを強盗よばわりして滅茶苦茶怒ってた。

みんな大変だけど僕は金持ちだし喧嘩しなくていいから幸せだなあと思った。


612 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:17:09 ID:FYqbZ3S4
俺が生まれて来たのも何かの運

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:17:20 ID:oBnBesj+
>>607
朝鮮は日本に併合を求めてきました
ソースは自分で調べて
台湾人は日本と離れ離れになる時泣きました
中国はよくわかりません

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:18:37 ID:A8DrSkWi
>あのね、挙国一致にならない戦時中の国家って存在しないんだが。
現在のアメリカは・・・? ベトナム戦争後半のアメリカは?

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:18:51 ID:O1POFyIy
>>607
俺、台湾に行って八田与一の作った烏山頭水庫(ダム)
観てきたよ。現地の高砂族らしい人に喜んでもらったよ。

中国は、共産党や国民党の工作って知ってるのか?
通州事件については知識あるのか?
日本人居留民がどんなメにあってたのか知ってるのか?
松井石根の思想は知ってるのか?

朝鮮ね。
日本の隣に朝鮮がなければってよく思うよ。

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:20:29 ID:O1POFyIy
>>614

当時のこと言ってんの。

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:20:33 ID:A8DrSkWi
あ、いかん絡んでしまった。NGに入れとこ

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:21:34 ID:O1POFyIy
>>617

お前がアホってことは分かったよ。

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:22:15 ID:oBnBesj+
>>615
それは良かったですね
台湾のお年寄りは今でも自分達の事を日本人と思ってますから

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:24:25 ID:aoLWqRuB
朝鮮ってあれだよな
アジア全域がとんでもない事になっていた状況で空襲にもあわず
日本が保護していたお陰でぬくぬくと平和に過ごしていた連中だろ
仕事をやらせたって、せいぜい炭鉱で穴掘りをやらせたくらいで
日本人は戦場に赴き命を掛けて朝鮮の地も守ったのにな

韓国の歴史教育は間違ってると思うよ、うん

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:29:00 ID:O1POFyIy
>>619
よかったよ。
スレ違いで申しわけないが、俺のカキコ、誰ががブログで取り上げてくれたんだ。

http://upa-rupa.seesaa.net/article/6655954.html
962 名前:美麗島の名無桑 :04/02/17 13:37
台湾イイよ。
台南からバスで烏山頭ダムまで行くつもりだったんだね。
それで台北の友人の友達にそこ行きのバスを探してもらったんだ。
でも、なかなか見つからなくて、やっと、烏山頭ダムから4キロほどのところまで行くバスを見つけてもらった。
バスの運ちゃん(50歳くらいかな)俺が日本人だと分かるとうれしいらしく、乗り込もうとしたら、日本語で話しかけてきた。
「オリナサイ」
反射的に降りようとしたら、「マッテ」。
どうやら、「降りなさい」と「乗りなさい」を間違えただけのようだ。
烏山頭まではそのバスは行くバスじゃないんだが、行ってあげるだって。
日本の音楽が好きらしく、テープが日本の音楽だらけ。
「帰ってこいよ」という古い音楽を聴きながらバスに揺られることになる。


622 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:30:30 ID:SgaS0exh
じいちゃんと見たい映画だね。
俺が小さいときは、何で80歳にもなって、わざわざ鹿児島から靖国に行くのかと不思議だったんだ。
海軍の鹿屋基地で整備兵やってたらしいんだけど、特攻機の整備をしてたらしい。
最近になってやっと理由が分かるようになってきたよ。
じいちゃんも親父も祝日には日の丸あげてたなぁ。。
生きてれば、一緒に行きたかったな。
スレ汚しごめん。

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:30:49 ID:O1POFyIy
↓続き
963 名前:美麗島の名無桑 :04/02/17 13:38
運ちゃん、烏山頭ダムに来てくれて嬉しいよとしきりに言っていた。
烏山頭ダム、これは日本人が作ったダムなんだよな。
八田興一が、働くにはまず環境からと、作業員のための環境作りをまず整えた。
社宅、医院、公共風呂、テニスコート、学校なんかを整えて働きやすい環境を整えたんだ。
ダム建設は順調にいった。
でも、関東大震災で財政難になり、リストラを政府から迫られた。
それで八田はどうしたかというと、有能な人物から辞職してもらった。
有能な人物は他に職をすぐに見つけられるだろうし、いい技術者がもっと生まれるかもわからんと考えたわけ。その八田も烏山頭ダム完成の後フィリピンに異動命令。
フィリピンに向かう船の中、米軍の攻撃に逢い、命を落とす。
その後、日本も敗戦し、妻も夫の後を追いダムに身を投げた。
終着のバス停で僕一人を乗せたバスは烏山頭ダムへと向かう。
運ちゃんとの別れの時に撮った写真は今でも俺のかけがえない台湾での宝物の一つだ。

。。。。。。。。。。。。

ちなみにこの運ちゃんはおそらく高砂族だと思う。
東南アジア系の顔だったから。


624 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:32:05 ID:jiDL+ReR
祖父さんと見たらショック死しそうで薦められない

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:33:10 ID:SgaS0exh
>624
そうなんだ。親父とお袋にはチケット送ってやろうかな。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:34:00 ID:oBnBesj+
>>623
俺の爺さんも実は台湾引き揚げ者

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:35:45 ID:ruz/3fzd
死んだ米兵宛の手紙を西が朗読する場面が今作のキモだろ。

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:35:48 ID:oBnBesj+
朝鮮半島には渡ったことないらしいが、朝鮮人はとんでもなく
汚い人種と言ってたな
心も衛生上も

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:36:48 ID:r95GizVM
>>604
クリント・イーストウッドは「娯楽を求めているなら他の映画を見てほしい」
って言ってました。

僕も昨日見てきたんですが、「硫黄島からの手紙」は断じて娯楽映画ではありません。

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:37:20 ID:oBnBesj+
台湾人は日本人より建築能力や技術が勝っていて
インフラも整備されていたと言ってた
日本人は台湾人を尊敬していたらしい

631 :微妙にスレチで申し訳ないが、話の流れで、、、:2006/12/11(月) 09:37:52 ID:mpeNY7ur

:::::: 台湾人と韓国人の民族性の違い :::::::

昔、本田技研の創業者・本田宗一郎氏が台湾と韓国へ技術支援に行った。
技術を伝えて、しばらくすると台湾から、
「日本と同じものが作れるようになりました。是非見に来てください!」
と連絡が入った。 台湾人は腕を上げたことを先生の本田氏に報告した。

そしてまたしばらくして韓国からも連絡があった。
「日本と同じものが作れるようになりました。もう来なくていいです。」
そして韓国は本田とのライセンス契約を一方的に解消し、エンジンから
デザインまで全くのコピー品を"韓国ブランド"として販売し始めた。

つまり技術を盗み終わったら先生は「用済み」だと言い、しかも技術提供の
代価であるライセンス料は払いたくないというのが韓国の言い分である。
 本田宗一郎氏は大変失望して、「韓国とは絶対に関わるな」と漏らした。

この話は『夢を力に ―私の履歴書』という本田氏の自伝にある。
『併合で散々援助されたのに、身勝手な独立をした韓国』という
韓国民族とは、そういう人達である。


632 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:41:40 ID:xo5klYiy
ttp://www.freerepublic.com/focus/f-news/1750961/posts

アメリカの共和党右派支持、ブッシュ支持の保守系掲示板の書き込み。

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:41:56 ID:4ygpsZIs
獅童って星条旗じゃ夜間斬り込みで死んでたように見えたが
手紙では最期とっ捕まって捕虜になってたよね。

星条旗の方は見間違いだったのだろうか。

西の部下が西の死後他の隊員連れて逃走して
最期手榴弾投げようとして死ぬが、あのシーンのリンクが一番印象深かった。
星条旗ではお馬鹿な日本兵が機関銃に1人突っ込んであっさり死ぬという
ただの玉砕にしか見えないベタベタなシーンだったのだがこんな裏があったとは・・・
まあこの裏もベタはベタなんだけど。

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:41:57 ID:/KmX3c9m
>>631
微妙にじゃなくて完全にスレ違い。他の板へ行って下さい。

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:42:12 ID:xy3Nvdcb
韓国での歴史教育が歪んでしまったのは
李承晩の徹底した反日政策が原因だな

636 :607:2006/12/11(月) 09:42:37 ID:BEqykRZ+
オレの書き込みにいろいろレスしてもらって、ありがとう。
つい歴史認識のことを触れかけたが、やっぱりここではその
ことを論じても無駄だったんだよね。本当にありがとうございました。

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:42:59 ID:zLPHDDF/
もう一回みにいくべ

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:43:32 ID:oBnBesj+
何か知らんけど父親が台湾に渡るので子供だった
父親はそのままついていって台湾で暮らしていた
父が大工だった祖父から聞いた言葉だが、
何も教える事はない・・・だったらしい

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:45:25 ID:oBnBesj+
>>636
歴史認識ってどんな認識かによるだろ
いちいちお前に付き合ってられないんじゃ?

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:46:52 ID:rBz/OmQp
アメリカが撮る場合、主役の日本軍人は、親米派の軍人になるな。
山本五十六は、36年前、「トラ・・」に出てるし。
栗林も山本もハーバード留学組。

アメリカで教育を受ける、親米、軍人としては優秀、一定の成果が出す、戦死。

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:47:27 ID:O1POFyIy
>>636
朝鮮・中国を持ち出して日本を批判するのは
もう時代遅れになってきてる。
日本人は、特にねらーは、その手の詐欺には引っかからんよ。
その手の詐欺には、日本人が優しいからこそこれまで引っかかってきたわけで
民族性なんてほんの数年、数十年で根本から変わるもんではないんだろうね。
戦後の数年で中国・韓国に悪いことしたって考えが主流になったのは
戦前も日本人が優しかったからだよ。

今はもう日本人も学習したから
その手の詐欺には引っかからないようになりつつある。


642 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:48:18 ID:tEhrP8Bs
硫黄島の読み方だけどさ
山の場合は「やま」と「さん」で違いあるじゃん
・富士山、成田山、高尾山・・・神様を祭ったりしてる場合「さん」
・浅間山、立山、赤城山・・・神様とかあまり関係ない場合「やま」
「いおうとう」とかもそーいうの関係あんの?

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:48:34 ID:oBnBesj+
>>640
アメリカの偉大さを知っている人物になるな

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:50:25 ID:4mpdiZAy
コテコテの日本帝国軍人が戦果を出す場面があってもよいな。
留学できるような軍人は少数だから、むしろそっちの方が数は多いはずだし

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:50:42 ID:jiDL+ReR
>>633
また星条旗見ないとな・・・
そこまで星条旗を深く見ていない、というか星条旗の日本側なんて殆ど気にしておらず

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:50:56 ID:oBnBesj+
>>642
正式名はいおうとうでも
いおうじまがメジャーになったらしかたない
元々同じ島なんだし

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:54:08 ID:Re90XGD9
ネタバレはこちらで

【※ネタバレ※】 硫黄島からの手紙 Letters From Iwo Jima@映画作品・人
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163667281/l50

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:54:12 ID:rBz/OmQp
栗林の場合、陸軍だから、アメリカ人が期待する侍のイメージもダブる。
西洋的教養と、アメリカ人には無い死生観。

「お約束」なのかもしれない。

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:54:23 ID:oBnBesj+
ぢあたい
ニホンなのか
ニッポンなのか我々国民もわからない

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:55:57 ID:O1POFyIy
>>649
ニッポンだと思う。
古代にはハ行はパの発音だったとか。
だから卑弥呼は正しくは「ピミコ」

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:56:40 ID:4ygpsZIs
最初は日本人は”いおうとう”と呼んでいたが
米の翻訳が”いおうじま”と読み、それが米で定着、
戦後の日本にもそれが定着、、だっけ。

なんか米の読み方が定着ってのも哀しいが。

インタビューとかで生き残りの人は必ず”いおうとう”って言うよね。

まあでも今の日本人に読ませたら何も知らなくても大半の人が”じま”と読みそうだけど
確かに当時”とう”と呼んでたのはなんか特別な意味があったのかな・・
という疑問も湧くような・・・。当時でも他の島のほとんどは普通に”しま”だよね?

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:56:41 ID:wFRVHElM
>>633
しどうって星条旗に出てた?俺わからなかったんだが、
どこに出てた?

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:57:42 ID:oBnBesj+
>>650
そうなの?
そういう所の教育というか
教えもなくて日本国民なの?
おかしいよ

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:58:28 ID:rBz/OmQp
ただ、戦いに反対する人間が、やむを得ず戦う場面は、西部劇にも有るから、
立場は理解できるだろうな。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:59:13 ID:oBnBesj+
>>651
ニホンなのか
ニッポンなのかを答えてくれ

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:59:38 ID:/KmX3c9m
ジャポン

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:00:02 ID:O1POFyIy
>>653
こんなの出てきたよ。

>中本正智(1977)「古代ハ行p音残存の要因―琉球に分布するp音について―」『国語学』107(再録『日本列島言語史の研究』(1990)大修館書店 改題)「第三章 音韻の実態と分布と歴史 第二節 ハ行p音の残存の要因」

>林 史典(1992)「「ハ行転呼音」は何故「平安時代」に起こったか―日本語音韻史の視点と記述―」『国語と国文学』69-11(827)


658 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:01:02 ID:4ygpsZIs
>>652
夜中に日本兵が斬り込んでくるシーンで
反撃されてめった刺しにされて死ぬ日本兵の顔がしどうそっくりだったんだ。

すんません、ネタバレスレあるの知らなかったので
これ以上は向こうで。


659 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:01:08 ID:oBnBesj+
>>657
ありがとう
でも意味不明

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:01:39 ID:tEhrP8Bs
>>655
ちょっとはググれ

国名の読み方には「にっぽん」と「にほん」の2通りの読み方がある。
[2]日本政府は正式な読み方を明確に定めていない。
しかし、日本の紙幣、切手、スポーツの国際試合のユニフォームなどには
「NIPPON」と描かれているように、公的な機関においては「にっぽん」と
読ませる場合が多い。
これは一説によると、フランス語圏ではH音が発音されないため「ニオン」と
呼ばれてしまうからという理由であるという。
これには英語の語感が"nip on"に通じ甚だ印象が悪いことから「NIHON」に
すべしとの意見もある。
いずれにせよ、外国語の事情にあわせて自称を変更することには賛否両論が
あろう。
スポーツの応援など元気をだす時、威勢をあげる時は「にっぽん」、詩的で
やさしく穏やかな文脈では「にほん」というように、語感に応じて適切に
使い分けられるのが生産的・有意義であろう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:01:54 ID:iBBN8ri8
星と手紙連荘で見てくる
体力勝負だこりゃ

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:02:02 ID:xy3Nvdcb
富士山だって
フジサンだけじゃなくフジヤマっていう呼び方もあった

枝葉末節だな

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:02:59 ID:wFRVHElM
硫黄島という呼び名自体、「サルファランド」という
欧州人命名の和訳なんだから、どうでもいいんじゃないの?

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:03:29 ID:oBnBesj+
>>660
ふ〜ん
どっちでもいいだ
変なの
でも、教えてくれてありがと

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:04:36 ID:O1POFyIy
>>659
スレ違いわるいが

関西学院 教員紹介 文学言語学科 日本文学日本語学専修古代日本語のハ行音
は、現代のパ行音と同じ[パ,ピ,プ,ペ,ポ]であったという話は聞いたこ
とがあるでしょう。タ行音もかつて[タ,ティ,トゥ,テ,ト]であったこと
は確かなようです。しかし、過去の音声は録音されていないかぎり残りません。 ...
www.kwansei.ac.jp/Contents_1883_0_5_4.html - 37k - キャッシュ - 関連ページ


666 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:05:27 ID:tEhrP8Bs
>>665
「わゐうゑを」みたいなもんか

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:06:00 ID:oBnBesj+
>>665
どっちでもいいらしいよ
変だけど

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:06:18 ID:u+TVRCGJ
魚釣島もホントは独島だっけ

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:06:24 ID:aoLWqRuB
もともとは日本と書いて「やまと」と読んでいたんだけどな
国全体を意識する時ってのは外国を想定した時だろうから
漢字として読めるように変化したんだろう
対外的には「にっぽん」国内で使用するには「にほん」と俺は習った記憶がある

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:07:08 ID:hsQO1bhr
L.A. film critics (ロサンゼルス映画批評家協会?)の選ぶ賞に硫黄島が選ばれてる。

http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955462.html?nav=news&categoryid=1985&cs=1

この賞とニューヨークの批評家協会の賞はオスカーの行方に結構大きな影響が
あるらしい。

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:08:27 ID:tEhrP8Bs
>>670
さすがに作品賞は100万ドルベイビー→クラッシュときてるから難しいだろーな

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:08:42 ID:xy3Nvdcb
つーか
「にっぽん」のことは置いといて
訓読みと音読みの併用はかなり昔からある

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:09:41 ID:oBnBesj+
>>669
江戸時代までは細かい国に分かれていた日本だけど
いつ「日本」が生まれたの?

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:09:49 ID:hBhQhXIf
この映画を観てから色々考え続けてる。
真実を歪めることなく正確に伝えることがいかに大事か(自決に至る過程で)、
直接自分の目と耳で知っていることがいかに重要か(知米の栗林と米兵を介抱させた西、
当初の清水や米兵をなぶり殺しにする日本兵との違い)
自分で判断できる人間であること、しかし、判断できてもそれに裏切られる
こともある。(投降したのに殺された清水)

生きること。西郷は私たちに残された『希望』。

(日本のマスコミの皆さんは、資金源や色々な圧力に操作されていることを恥じて欲しい。)

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:10:27 ID:O1POFyIy
>>668
いや、大和と書いてヤマトだったんじゃ?
中国では倭(小人)扱いされてたが。
日本はいつからそう表示されるようになったんだろうね。
日の本っていう意味なんだろうけど。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:12:00 ID:oBnBesj+
もうクグダグダだね
日本の教育って
自国の国も言い表せないなんて

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:12:02 ID:tEhrP8Bs
>>675
日本の最初の用例は確実なものは決めがたい。
「日本書紀」は「倭」を遡って「日本」に書き改めているからである。
例えば『日本書紀』大化元年七月の条によって645年7月に高句麗や百済の使者に示した詔の
「明神御宇日本天皇(あきつみかみとあめのしたしらすやまとのすめらみこと)」という語が
最初とする見解もあるがこれにも疑問がある。
語義としての「日本」は、有名な『隋書』大業三年(607年)の「日出づる処の天子」が知られるが
この頃はまだ「日本」とはされていなかったことが逆に証明される。
12世紀成立の朝鮮半島の史書『三国史記』「新羅本紀」文武王十年(670年)12月条に、
「倭国、号を日本に更む。自ら言う、日出づるに近きを以て名を為す」とあるが
これは新唐書からの拙速な孫引きにすぎず史料的価値を低く見る説が有力である。
日本という国名が最初に公式に定められたのは、701年施行の大宝律令とされるが、
条文法規に定められる以前、天武天皇の頃から使われてはいただろう。
(「天皇」号の使用と「日本」号の使用は軌を同じくするとみられている(異説もある)。
近年発掘された飛鳥池遺跡出土の天武六年(678年)銘の木簡から、この頃「天皇」号が
既に使用されていることがわかっている。)また、734年には井真成の墓誌として中国大陸でも使用されている。



678 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:14:59 ID:aoLWqRuB
>>673
倭の五王の時代から大和政権が東北まで、国内のほぼ全域を制圧していたよ
国としての形が出来たのは邪馬台国の時代だろうな
江戸時代の頃は封建制度だったから大きな意味での国とは別のもの

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:15:30 ID:iBBN8ri8
歴史の真実って難しいね
朝鮮なら簡単でいいよね
我が民族は5000年の歴史あり!って一言教科書に書けばそれでいいんだから

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:15:32 ID:xy3Nvdcb
正しいことがひとつっていう価値観自体がおかしいんじゃないか
「にっぽん」でも「にほん」でもどっちでもいいんだよ

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:15:40 ID:oBnBesj+
国旗も二つある?
この前のマラソン見ていたら
みんな海軍の旗振っていた

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:15:53 ID:tEhrP8Bs
結局、「島」の呼称は「山」みたいな感じじゃないよーだな
語感や語呂で決めた感じか

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:16:09 ID:Uzlv1P6w
>>642
wikiの「硫黄島の戦い」で詳しく書いてあるよ

>>652>>658
「星条旗」スレで早い段階に「別人」でFA出てたよ。

質問
硫黄島の島民って統治するために住ませていたの?
それとも昔から住んでいたの?
硫黄採取が島民の財源だったみたいだけど。

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:16:48 ID:O1POFyIy
>>674
硫黄島では市丸利之助少将も人格者で、慕われていたんだが
映画では米国帰りばかりが持ち上げられていたような。

http://www.yoyokaku.com/itimarurinosuke.htm


685 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:17:34 ID:oBnBesj+
>>680
国名はきちんと定めないとおかしいんじゃないか?

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:18:04 ID:tEhrP8Bs
>>681
旭日旗でググれ

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:20:32 ID:tEhrP8Bs
>>683
これのこと?

硫黄島の読み方は、戦前から「いおうじま」「いおうとう」の
2種類が存在していた。旧陸海軍は「いおうとう」を使っていた。
今日では「いおうじま」が国土地理院の地形図での表記となっている。
アメリカ軍によるIwo Jimaの呼称は、旧海軍作製の海図のローマ字表記に
基づくと考えられる。

てか、島という読み方自体に意味ある?って質問だけどね
あまり関係ないみたいね

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:20:36 ID:hCuTTCrV
二宮と最初の頃一緒にいて手榴弾で玉砕した兵士役の奴の
ナチュラルな演技が気になった

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:21:07 ID:aoLWqRuB
>>676
ちなみにお前に教えておいてやるが
朝鮮半島南部では日本にしか存在しないはずの前方後円墳が多数、発見されている
しかも日本での成立時期よりも遅く、つまり朝鮮の半分は大和(日本)の地だったということだ
もともと日本の土地だったものを支配し直しただけなのに
なんで半島人はプリプリ怒っているのかねえ

690 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:21:14 ID:xy3Nvdcb
>>685
古来からどっちの読み方もあったんだから
どっちでもいいんだよ

国際的には「JAPAN」なんで何の問題もない

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:21:41 ID:/KmX3c9m
>>681
あれは朝日新聞

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:22:35 ID:B8yfbAcd
二宮和也の噂122
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1165646233/

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:22:43 ID:O1POFyIy
>>688
平成のドキュソとしてナチュラルなだけ。
なんで戦時中に平成のドキュソが混じってるんだと
違和感ありまくり。

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:22:50 ID:iBBN8ri8
日本語は難解だけど表現の豊かさがあるから
どっちでもええねん
あいまいなとこが日本

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:22:53 ID:oBnBesj+
>>690
そういう曖昧なのがいけない
だから韓国が剣道や空手は韓国起源とか言ってくる

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:24:25 ID:O1POFyIy
平成のドキュソとしてナチュラルなだけ。
なんで戦時中に平成のドキュソが混じってるんだと
違和感ありまくり。

。。。。

すまそ。これは二宮。
グラミー賞などのメジャーな賞を
逃すとしたらこいつのクソ演技が原因だと思う。


697 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:24:34 ID:IuVz2qAn
>>684
でも少将の人柄とか映画にもよく出てたぞ。
それでいいんじゃ無いの?
バンドオブブラザーズみたいに長編ドラマにすればトンネル工事の大変さを描いたり人物を掘り下げたり大体の事は収録できたとは思うけど。
欲張って話が繋がらなくなるよりはましだなぁ。

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:24:44 ID:oBnBesj+
朝日新聞と海軍の旗って同じだねw

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:25:32 ID:wFRVHElM
>>678
うそ書くなよw
現在の通説では、青森県北端まで「日本」領だという意識は鎌倉時代にならないと
生じないぞ。
一戸〜九戸が設置されたのは平安時代。そのころはそこが北限。
倭の五王のころなんぞ、群馬ですら微妙な状態だ。

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:25:38 ID:ZScMeifa
877 名前: 名無シネマさん [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 09:58:58 ID:YWW+9+Wg
ロサンゼルス映画批評家協会賞が決定。作品賞は『硫黄島からの手紙』。
ナショナル・ボード・オブ・レビューの作品賞に続く、主要賞2冠目となりました

701 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:26:23 ID:oBnBesj+
俺は・・・
にほんじんなの?
それとも
にっぽんじんなの?
これは政府が決着つけなきゃいけないだろ

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:27:34 ID:1LL054Cb
すげー2冠目かよ

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:28:14 ID:IuVz2qAn
>>700
これはすごい。

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:28:32 ID:O1POFyIy
>>701
男性的なイメージ=ニッポン
女性的、繊細なイメージ=ニホン

で使い分けているんじゃね?

アハレ
アッパレ

の違いかな。

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:28:56 ID:ZScMeifa
ttp://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955462.html

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:29:45 ID:aoLWqRuB
>>699
そんな通説なぞ存在しない
前方後円墳の分布でも調べてから書いてくれ
非常に短期間に東北まで支配している

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:29:47 ID:O1POFyIy
>>703
ただ、ロサンゼルス映画批評家協会賞を取ると
主要な賞がもらえないというジンクスがあるらしい。

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:30:06 ID:oBnBesj+
>>704
ふざけるな!
俺は今
真剣に悩んでいるのに

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:30:45 ID:tEhrP8Bs
>>701
その辺の懐深いとこが日本のいいとこなんだよ
まー、JAPANよりも前に行きたいということで、国名の表記をKからCに変えるセコい国なんかとは違うの
あと、イーストウッドがわざわざ2本も撮った意味とか考えたことあんの?

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:31:21 ID:4mpdiZAy
埼玉県人で我慢しとけ

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:31:46 ID:iBBN8ri8
2005 ブロークバック・マウンテンが
ロサンゼルス映画批評家協会賞、ニューヨーク映画批評家協会賞の
批評家賞で作品賞受賞

アカデミーでは逃した

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:32:22 ID:4ygpsZIs
市丸さんの話はTVのドラマで。
ちゃっちい映像のドラマだったが
この硫黄島からの手紙と絡めると映画に深みが増す。

ドラマ見た時は、まあよかったかな、という感じだったが
この映画見た後には、ああ、あのドラマ先に見ておいて本当に良かった・・と
しみじみ思ったよ。

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:32:31 ID:oBnBesj+
>>709
曖昧にしてたた韓国が似本の起源は・・・て言い出すだろ

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:33:01 ID:upU/WbmI
硫黄島協会遠藤会長は映画を見た感想をこう話す。

「硫黄島協会の関係者四十数名でいっしょに見ましたが みんな最初から
泣き出してしまいました。 二宮君が演じたパン屋の西郷役に、
あの島で戦った兵士達のあらゆる面が反映されていたと思います。(中略)
『二度も三度も見たい』という遺族もいました。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イーストウッドは現代人と変わらない感じの兵士が末端なんかにはいた事が判ったと言っていたし、
炭を食べたとドキュメントで話されてた方はあの西郷には
兵士達のあらゆる面が反映されていたと思うとコメントしている


715 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:36:59 ID:oBnBesj+
>>714
こういうのが来るからジャニーズとか嫌なんだ

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:37:02 ID:c60Viuz9
私、何か勘違いしてるかもしれないので教えろ。

シドーが部隊を離脱して一人で地雷抱いてあの場所に寝転がって
じっとしたのって、

・ここで米戦車が来たら俺が道連れにやっつけてやるんだ!
・ヘタレた。1人だけ逃げてあそこにじっと隠れてるつもりだった

どっち?私、ずっと後者だと思ってたんだけど。


717 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:38:08 ID:tEhrP8Bs
>>713
国の呼称が2種類あるってだけで、何故韓国?
てか、日本人の起源は韓国なんて既に宣言してるし
まー、日本自体は元々多民族国家だったってのが今の考えでしょ
朝鮮半島はもちろん、南方の島国や、モンゴルとかの北の方からや
穀物が良く育つ肥沃な土地にみんなが集まってきた感じだろ

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:39:07 ID:u+TVRCGJ
自分の国の名前もわからないのかおまえら・・・
かわいそうだな

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:39:33 ID:aoLWqRuB
>>717
>日本人の起源は韓国なんて既に宣言してるし

いじってやりたいんだけど仕事するわ
またな

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:39:33 ID:IuVz2qAn
>>716
そのときはまだ前者じゃない?
ねっころがってるあいだに考えが変わっていくのかと・・・

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:40:17 ID:O1POFyIy
>>708
ちなみに
古代、ハ行がパ行だったってこと。

軍功を上げた部下に将軍がアハレというときに
アッパレとなったんだというのは
S台予備学校に通ってた時代、
古文科主任講師に教えてもらったんだ。
アハレもアッパレも感極まった時に使う表現だってことで。

ニホンを力強く発音するとニッポンに変化するってことだろう。
力強く発音すると勇ましくなるから。
ニッポンは男性的に感じるんだよ。
ニッポンダンジとは言うがニホンダンジとは言わないしね。

>>716
後者だろ。
ああいう上官は大抵ヘタレだ。

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:41:15 ID:Uzlv1P6w
てか>>700>>670にガイシュツなんだけどな

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:41:27 ID:xy3Nvdcb
>日本人の起源は韓国

??
好太王碑文を見れば
4世紀末に朝鮮半島の一角を倭の勢力が支配したのはまちがいない
それで限られた期間(4世紀末から白村江の戦いまで)に前方後円墳が作られた
当然のことながらその次期の前方後円墳は
半島の一角が天皇家の祖先の勢力下にあったことの証

韓国などという国はその当時影も形もない

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:41:42 ID:tEhrP8Bs
>>716
両方じゃね?
小さい犬ほどよく吠えるみたいな

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:42:17 ID:iBBN8ri8
パとかパとかどっちでもええっちゅうねん
そんなこと二分されてんだから決めるメリットなんかねえよ
言葉ってのは人が話せば言葉になるんだ


726 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:43:38 ID:oBnBesj+
>>717
自国の守りは完璧じゃないとな・・

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:44:03 ID:O1POFyIy
>>723
支配者が変わるごとに
前支配者の記した歴史書を焼き払って
歴史を作り変える。

大昔からかのクニの人は変化がないからな。

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:44:20 ID:iBBN8ri8
これで時代劇がハリウッドで作られまくるな

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:45:44 ID:oBnBesj+
韓国人はドラえもんも鉄腕アトムも自国のアニメと思っている

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:46:11 ID:EXRD3vFK
>>716
最初は当然、前者だろ。
何日も寝ていても、一向に敵が来ないからどうでもよくなったんだろ。
ヘタレといよりは人間臭くて俺は好きだな。
むしろアレをヘタレと呼べるほどの人間がここにいるのか?と疑問に思うな。

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:46:23 ID:mpeNY7ur
つーかそろそろすれ違いだから言語板にでも消えろ

チョンだかチュンだか知らないが、

700 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/11(月) 10:25:38 ZScMeifa
877 名前: 名無シネマさん [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 09:58:58 ID:YWW+9+Wg
ロサンゼルス映画批評家協会賞が決定。作品賞は『硫黄島からの手紙』。
ナショナル・ボード・オブ・レビューの作品賞に続く、主要賞2冠目となりました

このニュースを消したくてくだらない論争を一生懸命やってんだよ。
つられたら、あかん。いったい、どこまでお人よしなんだか。。。。

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:46:28 ID:O1POFyIy
>>728
問題は来年のレイプ・オブ・ナンキンだね。
中共ロビー集団の存在が・・・・



733 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:48:10 ID:iBBN8ri8
そんな嘘映画は国際問題化してもらってほうがいい
そうすればすぐに嘘はばれるよ

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:49:06 ID:4ygpsZIs
>>716
前者だと思うなぁ。
ありゃ玉砕玉砕言って一番死にたがってる人間が
最期まで死ねずに生き残ってしまうという大いなる皮肉かと。

というか監督が個人的感情で罰与えてるようにも見えたが。
しどうにとって死ねないのは一番辛い事。


735 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:49:35 ID:O1POFyIy
>>730
俺はあれだけ、下の人間にえらそうに振舞うんなら
最後まで自分の信念を貫けといいたい。

下にえらそうとは言わないが、特攻を公安した
大西なんて介錯なしで壮絶な切腹死を遂げている。

最後に捕虜になるなよと。
最後まで抵抗しろと。

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:50:16 ID:oBnBesj+
烏山先生のとこにはパチンコ関係者が何度も
頼みにきたらしいね
でも彼は金に屈さななかった

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:50:44 ID:tEhrP8Bs
>>733
ハリウッド牛耳ってるユダヤ人がホロコーストをでっち上げたんだがな

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:50:54 ID:xo5klYiy
星条旗の方は全くなんの賞もとって無いのか。
意外な展開だな。
手紙の方はおまけでて撮ったんだろうけど、クリントとしては棚ぼただね。

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:52:43 ID:O1POFyIy
>>733
韓国があまりに日本批判したがために
かえって韓国の馬鹿さが暴かれたみたいにね。

でも、どうなんだろーな。
日本ってプロパガンダ戦争に打ち勝てるのか?

俺は数年前の西安暴動のきっかけとなった
留学生の劇を
ボロクソに言ってた福留を思い出すと・・・
日本は上手く工作されすぎ。


740 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:53:22 ID:A/61vrWV
ピンピンしてて武器もまだあるのに、自決ってありえんだろ。
抵抗がすごかったから、米軍の死傷者の方が多かったのに。

741 :716:2006/12/11(月) 10:53:50 ID:c60Viuz9
うっさいなあ、韓国とか言ってるやつどっか行けよ

そうか、シドーは最初は軍人魂で「戦車道連れにしたる」って
思ってたのか。
シドーのあの役柄と憎憎しくて酷薄そうな演技から、
「勇ましい事言って部下をなじる上官も、
やっぱり人の子、逃げ出したくなったんです。卑怯で滑稽だけど、
これも人間です」って言いたい場面かと思ったわ。

もっかい見なきゃだめだな。

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:54:23 ID:oBnBesj+
>>740
飲まず食わずの状態でビンビンなんてありえない

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:58:58 ID:+feaa+NP
クリント爺さん
前半生のならず者英雄役を通り越し、斜陽に至り人生の総括中
好きな映画を自分の好きに作れるってすげえ羨ましいな
だってさ、この映画は儲けようとして無いじゃん
こういうことができるって、アメリカの恐ろしさと懐の深さだよな

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:59:03 ID:tEhrP8Bs
>>740
他の島じゃ戦争が辛いから、早く死にたいってので万歳突撃したところが多いようだな
硫黄島の兵隊たちもそーなることを望んでたらしいな
でも、栗林中将はあくまでもゲリラ戦で抵抗することにこだわって、無駄死には許さなかったらしい

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:59:58 ID:A/61vrWV
>>742
でも画面ではピンピンしてみえた。
五日間飲まず食わずで普通の顔をしてる二宮w

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:00:10 ID:BJyqKKN6
中村獅童の出番は多いですか?
ファンなので多ければ見たいのですけれど

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:00:35 ID:iBBN8ri8
二宮は断食して撮影に望め!

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:01:01 ID:O1POFyIy
>>746
影の主人公だからぜひ見るべき。

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:01:32 ID:c60Viuz9
ところで西郷の中の人がいい具合に鼻の下の長いアホ面だったので、
ジャニだと知ってちょいびっくりだ。

演技よかったと思う。あの、召集されてきたいちパン屋の若造の
「反戦」じゃなくて「厭戦」という気分をよく現してると思う。

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:01:55 ID:iBBN8ri8
四郎はこの作品に泥をむった
この変態目が!

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:01:59 ID:BJyqKKN6
>>748
見ることにします

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:02:38 ID:oBnBesj+
>>745
そりゃー、メイクさんの問題だろw

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:02:58 ID:O1POFyIy
>>747
二宮は平成のドキュソが一人紛れ込んだってところだな。
上官に叱られてる時の態度、
香具師が厨房時代、先生に怒られた時の態度そのまんま。

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:03:32 ID:hCuTTCrV
ハナコは裕木奈江だったのか!

755 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 11:04:01 ID:vSL/c6Li
中村指導が米軍にみつかってしまうのは、岡本綾との飲酒ドライブが目撃されることへの布石だったのかもしれない

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:04:13 ID:oBnBesj+
二宮ファンサイトうぜーーーーー
だからジャニなんか使ったら駄目なんだ

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:04:34 ID:IHfrMdLv
閣下、ガタイがいいから死体埋める穴掘るの
大変だったろうな西郷は。
あのときの西郷の精神状態と体力では、
大仕事だぞ閣下の墓穴掘りは。

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:05:22 ID:tEhrP8Bs
実際、俺が徴兵されたら二宮とかあんなもんだろーな
全体的に突き放した感があったけど、二宮のとこだけ感情移入できる隙みたいなのがよかった

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:05:38 ID:X+Z6utsv
配役がいいのか悪いのかよく分からない映画だな。

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:07:22 ID:oBnBesj+
>>759
良かったよ
二宮も時々混じる現代の若者言葉がなければもっと良かった

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:07:23 ID:Uzlv1P6w
内容に関わることはネタバレへって約束じゃなかったっけ?


【※ネタバレ※】 硫黄島からの手紙 Letters From Iwo Jima
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163667281/



762 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:09:57 ID:oBnBesj+
>>761
そのスレの役目終わったよ
試写会に行った人多かったし
ありがとう

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:12:36 ID:ZScMeifa
星条旗より日本語作品の手紙のほうが受賞する不思議・・
手紙のほうが好きだけど。

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:13:04 ID:CvwUMuXm
映画を見る→この男はどんなやつだ?ぐぐってみよ→ニノミヤ?アラシ?なんだそりゃ?
→YOUTUBEで探して見るか ↓

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


ってアメ人がかなりいるとみた。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:14:40 ID:hCuTTCrV
渡米経験のある栗林中将・バロン西
=良い上官・冷静で周りが見えている

外国無知の伊藤中尉・その他上官
=日本古来の上官・世界を知らない・自決強要・間違った作戦

ようするに世界と対話が大事って事だろうけど
あまりにもはっきり区別しすぎだろ



               

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:15:50 ID:O1POFyIy
>>765
この映画には出てないが、ようつべで大人気の日本人はHGなんだがな。
二宮も大人気になるかな?

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:16:59 ID:bsNCewzJ
西の部下は渡米経験が無いのに良い上官として描かれていたような。

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:17:06 ID:IHfrMdLv
>>764
いねーってw

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:20:34 ID:IHfrMdLv
ああーなんかもう悲しい。死ななくていいじゃん!
もうちょっとだけ生き残って、そう思って無くても
「まだ戦うんだ!」って皆で言えたらよかったのに。
西郷が清水に「ここで自決するんと生きて戦うのと、どっちだ」
って言ったみたいに。

手榴弾自決の人らも西も、みんな自分から死にすぎ。・゚・(ノД`)・゚・。

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:21:40 ID:Re90XGD9
まだ二日目、見ていない人もたくさんいるので ↓ネタバレはこちらで

【※ネタバレ※】 硫黄島からの手紙 Letters From Iwo Jima@映画作品・人
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163667281/l50

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:24:12 ID:tEhrP8Bs
>>769
>我々の子供らが日本で一日でも長く安泰に暮らせるなら、
>我々がこの島を守る一日には意味があるんです。

背負ってたものが重過ぎるな

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:24:23 ID:CKM24szY
レディスデーに行こうと思ったけど
このスレみてたらすぐ行きたくなってきた。
平日の昼間はじい様たちのポマード臭そうだなあ

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:24:47 ID:O1POFyIy
>>765
米国人が描く映画はどこか善悪二元論になってしまうところがあるよな。
俺もそのあたりが気になった。

沖縄戦を指揮した太田中将も名将だと言われているが
彼は留学経験なんてないが、かなりの人格者だったように
留学経験のあるなしで、ああ分けて役柄を決めるってのは
プロパガンダ入りまくりだよ。


774 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:26:05 ID:ic5a1A6D
>>764
あるあるwww

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:26:27 ID:1LL054Cb
見に行くなら夜のほうがいい。初回見に行こうとしたらジジババが大半占めてたから避けた

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:29:26 ID:O1POFyIy
硫黄島の戦い中に
東京大空襲が起こっているんだが
客観的に映画を撮るんであれば
東京大空襲の現実をどこかで入れるべきだったと思う。
それがなければ、「戦争はいけない」だけの
短絡な感想で終わる人も一杯出てくると思う。
特に女性。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:32:39 ID:+X+VVeGO
地下壕の中で、皆が整然と並んでるシーンの中に、
そのまま幽霊か骸骨か、みたいに頬が痩せこけ、
目が落ち窪んでクマがどす黒くしてる兵役の人がいて、
マジで当時の兵隊さんっぽくて怖かったっす。
メイクって凄いや。

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:34:56 ID:tEhrP8Bs
>>773
とはいえ、司令官くらいになると留学経験は当たり前
でも、ドイツやフランスが多数派で、イギリスやアメリカの英語圏は少数派
何故かというと、エリート教育を受けた人らはドイツ語やフランス語習ってる
庶民上がりの栗林は普通の中学で英語習ってるから、英語が堪能でアメリカに留学した
エリートの人らがドイツを過信したってのが敗因の一部でもある

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:35:55 ID:0Qmw3od2
>>770
全国一斉公開日過ぎて観る観ないは個人の自由。
観ていない人の配慮なんて公開日過ぎてやる必要なしだよ。

ネタバレスレは公開日まだで試写会観た人用なので、
公開日を過ぎるとスレ終了と同時に本スレに吸収されます。

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:37:08 ID:tEhrP8Bs
ネタバレ嫌なら未見スレ立てればよくね

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:38:39 ID:ffPQMuMb
二宮はそんなに悪かった?
最初は、あれ?これがクリント監督が絶賛の演技か?って
思ったけれど・・でも、これがコテコテの軍人口調であったら、
かなり寒い映画になったような気がする。
パンフにも書いてあったけれど、「あれ?リハーサルじゃなかったの?」
っていうくらいに、撮影が進んだというから、ああいう演技が希望だったの
だと思います。もし二宮でなくて、もっと体格の良い軍人風俳優で昔の戦争映画に出てくる
軍人バリバリな演技をしたとしたら・・もっと感動も薄れたと思うのですが・・
肩の力が抜けた演技っていうのも難しいのじゃないかな。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:46:16 ID:Di0xewXL
今までの戦争映画と違ってリアルだって。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:47:59 ID:cQ2HpxNy
日本の左翼は異常すぎる!!
ナンなんだあいつらは。
ただ、日本人を呪い、日本を否定したいだけの連中。

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:50:00 ID:O1POFyIy
>>781
二宮は最悪。あの平成人口調はないだろ。
自分の親父がそこらの中学生みたいな思考回路と口調してたら
違和感ありまくりだろ。まさしくその感じ。
それに世界にあんなヘタレ兵士がいっぱいいたんだと誤解を受けるから
始末に終えん。

しかし、元在日の伊原の演技はよかった。
伊原を見て、反日に凝り固まった他の在日はどー思うんんだろうか?
本国の朝鮮人はどー思うんだろうか?

伊原は実物も魅力的だね。
http://job.goo.ne.jp/topics/interview/interview03/page01.html

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:50:05 ID:B+cWT3PT
ttp://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m35702024
これビデオだけど、買おうかな。日清戦争から通して勉強できるかも。。。

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:50:37 ID:W24Q2BqA
右翼も左翼も群れているだけだ。
向いている方向は違ってもやってる事は同じ。

787 :名作シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:51:30 ID:jqsPjIxa
軍人口調というのは、日本製の戦争映画が植え付けた
誇張された口調のことだろ。一般人で借り出された人間は
兵士間ではごく普通にしゃべっていたはずだ。
「諸君!」の1月号を読んだかね?
硫黄島協会の会長さんが「硫黄島協会の関係者40数名で一緒に
見ましたが、みんな最初から泣き出してしまいました。
二宮君が演じたパン屋の西郷の役に、あの島で戦った兵士たちの
あらゆる面が反映されていたと思います」と語っているぞ。
言葉や演技が不自然なら絶対に感情移入できないだろう。
しかも、実際にあそこで戦った方たちがそう言っているのだから
それがすべてじゃないかと思うが。

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:54:48 ID:O1POFyIy
>>787
いや、平成口調はあの当時は誰も話す人間はいなかったはず。
同じ日本語でも、年を召した人と近所の厨房とは
全く違うだろ。二宮の日本語は近所にいるできそこないの厨房と同じ。

>>787
諸君としては、この映画の興行成績をどうしても
上げたいって願望があるから、心にもないことを
言ってんだと思う。

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:55:27 ID:GumKjzlU
硫黄島の戦いを撮るんなら、御楯隊の特攻シーンも入れてほしかったな…

空母沈めたり、大破させたり
ひーじいちゃん達、大活躍したのにさ

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:55:30 ID:tEhrP8Bs
>>788
いなかったはずってソースは?

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:55:48 ID:Fgh2peDS
>>787
そうだね。硫黄島協会関係者のみなさんがそう言ってるんだから間違いない。
知りもしない人がああだこうだ持論を展開しても説得力はないよ。

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:58:09 ID:9V6RtNMB
前作「父親たちの星条旗」より

「自分の目で見た事が無い者ほど、見てきた様な事を言う。

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:59:25 ID:e1Cx6o6U
>>788
決めつけはよくない。
現に祖母に聞いたらあんな口調のひともいた
ってレスもあるんだから。

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:59:55 ID:aN6YaJg/
なんか良い映画なのに悪いところを見つけたがる奴がいるようで

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:00:03 ID:xo5klYiy
二宮は現代人の視点だからあれで良いんじゃないか?
別にドキュメンタリー撮りたかったわけじゃないだろうし。

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:00:57 ID:xy3Nvdcb
>>773
誤解しすぎ
栗林、西ともにアメリカに留学なんてしてない
栗林、西は「アメリカに友人がいる」という点が大きいんだよ
友人同士で殺しあうということの象徴なわけ

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:01:04 ID:4ygpsZIs
このスレの住人のお婆ちゃんが
実際に当時映画の二ノ宮みたいな喋り方する軍人さんもいたよ、
と言ってたらしいが。

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:01:37 ID:O1POFyIy
>>790
ソースはあんたが日本在住なら分かるだろ。

例えば俺は関西に住んでいるが
若者言葉と年寄りの言葉は同じ関西弁でも違う。

「〜よってに」「よろしゅう」とか
そういった表現をお歳を召した人は使うぞ。

そこまで厳密に言えとは言わないが
最低限、平成の10代の人間の話し言葉は
矯正しろと言いたい。

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:01:42 ID:IHfrMdLv
見る人、お年寄りも多そう 尿近い
2時間半

トイレに立つ人多そうだ・・・

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:02:40 ID:GSw6E2lG
中にはやる気の無いDQNもいたろうよ。
子孫残してないだろうけど。
太宰治とか読むと。

801 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 12:02:53 ID:vSL/c6Li
戦中派のおじいちゃんたちとも自分らは普通に会話ができる そう考えると二ノ宮西郷のあの今時のしゃべりも当時のひとたちは使ってたんじゃないかな 戦前のエノケンとか戦中の坂東妻三郎の映画とかみても全然いまと言葉は変わらないよね

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:03:20 ID:IuVz2qAn
>>794
映画だからしょうがないけど、そんな観かたして何が面白いんだろうね。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:03:31 ID:mpeNY7ur
当時の口調なんかどうでもいいんだよ。言語学者の集いじゃないんだから。

本質が伝わればそれでいい。本質を伝えるための手段ならそれが正しい。
徴収された一般庶民が死地に赴かなくてはいけない、その悲しさ厳しさ異常さが伝われば
それでいい。

いくら言語学的に正しいことを復元しても現代人に伝わらなくては意味がない。
だから平成口調がどうたらというのはナンセンス。

ただし、O1POFyIyは、そういうことを百も承知の上で書いてるね。
ものすごい量の投稿をしてるけどその内容たるや、このスレをかく乱させる方向に、
ミスリードの方向に持っていこうと一生懸命だ。

さいしょは味噌汁ぽたぽた、次はにほんじんかにっぽんじんか。今は、二宮たたき。
次々とスレの話題を映画から引き離す方向にリードしようとしてる。
この映画の本質を日本人に語られることがそれほどに怖いのか。笑止だな。





804 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:04:09 ID:O1POFyIy
>>801
京都帝国大学出身の李登輝前総統の日本語は独特だけどな。

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:04:21 ID:IHfrMdLv
ところで二ノ宮は死亡フラグ
「国に残してきた女房の腹にはまだ見ぬ子供が・・・」を
軽くクリアしてるのな。

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:04:53 ID:xo5klYiy
ってか二宮より日系人だかアジア系だかの片言日本語の方がしらけた。

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:05:17 ID:X8C7YTaV
>>794
美男美女の欠点を探しちゃうような欠点だらけの人なので
生暖かく見守ってあげましょうw

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:05:40 ID:IuVz2qAn
>>803
すべてまとめたなw
乙w

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:05:45 ID:tEhrP8Bs
>>796
西は留学してないけど、栗林はアメリカに留学してるよ
ちなみに、司令部から親米派と目されてたから栗林と西は硫黄島行きになったとも言われてる
栗林は上からアッツ島みたく玉砕してきてくれって言われて負け戦の望んだらしい

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:06:23 ID:aN6YaJg/
二宮を含め最高の映画「硫黄島からの手紙」に不満漏らす奴はワイが許さへんで〜〜〜〜〜〜〜〜〜

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:09:34 ID:Y6QB+GFj
ID:O1POFyIy
ID:oBnBesj+

この二人はまだいるのか?
いいかげんにしろよ。

この二人、発言読むと昨日の夜中からずっといやがる。

一人は「大本営」てなに? から始まる厨発言。
もう一人は、二宮叩きまくりで始まる厨発言。

で、今は映画のことなんかそっちのけで
思い切りネトウヨ発言が続く。

厨でネトウヨ

読んでてむかむかしてくる。
俺がウヨなら、こいつら日本刀でなます切りにしてる。

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:10:02 ID:xo5klYiy
>>796
栗原はアメリカ留学中家族に手紙書いてるじゃん。
パーティー嫌いだとか、アメリカの子供が三輪車のってる絵を描いて手紙送ってる。

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:10:14 ID:aN6YaJg/
誰かもう次スレつくっとって

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:10:51 ID:xy3Nvdcb
ああそうだな栗林は留学しとった
38歳での留学だ

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:11:36 ID:tEhrP8Bs
ちなみに俺が気になったとこは、
実際は栗林中将は拳銃も持たず丸腰で島を歩いてたのに、拳銃を常に携帯してたこと
あと、西が颯爽と馬に乗ってたこと
栗林は騎兵隊出身で乗馬の腕前はすごかったのに、馬乗ると水たくさん飲むからいつも歩いてた
実際、西も気を使ってんじゃないかなと思った
でも、この二つがないと映画的に楽しめないけどね

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:11:37 ID:O1POFyIy
>>811
どのあたりがネトウヨだか言ってくれ。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:12:19 ID:Y6QB+GFj
>>816

てめえに説明する義務などないわぁー、くずがー!

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:12:23 ID:YrdOK9zC
単なる反戦映画じゃないな。アメリカは昔と変わらず国民は皆貧乏で借金漬けで戦い続けなくてはいけない悲しい国だよ。日本の三倍の借金漬け大国だっけ。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:13:12 ID:Fs/dfe29
時代考証にうるさい小林信彦も本音を申せばで絶賛してたお
アンチ粘着だお

820 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:13:26 ID:O1POFyIy
>>817
ゴメンね。あんたの大好きな韓コックを批判して。

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:13:45 ID:PvTOcySF
>>778
ちょうどドイツに留学した頃、ハイパーインフレ末期で
日本人はとんでもなく贅沢ができたらしいね。

その経験からドイツに留学した人間はドイツ贔屓になったとか

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:14:31 ID:PxHchdIX
当時戦った人の言葉まで捻じ伏せて役者を叩きのめす必要はない。
当時戦った人の言葉のほうが真実。

823 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:15:32 ID:O1POFyIy
>>819
右翼局のチャンネル桜も絶賛していたよ。二宮の演技を除いて。

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:15:38 ID:PvTOcySF
>>787
早速諸君を買うか

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:17:14 ID:PvTOcySF
>>788
あのなぁ・・あくまでも現代人が演技し、見る映画なのだから
多少の言葉の違いくらいあるに決まってるだろ・・・。

そんなに当時の言葉で映画を見たいなら当時の記録映画でも見ればいいじゃない。

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:19:53 ID:HHYWShW1
カタコトの日本語しかしゃべれない兵隊はいたんじゃない?
半島出身の人とか

827 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:20:35 ID:QhLvqeHs
音楽はどうですか?

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:20:46 ID:Fs/dfe29
>>823
チャンネル桜の人は何日叩くつもりだおチャンネル桜いけお

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:22:12 ID:IuVz2qAn
>>811
後でネトサヨも来ると思うからそいつらだけで別スレ建てて争って欲しいものだ。

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:22:54 ID:IpaC84cY
 こうやって、命を賭けて戦った国体を守ったのに、その孫の嫁は
公務をすっぽかしてばかり。

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:23:01 ID:cQ2HpxNy
>>821
メイドの力が大きかったんだろうな。

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:24:08 ID:O1POFyIy
>>826
>朝鮮人の捕虜は日本人と別にして入れられていた。

>朝鮮人

>朝鮮は日本の領土であり朝鮮人は日本人であった。兵隊にも軍属にも朝鮮人は沢山いた。ハワイで彼らは日本上陸の訓練をしていた。釜山に上陸し祖国朝鮮を日本から取り戻すと言っていた。(朝鮮人の捕虜)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/page1.html

生還者の手記によると捕虜は朝鮮人と日本人を区別して
収容してたってことだから
朝鮮人捕虜はいっぱいたんだろうなと思う。

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:24:11 ID:PvTOcySF
>>831
羨ましいよな

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:25:00 ID:tEhrP8Bs
>>827
いわゆる鎮魂歌みたいな感じかな
全然勇ましくも雄雄しくもない
戦場のシーンでは敢えてBGM使わず爆弾や銃声のみ
いい雰囲気だったよ

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:25:06 ID:YHTwRXop
北関東に住んでいるが、地元の農家や自営業のじいちゃんたちの話し方、
西郷と大差ないぞ。
関西の人には違和感があるのか?

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:26:44 ID:hCuTTCrV
銃声やら弾の空気を切裂く音とかはリアルでよかった


837 :829:2006/12/11(月) 12:27:11 ID:IuVz2qAn
それとも俺が隔絶スレ作ってやろうか?あえて。
荒らしが着たらスレ誘導推奨でみたいな。

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:28:26 ID:JpezZA4m
■ある医師の述懐 『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
フィリピン人「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■当時の中国人が描いた漫画 「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/40000/39250.jpg

■中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
(朝鮮人は)一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■仏紙Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著『ニッポンは誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080548/249-1372373-3521946

■古野直也著 『朝鮮軍司令部1904〜1945』(概略)
戦時中、3500人の朝鮮人が捕虜の監視をしていた。(おそらく軍属=民間人)
弱者に残虐性を発揮する民族性で、日本軍に隠れて捕虜の虐待を行なっていた。
http://konn.seesaa.net/image/book_akasen.jpg

■オーストラリア人 ケニス・ハリスン著 『あっぱれ日本兵』
彼ら(朝鮮人)は(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。 どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、
体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4425946316/503-8018966-9642352?v=glance&n=465392

■『ミャンマーの人々はビルマの竪琴をどう観たか』
ミャンマー人「日本人兵より朝鮮人兵の方がきつかった」
http://www.asahi-net.or.jp/~cr1h-ymnk/96-02-01.html

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:28:55 ID:O1POFyIy
>>837
お前が隔離されろ。

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:29:29 ID:aN6YaJg/
サバゲーとかやってる輩が戦争は正義とか思わなきゃいいけど

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:30:34 ID:IuVz2qAn
>>839
プゲラッチョw
荒らしの特徴その1 決してsageない。お前全部のスレageてるだろw
自己主張強すぎw

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:33:02 ID:O1POFyIy
>>841
二宮がプゲラッチョw
と言わなかっただけでも俺は香具師を評価してる。

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:33:08 ID:XkKEKafd
>>841
同意。
ブログ作って好きなだけ自分語りすればいいのにな。

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:33:58 ID:OOymQjEO
見終ってからずっと違和感が離れない。期待と違った。
その理由は、この映画が史実を物語ると思ったからだ。
前レスで散々出ているように、当時からすればありえないシーンが
てんこ盛りになっている。
ドキュメンタリーとしてこの映画を観ると完全に消化不良に陥る。
大東亜戦争における最も過激な戦場で極限状態にある人間模様を
描いたフィクション映画なんだということで納得しつつある。
その中で足るんだ甘っちょろい二等兵が精神的に逞しくなっていく
ストーリーが味付けされている。
そういう意味でみれば二宮の演技は受け入れられないこともない。
まあ、なんにしろヘビーな作品だ。




845 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:35:16 ID:aN6YaJg/
sageない奴は2ch経験が少ないんじゃないかい?

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:36:37 ID:IYfJoBoD
じいちゃんたちと観に行った。泣いとったよ。西郷の話ばっかしよるしなあ。。人間はああだ、人間らしい、やと。

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:38:14 ID:4ygpsZIs
二宮って日本に帰ったら既に妻と子は空襲で・・・
という可能性はないのだろうか

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:38:58 ID:uHrYCYHe
前にも出たけどセリフ噛むのが耳に障ったなあ…そういう部分は取り直してもらいたかった。

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:39:11 ID:ZScMeifa
軍人なんて一握りで、庶民がほとんどだったんじゃない?
銃もまともに撃てない西郷。


850 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:39:56 ID:O1POFyIy
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/jan/1151537024/l50
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/jan/1121320315/l50

二宮はジャニ板でなんの話題にもなってないみたいだ。
気の毒になった。

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:43:19 ID:uHrYCYHe
>>850二宮は昔の松田洋二とかぶる。

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:43:36 ID:g06DNQsS
九州だが、神奈川出身の爺さん(90歳)の口調も西郷と大差ないよ?
大体、戦前・戦中・戦後でそんなに劇的に言葉が変わるわけないじゃん。

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:44:32 ID:mtMhnBbm
うん
カチカチの軍国青年ばっかりだったというイメージも どこかのスリコミっぽい気もする

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:44:46 ID:xy3Nvdcb
>軍人なんて一握りで、庶民がほとんどだったんじゃない?

硫黄島は寄せ集め軍だからな

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:45:31 ID:x+J46SAD
叩かれてる部分が実に阿呆らしいことばかりなので
この映画がいかに素晴らしい出来なのかを教えられたよ。
今から見てくる。

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:46:54 ID:IuVz2qAn
今日も荒らしはまとめて透明アボンするか・・。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:47:29 ID:uj879EEe
O1POFyIyは透明アボーンしてるから全然気にならない。
真性にいくら正論を言っても無意味だから他の方もそうしたら?

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:47:52 ID:0YZjYwaq
アカデミーアカデミー言われてる二宮大根すぎワロタ
作品賞は取ってくれれば良い

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:50:03 ID:mtMhnBbm
ロサンゼルス批評家協会賞 作品賞 受賞

http://in.news.yahoo.com/061211/137/6a6oa.html

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:50:14 ID:g06DNQsS
戦後直後の皇室の方々の映像見ると、今の一般の言葉に近い言葉使ってる。
あんな仰々しい話し方になったのは美智子さまが皇室に入ってから。
学生運動世代が好んで堅苦しい話し方をしてたんで、変に誤解してる奴がいるんだと思う。

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:50:24 ID:IuVz2qAn
>>857
さっきギコナビ開いたばっかだからそいつのログ見てた
確かに逝かれてるね。
アボンした。

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:51:03 ID:EXRD3vFK
タイムマシーンに載って現代から硫黄島へやってきたような二宮の演技でいいんだよ。
じゃないと、日米の観客が感情移入できるキャラがいなくなるだろ。

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:53:29 ID:0YZjYwaq
ああーそうか二宮の大根っぷりはわざとなのか
渡辺謙最高やね

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:53:56 ID:Fs/dfe29
>>850
そこはアンチの為のスレだお
本スレはヤフーレビューで叩いてるのだけ貼りにきたり妬まれてるお
このスレにも確実に来てるお

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:54:14 ID:lGgkSu/P
言葉遣いでいちばん気になったのは
ユウキ萎えの「だよ?」二連発。
「だって、誰も帰ってこないんだよ?一人もだよ?」

これはさすがに突っ込みを入れずにはいられない。

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:54:23 ID:IuVz2qAn
>>862
なんか昔本当にタイムスリップさせられた若者が戦争行ったりする日本ながらの戦争説教映画あったな。
君を忘れないだっけかな?うーん忘れた。
うちの中学高校、説教映画をよく見させられてたから確かにあったんだけど。

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:54:58 ID:pyIOqbH3
観てきた。とりあえず靖国行くよ。

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:56:00 ID:IuVz2qAn
>>865
そうか?
時代劇とかでも昔の日本人よく使って無い?
あんたそれは〜だよ みたいな。女の人がよく使う。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:56:39 ID:IYfJoBoD
最後の最後で西郷に救われた気したなあ。自分15歳やねんけど、映画の途中で白旗あげて帰りたくなったw

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:58:03 ID:O1POFyIy
>>866
>君を忘れないだっけかな?うーん忘れた。

あの時代に松村みたいなブタは存在するわけがない
ということで観なかった。


871 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:59:11 ID:g06DNQsS
てか、それこそ残された手紙を見るとわかると思うんだが・・・。
おもいっきり今の言葉と変わんないじゃん。むしろ、今よりフランクな感じだし。

872 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 12:59:26 ID:vSL/c6Li
>>867 いいことだ この映画みると総理の靖国参拝にも賛成したくなるね

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:59:56 ID:e0Q6Fpm+
ジュピターはこの後スタッフがおいしくいただきました

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:00:20 ID:YHTwRXop
だから昔の大宮あたりの若夫婦なんて、あんな話し方で普通だと思うよ。
うちのじいちゃんたちもそんなもの。

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:00:51 ID:k0Im4PhB
そういえばエンディングの時、みんな鼻すすってたな。

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:01:09 ID:Uzlv1P6w
>>865
あまり教育されていない下町なら遣いそうだけどな。
時代劇とかでも女性の「だよ」は多用されてるし。

その時代を生きてないからなんとも言えないけど。

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:03:21 ID:O1POFyIy
>>876
都内とちょっと違うのか?
都内にいた時、年配の人で江戸っ子口調の人いたんだが
ああ、ここは東京だなって感じた。
今のテレビによく出てくる若者口調ではなくて
寅さんのそれだった。

878 :866:2006/12/11(月) 13:04:00 ID:IuVz2qAn
思い出したWINDS OF GOD だ

レビューがなかなか見つからない。

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:04:51 ID:R6rLLFlT
平成口調とか言ってるヤシはただのアホか地方人かと。
大宮にほど近い春日部で豆腐造ってるウチの爺は西郷に近い喋り方するよ。
「〜だろ」とか「〜じゃねえか」とか。

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:05:19 ID:IuVz2qAn
>>873
ジュピターは最初から非常しょ・・kんどあhdfctふjこ やめ(ry

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:05:26 ID:xo5klYiy
ttp://www.oscarwatch.com/2006/12/the_queen_takes_nyfco_top_awar.html#more
ttp://www.oscarwatch.com/2006/12/the_departed_sweeps_boston_fil.html#more

NYとボストンの賞には選ばれてないね。

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:05:49 ID:mY53FyaB
ちょっと早いけど次スレ立ててみます
(テンプレ貼り終るまで暫く次スレ書き込みは控えてください)

883 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 13:06:02 ID:vSL/c6Li
小津安二郎の映画にでてくるお嬢様言葉 「〜ですのよ」「〜そう思いますわ」「〜とおしゃいますの」なんてのは庶民は絶対使ってないから

>>865の言葉は祐木ナエはつかっていいのです


884 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:06:07 ID:O1POFyIy
>>878
元自衛隊員の作った作品ね。
靖国参拝した時、その映画の広告あったわ。
その人、米国のブロードウエイでも活動してて
俺は、見たことないが評価してんだが・・・・
いつか見てみたいなと。

「きけわだつみの声」平成バージョンでも
緒方直人がタイムスリップしてたよーな。

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:06:31 ID:XqmOkViO
>>875
前スレに出てたけど
栗林自決シーンの涙ポロリで泣きそうになるもこらえる

しかし米兵に奪われた銃を見てとち狂った西郷によって涙腺決壊

西郷が埋めた手紙が掘り起こされ大勢の日本兵の声でトドメ

エンディングは鼻が痛かった…

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:06:44 ID:Uzlv1P6w
>>878
舞台で何度も再演されてるよ。
今井雅之作、演出、主演で。
アメリカでもやった。
たぶん>>878が見たのは映画じゃなくてテレビドラマの録画。
Dondokoのぐっさんとジャニの森田が主演のやつでしょ?

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:07:42 ID:O1POFyIy
>>879
>大宮にほど近い春日部

そこは田舎。

田舎者は常に流行の話し口調に自らを変化させる必要があるんだよ。
山形出身の俺の友達も今風の東京弁だった。

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:08:38 ID:IuVz2qAn
>>884
そっちかもしれない。
織田祐二憲兵に折檻受けて無かった?

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:09:06 ID:mpeNY7ur
>>844
この映画の手段は「客観」だけど、目的が「客観」なわけじゃない。
目的を客観にしたいものが見たいならドキュメントを見ればいいわけで、
クリントはあくまでも戦争の無常を伝えたかった。そのための手法として「客観」をつかっただけ。

だから、言語が当時そのままのリアルじゃないのも、やせこけてないのも、洞窟が涼しそうなのも
役者か垢まみれになっていないのも、許容の範囲内。目的が客観じゃないから。
それから、東京大空襲とかいろいろな事象を省いたのも正解。主題を伝えるための素材として
適切ではないから。

もう一度繰り返すけど、
この映画の手段は「客観」だけど、目的が「客観」なわけじゃない。
ここを間違えると頓珍漢な批評になる。
ドキュメンタリー映画じゃなくて、ドキュメンタリー風映画。

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:09:10 ID:BHcSYhfa
>>872
戦争いけないと思わせつつ死んだ人を軽く見てはいけないと思わせる映画だったね。

まあでも自決強要など病んだ組織の指導者の責任というものも突き付ける映画でもあると思った。
単純に戦犯として見るのも不適当だけど。


891 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:09:19 ID:gNxli5CN
獅童が持ってる丸いの、ずっと水筒だと思ってた。
で、死んだ人の水筒ももったいないから集めてるのかとw

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:11:06 ID:IuVz2qAn
>>891
それおもしろいなw

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:11:44 ID:O1POFyIy
>>888
「きけ」は俺も見た。
織田裕二だ出てたよ。
俺の親父は、あの当時にあんな髪の長い兵隊がいるわけない。
髪を切らせと。昔の映画の○○って俳優は戦争映画になると
ちゃんと頭丸めてたぞとご立腹だったのを覚えてる。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:12:29 ID:Uzlv1P6w
>>891
あれは地雷?

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:12:57 ID:R6rLLFlT
>>887
かつての大宮に吸収合併された村出身ですが何か。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:13:28 ID:uj879EEe
>>894
対戦車地雷かな。

897 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 13:14:19 ID:vSL/c6Li
>>891 あれが水筒だったら水飲むの大変そうだな フタが横についてる

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:14:45 ID:O1POFyIy
>>895
大宮も、その吸収合併された村も田舎。

俺の町なんか、それぞれが自分の話言葉に誇りを持ってるから
同じ町でも世代によって話し言葉が異なる。



899 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:14:47 ID:IuVz2qAn
>>893
そうだ間違いないw
「そんな今の日本人昔に放り出してどうしろと言うんだ」って感じで見てたw
あの当時半ば反強制的に見せられてたからそう思ったのかもしれないけど今みても感想変わらないんだろうか・・・

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:17:25 ID:YHTwRXop
農家や自営業の年よりは、小学校すらろくに行ってねー人も多いよ。
家業の手伝いと兄弟の子守があっだがら。
最近の都会のヤンキーより言葉は乱暴だよ。(心は優しっけど)
敬語なんてめったに使った事ねーから、緊張する場ではどもったりもする。
話し方なんてそんなもんだ。
おかしいと思うヤツは、関東の田舎来てみな?

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:17:51 ID:R6rLLFlT
>>898
なら西郷の口調は問題ないなw

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:19:57 ID:O1POFyIy
>>899
今から11年前の映画だね。
俺は親父にそんなこと言われてもへーってところだった。
名前度忘れしたがヤンキー上がりの俳優がサイドカーに
慰安婦乗せて走ってたの覚えてる。
どんなふうに慰安婦が描かれてたんだろ。
男相手するごとに軍票にぎらされて
それで、こんな軍票、かみっきれだと
ぽんと放り投げてたような・・・・・
10年以上前なんで記憶が定かではない。

あのころは2chなかったから今ほど保守の人間じゃなかったので
なんの問題もなく観てたような。

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:21:22 ID:IuVz2qAn
結局みんな日本の映画に悪い意味で毒づけられてたんだよ。
渥美清の「拝啓天皇陛下様」とか上官に対して以外は今のタメ口と大してかわんねーよ。
まぁこの映画、時代考証云々言うような映画じゃ無いけど。

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:22:20 ID:O1POFyIy
>>901
俺の予想では、
その大宮の年配の人も
60年前は寅さん口調だったんだと思う。
今は流行の東京弁口調に変化してきている。

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:22:43 ID:2Z2yLZFf
中村獅童って本来ポスターになっちゃいかん役だろww
バロン西の方がよほどふさわしいんちゃうか。

スコップ振り回したパン屋>>>>>>>>>>>>>>>獅童

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:24:11 ID:Uzlv1P6w
>>903
>毒づけられてたんだよ。
の意味がよく分からない。

刷り込みされたとか洗脳されたとかって意味?

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:24:37 ID:IuVz2qAn
>>902
なつかしいw
兵隊やくざみたいな奴と慰安婦がねんごろになってバイク使って軍を脱走するようなエピソードとかあった希ガス。
結局、脱走したけど敵に見つかって殺される。

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:26:00 ID:O1POFyIy
>>905
両者は私生活どーりのはまり役かもわからん。
中村は河原乞食の末裔ながらも生粋の日本人。
伊原は今は日本人ながらも元在日韓国人。

日本人のほうが負けてるわな。
恥ずかしい。
中村錦ノ助はいい俳優だったんだが。

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:27:44 ID:O8UxmFqE
どうにかして二宮を叩きたくて仕方ない阿呆がいるが
口調以外に叩ける箇所がないので必死になってそこを突いてるでFAだな

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:29:02 ID:A/61vrWV
スコップ振り回しても撃たれないというのがすごい。
当たりどころが悪ければ死ぬだろ。

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:31:50 ID:O1POFyIy
>>910
ああ、二宮の演技は屁だったが
そのシーンは思わず力が入った。
将来ある日本の国土を無茶苦茶にして
善良な日本兵を焼き殺して
そーいったことが俺の中で浮かび上がってきて
この米兵をボコボコにシバきたいって衝動に駆られた。

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:32:00 ID:O8UxmFqE
>>910
きっとそこにいた米兵の将官も西みたいな人だったんじゃないか?

それはそうと自分も伊藤が抱えてたのは水筒だと思ってた
米兵の真似をして紛れ込もうとしたのかと…

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:32:52 ID:4mpdiZAy
渡辺謙の、帽子を取りお辞儀しながらの「天皇陛下万歳」は凄みというか迫力があったな。


914 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:33:02 ID:IuVz2qAn
>>906
ここ十数年の日本映画で描かれるパターンが決まってた。
・模範的軍人、反戦態度を取る奴、表面的な描写が多い。
・キャラの内面を書いたつもりでも脚本が下手なのか人間味が足りなくてどこか胡散臭いのを拭い切れない。
・いつも左翼と右翼どっちかに喜ばれる映画ばかり。


915 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:34:02 ID:zLPHDDF/
>>910明らかに武器は持ってなくてスコップだけで
しかも1対多数だったからだろ

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:34:28 ID:Uzlv1P6w
>>914
いや、「毒づける」って言葉があるのかどうかと。

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:35:49 ID:llakRWoB
>>910
結構勢い良く振り回していたけど、
まー実際は飲まず食わずで足元ふらふらとても敵にヒット出来る
状態じゃないよね、敵も余裕で避けていた。

918 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:35:50 ID:xo5klYiy
ttp://www.freerepublic.com/focus/f-news/1750961/posts

保守派はこの映画たいそうお気に召さない。

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:35:55 ID:BHcSYhfa
>>908
元在日だからとかステレオタイプで人を見るのやめようや
いちいち韓国を気にして、逆に気質が向こうの反日集団に同化してる。

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:36:10 ID:IuVz2qAn
>>916
>毒づけられてたんだよ。
の意味がよく分からない。

刷り込みされたとか洗脳されたとかって意味?

そのまんまのつもりだよ^^;
そんな日本語無かったらゴメンネw

921 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 13:37:51 ID:vSL/c6Li
>>918 ああ 英語ぜんぜん読めない

922 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:39:24 ID:IuVz2qAn
>>921
同じく><
パッと見HTMLのソースかと思った。

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:40:35 ID:O1POFyIy
>>918
この投稿とか終わってるな。広島の原爆被害者に毒づいてる米国人思い出したよ。

To: Porterville
Japanese soldiers were trained to kill without emotion and destroy without remorse.
That is the point. They were trained up into an evil system and many
of them did evil things, and they were endorsed. Vastly fewer American
soldiers and marines did evil things. But some did, and they were often
punished. My dad fought in the Pacific War and I grew up in a home
that hated "the Japs." He told me of his real experiences. Sixty years
later, it is not so terrible that these former enemies speak about
equivalent "emotions" and glance over their actions. We are a just nation
and most of our wars have been just. Still, we are prouder of some
than others. I am glad that the Japanese are beginning to look at
this at all.


17 posted on 12/09/2006 10:01:35 AM PST by outofstyle


924 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:40:46 ID:xy3Nvdcb
獅童は役柄は情けないが
素晴らしい演技だったと思うぞ

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:41:44 ID:WE2qnIns
この硫黄島の映画、本来、日本が真っ先に映画制作しなきゃいけなかったんじゃないんかい!『シンドラーのリスト』の時のドイツといい、日本も情けないね…

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:44:05 ID:ui5gxYwO
『シンドラーのリスト』はフィクションだからな

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:44:07 ID:IuVz2qAn
>>924
情けなくて心の中で大いに笑ったけど憐れでもあったから同情もした。
あの演技、分かる奴にはシドウはやっぱやるなって思ってたはず。

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:44:21 ID:llakRWoB
>>924同意、
私生活で損してるからそのフィルターが掛かって余計に情けなく見えるw

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:45:15 ID:mY53FyaB
次スレ立てました


【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/


テンプレに若干付け足し、修正入れました。
他に付け加えたいのがあれば今後の次スレ立ての際に加えてください
(受賞一覧やリンクも今後貼っていくといいでしょう)

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:45:53 ID:zLPHDDF/
しどー地でいってんのかと。演技だったんだw

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:47:44 ID:O1POFyIy
この人、映画観たことを後悔してないだろーか?

746 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:00:10 ID:BJyqKKN6
中村獅童の出番は多いですか?
ファンなので多ければ見たいのですけれど

747 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:00:35 ID:iBBN8ri8
二宮は断食して撮影に望め!

748 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:01:01 ID:O1POFyIy
>>746
影の主人公だからぜひ見るべき。

749 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:01:32 ID:c60Viuz9
ところで西郷の中の人がいい具合に鼻の下の長いアホ面だったので、
ジャニだと知ってちょいびっくりだ。

演技よかったと思う。あの、召集されてきたいちパン屋の若造の
「反戦」じゃなくて「厭戦」という気分をよく現してると思う。

750 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:01:55 ID:iBBN8ri8
四郎はこの作品に泥をむった
この変態目が!

751 :名無シネマ@上映中 :2006/12/11(月) 11:01:59 ID:BJyqKKN6
>>748
見ることにします

932 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:48:24 ID:mpeNY7ur
日本には造る力がない。<--力量・才能の問題
仮にあっても、作れる環境にない。<--政治的環境の問題
仮にできても、ここまでの評判を呼ばない。<--マスコミの態度の問題


933 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:49:12 ID:Uzlv1P6w
>>929
乙です。

934 :知ろう正宗:2006/12/11(月) 13:49:18 ID:vSL/c6Li
シドーに仕事とプライベートの境界線はないのだ いま行方不明のシドーくんはもうすぐ捕らえられてマスコミに引きずり出されます

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:50:43 ID:IuVz2qAn
>>929
おつ
写真加えといたよ

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:52:05 ID:kJ+cq966
>>881
批評家達を集めて試写会をしたのはLAだけなんじゃ?

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:52:46 ID:llakRWoB
>>935
写真見れないけど?

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:53:32 ID:7P/VzXp7
硫黄島の手紙は見なくて良い。 | 映画
No.88542 投稿者: casanova30 作成日: 2006-12-10 12:39:44

ちょっと反日のハリウッド(アメリカ)に頭撫でられたからって
喜んでこんな映画観に行く奴の気がしれん。
アメリカの飼い犬の日本人はさぞかし嬉しいんだろうな。
韓国ではこういう現象は絶対起きない。
国として、人間として自立してるからな。
韓国を見習えよ。何が武士道だ ?何が武士の魂だ?
お前達のDNAを見る限り、立派な日本人は存在したのかも疑問が残る。
自分たちで戦争映画作った時にはゴミみたいな映画しか創れない日本に嫌気がさす。
アメリカ人に作られたことを恥かしく思えよな。此処で誇らしげに話してるお前達。
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tmovie&nid=98670


939 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:55:37 ID:4ygpsZIs
単純に映像だけで言えば
最初の栗林到着の飛行場のシーンだけで
好きな人間には鳥肌ものなのでは。

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:55:45 ID:+lXcQGKS
中村獅童は素晴らしい悪役俳優に成長した。その点は素晴らしかった。

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:55:52 ID:mY53FyaB
>>935
あと日本での批評文は勿論、英語に堪能な方いたら海外評の抄訳抜粋とか
海外での批評文もどんどん貼ってもらえるとありがたいです。
(機械翻訳の際は推敲お願いします)

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:57:14 ID:IuVz2qAn
>>938
こいつヤフーのレビューで削除されてたぞw
自分で消したのかもしれないけど。

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:58:25 ID:O1POFyIy
>>940
以前大河ドラマでも同じような役があって
臆病なオカマを演じ、上手いなって思った。
新撰組だったね。あれで俺はシドウの顔を覚えた。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:58:38 ID:u+TVRCGJ
あんまり映画みなれてないやつが話し言葉がヘンとか言ってるんだろな

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 13:59:05 ID:IuVz2qAn
>>937
みれたよ?

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:00:26 ID:O1POFyIy
>>945
Referral Denied
You don't have permission to access "http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11297r.jpg" on this server.

こんな表示が


947 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:00:56 ID:llakRWoB

じゅーたん爆撃とか遠景で撮った爆撃シーンもう少し長く見たかっただす。

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:04:53 ID:O1POFyIy
これで決着かな。あの二宮の平成ドキュソ口調。

738 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:26:22 ID:ZRaP4Yd6
>>733
どっかの感想ブログで、最後のエンドタイトル内に英語で
「劇中での話し言葉や表現は、現代風に直しております」
みたいなテロップが出てたという話・・
誰か確認してくれぃ


739 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:30:05 ID:bRCmrsVz
>>738
日本で流す時は、そこに日本語訳つけたほうがいいな。
日本語訳付けたところで文句言う奴は文句言うだろうけど。


740 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:35:14 ID:BbUJqre8
>>738
あー、一番ラストにそんなような文章があった。
「劇中の何々は、現実のものを脚色してあります」と書いてあったのは確かだが細かくは忘れた。



949 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:05:58 ID:IuVz2qAn
>>946
ほんとだ
ブラウザ使ってる人だけ見れるね。
IEじゃ観れないのかな?

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:07:47 ID:Jt27ObQG
>>939
>栗林到着の飛行場のシーン

飛行機がうし模様に見えた

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:08:08 ID:zLPHDDF/
二宮が覚悟してたけどないシーンが沢山あったみたいなこと
記者会見でいってたがどんなシーンだったんだろう

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:08:37 ID:IuVz2qAn
>>946
申し訳無いけど直接コピーして貰ってアドレスにはっつけるなりして見て。
それめんどかったらギコナビ使いなさい。便利だから。
http://gikonavi.sourceforge.jp/top.html


953 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:12:36 ID:O1POFyIy
>>952
コピーしたら大丈夫だった。サンクス。

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:19:53 ID:BsfFYpK1
日本人監督が指揮した映画だったら
顔もよく分からないぐらい汚い顔や服装だったろうね。
この映画の地下壕はヒンヤリしてそうなぐらい涼しそう。
実際は火山帯なので中は50〜60度と蒸し風呂で
本当なら服は汗と砂でドロドロで
特に気になったのがみんな顔や服装が綺麗で
特に首周りに誰も汚れが無いのを見て有り得ないと思ったよ。
実際はあんな台詞のやり取り物が出来るような状況じゃなく
糞尿垂れ流しで水が無いからみんな自分の尿を飲んでたり
傷口のウジを取ったり昼も夜も地響きが続き気が狂う人続出で騒がれる前に始末したり
残り少ない食料を巡って味方同士で殺しあったり
上官が口減らしの為に抜刀隊を編成させて向かわせたり
夜になると毎日爆弾を腹に巻いて万歳万歳と丸腰で戦車に向かってくる日本兵が怖かったって証言も再現されてないし
味方の人肉食ったり
米軍も地下壕の広さに苦労して
入り口から草を燃やした煙(ガス?)を流し込み
たまらず出てきた日本兵を撃ち殺したり
やれ兄の仇だ弟の仇だと滅多撃ちにしたり
そのうち入り口から海水を流し込み
ガソリン?を流し込んで海水の表面に浮いてるガソリンに火を付けて
地下壕の中を火の海にしたり
日米共におおよそ思いつく限りの残虐非人道的な事をやってたらしいが出てこなかったね。


955 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:21:48 ID:hhp/G7DR
東京下町生まれの自分が来ますたよ(・∀・)

なんだか散々西郷の話し方がおかしいと出てますが、
下町で生まれ育ち戦中ビルマへ出征もしていたうちのじいちゃんは、
まさに西郷みたいな話し方ですがなにか?

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:23:05 ID:O1POFyIy
>>955
あんたのじいちゃん、平成生まれでは?

738 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:26:22 ID:ZRaP4Yd6
>>733
どっかの感想ブログで、最後のエンドタイトル内に英語で
「劇中での話し言葉や表現は、現代風に直しております」
みたいなテロップが出てたという話・・
誰か確認してくれぃ


739 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:30:05 ID:bRCmrsVz
>>738
日本で流す時は、そこに日本語訳つけたほうがいいな。
日本語訳付けたところで文句言う奴は文句言うだろうけど。


740 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:35:14 ID:BbUJqre8
>>738
あー、一番ラストにそんなような文章があった。
「劇中の何々は、現実のものを脚色してあります」と書いてあったのは確かだが細かくは忘れた。



957 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:25:02 ID:hhp/G7DR
西郷みたいって言うか切符がいいんだよねうちのじいちゃん。
寅さんを地でいくみたいに早口でべらんめぇ口調だもん。

958 :957:2006/12/11(月) 14:26:41 ID:hhp/G7DR
○気風がいい
×切符がいい

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:27:32 ID:O1POFyIy
>>957
寅さん口調なら分かる。
でも二宮はそうじゃなくてジャニーズ口調だった。
とはいえ、ジャニ板でも二宮話題になってないみたいだから
可哀想。

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:28:30 ID:Y2QQFP/7
当時も知らずそんなイントネーションがダメって言うなら
地方出身者もいるのにみんな標準語ってとこからつっこめよ

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:28:40 ID:PxHchdIX
失礼だな。

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:29:27 ID:ZScMeifa
口調より表情だよ!。
一兵卒の悲壮さがにじみでてた。

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:29:54 ID:4ygpsZIs
○ラップがいい
×気風がいい
×切符がいい


964 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:30:36 ID:z6hD2W9X
http://www.youtube.com/watch?v=pH9VLn6gCrA
これすげぇえ。自衛官かな。硫黄島の空撮きれいだよ。
ググルアースで見える沈んだままの船がいっぱいみえるよ。

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:31:12 ID:hhp/G7DR
>>959
いや、だからうちのじいちゃんが愚痴とか言うとき、
まさに西郷みたいなあんな口調なんだって。

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:32:40 ID:IYfJoBoD
>>959あんたしつこいなあ。そんなにあの人が気になるん?ジャニーズ板まで行ってチェックするなんて普通やないよ。アホちゃう

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:32:56 ID:O1POFyIy
>>965
爺ちゃん、愚痴を言うときジャニーズ口調になるのか。イカすね。

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:33:01 ID:A4lFTbH/
ていうかジャニーズ口調ってなんだよ
二宮になんか恨みでもあんのか?

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:34:51 ID:ZScMeifa
違和感なかったぞ!

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:35:59 ID:p4ZUGVu7
スレ進行はやっ(-.-;)

今日も3スレは余裕で消化するか

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:36:32 ID:tEhrP8Bs
たかが映画なんだし、別に完璧じゃなくていーじゃん
なんかみみっちーな

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:37:08 ID:tCWUyfSf
観てきたぞ。

いい映画だった

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:38:02 ID:z6hD2W9X
戦車に20キロ爆弾しょった日本兵が
肉弾特攻するのと

神風特攻隊が戦艦につっこむシーン無いんだ。
戦車につっこむ日本兵むちゃくちゃ多かったみたいね。

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:38:08 ID:0Qmw3od2
次スレ

【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:38:17 ID:s+pMA4YO
>>960
だな。
地方は方言きついし、東京でも下町はべらんめぇ口調で言葉遣い悪かった。
標準語=山の手の言葉が全国的に広まったのは戦後テレビが普及してからだ。

>>959
ジャニーズ口調って何?
ていうか10分置きに叩きレスしててきもい。
ジャニ板の話するなら巣に帰れよ。

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:38:36 ID:BsfFYpK1
オイラ個人的にはジイチャンに聞いた
自決する人はみんな裸足の謎
単発銃を抱え靴を脱ぎ銃口を口に加えて
足の親指で引金を引くあれは映画に一部出てきたね。
ジイチャンの言ってた事は本当だったのか
監督が生存者の証言を元に出来るだけ似せたのかは知らん。
けど足の親指で引金を引くシーンだけはカットされてるね。
パイナップル爆弾を頭ゴチは再現されてるのに…


977 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:39:43 ID:IuVz2qAn
>>969
ID:O1POFyIyはこれに限らずかっこいい映画とかで主人公の鼻から鼻毛出てた事に自分だけ気づいてその後の映画が台無しになってしまったような気分なのかな?
とすれば気にもならなかったし気がつかなかった俺は幸せ物だな。

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:41:17 ID:IuVz2qAn
>>976
38式歩兵銃は銃身が160センチあるから指届かないもんね。
そんな当時の日本人の平均身長160センチ。

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:41:32 ID:O8UxmFqE
>>951
西郷と清水に友情が生まれるシーンがあったが丸カットだったそうだ
確かにあの状況下といえ、わりと早く打ち解けてたのは首を傾げたね
そのシーンがあったら説得力が増したかも

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:42:24 ID:uj879EEe
バロン西の自決は他のと意味合いが違ってたからじゃないかな。

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:42:52 ID:BsfFYpK1
あと戦争では付き物の日本兵は弾が勿体無くて死体を銃剣でサスサス刺して回り
米軍は頭を撃ち抜いて回るそういうのも無い。


982 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:45:25 ID:tEhrP8Bs
>>981
2時間ちょいでそーいうの全部再現してたら、単なる恐怖映画になんな

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:46:34 ID:O1POFyIy
>>975
何度もコピペするがネタバレスレ読んで解決した。

738 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:26:22 ID:ZRaP4Yd6
>>733
どっかの感想ブログで、最後のエンドタイトル内に英語で
「劇中での話し言葉や表現は、現代風に直しております」
みたいなテロップが出てたという話・・
誰か確認してくれぃ


739 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:30:05 ID:bRCmrsVz
>>738
日本で流す時は、そこに日本語訳つけたほうがいいな。
日本語訳付けたところで文句言う奴は文句言うだろうけど。


740 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 16:35:14 ID:BbUJqre8
>>738
あー、一番ラストにそんなような文章があった。
「劇中の何々は、現実のものを脚色してあります」と書いてあったのは確かだが細かくは忘れた。



984 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:46:44 ID:IuVz2qAn
>>982
大体そんなの再現されてても一般の人はわからないかそのままスルーだってw

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:47:09 ID:iRj9gqHu
>>978
うちのじいちゃん170ちょいあったんだけど、デカい方だったんだなぁ

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:47:11 ID:llakRWoB
うめー

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:47:31 ID:Fe9bF3jT
>>981
硫黄島のはそんな優しい殺し方じゃないよ。
戦車とブルドーザで生き埋め&焼却。

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:48:30 ID:Mb99QJjD
ジャニーズ口調がツボに入りすぎて腹痛いww
なんだよジャニーズ口調ってorz
三行で説明してくれw

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:48:39 ID:k0Im4PhB
>>980
「薬届けさせます!」って言われた後の、
あの無言の頷きに胸が熱くなった

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:50:04 ID:6W2Zmx52
梅うめぇ

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:50:09 ID:IuVz2qAn
>>989
なまじ西の最後知ってたからフラグ立ってたな。
あーぁ みたいな。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:50:28 ID:ra2g7Oli
>>918
ポパイボンド Let's blast'em Japanazis!
http://img176.imageshack.us/img176/1686/popeyeonds1oi5.jpg
が貼ってあった

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:51:18 ID:tEhrP8Bs
あれ?
これって公式HP?
もう進行してんのかな
英語わからん

Episode 1: Pearl Harbor - late May 1942
Episode 2: Midway
Episode 3: Guadalcanal
Episode 4: Guadalcanal
Episode 5: ?
Episode 6: ?
Episode 7: ?
Episode 8: ?
Episode 9: Hiroshima?

http://www.the-pacific-war.com/index.shtml

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:51:24 ID:H9Sscjvn
まあ近いうちに次は北朝鮮に日本は皆殺しにされるんだけどな

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:52:13 ID:O8UxmFqE
ID:O1POFyIyは単なるジャニアンチだったってオチ?

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:53:01 ID:A4lFTbH/
1000なら1000

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:53:04 ID:O1POFyIy
>>988
二宮の映画での話口調。
あの話口調は現代映画に出ることが
あっても同じだろう。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:53:06 ID:IpJxt+LZ
うちの死んだじさまも二宮と同じようなしゃべり口調だったけどな。
ちなみに戦時中は海軍属で南方戦線で戦ってたそうです。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:53:15 ID:Fe9bF3jT
>>1000なら獅童は捕虜収容所で病死。

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 14:53:27 ID:IuVz2qAn
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

271 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)