2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙21通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:51:31 ID:t7JEduE6
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ
裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ

注)次スレは>900踏まれた方が立てて下さい


2 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:52:02 ID:t7JEduE6
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
( ※スレの流れが早い間は900踏まれた方が次スレ立てて下さい。)

■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx


3 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:53:25 ID:t7JEduE6
■過去スレ
硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/
【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/


4 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:54:10 ID:t7JEduE6
【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/
【Letters from】硫黄島からの手紙16通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165894412/
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/
【Letters from】硫黄島からの手紙18通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166035344/
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:55:21 ID:t7JEduE6
■参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1


硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい
BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M
【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/
Iwo Jima - part 1
http://www.youtube.com/watch?v=dhq1hfwPTnM
Iwo Jima - part 2  ←リアルグロ有り(グロ苦手な人はやめとけよ。マジで)
http://www.youtube.com/watch?v=fDiVeZeoKWs

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:56:34 ID:t7JEduE6
■参考文献
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本陽 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守 晴夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著), Richard F. Newcomb (原著), 田中至 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー (著), 大島英美 (翻訳)
■動画関連追加
Iwo Jima WWII ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=W-1by5rLlr4 
The Sands of Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=lJqX0zC00gU
Iwo Jima, Joker and the Theif (Wolfmother) ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=9bTFGm5nA8o
Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=H-yNnx4fvVY

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:57:25 ID:t7JEduE6
硫黄島フラッシュ「春よこい」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」
ttp://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html

渡辺謙のインタビュー(ネタばれ)
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b.html
2006年12月11日 (月)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
月曜日と火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。
今日は、「硫黄島からの手紙」…渡辺謙さんは栗林中将をいかに演じたか。などなどお話を伺いました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b_1.html
2006年12月12日 (火)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
きのうに引き続き火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1211.mp3
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1212.mp3


生存者による硫黄島戦闘体験記
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

栗林忠道中将の絵手紙
ttp://www2.bbweb-arena.com/norisan/
現在の硫黄島写真館
ttp://sk-photo.main.jp/ioujima/main.html


8 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 21:59:00 ID:t7JEduE6
その他

硫黄島の不発弾処理の記事
http://www.ogpress.com/2p/topix/A-06.07.17ioutou.html
硫黄島復興計画に関する参議院での答弁
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/syuh/s085002.htm
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/touh/t085002.htm


ニュースアンカー青山氏硫黄島レポ
ttp://100.megaloda.org/uploda/www.megaloda.org0024.zip.html (pass iwo)

ご遺骨収拾の模様(PDFファイル)
http://www.takushoku-u.ac.jp/news/2006/060618ioutou002.pdf
映画にも出てきた真っ赤な夕日が。 2006年8月にかかれた島についての新聞記事もある。

硫黄島守備隊として戦った遠藤さんと、 硫黄島・沖縄で戦ったアメリカの元軍人が、
ふたりで運動会の開会式で宣誓。
http://www.youtube.com/watch?v=fqBHHVhSMJ8

『ルーズベルトニ與フル書』 市丸利之助海軍少将
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2006/12/post_97f8.html
硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書
http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry
ルーズベルトニ与フル書 A Note to Roosevelt (英文対訳)
http://www.chukai.ne.jp/~masago/roosev.html


9 :915:2006/12/16(土) 22:00:25 ID:t7JEduE6
http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv
ニュースアンカーで青山さんが硫黄島に行ってきました。 泣きながらのリポートです。

サントラ発売まで
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/media/music/letters_loop.mp3

LA Times のクリントのインタビュー
http://theenvelope.latimes.com/news/more/print/env-en-cover13dec13,0,138.story?coll=env-pollpromo

バロン西のスライドショー
ttp://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI&NR
栗林中将の絵手紙のスライドショー
ttp://www.youtube.com/watch?v=jkrl9taG7_I

■the National Board of Review
2006: Best Film:Letters From Iwo Jima
http://www.nbrmp.org/search/?search=Letters%20From%20Iwo%20Jima

■the Los Angeles Film Critics Association
"Letters from Iwo Jima" was voted Best Picture of the Year
http://www.lafca.net/Home/News/2006_lafca_awards_winners.html

■ the Golden Globes
64TH GOLDEN GLOBE AWARDS NOMINATIONS

8. BEST FOREIGN LANGUAGE FILM
LETTERS FROM IWO JIMA (USA/JAPAN)
http://www.hfpa.org/news/id/42


10 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:01:05 ID:t7JEduE6
硫黄島からの手紙 写真その1
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01284r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00402r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04178r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01289r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/0702r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03128r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11297r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00222r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02679r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04670r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04005r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/00081r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04303r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05064r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03208r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07642r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05990r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/09046r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/11045r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06934r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/08232r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01057r.jpg

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:01:42 ID:t7JEduE6
その2
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06072r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/1065r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03988r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/07982r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/4123r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03591r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/03703r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/06034r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02074r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01721r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/5666r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01985r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/04608r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/01049r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/02658r.jpg
http://i.imdb.com/Photos/Ss/0498380/05900r.jpg


12 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:03:17 ID:t7JEduE6
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061207i503.htm
「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

米アカデミー賞の前哨戦の1つとなる米映画批評会議賞が6日発表され、
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が今年の最優秀作品賞に選ばれた。

受賞作は硫黄島での日米の激戦を日本側の視点から描いた作品で、
渡辺謙さんが日本軍の指揮官役を演じている。公開は日本が9日、米国が20日から。

この作品と対をなし、同じ死闘を米国側の視点から描いた
「父親たちの星条旗」(日米で上映中)も今年のベスト10映画の1つに選ばれた。

また、ブラッド・ピットさんらが出演した米映画「バベル」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)で
聾唖(ろうあ)の女子高生役を熱演した菊池凛子さんに新人女優賞が贈られた。

(2006年12月7日11時4分 読売新聞)

ttp://www.nbrmp.org/
the National Board of Review

ttp://www.nbrmp.org/awards/2006Winners.cfm
Letters from Iwo Jima
NAMED 2006 BEST FILM OF THE YEAR
BY THE NATIONAL BOARD OF REVIEW


13 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:04:04 ID:t7JEduE6
IMDbの絶賛レビュー
http://www.imdb.com/title/tt0498380/#comment
Oscar Alert 2006: ''Letters From Iwo Jima'', 9 December 2006
Author: agentmatheus from Brazil

たった今帰ってきたところなんだけど、まだ映画館にいるみたいに感じる。
爆発音がまだ聞こえる。えらくややこしい日本語がまだ聞こえる。
戦争の苦痛の音がまだ聞こえる。
どれほど「硫黄島からの手紙」が強力かってことだ。

10月にクリント・イーストウッドが「父親たちの星条旗」を公開して、
今年の勝者だと言われてた。でも、ひどく失望した。
このジャンルに何も新しい見所は無くて、使い古した戦争ドラマだった。
イーストウッドには失望したと認めないといけない。
だけど、イーストウッドはジャケットにもう一枚カードを隠していた。

「硫黄島からの手紙」は欠点のないアートシアター戦争ドラマだ。
イーストウッドがこれまでに撮った全てと違う、強力な怪物みたいな映画だ。

物語は基本的に「父親たちの星条旗」の日本視点。
「父親たちの星条旗」はアメリカ人の栄光や、英雄として迎えられる退役軍人、
全体的に勝利の色合いを見せるシーンがたくさんある。
しかし、「硫黄島」は全く違う。日本人に栄光はなく、あるのは痛みだけ。
退役軍人は、家に帰らなかったから英雄として迎えられもしない。
勝利の色合いはなく、あるのは巨大な敗北の雲。
「硫黄島」は白黒フィルムと似て暗く、今年一番悲しい映画だ。



14 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:04:32 ID:t7JEduE6
IMDb続き

ケン・ワタナベはジェネラル・Tadamishi Kuribayachi(とかそんな感じの)として目立ってる。
どうして彼が最も才能ある日本人俳優であるかを示して、
オスカーノミネートに値するかってことを証明してる。
カズナリ・ニノミヤも賞賛に値する。
彼が演じる、パン屋から兵士になった西郷は本当に痛ましい。
怯え、不安におののく男だけれど、娘に会いに家へ帰るという、
一つの夢と一つの十分な希望を持っていた。

イーストウッドの演出も大いに賞賛に値する。
自分がこう言うのは厳しいんだが、オスカー監督賞を
スコセッシから取りあげる人がいるなら、それはイーストウッドだろう。
「硫黄島」が「ディパーテッド」よりいいとは言わない。
でもイーストウッドはとても才能があるし恵まれているのだから、
この映画で彼をノミネートしないのは愚かだ。
静かな映画で、別の話の中で物語り、長い間心に残るだろう。
イーストウッドはまた「トラ!トラ!トラ!」をやった。
一方で弱みを見せ、別の一方で完璧だと証明した。

たぶん「硫黄島」は21世紀最良の戦争映画だ。
イーストウッドは、何十年にもわたって超えられることなく生き残る作品を作った。
アートシアター傑作「硫黄島」により多くの人の知るところとなるだろう。
2006年は映画制作にとって重大な年だったと。

おしまい。



15 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:05:02 ID:t7JEduE6
http://www.cnn.com/video/
BEST OF TV
Dirty Harry
CNN's Larry King interviews hollywood legend Clint Eastwood. (December 12)

CNN LARRY KING LIVE
Interview With Clint Eastwood; Interview With Martha Stewart
Aired December 11, 2006 - 21:00 ET
http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0612/11/lkl.01.html

真の男◆クリント・イーストウッド総合スレPart6◆真の漢
ID:CthPjuQZさんが日本語訳をしてくれました。ありがとうございます。

超有名司会者ラリー・キング(LK)対クリント(KE)

「硫黄島からの手紙(以下手紙)」は最近全米批評家賞を獲得。
昨日はロサンゼルス批評家賞を獲得しましたが、感想は?」
KE: ポジティブに受け止めてる。
LK:驚きました?
KE: ええ、いつもの様に。
私は映画を作って、それが何とかものになった事だけでいつも驚くんです。
自分の映画を見に来る人がいるなんて思いもしないし。
ただ作ってその結果が満足であれば、それでいい。
それに完成してしばらくは頭の中が真っ白でー
LK: それでこの映画の場合(言語不明瞭)
CE: 誰かが飛びついて、気に入ってくれたら、それで十分。


16 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:05:23 ID:t7JEduE6
LK: どうしてこの題材を選んだんです。硫黄島に関して2本も映画を作ろうなんて
CE: それは、まず最初にジェームス・ブラッドレーの原作を読んで、映画化に興味を持ったけど、
既にドリームワークスに買われてて、そこで数年眠っていたらしい。
そしたらある晩スピルバーグに呼ばれて、この映画の監督をする気がないかって誘われたんだ。
その時脚本らしいものは完成してたんだが気に入らなくて、色々練り直しているうちに、
日本側の方に興味を持った。
  この戦いは海兵隊の歴史を変えただけでなく、栗林という中将に率いられた非常に珍しく、
かつ困難な防衛が展開されていた。
だからその方も作ってみようと思ったんだ。
LK: でもどうやって、例えば日本語しか話さない俳優を監督出来たんです?
CE: どんな言語を使おうと、良い演技はわかります。
それに私は渡辺謙をはじめ考えうる最高のキャストを得られました。
彼の作品を何本かみて敬愛してたんです。
LK: 彼が中将を演じたんですね?
CE: ええ、彼が中将役で。他の俳優もオーディションで選びました。
  フィーリングで出来るかどうか、わかったし、万全を期すために
  常に通訳が脇についていてくれました。


17 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:05:58 ID:t7JEduE6
LK: 本当に正直に言って、2本の映画とも最高の出来でした。
「手紙」はオスカーの最有力と言われていますね。
貴方にとってもう一つ追加になるのでしょうが。本当に素晴らしい映画でした。
貴方がこの題材に夢中になった意味がわかりましたよ。
CE: 分かるでしょう。取り掛かり始めたら、誰もが引き寄せられる様な題材で。
あの小さな島を必死に守る人々にひかれてしまう。
ある特定の時代に、まったく勝ち目のない過酷な戦いをする場所に送られて
しまった人々の話です。
LK: 日本軍にはまったく勝つチャンスが無かったのですね?
CE: 明らかに彼らはそう感じていました。
彼らはただ米軍を本土や、沖縄に侵攻させない為にだけで、必死に島を守ったのです。
結果的には侵攻されてしまいましたが。
しかも彼らは圧倒的に装備が足りなく、島には水も、食料も何も無い。
貯蔵したものがすべてで、敵が上陸すれば補給さえ不可能な島なのです。
LK: 硫黄島はなぜそんなに重要だったんです?
CE: それはマリワナ諸島と日本を直線で結ぶ位置にあったからです。
  その頃製作された攻撃機B29は優秀なものでしたが、エンジンに問題があり、
途中でー
LK:母艦が寄港できる所が必要だった。
CE: 上陸地が必要で、だから日本軍は本土を爆撃されない為と、レーダーを阻止するために、
そこを死守する必要があったんです。
もしそこでレーダーを妨害すれば、日本軍は、2時間半位、先に
攻撃する事が可能だった。


18 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:06:24 ID:t7JEduE6
LK:視聴者からの質問で、俳優から監督に転身した時、誰から監督術を教わりましたか?
とありますが?
CE: 私は38年前に俳優から監督業に転向しましたが、その頃にも偉大な監督がいましたし、
今でも周りの監督すべてに教わっています。
ですが、ルーツといえばやはり、ジョン・フォード、ハワード・ホークス、
プレストン・スタージェスをあげるべきでしょう。
  初期のアメリカ人監督と、あと一寸皮肉かもしれませんが黒澤明監督に多大な影響を受けました。
黒澤は私のキャリア・アップに間接的に貢献した監督と言ってもよく、私は日本のサムライ映画の
リメイクでスターになったと言ってもいい位なのです。
LK: そうでしたね。
CE:だから私は初心に戻ってこれから日本映画を作ろうと思っています。
LK: また俳優に戻る気持ちはあるの?
CE: さぁ分からないな。
1970年に監督した映画で主演もしたんだが、どうも画面に映る自分の姿が気に入らなくてね。
  カメラの後ろに立つことはできるかもだが、見かけはねぇ、どうかな。でも分からない。
  もしかしたら凄いいい役のオファーが来て、すぐに飛びつくかも。
  でも最近は、あんまり演じてみたいいい役が無くてね。年齢とかでなく。
  それに、まぁ今はギャラを得るために演じる必要も無くなったし。
LK: でも監督は76歳だよね。
CE: ええ。
LK: 引退する気は無い?つまりもうお金の心配は無い訳だし。
CE: どういう訳か一度もそんな事を考えた事が無いんだ。
たぶん38年前に監督をはじめたとき、たぶんいつかは引退するだろうと思ってたし、
俳優はどこかで辞めるだろうと思ってた。
だけど色々な事情で今の様な形になってるんだ。
  それに仕事をしている最中は自分が何歳なんて考えもしないから。
LK: 今日のゲストはクリント・イーストウッドさん。「手紙」はこの金曜封切りだっけ?
CE: 来週の水曜封切りですよ。今から1週間後です。(CMブレーク)


19 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:07:37 ID:t7JEduE6
「父親たちの星条旗(以下星条旗」の予告編が流れる。

LK: 今お見せしたのは「星条旗」の一場面で、これに続いて「手紙」が製作された訳です。
「星条旗」で、硫黄島にまつわる話が戦争キャンペーンに利用されたと聞いてショックを受けましたか?
CE: ええ、いや、ショックは受けなかった。
私自身(キャンペーン)それは素晴らしいアイディアだと思いました。
ただ映画で描かれたのは、あまりに多くの期待を寄せらえれ3人の若者がどんなに
  辛い思いをしたかなのです。
3人の中の1人しか比較的幸福な人生を送れなかった訳ですから。
  あの時代あのアイディアを考えだしたのは誰か知りませんが、3人の兵士を呼び戻して、
宣伝に使うのは賢かった、なぜならあの有名な写真では、誰が誰だかわからなかったんだから。
誰でもいい3人を選び出して、旗をあげた兵士と、ごまかしても良かったんだ。
だが、あの3人が呼び戻され、英雄になった。
その中にインディアン系のアイラ・ヘイズがいた。
それでなお更都合のいいイメージが出来上がったんだ。
民衆の心をつかむのにちょうどいい取り合わせだった。
LK: 監督したい作品を選ぶ基準は何?
CE: ただ直感だけだ。
脚本や原作を読んで、まず最初にOK、自分はこれをやりたいのか? 自分が出来る役割はあるか?
って考えるんだ。
  OK,これには無い。それでも監督したいのか、これから何か生み出されか?って自分に問いかけるんだ。
  本の中には素晴らしい物があっても、何か自分としっくり合わないものがあればパスする事にしている。
  だが、先ごろの2本の映画のホンはいきなり心臓を鷲づかみにされた感じがした。
つづけざまにやられたんだ。「ミスティック」は素晴らしい原作にやられ、「ミリオン」も凄くて、
ほとんど同時進行位の勢いで作り上げていった。
その頃は1日も休まない位だったよ。
LK: 「ミスティック」は本当に素晴らしい映画だった。
信じられない位凄かった。
CE: ええ(不明瞭)


20 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:08:33 ID:t7JEduE6
LK: しかも予算以下で仕上げたんだって?
CE: ええ、しかし
LK: 貴方は本当に何をすべきか分かってる。
予定通りに撮影を開始し予定とおりに撮影を終える。しかもくだらん映画は作らない。
CE: それは分からないけど。まぁ予算以内に作ろうとは努力してる。
  時々予算よりずっと安く仕上げる事もある。
出資者に自分が出来ると宣言しちゃってるからね。
  それに、映画によっては楽なものがあるし。
それに私の製作会社マルパソは優秀なスタッフぞろいだし、どの位のコストで出来るか
  正確な数字を即座に出すことが可能なんだ。
LK: 西部劇はもう作らないの?
CE: それは、ねぇ。
私は92年に「許されざる者」を作って、それが最後だと思ってた。
テーマとか、語り口とか、もうこういうジャンルは終わりだと思ったんだ。
  でも誰かがイメージが湧く様な脚本を書いてくれたら、西部劇のジャンルとはまったく違う
ユニークなホンがあれば、やってみるかも知れない。
  たぶん最後の仕事になるかもだが。
  で、今の時点ではたぶん無いだろうな。
でも誰かが目を見張る様なホンを書いてくれたら、手がけないでもないけど。
LK: 貴方には7人お子さんがいますよね?
CE: ええ。
LK: それぞれ何歳です。何歳から何歳まで?
CE: 貴方も子沢山で有名でしょ、確か
LK: 50、47、39の三人と、7歳半、6歳半、それに25歳の義理の息子がいますよ。
CE: 私のは10歳か11歳から52歳まで。



21 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:09:15 ID:t7JEduE6
LK: 共通点がありますね。
76歳で10歳の子供といるのはしんどくないですか?
CE: 全然。気に入ってる。
自分が歳をとってよかった事は、前より物事に忍耐強くなって、物事をより楽しめる事なんだ。
この経験は本当に素晴らしいものだよ。
LK: 結婚生活も楽に過ごせる様になった?
CE: ええ、多くの人に勧めたいんだが、出来れば結婚は出来るだけ遅らせた方がいいね、
その方が自分自身や、周りの事をより深く考えられる様になるからね。
LK: 演技する時は自然体ですか。どっちかというと地味な演技方法ですよね。
CE: 自分では自然かどうか分からない。
みんなで話し合ってるんだが俳優は生まれつきなのか、作られるものかってね。
私が思うに、それはコツを覚える事じゃないかと思うんだ。
演技を学ぶ必要は無い。自分で学べるから。
その上で色々な演技コーチが指導もしてくれる。
もっとも大事な事は観察することだ。
他の俳優の動きや、人々の行動、地下鉄でも電車でもクラブでも、市場でも人々の行動を観察する事だ。
そうすればさまざまな性格の人々の行動を再現できる様になる。
LK: メル・ギブソンの新作についてはどう思いました。映画は見ましたか?
CE: いや、まだ見ていない。
LK: かなりヴァイオレントな映画でしたよ。
CE: まだ見ていないんでね。
そういう批評も耳に入ってきたけど、あの時代がそうだったんじゃないかな。
よく分からない。見るつもりだけど。
LK:マヤ文明が主題で。
CE: ええ、本は私も読んで気に入ってる。
でも私自身はマヤ文明にあまり関心がないんで。


22 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:10:06 ID:t7JEduE6
LK: それとは別に最近彼に起こった様々な事件に関しては?
CE: まぁ色々言われていたのは知ってる。
LK: ええ
CE: 私自身は、飲酒運転で誰も怪我をしなくて良かったと思ってるが。
  彼も映画界に多大な貢献をしてきた男だ。だから今はただ前進しようと思ってると思う。
明らかにそう努力している様に見えるが。
LK: 監督としてどう思います?
CE: もちろん。優秀な監督だ。最新のを見ていないが、非常にいい出来
 だというのも聞いている。
(CMブレーク)この後は対談に渡辺謙が加わります。

[硫黄島からの手紙」の予告編が流れる。
LK: 「手紙」はすでに主要映画賞の二つを獲得しています。
クリントもここの残ります。
さぁ、「手紙」で栗林中将を演じた渡辺謙さんをお迎えしましょう。
彼は「ラストサムライ」でオスカー助演賞にノミネートされた俳優です。
クリント、渡辺はどうやって選んだんです?
CE: 謙の起用はすぐに決まったよ。
「ラストサムライ」も見たし、他の機会でも彼を見て、ファンになってるんだ。
非常にロジカルな理由があるんだよ。彼はスクリーンで映える顔をしてるし、
堂々とした体格で、私が心から敬愛していた三船敏郎に似てるんだ。
  彼は三船の再来と言ってもいい俳優じゃないかな。
LK: 謙、君のほうは、すぐ映画のアイディアが気に入ったの?
謙:はい、最初に「星条旗」の話を聞いて。
それで日本軍の歴史なんかを、この映画の前に調べたりしてたんです。
硫黄島の話は全く知りませんでした。
  それで日本のエージェントと通じて、その映画の日本兵か日本の将校役が無いか打診してもらったんです。
でも「星条旗」では役はもらえませんでした、残念ながら。
CE: そうだったね。



23 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:11:18 ID:2EHsCcSi
>>1 乙。

冒頭シーン。

「こんな島なんかとっととアメ公にやっちまえばいいんだよ」
「でも、この島は神聖な日本の国土だぞ」
「こんな島のどこが神聖なんだよ。暑いし臭せーし虫だらけ。
 おまけに水がねーときてる」
「お、おい!、西郷!」
「アメ公にやっちまえば俺たちも日本に帰れるのによー」
「おい!貴様。今何と言った」
「はいっ!。・・アメリカ軍をやっつけたら、日本に帰れると
 申し上げました!」

西郷のこのとっさの言い訳けはすごい!

「もう一回りしてきます」
「はぁ?。でも、もう真っ暗ですが・・」
「ええ。知ってますよ」

と並んで数少ない笑えるシーンでした。


24 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:13:09 ID:FxpVZRrm
「栗林忠道中将の作戦」
http://www2.bbweb-arena.com/norisan/5page.html

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:14:18 ID:QYnj3ahx
>>23
栗林の台詞は敬語じゃなかったよ。

「うん、知ってるよ」みたいな感じ

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:15:42 ID:t7JEduE6
謙:それで今度は監督が「手紙」も監督すると聞いて。本当に嬉しかった。
  でも、日本の俳優として僕には大きなプレッシャーがありました。
  それは日本の暗部といってもいい話で、僕の役は島で部下を皆殺しにしなければならない
指揮官という役でしたから。
LK: 彼にとっては大変だったろうね。日本軍の映画をアメリカ人が監督するとういのだから。
CE:でも謙は非常に素晴らしい反応を示してくれましたよ。
でもこの映画に出演する俳優たち、すべての日本人俳優が、
謙自身も話すと思うけど、誰も硫黄島の話を知らなかったんだ。
学校では教えられていなかったし
LK: 教えてないの?
謙:いいえ
CE: 現在の学校ではね。
謙:全く教えられていなかった。
LK: 情報が全く無かったんだ。
CE: だから手探りで進めていったんだ。
謙の役を最初に撮りながら、同時に色々なリサーチを進めていった。
彼はものすごい量の資料を集めて猛勉強してたよ。
栗林に関する事はすべて集めたが、十分な資料は無かった。
でも謙は絶え間なく資料を読みつくし、栗林の生家や暮らしていた場所を訪ねる事までしていたんだ。
LK: 彼は中将の役を誰にでも好かれる様な人格者として演じてましたね。
CE: その通り。
LK: つまり彼は
CE: それは、栗林自身が素晴らしい人物だったんだ。
私が最初に読んだ本は彼自身が書いた本だった、というか彼が息子や娘や妻にあてて書いた手紙だった。 1928年から30年まで特使としてアメリカに滞在していた頃の手紙なんだ。
  彼はアメリカで仕事をし、アメリカで英語を学んだんだ。
だから、彼が故郷に向けて書いた手紙を読むと、彼はどこにでもいる普通の父親だった
と言うことがよくわかるんだ。
LK: そう。
CE: どんな文化が背景にあろうと、その手紙を読んだとき、私は彼が実際にどんな人物だったかを
多くの人に伝えたいと、心から思ったんだ。


27 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:18:28 ID:t7JEduE6
LK: この映画を見て、監督にも謙にも言ったんだが、謙は若き日のグレゴリー・ペックの様で、
完全に画面をコントロールしていたって。画面が彼のお陰で生き生きしてくるんだ。
CE: 若き日のグレゴリー・ペックねぇ。
LK: クリントに監督されてどうだった?
謙:実は撮影に入る前は、タフで強い人のイメージを抱いてたんですが、
実際は非常に穏やかで暖かい人柄でした。
彼は俳優のフィーリングを知っていて、彼自身も俳優なので、我々を信頼してくれ
  僕自身がやりたい様に性格作りをする様に言われ、日本語のせりふも僕たちにまかせてくれたんです。
  ええ、それに、彼は全く心配してませんでした。どんな会話をするなんて全く心配してなかった。
なので性格作りに没頭することが出来たし、非常に気持ちよく演技が出来たんです。
LK: 君自身は中将が好きでしたか?
謙: それはイエスでもありノーでもあります。彼は過酷な運命を負わされた人だった。
それに、私自身もアメリカで仕事をした事があるので、彼の気持ちが少しは分かると思います。
でも幸せな事に今私は米国と戦争したいとは思わないので。
LK: 無いだろうね。彼を監督するのは楽しかっただろう。
CE: 全くその通り。素晴らしいかった。
彼は驚くほど完全に準備を終えてきていたし、その点で言えば他の俳優全員がそうでした。
  私は常々、キャスティングさえ上手くいけば、自分自身を非常に有利な地位に置けるのでは、
と考えていたので、あんまり上手くは言えないけど。
  つまり損害を減らすため両賭けするみたいなもので、まず優秀な人材を集め、役にぴったりした
優秀な俳優を集めれば、後はほとんど賭けに勝てる様なものなんだ。
  それに、日本人俳優全員が素晴らしい熱意をもってこの映画にとり組んでくれたんだ。
ほとんど何もない所から、歴史を学んだり、素材を調べたりするのもまた得がたい経験だった。


28 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:18:32 ID:JS3BZFVj
「星条旗」ではエンドロールに当時の写真が流されたので、「手紙」もなにかは
あるとは思っていたが、まさかNG集とはな・・・。

自決シーンで手榴弾が爆発しないので、「おい、不発?」とかいって手榴弾を目の前に
持ってきたらいきなり爆発して、「びっくりしたああ!死ぬかとおもったあ!」
と役者が叫んで、スタジオスタッフ大爆笑。クリント監督も「しょうがねえなあ・・」
という顔で苦笑していたね。

ストーリーが重い内容だったので、最後にああやって、観客をなごませようとしたんだね。


29 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:19:41 ID:t7JEduE6
LK: 素晴らしい映画ですよ、クリント。最高の結果を祈ってますよ。
CE: 有難う。ラリー。
LK: 謙、君にも会えて嬉しかった。
謙:有難うございます。
LK: 君は素晴らしい俳優だよ。
CE: その通り。
LK:「手紙」で渡辺謙は、再びオスカーにノミネートされるでしょう。
  このクリント・イーストウッドの素晴らしい映画「手紙」は来週の水曜日、
  12月20日にロサンゼルス地区で公開されます。

訳してくれた方、乙


30 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:23:54 ID:8ShYqZUS
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/

謙さんのインタビュー(音声MP3と写真あり)
http://hollywood-elsewhere.com/archives/2006/12/ken_watanabe.php


31 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:24:05 ID:HQcihmn4
>>29
訳してくれた人は確かに乙だが
テンプレとして毎回張るには長すぎねえかこれ

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:27:22 ID:YjoB4AbU
栗林は陸軍中将
市丸は海軍少将
西は  陸軍中佐
伊藤は海軍大尉(パンフでは中尉だが)
ttp://page.freett.com/zaj17637/18/ta.gif
清水は陸軍上等兵
西郷は陸軍一等兵(一番多い階級)

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:29:27 ID:iJq4HAUR
>>28

オレも危なく見逃すところだったよ
エンドロールが終わって2、3分も後に始めるなんて
クリント反則だよ

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:29:48 ID:ufHFbYOH
1日1スレペースで読むのがキツイ

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:30:56 ID:QYnj3ahx
>>28
俺の映画館ではなかったんだが・・・

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:33:35 ID:DGq96bD/
ケン・ワタナベがミフネっぽいと思ってたらやっぱり意識してたんだなw

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:34:18 ID:5M3S/HVO
ウソ情報流してんじゃねえよw

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:35:47 ID:2EHsCcSi
>>35
2回別の映画館でエンドロールが終わって明かりがつくまで見たけど、
そんなのなかったよ。ひょっとして英語字幕版?

39 :どっかから転載:2006/12/16(土) 22:37:37 ID:6BxlR793
>獅童の役柄は笑うところ?

 彼の役柄は史実に基づいたエピソードを演じています。

 地雷を抱えて米軍の戦車をまって死体の中3日3晩。結局戦車はあら
われず。そして4日目の朝、南国の青い空とそのなかを悠然と飛ぶ鳥を
みて、ふと我に帰って戦争が馬鹿らしくなったという話。

 そして、死ぬまで戦えといって逃げてきた兵を切ろうとして止められる
話も史実に基づいたエピソードです。(ちなみに、史実ではその将校は
3月8日の夜襲突撃の際に散華されています。)

 この2つの史実を1つの役にあえて収めたのはイーストウッドの意図
とおもわれ。

 私も最後のシーンは思わず笑ってしまいました。でも、戦争って相手
を殺すか自分が死ぬとかそういう2者選択を迫るもの。映画を見ている
僕らですらそうなってしまう。つい「中村死ねよ、みっともねーやつ、情
けない奴」といってせせら笑ってしまう。でも、そのせせら笑いこそが
「戦争という狂気そのもの」なんだなと思いました。

 そしてイーストウッドはあの役柄を通じて僕らに戦争という狂気とは
何かを伝えたかったのだと理解しました

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:39:27 ID:Ae1wMeLs
youtubeなんかでも、明らかに中国人の「南京」工作が始まってるけど
英語わかる奴らは変に反論しない方が良いよ。
むしろスルーしつつ、「明らかに平等な視点の映画を作ってくれて
米国人の懐の深さを感じた」とか、「昔は敵だったけど、今は米国人と
仲良くなれて嬉しい」とか「イーストウッドに感謝している」って事を
書く事。
明らかにアメリカ人の心象が良くなり、日本人が黙ってても中国人に
「それって関係ないじゃん。空気嫁」って庇ってくれるw
中華と一緒のレベルで騒ぐより、無視しつつ話を別の方向に持って行ったほうが
得です。
仕事柄、欧米人と付き合ってますが、彼らは自分を褒めてくれる方の肩を持ちます。


41 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:41:45 ID:EXRvykTk
この映画は、よく分からんが評価が低そうなのでつまらなそうだな。
先ほど、さらば宇宙戦艦ヤマトを見たが感動しすぎて涙がとまらなかった。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:42:53 ID:4B6GQHbB
月刊【歴史街道】1月号(PHP研究所)600円
http://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=84225
総力特集
硫黄島と栗林忠道〜命をかけて守ろうとしたもの〜
・死よりも苦しい戦いに挑んだ硫黄島総指揮官
・米国を知悉していた故に…不遇の「理性派」陸軍中将
・マリアナ諸島陥落!本土空襲へ次なる「踏み台」にされた島
・全島要塞化に米軍戦慄!過酷な持久戦に臨んだ気高き男たち
・三十六日間にわたる死闘!彼らは何のために戦い続けたのか
・「散るぞ悲しき」決別電報に託された祖国と部下への思い
・「絶対に渡島あいならん」命を救ってくださった閣下の優しさ(元軍属・貞岡信喜)
・家族を守った祖父を「内なる誇り」として(衆議院議員・新藤義孝)
・日本人俳優として感じた「責務」(俳優・渡辺謙)
・「太郎君へ」〜アメリカからの絵手紙
・「気強く元気に朗らかに幸福に」愛する家族へ

VISUAL DATA
・全島要塞と化した硫黄島
・太平洋戦争最激戦地の三十六日間

表紙http://www.php.co.jp/shinkan/84225.gif

コラム
・「ペリリューは大丈夫か」
・将兵を奮い立たせた第二御楯隊
・擦鉢山の星条旗が語る真実
・四十年目の「名誉の再会」



43 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:48:18 ID:cuKtYN6p
硫黄島ムービーでおなじみのBF1942 FHイベント実況
http://pcgame.zapto.org:5869 これをメディアプレイヤーのURLにいれたらみれるよ
ラストは硫黄島!


実況スレ
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/livevenus/1166149562/


44 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:50:39 ID:SP5L55L/
>>35>>38
よく考えればわかると思うが…
イーストウッドがあの映画のあとにわざわざ跡を濁すような真似すると思うか?

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:55:38 ID:SMRkcloZ
>>40は小泉元首相

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:57:13 ID:K4Ys7sld
>>40ってイーストウッド的じゃない

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:58:03 ID:HSkQ3Pta
>>45
するってーと、石油産出国の王子に太陽エネルギーの
売り込みをするとかもやっちゃう。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 22:58:23 ID:JS3BZFVj
>>44
そこがイーストウッドの懐の深さ

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:00:21 ID:HZKR32gS
「義経伝説 掲示板」というところの佐藤さんという方のレビューが秀逸だ。

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:00:56 ID:Fc4h0Ob4
>>40
同意!「南京」は必ず出してくる。面白い事にラスサムやSAYURIでも
とにかく日本題材だとすぐに出してくるのが歴史問題。
おまえらは現在進行形だろが!とついこちらも言ってやりたくなるが
我慢だな。反論は第三者からしたら醜い。

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:01:57 ID:JS3BZFVj
「君は…他板からか?」
「はい。」
「そうか、ここまで来るのは大変だったろう。」
「はい。……あ、いえ。」
「……立派な映画板住人だ。(微笑んで)」
「いえ、私はただの映画板の荒し屋です。」
「荒し屋か……(感慨深そうに)家族はいるかね?」
「妻と、去年の7月に生まれた娘がおります。まだ、顔は見ていませんが…。」
「……不思議なものだな。家族を護るために、板を荒したつもりが、
 板のことを考えると、荒らしたく無いと思う。」

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:03:22 ID:tpGSXStj
>>49
佐藤さん乙

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:06:09 ID:KQA4Evgy
今日見てきた。
手りゅう弾の自決の状況が分かった。自決って美しくないな。
腹が破裂していた。悲惨だった。

自決って一瞬なんだな。なんか生きてた人が一瞬に死ぬのが悲しかった。
それにしても軍人って簡単に自決するんだな。みててよくそんなに簡単にと思った。

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:06:57 ID:2EHsCcSi
>>51
んまい!

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:07:40 ID:OVZAfeNA
>>50
rottenでも、低い評価してる記者は必ず「南京」出してるよ。

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:09:51 ID:Fc4h0Ob4
>>55
でもこれは映画のレビューじゃないって逆に書かれてたね。

57 :ホリエモン参謀:2006/12/16(土) 23:11:15 ID:HyPYchZz
自分は以前から帝国陸海軍の いわゆる“軍装マニア”だったが この映画を観て 引退を決意したよ   今まで なんと浅はかで  バカだったか…猛反省。 中○商店、万歳!

58 :名無シネマ@上映中 :2006/12/16(土) 23:11:45 ID:z53ctYl3
中国人のようつべでの工作は酷すぎる。あきれるくらい。

>>55
特ア系記者じゃないの?

59 :こんなガキには観てほしくないw:2006/12/16(土) 23:12:27 ID:I8o5wmvy
719 :名無シネマ@上映中 :2006/12/16(土) 19:51:42 ID:YO7Slbae
大ヒットしてる映画らしいんで観てきたよ。観終った後書店で「散るぞ悲しき」も購入したんですけど。
率直な感想としては・・・

戦争なんてヤダ、絶対にヤダ
火炎放射器で火達磨になりたくない・・
手足バラバラで死にたくない・・
胴体真っ二つなんてこの世のものとは思えない・・・(米海兵隊の死体に多かったらしいね)
銃剣で心臓刺されるなんて嫌だ・・
死ぬんなら家族に看取られ老衰で温かい布団の上で安らかに死にたい(涙
僕は反戦や非戦とはまた違う、嫌戦・憎戦と言った感情が芽生えてしまった・・
こんなこと書くと軍事ヲタみたいな戦争好きの野蛮でエキセントリックな連中からバカにされるんだろう。
でも僕には上の感想しか思い浮かばない。
この映画が興行成績1位だけど、よくそんなにヒットしてると思う。(つまらないとかそういう意味じゃなく)
何故ならあまりにも「重い映画」だからだ。1位になるような映画とは思えない。


60 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:13:00 ID:tpGSXStj
ちょw
今、硫黄島からの手紙 を観た客が話すCMが

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:13:04 ID:KQA4Evgy
プライベートライアンと双璧だな。
第二次世界大戦を描いた映画としては。

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:16:08 ID:I8o5wmvy
ただ反戦だけでは事実から目をそらすことになる。
戦争が嫌だと言う人間は単細胞。
人類は戦争の歴史だったのだから。

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:16:15 ID:7Jgo6FNM
>>60
見た見たw
「人生観が変わりました〜」とかいってるやつだろ?ww

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:17:01 ID:5M3S/HVO
>>62
アホかてめーは

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:17:28 ID:AyUTbYr0
クリントが「南京」を撮るんだっけ

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:17:33 ID:K4Ys7sld
>>59のような人間があふれている今の日本のことを栗林さんはどう思うだろうか

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:18:22 ID:GkJryzk0
>>59
いろんな感想があっていいんだよ
あんな死に方嫌だ、戦争いやだって十分な感想だ

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:18:26 ID:KQA4Evgy
もし北朝鮮とかと戦争したら日本海側の海岸で、ああいう死闘が行われるのだと考えたら恐ろしいと感じた。


69 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:18:46 ID:l2Icoe6k
>>62
お前生きることは戦争だ、とか言ってそうだな

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:21:13 ID:KQA4Evgy
栗林中将のおかげで最期まで兵士の士気は衰えなんだというが、
映画を見るとかなり士気が落ちているように思えた。
監督の意図なのだろうか。
それにしてもひどい映画だ。
また米兵が捕虜を殺すのを入れたのは監督の英断。
しかし意図はどこにあったろうか。

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:21:24 ID:GkJryzk0
栗林さんのお孫さんのしんどうさんのサイトみたよ

衆議院議院だったんだな
硫黄島コーナーがあって勉強になった
あまりお孫さんは顔似てないな

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:22:58 ID:I8o5wmvy
>>69
その通り!さすが!
人間は生を受けてから死ぬまで戦わねばならない。
学校での受験戦争、会社での出世争いetc

で、この映画を観て「戦争は嫌だ」なんて感想だけでいいのだろうか?
前スレの719みたいな坊ちゃんばかりが日本の多数を占めたらこの国は終るぞ。
66氏の言う通り栗林中将も泣いてると思う。

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:23:33 ID:AqT8tYJM
「人生観変わりました!」
「中将かっこいい!」
「大切な人と観てください」
「せーの、硫黄島サイコー!」

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:24:20 ID:KQA4Evgy
それにしても栗林中将のリベラルな考えと、最期のあっけない万歳突撃と自決はかなり溝があったように感じた。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:24:58 ID:GkJryzk0
どの国の歴史も戦いの歴史だな。
日本の歴史も名も知られていない武士や人の犠牲の上に新しい時代が始まる。

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:25:02 ID:fKQUpnLJ
>63
そういうCMが出るってことは興行苦しいのかな。

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:25:25 ID:5M3S/HVO
>>72
煽りかと思えるほどのバカだなてめーは。

栗林中将だって戦争なんてできればしたくないだろうよ。
まぁ戦争屋として飯くってる奴ではあったんだが。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:26:00 ID:I8o5wmvy
しかも719は
>こんなこと書くと軍事ヲタみたいな戦争好きの野蛮でエキセントリックな連中からバカにされるんだろう。

↑などと抜かしてる。
俺は軍事オタで戦争好きではあるが、野蛮でもエキセントリックでもない。


79 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:26:14 ID:DGq96bD/
これもショウビズだよ
この映画に投資してるひとだっているんだから、儲けないと

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:26:39 ID:M1Cqkqg/
               __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
 ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!        
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,


81 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:27:28 ID:KQA4Evgy
ところで自決に二種あるのはなぜだ。
鉄砲と手榴弾とあった。

また男爵ともあろうバロンがなぜ硫黄島にこさせられたのか不思議だ。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:27:56 ID:5M3S/HVO
明らかにラスト・サムライが興行成功して、日本でも受け入れられるだけでなく、諸手をあげて礼賛されたからこそ、
スピルバーグはこの映画を作ったんだろう。

アメリカ人としても、自分が強大な敵と戦って勝ったということは自尊心をみたすし、
逆に負けた日本を褒めることでも、器の大きさをアピールすることができる。

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:27:57 ID:I8o5wmvy
残念ながら腹減ってきたのでシュークリーム食ってくる
しばらくまっててくれ

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:27:58 ID:2EHsCcSi
>>74
リベラルとは違うだろ。
客観的論理的思考が出来た人なんだろう。
思想的には純粋な愛国日本人だと尾思うが。

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:28:53 ID:PTDxDiyW
>>60
マジで、この作品だけはそういうCMは止めてくれー!

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:29:27 ID:cuKtYN6p
BF1942 FHイベント実況
http://pcgame.zapto.org:5869 これをメディアプレイヤーのURLにいれたらみれるよ


現在サイパンの戦い

実況スレ
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/livevenus/1166278061/

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:30:34 ID:FTmpZlVw
捕虜の日本人が、裸で軍艦の掃除をさせられてます
しかも大勢のアメリカ人の前で(爆笑w

ttp://cbingoimage.naver.com/data/bingo_22/imgbingo_71/copy_saru000/28015/copy_saru000_19.jpg


88 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:30:42 ID:2EHsCcSi
今日、2回目を見てきた。
隣に40代くらいのチャラチャラオバンが2人いたんだが、
ジャニタレファンらしく「〜の二宮君かわいかったよね〜」
みたいな会話でうるさかった。

「ところでこの映画ってなんとかケン・・だっけ?
 そうそう、ハリウッド映画出てた人。あの人出てるんだよね?」
「なんか、日本の戦争映画みたいよ。ドイツとだっけ?あれっ?アメリカ?」

サンドイッチほうばりながらの会話に、正直泣きたくなった。

映画が始まった後も、「今の二宮君、よくなかった?」
みたいなヒソヒソが続いてうんざりしたが、爆撃シーンあたりから沈黙。
エンドロールが終わって電気がついて、出口まで後ろにいたんだが、
一切会話なし。

こんなオバンまで黙らせる重さに改めて納得。
でも、最初は泣く事すら出来なかったけど、2度目は何気ないシーンで
泣けました。もう、テーマ曲聞くだけで涙が止まらなくなる...。

89 :66:2006/12/16(土) 23:31:05 ID:K4Ys7sld
>>72
お前のような人間が栗林氏には嘆きの対象だと言ってるのだよ。

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:32:01 ID:tpGSXStj
>>85
しかも二宮押しでしたw
謙さんにしろと

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:32:58 ID:i1Xmy1Zs
テレビで硫黄島では、今だに昼間でも英霊が現れると
言っていたがこれは何とかならないものなのか・・・

こういう場合、出てこられた英霊に『南無阿弥陀仏』
と唱えるのは、ある意味無礼なことなのかな。。。

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:33:09 ID:DYySiKOq
>>77
栗林も「こんな戦争がなかったら、おまえ(奥さん)とのんきに暮らせただろうに」って
手紙だか会話で言ってるんだよね。
まぁ、こんな事態になった以上、一生懸命やるしかない、って気持ちだろうな。

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:35:01 ID:iJq4HAUR
リベラルな栗林はギリギリまで戦った末に
弾薬や食糧が尽きたので最後の突撃に至ったんだよ
死亡の状況は不明なままで(多分戦闘死)
映画の中のように自決する余裕はなかったと思われ

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:35:11 ID:cYPK9Vgu
>>61
そんなことはない
「戦場にかける橋」(古いほう)
とか傑作は一杯ある

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:35:26 ID:KQA4Evgy
二宮はややアイドル臭くて嫌だったな。ニヤけた喋りが気にくわん。

火炎放射器は残忍な兵器だ。

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:35:27 ID:5M3S/HVO
ところで、二宮とけっこう仲良かった感じの憲兵じゃないあのちょっとピザ気味のヒゲの奴いるじゃん。
あいつラスト・サムライにも出てたよな?

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:36:21 ID:qT8JVgrU
>>87
日本人よ、これが戦争だ

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:38:05 ID:KQA4Evgy
しかし二宮は投降したくてしたくて仕方ない恥ずかしい日本人を演じたな。
そういう気分はあったとしてもあのように描かれるとなんだかなと思う。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:38:24 ID:tNY82Qo+
新しいCMが二宮押しなのは、若い人、コメント言ってるような
若い女性にも足を運んで欲しいからだろう。
客層今のところ中高年、ご老人中心だからね。


100 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:38:37 ID:3vK5U6lG
戦争映画で最高なのって「メンフィスベル」じゃね?
あれは最高だったよ。
お前らは見たか?

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:40:12 ID:ljobrLmN
>>78
軍事オタらしいので教えてほしいんだが
日本軍はマリアナ沖海戦で制海権を完全に失ったのに
なんで本土に戦力を集結させずに硫黄島防衛にこだわったの?

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:40:15 ID:5M3S/HVO
>>99
フツーに若者多かったが。高校生とか、カップルとかもいたし。

そもそも映画に限らずほとんどの商品の消費の中心は若年層がメイン。

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:40:34 ID:ABRHt+wj
>91
これはどうも本当らしい。
自衛隊員では刑罰の一つに硫黄島行きというのがあって
硫黄島で数日キャンプをするらしいんだが
どんな刑罰より”キク”と聞いた。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:41:35 ID:cYPK9Vgu
>>101
>>78じゃないけど、
映画で説明されてんじゃん

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:42:44 ID:6cn+DGm1
戦争がなきゃインタネットも無く、2ちゃんねるも無かった。
戦争がこの世界に昔から無ければ、
もっと不便な生活をしていたでしょう。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:43:14 ID:4B6GQHbB
1000 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/16(土) 23:19:12 YhxM7qCh
裕木奈江のおしっこ尿道口から直に飲みたい

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:43:39 ID:nQAOD1sm
硫黄島で自分だけが被害者のように勝手に考えず、日本人はこうした映画も見るべきだ
こういう映画を見ること自体がイーストウッドの2つの視点の意味だろう

最新の南京大虐殺映画  「五月八月」May & August 香港2002 
導演:杜国威  出演:サリー・イップ葉童
 二人の幼い子供の目を通して描いた南京大虐殺事件。9歳という年齢ゆえに自らの
置かれた状況を受け入れていく過程がかなり切ない。子供の微妙な心理描写は非常に
上手い。ラストシーンでは鬼のような日本人でも泣くだろう。

 1937年12月に南京事件が勃発、日本軍が進行して来る。五月(徐忻辰)は9歳、幸
せな家族の中で成長してお父さん(閑静)は知識人で中学で先生をしている、お母さ
ん(葉童)は美しい。祖母さんは口うるさいけど優しい。妹の八月(裘立爾)は飼い
犬の鼓動を可愛がる。
 ある日五月は銃声を聞き、遠くで人が何人もなぎ倒されていくのを見る、八月は何
も解っていない。日本軍の侵攻にお母さんは恐れるがお父さんは優しく家が一番とい
う、やがて日本軍を恐れ隣人の町の人々は逃亡した、五月は大事にしていた猿の人形
をあげる。
 しかし数日後ほとんど殺されほんの少しが負傷して帰ってきた。家の中の食糧がつ
きて、お父さんはやむを得ず、危険を冒して南京大通りへ行き、衣服と交換に食糧を
手に入れようとでかけた。夜外の音にドアをあけるとお父さんについて行った鼓動が
お父さんの腕をくわえて帰って来たのだった。
 お母さんは気丈に屋根裏部屋へのはしごを壊して密室にして、日本軍から子供たち
を隠そうとする。そして子犬がいれば敵の注意を引くことを心配し、捨てることを決
める。五月と八月は捨てないでと頼むが、お母さんは谷川辺へ子犬を放すことしかで
きない。

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:44:26 ID:HZKR32gS
> かつてこの島へ霊感の強い人が上陸しようとしたら死霊がその人のところに集まったらしく、
> その人は気が狂ったように自分で自分の顔や頭を殴り始めた。
> まわりの人があわてて船に連れ戻し、島から逃げて帰ったとのこと。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:44:41 ID:z1MDenv+
>>91
『南無阿弥陀仏』
これは煎餅信者に唱えてやれ。




110 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:44:42 ID:3vK5U6lG
正直あの時に日本は負けてくれてよかったと思ってるよ。
まぁ遅かれ早かれアメリカとは戦争したんだろうけど
もしその戦争が今だったとしたら?
俺たちも死ぬだろうしな。
今が平和で、しかも同盟国がアメリカというこの現実。
俺たちは幸せな時代に生まれたんだ。


111 :107続:2006/12/16(土) 23:45:36 ID:nQAOD1sm
ある夜、日本軍はついにやってきた一軒ごとに入って人々を殺して強奪する。五月
の家にも来た。日本軍はおばあさんを殺しお母さんを強姦した。五月と八月はお母さ
んの作ってくれた密室の小さい閣に隠れて無事だったが、お母さんの精神は崩壊寸前
だ。ある日八月が高い熱を出し、お母さんは仕方がなく危険を冒して漢方薬店へ行く。
五月はそっと後をつける、気づいたお母さんは五月を逃そうとしたが日本軍に発見
される。薬を託された五月はお母さんが10数人の日本軍悪鬼に引きずらて行くのを見
たのだった。
 五月は妹を守り身を隠した、しかし空腹を訴える八月に請われ、食べ物を求めて町
へ出た、2人は外国の修道女が医療所を開いている場所に出た、修道女は優しくパン
を渡し、傷に薬をくれてお母さんに付けてもらいなさい、「メリ−クリスマス」と言
う。それって何?という八月に五月も答えられない。

 死体ばかりの中、さまよう2人は難民区で五月の叔父に出会う。叔父さんは2人を
連れて、船を借り危険を冒して南京から鎮江へ脱出する。途中日本軍に銃撃されたが
、ついに五月たちは叔父の家につく。
 家は裕福で叔母と祖母、従兄の天宝(李棟輝)がいた。食卓を囲む様子は五月は自
分の家を思う。ここでは日本軍は来ておらず、空襲警報に驚く天宝に五月は信じられ
ない気がする。叔父は五月に学校に行かせる、自己紹介しなさいという先生に南京か
ら来たとしか言えない五月。
 南京で友達になった方毅が郊外で父と乞食をしているのに会う、彼も生き残りで両
親は彼を救うため日本軍の銃弾に身を投げたという。彼の描いた絵には、おびただし
い人の死体、切断された腕、真っ赤になった河など残酷な殺戮場面だった。

 日本軍はついに鎮江にも来た、叔父は殺され叔母は五月と八月を残して逃げた。五
月たちはまた苦しい目に会う、川辺で孤児の一団を連れた外国の修道女に会う、百人
以上の南京からの避難民だ。彼らは江水に対して大声で叫ぶのだった
・・・・・「お母さん!」。

この映画で涙を流さない日本人はいないだろう、その涙で自分の国が何をしたかも
考えるべきだ、それがイーストウッドのメッセージだ。


112 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:45:50 ID:DGq96bD/
日本が勝ってたら北朝鮮みたいになってたとか言うひともいるね。
うそだけど。

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:46:31 ID:d3tt9b1l
映画とは関係ないけど、日本軍の軽機関銃で小銃弾をそのまま撃てるやつって無かった?
「残ってるのはライフルだけです」って言ってたのが気になって。

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:46:38 ID:2Fo+mmcz
>>106
1000 :名無シネマ@上映中 :2006/12/16(土) 01:36:04 ID:K9+MDKiT
裕木奈江の使用済みオリモノシートほしい。

その前スレの1000

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:47:08 ID:4B6GQHbB
「我々2ちゃんねら〜が硫黄島スレで一日でも長く安泰にカキコする為なら、 我々がこのスレッドを守る一日には意味があるんです!」

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:47:21 ID:dVm/h2dA
市丸中将が『ルーズベルトに与ふる書』って手紙を預けた兵士が
どうやって戦死したか知らないけど、火炎放射器で手紙ごと焼かれなくて
良かったと思った。

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:48:33 ID:5M3S/HVO
>>111
アホかてめーは。
イーストウッドなんかただのアメリカ人でしかない。
日本人へ向けて云々など笑わせるわボケw

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:49:32 ID:PTDxDiyW
>>101
前スレの877を見ろ

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:50:44 ID:+OlYCirv
明日3回目イッテクル!!
1回目は公開前の試写会、2回目は初日にみたけど
どっちも舞台挨拶付きだったから
今思うと贅沢だな。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:51:12 ID:ABRHt+wj
>>5の一番下の動画に火炎放射器の映像もあったけど
本物はすごいな。


121 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:51:20 ID:3vK5U6lG
ぶっちゃけアメリカと組んでれば日本はずーと安泰だと思う。
こんなこと書くと「アメリカのポチか?」なんて言われてしまうが・・・

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:52:24 ID:h44em00s
少なくとも、中国と一緒にいるより安全

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:52:28 ID:6cn+DGm1
太平洋戦争が始まる前は、日本とアメリカって仲良しだったんだよね。
今みたいに。

124 :101:2006/12/16(土) 23:53:06 ID:ljobrLmN
>>118
ちょwそれ俺が書いたやつw
いや、ソ連を介した和平工作に期待してたとかさ、
松代大本営の建設が間に合ってなかったとか、硫黄島で稼いだ期間を使って
なんか目的があったのかなと思って。

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:53:43 ID:tpGSXStj
>>121
アメリカに「だまってろ」と言われても吠えちゃうとか

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:54:03 ID:d3tt9b1l
Q急に
B米軍が
K来たので

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:55:05 ID:t7JEduE6
グロありって注がついてるやつ、どうも怖くて見れない。

偶然だとは思うんだけど、前に知らずにスナッフムービーを見ちゃった夜
ペットが死んじゃって二重にショックだった。
朝まで眠れなかった。

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:57:01 ID:KQA4Evgy
映画の中で手がとれたのとか、手りゅう弾自決の死体とか、あのグロ映像がもとになってるんじゃないのかね。
あれが戦争の真実なんだと思う。
もっとひどいだろうね。

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:57:47 ID:ABRHt+wj
確かに後半にグロがあるので苦手なら見ない方がいい。
でも気持ち悪いというより悲しくなった。
顔はきれいなままなのがなおさら悲しい。
いい顔してる若い男性ばかりだ。

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:59:14 ID:lkhnw0oE
彩度を押さえた映像のせいか乾いた画で、南方の蒸し暑さが感じられなかった。
当時はそれが普通だったのかもしれんが、「天皇陛下万歳!!」には失笑してしまった。
それと中村獅童の行動はコントにしか見えなかった。
あれだけ大見栄切ってんだから地雷身につけて敵陣に突入と思いきや寝転んで戦車来るまで待つといった間抜けな行動。


131 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:01:12 ID:C14xLAtg
グロというか厳しいシーンがはいった写真や映像は
WW2のころは本国で放送されなかったし
ハリウッド映画も主人公は弾にあたらないのが
お約束だったけどね。ベトナム戦争あたりから
軍がコントロールできない映像が流れたりして
アメリカは戦争に弱くなった。

リアルを追求した戦争映画が最高の反戦映画になるのは
戦争が厭なものだからだな。

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:01:45 ID:bKrG8sJi
http://www.nagaitosiya.com/a/new_deal.html

戦争は政治というよりは経済活動。
この筆者はドイツによるホロコーストを信じ込んでいるようだけど
それ以外はほぼ正解。
ニューディール政策は失敗し、アメリカの不況と失業者問題を解決するには
もはや戦争しかなかった。
経済学ではおなじみの「軍事ケインズ経済学」である。
アメリカ(ルーズベルト大統領)がユダヤ財閥からの圧力に屈して真珠湾
攻撃を誘導したことは本にも出ているんじゃなかったかな?

ちなみにヨーロッパでWW2を始めたのも、ユダヤ財閥の子飼いのチャーチル
首相。(フランスはイギリスにそそのかされたww)

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:02:03 ID:tAQjcHI7
>>111
酷い話だよね。まるで通州事件みたいだ。

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:02:16 ID:yiyhHcdy
伊藤が捕まったとき、洞窟の中だったよね。
結局あきらめたのかな?

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:02:18 ID:AqT8tYJM
アメリカ版予告編うpしました。

ttp://www.youtube.com/watch?v=yLNbD82a6cM

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:02:42 ID:d3tt9b1l
戦争はゲームでやるのが一番。

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:03:00 ID:X0decZFl
ユーチューブの映像だと暑さが伝わってきたな。

全体としては当時の映像をもとにして忠実にやろうとしているのは分かった。

ただ実際はもっと残酷だっただろう。確かに米兵の死体は少なかった。日本人は二万人も死んだのか。悲惨だ。

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:05:14 ID:C14xLAtg
>>130
穴から出たら基本的に火力の差がありすぎてすぐ殺されるから
戦車の近くに行きたければ死体のふりして待ってるしかない。
史実では本物の死体から血をぬりたくったり腸を引きずり出してかぶったりした。
アメリカもすぐに学習して死体にも攻撃するようになったから
後半はあまり有効でもなかったようだが

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:05:19 ID:y5yLjDRk
>>111
てっいうか、硫黄島は事実に基づいているから重い訳で、
南京はほとんどがデタラメでしょ。どうして母子だけになった
家族を日本軍が殺そうとする訳?必然性も客観性もないじゃない。
ただただ日本人は民族的に残虐で殺人鬼だと言いたいだけのような
ストーリーじゃない。考える余地もない。

釣られますた。

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:05:51 ID:xqtKite0
>>101
米軍の硫黄島攻略理由をなんかで読んだ。うる覚えだけど。

・日本本土に爆撃する際、小笠原諸島上空を通過するので本土に爆撃機が向かってると連絡が行ってしまう。
・本土爆撃後の帰還する爆撃機がダメージを負っていたりした場合、小笠原近辺でたやすく撃ち落とされてしまう。
・硫黄島を本土攻撃の前線基地にして、効率よく爆撃をするため。

日本からしたら、上記の理由からしてなんとしても硫黄島を守らなければという事だと思う。


141 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:06:15 ID:OEFr3t0z
アメリカ人も2万人死にました。悲惨です。

142 :107:2006/12/17(日) 00:06:20 ID:nQAOD1sm
日本人が見るべき最新の南京大虐殺映画
参照 >>107 >>111
hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:06:32 ID:zEVJ4AQr
西竹一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80


740 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/14(木) 00:19:15 ID:WOmiw3Za
バロン西がかっこ良すぎたから、いくらなんでも演出しすぎだろと
思ってたら、実物は映画の比じゃなかった。
こんな漫画みたいな人間実在していいのかよ。空いた口がふさがらん……。

http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html

http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html

http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:06:51 ID:GdmPAdq1
清水もあそこで西が手紙を読まなければ死ななかったのに。

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:07:23 ID:0Br4awSF
日本軍は中国は便衣兵がいるから民間人も殺した。

アメリカ軍は日本では民間施設で軍需物資を生産してるから焼夷弾の雨を降らして空襲で何十万人も焼き払った。

これは同じ論理。

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:08:49 ID:KpxxTqMG
>>107
硫黄島で被害者?どういう意味?被害者なんてものが描かれてた?
この映画で?

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:09:08 ID:3p9JFURZ
イーストウッドが、雑誌だかで「南京」の話してたんだが誰か読んでない?
うろ覚えなんだけど、「そんなの撮るくらいなら天安門(チベット?)
の映画を撮るよw」くらい言ってたw

本当に凄い爺さんだと感動した。
たぶん映画の雑誌だったと思うんだけど・・・

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:09:12 ID:a4wob2X0
南京大虐殺は真偽が怪しいけど、盧溝橋事件を中国側や、国連査察団の視点から、
日本人の手で映画化して欲しいねぇ。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:10:20 ID:PxzS/GHW
>>144

それを言うなら、上官の命令に素直に従って、犬を殺していれば、だな。

西が戦意を喪失させるような、あの手紙を延々皆の前で、読み上げるのは
あり得ないと、思ったが。

150 :^:2006/12/17(日) 00:11:39 ID:jXqNDBsw
 今日見てきました。ちなみに「星条旗」の方は観てません。
よくあるベトナム戦争を題材にした米映画に比べるとやはり日本人がバタバタ
死んでいくのは生々しい。特に自決シーンは。二宮が次々と上陸して来る膨大な
米軍兵を目の当たりにするシーンでは私自身が感じた絶望感とは少し離れた反応を
見せたのでやはり予想はしてたというのが分かりました。ドンパチと始まると
よくある戦争映画と重なってしまうのですが「バンザーイ」→自決などの場面で
引き戻され痛々しく重いものを投げかけられるような気がしました。
 私はどうしてもハリウッド映画には懐疑的で自国あるいは自国民は正しい
強い、賞賛されるべきだ的な色が見えてしまうのですが、この映画の日本兵の投降者や
バロン西の捕虜に対する扱いはアメリカ人の観客にどう映るか興味深いです。
あれは1米兵のやったことだとか、バロン西はアメリカ滞在経験があるからというふうに
解釈するのでしょうか。ただ、過去の恥部も含めて真っ正直に描くのは米映画の素晴らしい
ところで、太平洋戦争での硫黄島の戦いをハリウッド映画でしかも日本側の視点で
見せつけられるというのは少々悔しい気がします。日本人の描写が正確に近い(と思う)
のでその思いは強くなります。
 映画を観た興奮が残るまま長々と書いてしまいました。すみません。
硫黄島に関しての認識が薄かったのでその意味でも見て良かったと思いました。
日本人が描いた映画や書籍でオススメはありますか?よかったら教えてください。
 

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:11:52 ID:X0decZFl
憲兵隊はあんなにひどいことをしていたのか?
あの犬殺しのエピソードはまるで時代劇風だった。

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:13:29 ID:P/qbpdKr
>>141
 よくある勘違いなんだけど、2万人死んでない。
 『死傷者』が確か2万何人かで、死んだのは6〜7000人くらいだったと思う。
 日本軍は『戦死者』が2万人。

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:15:10 ID:QhQyetUA
しかしあの戦車の火炎放射器は何メートル届くんだ
しかもあれ火炎じゃなくてほとんど放水みたくガソリン?撒いてるのね。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:16:56 ID:AzAR5LgU
5日で陥落する島を36日も耐えた二万人の日本兵に捧ぐ

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:17:59 ID:wITUlvcT
父親たちの星条旗 65点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50832418.html

硫黄島からの手紙 80点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50870460.html

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:18:26 ID:X0decZFl
父親たちの〜の火炎放射器による「助けてくれ〜」はなんか変な感じがしたが、硫黄島からの手紙では変な日本語は一度もなかった。
だれか日本人スタッフがチェックしたんだろう。

日本人監督が撮ったといわれても気づかないほどのできだな。
変だといえば天皇陛下万歳としきりにいったことかな。実際は万歳突撃はほとんどなかったんだろ?

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:19:58 ID:ft4wYiNP
>>40
絵に描いたような植民地根性だな。釣りか?
今日からお前のあだ名は「ポチ」だ。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:20:31 ID:y5yLjDRk
>>111

うちの死んだじいさんは下士官で南京戦に参加してたんだけど、当時の軍隊は
軍規にはとてもやかましくて、民間人の虐殺とか略奪なんてあり得なかったと
言っていた。じいさんの部隊だけじゃなくて他の部隊でもそんな話は聞いた事
もないって。

南京に入城した時はそこら中に支那兵の軍服が散乱していて、彼らが退却する
時に略奪されたり強姦されて殺されたりした人たちが相当いたらしい。
概ね南京の人たちからは歓迎されて入城したと言っていた。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:20:32 ID:daj99lFm
>>135
なんかアメリカ版の予告のほうが出来が良く感じるのは俺だけ?

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:20:42 ID:CG2EBf5t
栗林が、前傾姿勢で天皇陛下万歳って言ってたのは、
塹壕が低くて手が天井に当たるからかな。

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:20:48 ID:qnlcX6XV
>>156
968 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/16(土) 15:16:37 ID:zOkeHWk2
Iwo Jima
My trip around the island of Iwo Jima for the 61st Anniversary
http://www.youtube.com/watch?v=pH9VLn6gCrA

Japanese Kamikaze pilot survives but then grenades himself
http://www.youtube.com/watch?v=WdHezBN5mBE
A japanese Kamikaze pilot survives but then pulls out a grenade手りゅう弾 and kill himself

WW2 japanese kamikaze pilots
http://www.youtube.com/watch?v=tCvS5GGMKso

ww2 japanese suicide machines
http://www.youtube.com/watch?v=357ypTz0nek
a rocket powered flying bomb, a manned torpedo有人魚雷 and a suicide boat

kamikaze attacks at okinawa
http://www.youtube.com/watch?v=wKdqq3UVOo0

星条旗スレに貼ってあったが、これを見ると
> 実際は万歳突撃はほとんどなかったんだろ?
このことは肯定できない。

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:23:08 ID:GE5wHc9V
>>135
これって日本版と明らかに音声違うよな
また声撮り直したのか

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:23:32 ID:jmKEG41L
微妙に聞き取りづらい台詞にリアリティを感じたな
「渡る世間」みたいなやたらハキハキした説明口調嫌いだから

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:23:49 ID:2WC5guUo
くそっアク禁かよ

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:23:57 ID:zEVJ4AQr
硫黄島の戦いで、日本軍は守備兵力20,933名のうち20,129名(軍属82名を含む)が戦死した。
捕虜となった人数は3月末までに200名、終戦までにあわせて1,023名であった。
アメリカ軍は戦死6,821名、戦傷21,865名の損害を受けた。

ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:27:55 ID:hdwayrqV
>>160
敬礼しながらの万歳は実際にあった作法らしい。

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:30:17 ID:SgjEmTWY
前スレにあったこれの西の方で何かすごく泣けてしまった。
これだけアメリカと友好関係結んでたとはな。

16 :名無シネマ@上映中 :2006/12/16(土) 00:55:42 ID:w6tRj5on
バロン西のスライドショー
ttp://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI&NR

栗林中将の絵手紙のスライドショー
ttp://www.youtube.com/watch?v=jkrl9taG7_I


168 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:30:35 ID:vrp2X1yr
>>135
声のトーンが違うなぁ〜〜、どうせなら2回目は全米配給版を見てみたいもんだ

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:31:16 ID:tu6+bcGF
オレこのDVD買ってしまいそうな勢い。

「硫黄島 地獄の36日間」
ttp://www.uplink.co.jp/webshop/log/001639.php

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:31:50 ID:CG2EBf5t
>>166
そうなのか。サンクス。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:36:28 ID:5RIfiWuY
>>169
欲しいなー

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:36:49 ID:1m6XPisY
>>169
俺は買うぜ

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:38:39 ID:5RIfiWuY
>>172
買うことにした

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:39:09 ID:N63YYLM/
南京事件とホロコースト(ユダヤ人虐殺)というのは、連合国が同盟国
を「悪」に仕立てるための作り話だ。
三国同盟のイタリアが悪く言われないのは降伏後、連合軍に寝返ったからw

イタリアとフランスは信用できない(あいつら厨房でフライパン振っている
のがお似合い)

日本がドイツに呼応して、ソビエトとイギリスを攻撃していてば世界史
も変わっていただろう。

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:39:37 ID:aROq45ei
二宮のあの現代からタイムスリップしたような思想の役は、
日本人以外の人かれすれば感情移入しやすいし大事役だろ
てか主役といって過言でない。
映画と外人客を繋ぐパイプ役のようなもん

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:42:20 ID:5RIfiWuY
サントラって売ってる?

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:42:33 ID:/guhGM6h
>>135
それスピードコントロールした?
声もBGMの音程も全然違うんだけど。
遅く低くなってるから、全体的に重めに見える。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:44:17 ID:fzRjo3FA
>>176
2006/12/20発売。絶賛予約受付中。

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:44:38 ID:X0decZFl
きょう田舎の映画館へ行ったんだが、若い奴が多くて驚いた。
知り合いは新宿でみたとき、老人ばかりだったと言ってたがそうでもなかったよ。

180 :知ろう正宗 ◆J0nQdqK.1Y :2006/12/17(日) 00:44:45 ID:2IqPk7xX
本当に賢い上官だったらアメリカの船が硫黄島と取り囲んだときに降伏するべきだったな

そうすれば二万人の日本人の命が救われた

だからロシアのステッセル将軍は賢かった


181 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:45:35 ID:l8mUNZ+K
二宮は客の視点のような気がする。

二宮に感情移入がしやすい、その二宮はすべての場面に関わってる割りには大した行動もしていない。

本当に自分が硫黄島に来ているようなそんな錯覚さえある

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:45:46 ID:2OxSPEI8
ゴールデングローブ賞キターーーーーーーーー

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:46:17 ID:tu6+bcGF
>>172
最初のほうに出てくる航空映像だと、千鳥飛行場とか
元山飛行場がはっきり見えるね。
擂鉢山の南側もまだ吹っ飛ばされてない。


184 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:46:53 ID:vrp2X1yr
>>180
そのかわり、東京、大阪、京都などが大空襲で戦死者が増えたりして

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:50:08 ID:gjRXv9lf
>>182
まじ!?

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:50:20 ID:0Br4awSF
>>175
映画と「外人客」っていうけど、作ってるのがアメリカ人だってこと分かってる?w

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:50:43 ID:fzRjo3FA
>>180
「一番良い作戦はこの島を沈めてしまう事です」

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:51:12 ID:CG2EBf5t
ttp://www.dondetch.com/movie/m&v-4.html

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:53:10 ID:XCiZyPN5
バロン西、実物も男前だとオモ。
背は大きくないが・・当時の人にしたら普通だろう

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:53:49 ID:1m6XPisY
>>173
グロいのが多そうなのが心配だけどねw

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:53:58 ID:FAJYpad6
・中高年男性3割
・中高年女性2割
・若い男3割
・若い女性2割

くらいの入りだった。10代後半の子供がいる家族連れとか
子供はデスノートだかなんだか見て親が硫黄島とか

カップルも何組かいた。

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:56:20 ID:Ocl8t5Mq
               __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
 ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!        
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,


193 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:56:24 ID:0iJH64PM
>>40
同意。

しかし、日本側から見て悲惨な敗戦なのに、何故中国人が暴れるのかわからない。
彼らから見れば、大勢の日本人が無惨に死んでいくんだから嬉しいのではないか?

私自身の気持ちからすれば、この映画をプロパガンダ戦争の道具には使って欲しくないのだが・・・

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:57:41 ID:SgjEmTWY
どうして遺骨発掘作業をしないのかな?
発掘をこれ以上しませんって政府的発表って出てるの?

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:58:41 ID:UrdD8/qs
2週目になって客入りはどんなものかな。
あの新宿ミラノ1は6割り埋まってた。
客層は俺(30)より上が多かった。
隣は若いオナゴだった。
おかげで相葉ちゃんとやら人物に詳しくなってしまった。
金髪らしいよ今。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:58:52 ID:X0decZFl
昨年、手紙が発見されたのは本当なのか?

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:59:11 ID:smqK5ID3
今日ようやく見てきた
ジジババ率が思いのほか高かった
隣に座った老夫婦が最後に
「これが戦争なんだよ・・・たくさんの人たちに見て欲しい」
と話していた
知ってる俳優が出るとやはり現実に引き戻されるから
無名の俳優にやって欲しかったなと思った
感情移入はできなかったけど、重い気持ちにはさせれた
そしてあの人たちが死をもって守った日本・・・今の現状を見てどう思うんだろうと
申し訳ない気持ちになったよorz

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:59:17 ID:IN5dEscy
「日本軍かっこいい!」
「中将かっこいい!」
「硫黄島でまた戦争したくなりました」
「せーの、硫黄島サイコー!」

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:00:32 ID:5RIfiWuY
>>167
絵手紙で泣けてきた。
本物は見れますか?

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:01:45 ID:qKLLCweu
今日見てきた。ラストのあの二ノ宮の笑みはどう解釈すればいいんだ?
しめしめ生き残れたぞって事でいいのかな。
このスレでの総意は出てますか?

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:02:26 ID:AFicKep3
笑ってないだろ
呆然としてるだけで

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:03:46 ID:hdwayrqV
>>199
本物は栗林家門外不出。(謙さんにはコピーを渡したらしいが)

全部見たいなら本を買おう。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E7%8E%89%E7%A0%95%E7%B7%8F%E6%8C%87%E6%8F%AE%E5%AE%98%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%89%8B%E7%B4%99-%E6%A0%97%E6%9E%97-%E5%BF%A0%E9%81%93/dp/4094026762

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:03:56 ID:0XT+2XNc
ttp://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/
少しずつレヴューが増えてきた。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:04:28 ID:aROq45ei
正直二宮も死んだ方が良かったと思う。
出番あった奴全員死亡の方が衝撃がでかいだろ
なぜ生かしたんだ?

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:04:41 ID:lljd92zH
うん 別に笑ってるようには見えなかったよな。
頭殴られて気を失って、気がついてすぐにニンマリ笑うってないよな。

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:06:03 ID:0Br4awSF
>>200

■「死にオチ」映画は、エンドロールが始まるとザワザワと観客が帰り始める。
『父親たちの星条旗』も『硫黄島からの手紙』も長いエンドロールの間、殆ど席を立つ観客がいない。
立てないのだ。『硫黄島?』では、隣の白人老夫婦が涙を流したまま立てないでいた。
■私も立てなかった。立てなかっただけでない。今でも思い出すだけで鋭い痛みが訪れる。
結論に関係するが、誰かの「悲惨な死」に同情するのではない。
我々全員に「理不尽な生」を強いる〈社会〉(を含めた〈世界〉)というものに震撼し、自らの生に怖じ気付くのだ。
■言うまでもなく「理不尽な生」を強いる〈世界〉(世の摂理)を描くことがイーストウッド映画の一貫した真髄だ。

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:07:04 ID:lljd92zH
>>204
本当に生き残った人がいるから。

しかし、中村獅童が演じている伊藤中尉が生き残ったのはムカついたが。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:07:23 ID:qKLLCweu
>>201
え、そうなんだ。一緒に見た友人もそう見えたんで
あれはどういう意味なんだと二人で首をかしげてきたんだが。
なら良かった。何か微妙な終わらせ方だなと思ってたんで。

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:07:55 ID:daj99lFm
>>204
たぶん日本人監督が作ったら殺してると思うよ。
まぁ全滅で救いのない形で終わると海外でのウケも悪くなるしね。
そこは調整したのかも。


210 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:07:59 ID:UrdD8/qs
笑ってるやうに見えたが。
気を失ったとは限らない。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:08:17 ID:Qjqgu+9f
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 粉飾!粉飾!
 ⊂彡

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 上場!廃止!
 ⊂彡

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:08:26 ID:hdwayrqV
>>200
前スレにも書いたが、漏れは一時的にせよ西郷は発狂したと思っている。
少なくともベトナムで多くの精神崩壊者を出したアメリカ人はそう捉えるだろう。
あれだけの地獄を経験し、共に戦った仲間が一人残らず戦死したという状況で
まともな神経でいられるわけがないと思う。

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:09:04 ID:0XT+2XNc
最初の題名「赤い太陽と黒い砂」の通りの映像で、
この太陽を見ながら、私は西郷に正気と狂気の狭間にいたんじゃないかと思う。

生き残れて幸せという表情ではない。
信頼していた栗林閣下の亡骸を埋め、その大事な自害したコルクを敵兵が持っているのに、
西郷は最後の正気を手放したんじゃないかなーーと。そんな感じの脳内補完でした。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:09:07 ID:aROq45ei
>>200
普通にこれで生きて妻と子の元へ帰れるでいいんじゃないか
最初から最後まで妻子の事を気にしてたし

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:09:24 ID:0Br4awSF
■監督にとって、国のために死ぬとか家族のために死ぬといった国の物言いを信じるのは、馬鹿のために死ぬのと同じだ。
それを薄々知るが故にこそヘタレは現状追認的に国家の崇高性を信仰したがる。
傍らの友のために死ぬというミメーシス(感染)だけが肯定できる。
■『父親たち』『硫黄島』は共に「悲惨な死」故でなく「理不尽な生」故の反戦を押し出す。
だが、『硫黄島』は加えて、認知的不協和回避の為の「国の崇高」「潔き自死」の如き逃避的信念を否定。
栗林中将の「理不尽な生」に倣え(ミメーシス!)と推奨する。
■ここに、逃避的信念を回避して「理不尽な生」に耐え得る者だけが
──超越(崇高な国家!)に依存せず〈世界〉の根源的未規定性に開かれた者だけが──]
「理不尽な生」を強いる馬鹿を見通せるという、初期ギリシアに連なる真性右翼ならではのメッセージを見る。
■〈世界〉の根源的未規定性に開かれた態度とは、悲劇を見通す力。
「理不尽な生」を強いる馬鹿が国家を名乗るのが世の摂理。
その悲劇を知るからこそ馬鹿を血祭りに揚げる機会も手にできる。

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:10:16 ID:DbisS77Q
俺は西郷が最後のシーンで笑ってるように見えた

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:11:02 ID:06I6NWIO
こういう映画でも観客の反応入りCMを作るという日本の配給会社はアホすぎ
そりゃ日本映画も衰退するわ
昭和の時代のまま現代を突き進んでる感じ

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:12:16 ID:4+gD83Qy
2回目見てきた。
1回目は色々な意味で衝撃くらって、放心状態だったけど、
2回目は、落ち着いて鑑賞できて、栗林中将の大変さが良くわかった。

なお、8時半からのレイトショウで8割の入り。
横須賀じゃ、すごい数字だと思う。


219 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:12:24 ID:KI8rRvjQ
http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/reviews_users_article.php?articleid=1562750

これ、どうしようもない批評だな。イーストウッドがこの映画を撮った意図を何ひとつ理解してないじゃん…

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:13:11 ID:+4oPksLC
 巷の評価を眺めると評価の分かれる点は以下の2点だな

1 二宮君の現代的演技について
2 感動的(お涙頂戴)映画であったか否か

 まず、二宮君の演技が現代口調であったことについては誰もが異論のないところの
ようですが、本映画で採用すべきだったかという観点では、私はNOなのです。二宮
君の厭戦的で打算的なタイプは確かに現代人に相通じる部分も多いかと思いますが、
「こんな戦争馬鹿馬鹿しい」「無駄死になんてまっぴら」「妻子のもとに帰りたい」
という直接的な感情だけが彼を縛っていたわけではないはずです。

 二宮君は現代の我々に似ているようであって、背負っているものの重みは全く違う
んですね。その違いや重みを忘れて感情移入してしまうことには異議を感じます。む
しろ、理解できない、感情移入できないからこそ、その背景にある重みの何たるかを
考えさせなければならないと思うのです。それこそが、戦争映画の醍醐味ではないかと。

 本作のまま二宮君に感情移入していけば、「戦争はいやだ」「戦争は怖い」「誰が
こんな戦争をはじめたんだ」という被害者意識が強調されていきますが、その背景に
ある重みを鑑みれば、それは赤紙が来たところに溯り、愛国婦人会の婦人に代表され
る世相に怖ろしさを感じるはずです。その世相とは言うまでもなく、世論であり国民
の意思であり、加害者たる自分を感じる事ができるのだ。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:13:39 ID:0Br4awSF
>>218
埼玉の夕方5時からのだと客が3割くらいしか入ってなかったw

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:13:59 ID:1siPvRls
BF1942 FHイベント実況
これをメディアプレイヤーのURLにいれたらみれるよ

実況者さん 隊長
実況URL http://pcgame.zapto.org:5869/
加々美さん1 http://huwahuwa.ddo.jp:5963/ @25
加々美さん2 http://58.87.183.235:8610/ @20
加々美さん3 http://nurupoga.ddo.jp:8080/ @3
加々美さん4 http://lefty-adzuki.ddo.jp:4444/ @50

ついに硫黄島の戦いです!

実況スレ
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/livevenus/1166278061/

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:14:03 ID:daj99lFm
俺も最後の二宮は笑ったかのように見えたが
なんか「人間臭さ」が垣間見えたような感じで個人的には結構好き。
ま、誰だって「生」は嬉しいもんだしね。悲劇の主人公っぽくしないで良かったよ。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:14:35 ID:4UHtskPs
日本でもアメリカでもこの映画を批判してるのは論点ズレた自己中心的で阿呆な自信家ばかり。

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:15:10 ID:xOjsiuyQ
死にたくない、生き残るんだと思っていた自分が、最後キレてシャベルを振り回してしまった
ことに対する皮肉な、自嘲の笑みだと思った。
擂鉢山にかかる暖かい夕日が象徴する安全のサインにほっとしたようにも取れる。

本当に戦争を体験したもんじゃないと真実は分からん、どうとでも取れということだろう。

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:15:26 ID:X0decZFl
あれだけ厭戦的だった二ノ宮が最期は死を覚悟で米兵に抗うという変化を見せたというところに、監督の意図を感じる。
よってただたんに厭戦的ではない映画なのでは?

227 :220:2006/12/17(日) 01:15:35 ID:+4oPksLC
次に、本作が感動的であったかどうかという点だが、中には感動したというバカな意見
もありますが、戦争映画全般の中で言えば、やはり淡々とした戦闘シーン序列の部類
に入る。確かに、幾多の感動的、衝撃的エピソードが入っているとはいえ、本作は最
後の駄目押しがなかったように思う。これには、アメリカ人クリント・イースウッド
が作ったため。

 つまり、アメリカ人と日本人の硫黄島の戦闘に対する感動の基準が異なるのだとい
うこと。戦勝国であり、今なお世界の警察国家であるアメリカ人にとって、命の
代償に値するものは家族愛や友情だけでは物足りなくなっており、いわゆる国家の大
義に殉じることこそが賞賛に値するのです。それは、アメリカが現在もイラク戦争で
犠牲者を出しており、国家の大義に殉じると言わなければやってられないという現実
があるのだ。

 これに対し、日本は戦敗国であり、国家の大儀たるものが失われて久しいわけ。
国家の大義に殉じていった大戦の英霊たちを鎮魂しつつも、同じ大義の心を同調す
ることは極めて困難な世代になっているのです。結局の所、最も理解しやすく、同調
できるのは家族愛であり友情ということになる。

そう考えると軟弱な今の若者にこの映画が受けるのもわかるというもの。

結論から言うと、本作は日本映画ではなくやはりアメリカ映画だった。決して悪い
とは言わないが、栗林中将の末娘たか子への手紙という涙無くして語れない題材をも
とにしながらも、本作は愛情や苦悩を主にした心情描写映画ではなく、勇敢さと決断
を前面に出した戦闘映画であった。

 日本人の心に響く心情描写ものはさすがにアメリカ人製作では無理だったというこ
となのだろうか。上映時間が長いにも関わらず、登場人物の心情描写は浅く、淡々と
した時系列的流れは琴線に響いてこない。映画としての技術、内容のレベルはさてお
き、「男たちの大和」の方がずっと心に響いてきたのはやはり日本人の心は日本人に
しかわからないということなのかもしれない。唯一涙腺が緩くなったのは、冒頭の現
代硫黄島の残骸兵器映像シーンのみ。

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:17:25 ID:tu6+bcGF
栗林中将個人への想いはあつたとしても、基本的には
終始「生きて家族のもとに帰りたい」と願っていたわけだから
最後に安堵の笑みを浮かべたとしても不思議ではない。

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:17:55 ID:dkEin5nx
>>199
http://www.shindo.gr.jp/

孫のしんどう氏のサイトの栗林さんコーナーでもみれる

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:18:26 ID:lljd92zH
笑うって言っても、シメシメとニンマリ笑うっていうのと、ホッとした表情をするのとは
意味が全然違うぞ。
シメシメと思ったような問いかけならば、答えは否だな。
シャベル持って暴れたのも計算づくだったということになるからな。そうじゃないだろう。
笑うというのも色々とあるんだから、そこをハキリさせろよ。
ホッした表情をしたようだというのならば、俺もそうだとは思うが。

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:18:35 ID:IN5dEscy
>>162
オリジナルだと日本語の台詞が聞き取りにくいからじゃないかな?
さすがに日本語の台詞に字幕つけられないから。

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:18:43 ID:0Br4awSF
>>226
最後だけじゃなくて米兵と最初から戦闘してただろ。
そして、捕虜が殺されてるのを見たから投降も意味がないと認識していた。
そういうもうどうしようもない状況であるから、半ばヤケクソでシャベルでも抵抗するしか道がない、というだけの話だろうよ。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:18:46 ID:KI8rRvjQ
>>220
こんな下らん駄文をわざわざコピペして繰り返し載せる意図は?

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:19:09 ID:4UHtskPs
ID:+4oPksLC←こういう「私は真意を分かってます。映画を分かってます」みたいなのもウザ。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:19:27 ID:tu6+bcGF
>>227
> 結論から言うと、本作は日本映画ではなくやはりアメリカ映画だった。

結論に入る前のほうがなげーよ

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:20:56 ID:pifCpTlz
俯瞰で米艦隊を映してるシーンが円谷特撮の寒天の海に見えた

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:21:19 ID:2OxSPEI8
自分は西郷の最後の笑みは
夕日がキレイだったから
ただキレイだなって笑ったんだと思う

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:21:36 ID:eCdvOD2W
クリントンイーストウッドの二部作に共通するのは、行きたくて戦場に行ったのでは無いってことだった。

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:21:42 ID:UrdD8/qs
あの笑みは深いぞよ

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:21:45 ID:0Br4awSF
>>227
「感動」できる映画のほうがくだらないと俺は思うけどね。

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:21:50 ID:AFicKep3
>>232
お前、寝ながら見てたのか?
拳銃の描写あったの無視か

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:22:43 ID:X0decZFl
父親たちの〜では最後に米兵たちが軍服を脱ぎ捨てて浜辺を走るシーンが出てくる。

この映画の対照性でいえば、やはり二宮の笑みは安堵の意ということになる。

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:23:15 ID:xOjsiuyQ
>>232
下らない宮台の詭弁貼り付けておいて、自分は論点のぼやけた感想かよ。
ひとつ、西郷は最後に至るまで米兵をひとりとして殺していない
ふたつ、放心状態の西郷は奪われたコルトを見て突然怒りを露にしたんだよ

おまえ映画観てんのか

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:24:01 ID:hWD9fMjm
アメリカメディアの評論少ないな。
一般人なら公開前だから少ないのは理解出来るが、NYでわざわざプレミアやったのに
米マスコミはあんまり来なかったのか?

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:24:14 ID:0Br4awSF
>>241
あえて無視した。だって>>226はそのことには言及してなかったから


246 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:24:36 ID:hdwayrqV
>>204
生き残った西郷は死ぬよりも恐ろしい経験をしたんだよ。
その記憶を抱えながら残りの人生を生きなくてはならない。
全員殺すよりもそのほうが遥かに残酷な設定。


247 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:25:38 ID:P/qbpdKr
>>237
その解釈、深い意味で嫌いじゃない。
 

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:25:44 ID:hvPi+oy0
不謹慎な言い方だけど、光の中で杖をつきながら歩く栗林中将の
シルエットのポスター、とても美しい。
映画館にあった巨大な5人のアップのポスターもいいなと思った。

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:25:48 ID:X0decZFl
西郷というのは西郷隆盛から取ったものだろう。おそらく監督はラストサムライを見て、
武士道への憧れを抱いていたに違いない。そしてモデルの西郷隆盛からとった。
とみていいかい?

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:25:50 ID:UrdD8/qs
あれ?笑ってる……………のかな?という感じ。絶妙に。
そそるね。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:26:55 ID:0Br4awSF
>>249
むしろラスト・サムライに対してこそ意図的にリンクさせて西郷にしたと思う。

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:27:12 ID:xOjsiuyQ
>>249
名前決めたのはアイリス・ヤマシタかも知れないし分からん。
イーストウッドは別に日本通じゃないんじゃね?
西郷隆盛なんて知らない気がする。

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:27:26 ID:vrp2X1yr
>>227

ヒント

カタルシス 【(ギリシア)katharsis】

1 文学作品などの鑑賞において、そこに展開される世界への感情移入が行われることで、
日常生活の中で抑圧されていた感情が解放され、快感がもたらされること。
特に悲劇のもたらす効果としてアリストテレスが説いた。浄化。

クリントイーストウッドはどちらかというと、感情移入を許さない作風だと思うけど・・。

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:28:14 ID:X0decZFl
西郷なんて苗字あんまりいないだろ。
なんかつくりものっぽい。
伊藤とか林とか、ありふれたのが良かったな。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:28:57 ID:hdwayrqV
>>248
あのシーンだけは本当に硫黄島で撮影したんだよね。
英霊たちの魂が渡辺に乗り移ったのかもしれない。

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:30:06 ID:lljd92zH
>>252
同意
脚本を書いた日系のアイリス・ヤマシタが名前を選んだと俺も思う。

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:30:09 ID:P/qbpdKr
栗林や市丸だってあんまりいないんだから、
西郷だって別につくりものっぽいとは言えないのでは・・・?

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:30:38 ID:UtrIFvx2
西郷隆盛って欝で自殺癖があったっていう九州の人?

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:30:51 ID:pHjj8HEg
>>251
ラストサムライに対抗するなら宗全じゃないと

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:31:01 ID:DbisS77Q
>>228
でも捕虜になった時点では生きて帰れる確信は無いんじゃないかなとも思った

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:31:03 ID:lYAp1Ivw
そうだよね、二宮の笑みは夕日がきれいだったから・・・清水役の人がいってたもん、夕日を見てきれいだとかたいくつだとか思えることがいかに凄いことなのか、幸せなことなのか気付いたって

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:31:14 ID:QWySpw7V
>>252
知ってるぜ!
おいらは黒澤のサムライ映画でスターになったんだぜ!(by クリント)

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:31:58 ID:KI8rRvjQ
rottentomatoesで硫黄島と日本叩きをごっちゃにしてるクズのレイティング。どういう基準なんだかさっぱり分からねえ。

http://www.rottentomatoes.com/source-1608/?sortby=rating

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:32:23 ID:5RIfiWuY
http://dolby.dyndns.org/upfoo3/mov/1166182227211.wmv
既出?

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:32:59 ID:0Br4awSF
>>259
いや対抗って事じゃなくて、欧米人が知ってる名前を持たせたほうが食い付きがいい、
っていう作品そのものよりも興味関心を引くっていう商業的意図かと。
宗全なんて欧米人は知らんて。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:33:42 ID:QWySpw7V
お前らマカロニウェスタン知らないのかよw

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:34:32 ID:DGC1e2BQ
>>150
硫黄島については、山岡荘八「小説太平洋戦争(7)」
全9巻だが読む価値あり

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:34:34 ID:hvPi+oy0
>>255
そうなん?!教えてくれてありがとう。
それを知ってから改めて見ると感慨深い。
映画もポスターもそうなんだけど、明度と彩度が低くて
透明感のある冷たさを感じる。

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:35:43 ID:xOjsiuyQ
>>262
黒澤は西郷隆盛の映画なんて撮ってない気がするが。

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:38:11 ID:X0decZFl
西郷はなんか作り物っぽいってのは、西郷輝彦とか、あるからさ。

ところで、なぜイカれてない捕虜は殺し、イカれた捕虜はぶっころさなかったのか。
そこにも監督の意図を感じる。

それにしても、硫黄島全体の地形がいまひとつよくわからんかった。
擂鉢山をのぞくとあとは大体たいらにみえたのだが、よくかくれるところがあったな。

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:38:16 ID:qKLLCweu
>>261
もしそうだったら素敵だけど、そんな事を読み取れるのは
100人に1人もいないと思う。連想させる顔に当たったオレンジの光とか一切ヒントがなかったもの。
もしなんてな…だったらマジレスしちゃってすまん。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:39:15 ID:l106FOQD
鹿児島の部隊もいたんじゃなかった?
別に西郷がいてもおかしくないのでは?

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:39:39 ID:0Br4awSF
>>270
塹壕ほったんだろ

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:41:28 ID:GSOH2VRN
クリントイーストウッドはクランクインの前に
黒澤の「赤ひげ」を見ると聞いたことがあるんだが、
どなたかソース、知らないですか?

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:42:30 ID:UrdD8/qs
>>271
光が当たってなかろうが、夕日が映ったんだから充分読み取れるが。
真相はともかく。

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:42:54 ID:QWySpw7V
>>269
クリントをスターにしたマカロニウエスタン、「荒野の用心棒」は黒澤映画のパクリ。
クリントはサムライ映画を意識している、というかファンらしい。

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:43:11 ID:aROq45ei ?2BP(400)
あの夕日は沈み行く大日本帝国を表してるんだろ

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:44:54 ID:0XT+2XNc
清水が殺されるシーン。
日本人はこれからのことを考えて話しているのに、
米国人は足手まといだから殺しちゃえって話してる。
言葉がわからないから、殺されるまで日本人二人はわからない。
あのシーンも結構ぐっときた。

「ただ単に夕日が綺麗だなー」って解釈なかなかいいです。
私は狂気、放心状態になっていると思っていたけど、その西郷が夕陽を見てるんですよね。
いろいろとこの映画は解釈の仕方があっていいですね。

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:45:11 ID:hdwayrqV
>>268
確証はないけれど、渡辺はクリントと一緒に半日だけの撮影許可で
硫黄島を訪れている。
そのときに撮れる映像といえば、冒頭とラストの現代シーンを除けば
あの場面以外には考えられない。


280 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:45:31 ID:lljd92zH
>>270
>ところで、なぜイカれてない捕虜は殺し、イカれた捕虜はぶっころさなかったのか。
>そこにも監督の意図を感じる。

あなたは、深読みするのが好きな人のようだな。それはそれでいいと思う。
俺も含めて、殆どの奴は、単純に考える。
周りの日本兵は全くいなく、銃ではなく、可哀相にシャベルを振り回す奴をまともな米兵が殺すか?>殺さない。
捕虜の日本兵2人はまともだが、戦場の中にいて、どこから日本軍が襲ってくるか判らない状況、普通は周囲に
警戒しないといけないのに、自分の危険を犯してまで捕虜の日本兵に気を使う必要があるのか?=自分の命の方が大切
→邪魔な奴、捕虜を始末した方が自分にとっては得


281 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:45:33 ID:xOjsiuyQ
>>276
そんなのは常識だから知ってるってw
日本史まで詳しくないだろうって言ってるのw

でもまぁ西郷隆盛が維新の英雄ってくらいは知ってるかもな。

でもなぁ、二宮の役ってあまり西郷隆盛をイメージするようなタイプじゃないし。
クリント自信も「西郷は兎だ」って言ってるしな。

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:46:20 ID:DGC1e2BQ
上陸地点の砂浜以外は断崖。島の中北部の台地は地形が険しく小山が連なる。

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:46:55 ID:vrp2X1yr
>>271
父親たちの星条旗でも、ラストのエピローグで語られるのは、
激戦の最中の、サーフィンの光景。
 ラストで、星条旗と繋がると思った。

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:48:19 ID:3p9JFURZ
>>263
大丈夫。こいつの他のレイティングも見てきたけど明らかに国粋系の人。
「good German」ってジョージクルーニーの映画もタイトルの時点で
叩き入ってる・・・w
日本人でも「日本軍が善戦した事が描かれて無いから駄作」って
言ってる人と近いかも。

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:48:35 ID:X0decZFl
この映画は各所各所がもう一つの作品とつながっている。
ラストのシーンもおそらくつながっている。のではないかい?

286 :283:2006/12/17(日) 01:49:14 ID:vrp2X1yr
>>283
すまん、サーフィンじゃなくて、海水浴だった。
自己レス、スマン

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:50:35 ID:GCyvoobN
西郷という名前は西郷隆盛からとったんだよ。
西郷隆盛はアメリカで人気だから。
NHK大河ドラマ「翔ぶがごとく」がアメリカで放映されてヒットしたから。

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:50:47 ID:X0decZFl
>>280
伊藤も殺されなかった。
投降しようという奴は殺し、投降しようとしないが、どうしようもない奴は助けるとみた。
なんか変だな。

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:52:43 ID:sRpFM+b3
西郷の表情は微妙。
敵の手に落ちたすでに日本領土ではなくなった硫黄島。
そこの地獄の戦場からの、自虐を含んだ開放感みたいに思った。

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:52:56 ID:/guhGM6h
当たり前のものを、それがどれだけ普遍的であったか気付く瞬間がある。
夕暮れが橙だったこととか、自転車のハンドルを握る手が指先まで冷たくなっていたこととか。
そんなごく些細なことね。
そういうときの感動ってとてもじゃないけど言葉にすることができない。
言葉にした途端に手から逃してしまいそうな脆弱さがある。
西郷のあの表情もそれと似たものだと思う。
当たり前のものがいかに当たり前なのかと実感した瞬間。

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:53:13 ID:KI8rRvjQ
>>284
というか
http://www.tonymedley.com/articles_list.htm
ここみたら、
Japanese and the Comfort Women
Rape and Japanese Hypocrisy
みたいなの書いてるやつだった。
こんなやつの批評カウントすんなっつの!

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:54:11 ID:lljd92zH
>>288
伊藤が殺されなかったっていうか、戦争で、戦意喪失しててボーとしている奴を殺さず、
捕虜にするのは、まあ普通のことで、俺としては、無責任な伊藤が自決しなかったのが、
見ていて腹立った。


293 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:54:15 ID:xOjsiuyQ
>>278
観ている最中、バロン西が米軍捕虜の手紙を読むシーンでぐっときたが、
翌日なにかしている時、でもあのサムは捕獲されて怖かっただろうな、
でも西に英語で語りかけられてほっとしただろうな、と思ったら急にあの
米兵が気の毒になって泣けてきてしまった。
映画の帰り道では突然マイクのこと思い出して泣きそうになったし。

なんかこの映画、全編にわたってそういうPTSDみたいな効果がある。
そしてこれは星条旗の方でもまったく同じ。
実にやばい映画だ。

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:54:58 ID:qpQSxWzL
>>270
>それにしても、硫黄島全体の地形がいまひとつよくわからんかった。
>擂鉢山をのぞくとあとは大体たいらにみえたのだが、よくかくれるところがあったな。

実際も、だいたいそんな感じ。
だからこそ、栗林中将は地下要塞を構築した。
まあ、100%完成はしなかったけどね。
予定よりもかなり地下坑道は短かった(本来なら、擂鉢山まで坑道をつなげる予定だった)。
それでも十二分に威力を発揮し、米軍に膨大な損害を与えたのは周知の通り。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:55:11 ID:X0decZFl
>>290
ちょっとそれはないと思うね。
ただたんに一作目と同じ、安堵の意だろ。
夕日云々はさほどの意味はないと思う。

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:55:22 ID:hdwayrqV
>>285
「生き残った者の苦しみ」という点で星条旗に繋がるね。
西郷もドクと同じように死んでいった仲間の姿を生涯忘れることはできないだろう。

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:55:26 ID:KI8rRvjQ
>>288
変ていうか、そんな理不尽な運命の悪戯は現実にいくらでもあるだろ。
そういう縮図を映画として切り取ってるだけで。

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:55:53 ID:UrdD8/qs
>>280
そりゃそんなこたぁ誰でも考えるわ。
なぜそういう最期をストーリの視点を合わせたかってことだろ>>270が言いたいのは。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:59:02 ID:QWySpw7V
>>281
君は常識を気取る割に、西郷隆盛が米国人に良く知られた日本人だという
常識がないんだなwww

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:00:05 ID:lYAp1Ivw
>>290同感!!当たり前のものを当たり前だって気づく余裕さえなかったんだよ、この時代の人は・・・あの最後の西郷の笑みはある意味安心した笑みだって思いたい

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:00:29 ID:3p9JFURZ
>>291
うゎ・・・
そんな人にしては3/10だから高めかも・・・
まあ馬鹿には変わりないんだけどね。
日本にも似たようなのがいるから、あまり悪くは言えないが。

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:00:47 ID:KI8rRvjQ
>>295
たんに安堵ってか、いろんな解釈をさせるような含みは残してるでしょ、どう考えても。>>290みたいな解釈だってありだと思う。

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:01:06 ID:lljd92zH
>>298
>>280に書いたのは、俺としては、そういうシーンは他意がなく描いたと思っているから。
俺としては、全てのシーンに裏の意味があるような映画の作りとかは成り立たないと思っているわけよ。
それを、やんわり言いたかったのだけど、そう突っ込まれると、こう書かざるを得ない。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:01:16 ID:X0decZFl
捕虜になって生きようとする奴がぶっ殺され、反対の人間が生きてしまったということを描こうとした。
西郷ははじめは捕虜になりたがっていたが、栗林の影響を受けて最後は逆になってシャベルで攻撃したが逆に助かった。
そういう意外な結末を監督は意図したのであろう。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:01:35 ID:FpuLo5Aj
しかしほんと音楽が耳に残るなー
サントラ買わないと

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:02:08 ID:0Br4awSF
であろうw

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:02:19 ID:DBIi5v4G
伊藤だって捕虜になっても全裸で甲板掃除させられてるかもしれない

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:03:04 ID:+YCLCsfG
西郷が殺されなかった理由


少年兵を殺したらヤバイから。

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:03:16 ID:xOjsiuyQ
>>299
ラストサムライのスレでは有名だろうけどな。

つかイーストウッドが居間で「翔ぶがごとく」観てるイメージがどうしても湧かないんだよw
アイリス・ヤマシタが観てるイメージならじゅうぶん湧くが>日系2世だから

まぁどっちにしろ仮定の話だ。

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:04:19 ID:pq18UwQF
3回見たがどうしても分からない部分が多々出てきた、
西郷射的ミスで靴磨きの罰を与えられた時に
栗林中将がボソっと言ってる台詞が3回見ても聞き取れない

栗林が最後の総攻撃をかけると言ったあと部下に支えられながら
杖をついてる歩いてるのは何故?あの時点では足悪くなかったはずだが

西郷が糞バケツを持って爆撃にあいかけた時に
「あんたいい奴だ」って指さしたのあれは何に感謝したんだ?

親友が赤痢の前兆があったのに死の場面は無かった事が不思議だ

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:04:40 ID:KI8rRvjQ
>>304
書いてることは間違ってないと思うけど、
>そういう意外な結末を監督は意図したのであろう。
なんて書かれると、すごい薄っぺらい映画みたいに見えちゃうな…
理不尽さとかもっといろんな複雑な感情が込められてるのに、そんなあっさり一行でまとめんなよ。

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:05:52 ID:AFicKep3
>>288
映画として単純に死んだか死なないかに価値を置いてないだけだろ
監督は作品を提供することによって観客自身に考えさせる作風だ

国によって強制的に戦争に参加したから死んじゃって不幸でした
そんな単純な映画をクリントが撮るとは到底思えない

恐ろしい敵だった日本人も普通の人間だった、
アメリカ人にその事を教えたくてこの映画を撮ったと言ってるじゃないか

伊藤を死なせたいと考える向きには変な描写と感じるのかも知れんが
それはメッセージの意図を間違えてると思うね

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:06:04 ID:xOjsiuyQ
>>308
すべて偶然だよ>理由

星条旗の方でもイーストウッドは「前をいく戦友が撃たれたために自分は助かった」
というようなことを言っている。

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:06:14 ID:1m6XPisY
>>310
『靴磨きより銃の手入れだろうが。』ってボソッと言ってるよ

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:07:04 ID:X0decZFl
>>310
靴磨きより銃の手入れのほうが重要だといっていたと思う。彼の合理性を語るせりふでああろう。

杖をついてるのは、夜襲のときに機銃か何かで撃たれたから。史実でも確か片足を撃たれ負傷したという。

不発弾に感謝したのかな。

赤痢の件は突然だったな。

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:07:15 ID:VxWng+6g
靴磨きより、銃の手入れだろー

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:07:40 ID:0Br4awSF
>>310
1、つぶやきは、そこでやるなら銃の整備だろ、みたいな感じ。
2、それは分からん
3、敵
4、結局死んだやん。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:08:55 ID:QWySpw7V
>>309
今度、渡辺にそこんとこ聞いとくわw

319 :宮台大先生の評論で完璧やん:2006/12/17(日) 02:09:23 ID:0Br4awSF
■「死にオチ」映画は、エンドロールが始まるとザワザワと観客が帰り始める。
『父親たちの星条旗』も『硫黄島からの手紙』も長いエンドロールの間、殆ど席を立つ観客がいない。
立てないのだ。『硫黄島?』では、隣の白人老夫婦が涙を流したまま立てないでいた。
■私も立てなかった。立てなかっただけでない。今でも思い出すだけで鋭い痛みが訪れる。
結論に関係するが、誰かの「悲惨な死」に同情するのではない。
我々全員に「理不尽な生」を強いる〈社会〉(を含めた〈世界〉)というものに震撼し、自らの生に怖じ気付くのだ。
■言うまでもなく「理不尽な生」を強いる〈世界〉(世の摂理)を描くことがイーストウッド映画の一貫した真髄だ。
■監督にとって、国のために死ぬとか家族のために死ぬといった国の物言いを信じるのは、馬鹿のために死ぬのと同じだ。
それを薄々知るが故にこそヘタレは現状追認的に国家の崇高性を信仰したがる。
傍らの友のために死ぬというミメーシス(感染)だけが肯定できる。
■『父親たち』『硫黄島』は共に「悲惨な死」故でなく「理不尽な生」故の反戦を押し出す。
だが、『硫黄島』は加えて、認知的不協和回避の為の「国の崇高」「潔き自死」の如き逃避的信念を否定。
栗林中将の「理不尽な生」に倣え(ミメーシス!)と推奨する。
■ここに、逃避的信念を回避して「理不尽な生」に耐え得る者だけが
──超越(崇高な国家!)に依存せず〈世界〉の根源的未規定性に開かれた者だけが──]
「理不尽な生」を強いる馬鹿を見通せるという、初期ギリシアに連なる真性右翼ならではのメッセージを見る。
■〈世界〉の根源的未規定性に開かれた態度とは、悲劇を見通す力。
「理不尽な生」を強いる馬鹿が国家を名乗るのが世の摂理。
その悲劇を知るからこそ馬鹿を血祭りに揚げる機会も手にできる

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:09:34 ID:KI8rRvjQ
「あんたいい奴だ」は天というか神様に言った感じじゃないの?

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:09:45 ID:xOjsiuyQ
>>314
>>310
『靴磨きより銃の手入れだろうが。』

へ〜そう言ってたのかオレも聞き取れてなかった
その悪態けっこう笑える

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:10:18 ID:wrU+TXqa
クリントのことだから西郷の微笑みの意味は
皆さん各自で判断してくれと言いそう

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:11:29 ID:INWncGH8
>>320
そう思った。
てゆーか、神様って言ってない?

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:11:56 ID:l8mUNZ+K
>>310
3は前スレで神に感謝という意見もあった

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:12:50 ID:GCyvoobN
>>309
アメリカ放映時にはニュースになったみたいだからイーストウッドも当然に知っているかも。
最終回に近づくにつれ「西郷を殺すな!」という投書がテレビ局に殺到したというニュース。

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:13:01 ID:MIJyfVDN
最後の笑みは、
発狂とか、「あー俺生きてるわー」とか、「綺麗な夕日だなあ。そういえば夕日見るの何日ぶりだろう。」とか、いろいろあると思うよ。

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:14:02 ID:ZdDnjwVm
>>218
もしかしてダイエー?
俺も8時半のレイトショーで見たぜ

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:16:43 ID:lljd92zH
>>310
俺は、まだ1回しか観ていないけど、ついさっき見てきたばかり@ナイトショー

>西郷射的ミスで靴磨きの罰を与えられた時に
>栗林中将がボソっと言ってる台詞が3回見ても聞き取れない
「銃の手入れをしないといかん。」とか言ってたような気がするが。
射的が下手なのは、そもそも銃が手入れされていないからだろうと受けとったけど。

>栗林が最後の総攻撃をかけると言ったあと部下に支えられながら
>杖をついてる歩いてるのは何故?あの時点では足悪くなかったはずだが
そうだっけ? 軍刀抜いて「突撃!」ってところ?杖ついて、突撃してなかったようだけど。

>西郷が糞バケツを持って爆撃にあいかけた時に
>「あんたいい奴だ」って指さしたのあれは何に感謝したんだ?
直ぐ近くに、米軍の砲弾が堕ちたんだけど、それが不発弾で助かったシーンかな?
その不発弾、やや大きく映って、アルファベットと数字が書いてあったような・・・

>親友が赤痢の前兆があったのに死の場面は無かった事が不思議だ
そうだね。プライオリティからして省略されたのかもね。


329 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:17:55 ID:INWncGH8
>>326
カットされたシーンに「夕日が綺麗だとか…」ってセリフがあるから
そことも繋がってたのかも。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:18:01 ID:Ocl8t5Mq
>>308
馬鹿めプライベートライアンの頃だって少年兵死んでるぞ、
戦争映画撮るじたい、生首吹っ飛んだりとか手足と千切れたりする描写
満載なんだからたかだか少年兵という理由だけでクリントが生かしているわけねーだろ
それなりの重要な役目があったんだよアホ

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:21:12 ID:AFicKep3
>>330
童顔なだけで別に少年じゃねーし
皮も剥けてやることやっておるわ

そうだろ?チンコ野朗

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:21:26 ID:lljd92zH
>>308
お前、二宮が童顔だからってwww
二宮が演じていた西郷は、嫁さんも娘(生まれて間もない)がいるんだぞ。

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:22:32 ID:daj99lFm
12月の大きな映画賞〜「硫黄島からの手紙」〜

○ナショナル・ボード・オブ・レヴュー・・・最優秀作品賞受賞、監督賞(次点)、撮影賞(次点)
○アメリカ映画協会賞・・・「今年の作品賞ベスト10」入選
○ロサンゼルス映画批評家協会賞・・・最優秀作品賞受賞
×ボストン映画批評家協会賞・・・受賞ならず
×ニューヨーク映画批評家協会賞・・・監督賞(次点のみで受賞ならず)
○ブロードキャスト映画批評家協会賞ノミネーション・・・作品賞、監督賞、外国語映画賞
○ゴールデン・グローブ賞ノミネーション・・・監督賞、外国語映画賞
?サテライト賞・・・12月17日発表(本日)
?シカゴ映画批評家協会賞・・・12月28日発表


調べてみたら結構取れてるね。
本日発表のサテライト賞は過去に
「ラスト・サムライ」で作品賞・主演男優・助演男優・撮影賞・編集賞の
5部門もの賞がノミネートされたことでも有名ですね。
結果、撮影賞・編集賞のみが最優秀で受賞されましたが、
さて今回は???

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:22:43 ID:X0decZFl
西郷ははじめから反戦的で、このままだと反戦映画になるかと思っていたが、だんだんと栗林中将の影響を受けて
変化してきて最後は反戦的というふうではなくなっていったと思う。監督はそうしたかったのだろう。

単なる反戦映画ではなく最後はよく戦ったという意味だろう。夕日云々などと的外れな意はない。

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:23:38 ID:JT6yb+q3
>>5の硫黄島に従軍した帰還兵の日記読んでるけど凄いな
文章が面白い

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:23:42 ID:DR1l6p+b
日本だけで父親と手紙と二本分の元取れそうだな
オマケで作った映画なのに

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:24:04 ID:MIJyfVDN
>>332
しかも17歳も年上の嫁。

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:24:36 ID:lljd92zH
俺、父親たちの星条旗も観たが、あの映画よりこの映画の方が評価が高いだろうな
と思っていたけど、やっぱ米国内でも同じ評価になったな。

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:26:54 ID:FNvNVgyT
「翔ぶがごとく」の話で気付いたけど、
西郷ドンの死に方と栗林中将やバロン西の死に方って重なる部分があるな。
手榴弾自決の上官みたいに、まだ戦えるのにさっさと死を選んじゃうんじゃなくて、
やれるだけ精一杯やったうえで、「晋ドン、もうここらでよか」ってふうに。
劇中の西郷って名前が影響受けてるってのも、あながちありえない話じゃあないと思う。

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:27:29 ID:/guhGM6h
>>310
自分と気になったところが重なってる。

・栗林の台詞
「靴の手入れじゃなくて銃の手入れだろう…(呆れ気味)」

・杖
あれは栗林が杖ついてたんじゃなくて藤田がしがみついていたのかと…

・「やっぱアンタいい奴だ」
神みたいなものに対してだと思うよ。
「やっぱ」って言ってる以上、一度は諦めたものに対して望みを感じたんだと思う。

・赤痢の親友
米国公式サイトの写真に靴磨きをしている西郷と梶原が喋っている写真がある。
そのシーンはカットされたみたいだから、
本当は何かしらのやりとりがあったんだと思う。

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:27:38 ID:wYj15hq5

「星条旗」はエンドロールに当時の実際の写真が次々と写されることと、本編の前に
「手紙」の予告編放映が告知されていたため一人も最後まで席を立つ人はいなかった。

「手紙」のエンドロールはそういうことはなく、他の映画と比較すれば相当少ないものの、
徐々に席を立つ人がでてきた。
自分は映画の内容を深く考えさせられ、最後まで席を立つ気になれずにいた。
最後に例の映画協会(?)の番号が写しだされ、明るくなって、幕が閉じられるのだろうと
思っていたら、そのまま黒いスクリーンが少し続き、「何かあるかも?」
と思っていたら、<<28が・・・・。

これから見るひとは、字幕が消えてスクリーンが黒くなったら、出口へ向かおう。


342 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:28:59 ID:AGy8E5Ul
バロン西は今で言う「傾奇者」か

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:29:58 ID:/guhGM6h
>>340
×「靴の手入れじゃなくて」
○「靴の手入れより」

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:30:55 ID:DR1l6p+b
>>342
だがそれがいい

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:32:03 ID:lljd92zH
>>341
俺は、映画を観たらエンドロールが終わるまで席を絶対立たない主義だが、
そんな画像なかったぞ。
映画館によって違うのかな?

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:32:11 ID:jGHqgKv4
test

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:34:05 ID:MIJyfVDN
エンドロールが終わって、箱が明るくならないなと思ったら、
「プロジェクトA」のテーマが流れて爆笑NG集だよ。もうびっくりしたね。

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:35:36 ID:PfJKkS7a
まじかよ。
「字幕:戸田奈津子」ってのまで出たら、すぐ劇場内の照明がついちゃったぜ。

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:35:52 ID:X0decZFl
真ん中通路横に座ったが、横の若い女の口からものすごく酸っぱい臭いが終始していて、口で息をしていた。
たぶん甘いものを食った後の臭いだろう。

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:36:03 ID:7B6rPImT
アメリカ人の友達と見たけど、西郷は最初は少年に見えたって言ってた。
でも、日本人はみんな童顔に見えるから妻子ありって設定なら受け入れられる
レベルだけど、とのこと。妻も幼顔に見えたからそんな年齢差あるのはわから
ないって。

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:40:46 ID:7t5Zmz0k
>>293
マイクって星条旗にでてきたマイク?


352 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:40:48 ID:06Kf2FGg
西郷が殺されなかった理由

先にアメリカが清水を殺してしまったから

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:41:15 ID:XCiZyPN5
西郷は31才の役だからな・・
実際二ノ宮じゃなくても、23歳の役者が演じるには結構きついとオモ。
そもそも最初は西郷役は加瀬だったんだし。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:42:38 ID:Iz+ctqrT
# このテキストを思い出した

『フィリップ・K・ディック・リポート』の
「フィリップ・K・ディック・インタビュー」 by チャールズ・プラットより

P133-P134
第二次世界大戦中、まだ少年時代に、ニュース映画で日本兵がアメリカ兵の火
炎放射器にやられる場面を見たことがある。日本兵は火に包まれて、燃えなが
ら走り、燃えながら走り、そして観客はそれを見て拍手喝采し、大笑いした。
ぼくはスクリーンの上の兵士の姿と観客の反応を見て、恐ろしさに茫然となり、
こう考えた――なにかがひどくまちがっている、と。それからずっとあと、三
十代になって、田舎で暮らしていたときに、子供部屋にはいりこんだネズミを
退治しなければならなくなった。ネズミを殺すのはむずかしい。ぼくはネズミ
とりを仕掛けた。夜中にネズミはそれにひっかかり、翌朝ぼくが起きていくと、
ぼくの足音を聞きつけてキイキイ鳴いた。ぼくは熊手の先にネズミとりをひっ
かけて外に持ちだし、罠をはずしてネズミを草むらへ逃がしてやろうとした。
だが、檻から出てきたネズミは首が折れていた。ぼくは熊手でネズミを突き刺
したが、それでも死なない。このネズミは、ただ中へはいって餌をとろうとし
ただけなのに、毒を食わされ、首の骨を折られ、突き刺されて、しかもまだ生
きている。その瞬間、あまりの恐ろしさにぼくは気が狂いそうになった。急い
で家に駆けこんで、バケツに水を張り、ネズミをその中で溺らせた。そしてそ
の死骸を、ぼくのつけていた聖クリストフォロスのメダルといっしょに、土に
埋めた。それ以来ずっと、ぼくはそのネズミの魂を背負って生きている。この
世界での生き物の境遇に関するひとつの問いかけ、ひとつの問題としてね。あ
んな無惨な死にかたをしたネズミの霊魂を追い払う気になれないんだ。
『流れよわが涙、と警官は言った』の中で、ジェイスン・タヴァナーの閉じこ
もった暗闇の建物へ、武装した群衆が近づいてくるところがある。彼はおおぜ
いの足音を聞いて、悲鳴を上げる。これはあのネズミが、ぼくの近づくのを聞
いたときに出した悲鳴だ。一九七四年になっても、あのネズミの悲鳴はまだ耳
にこびりついていたんだよ。


355 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:44:10 ID:X0decZFl
西郷がシャベルを振り回すシーンはそれまでの厭戦気分とはうって変って、栗林への忠義の精神からだ。
遺品のコルトを奪われて激昂したんだけど。

それにしても日本刀を奪って喜ぶ米兵は何か変だった。

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:47:46 ID:X0decZFl
つまり最後は忠義の精神でシャベルを振り回す西郷と、日本刀やコルトを奪って喜ぶ馬鹿な米兵を対照させて、
日本の武士道精神を称揚したものと思う。



357 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:49:19 ID:SgjEmTWY
二宮より西島とかの方が・・・と思ったけど
西郷が二宮みたいに小さくて華奢だったから
最後のスコップの時に殺されなかったのかも。
アメリカから見たらあのスコップ反撃は子供が
悪あがきしてるぐらいの笑える感じだったのかもね。

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:50:39 ID:FpuLo5Aj
硫黄島にあった武器の種類や数、日本軍の配置がわかるサイトは無いですか?

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:52:09 ID:RIf6d8k9
http://www.apple.com/trailers/wb/lettersfromiwojima/hd/
前スレで出てたこれがテンプレに入ってない。

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:52:15 ID:FZW750YJ
西郷や伊藤が殺されなかったのは
日本軍の集団的な抵抗が終わって掃討戦に入っていたからじゃないかな。

敵の勢力が存在 → 敵に襲われるリスクがあるので足手まといの捕虜は
極力捕りたくない。 → 場合によっては面倒くさいので殺す

敵の勢力が消滅 → 敵に襲われる可能性が極端に減ったので捕虜を捕り
連れて行く余裕が出る。 → 捕虜収容所

降伏するタイミングかな・・・  

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:52:19 ID:FpuLo5Aj
それにしても仮に中学生でもスコップを振り回してたら危ないだろうに。
衰弱してて狂ってるからそんなこともないと思ったかな?

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:53:52 ID:S9Z0Q/gG
テンプレ多すぎるな…。そろそろ情報集積サイトが必要なのかね。

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:54:11 ID:UtrIFvx2
>>357
西島って?

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:54:19 ID:lljd92zH
>>362
おらも、そう思うですばい(`・ω・´)シャキーン

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:54:27 ID:5mjVJOmL
獅童は栗林とことごとく対立しておきながら、最後は
生き残ってしまうっていう、栗林と対比的な存在だから
もう少し扱い大きというか、対立した上官をもう少し
絞って獅童にふれば良かったかもな

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:54:42 ID:/guhGM6h
二宮スレでカットシーンのネタバレ拾った。



524 :523 :2006/12/17(日) 02:38:26
ごめん一文字抜けた。
ネタバレ





戦争で華々しく散ることが、お上への奉仕だとみんな言うけどよ。
俺もわからねえよ。
でもよ、俺に言わせりゃあ、お上は、自分が作ったこの世をさ、
みんなが楽しく生きてくれてるほうが喜ぶ気がするんだよなあ…
清水、お前はさ、奇麗な夕日が山を真っ赤に染めてんのを、
ずーっと眺めることなんぞ、なかったろう。
村の祭りにちょっと寄ってさ、田舎料理食ったり、
盆踊りがちょっと違うなあって思ったりしたことねぇだろう。
女のほら、山だの谷だのをさ、眼えつぶっても思い出せるほど知らねえだろう。
腹ん中のガキの音とかさ…
女房の、薄皮一枚向こうの腹ん中で、てめえのガキが息してんだ…
なあ清水、お前はさ…何かがもったいないって程、まだ生きちゃいないんだよ。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:55:11 ID:X0decZFl
それにしても二宮は爆笑問題の奴に似てるな。

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:57:12 ID:UtrIFvx2
>>362
塩とかでもいいんなら作るけど

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:57:27 ID:6eks/9Nb
体力もなくふらふらで、キチガイの子供がスコップに振り回されてるように見えたんだと思ってた。
米軍側は5〜6人くらいいたし、取り囲んでるし、銃を持ってるし。

殺すのも大人気ないくらい哀れに映ったんだろう。

また、ニノミヤのキャスティングは背が小さく童顔でこのシーンを演じるにはぴったり。
彼が往年のアントニオ猪木だったら確実に射殺されていた。

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:57:31 ID:4Wby+e18
>>353
西郷役が加瀬?
加瀬は清水の方に親近感を持って清水役のオーディション受けたってインタビュー読んだけど。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:59:52 ID:SgjEmTWY
>>363
西島秀俊の事。
西島でもいいんじゃないかなと思った。
>>367
太田が西郷だったら誰よりも先に硫黄ガスで死んでそうだw

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:00:20 ID:6eks/9Nb
スレの流れ早すぎw

>>369>>361へのans
夜立って、5時間弱でスレ1/3消費かよ。すげぇな。

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:02:33 ID:/guhGM6h
加瀬…実年齢と合わせて西郷近辺の年齢枠を受けたが、
   どうしても清水がやりたかったので1テイクだけ特別に受けさせてもらった。
   結果、清水役で合格。

二宮…実年齢と合わせて清水近辺の年齢枠を受けたが、
   合格知らせにあったのは西郷役だった。
   後日、西郷単独のオーディションをやり改めて承認される。


伊原とシドウはわからん。

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:02:49 ID:hdwayrqV
>>368
Wikiのほうがよさそう。

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:03:08 ID:pVEIEb9h
>>368
ジオってWikiも出来るの?
一人でまとめるのは大変だからWikiが良さそう

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:03:37 ID:SgjEmTWY
そういえば初めて栗林が西郷を見た時にあまりに痩せてて
「月から来た人みたいだ」って言ってたな。
やっぱりクリントの中では西郷は二宮みたいな華奢の人のイメージ
だったのかも。

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:04:35 ID:/guhGM6h
>>373>>353へ。スマソ。

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:05:03 ID:UtrIFvx2
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=wiki&lr=
どーれーがーいーいー???

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:05:57 ID:XCiZyPN5
>>370
最初は加瀬に西郷役のオーディションが来たんだよ。
でも脚本読んでみて、自分は17歳の兵士の役(清水)の方が
感情移入できると感じて、
自分から監督やスタッフに頼み込んで、
17歳と31歳の役(=西郷)両方のオーディションの演技をして、
最終的に清水役に決まった。
加瀬本人がインタビューでそういってる。
だから加瀬が清水やりたいといわなければ、
二宮も17歳の役のはずだったかもしれない。

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:07:12 ID:Nom+PNs7
NGID

ID:0Br4awSF
ID:Ocl8t5Mq

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:08:20 ID:hdwayrqV
>>379
そうだったのか。
清水役の二宮なんて想像できないから、やっぱり適役だったのかもね。

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:11:58 ID:4icu39lA
>>350
西洋人から見たら東洋人は年齢不詳だもんな。
昔、「ミス・サイゴン」ってミュージカルのオーディションの時に、
日本スタッフが「設定年齢には見えない」と言っても、欧米スタッフから
見た年齢に見えることが重視されたとか。
自分もイギリスを何度も旅行してるが、田舎のパブなどに入ると
東洋人の少年が一人で迷い込んできたような顔をされていつも一瞬シーンとなる。
ひどいときは15歳ぐらい年下に見られる。
30歳だったときは大体20歳程度に見られて、「何歳だと思いますか?」と
尋ね返すと、28歳でお手上げだった。それでも相当向こうは無理して言っていた。

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:12:04 ID:7izLi/kg
あの役は二宮じゃなくて川谷拓三が適任。
でも他界してるから
しこふんじゃったのデブ役が適任かも。
当事はあんなデブいなかったか?

ジャニーズ事務所のプッシュがあったから
二宮選んだんだろうが、二宮の演技は糞だった。

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:17:18 ID:ZT9lI8UZ
川谷拓三じゃ、シンパシーが起きないからダメでしょ。

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:18:04 ID:hdwayrqV
>>383
デブなら伊集院か松村だろw

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:24:12 ID:lljd92zH
戦時中の日本で、デブがこと自体、ありえないもんな。

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:25:24 ID:lljd92zH
俺は、二宮は別に悪くはなかったと思うがな。
そう思うのは、自分が年取ってるからよ。

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:27:37 ID:l8mUNZ+K
西郷でぶ

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:32:14 ID:T6ZPzhLE
>>379
なんで加瀬中心に考えちゃってるの?
西郷役のオーディション話が来てたのは加瀬だけでなく加瀬他30代の役者複数名に来てたんだろ。
しかしその中に合ってるのがいなくて、
別の役のオーディションを受けてた二宮に西郷を見たクリントが選んだ。
加瀬が清水をやりたいと言い出さなくても、
加瀬は西郷役は落ちてたし、二宮は西郷役で受かってただろ。
清水役を受けてた役者の中では加瀬が一番合ってたから、加瀬は清水役で受かったんだよ。

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:32:45 ID:2OxSPEI8
栗林中将のコルトを見て西郷が激高したシーンで
日本兵の遺品を戦利品にして自慢したり高値で売買したりすることが
持ち主本人の魂や遺族の気持ちをいかに傷つけているかを
アメリカの人がちょっとはわかってくれたらいいなぁ

391 :^:2006/12/17(日) 03:33:24 ID:GWd2uUnz
 この映画の影響でヒロシマ・ナガサキ・オキナワに加えて「イオウジマ」が
第二次大戦を語るうえでの重要な地名になるかな?
 アメリカは戦勝国だが硫黄島での戦いは負(ふ)の意味での描きかただと思った。
暗いトーンで淡々と進むところを見るとベトナム戦争映画と同列に見てしまう。
「星条旗」をまだ見てないので分からんが。
不謹慎だが、渡辺謙は軍服姿もカッコイイと思った。それだけに薄くなった頭頂部を
見せて頭を下げるシーンや最期の自決はグッときた。
 憲兵役が硫黄島に送られてきた理由が犬を撃てなかったというのは陳腐過ぎる。
人格者の栗山中将やバロン西、少々軽めのセリフを吐く西郷以外に人間味が
感じられる役どころだったのに。感情移入の度合いが少し薄れました。
もし事実であったなら申し訳ない。

 
 

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:33:42 ID:ibaZ90Tm
中村演じる伊藤の空回りっぷりが皮肉が利いてるね

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:33:56 ID:UlSXduKj
この映画、よく言えば淡々としている、悪く言えば冗長で盛り上がりに欠けると言ったところか。
米軍の大艦隊を見て絶望感に暮れる所と、最期の突撃のシーンはもっと長くてもいいと思ったが、まあ、あれはあれで抑制が効いてて良かったと言えるかも知れん。

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:36:56 ID:ND07fc31
敵の手に落ちたすでに日本領土ではなくなった硫黄島。
映画の冒頭の西郷のセリフが重なる。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:38:47 ID:+hPWqm3L
>>391
世界史的に言えば
沖縄より硫黄島のほうが遥かに有名だし重要。
今まで日本であまり語られなかったのは
諸説あるが民間人がほぼ戦闘の巻き添えを喰らわなかったから。
日本では民間人が巻き添え食らった
サイパン・沖縄のほうが印象深いのかもしれないけど。

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:39:42 ID:UlSXduKj
現実の戦闘は映画の何百倍も悲惨で救いの無いものだったと思う。
あくまで映画としての話ね。

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:42:28 ID:UlSXduKj
「星条旗」のストロベリーソースの場面と、「手紙」の」愛国婦人会のおばちゃんは
戦闘シーンより怖かった。

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:44:09 ID:jGHqgKv4
>>385
デブだからいいというのでなくて
ドジな香具師という印象だな。
二宮は現代人の若者そのもので違和感ありまくり。
この映画はフィクションだと暗に示しているようなもん。
デブが出ても同じかもしれんが

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:45:35 ID:9tirwJpk
「愛国婦人会」は今の「第9条を改正させない会」と似た狂気を感じる

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:45:50 ID:jGHqgKv4
>>397
>、「手紙」の」愛国婦人会のおばちゃんは
戦闘シーンより怖かった。


あんなの正直おらんだろ。違和感ありまくり。
またナエみたいなのもいない。
あの場で兵隊に取るなと日本人女性なら
叫ばない。
朝鮮人ならあるかもしれんが。

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:46:30 ID:UlSXduKj
>>398
二宮の起用は確信犯だろ。
現代の若者の立場であの戦闘を語るという。
わざと浮いてるような演出をしている。

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:47:29 ID:jGHqgKv4
>>395
沖縄のほうが取り上げられるのは
民間人が多数犠牲になって
左翼が政治活動に利用しやすいからでしょ。

403 :~:2006/12/17(日) 03:47:45 ID:GWd2uUnz
>>371
 西島秀俊イイと思う。彼の無精髭の顔やどっか他人と違うことを
考えてる感じは合ってると思う。パン屋が合ってるというのは疑問だけど。
 シドーは狂ったヤツをやらせたらハマリまくりだね。無様な感じもいい。

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:48:51 ID:6eks/9Nb
>>391 犬殺しのシーンは、リアリティではなく、創作のほうに軸足があったと思う。

当時の日本の
「隣組による相互監視」「非国民レッテルにより自由意志を束縛」
「村八分というラベルはりによる差別とけん制」「理不尽で傲慢な官憲」などの
空気を、短時間で表現するための様式美みたいなエピソード。

一連の日本の回想シーンは、「事実と違う」と見るのではなく、
「誇張と省略により上記の真実を提示して見せた」と見るのが適切だと思う。

実際、あの犬の話は、あとで出てくる米家庭の自由な犬と対を成して、対照を鮮やかにしてる。
妊婦の「徴兵は堪忍してくれ」話と、国防婦人の「跡継ぎが出来たんだから死んでもいいだろう。
我が家だって苦しんでるんだ」という、あの会話は、リアリティ追求なら成立しないシーン。

でも、象徴として、言い換えると当時の庶民の心の中の声を肉声に代弁して
端的直截に表現したのがあのシーン。
それに、あそこは西郷の回想シーンだから、望郷の念から見ている夢のシーンととらえてもいい。
そう理解しても不自然でない程度の雰囲気は出ていたと思う。



405 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:50:23 ID:jGHqgKv4
>>403
二宮はシドウでもよかったような。
ひねくれた現代っ子でも十分務まりそう。
シドウはひねくれ役としてはこれ以上の適任はいない。
シドウはあの好演技で俳優としての幅を狭めてしまったな。

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:50:27 ID:6eks/9Nb
>>404>>400にも読んでほしい。

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:51:54 ID:pVEIEb9h
IMDbのレイティング、1点に投票してる人たちは
点数を下げようって魂胆なのかな。
http://www.imdb.com/title/tt0498380/ratings

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:52:55 ID:7izLi/kg
>>404
>一連の日本の回想シーンは、「事実と違う」と見るのではなく、
「誇張と省略により上記の真実を提示して見せた」と見るのが適切だと思う。


それが邪魔なんだよ。
パールハーバーの時のような
ゼロ戦が病院や学校を爆撃するような。

あんなので、観衆が史実を誤解するからね。
どーせ、左翼の捏造をイーストウッドが
真に受けたってのが真実だろう。
情報戦争が続いているってことだ。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:55:18 ID:jGHqgKv4
>>406>>408を読んでほしい。

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:58:08 ID:YtPDu01G
IMDbは、1点、2点飛び越えて、0点の割合が高い。
これは、明らかに悪意のある工作だろ。手紙に限らず・・・
10点満点で0をつけるなんて、そうないし。

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:58:39 ID:DDT9wUdi
西中佐の自決前の会話で「ライフルを」という会話が引っかかる。
「小銃」ではないのか?

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 03:59:12 ID:T250HGsw
http://hjuo482is.jugem.jp/が謎な件

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:00:04 ID:9tirwJpk
>410
yahooでもyoutubeでも沢山いるよそういうの

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:02:03 ID:ZT9lI8UZ
>>407

まだ正式に公開していないのに、、どうやって評価しているのやら・・

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:02:38 ID:Eg4EH5xz
でディパ−テッド押しのけてオスカ−取れそうかね?

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:02:44 ID:UlSXduKj
>>412
なんだこれw

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:04:39 ID:T250HGsw
>>416
頼む誰か解読してくれ
なぜこうなるのか気になって寝れない

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:04:48 ID:DDT9wUdi
>>415
リベラルが幅きかせてるハリウッドで日本軍モノのオスカーはあり得ない。
クリントもすでに「ミリオンダラー」もらってるし。

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:05:15 ID:O4iLt2Ss
この映画、韓国人の知り合いと見たけど褒めてたよ

この映画の頃の日本人の精神性は、韓国人に近いものがあるって

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:06:18 ID:hdwayrqV
>>408
徹底してリアリティを追及するのなら、郵便配達員は一礼して厳粛に赤紙を手渡し
妻は無言で拝受するだろうな。婦人会のおばさんも沈痛な面持ちで思いやりの
言葉を掛け、彼女は気丈に栄誉を喜び銃後の護りを約束するはず。

でもそれでは当時の帝國臣民の胸の内はアメリカ人の観客には伝わらない。

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:07:12 ID:ZT9lI8UZ
>>419

硫黄島を竹島に置き換えて、皮肉を言われたんでは?

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:08:01 ID:/guhGM6h
>>412
>硫黄島なら多摩川沿いです。

吹いた。

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:08:40 ID:4icu39lA
>>411
日本へ帰国する時に一人で車を運転する栗林の手紙の中の
「一人でのドライブは寂しいです」の「ドライブ」も引っかかったな。

>>404
他の場面の「日本」には違和感はあまり感じなかったが、
あの集落の場面の「日本」はMade in Hollywoodって雰囲気だったな。
あと、「愛国婦人会」のたすきの筆文字も、Made in Hollywoodっぽかった。

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:09:36 ID:hdwayrqV
>>417
ヒント>統合が失調する病

それを演じることを趣味とする人もいる

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:09:36 ID:AHV4CrD7
>>419
(゚Д゚)ハァ
よくいうぜ
上から物申す言い方だな
韓国は日本のおかげで近代化したくせによ
軽口叩くより硫黄島で死んだ英霊達に拝みやがれ

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:09:52 ID:jGHqgKv4
>>420
別にそれでいいんだよ。
観客に媚びる演出はいらない。
映画解説の部分で、当事の日本人の国民性を解説すればいい。
それが日本人の理解を深めるってことだ。

日本人は感情を表に表さない。
メジャーの野茂も松井もイチローもそうだ。
彼らがなぜ感情を表に表さないのか
映画を見ることで理解が深まるってとこだ。

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:09:57 ID:8uN+WieM
>>411
軍内部では、英語はそのまま使われていたと言う話もある。

それに、西の場合、ライフルと言ってもおかしくない。
あの時代に、エルメスの特注乗馬ブーツを履いていた。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:10:50 ID:0iJH64PM
ID:O4iLt2Ss
はスルー推奨?

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:11:34 ID:FpuLo5Aj
>>412
(゚Д゚)???

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:12:10 ID:DDT9wUdi
>>417
毎日のように海外から送られてくるスパムがこういう文面だw
英文なんだが「来ましたジェシカの家がリモートホストご注文の際は…」
見たいな意味不明の文章がダラダラ書いてある。

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:12:15 ID:7izLi/kg
>>428
スルー推奨しなくていいだろ。

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:13:58 ID:8uN+WieM
英語排斥というのは、殆ど新聞のキャンペーン。
今の言葉狩りに似ている。


433 :419:2006/12/17(日) 04:15:48 ID:O4iLt2Ss
>>428
いや、気を悪くしたらすまん

だが、この話は事実なんだ。

ちなみに「知り合い」だからな。「友達」ではない。

間近でそんな言葉、しかもこの映画を見た直後に
いわれた俺の気持ちも分かってくれ。

でも、仕事上のお得意さんだから何も言えねえんだよ・・

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:16:12 ID:Eg4EH5xz
でもディパ−テッドってリメイクだろ?オスカーとれんの?

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:16:40 ID:XCiZyPN5
>>412
硫黄なら島
硫黄っていうのは島ってなにw
この人日本人じゃないな・・自動翻訳使ってるんじゃ。
意味不明だがワロタ

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:16:51 ID:FpuLo5Aj
早く寝ようよ
ゆっくり寝れるだけでも幸せなんだよ

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:18:26 ID:2OxSPEI8
>>433
思わずコリアンジョークスレに転載した。乙!

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:20:41 ID:jGHqgKv4
>>436
>ゆっくり寝れるだけでも幸せなんだよ

たしかに。
俺はもちろん戦争経験がないが
治安の悪いインドを旅した時なんか
寝ている間に物音しただけでも
ピタっと身構えていた。
武士のごとく。
老人のように朝早く目ざめて
でもぜんぜん眠くなくて。
「俺は睡眠時間を削ることに成功した!
毎日4時間睡眠でも平気な体になった!」
って嬉しかったんだが、帰国すれば元に戻ったよ orz


439 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:21:22 ID:DDT9wUdi
この映画の良かったこと。
・戦争をひたすらドライに描き切ったこと。(日本映画じゃできない)
・戦闘シーンの映像と爆音が痛々しいこと。(リアルな戦場はそういうもの)

イマイチなこと。
・セリフが聞き取りづらいこと。(早口で聞こえにくい)

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:22:44 ID:ibaZ90Tm
鬼が来た程じゃないけど面白かったな

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:22:50 ID:8uN+WieM
>>433
得意先の韓国人と見に行く映画でもあるまいに(藁

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:24:04 ID:jGHqgKv4
>>433
ほめ言葉のつもりだったんだろう。

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:28:30 ID:AHV4CrD7
>>442
褒め言葉かもしれないが.........................................
明らかに日本人にしてはと前置きがつきそうな見下した言い方なのが問題だ
大して誇れるような歴史もってねーくせによ

444 :~:2006/12/17(日) 04:30:07 ID:GWd2uUnz
>>404
 あくまで事実を元にした創作であり表現っていうのは分かります。
ただ、暗めの映像で淡々と進む映画だったので事実そのものかリアリティを
求めてしまいます。そのほうが衝撃度は高いからです。硫黄島のことは
よく知らなかったので歴史的認識をこの映画を通じて高めようという意識も
働いているのかもしれません。
 各々のセリフが誇張表現なのかハリウッドのツメの甘さなのか、穿った見方を
呼び起こす「私、イヤな人間だわ」的なかんぐりがイヤなんです^^。
それだったら思いっきり感情移入して涙したい。犬の話をもっとあり得る話にして
憲兵のエピソードをもっと多くしたらイイんじゃないかと思いました。
警戒されてセリフ少な目→やっと西郷と言葉を交わして犬の話→一緒に…
→白旗上げたのにズドン はチト早過ぎ少な過ぎかなと。

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:31:32 ID:VCGJlIqK
>862 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/16(土) 21:21:38 ID:w2z/6TYZ
>>708
>自国の歴史をアメリカ人を通して批判しているから、映画を真 正面から捉えられない観客が少なくないのは当然だろう。

アメリカ人にもっと「星条旗」を評価してほしいけど、やっぱり難しいんだろうね…
「手紙」が好意的に受け入れられてるのは、自分達はこんなに崇高な精神を持った相手と戦ったんだ、
ってある意味自尊心が高まるからでもあるんじゃないかと思う。
逆に自国賞賛や過去の美化に繋がる事もあり得るんじゃないかと心配するのは考えすぎかな…

前スレにあったんだけど
>「手紙」が好意的に受け入れられてるのは、自分達はこんなに崇高な精神を持った相手と戦ったんだ、
これは違うと思う。

カミカゼアタックでアメリカ人を苦しめた野蛮人の糞ジャップと思ってた人種も
自分たちと何も変わらない生身の心を持つ人間で、あんなに苦しんで死んでいったんだと思うと、
ただただ、戦争の虚しさや痛々しさを感じたんじゃないなかな。
で、もしかしてアメリカって弱いもの虐めしてた?と感じてくれてたらもっといいと思う。


446 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:31:36 ID:6kSA9n8D
>>433
朝から大漁だなw

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:33:04 ID:7izLi/kg
>>444
まあな。あれはアカの家って設定だったから
アカがどういうことをやっていて、それで地域住民が
どうアカを毛嫌いしたかを映像で映せばいい。



448 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:33:52 ID:84ibEC99
>>423
「玉砕総司令官の絵手紙」に栗林中将が
ご子息にあてた手紙の実物が載っていて
「一人でのドライブするのは物足らないなぁ」
と出ている。


449 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:36:34 ID:7izLi/kg
>>445
最近の米国人を見てみると自虐的になってんだわ。
俺の知る米国人は英会話の先生ばかりだが。
そういうこともあって時流にのった映画ということになるんでは?
でもイラク戦争前ならアメリカ イズ NO1ってな米国人が多かった。
そのころに上映されていたら評価されなかっただろう。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:36:42 ID:6eks/9Nb
>>433 何も変なことを言ってないよ。気にするな。
あなたの419のカキコを読んで、単純に、普通の韓国人の感想はそんなとこかもって、あらためて思ったよ。

北朝鮮、韓国、両方とも日本帝国の精神的教育を受けていた。
少なくともその精神形勢に多大な影響を与えた。
それが日本では廃れ、半島では変形しながらも残っているのだろう。

北朝鮮のフイルムを見ると、戦前の日本の悪い部分のデフォルメを見せられているようで気分悪い。
韓国にも、ある程度気風として残ってるんだろうな。軍隊もそういう気風の温存機構として機能してるんだろう。

戦後は、むしろ日本がアメリカ的になった。
戦争が長引いたり、兵隊に死者が増えると戦争反対を言い出す、過保護ママのようなアメリカに。
これまた、アメリカ以上に、そういう悪い部分を過剰に日本は摂取してしまったかもしれない。

あつものにこりてなますを吹く、って奴。

ニュートラルにねじ回しをしてくれると言う点で、ほんと、今回の作品に感謝。

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:39:30 ID:7izLi/kg
>>450
北朝鮮は旧日本の劣化コピーだわな。
でも天皇と将軍は質が違いまくりだし・・・・

でも地村のじっさんが、北朝鮮は
孫が素直に育ててくれて嬉しいなんて言ってたの思い出した。

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:48:51 ID:6eks/9Nb
>>451
>でも天皇と将軍は質が違いまくりだし・・・・

本物と偽者の違い位の違いだね。歴史と伝統の違いによるんだけど。
千年以上の伝統漬けと、一夜干とでは、その差はあまりにも大きすぎ。

北朝鮮は成り上がりの専制君主。
皇帝(ナポレオン)ではありえても、天皇(昭和天皇)にはなりえない。
伝統という歴史の重さが滅茶苦茶大きい。

アメリカも、ひそかにそういうところはうらやましがっている。

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:52:04 ID:+hPWqm3L
>>445
>カミカゼアタックでアメリカ人を苦しめた野蛮人の糞ジャップと思ってた人種も
>自分たちと何も変わらない生身の心を持つ人間で、あんなに苦しんで死んでいったんだと思うと、

この部分は実際にはガダルカナルで実際にあった話。
夜襲・バンザイ突撃など当時の日本兵は恐怖知らないものだと
米兵に畏怖させていたが、
実際の日本兵の死体から手帳や手紙を回収し、
当時の日本兵もただの人間で弱い生き物であることを
最前線の米兵に植えつけていった。

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:53:48 ID:7izLi/kg
>>452
神道という宗教が背景にあるってのもあるんだろう。
陛下は今でも毎朝5時だか4時だかに起床されて
伊勢神宮の方角に向かい、日本国民の安寧を世界平和をお祈りされて
いるということだ。

また今上陛下が皇太子時代は疎開されていたのだが
他の子供と同じようにひえやあわを食されていたとか。

民を屁とも思わず、女にストリップさせて道楽にふけっている
金豚とは異なるだろう。

朝鮮人・・・・俺は信用してない。

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:55:26 ID:6eks/9Nb
たぶん、それを伝統により権威付けられた天皇のすごさを一番切実に感じたのがアメリカ。

硫黄島でのこの映画のような戦いや、沖縄戦など、まさに鬼のような日本人。
その同じ日本人が、天皇をGHQの懐に入れたとたん、
「ギブミーチョコレート」「アイアムパンパンガール」だぜ。
なんだこいつらって、思ったと思うよ。

何かに書いてあったが、もう少し抵抗してくるんじゃないかと、マッカーサーは正直思ってたらしい。
だから、彼が日本に降り立ったときの写真は、傲慢に振舞いつつどこかびびってる感じがする。
「菊と刀」の研究班チームにはかなり感謝したことだろう。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 04:59:23 ID:7izLi/kg
>>455
言論統制がきつかったことも影響してるんだろう。
実際には横須賀だかに上陸した米軍はレイプしまくるんだ。
そのことに最初はマスコミが怒り狂うんだが
GHQに粛清された。
で、ラジオでは「真相はこうだ」いわゆる真相箱で
日本軍部を徹底的に叩き、日本人を戦争嫌いな民族に「育成」された。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:07:05 ID:VCGJlIqK
>>455
それはちょっと単純過ぎないかな。。
戦時中だって「やだなーーーー」「こんな糞戦争早く終わんねーかなー」
っていう日本人も沢山居たでしょ。
戦争を終わらせてくれて「ありがとーアメリカ」ってシンプルに発っした言葉だと思うけど。
そしてそれを責める気にはとてもなれん。

アメリカはそれが国策と戦争の抑圧から開放された国民感情だというのも
充分解かってたと思うけどね。



458 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:14:01 ID:7izLi/kg
>>457
そういや、戦争末期になると
東条家は嫌がらせされたって
東条孫が言ってたな。
どういう理由だろ。失脚してるし。
負け戦が多くなってその原因は東条の失策だってことに
されたのかな?
ちなみに大本営がうそばっか流していたというのは
デマらしい。ミッドウエイでのだったかな?
その敗戦を除いて。
ちゃんと大本営を聞いていれば戦況が悪化していることは
わかるようになってんだってさ。

でも
>戦時中だって「やだなーーーー」「こんな糞戦争早く終わんねーかなー」
っていう日本人も沢山居たでしょ。

は知らない。

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:14:57 ID:t4Oq+k/d
ねえねえ、なんで映画の内容と関係ない話ばっかりしてるの?

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:17:50 ID:7izLi/kg
>>459
この映画を見終わったら
戦友どうし、あるいは友達どうし
何の話する?
実際のあのころはどうだったんろって話しないか?

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:18:37 ID:t4Oq+k/d
>>460
ううん、しないよ。
映画の内容の話をするよ。

462 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:24:49 ID:7izLi/kg
>>461
映画の話はもうやっただろ。
俺ももうやった。
映画の話をしていたら話が膨らんで実際はどうだったんだろ?
って話になる。

俺の親父が何年も前
「少年時代」を見た後
自分の子供時代を懐かしげに話してたよ。

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:25:13 ID:uctyXt/7
>>135

音変じゃない?つうかエンコ失敗してるでしょ

削除してもう一回たのみますわ

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:25:52 ID:lGuv6MfS
この時間帯になると、映画とは直接関係無い軍事話になるのは毎度のこと。
毎日このスレ見てて、呆れを通り越してさすがにもう慣れた。

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:26:06 ID:VCGJlIqK
>>461
映画の話は勿論だけど、当時の日本や日本人達に思いを馳せるのも
映画の楽しみ方だと思いますよ。



466 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:28:10 ID:7izLi/kg
>>461
それと、今は真夜中だから人が少ないが
映画の話をしている時より
当事の歴史を話している時のほうが
人が多い。
ネット特有だな。

ちょい落ちるね。
ネットカフェかあのカキコだが
もう朝だわ。

サンクス。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:29:06 ID:t4Oq+k/d
清水の遺体に掛けてやった千人針に「な子」
って書いてあったのが見えて、多分「はな子」って書いてあったんだと思うんだけど、
あれは西郷が、清水の遺体に自分の千人針を掛けてやったっていうことでいいの?

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:31:51 ID:lGuv6MfS
西郷の仲間が赤痢で既に死んでたという事実が
会話だけで語られるシーンは、見た瞬間軽くゾクッときた。

あの状況下で病に倒れて亡くなる事は
いちいち映像化するほどの事じゃない、些末な事なんだよ、と
暗に言われているような気がして。

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:36:50 ID:VCGJlIqK
>>467
それ見落としたけど本当に「はなこ」だった?
でも西郷のじゃないと思う。曖昧だけど。

>>468
赤痢で死んだのは、初めに西郷と出てくる立派な顔だちの人だよね。

赤痢だけじゃないけど、硫黄島での日常と戦闘の様子を日記形式で回想した文章が読める。

硫黄島戦闘体験記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima


470 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:38:08 ID:jGHqgKv4
>>468
アメーバ赤痢だな。
ビルマ戦でもこれで倒れた兵士もいるようだ。
http://www.melma.com/backnumber_256_1360992/

ビルマで倒れた日本兵が現地人に助けてもらった恩返しのために
ビルマに学校を作る活動をしているらしい。
孫が祖父のことを書いた作文。
ネットでたまたま見つけたが
いい作文だ。京教育委員会賞第2位らしい。
日本人が他国からこれからも人情深く尊敬される国であり続けることを
祈るよ。(特定アジアを除く)

では、みなさん、おやすみ。


471 :UNKO:2006/12/17(日) 05:39:44 ID:t4Oq+k/d
>>469
「は」は折れ目で見えなかったけど、確かに「な子」っていうのは確認した。
西郷が清水の千人針を持ってるのは不自然だから、あれは西郷のだと思う。
これって二人の関係の受け取り方を理解するのに大事なことだと思う。

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:48:44 ID:VCGJlIqK
>>471
でも確か、清水が投降する寸前に千人針を身に付ずに行ってしまったのに
西郷が気づくシーンがあったような気がするんだけど…。

そのシーンは二ノ宮の提案だと、最近ここで知ったけど
西郷と清水は打ち解けたばかりだったよね。
でも極限状態で生死を共にした二人だから
大切な、はなこからの千人針もあげる事ができたのかね。







473 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:50:46 ID:lGuv6MfS
米軍の攻撃や自決への絶望だけじゃなく、
病という目に見えない敵とも戦わないといけない
当時の先祖の方々を慮ると、ホントに言葉が詰まる想いだ。

少なくともあと2回くらいは見に行きたいのが心情なんだけど、
最短の劇場まで片道2時間。
なかなか見に行けないのが実に残念。
せめて、今日書店で関連書籍を購入し、厳粛に読ませてもらおうと思う。

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:51:32 ID:Jx/ubNHt
>>471
あれは清水の千人針だよ。
清水が投降しに洞窟をでたとき洞窟内で西郷が千人針を見つけるシーンがある

西郷が清水の遺体に千人針をかけてやるシーンは二宮の提案で
そのことが書いてある雑誌の内容から清水のだってわかる
確か母との繋がりがどうかとかいう内容だったはず

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 05:53:04 ID:f9crH7al
硫黄島は本土の縮図であとして描かれているので、十分
太平洋戦争全体の悲惨さを表していると思った。

火炎照射器は焼夷弾、熱くてあぶりだされたところを機銃掃射。
あと原爆二つでとどめ。アメリカからみたら日本列島も小さな
島国なんだから。栗原は融通の利かない重臣を持った昭和天皇かな。

ひとつ疑問に思ったのはコルトがそんなに大事なら、一緒に埋めるのが
自然だろう。あそこは映画としての作為だね。

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:08:47 ID:VCGJlIqK
それにしても久しぶりに引きずる映画だな。
そして内容が内容なだけに、こういう引きずり方は初めて。

>ひとつ疑問に思ったのはコルトがそんなに大事なら、一緒に埋めるのが
自然だろう。あそこは映画としての作為だね。

当初は日本刀での自決だったのを謙の提案でコルトにしたらしいね。
自分は初めてそれを読んだ時、謙はラストサムライでもラスト刀で自決してるし、
ジェネラル栗林の人柄からして拳銃で自決する方がリアルだと思っての事かと
少々俗っぽい解釈をしていたんだが、ここを読むとかなり深い解釈をしてる人が多いね。




477 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:12:59 ID:4UUgoXhF
>>470
>(特定アジアを除く)

こんな特定の国を差別視する国民は世界から尊敬もされないし人情があるとは
思われないぞ。惜しいなあ。根はいい人らしいのに。


478 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:17:41 ID:VCGJlIqK
>>477
ヒント:ツンデレ

特アにいい人だなんて、思われたくないんだからね!!

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:20:45 ID:2OxSPEI8
自決のシーンを日本刀での切腹だったヴァージョンを想像してみたけど
実際のコルトでの自決の流れを超えるものには自分は思えないな〜

「ここはまだ日本か?」
「はい、日本であります」
「そうか」パンッ
西郷の瞳からこぼれる涙

最高に美しくて悲しい名シーンだと思う

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:26:56 ID:f9crH7al
>>476
>当初は日本刀での自決だったのを謙の提案でコルトにしたらしいね。

おそらくラストエンペラーの甘粕大将を演じた坂本龍一の提案に倣ったん
だろう。はじめ監督は日本人らしく切腹させようとしたんだが、坂本が
それは単なるオリエンタリズムで、日本人みんなが自刃したわけではない
って主張してピストル自殺に変えさせたらしいから。

最後に刀でなくコルトで自殺したのは、アメリカでのパーティーでの会話が
伏線だと思う。日本と戦争したら夫を殺すのって尋ねた婦人に、そんなことない
って答えていたけど、結局アメリカの友人からもらったコルトで自分を殺す
羽目になったという理不尽さを描いているのだと思った。

この脚本家はなかなかたいした人だね。伏線がいくつもある。クリントは
それをわざとらしくないように撮っている。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:32:07 ID:3gUpZZiP
>>479
この映画はいろいろ伏線が織り込まれてる。
最後はコルトで自決というのは
コルトを米軍の友人から送ってもらった際の
一件の伏線になっているのでは?

こるとで自害する際
米軍人の夫人とやりあったあの場面を
観客に回想させようといている。

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:32:57 ID:C4OXkcJv
みんな武器に詳しいんだね
私、昨日まであれを「コルト」って呼ぶなんて知らなかったんだけど・・・
もしかして常識なのかなー^^;

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:33:29 ID:3gUpZZiP
かぶったみたいだw

484 :UNKO:2006/12/17(日) 06:34:40 ID:t4Oq+k/d
コルト・ガバメント

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:36:36 ID:9tirwJpk
コルトガバメントはアメリカを代表する銃だし
ちょっと銃に興味持てば必ず出てくる名前。


486 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:36:56 ID:VCGJlIqK
>>480
あまり叙情的にならずの淡々と描いてくれてる中で
清水の人物設定とエピソードは
かなり感情を揺さぶられる演出がされてたと思うんだけど
ポールハギスはどこまでタッチしたんだろう。
何かで細かいセリフの部分での参加と読んだんだけど。


487 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:38:07 ID:VCGJlIqK
あまり叙情的にならずの淡々と ← ×
あまり叙情的にならずに淡々と ← ○

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:38:36 ID:2Tgr0+Rb
>>475

栗原て…誰よ。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:39:13 ID:3gUpZZiP
http://www.melma.com/backnumber_256_3460139/

にも映画の感想がある。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:47:19 ID:f9crH7al
かぶったな〜w
やっぱりこの解釈が映画の意図するところだろうね。

あとどうしても二部作だから星条旗と比較しがちだけど、個人的には
「ヒトラー最後の12日間」と比較するほうがいいと思う。

というのは、
(1)どちらも敗戦国の最後を洞窟=防空壕での鬱屈した人間関係を
   描いている。
(2)ヒトラーは独ソ戦だけど、あの映画は旧敵国のロシアの都市で
   映画撮影。手紙もカリフォルニアで撮影。
(3)全篇敗戦国の母国語。
(4)上官の狂気と部下への理不尽な命令。ナチス親衛隊がドイツ市民を射殺。
(5)映画の視点がどちらも一般人、ヒトラーでは秘書、手紙ではパンやを
   とおして距離を置いて描いている。そしてどちらも最後は生き残る

ようするに手紙は「硫黄島、最後の36日」であって映画としてのスタイル・
視点がそっくり。時代の要請なのかな。

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:07:50 ID:AbnT3Hpo
>>475
お前のようなアホがしっかり発言できる2ちゃんねるに乾杯

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:17:28 ID:VCGJlIqK
>>491
あなたの乱暴な言葉も2ちゃんでだけでしょ。

仮に文句があっても、同じ映画を好きな物同士
もう少し穏やかな口調で言えないかね。




493 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:43:13 ID:ND07fc31
はっきり言ってここのスレ見てると観に行く気なくなるわ
「感動しましたー!」っていうTVCMのほうがまだマシな気がしてくる

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:50:42 ID:84ibEC99
高松宮殿下は返還直後の硫黄島訪問時に
(まだ危ないので自衛隊員も靴着用の中)
裸足になって地に伏して祈られたそうだ。
(ソースはぐぐれ)
外国旅行に行かないとふくれる今の東宮夫妻と大した違いだ。

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:52:08 ID:9tirwJpk
>494
それだけ重いんだな

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:55:04 ID:5EIfDmXD
>>457

戦争が負け戦だし嫌だなと思っていた日本人は居たし、
有る程度の人間なら皆分かっていた。
しかし、アメリカに負けて感謝するって奴はごく少数だったよ
戦争に負けた国が悲惨な目に遭うのは当時の常識だったから。
結局、国民の価値観の問題だろうね
(相手が米だったのは不幸中の幸い。ソや中だったら・・)

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 07:58:14 ID:BRM0abDS
硫黄島からのグリンの手紙
「楽天でやりたい」

渡辺謙「単年か複数年かには意味があるんです」
二宮「(グリン手放して日ハムにとられるとか)俺たちは掘っている。墓穴掘ってんのかな」

編成「どっちみち最下位なんだ。金はかけないからな」

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:10:34 ID:BCthl87L
>>496
{敗戦国の常識}を当時の末端の国民が知識として持っていたと思う?
食べるものにも事欠く一般市民には価値観なんていう概念すらなかったと思うよ。

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:33:15 ID:6eks/9Nb
当時あったのは、大和魂と、神風神話。

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:39:12 ID:9tirwJpk
当時の事を本当に知ってるのは当時いた人だけだよ

見てきたように語るのはどうかと思うがw

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:41:41 ID:F4LBx9tm
>>498
曾祖父は利根川沿いに住む末端の百姓だったけど
村では戦争に負けたら米兵が川を上って上陸すると噂になっていて
女の子ばかり四人かかえる曾祖父は逃げるのが大変だろうと
同情されていた。
戦況は茨城から東京の空が真っ赤に見えた夜、ダメだと思ったらしい。
特高を警戒して家の中でしか本音をいわなかったそうだけど。

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:44:35 ID:p1RyPN/m
ドライブにたいするツッコミの多さはなんだろうなー。

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:46:34 ID:6eks/9Nb
>>500
せっかく栄えある500番をゲットしながら、ずいぶんと詰まらん突込みを入れてるね。

そんなの、読むほうも斟酌すればいいだけじゃねぇの?
「だろう」とか「とされている」の省略を脳内で補完してくれよ。

学術論文や論争じゃないんだから、いちいちそんな細かいところに
気を使ってやり取りしなきゃ話が通らないなんてのはつまらんはなしだろうに。


504 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 08:55:41 ID:SXl3I70G
>>476
栗林の駐在武官時代の送別会のシーンで
「日本とアメリカが戦争になったら、あなたは主人を撃つの?」
のセリフが伏線になってると思う。
結局、もらったコルトガバメントで敵ではなく自分を撃ったと。

ちょっと気になったのは、自決後にアメリカ兵がコルトを拾うシーン。
「なんでこんな所に友軍の武器が転がってるんだ?」という疑問が
あっていいと思う。同じ場所に日本刀も落ちているわけだし。
友軍の物だとしたら「遺品」なわけだから普通嬉々として拾わないだろう。
つまり、ちょっと無理がある気がしてならない。

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:03:13 ID:ILH9cB1x
パラマントニュース
(検閲されてるから死体は出てこないよ)
http://www.youtube.com/watch?v=zvFzbD5OH9Q&NR

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:03:14 ID:X0decZFl
栗林の最期の「ここはまだ日本か?」というセリフの意味が謎だ。
また、最期に副官に介錯を依頼したにもかかわらず、最期はピストルであっけなく自決。

またなぜ埋めることを依頼したのだろうか?

最期の部分の解釈は難しい。

また意外と簡単にパンとかいって自決するあたりが拍子抜けだった。

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:08:11 ID:SlIO/bXP
犬殺しのシーンはどう見ても映画チック杉。
夜中に弾なんか撃ったら住民が騒ぎ出すし貴重な弾を犬ごときに使うの
もったいなさ杉。
普通目の前で刀やナイフで殺せと命令するだろ。


508 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:10:09 ID:p0kd/BzR
>>143
西が自決前に靴を脱ぐシーンで何で靴脱ぐんだろう、と思ったけど、
あれもエルメスの靴だったのかな、、、

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:12:55 ID:p0kd/BzR
埋めさせたのは、最高司令官の首(遺体)を敵に渡したくなかったから。
アメリカは必死に栗林の首を探してた。

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:13:50 ID:SXl3I70G
西が靴を脱いだのは、小銃の引き金を親指で引くためだよ。

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:15:56 ID:gZLc2YjC
栗林のアメリカ時代の回想で、会話する夫婦がブッシュとローラに似てるんだけど、偶然かね?

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:18:00 ID:p0kd/BzR
>>510
なるほど
小銃だから手で、ってわけにはいかなかったのか

513 :UNKO:2006/12/17(日) 09:18:30 ID:t4Oq+k/d
陽気なアコちゃん♪キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:19:52 ID:t4Oq+k/d
あ、間違った

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:20:07 ID:YUJlORt6
719 :名無シネマ@上映中 :2006/12/16(土) 19:51:42 ID:YO7Slbae
大ヒットしてる映画らしいんで観てきたよ。観終った後書店で「散るぞ悲しき」も購入したんですけど。
率直な感想としては・・・

戦争なんてヤダ、絶対にヤダ
火炎放射器で火達磨になりたくない・・
手足バラバラで死にたくない・・
胴体真っ二つなんてこの世のものとは思えない・・・(米海兵隊の死体に多かったらしいね)
銃剣で心臓刺されるなんて嫌だ・・
死ぬんなら家族に看取られ老衰で温かい布団の上で安らかに死にたい(涙
僕は反戦や非戦とはまた違う、嫌戦・憎戦と言った感情が芽生えてしまった・・
こんなこと書くと軍事ヲタみたいな戦争好きの野蛮でエキセントリックな連中からバカにされるんだろう。
でも僕には上の感想しか思い浮かばない。
この映画が興行成績1位だけど、よくそんなにヒットしてると思う。(つまらないとかそういう意味じゃなく)
何故ならあまりにも「重い映画」だからだ。1位になるような映画とは思えない。



516 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:24:26 ID:YUJlORt6
ただただ戦争反対厨

そして昨晩もこのスレに来てた「私、泣いてストレス解消したいから映画観たい」DQN女

こんな奴らがこの映画を見る資格はない。
観た所で何も感じないだろう。
クリントは淡々と穏やかに描写してるからな。
ある種のカタルシスは無いと思ったほうがいいのだ。
歴史・戦術・武器などに無知な現代日本人には理解できるわけが無いんだよ。


517 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:26:36 ID:YUJlORt6
この映画は「面白い・つまらない」の単純な二分法しかもたないバカな若者には絶対無理。
俺は面白くも無かったし、つまらなくもなかった。
ただ観終わった後になんか心に引っかかる映画だったと思う。

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:28:50 ID:X0decZFl
驚いた。その辺の兄ちゃんが来てて。自分みたいな少し若い奴はあんまりいねえかと思ってたが。
結構日本もすてたもんじゃねえ。

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:29:25 ID:f9crH7al
>またなぜ埋めることを依頼したのだろうか?

西郷「俺墓穴ほってんのかな〜」

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:29:49 ID:jpTxwGVD
>>508
引き金

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:30:33 ID:KqL7y2Aj
昨日見てきたお
先に見てきた知人が「中途半端」とこきおろしていたので心配してたんだが、
自分にはその中途半端さが丁度いい距離感でよかった
安易にスペクタクルにするでもなく、反戦映画調に悲惨さを強調するでもなく

あとイーストウッドがなんであんなに中村獅童の使いかたを心得ているのかが不思議

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:30:54 ID:YUJlORt6
>>518
いやいや、どうせその兄ちゃんとやらも
退屈してただろうなw
ドンパチ映画だと思ってただろうからw
まぁそういう兄ちゃんはダイハード観てたほうがいいと思うがねw

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:31:32 ID:p0kd/BzR
「ドライブ」は普通に使ってるね
http://www2.bbweb-arena.com/norisan/110page.html


524 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:31:57 ID:t4Oq+k/d
銃身が長くて手で引き金を引くと銃口が頭の位置に来ないから
足の指で引き金を引いて口で銃口をくわえて固定して
頭を撃ち抜いた。

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:34:04 ID:HFmdHWjO
ファストフード的な濃い味付けの派手な映画ばかり見てると、
味覚、じゃなくて感性が貧しくなるのね

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:41:09 ID:UiFrJIcC
シドーは顔からして、なんか相応しいキャラはこれってのがでてるわ。
クリントなら見破れるだろう

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:42:55 ID:S19z9BYw
異論があるんだけどさ。
なんで映画を観る時に「こんな奴にはみてほしくない」なんて言われなきゃなんねーの?
金払って観るんだからいいじゃん。
それに映画ってエンターテェイメントなんだから
面白いかつまらないかの判断しかないでしょ?
それにダイハードをバカにしてるみたいだけど
あんだけ面白い作品ないですよ。スカッとするもの。
それに大ヒットしたんだから「価値のある映画」だよ、どう見ても

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:43:05 ID:6eks/9Nb
DVD発売まだかな

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:43:33 ID:UiFrJIcC
>>515
きのうもみた
そのこぴぺ

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:44:40 ID:47EWyrBb
なんか、それぐらい理解できんのか?て質問多いな

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:45:05 ID:1m6XPisY
>>511
俺も思った!キャスティングでその様にしたのかな

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:45:59 ID:yWL7KZs+
>>530
悲しいけどそれが日本人ってもんよ。

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:51:17 ID:t4Oq+k/d
>>527
>それにダイハードをバカにしてるみたいだけど
>あんだけ面白い作品ないですよ。

だから勧めてるんだよ。
こういう映画じゃなくてダイハード見てろって。

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:51:33 ID:zEVJ4AQr
ペリリューの戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ペリリューの戦い(ペリリューのたたかい)とは、太平洋戦争中の1944年9月15日から
1944年11月25日にかけペリリュー島(現在のパラオ共和国)で行われた陸上戦闘をいう。
日本が見せた組織的な抵抗は、後に硫黄島の戦いへ生かされていくことになる。
日本軍
戦死者 10,695名、捕虜 202名
アメリカ軍
戦死者 2,336名、戦傷者 8,450名
一般人民
戦死者・戦傷者ともに0名

アンガウルの戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
アンガウルの戦い(Battle of Angaur)は第二次世界大戦におけるパラオ-マリアナ戦役最後の戦い
日本軍
死者1,338人、捕虜59人
米軍
死者260人、負傷者2,294人

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:53:03 ID:UiFrJIcC
この映画がなかったらしらなかかったこと、考えることすら
なかった話題多いもんん
それだけ日本は今一応平和なんだよ

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:53:10 ID:VCGJlIqK
>>504
>栗林の駐在武官時代の送別会のシーンで
「日本とアメリカが戦争になったら、あなたは主人を撃つの?」
のセリフが伏線になってると思う。

大方の人がその見方をしているようだね。
ただその一連の会話と、実際には栗林がコルトの弾きがねを
自分にひかねばならなくなった運命の皮肉だとして、個人的にそれに直結するには
栗林の心の機微みたいなものを、それ程感じなかったんだよね。実感として。

しかし、是非もう一度観てみたいと思ってるので、観なおしてみるつもり。
ただ、日本刀で自決しようとした時、スクリーンを観ながら思わず「刀は止めてくれ」
と思ったから、個人的にコルトで良かった。日本人監督ならともかくクリントが撮る映画で
日本刀の自決を描くのは上のレスにもあったけど
あまりに欧米人の抱くオリエンタリズムに忠実すぎると瞬間的に思った。
あのシーンは、本当に唯一救われるというか美しいシーンだと思う。

>>507
>犬殺しのシーンはどう見ても映画チック杉。
多分クリント特有の解かりやすい悲劇性の表現だと思う。
ミリダラのヒラリースワンクの母親の役割のような感じで。

清水の性質と最期を際立たせる為の、作中数少ない情緒的で説明的なシーンじゃないだろうか。
前レスでも見かけたが、単純に憲兵=ゲシュタポのような図式でリアリティーよりドラマ性を優先したんだと思う。
多少解かり安過ぎるのかもしれないが、短い回想シーンでも
清水の人柄が伝わってきたので個人的には良かった。



537 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:54:39 ID:UiFrJIcC
戦争に関心や疑問もち始めるだけでも価値あるよ

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:59:09 ID:jpTxwGVD
>>536
犬のシーンは、なんかアメリカの逸話があるのかもね。
アカ狩りで映画業界もやられたらしいし。
あのシーンはアメリカのアカ狩りも視野に入れてるんだと思う。

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:01:28 ID:hdwayrqV
>>433
遅レスだが、徴兵制でほとんどの男子に軍隊経験のある韓国人が
そういう反応をするのは至極当然だと思う。
というよりも、世界の大半の国民は同じような感想を持つのではないだろうか?

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:04:09 ID:f7KPIAs8
犬はさぁ、米兵の捕虜の手紙でうちの犬が逃げ出して街中大騒ぎ。
ってあってじゃん。
それに比べて日本じゃ殺すのか・・・ってそういう対比じゃないのかな?

けどあの犬の家族まじでうざいな。せっかく助けてもらったんだから
少しの間犬の口押さえてろよ。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:08:07 ID:sRpFM+b3
コルトと日本刀を埋めないで残したのは、
栗林とその部下の遺品として西郷が持っていたいからと解釈。
日本刀は武器にもなるしね。

日本の武器とアメリカの武器の対比、アメリカの武器で自決した栗林、
この象徴的なシーンでクリントはなにを言いたかったのだろう。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:09:19 ID:6eks/9Nb
あの刀を振り上げたとき、狙撃されたのは、捕虜を殺そうとした日本軍に見られたから。
なぜそう思ったかと言うと、「星条旗」の船内で見せれた介錯する日本人の写真が伏線。

映像やシナリオだけでなく小道具も、細かいところで連携してて、やっぱり二部作だなあと思った。
なんでも、「星条旗」の船から落ちるシーンも「手紙」で見れるらしい。

俺が確認したのは、「星条旗」の戦車。頼れ!忘れろ!の戦車。あの戦車が遠景でやられるシーンが
「手紙」で出てきてる。「星条旗」のすり鉢山の旗も「手紙」で確認できるらしい。
逆に「星条旗」ラストの日本軍の死体は、「手紙」の手りゅう弾自決の結果。

こうやって見ると結構リンクしているんだな。



543 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:09:38 ID:VCGJlIqK
>>539
>世界の大半の国民は同じような感想を持つのではないだろうか?
そうは思わない。

同じ思いをしていない人間が「解かる」「解かる」と安易に言うのは何か違う。

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:10:40 ID:ILH9cB1x
>>534
>パラオは第一次世界大戦後日本の委任統治領となり
あの戦争が無かったら今頃南国の楽園が日本領土・・・。
('A`)

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:15:37 ID:OUWEmLmW
>>473
どんなど田舎に住んでるの?

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:16:08 ID:hdwayrqV
>>542
アメリカ兵に友軍の兵士を殺すという発想はないからね。
漏れもそう考えるのが妥当だと思った。

>>543
同じ思いをした人たちなんてもう80歳過ぎだろ?
韓国人も日本人もほとんどが戦後生まれだし、朝鮮戦争があった分だけ
彼らのほうが戦争の記憶は身近で切実なものだと思うが。

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:17:28 ID:n5/LJHnG
>>537
だな。

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:17:38 ID:LH5gc/Cj
>>533
ダイハードを見てこういうのも見ればいい。
なんでそう単細胞なんだ…

小説だって純粋なエンターテイメントもあれば私小説もある。
エンターテイメントなんだから、の一言で片付けるなよ。

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:21:41 ID:6eks/9Nb
>>548
まあ、それだけ>>533はこの作品に魂を奪われちまった。愛しちまった、ってことだろうな。
俺にもその気持ちは、なんとなくわかる。なかなかほれ込める作品には出会えないからね。

いろんな意味で、この作品は突出してるような気がする。

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:31:45 ID:gxPE/gqV
千人針ってアメリカ人わかるんかいな?

壕内で決戦前に腹に巻きつけてるシーンがあったし、清水が殺された時は千人針を身体に巻きつけてなかったし。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:32:00 ID:ILH9cB1x
おまえらはぺリリューの戦いがあったパラオ共和国の国旗を知っているか?
これを見てどう思う?このデザインと配置がどこかの国の国旗に似てるだろ。
日本の委任信託統治領になり日本語教育を学び、日本人と仲良くした優しい国民。
どこかの国とはえらい違いなんだ!
・゚・(つД`)・゚・
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/48/Flag_of_Palau.svg/800px-Flag_of_Palau.svg.png

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:32:17 ID:jpTxwGVD
>>546
朝鮮戦争っていうか、韓国はつい20年前まで軍事政権だったわけだし
当時の大学生はリアルに火炎瓶やライフルで機動隊と戦ってたわけだから
身近っていや身近だと思うよ。
ちなみにその映像をCNNで流してたが、日本のマスコミは一切報じなかった。
マスコミの情報操作とか規制とかが実際にあるんだ!と直に感じた瞬間だったな。

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:34:23 ID:XxYA/tZe
>>541
コルトと日本刀を埋めないで残したのは、
もし遺体が掘り返されたら身元がばれるからでは?

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:39:58 ID:hdwayrqV
>>552
身近さもそうだけど、生命を賭けて国を護るという意識の問題だよね。
残念ながらその点では現在の日本人は韓国や朝鮮の人たちに圧倒的に負けている。
日本のように平和ボケした国以外では「信じられな〜い」「こいつらバカ?」みたいな
ふざけた感想は絶対に出てこないはず。

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:40:07 ID:s9cu26AR
西郷の最後の笑み(?)は栗林に「二度ある事は三度ある」という言葉を思い出したからでは?


556 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:40:42 ID:nowmRbK7
>>551
日本と仲良くしない国は敵って考えは止めておけ。
そうなったら敵は世界だからな。

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:41:47 ID:1m6XPisY
渡辺謙さんとかは硫黄島の戦いの映像とかは見たんだろうか?

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:41:57 ID:LH5gc/Cj
>>550
塔婆みたいのがずらーっと並んだ中を進んでくシーンとかも、アメリカ人にはぜんぜん分かんないだろうね。日本人の感覚だとぞわっとなるけど。
イーストウッドはそういうのぜんぜん説明的に描かない。でもこの映画にはまった人とかは、そういうの少しずつ調べるなり聞くなりして知るようになるんじゃないかな。それでいいと思う。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:47:35 ID:TEEuTZyM
>>558
どこの人がみたって墓に見えるってw
ああいう簡素な墓地のあるアメリカ軍基地は
ベトナム戦争の映画やウィンドトーカズでも出てくるし。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:49:05 ID:p1RyPN/m
あの墓は現地の人の?それとも戦闘が始まる前死んだ兵士の?

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:52:12 ID:ZMqCuM2B
すいません、これ見ようかどうか迷ってるんですけど、グロいシーンとかトラウマになるようなシーンはありますか?
戦場のピアニスト見た後とかしばらく鬱になってしまって…

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:53:05 ID:hdwayrqV
>>560
木がまだ新しくて墓標の先が尖っていたから兵士たちの墓だと思う。
住民たちはちゃんとした石のお墓を作っていただろうし。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:53:52 ID:TEEuTZyM
軍属か軍人か知らないけど、米軍上陸の前の空爆やカンポウ射撃で死んだ人だな、数から言って。
なんだかんだ言って結構被害は出てるらしい。そして、米軍上陸後においてはまったく地上に
出れなかったから墓なんぞ作れないと思う。
イトウトウから生きてかえった人の手記がネット上にあるからそれ読めばかなり事情がよくわかるよ。

・・・といいつつURLは出さない俺。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:55:38 ID:yWL7KZs+
>>563
伊藤島から帰って来た人の手記はあてにならんなw

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:56:10 ID:C14xLAtg
>>561
あるある
映画館から出てくる客がみんな葬式帰りに見えるぞw

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:57:01 ID:TEEuTZyM
ありゃ、なぞの島になってるw
エスパーが住んでいらっしゃるのかしらん

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:57:29 ID:hdwayrqV
>>563
病死や過労死、硫黄ガスや落盤による死者もかなりいたはず。
赤痢で死んだ兵士もきっとあの墓場のどこかに眠っていたのだろう。

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:02:08 ID:m7rutvYu
>>565
久々にエンドロールまでみた。
すぐ立つ人少なかったよ。
額押さえて俯いてたら、となりの女の子が不思議そうに見てる
のに気付き、慌てて姿勢変えた。
帰りは中年親父、女の子がすすり泣き、皆肩落として歩く姿は
まさしくお通夜。
強烈な映画でした。

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:04:18 ID:MIJyfVDN
>>550
まあ、ググるだろそれくらい。

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:11:32 ID:E5WH6y27
>>527
馬鹿はいくら金払っても馬鹿なんだよ。



571 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:11:36 ID:XvIm63l5
>>555
あの笑みは、沈んでいく夕日を見ながらようやく生を実感出来た安堵の笑みだと思う。
>>561
トラウマになるようなシーンはあると思うよ。でも、だからこそ見ておくべき。

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:12:58 ID:eCdvOD2W
最初は墓を掘ってたが、スコップとかの金属がレイダーだかに探知されるので、途中で墓掘りを止めてる。

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:15:48 ID:TEEuTZyM
アフガンでの対物ライフル(M82A、弾は.50Cal)使ったタリバン狩りの
映像を見た俺は、あんなつくりもんの映像いくら見たってタイジョウV!


574 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:23:13 ID:ZMqCuM2B
>>565
>>571
ありがとうございます。
見たい気持ちはあるんですけどちょっと躊躇してしまいますね…
調子のいい時にでもDVD借りて見ようと思います。

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:25:01 ID:6NbkKzZR
>>527
ヒント 中二病

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:25:13 ID:Dme/IpaY
http://images.apple.com/movies/wb/lettersfromiwojima/lettersfromiwojima_h640w.mov

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:26:12 ID:jpTxwGVD
>>571
なんであれを夕日だと思う?
朝日だろ、地理的に。

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:27:09 ID:x83YVGuz
始まるまで、NANAのへたくそな歌がずっと流れてて、
腐女子の明るい笑い声とかあって、間違えたかと思った。

レイトショー行ったんだけど、途中で寝る事なく見終わった。

西郷のからんだ役が、流れるように死んでいくんだな。

順番に自爆していくシーンで「止めろ」と心で叫ぶ自分がいた。
決行後、先の腐女子グループが「ひいぃ〜〜〜っ!」って合唱して、
ちょっと和んだw

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:27:51 ID:aXXorgRF
投降した日本兵を撃ち殺したアメリカ兵の人。

小太りでタバコをくわえてる所が、明らかにジョン・ウエインへの皮肉的オマージュだよね。


580 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:34:10 ID:Bg0D/+mo
アメリカ兵が投降した日本兵をぬっ殺すのはシンレッドラインにもあったし
べつにこの映画が最初じゃないよ

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:35:42 ID:eCdvOD2W
夜になると、日本兵がアメリカ兵の捨てた食べかすや吸い殻を拾いに行ったらしい。

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:36:36 ID:H405FeFi
ドライブは変じゃないと思う。
あの日記を書いたころはアメリカと戦争関係でもなく
ましてアメリカに駐在していたのだから普通に使いそうなもんだが。
敵性用語とやらで英語が規制されたのも戦時中の話。
年代的にも問題ないと思う。

コルトを米兵が持ってったのも1911年?製の華麗な装飾を施されて
いたコルトだから拾ったのではないかな。
グリップが白いしなんか特別っぽくない?



583 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:42:20 ID:UrdD8/qs
まるで月から来たみたいじゃないか
にはちと笑ってしまった。クリント監督が言う「西郷は兎みたいな奴」にも通ずるし。

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:42:37 ID:hdwayrqV
細かい話になるけど、栗林が自決するときにコルトを取り出して遊底を引いたよね。
つまり初弾は薬室に装填されていなかったということで、最後の突撃に際しても
あの銃をアメリカ人に対して向けるつもりはなかったんだろうなと思った。

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:43:25 ID:vgaEBfw2
栗林の日本刀を手にしたときのアメリカ兵のはしゃぎっぷりが可愛かったw

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:44:17 ID:zEVJ4AQr
With the Marines at Tarawa
http://www.archive.org/details/WiththeMarinesatTarawa
Documentary short film depicting the harrowing battle between the U.S. Marines
and the Japanese for control of the Pacific island of Tarawa.

Director: Louis Hayward
Producer: Louis Hayward
Production Company: U.S. Government Office of War Information/Waner Bros.Picture

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:48:02 ID:eCdvOD2W
あのコルトは工芸品で打ったら中古品になって価値が下がるんでしょう。

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:49:58 ID:XvIm63l5
>>577
地理的にどうかは解らないけど、ストーリーの時間的な流れから夕日かと。
栗林が最後の突撃をしたのが深夜、自決したのが夜明け後、
西郷が打ち据えられて捕まったのがその後。
島を一周するのに半日かからないような島だから、担架で運ばれた場所に到着するまでに
夜をまたぐことは無いと思うんだけど。


589 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:50:31 ID:lljd92zH
>>542
>あの刀を振り上げたとき、狙撃されたのは、捕虜を殺そうとした日本軍に見られたから。
>なぜそう思ったかと言うと、「星条旗」の船内で見せれた介錯する日本人の写真が伏線。

あんた、鋭いぞ!そりゃ

590 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:50:34 ID:FpuLo5Aj
コルトガバのグリップで白いのがあるなんて知らなかったよ

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:55:18 ID:t4Oq+k/d
>>585
日本人から見た典型的な憎たらしいアメリカ人のリアクションに見えた。

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:55:38 ID:z/nnOi+t
>>584
日本軍の軍規では拳銃の薬室に弾を入れたまま持ち歩いてはいけない。
だからこそ日本製の拳銃は安全装置の作りが甘いらしい。


593 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:57:39 ID:z/nnOi+t
>>590
あれはグリップが象牙のいかにも「記念品」

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:57:41 ID:hdwayrqV
>>592
それは知らなかったので勉強になった。
でも平時ではなく、あの直前に最後の突撃に向かったんだよ?

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 11:58:17 ID:ztmPLK8i
なんか評判いいから彼氏と見に行ったんだけど、1時間ぐらいで途中退場しちゃったw
どこが面白いのか全くわかんなかったょ・・二宮クンは良かったけどねw
彼氏もつまんねーっていってたし。。1800円ドブに捨てたなぁ


596 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:00:21 ID:tirFBgxl
馬鹿だなあ、映画のチケットなんか金券ショップで買えばいいのに

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:01:33 ID:lljd92zH
>>594
俺は、拳銃の細かな話を置いといて、あなたの推測はあたってると思う。
拳銃をプレゼントされたパーティで、あの拳銃を向けるのか?尋ねられた時、「never」と答えてるしね。
あの最後の突撃は、日本人が日本の意志を貫くためだから、日本刀を当然使う。

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:02:59 ID:z/nnOi+t
>>594
基本的には拳銃は将校が自腹で購入して携帯する「腰の飾り」で、
戦闘用の武器というよりは「自決用」みたいなものだよ。
(日本軍では原則、拳銃や軍刀を支給はしない)
いくら突撃とはいえ、最後の状況まで拳銃を使うことを想定してない
というのは普通。

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:03:47 ID:VxAgWJDe
何というか・・・もう、さすがにエンドロールは
辛くて観れなかったよ(オシッコ我慢してたから)

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:04:03 ID:ztmPLK8i
>>596
でも100円引きとかだよね?ならいいや
あたしと彼氏がびっくりしたのは、日本とアメリカが大昔?戦争してたってことぐらいかな・・



601 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:05:06 ID:/DEQPvPv
ちょっと思いつきなんだが。
中村シドウがやった海軍士官と、二宮とかの上官の陸軍士官(名前忘れた)って
役どころが被ってるよね。ま、頑迷なコチコチの将校達だから行動やセリフも似てくる
んだろうけど。
二宮の隊長を中村シドウがやって(勿論人情味のかけらも無くね)さ、例の自決場面で
『貴様ら、自決せい!』って言い捨てておいて、最後まで見届けず『オレ様は敵の戦車と
相打ちだ』って出て行くかもしくは臆病風に吹かれて(オレだけ逃げよう)とかやって
外に出て行って、結局捕虜になって命拾いする、ってストーリーだったらもっと面白い
かな?って思った。そんな最低なヤツをせっかく日本じゃメジャーなシドウにやらせたら
よかったんじゃないか、なんてね。もすこし言えば、投降後に射殺までされれば、栗林との
対比になるんじゃないかなぁ。
ま、出来の良くない日本のTVドラマレベルになっちまうか。


602 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:05:31 ID:FpuLo5Aj
釣られるなよ

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:06:01 ID:tirFBgxl
>>600
1300円で買えるよ。1000円浮いてお茶飲めるのに。メンツ気にするならお勧めしないけど。

604 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:06:44 ID:hdwayrqV
>>598
まあ実際にはその通りだったんだろうけどね。
ただあの遊底を引くという動作をわざわざ入れた背景には
>>597が書いてくれたような伏線に繋げる意図があったんだろうなと
思ったのさ。

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:07:09 ID:IOrdhxcI
>>474
遅レスだが、二宮偉い!
あのシーンが今作で一番泣けたから・・・
アレがなかったら魅力半減だった。


606 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:07:17 ID:KIJc6QcA
>>603
さすがに釣り

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:09:24 ID:3gUpZZiP
>>589
それは間違い。
なぜなら、栗林射殺が誤射だってところが感じられず
また、米兵はその後うれしがって栗林の刀やコルトを戦利品にしている。

捕虜を米軍が殺害する行為は
その前に、米兵が捕虜の日本兵を邪魔だと言って
殺害した過去があるから問題ない。

「その前に、捕虜の日本兵を邪魔だと殺害した敬意があるから問題ない。」

これこそが米兵による栗林射殺の伏線になっている。
伏線っていうのは、基本的に、
ある事件が起こった時に読者や視聴者が
こういう理由でこういう事件が起こったんだなと納得させる理由付け。

俺は星条旗のほうの写真を見て
国民党が対日プロパガンダに使った南京大虐殺とやらの写真を思い出した。
プロパガンダって怖いね。


608 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:09:45 ID:A3HFsHE/
>>595=>600さんはは釣りですか? マジですか?

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:10:48 ID:ztmPLK8i
>>603
結構安くなるんですねー。次からそうしてみます

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:11:06 ID:ILH9cB1x
天皇、皇后両陛下は14日午前、テロ対策特別措置法とイラク復興支援特別措置法に基づいて
インド洋やイラクに派遣された自衛隊員ら約180人と皇居・宮殿の小食堂「連翠」で懇談された。
これまで海外の災害援助や国連平和維持活動(PKO)に当たった隊員と懇談したことはあるが、
インド洋、イラク派遣隊員とは初めて。今回は高級幹部から2曹まで幅広い階級が対象となった。
天皇陛下は制服姿で整列した隊員を前に「国際的な協力に参加し、力を尽くしてこられたことを
誠にご苦労に思います」「それぞれの任務を立派に果たしてきたことを深く多としています」とねぎらった。
隊員らは飲み物を手に歓談。陛下は一人一人に任務の内容などを尋ね、「ずいぶん長い期間洋上に
いたのですね」「いろいろ苦労があったでしょう。精神的にも」などと声を掛けた。
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pmilitary/39000/20061217116631462878824900.jpg

611 :205:2006/12/17(日) 12:12:30 ID:yI9uax3M
昨日見てきた。

上陸から最後の突撃まで1ヶ月あったのにとてもそんなふうには見えなかった。
せいぜい1週間ぐらいにしか見えなかった。
だから、元憲兵が投降するとこも出し抜けに感じたし、なにより、兵士の心境の変化を
戦況の変化に沿って描いていないから、説得力に欠け感情移入がしにくかった。

父親たちの星条旗はすごい映画だと思ったけど・・・
正直、あまりできのいい映画じゃないとおもた

ともなう

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:15:45 ID:z/nnOi+t
陸軍司令官の栗林とそれに反目する海軍士官の決定的な溝が
この映画の理解を深める肝でもあるんだが、そういう陸海軍間の
確執をわかって見てる若い奴はいるのかね?
制服の違いもわからんかも知れんね。

「ヒトラー最後の12日間」でもヒトラー親衛隊(SS)と国軍の
微妙な違いをわかって見るのじゃぜんぜん違うし。

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:17:33 ID:jpTxwGVD
>>588
地理的なことがわからないって、映画見たんだろ?
東の浜から上陸するって言ってただろ?
画面右側にすりばち山があって艦隊が見えて
なんでそれが西の方向になるんだ?

ちゃんと読み取れよ。あれは朝日。

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:17:39 ID:3gUpZZiP
519 :名無シネマ@上映中 :2006/12/17(日) 09:29:25 ID:f9crH7al
>またなぜ埋めることを依頼したのだろうか?

西郷「俺墓穴ほってんのかな〜」


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これは二宮の演技がその後墓穴を掘って
2chで酷評されていくシャレに効いた伏線かもしれんw


615 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:18:17 ID:hGxHeJig
>>600 中卒なのにネット出来るんだ

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:18:32 ID:MKR6ZI+Y
>599
尺が長いので
尿意が我慢できず、便所に向かって劇中の日本兵みたく
身を低くしながら突撃してた香具師が結構いたよ。

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:19:14 ID:hdwayrqV
>>612
陸軍の部下だって反発してたじゃん。
この作品は陸海軍の反目というよりも、栗林や西といった知米派の
先進的な将校と多数を占める守旧派の確執として捉えるべき。

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:20:36 ID:yI9uax3M
映画はいまいちだと思ったけど、二宮はよかた

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:21:44 ID:+UXCotID
見てきたけど
久々に泣けた映画だったなー

前にやったNHKの硫黄島特集見てて興味持ったんだけどね

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:22:41 ID:y5yLjDRk
>>593
1911年制のガバメントなら初代のM1911という事で大変な貴重品。
映画の中ではブルーイングがとても美しい光沢を放っており、実在したと
すれば相当な価値のあるコレクションアイテム。

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:24:23 ID:TEEuTZyM
>>613
朝日?
呼んだニカ?(-@∀@)

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:25:50 ID:t4Oq+k/d
「最近の若者は昔日本とアメリカが戦争していたこともしらない」
とかよく言うけど2ちゃんやってる奴でそんな奴はいないと思ってた

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:26:11 ID:K2ElZtTO
>>613
地理的には、太陽は南西の方角だったけどな。

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:26:43 ID:KIJc6QcA
コルトガバメントと聞くと、とっつぁんを思い出す


てか、まだ見に行ってないんだけどね
ちょっとスレ覗いてみました
近々レイトショーで見に行きまふ

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:27:40 ID:jpTxwGVD
>>623
南東だろ?なんで南西?

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:27:43 ID:39n5cDGQ
コルトと日本刀を遺体と埋めなかったのは。1.五日間水すら口にしてない状態でそんな余裕なかった。
2.日本刀を見つけておもちゃを拾った子供のように喜ぶ米兵とコルトをすぐに自分のものにした兵士とそれに気付き逆上する西郷ってシーンをどうしてもやりたかったから。
確かに米兵もいかにもヤンキーっぽい反応だし怒り狂う西郷もどこまでも主人を慕う侍的でラストの着地点として最高にまとまりがある演出。


627 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:30:34 ID:+ywG62oI
硫黄島ツアー予約した

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:31:32 ID:TEEuTZyM
なんでコルトなの?

なんで44マグナムじゃないんだ!

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:31:38 ID:S9Z0Q/gG
あのコルトのシーンで重要なのは、
栗林のものとして印象的な銃という以上に
白いきれいなグリップに飛び散った、栗林の血痕なんだと思ってた。
ほとんどモノクロまで彩度の落ちた画面で、一瞬映った血痕が
異常に鮮明だったので、暴れだした西郷には何の疑問も感じなかったよ。
ああ、私でもそうするなって。

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:33:51 ID:K2ElZtTO
>>625
この地図で確認してくれよ。
海岸で海に足を向けて、右側に擂鉢山が見える方角が、どうして南東なんだ?
http://www.iwojima.jp/data/data1.html

3月とはいえ、硫黄島の緯度で、あの方角に太陽が沈むかどうかはわからんが。

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:37:16 ID:jpTxwGVD
>>630
方位間違ってるね。
東京都だよ硫黄島は。だから簡単に手に入るよ。
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?lat=24%2F46%2F28.516&lon=141%2F19%2F8.364&layer=1&ac=13421&mode=map&size=s&sc=5

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:37:19 ID:ClAuEMoU
なあ最後のほうで栗林中将の介錯を射殺した人は誰なんだ。
一瞬米兵かと思ったがどう見てもM1ガーランドじゃなかった。
西郷がやったんか?でもそうしたら流れがおかしすぎ。
納得のいく説明きぼん

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:37:57 ID:gxPE/gqV
エンドロールは真っ黒で良かった。

当時の写真でも見せられた日にゃ・・・

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:38:35 ID:W5DXGeEV
西郷のわけねーだろ。あほか

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:38:59 ID:z/nnOi+t
>>632
どう見たらそういう判断ができるのか?

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:39:01 ID:A3HFsHE/
>>630
脇から失礼するけど、その姿勢で水平上の太陽がみえたってことは、やはり南東だと思うよ。
おれもアレは夕日?太陽の帝国の没落の象徴?と思ってたけど、
このスレみて朝日だとおもう。そのほうが映画の趣旨にも沿うし。

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:39:35 ID:ClAuEMoU
>>634
よく読め。だから誰が撃ったんだってなってるんだよ・・・

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:40:01 ID:39n5cDGQ
帰ることしか考えてないパン屋に最後には忠義心形が芽生え主君のため敵に向かって行く。これは黒澤の「影武者」の盗人が忠義心で敵に向かって行くラストシーンのオマージュ。

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:40:16 ID:A3HFsHE/
>>632
アメリカの狙撃兵。父親たちの星条旗で狙撃シーンがある。

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:41:19 ID:84ibEC99
栗林の腰の銃を見て西郷が
「死んだアメ公から奪ったのかも」
って言うシーンがあったから
栗林の銃を奪った米兵を見た瞬間
無知だった自分への憤りとか
島でのいろんな事がフラッシュバックして
(それまでわりと傍観者的な所があった)
西郷の中で何かが爆発したのかと思っています。
ま、百人百様に解釈できるラストの流れってことで。

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:41:38 ID:kl8aiDNz
>>169
片面一層の3枚組みで8千円。
すげーボッタクリw

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:42:00 ID:z/nnOi+t
>>633
そう?
俺はせめて栗林と西ぐらいは本人の写真を見せて欲しかった。
外国人にも伝わるリアリティーが違う。

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:42:47 ID:3gUpZZiP
>>636

夕日は考えられんだろ。
ということは真昼間に海岸線まで二人で移動できたってことになる。

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:43:01 ID:MIJyfVDN
>「星条旗」のすり鉢山の旗も「手紙」で確認できるらしい。
すっごい遠景だけど、旗は見えるね。

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:43:55 ID:mgeQSEek
>>642
あのエンドロールは英語だからもう日本じゃないんだよ

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:45:00 ID:A3HFsHE/
>>643
水平線上の太陽は捕虜になった西郷が見たやつじゃなかったっけ?

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:45:13 ID:MIJyfVDN
エンドロールは、気持ちを映画の世界から現実に引き戻すための大事な要素。

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:45:51 ID:ClAuEMoU
>>639
そういわれればあったような。
DVD出たら確認してみます

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:45:55 ID:pRhKHvqf
最後、西郷は何故笑ったのか?

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:47:46 ID:XvIm63l5
>>631
なんかすごい勘違いしてない?
米軍が上陸したのはその地図でいう翁浜だよ。日出浜じゃないよ。
西郷が運ばれた場所が正確に解らないから地理的には解らないと書いたけど、
米軍が上陸した場所に運ばれて、海岸に足を向けて右向いて太陽を見ていたなら
確実に夕日だね。

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:48:39 ID:t4Oq+k/d
裕木奈江って36歳なのか。
作中の設定年齢と役者の実年齢をあわせるっていうつもりは全然ないんだろうなぁ
せめて小雪にすればもうちょっと歳近かったのに

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:48:52 ID:/DEQPvPv
>俺はせめて栗林と西ぐらいは本人の写真を見せて欲しかった。
外国人にも伝わるリアリティーが違う。

エンドの最後に数秒ブラックアウトして実物の写真(栗林1人)の笑顔とかやられたら
強烈だったろうね。多分号泣もんだぞ。


653 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:49:37 ID:eW2j0P1y
どっかーん

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:50:05 ID:jpTxwGVD
>>650
画面右側がすりばち山、で海上に艦隊
その間に太陽だよ。
よく考えてみなよ。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:50:08 ID:z/nnOi+t
日本軍も米軍も捕虜を殺すやつもいれば助けるやつもいるって描き方が
中立でいいね。
というか戦争映画では珍しいぐらい中立すぎる視点の映画。


656 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:52:02 ID:1m6XPisY
硫黄島に関するドキュメンタリーDVDはどれがオススメ?

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:52:43 ID:z/nnOi+t
爆撃後に息も絶え絶えなジュピターのチ○チンがオッサンのブツみたいで印象に残った

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:54:13 ID:p1RyPN/m
星条旗で栗林射殺のシーンなんて有る訳が無い。全員早い時期に島からいなくなってるのに。

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:54:14 ID:eW2j0P1y
インパールからの手紙 もつくるらしいな。
それは凄い大将がでてくるらしい。
戦後も命を大事に生き延びたし。感動ものだよ。

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:54:16 ID:02eNiS17
>>622
確かどっかの新聞記事に投稿した老人の話じゃなかったかな。
ある日、電車に乗っていると前に立っていた若者2人の会話が耳に入ってきた。
「なぁ、日本ってアメリカと戦争してたんだってよ。知ってた?」
「うっそ!まじで?!いつ?」
「まじで、昔」
「勝てるわけないじゃん!」
「日本バカだよな〜!アメリカと戦争するなんて(笑)」

我が耳を疑った。
本当のバカはお前らだと教えてやりたかったが呆れてモノが言えなかった。

とかそんな投稿話だった気がする。
呆れるのも無理はないが…その話は今では若者2人ではなく、若者全体の話として伝わっているんだよな。

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:54:50 ID:y5yLjDRk
>>632
あれはアメリカの狙撃兵。ボルトアクションだったからおそらく
スプリングフィールド製のM1903A4狙撃中。

遠目に米軍の捕虜が惨殺されると思ったのだろう。
周りに日本兵が大勢いると思い、すぐに身を隠して分隊の支援を要請した
のだろう。その後やってきた米兵たちは捕虜を救出するため。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:56:15 ID:q/PeUKKc
おまえら、夜中からこんな時間までノンストップで書いてるだろ。

なに、この基地外・・・・

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:56:21 ID:z/nnOi+t
>>656
ようつべに「硫黄島戦史」っていうドキュメンタリーがあるお

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:56:24 ID:mgeQSEek
>>657
あの後ジュピターは美味しくいただかれたんだろうな・・・

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:57:22 ID:eW2j0P1y
あと、ラストの介錯するときに日本兵狙撃されたけど
遠くに撃ったやつのカットがあったが
ハリーキャラハンだったね。芸が細かいよね。

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:58:54 ID:C14xLAtg
まあ戦争を知らない子供たちというのは
どこの国でもマスコミの定番記事みたいなもんだ
アメリカならベトナム戦争、韓国なら朝鮮戦争がよくネタにされる

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:00:08 ID:eW2j0P1y
あと、よく出来ていたけど
特殊メイクがいまいちだったね。
戦メリの坂本龍一の日本兵なんかのメイクのがリアリティーあったよね。
おかまの日本兵だっていたはずだもんね。

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:01:09 ID:KIJc6QcA
>>660
若者に分類されるものなんだけど、
若い奴でも太平洋戦争を知らない奴なんてよっぽどのアホかバカだよ
で、そいつらがよっぽどのアホかバカだったって話
私はバカだけど、太平洋戦争ぐらい知ってる

硫黄島の戦いについてもある程度は知ってたけど、周りの子は知らないな…悲しいけど。


669 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:01:41 ID:t4Oq+k/d
ハリーは狙撃手じゃないよ。

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:03:03 ID:Dme/IpaY
>>667
タケシと坂本龍一はリアルに見えなかった。

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:04:12 ID:JuDrHGOc
誰が海軍で誰が陸軍か良くわからん、指揮系統も説明不足だ

109師団(栗林中将)第二旅団(千田少将)戦車26連隊(バロン西)
その他の寄せ集め合わせての小笠原兵団(兵団長栗林)なのかな

市丸少将の海軍は栗林の指揮下にあるの?小笠原兵団に入っているの?
栗林の意に反して自決指令を出してタバコすっていたのは市丸?千田?

中村獅童はバロン西の配下なの?千田旅団なの?

よくわからんことだらけだ

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:04:33 ID:1m6XPisY
学校の歴史の授業は近代史からするべきだよなぁ。そうなると教師によって教え方偏るかなぁ?

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:05:27 ID:lljd92zH
>>607
>なぜなら、栗林射殺が誤射だってところが感じられず
言っている意味がわからない。
誰が栗林を射殺したんだ?

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:05:43 ID:MIJyfVDN
>>671
まあ、自分で調べろってこった。

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:06:48 ID:JTjI/KD4
>>135にあげてもらったアメ版の予告をみると
米国映画としての監督の意図がよくわかって面白いね。
冒頭が晩餐会の場面で西が捕虜と対話する部分も挿入されてる。
日本版よりこっちのが本編の内容に忠実っぽい。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:07:39 ID:jPuaT1cD
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

ルーズリーフですか、マジですか

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:08:38 ID:gi5bYOrX
>>631
Google Earth : 硫黄島
24.7745466338, 141.327443315

★別の方法: グーグルマップ
http://local.google.co.jp/ [貼り付け]&[地図+写真]クリック

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:08:51 ID:yWL7KZs+
海軍か陸軍かは制服みたら一目瞭然だよ。
色が違うだけじゃなくて制帽や鉄兜の中央のマークが
陸軍は星で海軍は碇だからな。

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:14:47 ID:3gUpZZiP
>>660

いや、違う。アメリカと戦ったの?すごいなあ
ってな内容。

ネタ元は石原慎太郎。

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:16:19 ID:DBIi5v4G
硫黄島夜間爆撃行
http://www.aramant.com/chuukou/page04_04.html

>四周から射ちこまれる砲銃弾によって、全島が溶鉱炉の如く燃え上がっていた断末魔の凄愴な
>硫黄島の航空から見た情景は五十余年を経ても眼底に灼きつけられて、今なお消えていない

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:17:35 ID:lljd92zH
>>678
その説明で、誰もが疑問に思っていた事(少なくとも若い人たちには)が解決したでしょう。

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:17:38 ID:zEVJ4AQr
昭和40年、すっかり戦争も風化しかかった頃、ハリウッドからサイ・バートレット
という映画のプロディーサーがケーリー・グラントを伴って、西武子未亡人を麻布に訪れた。
彼は大戦で空軍大佐としてB29に搭乗。硫黄島に不時着したという。
そして32年のオリンピックの時に19歳の若者だった彼は、あの思い出のリヴィエラ・
カントリー・クラブでバロン西に大変可愛がられたという。なんという運命のいたずら。
彼は戦争が終わってバロン西に再会するのをどんなに待っていたことか。
彼は靖国神社でバロン西のためにたった一人の慰霊祭を主催する。
「………ロサンジェルスに帰りましたら、スペンサー・トレーシー、ロバート・モンゴメリー
及びカントリークラブの貴方の旧友達にこの報告をするつもりです。我が友よ安らかに」
サイ・バートレット大佐の涙の弔辞である。
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

西竹一 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
Sy Bartlett http://en.wikipedia.org/wiki/Sy_Bartlett
Sy Bartlett (サイ・バートレット) http://movie.goo.ne.jp/cast/2714/index.html
硫黄島の英雄(1961)原題 : The Outsider(1961)製作 Sy Bartlett サイ・バートレット
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/index.html
硫黄島の上陸作戦に参加した1人のインディアン青年の生涯を描いたウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイの原作から


920 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/13(水) 23:37:32 ID:Lb0pEO0D
アイラ・ヘイズを主人公にした映画が過去にもあったんだな。
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/comment.html
んでその製作者はバロン西の友達。
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:18:28 ID:pHjj8HEg
>>679
あいつ(石原)の言うことは信用出来ん。
そもそも若者とふれあう機会なんて役所が仕立てない限り無いだろ。

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:19:37 ID:eCdvOD2W
海軍の食事のおかずが陸軍より凄く豪華だったらしいね。栗林中将が持久戦を考えてワカメ汁にした所もリヤルだった。

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:24:19 ID:lljd92zH
>>684
船乗りの食事は、昔から豪華だよ。動物性蛋白質がなくなったら、魚釣るし

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:26:25 ID:yWL7KZs+
豪華と言うのは大げさだけど陸軍に比べれば海軍陸戦隊はまだまともな
モノを食べられたようだね。航空機の搭乗員はさらに良いものを食べれたようだけど。

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:29:31 ID:S9Z0Q/gG
逆に言えばどんだけ適当な扱いを受けてたのか陸軍と応召兵

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:33:19 ID:t4Oq+k/d
一番いいもの食べてるのは潜水艦って聞いたけど

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:39:55 ID:KIJc6QcA
>>686
>航空機の搭乗員

死亡率が高いから?

690 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:42:10 ID:eCdvOD2W
紀元節の豪華な陸軍の昼食が、鮭と蟹の缶詰めが三人で一個、酒が5勺に水が一合、初年兵はホタル草をお浸しにして、昭和二十年二月十一日

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:43:48 ID:/DEQPvPv
>>689
今と違ってパイロットは体力勝負。視力やら聴力やらに支障をきたす栄養不足
など論外だった。
エリートだから食事が良いって訳じゃなく、スポーツ選手の食事の配慮って感じ。

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:47:09 ID:VzMp8kEq
>>576
サンクス

探ると高画質版があるね
http://images.apple.com/trailers/wb/lettersfromiwojima/hd/

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:47:33 ID:EvmNZWIs
>>684
はじめの方で、西郷と友達の腹がグーグー鳴ってるのに、
もう一人一緒にいた奴がバクバク飯食ってたのって、あれも陸軍と海軍の違い?

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:49:28 ID:t4Oq+k/d
http://us.imdb.com/title/tt0055270/posters
アイラを主人公にした映画の写真。
アイラが全然インディアンに見えない。

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:51:16 ID:FTj94ya4
>>693

それは昼食抜きの罰だろ

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:51:54 ID:t4Oq+k/d
>>693
西郷と友達は飯抜きにされてた。
でも腹が鳴ったのは友達の方だけ。
友達の腹の音は空腹のせいじゃなくて赤痢のせいだった。

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:52:16 ID:q/PeUKKc
戦争は駄目だよ。絶対に駄目だ。

どうしても戦争しなきゃいけない状況になったとしても、それでも戦争はだめだ。
戦争は悪だ。

戦争が終わった後幸せになるのは、ただ戦争が終わったと言う事実に対してのみ。
勝とうが負けようが、戦争はそれだけで悲劇だよ。

アメリカ見てみなよ。

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:53:23 ID:g99MHlnG
でも、戦争しないと、選挙に勝てないし。

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:54:59 ID:y5yLjDRk
>>693
そーじゃないよ。
3人とも同じ部隊じゃない。
西郷たちは既に食い終わって汁を飲んでたのだろう。
戦友の腹が鳴っていたのは赤痢による腹下し。

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:56:00 ID:u1FbNpy/
カットになった清水とのシーンの西郷の長ゼリフが、

「戦争で華々しく散ることが、お上への奉仕だとみんな言うけどよ。
俺もわからねえよ。
でもよ、俺に言わせりゃあ、お上は、自分が作ったこの世をさ、
みんなが楽しく生きてくれてるほうが喜ぶ気がするんだよなあ…
清水、お前はさ、奇麗な夕日が山を真っ赤に染めてんのを、
ずーっと眺めることなんぞ、なかったろう。
村の祭りにちょっと寄ってさ、田舎料理食ったり、
盆踊りがちょっと違うなあって思ったりしたことねぇだろう。
女のほら、山だの谷だのをさ、眼えつぶっても思い出せるほど知らねえだろう。
腹ん中のガキの音とかさ…
女房の、薄皮一枚向こうの腹ん中で、てめえのガキが息してんだ…
なあ清水、お前はさ…何かがもったいないって程、まだ生きちゃいないんだよ。」


>清水、お前はさ、奇麗な夕日が山を真っ赤に染めてんのを、
>ずーっと眺めることなんぞ、なかったろう。

この一文が、ラストの西郷の表情とリンクしているんだろう。
と考えると、最後の水平線の太陽は、まさに落日であると考えていいと思う。

701 :694:2006/12/17(日) 13:58:21 ID:t4Oq+k/d
ああ、アイラ役のトニーカーティスってお熱いのがお好きで
女装してたバンドマン役の人か。
白人がインディアン役を演じてたのか。

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:01:03 ID:hWD9fMjm
>>701

白人が日本人、黒人を演じてた時代だ。

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:03:28 ID:paM9d+VA
硫黄島攻防戦・硫黄島迎撃戦・硫黄島夜間爆撃行

昭和19年6月 

「あ」号作戦決戦の発令により、海上、陸上基地航空部隊は19日を目標に可動全力を集中することに
なり、本土東部の基地空軍は硫黄島への集中を下令された。


704 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:06:04 ID:paM9d+VA
主な玉砕戦
1943年(昭和18年)5月29日:アッツ島守備隊玉砕 約2600名
1943年11月22日:ギルバート諸島マキン・タラワ守備隊玉砕
1944(昭和19年)年2月5日:マーシャル諸島クェゼリン環礁守備隊玉砕
1944年2月23日:マーシャル諸島ブラウン環礁守備隊玉砕
1944年7月3日:ビアク島守備隊玉砕
1944年7月7日:サイパン島守備隊玉砕
1944年8月3日:テニアン島守備隊玉砕
1944年8月11日:グァム守備隊玉砕
1944年9月7日:拉孟守備隊玉砕
1944年9月13日:騰越守備隊玉砕
1944年9月19日:アンガウル島守備隊玉砕
1944年11月24日:ペリリュー島守備隊玉砕
1945年3月17日:硫黄島守備隊玉砕
1945(昭和20年)年6月23日:沖縄守備隊玉砕(指揮官の自決により組織的戦闘終了)


705 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:06:41 ID:QhQyetUA

戦闘の最中に敵軍の手紙を部下に読んで聞かせるなんて
あり得ないだろ、上官が戦意消失させてどうすんだよw

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:07:07 ID:zEVJ4AQr
AP reviewers David Germain and Christy Lemire pick their favorite films of 2006
The Associated Press Published: December 16, 2006
http://www.iht.com/articles/ap/2006/12/17/news/A-E_MOV_Year_End_Top_10_Movies.php

The top 10 films of 2006, according to AP Movie Writer David Germain:

7. "Letters From Iwo Jima" ? Part two of Clint Eastwood's World War II double-
feature capped an unparalleled achievement by a filmmaker who gets better with age.
Two months after his take on Americans at Iwo Jima, Eastwood offers a touching
tribute to the island's Japanese defenders, dramatizing their camaraderie,
bravery and humanity in a cause they surely knew was lost. Ken Watanabe leads
a magnificently understated cast as the general orchestrating the defense.

8. "Flags of Our Fathers" ? Eastwood's sprawling drama of heroism glorified,
overlooked and redefined centers on American troops depicted in the immortal
photo of the raising of the U.S. flag at Iwo Jima. Ryan Phillippe, Adam Beach,
Jesse Bradford and Barry Pepper head a selfless ensemble in a story that
seamlessly shifts from the battle field to the home front to the present day
as it examines the price dutiful men pay in service to their nation's propaganda.

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:07:39 ID:J5pDBdtr
>>654
オレはただ単純に夕陽だと想った
なぜなら、朝日は眩しすぎて直視できないてイメージあるから
ホントに単純だけどw

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:09:22 ID:z/nnOi+t
>>702
日本では反町隆史がチンギス・ハーンやるお
全編日本語でw

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:11:43 ID:paM9d+VA
とりあえず「父親達の星条旗Flags of Our Fathers」の公開初日。

USA 20 October 2006
Japan 21 October 2006 (Tokyo International Film Festival)
Belgium 25 October 2006
France 25 October 2006
Japan 28 October 2006
Australia 2 November 2006
New Zealand 2 November 2006
Sweden 3 November 2006
Philippines 8 November 2006 (Manila)
Greece 9 November 2006
Italy 10 November 2006
Italy 10 November 2006 (Turin Film Festival)
Israel 16 November 2006
Finland 24 November 2006 (Oulu)
Netherlands 30 November 2006
Singapore 30 November 2006
Brazil 1 December 2006
Denmark 1 December 2006
Finland 1 December 2006
Venezuela 1 December 2006
Turkey 8 December 2006


710 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:13:25 ID:paM9d+VA
UK 22 December 2006
Iceland 26 December 2006
Norway 26 December 2006
Portugal 28 December 2006
Spain 3 January 2007
Hong Kong 11 January 2007
Germany 18 January 2007
Hungary 25 January 2007
Estonia 2 February 2007
Russia 15 February 2007
http://german.imdb.com/title/tt0418689/releaseinfo


711 :694:2006/12/17(日) 14:13:32 ID:t4Oq+k/d
>>708
それは別に同じモンゴロイドだから白人がインディアンを演じるよりは違和感無い。
>>654の映画の頃だとボクシングとかでも白人王者と黒人王者で別れてた時代だから
有色人種が主役を演じるなんてあり得なかったんだろうな。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:15:38 ID:detzD4bX
>>656
鎮魂硫黄島
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00009WL3R/

作戦会議中の栗林中将のフィルムも収録されてる。
日米の兵士が再開するシーンはなんとも言えなかった。

713 :692:2006/12/17(日) 14:16:39 ID:VzMp8kEq
俺の低スペックPCでは1080pの再生きびしい orz

これだけの高解像度だと予告編とはいえ 
見た後のダメージがよみがえってきて 辛い

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:20:16 ID:wf4jt2jG
>>701
ジェイミー・リー・カーティスの父ちゃんだね。
ジェイミーも女優でシュワルツネッガーと一緒にトゥルー・ライズに出てた。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:22:59 ID:TEEuTZyM
ホリョダ

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:24:16 ID:1YWqOU4I
>>705
死ぬ前にせめてアメリカ人も同じ感情を持った人間だということを部下に知らせておきたかったんじゃないの。

717 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:26:43 ID:P8BifWvx
>>654
艦隊が島の南から南東
山が南西
その間の太陽は、南南西だが、かなり山よりだったような気がする。

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:27:40 ID:mD+cy37V
こないだ映画を観てきたのでつが、劇場には
祖父母とお孫さんとおぼしき人達がチラホラ散見されました
何と言うか、一つの作品をきっかけに、こうして一緒に劇場に足を運んだり
昔の経験を共有したりと、そういったシチュエーションが出来た事にも
この作品の意義はあったのでせうかね。
うちは両親の爺ちゃん婆ちゃん共に亡くなってるからなあ
色々と話が聞ける人はいいなあ(´・ω・`)


719 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:27:42 ID:gksVtC7q
あのラジオから流れてた子供の歌が何か分かった。めっちゃマイナーな歌だ。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:28:46 ID:Oc0ZMKmC
「月から来たみたいじゃないか」の台詞、英語字幕ではMARSになってたな。
英語の慣用句では、火星から来たみたい、という言い回しがあるのかな?

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:30:16 ID:oXLor4EC
>>700
もしかしたら、投降する時に西郷が清水を先に行かせたのは
失敗したとして清水だけでも助かればいいと思ってたのかもしれないな。
この後、西郷は栗林と合流を果たすけれど
もう「この手紙が届くことはない」と覚悟を決めてる。
必死な生きようとしていた西郷が覚悟を決めたのは栗林の言葉だと思っていたが
清水がきっかけだったのかも。

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:30:57 ID:pHjj8HEg
>>719
これだろ
http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/IoujimaBobi_no_Uta.htm

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:31:27 ID:J5pDBdtr
>>700
何でこのシーンをカットしちゃったのかな〜
この台詞よんでるだけでジ〜ンときたんだけど。
俺が監督ならこういう構成にするな

西郷が見つめる夕日→このカットシーン→西郷の微笑→(終)

ちょっとベタすぎるかな・・・

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:32:30 ID:P8BifWvx
>>722
その歌の題名でググると、録音した子供のお母さんのブログがあるね。

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:33:18 ID:DBIi5v4G
バロン西が捕虜を英語で尋問し、その捕虜の手紙を読んで「いずこの国も母の思いは同じだな」って部下に言ったのは史実通り
その捕虜も負傷と、地下の地獄のような環境のせいで翌日には死んでしまったらしい

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:35:55 ID:DBIi5v4G
>>7
市丸少将が硫黄島で詠んだ
「夢遠し身は故郷の村人に酒勧められ囲まれてあり」
が思い浮かんだ

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:36:05 ID:D/haasha
>>723
ジーンと来過ぎるからカットしたのかもね。

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:42:38 ID:RleOa80a
>>719
あのシーンが一番泣けた
やっぱ説明の多いシーンよりああいうシーンのほうがくる

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:43:13 ID:p1RyPN/m
あれ史実やったんかい!

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:44:28 ID:Dme/IpaY
>>725
ソースは?

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:45:09 ID:ZlvxjZ9f
>>597
すまんけど、最後の突撃で日本刀はちょっと変に思った。
なぜなら日本刀の刃が反射してキラキラするから
合理主義者の栗林が先頭に立ってそんなことはしないとおもう。
夜間、光り物を避けるのは硫黄島の日本軍では常識だったようだし。

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:48:12 ID:DBIi5v4G
>>730
今書店に売ってる硫黄島本
ムックみたいなやつね

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:49:27 ID:QaZr5WA3
ペリリュー、沖縄でも日本軍は善戦したけど
やはり硫黄島の激戦は特別だな・・・
あんな小豆みたいな島で米軍は3万近くもの損害を蒙ったんだから・・・
ペリリュ−でさえ一万ちょっと
沖縄は硫黄島以上に損害出してるけど島の規模が大きいからね。
それを考えると硫黄島の日本軍は良く頑張ったと思う。
栗林の作戦はやはり素晴らしかったんだなぁと改めて思うね。
しかも硫黄島日本兵の大方が普通の庶民上がりだったってところがまた泣かせる・・
安らかにお休みください。


734 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:51:19 ID:shn9ijhT
70代の父親連れて昨日行ってきました。
父は戦争にいってないのですが友達は少年兵としてたくさん
戦死したそうで途中何度も涙をふいていました。家に帰って一言
「よかった」

ただチケット売り場でご夫婦ですか?にはまいった。
40以上離れた夫婦あんまりいないと思うけど。私が70代にみえたのか、
そうなのか?せっかく感動したのにアンマリダ。

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:55:52 ID:gksVtC7q
ほーまれもたぁかーきいおうとうー

…合掌


736 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:57:06 ID:ZlvxjZ9f
>>640
いや、西郷はコルトガバメント入手のいきさつは知る由もないのだが。
そのいきさつをよく知っているのはわれわれ観客のみだよ。

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:57:23 ID:TEEuTZyM
>>734
老け中年女w


・・・と傷口に塩を塗り込んでみるテスト

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:59:50 ID:t4Oq+k/d
>>731
突撃自体合理的じゃないし。
もう最期だと覚悟してるから日本刀なんでしょ

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:00:26 ID:DbisS77Q
>>734
マニュアルですよ、気にすんな
と慰めてみる

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:01:00 ID:JvpZVEJN
もし夫婦だったら、割引あるからと思って親切に聞いてくれたんじゃね?
若者には、中年以降のおっさんおばさんの年齢なんてわからんしな。

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:01:13 ID:nx08vcHF
>707
で、結局夕日でいいんだよね?

なんか朝日だと主張してる人さ、「右=東」とか思ってない?
硫黄島から摺鉢山を見る以上、どうあってもそれは西だと思うけど。

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:01:59 ID:eCdvOD2W
昔読んだ雑誌に、日本軍の人数調べるのに便所の数で調べたらしくて、相当数の兵隊がいると報告書を出したので玉砕が起きたと読んだけど、本当かな。日記を禁止しなかったのも敗因らしいけど。

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:06:33 ID:U8ztf2rj
西中佐が捕虜を助けた話をフィクションだと思ってる人、意外と多いんだね。
中佐の指示で副官の大久保中尉が捕虜にしたのも、史実通りなんだが…

>>734
>友達は少年兵としてたくさん
硫黄島には少年兵の更に年下の特別年少兵という14・15才の兵隊も大勢いました。
つーか海軍の半分はこういった中学生位の兵隊ばかり。


744 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:06:47 ID:shn9ijhT
>>740
>若者には、中年以降のおっさんおばさんの年齢なんてわからんしな。

そうですね… ただ30になったばかりなので
まだ若いつもりでいました。口直しにまた観にいってきます。

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:08:47 ID:t4Oq+k/d
>>744
じゃあまず服を脱いでみて

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:09:30 ID:nx08vcHF
>744
父上が40才くらいに見えたのかもしれない。

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:10:28 ID:zEVJ4AQr
「夫婦50割引:
  どちらかが50歳以上なら、夫婦で2000円」

内容:「どちらかが50歳以上なら、夫婦で2000円」
実施期間:2007年6月30日まで連日(当期日をもってキャンペーン終了とします。
来期以降の継続については今期の実績次第とさせていただきます)
地域:全国の映画館(ただし、一部劇場を除く)

年齢確認のため証明できるもの(運転免許証など)をご持参になり窓口にて「夫婦50割引」とお申し出下さい。
※なおキャンペーン中も「60歳以上の方は従来どおり、お一人でも1000円です」
http://www.eigakan.org/campaign/
http://www.eiren.org/

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:11:00 ID:tirFBgxl
「夫婦50割引」(夫婦どちらかが50才以上なら2人で2000円)
があるから気使ってくれただけでしょ?

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:13:06 ID:90Y9LVF3
『花子、俺たちは●●●●●。ここで戦いここで死ぬ●●●●●。
 花子。俺たち、●●●●●●●●●●」

[検閲済]

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:13:28 ID:RleOa80a
獅童がよかった

いやな奴役をやらせたらこいつの右に出るのはいないな

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:13:52 ID:U8ztf2rj
>>742
便所の数で兵力を計算した話は本当。
あと、軍隊手帳に軍事機密を一杯かいていたので、米軍は情報収集が楽だったとか。

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:14:45 ID:FpuLo5Aj ?2BP(20)
全員中学生の3人で行って「高校生ですか?」と言われた。
身長が低くて悩んでるのに…
ていうか高校生友情プライスで同じ値段なんだから聞くなよ。

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:16:16 ID:4D1eD7r/
そして、そのうんこがもりもりだったので、実際より多数に判断してしまったとも言われている。
日本人はうんこがでかかったのだ。

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:17:31 ID:D2lqCk5u
栗林最高指揮官は予てから作成していた祖国への訣別電を打電せしめ、
これを以て無電器を破壊する、とした。
然し残存兵は未だ濠中深く潜んで米軍の投降勧告を拒否、
抗戦を続けていたが既に食無く水無く弾丸も尽き果て、
虱 ( しらみ ) つぶしの米軍の攻撃にあえなく無念の死を遂げる者が続出していた。


755 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:22:04 ID:omkVMgd3
先週、身内と見てきた。 丁度同じ席列に上品そうな老夫婦が座っていて
エンドロールが始まった頃にお爺さんの声で「良かった」と聞こえてきた。
 2ちゃん見ててお年寄りの観客が多いとあったから、会場をざっと見渡したら
本当に多くてちょとびっくりした。

 ・・二宮が撮影時の話しで小道具に渡された銃が当時の物で本物。スタッフから
「暴発したらゴメンね」と言われたらしい。  

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:24:14 ID:D2lqCk5u
最後の突撃の成果。

ビル・D・ロスの『硫黄島?勝者なき死闘』によると
「二十六日未明200〜300名の日本兵の最後の決死攻撃における.
栗林中将の作戦と決断は巧妙を極め、彼等は万歳[バンザイ]を叫ばず
整然と一言も発せず攻撃してきた。
ために、元山飛行場の西側の野営地でぐっすり寝込んでいた海兵隊の
設営隊、補給部隊、航空隊パイロットらは不意を襲われ、
海兵隊で戦死9、航空隊で44。負傷者、海兵隊で31、
航空隊で88を出した。日本兵の遺棄死体は262。
他に10名が捕虜となった。
因みに硫黄島最初の戦死者の名は不明だが最後に戦死したのは
この時のハリー・マーチン中尉である」とある

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:29:44 ID:y5yLjDRk
>>755
やっぱりあの三八式は本物だったんだ。
大久保中尉が友軍の洞窟に駆け込む部下たちの援護をしようとして
ボルト操作でジャムるシーンはどうみても本物だと思った。

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:30:01 ID:mzK4y55t
あの二宮とかいう奴はミスマッチだろ?
あれで妻子もちという設定は違和感あったな。
年齢いくつかしらんが。
演技もなんだか鼻につく感じだし。

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:31:19 ID:RXrlgEka
またかよ!

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:31:23 ID:hdwayrqV
>>755
弾丸は入れてないだろw

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:34:44 ID:zEVJ4AQr
Oscars ’07: Queens, gangsters, singers, soldiers, spies
By DAVID GERMAIN
The Associated Press
http://www.thestate.com/mld/thestate/living/16256657.htm

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:34:51 ID:8m5Bzu7K
2回目をむちゃくちゃ見に行きたい。
でも、「散るぞ悲しき」を読み終わってから、読み終わってから、と
思ってる。

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:37:23 ID:ns0iTXyF
印象に残った台詞
「ここはまだニッポンか?」
「はいっ。ニッポンであります。」

父親たちの星条旗では
「ヽ(゚∀゚)ノ 戦車が来たぞー」ドッカーン(戦車壊れる)
「戦車は忘れろ」

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:40:54 ID:N63YYLM/
全く話題にでてこないけど、最初の現代シーンで洞窟に埋められた手紙の
入った麻袋を掘り出すのは、生き残った西郷自身なのかな?

戦時中、アメリカ人は日本兵を屈強で人の感情をもたない怪物かなんかと
思っていたらしい。。
そうした日本兵にも家族や友人がいて、手紙には人間らしい思いが書き綴られて
いた。 ハリウッド映画にしては、わりとめずらしく日本人を暖かい目で
描いていたと感じた。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:42:08 ID:6EkVfsee
そういや父親達の方はマスターベーション申請書とか笑えるシーンがあったな
手紙の方は流石にそんな雰囲気はないな

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:42:33 ID:t4Oq+k/d
>>764
全く話題に出てこないのは、ちゃんと見てればそんな馬鹿な疑問は浮かばないから。

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:43:45 ID:MIJyfVDN
>>763
そんなシーン、「手紙」のインパクトがすごすぎてすっかり忘れてたよ。

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:43:46 ID:jtgrlYUP
個人的に笑えたシーンは

栗林と西の会話に割り込んでいこうと
栗林の首に絡みつく馬

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:44:08 ID:D/haasha
>>766
栗林中将が部下と砂浜を走り回る(部下に走らせる)シーンは結構笑えた。

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:44:19 ID:CgbnBbrq
最近の都会の映画館
「座席指定、座ってご覧いただけます」
とかいって体のいい総入れ替え制になってんの。
おじさんは悲しいよ。行ったら必ず2回続けて観ることにしてるのに

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:44:20 ID:t4Oq+k/d
>>764
西郷が清水に赤痢の芝居をさせるところ、
ここは笑いどころなのかどうかと悩んだ。

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:45:33 ID:MIJyfVDN
>>770
それはしょうがないよ。人が多いんだもの。

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:45:47 ID:tT71EZq5
日本から見た硫黄島と銘打っているのだから日本人客の目を意識しているだろう
日本人を鬼畜に描かないのは当然だろう

栗林中将と牛島中将どっちが評価は高いの?
硫黄島より沖縄の方が米軍の犠牲は多いし、米の司令官を戦死させている

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:47:11 ID:d06Jx/wH
DVD早くでないかな

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:47:23 ID:FpuLo5Aj ?2BP(20)
最後の、手紙がバサバサ落ちるシーン、声が聞こえるけどあれがアメリカではどうなるのか気になる。
全部字幕はむりだ。

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:49:35 ID:SgjEmTWY
星条旗の方は所どころ「ここ笑っていいシーン?」と思える所があった。
手紙の方では笑えるシーンは西郷がうんこバケツを持って
臭がってる所以外思い出せない。
米軍は常に腹を満たして戦ってたんだろうな。
日本軍は飲まず食わずで本当に可哀想すぎる。
国の余裕さが全然違ったってのを見せ付けられた2作だった。
でも日本も全力で戦ったんだよな。
だからこれだけお年寄り達が涙を流して見てるんだな。
痴呆の老人ホームに見せに行ったら老人甦るかもしれないな。
二宮が伊原の持って来た軍隊の資料DVDを見て驚いたのが
軍出身で今はかなりのお年寄りなのに敬礼をする時だけは
突然シャキッとしてすごい大声が出るんだって。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:50:38 ID:jtgrlYUP
>>775
あれはもう日本語のままじゃないか
あれだけ栗林や西郷が手紙書くシーンがあるんだからニュアンスでわかるだろう

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:50:58 ID:1m6XPisY
手紙をバサバサ落とす、なんて無礼なことしてるんだと思ったわ

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:52:13 ID:bP+I/E+N
>>775
ヒント:なっち

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:52:38 ID:1m6XPisY
>>776
その資料DVDは何っていうタイトル?

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:52:40 ID:ZlvxjZ9f
>>756
やっぱり、そうでしたか。引用ありがとう。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:54:48 ID:6eks/9Nb
映画を観て一週間後。やっとなんか、落ち着いたかな。
このスレを読むたびに余韻がよみがえってきて、
熱に浮かされたような状態だったけど、今日はさすがに落ち着いた感じになった。

また来週見に行くけどw

2度目はどう見え方が変わるか、楽しみ。
さらに泣けるのか、逆になけなくなるのか。予想がつきません。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:56:03 ID:SgjEmTWY
>>780
分からないけど戦争ものをする時の俳優の為用の資料って感じがした。

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:56:45 ID:MIJyfVDN
>>779
「もうすぐ帰れるかもだ」
「娘のは勉強を?」
「ここでおっちぬのは・・・」

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:59:14 ID:Pzob847j
さっきから
英語がらみのレスがスルーされまくりなんだけど、
読めてないのか?

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:59:48 ID:Ghihulwh
>>582
「ドライブ」が変だなと思ったのは、敵性語禁止とかそういう問題じゃなくて、
あの頃、日本にはどこの家にでも車があるなんて時代じゃないし、
「今度家族でドライブに行くんだ」なんてことを普通に言う時代じゃないだろうと
思ったからなんだが、栗林さんの手紙の中には実際に使われていたのだと
知ってちょっと驚いた。

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:02:47 ID:tYwkvGBU
傷ついた馬は、西が安楽死させたんかな。

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:03:40 ID:W/ubvTXo
>>785
よめません

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:06:42 ID:p1RyPN/m
確か助手席には太郎君後ろの席には洋子とお母さんを乗せてドライブしたいみないな手紙があったんだったのかな?

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:08:23 ID:mTaz/nGq
二宮は若すぎて無理があった。

同じジャニなら仲居のが適役だったのに。

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:10:16 ID:8m5Bzu7K
>>790
ひどい釣り餌w。腐ってやがる。ww

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:11:56 ID:MIJyfVDN
>>790
顔が濃すぎなのと声質が悪すぎ。多分小さい声でしゃべるシーンはなに言ってるかわからないだろう。

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:13:06 ID:Kfh9yrNk
>>756
全体通して栗林中将の采配の妙も何も描かれてないのは残念だね。
概ね作戦ミスと仲たがいで日本軍はやられたって思われても仕方ないような作り。
物資が不足する中、極限の状況下で36日間も戦い抜いた姿こそ描いて欲しかったな。

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:13:06 ID:06RqcvGJ
ナカイじゃ感情移入できないなあ。なんとなく。
ジャニで探すんならTOKIOの城島とかは?(ちょっとちゃらけ過ぎかな)

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:13:12 ID:eCdvOD2W
>>790 中居は監督が多分?代表作が?

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:13:56 ID:JTjI/KD4
>>768
あれ馬のアドリブかな?えらい自然で笑った。
前半の中将はときどきおちゃめなことを言ったりしたりしていたな。
絵も上手だし、やさしいし、いいお父さんだったんだろうなあ。

>>785
見出し英文とurlだけじゃなくナニナニの記事ですとか
一言でも投稿者のコメントかいてもらえたらありがたい。
興味がわけば頑張って本文読む。

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:14:29 ID:BdjhXMYE
>>770
田舎もそうだよ

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:15:14 ID:t4Oq+k/d
23だから別に若すぎるなんてことは無いんだが。

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:17:09 ID:BdjhXMYE
>>790
バラエティーでの顔が頭に残ってるから見ていて気が散りそう‥

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:19:24 ID:Nrw4W65D
>>799 ここにくるの迷惑だよあんた

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:21:11 ID:y5yLjDRk
>>793
>> 全体通して栗林中将の采配の妙も何も描かれてないのは残念だね。

大杉少将を解任する時の会話で「私も地下要塞にどれほどの効果があるかは
分りません」と言っているが、初日の戦闘で副官が「的の損害はおよそ1000名。
海岸のトーチカは全滅しましたが、その他は無傷です!」と報告している。

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:21:12 ID:utvauLTb
>>793
実際作戦ミスと仲たがいで日本軍はやられたことは確かだ。
陸軍は水際防御を止めたが海軍は水際防御に固執、陣地構築しなければ資材や人を供出しないと
駄々をこねて結局中途半端に構築、おかげで米軍来襲前に地下基地は70%しか完成しなかった。
そして当然のごとく初日で陣地は全滅、地下基地に全精力を振り向けていれば北方陣地から擂鉢山
までの地下通路が建設でき、擂鉢山もまだまだ維持できたはずなのに・・・・・。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:24:57 ID:t4Oq+k/d
>>801
その全滅した海岸のトーチカも、伊藤や林中将が主張して
しかたなく作ったって言う描写があった。

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:27:29 ID:mTaz/nGq
>>802
市丸少将も栗林に非協力的だったの?

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:30:02 ID:Kfh9yrNk
>>801
「何も」ではないか。

>>802
詳しそうだね。どこか映画じゃない、真実の硫黄島戦闘の詳細わかる良いHPとかある?

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:30:12 ID:eCdvOD2W
海軍は筍やふきの缶詰めで俺達陸軍はワカメ汁かよ、の記述あり

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:35:12 ID:FOm3JUDZ
スカパーでみた穴からでてきた日本人はみな白ふん姿だった

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:40:05 ID:utvauLTb
>>804
市丸少将は協力的だったが海軍上層部が固執。
栗林中将も「とりあえず米軍の兵力誘引のための「オトリ」として使える。要は
海軍から資材・人を持ってこれればそれで良い」と判断した模様。




問題は海軍からの資材供給があまりに少なかったことで・・・・(しかし国を挙げての戦争
に陸軍・海軍バラバラとは何を考えているのだか)

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:40:55 ID:nPmieQVW
青島氏が言っていた、中将が硫黄島を降伏せずに死守したのは
時間稼ぎをして和平交渉に持ち込む為というエピソードが
事実なのだろうか

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:42:19 ID:m/F9pvDs
>>793
「星条旗」でアメリカ兵がやられまくる姿描いてるのに、
「硫黄島

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:43:19 ID:m/F9pvDs
>>793
「星条旗」でアメリカ兵がやられまくる姿描いてるのに、
「硫黄島」で日本が活躍する姿描いたら、ただの反米監督じゃん。

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:44:48 ID:A9WgHKzs
縦深陣地戦術というのは栗林将軍が陸大時代に学んだ
という話を何かで読んだ事がある。

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:44:49 ID:7Cl8Fc/n
二宮は童顔すぎるんだけど
西郷は二宮でよかったと思うし
見終わったあとは二宮=西郷にしたイースドウッドGJと思った。

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:45:19 ID:eCdvOD2W
硫黄島は穴に火炎放射して手榴弾投げ込んでアスファルトで埋めてた、飛行場作るためみたい。

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:48:22 ID:VCGJlIqK
>>652
要らないと思う。

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:50:31 ID:u1FbNpy/
カナダ人の友人と一緒に硫黄島観に行った帰り、
硫黄島の6人のタペストリーの前で「西郷いくつに見える?」と聞いたら、
「西郷も清水もシドーもナエもみんな10代に見える」と言っていた。
外国人から観たら、
日本人なんてみんな10代に見えるから年齢差なんてわからんそうだ。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:51:34 ID:5BkG1KI+
島の日本人集落はあんなもんでいいと思うが
内地の家の造りがなあ…
格子戸やガラス障子、電球の傘なんかは手に入らなかったんだろうか。
あと子供の髪型や着付け。
中村喜春さんがご健在だったら良かったのになあ。




818 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:52:45 ID:Kfh9yrNk
>>811
言いたいことはわからんでもないけど、俺は米人では無いからなw
クリントが反米になるとかならないとかはクリントの自由かなとは思うが。
両方見て補完しろなんてやつにも残念ながら同意できない。
「硫黄島一本内で」描いてほしかった部分が抜けてると思う気持ちは自然じゃないかなと。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:54:13 ID:y5yLjDRk
>>808
一般には昏迷な陸軍に対して開明な海軍という印象が強いようだが、
実際はどっちもどっち。黎明期にドイツ陸軍を模範とした陸軍と、
英海軍を模範とした海軍は生い立ちからして対立する構図。

陸軍は南方資源確保のため南進は主張したが、アメリカへの宣戦布告には
消極的だったという。海軍は日中戦争ではあまり活躍の場がなく、対米戦
こそ海軍の独壇場だと対米戦を強く主張した。山本大将の真珠湾奇襲も、
否応なく対米開戦に持ち込むために海軍首脳が許可したという説が有力。

820 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:55:51 ID:COkNBiUo
おれは獅童演じる伊藤の行動が笑えた。コントかよ。

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:56:41 ID:eCdvOD2W
>>817 道路の道幅もね。

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:57:15 ID:/p9IQBMy
>>817
同じこと思ったな。道もそうだった。座布団みたいな平べったい石が並べられてたり、
あそこの「日本」だけはちゃちな「オリエンタルジャパン」だったわ。

823 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:57:32 ID:06RqcvGJ
>>818
「二部作」つってんだから「両方見て補完しろ」はありなんじゃないの?
ロードオブザリング3部作を1本だけ見て「わからん」って言ってるヤツには「全部見ろ」って言うじゃん・

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:00:18 ID:Kfh9yrNk
>>823
あくまで両極から見たもので、続きもののストーリー作品じゃないんだがな。
もしかして配給会社の人?違ってたらゴメンw

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:01:30 ID:isaufu2F
硫黄島関連本で一番良いのは「散るぞ悲しき」かな?
津本陽「名をこそ惜しめ」は小説だから、フィクションも結構あるみたいだし

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:02:18 ID:Vv6XbdQ4
バグダッドからの手紙

...不時着した空自の輸送機内で

隊長「イテテテ、ここはまだ日本か?」
隊員「イラクですよ隊長、それより武装勢力に囲まれてますよ、攻撃しますか?」
隊長「ダメだ、閣議決定がいる」
隊員「投降しますか」
隊長「ダメだ、インターネットでさらし者になる、国の恥だ。」
隊員「じゃあやっぱり」
隊長「もはやこれまで」
隊員「かあちゃん」

...輸送機自爆

THE END





827 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:03:04 ID:5BkG1KI+
>>822
あと墨の字の拙さとか。些細なことだけど、そこだけは残念だった。
所作や言葉遣いに関してはほぼ完璧で感心しただけに。

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:04:26 ID:06RqcvGJ
>>824
映画じゃどうか知らんけど、
芝居とかだと「@部作」ってなって連作になっているもので続き物じゃないのもけっこうあるよ。
登場人物や舞台設定は全然別なんだけど、作品のテーマで連環されてる感じの。

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:05:31 ID:UiFrJIcC
英文資料を貼る方は要点とか訳をのせると反応あるのでは?
せっかく貼ってるのにもったいないよ

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:06:07 ID:D2lqCk5u
事実当隊は硫黄島戦で延べ34機272名を失っているが、
その大部分は敵機や砲火によるものでなく、航法を誤っての未帰還である。
そしてその多くは文字通り水潰く屍となって島で玉砕した勇士と同じく
今なお、最後の情況は何人も知らず一片の遺骨遺品も遺族のもとには
還ってきてはいないのである。



831 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:06:29 ID:Y7V/lY9u
この映画さ『硫黄島からの手紙』ってタイトルだけど、
『アッツ島からの手紙』ってつけても遜色ないな。

硫黄島の戦いの特徴が欠けている映画。

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:10:11 ID:utvauLTb
もしも日本で戦争映画を作るなら海上護衛司令部参謀の大井篤中佐が執筆した「海上護衛戦」
を映画化して欲しいものだな。燃えるエピソードもたっぷりあるし。

☆戦争末期、跳梁跋扈する米潜水艦から商船を守るため、燃料の調達に苦労する大井中佐。
 ようやく7000tの重油を確保するも大和の沖縄特攻のために半分取られてしまう。
 これでは海上護衛は出来ない。連合艦隊司令部に連絡するが・・・・

連合「航空部隊にばかり特攻をやらせて、水上部隊が手をこまねいて見ているわけにはゆかない
   という気持ちが大いにあるようです。(中略)・・・ここに海上特攻隊を編成し、壮烈無比
   の突入作戦を命じたるは、帝国海軍力をこの一戦に結集し、光輝ある帝国海軍水上部隊の
   伝統を発揚すると共に、その栄光を後世に伝えんとするに外ならず・・」

大井「国をあげての戦争に、水上部隊の伝統が何だ!水上部隊の栄光が何だ!馬鹿野郎!!」




やはりクリント・イーストウッド監督の方が良いかもしれん。

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:10:13 ID:DBIi5v4G
>>825
津本は硫黄島を訪れて体験した心霊体験から「名をこそ惜しめ」を書いたらしいな

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:11:17 ID:39n5cDGQ
観に行ってきたけど何このクソ映画。
スゲェ金掛かってないじゃん。CGは使い回しだし地下壕のセットはコントのかよってほどチャチいし。
俳優はほとんど日本じゃエキストラにしか使って貰えないような役者ばっかし。
そもそも無血降伏すれば3万人もの命無くならずにすんだんだから見ててちぃーとも感情移入出来ませんでした。
日本の馬鹿ウヨ喜ばして金ふんだくる為にチンピラ役者出身の監督とお子様ランチ映画専門のユダヤ人監督がオマケで作った映画じゃん。


835 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:13:20 ID:isaufu2F
西村眞吾議員が推薦してた留守晴夫「常に諸子の先頭にあり」も買ったんだけど
文体が古風で読みにくい。
「散るぞ悲しき」買ってみるよ。

皆も「散るぞ悲しき」読んだの?

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:13:25 ID:VQ2uKeui
都古ちゃんへ

今日はすり鉢山に行きました。
一日中穴掘りをさせられました。
食事はミミズカレーでした。

[未検閲]

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:13:31 ID:2u4zuP3Z
写真見てるだけでも十分参考になるよね。
ttp://commons.wikimedia.org/wiki/Battle_of_Iwo_Jima

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:15:00 ID:Kfh9yrNk
>>828
映画じゃどうか知らんけどってw この「映画作品」の話な

>>831
確かに日本人兵士、軍人の悲哀を描きたいだけなら戦場はたくさんあるよね。
どれだけ硫黄島戦線に沿って描ききれたかが、評価点の大きなウェイトを占めるとすると
どうなのよ?ということなんだな。

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:19:53 ID:DBIi5v4G
ペリリュー島玉砕
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/gyoku-pll.htm

日本が映画化するならペリリュー島は適してると思う
島民との後日譚とか

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:20:58 ID:A9WgHKzs
SAPIOに掲載された大野さんの論説はともかく
他に書かれたバロン西の伝記『オリンポスの使徒』は、なかなかヨカタ。

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:21:35 ID:o9g3Hji3
>>808

海軍と陸軍の確執は開戦前からあったし。
そもそも開戦前の戦略も

海軍=南進(対米戦、東南アジア攻略)
陸軍=北進(満州と対ソビエト戦)

でバラバラな作戦計画だったわけで。

まぁ日本ほどじゃないがアメリカも海軍(ニミッツ)と陸軍(マッカーサー)で
確執はあったけどね。

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:22:19 ID:7qZYJVyh
映画評を見ていると、たいたいがよい評価だが中には爆笑ものもあった。

曰く、
この映画の中にアメリカ人が日本兵を殺すシーンがあるが、
日本人はアメリカ人を助けている。
日本兵をいいやつに描きすぎている。
やつらは歴史史上最悪の残虐行為を行ったやつらで絶対に正当化できないはずだ。

米兵が日本兵を殺しているシーンがあるが、
そんな事実はない。たとえそんなことがあったとしても
英雄的に死んでいった七千人の偉大な米兵のことを考えたらこんなことは描けないはずだ
イーストウッドは敵にも家族がいて、守るために戦ったと正当化するが、
悪いやつらでも家族を愛することは出来る。
だからと言って、慰安婦や南京虐殺など日本が行った残虐行為を正当化できない、云々


すべてこの調子で書いているやつがあった。

笑うしかないよな。

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:24:24 ID:VQ2uKeui
>>842
どこの国のヤツが書いたかだいたい想像がつくな。w

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:26:47 ID:N63YYLM/
http://www.nagaitosiya.com/a/pacific_war.html

「太平洋消えた勝機」
戦犯は海軍

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:27:24 ID:84ibEC99
太平洋戦争突入前の東京には
自家用自動車(とお抱え運転手)がある家は結構あったよ。
貧富の差が激しかったんだ。

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:28:35 ID:YtPDu01G
でも、すぐに原爆のことを例に出されて、反論、批判されてるな。>歴史史上最悪の残虐行為
まさに政治的な、偏見レビューだと・・・

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:31:08 ID:olHPtRI+
>811
その程度で反米認定するとは
お前の底の浅さが見えるな

848 :知ろう正宗 ◆J0nQdqK.1Y :2006/12/17(日) 17:33:05 ID:2IqPk7xX
一番うえのほうにある動画をみると 米軍の硫黄島侵攻って戦っているというより工事現場にいるってかんじだね みんな黙々と塹壕つくったり大砲うったりしている やすんでいる兵士は食事したり怪我した兵士は担架にのせられて船にもどされている

戦いの風景も日本軍と戦争しているというより「駆除」しているかんじですね 淡々と穴をつぶしていたのかもしれない

戦争は「物量」がすべてだなとカンジさせる動画ですね 栗林の「戦術」なんて何のやくにも立たない


849 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:34:29 ID:kjsMWWOv
映画をよくみろ!逆のパターンもあったぞ。俺が一番印象に残ったのは獅どうが我に振り返って自分が何をやっているのだろうと感じたシーン。みんな戦争という熱病に簡単に取り付かれるもの


850 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:34:37 ID:5BkG1KI+
あれを「ドライブ」と聞いてるから、妙に現代的で違和感があるんだな。
「ドライヴ」と言ってると思えばいい。

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:36:16 ID:olHPtRI+
>>845
「結構あった」ってのはウソですな。
1938年のアメリカは国民の五人に一台の車がありましたが
日本は1200人に一台。超レアな珍しいものでありました。

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:37:18 ID:6eks/9Nb
しかし、嘘も繰り返せば本当に聞こえるというから気をつける必要はある。
情報戦も立派な戦争。中国はアジアの覇権を狙ってるし、日本が邪魔だから
何かと難癖をつけてくる。
半島人は中国のプレッシャーもあって日本たたきのお先棒を担いでる。

だから、日本は遠交近攻を心がけて、特定アジアを包囲する反特定アジアグループを
形成する必要がある。


その意味でも、今回の映画の意義は大きい。
日本の悪しき戦争の誤解を解く外交官としての役割を、このフイルムは果たしてくれる。


853 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:41:16 ID:Oc0ZMKmC
>>775
英語字幕付きの回で見たけど、ラストの手紙バラバラ場面では字幕はなかった。
あそこは言葉の意味が分からなくても、手紙に書かれていた文だという
ニュアンスが伝わればOKでしょ。

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:47:15 ID:6eks/9Nb
言葉が重なってるので、日本人にも、何を言ってるかわからない場面だし、無問題だね。
でもあの声は、亡霊の怨念声のようでちと怖かった。

あと、あの中には西郷は居ないから、西郷は、帰国できなかったか、帰国しても硫黄島に
慰霊に来る前に死んだ可能性がある。
あるいは来れない精神状況になったかもしれないし。

なにしろ、東京大空襲後の話だから。

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:48:56 ID:YmnsUqfm
栗林の子供って太郎とたか子だっけ?
忠道の「た」を付けたかったんだな

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:55:35 ID:6eks/9Nb
この映画を観て感じたのは、いかに自分たちが近代史の歴史から耳ふさぎされてきたか、ということだった。

自分たちの親の世代は、歴史の教科書を墨で塗りつぶされたわけだけど
実は自分たちも、見えざる墨で塗られていたんだということに気がついた。

戦争は絶対反対、軍は悪、戦争になったら総理から前線に行ってください。。。。
こういう思想が、正しくてかっこよいと思っていた頃も、恥かしながら、あった。

しかしその後いろいろなことを知って、そんな単純なもんじゃないってことがわかってきた。
わかったつもりになっていたのに、この映画を見て、まだまだ何も知らなかった、ということに
改めて気がつかされた。

イデオロギーやアジテーションを極力削除して、本質を提示する最大限の努力と工夫をしてくれた二部作に、
本当に、ありがとうと言いたい。正直言って、まさかこんなにすばらしい映画に出会えるとは思わなかった。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:55:37 ID:Jx/ubNHt
長女はよう子じゃなかった?

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:56:20 ID:XvIm63l5
東京大空襲があった日(3月10日)って、まだ栗林は生きてたんだよね。
自分達が硫黄島で抵抗している間は本土は安泰と信じて戦ってたのに・・・
やるせないなぁ。

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:59:46 ID:utvauLTb
>>857
洋子さんは奥さんの名前(義井)からとったものと思われる。

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:00:50 ID:ihpVINyU
最後、西郷は撃たれた方がイイ締めになってたのにな
生き残れてニヤッとした様に見えた

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:02:57 ID:VQ2uKeui
>>858
本土に空襲に行くB29の編隊は硫黄島の上空を飛ぶから、安泰じゃないことは分かっていたと思うよ。
本土のラジオ放送も聴いていたようだし。

東京に向かうB")の大編隊を硫黄島の守備隊が絶望的な気持ちで見上げるシーンがテレビドラマの方にあったな。

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:03:49 ID:2DNy6pIH
自分は微笑みには見えなかった・・
悲しみの表情だと思った。

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:04:21 ID:VQ2uKeui
>>860
確かにラストのシーンで西郷がにやっとしたように見えたのは萎えた。
あそこはもっと悲しそうな顔をして欲しかった。

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:05:59 ID:CnC7KcMo

「内閣総理大臣 岸信介」の石碑が印象に残った。

安倍総理のお祖父さんだよね。


865 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:06:05 ID:laSjUlHs
もっとも深い悲しみを表現できる表情は笑顔だと思う。

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:09:47 ID:5RIfiWuY
                 戦 争 を 終 わ ら せ た 一 枚 の 写 真 。 そ の 真 実 。


     へ、-- 、,   iーッ、iヽ___へ F l a g s o f O u r F a t h e r s  1ー_=====へ、  ノ`,っ へ   i`っ 「フ____入
  ノ’,/` `ヽ, ヽ~lヽフ>] トヨ |  ヽ>      7>       __、    | ├====  |  /へこフ / i=;´ 「うノゝ_1 Z、
 ムイノヘ、 ノ`ン~~ ー=ン ゝ|├ヨ | =、-!ニフ,,、、、、=十=フ   /´ノ}’`ヽ`、 ヽ<=‐ーっー1 ,,;ン;;´ン<‐二了 | 万´ノ トキ |``
   `ヽ' `’' ノ  ‘-ラ' そ-Lヶ- 」  // ‘´<‐` 1l ,,-ェ;、 (l  ノ/   | ) /ン ┤ ト‘‐ゝ 三=ー! K==´ゝ | リ 1 | トモ | ,、
    ,/ヘ`ヽ‐_ ノ/1 | しリ ソ| |ノ1 ノ/  r、     し´   ) )| し,ソ   ノノ r´`-→ 「‐‐フ、 ノン'1 |ヽ`ニ了i ム 「っ亠`-;;-ゝ
  ,ノ- ´   ヽ、ソ´ しレン''´ L--Xノ  ヽこつ   _-_::ン'’ヽ´  =‐´´  `---亠亠----´´  し!  `‘ レ てノン‐´`ヽ、)

                        ク リ ン ト ・ イ ー ス ト ウ ッ ト ゛

                                監督作品

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:09:48 ID:t4Oq+k/d
>>861
数字打つときもShift押しっぱなしだったの?

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:10:28 ID:utvauLTb
>>858
最後の夜襲に出る時には映画版とは違って本当に老人みたいにヨロヨロしていたみたいだね。
今まで本土空襲をさせないための一心で孤軍奮闘したのに結果として東京が空襲で壊滅的状況・・・・
どんな気持ちだったのだろうね。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:12:23 ID:N63YYLM/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97

「父親たちの星条旗」のほうは、戦時国債徴収に利用された兵士たちの苦悩
やとまどいがモチーフになってたけど、「手紙」のほうは異国の地で絶望的
な戦を強いられた日本将兵の家族を思う苦悩がメインになってたな。

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:12:39 ID:YmnsUqfm
>>834
無血降伏したらアメリカが硫黄島を占領したことになるじゃん
硫黄島を取られたら、硫黄島から本土にアメリカの飛行機が飛んでくるんだよ
何万人もの民間人が死ぬんだぞ
それを遅らせるために必死に戦ったのが834はわからないのか?

>>842
日本人がアメリカ人を隣地してるシーンもあった

871 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:12:39 ID:6eks/9Nb
緊張感から開放された笑いなんじゃないかな。

あと運命に翻弄されている自分たちに対する自嘲の笑い。
生きようと思ってみんな死んで行き、最後に死んでもいいやと捨て鉢に
なってスコップの立ち回りをした自分は生きている。その皮肉さに対する自嘲。

捕虜になった時点では、まだ助かったと考えてるわけではないから。
助かったよかったこれで日本に帰れる、と喜んだわけではないと思う。
あの段階では、まだ戦争は終わってないし、当時の常識として、捕虜はどこかに
連れて行かれてまとめて殺される、と考えられていたようだから。
(例の、祖父の戦闘手記を見るとわかる)

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:12:56 ID:D/haasha
>>851
>>845は貧富の差って言ってるじゃない。
昔は都会と田舎でもかなり格差があったよ。
日本全体では1200人に1台かもしれないけど、
都会だともっと車が多かったと思う。


873 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:14:08 ID:XvIm63l5
>>861
知ってたのか・・・尚更やるせない・・・
>>868
泣けてきた・・・

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:14:40 ID:YmnsUqfm
>>866
それ俺が今さっき作った星条旗スレに貼ったやつw

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:15:19 ID:ihpVINyU
夕日が綺麗だったから微笑んだのかな
わからんけど 微笑みだったのかもわからんが

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:16:27 ID:DBIi5v4G
226事件当時の映像とか見ると、東京は車が今の都会並みに走ってる。事件当日は装甲車も走ってたが

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:16:57 ID:mgeQSEek
>>868
とりあえず本土に爆撃機襲来の電文報告をして出来るだけ援護機を付随させない期間を増やす
という事だけを目的に戦ってたんじゃないかな。

その証拠に3月10日にはB29結構落ちてるしね。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:16:57 ID:YmnsUqfm
俺DVD買う
月4000円の小遣いだけど二つとも買う

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:19:56 ID:CmMnSUv8
日本軍は全滅して、栗林は死んで、自分は捕虜になって、
なにもかも虚無になって横たわってるとき、
夕日が綺麗だったのがせめてもの心の救いになったのかもな…

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:20:21 ID:6eks/9Nb
祖国のため奮闘努力をしてここで死んでもこの話は語り伝えられ、後輩の日本人に慰霊してもらえる。
だから安心して死のう。。。こういう檄が飛ばされていた。で、「ここは、まだ日本か」と問うて、終わる。

で、今頃、突然思ったんだが、、、、

あれは現代の日本人に、つまり俺たちに、「お前たちが今生きているのは日本か、お前は日本人か」
と問いをしているんじゃないかと。

映画を観るまで硫黄島の話を深くは知らなかった自分は、その意味では「日本人」ではなかった。
映画を観たことで、かろうじで日本人入門、にまではなったのかもしれない。
なんか、この映画の問いかけるものを咀嚼するのは、かなりヘビーだなと、思った。

とりあえず、来週、もう一度見てくることにする。



881 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:20:45 ID:bP+I/E+N
朝日だとあれほど

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:22:14 ID:VzMp8kEq
>>878
ブルーレイだったらどーする

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:22:30 ID:NRRey83q
>>881
朝日でも夕日でも同じ太陽だからいいじゃない。

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:22:43 ID:FOm3JUDZ
>>864 石碑にある日本地図は北海道の部分は北海道の石を使ってあり、
全国の石をとりよせて作ってあるそーな>ソース 文藝春秋

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:23:28 ID:t4Oq+k/d
>>869
硫黄島は異国の地じゃないが!?

886 :大和魂:2006/12/17(日) 18:26:24 ID:C9x2sMK9
この映画は、従来の日本映画では描写しえなかった貴重な作品だ。
日本軍の生き様を中立の目でアメリカが製作したことに大変大きな
意義があるといえよう。以前、パール・ハーバーという滑稽な日本人
が登場するラブストーリーと戦争映画をミックスさせたお粗末な
映画があったが、それを見事に払拭した作品。
だが、外交戦略として日本の歴史を黒に染め上げてしまいたい中国
などにとって、本作品は非常に苦々しい作品であることはまず間違
いないだろう。

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:26:24 ID:NRRey83q
>>882
ブルーレイは全然普及してないじゃないw
DVDは「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」+特典ディスクの
3枚組で是非お願いしたいです。

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:28:01 ID:BEbM6a5b
>>886
右翼ちゃん、板が違いまちゅよ。

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:29:23 ID:BgOxeIZB
西郷が見た太陽→日の丸→日本

と連想してしまった私はどう考えても深読みしすぎです。
本当に(ry

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:33:07 ID:Jk2KPmuN
西郷が見た太陽→母ちゃんの乳首→母ちゃんとのSEX→思わず夢精

が正解です!!

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:37:41 ID:zqbGDoEV
>>793
同意。

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:43:33 ID:iHMvVXkG
映画では「イオウジマ」と言っているが、当時は
「イオウトウ」と言っていた筈。大丈夫か日本人。
このままじゃあ、あの島は「イオウジマ」になっちゃうじゃんかよ!

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:43:51 ID:3gUpZZiP
>>888
シナにお戻りください。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:45:08 ID:VzMp8kEq
>>887
>692行ってみた?
HD(=High Definition)なんだが

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:45:42 ID:3gUpZZiP
>>886
俺も同意だな。
シナとしては歴史認識が変わることを危惧して
南京大虐殺の映画をつくろうとしてるよね。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:50:01 ID:SR4712tV
ヒント
父島

ちちとうとは言わない

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:51:00 ID:jJUukQTO
>>895
そんな映画は大コケして、なかったことになるに100万ペリカ。

繰り返し上映するのは特定アジア内だけだろ。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:51:49 ID:ymCd9OFZ
すみませんこれだけ教えて下さい。
当時硫黄島には島民はいたのですか?
それともあの住宅街は軍が生活するために建てたのですか?

幼稚な質問ですみません

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:53:31 ID:m7rutvYu
18億でこんな映画作れるのか。

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:54:22 ID:Hn99Nlcy
>>898
島民はいたよ。映画にも出てきたでそ。

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:54:25 ID:pHjj8HEg
>>898
砂糖の栽培と製糖をやってたから定住してた人はいた。

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:54:27 ID:hWD9fMjm
海外のオスカーレース予想みると、手紙は2番手グループっぽいね。

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:56:05 ID:3Mr0i1UA
読み方としてのいおうとう/いおうじまをちょっと調べてみたけど
戦前・戦中はいおうとうが絶対正しかったと言い切るには
ちょっと弱いような気がした。

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:56:37 ID:D2lqCk5u
>>898
それはどこの訛り??

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:58:53 ID:t4Oq+k/d
島民で戦うために島に残った漁師が数名いた。
全員戦死された。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:00:59 ID:X0decZFl
監督は、天皇を中心とする国家主義的武士道には批判的だが、
戦闘の中で養われた忠君忠義の武士道には敬意を表しているように見えた。
はたして監督は武士道に二種あることを知って描き分けていたのか? 国家主義的な武士道と、忠君的な武士道を混同すると
よく理解できないだろう。

西郷は最後になって栗林に忠義を示して武士道精神を発揮するわけであるが、あそこでは馬鹿なヤンキー米兵を登場させて
対照させて、日本の武士道を称揚している。

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:01:16 ID:+4oPksLC


908 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:03:46 ID:+4oPksLC
硫黄島からの手紙に感動したのなら、この映画も見ようね。
それが2つの視点で映画を作ったイーストウッドのメッセージだ。

日本人が見るべき最新の南京大虐殺映画  五月と八月
参照 >>107 >>111
hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:03:53 ID:OTMxr019
「ここはまだ日本か?」
って言葉はその言葉自体でかなり心に響いたんだけど
実際のその意図するところはあまりわからなかった。
異国ではなく『祖国で死ぬ』ということに意味があったということなのかな?
現に「まだ日本です」と応えた土地にはすぐ米兵が進出してアメリカ領地になってしまったし

910 :887:2006/12/17(日) 19:04:44 ID:k4eEEOmj
>>894
http://www.apple.com/trailers/
Appleのトレイラーは結構前からHDもあるんだよ。
リンク先のポスターの右下にある[HD]ってのがそれ。
他にも通常のバージョンや、iPodに最適化されているものもある。

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:05:29 ID:X0decZFl
>>909
祖国の土になりたかったんだろ。
あの後、埋めてくれるように頼んだだろ?

912 :887:2006/12/17(日) 19:05:58 ID:k4eEEOmj
だからHD規格のトレイラー=ブルーレイとは限らない。

913 ::2006/12/17(日) 19:06:11 ID:CQXqAYQv
加瀬・二宮は分かるが、外人が見たらシドーは10代なのか?

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:06:58 ID:zqbGDoEV
>>883
そういういい加減なことを言っちゃいかん。
リアリズムを追求するべし(`・ω・´)

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:07:24 ID:K/oZhVfQ
海軍バカすぎ。
潜水艦で陸軍主力を沈められてるし。
まともな戦争できなかった。
海軍バカすぎ。
水際陣地なんて、アメリカの艦砲射撃ですぐやられるなんてバカでもわかるのに。

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:09:00 ID:VQ2uKeui
>>915

だから海軍の司令官をチェンジして市丸を本指名したんだろ。

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:09:42 ID:iwDdtNXN
史実の栗林中将は映画と違うようだ。
堀江参謀の回顧録には
重度のノイローゼで戦闘指揮は2週間しかとれず
最期は突撃どころか
米軍司令部まで出向いて降伏交渉しようとしたところ
激昂した参謀に殺されたとある。

918 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:09:58 ID:X0decZFl
日本軍は火炎放射器への備えはなかったのか?

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:12:03 ID:4yc2AX2v
>>917
前スレかもっと前のスレに、それは疑わしいと書いてあった。
栗林を快く思っていない将校のでっち上げの可能性もあると。

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:12:03 ID:VQ2uKeui
>>918
壕の入り口を直角に曲げること以外、備えようもないと思うが。

そういうえば映画では、バロン西は砲弾で目を負傷したことになっているが、火炎放射器で顔を焼かれて失明したって書いてあるのを読んだことがある。

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:15:49 ID:zqbGDoEV
>>920
>壕の入り口を直角に曲げる
そういう陣地跡が鎌倉あたりにぎょうさんあるよ。
江の島にはベトンで固めた砲台陣地もあるよ。


922 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:16:43 ID:t4Oq+k/d
>>918
火炎放射器への備えってどんなの?
天井の紐ひっぱるとバケツの水が落ちてくるみたいなの?

923 :898:2006/12/17(日) 19:23:47 ID:ymCd9OFZ
答えてくれた方々ありがとうございます。
硫黄島は臭い水がまずいと散々な環境なのに
子供がいたり立派な瓦屋根の家が建ち並んでいたから、
どういう事だとそこばかり考えてしまっていたので…
硫黄島の島民はあの環境では短命だったのでしょうね。
微妙にずれた話ですみませんお邪魔しました。

924 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:28:27 ID:3p9JFURZ
>>917
それはありえないらしいよ。
何しろ捕虜になって生き残った人たちが、最後の薫陶「諸氏の先頭にあり」って
聞いてるらしいから。
示し合わせたように(一平卒が)証言してる。

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:28:31 ID:utvauLTb
>硫黄島の栗林忠道中将は、降伏しようとして部下に斬り殺されていた。

>栗林兵団長閣下は、壕に紛れ込んできた米兵と話込んで、その米兵の
>案内で、米軍の司令部まで行った。高石参謀長と中根高級参謀も随行
>した。中根参謀は、高石参謀長と目配せし合ったあと、「日本軍には
>降伏交渉は有り得ません。」「御免なさい」といって、栗林兵団長を
>軍刀で斬殺し、直後、高石参謀長と刺し違えて自殺した。

米軍司令部まで行って惨殺事件が発生したのなら当然アメリカも「日本軍の残虐性」
として利用するはずだがそれも無い。

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:31:06 ID:Hn99Nlcy
大体米軍司令部まで行ったのなら、米側に記録が残ってるはず。

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:32:05 ID:6eks/9Nb
>>920
史実の失明の話は制作の段階では知らなかったみたい。

伊原が「バロン西は、通常自決するような人間じゃない」という話をして、
じゃあ失明したから自決というシナリオにしたらどうかと提案。
そこで爆弾で失明のシナリオになった。

失明で自決というのは史実との偶然の一致。その意味では映画の神様が舞い降りた
瞬間かもしれない。

ただしバロン西が自決するタイプの人間じゃないことを、いろいろ調べてイメージ像として
作り上げていたからこそ生まれた発想なわけで、その意味では努力の結果ともいえるかも。



928 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:32:15 ID:olHPtRI+
>872
うん、貧富の差はあった。
そして自動車も少なかった。つーわけで
「けっこうあった」じゃなくて「ごくまれにあった」ってことで。

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:33:08 ID:olHPtRI+
>>877
「星条旗」のほうでは占領したばっかりの飛行場にB29が不時着するシーンがあったね

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:34:01 ID:DyuHu/Yu
やはり、日本版エシュロンが稼動していた模様↓

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/river/1165834568/

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:36:23 ID:6eks/9Nb
>>917 おおかた、死人に口なしとおもって適当なことをでっちあげたんだろう。
硫黄島生き残りたちの証言からは裏付けられたという話は聞いたことがない。

むしろ反証があがってる。最後の檄を聞いた人は一杯いるはずだから。

その堀江何たらは、卑怯な上に、かなり悪質といっていい。
海軍の出自なんじゃねぇか?そいつ。


932 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:36:34 ID:N63YYLM/
>>915
今まで日本は日清、日露戦争と極東での戦闘しか経験してなかったから、
太平洋のはるか遠方での戦闘なんて想定してなかった。
輸送船で物資を安全に輸送することなんて考えてもなかったから、船団護衛
の駆逐艦なんて当初無かった。
日本の潜水艦はあくまで艦隊に付随して行動するよう設計されており、ドイツ
のUボートみたいに敵の戦略物資ルートの破壊に使われることはなかった。

日本の艦船や輸送船はほとんど米軍の潜水艦に沈められたんじゃないかな?

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:42:53 ID:zEVJ4AQr
16世紀中頃にはスペイン船により望見されており、ヴルカーノ(火山島)と呼ばれた。
また、18世紀後半イギリスの探検隊に見出され、サルファー・アイラント(硫黄島)と名づけられた。

 明治24年(1891年)9月勅令により日本領土に編入、東京都小
笠原島庁の所轄となり、北硫黄島(洋名サン・アレッサドロ島)硫黄島
(洋名サルファー島)南硫黄島(洋名サン・アグスティン)と命名された。

 これに先立つ明治22年(1889年)6月、父島の住民田中栄次郎が、
父島で建造した帆船南洋丸にて十余名とともに、鮫漁と硫黄採取を
目的として渡航したことから硫黄島の開拓が始まった。

 明治25年(1892年)から本格的に硫黄採掘事業が開始された。
その後、主産業は平坦な土地と地熱を活かした農業に重点が移った。
砂糖キビ、コカ、レモン草と情勢の変化に伴い主要な作目は変わって
いったが、農業の隆盛とともに人口も増加していった。
 
昭和15年(1940年)4月硫黄島に村制が施行されたが、北硫黄島は
なお小笠原支庁直轄であった。
 この年の住民は、硫黄島1,051人、北硫黄島103人。

 昭和16年(1941年)12月8日太平洋戦争勃発
 大戦の激化とともに、豊かで平和な地は本土防衛の最前線となり、
昭和19年(1944年)住民は強制疎開を余儀なくされ、父祖の地は玉砕の島となった。

http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/outline/iou/index.html

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:45:45 ID:tx7UJZWd
今日2回目観て来た

○ジープ・ライフル
「ジープ」と言ったのはジェントルメンを自称する海軍将校
日ごろから田舎者の陸助を小バカにしてる海軍さんらしいなあと個人的には思った
(たとえ相手が総司令官であっても)

「ライフル」はアメリカ通の西中佐とその副官である大久保中尉
まあ西さんはアレだし大久保さんもきっと西さんに感化されたんだろう

○硫黄「じま」
正しいか間違ってるかはともかく仕方がない部分もある
すでに日本でも定着して久しい呼び方だし・・



935 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:46:18 ID:zEVJ4AQr
68年、小笠原の島々と同時に米から返還され、米軍基地は自衛隊に
引き継がれたが、住民の帰島は許されなかった。84年、国の審議会は
火山活動が活発▽産業の成立が困難――などとして「一般住民の
定住は困難」と結論づけた。

http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000250608140001
島に生きる 東京都小笠原村
硫黄島
2006年08月12日

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:47:59 ID:iwDdtNXN
>>924
龍前新也司令部付軍曹の回顧録によると
3月17日の司令部脱出の時に
なにか言ったらしいね。
聞き取れなかったとある。

>>926
降伏しようとしたら参謀に殺されたなんて
敵ながらあまりに可哀想なので記録から抹消したのかもしれんな。
硫黄島戦は米軍にとっても特別だし。。

>>931
陸軍少佐だよ
米軍参謀本部が連絡してきた栗林中将の最期らしい。

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:52:10 ID:utvauLTb
>>931
堀江芳孝少佐は「硫黄島の戦い」の最中は父島にいたみたいですね。
栗林中将に反抗して左遷させられたのかは分かりませんが戦後、戦地で死ねなかった
自己を正当化するために栗林中将を貶めた可能性はあります。
(あと「父島人肉食事件」とかあったしね)

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:55:36 ID:rjbcvArl
硫黄島戦記や色んな戦記読むと
「日本兵が銃剣で米兵を刺殺した」という場面が結構書かれてるが
米軍の方が白兵戦強そうなんだけどな・・
米軍は日本兵が突撃してくると撃ちまくって殺したそうだけど
日本兵に侵入されても白兵戦で充分勝てるんじゃないのか?
体格もいいし、腕っ節だって強いんだし。

939 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:58:02 ID:olHPtRI+
>936
>敵ながらあまりに可哀想なので記録から抹消したのかもしれんな。
情けをかける意味が無い。

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:59:23 ID:rjbcvArl
片や日本兵は補給も無くやせ衰えてたんだから。
米軍のワンパンチで吹っ飛びそうだけどw

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:01:37 ID:Q7zYFaxf
>>938
答え:爆弾もって突撃

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:07:48 ID:cXbpJLHd
>900
スレ立てお願いします。
ホストにはじかれたら言って下さい。

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:13:22 ID:OAVJ7k8m
>>938
銃剣突撃する方は気合い入ってるけどされる方はビビるぞ。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:14:53 ID:+4oPksLC
>>942
自分でやれ、アホ

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:15:43 ID:9vv6o+q8
>>941
20kg爆弾を背負って米軍の戦車に飛び込む、切り込み隊だな。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:16:33 ID:FpuLo5Aj
前に日本軍の銃剣がヤフオクにでてたような

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:17:27 ID:cXbpJLHd
>944
>1嫁

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:19:17 ID:iwDdtNXN
堀江参謀は正規の陸大出なので
可愛がられてたようだ。2人きりでメシ食ったりしてる

けっこうズバズバ言われたようだけど
「少佐参謀といった青二才時代には、一から出発して勉強しなければ使い物にならない」
「米国3年カナダ2年の駐在経験からして、なにも知らない若いへぼ参謀などが
市谷で偉そうなことを抜かしているが、やつらに何がわかるのかと言いたい」


949 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:20:39 ID:+4oPksLC
>>947
アフォ、他の奴がたてたぞ

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:20:47 ID:XvIm63l5
>>917
ここで触れてるけど、確証がないみたい。
ttp://imperialarmy.blog3.fc2.com/blog-entry-100.html

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:22:02 ID:jPuaT1cD
2回目見てきたけど
もうボロクソ気持ち悪いくらい泣いてきた

俺みたいなんがどんな言葉を出しても
粗末過ぎて、何もいえない。本当にありがとう。

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:27:56 ID:gAqp77Ad
この本の巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。
硫黄島は手軽にいけないけど、ここに載ってる小笠原なら手軽に行けるんで、ガイドブックとしてあり。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。


『戦争廃墟』
http://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:28:49 ID:9vv6o+q8
あの時期は硫黄島だけではなく、レイテなどの南洋の国でも
悲惨な戦争があったのをお忘れなく。

レイテの生き残りの子孫より

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:31:30 ID:zEVJ4AQr
「日本兵はクモの巣のように張り巡らされたトンネルから突然現れて、
やりたい放題やって、また地下に潜った。摺鉢山に星条旗が翻った
ときは、長いトンネルの向こうに勝利の光を見た思いだった」
 「どこにも安全な場所はなかった。上陸するとたちまち、日本兵が
銃撃を始めた。それは、虐殺だったよ」
 「最悪の戦闘だった。われわれには日本兵は見えないのに、
やつらにはわれわれが見えているんだ」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/26243/

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:33:04 ID:E5WH6y27
>>938
格闘技とは違うから・・。
どんなにでかくても刃物が刺されば人は死ぬのです。



956 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:34:26 ID:YmnsUqfm
                              北ノ岬
        4                I~^``ヽ!`つ
         1               L 、、、  :`、__   o
        _孑‐            /´:;‘  `'  ;:  ヽ-、
         ヽ          ,-'``、,,"‘  、… 、、、` 、  `
   ,、、     ヽ    漂流木海岸 ` 北部落 ;  :: `銀明水
  s l 監獄岩  `        i´ ;;`  、´o   o天山…:`''、 `ヽ
  {v'´             /'  `;:  '北飛行場     `; `ミ  `^)
  /)            西部落   ;      ,ヽ _     :  ;  「
                / `;o  大阪山 <;,.-‐''´     ; ; ` ''': し、
              ノ´    ;-ii;;;、'      o   o万部落`:: ‥ l
            /     ミ  `´    元山      ミ  、 :`  ヽ
           /´      :  : '     へ 二段岩・´, o ;、    ヽ
    ,-,       |    元山飛行場 //   ;'''`    ,-` 東部落 ノ`
    `´      l       ミ  、;_,-‐´-'一´´ ´ 玉名山  、'´    |
           |      ,;''  ソ / !`''´``'''´ `´ o南部落   ノ`

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:35:30 ID:YmnsUqfm
           ヽ     ;、 ,,ヽ´´~    ,、、、、、,-、´~‘    ノ´
             |千鳥飛行場, ' 船見台´´ ‐-、っ 、ーv-v-!`´
             |    ; ○    _ ;´   '`フ~´ー´
            |   ;´C 1、 //'    ノ´
             |    '、l「ヽ' /、;   ノ´
            /    、:`|`ソ^-' ;  /翁浜
           /     '/,,J ‥' ,-'´
           〕    ; `´ ,-´  ノ
            〔   `'´!-´ /´
           )      / 二ッ根浜
          ノ´     /´
         (  、、  i-´
        摺鉢山': |
         ヽ:- ,;''ソ´            0            2km
           }-`'´               !――――亠――――!
          ゚ ゜°


958 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:35:39 ID:E5WH6y27
小学生が銃剣もって肉薄してきたら、ぶっちゃけ俺はびびる。




959 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:37:36 ID:8OQj54lM
>956-957

凄い!!!

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:37:48 ID:l8mUNZ+K
映画館で泣いてる奴見ると気まずい

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:39:07 ID:E5WH6y27
>>956-957
ちょっと感動してしまった。


962 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:44:14 ID:DbisS77Q
>>956
スゴスwww
テンプレはこれ一個でいいwww

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:48:28 ID:nFqMxmJe
>>928
なんて愚かな人だろう...。

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:51:35 ID:pEdR8oqU
退役軍人のお爺ちゃんは「いおうとう」と言っているので
「いおうとう」でOK。「いおうじま」は少なくとも
昭和46年以降。

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:52:30 ID:Hn99Nlcy
>>956-957
GJ!


966 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:52:38 ID:zqbGDoEV
インパール作戦は日本人が監督するべきだな。
あ、頼むからNHKのドラマみたいな演出はやめてね。

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:54:05 ID:8OQj54lM
>956の地図見て海岸線見て最後の西郷の顔の向いていた方向考えたら、
絶対に西でしょ。
そしたら夕日で間違いないんじゃ・・・?

朝日って言ってた人の根拠がこの「海岸線」なら朝日のわけ無いんじゃないの?

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:54:59 ID:jtgrlYUP
次スレ

【Letters from】硫黄島からの手紙22通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166354150/

テンプレ整理しようと思ったが、うまくいかなかった
そろそろまとめサイトでも作った方が良くないか?

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:55:40 ID:bP+I/E+N
>>967
ヒント:西から昇ったお日様は東へしず〜む〜

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:55:50 ID:2OxSPEI8
硫黄島の兵隊さん達は昼間は地下に潜り
夜しか外に出れなかった(夜は夜で激しい戦闘)
だから西郷は美しい夕日(or朝日)を見て笑ったんじゃないかな

ここが日本でもアメリカでも
太陽は変わらず美しいと

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:56:09 ID:w2HyuvQ2
>>956-957
すgeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:56:14 ID:8OQj54lM
>968
スレ立てお疲れ様でした。

テンプレまとめサイト、確かにいるよね。

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:57:44 ID:olHPtRI+
>963
なんて数字が読めない人だろう...

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:58:53 ID:olHPtRI+
>964
映画の中の唱歌、あれはこの映画のために作ったものなの?
おもいっきり「いおうじま」って歌ってるんだけど

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:59:47 ID:W6EqUuED
ちなみにSF界の大御所、ロバート・A・ハインラインの書いた小説にも「硫黄島」
の影響が現れています。最近では映画化もなされましたね。

「スターシップ・トゥルーパーズ」
http://sfstory.free.fr/images/StarshipTroopers/36.jpg


976 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:01:16 ID:zEVJ4AQr
レイテ島の戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%86%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:03:01 ID:7U4zuVPs
>>554
お前に面白い記事を紹介してやる
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=78839&servcode=400§code=400
>「戦争時、先頭に立って戦う」韓国10%、日本41%


お前が平和ボケなのは良く分かった

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:03:10 ID:jtgrlYUP
>>974
硫黄島防備隊の作詞だ


あと「硫黄島防備の歌」でぐぐってると
レコーディングした女の子の母親のブログが引っかかった
ttp://mykit.jp/pc/kawazoe/20060928


979 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:03:13 ID:FpuLo5Aj
地図貼れよ

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:05:05 ID:FpuLo5Aj
おっと誤爆

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:05:51 ID:9vv6o+q8
>>976 dくす!
そうそう、84,006名出征して、79,261名が戦死した。

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:12:49 ID:E5WH6y27
>>977
それ面白い結果だな。
巷で言われている印象とは違う。
『戦争になったら逃げる』と答えているアンケートはなんだったのかと

いろいろ次スレで詳しく聞いてみたいのだが・・

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:14:51 ID:Oc0ZMKmC
>>982
スレ違いなので聞くなら別のスレを建ててね。

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:17:02 ID:E5WH6y27
ならいいたい。

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:17:36 ID:Oc0ZMKmC
>>984
言わなくて結構。

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:17:53 ID:9vv6o+q8
ググったらこんなのがあったよ。

硫黄島で戦闘が終わり後に異変が起きた。問題いうのは、日本兵の遺骨異常である。
すなわちガイコツが消えていたのである。
壕の中に散乱した遺骨を集めて、両足の股の骨を2本揃えて
1体として勘定したが、その計算でいくとガイコツの数がどうしても合わない。
かねがねアメリカ兵の中にいわば(凱旋記念)としてガイコツを持ち帰るという
習慣があるという噂があるという聞いていたが、
やがて金歯をつめたガイコツの多かった地下壕が、
アメリカ兵の間ではひそかにゴーメルド・ラッシュと名付けられと知って愕然とした。
和尚は硫黄島駐屯のヤングス空軍少佐と、
グァム島から出迎えるために派遣されてきたコリンズ海軍大佐にガイコツの数が足りないことを告げ、
米軍当局に彼なりに疑問と抗議を試みた。
「アイ・ノゥ」(知っている)しかし現段階では声高に糾弾せず、当方に任せてほしい」
たしかに、ガイコツの無い遺骨が目立ちますねしかし千個というのは・・・・・・・

硫黄島いまだ玉砕せず 上坂冬子 (絶版)
より


987 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:19:16 ID:7U4zuVPs
>>982
調査対象が中高生から大学生と結構幅広い
日教組の影響から脱する時期なんだろうと思う
昨今の自虐史観への反発が青少年にも生まれているのだと解釈したい

韓国の場合、徴兵が本当に嫌で嫌で堪らないわけ
移民がブームになっているような国だし
彼らの考えている愛国心とは日本人の印象のものとは大分違うと思う

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:19:49 ID:jJUukQTO
雨は首狩り族でおk?

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:22:30 ID:SR4712tV
戦争を知ってる人ほど反戦思想

アメリカも国防軍人などは
最後までイラクに反対していた

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:23:37 ID:b8P66RUW
>>986
「硫黄島いまだ玉砕せず」はさっき本屋にいっぱい売ってた。

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:23:41 ID:E5WH6y27
>>985
すまん。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:24:29 ID:IsWoP853
信じられな〜い こいつらバカ?

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:25:36 ID:DbisS77Q
>>967
最後の総攻撃は>>956の西部落↓元山飛行場↑
あたりなんだよね
もう一回見に行ってすり鉢山の位置確認しよう

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:25:44 ID:E5WH6y27
>>987
なるほど。
少しずついろんなものが変わり始めている時期だと信じたい。


995 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:25:53 ID:7U4zuVPs
>>987に付け加えるとするなら
マスコミは自分たちに不利な結果は無視を決め込む

この調査も日本の新聞TVなどでは殆ど報道されなかったのではないか

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:26:06 ID:5BkG1KI+
>>956>>957
良く出来てるなあ。
「〜部落」が5つあるってことは、住民も結構いたってことかな?

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:27:03 ID:S9Z0Q/gG
>>986
GIつっても下層労働者で、満足に教育も受けてない
ガラの悪い兄ちゃん達だからな。
日本で言うならまさに足洗った珍走団の就職先みたいな。
それがさらにガラの悪い訓練受けて
殺し合いの現場に送られてくるんだから、そのくらいの
蛮行が起こるのは頷ける気がする。
元々狩猟民族の伝統がある上に、少なからず差別感情も、
勿論敵対意識もあっただろうし。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:30:01 ID:DbisS77Q
1000なら大ヒット
アカデミーノミネート
そして受賞

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:32:46 ID:nkthDjmP
1000

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 21:32:54 ID:/VNh0UDp
硫黄島に向かって敬礼


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

325 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)