2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:34:20 ID:DK4yK47A
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。

12月9日(土)、丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ


2 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:35:06 ID:DK4yK47A
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/

■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx


3 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:35:40 ID:DK4yK47A
■過去スレ
硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:36:12 ID:DK4yK47A
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/
【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/
【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/
【Letters from】硫黄島からの手紙16通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165894412/
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/
【Letters from】硫黄島からの手紙18通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166035344/


5 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:36:32 ID:DK4yK47A
■参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:36:52 ID:DK4yK47A
■参考文献
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本陽 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守 晴夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著), Richard F. Newcomb (原著), 田中至 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー (著), 大島英美 (翻訳)

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:37:09 ID:DK4yK47A
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061207i503.htm
「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

米アカデミー賞の前哨戦の1つとなる米映画批評会議賞が6日発表され、
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が今年の最優秀作品賞に選ばれた。

受賞作は硫黄島での日米の激戦を日本側の視点から描いた作品で、
渡辺謙さんが日本軍の指揮官役を演じている。公開は日本が9日、米国が20日から。

この作品と対をなし、同じ死闘を米国側の視点から描いた
「父親たちの星条旗」(日米で上映中)も今年のベスト10映画の1つに選ばれた。

また、ブラッド・ピットさんらが出演した米映画「バベル」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)で
聾唖(ろうあ)の女子高生役を熱演した菊池凛子さんに新人女優賞が贈られた。

(2006年12月7日11時4分 読売新聞)

ttp://www.nbrmp.org/
the National Board of Review

ttp://www.nbrmp.org/awards/2006Winners.cfm
Letters from Iwo Jima
NAMED 2006 BEST FILM OF THE YEAR
BY THE NATIONAL BOARD OF REVIEW


8 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:37:32 ID:DK4yK47A
硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい

BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M

【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/

Iwo Jima - part 1
http://www.youtube.com/watch?v=dhq1hfwPTnM

Iwo Jima - part 2  ←リアルグロ有り(グロ苦手な人はやめとけよ。マジで)
http://www.youtube.com/watch?v=fDiVeZeoKWs


9 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:37:49 ID:DK4yK47A
「硫黄島からの手紙」LA映画批評家協会でも最優秀賞

ロサンゼルス映画批評家協会は10日、クリント・イーストウッド監督、
渡辺謙主演の「硫黄島からの手紙」を今年の最優秀作品賞に選んだ。

米映画批評会議が6日、今年の最優秀作品賞に選定したのに続くもので、
米アカデミー賞に向けて関係者の期待が高まっている。
(2006年12月11日13時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061211ih01.htm


10 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:38:34 ID:DK4yK47A
硫黄島からの手紙 写真その1
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01284r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00402r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04178r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01289r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/0702r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03128r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11297r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00222r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02679r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04670r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04005r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00081r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04303r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05064r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03208r.jpg


11 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:38:48 ID:DK4yK47A
その2
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07642r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05990r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/09046r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11045r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06934r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/08232r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01057r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06072r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/1065r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03988r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07982r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/4123r.jpg


12 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:39:05 ID:DK4yK47A
その3
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03591r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03703r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06034r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02074r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01721r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/5666r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01985r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04608r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01049r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02658r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05900r.jpg


13 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:39:38 ID:DK4yK47A
硫黄島フラッシュ「春よこい」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」
ttp://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html

渡辺謙のインタビュー(ネタばれ)
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b.html
2006年12月11日 (月)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
月曜日と火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。
今日は、「硫黄島からの手紙」…渡辺謙さんは栗林中将をいかに演じたか。などなどお話を伺いました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b_1.html
2006年12月12日 (火)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
きのうに引き続き火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1211.mp3
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1212.mp3

生存者による硫黄島戦闘体験記
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html



14 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:42:19 ID:M2w8ANwz
あげとく

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:42:33 ID:uJTfRhPJ
 硫黄島で組織的抵抗はもはや、なされず各部隊が散発的に攻撃を行うまでとなった。
日本軍の総反撃が終わると、米軍は各地の洞窟のなかにこもっている戦傷者らに対して、降伏を勧めた。浅田小隊も次々と戦死し、残っている者は六人に過ぎなかった。
米軍は「戦争は終わった。捕虜にはしないから、出てきたらどうか」と誘いをかけ、チョコレートや缶詰を投げていった。
 そんな中、和英両文の手紙を、地下豪の入り口の木にくくりつけ、浅田中尉は亀田軍曹ら六人とともに、午前六時、手榴弾三発をもって自決した。
「閣下の私達に対するご親切の御行為、誠に感謝、感激に絶えません。閣下より頂きました煙草も肉の缶詰も皆で有り難く頂戴致しました。
お勧めによる降伏の義は、日本武士道の習いとして応ずることはできません。もはや、水もなく食もなければ十三日午前四時を期して、
全員自決して天国に参ります。終わりに貴軍の武運長久を祈って筆を止めます」 
 昭和二十年五月十三日 日本陸軍中尉 浅田真二
 米国司令官スプルアンス少将殿

その後スプルアンス提督は硫黄島における浅田中尉の最期を知り、戦後各地で公演し、日本人をこのように伝えた。
「日本人は生死の境にあっても気力と勇気に満ち、困難に当たっても損得の計算をせず。祖国のために殉ずる。東洋的な礼儀と武士道を最後まで失わなかった。
あのような青年がいる限り、日本はやがて世界から尊敬される国になるにちがいない」

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:43:11 ID:FeNS4geo


909 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/14(木) 23:39:37 MmS6KJZm
硫黄島からの手紙秘話

この映画は、ケンワタナベの活躍がなければ存在しない映画だったかもしれない。

当初、クリントは、二部作にする意思はなかった。星条旗の話だけを作る予定だった。
「父親たちの星条旗」のキャストを募集している話を聞きつけ、ケンは早速直接交渉に入る。

「クリント。どんな端役でもいい、ノーギャラでもいい、ぼくを出させてはもらえないだろうか」
「ケン。今回の映画では、日本兵は登場しないんだ」

この後、クリントが二部作にすることを思いつき、メインキャストにケンを主役に指名した。
ケンの情熱によりクリントは『二部作、双方の立場の独立した映画』の思い付くことが可能に
なったのだ。「彼なら、できる」と。

主役ご指名の知らせを受けて狂喜したケンは、早速栗林中将の関連資料を集め、
本や書類(その中には日本にはない、英語の文書も含まれる)を読み漁り、調べ、生存する
遺族に栗林中将の人柄を直接聞きにいく。栗林中将の墓参りには、映画のオファーが
あったとき、撮影が終了したとき、作品が完成したきの3度にわたり、行っている。
また、こういう熱心で誠実なケンの人柄にほれた遺族は、何でも知る限りのことを話し、
門外不出だった中将の生手紙のコピーを特別に許可したという。
ケンはこれを肌身離さず持ち続け、折に触れ読み返し、役作りに役立てたという。

また、それらのリサーチから、あるべきエピソード、ふるまいなどをその理由や背景とともに
クリントに英語で提案し説明し続けた。ちなみに彼は日常レベルの英語はぺらぺらである。
また、クリントも「さすが、俺が見込んだ男」と、ケンに絶大なる信頼を寄せ、次々とその
提案を呑む。そしてできあがったのが、今の「硫黄島からの手紙」。



17 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:43:26 ID:kBxbw5VO
サントラ発売まで
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/media/music/letters_loop.mp3

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:44:52 ID:4hSvsPOR
>1さん、乙

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:45:48 ID:rKkWAp9g
栗が好きだったマロン西。

う〜ん、深いな・・・

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:47:57 ID:/36+PR6X
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061214i417.htm

この記事変だな。
まるで作品賞の資格があってそこから漏れたかのような書き方だ。

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:48:04 ID:nBfz9zuc
二ノ宮インタビュー来ました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Mp8Y0ulv4QY
もし子供が出来ても硫黄島の事は教えたくもないし、この映画も見せたくないwwwwwwwwww




22 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:48:13 ID:f6myjQGZ
動画関連追加

Iwo Jima WWII ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=W-1by5rLlr4 

The Sands of Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=lJqX0zC00gU

Iwo Jima, Joker and the Theif (Wolfmother) ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=9bTFGm5nA8o

Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=H-yNnx4fvVY

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:49:12 ID:CLexqxGw
バロン西のスライドショー
ttp://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:49:31 ID:+H1zPrIp
栗林忠道中将の絵手紙
ttp://www2.bbweb-arena.com/norisan/
現在の硫黄島写真館
ttp://sk-photo.main.jp/ioujima/main.html

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:51:20 ID:Yu11zIsU
>>20
>「硫黄島からの手紙」は外国語映画賞の候補になったが、
>作品賞にはノミネートされなかった。

なんか誤解を招きそうな書き方だな。
GGの規定では作品賞の対象にはならないと、ちゃんと書いてくれないと。

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:51:50 ID:FeNS4geo
その他

硫黄島の不発弾処理の記事
http://www.ogpress.com/2p/topix/A-06.07.17ioutou.html
硫黄島復興計画に関する参議院での答弁
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/syuh/s085002.htm
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/touh/t085002.htm


ニュースアンカー青山氏硫黄島レポ
ttp://100.megaloda.org/uploda/www.megaloda.org0024.zip.html

ご遺骨収拾の模様(PDFファイル)
http://www.takushoku-u.ac.jp/news/2006/060618ioutou002.pdf
映画にも出てきた真っ赤な夕日が。 2006年8月にかかれた島についての新聞記事もある。

硫黄島守備隊として戦った遠藤さんと、 硫黄島・沖縄で戦ったアメリカの元軍人が、
ふたりで運動会の開会式で宣誓。
http://www.youtube.com/watch?v=fqBHHVhSMJ8




27 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:52:15 ID:Q2nBFh0C
暑いし臭せえし水も無え
こんな島とっととアメ公にくれてやりゃぁいいんだ

28 :どっかから転載:2006/12/15(金) 00:54:27 ID:dFRPaMWl
>獅童の役柄は笑うところ?

 彼の役柄は史実に基づいたエピソードを演じています。

 地雷を抱えて米軍の戦車をまって死体の中3日3晩。結局戦車はあら
われず。そして4日目の朝、南国の青い空とそのなかを悠然と飛ぶ鳥を
みて、ふと我に帰って戦争が馬鹿らしくなったという話。

 そして、死ぬまで戦えといって逃げてきた兵を切ろうとして止められる
話も史実に基づいたエピソードです。(ちなみに、史実ではその将校は
3月8日の夜襲突撃の際に散華されています。)

 この2つの史実を1つの役にあえて収めたのはイーストウッドの意図
とおもわれ。

 私も最後のシーンは思わず笑ってしまいました。でも、戦争って相手
を殺すか自分が死ぬとかそういう2者選択を迫るもの。映画を見ている
僕らですらそうなってしまう。つい「中村死ねよ、みっともねーやつ、情
けない奴」といってせせら笑ってしまう。でも、そのせせら笑いこそが
「戦争という狂気そのもの」なんだなと思いました。

 そしてイーストウッドはあの役柄を通じて僕らに戦争という狂気とは
何かを伝えたかったのだと理解しました。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:56:46 ID:4hSvsPOR
>>21
>もし子供が出来ても硫黄島の事は教えたくもないし、この映画も見せたくない

子供に見せたくない映画を我々に観に行けとは言えないよな
監督も謙さんも一生懸命この映画を宣伝しているのに
もう少し考えて発言してもらいたいな
アホとしか言いようが無い

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:58:47 ID:AVJ/SRi1
グリーンデスティニーが作品賞に選ばれたのに、手紙は駄目ってふに落ちないけどな。

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 00:59:35 ID:+qfWuPLL
>>20
>>25

読売は「武士の一分」の製作

ちなみに
フジサンケイは「大奥」
TBS・毎日は「NANA2」「犬神家」

年末には無いがテレ東(日経)・朝日も映画作りをしている。

ここらで実感して欲しい。
今、日本の大手マスコミは総出で
バレないレベルで少しづつ外国映画のネガキャンを重ねている。

証拠もクソもそうしない理由を探すほうが困難だ

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:00:19 ID:ydB2WjPq
>>29
前スレかせめて映画観てからの批判をお勧めするよ

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:00:23 ID:cJlxXpLp
>>30
グリーンデスティニーもゴールデングローブは外国語部門だよ。

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:01:06 ID:FeNS4geo
>>29 そんなあなたに


969 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/15(金) 00:23:33 Ped/F/Pl
>>961
二宮が言いたいのは戦争というものも、言葉も、無くなって欲しい。
そんなものを知る必要も、起こることも無い世界になってほしい、って事だよ。



994 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/15(金) 00:41:14 FeNS4geo
ニノミヤ最高だな。

あれは立派なアメリカンジョークだよ。

活字だけで読むと傲慢だけど、表情がすばらしい。
「絶対取る」的な言葉と裏腹に、「とれるわけないよ」って言ういたずらっ子の表情。
あの対応はまさにベストだよ。

取れるわけないというと、なんか場がしらけるし、
取れるというと、傲慢だと思われる。
でも、インタビュアーの質問の表面を受けて「取れる」といいつつ
インタビュアーの本音「とれるわけない」に態度で呼応している。すばらしいリアクション。
まさに愛すべきニノ(小さい男)だ、この映画ではじめて知ったけど、なんか、ファンになりそう。

それから>>961へ。>>969のいうとおりだよ。肝心なところがテープ省略されている。
言葉の流れを注意深くして聴くと>>969の言ってる事がよくわかるはず。



35 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:02:00 ID:/36+PR6X
>>31
なるほど・・・そら「邦画好調」だわな

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:02:54 ID:GXd3AGS4
>>29
考えてない発言と思えるお前の頭に脱帽

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:03:33 ID:UzcL57Dc

今観てきた。
鑑賞後の思いはまとまっていないが
取りあえず取り急ぎ、クリント、よくぞ素晴らしい映画を作ってくれた。ホントにThank youな。(´ー`)

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:03:55 ID:rKkWAp9g
前スレって、『戦争って言葉も意味もなくなって・・・』みたいな空想のことか?

戦争がなくなる時は地球もなくなる。
地球上に人間がいて生活する限り戦争が無くならないことくらい分からないかね??

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:04:02 ID:2LObpHOx
>>29
いやそれも立派な一つの結論だろ。
子供にはきつい。


40 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:04:57 ID:B8gko6Fv
落ち着け二ノオタ。色んな意見があってもいいだろ
すぐさま噛み付かずにちょっとぐらい流す余裕を持て

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:05:38 ID:vAJ6Sjh0
グロを見せたいやつなんて、、、、そんな奴おらんじゃろぉ。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:06:52 ID:f25NICNT
>>38
お前みたいな奴が居る限り、戦争は無くならないな。

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:07:47 ID:vAJ6Sjh0
>>28

へ?史実だったの?あれ。

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:08:28 ID:GXd3AGS4
>>38
まあ気持ちもわかるが俺は戦争がなくなることもあると思うよ。
史上初の世界大戦から90年の内60年は平和なんだから。

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:10:42 ID:DM6TAifp
>>20
>「硫黄島からの手紙」は外国語映画賞の候補になったが、
>作品賞にはノミネートされなかった。

西郷一等兵:”どっちみち、受賞できないんだ。そうゆう筋書きなんだろ。”
清水上等兵:”やつらは日本兵を撮った映画など受賞させません。”
西中佐  :”若造、お前はアメリカ人に会ったことがあるのか?”


46 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:14:35 ID:LmMpiSiv
>>45
マスゴミのことだからあつかましいこと書くかと思ったら以外と控えめなのね。
ま、このことは読売以外も記事にするだろうし、他がどう書くかは知らんが。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:14:47 ID:pp2VKYa0
バロスWWWWW

48 :38:2006/12/15(金) 01:15:30 ID:rKkWAp9g
>>44
ん??

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:15:33 ID:/36+PR6X
>>46

>>31

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:15:50 ID:Ohk/A09f
>史上初の世界大戦から90年の内60年は平和なんだから。

朝鮮戦争やヴェトナム戦争に後方基地として思いっきり
参加してますぜ


51 :38:2006/12/15(金) 01:17:17 ID:rKkWAp9g
>>44
48の書き込みミスしました。
 無視してください。
 


52 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:18:42 ID:Y385VBdK
>>45-46
すでに言われてるが
控えめどころか悪印象与える書き方だ。

イオウジマは外国語でいくっつーのは
2週間くらい前に決まってたことじゃん

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:19:45 ID:mOjur6mS
「來自硫?島的信」明春上映 渡邊謙宣揚日軍忠誠與戰術

台湾では、来年2月に上映決定

台湾人の感想が楽しみだ。


54 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:25:04 ID:LmMpiSiv
2chでノミネート第一報が「監督賞のみで他なし」って聞かされてたから
なんだか余計に嬉しくなっちゃうね。もちろん受賞なんてとんでもないけど
それでも全編日本人、日本語による映画がGGに入ったその事実だけでも嬉しいね。

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:27:08 ID:sDAkSxQU
>>53
ただ、今騒いでるのって
台湾のジャニヲタじゃね?

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:29:36 ID:VjX7yFe4
二ノ宮はいじめ問題についても同じようなこと言ってたな
「将来、自分の子供に『いじめって何?』って聞かれる世の中になって欲しい」
みたいなこと言ってた
極端な理想主義が流行ってるんだろ
中二病ぽくていいじゃないか

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:33:09 ID:GXd3AGS4
悪質じゃないからいいんじゃない?

前を見てる二宮の考え方は好きだ

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:34:34 ID:ydB2WjPq
>>56
外見も中二っぽいしなw
だがそれでも戦争肯定してる奴なんかよりよっぽどいい。
オスカーに対してもこいつの一貫した態度はいっそ好感が持てるよ。

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:35:35 ID:FeNS4geo
この映画、最初のほうは実は不安だった。

鉄さびた廃墟の風景をスナップよろしく映し出し、
川口浩探検隊のような、いんちきくさい探検隊が発掘をして、わざとらしく何かを掘り起こす、、、
邦画のダメダメオーラを感じつつ、場面が戦時中に。

しかし、いきなり冒頭で、予告編でも゙おなじみのシーンが使われる。うわっ、もう見所が終わるのか。
それにしても異常に軽くて薄っぺらな中将。蓮っ葉で゙現代人な西郷。ニノミヤの学芸会演技。どうなるんだ、これ。
しかも、予告編では重苦しい墓を掘るのはなしが、実は軽いシャレだった。うへぇ。ダメダメ感、さらにアップ。

しまったマスコミにだまされたか、、、
バロン西との再開シーンも、いかにもアメリカの観客向けの設定とオーバーな動作。
・・・明らかに失敗作だ。マスコミの前評判にはめられた、、、、

しかし、失望していたのはこのあたりまで。
この後敵機来襲あたりから画面にのめりこみ、一気に最後まで。
ニノミヤの演技も尻あがりによくなる。濃密度の映画が終了し、会場が明るくなった後も放心状態。

それにしても、、、、あの、序盤のダメダメ感はいったい、なんだったんだろう。

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:39:46 ID:GXd3AGS4
>>59
たしかに俺も最初は不安だったな。

そもそも中将が一人で散歩することなんてあるのかな?

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:40:01 ID:Hk1qJOlK
ゴールデングローブ賞の監督賞と、外国語映画部門にノミネートされてる!
バベルの菊池凛子はノミネートされてるけど、ナベ謙と二宮はノミネートされてない。

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:40:35 ID:oPXPqWmT
てゆーか、こんなところでうだうだ言ってないで
次の戦争には絶対に勝てるように策を練ろうぜ。
俺なんか今から、竹やりの訓練に励んでるよ。
竹やりしごいてえいえいやーえいえいやー。

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:41:45 ID:sDAkSxQU
>>59
その辺は星条旗も同じだな。
最初
「なんじゃこれ、B級映画!?」
って思っていたが、
しり上がりに良くなっていく。
エンドロールは強烈。
観客全員何とも言えない雰囲気で映画館を後にしていった

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:42:56 ID:LIZcFm0p
すべて狙いです。

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:43:21 ID:/RqQjDcT
>>59
そうなんだよな、序盤と終盤の安定感がまるで違う。
それもイーストウッドと役者の計算の結果だったりして。

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:44:33 ID:9UoMhnW+
硫黄島からの手紙の画像、動画あつめてみた
http://moezou.net/index.php?query=%97%B0%89%A9%93%87%82%A9%82%E7%82%CC%8E%E8%8E%86%81%40%81%40

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:48:47 ID:f6myjQGZ
>>59
初めのダメダメ感が後に生きるんじゃないか?

不細工女とちょっとかわいい女が2人でいると、後者がめちゃくちゃかわいく見えるみたいなw

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:49:05 ID:ALcXtzXy
>>60

(アメリカの赴任先から子供へ送った手紙、
自動車を運転しているマンガ絵の上に書いてある台詞)

「そろそろ速度を増そうか とても愉快なものだな 
まるで滑って行くようじゃないか
でもこんなに上手になると  ひとりじゃつまらないな
太郎君がいたなら  御父さんの右へ坐らせるんだがな
そして洋子(*長女)と御母さんは後ろの席だ
どら今度は あの方面にまわって  行って見様に

(同じく手紙を書いているマンガ絵の下)
今度は手紙を書いていますモー夜フケデス
「健康のことを1つ
やかましくいうてやらないといけないな
根が俺のように丈夫なのではないからな
太郎のことも注意させることが随分あるな
赤んぼに対することは これでよしと
それから白魚こんぶの1つも  たまには送ってよこせと
いうてやろうかな
黙っているとほんとに 何も送ってよこさぬからな
それにこの頃は手紙も中々よこしやしない
もう今日でたしか18日だ  あした来なければ19日だ・・・


こんな手紙を書くおじさんが「中将であるから一人歩き
なんぞせん」なんて主義だったら、そっちの方が驚く。

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:49:22 ID:kBxbw5VO
>>61
もう1人の日本人GGノミニー
Masi Oka - NBCのテレビシリーズHEROESで、テレビ部門の助演男優賞にノミネート
IQが180+で、良い教育を受けるために6歳で渡米
ILMの技術者との2足のわらじを履く俳優

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:51:48 ID:ebGu8aA0
イーストウッドはほぼ順撮りで撮る監督なんじゃないだろうか。
昔から氏の作品はくつろいだシーンが秀逸で、なんか撮影のオフの時も
カメラを回しているような雰囲気をたびたび感じる。
星条旗冒頭のブラッドリー父の演技はTVドラマみたいだし、手紙冒頭の
練りきれていない感じも同様だよね。
それがどんどん集中力を強めていく。
まるで見えない予定調和があるように。

それに加えて今回の二宮は、役作りに伴って実際の戦場に放り出された
ような深化を遂げたんじゃないだろうか。
インタビューとか聞いても若く感受性の鋭い彼は、撮影に順じてそれまで
知らなかった戦争を体験し、自分の中で現実化していったんじゃないか
というような気がする。

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:53:37 ID:xUKRSdNh
>>62
俺は










次の戦争が無いことを祈るよ。
もちろん日本以外の国にもね。

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:57:16 ID:sFasYmlm
>>59
自分も最初は正直「うっ…」と思った
仲良しの人が屁をこいてるのとかもプッと笑った

でも場面が変わってその仲良しが「赤痢で死んだ」
でガーンとなり、座ったまま死んでいる相手に
語りかけていたとわかった西郷の顔とかにドンドン引き込まれていった

最終的には西郷の役は二宮以外に誰が演じられるんだ?と思った
キムタクにもフジワラタツヤにも
オダギリにもソリマチにもできないと思う

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:58:36 ID:VjX7yFe4
>>69
http://i.imdb.com/Photos/Events/4740/MasiOka_Kambo_8640587_400.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0813715/1683.jpg

こいつか
なんかのニュースで見たけどいい雰囲気出してたな
インテリだったんだ

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:59:34 ID:UzcL57Dc
残念だがわざわざ起こすんだよな…同盟国が。
あと西の方の気違い国家が。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:01:15 ID:1uKfkGSv
見に行きたいんだけど、混んでるかな〜・・・

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:03:33 ID:M6tP3Hx0
>68
中将かわいいおじさんだなあ。
映画の中将、とくに序盤の印象は確かにそんなかんじだね。
「うん、しってる」とかシャツに毛布かぶって地図見てるところとか。
面識のあるご遺族は映画の中将をみてどう思ったんだろう。

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:03:53 ID:GXd3AGS4
>>62
友達がドイツに留学したんだがあるドイツ人はやる気満々だったらしい。

今度はイタリア抜きでやろうといわれたって。
なんでかわからないけど仲悪いのかな?

もちろん戦争はもう起きないことを望むけどね

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:05:56 ID:ydB2WjPq
>>59
自分もイーストウッドは時系列に撮影する監督なんじゃないかと思った。
二宮は役のイメージ上、他の役者と親しくなりすぎないよういつも隅っこにいたが
兵士の格好をした役者に囲まれているうちにどんどん引き込まれていって
たまに私服姿で歩いているキャストを見て、思い出したように現実に戻る瞬間があったらしい。
けっこう前のスレに書いてあった。

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:07:43 ID:TNhTbNb9
>>77
>今度はイタリア抜きでやろうといわれたって。
>なんでかわからないけど仲悪いのかな?

ドイツ人は日本人によくそれを言うね
ドイツ人はイタリア人を馬鹿にしてるとこがあるし
それ以上に、戦争末期にひよったのが気に入らないんじゃね

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:07:41 ID:Ii+WXnAQ
最初、そんなにダメダメと言うよりは、あ〜淡々としてるなと思った。
個人的に振り返ってみると、座った相手との会話と米軍上陸ぐらいから、
テンションが上がってきたかも。
後は、西郷、清水と一緒になって逃げている感じになった。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:08:02 ID:sFasYmlm
>>77
"次はイタリア抜きでやろうぜ"Tシャツ
ttp://exfa.net/shop/exfa_017.htm

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:08:04 ID:0HRJfwRt
>>71
おまいカコイイぞ

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:09:30 ID:f6myjQGZ
>>70
クリントはほとんどリハ無しぶっつけ本番らしいよ。

今回もほぼリハ無しで、最初の撮影の時ニノが謙に「今の本番だったんですか?」って聞いて「あたりまえだろ!」謙に怒られたらしいw

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:12:45 ID:0DYBrK1M
終始出ずっぱりの二宮が良かった。
あんな弱そうな子をイジメたら可哀想っていうオーラが
出てるからかなぁ?切なさが増すのは。
清水が憲兵をクビになった話をした後に自分の帽子を
かぶせて頭ポンポンしたのは二宮のアドリブらしいね。
演技後にクリントにどうしてそうしたのかを説明して
納得してもらったんだって。
母親からの千人針を清水の遺体にかけるのも二宮のアイデアだってね。
清水の母と子を繋ぐようなシーンが無かったからって。

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:13:43 ID:2LObpHOx
>>77
大学の教授がまったく同じ話をしてた。
豪快に笑いながら、またやろうなって言われて戸惑ったらしいw

まあ親愛表現であって本当に戦争を望んではいないと思うけどね。

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:18:11 ID:z4a3zddt
頭ポンポンのシーンで西郷が清水より年上なんだと理解したなあ
まさか当初の設定が40代とは思いもよらなかったが

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:18:59 ID:Ii+WXnAQ
この映画は確かにトンデモ部分はあるんだけど、それを払拭するぐらい
上手く出来ていたと思う。
一体何が良かったんだろう?
クリントの演出?編集?俳優陣の演技?それともすべて?

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:19:53 ID:9i6piezM
今日新宿ミラノで観てきた。客層は「父親たちの〜」より世代がばらけてた。
ハリウッドが撮った日本モノでは間違いなく最高傑作だわ!ありがとうクリント
只、現代のシーンは色調変えた方が良かったと思うけど
あそこだけ演技も微妙だし・・・・・・


89 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:21:31 ID:xJxWto60
CNN謙さん見れなかったけど謙さん英語でラリーキングと応答したの?
だとするとすげえな。



90 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:23:34 ID:2LObpHOx
清水は
西郷と野崎の「母ちゃんが編んでくれたんだぜ、きっと」の嫌みで
なんとなく年下だと認識した

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:24:40 ID:4hSvsPOR
>>89
最初の方、ちょっと通訳が入ったけど後はペラペラだったよ

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:25:19 ID:EH1wHndF
>>91
見損ねた_| ̄|○

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:29:41 ID:4hSvsPOR
>>92
司会者 「栗林中将のことを尊敬しますか?」
渡辺謙 「イエスでありノーです、何故なら私はアメリカとは戦争したくないからです笑」

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:30:24 ID:xJxWto60
みてえなー だれかうpしないかな。
CNNで今見れるのはクリントのとこで謙さんの前でカットされてんだよね。
ラストサムライの前はほとんどできなかったらしいよ。

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:36:02 ID:6Rh4l9g1
>>77
実はイタリアは第二次大戦の戦勝国
ドイツ人はそんなイタリアが腹立つんだろう

二ノヲタ諸君へ
戦争は外交の延長なんだよ

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:38:01 ID:aMVFn8M/
硫黄島の砂に生き残りの三人がちょい出演してるんだな

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:38:18 ID:4hSvsPOR
>>94
クリント監督
「父親たちの星条旗で渡辺謙さんを使いたかったのですが、彼が演じる役がなかったのです、
日本人は殆どでてきませんから、、、そこで私は彼の為に日本側の視点から見た硫黄島を
作ろうと思ったのです、彼は素晴らしい役者です、現代の”三船”ですよ」

と言ってました

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:39:49 ID:0QP0kaPR
>>16
これマジか?一部聞いたことある話もあるからマジっぽいけど。
謙ワタナビは凄い俳優になっちゃったんだな。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:41:52 ID:EH1wHndF
>>94
ごめんけどURL張って〜。
CNN letters from Iwo Jimaで検索しても出てこない_| ̄|○

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:44:05 ID:EH1wHndF
>>93
ありがとう。でもそんだけ……?じゃないよね??

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:44:06 ID:kBxbw5VO
文章で我慢して
http://edition.cnn.com/TRANSCRIPTS/0612/11/lkl.01.html

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:45:29 ID:4hSvsPOR
>>100
>>97で書いたのが印象に残った言葉でした

あとは監督と渡辺謙の褒めちぎりあいって感じかな


103 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:46:00 ID:EH1wHndF
>>101
おおおお、どもども!
正直聞くより読むほうが楽なんで、内容理解には助かりました。
あとは気長にようつべ待ちます。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:46:01 ID:xJxWto60
すみません、ノミネートされるというのは単に候補に挙がると言うことですよ
ね?

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:47:33 ID:sDAkSxQU
ドイツとイタリアなんか
水と油の関係だろ
同盟結んだだけでも奇跡的なのに

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:48:58 ID:Qb79AUS6
ドイツとフランスじゃないのか?
水と油って。

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:49:09 ID:OPpsY9bj
>>95>>105
ハプスブルク家の時代からの因縁、
さらに古くからはローマ帝国時代から・・
征服し、征服され、の関係だから仲良いハズは無いよねぇ<イタリアドイツ

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:49:17 ID:xJxWto60
>103
そのページからビデオのとこクリックしてベストオブビデオの
過去のリサーチにeastwoodといれるとでてくる。今朝見れたが今は
どうかわかんないけどたぶん見れる。
\

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:49:22 ID:TNhTbNb9

泣けるぜ

EASTWOOD: ironically, one of my favorite directors was also Akira Kurosawa, who was indirectly responsible for my career, because my career started with the remaking of a Japanese Samurai film.

KING: That's right.

EASTWOOD: So I'm coming back and making Japanese films from now on out.


110 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:49:51 ID:MrRD3M5y
見て来たけど全くおもしろさがわからん
ぐろいだけで見終わってから病んだわ

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:52:28 ID:4hSvsPOR
>>109
黒沢のサムライをリメイクするの?
七人の侍?

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:53:16 ID:Qb79AUS6
>>111
荒野の7人だろ。
観たことないけど

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:54:25 ID:sDAkSxQU
>>106
フランスはイギリスじゃね?

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:55:39 ID:ZHaza2Sk
>>85
戦争でさんざんな目にあった国民同士としての共感だよな。

「今度はイタリア抜きでやろうぜ」
「ああ、朝鮮もな」
(肩を叩き合って爆笑)

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:55:56 ID:+NjFBNDz
>>112
違う、たぶん荒野の用心棒の事だと思う。

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:58:24 ID:0QP0kaPR
>97
>そこで私は彼の為に日本側の視点から見た硫黄島を作ろうと思ったのです

ってことはこの映画は渡辺ありきの企画だったわけか。
ハリウッドでそれが出来る日本人俳優って何かすげーな。

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:00:17 ID:Qb79AUS6
パンフには、資料を読んでるうちに
栗林に興味が出て撮りたくなったって出てるけど

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:00:39 ID:WVBcHrhU
つまりラストサムライがなければ
この奇跡のような傑作は生まれてなかったわけで
トム・クルーズありがとう

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:01:26 ID:4hSvsPOR
>>116
クリント監督のインタビューを見る限りでは、間違いなく
渡辺謙の為に作った映画です
渡辺謙がいなかったら、硫黄島からの手紙は作られてない

120 :109:2006/12/15(金) 03:04:37 ID:TNhTbNb9
スマソ
簡単に訳しておく
イーストウッド:奇妙なことに(これはアメリカの歴史的な監督が好きだと
言った後につづけての言葉なので、こう訳しておく)黒澤明も好きな監督でした。
わたしのキャリアは間接的に彼のおかげなのですよ。というのも、わたしの
キャリアは、ある侍映画のリメークから始まりました。
キング:そうだね。
イーストウッド:だからわたしはその原点に戻ってこれから日本映画を作るのです
(ここは明らかに複数になっているが、これからも日本人と日本を題材にした映画
を作るのか? それとも俺の単なる勘違いか 誰かご教示を頼む)

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:04:39 ID:qDwT1fSZ
今ハリウッドで通用する日本人俳優は渡辺謙くらいなんだな。
でも日本では人気が低いんだから皮肉な話だ。

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:05:49 ID:yppZ2eKj
ケンワタナベが三船レベルに到達するには
・ダメ男(ex.酔いどれ天使)とか
・ヘンな人(ex.蜘蛛巣城)にも
チャレンジしなきゃね。
二枚目役ばかりじゃ発展しないよ。

…といっても、まともなシナリオがあればの話だけど…

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:08:50 ID:0QP0kaPR
>>119
そうか。渡辺はハリウッドでは第2のミフネと言われてるから
黒澤に感化されミフネ好きの監督らから重宝されるのかも。
渡辺でまた日本物が作られれば今回の二宮や伊原みたいに
日本俳優がハリウッドデビュー出来るチャンスが沢山生まれるわけで
大リーグみたいになってくれると嬉しいな。

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:11:46 ID:4hSvsPOR
>>120
乙であります
>>123
そうね、とてもお互いに尊敬している様子だったよ
それと面白かったのが、司会者がクリントに
「あなたのお子さんは何歳ですか?」との問いに対して
少しムッとして
「それはあなたも同じでしょう」と言ったことだった


125 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:12:21 ID:6zeoscXo
>>111
黒澤明の「用心棒」のリメイク、「荒野の用心棒」でブレイクしたことを言ってる
ちなみにこのときは無断リメイクだったから日本は訴訟起こしたんだけどねw

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:14:45 ID:TNhTbNb9
>>123
120にあるとおり、イーストウッドにとっては黒澤への「恩返し」という側面も大きいんだろうね

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:15:17 ID:6zeoscXo
>>124
クリントは7人の女性との間に9人の子供がいるからな
一番下の子はまだ9歳だし、司会者もちょっとからかったんだろう

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:16:12 ID:TNhTbNb9
>>127
>クリントは7人の女性との間に9人の子供がいるからな

ゲッ、5人と7人かと思ってた
まだ他にもいたかw

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:16:23 ID:UzcL57Dc
>>110
たぶん君は人生経験が足りないんだろ。

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:17:24 ID:4hSvsPOR
>>128
11歳から52歳までの子供がいると答えていたよ(^_^;)

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:19:01 ID:f6myjQGZ
>>118
親日のトムのおかげか・・・

そしてトムを親日にしたきっかけは・・・・なっちか・・・

なっち叩きはもうやめようかなw

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:23:50 ID:4hSvsPOR
ラストサムライは強烈だったからね
トムクルーズありがとう♪
でもクリント監督はSAYURIも観たと言ってた
渡辺謙のことを圧倒的な存在感といってたよぅ

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:27:12 ID:6zeoscXo
でSAYURIで競演してた役所浩司もバベルに出演、そのバベルで菊池凛子がGG賞ノミネートと
なんかほんとハリウッドの日本人進出がつながってきますね

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:29:20 ID:t7dfUIT1
http://cgi.2chan.net/f/src/1166116786380.jpg
明日見に行きますね

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:29:38 ID:OPpsY9bj
ハリウッド映画だけじゃないけどね。
イギリス映画の『上海の伯爵夫人』の真田とかもあるし。
全体的に日本人俳優の輸出が好調って事かな。

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:31:32 ID:4hSvsPOR
>>133
そしてクリント監督は伊原剛志に世界デビューしないかと誘ってるよ
ソースは自分で探してね

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:32:01 ID:TNhTbNb9
ラストサムライの監督はコアな黒澤ファンで有名
バベルも役所の役名がヤスジローであるところを見ると小津のファンくさい

俺としては、笠智衆がハリウッドの大作に出たところを見たかった
後はいつティム・バートンがゴジラを撮るかだな

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:35:08 ID:48i3f2O8
>>118

ちょうど日本側でも「散るぞ悲しき」が出版された時期だったし、、

それと、小泉政権がアメリカと良い関係を結んでいる時代だったため、
アメリカ側でこれを作ることに抵抗がなかったのだと思う。

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:41:10 ID:4hSvsPOR
>>137
へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜 
黒澤監督の映画はあまり観た事ないので
少しは観て勉強しないといけないなぁ

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:43:30 ID:xJxWto60
俳優は何とか海外出られる時代になったかー いつかポップスターも
でますかね?? それよりなんでもアメリカ次第ですね。自分はこの映画
を見ても、ああ日本は敗戦国なんだと思い知らされるのが悲しいです。
ところでこの映画に対抗できる戦争映画って日本にありますか?
自分は知らないので何か上げてください。極端に古いのはあまり見るきに
なりませんが・・

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:45:36 ID:WVBcHrhU
(NEWS WEEKの評)
it's unprecedented, a sorrowful and savagely beautiful elegy
that can stand in the company of the greatest antiwar movies.

今までに類を見ないほど、悲しみにあふれ残酷で美しい
最も素晴らしい反戦映画

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:47:34 ID:4hSvsPOR
>>140
終戦50周年記念か何かで
「私は貝になりたい」というのを見た事ある
もう10年も前だね
ドラマか映画かわからないけど、白黒だった
主役はフランキー堺
もう一度見たくて、レンタルビデオ屋を回ったことあるけど
所ジョージのリメイクしかないんだよね
悲しい


143 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:48:40 ID:OPpsY9bj
この映画でグロいっていう人は、
きっと『プライベートライアン』とか堪えれないだろうね。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:49:23 ID:gP0+H/KD
>>139
芸術映画や巨匠の映画として観るのではなく、
ポップコーン映画を観る感覚で観るのが良い。
今観ても素晴らしく面白い映画が多いと思う。

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:50:14 ID:48i3f2O8
アメリカの映画配給力は強大。

アメリカでヒットすれば全世界へ配給される。
欧州どころではなく、中東でも。

しかし、アメリカで一般大衆受けするのは難しいのではないか?
玄人には受けるだろうが。

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:51:12 ID:Qb79AUS6
>>140
トラトラトラ 黒澤監督

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:51:50 ID:4hSvsPOR
>>142はテレビでやってたのを見たって事ね

で、しかたなく所ジョージのを見たけど、フランキー堺のとは
まったく別物のように感じた
普通の床屋の親父が戦犯にされて処刑される映画(ドラマ?)
なんだけど、所ジョージは演技が薄っぺらだった


148 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:51:53 ID:WVBcHrhU
>>140
1956年版の「ビルマの竪琴」(リメイクじゃないほう)
とか「日本の一番長い日」とか

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:52:35 ID:zruE/qLq
>>143
グロとかそういう括りはどうかと思うけど
正直、硫黄島の方がきつかったけど。


150 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:52:41 ID:dP5R1sBW
この映画はかなり傑作だと思う

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:53:01 ID:OPpsY9bj
>>146
トラトラトラは途中で黒澤は降りたでそ?

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:53:42 ID:WVBcHrhU
トラ・トラ・トラ!
は黒澤が途中でやめさせられたことで有名

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:53:43 ID:TNhTbNb9
手榴弾をヘルメットでコチンとやる仕草は、勝新の兵隊やくざが印象的だったな
シネスコ画面の使い方もなかなかよかった
拝啓天皇陛下様もある種のリアリティがよかった

しかし、日本映画史上屈指の戦争映画といったら初「ゴジラ」をあげたい


154 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:56:13 ID:xJxWto60
↑ノンフィクションでお願いします。
男たちのヤマトでも借りてみようかと思うんだけど辞めたほうがいいかな?

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:56:49 ID:FeNS4geo
>>122 
・ダメ男(ex明日の記憶で痴呆男)とか
・ヘンな人(ex.バットマンにチョイ役で出る悪役)にもすでに出てる


156 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:59:39 ID:4hSvsPOR
トラ トラ トラは見た
まるで日本が戦勝国のような錯覚に陥った
>>154
男たちの大和なんか駄作だと思うけど
映画を語るなら見ても損はしないんじゃないかと・・
ハリウッド映画のスケールの大きさとセットでちまちまやっている部分がね

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 03:59:42 ID:xJxWto60
この映画日本人がつくったらダサい映画になってたと思う。
アメリカ人ってすげーな。音楽まで楽勝でアジアテイストの
つくっちゃうし。とてもかないませんと実感させられる怖い怖い映画
。アメリカ様様なんだね結局日本は。まともな人間はアメリカかぶれの
人間だけっていうのもなんだかなー アメリカばんざーーーーーい
の映画でした。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:01:19 ID:dps0nsM2
中国人には注意して置けよみな。

【沖縄】テニアン島県人慰霊塔壊される 容疑の中国人逮捕か
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1146050157/



159 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:03:11 ID:48i3f2O8
>>157

日本人が作ると左右に偏りすぎて、または、配慮しすぎて、
また、演歌・浪花節的なったりと、、、

米国人が日本をリスペクトしながら作ってくれたため最高に良くなった。

米国人が作る米国戦争映画もダメなのが沢山ある。


160 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:08:09 ID:4bzNBVhx
この映画まだ何かが完全に消化できていないような気がする。硫黄島がもつ意味が自明の
国民である「日米」の観客にはわかるのだろうが、そうでない観客にとっては伝わりそこねる部分が
多いかも。もう少し他国の観客の評価もみたい。戦争という仕掛けが個人を飲み込んで狂気へと
陥れてゆく過程が十分に表現できぬままになっている。(当時の日本についての予備知識のある
人にはわかるのだが)また、戦争の早期終結を訴えたばっかりに参謀から睨まれて、硫黄島へ左旋された
話や、少しでも多く米軍に打撃を与えて、戦争に反対する世論が米国内に起こり、それが終戦を早めないか
と栗林が考えるシーンなどあってもよかったと思う。(栗林は軍人にならなければ、ジャーナリスト
か外交官になりたかったと自分で言っている。)

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:08:40 ID:xJxWto60
音楽が語ってるよね。センチメンタリズムに陥いるすれすれのメロディ
やるなー かっこいい、もっとドライでも個人的にはよかった。
最後の首切りシーンが??だったな。あれはないでしょ。アメリカ人の
イメージかな。たた父親の音楽は素人丸出しだったな・・・」

162 :前スレの18:2006/12/15(金) 04:08:58 ID:UJpWxjpa
前スレの54、89氏へ

「余が諸君よりも先に、敵陣に散る事があっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。
いま日本は戦いに敗れたりと言えども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功を讃え、
諸君の霊に対し、涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし。
余は常に、諸子の先頭に在り」


ありがとう。読んでるだけで泣けてきた。
今日本国民だけでなく、敵だった国の国民が映画を作り称え涙する。
英霊はこれに何と思うだろう。

「散るぞ悲しき」も是非読んでみるよ。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:09:02 ID:dP5R1sBW
日本視点過ぎだ。日本そのもの。
日本語も知らんアメリカ人監督にここまでやられると逆にアメリカが怖いわ。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:13:18 ID:4hSvsPOR
>>159
思想やプロバガンダが全く入ってないのがいいね
こういう映画は日本で作ると何かの魂胆が入るのが普通なんだが
淡々と悲しい史実を描いている

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:13:28 ID:FeNS4geo
硫黄島からの手紙秘話 二部作

当初、クリントは、星条旗の話を作るつもりで、二部作という発想はなかった。
脚本の構想を練りながら「父親たちの星条旗」のキャストを募集していると、日本から一人の役者が
話を聞きつけ、やってくる。彼の名前はケン・ワタナベ。

「クリント。どんな端役でもいい、ノーギャラでもいい、せりふがなくてもいい。ぼくを使ってもらえないだろうか」
「ケン。申し出は有難いが、今回の映画では、日本兵は登場しないんだ」

ケンを追い返した後、もやもやが彼の心に残る。

そういえば、自分のデビュー出世作のマカロニウエスタンの発想は日本の黒澤だった。
日本には恩がある。。。彼を敵役の日本人で出すことは出来ないかな。
秘書に、栗林中将関連の日本の本を大まかに意訳させる。読むとものすごく興味深い。
しかし、日本軍を表現すると、尺が合わなくなる。映画も中途半端になる。切り捨てるには魅力的過ぎる。

そのとき、クリントの脳内を、雷が貫く。

そうだ、二部作にしたらどうだろうか。二部作にすれば、両方の立場をそれぞれ存分に出せる。
両方をそれぞれが普通の家庭を持つよき人間同士だということも強調できる。
コンセプトは強調される。表現方法としては、うまい。

問題は制作費と製作期間だが、これもクリアできる。フイルムの共用と一気撮りで、制作費がかなり浮く。
日本サイドの映画は日本ではヒットするだろう。星条旗がこけても、保険になる。
両サイドから見た二部作というのは今まで例がない。話題にもなる。宣伝費も抑えられる。
リスクヘッジになる。メリットは大きいがデメリットは小さい。よし、やろう。

さっそくケンに連絡をとるクリント。狂喜するケン。よかった、これで日本に恩返しが出来る。。。。

制作にはいると、矢継ぎ早に魅力的な提案をする役者たち。引き込まれるクリント。
次々と塗り替えられる台本。こうして、傑作が誕生した。


166 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:13:54 ID:48i3f2O8
日米がお互いを尊敬できる今だからこそ、この映画ができた。

61年かかった。

日本人の心の痛みをクリントが一生懸命表現してくれたことに
感謝だ。この映画の存在が、慰霊になります。

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:15:22 ID:l6LgfgPN
クリントに感謝のメールを送ろうと思っている。

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:16:26 ID:OPpsY9bj
硫黄島で死んだアメリカ人兵士の遺骨は、
自衛隊の基地が作られる前にほとんど回収されたのに、
日本人の遺骨はまだ硫黄島に置き去りにされたままなんだね。
米国では硫黄島は戦争の英雄の象徴だから、
関心が高くて、すぐに遺骨も持ち帰られたのに、
日本ではほとんど話題に上がらなくて・・
というか、戦後、敗戦国の日本が行った事は絶対悪としてしか、
語られない状況で忘れ去られて・・
まだ数万もの日本人の遺骨が硫黄島に埋まってると考えると、
すごく、胸が痛むよ・・。
この映画をきっかけに、硫黄島が一般人立ち入り許可が下りて、
遺骨が回収されることが出来ればいいな。

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:17:27 ID:dP5R1sBW
ラストサムライは突っ込みどころがあったが、硫黄島は「完璧」じゃねーか。
あり得ないモノを見せられた…。

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:19:14 ID:z3wupcXW
http://exfa.net/shop/exfa011.htm
↑ このTシャツかっこよす。 日本代表のユニフォームがことごとくダサすぎんだよな。
 もう未来永劫ずっと日本代表選手のユニのデザインはこれでいけや、と思う。サカーもラグビも野球もなんでもかんでも。


171 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:20:51 ID:4hSvsPOR
>>165
どーでもいいけど
>「ケン。申し出は有難いが、今回の映画では、日本兵は登場しないんだ」  ×

 「あなたがやるような役がないんだ、何故なら日本人が殆ど登場しないから」 ○

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:21:21 ID:l6LgfgPN
靖国神社で英霊の御霊が入った神棚を分祀してもらえないかな?

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:26:05 ID:wgTuCeIh
>>140

「太平洋奇跡の作戦・キスカ」なんてどうだろう。古い作品(1965)だし、戦争映画としてはやや異色だけど。
なかなか良い作品だし「男たちの大和」効果か、最近TSUTAYAにもDVD置いてあるよ。

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:29:12 ID:ebGu8aA0
>>163
イーストウッドは俳句もやるし特別だと思うが。

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:29:33 ID:48i3f2O8
硫黄島で亡くなった人たちに、やっと光が当たった。
しかも、その光を当てたのが、米国人クリント・・・

日本人が忘れていたこと、ほったらかしていたことを、
クリントがやってくれました。ただただ感謝。
天国で歓んでいると思います。

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:30:18 ID:4hSvsPOR
>>168
日本に返還されるまで長かったからね
当時アメリカ軍が上陸したビーチも今は硫黄島の隆起で断崖絶壁に
なっているそうだし、胸が痛む思いです
一般人は年に一度の慰霊祭で行くことはできるそうです
アメリカ時代に硫黄島には人食い蟻というのが入ってきて
危険と書いてあるのを見た

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:30:58 ID:UzcL57Dc
>>172
英霊は自分の心の中に祭って
事あるごとに英霊の存在を心の中で感じ、日々感謝する
それだけで十分だと思う。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:34:07 ID:48i3f2O8
渡辺謙も、素晴らしい仕事をしてくれました。



179 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:34:08 ID:pdM51xTf
靖国参拝いくべいくべ

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:35:35 ID:4hSvsPOR
>>177
靖国に参拝することに意義があるように思うのですが?
日本人としての見解です

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:38:03 ID:4hSvsPOR
>>178
凄いですね
渡辺謙がいなければ、この映画は星条旗だけで終わったのですから
色々辿るとトムクルーズとかなっち(?)とか出てきてちんぷんかんぷんですw
なっちって多分モーニング娘の人でしょうがw

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:39:11 ID:jGEIei7y
>>140
つ沖縄決戦

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:40:39 ID:xJxWto60
謙は役柄ではげてたのか?あそこまではげじゃないだろ?
三船も背は高いのか?

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:43:00 ID:4hSvsPOR
>>183
抗癌剤のせいでハゲてしまったようです
年齢より老けて見えるのはハゲのせいでしょうか?
ま、栗林中将、享年52歳を考えると丁度いいハゲ具合です

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:43:40 ID:dP5R1sBW
俺夜観たんだが晩飯食ってなくて、売店でチキンナゲットとポテトとコーヒー買ったんだけど
かなり申し訳ないとか恥ずかしい気分になった。
飯食いながら観る様な映画じゃない。

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:46:31 ID:v6y8/uYT
>>183
>>184
醜い真似は止めなさい。

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:47:29 ID:/65sAzUa
この映画観て思い出したのは
「太陽の帝国」。
まぁ、あれは日中戦争を通して
帝国主義の否定を描いていたけど
結局神風を最後まで否定したり、
スピやクリの描き方って間接的な
反戦描写が多いな。
ただ、あの原爆のシーンは取ってつけたようで
好きになれないんだが。

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:48:34 ID:4hSvsPOR
>>186


189 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:52:58 ID:ZHaza2Sk
>>172
大麻も神棚もお札も分けてもらえるよ。
通販もOKみたい。
http://www.yasukuni.or.jp/annai/juyo.html


190 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:56:03 ID:LOMRnttv
前スレでよしりんが批判したとかあったけど、どういった論調?

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:57:13 ID:v6y8/uYT
>>186
いい情報をありがとう。

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 04:59:06 ID:v6y8/uYT
>>189
ところで大麻とは何のことなんでしょう?

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:00:12 ID:xJxWto60
最後はラストサムライと同じじゃねーかと思いました。
パーフェクトという言葉が思い浮かびました。
完全に負けたと。

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:02:43 ID:jGEIei7y
>>190
いまだにソースが出ていない。

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:02:49 ID:dP5R1sBW
しかし米軍の火炎放射器は酷いにも程があるな…。
よく使えるもんだ。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:02:54 ID:MtGaH+zF
>>21
見てないから演技は分からないけど、二宮があんまり頭よくないことは分かった。
そして座ってるときの猫背も気になる。チビ・出っ歯・姿勢の悪い日本人・・・
アメリカでのインタビューはマネージャーがちゃんと考えないと恥かきそう。
むこうだと俳優の喋ることはエージェントが考えてるらしいね。
テレビで向こうのリポーターが「ジョディ・フォスターにインタビューしようとしたら
エージェントが、アイビーリーグを出てる彼女の口をおさえて行ってしまったの」
と言ってた。

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:03:36 ID:ZHaza2Sk
>>192
ここで言う大麻はいわゆるお札のこと。
神主さんがお祓いの時に振る道具のことも大麻という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%BA%BB_%28%E7%A5%9E%E9%81%93%29

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:09:35 ID:v6y8/uYT
>>197
私も調べ終わったところです。御手数おかけしました。
うちは仏壇なしの神式なんですが、大麻という言葉を
耳にしたのは初めてです。はずかしい。

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:10:02 ID:dP5R1sBW
まあ原爆二発も都市に落とす位だから火炎放射器位どうってことねぇか…。

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:10:55 ID:4hSvsPOR
>>196
それに対してレスしたらジャニオタから何人か反発レスついてたw
ジャニオタは所詮ジャニオタなので相手しても意味ないからね
封切られたばかりの自分が出た作品を子供に見せたくないとか言っているが
この発言を知った監督は間違いなく激怒するよ

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:18:42 ID:AsuJf12+
>>180
そういう「靖国〜」とか「日本人として〜」とか言い切る決めつけが、
こういう素晴らしい映画を日本人が撮る事が出来ずクリントに撮れた理由でもあると思う。
  
慰霊の心も意義も人それぞれだろ。

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:19:23 ID:dP5R1sBW
>>200
そうだな。
二宮はバカだな。
こんなあり得ない映画が作られる事はもう無いだろう…。

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:20:27 ID:ZHaza2Sk
>>200
クリントは二宮の真意を汲み取れないほど馬鹿じゃないよ。

「戦争なんてものが存在しない世界になれば反戦映画など必要でなくなる」

ありえない仮定だと笑い飛ばすことは簡単だが、あえて口にすることによって
強い反戦の意思を逆説的に表現したんだろう。
不戦憲法を持ちながら自衛隊を整備する日本の立場とも共通する見解だと思った。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:24:05 ID:4hSvsPOR
>>202
言ったら悪いがIQ低いんじゃないかと?
大人の渡辺謙のコメントを知っているので、あまりにもアホ過ぎ
自分の言っている事は作品と監督を頭から否定する事になる
しかもアメリカでは封切りまだだというのに
非常に残念
>>203
老婆心を持ってしても許されない発言と思うけどね

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:24:26 ID:dP5R1sBW
>>203
不戦憲法?
とある小学生があり得ないと先生に楯突いたそうだ

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:26:04 ID:xJxWto60
二宮は言葉での表現力に問題があるってことかな?俺も何がいいたいんだか
よくわかんないよこのしゃべりかたじゃ。きっかけになってくれれば
いいってどういう意味?見せたくないといった後に・・

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:27:02 ID:v6y8/uYT
改めて思いました。靖国で世界の戦没者の慰霊を大々的に行う時代が
来れば・・・と。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:27:33 ID:dP5R1sBW
>>204
そう受け取られても仕方ないと思う。
二宮はちと足りない。

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:27:37 ID:GXd3AGS4
>>196
映画見てから言えよ。

別に俺はジャニオタでもないが二宮がいいたいのは戦争を語る必要もない世界になってほしいってこと。

表面的に見たらたしかにただの映画批判だな

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:28:15 ID:4hSvsPOR
>>206
戦争反対の馬鹿の一つ覚えっていっぱいいるけど
出演させてもらったんだよ
しかも役どころは準主役だ
普通の頭の持ち主ならお世辞でも
「是非観てもらって戦争を考えて頂きたいです」
くらいの事は言うだろう

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:29:06 ID:ZHaza2Sk
>>204
二宮=西郷の立場からの発言だと考えれば許されるさ。
そんな考えの人間でもいざ戦争となれば否が応でも戦地に送られ
武器を持って罪のない者同士殺し合わなくてはならなくなる。
そこに個人の意思など介在する余地はない。それが戦争というもの。

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:29:06 ID:xJxWto60
二宮のインタビュー見たらこの映画自体嫌になりそう。
なんか深みが無いんだよね。それもクリントの狙いなのかな。

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:31:30 ID:dP5R1sBW
「そうだ!アメリカも不戦憲法持ったら世界が平和になるかも!」
位のコメントしたらいいんじゃないか二宮は。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:33:21 ID:zLbLw8Er
ニノ宮の言ってる事は深い。あいつはそれを敢えて軽く見せるだけ。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:33:34 ID:4hSvsPOR
>>211
あんた真性のアホ?
二宮の西郷の役どころなんか関係ないんだよ
要はこの映画がヒットするかしないかにかっかっている
クリントも謙も
主役級の人が自分の子供には見せたくないですね・・・・って
これって監督に後ろ足で砂かけるみたいなもんだよ

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:34:10 ID:tSZdsBA/
可愛い夢のような未来の願いをアホ扱いすんなよ
にのは、特に若い人に見てもらいたい、知ってもらいたいとちゃんと若い子に向けてメッセージ出してる
イーストウッドが怒るとか言ってる奴が確実にアホ

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:35:07 ID:4hSvsPOR
またジャニオタが湧いてきたか
しょーもないな

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:36:26 ID:xJxWto60
二ノ宮ほどの天才の言うことはここにいる親父にはわからないのだろうね。


219 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:36:52 ID:FeNS4geo
ニノミヤのインタビューを見てニノミヤを批判している奴ら、頭悪すぎる。
もう一度ビデオをよく見直せ。

途中で編集(カット)されてるだろ。
よく気をつけないと意味が逆になるように編集されてるんだ。
言葉が微妙にカットの前後で不自然な内容になってることにどうして気がつかないのか。

あげくのはてに、まともにカットされている行間を読み取っている奴をバカ扱いか。
バカを見たかったら自分の顔を鏡にでも映しておけ。

嘘だと思うなら、一言一句テープ起こししてみろ。
そうすれば、バカでもわかる。

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:37:46 ID:jW5cHIIX
荒らし目的で二宮コメントネタを何度もループさせるなっつーの。
批判も反論も前スレの最後でガイシュツだ。
大体、>>21を貼ったのって前スレの最後でも同じネタで荒らそうとしてた香具師だし。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:38:31 ID:zLbLw8Er
ヲタよりアンチ面倒くせえ。本当しゃーない

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:38:54 ID:4hSvsPOR
もう、このスレは二宮禁止にしよう
ジャニーズ板で論戦し合えよ
うざい

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:41:03 ID:daANh9Vd
別に二宮の発言がおかしいとは思わないな
ようするに戦争という言葉すらなくなる世の中になって欲しいということだろ
個人的には昔の人たちがあっての日本国だからその人たちの事を教えないというのは反対だが

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:41:04 ID:dP5R1sBW
子供に見せたくないはまずい。
そんな失礼なコメントこの映画にしちゃ駄目だろ。
硫黄島で亡くなった方にも失礼だ。
失礼どころか逆の思いが高じてそんな発言になったのかもしれんが。

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:41:16 ID:xJxWto60
なんだわざわざ編集したのか。。ひでーなー
おじさん騙されてしまったよ。

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:41:44 ID:ZHaza2Sk
クリントが一番訴えたかったのは、二宮のようなイノセントな庶民も
戦場では一兵士として殺し殺されていったという不条理。
本物の地獄を見た人たちは決してそれを語りたがらないように
二宮自身もこの映画で戦争を疑似体験したんだろうと思う。

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:42:18 ID:oZpdsvFF
役者だからIQ低かろうがバカだろうが問題無し
ちゃんと演じてくれさえすればいいのでは

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:44:11 ID:xJxWto60
で、二宮は演技はうまいのか?俺にはわからん。

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:45:11 ID:zLbLw8Er
>>222なんでオマエはそんなに必死なんだよ…この映画はニノミヤが出てんのに。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:45:42 ID:4hSvsPOR
>>224
アメリカで封切り前に言っちゃたのはマズイでしょう
IQ低いのはわかるけど、世間を知らなさすぎって感じ
伊原は賢い

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:47:02 ID:ZHaza2Sk
>>228
ある意味そのまんまだからいいんだと思う。
戦争についてほとんど何も知らなかった現代日本の若者だからこそあの演技ができた。
そんな彼を年齢設定を無視してまで採用したクリントの判断に誤りはなかったと思うね。

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:47:02 ID:xJxWto60
なかなか二宮こいつ自信家なんだな。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:47:13 ID:4hSvsPOR
>>228
うまかったよ
でも、子供に見せたくない映画を皆に観れというのか?w

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:48:07 ID:dP5R1sBW
栗林役よりパン屋は楽だと思う。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:50:28 ID:4hSvsPOR
自分が準主役級で出演している映画なら
堂々と子供に見せられるのでは?
なのに我子には見せたくないってTVで発言するってどう?
自分に自信がないとか関係ない
業務妨害だよ

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:50:41 ID:WVBcHrhU
二宮の演技はほぼ完璧だった
同年代の俳優の中ではトップレベルだし
ジャニーズ事務所の中でも飛びぬけてるだろう

でもインタビューでの機転は素人以下
言葉遣いもまだまだ
ジャニーズ事務所はそういうところを教育しろよ

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:52:37 ID:LIZcFm0p
いつまで粘着してるんだ?

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:53:09 ID:tSZdsBA/
>>233
そうだよ
今はまだ世界のどこかで戦争してる時代だからね
授業で習わなかったことを不思議がってるよ

ニノ叩いてる奴ってこの隙を逃してなるものかって感じで異様にしつこいよね

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:55:12 ID:BgvceRHS
10歳くらいから歌って踊ることに没頭して学校もろくにいってないんだ
汲んでやれ

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:55:32 ID:yOg4sHLG
裕木奈江がまだ芸能活動してたんだ??って言うのが漏れの最初の感想。他になんか出てた?

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:56:09 ID:GXd3AGS4
知る必要がないなら知らなくてもいいだろ。
掘り返したらややこしくなるから。
昔のことをいつまでも引きずってたら先に進めない。
平和を教えるのに戦争を教える必要もない当たり前の世界になることを願ってるんだ。


242 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:57:00 ID:4hSvsPOR
>>237
硫黄島からの手紙
二宮専用を作ってくれないか?
ファンが多いせいかどーも話が二宮に偏ってしまう傾向がある
この映画は渡辺謙がいなければなかった映画だ

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:58:20 ID:dP5R1sBW
映画の二宮は良かったな。
演技がいいのか二宮がいいのかよくわからんが。

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 05:59:04 ID:oND0fNBV
似てもにつかない比較やめてください

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:00:01 ID:4hSvsPOR
さっき二宮ファンが多いかもと書いたけど
若い女の子は殆どいなかったな
爺さんばっかりだった

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:01:07 ID:LIZcFm0p
>>242
いらねーよ。
お前がいつまでも話を長引かせなきゃ良いだけだろう。

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:01:34 ID:oND0fNBV
似てもにつかない比較やめてください
迷惑かけるなと注意

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:02:15 ID:CWQFV9mO
ついにネタ切れ

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:02:20 ID:4hSvsPOR
>>246
いるよ
いつも二宮で荒れてる
謙さんで荒れたことなんかない

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:02:39 ID:dP5R1sBW
>>241
じゃこの映画の事はさっさと忘れろ。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:03:30 ID:LIZcFm0p
謙さんの話を振ればいいだろ。

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:03:46 ID:xJxWto60
二宮になんのうらみがあるんだ?うらやましいのか?

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:04:53 ID:jW5cHIIX
>>249
おまいが荒らしてんじゃん…。前スレから粘着乙。

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:05:08 ID:xJxWto60
朝の6時に2ちゃんやってて霊はうかばれるのか?
ここはまだ2チャンなのか?
はい2ちゃんであります。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:05:23 ID:4hSvsPOR
>>251
二宮に話ふられたら無視でええか?

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:06:04 ID:LIZcFm0p
>>255
お前はそれでいいんじゃないか?
長引くから。

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:06:27 ID:oND0fNBV
やっぱりあんまりマナーないと注意したくなる。注意されたからって逆恨みしないでくれ。

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:06:31 ID:CWQFV9mO
enjoykoreaに書き込んでるのってアホ

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:07:15 ID:4hSvsPOR
>>253
失敬な
お前が知らないCNNのインタビューも
ちゃんとここで書いてぞ

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:08:41 ID:oND0fNBV
どうして書き込みしたか言おうか?
市ねだのスレが立ったからさ。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:09:31 ID:xJxWto60
おまいら平和だな。

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:10:59 ID:LIZcFm0p
謙さんの話題を落としていけばそっちに話が流れていくものだ。
それなのに一晩中二宮の話に食いついてるのが原因なんですよ。
自ら荒らしてるのと一緒ってことだ。

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:11:07 ID:4hSvsPOR
>>256
てか、ジャニの二宮が
この神聖な映画に出ているのが
そもそも荒らしなわけだが

まあいいか、無視するわいな

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:11:29 ID:jJ/hE46A
朝からまったく平和だ

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:12:19 ID:jW5cHIIX
>>259
代償に粘着ループを延々見せられるぐらいなら、何も書いてくれなくて結構だよ。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:12:54 ID:dP5R1sBW
荒れてるとかバカじゃねえのか。

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:13:29 ID:GXd3AGS4
映画の話に戻すと俺が一番印象に残ったのは最後の栗林たちの自決シーン。

台詞云々ではなくてあの解放感。
いままで狭い洞窟で戦ってたのに、ようやく練りに練った作戦もなにもかもおわるんだという気持ちになった

わざわざ朝に広い平野で自決させたクリントは素晴らしいね

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:13:53 ID:CWQFV9mO
気になるのは稲垣、おすぎの評価

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:16:01 ID:oND0fNBV
へー
通りすがりですが
この映画面白いな

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:18:08 ID:4hSvsPOR
二宮はジャニオタで荒れる
もう19通目

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:18:40 ID:dP5R1sBW
手榴弾の自決は酷かったな。
自殺を強制されちゃたまらん。
突撃ならまだしも。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:21:43 ID:4hSvsPOR
>>271
サイパン玉砕の実写を見たことある
もんぺの普通の女の子が次から次に何のためらいも無く
飛び込むシーン

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:23:37 ID:4hSvsPOR
断崖絶壁に。。。

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:24:05 ID:oND0fNBV
素直に日本の俳優の
ハリウッドでの仕事を
応援すればよいと思いますが
二宮さんなんかは日本を代表する若者なイメージなのかもしれませんね。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:24:09 ID:v9YYB5pi
米軍は捕虜を取らずに殆どの日本兵を殺していったからね。
敵の手に落ちてなぶり殺されるより自決を選ぶのは
他に方法がないということだ。

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:25:01 ID:dP5R1sBW
俺はあんな死に方は女々しくてしたくないよ。
どこが潔いのか理解に苦しむ。
勝手に自決しろだ。

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:27:09 ID:oND0fNBV
宮崎アニメのキャラクターのようなシンプルな顔してる

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:30:56 ID:4hSvsPOR
>>276
あんな時代があって今の我々の平和があるんだよ
俺は嫌だ〜〜〜とか、そんなことじゃない

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:34:04 ID:oPXPqWmT
朝からすごいですね、みなさん。
てゆーか、次の戦争には負けないように策をねろうぜ。
それが、戦死者に対する供養にもなるんだ。
俺は竹やりを自作したよ。
負ける気がしねえ。

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:35:04 ID:ZHaza2Sk
>>275
決死の覚悟で突撃するという選択枝もあったと思うけどね。
特に開戦間もない擂鉢山での自決は納得できなかった。
まだ武器もありみんな元気だったのに…

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:35:58 ID:dP5R1sBW
>>278
んな事は分かる。
しかしアレは理解出来ん。
当たり前かもしれんが。

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:36:50 ID:4hSvsPOR
>>279
次の戦争は難しいですねw

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:41:08 ID:4hSvsPOR
>>281
私は理解できますよ
その当時の流れですもんね
あの時代はひどかった
日本だけじゃないよ
侵略戦争だったんだから

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:42:31 ID:oPXPqWmT
279だけど、大切なことを言い忘れた。
それはね、戦争はもう世の中から絶対に無くならないんだから
戦争に負けないことを考えないといけないんだよ。
つまり、負ける戦争なら「するな!」ということなんだ。
あと、念仏平和主義だけは勘弁してくれよ。

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:43:04 ID:h8xiW99t
>>283
いや、自決なんてやってるのは日本だけだろ。
どう考えても世界の潮流とは関係ないことをやっているw

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:45:40 ID:oND0fNBV
>279
戦争経験者は戦争の事を忘れたがるとTVでやってました。
外野は、前線で戦ってない人はあれこれ英雄ぶって語るのだとか。
クリントイーストウッド監督が言ってたよ

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:47:48 ID:4hSvsPOR
>>285
自決した兵士は怪我している人ばかりで
足手まといにならないように自決したと聞いてます
うちの爺さんは硫黄島ではないのですが

>>284
戦争はなくならないですよ
人類の歴史をみてください
戦争のれきしじゃないですか!
こんな日本の島国が何分割されてたんですかw
戦争反対は幼稚園でも言うんです
でも、何で戦争になったかは学者でも難しい

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:50:34 ID:yOg4sHLG
4hSvsRORの意見は概ね賛成なんだが、なんでそんなに上から話すの?

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:50:40 ID:dP5R1sBW
別に勇ましく突撃した方がいいとか言ってる訳じゃないよ。
潔く自決というが全然潔くは見えないだけだ。

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:52:17 ID:hAglMV9V
二宮にはがっかりだ

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:52:44 ID:4hSvsPOR
>>288
上から下からとか考えてもなかったけど
どういう意味ですか?

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:54:28 ID:4hSvsPOR
>>290
まだ若いからね
言葉を選ぶ事ができなかったんでしょう

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:57:27 ID:GXd3AGS4
もう二宮はいいって

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 06:58:39 ID:dP5R1sBW
撤退しろの命令に対し皇軍に撤退はない。
潔く死のう→手榴弾抱いて自決。
これは付き合いきれんぞ。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:00:22 ID:4hSvsPOR
>>293
19スレ目ですが、何度その言葉が出てきたことか

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:01:16 ID:Sy3BrzjI
戦争がなくならないことなんて、二宮だって知ってる。
それでも、戦争なんて悲惨なものの存在しない世界を、
「戦争」という言葉の意味すら知らない子どもたちが育つ世界を、
思い描きたい23歳の青年の夢をどうしてそこまで悪し様に切り捨てられるのか理解に苦しむ。

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:02:35 ID:GXd3AGS4
>>295
お前が盛り上げてんだろ?

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:02:37 ID:FeNS4geo
自決といえば、ユウキ扮する野崎がすごく印象的。
あのひっくひっくしながら握り締める手榴弾。こわかったぁ。

この映画、考えてみれば、どんなホラー映画よりホラーだよな。

目の前には強力兵器を持った鬼のような敵。
味方の陣営には、自決を強要する上司。
うまいことかいくぐって逃げおおせて投降しても清水のようにあっけない。
地熱は熱いわ、水はないわ、食料もないわ、息苦しいわ、火炎放射器は迫ってくるわ、
手りゅう弾は投げ込まれるわ、がんがん大砲は撃たれるわ、そこにかしこにマシンガンが潜んでいるわ、
応戦しようにも武器はないわで、どうしようもない。
頼みの綱の大将は、将来、日本国民が弔ってくれるから安心して死のうって。。。

どんな鬼脚本家でもかけない怖さ。すごすぎる。

でも、実際に戦った人の手記を見ると、もっと恐ろしい体験をしているし、
実際の映像を見ると、もっと火炎放射器の火力が強い。動きもてきぱきとして殺し慣れしてるって感じ。

戦争は、しちゃいかんね。

どうしても戦争したくなったら、戦争したい国の首相同士が国連の舞台のど真ん中に出てきて、
野球拳をすればいい。「野球ぅ〜するなら〜こういう具合にしやしゃんせ」って。

で、それを全世界衛星放送中継。その結果は翌日一面トップ。
若い女の首相だと、みんな敵に回るよ。「いいぞぁぬげぬげ〜」って。

戦争はそのぐらいにとどめてほしい。本当に。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:03:46 ID:dP5R1sBW
当時でもあの形で自決は理不尽ではないのか。
あれが普通なのか。

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:04:29 ID:4hSvsPOR
>>296
二宮は西郷という役どころを
うまく演じているが
この映画を我子に見せたくないとの発言は
営業妨害じゃ?
ふぅ・・・また二宮か

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:05:48 ID:4hSvsPOR
>>297
お前もたまには
まともな事書いて引っ張ってくれ

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:06:01 ID:8JsZcIc7
二宮はDQNだな

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:06:59 ID:Sy3BrzjI
>>300
この映画を「子どもに見せたくない」と言う発言を聞いて営業妨害だと思うなんて、
あんたはこの映画からなにも学んでないんだな。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:07:51 ID:hAglMV9V
戦争をなくしたいなんて、戦争の悲惨さを知らずして思うもんか。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:08:13 ID:4hSvsPOR
>>303
自分の子供に見せられない映画なら
最初から出演すべきではないだろうな

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:10:55 ID:Sy3BrzjI
>>305
「これからの子ども達が戦争を知らない世界に育って、人間らしい倖を守って生きてゆかれる様に僕は願い信じて捨石になります」

↑実際に、大戦中に特攻隊で亡くなられたかたの手紙だ。

二宮の志は、まさにこの一文に尽きる。

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:10:57 ID:4hSvsPOR
自分の子に見せられないって事はこの映画を否定している事になる
クリント監督の意向と逆行してしまうではないか
一人でも多くの人がに観てもらいたいといっているのにね

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:12:11 ID:dP5R1sBW
実際硫黄島で戦って生き残った人の手記見たらあそこで生き残るのは奇跡だな奇跡。

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:12:17 ID:4hSvsPOR
>>306
俺は業務妨害といっているんだ

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:12:55 ID:Sy3BrzjI
>>309
>>303

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:13:54 ID:5GcK0lSV
二宮人気だなあ
加瀬のノーベル平和賞のがよっぽど面白発言なのに

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:13:59 ID:yyknASED
>>305
戦争を擬似体験した出演者としての実感では?

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:14:14 ID:4hSvsPOR
>>310
映画製作というのは、ハートだけじゃできないんだよ
子供みたいなこというなよ

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:15:42 ID:4hSvsPOR
>>312
次に同一IDでレスしてくれたら返事するよ

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:16:03 ID:Sy3BrzjI
>>311
二宮発言に突っかかってる奴は、
二宮がジャニだから難癖つけて批判したいだけだからな。
加瀬がジャニーズ事務所へ入れば、きっとみんな話題にしてくれるよw

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:17:28 ID:aApDCwkw
>>306
二宮の発言になん癖つけてるのは、
二宮のアンチか只の低脳だろ。
そんな程度の低い奴ら相手すんなよ。

た だ の ア ホ に何言ったところで理解できない。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:19:24 ID:dP5R1sBW
リアル二宮はアホだと思うが、どうでもいい。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:20:14 ID:4hSvsPOR
二宮ファンは別にスレ立てろよ
この映画の本質と逸脱してしまう

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:20:58 ID:FeNS4geo
おい、4hSvsPOR、いい加減にしろ。

ニノミヤの発言要旨

(映画出演の前後で変わったか?)
戦争観は変わってない。
--------
カット
--------
戦争は知らないけど字はかけるし、意味もわかってる
でも自分の子供は知らないで済ませられるならそうしたい、教えたくないしこの映画も見せたくない
そういうきっかけになったら


ポイントは「そういうきっかけになったら」

単純にニノミヤが見せたくないというなら「きっかけ」の言葉が浮く。
この映画が、そういうきっかけになったら、というのは自然に見えるだろ。
このインタビューでは映画の話を聞かれてるんだから。

じゃあ何のきっかけか。
この映画が、戦争を知らなくてもいい世界になるためのきっかけ。

こんなこと、あの映画を観た人間なら誰でもすぐにわかる。当たり前のこと。
映画もみず、いつまでもバカ発言をを垂れ流すのはみんなの迷惑だ。もういいかげんにしろ。


320 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:21:06 ID:oPXPqWmT
で、小生は竹やりを自作したわけだが。
竹やりを馬鹿にしてはいけないと思う。
自転車を転ばせる要領でB29のエンジンに突っ込めば
空の要塞だって墜ちたはずだと思う。
旅客機が墜落する原因の90パーセントはエンジンへの海鳥の
巻き込みなんだよ。このことはあまり知られてないけどね。
だから大和魂とちょっとした武器さえあればアメ公を負かすことも
できたはずなんだ。

でも、核ミサイルさえ持っていない今の自衛隊は弱いだろうね。
よく専門家の大先生が「自衛隊は強い強い」言ってるけど、
信じないほうがいいと思う。

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:22:57 ID:4hSvsPOR
>>319
否定すんなら
おまえがyoutubeにうpしろ

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:23:13 ID:dP5R1sBW
二宮はアホ。
これが結論だ。
二宮の話はこれで終了。

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:23:53 ID:hAglMV9V
アンチではないけど、二宮の演技に感動したからこそ、
なんか残念だった。



324 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:24:41 ID:dP5R1sBW
映画で戦争なくなるならとっくになくなっとるわ
アホが

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:25:35 ID:4hSvsPOR
>>322
IQ40ないな
クリントと渡辺の努力を全く考えてない馬鹿発言
自分の子供に見せたくない映画なのに何の宣伝って感じ?

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:26:03 ID:aApDCwkw
>>304
だから二宮は「戦争」という言葉も知らずに済むなら教えたくないと言ってんじゃないの?

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:26:22 ID:GXd3AGS4
あらあら、まずは静まれ

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:27:34 ID:r1yVX9X8
朝から熱いな

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:27:45 ID:dP5R1sBW
>>325
お前は俺の過去のレスでも遡っとれ

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:28:43 ID:4hSvsPOR
伊原剛志はこう言っている
「私たちは平和に暮らせています・・・本当にご苦労様です
ありがとうございました」

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:29:10 ID:PgbiDQLi
>1スレ立て乙です! おはよう、おまいら。

次からは何番踏んだらスレ立てるっての決めようよ。
いつも最後に気付いた人がスレ立ててくれてるけど申し訳ない。
今はスレの流れ早いから900踏んだら次スレ立てるようにしたらどうでしょうか。
スレ立てる気ないなら踏まないでレスも控えるぐらいの配慮はしないと。

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:30:41 ID:4hSvsPOR
>>331
意味ないです
携帯からが多いので、そのまま流れてしまう

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:32:39 ID:4hSvsPOR
>>329
レス間違えたみたい
ごめんね

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:33:04 ID:GXd3AGS4
>>332
よし!じゃあお前が建てろ!

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:34:55 ID:4hSvsPOR
>>334
心配しなくていいです
この映画のファンは多いので
自然と次スレが立っています

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:36:49 ID:sFasYmlm
>>319
素敵なコメントだね

この映画も硫黄島で亡くなった方達のように
色んな意味での礎になってほしい
心からそう願うよ

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:39:14 ID:4hSvsPOR
この映画が作成されたのは
渡辺謙という偉大な日本人がいるからです(感謝)

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:00:21 ID:o+rKJD/t
オスカーは作品賞候補の資格はあるんだよね?外国語映画賞ではなくて。

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:02:04 ID:f25NICNT
ID:4hSvsPOR
コイツと議論するだけ無駄、映画見てないいつものモメサだから。

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:05:08 ID:4hSvsPOR
星条旗も手紙も観ましたよ

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:07:02 ID:Gq66miSN
父親たちの星条旗 65点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50832418.html

硫黄島からの手紙 80点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50870460.html

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:07:30 ID:lyq8H5Re
硫黄島、オスカーへの手紙だ…“前哨戦”Gグローブ賞ノミネート
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061215-OHT1T00087.htm

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:09:25 ID:4hSvsPOR
星条旗と手紙を繋げてみたがる人多いけど
これは全く別の映画です
星条旗はすでに見れない地区も多いですが
別物ですから手紙は見てください

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:11:19 ID:jW5cHIIX
>>338
オスカーでは作品賞の資格あるよ。
代わりに外国映画賞からは外される。

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:18:39 ID:AeuCwany
昨日見てきて、帰りは友達同士、すごく口数少なくなったけど
今朝になってもっと重くなってきた。
この映画、時間が経った方がジワジワ来る。
昨日2時間、戦場に放り込まれてたんだなってわかった。
帰ってきて言葉にするには時間がかかる。
もう一度行ってきて、克服したい気がしてきた。

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:19:07 ID:HrTj0qOt
中村獅童はいらね。
ほんと大根だな、DQN役ほど簡単な役ないんだが
それすらできねえのかよ。

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:20:38 ID:e5/8RFXj
俺の周りには戦争映画=グロ映画と勘違いしてる奴が多すぎる。
多少その要素があるにしてもハナから毛嫌いするなんて間違ってるよな?

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:21:38 ID:4hSvsPOR
>>345
頭の隅にずーーと残るでしょ
靖国が遠ければ護国神社
すっきり

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:29:10 ID:mQj01MiQ
日本人がつくったら天皇陛下万歳とかカットだな

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:30:55 ID:4hSvsPOR
無理でしょ
これだけ市民団体とか人権団体とか・・・

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:41:50 ID:FeNS4geo
ID:4hSvsPOR

コイツと議論するだけ無駄、映画見ても中身の理解できない
絵映像を読み解く力のない、ただの渡辺謙の追っかけキチガイだから。



352 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:49:27 ID:4hSvsPOR

渡辺謙さんのファンですよぅ

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:51:34 ID:wgN6H7r0
西郷の友達のおにぎりみたいな顔した奴は、随分あっけなく
玉砕したな。
西郷になんか一言あってもいいだろと思ったが。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:51:43 ID:4hSvsPOR
>>351
議論するだけ無駄なら
レスすんな
このキチガイが

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:53:45 ID:0mG+vyts
プライベート・ライアン、戦場のピアニスト、ヒトラー最期の12日間の方が
遥かに良く出来ている。

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:54:28 ID:4hSvsPOR
>>353
松崎さん?
あんな小さな役柄なのに努力してたみたい

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:57:36 ID:TosiY5gX
>>355
硫黄島観てないけどそれより糞なの?

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 08:58:28 ID:4hSvsPOR
>>355
プライベートライアンの派手さもないし
戦場のピアニストのハラハラドキドキもないね
ヒトラーに近い

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:00:24 ID:4hSvsPOR
>>357
予告編だけど
http://www.youtube.com/watch?v=teB0LeIWmk8

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:01:00 ID:yOg4sHLG
>>ID:4hSvsPOR
いつ寝てるの?

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:04:30 ID:H9KfOEGb
昨日夜見てきた。
伊原さんがよかったなかっこ良かった。
内容は、戦争の重み無意味さは伝わってくるけど
フジのドラマ見た後だったから何かが物足りない感じがしたな、
主役枠以外の兵士の心情も描いてほしかったかな。

二宮は予想以上に出番が多くてびびった、栗より多くない?
でもまあ演技のほうは良かったと思うよ。
最後のカメラ目線は頂けないけど…
あれ何かを示唆してる?

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:04:53 ID:4hSvsPOR
>>360
3時までは何があろうと起きてますw

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:07:31 ID:4hSvsPOR
>>361
>伊原さんがよかったなかっこ良かった。

オファー来ているらしいよ
世界デビュー

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:09:01 ID:1tdtpM93
堤真一がいい演技してたな

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:15:49 ID:0mG+vyts
>>358
ヒトラーは舞台が殆ど地下室だから戦闘シーンとかあまりないけど演技力と演出が凄いからな。
硫黄島のキャストではあの迫力ある演技は無理だろう。

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:16:42 ID:1tdtpM93
外国語は下手でも演技がうまく感じられるんだよw

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:17:22 ID:4hSvsPOR
この映画は渡辺謙の為に作られた映画です

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:17:39 ID:DFrlp+Q4
ttp://www.youtube.com/watch?v=nX0_WYF_Em0
ttp://www.youtube.com/watch?v=TDkjGjkMADc
ttp://www.youtube.com/watch?v=poH49ONByL8

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:17:42 ID:5APRbSjb
>>306
> 「これからの子ども達が戦争を知らない世界に育って、人間らしい倖を守って生きてゆかれる様に僕は願い信じて捨石になります」

たぶん二宮自身もこの手の言葉を映画のために勉強しているときに知って、それで感銘を受けたんだと思うよ。
叩いてるやつ、アホじゃねーのかと思う。

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:19:31 ID:8V1Ez4zG
その話は終わったじゃん。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:20:11 ID:4hSvsPOR
>>365
ヒトラーの役していた人が気になる
うまかったと

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:20:41 ID:VTQFJjiA
死ぬなと言っていた栗林が自決する不思議。
そりゃパン屋も訳分からんだろ。

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:20:52 ID:0mG+vyts
>>366
そう思い込んでいたのか君は…

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:22:18 ID:1tdtpM93
スピルバーグもプライベートライアンを自分の子供には見せられないって言ってたけど、二宮はその真似しただけじゃないの?

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:23:21 ID:4hSvsPOR
>>372
ドキュメントではないですから

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:23:31 ID:0mG+vyts
>>371
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%84

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:24:35 ID:4hSvsPOR
>>374
そうなの?それだと最低じゃんw

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:26:22 ID:4hSvsPOR
自分が一生懸命仕事した作品を子供に見せられないなら
初めから出るな

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:30:17 ID:1tdtpM93
この映画を酷評してるのは軍オタ、戦争映画ファンばっかりじゃね?

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:30:30 ID:zvLM4KgV
そんなの個人の自由。

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:32:45 ID:Z6Yunabn
最初から自決じゃないし、身動きとれないかったから自決は仕方ないかとw

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:33:38 ID:4hSvsPOR
自分が準主演した映画を否定し、子供に見せられないんだろうが
子供に見られたくない作品に何で出演するの?


383 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:33:47 ID:0mG+vyts
>>379
根拠は?

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:36:31 ID:zvLM4KgV
一日中張り付いて映画の話をさせないため妨害してるとしか思えんな。

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:36:44 ID:4hSvsPOR
あまりに幼稚で子供すぎる発言があるべ
謙さんの足を引っ張らなきゃいいけどね

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:40:58 ID:jW5cHIIX
>>374
イーストウッドも過去に自分が出演した映画(ダーティハリーだったかな?)を
子供に見せようとは思わないって言ったことがあるし。

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:43:31 ID:4hSvsPOR
ない

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:46:52 ID:Hpvf6B7z
硫黄島と言えば栗林より市丸だろ
おまいらこれ嫁!

『ルーズベルトニ與フル書』 市丸利之助海軍少将
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2006/12/post_97f8.html

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:52:54 ID:4hSvsPOR
市丸は、この前のドラマで品格が落ちた

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:59:47 ID:4hSvsPOR
>>388
どっちに共感するのと別問題

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:03:01 ID:cbJHWNxa
ID:4hSvsPORを迷惑レスにしたら82レスも減った!
コイツって・・・!?

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:06:02 ID:FeNS4geo
興行スレでおなじみ、うわさのなっち、

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:06:19 ID:4hSvsPOR
>>391
おめでとう

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:07:03 ID:5gESgKs/
「子供」と言った場合、頭にあるのはまだ判断力も幼い本当に「子供」の年齢なんじゃない?
そういう場合、その作品のテーマや演技が良くて、映画の出来や評判が良かったとしても、
描写に残酷なシーンがあったり、テーマや内容そのものが「子供にはまだ無理」な事もある。
有名監督や俳優が、その作品や演技自体には誇りを持っていても、
「自分の子供には(まだ今の年令では)見せられない、見せたくない」
と言うのは時々見かけるが、別に問題とは思わないな。
二宮も別に作品そのものを否定したりしてないでしょ。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:09:07 ID:4hSvsPOR
>>394
そうかもしれない
でも、自分が見る場面っていうの?
高校野球の時にいつも監督が子供っていってかばっているんです

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:10:34 ID:4hSvsPOR
二宮はあえてコメントしない
しても無駄

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:12:36 ID:zvLM4KgV
二宮の人気に嫉妬w

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:12:42 ID:4hSvsPOR
一つ言えることは、伊原剛志には世界デビューの話があって
二宮はないって事か

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:16:23 ID:4hSvsPOR
任天堂すげええええええ

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:18:18 ID:1tdtpM93
>>399
株でもやってるの?

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:19:19 ID:4hSvsPOR
ごめんね
間違えた
>>400
はい

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:23:40 ID:1uKfkGSv
渡辺謙は今後もっとビッグになる

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:23:59 ID:dirjYJ2R
>>388

これも追加してくれ。


硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書
http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry
ルーズベルトニ与フル書 A Note to Roosevelt (英文対訳)
http://www.chukai.ne.jp/~masago/roosev.html

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:28:56 ID:s9EC+iGG
>>77
すげー遅レスでスマン。

以前、戦争オタから聞いたエピソードなんだが
ドイツ軍が最速の戦闘機を設計して
同盟国であるイタリアに図面を送って「これ作れ」と提供した。
ったらイタリアは
「デザインダサいじゃん。もっとこの曲線は…」と
デザイン重視で設計をつくり変えた。
ったら、最速でもなんでもない鈍飛行機ができた。

この話が実話かおもしろネタか知らんが
そういう感性の違いみたいというか
埋めようのない溝みたいなものはあったんだろうね。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:29:24 ID:VLOYFhsy
誰か無知な自分に
「犬も撃てない奴が、赤が撃てるか!!」の
“赤”の意味を教えていただけませんか?

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:31:00 ID:4hSvsPOR
>>405
赤は共産党にメールで聞けば?

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:31:18 ID:z+cUnnUL
赤とは米兵です

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:33:31 ID:n3ISgC5H
昨日見に行った。コントのようだが、前の人がアフロでスクリーンが半分くらい見えなかった。
半泣きになりながら、勇気を出して見えないことを伝えたら、体勢を低くしてくれた。まだ少し邪魔だったが。
しかし、この映画を見る人に悪い人はいないと思ったよ。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:33:52 ID:4hSvsPOR
共産党は入会しても無意味
意見は何も繁栄されないね

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:34:20 ID:kQgJPgOC
栗林の斬首シーンが罪人っぽいという意見があるみたいだが、
あれは意図してああいうポーズにしてるんじゃないかなあ…。
本土の人間を守るためとは言え、2万人の日本人に対して”死ね”と
命令したことは、栗林の心に物凄い葛藤と罪悪感を宿したはず。
多くの兵を死なせてしまったことに対する贖罪の気持ちもあっただろうし、
自分自身を罪人として裁いて欲しいという想いがあったとしても不思議ではない。
あのシーンは、栗林のそういった気持ちを表現した暗喩なのではなかろうか。

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:34:23 ID:1uKfkGSv
>>388>>403
初めて読んだ。ありがとう。
まさに今のアメリカは市丸少将の予測どおりの状態になってるな。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:36:04 ID:4hSvsPOR
>>408
帽子を株って背筋を伸ばしているのは聞いたが

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:39:12 ID:z+cUnnUL
あのドラマをみて、栗林と市丸が同一人物だと勘違いしてたorz

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:40:09 ID:qxuBWFAH
ここは映画について語るスレでID: 4hSvsPORの落書き帳じゃない。

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:44:20 ID:mQj01MiQ
日本を守ってくれた兵隊さんのためにも絶対戦争はしちゃいけないとオモタ
そして靖国へ行って、ありがとうを言いたくなった

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:50:19 ID:eOc1i7my
初日に観たけど、月曜学校行ったらフジドラマ観た奴らが結構いて(俺も観たんだが)泣いたーとか感動してて、素朴な質問をぶつけてきた。その質問のほのぼの感と自分の頭の中にこびりついてるものの落差は結構激しかった。映画は別物と思って行った方がいいかと。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:50:24 ID:wYdRzwrs
昨日ようやく観に行ってきた
何だか重苦しい余韻が今でも残ってる。。。
やっぱり『父親たちの星条旗』も映画館で観ないともったいないかなあ。

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 10:57:40 ID:+zcgwUs/
>>404
こんな話でも実話かと思ってしまう

イタリア空軍は全期間において計器飛行の訓練を
全くしていなかったらしい。
ある戦闘飛行機の初期型は密閉式風防であったが。現場からの「風が感じられない」
という苦情で開放式に戻した。
そのために、折角の高速戦闘機が台無し。
http://2chart.fc2web.com/itaria.html

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:02:20 ID:OK+/TeAP
>>415
遠方なのでそう頻繁に靖国には行けない。
前レスかどこかで知ったから靖国でお札(大麻というらしい)を
通販で送って貰って日々に自宅で慰霊と礼拝を行おうと思うよ。
これらの人々無しには今の日本は有り得なかったことを思うと
感極まって泣きそうになるよ。今週末には見に行くつもりです。
ありがとうございますご先祖さま。

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:05:27 ID:QRXJqwpv
航空機については日本海軍だって陸軍のパイロットは計器飛行ができないと
馬鹿にしてたし零戦採用時には格闘性能が悪いという理由で
オープントップで旋回性能に優れる九六艦戦のほうが
いいと主張するパイロットもたくさんいた。
誰だって乗りなれてるほうがいいしね。
イタリア軍はヘタレとよく言われるが結構理由があることもあるよ

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:06:40 ID:6zeoscXo
今までは感謝するどころか、逆に白い目で見てたからなあ
ほんと胸がもやもやする

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:08:30 ID:6zeoscXo
イタリアは単に早くに降伏しただけでなく、寝返って連合軍に加わったからヘタレなんだよ

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:12:23 ID:QRXJqwpv
エチオピア侵攻自体がアメリカにとってのイラク戦争のように
トップが勝手に始めてしまったことで
イタリア兵士にとってやる気がない目的だったという理由もある。
スレ違いだからあまり長引かせたくない話だが。
まあドイツ兵やロシア兵が強かったのは間違いないけどな。

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:13:12 ID:S/qJxt97
昨日観てきた。もっと感動の泣かせ作品かと思ってたが、
あれは泣けない、淡々と重い。正直な感想は、観なきゃよかった・・。
駄作って意味ではなく。


425 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:17:29 ID:sZMXibSK
最初はなんで日本の監督が撮らないんだよ。とか
アメリカ人にちゃんとした日本人を撮れるのかよ。とか思ってたけど
観てからはイーストウッドにしか撮れない
日本の監督だったらどうなってたことか
って思う。

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:20:08 ID:pp2VKYa0
>>408
そのアフロ俺
いつものことだから気にしないでいいよ

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:22:26 ID:zJNcrHWW
「星条旗」の方が映画としては上だと思っているが、
「手紙」は初日に見て、ずっと引きずっているなぁ。
やっぱり同胞の人を描いた映画だからだろうか。
それとも、「星条旗」を見た11月初旬から、
硫黄島関係の本ばかり読んでいるからだろうか。



428 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:24:22 ID:mESLJTpr
>>417
戦闘シーンの迫力など、大画面ならではのものがあるから、
映画館で見られるのなら見ないともったいないよ。
まあ、ドラマの本筋は帰国してからの苦悩にあるけど。
二本でひとつの作品として、監督の意図が明瞭になるし、是非星条旗も見てほしい。

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:29:27 ID:1uKfkGSv
>>421
それをずっと考えてた。
1990年代はじめごろまでの何十年にもわたる徹底した洗脳教育の期間があったわけで、
自分を含めてその期間に教育を受けてきた者は皆「旧日本軍=残忍で野蛮な悪魔」
と教え込まれ、まんまとそれを信じてしまっていた。
(もちろんその期間の極端な教育や社会の空気は、「反戦」意識を日本人に徹底させる
という意味では確かな意味はあったが)

その期間を経験し長く旧日本軍を誤解してきたから、
日本を守るために命を捨てて戦ってくれた人々に対し、
申し訳なさと感謝の気持ちを強く持つようになった。

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:30:33 ID:RkAyyt2N
>>417
うん、超もったいないよ
静かな心地よい重圧感を得られる作品だと思うよ

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:30:40 ID:x9sjJHK7
なんか靖国神社行きたいと言ってる人が多いですが、いけない
からといって慰霊が出来ないわけじゃないんで、家の神社=神棚
で拝んでもOKじゃないかと思います。もちろん、戦死した方の
ことを祈ったあとは、ご先祖さまや地元の神様にも感謝しましょう。

ちなみに、神社は本来、現世利益のお願い事をする俗っぽい
場ではないことを肝に銘じてほしいです。ただ真摯な気持ちで
感謝したり、祈りをささげるのが好ましいんじゃないかと思います。

↓こんなん願われたら、英霊だって泣くわw
http://www5b.biglobe.ne.jp/~astra/kiroku/back_namber/ya9.html

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:32:22 ID:x9sjJHK7
>>429
私もそういう時期があったからこそ、彼らのことを忘れる
どころか悪鬼扱いした自分を恥じています。無知にも無礼
にも、ほどがあるだろうと・・。本当に、申し訳ない。

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:33:17 ID:x9sjJHK7
>>417
家と劇場では音量も迫力も全然違いますし、
是非劇場で見ることをオススメします。


434 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:38:44 ID:ndApWHkb
昭和28年初版の戦記を読んだが映画と同じだった。水を入れたドラマ缶の上に寝泊まりまでしてたとか、ワカメ汁だけとか、硫黄臭い水で腹を下したとか、穴の中に何ヶ月もいたから顔を見合わせてお前の顔は何だと、久しぶりに笑ったとか書いてある。

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:41:16 ID:+zcgwUs/
戦後の団塊の世代の左翼思想はファッションだからな
まー、戦争世代へのカウンターイデオロギーとして当然だろーな
戦争って孫の世代(60年くらい)にならないと冷静な判断できないっていうし
ナポレオンだって流刑された当時はヒトラー以上の悪魔とされてたけど、今じゃ英雄
でも、日本の場合は戦後の占領政策の巧みさと、脆弱な外交関係のせいで、
過去をなかなか反芻することすら難しいみたいね

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:42:20 ID:M+B687hT
http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv
ニュースアンカーで青山さんが硫黄島に行ってきました。
泣きながらのリポートです。

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:42:31 ID:FeNS4geo
>>417 星条旗こそ映画館で見るべき迫力だよ。
星条旗に比べると、絵と音の迫力は、手紙はまだしょぼい。
(作品総合としては手紙を推すけど)
映画館で見ることをお勧めする。

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:50:42 ID:hUoRfJ2C
>>434
>顔を見合わせてお前の顔は何だと、久しぶりに笑ったとか書いてある。
こういう話しを教えてもらうとあぁ普通の私たちと同じ人だったんだなあって思う。
自分の中では戦争で戦った人=そこらの普通の人って意識が無かった。
考えることもしなかった。この映画を見て良かったよ。
遺族の人の60年まで考えてしまって胸が痛い。
戦争って自分と関係ないと思ってたけど戦地には足むけて寝れないわ

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:53:23 ID:6zeoscXo
今朝の読売に映画評が載ってて、それに実際の硫黄島で戦死した兵士の手紙が引用されてたんだけどそれだけでウルウルきた
ていうか当時の24歳の日本兵ってほんと国語の教養が今と段違いだわ
番組表の欄外ではフジの硫黄島ドラマがリアルでよかったとか書かれてたがw

440 :硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書:2006/12/15(金) 11:55:19 ID:80GojA01
ブログの主が転用を許して下さっているので転載します。<文書は自分の死,
部隊の全滅を目前に,実に的確に戦争への経過,当時の社会,軍人,日本の立場を
表現しており,米国を論理的に非難もしている貴重なものと思う.>

栗林中将と共に戦い硫黄島で戦死した市丸海軍少将(フジTV「戦場の郵便配達」)

ルーズベルトに与える書(現代語訳) 

 日本海軍市丸海軍少将が「フランクリン ルーズベルト」君に書を宛(あ)てる。私は今,私の戦いを終
えるに当たって,一言貴方に告げることがある。日本が「ペリー」提督の下田入港を機として,広く世界
と国交を結ぶに至ってから約百年の間,日本は国の歩みは困難を極め,自ら欲しないにもかかわらず,
日清,日露,第一次世界大戦,満州事変,支那事変を経て,不幸にも貴国と交戦するに至った。この
戦に当たって,(貴国は)日本を,ひとつに好戦的国民だとして,あるいは黄禍論(おうかろん:安い労
働力を武器に黄色人種が世界を征服すると言う人種差別論)を用いて事実を捻じ曲げ貶(おとし)め,
あるいは軍閥の専断(独断専行)であるとする。

思いもよらぬもの甚(はなは)だしいと言わざるを得ない。 

貴方は真珠湾の不意打ちを以って,対日戦争の唯一の宣伝資料となすけれども,(そもそも)日本が自
滅から免れるために,この行動に出るより他はないほどの窮境(きゅうきょう:いきずまり)にまで追い詰
めたような諸種の情勢というのは貴方の最も熟知するものであると思う。 

畏(おそ)れ多くも,日本天皇は皇祖皇宗建国の大詔(たいしょう:天皇のみことのり,言葉)に明らかな
ように,養正(ようせい:正義),重暉(ちょうき:明智),積慶(せっけい:仁慈)を三綱(さんこう:儒教で言
う守るべき秩序)とする,八紘一宇(はっこういちう:天下をひとつの家のように)の文字によって表現さ
れる皇謨(こうぼ:天皇の計画)に基づき,地球上のあらゆる人類はその分に従い,その郷土において
その生を生まれながらに持たせ,それにより,恒久的平和の確立を唯一の念願となさったのに他なら
ず,これはかつては,
(続く)

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:55:30 ID:9nXVsNbH
とかおもってるおまえらも数ヶ月したら忘れてるんだろうな

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:57:22 ID:H6Oa43ax
>>441じゃあるまいし、忘れる訳が無いよ。

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:57:53 ID:CthPjuQZ
なにはともあれ、ゴールデングローブ賞、外国映画賞ノミネート、おめでとう
ございます!

444 :硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書:2006/12/15(金) 11:58:33 ID:80GojA01
その2
 四方の海皆はらからと思ふ世になど波風の立ちさわぐらむ(世界人類は皆兄弟なのに,どうして戦乱
などの波風が立ち騒ぐのか..早く収まってもらいたいものだ..:意訳)
という,明治天皇の御製(ぎょせい:天皇の詩,和歌.日露戦争中の御製)は貴方の叔父,「セオドア
 ルーズベルト」閣下が感嘆したものであるから,貴方もよく熟知しているのは事実でしょう。 

私たち日本人は,それぞれ階級を持っていて,また,各種の職業に従事するけれども,結局その職業
を通じてこの皇謨(こうぼ:天皇の計画),つまり天業(天皇の事業)の翼賛(よくさん.補佐すること)をし
ようとするのに他ならず,われら軍人は交戦を以って天業を広めることを承(うけたまわ)るに他ならな
い。 

われらは今,物量に頼った貴方の空軍の爆撃および,艦艇の射撃のもと,外形的に後へ退くもやむな
きに至っているけれども,精神的には,ついに豊かになり,心地ますます明朗になり,歓喜を抑えること
ができなくもある。この,天業翼賛(よくさん:補佐する)の信念が燃えるのは,日本国民共通の心理で
あるが,貴方や「チャーチル」君らの理解に苦しむところであろう。

いま,ここにあなた方の精神的な貧弱さを憐れみ,以下の一言を以って少しでも悔いることがあればよ
いと思う。

 あなた方のなすことを見れば,白人,特に「アングロサクソン」が世界の利益を独占しようとして,有色
人種をその野望の実現のための奴隷として扱おうということに他ならない。

このために,よこしまな政策をとり,有色人種を欺き,いわゆる悪意の善政を行うことで彼らを喪心無力
化しようとしている。近世に至って,日本があなた方の野望に抗して,有色人種,特に東洋民族をあな
た方の束縛より解放しようと試みたところ,あなた方は少しも日本の真意を理解しようと努めることなく,
ただ,あなた方に対する有害な存在となし,かつて友邦とみなしていたにもかかわらず,仇敵(きゅうて
き:カタキ)野蛮人だとして,公然として日本人種の絶滅を叫ぶに至った。これは決して神意にかなうも
のではないだろう。
(続く)
http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:00:22 ID:BC/xKCEi
もう一回観に行くぞ!と意気込んでいたのだが

あまりに重くてすぐに行こうとは思わん・・・もうちょっと時間置いてから行こうと思う。

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:00:33 ID:QGvk88xX
相川翔ってほんもののへたれだな
この前テレビをみてたら、自分の家でインタビューを受けてて
カメラマンに絶対家は映していないな?壁も映してないな?
って真剣に聞いてるの。自分の家を晒されて困るなら自分の家で
やらなきゃいいのに。こいつはカッコばかりつけてるが本物のへたれだぞ。
こんなやつに東映の映画には出てほしくないな


447 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:00:42 ID:F35o/C6R
他にどんな俳優がオーディション受けたか
わかる方いませんか?

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:02:40 ID:3EBlRqS5
>>441
忘れてもいいんだよ
一度知った事、考えた事は忘れてもまた思い出せるだろ?

知らない事、知ろうとしない事の方が忘れる事より罪だよ

449 :硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書:2006/12/15(金) 12:03:42 ID:80GojA01
その3
 大東亜戦争(太平洋戦争)によって,いわゆる大東亜共栄圏が成立して,所在する各民族はわれら
の善政を謳歌(おうか)しているから,あなた方がこれを破壊することが無ければ,全世界にわたる恒
久的平和の招来は決して遠くは無いだろう。 

あなた方はすでに成した,十分な繁栄にも満足することはなく,数百年来にわたるあなた方の搾取から
免れようとするこれらの憐れむべき人類の希望の芽を,どうして若葉のうちに摘み取ろうとするのか。

ただ,東洋のものを東洋に返すにすぎないではないか。あなた方はどうしてこのように貪欲で狭量(きょ
うりょう:心が狭い)なのか。

 大東亜共栄圏の存在はすこしもあなた方の存在を脅威するものではない。

かえって,世界平和の一翼として世界人類の安寧(あんねい:平穏無事なこと)幸福を保障するもので
あって,日本天皇の真意は,まったくこれに他ならない。

このことを理解する雅量(がりょう,人のうつわ)があることを希望してやまないものである。 翻(ひるが
え)って,欧州の事情を観察すると,また相互無理解に基づく人類闘争が,いかに悲惨であるかを痛感
し嘆かざるをえない。

今,「ヒットラー」総統の行動の是非を云々(うんぬん)するのは慎むが,彼の第二次世界大戦開戦の
原因が,第一次世界大戦の終結に際して,その開戦の責任の一切を敗戦国ドイツに帰し,その正当な
存在を極度に圧迫しようとしたあなた方の処置に対する反発に他ならないということは,看過できない。
4(終)に続く
http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry


450 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:04:55 ID:wlRh9p+q
昔、硫黄島の漫画があって
泣きながら読んだことをおもいだす
ようやくここまで来たな

451 :硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書:2006/12/15(金) 12:05:59 ID:80GojA01
その4(終)
あなた方の善戦によって,力を尽くして「ヒットラー」総統を倒すことができても,どうやって「スターリン」
を首領とする「ソビエトロシア」と協調するのか。 大体において,世界を強者が独専しようとすれば,永
久に闘争を繰り返し,ついに世界人類に安寧(あんねい:平穏無事なこと)幸福の日はないだろう。 

あなた方は今,世界制覇の野望が一応,まさに実現しようとしている。あなた方は得意げに思っている
に違いない。しかし,君らの先輩「ウィルソン」大統領は,その得意の絶頂において失脚した。願わくば,
私の言外の意を汲んで,その轍を踏む無かれ。

市丸海軍少将



http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry



452 :417:2006/12/15(金) 12:08:51 ID:wYdRzwrs
(ID変わってるかもですが)
>>428>>430>>433>>437さん
やはりそうですか。
まだ上映している所を何とか探してみます。
どうもありがとです。

余談ながら、亡くなった祖父の話ですが
バロン西と面識がありまして、本当に素晴らしい人だったと語ってたそうな。
直接祖父から話が聞けないのが残念。。。><

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:11:03 ID:6zeoscXo
>>450
ジャンプに掲載された「風と踊れ! 時代を疾走ぬけた男・バロン西」だと思う
冒頭、靖国での慰霊祭ではじまり、西のアメリカ時代とウラヌス号とのきずなをメインに描いた漫画だった
西の死後一週間後、後を追うようにウラヌス号も死んだのだったっていうラストに泣いたけど、コミックス発売されてないみたいだね

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:13:01 ID:ZAENHrWu
>>445
俺も。
「父親〜」は3日連続で観に行ったのだが、今回はちょっと…。
途中でちょっと胃に込み上げるものがあってキツかった(特に自決シーン)。
2ちゃんねるで散々グロ画像見てきたから耐性あるのだが…激しくつらかった。
でももっと日々を大切に生きなきゃな…と思ったよ。

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:15:15 ID:BC/xKCEi
>>454
今の平和な(まあ最近微妙にきな臭いが)日本に生きてることをもっと感謝しないといけない、ってな文句は
昔から飽きるほど聞かされてきたけど、理屈でわかってはいてもピンとこなかった。
でもこの映画はそれを実感させてくれた気がするよ。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:15:46 ID:FB9UXiYS
>あなた方の善戦によって,力を尽くして「ヒットラー」総統を
>倒すことができても,どうやって「スターリン」
>を首領とする「ソビエトロシア」と協調するのか。
>大体において,世界を強者が独専しようとすれば,永久に闘争を
>繰り返し,ついに世界人類に安寧(あんねい:平穏無事なこと)
>幸福の日はないだろう。


賢明きわまる。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:17:50 ID:ndApWHkb
バロン西伝説はアメリカ人が作った物でしょ。嬉しいけど。

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:19:38 ID:RZ8Nzh4M
>>122 
何年か前の正月ぐらいにNHkでやってた三谷脚本の
コメディに出てた謙さん。

怪しい温泉宿の怪しい主人の役。これまた怪しい女房と楽しそうに働いてる、
背の高いテンションの高い怪しすぎる主人。
客に「露天風呂に鹿が出ます」
とだまして、飼い犬に手作りの角くっつけてけしかけたり
めっちゃ面白かった。

459 :458:2006/12/15(金) 12:21:21 ID:RZ8Nzh4M
ラスサムのあとぐらいだから3年ほど前かな

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:23:00 ID:0UgHyeOo
市丸さんって
戦争当時にしかも日本にいながら
これだけ当時の世界情勢を正確に把握分析してたって
凄い人だな。

戦後に結果論からあーだこーだ言うのは簡単だろうが
戦争の真っ最中だろ、この手紙。

まあ手紙の内容自体は多少偏ってはいるが。

自決シーンはグロいとは思わなかったがあの小隊長(パンチ佐藤)の
死に際の顔が完全に頭に張り付いて離れない。

461 :硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書:2006/12/15(金) 12:24:08 ID:4j9KHq1b
父が先の大戦に赴いています。遺品によるとルソン西北ヴィガン南方
20海浬にて、機体・身体に何発もの弾丸を受け自爆した友、その他
何人も同期の最後を看取り(名前あり)、激戦を確認している旨記録があります。
位置的に、これが硫黄島に繋がるマリアナ沖海戦だと思われるのですが。
飛行機とパイロットの損失により硫黄島では航空機の出る幕はほとんど
なかったらしいのが悲しいです。


462 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:26:55 ID:wlRh9p+q
>>453
スマン
もっと昔の漫画なんだ
硫黄島の戦いそのものを
題材にした漫画なんだ

バロン西や兵卒たちの事が
描かれていた
水には本当に苦労したみたい

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:37:19 ID:J7E7kCMa
アメリカに住む者です。
436さん、こちらでは見られない貴重な番組をアップしてくださってどうも有難うございました。
今、涙を流しながら、見ています。

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:39:39 ID:f0iPeArE
>>439
よかったら手紙の内容をざっと教えて

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:40:51 ID:YWYBRe0l
オレは西中佐の副官・大久保?が敵前を突破するシーンで三八銃
がジャムって(おそらくは西郷以下、部下達を守るために)手榴
弾持って突撃するシーンに惚れた。

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:45:13 ID:MA+DjkHT
ごめん……。便所用バケツのシーンで、ちょっとだけ笑っちゃった。
だってあまりにも、スクリーン上に広がった、艦船の数が圧倒的なんだもん。
目前に大艦隊を見つつ、ウンコ片手に右往左往する西郷の姿が、
怖くて哀れで滑稽に見えてさ……。
なんかもう、よくわからない可笑しさを感じちゃってさ……。

この映画、自決シーンも、犬のエピソードも印象的だったけど、
自分にとってはあの、ウンコ捨てのシーンが、一番心に残った。
あんな怖い風景を見つつ、砲弾にヒイヒイ言いつつ、
マジメに必死にクソ容器を拾わんとする西郷の姿が、頭から離れない。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:45:21 ID:V4daC6Fi
反日勢力が如何に非合法・暴力行為の数々を働いてきたかの一端が分かる。
http://page.freett.com/hannnichi/nenpyou/kiseki.html
戦後から現在まで反日勢力が日本社会を蝕んできたのは、コイツらのシンパや
共感者、或いは極左ではないものの青春時に“反権力”“反国家”的な思想の
学生運動に身を置いて来た者が現在も多く社会の重要地位にいるからである。

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:50:19 ID:O+p/jZOU
本日のアボーンID
ID: 4hSvsPOR
ID: V4daC6Fi

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:57:32 ID:f0iPeArE
>>466
なんかあなたは映画を観るセンスがあると思う
生活感溢れるうんこバケツと大艦隊のスケールの比較は確かにおもしろい
でも自分はほかのことに気を取られてそっちの印象が薄かった

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:58:15 ID:AeuCwany
>>348
ありがとう、靖国行ってから、もう一回見に行きます。
>>431
感謝の気持ちを伝えに行きます。

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:58:18 ID:wh8Uqz3f
>>436
見れない。当方マックなんですが。。。。
どうしたら見れるの?

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:00:56 ID:Qb79AUS6
>>471
ウィンドウズXPいれると観れるよ

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:03:28 ID:x9sjJHK7
>>108
まじか!

誰か>>101のストリーミング保存して
ようつべうpしてけれ〜・・ いま会社だから
保存できねえ。

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:04:05 ID:rXgC+Poj
マックにXP・・・釣りだよねw

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:05:22 ID:s9EC+iGG
>>474
来年になればできるみたい
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0406/apple.htm

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:06:01 ID:+9enUcXT
>>474
ふつうに入れられますよ。

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:06:32 ID:BrrqQiRt
>>464
>>439じゃないけど、書いてみる。

「故郷も毎日緊張致して居る事と思ひます。
田畑で鍬や釜を兵器と御奮闘の様子が目に浮かびます。
どうか呉々も健康に留意されまして御互いに勝ち抜くまで頑張りませう。
詳細はお知らせすることが許されません」

「昭和二十年の新春を迎へ、益々元気で御奉公致して居ります故、御安心下さい。
多忙で近所に御無沙汰になって居ります。
呉々も宜敷御伝言下さい。便りを待って居ります」

1944年に硫黄島へ出征した陸軍曹長・押元英世さんって方の手紙らしい。
出征した翌年の2〜3月に、24歳で戦死されたそうだ。
当然、遺骨も遺品もなし。
弟さんが14通の葉書を大事に保管してたらしい。

478 :475:2006/12/15(金) 13:08:07 ID:s9EC+iGG
あ、今年2006だったw
もう出来るみたい。

479 :464:2006/12/15(金) 13:15:39 ID:f0iPeArE
>>477
ありがとう。
詳細はお知らせ出来ない、ってとこで泣きそうになった。

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:16:18 ID:HKTu/2Gc
>>466
艦内でうんこをしているときに爆弾が降ってくるとか、
便所でうんこをしているときに槍で襲われるとか、
兵隊がうんこをする穴を掘るシーンとか、

戦争映画や戦争小説の中にうんこの絡むシーンは結構あるよ。
うんこの問題は人間の生理の問題だから戦争中でもうんこは避けられないんだよね。
戦争のなまのリアリティを出すためにうんこを絡める作家や監督も多いんだろう。
うんこはインパクトがあるから筋よりもうんこの方が目に焼き付いてしまって、
君のようにうんこのことばかり印象に残る人もいるだろうね。うんこ



481 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:17:17 ID:J/zm4cqx
>471
>26の
ニュースアンカー青山氏硫黄島レポ
ttp://100.megaloda.org/uploda/www.megaloda.org0024.zip.html と、同じものです。
passは「iwo」 クイックタイムで見れるよ。

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:17:50 ID:t6RlsSIG
>>471
Windows Media Player 9.0 for MacかFlip4Macで見られるよ。
今確認したら両方で見れた。

>>474
IntelプロセッサのMacならBootCampでXPが使える。
Parallels Desktop for MacならMac OS XとWindows XPをデュアルブートも可能。

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:18:13 ID:YpSn6lzS
乗馬板
【西竹一】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1091632655

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:23:03 ID:4hMjaax0
>>466
もしかすると、あなたはこの映画で精神状態が極限に達していたのでは?
ペキンパーの『戦争のはらわた』で銃撃戦の最中、J・コバーンが
上官がかぶる帽子かメットが銃弾でふっ飛ばされるのを見て思わず爆笑
してしまうシーンがあった

あなたもそれと同じであったのではなかろうかw

485 :474:2006/12/15(金) 13:23:36 ID:rXgC+Poj
昔バーチャルPCとか使えないソフトがあったが
今は違うのか!実用性・・・

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:24:31 ID:LVoDz0lk

【動画】◆硫黄島で青山繁晴氏が号泣!滑走路下に未だ眠る魂◆【憂国】

http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv

★2006 12月13日 スーパーニュースアンカーより ★
■日本人の皆さん、少しお時間を下さい。お願いしますので見て下さい!
■平和を唱えているだけでは日本は良くならない!
■灼熱の硫黄島の地下壕で地獄の苦しみの中で亡くなられた英霊に申し訳ないと思わないのか?
■外国人(成りすまし日本人含む)に国を乗っ取られて好き放題に弄ばれて恥ずかしくないのか?
■青山繁晴氏が涙の現地取材! 硫黄島が語る真実。゚(゚´Д`゚)゜。



487 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:28:09 ID:x9sjJHK7
>>138
戦争や事故の原因が1つではないように、
映画が作られることの理由も1つじゃないんだね。
色んな偶然や情勢が重なり合って、1つの傑作が
生まれたのか。

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:30:43 ID:by5L6r4V
>>460
あれパンチ佐藤なの?

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:33:19 ID:EbpcaIBu
数人の米兵相手にスコップ振り回す西郷。あそこで初めて死を覚悟して闘ったのね。

490 :474:2006/12/15(金) 13:41:16 ID:rXgC+Poj
栗林中将もあれかなー
島の上を東京に向かって飛ぶB29の編隊を見たのかな?
音だけは聞こえたとか・・・ほんとたまらんね。


491 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:41:28 ID:qOKjJLdL
>>489
米兵の前に現れた時にフラフラだったから本能的な闘争心じゃないかと

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:45:44 ID:0UgHyeOo
>>489>>491
そもそもあれを”戦った”とは言わないだろう。

あの時の西郷は死を覚悟とか闘争心とかそういうレベルじゃないかと。


493 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:49:13 ID:hUoRfJ2C
栗林に埋めてくれって言われてたけど
その前にスコップもって登場したのは何してたの?

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:50:20 ID:1tdtpM93
>>493
手紙埋めてたじゃん
なぜ洞窟においてこなかったのかは大人なんだから突っ込まないこと

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:52:55 ID:8m7+GZCU
>>494
好意的に解釈すると司令部にももう武器が無かったって事なんだと思う。

496 :471:2006/12/15(金) 13:54:04 ID:wh8Uqz3f
今見てきました(泣

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:54:35 ID:hUoRfJ2C
>>494
はい。了解!
武器がないからせめてスコップ持って出てきたのかな?って思ったけど
本当はどうなんだろうと稚拙な自分の考え以外を聞いてみたかった。
黙ります

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:54:38 ID:x9sjJHK7
>>486
この特集はよかったし宣伝するのは悪くないんだけど
「号泣!」とか、「外国人(成りすまし日本人含む)に・・」とか、
さり気に自分の思想を押し付けるコピー入れるの、何とか
ならなかったんですか?

イーストウッドの映画が淡々としてるだけに、ものすごい
違和感と、嫌悪感を感じます。右翼には成りすましやくざが
多いとか知ってるけど、「憂国」とかそういう扇情的な
コピーをつかうのはやめれ!

ただ淡々と紹介するだけで伝わるんだから、やめれ!

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:54:51 ID:zLbLw8Er
>>493唯一の武器だよ

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:55:49 ID:MHI2skDZ
スレチすいません。

今出てる硫黄島関連の本で、これは良かった。
読むべきだって本がありましたら是非教えてください。

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:57:02 ID:W0w0vWog
>>497
>武器がないからせめてスコップ持って出てきたのかな
それであってるよ

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:57:28 ID:hUoRfJ2C
>>495>>499
ありがとう
そう考えるとあの表情がせつない。

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:58:31 ID:nBfz9zuc
二ノ宮インタビュー来ました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Mp8Y0ulv4QY
もし子供が出来ても硫黄島の事は教えたくもないし、この映画も見せたくないwwwwwwwwww



504 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:59:58 ID:QRXJqwpv
スコップはそんなに駄目な武器じゃない。
あたったときの破壊力が大きいからベテラン兵は塹壕戦になると
銃剣よりもスコップを好む場合も多かった。
まあ日露戦争とかWW1の話なんだが

>>500
散るぞ悲しき読めば?歴史雑誌だって今はなんでも硫黄島特集でしょ

来年までに萌え萌え硫黄島という同人誌かオタ軍事本がでるんじゃないか

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:00:07 ID:x9sjJHK7
>>492
あのソーンは、人間が尊厳を守るために
蜂起した一瞬の鮮烈さをよく捕らえてましたね。

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:00:16 ID:T6BDV96h
>>503
wwwwwwwwwwはいらんだろう。
悪意を感じるな。

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:01:23 ID:zLbLw8Er
二宮を何が何でも陥れたい童貞が今日も元気だなぁ。

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:03:45 ID:zJNcrHWW
>>480
俺の親父は、海軍特別年少兵。
通信兵として津市らへんに配属。
便所でウンコしている最中にグラマンに、
機銃掃射され、もうちょっとで死にかけたことがあると言ってた。

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:03:46 ID:x9sjJHK7
>>500
梯さんの「散るぞ悲しき」と、
http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/477401.html
中将直筆の絵手紙はどうでしょう。
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=4094026762

どちらもAmaoznで手軽に買えますよ。

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:04:56 ID:kBxbw5VO
>>473 始めの12分だけど
mms://wmscnn.stream.aol.com.edgestreams.net/cnn/bestoftv/2006/12/12/lkl.clint.eastwood.cnn.ws.wmv
GetASFsteamを使って↑を保存

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:05:26 ID:x9sjJHK7
>>480
もううんこから目が離せない。

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:05:48 ID:1tdtpM93
二宮インタビューひどいなw 日本語になってないよ
最後の 〜そういう切っ掛けになってくれれば
つながってねーよww

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:06:10 ID:XoPKYOsn
>>500
読むべきでは無いかもしれんけども、児島襄 将軍突撃せり
30くらい年前に初めて読んだ硫黄島関連の本なので

514 :474:2006/12/15(金) 14:06:24 ID:rXgC+Poj
>>503
は映画も見せたくないの意味が分からないwwwwwwwwww

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:06:26 ID:beGxWb82
主な玉砕戦

硫黄島と同様、日本を守るために散っていった人々のことを
忘れないで欲しい。まだこんなにあるよ・・・

1943年5月29日:アッツ島守備隊玉砕
1943年11月22日:ギルバート諸島マキン・タラワ守備隊玉砕
1944年2月5日:マーシャル諸島クェゼリン環礁守備隊玉砕
1944年2月23日:マーシャル諸島ブラウン環礁守備隊玉砕
1944年7月3日:ビアク島守備隊玉砕
1944年7月7日:サイパン島守備隊玉砕
1944年8月3日:テニアン島守備隊玉砕
1944年8月11日:グァム守備隊玉砕
1944年9月7日:拉孟守備隊玉砕
1944年9月13日:騰越守備隊玉砕
1944年9月19日:アンガウル島守備隊玉砕
1944年11月24日:ペリリュー島守備隊玉砕
1945年3月17日:硫黄島守備隊玉砕
1945年6月23日:沖縄守備隊玉砕(指揮官の自決により組織的戦闘終了)

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:07:10 ID:8m7+GZCU
西郷が後始末してる時に、司令部に居た全将兵が完全武装して
最後の突撃してるので自決用手榴弾とか携帯出来ない機関砲や榴弾砲とかしか
武器は残ってなかったんだろうね。

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:07:47 ID:x9sjJHK7
>>510
すみません、いまストリーミング系が観られる環境になく。
本当は自分でさくっと保存してようつべ等にうpしたいのですが
無念です。

かといってストリーミングが観れるところに行くまで待ってると
動画が更新されてしまって、保存の機会が永遠に失われる
かもしれません。

ですので、もし今ストリーミングを観れる環境にある人がいたら、
出来るだけ早いうちに保存してて欲しいなあと思ったのです。

518 :474:2006/12/15(金) 14:11:21 ID:rXgC+Poj
>>512
おまえの頭がつながってねーよww




519 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:15:08 ID:zLbLw8Er
>>518スルー攻撃開始

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:16:30 ID:W0w0vWog
>>500
人それぞれだから
>>6のなかから、自分にあいそうなのを選ぶとヨロシ


521 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:17:22 ID:cJlxXpLp
>>512
そりゃつながってないよ。
切り張りしてあるのがわかるじゃん。

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:18:00 ID:SLYxU1Gy
次の戦争では日本人は中国の核で瞬殺されるだろうから、あまり悩まなくてすむのかな。

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:18:25 ID:iSUjrXEV
実際シャベルは白兵戦では武器として使われたけど、
そんな精神状態じゃなかったろうし、フラフラで杖代わりとして持ってたんじゃないかと

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:20:29 ID:QRXJqwpv
>>523
うん、ごめんその通りだ。
ただまあシャベルだってその気になれば
楽に人を殺せるということを書いてみたかった

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:21:50 ID:tsCHudYV
>493
あなたは鋭い。この映画、冷静に見るとご都合主義が多いよ。
監督、あんまり真面目につめて作ってないと思うよ、残念ながら。

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:22:53 ID:zLbLw8Er
>>523それも思ったんだよね。だから、自分を支える=庇護る、唯一の武器?としてフラフラになった体で無意識に持っていたのかと勝手に解釈したよ

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:25:02 ID:W0w0vWog
元憲兵が降伏しようといて射殺されてるから、さすがに手ぶらじゃ不安だと思うぞ。

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:27:38 ID:ezCjmVCg
当時は武器のないのは竹やりをもって、
竹やりさえない人は木の棒をもって
最後の突撃したっていう事実がある・・・・

スコップあるだけまだマシなのかもしれない・・・・

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:27:44 ID:QRXJqwpv
日本軍は米軍が上陸してくるまでの長い期間を
灼熱とガスに苦しみながらひたすら穴を掘り続け
苦しさのあまりいっそ早く上陸してくれと願うほどだった。
最期に手にしたスコップは銃よりも手になじんだ道具だっただろう。

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:28:19 ID:FB9UXiYS
>>525
真面目に詰めて作らなくても、
ゴールデングローブ賞ってノミネートできるものなの?
じゃあ、真面目って価値はないんだね。役に立たないもの。

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:28:37 ID:1tdtpM93
彼はスコップフェチだったんだよ

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:29:17 ID:zJNcrHWW
>>500

米と日の全貌を俯瞰して知りたいのなら
硫黄島―太平洋戦争死闘記。
著者はアメリカ人だが、両方の視点からのドキュメンタリー。

「十七歳の硫黄島」文春新書は、海軍の人だけと、
一兵士の目線でこの時の戦いを自分の心の動きを交えつつ、
描いている。

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:32:07 ID:ezCjmVCg
>>441

ここに居る人たちは数ヵ月後にはDVDを買ってしまうのです。
そして事あるごとに見直してしまうのです。

もう逃げられません。

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:34:05 ID:QRXJqwpv
しかも発売直後に買ってしまった後で未収録映像を含めた特別版が出ると聞き
地獄の苦しみを味わうであろう

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:37:16 ID:qOKjJLdL
よし、じゃあ今週末、新宿の上映館の前でスコップとうんこバケツ
を映画グッズとして路上販売してみようかな

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:41:13 ID:tsCHudYV
鳥肌実の「ホップ、ステップ、玉砕」Tシャツも映画館で売れる。
俺だったら買う。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:41:58 ID:Yw+9MuqM
二宮発言を肯定しながら、やたら他人に攻撃的な奴がいるな
二宮にシンパシーを抱くながら、やってることは一つの結論しか許さない憲兵さんになってるのは哀しいこと

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:46:01 ID:pk84CA/G
昨日見てきたけどいまいちだった。
すり鉢山が落ちるまでは結構奮戦してたと思うし、すり鉢山が落ちてからもトンネル使った夜間の切り込みとか、
結構がっばってたと思うんだけど、なんか初日の攻撃で少しうまくいっただけで、後は・・・・

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:47:52 ID:+9enUcXT
>>538
それは映画がいまいちだったんじゃなく、
日本軍の活躍がいまいちだったってことでは???

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:51:19 ID:AVJ/SRi1
>>538
映画の出来とどう関係あるんだよ。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:52:35 ID:ezCjmVCg
つまりこの映画は最初から軍オタを満足させるために
作った映画ではないということであって。

断っておくが漏れも軍オタだ。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:52:41 ID:mnrgkG5u
これ戦争映画じゃなくて反戦映画でしょ?

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:52:46 ID:s9EC+iGG
>>538
それでも硫黄島が唯一日本人死傷者より、米軍死傷者数が上回った戦闘だってんだから
他の戦いがいかにやられっぱなしだったかってのがわかるよね。

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:53:18 ID:x9sjJHK7
>>534
やめろー 本当になりそうで怖い。
以前スターウォーズで塗炭の苦しみを味わったんだ。
もうあんなのは嫌だ!

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:53:57 ID:QRXJqwpv
軍オタなら映画見る前に常識として硫黄島戦史くらい知ってる
爽快感がほしいならランボーとかコマンドーお勧め

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:53:57 ID:ezCjmVCg
>>538

つかそれは星条旗のほうでしっかり出てるわけで。

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:54:22 ID:s9EC+iGG
>>542
戦争映画ってのは「戦争かっこいい!」「ばきゅんばきゅん!」「敵をさあ撃ち殺しましょう、みなさん!」って映画のことなの?
ここ50年くらいで作られてる大抵の戦争映画は反戦系だと思うんだけど。

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:54:30 ID:x9sjJHK7
>>538
父親たちの星条旗は観ましたか?

あっちも見て硫黄島もみて、それでも何も感じないなら、
それはその人の感性が違う方向を向いてると納得しますが、
どうも父親たちの星条旗を観ず硫黄島を語る人が多い気が
してならんのです。

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:55:25 ID:Ikce+eNP
手紙埋める→杖代わりにそのまま使う
スコップの扱いはまったく違和感なかったけど?
このスレはスコップを持ったことがない上流階級が多いですね

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:56:20 ID:FeNS4geo
>>543
映画でも、最初水際に塹壕を作ってたでしょ。
他の地域はあれをやって、即時全滅。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:57:05 ID:XUnUwV/S
見てきた。見に行く前はグロ情報があったから迷ってたんだけど、見てよかった。
私はサムのママからの手紙を読むシーンが一番いいと思った。
サムはママからの手紙を読みながら死んでいったんだね。
あと、卒塔婆みたいなのが突き立てられてる中を進みながら突撃しようとするシーンも、
最初「この板何?」と思ってたけど、お墓だ!とわかった瞬間、ぞくっときた。
ただ、あれがアメリカで通じるのか心配だ。
役者は二宮と松崎が特によかった。二宮は渡辺謙を食う程の演技だったと思う。
一点、残念だったのは、日米あわせて10万人の大兵力が展開した戦場には見え
なかったこと。

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:57:13 ID:s9EC+iGG
>>549
それは思う。
今の清潔好き、肉体労働嫌い、体力ない、頭でっかちの厭世家、な若者が
戦地で2日と持たないだろうなあ。(自分含めて)


553 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:58:37 ID:me6ULgO1
>体力ない、頭でっかちの厭世家、な若者

これは西郷そのものだな

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:59:42 ID:W0w0vWog
いや、どちらの映画も凄かったのは摺鉢山までで、あとは掃討戦みたいなのが
長々と続いたような印象をもったと思うぞ、観た人。
実際は、擂鉢山が落ちてからのほうがひどかったんだが…

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:00:06 ID:QRXJqwpv
パン屋なめんなヽ(`Д´)ノ

556 :474:2006/12/15(金) 15:00:08 ID:rXgC+Poj
>>549
そうそう、杖代わりじゃなくても本能的に手に何かを持っていると思う
ましてや外に敵が居るわけで・・・

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:03:37 ID:ezCjmVCg
>>551
>日米あわせて10万人の大兵力が
>展開した戦場には見えなかったこと。

それは視点が個人がメインだからではないかなと。

戦況報告すらまともに来ない司令部に孤立する栗林、
洞窟陣地で右往左往する西郷や西
待てど暮らせど自爆目的の戦車が来ない伊藤

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:04:07 ID:zJNcrHWW
反戦映画の反戦の定義ってなんだろね。

最近、よく考える。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:07:09 ID:x9sjJHK7
>>551
全然関係ないけどさ。
こんなこと言っちゃいけないって分かってるんだけどさ。
どうしても疑問があるんだけど・・






・・卒塔婆の漢字、1文字間違ってなかった?(|||T∀T)

なんて書いてあるかは忘れたんだけど、兵が平になって
たんだったかな?なんか卒塔婆の字を読んだら、ちょっと
変な意味になってた気が。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:10:16 ID:mnrgkG5u
>>547
反戦の皮被った戦争映画って多いような。
SPRとか絶対楽しんで作ってるよ。
血が沸き立つような戦闘シーンがあるのに
反戦映画って言われてもなーって感じかな。



561 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:12:09 ID:RU4x12r+
平価はごらんになられるのだろうか

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:14:57 ID:QRXJqwpv
むしろブラックホーク・ダウンやプライベート・ライアンこそ最良の反戦映画だと思うけどな。
日本は反戦=軍人は糞という固定観念で周回遅れのお涙頂戴ものを作ってばかりだ。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:15:10 ID:ezCjmVCg
>>561

宮内庁が決める事であって陛下に自由はありません。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:17:04 ID:x9sjJHK7
>>560
パールなんとかとかね。

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:20:14 ID:rXgC+Poj
パールライス

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:21:05 ID:ezCjmVCg
>>562

203高地とか連合艦隊とかは良い反戦映画に入るね。

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:21:15 ID:pk84CA/G
>>548

みたよ

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:21:27 ID:G648a3FY
正直、地獄の黙示録のワルキューレには痛いとこを衝かれた

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:21:32 ID:cqeIBwpN
今日2回目見てきた。
栗林閣下が副官に首を落とさせるように命じたところで、副官は米兵に射殺されるが栗林閣下が射殺されないのはなぜなんだろうね?

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:22:28 ID:ezCjmVCg
>>564

あれは恋愛映画。

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:22:56 ID:cqeIBwpN
硫黄島に関するDVDでオススメってどれかなぁ?

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:24:03 ID:rXgC+Poj
>>569
ヒント:無抵抗

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:24:11 ID:0UgHyeOo
1、岩と副官の死角で見えてない

2、死体にしか見えない

3、とりあえず仲間を呼びに行くのを優先した

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:25:18 ID:pk84CA/G
>>540
>>>538
>映画の出来とどう関係あるんだよ。

構成が悪いって言うこと。
栗林の作戦がうまくいったという期間がしばらくあったはず何だけど、それが感じられない。
2日目以降、ぼろぼろになっていくだけ。
栗林が評価される奮戦ぶりは?? ってこと


575 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:25:35 ID:ezCjmVCg
>>569

○ 射撃手が跪いている栗林を捕虜の米兵が
   切り殺されようとしてるのと勘違いした。

○ 瀕死の状態で撃つ必要がないと思った。

どっちかって感じ?

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:27:21 ID:QRXJqwpv
>>566
それは確かに。むしろ軍隊経験のない戦後世代が撮ったドラマのほうが酷いね。
アメリカは今でも軍事顧問にプロの軍人を雇って
役者をまず軍人としてトレーニングする。
まあハートマン軍曹みたいにそのまま映画に出ちゃうおちゃめさんもいるが

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:27:59 ID:ezCjmVCg
>>574

だからそれは貴殿の求めていたものであって
クリントの求めていたものではないってのが。

星条旗で日本軍が奮闘したのを描いてるのに
二部作である硫黄島のほうも同じ構成にしてどうすんの?

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:29:19 ID:rXgC+Poj
>>574
映画の作られた視点が違いますよ、
栗林の穴掘り作戦を撮った映画じゃない。

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:35:03 ID:xJxWto60
まあそうだけどーーーーー どんぱちがないから物足りないのよね
戦争が本能的に好きなワレラ人間としては・・クリントは爺さんだから
もう戦闘能力ないのかな・・・

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:41:24 ID:WVBcHrhU
根本的にこの映画を誤解してると思われ

どんぱち映画
穴掘り映画
勇壮な武勇胆

ここヘンを期待してる人は・・・

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:41:51 ID:pk84CA/G
>>577
>星条旗で日本軍が奮闘したのを描いてるのに
>二部作である硫黄島のほうも同じ構成にしてどうすんの?

星条旗で描かれてるのは米兵がやられるところで日本軍の奮闘じゃないだろ。
同じ構成?? 時系列フラッシュバックさせろってことじゃなくて、時系列は時系列で良いんだ。
ただ、米軍が上陸してからの状況の変化とか、時間経過とかをストーリーとリンクさせてほしいってことなんだ。


それと、栗林の合理性が効果を上げたってのは描かなくて良いのかな。
少なくとも、あれじゃ亜、栗林が正しかったのかどうかもわかんないんだわ。



582 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:43:37 ID:WVBcHrhU
栗林の戦術が正しかったとか凄かったとかを描いた映画でもないし・・・・

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:45:41 ID:s9EC+iGG
>>581
もしかすると、日本人は栗林や彼の戦闘を知っている
という前提で作られたのかな。

忠臣蔵とか三国志とか、あまりにも有名な話だと、「知ってる」ことを前提にアレンジされてたりするじゃん。
大まかな筋は知ってるから、あえてはしょって今回はここをクローズアップして掘り下げるぞ、みたいな。
だとしたら
アメリカ人が想定してたほど、日本人は太平洋戦争の知識がなかった、ってことは考えられんかな。

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:46:07 ID:xJxWto60
そんなことは10100も承知です。題名からして・の手紙なんですから。


585 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:46:22 ID:zruE/qLq
ID:Sy3BrzjI
おまえが二ノ宮を妄信的に好きなのは解かった。

しかし二ノ宮はもう少し謙虚に言葉を選ぶべき。
思慮が浅過ぎる。
普通の23歳はもっと大人。

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:46:27 ID:0UgHyeOo
映像は最近の戦争映画のクオリティ。
内容は一昔前に多かったドンパチメインでない内容。

このギャップがどーしてもモヤモヤを生むのでしょう。
勿体無い気がしちゃう。

これだけのビックタイトルで今時の映像クオリティで
ドンパチメインでない戦争映画はこれが初なのでは。

ましてや、日本軍をこれだけの映像で再現したのは邦画洋画含め本当に初。

いろいろ見たくなる欲望が沸くのはいたしかたないかと。
今後これを機にこのクオリティで日本軍を映像化する映画が出るか、と
言われりゃ望みはとんでもなく薄いしね。


587 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:46:59 ID:DH+wjJVS
栗林が米兵相手に奮闘することで、観客にカタルシスを与えてしまうのがダメなんだろうな。
イーストウッド的には。

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:49:25 ID:s9EC+iGG
>>586
「戦国自衛隊」とか(見てないけど相当ひどかったらしいじゃん)みたく
日本人が作るといろいろ大人の事情があって
なんだかなーなものしか作れない現状
アメリカさんにここまで「日本の戦争映画」にしてもらえたのは収穫だと思った。

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:53:36 ID:xJxWto60
わざとスカッとさせずに重い映画にしようと。
。ま、どんぱち部分はあきるけどもう少しスリルが欲しいな。
戦車に飛び込むシーンとかさ・・実際あったわけだし。


590 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:57:02 ID:xJxWto60
当時の日本人をまともに描きすぎだからリアルがないんだよね。
二宮もまるっきり現代人でリアリティがない。あんなやつは始めから
戦争行かないよ。仮病のふりして。地雷かかえたやつも結局
居眠りしてるなんてありえないだろ。

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:58:25 ID:0UgHyeOo
これはまた凄いのがきた

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:59:06 ID:8V1Ez4zG
(´・ω・`)=3

593 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:01:45 ID:rXgC+Poj
  _, ._
( ゚ Д゚)

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:04:49 ID:qOKjJLdL
最初の、中将が飛行基地に到着するシーン。あれだけでも感激物
だよね。南方の基地の感じが実感できる。惜しむらくは、もっと
一式陸攻とか日本軍機が駐機してればいいのだが。

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:06:06 ID:0DYBrK1M
こないだアメリカ人の感想を自動翻訳したらうんこバケツは
糞のポットと翻訳されたよw

青山氏の動画見てきた。
青山の力説はお前だって今回映画化されたから取り上げたんだろって
感じで嫌だったけど82歳の人の部下の水が飲みたいっていう実話は
かなり泣けた。
本当にこんな日本になってしまったなんて申し訳ないよね。

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:06:55 ID:BBKnLHBh
見てきたよ、イーストウッドのネオコン批判映画だね
アメリカで評価高いのはそういうことなんだな

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:09:00 ID:dPz2krbQ
墓穴掘ってんのかな?ってセリフ
あれは栗林の墓穴だったのだろうか

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:15:07 ID:dP5R1sBW
星条旗は全く観る気がしなくてスルーしてたが、手紙を観て観る気になった
今日が上映ラストとは…危なかった…

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:15:52 ID:1tdtpM93
パールハーバーよりもよかった

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:16:00 ID:+zcgwUs/
カジノロワイヤルの脚本てポールハギスだったんだ
これおもしろい?

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:17:29 ID:pk84CA/G
>583

知ってる前提、多分そうなのかもしれない。でも、そういうつくりって、できが荒く感じられちゃうんだ。
映画としては、星条旗が上だと思う。

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:17:48 ID:xJxWto60
星条旗のが俺は手紙より全然好きだな。
手紙はクリントが作ったドラマにすぎない。
わかるやつにはわかる。ほんとうのことはスルーするしかない。

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:18:05 ID:FeNS4geo
>>594

予算の都合とか、時間の都合とか、いろいろあったんじゃないのかな。

俺は、冒頭の「川口浩探検隊」風映画にならなくてよかったと思ったから、
ほっとしてて、そのあたりは気にならんかった。


604 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:18:56 ID:dP5R1sBW
俺の様に手紙観てやっと星条旗も観ようかと思う奴多いんじゃないか?
年内位星条旗も上映やってくれないかね

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:19:10 ID:QRXJqwpv
>>600
うむ、優しい孤児西郷がだんだんプロの非情さを学んでいくストーリー
敵に捕まって金玉責めにあったり
信じていた恋人に金を持ち逃げされるところなどが見所だ

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:20:49 ID:hUoRfJ2C
>>604

全く興味なかったけど見たくなったから今日レイトショー行って来る
そのうち追加でまた上映しそうだよね

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:22:50 ID:VZy1jVZW
>>600
おもしろいアクション映画。でもダニエル・クレイグの肉体に負うものであって、
クラッシュやミリオンダラー・ベイビーのハギスに較べると本にはキレはないかも。

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:29:12 ID:+zcgwUs/
>>607
なるほどね
ちょうど来週辺り映画行きたかったから見てみよーっと

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:32:09 ID:xJxWto60
しかし日本兵の前で鬼畜米英のサム・タケイチ、握手、ガッなんてありえないのでは・・
あれは作り過ぎですよね。自分が戦場にいたらアメリカ人=殺人鬼
にしか思えなくなってると思うのだが。バロンにしても戦う時はそうじゃ
ないかな。しかも負けてんだぞ。勝ってればその余裕もあると思うが。


610 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:34:22 ID:zruE/qLq
>>429
すまんけどどこで洗脳教育を受けたの?
個人的に小中高大と、一度も旧日本軍=残忍で野蛮な悪魔」というような
教育は受けた記憶がない。

記憶をなくしたのかな。

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:36:51 ID:0UgHyeOo
手紙の方は
シリアスとコントは紙一重みたいなやや作り過ぎ演出シーン結構あるからね。

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:38:03 ID:lISb4rUv
>>602
確かポール・ハギスは、ほぼ完成稿に台詞などの磨きをかけた
スクリプト・ドクター的役目を果たしただけと聞いたよ。

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:39:19 ID:dPz2krbQ
日本人=残忍で野蛮な悪魔


日本の隣の国だとこう教育されてるだろうなw


614 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:39:41 ID:W0w0vWog
>>610
>どこで洗脳教育を受けたの?
ひんと:民族学校

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:43:39 ID:0DYBrK1M
こちらもどうぞ〜

真の男◆クリント・イーストウッド総合スレPart6◆真の漢

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163588905/l50#tag470

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:44:16 ID:Ka+hmvkN
>>594
一式陸攻とか残ってたのか。

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:51:20 ID:1uKfkGSv
>>610
学校の教師からじゃないな。当時の旧日本軍人が出てくるTVドラマや
新聞やTVなどのニュース論調など、そして社会全体の空気など。
とにかく多くの場面で情報を発する人々の言葉の端々に「戦前の日本は悪だ」
という思想が見え隠れしていた。
今でもこれらは残っているが当時はそれ一色だったように記憶している。

学校では、授業ではなくて毎年全校生徒が体育館や公民館などに集められて
見せられる映画で特にそういった偏向的内容のものを多く見せられた。
もしかしたら教師たちはそういうものを子供たちに見せるのを
内心嫌がっていたのかもしれないと今になって思う。

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:53:36 ID:1uKfkGSv
>>614
俺はそのような学校に出入りしたことも無い。

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:55:25 ID:SLYxU1Gy
地域によるんじゃないの、三重みたいな日教組の強いとことか。
後、まじめな生徒で朝日新聞の読みすぎだったとか。

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:56:28 ID:RZ8Nzh4M
西郷が饅頭屋とか和菓子屋とかじゃなくて
パン屋ってとこが、アメさんにも入りやすく、親近感を抱かせるかも。



621 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:58:27 ID:QRXJqwpv
日本人もパン食ってたんだと驚くだろうな
アメリカで一番ありふれた食べ物をもってきたのは
敵を人間として捉えるという映画の目的に合致していて実にうまい

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:58:52 ID:wBWfpAKz
>>620
カステラはスポンジ・ケイクって訳すんだろうか。

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:02:31 ID:zLbLw8Er
ちょっと思い出せないんだけど、私はただのパン屋です、でしたっけ?大宮のって入りました?><映画観た時一番グッときた台詞

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:07:37 ID:W0w0vWog
>>617
そうかぁ?
サヨならば
戦前の指導者=悪
一般の兵隊=被害者
という図式で教え込むから、戦地で死んだ人達に畏敬の念はもっても、白眼視
するような事にはならんと思うが…

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:08:01 ID:Xvl/qINB
>>617
にしても、洗脳教育は言い過ぎでしょう。
あと、全国どこでも反戦映画を見ていたと思わないように。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:08:07 ID:EfthMQ/h
>>616
残ってるが。硫黄島にもあったはず。
硫黄島には銀河があったのでは?

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:11:40 ID:1uKfkGSv
若い世代はあの時代を知らないから何を話しても信じてもらえなさそうだな

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:14:11 ID:nA+Ap9j8
憲兵のシーンで一つ疑問に思ったんだが、日章旗って夜でも掲げるもんなのか?

普通、国旗を掲げるのは日中だよな。
夜や天気の悪い日はしまっておくもんだと思うんだが。

戦時下だから?

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:19:44 ID:QRXJqwpv
硫黄島に栗林中将が着任したのは昭和19年6月8日、
その直後の6月15日にアメリカの初めての空襲を受け
硫黄島の航空機は大損害を被っている。

着任したときは航空機があるはずだが
一週間後からはろくに出てこないはず、が正解。
でも映像として航空機を出してしまうと説明しなきゃいけなくなるから
削ったということもありうる。もちろん予算の関係もw

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:22:19 ID:1uKfkGSv
>>624>>625
書き忘れていた。
教師からは教わらなかったが、それはいつも近代史を駆け足でロクに教えられなかったからで、
当時の社会科の教科書や教材を見てみると、旧日本軍がいかに悪逆であったかが
執拗に書かれてある。今手元にあるので読んでみたら改めて驚いた。
洗脳を目的とした偏向教育は確かに存在したよ。
俺の世代以降の教科書がどうなのかは知らないけど。

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:23:17 ID:FeNS4geo
>>628 俺はあのシーンを悪夢の回想というイメージで見てた。

もともとはアメリカ人に、当時の日本人統治されていて、周囲の相互監視の目が厳しく、
他と違うことをすれば非国民で村八分、の雰囲気を端的に知らしめたかったので作ったんだと
思った。だから、細かいへんちくりんは気にしなかった。清水の当時の再現ではなく、ぼーっと回想
した脳内の風景。悪夢の風景。だから、細かいところで変なことがあっても気にならなかった。

もっとも、

冒頭の、馬の西と中将がアメリカンスタイルで握手して白い陶器の空皿で食事して、っていう
シーンはあちゃーっと思っちゃったけどね。最初の頃だからしょうがない。
2回目見たらまた違って感じるかも。
ただ、、、なんか、また見に行きたいような行きたくないような不思議な葛藤がある。

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:23:55 ID:SLYxU1Gy
>>624
サヨといってもいろいろだろ。
戦後のサヨは朝鮮成りすましに乗っ取られたんじゃないかな。

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:24:40 ID:pk84CA/G
>630

高校ですか?中学ですか? それと、いつ頃ですか?

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:24:56 ID:SLYxU1Gy
>>628
あれって、憲兵と特高の考証間違いみたいだね。
それは、残念。

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:26:26 ID:SLYxU1Gy
>>633
君しつこいな、地域によって、先生によって、そういう事はいくらでもあっただろ。

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:26:55 ID:9DJqNL58
西郷が、店から商品を持ってったとかブツクサ語っていたが、ありえんだろ。
店で売る食材が手に入らないというなら分かるが。

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:30:13 ID:1uKfkGSv
>>633
今、手元にあるものは中学のもので70年代〜80年代のもの。
小学や高校でもそういう教科書の記述はあったのだろうが
手元にあるものはこれね。ひどい書かれようです。
まぁ、たまたまうちの学校がこういうのを選んだからで
全国みんなこうじゃないだろと言われれば
全部を見たわけじゃないのでなんとも言えないけど。

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:31:31 ID:bUqrTg/+
>>636
また憲兵がどうとか言いそうな奴があらわれた。

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:31:45 ID:zruE/qLq
>>617
俺が行った学校では反戦映画は見せられたが「戦前の日本は悪だ」
という教えは幸いなかったな。
昨日も華麗にスルーされたが、家の爺ちゃんは役人だったにも関わらず
共産党員で、戦時中戦争反対を訴えていた。
コテコテの共産主義だった訳ではなく、周りが戦地に送られて行く中、
戦争の非合理さと、負ける戦争をする理不尽さを訴えていた。
ここの人には非国民と思われるのだろうが、形は違っても共に戦ったんだと思っている。
家に戦死した親戚は居ないが、出兵する兄様から
お前は文章でこの戦争の理不尽さを訴えろと言われたらしい。

映画の中でも「鬼畜米兵」と出てくるが、戦時中はまさに逆の洗脳教育が
国策として当然の事としてまかり通っていた訳で。
戦争の脅威から開放された当時の人々が戦争を憎んで
そういう時勢になったのもある意味では、仕方のないことにも感じる。
ただ、日本人は真面目で何事も極端に走りやすいから
我々の為に散ってくれた方々まで悪く言われる風潮があったなら
それは遺憾。
ただ、真実を見極める強い自主性さえあれば
洗脳など及ばない心は何時の世も持てると思う。

俺は戦争で亡くなった旧日本軍の方々を残酷な悪魔と感じたことは一度もない。
そういうのも赤と言われると辛いんだけど。










640 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:32:13 ID:J/zm4cqx
教科書もそうだし、日教組の偏った授業とか、何も報じないマスコミとか、
今じゃ信じられないぐらい「戦争した日本が悪い」って雰囲気だったよ。
北朝鮮が拉致していっても、日本海に入ってきても、何もせず見送るだけ。
日本国内じゃ朝鮮総連がやりたい放題。北方領土は取られたままだし。
それが20〜30年前の日本だよ。

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:33:15 ID:9DJqNL58
>>638
なんだか知らんが、おかしくないというなら解説してくれ。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:34:46 ID:IICSX0kn
今見て来た
アメリカ人が作ったというのが悔しい
また負けてしまったな

最後にシドウ市ね

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:37:20 ID:z4w9FjmD
>>642
それがしばらく時間が経つと「シドウ市ね」と思えなくなるんだな。
これが。

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:39:10 ID:Xvl/qINB
学校教育って、思った以上に地域差があるんだな。
いろいろ知りたい気もするが、スレ違いどころか、板違いだな。
ちなみにバロン西の話は、学校で教わったよ。

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:43:13 ID:4jiBgrwA
>>493
弾薬が尽き銃剣もボロボロになり、スコップを片手に突撃していった兵士の話を何かでみた。

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:46:07 ID:VgTH0L79
>>639
>映画の中でも「鬼畜米兵」と出てくるが、

それを言うなら鬼畜米英

まあ、香具師らがやった空襲での民間人虐殺を見れば鬼畜なのは理解できる。
つまり香具師らは日本人を軍人民間人問わず虐殺していた現実があった。

米兵は実は優しいってのは戦後のデマ。

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:46:42 ID:x9sjJHK7
>>600
映画ファンの姉が見てきたけど、面白かったって。

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:47:52 ID:x9sjJHK7
>>610
たまたまきっついアカ教師にあたったり、あとは
図書館に入り浸ってると、自然とそうなるんだよ。
図書館の蔵書は殆ど真っ赤っかだったし、本好きの
自分はイッパツ。

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:48:36 ID:IICSX0kn
体中蛆がわきながらも軍刀もってはいずってシャーマンに立ち向かっていったエピソードなかった

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:51:31 ID:GXd3AGS4
>>642
同意。
竹内はホントかわいそう
伊藤のことじゃないよ

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:52:43 ID:x9sjJHK7
>>639
あの当時共産党員だったら立派なアカじゃないですか。
まあ昔の左翼はまともだったけどね。

私は80年代生まれだけど、学校行ってテレビ見て生活
してると、どうしたって日本=悪のイメージが刷り込まれる
もんだったよ。

学校じゃ教師は君が代拒否だし、テレビつければ
政治家が歴史認識問題だったかで更迭されるし、ああいう
のはダメなんだな、って素直でアホな子だったから
思ってたよ。まあ自分がIQ低いのを学校のせいにするのは
良くないかもしれませんけど。。

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:54:03 ID:x9sjJHK7
>>643
同感。なんか伊藤のみっともなさに同情とか
シンパシーを覚えるようになった。自分があの場に
いたら何ができた?伊藤を馬鹿にできるか?って。

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:55:30 ID:G648a3FY
戦記もののアニメやマンガが流行ったり、
「群青」や「防人のうた」が街宣車のスピーカーから流れていたのを
知らない人が多いのだろうか

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:55:57 ID:VgTH0L79
>>651
>あの当時共産党員だったら立派なアカじゃないですか。
まあ昔の左翼はまともだったけどね。

それ戦後のプロパガンダ。
戦中戦後の共産党員の多くが朝鮮人。
ソ連のコミンテルン日本支部でデマやテロで日本国内を
弱体化させる役割をしていた。

戦後大陸に残った日本兵をシベリアに抑留させ
その見返りに100数億円の資金援助をしてもらったのが
日本共産党。

終戦後も朝鮮人使ってのテロ活動がかなり見苦しかった。



655 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:58:58 ID:rt9r6XiN
>>644
どこ?その教育を受けた地域って。

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:00:26 ID:tsCHudYV
ヤフームービーの「盛り上げっています!この映画のレビュー」
みたいなのに
「高校生の私は」
ってあるじゃない。
この手のことは妄想だとは自分でも分かってるんだけど、
どうしても業者くさく思えてならない。
あとタイトルが「中学生です」みたいなのもあったな。
あれも臭いと思った。

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:04:24 ID:/zVBUQee
手紙が2005年まで発見されなかったという事はそれを埋めた人物が生きて日本に帰れなかったという事?

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:04:56 ID:VgTH0L79
>>655
ちなみに俺は大学がサンジャポの朴一の母校。
朴一は大阪市立大学で教授を務めるとともに母校でも
講師として教鞭を取っていて「韓国経済論」を担当していた。
いつも北朝鮮の軍事パレードやマスゲームのビデオをよく見せられた。
あの頃は問題意識なく見ていた。なんのために、また何の説明を朴一が
していたのかはもう覚えていない。
覚えてるのといえば、従軍慰安婦のビデオを見せられて
感想文書かされたこと。
俺は、いまだに日本を批判している韓国人はいいとは言えないという感想文
を書いた覚えがある。
次の講義で学生の感想を紹介していたが、取り上げる感想文は
自虐的なものばかりで、俺の感想なて取り上げてもらえなったのは
覚えている。


659 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:05:39 ID:BJf/vMKV
ID: tsCHudYVはライバル映画関係者か?

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:06:08 ID:zruE/qLq
>>651
確かに当時は立派な共産党員だった。
でも時代はそれなりにそれも日本の為という志もがあったんだよ。

自分が>そういうのも赤と言われると辛いんだけど。
っていうのは決して戦争で亡くなった方達を悪く言ったりした訳でなく
戦争に理不尽さを感じてあくまで反体制として、あの当時共産党を支持しただけで
単に自由を愛し、戦後は党を離脱して静かに役人として国の為に働いた爺ちゃんや
その影響を受けた孫の自分まで一言でアカと一括されるのかなあと思うから
言ったのさ。

最近の日本全体の右よりな風潮はバランス的に自然な流れではあっても
多少違和感を覚えることがある。あえて言うと。

まあ思想っていうのは常に気分の問題だと思うけど。


661 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:08:24 ID:JuIQlhWP
京都の教員は右で
滋賀の教員は左
と聞いたことがある。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:09:40 ID:ZHaza2Sk
>>652
伊藤はたぶん兵学校出の、すごく真面目な青年将校だったんだろうね。
栗林に対して「陸士上がりは…」とすごくライバル心を燃やしていたし。
自分が教わったことが一番正しいと盲目的に信じていたので、たとえ召集兵であろうとも
軍人としてあるまじき行為が許せなかったのだと思う。
清水は犬を殺せずに左遷されたヘタレだが、伊藤はためらわずに殺すことで出世したタイプ。

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:10:50 ID:x9sjJHK7
今日のIDはID:tsCHudYVです。

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:11:04 ID:Xvl/qINB
>>655
神奈川の普通の公立だけど。
バロン西は、さすがに教科書じゃなかったかな。
たぶん先生の趣味で、お話の時間みたいな時に。
まあ、普通の偉人伝のひとつとして。

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:11:29 ID:W0w0vWog
>>657
そこは何度も突っ込まれてるが、まだ一度も合理的に説明されたレスをみた事が
ないなw

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:12:23 ID:rt9r6XiN
【政治】来年1月9日から「防衛省」、昇格関連法が成立
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166172840/


667 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:13:02 ID:x9sjJHK7
>>660
知ってるよ。反日のための左翼じゃなくて
皆のことを思っての左翼でしょ。その辺は誤解は
してないんで。方法が違っただけで目指してるものは
右も左も同じだったと思ってるよ。
っていうか右も左もどうでもいいわな。映画のスレだから。

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:20:01 ID:FB9UXiYS
映画の内容が内容だからしょうがないけど、
たまに気がついた人が号令かけて映画に話を戻そうな。

ところで賞レースはゴールデングローブのノミネート発表で
序盤の山場を越えたようだけど、この後はどんな日程になるんだろう?
誰か詳しい人いる?

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:21:24 ID:VgTH0L79
>>667
右翼の源流は頭山満。左翼の源流は植木枝盛
そして両者は無二の親友だった。
そしてどちらかが死ぬ直前、伊藤博文の政治批判を語り合っていたそうな。
で、この両者が共通して尊敬していたのが西郷隆盛。


ただね、第二次世界大戦前後の共産党は
ソ連の諜報機関ですよ。
コミンテルン日本支部。

兵本達吉が言うには戦前の共産党員
ってのは数百人って話だったが。

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:28:04 ID:cJlxXpLp
>>668
こんな感じ。
http://homepage3.nifty.com/filmplanet/oscar/schedule.htm

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:29:15 ID:ZHaza2Sk
>>665
二宮はショックで硫黄島で経験したことの記憶をすべて失ってしまった。
担架の上での空笑は彼の精神が崩壊したことの暗示。

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:30:44 ID:KDyfZcwB
>>671
エリア88思い出したw

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:31:07 ID:rY6FYMbI
この映画を見て、口だけ番長の伊藤って典型的な日本人の政治家や官僚体質を
表現できていて、今の日本の鏡として見てします。 結局、こういうタイプが
日本に帰国し、今の日本の政治家や官僚になり汚職をしまくっているタイプなんだろな〜
ってオーバーラップさせてしまった。 本当の武士道精神を持った日本人は
栗林のようにほとんど戦死して、その結果が今の日本って感じなんじゃないかと思う。
戦争によってすばらしい人材が戦死したことは大きな打撃だったと思うよ。

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:31:24 ID:ZHaza2Sk
>>671
二宮じゃなくて西郷だったorz

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:33:12 ID:TtmEFSTv
【動画】◆硫黄島で青山繁晴氏が号泣!滑走路下に未だ眠る魂◆【憂国】

http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv

★2006 12月13日 スーパーニュースアンカーより ★
■日本人の皆さん、少しお時間を下さい。お願いしますので見て下さい!
■平和を唱えているだけでは日本は良くならない!
■灼熱の硫黄島の地下壕で地獄の苦しみの中で亡くなられた英霊に申し訳ないと思わないのか?
■外国人(成りすまし日本人含む)に国を乗っ取られて好き放題に弄ばれて恥ずかしくないのか?
■青山繁晴氏が涙の現地取材! 硫黄島が語る真実。゚(゚´Д`゚)゜。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:39:05 ID:VgTH0L79
>>671
「転校生」のラストシーンに似たものがあるのかもな。
ちょっとしたことで男女の体が入れ替わってしまう。
そこから両者はどん底に落ちるんだが
ケンカをしながらも両者がわかりあい、
それぞれが男女入れ替わった人生を生きていこうと
決意し始める。
でも、一夫の家が横浜に転勤になって
別れ離れになる直前に
またひょんとしたことから両者は元の体に戻る。

ラストシーんは、一夫一家が
尾道から横浜に引っ越す場面。
一夫のトラックを追いかけながら見送った一美。

最後は後ろを振り帰れスキップをする。

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:40:35 ID:zJNcrHWW
1 名前:西独逸φ ★[] 投稿日:2006/12/15(金) 18:39:09 ID:???0
太平洋戦争の激戦地、硫黄島で戦った旧日本兵の遺品返還を進める佐賀県みやき町の特定非営利活動法人(NPO
法人)「戦没者を慰霊し平和を守る会」が、遺族を特定できずこれまで返還できていない日章旗や手袋、帽子などを公
開した。

いずれも日本兵と戦った元米兵らが保管していたもので、同会が2004年に入手。映画「硫黄島からの手紙」が話題と
なっており、関係者は「島への関心が遺族の特定につながってほしい」と期待する。

帽子には「白尾末弘」「佐世保軍需部」、手袋には「黒岩上ヒ」「横須賀軍需部」などと書かれている。日章旗には「波里」
「佐世保」のほか、同島に米軍が上陸したという「昭和二十年二月十九日」の日付が読み取れる。

沖縄戦で父親を失った同会の塩川正隆副理事長(62)は「どんなに小さなものでも故郷に戻すことができれば、戦没者
にも遺族にも喜んでもらえると思う」と話している。

ソース
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061215-130682.html

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:44:33 ID:KDyfZcwB
しかし自決のシーンは怖かった
たまたま上官が先に死んだから逃れられたけど、
自決だけは嫌だな

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:46:57 ID:WEot5/MC
>>675
関西在住だったから、おととい硫黄島の特集はテレビで観たよ。
本当に過酷な環境で戦ったんだなー、と。
しかも、遺体が処理されないまま、
その上に滑走路が作られて、今もそのまんまってひどすぎる。
映像流れた後、レポーターの人号泣しながら、
どうか遺骨を日本に持ち帰ってあげて下さい、とか言ってたな。

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:52:00 ID:pvSrynHO
さっき見てきた
なんなんだろな
このじわっとくるやるせなさは
涙だけが出てくる


681 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:54:24 ID:JpnbgC9x
週末なにか映画見に行こうと思うんだけど
この映画裕木奈江ちゃん出るみたいだけどけっこうエロいシーンとかありますか?
あとアクションシーンとか派手なほうがいいんだけど迫力あるかな〜
ショーシャンクの空にと比べるとどっちのほうが感動しますか?
NANA2とこれとどっち見ようか悩んでるんだよな〜


682 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:54:31 ID:k40owgo2
栗林中将の絵手紙のスライドショー作ってみた。
ttp://www.youtube.com/watch?v=jkrl9taG7_I

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:58:56 ID:/zVBUQee
最後やはり本物の手紙を流してほしかった

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:59:58 ID:KDyfZcwB
エンドロールで手紙ながれたらしばらく動けそうに無い

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:01:14 ID:2ELb7xCN
>>681
NANAを見に行ってらっしゃい

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:01:57 ID:cJlxXpLp
そういう「泣かせる演出」みたいのをことごとく避けてるからなあ。
そこが好きだけど。

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:02:52 ID:EENRTFga
都内で一番でかい映画館はどこだ?

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:03:07 ID:zruE/qLq
>>680
それでいいと思う。
誰でも身近に戦争体験者が居て当時の悲惨な状況とか
真実に触れられる訳じゃないから
真実を知らない世代には貴重だ。
哀しみを感じるだけでも感じないより遥にいいと思う。

この映画で少しでも日本の為に戦ってくれた方々に思いを馳せて、
感謝と冥福を祈ることができたら、我々にできることの少しは果たせると思う。

>>681
おまえはNANA2を観るべき。





689 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:03:36 ID:a/izFssg
>>1
【戦争】「どんなに小さなものでも故郷に戻すことができれば」 硫黄島に散った旧日本兵の遺品公開
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166175549/

太平洋戦争の激戦地、硫黄島で戦った旧日本兵の遺品返還を進める佐賀県みやき町の特定非営利活動法人(NPO
法人)「戦没者を慰霊し平和を守る会」が、遺族を特定できずこれまで返還できていない日章旗や手袋、帽子などを公
開した。

いずれも日本兵と戦った元米兵らが保管していたもので、同会が2004年に入手。映画「硫黄島からの手紙」が話題と
なっており、関係者は「島への関心が遺族の特定につながってほしい」と期待する。

帽子には「白尾末弘」「佐世保軍需部」、手袋には「黒岩上ヒ」「横須賀軍需部」などと書かれている。日章旗には「波里」
「佐世保」のほか、同島に米軍が上陸したという「昭和二十年二月十九日」の日付が読み取れる。

沖縄戦で父親を失った同会の塩川正隆副理事長(62)は「どんなに小さなものでも故郷に戻すことができれば、戦没者
にも遺族にも喜んでもらえると思う」と話している。

ソース
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061215-130682.html


690 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:03:40 ID:c9mY8RV4
>>682
GJ!

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:03:58 ID:/zVBUQee
散るぞ悲しきに少し掲載されてんだかそうとう来た。息子の写真に話しかけてるぞとうれしそうに書いてある手紙とか。

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:06:05 ID:16pRSPi2
三八式歩兵銃があんなに使いにくいとは知らなかった。
あれが全部AK47だったら勝てた。

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:07:53 ID:ePdVeOGF
>>692
もっと弾がなくなるのが早かったろうな。

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:09:19 ID:o0a/IhrO
AKでも負けてる。制空権も制海権も奪われてるから、いずれタマつきて自決

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:09:31 ID:Of4IB1s5
本日のID

ID:Sy3BrzjI
ID:zLbLw8Er
ID:rXgC+Poj
ID:xJxWto60

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:11:06 ID:sTp3XVAc
いやあ戦争はいかんねえ

さあ戦争の準備をしよう!

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:13:25 ID:sTp3XVAc
>>658

パクさんか
今も家の大学で
騒いでいるよ。北朝鮮は悪くないとね

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:14:29 ID:aq5XyF4D
何書いてんだ>>695は!?
むしろID: Of4IB1s5がアポーンだろ。

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:14:35 ID:ZHaza2Sk
>>692
故障はM1のほうが多かったと聞くぞ。
弾丸を無駄にせず、シンプルで壊れにくく、槍としても長尺のサンパチは
当時の日本軍にはベストマッチだった。

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:16:00 ID:3m56rtBv
時の流れとともに風化して忘れさられるだけの人達が、60年前に確かに硫黄島の地に存在していたことを
手紙だけで表現していたのが凄いね。


701 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:18:11 ID:IqwL3Jpt
The magnificent seventysomethings
http://arts.guardian.co.uk/filmandmusic/story/0,,1972059,00.html
At 76, Clint Eastwood has just made his two finest films.
And, says David Thomson, he's not alone: many directors are just
hitting their stride when they hit retirement age

Friday December 15, 2006
The Guardian

In my opinion, these two films - and they are as linked as The Godfather and
The Godfather Part II - are not just the films of this year but the best thing
Eastwood has ever done. I'll go further; while admiring him as a producer and
a personality, I have had a modest opinion of his directing until Million Dollar Baby,
a story that gathered meaning as it advanced. Eastwood has now reached a height.
He has developed as an artist. And here is my point: Clint is 76.

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:19:35 ID:3m56rtBv
>>683
それはきつすぎる。

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:21:44 ID:IqwL3Jpt
http://www.usatoday.com/life/movies/news/oscar-watch.htm

The Golden Globes news boosts the likelihood of Oscar best-picture
nominations for Babel, Letters from Iwo Jima and Little Miss Sunshine.

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:24:53 ID:pvSrynHO
結構、戦史読んでるほうだと思うけど遅延炸薬のように効いてくるな
絶対夢見そう・・・

硫黄島だけじゃない、ガダルカナル、ニューギニア、マキン・タラワ、アッツ、ぺリリュー
サイパン、沖縄、レイテ、満州、千島、ビルマ、支那・・・・
その他、輸送途中に沈められた将兵30万が太平洋に眠る



705 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:26:56 ID:AVJ/SRi1
>>703

これみると香港映画のリメイクがいちばんオスカーの可能性高いと分析されてるな。

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:27:00 ID:3m56rtBv
>>642
伊藤に最初からシンクロするものがあった。
勇猛に戦車を道連れになんていいながら
ぎりぎりのところで逃げるヘタレのところが自分そっくりだ

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:28:24 ID:AVJ/SRi1
>>705

あとクイーンとドリームガールも同列か。
バベルと手紙は若干厳しいか。

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:29:30 ID:o0a/IhrO
日本軍は軽機関銃が無かったのが痛かったな・・・
MPとかMGとかあるドイツ軍でさえ負けてんだけどな

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:32:08 ID:mQj01MiQ
天皇陛下にもみせたかった!

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:32:47 ID:pvSrynHO
ヒストリーchの「撃つためのデザイン」という銃器専門の番組で
主要国の銃器についてやってたけど
38式の評価がそんなに低くなくてビックリした


711 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:40:17 ID:ZHaza2Sk
>>708
軽機関銃は数は少ないけれど存在したよ。
なかったのは自動小銃。
歩兵全員がM1ガーランドを装備していた米軍には
怒涛の銃剣突撃も通用しなかったということ。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:44:31 ID:sRoOvtQx
>>711
百式短機関銃かな。

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:48:27 ID:GXd3AGS4
>>706
死ぬタイミングが無かったってのもあるんじゃない?

伊藤は戦車が来たら飛び込んでたと思うよ

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:50:02 ID:ZHaza2Sk
>>712
あれを硫黄島の全兵士が標準装備していれば…まあ妄想だけど。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:51:08 ID:KDyfZcwB
ずっと飛び込む決意はしてたけど、余りに放置なんで勝手に燃え尽きた感じだよね

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:52:56 ID:ZHaza2Sk
>>715
死にたい人が死に切れず、死にたくない人が死んでいく。
そういう不条理を描くために彼の存在が必要だったんだろうな。

717 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:53:00 ID:3RA5KF/F
>708
あのね、日本は貧乏だったの、いかに弾を安く作るか倹約するか
ばかり考えていた。
オタ板じゃないから詳しくは書かないけど、日本の兵器開発の本
(大抵図書館にあるよ)でも読んでみたら..........
そりゃあ苦労してるから。

それから大戦末期の日本て今の北朝鮮によく似てるよ。
天皇とジョンイルは当然違うんだけど、軍、兵、武器の運用や
地下トンネルの多用なんてきっと、硫黄島の戦いから学んでると思うよ。

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:53:21 ID:cJlxXpLp
>>715
テンション上がってるときにタイミングずらされちゃったからね。

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:53:49 ID:q8+h1jFZ
>>713
そうだろうね。
たまたまシドーがやったから揶揄する人が多くなったけど
こういうタイプが生き残るという世の中の典型的皮肉を
表現している役だと思う。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:58:59 ID:3RlNVA7x
弾ァ十分に作る工業生産力無いのに、銃だけアサルトライフルなんぞにしてどうする?

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:01:11 ID:5BubRTtV
戦車のことは忘れろ>指導

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:03:23 ID:GXd3AGS4
伊藤のシーンは無常感や戸惑いなどが感じられた。
ムキになって死にに行くことを青空の鳥を見て冷静に考えると馬鹿馬鹿しくなったのかな?

鳥は自由に飛んでいるのに自分は一体なにに捕われているんだろうってね

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:07:07 ID:dRJC4AtN
もはやこのスレは孤立したも同然だ。

毎日毎日同じヤシが同じことを書いて1日1スレ消費

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:08:48 ID:ZHaza2Sk
>>722
あれは実際に生き残った兵士の実話らしいね。
対戦車地雷を抱えて何日も飲まず食わずで待っているうちに
結局意識を失ってしまい米軍に保護されたとか。


725 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:11:15 ID:SIzhhjN8
>>723
それが仕事だからなw

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:12:06 ID:UJpWxjpa
日本人がキャスティングしたら西郷の役は吉岡秀隆だった希ガス。

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:14:39 ID:q8+h1jFZ
伊藤って当時の軍隊の、秩序やならわしを強く重んじるクソ真面目で融通がきかないタイプに見える。
ただ根は悪い奴じゃないと思うよ。
戦車に飛び込もうと決意したとき、部下を道連れにするのは止めたし。

生を選んだのはよかったって思ったよ。
あんな憎まれ役でも待っている家族がいる。
一人でも生き残ってほしいって気持ちで映画を観ていたから

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:15:47 ID:ZHaza2Sk
>>717
貧しくて力のない者がいかにして強大な敵に立ち向かうかという
手本を示したのが旧日本軍だったんだよね。
後のベトナムや現在の中東、北朝鮮などに我らの先祖の勇気と
叡智が与えた影響は大きい。

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:19:48 ID:W0w0vWog
シドー観ていてマッシュのバーンズ少佐を思い出したのは俺だけ?

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:21:32 ID:SIzhhjN8
>>727
おいおい、西郷の首を刎ねようとしていたろw
クソ真面目な軍人が上官の命令に背くかってのw

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:24:58 ID:ZHaza2Sk
>>726
山田孝之かもw

>>727
生きて祖国に帰った伊藤は一生を戦友たちの追悼と懺悔に捧げたんだろうな。
靖国神社の茶屋で「戦争は絶対にしてはいけない」と語る老いた旧軍人の姿が目に浮かぶ。

>>730
伊藤は海軍で栗林は陸軍。階級は上でも直属の上官ではない。

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:27:11 ID:SIzhhjN8
>>731
こまけえな。
じゃあ、総司令官の命令に背くかってのwこれでおk?

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:31:37 ID:ZHaza2Sk
>>732
栗林は必ずしもすべての将兵を掌握しきれてはいなかったってことだろ。
市丸はともかくとして、彼の方針に従わない士官は陸海軍を問わず多数いたことは
映画の中でも示唆されている。

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:31:45 ID:biTFbgHB
>>731
海軍陸戦隊の市丸少将が栗林中将の指揮下に入ってたから・・・・って、何回繰り返すのか・・・・・・

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:31:45 ID:t7dfUIT1
どうでもよくないんだけど座ったまま死んでた人ってどんな状況だったの?
爆弾破片が急所に刺さったん?
ていうか空襲なのに座ったまま逃げんかったん?

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:32:19 ID:YwVOQmi4
クソ真面目な軍人だからこそ、他の兵の目の前で、
腰抜け二等兵を手打ちにして士気を高める、いや、死期を高めるかw


737 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:32:37 ID:k40owgo2
>>732
こまけえなって、それが理解できなきゃ、何で伊藤が、階級が上のバロンに
逆らうことができるのかが、わかんないだろ。

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:35:23 ID:6zeoscXo
生還した兵隊さんがいたからこそ栗林中将の演説とかが伝わってるわけで
アッツ島のように守備隊全滅して生存者ゼロの玉砕地では永遠に失われてしまった逸話があったんだろうなあ

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:36:03 ID:8LJng8YY
うちの会社にいるけど、能力は無いんだけど偉く見せたいばかりに
ただ怒ったりけなしたりしてるだけの上司ってのもいるよ。
年功序列で上に行っちゃいましたみたいな感じで。

自分に人望が無い事も知ってるっぽい。

シドーの役どころってのは、それが極まったキャラじゃないか?

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:36:59 ID:GXd3AGS4
まぁ伊藤に一番当てはまる言葉は頑固だな

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:40:58 ID:q8+h1jFZ
>>730
「死んででもすり鉢山を死守せよ」のほうに重きを置いていたからだろう。
当時の習わしでは、守りきれなかったら自決を美徳とする教えが先にある。

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:44:30 ID:UJpWxjpa
>>740
それも言うなら「頑迷」だろう。このボキャ貧め!

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:44:46 ID:ZHaza2Sk
>>739
そんな器の小さい男だからこそ、自らの信念と誇りを守るために
地雷を抱いて男らしく潔く散ろうと考えた。
しかし神様はそれを許してはくれなかった。そういうものだ。

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:46:29 ID:txfyV1fR
そういえばシドーの役の人は死体がごろごろしてたところに戦車が通ると思ってたのか?
ちょっと不思議に思った。実際どうなのか分からんが

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:47:08 ID:KDyfZcwB
伊藤はいざ攻める側となると有能なタイプだと思うな
少なくとも突撃の先端にいて、士気は高まるんじゃね?
まあ篭城には一番向かないかもw

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:50:36 ID:GXd3AGS4
>>742
いや、頑固であってる

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:53:50 ID:QawA+HCR
戦後、栗林の妻の義井が「帰ってきたよ。」
と言って玄関に立っている夫の夢を見たというエピソードはやばいな。

次の日に硫黄島が日本に返還されたことを考えると尚のこと。

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:59:41 ID:QRXJqwpv
頑迷固陋を略して頑固だろ
つまんないことで陸軍と海軍みたいに喧嘩イクナイ

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:05:20 ID:k/coq4ni
指導の役柄は、「帰国後雄弁に戦争を語る者」として、

星条旗とシンクロさせてるんだけど、それすらも理解んないのか・・・

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:08:38 ID:OrRkJjPt
配給会社の皆さん本日も書き込みご苦労様です。


751 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:08:51 ID:6eUAfAnY
>>726
それはそれで良いものになった気はするが。

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:09:47 ID:cJlxXpLp
>>749
勝ち戦と負け戦は違うからなあ。
指導はもう抜け殻で語る元気も残ってない希ガス。

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:09:53 ID:C/r0u1MO
手榴弾での自決シーンが壮絶

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:10:31 ID:LVoDz0lk

【国士】◆硫黄島で青山繁晴氏が号泣!滑走路下に未だ眠る魂◆【憂国】

http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv

★2006 12月13日 スーパーニュースアンカーより ★
■日本人の皆さん、少しお時間を下さい。お願いしますので見て下さい!
■平和を唱えているだけでは日本は良くならない!
■灼熱の硫黄島の地下壕で地獄の苦しみの中で亡くなられた英霊に申し訳ないと思わないのか?
■外国人(成りすまし日本人含む)に国を乗っ取られて好き放題に弄ばれて恥ずかしくないのか?
■青山繁晴氏が涙の現地取材! 硫黄島が語る真実。゚(゚´Д`゚)゜。



755 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:11:17 ID:afnEuIsV
http://24hour.system.to/jitb/iwojima.htm
糞ゲー硫黄島

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:15:31 ID:DS4ynpmg
>>754
しばらくブームに便乗するヤツが出るんだろーな
やだやだ

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:15:51 ID:iSUjrXEV
>753
あの仲良かった奴が吹っ飛ぶシーン怖かったな。
やめやめやめ!って心の中で叫んだよ

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:18:11 ID:k/coq4ni
>>752
戦争を雄弁に語るぢぢぃの数じゃ、日本は米国に敗戦してないなぁ。

>>753
僅か100g少々の火薬であんなになると?
グロ映像避けるには、ああ表現するしかなかった。

しかしどいつもこいつも・・・若いと言うより、底が浅い。

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:20:14 ID:UfTmcm8I
でさ・・・
あの米兵捕虜の母親からの手紙

犬がいくつも穴掘ってフェンスを越えて鶏を震え上がらせている

って硫黄島のことを表してたんだよね?

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:21:01 ID:GXd3AGS4
>>753
野崎の表情はキタな。
わかってはいたがとうとう本当にこの時が来てしまった。
段々と現実を理解して涙を溜めていく流れはトラウマになった

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:21:18 ID:mnOxuwXf
獅堂の心情の変化ってこの当たりじゃないかな。

たしか、決死隊のように勇ましく出て行ったんだけど
その途中での日本兵との会話

獅堂「おい、指揮官はどこだ?」
日本兵「それが、よくわからんのです。」

ここで獅堂の表情に変化が現れたような気がする

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:22:49 ID:+q/PJDcR
>>749
俺は伊藤中尉は帰国後雄弁に戦争を語る者とは思えんな。
彼も誰にも語らずに一生を終えそうだ。
雄弁に語るのは激戦地に派兵されてない人じゃないだろうか。

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:22:54 ID:5+cltp3q


                         __
                        γo_⊥∩
                        /_」:::∀),'ノ
                        []━×┓
                         /|::::::|:::: |
                        (__)_)
                        ::::::::::::::::::::

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             「君の父さんは、命をかけて、君と、君の母さんを…
                        家族を守ったんだ。」

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


764 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:25:56 ID:5+cltp3q
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... .
              ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从 :........ . .::::::... .... .
             <                   >
    :::....::::::........ . <   おっぱい            >:::....::::::........ . .::::::... .... .
.... ..::::::::::::::::....:::::.....  <      ミサイル!!!!   >  :::....::::::........ . .::::::... .... .
             <                   >:::....::::::........ . .::::::... .... .
              Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒Y
               __ :::....::::::........ . .::::::... .... .
              γo_⊥       __
              /_」´Д`)     ⊥_oヽ        ('⌒;;:
              ヾ/ ・)・)|l     Σ(∀・|__ヽ      ('⌒;;:('⌒
从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM 从 MwM 从 MwMmwMwM 
                           |\
                     / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                     | やめなさい、みっともない!
                     \________

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:28:03 ID:k/coq4ni
>>762
硫黄島の生き残りはごく僅かだが、「雄弁」の数は「ごく僅か」ではない。
本作ではジャニと指導くらいしか生き残っていないわけだが。
然るにニノがのちに雄弁を語ったと主張されるのであれば、あとはもう何も申し上げることはない。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:28:33 ID:QNHWLnUe
Memorial to Baron Nishi

http://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI&mode=related&search=

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:31:41 ID:+q/PJDcR
>>765
二宮が雄弁に語るとは一言も言ってないけど?
もしかしてID: k/coq4niもアレか?!

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:33:09 ID:IE/aCg57
>>757
自分もあの仲の良かった兵士が自決する時
「西郷、止めてくれ! 西郷、止めてくれ!」って
心の中で叫んだ。

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:35:42 ID:k/coq4ni
>>767
アレでもコレでも何でもかまわんよ。

イーストウッド爺の主張とメッセージ性について話すのに何か問題があるのかな?

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:35:49 ID:KDyfZcwB
>>765
父親達の星条旗と違って、手紙の方は劇中に語り部いないと思うんだけど
あと、あの手榴弾九九式じゃね?

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:37:56 ID:GXd3AGS4
自決用の手榴弾って威力は弱いのかな?
普通破片が飛び散ると思うんだけど

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:38:13 ID:XFuL2rTd
>>763-764
www

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:38:37 ID:7CrqeChL
いつのまにか完全に『ネタバレ板』になってるな。w

>758
>僅か100g少々の火薬であんなになると?

ドイツ軍のだったら倍の火薬だからあんなもんじゃすまんな。

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:41:12 ID:k/coq4ni
>>770
すまない。 語り部が居ないと何が問題なのか飲み込めない。
映画という映像表現媒体には不可欠ではない・・・というより、ある方が少ないというしかない。

何々式なのか存じないが、現在まで至近距離でも人体を微塵に出来るような手榴弾はない。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:45:58 ID:7CrqeChL
>>770
あれは97式だよ。
99式は刻みがない。

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:46:09 ID:q8+h1jFZ
>>774
50歳以上の方ですか?

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:46:53 ID:t7dfUIT1
「予は常に諸子の先頭にあり」って予告編で何度も見たけど何て言ってるのか分からなかった。

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:47:29 ID:k/coq4ni
>>776
特別に教えてあげよう。 そう装うことにしておる。

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:47:29 ID:3RlNVA7x
おいら、.50calの弾(たぶんM82A)で掃討されるタリバン兵の映像みたから、
グロいのでもたいじょうV!

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:48:24 ID:3r1Fqa+y
戦友を守るために投げ込まれた手榴弾のうえに
自分の体を覆いかぶせたって本で読んだけど、
実話だとしたら、とんでもなくすさまじい話だな。
ちなみに、これは米軍の話ね。


781 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:49:08 ID:C/r0u1MO
自決シーンは映像的なのもそうだけど精神的にもキツいね
おいおい一人ずつやんのかよ、2人目以降キツいわーとか
俺いたら流れで自決してんだろなーとか思ってガクブル

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:49:13 ID:qn6RC/TQ
>>776
>>774は一見年配そうな文章使ってるけど、
「ジャニ」って言葉を使ってるから案外若いかもよ。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:49:19 ID:KDyfZcwB
>>774
あなたの言う、「雄弁」がいまいち良くわからないですよ。
あと手榴弾ですが、胸が開いて手足がもげる程度で、微塵にはなってなかった気が。

>>775
97式でしたか。刻み無かったように見えましたw

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:49:38 ID:2lnB4K5a
批判が結構多いが、
俺はやり方さえ間違えなければ
どんぶり食いは効果的な戦略になると思う。

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:52:29 ID:uTk6CxJt
こんなすごい映画でも、上映終了一ヶ月もしたら
誰も語らなくなる。
この映画があった事を思い出す人も少ないだろう。

空しいな。

786 :784:2006/12/15(金) 21:52:30 ID:2lnB4K5a
ギャー!誤爆!
もはやこれまで・・・

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン



787 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:52:48 ID:vU1XmxUH
>>784
何の話?

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:53:05 ID:k/coq4ni
>>783
「雄弁」はパパ星条旗で冒頭語られていたでしょう・・・
イーストウッド爺のメッセージの一部。
わたくしがここで初めて出したんじゃありませんよ、流用です。



789 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:53:08 ID:8m7+GZCU
1人位自決を強要している上官に手榴弾投げつけた奴居そうだよな

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:53:41 ID:JIuqo8IL
>>784
ああ、どんぶり食いな....ありゃひでぇ....


791 :784:2006/12/15(金) 21:55:49 ID:2lnB4K5a
>>787
何でもないんだ
忘れて・・・

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:56:53 ID:pzY3U3ci
>>783
俺もそう思う。
硫黄島の惨状は雄弁にじゃなくても語れるでしょう。
帰還した方の日記もあるし。
イーストウッドは別に「戦場を知らない者ほど戦争を語りたがる」役を
主要キャラの誰かに振り分けようとしたとも思えない。
遺体に関しては「父親たちの星条旗」にも出て来たけど、
>>783が言うように微塵にはなってなかったですよ。

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:58:52 ID:GRpo++1Z
ところで実際には、自決って強要されてしたものなの?
自決の強要って聞いたことないな。
戦陣訓はたしかにあるが…

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:59:03 ID:KDyfZcwB
>>788
すいませんでした。>>749で触れている、星条旗とのシンクロという意味での伊藤と西郷でしたか。
でも個人的に伊藤には雄弁であってほしくないんですよww

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:00:23 ID:GXd3AGS4
>>789
まぁ駄々こねたり逃げ出した奴はいるだろうな

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:02:28 ID:1QiM/lV+
Letters from Iwo Jima Movie Review
10 out of 10 Stars
By: Sheila Roberts
http://www.moviesonline.ca/movie_review_detail.php?id=4855

“Letters From Iwo Jima” is an unforgettable cinematic experience and
an impressive achievement.
The film is brilliantly directed, powerfully written and superbly acted.
This is one of the best films of the year. Let the countdown to Oscar begin.

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:02:55 ID:7CrqeChL
>780
>戦友を守るために投げ込まれた手榴弾のうえに
>自分の体を覆いかぶせたって本で読んだけど、

シンレッドラインのなかでもそのシーンあったな。
腰にぶらさげた手榴弾を取ろうとしてピンを抜いてしまった。


798 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:05:35 ID:cJlxXpLp
>>797
ピンを抜くだけでは発火しないんじゃなかったっけ。

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:06:00 ID:k/coq4ni
>>794
dでもございません。

終戦後、指導は語る(言い訳しなきゃ生き続けられないでしょう・・・)
ニノは寡黙(黙ってなきゃ生き続けられないでしょう・・・)

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:07:49 ID:GXd3AGS4
あんま関係ないけど野崎が西郷に「よせ!そこには赤痢という敵がいる!」

とか言うギャグシーンあった?
いや、なんかそう聞こえるシーンがあった気がするんだが気のせいかな?

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:10:02 ID:k/coq4ni
>>800
ジャニがウンコしにいくシーンですよね。
ギャグでもなんでもなく、それでジャニ友はお亡くなりになった訳ですが。

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:12:00 ID:uHILSO0n
最後のニヤリ場面は、西郷に悪魔が乗り移っていて、赤十字マークの場所は
現実ではないということでOKですか?

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:15:59 ID:rD7pTw2q
獅堂サン! モウ、アサデェスヨ、

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:16:42 ID:GXd3AGS4
>>801
やっぱあったか

言い回しがおもしろかったんだがたしかに笑い事じゃないな

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:18:40 ID:1v/B7xj3
>>59

何か序盤ののどかな雰囲気が続けばいいのになと思っている
自分がいたが、爆撃あたりからどんどん悲惨になっていって
見ていて苦しかったな。クリントの計算だろうけど。

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:21:42 ID:YhbFnZzL
>>780
自衛隊でもあったって聞いたな。
訓練中に隊員がピンを誤って抜いてしまい、上官が覆い被さって周りの隊員を守った話

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:22:51 ID:cJlxXpLp
ピンは安全装置なんで、誤って抜いてもまた差せばいいだけだと思ったけど。
映画でも、ピン抜いてからちゃんと起爆装置を押してたじゃん。

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:23:11 ID:uTk6CxJt
なんか「現実の硫黄島の状況はもっと悲惨だった」とか
たまに見るけど、この映画が伝えたい点、感じるべき点は
そんな事じゃないだろう。


809 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:25:26 ID:YhbFnZzL
>>807
ビックリした隊員が手榴弾から手を離しちゃったんじゃないかな?

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:29:09 ID:7CrqeChL
>798
アメの手榴弾はピンを抜いた時にクリップを握っていないと
発火してしまう。
日本のは旧式なのでピンを抜いた後、固いものに信管をあてないと
発火しない。
つまり腰から手榴弾を取ろうとしてピンを抜いてしまい、仲間が
そばにいたのでしかたなく寝そべった。
「あ〜!けつが吹っ飛んだ〜」と言いつつ死んだ。


811 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:30:51 ID:cJlxXpLp
>>810
なるほど。

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:33:31 ID:AVJ/SRi1
英語のレヴューみると完全に反戦映画って事で固定されてるな。

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:34:51 ID:q8+h1jFZ
なんでそんなに英語が読めるのか・・・orz

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:36:12 ID:uJTfRhPJ
なんか自分の解釈が全て正しいと思ってる厨房ばっかやな。


815 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:36:31 ID:2lnB4K5a
>>812
父親も手紙もアメリカ人にしてみれば
不愉快な描写が多いからねぇ・・・

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:37:16 ID:3K0JDA/m
分かる単語を拾い読みした後、完璧に分からなかった単語をいくつか、
infoseekあたりで辞書に放り込めば文意くらいは判明する。めげるな。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:41:45 ID:uTk6CxJt
確かにいい映画だったけど、
「天皇陛下バンザイ!」と「靖国であおう」だけはカットするか、
もっと適当な言葉に替えてほしかったな。

これじゃ子供に薦められない・・orz

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:42:38 ID:S9Nx3x4O
既出だろうけど。。。硫黄島と星条旗とどっちから見ればいいの?

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:43:02 ID:0lxxUkus
快進撃が続く「硫黄島」。米放送映画批評家協会賞にもノミネート


作品賞、外国語映画賞にノミネートされた「硫黄島からの手紙
 米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)は、
第12回米放送映画批評家協会賞のノミネートを発表した。
作品賞にノミネートされたのは、「バベル」「ディパーテッド」「クィーン」
「ユナイテッド93」などの10本で、主演男優賞部門ではレオナルド・ディカプリオが
「ディパーテッド」と「ブラッド・ダイヤモンド」でダブルノミネートされている。
また、現在賞レースでトップを走っている「硫黄島からの手紙」は、外国語映画賞
のみならず、作品賞にもノミネートという快挙を達成している。
ちなみに、米放送映画批評家協会とは、TVやラジオで活躍する批評家200名からなる組織で、
アメリカで最大の批評家協会として知られている。

・・・これって既出?


820 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:43:23 ID:cqeIBwpN
>>817
なぜその言葉がダメなんだ?

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:43:47 ID:KDyfZcwB
>>818
星条旗→硫黄島→星条旗が良いかと

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:44:42 ID:jW5cHIIX
>>817
実際に当時言われていた言葉なんだし、変に替えるのイクナイと思う。

823 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:45:04 ID:1QiM/lV+
http://translation.infoseek.co.jp/
翻訳

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:45:21 ID:pzY3U3ci
>>817
それが右翼的であっても実際に言った事は隠すべきじゃない。

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:45:28 ID:wvUzOOB6
>>817
本来あったものを「なかったこと」にして
奇麗事で覆い尽くして隠蔽してしまったら
反省もなにもあったもんじゃないじゃん。

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:45:45 ID:0tby+b7T
「靖国で会おう」は明らかに皮肉だよね。栗林や西はそんなことは言わなかった。

827 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:45:59 ID:q8+h1jFZ
>>818
絶対に星条旗から。

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:47:13 ID:q8+h1jFZ
>>817
事実を隠すことはいけない。
子供に当時の人たちはそうやって戦争を戦ったことを教えるのも親の役目。

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:47:46 ID:YwVOQmi4
>>817
なんで?包み隠さず事実を教え、その上で当時の天皇の役割、
戦後の役割をキチンと教える事が大切。

天皇は軍部に利用されたか・されないか。及び、天皇の戦争責任問題。
この事実を隠したままでは、冷静な判断・議論は出来ない。

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:49:20 ID:G648a3FY
>>817
「天皇陛下バンザイ!」の栗林の表情こそ見るべき

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:49:42 ID:DFrlp+Q4
>>812
クリント自身そういってた

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:50:25 ID:OrRkJjPt
捏造はいけませんな。西さんは「天皇陛下万歳」なんていわんとよ。

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:50:45 ID:6H5Eo79z
>>826
西男爵の部下は「来世で会おう!」って言ってたな。

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:51:48 ID:MtGaH+zF
>>817
事実を隠すなんて、天安門事件教えないシナじゃあるまいし。

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:52:01 ID:rt9r6XiN
>>817の人気に万歳!!

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:53:03 ID:5cQPRxN5
医療品は希少なので、一兵卒に使われることは稀であり、
赤痢にかかった者は、死を待つしかなかった

映画は、大きい影響力をもつ重要な文化であるといことを改めて認識したよ。
本来、政治的にも力を持つものだし。
この映画から日本映画界に新たな動きが起きて欲しいね。
自国について、映画を通して学べるのは嬉しいことだ。

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:53:22 ID:LQFdXxl1
謙さんの天皇陛下万歳が凄かった。
気迫というか殺気というか…
いわゆるマンセーでは全然なかったね。覚悟を決める儀式って感じで…


838 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:54:18 ID:S9Nx3x4O
>>821,827
サンクス、それじゃ星条旗から見るよ!

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:54:27 ID:kBxbw5VO
天皇陛下万歳のAA作って欲しいなぁ

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:55:41 ID:6p9jutmA
>>817
理解不能。
日本の歴史ですよ。それも61年前の戦争です。事実を見せれないって・・・それでも親なんですか?

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:58:09 ID:k9EKgguR
たまんないな、この言葉。

「諸君の今日まで捧げてきた偉功は決して消えるものではない。
いま日本は戦いに敗れたりといえども、日本国民は……諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に涙して黙祷を捧げる日がいつか来るであろう。
安んじて諸君は国に殉ずべし」



842 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:59:01 ID:q8+h1jFZ
幼いころ、首相が靖国神社参拝するとどうしてあんなに大騒ぎになるのか
理解できなかったけど、年齢重ねるとともにアジア諸国の感情を理解したし
どうして首相が意地でも参拝したがるのかもわかった。


843 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:02:59 ID:3K0JDA/m
>>817
あなたは決して非常識な人間ではないし、むしろごく普通の親だと思う。
しかし、まさにその言葉を、言葉だけを怖れる姿勢が、日本人を長い長い間真実から遠ざけた。
そこに挙がっているのは両方とも、間違いなく時代を象徴する言葉だ。
当時の思想の根幹であったし、多大なる悲劇を生んだ言葉でもあった。
でも、これまで決して受け入れられてこなかった、その言葉のもとにあった人びとが、
今の我々と何の変わりも無い一人の人間であったことを、
この映画は描き出している。

確かに今の世の中では天皇陛下万歳の方が非常識な言葉だよ。
正直私だって、今現在何のためらいもなく万歳と叫ぶ人間には胡散臭さを感じる。
事実として今の私らの生活に何のかかわりも無いもんな。
いくら家族のためだからって、死ぬに決まってる戦争のことなんて考えたくもない。
でも当時万歳と叫んだ人だって、そうだったに決まってるじゃないか。

今の自分と何の変わりもない、ごく普通の親であり社会人であった人びとが、
考えられないような思想の下で考えられないような人生を送るからこそ、
その事実には意味があるんじゃないの?

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:03:08 ID:0tby+b7T
ま、戦地でお亡くなりになった方々の魂は、ご親族のそばに帰られているのであって
靖国にはおられないということだ。

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:04:23 ID:0lxxUkus
>>842
色々言われてたが、いとこが特攻で死んでて親父が知覧の飛行場を誘致してて
「あぁ同期の桜」(?)だかって言う特攻隊の本を中学生時代から愛読書にしていた
小泉が、靖国参拝するのは当然の流れだったんだろうな・・・
この人は硫黄島も行ってるが、北方領土の無名戦士の墓にも行ってるし、ほとんどの
戦没者慰霊碑に行ってた気がする。

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:04:37 ID:6p9jutmA
この映画が去年公開されていたら、
首相の靖国参拝に関して誰も批判しない、出来ない思う。

それよりも早く天皇に参拝していただける靖国になって欲しい。
一番来ていただきたい人は首相じゃなくて天皇陛下だもんね。

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:06:09 ID:cqeIBwpN
>>842
アジア諸国ってどこの国だ?

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:06:36 ID:BckSAswV
ネタバレなので見てない人は注意を
>>410
同意というか、あのシーンでの謎が説けた。
栗林が首を斬らせようとして四つん這いになる時に腰のピストルが見えるんだけど(これも計算された演出だろう)、
この時「ピストルで自決すれば良いのに?」と誰もが思うだろう。
やはり、多くの兵士を死なせてしまった罪を償う為に、あえて自分に斬首という罰を与えたのだと思う。
結局、斬首は失敗に終わりピストルで自決することになるが、
この時西郷に自分の遺体を埋める事を命令するのだが、それは何故か?
もしも後で遺体が米軍に発見されて、それが栗林中将のものだと判ってしまったら、
彼は米軍の将校に友人が多いため、その遺体は丁重に扱われ、後に日本側に引き渡され、
結局は本土の墓に埋葬されることになるかもしれない。
栗林は自分一人だけがそうなる事に耐えられなかったに違いない。

つくづく、深いなあ・・・と思ってしまった。

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:07:46 ID:6p9jutmA
また夜中に次スレいきそうですよね。 一日一スレ消費は凄いです。さすが・・・

900番踏まれた方、次スレ立てお願いします。

850 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:09:01 ID:EKecl0yh
>>848
遺体を埋めさせたのは、司令官が死んだと分からせないようにするためでは?

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:10:13 ID:BC/xKCEi
>>837

あんなドスの効いた天皇陛下万歳は初めて聞いた。
なんかいろんな意味があそこから読み取れる気がする。

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:11:32 ID:oBqAnsV1
史実として栗林の遺体は発見されていないから、
そのための演出。
西郷の涙はジーンときた。

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:12:27 ID:0tby+b7T
>>848
あのシーンにもイーストウッドは見事に意地悪を仕込んでいるのだよな。
そのような「綺麗な」死に方を望む栗林に対して、斬首を頼んだ一番近い大切な部下を
無駄死にさせる仕打ちを与えている。あのシーンでの栗林というか渡辺の残念そうな
表情。あの時点で栗林は自分が根本のところで間違っていると悟ったはずだ。

イーストウッドは栗林に同情しているし敬意も持っているが、決して肯定はしていない。

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:12:51 ID:f6myjQGZ
>>850
俺もそう思ったが、あの状況下では今更司令官の生死はどうでもよさそうじゃないかな。



855 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:13:29 ID:QRXJqwpv
>>850
漏れも国内の士気を維持するために生死不明にこだわったのかとオモタ

天皇陛下万歳は国内の記録映像とかだと
てん↑〜のーへーかー    ばんざーい
見たいな感じでやってるが軍隊は違うのかな

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:14:31 ID:mV/dUUAa
>>780
日系人部隊の話だろ。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:15:16 ID:wYmlJ6O7
あのような状況にならないようにするにはどうすればいいのか、考え続けている。
事実が正しく伝えられ、自分も正しく伝えること。
レミングにならないこと。生きること。

遺骨を収集してちゃんと供養してさし上げたいと自分も思う。
硫黄島の隆起のニュースがタイミング良く流れ、収集は難しいと
暗に言われているように感じたが、これ操作なのかな。

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:16:18 ID:wvUzOOB6
>>854
実際は栗林が死んだ後もゲリラ戦は続いてたみたいだから
意図的に隠す理由は史実にはあったんだろうね

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:16:30 ID:c0rJPisX
この映画の上官は、戦場に出ようとした途端に負傷するのは何故だ。
栗林も西もほとんど戦っちゃいないじゃないか。

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:17:23 ID:NJhQw28x
他に埋葬の方法がないからだよ。
火葬はできないし、ほっとけば腐敗が進むだけ。
戦況を見極めた至極当然の判断だと。

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:17:34 ID:fi+KhcDd
自分住んでる所、スゲー
田舎なんだけど、
映画は結構いろんなの来るんだよね

日曜日に見に行ったんだけど、ロビーが凄く混んでて係員が、映画開始からかなり早い時刻で放送してた

「武士の一分をご覧の方は…」

そのせいで硫黄島が
開始ギリギリだったんだが
蓋を開けてビックリ!
混んでたのは硫黄島だった
凄く気分が良かった日曜の午後でした

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:18:50 ID:/zVBUQee
確かあの電報うった次の日には全滅の発表があったのでは?

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:19:38 ID:mV/dUUAa
>>850
諸子の先頭たらんとしたんだよ。一兵として

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:22:03 ID:zruE/qLq
>>851
自分は正直あのシーンはぞーっとしてしまった。
不謹慎かもしれないが非常に恐ろしかった。
死んでいった人達の無念さ、生への哀願が込もっていて
きつかった。

それだけによくぞ描いてくれたと思った。


865 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:23:59 ID:VROV3Mly
>>846

逆じゃないの?去年この映画が見れたら、天皇陛下万歳と
靖国が悲惨な現実をもたらし、 それを肯定するかのような小泉の
参拝は戦前の軍国主義の愚行の再現だと非難されたのでは。

まあ、富田メモみてもわかるとおり、天皇は靖国が嫌いだったから、
当分、皇室の参拝はないだろう。いや、未来永劫するべきじゃない。

ナベケンの万歳はかなりかっこ悪かったな、せむしで無理やりというかんじ。
米国を知り、理知的であったはずの栗林ですら狂気の振る舞いをする。
靖国とは邪悪な神社だ。オウム真理教とおなじだね。

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:24:45 ID:YwVOQmi4
うがった見方かもしれないけど、
「この島を守る一日には意味がある」は解るんだけど、
その分終戦は遠のくんだよね・・・結果論なんだけどさ。
深く考えると皮肉なセリフでもあるよ。
この事は栗林の斬首を命じられた部下が撃たれた事実と底流では繋がっている気がする。

敗色濃厚の時、何処で白旗揚げるか?一日戦が続けばそれだけ戦死者も増える。
さらに考えると、原爆も1発目投下された時点で日本はギブ出来なかったのか・・・とか。

重ね重ね言うが、皮肉な結果を嘆いているのであって、
天皇・栗林批判ではありません。
この映画を見た事により、色々考えている過程ですのであしからず。

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:24:59 ID:KDyfZcwB
無理すんなwwww

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:26:03 ID:BC/xKCEi
www

ところで、栗林のアメリカ人の友人たちって、彼が硫黄島で玉砕したことについて何かコメントとか残してないのかな。
あと、硫黄島での合同慰霊祭の様子が見てみたいんだけどようつべにはなさそう。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:26:35 ID:pvSrynHO
平日昼間だけど年寄りに混じって結構若い人もいたね
8・15の靖国思い出した


870 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:27:00 ID:cqeIBwpN
>>865
富田メモは信憑性低いんだが?

871 :868:2006/12/15(金) 23:27:03 ID:BC/xKCEi
あ、「玉砕」って表現は間違ってるな。
「散った」ってことにしといて。

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:27:23 ID:QRXJqwpv
>>866
終戦が遠のくのはクリリンのせいじゃないだろ
硫黄島が落ちれば次は東京大空襲と本土決戦なのに
軍人としてあっさり降伏して自分たちが助かって民間人を見殺しにできるのか
まあ分かって書いてるとは思うけどさ

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:27:41 ID:pvSrynHO
>865
死ね
朝鮮人


874 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:27:59 ID:KDyfZcwB
荒れるからやーめーてー

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:28:43 ID:pvSrynHO
盧武鉉大統領 (03年6月の訪日時TBSのテレビ番組で) 

「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で
貢献して欲しい」
「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。
日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない」
「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに
韓国人を名乗り、日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。
つまりは、いいとこどりではないか。私たちが苦しい思いをしていた頃、
僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。
僑胞は僑胞だ。韓国人ではない。」

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:29:55 ID:nm1pLJ1v
捕虜になった米兵の母からの手紙
清水は同じ文面で母から手紙が届き
そして死んだ
正直に生きるのは難しいのだな

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:30:39 ID:/zVBUQee
あーあ。また荒れるよ。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:30:46 ID:nJYSJOhz
星条旗を観たときは、姿の見えない日本人がちょっと不気味で怖いくらいに見えた。
擂鉢山のあとからのほうが大変だったって言ってたし、日本人すごいな、強かったんだな…と。

そして手紙を観たら、米軍の攻撃が始まる前からもう明らかに負けそうな、なんというか、
とても米軍をあれだけ苦しめた人たちには見えなかった。

上下関係の厳しさとか、西郷みたいなただのパン屋が駆り出されたり、国民の暮らしぶりだとかも、
わかってはいたつもりだけど、本当に同じ時代なのかと思うくらいアメリカと日本の差を感じて、
なんかそれが印象的だった。

圧倒的な差を知っていながら粘り強く戦って、最後には自決した栗林中将を思うと本当に
胸が苦しくなる。
栗林の自決から、西郷のスコップ、ばら撒かれる手紙まで、ずっと涙が止まらなかった。

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:31:39 ID:BC/xKCEi
>>876
清水の辿った運命は皮肉としか言いようがない。

鬼畜米英!→あいつらも人間なんだな。投降しよう→その米兵に無抵抗なところを撃たれる。

残酷すぎ・・・。

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:31:45 ID:c1/gPL66





         荒 れ て ま い り ま し た






881 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:31:46 ID:sLs/mQ2A
>>866
ジェネラル・栗林の気持ちはよくわかる。
つまり、一応本土だった硫黄島で善戦し、アメリカ兵に多大な損害を与えると
日本に対しチャーチルが進言した「名誉ある敗北」とか日本に少しでも有利な
講和につながると考えたのだろう。
実際、アメリカは日本の勇敢な戦いに敬意を持ち、戦後の復興に力を注いだ。

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:32:43 ID:qJ+bvrr/
深いな、この映画。
一回見ただけじゃ、全部は理解できない。
年内にあと2回は行ってくる。

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:33:14 ID:Z9BJU6Ca
司令官が死んだら、その事実はすぐに相手のプロパガンダにされる
味方の士気も落ちるし、相手は安心する
これは三国志時代からそうだよ
一日でも硫黄島での戦争を長引かせるためには
将校が戦死したという事実は伏せなければならない

実際に栗林は自分が中将だとばれないように襟章などをはずして戦った

884 :関東人:2006/12/15(金) 23:33:27 ID:zBFrquOy
硫黄島にクワガタムシって居るんだな
誰が本土に持ち込んだんだ?
http://www.bidders.co.jp/dap/sv/paa1?l=al&d=/item/79548225


885 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:33:28 ID:kBxbw5VO
アンチはこちら
「硫黄島からの手紙」は日本人を美化しすぎ!
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165829638/l50

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:33:42 ID:GjxVIA/i
アメリカが戦争をふっかけなければ
日米双方の若者が死ぬことはなかった。
アメリカ人自身、アメリカ先住民虐殺やメキシコ侵略やハワイ併合や
フィリッピン侵略の歴史から何を学んできたのだろう?

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:33:46 ID:16pRSPi2
靖国参拝とか分祀とかが話題になってた時期に新しく別の追悼施設を作れば?って話があったけど作るとしたら硫黄島に決定だな

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:34:18 ID:wvUzOOB6
星条旗のほうは
「どうせアメリカが正義は我に有り!な力こそ正義映画なんでしょ」
とたかをくくって見に行かなかった。
が、猛烈に後悔している。
近所の映画館が上映期間を延ばしたみたいだから来週の水曜にいくべ。

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:35:40 ID:BC/xKCEi
それにしても『星条旗』上映期間短くね?
やっぱ動員数少なかったからなのかな。

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:37:05 ID:mnOxuwXf
>>888
つーか
イーストウッドが撮るって段階で
そのような映画にならないことぐらい想定できただろう

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:37:54 ID:6p9jutmA
>865
富田メモはほんとかどうかわかりませんが、
皇室の方は毎年参拝に行かれてますよ? そんなこともご存知ない?

それに天皇が靖国を嫌いなわけがないのに決め付けるのはよくないですよ。



・・・あっ、お国が違うお方ですね。知らなくても当然です、失礼しました。

892 :888:2006/12/15(金) 23:38:31 ID:wvUzOOB6
>>890
イーストウッド”主演”映画はみたことあるけど
”監督”作品は見たことなかったんだよー。
どうしても「ダーティーハリーのおっさん」っていうイメージが強かったんで
あまり興味を持っていなかったのですわ。

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:38:42 ID:16pRSPi2
もうこれは星条旗を再上映するしかないな。
一度放映したフィルムなりデータなりってどこに行くの?

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:39:49 ID:/zVBUQee
星条旗は公開日からガラカラだったから安心して手紙見にいったら完売にっててびびった。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:39:51 ID:pvSrynHO
たしかに悲惨で哀しい出来事だけど
その結果植民地だったアジア諸国が独立できたからよかったじゃないか
いろいろな指導者が、日本の行為を評価する言葉を残してるし
ムンバイのチャンドラ・ボースの銅像には脇に日本兵が守ってる
栗林閣下の戦術はボー・グエン・ザップ将軍に受け継がれ米軍に勝利した
ベトナム勝利の影には旧日本軍の元将兵がいたんだし


896 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:39:56 ID:DFrlp+Q4
いくら自説に近くてもこの映画見て、〜すべきみたいな政治的主張を言説を聞いてしまうと
なんだかなとおもってしまう

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:41:43 ID:GjxVIA/i
ホーチミンが「自由と独立ほど尊いものはない」と言っていたから、
日本はそんな尊いことをしたわけだ。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:42:53 ID:AVJ/SRi1
そのベトナムも中国に急接近してるからね。

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:45:28 ID:0lxxUkus
>>887
ちょww一般人がお参りできないww
下手したら不発弾で参拝者も吹っ飛ぶ・・・

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:49:33 ID:WEot5/MC
しかし、オーディションの話が来たまま、
加瀬が西郷役やってたら、もっと淡々としてただろうな。
今となっては二宮が西郷役でよかったし、
加瀬が清水で良かったと思えるけど。

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:49:52 ID:v0JSDQOc
今現在透明アボーンのレスが144だ。
映画にかこつけてスレ違いの偏った持論を展開奴らウザ過ぎ。

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:50:39 ID:2SDAnBv7
なぜ戦時中の日本が描かれる映画は、特攻、原爆、ひめゆり、大和など、自虐的な
内容が多いだろうか.たまには、いけいけで日本軍が満州や南京など勝ち進んで
行き、国民、マスコミ、政府が戦勝ムードが描かれている映画も見てみたい。
すべて歴史の事実だから。


903 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:51:09 ID:uJTfRhPJ
>>892
わかる。イーストウッドといえばダーティハリーと山田康夫だよな。
とはいえ、ダーティーハリー4も実は本人が監督してるんだよな。知らんかった。

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:51:36 ID:3RlNVA7x
>>865 :名無シネマ@上映中 :2006/12/15(金) 23:23:59 ID:VROV3Mly
>>>>846
>>逆じゃないの?去年この映画が見れたら、天皇陛下万歳と
>>靖国が悲惨な現実をもたらし、 それを肯定するかのような小泉の
>>参拝は戦前の軍国主義の愚行の再現だと非難されたのでは。


こいつアホか?小泉は嫌いだけど、捏造はもっと嫌いだ。
彼は、戦陣訓を出した東条や他戦犯の為にお参りしてないって公言してるじゃん。
「心ならずも戦争に駆り出され、命を落とされた・・・」って。

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:52:15 ID:DDT1t+ct
>>903
康雄。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:52:56 ID:nm1pLJ1v
日本人の精神を後世につないでくれた戦だな

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:52:59 ID:AVJ/SRi1
>>902

南京はハリウッドで作れらますからー 残念!

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:54:01 ID:6p9jutmA
>900
スレ立てお願いします。

出来れば>1に、
「次スレは>900踏まれた方が立てて下さい」の文句入れていただけますか?
ホストはじかれたら言ってください。

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:57:47 ID:M2w8ANwz
観てきた。
感情のコントロールが出来ず、言葉になんかならないよ。
映画館を出たあと、いつもの当たり前の風景が嘘みたいで…
普通なら逆に思うのにな。
ここは日本か?の渡辺と二宮はもう最高だな。表情なにあれ。

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:57:58 ID:pvSrynHO
>902
戦時中の戦意発揚映画も意外とイケイケじゃないからな
しょうがいないんじゃね?


911 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:59:55 ID:UZW4cS99
>>892
お気持ちお察しします。

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 23:59:58 ID:WEot5/MC
>>908
早速立てようと思ったらはじかれますたorz

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:00:31 ID:5+cltp3q
>>813
ヒント:エキサイト

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:00:33 ID:YhbFnZzL
栗林中将自決のあとの西郷の涙までのタイミング神杉
あれは本当の涙なのか?

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:01:39 ID:SRYWbncn
んじゃ立てましょうか?
このスレ立てたのも実はワシ。

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:02:31 ID:rYuuQrIW
>>915
お願いします。

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:03:31 ID:svfBzilk
IMDbの絶賛レビューを訳してみた。
だいぶ怪しい訳だから、得意な人が直すといい。

http://www.imdb.com/title/tt0498380/#comment
Oscar Alert 2006: ''Letters From Iwo Jima'', 9 December 2006
Author: agentmatheus from Brazil

たった今帰ってきたところなんだけど、まだ映画館にいるみたいに感じる。
爆発音がまだ聞こえる。えらくややこしい日本語がまだ聞こえる。
戦争の苦痛の音がまだ聞こえる。
どれほど「硫黄島からの手紙」が強力かってことだ。

10月にクリント・イーストウッドが「父親たちの星条旗」を公開して、
今年の勝者だと言われてた。でも、ひどく失望した。
このジャンルに何も新しい見所は無くて、使い古した戦争ドラマだった。
イーストウッドには失望したと認めないといけない。
だけど、イーストウッドはジャケットにもう一枚カードを隠していた。

「硫黄島からの手紙」は欠点のないアートシアター戦争ドラマだ。
イーストウッドがこれまでに撮った全てと違う、強力な怪物みたいな映画だ。

物語は基本的に「父親たちの星条旗」の日本視点。
「父親たちの星条旗」はアメリカ人の栄光や、英雄として迎えられる退役軍人、
全体的に勝利の色合いを見せるシーンがたくさんある。
しかし、「硫黄島」は全く違う。日本人に栄光はなく、あるのは痛みだけ。
退役軍人は、家に帰らなかったから英雄として迎えられもしない。
勝利の色合いはなく、あるのは巨大な敗北の雲。
「硫黄島」は白黒フィルムと似て暗く、今年一番悲しい映画だ。

918 :915:2006/12/16(土) 00:03:41 ID:wvUzOOB6
了解〜

テンプレ長いので
時間かかりますが…しばしお待ちあれー

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:04:22 ID:PO346iFM
祖先のしてきたことを忘れて
洗脳されているのが逆に現代の俺達という皮肉だな。
日本人でいたいよ・・・
物質的に恵まれているのって、何か違うような気がするんだよな・・・


920 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:06:07 ID:SRYWbncn
と思ったらダブったーーーーーーorz

削除依頼出してきます。

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:06:08 ID:YnCeP+JT
>>917のIMDb続き

ケン・ワタナベはジェネラル・Tadamishi Kuribayachi(とかそんな感じの)として目立ってる。
どうして彼が最も才能ある日本人俳優であるかを示して、
オスカーノミネートに値するかってことを証明してる。
カズナリ・ニノミヤも賞賛に値する。
彼が演じる、パン屋から兵士になった西郷は本当に痛ましい。
怯え、不安におののく男だけれど、娘に会いに家へ帰るという、
一つの夢と一つの十分な希望を持っていた。

イーストウッドの演出も大いに賞賛に値する。
自分がこう言うのは厳しいんだが、オスカー監督賞を
スコセッシから取りあげる人がいるなら、それはイーストウッドだろう。
「硫黄島」が「ディパーテッド」よりいいとは言わない。
でもイーストウッドはとても才能があるし恵まれているのだから、
この映画で彼をノミネートしないのは愚かだ。
静かな映画で、別の話の中で物語り、長い間心に残るだろう。
イーストウッドはまた「トラ!トラ!トラ!」をやった。
一方で弱みを見せ、別の一方で完璧だと証明した。

たぶん「硫黄島」は21世紀最良の戦争映画だ。
イーストウッドは、何十年にもわたって超えられることなく生き残る作品を作った。
アートシアター傑作「硫黄島」により多くの人の知るところとなるだろう。
2006年は映画制作にとって重大な年だったと。

おしまい。

922 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:06:33 ID:QonclSeh
ぶっちゃけ映画で出てきたいかにも戦場っぽい人が隠れれる谷間のような場所は硫黄島
にないようにおもうんだけどなあ
硫黄島のドキュメントみてると地下壕以外は平坦な島という印象

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:09:36 ID:AfzCqbu0
アメリカ軍・硫黄島レポートより

硫黄島で捕虜になった日本兵は、これまで見てきた日本兵とは違っていた。
彼らは身長が高く頑丈で、おそらく本土防衛の精鋭と思われる。

924 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:09:51 ID:XCnaiBFl
>920
どんまいですよ!

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:09:59 ID:ljobrLmN
ブラジルは日系移民も多くて
妙に幻想もっちゃってる武士道精神の老人の子孫がいたりするから
その感想文も褒めすぎてて日系人だったりしないかとチョトオモタ

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:12:33 ID:7G0IjcsV
ブラジルでももうやってるんだね
やけにベタぼめだな

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:14:48 ID:2dp5amp/
>あるのは巨大な敗北の雲

これだな
あのどんよりとした世界は


928 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:16:13 ID:SRYWbncn
ID:WEot5/MCさーん。
テンプレ貼らないですか?
代わりに貼りましょうか?

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:17:04 ID:/0llf12f
>>921
にのも褒められてるわぁ

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:19:10 ID:JoPW/ri3
砲撃音が重低音で体に響くから緊張しちゃって疲れたorz
面白かったけどさ

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:21:33 ID:2Fo+mmcz
ちょっとズレた話だけど…。
ドラマの視聴率って機械がないと自分は参加できないけど
映画動員数ってのは確実に自分も参加できると思うと嬉しいよ
クリントさんに直接ありがとうとの言葉は届かないけど
自分が行った事でちょっと伝えられた気持ちがして嬉しい。
自己満足だけど映画館に足を運ぶことでこんな風に思えたのは初めてだった。
出演者全員にもありがとうと本当に思ったよ。もう少ししたらもう一回観たい。

932 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:22:43 ID:3OPfUzIu
>917
乙。ありがとう、面白かった。両作品の比較部分近い感想だな。
星条旗のほうが本も上手くまとまっていたし絵の完成度も高かったけど
制作者の語りたい意図が強すぎたのとテーマに新鮮味がない感じで
硫黄島のような訳のわからない感情が沸くことはなかったから。

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:23:56 ID:xDaUzApT
>>926
ブラジル人が、ブラジルで見るとは限らない。

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:27:30 ID:SLlg/G0S
今観て来た。
チケット買うとき隣のレジでカップルの男の方が、
彼女に言われて硫黄島キャンセルして海猿に変えてたんだけど、
バカなことしたなーアイツ、と今思ってる。

今年観た映画では多分トップクラスのクオリティだったと思う。
まだ、自分の中で整理できてない部分もあるんで、
機会があればもう一度脚を運びたいと思った。

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:27:48 ID:e4A1XRw6
僕は投降して殺される加瀬亮のところが忘れられない。
遺体を発見して泣く泣く加瀬の顔に布を掛けてあげる二宮の顔も。
すごく陰惨だけど優れた映画だと思った。
この映画は後世まで残るよ、きっと。

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:32:24 ID:BRo+3QLU
>>935
加瀬の顔に千人針かけるのは、二宮のアドリブ芝居だよ。

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:34:13 ID:k0xtAQHT
>>917
http://www.imdb.com/title/tt0498380/releaseinfo

ブラジルは来年公開だぞ。

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:34:28 ID:ThRS9MKq
>>936
kwsk
kwsk
kwsk

       ☆ チン        マチクタビレタ〜
                     マチクタビレタ〜
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヽ ___\(\・∀・)< kwsk!kwsk!
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   |  愛媛みかん   .|/


939 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:34:29 ID:hqZnPJmC
まじすか?!
ニノすごい!!!

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:37:10 ID:v4LJp/35
ニノすごい!!!!!!!!

ニノすごい!!!!!!!!!!!!

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:37:48 ID:wwOHq+3I
>>936
アドリブというか、二宮が案を出して
イーストウッドに採用されたんじゃなかったか。

今回は他にも役者の意見をどんどん取り入れたらしいね。

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:38:08 ID:w6tRj5on
二宮のアドリブは、泣いてるかせに自分の帽子かぶせるシーンじゃなかった?
千人針はその前のシーンからのつながりがあるから、脚本に書いてあったんじゃね?

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:39:32 ID:SP5L55L/
今更だけどテンプレに役者のアドリブシーンや
何回も質問で出てるようなことを追加したらどうか?

【例】役者考案シーン
・栗林の最期(渡辺)
・千人針を清水に返す(二宮)
・爆風でやられたバロン西の両目(伊原)
・清水に帽子を被せてやる(二宮)

みたいな。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:40:33 ID:QYnj3ahx
>>936
らしいね。
あとアメリカ兵の母親からの手紙を見たあと「一緒に投降してくれ」と言った加瀬の頭に帽子を被せてポンポンと叩いたのもアドリブらしい

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:40:38 ID:ThRS9MKq
ファインディング・ニノ やるじゃん。

首が埋まってるけどな。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:41:06 ID:X2KL0uUU
西の最期で目にコンタクト入れた演技とか、
栗林の拳銃での自決とか、俳優から出た案を
良いものは取り入れていったイーストウッド監督。
その懐の深さが、この映画の質を高めたということだろう。

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:41:16 ID:fhoVjjJG
結局ハリウッドなんて幻想ってことね。
日本の役者や日本の選手がアメリカ行っても普通に、それ以上に通用するように。


948 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:42:06 ID:2Fo+mmcz
自分は
清水が自分で腹に巻くところが一番最初に泣いた所だった。


949 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:42:21 ID:XCnaiBFl
次スレです。

【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166195106/

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:42:53 ID:ljobrLmN
スポーツの記録と違って文化はそれぞれの好みもあるからどうだろうなあ

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:44:37 ID:ThRS9MKq
>>947
それは断じて違う。
非常に厳しくストイックな世界。
クリント御大は自分がB級映画の俳優からスタートして
苦労したから役者の気持ちがよく解かっていて優しいんだ。

リハなしの早撮りもそれが原因。

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:46:19 ID:7G0IjcsV
>>943
これを見ると胸に来るシーンとか
役者が考えてやってるんだね
結構やるもんだな

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:51:00 ID:X2KL0uUU
次スレ、2つ立っちゃってるけど、
時間が早い方が本スレでいいのかな?
両方にどんどんテンプレが貼られてるんですけど…

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:51:10 ID:QYnj3ahx
アメリカ兵で思い出したけどアメリカ兵の母親からの手紙を西が読んでるとき一人ずつ立ち上がるのは冷めたなぁ。
表情で語ることもできただろうに。

でもそれ以外は欠点の付けどころが無い完璧な映画。
やっぱすごいわ

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:52:15 ID:a6wXcRso
タニダ大尉は西郷と清水がまだ残っているうちに自決したけど、
実際は部隊長は部下がすべて自決したのを見届けてから
自決したりしたんだろうか?。

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:53:00 ID:FMSZ3G/M
最初の5分(西郷が上官にからまれるとこまで)を見逃してしまったので誰か内容を教えてくだされば嬉しいです。

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:53:30 ID:SRYWbncn
>>953
後から立ったほうは削除依頼提出済みです。

先に立ったほうは、立てた人が「はじかれた」と勘違いして放置されているようなので
今テンプレ貼り中。

958 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:53:54 ID:2I7mXKNv
これ音楽サントラ出てんの?

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:54:17 ID:XCnaiBFl
すみません、重複しているようでした。
こちらが次スレです。

【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/



※こちらは削除依頼されているようなので放置して下さい。

【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166195106/

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:55:40 ID:2dNNccn6
正直言って、音楽だけはどうにもならないと思う
クオリティが低い

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:56:02 ID:fhoVjjJG
>>956
最後のシーンはおぼえてるか? 現代の人間が手紙を掘り返すシーン。
あれが最初。現在の硫黄島がうつしだされ、洞窟の中で手紙が掘り返される。
シャベルでザックザックしている間に、1945年の硫黄島、二宮がザックザックしているシーンにすりかわる。

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:56:42 ID:STQQHP5M
あんまし心に残る映画じゃなかったな。だから何?系って感じ。
日本兵がたくさん死んだ戦闘なのに、どうもスケール感がつかめない。
予算が少なかった?米軍の艦砲射撃はもっと徹底的に見せて欲しかった。
米軍が上陸してからも何かチマチマした動きしか見えなくてショボイ。
日本軍が自決始めるトコも追い詰められ感が弱い。史実もあんなモンなのか?



963 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:00:27 ID:ThRS9MKq
>>960
どんなのが良かったんだ?


まさかクローズユアィ〜〜ズ〜〜〜♪?

個人的にはもの悲しげで、耳に残るいいメロディーだったと思うが。
そしてそれが映画と合ってたと思う。

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:01:29 ID:FMSZ3G/M
〉961
ありがトン
墓穴ほってんのかなぁ?ってやつ?

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:02:47 ID:n5LAJ5oG
>>735
空襲だー!
 ↓
立ち上がる
 ↓
兆弾でグチャ
 ↓
ドサッ

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:02:49 ID:XQL//Okq
その少し前の、西郷が自分の帽子を清水にかぶせてよしよししてやるシーンとかね。
なんか、思い出すと、役者に硫黄島の英霊たちが乗り移って作ったのではないかという迫力だった。


それから >>917=921 どうもありがとう。
外国人にも、感銘を与えることの出来る映画だと知って、素直にうれしい。
自分が感情をかき乱されたのは日本人だからではないかと疑心暗鬼の部分もあったんだけど、
世界で通用する、歴史に残る作品になりそうだということが確認できて、本当によかった。うれしい。
どうもありがとう。

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:02:58 ID:SLlg/G0S
>>963
YAMATOは微妙だったが、あの曲だけはいいと思ったのは俺だけか?

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:04:16 ID:zRIKjroS
なにげに月いちゴロー?での評価が楽しみなんだが。

昨日のレイトショーでやっと星条旗を見ました。
こっちを先に見ればよかった。
硫黄島で人間臭さしか感じなかった日本兵達が、不気味な存在としか思えなかった・・・

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:06:46 ID:SP5L55L/
星条旗で唯一確認できる日本語が「助けてくれ」らしいが
どこだか分からない。


970 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:06:57 ID:3OPfUzIu
>962
実際邦画大作以下の低予算(金なし時間なし)映画のはず。
戦闘のスケール感は星条旗で描いてこっちではしょってる。
米軍の動きと日本軍の戦略も向こう見ればわかる。
この映画は星条旗が姉でこっちが妹。

>963
テーマはよい曲だけどそれだけを使いすぎて煩く感じた時が。
思い返してCDにするほど曲があったかなと思った。

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:07:03 ID:fhoVjjJG
>>964
そう。「ハナコ 俺たちはほっている・・・」って予告編の部分ね。

そして、「めんどくせぇ こんな島 アメ公にやっちまえばいいんだよ」みたいな
ことを口にしながら穴掘ってたら、上官に見つかる。「貴様、今何を言っていた!」とね
二宮はごまかすけど、結局SMプレイが始まる。

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:08:45 ID:ZZOAqoRD
>>969
最初の火炎放射器のとこじゃね?火の付いた日本兵。

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:09:30 ID:zRIKjroS
>>969
つい1時間前に見終わったばかりですが、覚えがないです。
日本兵がつたない英語でヘルプミーというシーンはありましたが

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:10:20 ID:fhoVjjJG
今、HDDに保存した夕陽のガンマン見てる。
イーストウッドがクリーフの足踏みつけてる。

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:10:34 ID:zOkeHWk2
タラワの戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
* 日本軍
o 戦死者 約4600名
o 生存者 17名
* 朝鮮人労務者
o 生存者 129名
* 日本民間人
o 生存者 14名

* 米軍
o 戦死者 1009名
o 戦傷者 2296名


タラワの戦い http://www.kaho.biz/tarawa.html
Battle of Tarawa http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Tarawa
Tarawa on the Web http://www.tarawaontheweb.org/

Tarawa http://www.youtube.com/watch?v=u2J7Djoi9PQ
Battle of Tarawa http://www.youtube.com/watch?v=6mOmAuMAuQ4
tarawa atoll ww2 http://www.youtube.com/watch?v=3G_EeLhw98Y

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:10:42 ID:QYnj3ahx
大和は駄作。これは間違いない。
ただ俺は好きだ

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:10:45 ID:2dNNccn6
>>963
ここまで当時の日本を描いてくれたクリントには感謝してる
だからこそ、音にももう少し気を使ってほしかった
クリントのピアノも悪くないが、日本の楽曲にもすばらしいものがたくさんある
あまり知られてないが、山田耕筰や滝廉太郎のピアノ曲が秀逸
とくに滝は留学経験からか、あか抜けた曲も多い
もし、外国曲のオケにこだわるなら
個人的な趣味だが、エルガーの”エニグマ変奏曲第9曲”をエンドロールに欲しかった
この曲は、東西を意識せずに美しい曲と認識できる希有な曲だと思う
東の感じも西の感じもしない イデオロギーの香りが無い
あまり映画にも使われてないので、よいかも


978 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:11:16 ID:X2KL0uUU
>>969
火炎放射器場面ですね。
炎につつまれた日本兵が
助けてくれーって絶叫してる。

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:11:56 ID:SP5L55L/
>>972>>973
トーチカの?
火炎放射器だと思ったんだが、
硫黄島で同じシーンでは「助けてくれ」とは言っていなかったので気になってた。
ありがとう。

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:13:08 ID:SP5L55L/
>>978
あ、おまいもありがとな。

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:15:06 ID:7G0IjcsV
考えてみれば星条旗では日本兵は英語でも日本語でも助けてとしかいってないな
後はうおお!とか、わー!しかないな

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:17:49 ID:2I7mXKNv
あのトランペットのテーマ曲が耳に焼き付いているのは、俺だけか

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:19:28 ID:VUWJQSun
>>982
エンドロールでトランペットのあの曲になった瞬間
嗚咽を押さえられなかったよ…

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:19:31 ID:2dNNccn6
>>982
あれはちょっとよかったw
でも、俺はピアノのテーマが気になる
あれ、星条旗と同じだよね?
音楽でリンクさせるならもう少し普遍的なテーマ性をもったメロディが欲しかった
ラウンジクラシック的なノリの物じゃなく

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:20:08 ID:STQQHP5M
>>970
成程、有難う。
アメリカ人が日本人の心情を知る事が出来る映画としては、興味深いのかも。
長かったけど退屈はしなかった。が、終わってみると何も残ってない自分がいた映画。
次の日パプリカみて充実感を覚えたのとは対象的で、今の自分的にはツマラン映画だった。
絶望的な硫黄島の激戦をどう日本人が戦ったのかに興味があったので、そこはしょられると
感情移入出来ん。死が簡単過ぎて感動もない。

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:22:07 ID:2dNNccn6
でもまあ、嫌みじゃなく、サントラが
「映画を引き立てるバイプレイヤーであるべき」って視点から見れば、
強烈に優秀なサントラだったとも思う。
結局は個人の趣味の問題なんだけどさw

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:22:10 ID:fhoVjjJG
>>983
お前、前も似た書き込みをどこかにしなかったか?

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:22:11 ID:rr8KVuQM
栗林中将は伊武雅刀でもよかった

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:23:51 ID:FxpVZRrm
>>657
硫黄島は戦後ずっとアメリカが占領していて1968年に返還されてる。
占領されていれば手紙は掘りにいけない。
と考えれば、西郷はそれまでに亡くなったのだろうね。
作劇的整合性の上で言えば。

でもどうでもいいよそんなこと。

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:24:29 ID:/BgNoS8U
>>888
イーストウッドが微妙なのにどうして手紙見たの?

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:24:34 ID:n5LAJ5oG
>>969
あと、「てりゅうだんだ!」って言ってるシーンもあった

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:25:10 ID:2dNNccn6
>>985
横レス失礼
星条旗は見た? 見ると少し違う感覚かも
俺は、二日続けて星条旗>硫黄島と見たから
戦闘シーンの少なさは全く気にならなかった

>>988
イブさん、以外といいよな。。。
横浜でやってた(る?)タリエってイベントの語り、たまらんかった
軍服も似合いそうだし

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:26:37 ID:gYDXhd5M
あとは二枚組みDVD待つだけだ。
楽しみだなぁ。

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:28:06 ID:STQQHP5M
やっぱ星条旗観とけば良かった・・・

995 :888:2006/12/16(土) 01:30:17 ID:SRYWbncn
>>990
映画好きの友達で映画の感性が自分と近い人が「星条旗良かったから、硫黄島も見に行く」つってたから。
ああ、じゃあ普通のドンパチ映画じゃないんだ、と。
そこで初めて興味を持った。
で、「星条旗」より「手紙」のほうが評価高いといううわさを聞いたのと
「星条旗」がすでに終わりかけで社会人が行ける時間帯では近場でやってなかったので
時間の合う「手紙」を見たという次第。

近場の映画館が「星条旗」の上映期間を延長し、時間帯も19時台に移ったので
来週見に行く予定です。

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:32:29 ID:2dNNccn6
>>994
ちょっとだけネタばれしていい?
星条旗の最初の方に、上陸シーンがある訳よ
で、日本兵が全然撃ってこないから、意気揚々と上陸するんだけど。。。。
その瞬間からもうそりゃ一大事ですよ
その緊迫感と迫力と言ったら...
俺的にはプライベートライアンより上だお


997 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:34:04 ID:eJi+b/xN
>>996 ネタバレ というか、歴史的常識ですよ。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:35:09 ID:2dNNccn6
>>997
そりゃもちろんそうだろうけどさ、
星条旗の方に派手なシーンも山盛りあるよって言いたかったんだお。。。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:35:58 ID:gYDXhd5M
確かに上陸シーンと艦砲射撃はすごかった。

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:36:04 ID:K9+MDKiT
裕木奈江の使用済みオリモノシートほしい。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

282 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)