2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【市川崑】犬神家の一族 神器八つ目【石坂・松嶋・菊之助・富司】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 20:13:21 ID:xNbJnYvQ
監督  市 川  崑

出演者 
石坂浩二・松嶋菜々子・尾上菊之助 / 富司純子 松坂慶子 萬田久子 /
葛山信吾・池内万作・螢雪次朗・永澤俊矢・石倉三郎・尾藤イサオ・三條美紀・三谷幸喜・林家木久蔵
深田恭子/奥菜恵・岸部一徳
大滝秀治・草笛光子・中村玉緒・加藤武 / 中村敦夫・仲代達矢

製作:黒井和男
プロデューサー:一瀬隆重
原作:横溝正史(角川文庫刊)
脚本:市川崑・日高真也・長田紀生
製作統括:信国一朗・榎本和友・井上雅博
監督補佐:手塚昌明
音楽:谷川賢作  テーマ曲:大野雄二
撮影:五十畑幸勇  美術:櫻木晶  照明:斉藤薫  
録音:斉藤禎一  調音:大橋鉄矢  編集:長田千鶴子  助監督:宮村敏正  
製作:角川ヘラルド映画/日本映画ファンド/TBS/オズ/ソニー・ミュージックエンタテインメント/Yahoo!JAPAN
製作プロダクション:オズ
配給:東宝    全国東宝系公開(2006年12月16日) http://www.toho.co.jp/lineup/inugamike/

公式サイト http://www.inugamike.com/index.html

前スレ http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165248855/

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 20:23:23 ID:JA3pA8/T
>>1

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 20:52:27 ID:b3fSWio8
まさかNANA2よりランキングが下とは・・
大奥は無理でも、一分には負けたくないと思っていた時期が、私にもありました。

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:08:03 ID:9MOpw414
SPドラマなら20%は軽く超えそうなキャストなのにな。

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:15:06 ID:TUggrMIr
負けてる・・・
つい1ヶ月前までは名前すら知られてなかったエラゴンに負けてる・・・

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:22:08 ID:TJDSV+Xi
まあ興行成績なんか俺ら一般人にとっちゃ関係ないし。
そこそこに楽しめたからそれでいいよ。

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:34:24 ID:EZZlzq7I
湖の逆立ち死体を見つけたのって竹子の娘でいいんだっけ?
なんであんなんなっちゃったの?

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:43:20 ID:LQ4/SVl2
【犬神家の一族】や、【市川崑】や、【石坂金田一】が好きな我々の為に、赤字(?)覚悟で製作した皆様に感謝してます!
【犬神家の一族】
【市川崑】
【石坂金田一】
が好きな私は、ラストで泣いちゃいました…
誰が何と言っても、ありがとう! と、お疲れ様でしたと言いたいです!

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:55:58 ID:E7h8K2pJ
現代版 犬神

http://inukami.jp/


10 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:01:56 ID:11ZW1noi
前作 ならびに
一連の市川×石坂金田一映画が好きだった人への
最後の挨拶だな

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:19:46 ID:Pzp9raec
犬神はじめてみたんだけどストーリーや犯人って同じなの?
なんでこんなのが人気あるのか理解できん
展開になんのひねりも

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:21:31 ID:Pzp9raec
>>11
いままでいろいろやった本とかドラマとかと<同じって言うの

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:27:00 ID:b3fSWio8
カリスマプロデューサーの敗戦の弁


14 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:31:55 ID:LQ4/SVl2
『だって、崑ちゃんの犬神家の一族が、観たかったんだもーん!』

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:36:17 ID:5FIcigI0
犬神家の一族 40点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50875923.html

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:40:07 ID:gRFjal7c
どこの馬の骨が書いたんだかわからんブログを何度も貼ることもなかろ。

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:43:56 ID:7xN2JKzz
ボクは楽しめたから満足。
やっぱり音楽が最高。

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:49:54 ID:+C7M9B4m
>>16
自分で宣伝してるだけだろ
評論家気取りの痛い房として一部で有名だ
前スレの最後に宣伝したはいいが1000目前だと後で気付いてもいっかい貼ったんだよ
察してやれ

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:51:18 ID:7xN2JKzz
>>18
房って何だよ?
厨ならわかるが...

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:51:18 ID:mlV67crk
>>17
谷川賢作は毎回そっけないんだけど、今回は他人素材で良くなってた?


21 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:02:46 ID:Lh7PsAG9
>>19
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%DB%A1%E4#i5

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:02:51 ID:stiyj6NM
>>11
前スレでもいわれてたけど、
これは佐兵衛が主人公であり、佐兵衛が想いを遂げる物語だから、
そこにカタルシスを感じられないのは当然かなと。
佐兵衛にはハッピーエンドでも、観客にはなんとも後味が悪い。
八つ墓村は因果応報がテーマだから、
まだこっちのほうが現代人の酒肴にあってるかもね。

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:17:14 ID:TmYMDZS0
今日観てきた。
鬼首村・本陣・八つ墓村・獄門島・刑部島を管轄してる
某県警本部がある駅前の館だったんだが、
小さいスクリーン&本日最終の割には人多かったような気がした。

今までオリジナル・古谷連ドラ・稲垣といろいろ観てきて、
かならずしもオリジナルを完璧と思ってなかったからかもだが、
素直に楽しめた。知ってる&見覚え有る役者ばっかだった分こっちかなぁ。

ただ、ガンガンなライトや金田一・署長・神主の想像以上な老けっぷりに
目が慣れるまでは多少きつかったが。七個や深キョンは思ったより気にならず。
最後の松子・佐清対面の場で、顔そっくりの母子の抱擁が特にツボかな。

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:23:32 ID:EZZlzq7I
どうせなら前作のキャストそのままでやればいいのに
みんな生きてるでしょ?

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:24:25 ID:g6oOEE34
非嫡出子からの怒りの声
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cgymb048/view/200610


26 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:25:50 ID:Lh7PsAG9
>>22
佐兵衛視点で座りの悪さを感じる人が出てくるのは
わからなくはないけど、
自分はそっちの角度からも面白いと思ってるよ。
「カタルシス」を感じたといってもいい。暗黒小説・ノワールの感覚?
さらに、この部分にはディクソン・カーっぽいスーパーナチュラルな味付けも感じられて、
カー好きだった横溝正史の映画にはぴったりって感覚もある。

もっとも、そっち方面だけでなく、横溝ファン、金田一ファンとして、
トリックとストーリーの料理の仕方、金田一のポジション・ストーリーへの介入の仕方等々に
「カタルシス」を感じてるっていうのもあるけどね。

といっても、新作はまだ見ておらず、旧作のみ知っている現時点での感想。

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:26:16 ID:DSWRlgrH
観て来た。
なんか、ぬる〜い出来だな。富司純子は長女としての威厳も迫力もない。
改めて高峰って凄いんだなと思った。萬田も滑舌は悪いし、あんなに
大根だったかな〜・・。全体的に、みんな演技(喋り)が下手だな〜
という印象で、特に、「〜したのです」がきちんと言えてない。
演出が悪いのか?唯一石坂だけは、変な意味で妙にプロっぽい喋りで、
なんか浮いてたし。松嶋も全然魅力的に描かれてない。
ライトの当て方も二時間ドラマのように不自然だし・・市川さん、もう
駄目だな。


28 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:31:03 ID:Lh7PsAG9
>>25
それ書いてる人、非嫡出子なの?<非嫡出子からの怒りの声
どちらにせよ、「見る者をして、非嫡出子に対する偏見、蔑視、差別意識を抱かせる」
なんて、でたらめにもほどがある。
あんまり頭はよくない人みたいだね、その人。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:31:42 ID:I6vuyAAI
悪いヤツといいヤツ、の言い方で年を感じたね。等々力くん。

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:35:41 ID:TmYMDZS0
>>23の続きなんだが。

実は、稲垣版が結構原作に忠実だったりしてることに気づいた。

ヨキケス                  ・・・今× 前× 連? 稲○
今琴糸が                 ・・・今× 前× 連× 稲○
佐智の縄の痕と落ちてたボタン   ・・・今× 前× 連× 稲○
松子の遺言(小夜子の子に関して)・・・今× 前× 連○? 稲○

みたいに、結構肝心なとこをスルーしてなかったり。
ま、琴の師匠=菊乃はなぜかいつもスルーだが。





31 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:38:53 ID:3gxStr1d
>>25
これはひどい。犯人の動機も理解していなければ、ミステリの道具立てとしてのマスクを差別の手段とか。偏見で書いてるだろこの人。

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:40:44 ID:mlV67crk
稲垣シリーズはかなりの横溝オタクが作ってるよ。
そこが弱点でもあるんだけど。


33 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:44:38 ID:ZG4Py9X7
初カキコの者です。今日見てきたんですが、金田一大活躍の映画と思いきや、そういう作りではないんですね。これは嫌味ではなく。金田一が謎をといた、というより自然に話が展開した印象を持ちました。

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:45:00 ID:BWGj3EdX
演歌好きの爺さんに「この曲最高だろ〜」って薦められたような
気持ちになる映画

昔は昔、今は今
軍服着てるの違和感ありすぎ、演技下手すぎ

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:48:03 ID:qrNp8kLC
「お前達を呪ってやる」とまで言った女が何食わぬ顔で琴を教えてるってやっぱり無理があるんじゃない?

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:48:15 ID:Lh7PsAG9
>>33
旧作のときから監督が言ってるし、この板でも散々書かれてるけど、
金田一は「天使」なんですよね
悪く言えば、最後まで役立たずの傍観者。

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:48:26 ID:Cw1+iFI7
前作はテレビ放映で50%近い視聴率取ってなかった?

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:50:13 ID:0m4BeK/c
犬神家ではなかったかもだが稲垣版のドラマであったやりとり
「田舎の葬式なんて退屈でしょう」
「いや、そんなことないですよ楽しんでますよ」
ああ金田一ってわりとするっとそういうこと言いそう
今回の映画でも「いやー若林さんが死んじゃって経費とかどうしようと思っていたんですよ〜」と
助手死にたての古館弁護士の前であんたそんな爽やかにw

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:52:22 ID:Lh7PsAG9
>>25
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166451111/

なんだよ、ひょっとして君、ヤフーに書いた本人だったのか?
ものすごい勘違いしてると思うぞ。

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:54:12 ID:Dx0Ody0V
晴世の遠縁の青沼菊乃が晴世に面影が似てたとすれば、佐兵衛の愛はちょと純情で哀しいな。

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:58:57 ID:VtjnbHFK
リハーサル無しでワンカットづつ撮っていく、、、
って手法は、前作も同じだったのかな?

やっぱりリハーサルはした方が良いんじゃねーの?

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:02:35 ID:igmoI4si
>>25
こういう差別と関係ないところに無理矢理因縁つけて、
差別差別と騒ぐから差別って無くならないんだと思います。
スケキヨにマスクを被らせたのは不憫に思った母親の愛情に他ならない。
珠代だって不摘出子に関わらず全財産を譲られます。
静馬にも条件付きながら相続権が与えられています。
条件付きなのは他の孫たちも一緒。
差別されているという前提ありきの曲解は屈折した被害妄想、
被害者と思いたい自己満足を満たすための僻みでしかないと思います。


43 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:03:23 ID:+RjvJnzf
野々宮とさへえの関係がイマイチ分からんのだが・・・
恩人ってどういうことですか?
ホモ関係ってのは分かってるんですが・・・

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:06:09 ID:316v0Paa
>>41
硫黄島のクリントもリハーサルはほとんど無しでいきなり本番なんだけどな。

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:07:25 ID:igmoI4si
>>43
さへえの命の恩人。
神社の床下で浮浪者のごとく生きていたところを助けられ、
会社を興すときも助けてくれた

だったと思う。

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:08:30 ID:8Gl9tcAE
>>43
行き倒れで餓死寸前のところを拾ってもらって
学校行かせてもらって就職させてもらって
会社立ち上げる資金までもらった恩人。


47 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:11:00 ID:hsJSwgBU
すべて松嶋と深田が悪い、 

と書いておけば間違いない。見てないけど。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:11:54 ID:nunZEEhH
>>39
あまりにも頓珍漢な主張なんで、
なんとなく出直せとコメントつけてきました^^;


49 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:16:19 ID:nunZEEhH
>>48
まちがえた。>>25

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:20:04 ID:xLHlgoC4
>>46
しかも会社が大発展すると出資金をあえて貸付金として返してもらい
それ以上何一つ権利を主張しなかったという生き仏みたいな人(神主だけど)。
本来だったら珠世は犬神製薬(原作は製糸)の大株主だったのである。


51 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:20:23 ID:igmoI4si
>>47
深田は同意。
松嶋はにちゃんで言われるほど悪くない。しょせん棒立ちでもいい役。
松嶋より万田の金切り声の方が痛かった。
コメディ担当であるべき役なのに全然それができてない。
これは深田もしかり。

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:32:11 ID:iemgRtkN
>>41
リハ無しという話はどこから?

スタンドインで照明を決めても本人とは顔かたちが違うんだから
本番前に少なくとも一度は本人で一通り芝居しないと照明の最終チェックができない。
それをせずに本番なんて特にこの監督ではありえない。

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:34:06 ID:bPmQmrtC

三木のり平さんのとぼけた店主が、オドロオドロしい話のなかの、癒しだった旧作。
いまはああいう俳優さんもいなくなったな。

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:35:40 ID:ccZ47IBo
>>42
不摘出子は関係ないにしても
佐兵衛が差別的な人間だったのは間違いないけどねw
無茶苦茶な遺言書で殺人を煽り、珠代以外の人間を一掃しようとした。
すべては佐兵衛の計算通りだったんだから。

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:43:23 ID:gw0jGLck
だいたい、>>25のいう「非嫡出子」て静馬のことなのか?
そもそも三人従兄弟だって非嫡出関係から出ているのだから
まったくその論法は意味をなさないな。
佐兵衛は差別、というより愛憎が激しすぎるだけだろ。
それを言うなら獄門島の嘉兵衛の方が。

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:44:59 ID:DqGTrhMR
>>53
この薄っぺらな配役をオールスターキャストと称する日本映画…オワットル
せめて岩下志麻だったらなぁー

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:46:17 ID:xLHlgoC4
なんか赤字っぽいから続編はないな。
コン・ファミリーには今度は老化したメンツに似合った喜劇をお願いします。
「サマジイ革命」とか「やっとかめ探偵団」とか。


58 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:47:55 ID:+RjvJnzf
>>46-47
細かくサンクス
そんな説明あったんだっけ・・・

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:48:22 ID:/dwizK+p
深田が子孫で殺人犯って裏のべたな展開がみたかった

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:52:08 ID:iB5JaJdg
昭和22年のド田舎の安ホテルの女中が、あの化粧と眉毛w
深田自身にとっては薄化粧なんだろうけど。

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:54:38 ID:DqGTrhMR
>>57
ギャラだけは高そうだね…

松 ・ 浅香光代
竹 ・ 野村佐知代
梅 ・ 浅利香津代

今回の配役なら↑この3人で充分だったな…

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:54:45 ID:iB5JaJdg
菊乃親子があそこまで犬神家を呪う理由が希薄。
自分の子供に火鉢を当てられた前回なら納得するけど。

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:56:25 ID:7ns0E5pI
日曜日に観てきたけど、
まぁ、色々言いたいことはあるけど、あのテーマ曲を映画館でリアルタイムに聴けて、
石坂金田一を新作として観れたってだけで、
もういいかも。
カーテンコールで さよなら の挨拶もしてくれたしね。
30年目の完結篇だよね。

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:58:48 ID:+m2N5D8d
シズマとスケキヨ…

しまったぁーーーー!!

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:28:00 ID:WkJmtjJZ
>>54
良く分からないのは、あんな遺言を残せば珠代がまず消されそうになるだろう、
というのはごく自然に思いつく事だと思われ、事実ボートに穴を空けられて溺死
させられそうになっている。時間的順序から言えば映画の中で最初の事件。
(この騒動の間に、ホテルを飛び出した金田一と会い損なった若林がJTの警告を
無視した喫煙の弊害により死亡している。第一の殺人。)

松子の最初の犯行という事になるが、いつか珠代はボートに乗るだろうという訳で
予め穴を空けておいたのか?若林毒タバコ殺害では、佐清を迎えに遠出している
というアリバイがあって、実はそのアリバイは珠代穴あきボート事件でも機能して
いることになる。ま、それはともかく猿蔵(すごい人名だ)が「命に替えても守る」と
いう結末まで佐兵衛は想定ずみだったのか?それでなくても遺言が公開されれば
珠代はもの凄く居心地悪い立場に置かれて精神的に苦痛を与えられるし、他にも
次々と試練というには酷い体験の連続に見舞われることになる。これも佐兵衛の
事前の筋書きの通りだったと言うのか?珠代がそれらを全て切り抜けられることまで
予想ずみだったのか?それにしても、酷すぎやしないか?佐兵衛さんよ。

それよりなにより、前スレで物語の時代設定の話が出たが、良く考えてみれば
昭和22年の5月3日に新憲法が施行され合わせて民法も大改正が施行されている。
いわゆる戦後民法とか現行民法という事で、親族・相続についての部分が特に変更
され戦前までの家督相続制度など民主的でない(こう認定されると某国から何を
されるか分からないマジックフレーズ)内容が改められた。

「遺言状の精神は一言一句…」「この遺言は完全に生きています!」…は、昔の話
であって、現行民法下なら、誰かが訴え出れば、内容が公序良俗違反(いよいよの時に
出て来る、個人の自由意志に対する制約の究極の正当化原理)としてまず間違いなく
無効になる筈のものだった。ただし相続法だけは実際には遅れて昭和23年の元旦から
施行されていて、まぁギリギリセーフっちゃあセーフなんだけど、いつの時点で遺言が
書かれたかによっては、そもそもコトの発端である遺言状自体が無効とされ、裁判で
民主的に解決されて一件落着、という可能性も多分にあった。

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:32:18 ID:9tC4Jn0o
>>61
そんな汚い松子はイヤだ。沙知代は柏屋の女房くらいの台詞の少ない役ならまだ良いかも

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:36:35 ID:KaeN1nkC
まさに嫌われ松子

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:41:17 ID:QUtgQZ+z
>>65
相続法(編)プロパーの法理として、「無効」というのでなければ
一般条項の「公序良俗」で「まず間違いなく」は、
いくらなんでもオオナタ、この映画に即して言えば「大斧」すぎないかな?


69 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:43:07 ID:+m2N5D8d
これって昔の角川映画の時とオチは同じなんでしょ?

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:52:43 ID:FC2ERvWv
カリオストロの一族?

71 :65:2006/12/19(火) 01:53:59 ID:WkJmtjJZ
>>68
オオヨキすぎた。 でも言いたい事は分かってくれるでしょw

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:57:42 ID:QV5srSjz
興行通信社調べ

1.硫黄島からの手紙
2.劇場版どうぶつの森
3.エラゴン遺志を継ぐ者
4.武士の一分
5.ブリーチ
6.ライアン
7.NANA2
8.犬神家の一族
9.007
10.デスノート

73 :名無シネマ@上映中 :2006/12/19(火) 02:09:47 ID:DCHnlvX5
あー今日のトークショーで 次はありますか?って質問に
「今回のが当たれば・・もしかしたらって可能性はあるかも」みたいな事言ってたのになあ。

あ、でも「悪魔の手毬唄」と「獄門島」はやりたくないってww

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:11:28 ID:6/ixVJ77
関係ないが稲垣金田一は今度悪魔が来たりて笛を吹くをやるようだね。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:23:00 ID:du9EDyuB
興行の数字に一喜一憂するのは一瀬やスポンサーに任せて、映画ファン的には中身をわいわいだべろうぜ!

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:40:40 ID:oOtncXHS
>>25をブログを読んだ人のコメント含め、読んでみた…
だいたいコメントに書かれてるから、アレなんだけど…
この映画の(小説も観たらしいけど…)何処を観てるんだろう?
パロディーや、好き嫌いが別れる『つのだじろう先生の超脚色もの漫画』でもあるまいし…

それとも、このブロガー自体や身内…もしくは知り合いが『この手の差別に遭っている為、普段から非常に過敏になっている』んじゃ…
と邪推されても仕方ないよ…
それとも、単純に『基地外じゃ仕方がないw』なのかな?

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:38:54 ID:cVYsAxTj
昔と同じだからダメって言ってる人多いけど、
30年前と同じだからって「同じだぁ〜」って突っ込める人って
もうマーケットとしてはメインターゲットになってない気がするんだけど
「昔のもリアルタイムで見たぞ!」っていう自己主張と、そちらを上だと格付けすることで
得られる自己満足以外に何があるのかなと。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:57:19 ID:CBRdDUzY
>>77
確かにそうかも。
だから興行的にはコテても仕方ないとも言えるが。

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:58:53 ID:8kwy876y
>>62
火鉢じゃないぞ。
火箸だ。
 
静馬に火鉢投げつける三姉妹想像しちまったじゃないかw

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 05:02:50 ID:ccZ47IBo
>>55
うーん、愛憎が激しすぎるというよりエゴイストだね。
佐兵衛にとって妾達は性欲の捌け口のためのペットにすぎず
彼女達を最初から人間として見てなかった。その娘達も。
すんごい差別的だと思うよ。菊乃リンチの発端もそこにあるわけで。
ただ、佐兵衛と松竹梅は類友。愛するものしか目に入らない
ひいては自分がなにより一番大切っていう人種。

>>65
>良く分からないのは、あんな遺言を残せば珠代がまず消されそうになるだろう、
>というのはごく自然に思いつく事だと思われ、
だから命に替えても珠世を守るよう、猿蔵に命じたんじゃないの。
実の孫だとどこからバレるかしれないし、遺言書があろうとなかろうと
いつ命を狙われてもおかしくない環境に珠世はいたんだと。
まぁ、この遺言で珠世にどれだけ迷惑がかかるとか、佐兵衛はお構いなしだよね。
他のヤツに財産を渡してなるかと己のエゴが優先してるだけだから。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 05:24:55 ID:ZbBcsRy+
珠世と佐清は相思相愛の仲だと佐兵衞は気付いていたのだろうか?結果的に財産は佐清にも行く事になるんだけど。自分が一番忌み嫌っていた三姉妹の子供に行く事に…。

原作では佐兵衞は気付いていたように書かれていたけど、映画では説明無し。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 06:40:02 ID:yohdbmIo
原作とちがっちゃうだろ
そもそも原作(小説)が存在するのに犯人変えろとか
無茶苦茶すぎ

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:09:55 ID:4Px08mZu
二人の仲に気付いてなければあんな遺言にはならないよ。忌み嫌う三姉妹の息子では
あるけれど、珠世の愛してる人だから目を瞑ってるんだろう。人柄も従兄弟達の中では
一番まともだし。

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:07:56 ID:yyqlK0NT
>>65
だから、珠世を殺せば、より三姉妹が憎んでいる静馬に莫大な財産が行くようにしてあった。
三姉妹にしたら、珠世は憎いが静馬はもっと憎い。珠世を殺せば静馬に財産が〜という」ジレンマ。
絶対に珠世を殺せないよう、三姉妹の性格を知る佐兵衛が練りに練って作った遺言になっている。

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:12:01 ID:zwy5Tyvk
しかしこれ
考えもなしに 子供作ってた
佐兵衞が一番悪いよな

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:12:11 ID:seeIu03a
静馬については佐兵衛はどういう感情を持ってたんだろうね…
唯一心底愛した菊乃の息子だからね〜
あんな最期を迎えさせる事は佐兵衛の本意じゃなかったと思うが。


87 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:06:48 ID:4Px08mZu
一旦珠世・佐清に遺産を渡した後、あの二人なら何かしらの方策で
竹梅家族や静馬に財産贈与する事も織り込み済みなんだと思うんだよね。

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:20:23 ID:seeIu03a
確か原作じゃ「静馬のジレンマ」章で、静馬が犬神家の財産乗っ取りを躊躇するってエピソードがあったんだよね。オリジナルでも新作でもそこには触れてない。静馬の人物像に陰影をもっと持たせる重要箇所だったんだが…
佐兵衛にとっては 珠世以外は静馬佐清も含め単なる駒に過ぎなかったのかなぁ?

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:38:20 ID:uqyja30y
なんつうか
予告編見るんじゃなかった

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:42:14 ID:yQYkByaX
>>77
昔のものは観てなくてもタイトルは多くの人が聞いたことあるわけで、
石坂、富司、松坂、仲代、、、とあったらリバイバル上映かと思うよ。
おっと思わせるのは後ろのほうに小さく深田があるくらい。

キャスト大きく若返りさせて新鮮味を出せば、内容は全く同じでOKだけど。
タイトルを「新・犬神家の一族」にしたほうが一般受けはよさそう。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:26:15 ID:pCyq/03B
昨日、ヘイちゃんと一瀬Pのトークショーに行ってきた。
ヘイちゃんは相変わらず饒舌だった。
基本的には、プログラムや「金田一です」に書かれていた
ことを中心に語っていた。
面白かったのは、市川監督から「昭和22年頃の日本人は
現代人よりもっとゆっくり喋っていた。ゆっくり喋りながらも
感情の高ぶりはしっかり表現するように」と指示されていた
ということ。
大広間での遺言状開封のシーンはあそこだけで1週間か
けて撮影していたということなど。
客席からの質問で「続編は?」との問いに「まず犬神家が
ヒットしなくちゃねぇ」と苦笑混じりに言っていたので、イマイチ
の出足と言うことをヘイちゃんたちも知っているのかも。
そして「悪魔の手毬唄はやりたくないんだよね。自転車に
乗らなきゃいけないから、獄門島もねぇ・・・ターザンやりたく
ないからなぁ・・・病院坂はやってもいいんだけど、あれは
未だに筋が良くわからないんだよなぁ」と笑わせていた。

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:53:02 ID:dPtmTePh
それにしても、初動予想外の不振(2ちゃん的にはもう「大コケ」認定(芸スポ+板等))で、
これは松嶋菜々子ちょっとした(いや相当の?)ピンチだね。
絶対固いはずのこの作品でそこそこの結果残して、来年公開予定の「眉山」も成功させて、
「連ドラの視聴率女王」からいよいよ正真正銘のナショナルトップスター(大げさに言えば
ポスト吉永小百合的位置取り)を狙っていたはずなのに、おおきく目算がはずれてしまった。

これで「眉山」もコケたら、松嶋菜々子、トップスターどころか、主役女優としてのキャリアは
もう終わりだね。
今頃気が気じゃないだろうね...

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:00:33 ID:QgEA2H7Z
>>92
スレ違い

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:07:23 ID:yyqlK0NT
松嶋奈々子がポスト吉永小百合って・・・あまりにも吉永小百合に失礼だろ。

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:09:58 ID:2ywx9yZJ
つか結局犯人は誰なん?

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:15:07 ID:uigjBa/Y
ハァ?
あんなスタイルも声も悪いババァ、似非文化人気取りサヨのどこがいいんだ?
ポスト小百合という冠が気にいらないのは同じだが、理由が違うわい!

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:24:01 ID:qJvSj37R
上映前の予告編集で、スケキヨのおねいさんがアンアン喘いでいて噴いたw
どうせならタマヨ役もお願いすりゃー、よかったのに。
サヘエ役はキクゴロウで。前売券を買うと、特製手拭がついてくる!

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:24:54 ID:AD7TYs8K
>>95
三谷。
自分で言ってたから間違いないぞ。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:34:50 ID:asMU4TdZ
昔の人間は必ず、今を否定したがるからな。 吉永がそれほど神なのか?
90年だいはアホみたいに主演映画出したが総コケだろ。

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:41:44 ID:IF7oGXX4
>>52
パンフレットの富司純子のインタビューだったかな?

カメラリハーサルだけでは、役者が映画全体で、
どこを流して、どこにクライマックスを持って行くかなど、
自分と周りの役者の演技のバランスを構築しにくいだろ?
黒澤明みたいに役者が披露するほどやり過ぎるのはアレだけど、
「全て監督にお任せ」じゃ、人形劇の記念撮影と同じじゃん?

この豪華キャストじゃスケジュール調整が無理か…orz

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:46:58 ID:kws8VEHL
キクゴロウが佐兵衛の立場だったら、財産のだいたいを
元気なうちに吉原やら銀座で使って、余分な問題を残さないだろな。
孫には「自分で稼げ」くらいの遺言を残しそうだ。w
タマヨがおねいさんで、スケキヨがソメゴローなら年齢的にあうのにな。w

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:47:02 ID:sZM+IsS2
興行面で言えば、秋の興行か、新春第一弾で公開するべきだったと思う…
確かに、一般客にアピール出来る題材でも無いし、集客出来る映画では無いけど、ファンにはたまらない映画! ラストで泣いちゃいました…
(ToT)

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:47:53 ID:IF7oGXX4
披露×
疲労〇

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:09:53 ID:igmoI4si
>>102
もともと来年新春公開予定だったしな。
その時点では狙いは間違ってなかったってことだ。
正月興行としては力不足かもしれないが、
一部の人がとにかく観れてよかったと言ってるように、
これだけ華々しく文字通り晩年の大作を見届けさせてもらって漏れも嬉しい。
世間的にはコケたとしても、
一瀬Pも単なる銭ゲバプロデューサーじゃなく、
永遠の映画青年であったってことで、
認める人は認めるんじゃないかな。


105 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:30:43 ID:R5zTbWRE
オリジナル未見のオレが今から観ますよ。
それにしてもガラガラだ…。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:34:15 ID:m65XS0K6
劇場内では携帯はお切りください

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:52:57 ID:ZbBcsRy+
今、原作読んでます。
映像作品より面白い。

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:55:01 ID:pCyq/03B
>>107
後半でずっこけるぞ。
なんかドタバタした展開になるんで。
映画の情緒的な雰囲気は全くなし。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:00:53 ID:23H4m1sH
>>104
確かに単なる銭ゲバなら、主題歌タイアップを受け入れさせたり
本編時間の短縮を迫ったりしただろうから
一瀬にも映画青年としての良心が少しはあったんだろう

だから一瀬的にはヒットするしないということよりも
敬愛する市川監督、恩人・石坂浩二の作品を自分で手がけられたってことの
喜びで満足なのだろう

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:24:58 ID:iB5JaJdg
市川崑って、病院坂があまりにも駄作で「もう、このシリーズは
撮らない」って言ってなかったっけ?
その通りにすれば良かったのに。

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:31:48 ID:pPAD6NjH
m@sterさんのレビューで、もう見た気分になってしまった。

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:36:20 ID:ZbBcsRy+
原作に尾上菊五郎の名前が出てきた。斧琴菊って尾上家の言葉だったんだね。
その関係での富司・菊之助のキャスティングだったのかな?

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:47:31 ID:23H4m1sH
>>112
監督的には、その縁(横溝正史@歌舞伎大好き=原作に登場する音羽屋の紋章=現継承者の菊之助)
にはこだわってた

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:00:40 ID:ZbBcsRy+
>>113 即答ありがとう。


115 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:19:56 ID:iVREfhcb
松嶋ナナコって女優っぽくなった。
昔は伊東美咲とかエビちゃんクラスの女優だったのに。

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:38:50 ID:oev4D4dA
松嶋&深田よりも、今回ので一番残念だったのが、
終盤の「佐清に…佐清に会わせてください」だな。
全編通して前作とは比較しないようにしながら見てたんだけど、
冨司さんの「会わせてくださあぁ〜い」&残響には腰抜けそうになった。
あのシーンを見て、高峰さんの演技の重厚さに気付かされたよ。
母の哀切な想いがあの台詞まわしひとつで表現されていたんだな。

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:41:21 ID:UpKUy/NM
演歌みたいにジワジワ伸びてくるタイプの映画でしょこれはw

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:56:50 ID:pCyq/03B
>>116
逆に自分は、富司松子の弱々しい「会わせて下さ〜い」
に、それまで虚勢を張っていた松子の母としての弱さ、
想いが感じられて良かったと思ったんだがね。
感じ方は人それぞれだねぇ。

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:02:19 ID:ccZ47IBo
>>81
つまり、佐兵衞は珠世と佐清をなんとしても引き裂きたかったのでは。
静馬に2/5が譲渡されるとあれば、周りが2人の結婚を阻止しょうとするはずで
命を狙われるとしたら佐清だよね。
そしたら松子も黙ってないし、三姉妹で血みどろの抗争になる。
それこそが佐兵衞の真の目的だったのでは。
もし2人を祝福するつもりだったら、佐兵衞も普通の遺言を書いたと思われ。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:11:15 ID:23H4m1sH
高峰三枝子を絶賛するレスが多いが、、、
この頃の高峰は「おっとりしてるが演技はぱっとしない」と不遇の時期だったんだよなw

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:18:05 ID:igmoI4si
前作がオリジナルとしての完成度が高いから劣化コピー扱いされてるけど、
30年もすれば今作だって古臭く見えて、「昭和版、平成版どちらも甲乙つけがたい」ってことになりそうw

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:28:16 ID:4Px08mZu
三人の従兄弟から配偶者を選べ=佐清と結婚しなさい
以外に読み取れないわ、わたしゃ。

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:34:29 ID:xLHlgoC4
>>110
病院坂は傑作だよ。
あのだららだらした原作を(何せ連載が途中で予定の3倍に伸びちゃった)突き放した脚色で
ラストの2場面なんか実に見事。
>>121
名作は劣化しないよ。凡作は5年前の映画でも古臭い。


124 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:38:36 ID:ZbBcsRy+
原作だと菊人形の似顔からも佐兵衞は佐清と珠世の結婚を望んでいたらしいことが分かるね。


125 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:57:24 ID:ZbBcsRy+
なぁんか、珠世ってけっこう狡猾なところがある。清純無垢なのは体だけじゃん。
やっぱり菜々子でイメージピッタリだわ。リングでも親を殺すし。

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:02:39 ID:68taICMH
>>123
でも、キャスティングが悪かった。
前4作の役者のよせ集めだったし、桜田の間延びした演技。
佐久間と草刈だけはよかったが。

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:02:11 ID:pCyq/03B
松坂慶子が今回良かった。
狂気のように布団を跳ね上げるところや、呆然と寿司を
むさぼり食うところなんか、三條美紀を超えていた気がする。


128 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:02:45 ID:FpKxkxQE
菜々子って確か、市川巨匠のご指名で出演したんだよね?

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:08:34 ID:pCyq/03B
>>128
違う。一瀬プロデューサーのご指名。


130 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:31:52 ID:/bEuIwoc
病院坂の桜田淳子、自分は大好きです。

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:41:19 ID:pQUKcXnE
奥菜ふっとびはかっこよこったな。
佐智見つけた時、アガガ…じゃなくて普通にキャーだったのは残念だけど。

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:42:42 ID:LoCWgKN0
病院坂に関してはグダグダの原作より映画のが断然いいと思うぞ

原作だとたしか
ユカリの死因はSMプレイの果てに殺しちゃった
だぜ

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:54:14 ID:vzcpjwz3
きょう見てきた。
芸術座や明治座の商業演劇に通じるベタな心地良さがあって悪くなかったよ。
なにも新しいものは生み出さないけど見ている間はそれなりに安心して楽しめるって
感じだった。
見る前はちょっと不安だった深田も雰囲気になじんでたし、坂口より潔癖なおはる像
って感じで意外と新鮮だったな。

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:09:18 ID:pPAD6NjH
桜田淳子、自分も良かったなあ。草刈も良かった。
病院坂は5作中、いちばん好きだ。
あれこそ脚色というものの面白さを最も味わえる作品だと思う。
いつも思っているのだが、
「傑作映画は駄作の原作から生まれる」。


135 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:13:09 ID:NvHxllw7
病院坂は原作のほうが好きだな

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:18:37 ID:QUtgQZ+z
病院坂の原作のは、あの長さがいいんだよ。
この人物はのちのちどうなった、とか、
大昔の未解決事件が数年たって解決される、とか。
大河ものの魅力。

映画のズンコは、確かによかったけどね。
ほかはちょっと。

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:56:02 ID:GSI70RN+
前作上映時、ガキんちょだった俺は映画館のポスター(湖から脚にょっきり)を見て結構なトラウマ食らった。
今回のTVCMでもあのシーンがかなり流れてたけど、今のガキんちょたちの反応はどうなんだろう?

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:58:39 ID:YCPrrcyA
スケキヨくんゲームで満足

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:15:10 ID:cz6DIC+1
今日の朝日新聞の批評で、女優陣の芸達者ぶりが褒められていた。
しかし、実名を挙げられたその女優陣の中に、松嶋は入っていなかった。

確かにあの能面棒読み演技じゃね。。。。w

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:19:01 ID:YYXYR+G9
病院坂は特に原作と全く違う話だったな。
弥生と小雪の関係に驚き。

やはり俺も映画の方がいい。

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:25:21 ID:6/ixVJ77
五十嵐猛蔵のような趣味の奴は実際にいたらしい。

http://img221.auctions.yahoo.co.jp/users/9/8/5/0/izunobakatono-img600x450-1154788715233833img2.jpg
http://www.geocities.jp/izunobakatono/20060803-31-02.jpg

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:26:27 ID:EVc0tbqD
>>139
映画批評の中で女優の実名を挙げるとは変な新聞だな。
普通なら芸名を挙げるものだが。

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:28:15 ID:YYXYR+G9
そういえば「猛蔵」も原作では「たけぞう」映画では「もうぞう」だった。
やはり、「もうぞう」の方がそれっぽいからだろうか。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:20:08 ID:sZM+IsS2
今回のラストの一本道ってどこなの?


145 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:24:20 ID:gtiESbtm
>>27
>ライトの当て方も二時間ドラマのように不自然だし

二時間ドラマのライトの当て方って教えてくれ

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:28:27 ID:gtiESbtm
連続でゴメンね

オープニングのテーマ曲がアレンジされていた
事についてはみんな納得しているの?

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:28:29 ID:wY7AhXOl
>>143
あ、やっぱりそうか。
こないだ映画見て「あれ?たけぞうじゃなかったっけ?」と思ったんだよ。
筋を短くまとめる以上の改変が色々あったな。
ラストは美しいけど(でも、原作の「蛆虫」もあれはあれで好き)

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:40:24 ID:oA2faQDW
祟りじゃー!浅野ゆう子さまの祟りじゃ!浅野ゆう子さまをキャスティング
から外したから大コケしたのじゃ!

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:58:54 ID:ZbBcsRy+
今、原作読み終わった。
松子の佐清に対する愛情は確かに映画の方がいいね!
でも、原作も小夜子の子供にも財産を分けてって頼むところは凄くいいよ!映画でもやって欲しかったなぁ。


150 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:01:42 ID:yVKTG1Lt
三姉妹に虐待されたあげく失明し、息子まで殺された青沼菊乃が不憫すぎる。
彼女にも財産を分けて欲しかった。

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:09:12 ID:Vht/ZoSo
昨日番宣見たけどぶっとびーんな奥菜恵の役どころが気になる
・・・死なないよね?

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:09:19 ID:ZbBcsRy+
>>150 言われてみれば確かに…。

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:09:50 ID:KnXiBTEn
この作品の興行成績を簡単に言えば、3月に公開された北斗の拳並だな。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:13:22 ID:8Gl9tcAE
>>153
下手すると724レベル

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:14:25 ID:ZbBcsRy+
連投ごめんなさい。
原作の金田一読むと、話し方とか、へーちゃんより古谷一行のイメージになっちゃうな…。昔からそうなんだよなぁ。
でも一番好きなのはやっぱりへーちゃん。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:24:08 ID:6/ixVJ77
一番原作と違うのは等々力警部。

なぜか毎回金田一と初対面。

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:44:36 ID:ZbBcsRy+
もう興業収入云々言うのはヤメテよぉ。
好きな映画なのに悲しくなる…。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:46:13 ID:fvRPhmPC
平成18年現在 犬神製薬・創業125年
犬神佐清・87歳
珠世・84歳
遺言状はきちんと書いてるんだろうか?
小夜子の子供とはうまくやってるんだろうか?


159 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:54:52 ID:GTcjD16Z
犬神コケちゃったんだ
コケるとしても少し伸びなかったとか
その程度かと思ったのに

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:02:07 ID:yVKTG1Lt
横溝マニアの俺が行かないくらいだから。
せめて脚本が違うんなら興味あったんだけどなぁ。

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:06:45 ID:QV5srSjz
犬神家って2年前に稲垣版のSPドラマでやってたからね
なんでまた映画にしたのかわからない
見たいけどビデオ化およびテレビで放映するまで待つって人が多いと思うよ

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:10:01 ID:/NiCWnz8
つか30年前のフィルムが残ってるんだったら、
ディレクターズカット版でリバイバル上映したほうがよかったんじゃね?

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:15:05 ID:ZbBcsRy+
一瀬も「ハリウッドを撃て」でなかなかご立派な事をのたまって
いらっしゃたのに、残念な結果になりましたね。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:22:14 ID:s9kVPfyI
>>131
正確には「うぐぁぐぅぐぁ・・」みたいな感じな。
あのビビリ方はリアリティーあって気持ち悪かった
実際予想もしない状況で殺害死体と目が合っちゃったら
腹から息を吐く呼吸の「キャー!」はないだろうな
探検隊長の妹、GJ

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:38:53 ID:tdkkxPy+
そーそー人間ってホントに驚いた時にはこんな感じなんだって妙に感心したんだけど
予告を見て普通にキャーだったんでこりゃだめだなと。

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:59:16 ID:vC6tudhb
前作と比較しながらみてきました。
前作のほうが今作より○でしたね。藤純子がいちばんよかったかな。
それでも。
ただし、高峰三枝子はもっとよかった、上流階級の出だから育ちのよさの風格と気品があった。
三条美紀と松坂慶子は引き分け、美人だから。万田久子は脇役女優に過ぎないねぇ。
草笛光子も岸田今日子のカリスマ性がなかったねぇ。
松嶋菜々子は子供産んだからそのママ感性がでててダメだったね。
深田恭子が逆に演じるほうが案外新鮮だったかもよ。奥菜恵と対照的だから、深キョン。
三谷さんもいらなかったねぇ。
木久蔵も三木のり平を超えられないし。仲代も三国の不気味さが足りなかった。
加藤武は前作がよかったね、滑舌が当然。中村敦夫も小沢栄太郎に惨敗。
石坂浩二と大滝秀治くらいかな、、前作よりよかったのは、年齢が合って。
三姉妹の不気味な白化粧も原泉も前作の勝ち。
島田陽子も松嶋菜々子よりよかったし。あおい輝彦しかり。


167 :65:2006/12/20(水) 00:11:24 ID:TMgwcYUV
>>80
> 遺言書があろうとなかろうと
> いつ命を狙われてもおかしくない環境に珠世はいたんだと。
>>84
> 三姉妹にしたら、珠世を殺せば静馬に財産が〜という」ジレンマ。
> 絶対に珠世を殺せないよう、三姉妹の性格を知る佐兵衛が

遅レスすまそ。レスありがとう。成る程そう言われると説得力あると感じられる。
ちょっと他には考えつけなかった最後の一策という感じで、あえて遺言でがんじがらめにして
捨て身の戦法(て言うか佐兵衛の業のせいで珠代が捨て身にさせられている訳だが)に出た
というような感じなのかな…。

>>146
> オープニングのテーマ曲がアレンジされていた
> 事についてはみんな納得しているの?

してない!! 「御臨終です…」→暗転→極太明朝!!をある意味一番楽しみにしてたのに…
あの独特の弦の音(ダルシマー)のテーマも、もっと突き刺さるようなインパクトの音圧で
来て欲しかった…

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:13:51 ID:rmjFJqDB
>>166
大滝秀治もだけど、石坂浩二の年齢は何に合っていたのだろうか?


169 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:30:17 ID:oaCucGXJ
>>168
>>166のイメージに」以外に何が考えられよう?

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:45:18 ID:egH13chj
>>66
遅レスだが…
浅香は舞台の人だけど演技力はあるよ。
ちょっとイメージは違うけど、ドスのきいた重みのある演技には期待が持てる。
元来お嬢さん風味な富司よりはいいと思うが。
本音のところは、京マチ子といきたいところだけど、
もう80の坂を越えてるだろうから、さすがに無理だったろう。
あと5年早ければねぇ…

>>120
元々地味なほうだから。
今みたいに華やかさだけがウリで中身の伴わない俳優陣とは比較にならんのですよ。
たしか犬神家だけでしょ?賞をとったのは。

>>166
富司としては良かったほうだと思うけどね。
高峰と比べるほうが酷といえばそれまでか…
そもそも富司には合わない役柄だと思うし。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:50:45 ID:DOXj5S6O
>>85

>しかしこれ
>考えもなしに 子供作ってた
>佐兵衞が一番悪いよな

いいや、ちゃんと「松」「竹」「梅」と三人で打ち止めになるよう計画していたぞ。


172 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:55:12 ID:NpVekeh8
>>171
いやいや、この後、「菊子」「正子」「宗子」「賀子」「茂子」「之子」「鶴子」…と続く予定だったのだ

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:07:20 ID:PjG69Rzd
モー娘ブームで邦楽が崩壊したように
若手女優ブームで邦画崩壊

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:19:45 ID:sjojMbcO
普通人からみたら愉しい内容の映画じゃないわなー



ヒットは難しいよ

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:21:17 ID:yhso+Z6u
現在、金田一耕助と明智小五郎を両方演じている俳優は稲垣吾郎と小野寺昭だけらしい。

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:52:42 ID:65uYbcQo
>>96個人の好き嫌いで騒ぐのは自由だが…
好き嫌い以前に
明らかに格が違いすぎ
比べられるだけ光栄なくらい
アンチ松嶋などと勘違いしない様にね…
リングの松嶋さんも好きだし、割と否定される『火垂るの墓』も嫌いじゃないし…

ただ、松嶋さんに限らず、最近は俳優も芸人さんも含め…
中堅〜若手辺りのタレントさんは、良い意味でも悪い意味でもオーラが無いから、この映画みたいなジャンルでは確かに見劣りしてしまうかもね…

テレビドラマの延長路線か、オムニバスとか…オリジナル企画ものならハマるかもしれないけれど…

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:55:48 ID:rmjFJqDB
>>175
だからこの二人はダメだともいえるが・・・
由利先生、ポワロ、D・レーンを演じている石坂浩二も何でもアリな感じだが。
しかも一番イメージ合っているE・クイーン(探偵のほうの)はなぜかやってないし。



178 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:58:07 ID:D0whDTea
>>173
オニャン子ブームで一度崩壊してるよ。
その後のバンドブームでなんとか立ち直ったが。

179 :あか:2006/12/20(水) 02:36:48 ID:r86eX28Q
hq‐ exclusive use.

180 :スケキヨMK2:2006/12/20(水) 02:49:12 ID:r86eX28Q
今さっき観てきたよ
サヘイヨのくだりが省略されててオドロオドロシサはやや薄れて残念だったけどエンディング泣けたぁ自分に石坂金田一が「今迄好きでいてくれてありがとう」って言ってる気がして…それとあの音楽が流れた時は感動?懐かしさ?とにかく不思議な感覚だったよ
だってこの時代にこれが観れるなんて思わなかったし さ…後松嶋菜々子が思ったより良かった
それと前作を超えたと感じたのはスケキヨの母親役の富司純子!名演技で屈折した形ではあるが母親の感情などは今作品MVPではないだろうかぁ?個人的には猿蔵はオリジナルを使って欲しかった
何処にいんだ?あのオリ猿

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:24:54 ID:sEPkg76j
藤の演技は俺もいいと思った

高峰のどっしりした感じに対して、ピリピリした松子だったから
それぞれありだろ

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:07:32 ID:heqF+e06
人物造形が前回と違うね
高峯の松子と同じ松子を演じようとしてるわけじゃないので
今回の松子は、これはこれで完成度が高いと思った
あと、今回は親子愛が前より強く表現されてるから
スケキヨが実の息子というのも上手く効果になったと思う。
自分にとっては今回の松子母子は収穫

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:10:35 ID:l8ye7Axp
さっきフジで笠井アナが仮面かぶりながら
かずまだ〜かずまだ〜って叫んでたけど問題ないのかな?

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 05:15:44 ID:oxiuHCrP ?2BP(22)
>183
もはや犯人はヤスくらいに知られたネタバレだからなぁ。

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 07:35:55 ID:ekxVRTVw
>>183
うp

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:11:53 ID:NtiqaYaa
             「\
             〉 >         /7
            / /         〈 <
           /  |           |  |
          /  /            /  /
          〈  <         /  /
          \ `\       |  |
            \   \      /  /
             \   \  /  /
               ヽ    ヽ/   /   犬神家ってレベルじゃねーぞ!
             __|    ´   /__
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


187 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:51:48 ID:9TKpKXrq
やはり、前作の坂口良子のおはるはすごかったね。
深恭のあの今風の眉毛はどうにかしてほしい。
あんな娘があの時代にいたか?
藤さんは大健闘だったけど、ところどころセリフが
不自然に聞こえすぎた。
菊之介の静馬の声はよかった。
七個はアップにたえない。(アップにするとそんな
に美人でもないことがわかった)
当時の島田にはかなわない。
総じて、昔の役者のすばらしさを思いしらされた。
ラストシーンもやりすぎ。いつもどおり自然にやって
ほしかった。



188 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:55:17 ID:6EnIniQQ
m@sterさんが久しぶりにレビューを書いている。
完璧だね。
http://www.ne.jp/asahi/hp/mastervision/

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:06:16 ID:Dlod2GCc
>>56岩下志麻いいねぇ〜!!
富司だとインパクトが薄すぎる
萬田の役を若き日の中尾ミエなら意外とキャラ的に合ってたかも
三姉妹の設定はミスキャストっていうか母親としての貫禄がまだなく若すぎたかも

それにしても仮面ライダークウガの一条さん〓葛山信吾をあんな形で起用したのには驚いたw


190 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:25:17 ID:t+hq+aKk
自分はマニアじゃないからよくわからないけど
おはると古館弁護士って旧作でもあんなにたくさん出てきたっけ?
なんかうっとうしいなと思った。
富司純子は今年、寝ずの番とフラガール見たせいで飽きちゃったのか
ここで言われるほどいいとは思わなかった。

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:41:29 ID:T69xd5s6
>深恭のあの今風の眉毛はどうにかしてほしい。

禿同
これからも語り継がれるであろう映像職人市川監督の、それも名作
「犬神家の一族」に出演できることに対してもっと謙虚であって欲しい

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:52:31 ID:n4bHxJLt
>>190
旧作を改めて見直してみて、おはると古舘の存在感が思った以上に大きかったので
驚いたよ。

おはるは、暗くて救いのない話の中で、大事な息抜きの場面を主に担っている。

古舘は、背景情報の説明役でもあり、ある時は「もしや?」という観客目線の疑問を
口に出したり、金田一がかき集めてきた重要情報の聞き役という、観客の代表みたいな
役でもある。犬神家の遺言を預かる立場ということで当事者であると同時に、あくまで
部下の若林が独断で金田一を呼んでいた上に殺害された、という「事故」をきっかけに
騒動に巻き込まれた部外者・傍観者的な面も兼ね備えていて、物語の必要に応じて
事件・犬神家・捜査陣の「中の人」としても「観客代表」としても振舞えるという、とても
大事な役。

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:56:47 ID:rmjFJqDB
中村敦夫はコンさんと小沢栄太郎両方の愛弟子ということでの起用だったろうけど
ぴったりでは無かったな。
あんがい一徳とか尾藤イサオのほうが面白かったかも。


194 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:19:06 ID:YCzoKXqD
深田のおはるは悪くなかったと思うな。
冒頭のシーンでむしろ新生犬神家を印象付けていた。
松嶋だけが新味を出せてなくて残念。
まあ珠代は演技で新味を出すのが難しい役だとは思うけどね。

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:44:58 ID:iBTTnuWH
小夜子と珠世の2ショットに激しく違和感。
一体身長差は何センチなんだろ…。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:51:44 ID:VeKHChBe
>>184
犯人はヤスの元ネタを実際に知ってる人は少なそうだがな

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:29:06 ID:8zyBgmkd
>>195
松嶋が173cmで奥菜が155〜156cmらしい
松嶋は男性陣ともバランス悪かったな

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:36:38 ID:90r1xONL
この映画がコケた理由は?
1.宣伝が足りない。
2.俳優に魅力が足りない。
3.そもそも企画に魅力がない。
4.実は観ようという人は年明けの映画始めにしようと今は控えている。
どれでしょうか?

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:45:29 ID:5cKJElCl
オリコンが自分たちに都合の悪い記事を書いたジャーナリストを潰すべく高額訴訟を起こす
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/musicnews/1166456755/
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1166458935/

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:13:35 ID:iBTTnuWH
>>197
ありがとう。
すげー差だね、佐智も抱えるとき息切らしてたもんねぇ。

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:41:27 ID:s2VWMFsZ
>>198
3かなぁ・・・

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:42:30 ID:A3wsaCJx
岸田今日子が亡くなったな。

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:47:57 ID:iBTTnuWH
>>202
ゲゲッほんとだ!!
元夫婦が同じ年に…。子供がいたら可哀想だね。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:06:42 ID:VJSyBy/R
琴の師匠は、元気だったら岸田今日子だったんだろうなって。
寂しいねぇ。

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:19:22 ID:rmjFJqDB
岸田家の一族も森逝き、今日子去り、残るは衿子だけか・・・
理生は血縁じゃないんだよね?


206 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:25:19 ID:rmjFJqDB
>>203
個人的には、ムーミンとオバQが同じ年に!というショックのほうが大きい。
昭和は終わったなあ。


207 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:29:50 ID:Rx5PxQPX
わーん
ご冥福をお祈りします

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:53:55 ID:aH+0ntqw
今日昼の部見に行ったら観客の半分以上が40〜60代のジジババだった。
自分的にはデキは思っていたより悪くなかった。
兵ちゃん顔がしわしわなのに髪だけ黒々としてたのがワロタ。
でもあの声を聞くと変わらず安心できる。
菊乃助のスケキヨは立ち振る舞いが梨園なだけあって綺麗だった。
しかしもう少し背が欲しかったな。それと顔デカイw
七個はとにかく体デカすぎ。あれなら奥菜の方が珠世でもいいんじゃ(イヤだが)

原作にあった松子の「小夜子の子(竹子と梅子の孫)に財産を半分分けてやって」って
珠世への遺言があればもっとよかったのに。

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:58:29 ID:xc4MLpc6
ザヨコはキチガイになったんじゃないっけ?
てか、あのまま沈んでいったのかと

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:45:40 ID:PuLU2EC1
>>208
余計な部分はカット

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:07:01 ID:WTqsw9jW
あらためてあおいの静馬ボイスは名人芸だと思ったね
菊は声が一緒すぎ

いい奴だったよ、あんたの息子は

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:18:41 ID:iBTTnuWH
何度も繰り返し観た上に犬神の大ファンといいながら
去年はじめてあおい輝彦が助清と静馬の二役と知ったよ。

だって声も全然違うしさー。
背格好の良く似た別人と思ってたんだよー。

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:22:11 ID:kfsn3MPY
>>188
石坂浩二がトークショーで言っていたが、今回市川監督は
「セリフをゆっくり喋れ」と言い続けていたらしい。
昭和22年の日本人は今より驚くほどゆっくり喋っていたから
という理由だそうだ。そのため、ゆっくり喋りながら激情を
こめるといった演技が要求され、難しかったと。
つまりm@ster氏が書くように「結果としてセリフが遅くなった」
のではなく、「意図的にセリフを遅くした」というのが真相。
それが巧くいったかどうかは別として、その部分を取り違えて
いる以上、このレビューは完璧とは言えないね。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:27:27 ID:UiD98euX
>>212
わはは、実は俺も、あおい輝彦って人が主役扱いで名前が出ているのに、
最後の方とかにちょっとしか出て来ないじゃないか?って長いこと疑問だった
時期がありました。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:53:13 ID:sEPkg76j
前スレで関係者から、岸田さんは闘病中だから出演せず草笛さんが代役やるとたれ込みあったが
まさかこんなにひどかったとは、、、



市川作品には欠かせない女優だったからショックだ
どうか安らかに

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 19:57:51 ID:apVeaty6
最後の猿蔵の笑顔可愛かったな
とんだツンデレキャラだ

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:15:28 ID:3tBW9oYJ
見てきたよ。
ここまで旧作とそっくりそのままとは思わなかったけど、けっこう楽しめた。
ラストシーンで、ついつられてお辞儀してしまった。
連れに見られてちょっと恥ずかしかった。

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:19:48 ID:SmFx7wSY
>>213
>昭和22年の日本人は今より驚くほどゆっくり喋っていたから
>という理由だそうだ。

へえそうなんだ〜。
よく戦後すぐのニュース映画とかだと
なんかすごい早口っぽいから昔の日本人は早口なのかと思ってた。

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:23:15 ID:2T5AU1MO
旧作のまくし立てる、機関銃のようなセリフの
応酬が凄いのに、今作はゆったり話してるせいか
棒読みに見えるシーンが多々あった。

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:49:30 ID:VIpiNvW4
名優がまた逝ったか。
しかし、草笛らがその後を継いでくれるだろう。

同じ作品をリメイクすると、どうしても前作の呪縛から逃れられない。

新たな作品で真価を問いたい。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:50:45 ID:cs9n5HOk
照明、明るすぎるよね。
>>188の批評にかなり同意。

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:54:45 ID:iZQfHs9v
見てきたけど重大な誤り発見。
遺言を最初に古舘が読むときに、犬神奉公会のことに
触れられていない。
相続人が決まるまで、犬神製薬の全事業は犬神奉公会
によって運営されているし、相続条件が満たされなけ
れば犬神奉公会が相続するんだぞ。
今日、前作のビデオで確認した。

因みに古谷金田一の方では、犬神奉公会のひとが、古館
の後ろにちゃんと控えていたんだw


223 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:57:07 ID:iBTTnuWH
重大な誤りってゆーより、はしょっただけじゃない?
大弐さんとの関係もかなりはしょってたし。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 20:59:04 ID:i1LZ7oQw
だからな、たぶんそれは時節柄タブーが影響したんだろうと。
若しくは東宝らしく金儲けに徹したかのいずれかだろう。

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:00:23 ID:sEPkg76j
どのレスかは言わないが、ブログ宣伝の自演はやめてね

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:03:02 ID:2T5AU1MO
前作は奉公会のグラサンの人もかなり怪しく
描いていたからな。相続人全部殺して奉公会が
乗っ取り企んでるのかと思わせぶりだった。
あと、古舘弁護士も冒頭で金田一を怪しく見つめる
シーンがあって怪しい。前作はいろんな人を怪しく
見せるよう工夫されていたのを今回はしょったのだと思う。

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:15:30 ID:heqF+e06
「金田一です。」を買った。旧作からのファンなら持ってて損はない。磯川警部の写真もあるし。
あと、重要な今回のラストシーンのシナリオが掲載されていた。
ネタバレだが、興味があれば以下を。

!!!!!以下ネタバレ!!!!! ラストシーン情報
************************









一本道。

  澄み切った青空。樹々の緑が力づよく輝いて連なっている周囲の山々。
  人家も電柱も見えない。一切が静謐な大気の中を一本の道が遙か彼方に通じている。
  その道を、トランクを提げた金田一が後姿を見せて歩いて行く。
  ふと、立ち止まって、来た道の方を見るが、すぐ彼方へと歩き出す-----。  





※このシーンについて、兵ちゃんは本で、”「ああ、これで金田一とはお別れなんだな」本当に最後なんだな。
市川監督は、僕にこういう芝居を用意してくれていたのだな。
これは僕と監督の三十年の物語でもあるのです”と振り返っている。
また、あれだけ名作だと思われる旧作について公開時和田夏十さんからダメ出しされて、今回やるときに
そこにこだわったと書いてあった。それが何かは企業秘密とのこと。

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:20:10 ID:heqF+e06
>>56
>>189
岩下志麻ねえ、、、、演技上手いか?(笑)
それ以前に市川監督の作品には馴染まないと思う

岸惠子は馴染むが岩下志麻はダメなのだ、、、

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:21:36 ID:g50x75Ql
>>224
PG-12とかに、したくなかったのかも。血も少ないし。
角川春樹も「三十郎」で「血は流すな、海外配給があるから」と
強く言ったとのこと。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:22:00 ID:05kDsv/R
猿蔵の「金田一さんが忘れられなくて…アッー!」ってセリフは旧作でもあったっけ?

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:22:34 ID:heqF+e06
>>230
旧作では「あの人のこと、忘れられない」

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:25:12 ID:u18/wuzj
今日で二回目だけど、女優陣では富司、松坂、奥菜。
男優陣では、岸部さんの演技が光ってるネッ!
(石坂さんは別で。)
因みに、市川崑映画の特長である、『印象派絵画』の様な映像は健在!
(↑元々、画家志望だったのが、アニメーターになって、監督になってるから、最近は、若い頃に果たせなかった夢を、スクリーンに画いているのかなぁ〜?!)
演出は、加齢の為と思われるが、少し『気長』になってたけど、急かされ無いでゆっくり堪能できた!
※印象派絵画を観てる様に感じる人はいないのかなぁ〜?
因みに私は画家志望です。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:27:58 ID:heqF+e06
>>232
絵のことはくわしくないのだが、むかしから監督の作品はレンブラントっぽいと思ってる
影影影、みたいな映像美

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:31:12 ID:gMIoaJ5b
開始1時間ぐらいまで中村敦夫だって気づかなかったorz

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:46:51 ID:g50x75Ql
>>234
「自分を消せ」と言われたそうな>紋次郎

梅子さんも「あら、市川先生が旧作をご覧になりながら撮ってらっしゃるから
私達姉妹も見ながら演技の参考にしましょう」と。

パンフレットは他所に載ってないスタッフインタビューも
載ってるから、買っとけ。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:51:21 ID:0eJM/Jsp
見てきたけど、とにかくセリフの言い回しが印象に残った映画でした。
はっきりはきはきというか。
キムタク演技とは正反対だなw

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 21:55:48 ID:xuBHsT25
旧作の猿蔵のせりふ聞いて
「いや、君は金田一のことは忘れていいからw」
ってつっ込んじゃった。

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:01:07 ID:Z3IWp6E6
岸田今日子さんが亡くなりましたね。
旧作では、お琴の先生でした。
合掌

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:20:25 ID:nwamdWf0
会社の女の子と見に行こうと思うんだけど、どうなのかな?
俺は石坂の金田一シリーズは大好きで全部見てるんだけど結構
グロかった?前作が超名作なだけに、今作はどうなんだろ・・
かなり期待してるんだが。

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:24:31 ID:gMIoaJ5b
自分20代女だけど、横溝作品ファンなので旧作もDVDで何度も見た。
新作は静馬の素顔も炭化して黒くなってるだけで旧作の方がグロいし
血も真っ赤すぎて現実味がない分、目をそむける様なシーンはなかったな。
女子高生も見に来てたし、まあこういうのが嫌いでなければそこそこ楽しめるんじゃないかと。
でも原作や旧作を見てないと、???ってとこがあるから上映後に彼女に説明が必要かもw

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:27:16 ID:UVU6tMYn
いちいち「自分20代女だけど」って自己紹介する必要あるの?

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:31:24 ID:6x/cYkKm
トヨエツ版犬神で、双子のお婆さん役ではありませんでしたか、岸田さん。
あの映画での一番の見所だと思いました。
昭和の女優さんがだんだん消えていくのですね。合掌。

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:32:27 ID:xbNYEJqH
見てきた。
小夜子可哀想すぎじゃないか?
原作であった小夜子の産む子供は竹子にも梅子にも孫なので
財産の半分譲ってやれという台詞が無い。
あの後佐清と珠世の判断で譲ってやったと思いたい…
あと琴の先生…スキー…

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:37:23 ID:fhAGlb5u
旧作見てなくて、稲垣版もみてなくて、なんとなくキャストに興味を持って
友達と見に行った。
面白かったー。旧作・原作も見ていったらいいかなあ

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:40:23 ID:heqF+e06
>>242
トヨエツのは八つ墓村ね
あの双子合成画面は怖かった・・・ しかし双子を演じ分けていたのがプロ

市川作品には、「おとうと」(60)、「黒い十人の女」(61)あたりから何度も監督の作品に
出てたよね

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 22:57:58 ID:rmjFJqDB
>>241
前作をリアルでは知らない世代だけど、てことでしょ。
前作との比較とか、当時の衝撃の思い入れで語っている人が多いから、意味の無い但し書きではない。


247 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:00:01 ID:LP9u+DKo
今日見てきた。美術と照明がよかったんじゃないかと。
印象的だったこと。
役者の背景の障子越しの光のやわらかさ、白い障子と黒い桟の対比の美しさ。
窓越しの犬神家の手入れの行き届いた庭が額縁仕立ての絵画のよう。
屋根に死体を発見するシーン、屋根瓦が雨に濡れ光ってきれいで、
横たわっている死体が余計に不気味さを醸し出していた。
全体的に、華美な調度品が無く、昔の日本家屋特有の抑えられた色でストーリーが進んでいき、
最後の謎解きのシーンは松子の背景が金箔の屏風で強い色使いをしていた。


248 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:01:49 ID:xuBHsT25
>>241
○リアルタイムで見ているような年齢なら
旧作ファンでもおかしくない。
若い年齢でもファンはいるよ、ってことを言いたいため。
○女性でグロが苦手は多いけど、自分みたいに大丈夫な
人もいますよと主張したい。

じゃないかな?
当然ネカマの可能性も大きい。

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:02:20 ID:k7BzMDxn
>>244
何の予備知識もなく初めて観て、面白いと思えたらそれが一番いい。
その後で原作も旧作も見てみたらもっといい。

250 ::2006/12/20(水) 23:15:10 ID:1KxrIDwj
できれば今回、原作中一番好きな本陣殺人事件を映画化してくんないかなぁ〜と思ったのに。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:21:48 ID:yhso+Z6u
映画の出来の良さでは

犬神家(旧)≒悪魔の手毬唄>>>(省略)>>>犬神家(新)≒八つ墓村(新)>>>天河伝説

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:31:15 ID:ZEwne445
岸田今日子は、「私は2歳」の団地の奥さんがどういうわけか
強く印象に残っている。

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:06:29 ID:hpwsTJq4
>251
妥当な意見ですな。

「ビルマの竪琴」も旧作の方が全然良かった。
才能ある監督でもセルフリメイクって難しいね。

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:10:04 ID:Ur2k7jZR
俺は
悪魔の手毬唄>犬神家(旧)
だな

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:10:22 ID:f7QgF38J
島田陽子のレイプ未遂シーンは、子供の頃みてハァハァしたのを覚えてる。
菜々子はエロが足りないぞ。

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:12:17 ID:LfQc2FU4
>>254
同じく。
犬神は3番目かなー
手毬歌>獄門島>犬神家
やはり本の差が大きいかなと

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:14:02 ID:LfQc2FU4
あらら誤字打ってしまった、、、ハズカシス >手毬唄

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:22:28 ID:f7QgF38J
スレ伸びないね。
コケたというのを実感するな。

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:34:11 ID:XVfW+4xE
>>247
旧作の美術は阿久根 巌さんで、黒澤映画の美術で有名な村木与四郎さんの一年後輩で
東宝に入社。村木さんが七人の侍が延びて時間かかっている間に、阿久根さんの方が先に
美術として一本立ちし、のちにシリーズ第一作となる旧作を手掛けて以降の基調を築いた。
以後、村木さんの奥さんであった忍さんと交替でシリーズを手掛けることに。村木忍さんは
市川監督のお気に入りとして重用され、鹿鳴館では夫妻で参加している。

美術については、犬神屋敷内の廊下のシーンなどは、旧作の方が俺は好き。恐らく実在の
建物を使用したのだと思うが、手持ちカメラで人物につけて廊下を移動し、例えば珠代の部屋
の前で小夜子が珠代に言い募っている場面(この間、実は静間が珠代の部屋に忍び込んで
自分の指紋の付いた金時計を物色している)などで、廊下の天井が映り込んでシャンデリア
が下がっているのが見える。普通、映画やドラマのセットでは黒澤組でも無い限り滅多なこと
では天井は作らない。手間が掛かるし照明の置き場にこまるし、照明のセッティングにも時間
が掛るなど、万事コスト増に結びつくから。それで、カメラは水平(でも奥行きのある廊下の様
なシーンでは奥の天井が問題になるので)から伏目がちに見下ろすようなアングルで処理する
ことが多い。実物の家屋等を使うロケセットの場合、同じ理由で照明が大変だしカメラアングル
が限定される等の問題も出て来るが、そのかわりちゃんと天井まで映って如何にも締まった
実在感や重みのある画面ができる。旧作では小夜子と珠代のやりとりは、ややアオリ気味で
奥の天井と、ぶら下がっている電灯まで映る画になっていた。新作では天井が映りこまない
角度に映像を収めようとする画づくりが目立ったように思えて気になった。

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:36:17 ID:GVajC1+n
獄門島、手毬唄、犬神(旧)かな。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:45:31 ID:2Mj2GR4g
単品で見るとそうでもないけど
他の人と並ぶと珠世役背が高過ぎるわ

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:49:52 ID:IidspLhr
松本美奈子てどんな経歴の女優さんなの?wikipediaに載ってないんだけど

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:01:48 ID:cERqwhyf
>>262
http://movie.goo.ne.jp/cast/127551/index.html

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:02:11 ID:LfQc2FU4
>>260
映像的には、そういう順に並べる人が多いんだろうね。
島の情景とか手毬唄よりも優れてるし。
漏れは、やっぱりどうしても岸恵子の1点買いなんだがw

>>262
グラビアモデル出身みたいですよ。
今作では、若き日の菊乃は、あまり重要でなくなってるから、こんなもんでしょう。

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:13:57 ID:cJ+RJDNS
>>259
天井が写るアングルだけ天井を付ければ良い。どんな映画でもそのくらいはしてるよ。
全面天井を付けたりはあまりしないけどね。幅2mくらいの天井を何枚か作っておいて
アングルが要求するだけ枚数を増やしていけば良いのです。
電灯が欲しいのなら電灯だけぶら下げればいい。
時間がないプロダクションならともかく、
市川組で「天井が入るからアングル変えよう」なんて逃げは有り得ない。
あと、最近の市川崑の映画の撮影はサイド光が主体。
セットの上の足場はほとんどマイクを降ろす録音部が活用していているようなもので
照明部は他の映画ほど利用していないから天井があっても無問題。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:15:09 ID:egxvU6rB
>>256
俺は
手毬唄>犬神家(旧)>獄門島
かな

昨日新犬神観てきたけど・・・
覆面男が出現して怪しいってところ、もうちょっと説明がなかったかな

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:34:10 ID:2yzQkJ4V
静馬を逆さにした理由が語られてないから初めて観た人にはワケワカメ

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:36:55 ID:Ur2k7jZR
>>267
旧作観た人でもワケワカメだよ。こればっかりは原作読まないと。

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:38:22 ID:egxvU6rB
>>268
だね

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:42:31 ID:Dra5IEQV


ス×
ケ×

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:43:38 ID:Dra5IEQV
ありゃ、、、orz

>>267


ケ×
ス×

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:46:05 ID:egxvU6rB
正確にはこんなところか

    ヨ
    キ
------------
 -  ケ - -
  - ス -

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:52:50 ID:Dra5IEQV
>>272
わかりやすいですね thx

漏れはスケキヨの判じ物よりも佐智のアレンジのほうが気に入らないんだよね。
旧作の時のは横溝センセも出演してたわけだから、了解していたと思うんだけど。
今回は、奉公会もほぼ無視られてるわけだし、なんだかなーと…

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 01:55:03 ID:SsFEhk8p
>>272
原作読んでないから初めて知った
そういう意味があるのかー

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:01:10 ID:Ur2k7jZR
原作バツグンに面白いから読んで損はないよ

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:04:34 ID:egxvU6rB
>>275
そうだなあ 久しく原作読んでないや

いま旧作観てるんだけど、やっぱこっちの方がテンポがいいなあ

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:08:35 ID:8rPJ6+x1
一生それだけ見てろw

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:20:13 ID:GzTAY85U
うん。
旧作だけで十分だな。

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:38:58 ID:7SaIT4Kg
ラストシーンだけはリメイク版の方が気に入った

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 02:43:43 ID:egxvU6rB
まあ新作は、旧作で描き足りなかったところを市川さんが
もう一度じっくり描いてみたかった、って言う意図は良く伝わってきたよ

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 05:14:20 ID:5qGbEExr
旧作厨は、まるで佐兵衛翁の呪縛から逃れられなかった松子夫人みたいだな
新作にもいい場面があるのに旧作から離れられない頭になってる


不幸だ

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 09:03:30 ID:4aPZQkZ6
興行成績のことを言うのはナンセンス。
いまは2006年なんだ。76年ではない。
時代というか、気質が違う。
昨日勝った亀田は今だからまだ許容されているが、
76年だったら有りえない。

コピーがオリジナルを超えたり、近づくなんてこと
はないだろう。
旧作と原作愛したひとへのブレゼントと言うことで
いいのではないかな。

旧作みたひとの1割か2割は既に死んでいるw



283 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 09:46:39 ID:w+96xgLK
>旧作みたひとの1割か2割は既に死んでいるw

確かにw
自分が観に行った劇場はお年寄りが多かったしナー
新作は新作で楽しめるところも結構あったし
しかし菜々子は背が、菊之助は顔デカイなと思ったよw

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 09:57:15 ID:NS/Usg6F
仕事中につぶした声で「珠世の言ったことは本当だよぉ」と
いきなり言ってしまうので、隣の席の後輩に嫌がられている。

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 09:58:25 ID:xHjdHHD0
昨日、見てきた。
旧作を、何回も見ている私としては、2時間14分 間違い探しをしているようだった。
パンフには、「演劇等は作品が好評なら、再演があるけれど・・・」のインタビューが、ありましたが
演劇と映画は、ちがうと思います。 
それだけに、前作と同じ場面だと 台詞のイントネーション等が、気になってしまいました。
(特に松子・梅子のせりふ等 「助清に合わせてくださ〜〜〜い!」が)
あとは、珠代の猿顔&のっぽ、金田一&署長の老け具合(署長の入れ歯?感じの、しゃべり方)
フカキョン。正直、今回DVDを買うか 悩みます。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 10:28:25 ID:1rpLK8mX
松子は、病院坂の・・・佐久間良子でもいいと思った。
珠世は、仲間でいいよ。七個は思った以上に大根だった。

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 10:29:57 ID:NlHaQjUB
俺も昨日観たけど、客席若い奴ばっかだったぞ
見終わった後に前で歩いてたグループが「犯人は意外だったね〜」とか話してたから
原作も旧作も知らないんだろうなと

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 10:32:05 ID:1rpLK8mX
おはるは、悪魔の手まり歌の林美智子のように、年とった設定に変えて、再度
坂口良子を使ってもおもしろいと思った。深田恭子は、まつげ以上にあんなぶ
りっ子のしゃべり方は昭和の人とは思われなかった。


289 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 11:13:52 ID:WAPptoOt
>>286
仲間も大根・・・
まぁ、大根でもなんとかなる役だが

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 11:41:56 ID:CgcrCge6
奥菜の役って、前回は気がおかしくなるのが子供ながらに理解できたん
だけど、なんか今回は唐突のような感じで、「いきなりどうしちゃった?」
って感じなんだよな。演出は一緒なんだろうか。
もう一回前作を見直してみよう。
あと、申し訳ないけど、今回のを観て、改めて高峰、三條、草笛の演技って
凄いんだと思った。
時々出てくる、富司の「えっ!?」が、どうもギャグに聞こえてしまう。
中村玉緒かよ!って突っ込んじまった。


291 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 11:49:35 ID:w+96xgLK
>>289
犬神が始まる前に大奥の予告がバーンと流れたけど
仲間どの役やっても一緒だなとオモタw

珠世は清楚な感じの美人であれば誰がやっても大差はないように思う。
そしてどうせなら小柄な方がいい。


292 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 11:55:21 ID:ITcSVw7Z
むしろ 「TRICK 犬神家の一族」 の方が興行収入増えたと思う。

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 12:28:50 ID:1HWTCv/3
>>250
本陣は岩井俊二との共同監督で映画化計画があったが頓挫したって
「市川崑物語」で言ってた

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 12:36:01 ID:o9jkvuVU
〉281
そこまでいうほど新作がすばらしい訳じゃないし
不幸でもなんでもない。
レンタルで見ようと思う。
名作はたとえ古くても、ここまで人の心に残るもんだと
再認識した。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 12:45:49 ID:cERqwhyf
>>293
漏れも『市川崑物語』観た。
それなりに話し込んだみたいだったから、
不謹慎だが、市川監督が亡くなられた後、
「市川監督追悼企画“構想市川崑&岩井俊二”」と銘打って映画化するとおもた。
漏れがプロデューサーならやる。

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 12:49:56 ID:BkYuQR68
自分は映画より演劇を見るほうだから
>>285のような意見はちょっと堅い見方だなあと思ってたけど
考えてみたら、映画は何度も何度も同じものが見られるだけに
一度完成した形へのこだわりがより強いのは仕方ないかもね

自分は>>282の受け入れ方が一番近いな
旧作が好きだから、同じ脚本で
異なる松子や年取った金田一を見せてくれて
まさにプレゼントだった。

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 12:50:23 ID:9tnF0N/w
>>259
旧作は、門と塀以外はオールセット。
あの広間も洋間も全部そう。
他の作品、例えば「手毬唄」の由良家とかもセットだそうだから、美術さんって凄すぎる。

自分は旧作のお約束の一つだった
「登場人物が、長い廊下を何度も曲がる長回しのシーン」
が無くて残念だった。
多分、冒頭のモノクロCGで全景を映したからカットしたんだろうけど
あれだけじゃ屋敷のスケールが今ひとつ解らない。両方併せて完璧だったと思う。


298 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 13:02:05 ID:dYd1ePKg
ポロリ(ネズミじゃないほう)ありまつか?

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 13:15:29 ID:w+96xgLK
>>298
ないよ
と思ったが菊乃が乳出して虐待されてるシーンあったな

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 13:22:15 ID:bKRDYr/U
今日初めて観た。もちろんオリジナルも未見です。
内容は「安心して観れる定番」と言う感じで良かったんですが、
小道具がショボくないですか?菊人形の生首、あれは酷い。
ペンキで塗ったような血とか、あえて生々しさを抑えた演出
なんでしょうか?それとモーターボートですが、あれだけは
現代っぽく感じ、違和感ありまくりでした。当時、あのような
形のボートってあったんでしょうか?



301 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 13:54:14 ID:h5M69bf4
>>297
珠世が犯されそうになる廃屋はロケセット。
監督のオーダー通りの廃屋が同じ状態で残ってるわけないので今回はセット。

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 14:14:40 ID:B7dE7J1H
>>300
私も金田一といえば金田一少年の方が出てきてしまう年代で
初めて見たのですが、同じ様な印象受けました。
あとは亡霊のシーンが静止画でどーんどーんと出てくるところが
少しギャグっぽい(声だけでよかったんでは)
最初の3姉妹の紹介の話の間に琴の演奏シーンがドアップになるのが
古くさいと思っただけです。
ただその古さが逆に新鮮に感じ取れ、話も判りやすかったのでとても
満足できました。

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:00:25 ID:7ArkDZ+a
松子は旧作より母の妄愛、弱さを強調した造形。
珠世は原作同様、佐清を待っているうちに「いかず後家」
になったという造形。
はるは前回のツンデレ(笑)キャラではなく、おっとりとした
天然キャラという造形。
それぞれ造形が変えられていたと思う。
そうであればあのキャスティング・演技で適格であろう。

深田を別に庇うわけではないが、坂口良子も眉をかなり
(公開当時としては)細く整えている。現代で言えば深田
と同様であろう。
また松嶋菜々子の演技をダイコンと言うが、演技自体に
関しては島田陽子の方が客観的に見てダイコン女優である。
もっとも珠世は演技力の要求されるキャラではないが。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:16:12 ID:r1jUAVK6
松嶋は決してブスじゃないよ。
美人の一歩手前ぐらい。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:19:48 ID:BkYuQR68
>>281
同意
よくテレビドラマで小説の原作信者が金切り声を上げてるがそれと同じ。

いいところに目が行かず、ひたすら「違い探し」→「あら探し」に終始して
作品を楽しめないかわいそうな人になってるんだよね。

セルフリメイクとはいえ、旧作とは違う演出、解釈にところどころで挑戦してる
91歳の市川監督に比べたら、「旧作信者」のほうがよっぽど脳が硬化してると思うよ。。。



306 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:27:32 ID:r1jUAVK6
前作もリメイクだよ。
『犬神家の謎・悪魔は踊る』(1954年)が駄作だから、誰も比較しないだけ。
傑作のリメイクは叩かれてナンボの世界。

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:30:29 ID:mWcyFdJ2
さっき見てきた。
平日の初回だからか、客席はガララーガ・・・
おれを含めて客は3人!
この中の誰か死ぬんじゃないかという緊張感がそこにはあったね

映画自体はかなり面白かったけどね
猿蔵ハマりすぎw
エンディングも裸の大将っぽくてほのぼの
また原作が読みたくなった

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:33:23 ID:R6ZiedRn
松嶋菜々子出演「犬神家の一族」が不発

先週、石坂浩二主演、松嶋菜々子が出演している映画「犬神家の一族」が全国一斉に公開された。
今のところ、興収予想は10億円台の前半で当初の見込みを大きく下回っているという。公開前から
松嶋がレイプ未遂シーンなどを演じる体当たりの演技が評判になっていたが、そんな努力も実らな
かったようだ。
http://gendai.net/?m=view&c=010&no=18710

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:42:21 ID:NS/Usg6F
高峰三枝子の魔女っぽさwwには遠く及ばないが
富司純子も大健闘だと思った。それぞれの松子だよ。

物語に入ってても松嶋菜々子の背の高さで
現実に引き戻されてしまうくらい気になった。

そこがホント残念!!!!

あとは面白く観れた。
人に薦めてもガッカリさせないレベルの内容と思います。

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:03:39 ID:NlHaQjUB
>>308
アレのどの辺が体当たり演技なのか

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:04:42 ID:BkYuQR68
ゲンダイを真に受けるな

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:12:38 ID:Gswkzc6x
>>308
10億円台の前半、というのが10〜15億円という意味なら、そう大コケでもない。
もちろん制作費10億円というのが正味なら赤字だけど。
ただ、宣伝や編成された劇場から見ても、そんなにかかってるかなあという感じがする。


313 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:13:26 ID:o9jkvuVU
映画館に足を運ぼうとは思わないけど、
DVD化は待ちどうしいかな…
他の作品の映画化だったら見にいったかも

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:19:42 ID:TVuWNIFl
>>310
はっきり言ってあれは組手だ。

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:46:16 ID:SWOUL8bU
>>312
製作費の4倍くらいの興行収入で、事業としてはトントンになるらしいです。

>>313
折角なら映画館で観るだけの値打ちは充分あると思いますよ。
テレビ画面で観ると欠点が目立ってしまったり筋を追い損なう作品でも、
劇場の暗闇で集中して観ると良く思えて楽しめてしまうという加算点もあるしw

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 16:54:05 ID:xDu+/RFZ
原作での珠世は26歳。島田は演じた時24歳だっけ?
30超えの奈々子が佐清の出所を待っていたら、子供が出来る年齢までに
結婚出来るのだろうかといらぬ心配をしてしまった・・・。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 17:06:56 ID:7ArkDZ+a
>>316
実際の年齢はともかく、松嶋菜々子は普通の現代の女性
であれば、20代後半(珠世の設定年齢)にしか見えない。
まして昭和22年頃であれば、若すぎるぐらいだ。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 17:13:30 ID:J0zViU2/
オープニングとラストが良かったぐらいで
さして見入る所はなかった。前半と後半でフィルムが変わったように思うが。

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 17:22:45 ID:fTplOqFa
そもそもリメイクって、前作と比べられるため、前作>リメイクになるような。
リメイクで大ヒットした作品ってありましたっけ?

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 18:06:45 ID:EZ7FEOrw
キングコング

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 18:09:19 ID:NS/Usg6F
>>319
ハリウッド映画は結構あるんじゃない?

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 18:54:14 ID:xbQu+Txm
珠世は美しい処女の芳香を漂わせていなければ話にならん。

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 19:09:04 ID:+GGYaNW4
佐智は珠世を運ぶのがめちゃめちゃ大変そうだった

あれだけはリアルに同情するw

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:00:34 ID:HZFHJrRH
原作だとスケキヨってイケメン設定だよな。
別にいいんだけど、あおいや菊以外にキャスティングしようがなかったのか?


325 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:07:59 ID:W/W+pbXe
昨夜、観てきたけど、70代の女性から、40代〜10代の女性と、年齢層の幅が広いし、女性の比率が七割位だったので、安定してると感じたけど、十億強だと思う。
基本的に、『若手男優陣』が『興行的に弱い』のが、致命的だと思う…
佐武役と佐智役の二人を、もう少しメジャーな俳優を使っていたら、楽に十五億は稼げたと思うなぁ…

後は、チョイ役でも、青沼菊乃役を、寺島しのぶで勝負してたら、『親子三人の共演』で、もう少し話題になった気がする…

でも、映画自体は、なかなかの出来だったよ!

一番感心したのが、『90歳を過ぎた監督が創った映画』を、十代の男の子と女の子が、最後まで黙って釘付けで観てた事!
(↑案外若い層の人が、素直に楽しんでる感じ)

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:24:06 ID:xDu+/RFZ
>>325
突っ込んで悪いけど、青沼菊乃は「美形」の設定なんだよ?

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:33:38 ID:W/W+pbXe
あくまでも、『話題性』の話だから!
別に寺島を『美形』とは思って無いっす(笑)


328 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:35:54 ID:4U/5zp7l
>>323
苦労して運ぶくらいなら船の上でヤっちゃえばいいのに…
と突っ込みたくなったよw

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:56:08 ID:uiJAtCRw
自分も初日見に行ったけどハタチくらいのカップルいたなー
今時風な感じの子だったけど、結構渋い趣味してるんだなぁとオモタ

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 20:57:17 ID:+OsBS+U7
音楽は大野雄二だったけど、市川監督の金田一は全部そうなの?

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:04:09 ID:bDBaTWE9
>>322
確かに。
そうでなければ、当時は処女を奪えばこっちのものという感覚があったというストーリー上の説得力がなくなるな。
24歳前後で処女っぽい清楚な美人というと、配役が難しいな……

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:22:27 ID:lumMp1oK
予告で深田恭子が「金田一さんっ!」て
いうシーン、本編にはなかったですね。

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:27:06 ID:87a1farD
>>328
自分もそう思いますた

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:48:10 ID:4lCo+Wmq
>>330
犬神家の一族 大野雄二
悪魔の手毬唄  村井邦彦
女王蜂      田辺信一
病院坂      田辺信一
八つ墓村     谷川賢作

大野・村井・田辺は、なぜか3人とも慶応大のライトミュージックオーケストラ出身。

今回のはまだ見てないんだけど、テーマ曲は大野雄二で、音楽は谷川賢作でしょ(>>1)。

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:54:23 ID:CRIBIClV
>>325
ちなみに、佐武佐智はどんな俳優を使ってたらよかったと思う?

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:56:08 ID:87a1farD
>佐武佐智

さぶとさち

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 21:59:15 ID:CRIBIClV
>>325
昨日は全国的にレディースディのところが多かったから女性の比率が多かっただけじゃないのか?

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:12:23 ID:NS/Usg6F
この人イタいなぁー
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cgymb048/view/200610

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:12:25 ID:xDu+/RFZ
>>335
中村獅童とか・・・。

逆に三人とも超イケ面、ってのも面白いと思う。
珠世が「誰でもいいわ(はあと)」って思うような。



340 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:13:56 ID:xDu+/RFZ
>>338
見てきた。イタイね。つか、松嶋奈々子、主演じゃないしw

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:21:37 ID:NS/Usg6F
悪魔の手毬唄も全員恩田の…だよねぇ。
なぜ手毬唄は面白く観れて、犬神は不快ってことになるのか
ワケ分からん。

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:28:22 ID:+Q9/22HX
草笛光子さんが出てただけで嬉しい
しかし松嶋菜々子って背高いね
奥菜恵と並んでるとタッパの差が凄い

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:31:08 ID:mWcyFdJ2
>>342
チョイ役(大事な役だけど)に草笛光子だもんなぁ。たまげたよ。

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:37:52 ID:BkYuQR68
これで草笛さんは市川石坂金田一の全6作すべて出演したことになる

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:47:32 ID:xbQu+Txm
>>338
トンデモじゃが仕方がない…

つか、一瀬が和製ツインピークスばりに割愛するからこうなったんだろ…

346 :名無し募集中。。。:2006/12/21(木) 22:51:09 ID:+Q9/22HX
金田一シリーズでしか知らなかったから
芸達者な面白おばさんてイメージだったけど
NHKアーカイブスで若かりし頃の姿見たら物凄い美女で
失礼ながらびっくりしたよ>草笛光子

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:53:59 ID:GVutK6Cj

       「\       .「\
       〉 .>      〉 〉
       / /      / /
      /  |        /  |
      /  /      /  /
     (  〈 .    /  /.
      \ `\   |ヽ |
〜〜〜〜〜\ . ω/  | 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^
〜〜〜〜〜〜ヽ  U ´  ノ  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



348 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:57:18 ID:F+gr7s3Q
観て数日経って、少し冷えたアタマで。
この30年で、ビックリするほどカメラの技術が進歩してるって思ったよ。
金田一のフケ、まだ髪に乗ってる状態で結構しっかり見えたり。
そのためか、マスクの質感がだいぶ向上してたね。
前作ではペラペラのを使ってたのか、照明の加減では下が透けてたシーンも^^;
今回は厚さ1.5倍(当社比)って感じか。
照明と言えば、なんかキツ過ぎて黒と白のバランスが悪かったような・・・
こないだ深夜に紹介番組やってて、そんで映画と比較してみたんだが、
ブラウン管通すと、同じカットでも意外と違和感無し。
監督用に作った高コントラスト版を、なんかのミスで公開しちゃったのか?なんてかんぐったり。
演出に関しては、琴の稽古中に厠(と言う名の殺人現場)から帰ってきた松子が
実は怪我をしている指をやたらと気にしてるのとか、細かいとこまでやってるなと感心。
総合的に見て、謎解きの部分は基本は前作のまま、それ以外はすっきりまとめた気がして、
DVDの画質がよければ、旧作じゃなくてこっちを買うかもと思った。


349 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:01:46 ID:lLHiM2J7
ディズニーでアニメ化ってホントですか?

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:10:39 ID:aYmXIpXC
いや、ハリウッドがリメイクするんだろ?
チェーンソウ持って暴れ回るとか何とか

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:11:47 ID:Gswkzc6x
>>346
そりゃ「光子の部屋」なんてのが人気番組だったんだから、トップアイドルだったんだよ。
横溝シリーズでは作品ごとに役が小さくなっていくのが少し寂しいが。
「シカゴ」の日本版舞台(1983)主演なんかも若々しくて良かった。
インチキ弁護士役の植木等も映画のリチャード・ギアより合ってたし。

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:19:04 ID:wkNVfnUF
>>348
>照明と言えば、なんかキツ過ぎて黒と白のバランスが悪かったような・・・

過去の作品の撮影リポートを読む限り、それは狙いだそうです。
人物に当てる照明は通常より強めに当てて肌色を出来るだけ感じさせない。
そして影になった部分に当てる照明(普通の映画では必ず当てる)は御法度。
光線の角度は出来るだけ俳優の顔の高さと同じにして(普通は高い位置からの方が多い)
俳優の真横の位置から当てるようにする。
ただし、これだとコントラストがきつくなるので
女優を撮るときは少し顔の正面側から当てるようにして
影の部分にも少しだけ照明を足すのだそうで。
あとは好みの世界なんでしょううね。

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:29:10 ID:9tnF0N/w
>>341
鬼頭三姉妹も(出生時は)
寺田辰弥も
椿家の「悪魔」もその恋人も
大道寺智子も
法眼家の皆さんも…なのにねえ。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:39:27 ID:IcGABmfM
やつは課むら映画化してください

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:40:16 ID:Gswkzc6x
>>338
イタイっていうより、謎の文章だよね。
見ずに書いたとしか思えない。
見ていたら、こんなに何から何まで間違うはずがない。
昔「猿の惑星」の試写の途中で帰って
「異星の住民である猿が英語でしゃべるのは噴飯もの」
と書いて伝説的笑いものになった人がいたけど。



356 :名無シネマ@上映中 :2006/12/22(金) 00:14:21 ID:MxkcaIiD
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cgymb048/view/200610
の基地外さんって、何してる人なんだろ?
目的も何も意味不明。
売名で議員になろうと企ててるウマシカさんって、まじ?
あんなブログ火が付いちゃえばいいのに

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:31:18 ID:ohbRrj6p
別に専用スレがあるんだからそこでやれ。

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:33:40 ID:rJaCoFAO
もし作品を読んだり観たりすることで、傷付いたり不当に不愉快な思いをさせられる人が
ある場合には、「大勢の人々は特に何も感じていないんですから…」という理由で済ませる
訳にはいかなくて、犠牲者基準というか被害者基準で真摯に考えなくてはならない問題だろう
とは思う。俺にはブログの人が指摘しているような表現とは受け取れないし、むしろ男色や
不倫…まあ不倫の結果が問題を起こすと言えなくもないが…の設定の方が目に付くくらい
だが、どうであれ感じ取り傷を受ける人が居る以上は、配慮しなければいかんとは思う。

が…「楽しみのために”殺人”を題材にした話を売るなんて、ケシカラン」とまでは思っておられ
ないようだね…ブログの人。何らかの差別感情や経緯を一切抜きにして、単純に誰かが惨殺
されるだけのストーリーなら、全然オッケーってことか?

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:35:13 ID:VK7QBoGb
なぁ‥おまいら‥大コケの原因は何だと思う?

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:35:24 ID:bKSVkAO5
てーか、こちらでやってくださいな。


差別映画「犬神家の一族」について
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166451111/


361 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:40:10 ID:jLUH3zDw
ちゅうてもまあ、何に傷つくかは千差万別だからねー。
そこはやっぱ常識的取捨選択は必要とちゃうん。

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:55:09 ID:nXSE6fx5
今日見てきた。藤純子キレイだけど犯人役には何かが足りない気がした。
でも親子のシーンは見ものかな。

ところで奥菜恵の小夜子はどうなったの?

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:57:23 ID:vbIC1DnU
>>359

松子を松たかこがやらなかったから


そして当然、
竹子は竹下景子
梅子?


う〜ん、ナンシー梅木か津田梅子だな

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:57:24 ID:TGPDPOsx
>>361
こいつは子供の運動会ビデオでも微生物の観察映画でも傷つくと思うよ。
何しろ自分でストーリー勝手に作ってんだから。


365 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:03:07 ID:KGOXpfWo
 見てきた。正直生首のシーンとかは
昔のほうが迫力あった。
萬田久子はどうも息子が殺された後どうも淡白すぎる気がする。
松坂慶子はあれほど暴れてたのに・・・。
佐清(静馬)のただれた顔も昔に比べてもろに作り物っぽかった。
深田恭子はうどん食べるところは思い切りがっついてほしかったな。
あのシーンのために起用されたのかと考えてたので・・・。

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:28:59 ID:bJc7bXoQ
青沼といえば菊乃や静馬よりもちあさを連想してしまう・・・。


367 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:31:03 ID:uvbVitPS
青池リカ

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:41:33 ID:FcCLWgAC
なんでリカなんだよw混ぜるなよwww

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:00:36 ID:bbkk1hTC
基本的に、『照明のバランスが…』とか、『カメラのアングルが…』とかで、色々と疑問を投げ掛ける人が居るけど、市川崑って人の映画を初めて観る人なのかなぁ〜?!
市川崑って人は、『光と影』を大切にして、映画を撮影してるし、カメラのアングルとか構図に『何かの意味』を持たせてるから、初めて市川作品に接したり、映像を『絵画的』解釈で観ないと、キツイかもなぁ…
『印象派絵画的な映像』だと思うし、日本の映画監督で、こんなセンスのある監督は、僕の知る限りでは、他には見当たらないなぁ…
役者の台詞とか演技も、感情抜きで喋らしたり(散文的)、異常に早口にしたり、逆にゆっくりしたり、『日常だけど日常では無い』演出をする監督だと思うよ。
ある人が、今回の犬神家の一族から『モダンな雰囲気』が無くなってて、『時代劇』(良い意味で!)になってるって意見の人が居たけど、俺も同意。
今回は、モダンな洋室シーンが総べて(?)カットされてたし、全体的に『バタ臭さ』は無かったと思う。
(意図的なのか、そうで無いかは、監督に聞いてみないと分かんないけど。)
『時代劇』とは、『御約束』の演出で、客の殆んどが筋書きを知ってると思うので、『水戸黄門』の様に演出してると感じた。

ラスト・シーンは、単純に感動した!
前作で、金田一を駅まで見送る為に出かける珠世&猿蔵 署長 はる は、実は法律事務所に集合し、お茶会をしてから、金田一を駅で見送る予定だった事が判明したしなぁ〜(笑)
このラストの設定の部分が、犬神家の一連の殺人事件の犯人が誰かって事より、重要な意味があるような気がする(笑)
(前作を観てる人は、膝を叩いてなるほどなぁ〜、って思った人も居るのでは?)

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:07:15 ID:ue7nM9He
構図の人っていうのはよく分かる

石坂の本にも出てたが、大広間においては、
つねに松子竹子梅子の背景は金屏風(=金、権威のイメージ)
対して、珠代の背景は庭(=自然)


371 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:12:08 ID:bbkk1hTC
追記・今回の犬神家の一族の見送りの設定を入れる事によって、今回が単なるリメイクでは無く、続き物的な要素を持たせてて、逆に前作のラストの見送りの設定に、重要な意味を持たせる事に成功していると思う!
やっぱり市川崑って人は洒落た人間だと感心しました。

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:09:45 ID:6T6CbBDE
>>338そこな!

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:58:03 ID:vbIC1DnU
>>370
構図正視シリーズか

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:10:13 ID:TfV3TGsm
見慣れた役者さんばかりで逆にテレビドラマっぽかったとこ、
要所要所の演出が無駄にコメディっぽかったトコ(仲代達也とか仲代達也とか仲代達也とか)以外は
結構良かった
石坂浩二なんて馴染みすぎてて空気だったけどw
あと松坂慶子が迫力があって最高 でも首は酷いwwwww

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:08:10 ID:kz5qhcjl
深田恭子はいつも同じだな。
下妻、富豪刑事

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:06:50 ID:TZLhurQE
俺が前作を上回ったと思うシーン

奥菜の背面アタック
お勘定してくださ〜いのナイスなタイミングと表情

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:13:15 ID:mNBQaE1M
ホラーで名を馳せた一瀬Pということで、市川監督は
「もっとホラーっぽく演出した方がいいの?」とたずね、
一瀬Pは「いえいえ、監督のやりたいようで結構です」
と答えたそうな。
豪腕(傲慢?)Pとして有名な一瀬氏も市川、石坂の
尊敬する二人の前では単なる映画ファンになってしまった
ということかもしれないねぇ。
ホラーテイストが強い「犬神家」も見てみたかった気がするが。

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:33:23 ID:1RN1wysT
>>369
ラストシーンは深読みし過ぎじゃない?
前作のラストは、各々「駅に見送りに」とはっきり言っている。
同じように今回は「お茶会を設けました」としか言っておらず、
その後に駅に見送りに行くような台詞は無かったように思う。
今作が前作を補っている訳じゃなく、最後は単に別物なんじゃないだろうか?

自分は、今作のラストのお茶会オチにはがっかりした。
警部や珠世その他の出演者が「待ち合わせしてからきましたぁ〜」と言いつつ
事務所にゾロゾロと入ってきた姿は、学芸会を彷彿させた。
そのうえ揃ってただボーっと立っているだけのカット…。
ラストカットがなかったら救われない締め方だと思った。

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:47:52 ID:V8Mu7Rzi
自分も今回のラストはちょっと軽いと感じた。

それから差別の件は、そういう連中はそういうものに飛びつく
んだ。
そういう思想なんだよ。
無視、無視。

騒ぐとかえってヤツラの思うツボ。

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:00:46 ID:oJedTS47
>>379
なんだかダ・カーポの歌が聞こえてきそうなラストだったよな

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:03:04 ID:4RwAW0ro
>>362
>ところで奥菜恵の小夜子はどうなったの?

それ、一緒に観にいった母にも聞かれたんだけどさ…
マジでどうなったんだろう。
終盤の一同が集まるシーンにはいなかったよね?
産んだ子にも財産を、の台詞もなかったし。
妊娠云々は小夜子の狂言で、錯乱したまま
逆さになったスケキヨと遊ぼうとして湖に入って
死んでしまったのだと母は思ったらしい。

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:07:35 ID:mNBQaE1M
>>381
旧作でもあのシーン以降、フェイドアウトだったからねぇ

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:30:53 ID:87YQySiD
まあショックの余り寝込んでるってとこじゃないの>小夜子
しかし小夜子が子を産んでそれが男子なら遺産半分だけでなく
事業にも参加させるってさ、両者にとっちゃあ複雑な心境だよな
自分の父親を殺した母を持つ叔父(スケキヨ)…
スケキヨなんて一生この子供に頭上がらないだろうよ

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:35:49 ID:s5ceTYD8
仲間由紀恵 岩下志麻 サトエリの彼氏岸田今日子(旧作の合成)今の坂口良子
このキャストでやって欲しかったぁ



385 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:36:46 ID:V8Mu7Rzi
>>359

大コケとは思わない。
前回1970年代のヒットは、そういうものを求める時代背景
があったんだろう。
戦争や戦後の混乱を冷静に見れるようになった。
遠ざかるものへの懐古。
あの辺が絶妙のタイミングだったのではないか。

だから、石坂・古谷より前の金田一は、和装な
どしていない。
知恵蔵は背広、本陣殺人事件の中尾彬にいたっ
てはGパン姿であったw
和装など珍しくも面白くもなかったんだろう。



386 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:52:34 ID:4LLNj/dG
ここまでのあらすじ

オタキモ過ぎ…

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:14:03 ID:iyYfj0xU
>>370
大広間で思ったが、上座下座の決まりで言えば
仮面の佐清は本家長男なわけで、3人の真ん中に座ってなきゃいけない。
(古谷のシリーズではそうしてる)
でも市川版は新旧どちらも右端に座らせてる。あれも構図の都合だろうね。

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:24:25 ID:Gi2Uq3Md
劇場パンフの見開きと劇中とで大広間での並び順が違うね。

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:36:45 ID:tNIO6mg/
>>380
野に咲く花のように〜♪かな?

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:50:08 ID:3U1NPnun
興行収入ってとりあえず10億いったら最低限の体裁は保つことにはなるんでしょ。
制作費とか除けばの話だけど。

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:50:48 ID:h2SjcyOz
>>378
禿同

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:42:23 ID:GtKIjxzr
あまり期待せずに、それでもそれなりにワクワクして観に行ったが、2時間15分が果てしなく長かった。
前作に何か何にまでそっくりで、何がどうなるか、何処でどうなるか総て判っていても、長かった。
映像も芝居も、劣化コピーの一語に尽きる。
幾つかのシーンを除き、本当は手塚が撮ったのではあるまいか。
よい点を挙げるなら、石坂は不思議なことに全く違和感がなかった。
あと、富司と息子の絡みは前作を越えていたかな。
本作で得をしたのは、富司とその息子、あとは奥菜かな。
幾ら齢90の巨匠でも、許されることと許されないことがあるだろう。
初見の感想はこんなところ。
もう一度観るかどうかは微妙。

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:59:40 ID:Vtf0oQR9
底意地の悪い見解だが、今回の映画製作を集金に利用したという穿った見方も
出来はしないか(あまりにリメイクの必然性を感じないので)
市川監督+犬神家+松嶋奈々子だけで結構なスポンサー集められそうだし。
ただ映画そのものが営利を目的とした興行だということを考えれば詮ないことか

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:45:12 ID:pz1gpzb7
明日、島田揚子がフジテレビに出るらしい

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:51:09 ID:CDe+8mfs
つーか佐武が1番イケメンだったなw
平成仮面ライダーファン(クウガ)の奥様達はまさか首役にされるとは思ってもみなかっただろう。
奥様達は生首をみたくなく映画館から遠ざかったことも低迷の一部かもw
熱狂的なやつもいそうだからな。
結構30半ば〜40代はターゲットになり得たと思うからな。

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:39:10 ID:95mHewzb
東宝映画はコケまくって欲しい
愚民を煽って大儲けしているのだから

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:52:40 ID:bKSVkAO5
「冒頭に東宝マークが表示されたら東宝映画」と思い込んでる人ってまだいるんだね。

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:04:08 ID:87YQySiD
佐武が最初及川ミッチーに見えた

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:05:12 ID:0aJDf9E/
そりゃ、東宝と東宝映画の違いなんて普通の人は知りませんて。

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:23:45 ID:TGPDPOsx
今は狭義には株式会社東宝映画が全額出資しているのだけが東宝映画なんだろうが、
(もう滅多に見られない)
東宝本体が製作委員会参加の形で部分出資しているのもあるし、そうでなくても配給元として事前に企画には加わるわけだから
(制作費のリスク負担はなくても、製作出資者より発言力は遥かに強い)
東宝配給作品をそのまま東宝映画と呼んで丸きり間違いというわけではない。
個人的には出資と関係なく、東宝撮影所を拠点に作られたものが東宝映画だな。よって新犬神も旧犬神も東宝映画。


401 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:30:56 ID:iazyIWzo
前作は加藤武さんがアクセントとして重要だったのだが、
歳をとってしまってアクセントというより
読経の間にはさむ鐘のようになってしまった。

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:35:13 ID:tzDEO90L
オリジナル見たことないんだけど、これおもしろい?

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:57:58 ID:gz539+nU
2年前のTV版「犬神」をみたが、三田佳子の松子奥様よかったし、
生首もけっこういい出来だった。
岸田今日子が琴の先生をやってたんで、それを見るためだったが、
全体も悪くなかったし、犬神翁の亡霊もよかったぞ。
映画はこれよりもずっといいんだろ。
田舎だから、3月くらいにならないとこない。今から楽しみにしている。

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:06:48 ID:JLIs3cwl
>>400
>東宝配給作品をそのまま東宝映画と呼んで丸きり間違いというわけではない。

こりゃ変だ。東宝グループの中でも配給を担当する会社と製作を担当する会社は別。
そんなわけだから東宝が製作委員会に入った映画が大当たりしても東宝映画は全然関係ないんよ。
逆に東宝映画が製作委員会に入っていても発言権は出資額で制限される。
ちなみに東宝撮影所も東宝映画の持ち物じゃないんで、その辺ヨロシク。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:12:57 ID:mNBQaE1M
>>402
オリジナルを見たことがなければ、娯楽作として充分
楽しめる。
ここで不満を述べている人の多くは、76年版との比較
によるものだから。
個人的には(大きな声では言いにくいが)、76年版より
好みだったりする。

>>403
稲垣版の犬神家は誠実に(演出の星護が横溝オタらしい
ので)作ってあったが、やはり劇場版には及ばないと思う。
個人的には稲垣版「八つ墓村」は大傑作だと思っているが。

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:15:09 ID:mNBQaE1M
>>400
純粋な東宝映画っていまやゴジラぐらいだろ

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:35:15 ID:87YQySiD
横溝作品はフィルム仕様でないと雰囲気出ないんだよねー
だからテレビ版はあまり好きじゃない

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:43:26 ID:86nWszMI
旧作では松子が珠世に
「助清を待っていてくれ」か「助清をよろしく頼む」と言って
そんで助清が「母さん!それ言っちゃいけない!!!」
みたいなシーンなかったっけ?
心に残った台詞だったんだが…。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:44:12 ID:8V5Oycpo
オリジナルだけDVDで観たんだけど「斧、琴、菊」ってどこかで聞いたことある・・・

ってサクラ大戦だったorz

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:46:18 ID:mNBQaE1M
>>408
少なくとも76年版の映画にはそういうセリフはないよ。

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:58:48 ID:CDe+8mfs
>>403
あの生首はつくりものじゃなくて、
菊人形の中に俳優がはいってて首出してるだけだぞ。
たしかあの首役は平幹二郎の息子だった気がする。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:03:52 ID:86nWszMI
>>410
そうなんだー。
いったい何と間違ったんだろう…。

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:10:39 ID:fcORwCVg
今日見てきました漏れ的ツボポイントは

1、松嶋と翁の2Sでの松嶋の巨大さ
2、翁ぬっころがり襖ぶっ飛ばし
3、菊蔵の驚き顔
4、還暦越え石坂のダッシュ
5、深田のデカ足(萎え)
6、深田のデカ尻(萌え)
バッドポイントは
1、スケキヨのまつげ
2、翁のピアス穴
3、台詞が標準語(現代語っぽい)

ってとこかな?っつーわけで、ドンドン食べなさい!


414 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:14:28 ID:86nWszMI
>>413
「翁」って犬神佐兵衛翁と思ったじゃんかー
死にかけてんのに襖ぶっ飛ばし…って驚いたぞ。

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:21:27 ID:f+UhKbp4
市川が原作にない創作を加えれば加えるほどダメになることがよくわかった作品だな

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:33:05 ID:Gi2Uq3Md
まあ市川監督自身は脚本家としては大したことないってことてすよ。
やっぱ夏十さんを失ったのはデカかった。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:38:23 ID:f+UhKbp4
本もダメ配役もダメ
菊之助は大失敗だったな
あおいの汗臭い演技に遠く及ばない…
人間臭さを前面に押し出さないと、佐清にならない。
まるで二人静馬のようだ。


418 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:39:57 ID:mNBQaE1M
>>417
佐清は菊之助の方がいいだろうよ。
小太りでチビのあおい佐清は、当時見ても違和感あった。

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:44:14 ID:AuzePR9a
静馬のマスク面はあおいの圧勝。
菊之助のマスク面はちょっとマヌケ。
あおいの佐清は太っていて逃げ隠れして
生活してたとはとても見えなかった。

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:45:13 ID:fcORwCVg
っていうかあんたたち今回の犬神家になに期待してんの?
石坂がキャスティングされた時点で爆笑モンのトンデモ映画でしょうがw

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:46:05 ID:f+UhKbp4
いや、イメージ的には中井貴一あたりだが、
金持ちのボンボン臭はゼロでいいんだよ。そういう作品なんだから。

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:50:49 ID:86nWszMI
>>420
なんで?

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:08:28 ID:AuzePR9a
>>420
市川&石坂金田一が大好きなんだよ。

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:12:56 ID:gDs+xBb8
CM流しまくり
大コケどころか大赤字だ

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:17:42 ID:86nWszMI
ファンは売上げとかどうでもいいんじゃないかな。
特に70年代以降に生まれた人たちには。

だってまさかリアルタイムで劇場で
市川&石坂コンビの『犬神家の一族』を観れるとは
思ってもみなかったからね。
作ってくれただけでもありがたい。

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:23:06 ID:f+UhKbp4
>>424
松嶋の知名度と富司の親子競演で話題性を高めて売ろうとした思惑が大ハズレだからな
作品の出来映えよりも興業的なものを優先させた報いだね。
今は、前評判よりも実際に見た人の評判のほうが集客に影響するわけで、
情報化社会に対応してない映画作りの見事な失敗例になったなw

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:30:08 ID:qIFJ32pb
面白かった。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:58:29 ID:ue7nM9He
ID:f+UhKbp4 の負のエネルギーがまるで静馬みたいだ

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:02:27 ID:TZLhurQE
あおいはたしかにふくよかだったが
荒んだ感じは菊より出てたんじゃないかな
声が矢吹ジョーだからかな

菊はとても戦争で修羅場をくぐってきた風にはみえなかった

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:03:27 ID:85u0N0Nt
犯人の物的証拠って何かあったっけ?

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:09:11 ID:nftz58QE
そうか、何で刑事が尾藤さんなのか分からなかったんだが、
ジョーつながりか・・・。

432 :岸恵子(本物):2006/12/22(金) 20:23:42 ID:Ec4CZILv
コーヒーを入れないクリープなんて…ねぇ?

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:24:54 ID:ue7nM9He
>>431
市川映画の常連俳優<尾藤イサオ
代表作は「股旅」

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:39:23 ID:kz5qhcjl
ヒット作を嗅ぎつけるあざとさに長けてる菜々子も、今回は外したな。

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:48:30 ID:URPYpQni
「面白かったから、また見に行こう」というのはあるだろうけど
小学校の頃、横溝ブームを堪能した私には今回の犬神家は
「つまらなかったからもう一度見に行って色々確認してみようかな」
という変な思いが沸いて来た

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:12:23 ID:gDs+xBb8
東宝映画はコケまくって欲しい
邦画をダメにして大儲け

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:14:47 ID:wWQ13AtZ
今後、石坂の後釜は誰がいいと思う?
稲垣じゃあイメージ違うし、
石坂のあの柔らかいしゃべり方できる俳優いるかな
堤真一あたりはダメかな?
いい人いない?

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:18:59 ID:3U1NPnun
>>434
まあ、一つぐらいはずしても彼女の場合は大して影響ないでしょ。
一応、最低ラインの興行収入は確保できそうなんだしさ。

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:20:37 ID:m+wGtWl/
http://bcca.web.fc2.com/

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:25:50 ID:fsTFufTy
>>437

当分、石坂以外に考えられないし、石坂以外見たくない。
リメイクでケチが付くのなら、横溝未発表作品を。
B級でもいい。

仮面舞踏会や迷路荘の惨劇などを。


441 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:29:35 ID:VBl+CUR+
吸血蛾や幽霊男や魔女の暦をキボン

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:01:09 ID:/v8syPDJ
幽霊座が見たい

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:15:32 ID:zvcSIwVf
この前発見された作品で加筆された「日時計の中の女」、「香水心中」、「首」あたりをやったらどうよ

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:18:26 ID:h/bNR9WV
あ、ミュージックステーションにアンジェラアキが出てる
恥ずかしながら、初めて見た

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:24:16 ID:85dGxHby
昨日見てきた。飽きずに見られた。面白かったよ。
ただ、菊之助と菜々子が似合ってないのがおしかったな。
菊之助って人、歌舞伎界では美形で雰囲気ある人なのは
わかる気がするけど、恋愛するイメージが全然わかない…。
抱き合っているシーンは違和感あったなー。
でも、もう一度見たい作品だと思ったよ。

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:26:21 ID:TGPDPOsx
前作の制作費が2億円だそうだから。
物価換算で  4億円
撮影期間余計にかかって 6億円
テレビ放映とビデオ化権先売して マイナス2億円
宣伝配給費 3億円
で採算点7億円、興収ベースで13〜14億円てとこじゃないかなあ。
劇場網からみて、それ以上かかっているようには思えない。


447 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:29:27 ID:IJ1Veg9/
昔のDVD見直したけど、俳優の演技がすごいねえ。
はずれたキャスティングは皆無 
高峰さんが圧巻はもちろんだが、あおいの演技ももっと評価されるべきだった
マスクのせいで、別人過ぎたせいかも
見事な二役だよ。

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:51:31 ID:Im/P4tK4
あの音楽と石坂浩二の金田一ってだけで嬉しかったりするんで楽しみに行ったんだけど・・
松嶋菜々子が微妙に美しくないのと、
いかり肩と丸顔がやたら目立つデッカイ女で、どうも、違ったなあ・・


449 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:56:17 ID:AuzePR9a
名探偵にはライバルがつきもの。
金田一のライバルといえば怪獣男爵だけど
映像化されたことないね。物理的威力もすさまじい
から映像に不向きなのはわかるが1度くらいされてもいいのに。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:57:56 ID:VBl+CUR+
ジュブナイルの金田一はどうみても同名異人だから
映像化はイメージダウンでしかない

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:09:32 ID:URPYpQni
こんな犬神家の一族は嫌だ
  女中  宮崎あおい
珠代  中島美嘉
金田一  渡辺謙
  佐清  木村拓哉
   佐武  地井武男
   佐智  森本レオ
  小夜子  奥菜恵
  佐兵衛  阿部寛
  三姉妹  コシノ姉妹
  等々力  中村獅童
  弁護士 田村正和
神主 関根勤
菊乃 新垣結衣
猿蔵 亀田コーキ
琴の先生 金剛寺武志
柏屋主人 円楽
那須主人 角川春樹
小竹小梅 マナ・カナ

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:10:55 ID:P46dRkK2
佐清と佐武・佐智のその年の差はなんだw

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:11:35 ID:fYv2nD2/
>>448
菜々子は色気が出てきたけど、顔は老化したな

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:13:09 ID:zEMZJsrn
今日初めて観たんだけど、途中で気持ち悪くなって出たくなっちゃったよ

なんていうか、相棒の水谷豊とか、古畑任三郎の田村正和みたいに
金田一さんが、ものすごい推理をして解決するストーリーじゃないんですね


455 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:16:12 ID:yVkUlAvR
菜々子キスシーンはゲロウマなんだけどなぁ

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:28:55 ID:xFbuLogP
何年か前、何のイベントか記念か知らんが
渋谷パンテオンで旧やった時、友達が行ったんだけど
ロビーでへいちゃんと坂口良子がふつーに話してたのを目撃したって。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:30:57 ID:9CXKcpOh
>>454
よく意味がわからないんだけど、
金田一がすごい推理をして事件を解決するストーリーじゃなかったから、
気分が悪くなったの?

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:34:04 ID:VBl+CUR+
倒叙形式の古畑任三郎と比較してる時点でアレな人かと

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:38:58 ID:SEdFbRRS
女中はぁぉぃがよかった

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:39:36 ID:udQx+PXi
>>451
まず女中からキャスティングしているところがシブい。

> 珠代  中島美嘉
> 金田一  渡辺謙

> 猿蔵 亀田コーキ

ジッと双眼鏡を構え、待ち続ける金田一 
「まだです…水がボートを埋め尽くすまで待ちましょう」

走り出てきて水に飛び込む猿蔵
しかし3分ごとに戻って休憩せねばならないので珠代のボートにたどりつけない

金田一 珠代のボートが水没するのを確認してから 「…やむをえんでしょう」

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:40:19 ID:TGPDPOsx
一瀬Pの恩返しとはいえ、石坂浩二もこの年齢でメジャー映画に主演できるとは思わなかっただろうな。
男優では過去ふりかえっても高倉健と仲代達矢ぐらいじゃないか?


462 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:40:25 ID:AuzePR9a
よく金田一は事件を解決してないとか未然に殺人を
抑止してないって批判あるね。
金田一の魅力は好奇心の旺盛さと人間観察力だと思うが。
犯人が自殺するのわかっててもちゃんと自殺させてる
のも金田一のやさしさだと思うな。


463 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:42:13 ID:JF74rube
島田陽子と松嶋奈々子の身長は確か同じ位だったと思う。

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:47 ID:LMqNhbPm
>>431
松子役は「3時のあなた」司会つながり。

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:47 ID:ogtGndO2
>>437
堺雅人で。
というかもう市川金田一のイメージから離れてもいいような気もするが、
それじゃあ売れないんだろうな。

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:52:17 ID:7clEsPcL
珠代が偽助清に懐中時計を手渡すシーンで時計の鎖が
やたらプランプランしてるのが気になったよ。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:59:35 ID:TGPDPOsx
堺雅人とか佐々木蔵之介はある程度のファンはいるこたいるんだけど
こういうオールスター映画の主演は無理だよ。
どうしもすぐ殺されそうな雰囲気になっちゃうし、現場でも苛められそうだ。



468 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:10:54 ID:FXT4buNx
>>461
だね。
もう2度と出なくいいね、醜態を晒すだけだ。
いない方がマシ。

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:18:51 ID:Sk7xxgfr
七個の存在感が薄くない?

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:20:56 ID:TIepf5mf
何か憎悪むきだしのコメントはみっともないな。
悪口はスマートにね。


471 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:22:08 ID:zCRkKnEb
宮崎あおいや長沢まさみだって
当時の島田とたいして歳変わらないんだものね…

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:27:28 ID:TIepf5mf
>>469
物語のキーウーマンなのに出番もセリフも少ないからね。
そいいう意味では、あんがい難役だ。


473 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:27:49 ID:FXT4buNx
>>471
貞操感が感じられないから、どっちもダメだね。
当時の島田陽子は触るのも憚られるくらいの清純さを醸しだしていたからねぇ。
あの神々しい美しさ、まるで女神様のようだった。

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:44:47 ID:nGfeOUFS
「貞操感」「触るのも憚られる」といっても、
はりせんぼんの二人みたいんじゃダメなわけだよね
集客力がないだろうけど浅田真央のお姉ちゃんとかいいな

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:00:56 ID:kpY0NNNm
この映画の音楽(特に旧作)って、漫画カリオストロの城の音楽に似てるよね。

今回のより旧作の方が面白かったなぁ。
でも、今作を見て旧作のあおいさんの演技が良いことがわかった。

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:03:33 ID:zCRkKnEb
この前の「砂の器」みたく、市川金田一シリーズを
デジタルリマスターとかやってまた上映してほしいな

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:09:59 ID:/ykv4lq+
>>475
そういうレスを見ていつも数秒考え込んでしまうんだが、
カリオストロも犬神家旧作も、両方大野雄二の音楽だって
当然わかったうえで、でもあまりにも似すぎてないか?てことなのか、
それとも、そもそもそういうことも知らないのか。
この板の人間で、この映画が好きなら知っててあたりまえと思いつつ、
ちょいと判断に迷ってしまうときがある。

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:15:21 ID:PzI3Ab/I
>>477
俺は「オープニングがエヴァっぽい」なんて感想見るたびに考えてしまうw

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:20:33 ID:M4stDwv6
大野雄二はテーマ曲だけだということがなぜわからんのか

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:23:49 ID:/ykv4lq+
新作はね。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:27:01 ID:jK2gO4lx
今作のテーマ曲は誰の曲ですかね?

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:29:44 ID:M4stDwv6
もうやだ

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:33:40 ID:vjLVOpOR
今日観て来た。悪くない。ってか良い。
でも松竹梅三姉妹の演技は旧作のが断然良い。

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:10 ID:FXT4buNx
>この映画が好きなら知っててあたりまえ

>この映画が好きなら知っててあたりまえ

>この映画が好きなら知っててあたりまえ

             「\
             〉 >         /7
            / /         〈 <
           /  |           |  |
          /  /            /  /
          〈  <         /  /
          \ `\       |  |
            \   \      /  /
             \   \  /  /
               ヽ    ヽ/   /
             __|    ´   /__
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


485 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:40:57 ID:/ykv4lq+
なんか、クリティカルヒットしたらしい

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:45:01 ID:Riye5Cfi
いつも思うんだけど、
珠世とスケキヨってどうなの?
結婚とか恋愛とかしていい仲だっけ?

スケキヨ→さへ〜の愛人の孫
珠世→さへ〜の恋人の孫

血縁関係としては何に当たるんだろう…

新聞の広告欄

"お正月映画の本命は、これで決まり!!"
って佐清がくす玉持ってちゃダメだろぉ…

と思ったが車椅子の監督見て何も言えなくなった…
"遺作"にならないでね。

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:52:30 ID:FXT4buNx
>>486

普通にいとこ同士ですよ

あと市川は、上のほうで他の人が言うように名義だけだと思うね。
箔をつけたいだけなんじゃないかと。あれでメガホンは無理でしょ。

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:55:36 ID:0Y9Gorvy
>>487
メイキングみたら、普通に監督やってるんだが
車椅子から立って芝居つけてる映像もあったし

つか>>487の過去レス読んだら、憎悪アンチかよ



489 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:57:40 ID:FXT4buNx
別にアンチじゃないけど。
メイキングそのものが創作じゃないかw
現場を見てきたようなことを言わないでくれ。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:59:40 ID:nGfeOUFS
編集もデジタルじゃなくて自分で手でやったみたいね
どうりで若い頃のキレのある仕上がりじゃなかった
とにかく昔の昆はスタイリッシュでかっこよかったもの
でも、こうしてリメイクみれただけでも嬉しいよ
九十代で監督って
レ二・リヒテンシュタールとかポルトガルのオリビエラ位?

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:02:55 ID:FXT4buNx
自分の手?
というか、四十七人あたりから、なんとなく変わったような気がするのは漏れだけかな…

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:03:27 ID:VUVnWRUU
>メイキングそのものが創作じゃないかw

>メイキングそのものが創作じゃないかw

>メイキングそのものが創作じゃないかw

             「\
             〉 >         /7
            / /         〈 <
           /  |           |  |
          /  /            /  /
          〈  <         /  /
          \ `\       |  |
            \   \      /  /
             \   \  /  /
               ヽ    ヽ/   /
             __|    ´   /__
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



493 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:04:44 ID:0Y9Gorvy
そうだね
ひとつ下の世代だとアルトマンが頑張ってたけど、先日天に召されたし

リーフェンシュタールもいまは映画やってんのかな?
近年は写真家業の印象強いけど

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:06:10 ID:2v+PW5Dt
犬神家はコケて欲しい
邦画バブルは終わるべき

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:08:03 ID:FXT4buNx
>>493
いや、だから、世界最高齢って犬神らしいんだけど、そこが怪しいさ満点なんだがね

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:10:59 ID:FXT4buNx
>>494
なんで邦画バブル?
市川人形の首が手塚に挿げ替えられてたからか?

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:23:02 ID:zCRkKnEb
今回も自分の編集機で切り貼りしてやったんでしょ

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:38:30 ID:WgFZqsPX
やっぱり金田一は石坂浩二に限る、と観てしみじみ思った。

今回の加藤武は金田一を目の敵にしないからあまり面白くないなあ。
とりあえず続いて「本陣殺人事件」を是が非でも!!!

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:41:29 ID:TIepf5mf
>現場を見てきたようなことを言わないでくれ。
どっちが・・・?


500 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:50:28 ID:0Y9Gorvy
>>498
特番で石坂が「市川監督は、横溝作品のなかでも「母の哀しさ」が描かれた作品しか
選んでない」と言ってたんだが、
本陣ってそういう要素が薄いから選ばれなかったんじゃないかな、、、

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:55:02 ID:ySul3VGz
「若林さんに死なれて宿の支払いとかどうしようかと思ってた」

という台詞があるが金田一はこの頃それほど金に困ってたのか?
それとも単にケチな男なのか。大体前金とか貰ってるはずなのに。

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:58:31 ID:CvoHlXkT
>>501
そんな事考えてもしょうがない

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:03:27 ID:/ykv4lq+
前金じゃなくて、着手金じゃないか?成果によって成功報酬。
着手金だからといって、即時支払いってわけでもないと思うが
若林の依頼から死亡までの時間なんて忘れちゃった

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:03:54 ID:MUw/Oy1O
どうぶつの森とブリーチという思い切り子供向けのアニメに興行収入負けてるorz

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:24:27 ID:M1f0wVa5
>>504 そりゃ子供(ファミリー)には勝てないよ。
っていうか1976年が異常だったんじゃないかな?
だって当時、小学3〜4年だった俺にだって聞き及んだんだぜ?
「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」の名前がさぁ。
あの頃が異常だったってしか思えない。


506 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:33:33 ID:Ynmr2tTX
>>408
>旧作では松子が珠世に
>「助清を待っていてくれ」か「助清をよろしく頼む」と言って
>そんで助清が「母さん!それ言っちゃいけない!!!」
>みたいなシーンなかったっけ?

亀だが
毎日放送「横溝正史シリーズ」の犬神家の一族。
京マチ子が松子役、金田一は古谷一行。
「お母様・・(中略)僕たちにはそんなこと言う資格なんか(無い)・・・」
 
古谷金田一もいいなあ。

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:35:27 ID:FXT4buNx
>>505
異常とか言うかなぁ…
沖縄返還があったから、そういう当時の時代背景が影響したんじゃないかな?
今のような世の中ではウケなくても普通。

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:46:10 ID:M1f0wVa5
ドリフのコントでもよくやってたしなぁ。金田一ネタ。懐かしい。

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:58:02 ID:F/VXqeL+
この映画のセットには全てスロープが付けてあった。
もちろん普通の映画のセットにはそんなものはない。
ロケセットでも車椅子専用の通路が作られていた。
通路が作れない時は車椅子は御輿に早変わり。
「箔をつけたいだけ」ならこんな苦労する必要はない。
監督用のモニターのケーブルを伸ばせば良いだけ。
監督補佐が活用された場面なんてほとんどないよ。
手塚氏が撮ってたなら、もっと短いスケジュールで済む。
監督の体調に合わせてたからあんなに伸びたんだからね。

と「現場を見てきたこと」を言ってみるテスツ。

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:30:53 ID:Ka4uB4mr
昨日見て来た。やっぱりこういう世界好きだなあ。

もう少し世界に浸りたいと思いアマゾンで調べたら
特集本で「金田一耕助コンプリート」ってやつと
「僕達の好きな金田一耕助」って言うのが出ているらしいけど
買った人居ます?どんなもんなんでしょう。
最新の「僕達の〜」を購入しようかと検討中なのですが
本屋にないので見比べられないのが残念。

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:40:55 ID:PkbuI/Sl
>>505
あの当時、子供心に妙に怖いインパクト受けたんだがなぁ。
今の時代にはヒットする作品ではないよね。

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:41:41 ID:k/bTw+2u
金田一耕助 The Complete

ttp://www5.ocn.ne.jp/~clubkkk/contents.html




513 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:45:34 ID:/ykv4lq+
>>510
コンプリートって、2年前の本だよ。
でも、中身の充実度は主観的にはどっちもどっちって感じ。

「18人の金田一耕助」>>>>>>>>「コンプリート」≒「僕達の」

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:22:22 ID:M1f0wVa5
>>511 うん。時代が違うと思うよ。
一瀬は何を勘違いしたのかなぁ?去年、三丁目の夕日が当たって懐古映画なら当たるって勘違いしたのかなぁ?
大体「生首」が出てくる映画なんてサカキバラ事件を思い出す人が多くて印象が悪いんじゃないの?
少なくともファミリー向けじゃないよ。今の世の中ファミリー向けの映画が一番売れるんだよ。

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:25:36 ID:s2WVzoom
以上、他人のことを言えないほどの勘違いでした。

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:13:16 ID:ycPBV4lP
>>493
リーフェンシュタールは何年か前に死んだはず

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:20:17 ID:jcMlF02+
確かに自分の場合、志村けんが初めての金田一
でもドリフのコントはお化けや幽霊が活躍
志村だけ襲われたり見えたりして署長に助けを求める

後から元祖石坂金田一を初めて見たとき
いでたちやフケとか懐かしさを覚えた
キャラは全然違ってたけど

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:42:56 ID:xnAJAHW7
金田一は今でもテレビでやるくらいだから
決して時代に合わないっていう訳でもないと思うけどな

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:08:58 ID:lx/miv/v
面白かった。期待以上。
旧作は音声と映像がいい意味で悪いから、そこは勝らず。

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:09:50 ID:zCRkKnEb
レニは亡くなったっけ?でも
90すぎても海の映画撮ってたよね?

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:44:45 ID:mf1169Di
2002年に100歳で『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海』を完成させて、その翌年に永眠。

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:52:06 ID:7B9yXTQq
普通は二人目が殺された時点で大騒ぎだよな。
遺産争いどころじゃねえだろと。
意外とみんな淡々としてる。
ハリウッドでリメイクしたら面白そう。

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:56:30 ID:RgZgtLsd

       「\       .「\
       〉 .>      〉 〉
       / /      / /
      /  |        /  |
      /  /      /  /
     (  〈 .    /  /.
      \ `\   |ヽ |
〜〜〜〜〜\ . ω/  | 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^
〜〜〜〜〜〜ヽ  U ´  ノ  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



524 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:06:05 ID:zCRkKnEb
100歳!市川昆も100までがんばれ!

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:08:36 ID:Bbgs1xxu
スレ違いを承知でお願いします。
どなたかこの映画のクレジットを教えてください!!

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:11:56 ID:iRrgiRCo
>>486
再従兄妹(またいとこ)。互いの親がいとこ同士の間柄。
法的な問題は無し。いとこ同士、つまり佐智・小夜子の結婚もOK。
佐清・珠世は互いの祖母も違うし、
父親はどちらも婿養子。
遺伝的な問題も「全くないとはいえない」程度かな。



527 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:12:58 ID:Yl+3xRP0
犬神家の一族って、犬神ツキを。なじってつったのが、この映画だろ
たぶん、、、、
犬神つきて検索すると、わかるけど、犬のたたり、がだいだいつずいてる
のが犬神つきだろ、みんなしらないかな???


528 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:14:01 ID:iRrgiRCo
あ、従兄弟で良かったのか。

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:19:44 ID:iRrgiRCo
>>527
日本語で頼む

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:23:05 ID:uBXH0WAJ
七個の役はどう考えても仲間しかありえなかっただろう。

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:23:18 ID:jQwAaWZ+
>>522
馬鹿じゃねぇの、金田一は日本特有の、じめっとした感じが良いんだ蛸

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:39:21 ID:ePbeqJBw
>>527
「日本の憑きもの」(中公新書)って本を読むと面白いよ。

原作小説では、主要人物の名前に「犬神」という言葉を持ってきたこと以外には
憑き物にまつわる事柄に関わるような内容は一切ない。

むしろ映画版(特に旧作)の方では、やはり前面に大きく出してはいないものの、
何か超常的なものの存在を取り入れていて、松子夫人が箪笥の中に祀っている
犬神のイラスト(上記の本の中に挿絵として収載)を拝むとか、佐兵衛の姿が現れるとか、
なにより松子夫人が殺人に至る時は何か他のものにつき動かされたようになる…とか、
憑き物を前提にするとストーリーが凄くスッキリ分かりやすくなる。

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:40:36 ID:7iXk4htV
このままコケ終わって欲しい

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:43:25 ID:eoQffrGI
>>532
あれ犬神のイラストだったの?
フェレットかと思った。

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:52:12 ID:dhtnKsiC
>>526
静馬・珠世の場合はダメなん?

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:57:00 ID:thlzk5dL
>>534
一応、イヌガミの図ということになっているらしいw イヌと言っても半分架空の生き物で、
お稲荷さんの親類みたいなものかな?上に紹介した本にはこうある:

…山陰西部ではイヌガミはネコに似て口は耳まで裂け、目はトラのように鋭く、体には白と黒の反転があるといわれ、
徳島県那賀郡ではイヌガミに憑かれると驚くほどよく物を食い、死ぬとイヌの歯型がついているとう。
ここのイヌガミはイヌを連想させる。高知県ではネズミに似た小動物だと思われているところが多い。
…略…
大分県速見郡…に×家というイヌガミモチがあった。先代の婆さんは「犬神使い」といわれ、
部落の西側を流れている川の端の下に住んでいたイヌガミを拾って帰り、床下に飼っていたという。
イヌガミは一般人には見えないが、白黒斑のイタチのような動物で、歩くときは宙を歩くので足音も聞こえないと
いわれる…

などなど…半分は架空で、半分はイメージとしてイタチやフェレットの類を「イヌガミ」とか、
(キツネ憑きの)キツネとか、地域ごとの名称やイメージで呼んでいたらしい。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:08:07 ID:0K+vnurq
静馬は佐兵衛の息子、珠世は孫。つまり叔父と姪。
映画ではそんなの押しのけて全てモノにしそうだけどな静馬は。
あっでも映画では珠世が実の孫であることを暴露はしてないんだよね。
原作では大山神官の暴露によって血の濃さにビビッた静馬が、珠世との結婚を渋って静馬であることを
松子に告げ松子怒って静馬殺害なんだけど、映画では佐清じゃないことを
女の直感で見抜いた珠世の方から断るって話になってるんだね。

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:08:33 ID:M1f0wVa5
>>535 叔父・姪の間柄だからダメ。

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:15:06 ID:Ex4MiRUA
犬神の悪霊もリメイクしておくれやす

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:18:28 ID:M1f0wVa5
少し前に「狗神」っていうホラー映画あったじゃん。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:18:47 ID:dhtnKsiC
>>537-538
サンクスコ
にしても脚本説明不足だし、逆立ちシーンの前に仮面のスケキヨの正体バラしちゃってるのがなぁ
リメイクするのなら脚本変えて欲しかったよ。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:19:32 ID:MmU+iXt2
獄門島や手毬唄も、リメイクしてほしい。

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:24:43 ID:Ex4MiRUA
>>540
猫投げオバサンのやつか・・・

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:59:07 ID:eoQffrGI
>>506>>536
ありがとん。

にしても奥が深いな〜犬神家の一族は。


545 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:02:13 ID:CGhxshfA
犬神家の一族もいいが、
女王蜂も、八つ墓村もいい

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:47:44 ID:TIepf5mf
原作は犬神憑きとは一切関係ない旨横溝正史が明言している。
「山田家の一族とか小林家の一族では平凡やさかい」




547 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:11:02 ID:YoPnK+i7
>>キムチ半島の方ですか?

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:11:16 ID:ZtBg1gjq
>犬神のイラスト(上記の本の中に挿絵として収載)を拝むとか、

このシーンは今作にもあるの?。

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:22:13 ID:YoPnK+i7
アンカ付け忘れた
>>547>>494へのレス

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:26:50 ID:eoQffrGI
>>546
江戸川乱歩に「犬神なんてキモチワルイ!!」って言われた時の言い訳ね(笑)
乱歩の書く小説も気持ち悪いけどww

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:39:59 ID:zCRkKnEb
監督は別でも仕方ないけど「フレディVSジェイソン」みたいに
「佐清VS多治見要蔵」とかも映画を作ってほしい

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:44:51 ID:eoQffrGI
>>551
青沼静馬VSではなかろうかと…
佐清はむしろ好青年www

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:56:10 ID:zCRkKnEb
しかし、考えようによっては
佐清が財産も珠代も一人じめにするために
全て仕組んで誘導し、親の情けまで利用したと考えると
佐清こそ本物のワルだったりしてね

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:02:32 ID:nGfeOUFS
市川金田一映画に見られる終戦直後の日本や
復員のシーンとか、いつ見てもいいな
今回の犬神家では本物のフィルム使ってたのかな、あれ。

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:03:01 ID:ADPWWIjB
>>551
静馬は人殺しじゃない

556 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:22:38 ID:AtcduUtp
>>553
んなわけねーだろw
勝手に宮川香琴の存在を無視すんなwww
というか、無視され気味だけどなwww
松・竹・梅と息子たちに比べて、見落とされやすい作風が悪いんだが。
改善はされてないな。前回よりも映像的には技術の進歩を感じさせるが、
内容的には退化してるって言うか、ますますボケると言うか…
やっぱ市川のボケが進んだからなんだろうなーと。

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:22:40 ID:4FaMzSev
413 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/22(金) 18:10:39 ID:fcORwCVg
今日見てきました漏れ的ツボポイントは

1、松嶋と翁の2Sでの松嶋の巨大さ
2、翁ぬっころがり襖ぶっ飛ばし
3、菊蔵の驚き顔
4、還暦越え石坂のダッシュ
5、深田のデカ足(萎え)
6、深田のデカ尻(萌え)



1、2番
俺も面白かった。
松嶋は下品な感じがにじみ出ててエロかった。
フカキョンが可愛かった

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:35:11 ID:ADPWWIjB
フカキョンを二度とスクリーンでみたくない。
いちおう芸歴そこそこあるんだから少しは上達しろよ。自分で恥ずかしくないのか。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:47:26 ID:nGfeOUFS
佐清 対 はだしのゲンの清治さん
というのも面白そう

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:52:06 ID:AtcduUtp
>>558
たぶんアレでいいの
坂口と比較して、とても不自然で人口的な「はる」役なんだから。
ようするに、別の意味の光と影なんだろう。もちろん前作が光だが。

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:53:33 ID:Qt0VHVve
>>558
深田と聞いて漏れが思うのは「神様もう少しだけ」だよ・・・
これ以外作品名が思い浮かばない。
>>557
深田って足何cmぐらいあるんだっけ?26とか聞いた覚えが・・・

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:54:04 ID:WCiBtqCX
フカキョンの剃り眉毛どうにかしてくれ。
あれでは昭和じゃなく平成だ。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:05:32 ID:gRUvaExR ?2BP(22)
>561
26。和田アキ子と同じ。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:15:56 ID:FAR3S23M
もう少し前に公開していれば今度の日本アカデミー賞に
入れたのだが・・・
次回になったらみんな忘れてるか誰か死んでるか・・・だ。

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:19:57 ID:eoQffrGI
>>564
監(ry

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:20:57 ID:JmizUF9X
深キョンのお色気シーンは有りますか?

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:32:07 ID:+txiczH4
>>564
ないない
技術部門も獲れないと思うよ。

しっかし、客のレビューひでーなwww
不評なのはともかく、何考えて見てんだろ?
観客が犬神奉公会じゃ仕方がない

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:42:50 ID:iiPo/1jv
警察署→尾藤運転のジープ→柏屋でのやりとりが、もどかしい位に『糞』演出!


569 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:46:51 ID:eoQffrGI
>>567
レビューってなんの?

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:48:04 ID:zCRkKnEb
白石加代子が出てれば

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:49:45 ID:+txiczH4
>>569
ん?
SKDのラインダンスじゃないかなー

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:52:51 ID:Ex4MiRUA
ジープでガッタンゴットン、警部が愚痴るって旧作にもあったっけ?
手毬唄でもあったけどシリーズのお約束?

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:54:05 ID:eoQffrGI
>>569
もーマジでググりそうになったじゃん、ヤメてよー。

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:54:40 ID:eoQffrGI
アンカーミスった>>571だだ。

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:55:35 ID:toai7oKR
見に行きました。
市川+石坂金田一ってことで期待してたんだけど正直がっかりでしたよ。
出演者の大根ぶりと単に昭和20年代をイメージしましたって感じで全く
重厚感がない建物やセット・・・
三谷幸喜の大根には怒りすら覚えたことが印象に残った映画でした。

旧作を知って見に行かれる人は、全く期待せず見に行くほうがいいと思います。
一番いいのは旧作のDVD鑑賞。

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:14:40 ID:iiPo/1jv
でも…(ToT)
『武士の一分』
『大奥』
『犬神家の一族』
の三本見たけど…
『犬神家の一族』が一番面白かったよ!
『武士の一分』
ラストが大糞!
『大奥』
問題外!


577 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:30:20 ID:Ex4MiRUA
でも角川映画のDVDって最初の火の鳥(鳳凰?)が飛んでくるアニメがないから
なんか味気ないw

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:34:45 ID:M4stDwv6
そもそも角川の映画になにか期待するなんてこと自体がおかしい

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:41:01 ID:V2fVYetF
>>575 あんたは正しい。


580 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:47:32 ID:+txiczH4
>>578
GetBack!!

だろ

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:52:35 ID:aHLjQWU7
>>575
まったく同じ意見です。

>>576 『大奥』 問題外!
これも同意!

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:57:45 ID:ni5XK2Oq
おっぱいポロンは無し?
無いなら見る気しない!

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:03:01 ID:4FQ/CpOq
スケキヨのお面売ってたよ。

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:16:54 ID:MvNmhk2V
>>575
旧作を一生見続けてれば?

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:21:14 ID:4vaM5nsX
そんな言い方はないだろ。
良く言えば絞り込まれたリメイクとも言えるが、
はっきり言ってボケてグダグダじゃないか。
細部までチェックすれば、技術的に優れている面も多々見つけられるだろうけど、
作品の全体像は、きちがいレベルだ。
仕方がない。

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:26:03 ID:BJNwuhlm
>>548
あったよ。旧作はテレビ画面でしか観た事が無かったが、
今回はスクリーンで観たのではっきり確認できて個人的には満足。

原作小説では、松子夫人の一連の行動の動機と、
その後に偶発的に起きた事後共犯の経緯が、漏れなく記述されている。
だから読めば一応納得できるように書いてある。

映画でも松子夫人の動機はセリフを通じて情報としては一応提供されていて、
それだけで辻褄は合うように表現されているんだけど、文章でなら伝わる事も
映像では一度言われたくらいではピンと来ないような分かり難い話ではあって、
そこで佐兵衛の怨念のようなものが松子を動かして思い通りの結果になるような
行動をさせた…と何かオカルト的な風味も加えることで表現として改変・補強を図っている。。

何より、何か怖げな恐怖映画っぽいイメージを前面に出して売ってたのがウケたんだよね、
旧作の時は。だからてっきり怖いホラーだと思い込んでて、初めてテレビ放送で観た時は
拍子抜けした。



587 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:31:47 ID:y88XTBLl
コケて当然のデキらしいよ

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:00:45 ID:TIepf5mf
まあ85点かな。
一部俳優に不満はあったし、いくら出来のいい脚本でも旧作そのまま使う姿勢は疑問だったけど
まあこれだけ見事な起伏で映像美を楽しませてくれる監督は内外そうはいない。
一流の工芸品。
次作も楽しみにしています。

>>586
その期待にこたえて本当にホラーをやらかして大顰蹙だったのが松竹版八つ墓村。
横溝正史はあくまで論理と謎解きの人。

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:13:05 ID:ozMCt7Jh
松竹版八つ墓村は面白かったよ。
>横溝正史はあくまで論理と謎解きの人」
横溝本人が「 「謎の骨格に論理の肉付けをして、浪漫の衣を着せましょう」って色紙に書いてる。
「論理と謎解き」だけではここまで長く支持されなかった。


590 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:16:17 ID:VUVnWRUU
しかしもっとも興行収入を得た横溝映画も松竹版八つ墓村。
原作の持つ論理と謎解きよりもオカルト描写が支持されたのだ。

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:16:59 ID:Ex4MiRUA
八つ墓村は、子供にとってはあのケレン味が楽しかった。
カッと目を開く落ち武者の生首とか吸血鬼みたいな小川真由美とか。
芥川也寸志の音楽もラジカセに録音して繰り返し聴いてたし、
つのだじろうのマンガもまわし読みしてた。
「震える舌」とか「鬼畜」とか変な映画いっぱい作ってくれるんで
市川崑と同じくらい野村芳太郎にも注目してたw

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:19:38 ID:RZqm7YKr
前作の犬神家も、佐清が仮面を取る寸前のところを繰り返し流して、恐い映画のようにさんざん煽ったからな。

593 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:22:07 ID:zJtyFXnu
この映画改めて考えると シナリオ弱いよな
てか話が下らなさ過ぎる
前作は様式美で話が実は下らないこと隠してたけど
俳優 演出が劣ると 話が実は下らないことが分かってきて
それがつらい

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:23:47 ID:3MbBeT2r
最近、旧作のアルティメットも買って、尚更、見すぎてるせいか、
新春かくし芸大会かファンの真面目な再現自主映画のような、
徹底再現したのに迫力が出ないような感じを受けた。

ジェネリック医薬品みたいな、有名ラーメン店の支店のような。

多分、キャストが旧作を観ちゃってるんじゃなかろうか。それを越えようという熱演に至ってないんじゃかろうか。

浜田翔子の「ガラスのヒール」
のような、思いがけないところで魅せつけられたオマージュのほうが
グッとくる

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:26:17 ID:TIepf5mf
>>589
松竹版は骨組みを橋本忍趣味でオカルトにしちゃっている。
いちおう現実世界の話だと思っていたら突如変身怪物映画(だからヒットしたのか)。
リアリズムの人野村芳太郎監督がこういうのにてんで慣れてないもんだから
描写がアタフタしてて、そこは面白かったが。
そこまでは渥美清以下のキャストは立派だし、音楽は良いし、カメラは流麗だし
(東宝の村木忍にバカにされた美術もそれほど悪くない)
大作の風格は持っていたのに。


596 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:31:07 ID:ozMCt7Jh
>>595
原作のもつおどろおどろしさを強調しすぎるきらいはあったけど
「論理と謎解き」以外はいらんというのには同調できなかった。
>>593
原作読んでから発言してくれ

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:34:12 ID:rtLzLfS3
横溝正史が論理と謎解きの人って・・・
アホですか?

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:36:49 ID:TIepf5mf
>>595
横溝正史を、論理と謎解き以外はいらん、という風に解釈した映画化など無かったと思うけど。
市川版だって十分に怪奇色は盛っているし。
ただ、佐平衛の幽霊をはっきりと出現させて全体の意味を変えるようなことだけはしなかったけど。



599 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:38:36 ID:ozMCt7Jh
>>598
それは自演なのか?

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:40:18 ID:wjj265bP
>>595>>598

入れ替わりトリック失敗!

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:41:31 ID:TIepf5mf
>>597
そうでないという論考が発表されているなら、ぜひ教えてくれ。


602 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:43:03 ID:6DUz6R1b
七個と翁の2ショットを見たとき、フラガールのしずちゃんかと思ったよ。

603 :598:2006/12/23(土) 19:43:35 ID:TIepf5mf
>>596
だ。間違えた。


604 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:45:16 ID:wjj265bP
1人あたふたしてる人がいますねw

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:46:33 ID:tIdmFbHT
今日見てきた。
全体として面白いと思うし、よくやったと思う。
でも、やはり高峰三枝子の偉大さがよくわかった。

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:46:37 ID:4vaM5nsX
>>597
風流を解せないのだから仕方がない

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:49:49 ID:Z3wdRl7P
595 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 19:26:17 ID:TIepf5mf
>>589
松竹版は骨組みを橋本忍趣味でオカルトにしちゃっている。

598 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 19:36:49 ID:TIepf5mf
>>595
横溝正史を、論理と謎解き以外はいらん、という風に解釈した映画化など無かったと思うけど。
市川版だって十分に怪奇色は盛っているし。

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:55:08 ID:4vaM5nsX
ま、それはほっとけおwww

つか、おまいらのうちの分かるやつに訊きたいんだが、
横溝センセは、どうして76年の作品に出演する気になったのだろうか。
やっぱアレかね?ハルキのヤクでラリホーなのかねー?それとも。

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:00:01 ID:Z3wdRl7P
春樹と監督にセリフなしでいいからちょっとだけ出てくれと言われ、
ちょっとくらいならいいよ。セリフも一言くらいならいいと返事をしたら
台本見てびっくり。酒飲んで気持ちを落ち着かせて撮影に望んだ。

610 :縦溝正史:2006/12/23(土) 20:02:27 ID:Rtk0vpx8
>>608
角川でずいぶんとお世話になっているから断りきれなかったんじゃね?

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:12:50 ID:4vaM5nsX
うーん、、、だとは思ってみたりもするんだが、イマイチすっきりしないんだよなー
そこだけが、アレなんだよね。
よーし わかったー!とはいかないんだな、これが(^^;

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:16:46 ID:4vaM5nsX
しかし、このスレぬるいね。2ちゃんだけだな。
ほとんど糾弾大会になってもいいような気もするんだがw

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:17:11 ID:/ykv4lq+
>>611
「だとは思ってみたりもする」て次元じゃなくて、
横溝正史自身が>>609のように書いてるんだが、
何が不審?

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:18:04 ID:RZqm7YKr
森村誠一も人間の証明に出てたな。
春樹のお遊びだ。

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:18:14 ID:Z3wdRl7P
若い頃舞台に上がったりともともと演劇好きだから不自然じゃない

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:19:15 ID:4vaM5nsX
なんだ風流の解らないゴミレスだったのか、、、

617 :縦溝正史:2006/12/23(土) 20:23:08 ID:Rtk0vpx8
>>613
何に書いてあるんだ?

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:26:01 ID:/ykv4lq+
>>617
俺が読んだのは『真説 金田一耕助』。
>>609も、それ読んだのかは知らない

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:28:35 ID:fvF52y5P
>>617
毎日新聞社の「真説 金田一耕助」じゃない?
あの文章って乱歩の随筆などに比べるとすごく砕けてて、近所の優しいお爺ちゃんのような親近感湧いたな。

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:29:00 ID:4vaM5nsX
いや、だから、、、アレだ。
キチガイじゃが仕方がない。

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:05:22 ID:y/ECoF/P
三谷屁コキと深田恭子いらねえ。

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:28:20 ID:tIdmFbHT
>>612
まあ健闘してる方だと思うよ。

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:33:16 ID:9z4OyjLb
青沼静馬もマスクをかぶった尾上菊之助が演じてるの?


624 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:35:45 ID:wjj265bP
>>623
エンドロールでは二役になってたな

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:35:59 ID:tIdmFbHT
オープニングの曲は、切り貼りせずにワンフレーズ流してるのが
良かったな。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:06:10 ID:5+LbM+Z4
この作品が、日経エンタテイメントの映画ランキングの今月の期待はずれに選ばれる事は確実だな・・・。

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:13:50 ID:1IIcmueq
旧作を何度も見てるせいか違和感ありまくりだった。当たり前だよな。
細部まで覚えている映画を他のキャストが演じてるんだから。
耳に付いているミュージカルやオペラを他のキャストで聴いたら変に感じるのと同じ。
これで旧作を吹き飛ばすような映画になってたらそれこそ大事件だw
違和感は感じたけど悪くはなかったのでDVDが出たら買うと思う。
タイトルの音楽を今の音質で聴けただけでも元は取れた。

628 :598:2006/12/23(土) 22:14:59 ID:TIepf5mf
>>612
自分が気に入らない映画は他人も皆けなしてくれないと気がすまないんだな。


629 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:18:22 ID:hCimiVhI
ほんと、初日に見て違和感ありまくりで、もう二度と見るもんかと思ったけど
このスレでいろいろな指摘を読んでるうちにもう一回みてみようかな
と思うようになった。


630 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:30:43 ID:0Y9Gorvy
きょう改めて見てきた。

初見ではちょっと気になった「旧作よりもセリフのテンポのろい感」が、今回はあまり気にならなかった
逆に、勢いだけでない節回しが見えてきたかな
やっぱり根っからの市川金田一ファンだからかもしれんが、二度見たら新作に愛着わいてきたよ! >>629

<二度目にして気付いたところ>
・等々力署長が今回は金田一に愛情持って接してた。金田一が喋ってるときに細かい芝居してるのもいい。
特に、菊人形で金田一が「ぎゃーーー」って叫んだ次のカットで、遠くから「おーおー見ちゃったか」って顔してる
のがコミカルでいい
・このスレで見事にみんなスルーしてるが、佐智の池内万作が結構いいキャラしてる。
中途半端な小悪人でキモキャラ。
・”犯人”が静馬をぶっ殺すときの凶器振り下ろす回数は新作のほうが多い気がしたけど。。。
トータル4回
・”犯人”が湖畔で佐武殺しに向かうときの横打ちシルエットがホント怖いくらい美しい。
・音(音楽じゃなくてSE)のレベルは新作のほうがいいね。集音技術も上がってるし、
演技に後付けする「生音」も効果的だった。特に三姉妹が着物を払うときのSEはちゃんと意味があった
・はると入った食堂のメニューにある「いながき丼」って何?検索したけど分からなかった、、、

でっかいスクリーンで犬神見れるチャンスなんてそうないんだから、あと1回は見に行こうと思う!

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:35:51 ID:Ex4MiRUA
自分は最初に出たビデオ買って何回も観てたけど、
カビはえて以降もう10年以上見てないんで
薄れてた記憶が甦ってくるみたいな快感があって丁度よかった。

有楽座で観たけど、銀座の街中に「犬神家の一族」って看板が出てるのも
ちょっと感慨深いものがあるし(旧作は日比谷映画だったけど)。
ロビーに佐清が紋付着て正座しているパネルが飾ってあって、
中学生くらいの子が顔を寄せてじっと見入っているのが印象的だった。

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:42:13 ID:4vaM5nsX
>>628
いや率直な批評だが何か
挿入歌にLet it Be を使って、エンディングロールにGetBackを使ってたら、
100点満点つけたかもなwww

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:44:01 ID:ZGdrDyQ5
大野雄二は、元気に活躍中なんだから、
また、かれに音楽書いてもらった方が良かったのでは。
お茶の水のライブで「ルパン3世」とか、ピアノの演奏してた。
谷川賢作の音楽は、高尚すぎて、センチメンタルな場面にあわない。
また、音楽の入らない場面が、今回の方が多いように思った。
もっと、泣かせて欲しかった。
そういえば「火の鳥」の脚本は谷川俊太郎でしたね。
映画内の親子競演は泣けた。静馬は別人でしょ。門弟の若い人とか。

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:45:59 ID:4vaM5nsX
あ、映画のタイトルと振れこみはな
名匠市川崑が送る超D級大作 角川家の一族 でなwww

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:48:23 ID:505DyJpx
角川家の一族を映画化したら絶対見に行くなオレ

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:55:36 ID:TIepf5mf
>>633
自分も谷川賢作の音楽はいいとは思わないが、市川監督はどうしても手放せないらしい。
この人音楽には相当神経質で、大野雄二、村井邦彦、深町純、いずれも肌があわず1本きり。
最近では故田辺信一と谷川賢作だけが常連として残った。
昔は故芥川也寸志あたりが名コンビと言われたが。


637 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:59:31 ID:Ex4MiRUA
大川新之助って人もいたねw

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:09:03 ID:0Y9Gorvy
<パンフを買って読んではじめて知ったこと>・・・自分が知らなかっただけかもしれんが一応まとめとく

・脚本を旧作とおなじで行こうと押したのは一瀬Pだった。
 市川監督は、実は湖でなく川を舞台にして、新たな物語の仕立てを考えていたが、一瀬Pが
 「いい脚本はそのままで」と繰り返したとか。
・一瀬Pが監督にお願いしたことは、
 1:脚本は変えない、2:珠世は松嶋菜々子で、3:テーマ曲は大野雄二のままで、の3点。
・市川監督は、旧作のラストシーン(汽車に乗る)が大好きだったが、今回は人知れず去っていくラストに。
「最後に微笑が欲しかった」と。
・シーン全体を通してのリハーサルはせず、基本は1カットずつ撮っていくスタイルだった(松嶋談)
・30年前と同じスタッフは監督(90)、編集の長田さん(64)、調音の大橋さん(79)、琴指導の山田節子氏。
・等々力さんの薬の粉の中身は、クリープ8:龍角散2
・「向こうに」日差しがあっても、光源にはこだわらないライティングを指示。「バックは自然だが、人物に当たる
照明は心理や感情の表現だから不自然でもかまわない」とか。(照明斉藤氏談)
・博多港で松子が佐清を迎えにいくシーンは、監督のアイデアで、撮影所構内のなんでもない道で撮影した。
カメラアングルと編集で港の雰囲気を作り出した。
・遺言状の場面で、古館と松子が言い争うくだりを最初は別々のカットで撮影したが、
後日同時に言い合う形で撮影しなおしてオッケーになった。

こういうことを知った上でまた見てみると、へーって思うかも

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:10:53 ID:ZGdrDyQ5
>>636

>>636
芥川は、野村芳太郎も随分使ってましたね。
テレビの「赤穂浪士」とか。
大野と谷川の違いは、芥川と武満の違いのように
思えますが。








640 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:20:11 ID:TIepf5mf
>>639
武満と芥川はもし映画・テレビ音楽を1本も書いてなかったとしても
現代音楽のほうではかなりの名声があるけど
大野と谷川はジャズピアニストとしてより映画音楽作曲家としてのほうが有名な感じがする。


641 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:22:30 ID:GTtPe/mb
旧作の最後の探偵料の支払いのシーンで、探偵料と経費を古館が渡した後、
机の引き出しから「こころづけ」と出し、それを金田一に渡そうとするが、
金田一に固辞されるエピソードが、新作ではなかったような気が。
ありませんよね?

時節、「こころづけ」は流行らないのかなと妙に感心してしまいました。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:35:00 ID:zCRkKnEb
昭和五十年代の古谷の毎週連続シリーズの音楽、効果音は
和楽器とアナログシンセがバリバリで良かったな。
雰囲気がぴったし。

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:37:42 ID:c8ZJ1cEC
ひょっとして、皆さん、BCL世代ですか?

スカイセンサーを愛用している父が、今日、「犬神〜」を観て帰って来ました。


644 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:43:59 ID:pxU3xF4y
今日、観てきた。>>641の言うように古舘さんの個人的な謝礼を渡そうとするシーンは端折られていた。
その他、結構、細かい点で削られていた。若林が珠代に懸想していたことなど。

ラストのカットを変更したのはSLの都合が付かなかったから?

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:44:19 ID:Ex4MiRUA
和田夏十=久里子亭≒大川新之助

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:50:28 ID:0Y9Gorvy
>>644
>>638

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:52:18 ID:Ued/VcX5
久里子亭って市川のペンネームだっけか

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:53:20 ID:Ued/VcX5
>>638
うわ…一瀬最低だな

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:59:11 ID:FnoXzr3X
>>638
一瀬ってバカなんだね。

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:01:42 ID:zCRkKnEb
つまんなかったけど、なんか、また見たくなって来た

651 :縦溝正史:2006/12/24(日) 00:06:25 ID:Rtk0vpx8
あさって会社さぼって見に行くぞ!

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:06:28 ID:0Y9Gorvy
>>650
それでDVD見たりするうちに新作も好きになってるはずw

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:10:25 ID:95NtEHim
>>638
珠世役が七個な時点で−30点なんだがな…

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:10:51 ID:YTCtxrY8
>>647
和田夏十と久里子亭は初期は崑ちゃんと奥さんの共同ペンネームで、
久里子亭は監督が小説書く時とか、
日高真也との共同ペンネームとしても使ってたと思う。
大川新之助は「細雪」の時の、監督と確か録音の大橋鉄矢
(獄門島や女王蜂では音楽ディレクター)との共同ペンネーム
(あれ、谷川賢作も入ってたかな?)。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:14:27 ID:J9aSOTmu
なんで今更このリメイクなのか…
まさか虫の知らせ?
春先ごろ訃報を聞きたくはないな´△`

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:48:10 ID:zigNsovZ
「愛のテーマ」をアレンジしたものを、場違いなところで使っているのが
気になった。確か金田一が家系図描くところでつかってなかった?
もうひとつ思い出せないけど。

旧作では、珠代と金田一が湖畔で話すところにギターアレンジの曲
(「孤独」だっけ?)が使われてたよね。新作では別の音楽だった。
あと「仮面」が使われてないのも寂しかったな。

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:27:38 ID:3DC2KGlL
芥川也寸志のころはともかく、70年代以降は完全に自分のコントロール下における音楽監督
というのが条件なような気がする。
カメラや照明、美術と同じく、精密機械のように構成された市川ワールドのパーツに徹しきる。
谷川賢作はそれを満たしているのだろう。


658 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:09:40 ID:HEZGFwHp
遅レスですが510です。
>>512
こんな詳細あったんですね。リンク有り難うございます。
>>513
参考になります。
18人の〜って言う本もあるんですね。

もう少し考えて買ってみます。レス下さった方々有り難うございました。

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:14:01 ID:wFVrp6IK
新作 みてきました。

気になった点

 ・奥菜のピアス穴
 ・菊之助スケキヨの目もと(アイライナー?)
 ・全女優陣の太くひいたアイライナー
 ・松子 最後のシーン
  旧作だと「スケキヨ、珠世さんを父の怨念から…」だったのが、
  「スケキヨさん、珠世さんを…」って、
  スケキヨがこのシーンだけ「さん」付けだった。
  なんだか違和感。

気になった点はあったし、旧作を越えたとは思わないけど
総合的には予想より良かったと思います。

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:19:11 ID:HEZGFwHp
自分の見た映画館では「完」が出た後すぐブチッと映像が切れた。
映画館によるんだろうな。余韻に浸る間がなかった。

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:19:45 ID:KRQSJucD
旧作の曲が「太陽にほえろ」とか「俺たちは天使だ」あたり
と同じにしか聴こえない俺。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:29:31 ID:QsywzD53
アンジェラアキの歌バージョンのCM見る限りは名作ぽいけどつまんないのか


663 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:33:17 ID:At68nG/r
菊之助は多分アイライナ無し
天然の目張りがある…

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:39:41 ID:m8vw7/Fu
>>642
エンド曲・茶木みやこの『まぼろしの人』がよかった。

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:08:12 ID:AyOchDg3
>>554
復員兵たちの場面はたぶん本物
でもって旧作と同じもの使ってるはず

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:53:39 ID:f14OAADZ
>>284
ヴァロスwwwwwwww

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:02:50 ID:HecummQi
さっき鶴太郎版・八つ墓村やってて見た。 寺島しのぶが出てて、若くてかわいかった。
ごろー版が良かったのは、若村麻由美がうまかったからかなあ。 この新作映画、今までの作品よりかなりいいのかなあ?

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:09:01 ID:kjsCD4EP
珠世は菜々子を条件にする一瀬Pって…馬鹿だよね
前作ファンのくせに何もわかってないと思う。
だからズッコケタんだろうけど
菜々子は監督の意向でもなく単なる客寄せパンダ的起用だったんだね
地味な出演者ばかりでは当たらないからというところだろうが
結局結果は同じじゃん!菜々子は全然客寄せパンダにもなってないし珠世にも全く合ってないし
最初から監督の意向のでいけば良かったのにね

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:20:47 ID:X1MAO7rg
                 |                 : :|
               __| :   __      __ .::l :ト、
            { ノ l:   (::t_o_ヽ     /_o_ァ:) : :_L.斗---、
             ,.ベ廴_|:.  `  ̄´ .: :.. ` ̄´  !;レ-―‐ 、 '.
          / /   `ヽ、   / | | ヽ    j{´ ̄ ̄ ヽ '. ,
            /     /'二二二二二二二二二二`ヽ     '. ,
           , '/   /_____________{        '.
.       /       ∧ ,イ  {  {トェェェェェイ}  ,ノ,'!   ヽ.       ヽ.
    ,r‐/     __,ノ`ー'´_|'.   '.{  :l  }/  j/|    \__      \
.  /:::/     /    /:::! ヽ  、`ー一 ' / / .!、      \      \
/:::::::::!      ′     /:::::|   \ `ー一'′/ ./:::ヽ.__      '.     ヽ

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:27:20 ID:CpeHu4vb
>>669
ローゼンメイデンのスレがこのAAで埋まってるのワロタ

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:29:53 ID:xJxlbCXi
深田サイコー!!なんで深田がこんなにすばらしい演技するとは思いませんでした
なんて言わないよ!!


672 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:32:52 ID:At68nG/r
>>668
監督の好み・・・

緒川たまきか、はたまた市川作品経験ありの宮沢りえか、
あるいは大常連・岸惠子の白塗りおさげの珠世か・・・

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:45:40 ID:P5yXF7Zu
               /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
               ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
              /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
             ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
             l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j--、
             ,.ベ廴_|:.      / `   ' ヽ  !;レ-―‐ 、 '.
          / /   `ヽ、   l ,/ ̄¨ヽ  ', j{´ ̄ ̄ ヽ '. ,
            /     /'二二二二二二二二二二`ヽ     '. ,
           , '/   /_____________{        '.
.       /       ∧ ,イ  {  {トェェェェェイ}  ,ノ,'!   ヽ.       ヽ.
    ,r‐/     __,ノ`ー'´_|'.   '.{  :l  }/  j/|    \__      \
.  /:::/     /    /:::! ヽ  、`ー一 ' / / .!、      \      \


674 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 05:01:15 ID:P5yXF7Zu
            ヽ  )    (´ 丿  ヽ  )    (´ 丿
       .   / /    \ \ ./ /    \ \
           \ .\   ./ / \ .\   ./ /      犬  神  家  の
            \  ⌒⌒ /    \  ⌒⌒ /
            l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           \\                    \           食  卓
            ||\\    _     _    _  \  _ 
             ||  l\l二二ヽ  )二二(´ 丿二二ヽ  )二 (´ 丿
              ̄     |/ /     \ \./ /| ||\ \
                   |\ .\    ./ / \ .\   ./ /
                    \  ⌒⌒ /    \  ⌒⌒ /
                     ~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~


675 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:00:32 ID:C/f9wWyB
>>668
それ以上に分かっていないと思われる奴がウヨウヨと…
掛軸まで用意したのに、、、

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:01:54 ID:LMrzxv7b
AA不覚にもワロタ

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:13:41 ID:3l+rXHw4
>>675
つかね、活字だけで分かるけどね、よきこときく。
分かんない奴は推理小説読んだことないんじゃね?
クイーンとかカーとか有名どころだけでも読んでいれば分かって当然というか、
横溝センセのは比較的やさしく書いてあるけどね。

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:18:37 ID:3DC2KGlL
俳優陣は、日本の俳優そのものが当時より遥かに弱体化していることから考えれば、良く頑張ったほうだと思う。
市川監督が黄金期メインスタッフの大部分を失いながらも(東宝撮影所自体も常設機能を相当減じてるはず)
巧緻きわまりない演出がなお健在なのを確認できただけでも収穫。



679 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:29:58 ID:OQMKgWXA
>>678
はいはい昔は良かったねw

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:37:43 ID:Jwffapg6
すぐに懐古とか言い出すやつもどうかと

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:47:11 ID:Ax1aDesX
>>643
30代後半〜40位が、ぎりぎり終盤に乗っかってる世代で
ここに書いてる人のなかにも少なくないと思うけど、
BCLブーム自体は下り坂だったから知らない人も多いかも。
お父さんによろしくー。

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 08:00:21 ID:kpMfEu6v
>>645
知ったかするなよww

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:24:10 ID:cdtytULZ
             「\
             〉 >         /7
            / /         〈 <
           /  |           |  |
          /  /            /  /
          〈  <         /  /
          \ `\       |  |    
            \   \      /  /
             \   \  /  /
               ヽ    ヽ/   /
             __|    ´   /__


684 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:34:48 ID:UHu4d+Jo
旧作の始め、金田一が那須の街を歩いていると、
全く唐突に、古館弁護士(小沢栄太郎)の姿が
ワンポーズ入って、またもとに戻るというシーンがあったが
ああいう、遊びが今回はない。
やはり、市川昆の最高傑作は、旧作の「犬神家の一族」。

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:36:47 ID:ozxa+l+A
大滝秀治さんの演技に元気がなく今にも死にそうなのが..。
「たまよさん です。」
声にも張りが無いなぁ。

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:50:27 ID:VQxR+fmN
>>685
そういう役作りだと脳内補完しる。
こんな神主いてもおかしくない…ハズw
それに引き換え深田(ry

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:15:24 ID:ouDOp764
渾身の体当たり演技が実らなかった松嶋菜々子の誤算 (ゲンダイネット)

先週末に封切られた正月映画「犬神家の一族」。76年の同名作品を市川崑監督(91)が
セルフリメークした話題作だ。金田一耕助役も前作と同じ石坂浩二(65)。さらに、
松嶋菜々子(33)が事件の鍵を握るヒロインを演じることで注目を集めていた。
「松嶋にとっては長女出産後の映画復帰第1作。それだけに力が入っています。
ギュッとわしづかみにされた松嶋の胸が大写しになるシーンや、レイプ未遂シーンもある。
かつての彼女では考えられない体当たりの演技を見せています」(映画批評家の前田有一氏)

しかし、松嶋の熱演もむなしく、客足はいまひとつ伸びていない。
「最終的な興収は10億円台前半にとどまりそう。豪華キャストに加え、通常の倍近い時間を
かけて撮影するなどかなりのカネがかかっているのに……」(映画関係者)
不調の原因は戦略ミスにあるようだ。“懐かしさ”ばかりが強調された結果、
劇場に足を運んでいるのは中高年だけだという。

「音楽も演出もまったく同じで、前作のファンには感涙モノでしょう。ただ、とりたてて新しい要素がないので、単なる古臭い映画になってしまった。残念です」(前田氏=前出)

 ヒロインが松嶋では若い世代を呼び込めないということもあるだろう。せっかくの体当たり演技も実らず。厳しい結果だ。



688 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:47:10 ID:pCL9cNAu
静馬に犬神家を乗っ取ってほしかった
そして続編を作ってほしかったな

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:50:09 ID:5nFuArLC
旧犬神家とか、手毬唄とかの一連の作品に出てくるSLとその停車場って『大井川鉄道』
でしたっけ?


690 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:57:23 ID:ozxa+l+A
次回リメイクの時のテコ入れ策

1.たまよは仲間由紀恵
2.金田一は松山ケンイチ
3.スケキヨは藤原竜也

金田一とスケキヨの天才対決、頭脳戦が見物。


691 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 11:07:53 ID:XtQg3DyH
もうリメイクせんでええ

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 11:17:25 ID:RG+Urz9g
>>687
ttp://www.sakai.zaq.ne.jp/thomas_cine-psy/thomas_cine-psy_maeda-001.htm

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 11:17:50 ID:GS3OyPwP
還暦の金田一が、タイムスリップして犬神家の事件に再び挑む!
全ての謎を知っている利点を生かし、凄惨な殺人を防ごうと奔走する金田一!

それでも連続殺人は止まらない・・・

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 11:41:38 ID:ozxa+l+A
スケキヨとタマヨは結婚し幸せに暮らしていた。
沢山の孫にも恵まれた彼らに迫る黒い影!

そう、兄と恋人を惨殺され発狂してしまった、小夜子の
生んだ「さよ馬」の復讐が始まったのだ!

怨念の連鎖を断ち切るべく、金田一の孫が調査に乗り出すが..。


695 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:15:48 ID:t3yQs94j
>638         それってキネ旬のインタビューじゃなかった?一瀬は最初別の企画もっていったが通らなくて犬神家ならいいだろうということになったとか

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:25:50 ID:pCL9cNAu
静馬に犬神家を乗っ取ってほしかった
そして続編を作ってほしかったな

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:29:55 ID:29Zgs70b
>>689
『大井川鉄道(通称:だいてつ)』といえば、電車男でも使われてたし、
最近では 京極モノの「魍魎の匣」でも撮影に使われるみたいですね
SLだけでなく市川作品で使われてたのも影響してるのかな

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:53:17 ID:r5Zs0Iuy
松子は結局何もしなければ本物の佐清も戻ってきて

無事珠代と結婚できて万々歳だったのにオッチョコチョイな人だったなと言うオチ。

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:56:20 ID:S+YWYK9S
旧犬神家のラストシーンや、金田一が降り立つ那須駅の外観はしなの鉄道篠ノ井駅。


700 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:22:33 ID:YQGA7zBp
松島奈々子が美女に見えないから 台詞で美女美女強調してたのと お姫様だっこがどう見ても重そうなのがワラタ
やはりお礼金断わらないなど いい人ぶりが旧作より強調されてないから ラストの「天からきたような人だ」はとってつけた感が強まるな
テーマ曲「炎のたからもの」が軽く感じた 劇場が小さめだったからかな

>>660
同意 渋谷ですか?

>>594
そのガラスのヒールっていうの良く聞くけど借りてみようかな

701 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:26:14 ID:4ZvNfeAg
今夜はイブなので
漏れは佐智になって
漏れのカノジョを湖畔の部屋に無理矢理連れ込んで
ベッドの上でカノジョのブラウスを引き裂いてブラにして
一発やりまつw
期待してくらはいw

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:29:51 ID:ozxa+l+A
>701
連れ込んだ後、肩で「ハァハァ」息をする事。


703 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:30:35 ID:EO4yyGeB
きんたまにこすけ

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:41:05 ID:sCgdM2q1
>>700

 >テーマ曲「炎のたからもの」

釣りか? 素で間違えたのか?

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 13:44:08 ID:7U+9Dzma
>>701
それ、俺が佐清役でいいのかな?

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:00:17 ID:ozxa+l+A
じゃ、おれは猿蔵。

ぐっすり眠っていて、邪魔者(佐清+佐智)がいないなら、
何でも出来るじゃん。タマヨの貞操は俺が守るんじゃぁ。

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:04:39 ID:Sc+YR28A
じゃあ、俺は珠世役をやって君たちのファンタジーをブチ壊しにしてあげよう。

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:13:44 ID:ozxa+l+A
先々代の野々宮大弐と犬神佐兵衛は男色の関係にあり、
大弐の処女妻の晴世と佐兵衛の間にいつしか男女の関係が。

ワォ!モーホーの世界だ!
 >707 やらないか?


709 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:15:52 ID:5nFuArLC
>>698
悪魔の手毬唄が大井川鉄道だった。
家中駅とかいうらしい。今でも当時のまま。
スレ違いスマン。

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:24:23 ID:gR6ZoN9H
激戦正月時期に公開するって決めたバカ誰だよ!

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:05:34 ID:R3uP6TYs
激戦て…
今年ほど盛り上がらん正月興行もめずらしい。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:07:26 ID:mQVlTbiH
>>710
硫黄島からの手紙が重ならなくても、この犬神は作品的にダメだから。(市川作品としては

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:08:43 ID:mQVlTbiH
>>711
「大苔」が痛い…仲間タソが

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:47:28 ID:0U6xDiTq
昨日新宿で観て来た。
4時の回ギリで行ったら立ち見表示が出てた。
ハコ小さいからかな〜。
次の回で観たけど9割くらい埋まってたな。

一緒に行った連れは旧作を知らなかったが、素直に面白いと言ってた。
セリフ廻しが昔の映画ぽくて新鮮だって。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:47:30 ID:IATQ7oqf
>>690 次回リメイクは、また30年後。
仲間さんは、松子役。

716 :縦溝正史:2006/12/24(日) 15:54:40 ID:NyJHKzkA
>>716
了解!

監督&犬神佐兵衛扇・・・市川崑
金田一耕助&水戸黄門・・石坂浩二


717 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 15:54:45 ID:qQD2Pbcb
ほぼ旧作と同じでしょう、細かいシーンやキャスト変更以外。
だからリメイクした真の意味は不明だが・・・

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:05:49 ID:mQVlTbiH
>>717
配役と宣伝がダメダメだったおかげで、大奥とカブったようなイメージを与えているような気がする。
冨司親子の競演とかね、売るために話題性を持たせたい一瀬の失敗。
おかげで、見えにくいものが余計に見えにくくなってる、ドロドロなら大奥のほうが上。
2時間ドラマスペシャルと競合するような戦略をとる一瀬を椅子に縛り付けて絞めてしまえ!!!

719 :縦溝正史:2006/12/24(日) 16:06:45 ID:NyJHKzkA
>>717
きっかけにしたかったんじゃないの?
金田一ブームをおこすための、、
一瀬Pが子供の頃見たのがこの作品だったみたいだし。


720 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:37:22 ID:S4r2oozu
そうそう今年正月
さびしいよね



721 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:46:50 ID:HEZGFwHp
>>700
660です。他にもあったんですね。渋谷じゃないです。
関東の他県です。

722 :縦溝正史:2006/12/24(日) 17:22:40 ID:NyJHKzkA
>>720
さびしい・・
せめて、犯人変わってたとか、
松嶋が体当たりの演技をしたとか。
サプライズがほしかった。

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 17:30:25 ID:1oksOtnb
>>630
佐智いいよね。
嫌らしい小ずるさが出てた。

今回よかったと思ったところ
・佐智
・竹子。でもしゃべりがちっと上品すぎたか。
・松子&佐清(親子シーン限定)顔も似てるし。
・木久蔵は旧作と比較しちゃうと悲しいが、田舎旅館ののんびりした親父感はよかった。
・三姉妹の衣装。紬づくしで目の保養。

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 17:35:07 ID:mQVlTbiH
ま、漏れがもしもプロデューサーだったら、
主題歌に、安全地帯が歌った碧い瞳のエリスを使って、超B級パロディにするけどなー
強烈にこき下ろして、観ている人が途中で席を立つぐらいに辛辣な皮肉をこめてなwww

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 17:50:32 ID:mQVlTbiH
んー主題歌じゃダメだな
シンクロナイズドスイミングのあのシーンで流さないとパロディにならんな
思いっきりズラさんといけないんだからなwww

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:36:56 ID:Sc+YR28A
>>723
・暴れる松坂と取り押さえようとする一徳で、犬神家を見に来た客に『死の棘』まで見せてくれたところ

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:53:23 ID:mQVlTbiH
>>638
やはり一瀬だけじゃないね
市川の爺さんもボケたんだろう。
映像技術の進化による良化は認めるが、技巧に走りすぎたな。
コップの中の市川ワールド意識のなせる業だな。

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:53:43 ID:2yzqjnG+
前回あった過激な回想シーンがなかったのはなんで?
こんなご時世だから配慮したのか?

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:55:39 ID:4ZvNfeAg
マジで思うが、
いくらリメイクでも少しはアレンジを変えないとウケないと思うよ。
松嶋のレイープシーンは
展望台の佐武とは珠世を押し倒したらスカートの中からパンティーを剥ぎ取り、
珠世の両手首を佐武のベルトで縛り上げるとか、
次の佐智との場合は未遂にせず、
なるべくなら珠世はオパーィ全開で、
それが無理ならせめてスリップではなくブラにする。
昏睡状態で抵抗はなく、何でもヤリ放題だから、
珠世のバストを激しく揉みまくり、さらに首筋を嗅いで舐め回し、
のし掛かったらインサートして射精して完全に犯す。
覆面男が出て来て、殺されるのはそれからでいいw

犬神家の後の獄門島だって原作とはアレンジを変えて司葉子を犯人にし、
当時、東宝は犯人当てクイズの懸賞までやった。
今時、完全なる飼育やメノットなどの過激な作品が出てきて、
Vシネマに慣れた人も少なくないのに、
それくらいのことしないと、今時ウケないのでは?
どうよ?

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:58:37 ID:R3uP6TYs
>>729
変えるとこはエロしかないんかい!

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:00:20 ID:TN3WD86w ?2BP(22)
>>699
あれは大屋駅だよ。俺のじいちゃんちの最寄り駅だ。
http://www.ueda-cb.gr.jp/fc/

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:06:43 ID:UVKZoa6h
改変するなら静馬の逆さ死体の首を切り落としておく。
池の付近に覆面男の遺品を置いて死んだのは覆面男と思わせる。
松子未亡人には静馬殺しは夢とでも思わせる。
佐清はお面をかぶって再び入れ替わるも金田一にお面を
とるよう言われて脱ぐ。顔が普通の佐清出てきて一堂騒然。
無理ありすぎるよね、ゴメンちゃい。

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:12:19 ID:4ZvNfeAg
>>730
エロを見せ場にすれば、
話題性が増して観客も増えるだろう

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:16:13 ID:3rfjbB9V
ただ、実生活では母親の松嶋菜々子にそこまでやらせることが出来るかといったら、不可能だろな。

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:16:35 ID:NyJHKzkA
>>733
最近は規制が厳しいからそういう映画は少ない。
まあR18指定にすればいいことかもしれないが、
松嶋大前提の今回の映画では無理。



736 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:17:28 ID:mQVlTbiH
エロかよ…(ためいけ
そもそも男色の契りなんて、それほど意味がないはずなんだがね…
武田信玄公を惹起させるけど、ま、その程度かなぐらいで。
くだらないところにしか目が行かないようだな、これも一瀬のせいだとは思うが。

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:21:38 ID:4ZvNfeAg
>>734
だから菜々子はやめとけばよかったんだ
昔の島田揚子は乳首見えたがw

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:22:19 ID:NyJHKzkA
角川春樹製作でまたシリーズ化してほしいが・・無理か

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:23:25 ID:4ZvNfeAg
今回のリメイクは春樹は無関係

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:26:18 ID:mQVlTbiH
>>738
角川春樹が撮ったら、今度こそ25mm機関銃になるだけだろwww

>>737
仲間がなー
逆なんだよなー大奥に松嶋でよかったのに〜江島だしw

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:31:36 ID:4ZvNfeAg
珠世を常盤貴子ならどうだろう
オパーィ出しもレイープも経験あるしw

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:35:12 ID:NyJHKzkA
>>741
却下。
図体デカイ、露出経験者

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:41:25 ID:4ZvNfeAg
井川遥はどうだろう
グラドル出だから、過激シーンも見せやすい。
最近は上品さも出て来たし

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:44:24 ID:kpMfEu6v
>>729
>アレンジを変えないと

あまり頭良くないだろw

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:45:07 ID:NyJHKzkA
>>743
よーし、わかった!
採用!パンツ脱ぐところまでよろしく!


746 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:03:15 ID:4ZvNfeAg
思いついたw

梅子の夫

・松田聖子の最初の夫

どうだろう
萬田とはウマが合うし

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:20:40 ID:ozxa+l+A
タマヨが犯人とか、
松子が火を噴くとか、
さるぞうが村人32人殺しをするとか、
犬神製薬の地下の麻薬工場を橘警部+金田一が爆破するとか、
ヒヒジジの佐兵衛からタマヨを救う冒険活劇にするとか。

次回リメイクの時のアイディア。


748 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:20:54 ID:maxuV4bK
菜々子だったら「女王蜂」だなあ。

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:30:26 ID:Ax1aDesX
>>736
男色の契りなんて、それほど意味がない、
といいつつ、なんでピンポイントで武田信玄?
意味がないとは思わないけど、ありふれたことだとは思う。

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:38:06 ID:PHO+haCA
>>638
 市川監督は、実は湖でなく川を舞台にして、新たな物語の仕立てを考えていたが

川か〜見てみたかったな
静馬がどんぶらこどんぶらこ流れてきて
面白いことしてるのね〜仲間に入れて〜ってなったのかな

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:39:25 ID:mQVlTbiH
>>743
珠世じゃなくて静馬ならおk
整形はイラネ


どうせつまんない対抗心なんだろうけどさー
角川家の一族、、、


>>749
いやあ意味はあるけど、添え物程度でしょ、尼子よりは含みがあるかと思うけど。
ま、本を読んで流れが見えれば分かる話だから。



752 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:00:40 ID:mQVlTbiH
>>749
珠世は神官の娘に設定されてるんだけど、信州といえば諏訪大社だよね。
でも漏れはさらに捻って善光寺を惹起してるんだけどね(^^;)
信玄と契りを交わしたのは高坂弾正で、高坂は諂臣の蔓延る武田家から上杉に入るわけだけどね。
ま、推理小説は妄想が大切だからねぇwww

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:08:02 ID:mQVlTbiH
>>749





754 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:39:37 ID:4ZvNfeAg
思いついたw

松子

・楽天監督の奥さん

ホンモノの女怪、悪徳ババァ、犯罪者w

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:41:30 ID:qt66pgoS
大奥みてきたが、珠代に仲間を推す人達の気持ちがわかる気はする。

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:56:30 ID:IPozPsdy
今日見に行った。14:00からの上映が満員札止めで入れなかった
その後時間は入れたので見たが
感想
・石坂金田一やっぱり太った?年取った。でもこれはこれで味がある
・富司は高峰と違った別の冷たい怖さを感じた。
・タマヨとスケタケの時計渡す回想シーンが白黒反転になっていなかったのが残念
・萬田久子は下手だなぁ・・・、奥菜の演技スゴイなw
・効果音があまり無かった。
・野々宮とか佐平衛について触れてなくシンプルな犬神家だと思った
・エンディング金田一が去っていくシーンはこれで金田一そのものが終わりなのか?
・スタッフロール、愛のテーマから前作の金田一登場シーンの音楽になっていくのがツボ

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:01:09 ID:ozxa+l+A
「マンダは高架に巻き付いてろ!」って言っても一部東宝怪獣オタにしか判らんだろうな。

万田さんはコマーシャルのイメージが強すぎ。


758 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:01:13 ID:IPozPsdy
あと松子と佐清の出会いよりも
松子が自殺した時の佐清の演技の方が泣けそうになった。

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:01:20 ID:sM1qsd7O
これがただのリメイクでアレンジなしってことは
もとが糞すぎるんだな
なにが日本一のミステリーだ

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:02:22 ID:4ZvNfeAg
それにしても、菜々子のレイープシーンって
週刊誌(特に写真週刊誌)が映画公開前に事前にグラビア写真で様子を載せないな
以前はこういう女優のエロ場面をフライデーやフラッシュに載せてたのに
昔は(週刊)プレイボーイにも載せたりしていた

写真が無理なら
公判の様子みたいに模写も載せないんだな

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:07:49 ID:d9rVUjfE
珠代がミスキャストだよね・・・
てっきり、深田が珠代なのかと思ってた、それも合わないけど。
今までの映画とかドラマの珠代ってみんな、20代前半の女優が
多くて処女っぽいイメージなのに、松嶋は全然違う気がする・・・


762 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:19:23 ID:aQDmv0dJ
>>756
大コケだから何処もガラガラだよ

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:32:08 ID:YhFGtBtf
スケキヨレス

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 22:58:43 ID:IATQ7oqf
ハリウッドでリメイク。
Doggod family

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:12:34 ID:mQVlTbiH
>>759
いいえ76年の映画がそもそもアレンジされていますから。
今年のは細部が抜け落ちてます。(意図的かどうかは不明)
サラっと観た印象としては、全体的に出来が悪いの一言ですが、あとはDVDが出てくれないと。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:12:52 ID:4ZvNfeAg
佐智なんだけどさ、
この人、キムタク主演映画の「君を忘れない」でデビューしたんだよな
これには菜々子の夫の反町も出ていた
今回は菜々子と共演で、今後は夫婦共通の友人になるんだろうか?
それにしても、レイープやる時って心で反町にスマソと思ったのかw
ちなみに佐智の親父は以前自殺した伊丹監督、母は宮本信子

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:20:24 ID:IPozPsdy
スレ違いだが、佐智の中の人のブログ
結構面白い、血糊の味は微妙にイチゴ味だったそうですw
ttp://www.toho-talent.com/man/index.html


768 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:27:46 ID:sCgdM2q1
最近に似たような映画を観たなと思ったが、思い出した。
「オーメン666」

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:31:09 ID:4ZvNfeAg
あと佐智は実生活では留学経験ありのバイリンガル
ストーリーを無視して犬神家を継いだら
間違いなく国際競争に勝ってビジネスは成功w
珠世は佐智を選ぶべきだったw
佐智が継げば今頃は
犬神インターナショナルホールディングだなw

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:32:33 ID:IATQ7oqf
>>768 サイコみたいなリメイク方法は、?

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:36:54 ID:4ZvNfeAg
>>768
30年前の時も
同時期にオーメンのパート1やってたw

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:38:54 ID:IATQ7oqf
キングコングとキング・コングは、前後してるな。

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:41:14 ID:/mPXEYRg
ID:4ZvNfeAg お前きもいぞw
レイプ未遂シーンなんて言っても乳が出てるわけでもないのに
ブログとか廻って見てもレイプ未遂について語ってる人は全然いなかった

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:44:58 ID:0JCup2Re
大麻についての「オチ」はなかったですよね?
何か思わせぶりにネタを振っておいて…。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:47:04 ID:4ZvNfeAg
漏れは下着姿でも萌え〜になるよ

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:49:02 ID:Dq5zaJ4V
万田さんのフィギュアです。全裸でそのスレンダーなボディラインが
堪能できる、まさにマニア必携の一品です。

http://sugimado.la.coocan.jp/tdx005_007.jpg

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:52:41 ID:4ZvNfeAg
今の佐智のHPのブログの顔は藁だなw

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:56:53 ID:4ZvNfeAg
あと佐智はテレビでは刑事のイメージあるけどな(本池上署のレギュラー刑事)

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:07:24 ID:P18NCi9j
佐智ブログ、犬神ロケ
ttp://www.toho-talent.com/man/59-1.html

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:19:54 ID:fPMzmn3/
横溝正史は推理小説専門誌に発表したもの(本陣、手毬唄、笛、獄門、蝶々)と
大衆誌に発表したもの(幽霊男、吸血蛾、悪魔の寵児)では思い切り露骨に差を
つけた人だが、メジャー大衆誌「キング」発表の「女王蜂」「犬神家」はちょうど
その中間という感じだ。
あんまりパッとした存在でなかったこの原作に目をつけて大々的に大作映画化した
当時の角川春樹のセンスはなかなかだったと思う。


781 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:21:30 ID:HYT/2QBv
ロケ弁は変な弁当で激怒したらしいw

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:26:23 ID:HYT/2QBv
佐武の妻は細川直美
最近見ないな

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:38:43 ID:HYT/2QBv
>>780
その春樹は大麻で会社を追われ
今は独自の事務所でやっている
静岡刑務所から出所後の復帰第1弾が
「男たちの大和」
それにしても、春樹は今は関係ないが、
今回の犬神家リメイクをどう思っているのだろう?
コメントを言わないが

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:45:44 ID:UKnkjj7s
>>783
嘲笑っているだろうさ
なにせ、トマトの向こうを張ったキャスティングなわけだし。
他の部分は自分のときのコピーなわけで。
興行収入は圧倒的にトマト(ほぼ確定)だしw

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:46:21 ID:BrAfihXP
>>783
糞だと思ってるだろうな
リメイク版で斬新さが全くないからね
まあ、最終的に前作をしのぐ興収になれば話は別だろうが

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:49:34 ID:UKnkjj7s
>>785
そりゃあ無理でしょw
しかも30年前だからね、19億だっけ?
今のところ新作は、10億+αの予想だよね?

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 01:09:18 ID:HYT/2QBv
マスコミは春樹に取材しないのかな?
また、そのうち春樹が今の2006「犬神家の一族」制作委員会と角川ヘラルド映画を
民事でパクリの訴訟を起こしたりしてw

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 09:58:53 ID:sQyXl5mo
春樹「うーん、オーメンのほうがマシですね、それにしてもこういうリメイクで儲けようなんて(笑」

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 10:04:48 ID:2DsaVSEN
男色や同性愛は横溝金田一によく出てくるテーマ、
今回、野々宮が乞食同然に流れ着いた佐兵衛少年と男色の関係の部分
がカットされたのは、やはり昨今の時代の流れでしょうか。
今は、映画を作るうえで、規制が多いのですね。



790 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 10:35:53 ID:16IrxmXy
規制の多さが邦画を余計に駄目にしていった。

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 10:39:45 ID:ViddxA5P
>>790
>>679

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 10:42:51 ID:VLLNUmYa
別に規制のせいでカットというかオミットしたわけでもないように思うんだけど、
どうなんだろ? 男色に触れていると年齢制限の指定を受けるということだろうか?

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 11:18:20 ID:oCdjiTnU
まあ原作にこだわっても仕方ない
映画としては今回のも悪くないんじゃね?

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 11:22:51 ID:JKSKctj+
>>766
俳優デビューは「君を忘れない」みたいだけど、
子供の頃親父の「タンポポ」にも出てたね

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 11:48:37 ID:2DsaVSEN
なんか以前、佐兵衛の少年役を若手俳優(アイドル???)が演じるっていってたけど、
結局出てこなかったね。どうしたんだろ?
それから、琴の師匠の役も、最後のほうで草笛さんに決まってけど、やはり岸田さんに
最初出演依頼がいってたのかな?
第2弾ってどうなんだろ??

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 11:57:44 ID:OS7x4gmx
>>718
冨司純子、尾上菊之助は、斧琴菊の件があったからこその配役なんじゃない?
だったらしょうがないべ。
まあ、出演するのは菊之助だけでも良かったのかもしれんが。


797 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 12:03:21 ID:fPMzmn3/
>>795
(1)前作どおりでも佐平衛少年はチラとしか出ないのでデマだと思う。
(2)岸田さんが重篤なのは関係者の間ではかなり前から知られていたようなので、依頼もなかったのではないか。
健康であったら大滝さんと同じく同役出演して、草笛さんは木久蔵の女房に回ったと思う。
(3)そんなに予算かかってない説はあるが、それでもペイは厳しそうだから、残念ながら・・・
吉永小百合映画みたいに、赤でもお構いなしに企画が通る状況ができれば別だけど。


798 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 12:11:18 ID:PQqIKFKK
>>797
最初岸田さんだったってどこかで読んだが…

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 12:15:46 ID:RgpaP+sn
ああいうラストだったのは諸説いろいろあるが、結局、
人でごった返す那須駅を再現する予算がなかったからではあるまいか・・・。

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 12:16:48 ID:xhR8ss7c
800

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 12:46:00 ID:Q+fnV9JD
ヒットしようがしなかろうと単純に次回作も観たいよ俺

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 13:28:39 ID:7HsDudzj
>>792
規制のせいじゃなくて、監督が描きたい狙いを変えたからでしょう。
各種インタビューで言ってるけど、
前作は「横溝ワールドの忠実な再現」がねらいにあり、
そのおどろおどろしさや佐兵衛翁のミステリアスな部分も描いた。
一方新作は、「横溝ワールドを借りた市川崑のテーマ表現」で、
母と子の悲劇に狙いを定めて、その場合における枝葉的な部分(佐兵衛の闇)を
ばっさりカットしたのだと思われ。

何かをより伝えるためには何かを削がないといけないので、これはこれでありでしょう。
あれもこれもだと結局総花で何が言いたいのか訳わかんなくなる。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 13:33:09 ID:7HsDudzj
>>799
>>638
・市川監督は、旧作のラストシーン(汽車に乗る)が大好きだったが、今回は人知れず去っていくラストに。
「最後に微笑が欲しかった」と。

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 13:57:23 ID:8lZxBddJ
>>795
1、一応撮影されたっぽいがカットされたらしい。

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 14:25:46 ID:pPPtPlK9
音楽とキャストが良さそうだから見てみたいんだけど…
なんか評判があんまり芳しくないな

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 14:58:31 ID:1jKVjwx5
観たいと思ったんなら
他人の評判なんて関係なく観にいけば?


807 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:09:37 ID:70XkGGA6
>>806賛成

808 :名無シネマ@上映中 :2006/12/25(月) 15:10:56 ID:owHfdrXI
そうそう、見たいなら行っておかないと
後悔すると思うよ。

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:12:48 ID:pp8aKpMa
お色気シーンとかある? 特に松嶋の。。

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:22:17 ID:MF4Ps9ej
>>809
ありません

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:25:39 ID:M7aHe0fE
>>810
乳揉みがあるんじゃなかったの

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:38:23 ID:MF4Ps9ej
あんなの揉んでるうちにはいらんし

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:47:31 ID:G15+3eO4
第二弾製作して!
次はヒット間違い無しだと思うよ!
『悪魔の手毬唄』を!
一瀬は神と呼ばれるでしょう!

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:49:32 ID:9D/sw6FY
松嶋がデカすぎてレイプシーンで失笑が

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:54:09 ID:EsfOmuEH
>>813
また石坂市川でか?
無理無理。今回の犬神だってヒット間違え無しと思って作ったんだよ。
また大コケるってw

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:55:23 ID:MKMOwqI3
いまだに判らないのが松子が若林を殺害した理由なんだよな・・・


817 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:56:55 ID:QbEeKFnc
間違え無し

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:58:20 ID:6UhFDML5
>>814
映画館でアップの顔をみるとそんなにきれいでもないね。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:05:36 ID:opUpq4JR
んで犯人は相変わらず松子なわけ?

820 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:06:37 ID:yz9zwApN
もう、こうなったらアニメだよ。
スタジオIGにでも頼んで、アニメの「八墓村」「獄門島」とか作って
世界同時公開だ!

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:09:45 ID:7HsDudzj
>>815
別にこけるこけないに観客がそんな必死にこだわらなくてもいいんじゃない?

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:18:52 ID:G15+3eO4
『悪魔の手毬唄』製作して欲しいなぁ〜!
絶対見たい!
儲かったとか損したなんて俺には関係無いのよ!



823 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:43:56 ID:RgpaP+sn
>>816
松子は若林を買収して、遺言状を公開前に盗み見したんだよ。
それで珠世を殺そうとボートに穴を空けたりしたが、
当然若林はそれが松子の仕業だと感付いている。(原作では若林は珠世に片思いしていたという記述まである)
若林はそれで金田一を呼び、松子の悪業をぶちまけようとしたが、
運悪く(松子には運良く)あんな絶妙なタイミングで若林は死んでしまった。

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:47:51 ID:PQqIKFKK
ここに定期的に現れるコケ厨はオーディションに
落ちたかなんかで犬神に出られず恨んでる
自称俳優とかですか?

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:51:12 ID:RgpaP+sn
あーすまん、ボートに穴は金田一を呼んだ後だ。
それ以前にも、寝室に毒蛇を投げ込まれたり、
猿がいなきゃ珠世が死んでいたっつー局面がいくつかあったんだったな、確か。

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 16:56:45 ID:GGJYyp5h
自分が狙われてると思わせるために、
わざと珠代が猿蔵にボートに穴をあけさせたんだよ

827 :関根ちゅとむ:2006/12/25(月) 17:12:55 ID:BrAfihXP
最初、犯人は猿蔵だと思った
その後、犯人は珠世だと思った。
やっぱり犯人は佐清に違いないと思ったが
やや、復員兵の男が怪しい、こいつが犯人だと思い、
結局静馬が犯人かと思ったが、
まさか真犯人は秀ちゃんだったとはなぁ〜。



828 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:24:31 ID:JWXzTE8L
>>809
> お色気シーンとかある?

あるよ! 輪郭クッキリくらい食い込んだ白いのを剥ぎ取るシーンでは
僅かながらその下が見える。興奮したなぁもぉ…

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:31:37 ID:PQqIKFKK
佐清!仮面を取っておやり!!

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:42:41 ID:MKMOwqI3
>>823
でも遺言書を見たなら珠世が死んだら静馬に遺産がって事も判っているし
松子ははじめっから皆殺しにするつもりだったと思えてしまう。

となると佐兵衛翁に操られるがのごとくってところの解釈と合点がいかないわけです。

まぁ、まずは原作嫁ってことだなw

スマソ

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:49:39 ID:XHHxR5J1
>>830
きえろ

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:50:50 ID:MKMOwqI3
>>830
僕は着衣より全裸のほうが好きです。

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 17:55:28 ID:XjKZoSHt
大赤字だな

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:05:00 ID:mu0/DYT7
トントンで

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:06:04 ID:HYT/2QBv
佐智のブログ見ると、
よくラーメン食いに逝ってるようだなw
世田谷近辺のラーメン屋とかチェックして逝けば
佐智に遭遇するかもなw
二子玉にも出没しそうだしw

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:20:16 ID:PJLv58hB
>>833
まあ下手にヒットして映画界が過去作のリメイク連発になったらやばいし
このくらいでよかったんだよ

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:30:25 ID:VWjTQsO/
>>833
一応興行はどれぐらい行きそうなのかな?10前半はあっても一桁はさすがにないよな。
制作費は最低回収できると思うんだけど・・・

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 20:36:57 ID:ieycwvbE
>>794
「お葬式」にも出てるよね

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 20:58:09 ID:jXhL+kU6
見て来たよ 今回の野々宮珠世はガンダムより造りが頑丈そうだな、護衛の猿蔵いらないだろありゃ
家やボートのあちこちにぺたぺた付いてる犬神の家紋が妙に可愛くて楽しい 以上


840 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:16:53 ID:acqhvxIC
>>822
犬神でこれですからねぇ…手毬唄はちょっと無理かも。
かなり時代感覚が影響しますから、今の若人向きではないですね。

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:18:21 ID:HYT/2QBv
今度の金田一に船越はどうだ?
サスペンスの帝王だからハマるのではないか?
竹子か梅子は片平なぎさでw

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:23:27 ID:PQqIKFKK
ちょっとデカ過ぎるかなーと思います。>船越

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:23:55 ID:HYT/2QBv
あと佐兵衞は津川雅彦で

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:28:25 ID:HYT/2QBv
>>842
西田敏行もデカかったが(悪魔が来たりて笛を吹く)

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:35:45 ID:PQqIKFKK
>>844
自分はあれもイヤだったですー

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:38:13 ID:APtHxk3w
>>827 お前は、初潮いや署長か?!

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:41:52 ID:HYT/2QBv
連投でスマソ

珠世…内山理名(嫌われ松子で小野寺を刺す時、白いスリップだった)

菊乃はユニークに小池栄子w
ヌード折檻はスゴイかもw
これならたくさん観に集まったりしてw

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:57:09 ID:HYT/2QBv
金田一

・織田裕二(湾岸署の青島の経験をどこまで逝かせるか)
・江口洋介(あの長髪をポリポリw)

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 22:17:06 ID:F/3GtE7q
市川監督の遺作になるだろうが、観に行く気はない。
犯人が誰か判ってるサスペンスなんてw

850 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 22:51:41 ID:5HoqabY+
リメイク版は見てないけど、自分の中では原作を超えた数少ない映画の
内の一本に入ってるけどな 五回以上は見てるけどなんか魅入られてしまう

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:04:49 ID:N0a6uHvG
佐兵衛って絶対猿蔵ともやってたよな

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:12:02 ID:KDka1XkP
前作の俳優陣の中で一番下手だったのは春樹氏だった。
刑事役は尾藤イサオの配役を、彼を含む2人で演じていました。

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:38:38 ID:HYT/2QBv
誰か松嶋菜々子のレイープシーンの
ブラウス引き裂きとスリップ姿絡みを
AAでカキコしてみてくらはいw

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:41:03 ID:fPMzmn3/
>>852
もう一人は辻萬長ね。
今では舞台俳優としては結構大物なので、あまりチョイ役では出てくれないのかな。


855 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:57:45 ID:TLyELGuZ
辻は3年位前、テレビドラマの砂の器で刑事部長役で出てた。
位は高いけど、チョイ役。

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 00:17:36 ID:o/FgnDMx
仮に興収が12億円だとすると東宝に入ってくる配収が6〜7億。
宣伝費等をトップオフして4億。
さらに東宝の歩合を引いて2〜3億程度が製作委員会のもの。
放映権・ビデオ化権2億円として・・・うーん、黒字はちょっと厳しいんでない?
次の市川作品はもう少しこぶりな現代喜劇をお願いしたい。
「悪魔の手毬唄」は百億円積んだって岸・若山・辰巳を上回るメンツは不可能なので、もういい。



857 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 00:20:58 ID:Y7TmdE+X
>>854
結構前だけどドラマの魔女の条件で松嶋菜々子の父親役やってた>辻萬長

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 00:46:22 ID:NtonQfVA
>>856
だね。>手毬唄

武士の一分かねー …
トマトに硫黄島、来年は東映が特攻映画…なぜかウヨウヨと。
犬神も右に倣ってるし、オワットル

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 00:53:55 ID:QWl7MNBI
これは既出でしたか?今知ったんだが…

椿 秋子秋吉久美子

だめぽ

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 01:02:44 ID:sdZxkhN7
>>854
辻萬長が「つじ かずなが」と読むことを初めて知った
ずっと「ばんちょう」だと思ってたw

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 01:17:17 ID:7qCwiNT1
>>854
市川監督のオファーならちょい役でも出るよ

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 01:53:57 ID:o/FgnDMx
捜査陣(金田一と古舘も)を常連で固めて雰囲気つくりを狙ったのかもね。
犬神ファミリーは外様が多いし。


863 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 01:56:18 ID:eWneKoby
結局、何のために作ったのか、よく分からん映画だ。

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 02:00:35 ID:eWneKoby
あと、最近は猟奇的な犯罪が増えてるから、この類の映画を普通に
楽しめなくなった。サカキバラも見たんだろうな。

横溝正史は、死体マニア。よく考えると、普通ではない。

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 02:36:38 ID:7qCwiNT1
>>862
たしかに一族のほうには外様多いかも

<市川ファミリー@犬神家>
仲代・・・市川監督とは50年のおつきあい
萬田・・・近年の市川作品には常連
岸部・・・細雪、八つ墓村とか出てる

<外様@犬神家>
松嶋、菊之助(四十七人の刺客には出てるが、、、)、富司、松坂、葛山、池内、蛍、奥菜、永澤

<市川ファミリー@その他>
加藤・・・金田一シリーズ以外にも古都、竹取物語など多数出演
石倉・・・なぜか常連
尾藤・・・股旅!
敦夫・・・言わずもがな
大滝・・・金田一シリーズ皆勤賞
草笛・・・同じく皆勤賞
玉緒・・・黒い十人の女は名作
三條・・・元竹子。この人もよく市川作品によく出てる

866 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 02:51:17 ID:RaLYwfHs
>>864
最近?10年〜20年単位のスパンでみて、犯罪傾向が変わってるかい?
ちょっと違いがあると、なんでもかんでもひとまとめで「規制」っていうのと同じだと思うぞ。

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 02:53:27 ID:RaLYwfHs
10年〜20年単位のスパンでみて×
10年〜20年単位のスパンでみても、その前の10年〜20年と○

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 03:34:57 ID:eWneKoby
>>866
昔は、首を切断して往来に晒す、などという犯罪は現実には無かった。
規制しろと言ってるのではなく、バーチャルな世界、エンターテイメントの
世界、として楽しみにくくなってきたと言う事。

海に行った時、逆立ちして足だけ水面に出し「スケキヨ」などと言って遊んだが、
もし現実にそうした形態の事件が起こっていれば、遊びも出来なくなる。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 03:41:40 ID:eWneKoby
>>863は、監督、主演も同一人物で、リメイク、という意味。

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 03:46:51 ID:RaLYwfHs
>>868
なかったのではなく、メディアでのセンセーショナルな露出が増えただけ。
古くは、人間の皮膚を剥いだとか、有名どころでいえば「阿部定」事件その他もあった。
映画表現の変化・自粛その他を「規制」ではないか、とか言ってるのは、
直接にはあなたを指してのことではないよ。

871 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 03:50:21 ID:1Zl41v0G
昔も殺した女性のマンコを寿司ネタにして食べちゃったり、
ストーカーしてた女性と間違えて別人を殺害、
バラバラにしたパーツを歌を歌いながら巻き散らしていった事件などがありますが…
今はマスコミの報道が多いから増えたように思えるだけだよ。

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:15:14 ID:oID7RziB
石坂金田一シリーズ中
役柄、劇中で二回死んでいるのは
仲代達矢「女王蜂」新作「犬神家の一族」と
岸恵子「悪魔の手毬唄」「女王蜂」
の二人のみ。....確か....

>>871
明治時代、自分の旦那の不倫相手の女を殺し、そのマンコを切り取って
仕返しに旦那に酒肴として食わせていた事件もあったそうですし。

>>ストーカーしてた女性と間違えて別人を殺害
って昭和29年の事件の事ですか?
バラバラ死体を肥溜めに棄てたっていうボンナイフ野郎の.....。埼玉だったかな。
違ってたらすんません。

グロ殺人は昔の方が多い.....。

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:20:26 ID:o/FgnDMx
>>868
>>870
>>871
新潮文庫の犯罪実話集「帝都東京 殺しの万華鏡」おすすめです。
元刑事(複数)が実名で書いているわりには面白すぎ。
バラバラ死体はもとより
張り込み刑事の目前でマンホールから全裸の屑拾い美女は飛び出して捜査を手伝うわ
殺した夫を漬物樽に積めて親元に送り返した妻がリアクションを見届けるため
自分も別の樽に入って届けられるわ・・・
ホントかよと言いたくなる話ばかり。
全部戦前の「日の出」に発表されたもので、元刑事達がいちおう実録と称しながら
乱歩正史の向こうを張るようなハッタリをかましていたとすれば、それはそれで随分ヘンな時代だったんだなあと思う。


874 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:27:06 ID:eKjMS5n3
>>872
あおい輝彦も二回死んでる。旧「犬神家」の静馬と「病院坂」の敏男。

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:27:10 ID:f7N7l5h3
愛のバラード最高

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:37:15 ID:oID7RziB
付け足しですが、昭和20〜30年代かな?
江戸川乱歩に影響受けた奴が完全犯罪を企んで殺人を起こし
あっけなく捕まった事件がありますね。

マゾ嗜好で、わざと警察に捕まり拷問を受ける事を喜びとしていた
変態男の記録が大正2年の記録にあるし。

時代が変わっているだけで、各時代には欲求を満たす影響を与える玩弄物はたくさん
あるわなあ。春画だってその一つだもんね。あれで気分高揚させたワケですから。

凶悪犯罪が「最近だから猟奇的」「ゲームテレビ映画の影響を受けたから」って増えたとの
言い方(悪影響だとか)は間違いだと思うねえ。
猟奇・凶悪殺人はこの20〜30年だけではなく、もっと昔から存在していたのです。
文献をみれば明らかだわ。

>>864さんが仰る「横溝正史は、死体マニア」は誤りですよー。
少なくとも映画化された作品中で、殺人行為のみが目的のイカレ殺人は無いですし。
(「八つ墓村」中の30人ゴロシ野郎は別にして.....)


877 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:39:44 ID:oID7RziB
>>874

そうですね!二役を忘れとりました〜^^。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:41:56 ID:o/FgnDMx
萩尾みどりは・・・・琴絵はいつ死んだんだっけ?


879 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:45:49 ID:oID7RziB
映画では死んだトコが出ませんけど、ハヤミが求婚に来た昭和11年から
数年後に死んだとなってますね。
病死らしいですが。

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:58:14 ID:oID7RziB
>>873
>>新潮文庫の犯罪実話集「帝都東京 殺しの万華鏡」

うー!
是非読んでみよう〜。

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 05:37:24 ID:o/FgnDMx
>>879
じゃあノーカウントかな。
でも「描写されてないけど死んだ」含めて2回というのもこの人だけだよね。
草笛お小夜はほかに死んでないし、東野さんは1回しか出てないし。

>>880
こめん絶版ぽい。アマゾンで激安中古いくつか出てるけど。
最近は本の絶版ほんとに早いなあ。


882 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 05:56:32 ID:b+6R+hKs
>>865
万田は八っ墓しか出てないだろ
ファミリーとは言えん

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 07:43:07 ID:TOs+W/de
旧作の刑事役の春樹や、旅館柏屋の女将、那須ホテルの主人夫婦って、素人や
無名の人を使っているから、話がボケないんだけど、新作の方々はそれなりの
人なので目立っちゃって、「この人はどう話に絡むんだ?」と思ってしまう。
特に中村珠緒の配役は無駄だった。

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 09:40:01 ID:gyvdBcrt
いつも、のり平とペアで出てたおばさんは
今回どうしたの?

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 10:32:09 ID:2Oz4ttwE
>>884

亡くなった

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 10:40:56 ID:zVb0VBW5
>>865
まぁ池内は父親が常連ってことで。

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 10:43:15 ID:ukmSfqQU
松嶋菜々子の過去のドラマのレイープシーン

魔女の条件

1.婚約者の別所哲也が菜々子とタッキーの関係に激怒し、襲いかかる
2.菜々子のバイト先の居酒屋の店長に迫られて襲いかかる

美女か野獣

菜々子が汚職疑惑の政治家に独占取材を迫り、
ホテルの一室でその政治家が菜々子の上着を脱がし、
ソファーにゆっくり押し倒したところに
福山雅治が助けに入る

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 11:41:39 ID:f5rIhp8F
最期だからこそ新ネタで石坂金田一にトライして欲しかった
残念

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 12:07:44 ID:VEMPB4yK
見てきたけど、石坂浩二は最初、ふけちゃったなあ、走りが遅いなあと
思ったが、見ているうちにだんだん慣れてきた。
ひょっとして76年版よりも石坂はこっちのほうが好きかも。あとの人は...。

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 12:32:45 ID:YbZH0MjD
スケキヨ役の尾上菊之助って富司純子の実の息子だったんだね。

いまさらながら知った。なんかやりにくそうだけど。

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 12:34:35 ID:sdZxkhN7
>>890
いまTBSに出てるな

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 12:52:47 ID:g0IFyYZH
>>888
最期って…監督に失礼ですよ!

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 13:13:53 ID:+bAJ/2y4
もともとの東宝の目論見としては、
正月興行は『愛の流刑地』で、『犬神家の一族』は正月第二弾だた希ガス。
どっちにしてもコケたように思うが、
『犬神家の一族』ファンの漏れとしては正月に観れてよかた。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 13:14:52 ID:RafgZ+QG
まぁ、そこそこヒットしたようだから、次に『本陣殺人事件』やってくれれば文句は言わん。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 13:28:04 ID:vkv/yNVt
観たひとにききたい

マスクの下の顔は今回もこんがりおいしそうでしたか?

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 14:33:16 ID:sdZxkhN7
>>895
焼肉で言うと焼きすぎてもう炭になって食えない感じ

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 14:35:26 ID:q7oGiExQ
旅館の女房 結髪さん
ゴムマスク作る人 照明さん
ホテル主人 原作者
刑事 プロデューサー



割と身内な配役

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 14:57:06 ID:VjRvGwkA
>>851

! それは気がつかなかった。
それで安心して珠代を任せられたんだ。
あんな野獣系なら珠代が逆にヤバイだろうって旧作のときから
ずっと不思議に思ってたんだけど…そうだよね そう考えれば辻褄があう。
猿蔵は男一筋&佐兵衛一筋の人だったんだ。

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 15:07:34 ID:488TYbp7
だから金田一が帰る時「アノ人ノ事忘レラレナイ」
なんて恋する人みたいな台詞言うんだね。
納得!あの台詞聞くたび、背中にゾゾーッて来たからさぁ。

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 15:14:09 ID:+dHs4cvQ
猿蔵が何者かずっと気になってたけどそういうことなの?
珠代の兄か何かだと勝手に思ってたけど…
絶世の美女に対して単なる保護者で居続けられるなんて、
身内以外にあり得ないと思ってた。なるほどね〜

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 15:50:26 ID:TOs+W/de
>897

そりゃ、旧作の話ですね。
新作はその悉くを有名俳優(or人)を使って失敗した様に
思います。(ゴム職人は出なかったですね。)


902 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 15:58:24 ID:wHZIm9Xe
お客が入ってないね〜
なんでだろうね


PS あの三谷幸喜ナレーションのTVーCMはやめてくれ!!


903 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:00:14 ID:VPhNSqF5
>>894
ジーパン姿にサングラスの中尾彬で?

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:16:30 ID:R5aGSQ5X
悪魔の手毬唄を見るたび松方弘樹は罪深き男だと思ってしまう俺であった。

そういえば梅子役あたりに仁科亜季子使ってほしかったな・・・

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:19:18 ID:4TVbe8Fa
そっか。猿蔵にとっては恩人で愛人の佐兵衛の孫ということは、
自分自身の孫というか娘というか、身内でもあるような感覚だったんだろな。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:27:16 ID:iHjCCVjm
>>898-900>>905
佐兵衛は若かりし頃大層な美少年で(ここは原作にもあった)
それで野々村に求められる形で関係はあったけど恩人をこばめないって
のが理由で、本当はノーマルだから処女妻と結ばれたんじゃなかったっけ。
野々村も二人を応援して、空き部屋を融通してやったし。
後々でも女にばかり手を出してるし、本気になったのは青沼菊乃だろが。

だから猿蔵との関係もないって。
だいたい猿蔵みたいな、野垂れ死に寸前の自分を拾ってくれた恩人に
絶対の忠義心を持つ孤児なんてありがちなんだから、素直にああ言うキャラ
だって思っておけば良いんだよ。

金田一へのセリフも、自分が守るべき珠世を湖で助けてくれた人だし
事件解決でまたも珠世を救ってくれた人と言う事で忘れられないって
事にしか思えないんだけどww

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:30:42 ID:WDQu51YH
今日行ってきました。
前作と脚本が一緒なだけあって思ってた以上に似てますね。
「絶対に信用して間違いなしの探偵だ」の台詞は欲しかったな。
絶賛とはいかないけど金田一作品を観れただけでOK
那須ホテルにセットっぽさを感じた点と全体的に「重さ」が足りないかなと思いました。

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:38:30 ID:zVb0VBW5
>>904
なんで?

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:42:51 ID:TOs+W/de
那須ホテルに入って、女中が蓄音機の電源を消すとき、半分開いたホテルの
ドアの隙間から、自伝車の男が通り過ぎるのが見えたりする。

こんなシーンが積み重ねが「重さ」になるんだけどね。




910 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:48:47 ID:+bAJ/2y4
>>906
菊乃には本気だったの?
本気は野々宮の妻だけと思ってた。
三種の神器をくれてやったのはシズマだけが実の息子(他は娘)だからかと。
時代的なことを考えてそう納得してたんだけど違うのかな?

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:53:29 ID:iHjCCVjm
>>910
野々宮存命の時は処女妻が好きだったと言うつもりで書いてたんだが
分かりにくかったらスマソ。
菊乃も処女妻程ではないけどかなり本気だったんじゃないかな。
遺言状でも菊乃の事に触れていたし。

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 16:54:44 ID:EDNczHA/
>>906
> 佐兵衛は若かりし頃大層な美少年で(ここは原作にもあった)
> それで野々村に求められる形で関係はあったけど恩人をこばめないって
> のが理由で、本当はノーマルだから処女妻と結ばれたんじゃなかったっけ。

原作には拒めなかったのが理由というような記述は特には無かったと思うよ。
>>906の書いた通りだったのかも知れないし、そうでないかも知れない。

> だいたい猿蔵みたいな、野垂れ死に寸前の自分を拾ってくれた恩人に

猿蔵は、映画では佐兵衛が救って屋敷に住まわせた設定だけど、原作では
たしか祝子(野々宮大弐神官夫妻の娘=実は大弐の妻・晴世と佐兵衛の間に
出来た子=珠世の母)が、みなし子の猿蔵を養育し、珠世が犬神屋敷に迎えられた
時に一緒についてきた、という設定だったと思う。

まあ映画はあくまで映画だから、原作と比べても仕方ないけど。

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:01:57 ID:iHjCCVjm
>>912
色々勘違いしてたようだなすまんかった。
まあ言いたかったのは猿蔵と言うよくある野生児っぽい孤児キャラに
必要ない深読みをしても仕方ないよと言う事だった。

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:22:51 ID:14fQt/N1
ネタにマジレス乙としか言えない

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:25:08 ID:q7oGiExQ
まあ、興行のカネの話なんかするよりは猿蔵の裏設定をやいのやいの言うほうが健全だがな

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:29:09 ID:d5rKd8MC
ラストの金田一が去っていくシーンで歩いている農道っぽいのが舗装されているのが気になった
終戦直後はほとんど舗装道路なんかないはずなのに

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:36:31 ID:TOs+W/de
信州の山奥で、しかも終戦後数年で寿司が食えるのが新作、旧作とも気になっている。
巻きとか稲荷とかはともかく、握りは危ないのではないか?

まぁ、松坂慶子(新)と三條美紀(旧)の豪快な食べっぷりに免じて許す。


918 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:41:58 ID:o/FgnDMx
旧「犬神家」では、「絶対に信用して間違いなしの探偵だ」のセリフもあり
「悪魔の手毬唄」では磯川警部と最初から親友なんだけど
「獄門島」あたりから、そういうのは一切なしにして、加藤武も毎回リセットして
金田一を徹底的に孤独な「神様」(またはストレンジャー)化するのが固まったんじゃないかなあ。


919 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:42:04 ID:widLiyGR
犬神財閥だよ?
寿司ぐらい大丈夫です。


920 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 18:44:54 ID:EDNczHA/
そうか…ちょっと小金があってもネタが思うように手に入らない時代だったのだろうから、
金田一はもとより、弁護士にしても神主さんにしても、恐らく一族の他の人達にしても、
握り寿司をたらふく食える!ってのは期せずしてごちそうにありつける機会に恵まれたことに
なるわけだな。不謹慎とか言っていられる余裕の無いような状況だったのだろう。

庶民レベルでは、外食すること自体がちょっと気分の変わる贅沢で、当時としても豪華版の
ごちそうとまでは思わなかったにせよ、食堂で素うどん(たぶん)を食べるだけでワクワクする
ような出来事だったんだろうと思うんだが、そのワクワク感みたいのが深キョンには感じられ
なかったんだよなぁ…生まれ育った時代の感覚が違いすぎるから、解れと言う方が無理なの
だろう。恐らく深キョンとしては、うどんを食べる場面が脚本に書いてあるだけの事で、設定上
の時代に食堂でうどんを食べることが、どんな感覚の行為であり得たか…までは考えも
及ばなかったんだろうと思う。だからそこんとこは演出の側が、噛んで含めるように脚本の
意図を役者に伝えて、当時の人の心境に成り切って演じてもらうとか、または映像上そのように
見えるような仕種や表情を引き出して撮る必要があるんだと思う。

30年前に演じた俳優さんにとっては、脚本の言外に盛り込まれた意図のようなものも、既に
世代が違っていたとはいえ、まだまだ自身の普段の生活感覚から遠くかけ離れたものではなく
容易に想像で補って汲み取ることが容易だったのだろうかと思う。
当然ながら俳優の世代が変わってしまっている条件下で、限りなく昔と同じ脚本を使ったことの
落とし穴みたいなものが、案外こういう所にもあるんでは無いか?という気がする。

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 20:11:10 ID:ukmSfqQU
菊乃の折檻シーンはオパーィは出してるの?

922 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 20:19:54 ID:sdZxkhN7
出てます

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 20:44:16 ID:7qCwiNT1
一言で言うと、どういうこと?

924 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 20:48:08 ID:TOs+W/de
>923

一口ではなかなか難しいが、
「オッパイ,ポロ。冷水ビシャー。火箸ジュー!」って感じ

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 20:54:28 ID:DXw+fIRx
His judgement cometh and that right soon

男性諸君、結婚すると不幸になる。女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪い+嘘つき+女同士も上辺仲良し裏では悪口三昧
女の成分はA(性悪陰湿+損得自己中感情)+B(良い女演技+体形+整形化粧+ファッション)
↑良い女演技は好きな男>>異次元>>男集団>他人の順に良くなる。年齢とともにBのメッキがはがれ内外ともに醜くなる(Aの良い女は極少数)
今の女は「人生の不良債権、北朝鮮、金メッキを施したゴキブリ」
社会的に男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、女尊男卑〜結婚しようとする君を彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★結婚は保留し、沢山の女性と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★避妊必須
★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★

それでも結婚する君へ究極護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により、自分の稼いだ財産はすべて自分の物
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、女には従軍させ、男たちには卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、脚と腕を不自由にして、戦えなくした
・王位継承権が女性にだけあったという事実だけから考えて、古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
男女平等どころか、かなり女性上位の社会であった
・日本でも卑弥呼が女王
・昆虫などにいたっては、オスカマキリはメスに食われる

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:05:11 ID:dUIY8BSd
質問なんですが、珠世と佐清がなぜ相思相愛の関係に
なっているのかがわからなかったのですが、どこかに
そういう描写があったんでしょうか。一見の観客には
納得できないと思うのですが…

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:08:22 ID:iIbzI4XW
湖のモータボートがかばいきれないほど未来すぎでしたね

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:15:48 ID:RK5sHt4a
今日見てきましたー 
大道具小道具、ステキな着物と帯、このまま葬るのは勿体無い。
「犬神家の一族展」を開いて全国巡回してくれたらいいですね。

万田さんと深田さんは想像通りのヘタクソさで勘弁してくれと思いました。
石坂さんと富司さんは立派でしたね。 スケキヨさんも良かった。
スケタケさんとスケトモさんは、似ていてほんとの兄弟みたいだった。
キクゾウさんと玉緒さん夫婦が上手くて面白かった!プロだ。

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:20:52 ID:RK5sHt4a
>>116
あそこ、編集が変だと思う。
ほかにも”そこ、台なし”と思うところがボツボツあった。不思議。

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:22:18 ID:d5rKd8MC
>>926
時計修理の件や松子に佐清との結婚の回答を迫られた時の反応や佐清を見間違うはずがないと言い切ったあたりから
出征前からラブラブだったのは見当がつく

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 21:56:10 ID:ReLaEmU7
あの二人が恋仲だって事がわかるとちっとも怨念の遺言状じゃなくなるんだけどね。

932 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:04:15 ID:vFJbYfqV
今回の逆立ち死体の足のあり方は自然に見えた。
前作はシンクロナイズドみたいで
むちゃくちゃビクトリー型だったな。
あと、今回の静馬のかあちゃんの水かけられるシーン
昔は一場面だけでも、色気のある女優さんだった。
中村なんとか?いうひと?
今回は恨みというか、怒りが薄いイメージでした。

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:04:15 ID:SngAKPfa
同じ孫なのに佐兵衛翁の愛情のかけ方が違うのはやはり松竹梅の存在だからなんでしょうか?

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:13:15 ID:6u2ZNd5K
今日新宿で見たけど、結構客入ってたよ。劇場は小さかったけど。
新作の松子のほうが、「我が子を愛するあまり」な感じが強く出ていて、
これはこれで良かったと思った。佐清にようやく会えた座敷の場面、旧作では
うるっと来なかったけど、新作では松子に感情移入しやすい。
佐清の取調室の場面をみて、あおい輝彦の顔の作りとああいう丸い造型というのが
案外重要だったことに初めて気付いた(取調室の場面は、旧作では泣けたけど、
新作では無理)。母親を思うあまりああいうことをしそうに見える。マザコンレベル
の親孝行を表現してなお、キモくも女々しくも見えてこない。新作の佐清は、
なで肩と肩幅がね。弱々しさが先に立って、守ってやりたくなると言えばそうだけど、
格闘シーンとか、うーん、という感じ。「みんなに愛される弟キャラ」どまりというか。
全体として、世間の悪評ほどひどくはなかったけれども。


935 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:24:28 ID:o/FgnDMx
今日の週刊朝日にほぼベタボメに近い記事が載ってたな。


936 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:41:57 ID:ukmSfqQU
>>932
昔の青沼菊乃は大関優子…現在の佳那晃子

937 :横溝ワールド復活望む:2006/12/26(火) 22:44:24 ID:8AToyncm
市川+石坂コンビの金田一作品は個人的に一番好きです。
今回の作品については批評が結構厳しいけど、
年老いててもいいから次回作を製作してほしい。
これがコケてしまうと難しいと思うんだけれど・・。
今回は前作のイメージが強かったせいもあり
前作と比較してしまい評価は低いようですが、
まだ映画化されていない作品であればきっと
あの映像美で新たなファンと素晴らしい
横溝ワールドでまた観客を魅了してくれると思うのです。
ただ、ミステリー映画にはそれを引き立たせる美女が
必要不可欠だと思います。
そのキャスティングを誤ると作品自体の重厚さが
失われてしまいかねませんが・・。
皆さんはどうお考えになりますか?

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:46:52 ID:iIbzI4XW
前作よりも照明が凝ってた、シャドーよりハイライトが今回は印象的ね


939 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:50:05 ID:TOs+W/de
>932

これはどうだ?

http://2ch-dc-ita.gotdns.com/~dc-ita/cgi-bin/imgboard/img-box/img20061226224903.jpg

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:55:09 ID:zVb0VBW5
(^ω^)カワユス

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 00:13:31 ID:4sv62v+d
週刊朝日でも次は「悪魔の手毬唄」を、と書いてたね。
あっちは渋めに決まった名作だから、リメイクの必要まったくナシというのは基本的に賛成だけど
(犬神家は同じ名作でも忠臣蔵ぽいお祭り要素が多い)
どうしてもというなら磯川=仲代か緒形拳 リカ=倍賞千恵子 ゆかり=仲間由紀恵
かなあ。
仲代・倍賞は年取りすぎだけど、これより下の俳優だと岸・若山に惨敗必至だし、
(この二人でも引き分けに待ちこめれば大出来なぐらい)
磯川は加藤武より若く見えてはまずいし(仲代も年下ではあるが)。
仲間は珠世にも名前あがったけど、神秘的な令嬢である珠世よりこっちの方が合っていると思う。


942 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:04:45 ID:Sc8A/Jro
倍賞?アフォか…
それじゃあ、コーヒーを入れないマリームだろw
強いて言えば後藤久美子かねーちと容姿でムリぽだけど、、、
岸恵子はおフランスの香り漂う和風美人だったからねー
あの微妙さが出せる女優さんは…いないような

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:14:19 ID:4sv62v+d
自分と意見が違うとアフォなのか。
「コーヒーを入れないマリームだろw」とかいう○○○○しろくもない表現にもあえて突っ込まないでおくよ。


944 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 03:39:40 ID:Sc8A/Jro

倍賞が良いというからには、他に言いようがあるまい…
分かる人には分かる、それだけ。

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 03:41:18 ID:uH0zbN7f
だったら病院坂の首縊りの家を原作に忠実にやって貰いたいわ。

79年に撮った前作は編集で細かい点を並べ替えれば
原作に近くなるし、要は後編だけ今のメンバーで撮ればいいんだ。

っていうか、市川崑も大幅短縮バージョンだけじゃなくて
今後のときのために原作に忠実なバージョンも予め撮っておけば
映画史上誰もやったことが無いような作品が出来たかもしれんのに。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 03:52:06 ID:Sc8A/Jro
あ?
そういう意味じゃなくて…
ダメだこりゃ

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 04:14:37 ID:4sv62v+d
>>944
ま、オレも大女優岸恵子を「おフランスの香り漂う和風美人」なんて腐った言葉でしか語れないヤツとは
話が通じるとは思ってないが。
まあ倍賞ったってどうせ寅さんぐらいしか見てないんだろうし。
だいたい後藤久美子なんてフランス人と結婚した以外何の共通点もないし、そんな若いリカにしちゃって吉岡秀隆にでも磯川やらせるつもりか?

しかし945はどう見たってオレか937へのレスだと思うんだが
(アイディアは面白いけど、個人的にあまり好きな原作ではないので・・・)
946は何ひとり合点して騒いでるんだろう。


948 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 04:20:00 ID:jKGFhBtK
>>945
賛成!
79年版を再編集して前半(3分の1ぐらい?)にして
残りを今撮ってもらえれば完璧。
ぜひ観たい!!!

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 04:51:19 ID:Sc8A/Jro
>>947
大女優とかそういうのは関係ないね。
倍賞だったら、松嶋珠世と同レベルになってしまうじゃないか。
寝ぼけてんのか?

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 04:56:45 ID:4sv62v+d
>>949
もういいよ。
「おフランスの香り漂う和風美人」
「コーヒーを入れないマリームだろw」
倍賞の引き合いに後藤久美子と松嶋。
だれかこのセンスについていける人、ヒマなら相手してやって。
俺は無理だ。


951 ::2006/12/27(水) 04:58:31 ID:9X99BKzJ
ぼちぼちみなさま寝ましょ〜

あした起きたら次スレ立てます

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 05:10:20 ID:Sc8A/Jro
つか、これは手毬唄のスレじゃないからな
亀の湯のおかみに倍賞千恵子はあり得んだろ。

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 06:00:11 ID:QvXQeklv
ランキングがギリギリふんばってくれてよかった

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 07:21:28 ID:TXutoTti
>>847大奥〜華の乱
じゃないんだからw

人名に『おでん』はワロタw

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 07:29:00 ID:TXutoTti
>>860
『つじ まんちょう』だと思ってた…orz

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 08:02:04 ID:TXutoTti
>>925誤爆か?
なんにせよ
クリスマスイブの夜に
コンビニで立ち読みするか、ドンキで時間潰すとか…くらいしか出来なかった口でしょw

『僕…誰にも相手にされません…』てオーラ漂わせてw
家族や友達、恋人(伴侶)など大事な人間関係をキチンと築けない奴ほど、この手の理屈屋とか評論家になったりするんだよ。きっとw
そういう意味では、横溝ミステリーワールドの住人って…大概がそういうパターンかもねw

長文スマソ

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 08:20:50 ID:jbbxulFG
痛過ぎて他人事ながら恥ずかしい

958 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 09:47:19 ID:MMqJHnoW
>>916
わたしも、深田恭子の剃り眉毛同様に気になった。
それから、佐智もクルーザーも昭和初期のものにみえない!!

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 10:12:00 ID:cOlEuOJw
テレビの「手毬唄」は、昔有馬稲子がリカ役演ってたなあ…。彼女も良いけど倍賞千恵子は今現在だと映画にこだわっている女優っていうイメージだからいいかも。里子には管野美穂キボン。

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 10:13:08 ID:jCxS2aEK
>>957
同意…

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 10:19:07 ID:Jqacxmrj
>>950
じゃあもっといい表現をして見せたら

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 10:38:36 ID:PcG3tLEs
やっぱり松嶋がな…
でかいのは前作もだが、珠世にしては老けてるし体もはれないような人
使わなくてもいいのに

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 10:43:09 ID:6UOFn7rj
そういえば、「わが告白」を珠世の部屋で落とすシーンも
旧作では迂闊に落としたのか、それとも珠世に託したのか
どちらともとれる微妙な落とし方だったけど、
新作では明らかに手でポイっと部屋に投げ捨ててたよね。
あんな変な落とし方するんだったら、部屋を出た後でドア前に
そっと置いて逃げたほうが画像としては綺麗だったような気がする。
珠世は追いかけようとして、すぐにドアを開けるんだしね…

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:03:13 ID:vpKFoaOx
菜々子は嫌いじゃないんだけど、この映画には合わないと思う。

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:30:23 ID:QV4tifT6
珠世に吉岡美穂はどうでしょうw
レイープではオパーィもフトモモも期待してw

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:34:26 ID:3CIHGKfW
>>962
松嶋を庇うわけではないが、原作での珠世はいわゆる
いかず後家(佐清を待っているうちに婚期を逃した)という
設定で、年齢も26才だから、松嶋で問題ない。
体を張ってないと言うが、ちゃんと(?)下着姿にはなって
いる。島田陽子の乳首ポロリはハプニング(あるいは吹替)
えだったのだから、そこまでを望むのは酷だろう。

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:40:15 ID:hCrMSlvE
言い争うとこでの編集は良かったよね。
窓の死体発見のところは、そりゃないだろうと思った。

あと、宣伝のための人選しか浮かばない頭なら
あんまり人の思い出にかかわる映画に手を出さないでほしい。

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:47:55 ID:t/h88+iV
どのキャストも演技の上手い下手ではなく前作の印象が強烈すぎたんだよね
上手いはずの草笛さんも琴の師匠のイメージに合わなかったし
ふくよかすぎて嫌だ合わないなあと思ってたあおい輝彦の方が貧弱な菊之助より
いいのかなと思ったり。

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:10:41 ID:24w9tD5q
またアンチか

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:27:03 ID:bxaKOYtl
松嶋奈々子でよかったと思うけどね
あと猿蔵も名前知らないけどあの役者さんで良かったと思う

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:31:28 ID:+lCutl8r
この映画の失敗は松嶋ナナコ起用にある。酷すぎ!素人の学芸会以下 どこが超大物女優なんだか・・・
とにかく持って生まれた気品というものがないんですねこの方。昔何かの番組で四つんばいで尻振ってたのを
思い出してしまったがな・・・すっかり忘れていたのに。

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:47:08 ID:jCxS2aEK
菜々子は演技以前に見た目でしょ?
とにかくデカ過ぎ!!!
台詞言う前に、ただ立ってるだけでデカさが気になる!!!
人と並ぶと特にです。

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:59:19 ID:pjaBAOuk
松嶋や ああ松嶋や 松嶋や

このスレ見てて、言いたくなった

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:00:13 ID:RgFWa9jA
>>972
スケキヨが特に小さいからねえ…
まあ今回の珠世は年端も行かない世間知らずのボンボンを手篭めにした
という役柄としてみればなんとかなるかも…

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:16:22 ID:Z6GxiAd0
なんか深田が出てるらしいね
評判どうなの?

976 :1:2006/12/27(水) 14:29:26 ID:9X99BKzJ
次スレ立てました。

【市川崑】犬神家の一族 神器九つ目【石坂・松嶋・菊之助・富司】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1167197343/

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:31:21 ID:RPNsmITL
>>975
最悪
最低

大半はこのいずれか(一部の寛容な観客除く)

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:32:30 ID:D4KICOOq
まさかNANA2よりランキングが下とは・・

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:41:16 ID:RPNsmITL
>>978
大ヒット作の続編でターゲットが若者な分、なな煮の方がコケた感は大きいのではないか。
犬神家は妥当な線だろ。
正月興行だから見劣りしてるだけと思うが。

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:43:12 ID:D4KICOOq
大奥は無理でも、一分には負けたくないと思っていた時期が、私にもありました

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:00:50 ID:RPNsmITL
デスノートより上だったので体裁は保てたと思う。たぶん…


982 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:03:47 ID:D4KICOOq
SPドラマなら20%は軽く超えそうなキャストなのにな

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:05:22 ID:uH0zbN7f
映画っちゅーか、ドラマレベルだな。

ドラマでもう一作石坂金田一をやってほしいねぇ。

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:06:49 ID:bxaKOYtl
>>983
映画レベルとドラマレベルの境界を教えてください

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:10:33 ID:jCxS2aEK
>>974
そんな珠世イヤーーーーーーーーーー!!!

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:12:03 ID:D4KICOOq
負けてる・・・

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:12:37 ID:jbc/9vtW
つーか犬神製薬の嫡男なら
徴兵猶予が出来る位のコネがあるんじゃない?

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:13:32 ID:D4KICOOq
つい1ヶ月前までは名前すら知られてなかったエラゴンに負けてる・・・

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:15:53 ID:3CIHGKfW
>>987
寧ろ積極的に行かされたらしいよ、良家の子弟は

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:20:14 ID:D4KICOOq
まあ興行成績なんか俺ら一般人にとっちゃ関係ないし

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:33:11 ID:hCrMSlvE
スケキヨが隊を全滅させた、という説明が足りない。
静馬にチョコっと言わせればよかったのに。
本人がチョロっと言って終わらせても、キョトーンという感じで戦争の重みがない。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:35:13 ID:D4KICOOq
そこそこに楽しめたからそれでいいよ

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:43:36 ID:8JNuN6fC
>>989
それに全員戦死してくれれば佐兵衛の思う壺だったろうしね。

と、いうのは想像の域を出ないとしても、
とにかく出征してくれないとお話が成り立たないから。。。

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:44:20 ID:D4KICOOq
湖の逆立ち死体を見つけたのって竹子の娘でいいんだっけ?


995 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 15:52:00 ID:8JNuN6fC
>>994
そうです。次女竹子の娘、小夜子です。
可愛そうに、死体を二つも第一発見したのね。

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:01:40 ID:irn+QvBQ
うめ

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:05:28 ID:/E1vNHWd
梅子

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:25:47 ID:ZKU3JQUC
佐兵衛が死ぬシーン、旧作だと珠世の表情が変わるんだけど
新作の珠世は全然変わらないし、凄く冷たい感じがしたな。
あとタイトルの入るタイミングはやっぱり「ご臨終です」の
後が良いと思う。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:34:51 ID:QV4tifT6
菜々子のスリップ早く見たい!

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:35:46 ID:3CIHGKfW
1000なら奇跡のv字ヒット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

265 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)