2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙23通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:32:04 ID:a2ikS21S
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ
裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ

注)次スレは>900踏まれた方が立てて下さい


2 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:34:50 ID:pWZvjcML
2

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:36:02 ID:a2ikS21S
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
( ※スレの流れが早い間は900踏まれた方が次スレ立てて下さい。)

■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:36:35 ID:pNzXcUTB
2GET!               __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
 ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!        
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,


5 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:37:10 ID:a2ikS21S
■過去スレ
硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/
【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:38:17 ID:a2ikS21S
【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/
【Letters from】硫黄島からの手紙16通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165894412/
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/
【Letters from】硫黄島からの手紙18通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166035344/
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/
【Letters from】硫黄島からの手紙21通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166273491/
【Letters from】硫黄島からの手紙22通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166354150/

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:39:25 ID:a2ikS21S
■参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:39:27 ID:5FIcigI0
父親たちの星条旗 65点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50832418.html

硫黄島からの手紙 80点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50870460.html

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:40:34 ID:a2ikS21S
■参考資料(関連著書等)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本陽 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守 晴夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著), Richard F. Newcomb (原著), 田中至 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー (著), 大島英美 (翻訳)

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:41:40 ID:a2ikS21S
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」
ttp://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html


動画
Iwo Jima WWII ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=W-1by5rLlr4 
The Sands of Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=lJqX0zC00gU
Iwo Jima, Joker and the Theif (Wolfmother) ※日本兵の遺体有
http://www.youtube.com/watch?v=9bTFGm5nA8o
Iwo Jima
http://www.youtube.com/watch?v=H-yNnx4fvVY
関西テレビ「スーパーニュース アンカー」06年12月13日放送
http://diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv
青山氏の硫黄島リポートです。


硫黄島フラッシュ「春よこい」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.swf

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:42:45 ID:a2ikS21S
渡辺謙のインタビュー(ネタばれ)
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b.html
2006年12月11日 (月)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
月曜日と火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。
今日は、「硫黄島からの手紙」…渡辺謙さんは栗林中将をいかに演じたか。などなどお話を伺いました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b_1.html
2006年12月12日 (火)
小西克哉が直撃!「硫黄島からの手紙」渡辺謙さんのインタビュー!
きのうに引き続き火曜日は、映画「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんのインタビューをお送りしました。

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1211.mp3
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/watanabeken1212.mp3

LA Times のクリントのインタビュー
http://theenvelope.latimes.com/news/more/print/env-en-cover13dec13,0,138.story?coll=env-pollpromo

http://www.cnn.com/video/
BEST OF TV
Dirty Harry
CNN's Larry King interviews hollywood legend Clint Eastwood. (December 12)

CNN LARRY KING LIVE
Interview With Clint Eastwood; Interview With Martha Stewart
Aired December 11, 2006 - 21:00 ET
http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0612/11/lkl.01.html

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:43:51 ID:a2ikS21S
ご遺骨収拾の模様(PDFファイル)
http://www.takushoku-u.ac.jp/news/2006/060618ioutou002.pdf
映画にも出てきた真っ赤な夕日が。 2006年8月にかかれた島についての新聞記事もある。

硫黄島守備隊として戦った遠藤さんと、 硫黄島・沖縄で戦ったアメリカの元軍人が、
ふたりで運動会の開会式で宣誓。
http://www.youtube.com/watch?v=fqBHHVhSMJ8

『ルーズベルトニ與フル書』 市丸利之助海軍少将
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2006/12/post_97f8.html
硫黄島 市丸少将 ルーズベルトニ与フル書
http://nappi10.spaces.live.com/blog/cns!39E8451829AE7F4!2495.entry
ルーズベルトニ与フル書 A Note to Roosevelt (英文対訳)
http://www.chukai.ne.jp/~masago/roosev.html

硫黄島の不発弾処理の記事
http://www.ogpress.com/2p/topix/A-06.07.17ioutou.html
硫黄島復興計画に関する参議院での答弁
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/syuh/s085002.htm
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/085/touh/t085002.htm

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:44:54 ID:a2ikS21S
硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい
BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M
【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/
Iwo Jima - part 1
http://www.youtube.com/watch?v=dhq1hfwPTnM
Iwo Jima - part 2  ←リアルグロ有り(グロ苦手な人はやめとけよ。マジで)
http://www.youtube.com/watch?v=fDiVeZeoKWs

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:46:04 ID:a2ikS21S
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061207i503.htm
「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

米アカデミー賞の前哨戦の1つとなる米映画批評会議賞が6日発表され、
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が今年の最優秀作品賞に選ばれた。
受賞作は硫黄島での日米の激戦を日本側の視点から描いた作品で、
渡辺謙さんが日本軍の指揮官役を演じている。公開は日本が9日、米国が20日から。
この作品と対をなし、同じ死闘を米国側の視点から描いた
「父親たちの星条旗」(日米で上映中)も今年のベスト10映画の1つに選ばれた。

(2006年12月7日11時4分 読売新聞)


■the National Board of Review
2006: Best Film:Letters From Iwo Jima
http://www.nbrmp.org/search/?search=Letters%20From%20Iwo%20Jima

■the Los Angeles Film Critics Association
"Letters from Iwo Jima" was voted Best Picture of the Year
http://www.lafca.net/Home/News/2006_lafca_awards_winners.html

■ the Golden Globes
64TH GOLDEN GLOBE AWARDS NOMINATIONS

8. BEST FOREIGN LANGUAGE FILM
LETTERS FROM IWO JIMA (USA/JAPAN)
http://www.hfpa.org/news/id/42

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:47:07 ID:a2ikS21S
IMDbの絶賛レビュー
http://www.imdb.com/title/tt0498380/#comment
Oscar Alert 2006: ''Letters From Iwo Jima'', 9 December 2006
Author: agentmatheus from Brazil

たった今帰ってきたところなんだけど、まだ映画館にいるみたいに感じる。
爆発音がまだ聞こえる。えらくややこしい日本語がまだ聞こえる。
戦争の苦痛の音がまだ聞こえる。
どれほど「硫黄島からの手紙」が強力かってことだ。

10月にクリント・イーストウッドが「父親たちの星条旗」を公開して、
今年の勝者だと言われてた。でも、ひどく失望した。
このジャンルに何も新しい見所は無くて、使い古した戦争ドラマだった。
イーストウッドには失望したと認めないといけない。
だけど、イーストウッドはジャケットにもう一枚カードを隠していた。

「硫黄島からの手紙」は欠点のないアートシアター戦争ドラマだ。
イーストウッドがこれまでに撮った全てと違う、強力な怪物みたいな映画だ。

物語は基本的に「父親たちの星条旗」の日本視点。
「父親たちの星条旗」はアメリカ人の栄光や、英雄として迎えられる退役軍人、
全体的に勝利の色合いを見せるシーンがたくさんある。
しかし、「硫黄島」は全く違う。日本人に栄光はなく、あるのは痛みだけ。
退役軍人は、家に帰らなかったから英雄として迎えられもしない。
勝利の色合いはなく、あるのは巨大な敗北の雲。
「硫黄島」は白黒フィルムと似て暗く、今年一番悲しい映画だ。

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:48:12 ID:a2ikS21S
IMDb続き

ケン・ワタナベはジェネラル・Tadamishi Kuribayachi(とかそんな感じの)として目立ってる。
どうして彼が最も才能ある日本人俳優であるかを示して、
オスカーノミネートに値するかってことを証明してる。
カズナリ・ニノミヤも賞賛に値する。
彼が演じる、パン屋から兵士になった西郷は本当に痛ましい。
怯え、不安におののく男だけれど、娘に会いに家へ帰るという、
一つの夢と一つの十分な希望を持っていた。

イーストウッドの演出も大いに賞賛に値する。
自分がこう言うのは厳しいんだが、オスカー監督賞を
スコセッシから取りあげる人がいるなら、それはイーストウッドだろう。
「硫黄島」が「ディパーテッド」よりいいとは言わない。
でもイーストウッドはとても才能があるし恵まれているのだから、
この映画で彼をノミネートしないのは愚かだ。
静かな映画で、別の話の中で物語り、長い間心に残るだろう。
イーストウッドはまた「トラ!トラ!トラ!」をやった。
一方で弱みを見せ、別の一方で完璧だと証明した。

たぶん「硫黄島」は21世紀最良の戦争映画だ。
イーストウッドは、何十年にもわたって超えられることなく生き残る作品を作った。
アートシアター傑作「硫黄島」により多くの人の知るところとなるだろう。
2006年は映画制作にとって重大な年だったと。

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:50:55 ID:E6jdSx5V

    :        ,゙   ゙ ' ‐ ‐ ‐/⌒ヽ' ' ゙ ',    ..:::..
 .     ∧     :          .! ,.γ⌒ヽ ;    ::
     <  '7   ,'゙        ゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒)
      レt-! . ,'    ''''''   ''''''  ~ ^ヾ_ノ
        !‐‐┼- (●),   、(●)、     ;
        !‐┼-    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    ー┼- スレが荒れないお・ま・じ・な・い♪
          !.‐十    `-=ニ=-´      ‐┼-
         ,.!- ヽ、   `ニニ´       ゙メ、
         ',.と   ゙ ッ‐,-.,.,.,.,.,.,.,n‐ッ, ‐ ' ゙
 .          ` !、  ./  ゙' -∠ィ^'゙    ゙ヽ、
            `.7 .,‐^- 、  ゙ヽ、    i
    ..::..      ノ   ι、r'     ヽ、,._ノ
 .     ::       ,∠..,,_     ゙         >   .:.
           ` ''! ゙ヽ.,, _ _     , イ   ...:: ::...

六四天安門事件
天安門 自由 台湾独立 法輪功 虐殺 人権 蛇頭 臓器
チベット ダライ・ラマ ウイグル 東トルキスタン
中国六四真相 六四事件 通州大虐殺
臓器狩り、文化大革命、大躍進政策、
環境破壊、土壌汚染、水不足、公開処刑、歴史捏造、
違法コピー、海賊版、強制避妊
佐賀県
佐賀県庁
It seems that there is a possibility that the North Korea people martial light infantryman
teaching guidance bureau will make a surprise attack to the city and Pusan
in the southern part of the Republic of Korea in the near future.



18 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:50:58 ID:a2ikS21S
CNN LARRY KING LIVE
真の男◆クリント・イーストウッド総合スレPart6◆真の漢
ID:CthPjuQZさんが日本語訳をしてくれました。ありがとうございます。

超有名司会者ラリー・キング(LK)対クリント(KE)

「硫黄島からの手紙(以下手紙)」は最近全米批評家賞を獲得。
昨日はロサンゼルス批評家賞を獲得しましたが、感想は?」
KE: ポジティブに受け止めてる。
LK:驚きました?
KE: ええ、いつもの様に。
私は映画を作って、それが何とかものになった事だけでいつも驚くんです。
自分の映画を見に来る人がいるなんて思いもしないし。
ただ作ってその結果が満足であれば、それでいい。
それに完成してしばらくは頭の中が真っ白でー
LK: それでこの映画の場合(言語不明瞭)
CE: 誰かが飛びついて、気に入ってくれたら、それで十分。

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:52:03 ID:a2ikS21S
LK: どうしてこの題材を選んだんです。硫黄島に関して2本も映画を作ろうなんて
CE: それは、まず最初にジェームス・ブラッドレーの原作を読んで、映画化に興味を持ったけど、
既にドリームワークスに買われてて、そこで数年眠っていたらしい。
そしたらある晩スピルバーグに呼ばれて、この映画の監督をする気がないかって誘われたんだ。
その時脚本らしいものは完成してたんだが気に入らなくて、色々練り直しているうちに、
日本側の方に興味を持った。
  この戦いは海兵隊の歴史を変えただけでなく、栗林という中将に率いられた非常に珍しく、
かつ困難な防衛が展開されていた。
だからその方も作ってみようと思ったんだ。
LK: でもどうやって、例えば日本語しか話さない俳優を監督出来たんです?
CE: どんな言語を使おうと、良い演技はわかります。
それに私は渡辺謙をはじめ考えうる最高のキャストを得られました。
彼の作品を何本かみて敬愛してたんです。
LK: 彼が中将を演じたんですね?
CE: ええ、彼が中将役で。他の俳優もオーディションで選びました。
  フィーリングで出来るかどうか、わかったし、万全を期すために
  常に通訳が脇についていてくれました。

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:53:01 ID:XutuAU44
硫黄島に限らず、グアムだってサイパンだって
多くの日本人が悲惨な死を、不本意な死を遂げた戦場なのに
戦後の日本人はそのことを少しも顧みることなく観光地にしてしまった。
いつかわれわれは手酷いしっぺ返しをくうことになるのではないか。


21 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:53:07 ID:a2ikS21S
LK: 本当に正直に言って、2本の映画とも最高の出来でした。
「手紙」はオスカーの最有力と言われていますね。
貴方にとってもう一つ追加になるのでしょうが。本当に素晴らしい映画でした。
貴方がこの題材に夢中になった意味がわかりましたよ。
CE: 分かるでしょう。取り掛かり始めたら、誰もが引き寄せられる様な題材で。
あの小さな島を必死に守る人々にひかれてしまう。
ある特定の時代に、まったく勝ち目のない過酷な戦いをする場所に送られて
しまった人々の話です。
LK: 日本軍にはまったく勝つチャンスが無かったのですね?
CE: 明らかに彼らはそう感じていました。
彼らはただ米軍を本土や、沖縄に侵攻させない為にだけで、必死に島を守ったのです。
結果的には侵攻されてしまいましたが。
しかも彼らは圧倒的に装備が足りなく、島には水も、食料も何も無い。
貯蔵したものがすべてで、敵が上陸すれば補給さえ不可能な島なのです。
LK: 硫黄島はなぜそんなに重要だったんです?
CE: それはマリワナ諸島と日本を直線で結ぶ位置にあったからです。
  その頃製作された攻撃機B29は優秀なものでしたが、エンジンに問題があり、
途中でー
LK:母艦が寄港できる所が必要だった。
CE: 上陸地が必要で、だから日本軍は本土を爆撃されない為と、レーダーを阻止するために、
そこを死守する必要があったんです。
もしそこでレーダーを妨害すれば、日本軍は、2時間半位、先に
攻撃する事が可能だった。

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:54:12 ID:a2ikS21S
LK:視聴者からの質問で、俳優から監督に転身した時、誰から監督術を教わりましたか?
とありますが?
CE: 私は38年前に俳優から監督業に転向しましたが、その頃にも偉大な監督がいましたし、
今でも周りの監督すべてに教わっています。
ですが、ルーツといえばやはり、ジョン・フォード、ハワード・ホークス、
プレストン・スタージェスをあげるべきでしょう。
  初期のアメリカ人監督と、あと一寸皮肉かもしれませんが黒澤明監督に多大な影響を受けました。
黒澤は私のキャリア・アップに間接的に貢献した監督と言ってもよく、私は日本のサムライ映画の
リメイクでスターになったと言ってもいい位なのです。
LK: そうでしたね。
CE:だから私は初心に戻ってこれから日本映画を作ろうと思っています。
LK: また俳優に戻る気持ちはあるの?
CE: さぁ分からないな。
1970年に監督した映画で主演もしたんだが、どうも画面に映る自分の姿が気に入らなくてね。
  カメラの後ろに立つことはできるかもだが、見かけはねぇ、どうかな。でも分からない。
  もしかしたら凄いいい役のオファーが来て、すぐに飛びつくかも。
  でも最近は、あんまり演じてみたいいい役が無くてね。年齢とかでなく。
  それに、まぁ今はギャラを得るために演じる必要も無くなったし。
LK: でも監督は76歳だよね。
CE: ええ。
LK: 引退する気は無い?つまりもうお金の心配は無い訳だし。
CE: どういう訳か一度もそんな事を考えた事が無いんだ。
たぶん38年前に監督をはじめたとき、たぶんいつかは引退するだろうと思ってたし、
俳優はどこかで辞めるだろうと思ってた。
だけど色々な事情で今の様な形になってるんだ。
  それに仕事をしている最中は自分が何歳なんて考えもしないから。
LK: 今日のゲストはクリント・イーストウッドさん。「手紙」はこの金曜封切りだっけ?
CE: 来週の水曜封切りですよ。今から1週間後です。(CMブレーク)

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:55:16 ID:a2ikS21S
「父親たちの星条旗(以下星条旗」の予告編が流れる。

LK: 今お見せしたのは「星条旗」の一場面で、これに続いて「手紙」が製作された訳です。
「星条旗」で、硫黄島にまつわる話が戦争キャンペーンに利用されたと聞いてショックを受けましたか?
CE: ええ、いや、ショックは受けなかった。
私自身(キャンペーン)それは素晴らしいアイディアだと思いました。
ただ映画で描かれたのは、あまりに多くの期待を寄せらえれ3人の若者がどんなに
  辛い思いをしたかなのです。
3人の中の1人しか比較的幸福な人生を送れなかった訳ですから。
  あの時代あのアイディアを考えだしたのは誰か知りませんが、3人の兵士を呼び戻して、
宣伝に使うのは賢かった、なぜならあの有名な写真では、誰が誰だかわからなかったんだから。
誰でもいい3人を選び出して、旗をあげた兵士と、ごまかしても良かったんだ。
だが、あの3人が呼び戻され、英雄になった。
その中にインディアン系のアイラ・ヘイズがいた。
それでなお更都合のいいイメージが出来上がったんだ。
民衆の心をつかむのにちょうどいい取り合わせだった。
LK: 監督したい作品を選ぶ基準は何?
CE: ただ直感だけだ。
脚本や原作を読んで、まず最初にOK、自分はこれをやりたいのか? 自分が出来る役割はあるか?
って考えるんだ。
  OK,これには無い。それでも監督したいのか、これから何か生み出されか?って自分に問いかけるんだ。
  本の中には素晴らしい物があっても、何か自分としっくり合わないものがあればパスする事にしている。
  だが、先ごろの2本の映画のホンはいきなり心臓を鷲づかみにされた感じがした。
つづけざまにやられたんだ。「ミスティック」は素晴らしい原作にやられ、「ミリオン」も凄くて、
ほとんど同時進行位の勢いで作り上げていった。
その頃は1日も休まない位だったよ。
LK: 「ミスティック」は本当に素晴らしい映画だった。
信じられない位凄かった。
CE: ええ(不明瞭)

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:56:20 ID:a2ikS21S
LK: しかも予算以下で仕上げたんだって?
CE: ええ、しかし
LK: 貴方は本当に何をすべきか分かってる。
予定通りに撮影を開始し予定とおりに撮影を終える。しかもくだらん映画は作らない。
CE: それは分からないけど。まぁ予算以内に作ろうとは努力してる。
  時々予算よりずっと安く仕上げる事もある。
出資者に自分が出来ると宣言しちゃってるからね。
  それに、映画によっては楽なものがあるし。
それに私の製作会社マルパソは優秀なスタッフぞろいだし、どの位のコストで出来るか
  正確な数字を即座に出すことが可能なんだ。
LK: 西部劇はもう作らないの?
CE: それは、ねぇ。
私は92年に「許されざる者」を作って、それが最後だと思ってた。
テーマとか、語り口とか、もうこういうジャンルは終わりだと思ったんだ。
  でも誰かがイメージが湧く様な脚本を書いてくれたら、西部劇のジャンルとはまったく違う
ユニークなホンがあれば、やってみるかも知れない。
  たぶん最後の仕事になるかもだが。
  で、今の時点ではたぶん無いだろうな。
でも誰かが目を見張る様なホンを書いてくれたら、手がけないでもないけど。
LK: 貴方には7人お子さんがいますよね?
CE: ええ。
LK: それぞれ何歳です。何歳から何歳まで?
CE: 貴方も子沢山で有名でしょ、確か
LK: 50、47、39の三人と、7歳半、6歳半、それに25歳の義理の息子がいますよ。
CE: 私のは10歳か11歳から52歳まで。

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:57:24 ID:a2ikS21S
LK: 共通点がありますね。
76歳で10歳の子供といるのはしんどくないですか?
CE: 全然。気に入ってる。
自分が歳をとってよかった事は、前より物事に忍耐強くなって、物事をより楽しめる事なんだ。
この経験は本当に素晴らしいものだよ。
LK: 結婚生活も楽に過ごせる様になった?
CE: ええ、多くの人に勧めたいんだが、出来れば結婚は出来るだけ遅らせた方がいいね、
その方が自分自身や、周りの事をより深く考えられる様になるからね。
LK: 演技する時は自然体ですか。どっちかというと地味な演技方法ですよね。
CE: 自分では自然かどうか分からない。
みんなで話し合ってるんだが俳優は生まれつきなのか、作られるものかってね。
私が思うに、それはコツを覚える事じゃないかと思うんだ。
演技を学ぶ必要は無い。自分で学べるから。
その上で色々な演技コーチが指導もしてくれる。
もっとも大事な事は観察することだ。
他の俳優の動きや、人々の行動、地下鉄でも電車でもクラブでも、市場でも人々の行動を観察する事だ。
そうすればさまざまな性格の人々の行動を再現できる様になる。
LK: メル・ギブソンの新作についてはどう思いました。映画は見ましたか?
CE: いや、まだ見ていない。
LK: かなりヴァイオレントな映画でしたよ。
CE: まだ見ていないんでね。
そういう批評も耳に入ってきたけど、あの時代がそうだったんじゃないかな。
よく分からない。見るつもりだけど。
LK:マヤ文明が主題で。
CE: ええ、本は私も読んで気に入ってる。
でも私自身はマヤ文明にあまり関心がないんで。

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:58:29 ID:a2ikS21S
LK: それとは別に最近彼に起こった様々な事件に関しては?
CE: まぁ色々言われていたのは知ってる。
LK: ええ
CE: 私自身は、飲酒運転で誰も怪我をしなくて良かったと思ってるが。
  彼も映画界に多大な貢献をしてきた男だ。だから今はただ前進しようと思ってると思う。
明らかにそう努力している様に見えるが。
LK: 監督としてどう思います?
CE: もちろん。優秀な監督だ。最新のを見ていないが、非常にいい出来
 だというのも聞いている。
(CMブレーク)この後は対談に渡辺謙が加わります。

[硫黄島からの手紙」の予告編が流れる。
LK: 「手紙」はすでに主要映画賞の二つを獲得しています。
クリントもここの残ります。
さぁ、「手紙」で栗林中将を演じた渡辺謙さんをお迎えしましょう。
彼は「ラストサムライ」でオスカー助演賞にノミネートされた俳優です。
クリント、渡辺はどうやって選んだんです?
CE: 謙の起用はすぐに決まったよ。
「ラストサムライ」も見たし、他の機会でも彼を見て、ファンになってるんだ。
非常にロジカルな理由があるんだよ。彼はスクリーンで映える顔をしてるし、
堂々とした体格で、私が心から敬愛していた三船敏郎に似てるんだ。
  彼は三船の再来と言ってもいい俳優じゃないかな。
LK: 謙、君のほうは、すぐ映画のアイディアが気に入ったの?
謙:はい、最初に「星条旗」の話を聞いて。
それで日本軍の歴史なんかを、この映画の前に調べたりしてたんです。
硫黄島の話は全く知りませんでした。
  それで日本のエージェントと通じて、その映画の日本兵か日本の将校役が無いか打診してもらったんです。
でも「星条旗」では役はもらえませんでした、残念ながら。
CE: そうだったね。

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:59:33 ID:a2ikS21S
謙:それで今度は監督が「手紙」も監督すると聞いて。本当に嬉しかった。
  でも、日本の俳優として僕には大きなプレッシャーがありました。
  それは日本の暗部といってもいい話で、僕の役は島で部下を皆殺しにしなければならない
指揮官という役でしたから。
LK: 彼にとっては大変だったろうね。日本軍の映画をアメリカ人が監督するとういのだから。
CE:でも謙は非常に素晴らしい反応を示してくれましたよ。
でもこの映画に出演する俳優たち、すべての日本人俳優が、
謙自身も話すと思うけど、誰も硫黄島の話を知らなかったんだ。
学校では教えられていなかったし
LK: 教えてないの?
謙:いいえ
CE: 現在の学校ではね。
謙:全く教えられていなかった。
LK: 情報が全く無かったんだ。
CE: だから手探りで進めていったんだ。
謙の役を最初に撮りながら、同時に色々なリサーチを進めていった。
彼はものすごい量の資料を集めて猛勉強してたよ。
栗林に関する事はすべて集めたが、十分な資料は無かった。
でも謙は絶え間なく資料を読みつくし、栗林の生家や暮らしていた場所を訪ねる事までしていたんだ。
LK: 彼は中将の役を誰にでも好かれる様な人格者として演じてましたね。
CE: その通り。
LK: つまり彼は
CE: それは、栗林自身が素晴らしい人物だったんだ。
私が最初に読んだ本は彼自身が書いた本だった、というか彼が息子や娘や妻にあてて書いた手紙だった。 1928年から30年まで特使としてアメリカに滞在していた頃の手紙なんだ。
  彼はアメリカで仕事をし、アメリカで英語を学んだんだ。
だから、彼が故郷に向けて書いた手紙を読むと、彼はどこにでもいる普通の父親だった
と言うことがよくわかるんだ。
LK: そう。
CE: どんな文化が背景にあろうと、その手紙を読んだとき、私は彼が実際にどんな人物だったかを
多くの人に伝えたいと、心から思ったんだ。

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:00:37 ID:a2ikS21S
LK: この映画を見て、監督にも謙にも言ったんだが、謙は若き日のグレゴリー・ペックの様で、
完全に画面をコントロールしていたって。画面が彼のお陰で生き生きしてくるんだ。
CE: 若き日のグレゴリー・ペックねぇ。
LK: クリントに監督されてどうだった?
謙:実は撮影に入る前は、タフで強い人のイメージを抱いてたんですが、
実際は非常に穏やかで暖かい人柄でした。
彼は俳優のフィーリングを知っていて、彼自身も俳優なので、我々を信頼してくれ
  僕自身がやりたい様に性格作りをする様に言われ、日本語のせりふも僕たちにまかせてくれたんです。
  ええ、それに、彼は全く心配してませんでした。どんな会話をするなんて全く心配してなかった。
なので性格作りに没頭することが出来たし、非常に気持ちよく演技が出来たんです。
LK: 君自身は中将が好きでしたか?
謙: それはイエスでもありノーでもあります。彼は過酷な運命を負わされた人だった。
それに、私自身もアメリカで仕事をした事があるので、彼の気持ちが少しは分かると思います。
でも幸せな事に今私は米国と戦争したいとは思わないので。
LK: 無いだろうね。彼を監督するのは楽しかっただろう。
CE: 全くその通り。素晴らしいかった。
彼は驚くほど完全に準備を終えてきていたし、その点で言えば他の俳優全員がそうでした。
  私は常々、キャスティングさえ上手くいけば、自分自身を非常に有利な地位に置けるのでは、
と考えていたので、あんまり上手くは言えないけど。
  つまり損害を減らすため両賭けするみたいなもので、まず優秀な人材を集め、役にぴったりした
優秀な俳優を集めれば、後はほとんど賭けに勝てる様なものなんだ。
  それに、日本人俳優全員が素晴らしい熱意をもってこの映画にとり組んでくれたんだ。
ほとんど何もない所から、歴史を学んだり、素材を調べたりするのもまた得がたい経験だった。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:00:46 ID:yqSQHIoF
>>20
戦前日本は悪の軍国主義国家で、太平洋戦争でアメリカに負けて戦後正義の
民主主義国家になったと教育されてきたからなw
これはGHQによる日本支配の戦略のたまもの。

実際は戦前、戦後とも日本は民主主義国家。
ちゃんと選挙があったからね。




30 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:01:42 ID:a2ikS21S
LK: 素晴らしい映画ですよ、クリント。最高の結果を祈ってますよ。
CE: 有難う。ラリー。
LK: 謙、君にも会えて嬉しかった。
謙:有難うございます。
LK: 君は素晴らしい俳優だよ。
CE: その通り。
LK:「手紙」で渡辺謙は、再びオスカーにノミネートされるでしょう。
  このクリント・イーストウッドの素晴らしい映画「手紙」は来週の水曜日、
  12月20日にロサンゼルス地区で公開されます。

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:02:52 ID:a2ikS21S
                              北ノ岬
        4                I~^``ヽ!`つ
         1               L 、、、  :`、__   o
        _孑‐            /´:;‘  `'  ;:  ヽ-、
         ヽ          ,-'``、,,"‘  、… 、、、` 、  `
   ,、、     ヽ    漂流木海岸 ` 北部落 ;  :: `銀明水
  s l 監獄岩  `        i´ ;;`  、´o   o天山…:`''、 `ヽ
  {v'´             /'  `;:  '北飛行場     `; `ミ  `^)
  /)            西部落   ;      ,ヽ _     :  ;  「
                / `;o  大阪山 <;,.-‐''´     ; ; ` ''': し、
              ノ´    ;-ii;;;、'      o   o万部落`:: ‥ l
            /     ミ  `´    元山      ミ  、 :`  ヽ
           /´      :  : '     へ 二段岩・´, o ;、    ヽ
    ,-,       |    元山飛行場 //   ;'''`    ,-` 東部落 ノ`
    `´      l       ミ  、;_,-‐´-'一´´ ´ 玉名山  、'´    |
           |      ,;''  ソ / !`''´``'''´ `´ o南部落   ノ`

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:03:56 ID:a2ikS21S
           ヽ     ;、 ,,ヽ´´~    ,、、、、、,-、´~‘    ノ´
             |千鳥飛行場, ' 船見台´´ ‐-、っ 、ーv-v-!`´
             |    ; ○    _ ;´   '`フ~´ー´
            |   ;´C 1、 //'    ノ´
             |    '、l「ヽ' /、;   ノ´
            /    、:`|`ソ^-' ;  /翁浜
           /     '/,,J ‥' ,-'´
           〕    ; `´ ,-´  ノ
            〔   `'´!-´ /´
           )      / 二ッ根浜
          ノ´     /´
         (  、、  i-´
        摺鉢山': |
         ヽ:- ,;''ソ´            0            2km
           }-`'´               !――――亠――――!
          ゚ ゜°



33 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:04:21 ID:9w+BLSI4
サントラ発売まで
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/media/music/letters_loop.mp3

最新アメリカ版予告編
http://www.apple.com/trailers/wb/lettersfromiwojima/hd/

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:05:01 ID:a2ikS21S
テンプレ以上です。
時間かかってしまいました。
訂正等ありましたらよろしく。

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:05:10 ID:UXrw/7rp
>>29
同じ事を何十回繰り返すんだ、低能ウヨめ。
戦前の日本は世襲の君主が憲法の制約を受ける立憲君主制だ。
もういい加減デマばっかり流すウヨは消えろよ。


36 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:05:22 ID:wWPKGDpk
米版のトレイラーのがいいな
最後の渡辺嫌が歩いてるシーン泣ける

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:06:13 ID:EZDJclVn
ものすごいテンプレだね。感動した。

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:08:35 ID:3JW4k0Sg
>>34
ほんとーにご苦労様でした!
ありがとうございます。

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:08:50 ID:LuyRwNsi
>1
スレ立てお疲れ様でした。ありがとう!

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:11:54 ID:Sp1829LT
>>29
>実際は戦前、戦後とも日本は民主主義国家。
ちゃんと選挙があったからね。

お前はAHO!


41 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:12:45 ID:LuyRwNsi
1000 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/12/18(月) 23:11:50 ID:a2ikS21S
1000ならアカデミー賞ゲット!


>1さん、いろいろと乙!ww

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:15:15 ID:EZDJclVn
2日前に見たけど、やっぱすみずみまで印象ぶかい映画だわ。

特に戦う前の中将の演説「天皇陛下、バンザ〜イ」のシーンは凄いわ。
あと集団自決のシーン。
狂気じみてるが何か尊敬せざるを得ない。

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:16:37 ID:dD30xsGE
この本の巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。
硫黄島は手軽にいけないけど、ここに載ってる小笠原なら手軽に行けるんで、ガイドブックとしてあり。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。


『戦争廃墟』
http://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:17:43 ID:kzZ9F0gZ
>獅童の役柄は笑うところ?

 彼の役柄は史実に基づいたエピソードを演じています。

 地雷を抱えて米軍の戦車をまって死体の中3日3晩。結局戦車はあら
われず。そして4日目の朝、南国の青い空とそのなかを悠然と飛ぶ鳥を
みて、ふと我に帰って戦争が馬鹿らしくなったという話。

 そして、死ぬまで戦えといって逃げてきた兵を切ろうとして止められる
話も史実に基づいたエピソードです。(ちなみに、史実ではその将校は
3月8日の夜襲突撃の際に散華されています。)

 この2つの史実を1つの役にあえて収めたのはイーストウッドの意図
とおもわれ。

 私も最後のシーンは思わず笑ってしまいました。でも、戦争って相手
を殺すか自分が死ぬとかそういう2者選択を迫るもの。映画を見ている
僕らですらそうなってしまう。つい「中村死ねよ、みっともねーやつ、情
けない奴」といってせせら笑ってしまう。でも、そのせせら笑いこそが
「戦争という狂気そのもの」

 そしてイーストウッドはあの役柄を通じて僕らに戦争という狂気とは
何かを伝えたかった

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:17:55 ID:c4TwttwU
>>ID:LuyRwNsi
おまえ仕切ってばかりで、自分じゃなにひとつやってないよね?


46 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:20:11 ID:GgjMSSgi
>>41
ワロタ
なにしとんw

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:27:01 ID:yqSQHIoF
>>35
戦前からちゃんと国政選挙があっただろうが!
わけのわからん知ったかぶりするなよ。
こんなの中学校の歴史教科書に出てることだ。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:27:02 ID:/fU8+aUr
1回目は脇役たちがほとんど同じに見えたけど、2回目見たら結構地味にいいわ。
実はいがいと上官たちは要所要所先頭に立って、責任感ある行動してる。

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:29:41 ID:5ZXCZRzY
月刊【歴史街道】1月号(PHP研究所)600円
http://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=84225
総力特集
硫黄島と栗林忠道〜命をかけて守ろうとしたもの〜
・死よりも苦しい戦いに挑んだ硫黄島総指揮官
・米国を知悉していた故に…不遇の「理性派」陸軍中将
・マリアナ諸島陥落!本土空襲へ次なる「踏み台」にされた島
・全島要塞化に米軍戦慄!過酷な持久戦に臨んだ気高き男たち
・三十六日間にわたる死闘!彼らは何のために戦い続けたのか
・「散るぞ悲しき」決別電報に託された祖国と部下への思い
・「絶対に渡島あいならん」命を救ってくださった閣下の優しさ(元軍属・貞岡信喜)
・家族を守った祖父を「内なる誇り」として(衆議院議員・新藤義孝)
・日本人俳優として感じた「責務」(俳優・渡辺謙)
・「太郎君へ」〜アメリカからの絵手紙
・「気強く元気に朗らかに幸福に」愛する家族へ

VISUAL DATA
・全島要塞と化した硫黄島
・太平洋戦争最激戦地の三十六日間

表紙http://www.php.co.jp/shinkan/84225.gif

コラム
・「ペリリューは大丈夫か」
・将兵を奮い立たせた第二御楯隊
・擦鉢山の星条旗が語る真実
・四十年目の「名誉の再会」

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:30:20 ID:B7xdwQot
大久保についてくわ

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:31:00 ID:gxNWqZ4f
>>45
>>>ID:LuyRwNsi
>おまえ仕切ってばかりで、自分じゃなにひとつやってないよね?

 ID:LuyRwNsi の役柄は史実に基づいたエピソードを演じています。

 テンプレを抱えて次スレまってふとんの中3日3晩。結局次スレは立て
われず。そして4日目の朝、南国の青い空とそのなかを悠然と飛ぶ鳥を
みて、ふと我に帰って2chが馬鹿らしくなったという話。

 そして、>>900 は次スレを立てろといって逃げて行った>>900を侮辱として止められる
話も史実に基づいたエピソードです。(ちなみに、史実ではその>>900
3月8日の夜襲突撃の際に散華されています。)

 この2つの史実を1つの役にあえて収めたのはID:LuyRwNsi の意図
とおもわれ。

 私もID:LuyRwNsi には思わず笑ってしまいました。でも、2chって相手
をけなすか自分がけなされるかとかそういう2者選択を迫るもの。2chを見ている
僕らですらそうなってしまう。つい「>>1 死ねよ、みっともねーやつ、情
けない奴」といってせせら笑ってしまう。でも、そのせせら笑いこそが
「2chという狂気そのもの」

 そしてイーストウッドはあのID:LuyRwNsi を通じて僕らに2chという狂気とは
何かを伝えたかった

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:33:02 ID:Q33Aq2HH
>>47
民主主義とは人民が権力を所有し行使する政治形態を言う
選挙=民主主義ではない

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:33:19 ID:7RAE+f+H
戦前も日本は立憲君主制で選挙もあった民主主義国
ただし、戦争中の一時期は制度が機能不全になっていた
ちょうど村山内閣のときみたいに

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:34:06 ID:ryAPnQWF
>>47
その通り、参議院が無かっただけ。
参議院なんて廃止しても構わん税金泥棒議員ばっかりだ支那。

「日本の国政選挙」
http://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%94%BF%E9%81%B8%E6%8C%99

女性参政権だろ戦後からってのは。

「女性参政権」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8F%82%E6%94%BF%E6%A8%A9

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:35:53 ID:QaVkaQKd
選挙なら北朝鮮にもあるしな

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:36:50 ID:MTtsWTiG
硫黄島に関してなぜ2つの映画が作られたかを考えれば、今日本人がすべきなのはこの映画を見ることだな。
==========================
最新の南京大虐殺映画 「五月八月」May & August 2002年 香港
 導演:杜国威  出演:サリー・イップ葉童
二人の幼い子供の目を通して描いた南京大虐殺事件。9歳という年齢ゆえに自らの
置かれた状況を受け入れていく過程がかなり切ない。子供の微妙な心理描写は非常に
上手い。ラストシーンでは鬼のような日本人でも泣くだろう。
==========================
 1937年12月に南京事件が勃発、日本軍が進行して来る。五月(徐忻辰)は9歳、幸
せな家族の中で成長してお父さん(閑静)は知識人で中学で先生をしている、お母さ
ん(葉童)は美しい。祖母さんは口うるさいけど優しい。妹の八月(裘立爾)は飼い
犬の鼓動を可愛がる。
 ある日五月は銃声を聞き、遠くで人が何人もなぎ倒されていくのを見る、でも八月は
何も解っていない。日本軍の侵攻を母さんは恐れるがお父さんは優しく家が一番とい
う、やがて日本軍を恐れて近くの町の人々は逃亡した、五月は大事にしていた猿の人
形を友達にあげる。
 しかし数日後ほんの少しの人が負傷して帰ってきた、ほとんどが殺されと言う。家
の中の食糧がつきて、お父さんはやむを得ず、南京大通りへ行き、衣服と交換に食糧を
手に入れようとでかけた。しかし夜、外の音にドアをあけるとお父さんについて行った
鼓動がお父さんの腕をくわえて帰って来たのだった。
 お母さんは気丈に屋根裏部屋へのはしごを壊して密室にして、日本軍から子供たち
を隠そうとする。そして子犬がいれば敵の注意を引くことを心配し、捨てることを決
める。五月と八月は捨てないでと頼むが、お母さんは川辺へ子犬を放すことしかで
きない。

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:37:18 ID:LQweMN58
前スレ守備隊最後の総攻撃後
>>996中将と>>999の感動のシーン
いいねw

996 名無シネマ@上映中 ▼ New!2006/12/18(月) 23:08:37 ID:DMvyqK/A

ここはまだ本スレか・・・?

999 名無シネマ@上映中 sage ▼ New!2006/12/18(月) 23:11:44 ID:pcLBD3kv

>>996
 <(;Д;) はい!本スレであります。

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:37:43 ID:Edi/vuel
>>56
で、もう一つの南京映画はどこに???

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:37:59 ID:nhXPoYu6
>57
ナイスタイミングだなw

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:38:32 ID:ryAPnQWF
>>56
だからどこに予告編あるんだよコラ支那人

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:38:48 ID:ZKSL1Z/q
>>56!手榴弾ッ!!

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:39:02 ID:aBQQgi69
http://www.cinemanavi.co.jp/info/last.html
1 (1) 硫黄島からの手紙
2 (NEW) 劇場版 どうぶつの森
3 (NEW) エラゴン 遺志を継ぐ者
4 (2) 武士の一分 〈いちぶん〉
5 (NEW) 劇場版BLEACH ブリーチ Memories Of Nobody
6 (NEW) ライアンを探せ!
7 (4) NANA2
8 (NEW) 犬神家の一族
9 (3) 007 カジノ・ロワイヤル
10 (5) デスノート the Last name

おめでとうございます

63 :56(続き):2006/12/18(月) 23:41:31 ID:MTtsWTiG
 日本軍はついにやってきた。一軒ごとに押し入り強奪する。五月の家にも来た。日
本軍はおばあさんを殺しお母さんを強姦した。五月と八月はお母さんの作ってくれた
密室の小さい閣に隠れて無事だったが、お母さんの精神は崩壊寸前だ。
 ある日八月が高い熱を出し、お母さんは仕方がなく危険を冒して漢方薬店へ行く。
五月はそっと後をつける、気づいたお母さんは五月を逃そうとしたが日本軍に発見
される。薬を託された五月はお母さんが10数人の日本軍悪鬼に引きずらて行くのを見
たのだった。

 五月は妹を守り身を隠した、しかし空腹を訴える八月に請われ、食べ物を求めて町
へ出た、2人は外国人の修道女が医療所を開いている場所に出た、修道女は優しくパン
をくれ、薬をくれて「お母さんに付けてもらいなさい、メリ−クリスマス」と言う。
何?という八月に五月も答えられない。

 死体ばかりの中、さまよう2人は難民区で五月の叔父に出会う。叔父さんは2人を
連れて、船を借り危険を冒して南京から鎮江へ脱出する。途中日本軍に銃撃されたが、
ついに五月たちは叔父の家につく。
 家は裕福で叔母と祖母、従兄の天宝(李棟輝)がいた。食卓を囲む様子に五月は自
分の家を思う。ここには日本軍は来ておらず、空襲警報に驚く天宝に五月は信じられ
ない気がする。叔父は五月を学校に行かせる、自己紹介しなさいという先生に南京か
ら来たとしか言えない五月。
 南京で友達になった方毅が郊外で叔父と乞食をしているのに会う、彼も生き残りで
両親は彼を救うため日本軍の銃弾に身を投げたという。彼の描いた絵は、おびただし
い人の死体、切断された腕、真っ赤になった河など残酷な殺戮場面だった。

 日本軍はついに鎮江にも来た、叔父は殺され叔母は五月と八月を残して逃げた。五
月たちはまた苦しい目に会う、川辺で孤児の一団を連れた外国人の修道女に会う、百人
以上の南京からの孤児の避難民たちだ。彼らは江水に対して大声で叫ぶのだった、
・・・・・・「お母さん!」。

hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)
この映画を見て涙を流さぬ日本人はいないだろう、そしてその涙の意味を考えて欲しいものだ。

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:41:54 ID:vp4Qoto3
【映画】「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」効果で硫黄島観光問い合わせ殺到も“上陸”できず
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1166450025/


65 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:43:52 ID:dt+UQDA2
>>62
よしっ!

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:45:41 ID:tg2LtAnU
>>35
> 戦前の日本は世襲の君主が憲法の制約を受ける立憲君主制だ。

おいおい、まるで戦後の日本が共和制になったかのような言い草じゃないか。

67 :こっちも忘れずに:2006/12/18(月) 23:52:25 ID:TZ3QA9E8
中国による東トルクスタンの圧政
ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html
トルクスタンの女性がノルウェーで講義、人権賞をもらう
ttp://watch.blogtribe.org/entry-e6871c312925cc3cbc0e764218d92188.html
【カナダ】 6割強のカナダ人、ハーパー首相の対中国政策支持〜経済利益より人類の安全重視を評価
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164209014/
ドイツ人の61%がダライ・ラマ法王を崇拝との調査結果
www.tibethouse.jp/news_release/2006/060906_de.html
中国・胡錦涛主席が訪問中のインドでチベット人活動家らが抗議活動
www.fnn-news.com/index.html
【中国】 国連人権理事会で中国の臓器狩りが俎上に
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159095284/
【英中】中国・温家宝首相が訪英、人権問題などの質問にぶぜん
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158165259/ 

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
中国政府のチベットでの蛮行
http://www.youtube.com/watch?v=jDo30PuJqrU
http://www.youtube.com/watch?v=6VdX5ZTvL24
http://www.youtube.com/watch?v=Hw5TjBsdnz8
チベット人600万人に対し、750万人(2000万人に増やすとの情報
もある) の漢人入植者、チベット女性の強制的な不妊化、
チベット女性と漢人入植者の強制結婚、強制混血児出産
東トルキスタンでは、民族浄化に加えて、数多くの核実験を行なわれた
ために、放射能の影響で多数の人が死に、また奇形児が生まれたという。

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:52:35 ID:MA2HJOxT
てかもう『南京』『韓国』『中国』のキーワードが出たらスルーしようよm(__)m

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:54:26 ID:Q+rfCIUi
>>35
正確に書かないと糞ウヨの思うつぼだそ。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:54:58 ID:E6jdSx5V
日本人民民主主義共和国を夢見るアカがいるスレはここですか?


71 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:55:16 ID:QaVkaQKd
>>62
まあこのラインナップなら一位は当然か
興収がどこまでいくかだな
まあ後、今週からアメリカでもやるし反応が楽しみだ

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:56:17 ID:E6jdSx5V
犬神家の一族ダメみたいね

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:57:11 ID:nhXPoYu6
冬休みまえだからか
子供向け作品が多いのな

そのせいもあるかな?

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:57:36 ID:DMvyqK/A
>>62
あんまり他にいい映画無いなぁ

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:58:58 ID:eN6dpuQU
時々話題になる憲兵についてはここの任務と憲兵に対する評価を見ると良いかと

憲兵 (日本軍) - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E5%85%B5_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D)

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 23:59:16 ID:Pjry6Sdy
スレ違いだが、天皇制については、戦前、天皇機関説が一般的理解であって天皇にはたいした国家権力がなかったのが定説では?

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:00:15 ID:MXWE1iHL
>>63
浜田巡査宅では長女が手榴弾で吹き飛び、長男は銃剣で刺され、

夫人は凌辱された後女子師範学校まで引き立てられたが、途中で逃げ出した。

付近の日本食堂では男の子が壁に打ち付けられて頭蓋骨陥没の即死、

五人の女店員は射殺されていた。

食堂・旭軒の女店員八人も強姦のあと裸体にされ、

陰部には銃剣がさし込まれていた。

他の場所には女の全裸死体が放置され、全員の陰部が刃物で抉られ、

或いは男は眼を抉られ、カフェでも女店員が絞殺され、全裸のまま死体を放置してあった。

或る店では女店員全員が強姦され、陰部に箸が突っ込まれていたり、

口の中に砂を入れられたりして殺されていた。

なかには死体から内臓がはみ出し、蝿がたかった現場もあった。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:00:19 ID:TZ3QA9E8
>>71
アメリカ人は興味ないだろうなぁ。
日本で思いっきり稼いでほしいね。
こういう映画をとるってアメリカはすごいな。

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:00:49 ID:MXWE1iHL
通州の高級割烹旅館だった「近水楼」では女中四人が射殺後に凌辱され、

天井裏に隠れていた宿泊客十一人は北門付近まで数珠繋ぎにされて連行されたあと虐殺された。

このとき同盟通信の安東利男記者が城外に転がり落ちて一命を取りとめ、北京まで這云の体で逃げた。

こうして保安隊は事前にリストアップしていた日本人の民家を次々と襲撃し、財産を横領強奪、

片っ端から日本人を殺戮し、凌辱を重ねた。

逃げ遅れた日本人は手足を縛られ鼻や喉を針金で突き通され、ひきずられ、二ヶ所に集められたうえで射殺された。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:02:14 ID:hJcjiKsQ
最果ての島で「天皇陛下万歳」と唱えるとき
遠い遠い日本を一瞬、肌に感じるのである
家族の温度や故郷の薫りがぐっと胸に込み上げるのでる

その言葉はもちろん天皇への忠誠を表明するものだが、
同時に果ての地で、疲弊した兵士が遠い日本と結ばれる言葉なのである

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:04:08 ID:vhCxDp9J
結局、「いおうとう」が正しいんだ。
あの時代、確かに硫黄島は「いおうとう」だったんだ。

硫黄の採掘にしか使われなかった島を地下30m迄掘って
僅かの期間で要塞を築いたことについてもっと深く
描いてもらいたかった。それも悔やまれる。


82 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:07:36 ID:4LHzNLPx
イーストウッドは映画で説明し過ぎる事を好まない。

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:09:36 ID:5PZtYOB4
映画のチケット買うときに、自分は「イオウジマ」と言ったが、
隣の70代くらいのおじさんは「イオウトウ」と言ってた。


84 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:11:11 ID:Yrbscna0
David Lettermanでの御大
http://www.youtube.com/watch?v=59rQjGejFyA
http://www.cbs.com/latenight/lateshow/
Friday, December 15, 2006Show #2673by Michael Z. McIntee(Mikemack@aol.com)
News From The Late Show Home Office
Clint Eastwood; and Matthew Fox.
http://www.cbs.com/latenight/lateshow/exclusives/wahoo/


Iris Yamashita Writes Letters
Source: Edward Douglas December 18, 2006
http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=17904


December 17, 2006BEST OF 2006 | FILM
Kenneth Turan, Film Critic Bypassing the escape clause
http://www.calendarlive.com/printedition/calendar/suncal/cl-ca-turan17dec17,0,1336309.story


Oscar bets 'Dreamgirls,' 'Departed,' 'Queen' emerge as early favorites
BY DAVID GERMAIN AP Movie Writer
This story ran on nwitimes.com on Friday, December 15, 2006 12:40 AM CST
http://nwitimes.com/articles/2006/12/15/entertainment/entertainment/4844eef585b0a63e86257243007847e1.txt

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:14:36 ID:R8udaRNm
イオウトウかイオウジマかはニホンとニッポンの違いみたいなもんじゃね?

86 :名無シネマ@上映中 :2006/12/19(火) 00:18:51 ID:qGCPePaR
この映画見た感想
ものすごい残酷な死に方とかしてるのに
見終わった後なんか美しいものを見て感動したような
感じがするのはなんでだろう?と思ったのだけど、
日本VSアメの戦争って他の戦争と違い一番スポーツに近い気がする。
思い切りぶつかって日本が負けたけど、
普通にアメリカより物資が少なかったのでので負けたと
日本人は思っていてそれ以上の恨みとかいう感覚は昔からあんまりないし、
全力を尽くしたあとのさわやかさとか思い出とかが何故か残る。
これが、国力もやる気もない国相手だと
一方的ないじめになってしまい、
ずっと後々まで恨みが残って嫌な思いをするから大変だ。


87 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:19:41 ID:DpE1/hyC
赤旗日曜版の今週のシネマに
NANAと武士の一分だけしか
紹介されてなくてワロタ

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:21:45 ID:QMRg0ECj
日本の戦争映画はハリウッドに比べ20年以上遅れている!!!

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:22:18 ID:pqEDUh2a
テンプレそろそろまとめた方が。
自分は技術ないのでむりです

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:22:25 ID:DpE1/hyC
ハリウッドの映像技術はほんと素晴らしいよ。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:23:15 ID:ynnXoncK
>>62
デスノがまだベストテンに入ってるのがすごいな

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:25:50 ID:AOpOv/my
クイックタイムの米版予告編の解像度がもの凄く高いので検証用に切り出したもの

船団俯瞰   http://a-draw.com/uploader/src/up9026.jpg
戦艦砲撃前 http://a-draw.com/uploader/src/up9024.jpg
戦艦砲撃後 http://a-draw.com/uploader/src/up9025.jpg
擂鉢山銃眼 http://a-draw.com/uploader/src/up9021.jpg
米軍上陸   http://a-draw.com/uploader/src/up9022.jpg
擂鉢山着弾 http://a-draw.com/uploader/src/up9023.jpg

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:27:43 ID:sFjxQMFU
今日渋谷プライム6Fで見てきたけど、感想は、
子供の時からテレビで何度も見たような映画だったなあ、という感想であった。
アメリカ人には新鮮に映るだろうが、多くの日本人にはそれほどインパクトは無いんじゃないか。
ただ、彼らの犠牲の上に今の日本があることは心に刻まなくてはならないことである。

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:32:00 ID:/25SdXnd
>>93
>>子供の時からテレビで何度も見たような映画だったなあ
これはちょっと同意しかねる・・・
これほど戦場の心象風景を美化しない戦争映画は史上初だと自分は思ったよ
だから痛いし、悲しい。

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:32:11 ID:IsKfq3WA
>86
日本人はずっとアメリカが好きなんだよ
日系人排斥とか蒋介石支援とか経済制裁とか苦しめられた事があったけど
ベースのところではペリー来航以来ずっと憧れの国で見習うべきところの多い国
敗戦でたちまち親米になったのも明治以来のそういう所があったからだろう


96 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:36:49 ID:pyv9LMpZ
今日2回目観てきた。
中高年の夫婦が多くて、何かしら話しながら観てる夫婦が多かったな。
西郷がうんこバケツ捨てに行って、大量の米軍艦隊が映ったとき、
「うわぁ!」とか、どよめきが起こったりしてた。
最後、エンドクレジット終わっても立てないで泣き崩れてる人もいた。
来週も観に行こう。

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:36:51 ID:DpE1/hyC
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=lettersfromiwojima.htm
やたー
2週間で1200万ドルいったー。
ただ、デスノートは2週目で2000万ドル
いま7週で4000万ドル。
最終的に3000万ドルこえれるかもしれん

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:36:56 ID:wvyECFQV
三週連続一位を維持するのは難しいだろうな。
なんたってクリスマスだもん。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:39:34 ID:68kPbqaj
この戦争で日本が手に入れたのはアメリカ人の
「日本をなめてかかると痛い目に会う」という評価だろう。
このことは小さいことではないと思う。

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:42:56 ID:DbWDcjHU
>>97
それって凄いことなの??

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:43:44 ID:sFjxQMFU
>>94 ていうか、よく見たっていうのは、当時の戦争を扱ったドキュメントっぽい
  ドラマのことです。手紙、にはもっともっと複雑心理を期待していたのですが・・・。


102 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:46:31 ID:M1vObktg
日本人が誰に対していちばん酷薄か
それは他でもない日本人に対してだ。
このことはよく憶えておくことだ。

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:47:38 ID:DpE1/hyC
>>100
出だしはいまんとこ
まぁまぁって程度。
大和で50億いったから
そこまでいけば大ヒット。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:49:26 ID:f6Uc3RBl
星条旗はワーナーで、硫黄島はドリームワークスなのは何で?
ワーナーは日本側を撮らしてくれなくて、ドリームはスピだから撮らしてくれたとか?
今オスカー戦線に向けてワーナーがしきりに星条旗プッシュしてるみたいだけど。

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:50:05 ID:DpE1/hyC
そっか、ジジババが多いから
興行的にのびねーのか。
シニアチケットにシニア夫婦で入られたら
一人1000円だもんなぁ。
1000円で割ったらのべ100万人は超えてるんだな。
人数はかなりいってるかもしれないなぁ。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:50:21 ID:/25SdXnd
>>101
なるほど納得です
>もっともっと複雑心理を期待していたのですが・・・。
そういうの期待してたら拍子抜けかもしれませんね

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:51:31 ID:DbWDcjHU
>>103
大和で50億だったのですか
超えてもらいたいですね
もう一度観に行きますよ

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:53:45 ID:dnxV45MX
http://www.imdb.com/gallery/ss/0813715/Ss/0813715/1683.jpg.html?path=gallery&path_key=0813715
NBCで放送中のドラマヒーローズだが、日本人のイメージってどうもこういうイメージなんだな。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:55:08 ID:+9zsmY4N
契約内容によって違うだろうけど、日本の興行収入のうち、何割がアメリカ
に送金されるんだろうか?



110 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:55:28 ID:dAFPqkDi
でもヒーローズのそのキャラ結構人気あるんだよ。
オフィシャルサイトに個人ブログがあるんだけど、すごく面白い。
一読してみて。

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:55:30 ID:SxDTlUQO
>>107
イーストウッドへの恩返しだよな・・・
こんなに良い映画を撮ってくれたんだから。
自分、来週2回目行こうかな。

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:57:02 ID:rPFqmZAC
>>108
その人、IQが180あるらしい。(マジ)
アメリカのテレビに出てそのこと紹介されてた。

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:57:07 ID:9A0yyNUy
福田和也はどう評するかな。
「父親たちの〜」は激賞してたけど・・

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:57:31 ID:R8udaRNm
あくまで映画の中だけの話だが栗林は西郷のことはどう思っていたんだろう?
全体のなかの一人の部下なのか、それとも特別に思ったのかなぁ。

結局最後まで名前は知らなかっただろうけど

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:58:04 ID:O38Rihd4
日本の映画チケットは高杉。
アメリカは800円ぐらいっしょ。

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:01:06 ID:ptKclvkW
>>104
パラマウントが星条旗を、ワーナーが手紙を推すことで決まったみたい
オスカーキャンペーンの広告を見ると、二宮の名前は載っていない
http://www.oscarwatch.com/FYC/gallery/

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:01:16 ID:DbWDcjHU
>>108
どう見ても半島系の顔しか見えないんだけど

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:02:24 ID:Ie3dfGSk
>>92
ありがとう、拾わせてもらった。青っぽい褪せた色合い好きだ。
しかしこんな船団とよう戦争したよ、じいちゃんたちは。

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:04:32 ID:22saPbHQ
>>114
3度目に会って、西郷が「助けられたのは2度目でした」って
言うまでは全く意識もしてなかったんじゃないかな。

本格的に意識し始めるのは、西郷が家族の話をした時だと思う。
栗林にも子供が居て、西郷にも子供が居る。そこで共通点が
生まれ、自分は子供の面倒は見れなくなるけど、西郷には
生きて帰れるようにしてあげたくなったんだろうね。
家族の絆というのは何者にも替え難いものだから。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:04:34 ID:NMzy6/NT
意外な結果だ。韓国への好感度の方が低いのか。

【アメリカ】7カ国世論調査「米国人25%が韓国との関係は悪化」 [12/13]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165975259/l50
>各国の好感度を100点満点で換算した結果、
>韓国は米国とインドネシア国民から40点台、
>オーストラリアから50点台、中国から70点台を得た。
>中国を除いたほかの国家からは平均以下の点数だった。
>韓国の好感度順位がオーストラリアで15カ国のうち9位に止まった

=================================
100点満点中、アメリカの韓国への好感度は40点台(詳しくは44点)だそうだ。
スレにあった元データによると
アメリカの日本への好感度は58点。


121 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:04:39 ID:ptKclvkW
>>117
渡米した日本人だよ
ドラマの日本語の会話の翻訳は彼がやってる

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:05:52 ID:QMRg0ECj
>>92
戦艦はいかにもCGの作り物っぽいな。

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:06:22 ID:dnyCVYRt
>>120
意外でもないだろ。
最近ではあまり報道されないが、反米運動が盛んだったし

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:09:05 ID:UVmwNTR3
>>113
俺も福田和也の感想が知りたいね。

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:09:25 ID:5SpAPIw+
映画ではなかったけど、この前のドラマのシーンであった
東京大空襲に向かうB−29の大編隊は本当に硫黄島から見えたのかな?
見えてたとしたら日本兵たちはどんな気持ちで本土を爆撃するB−29の大編隊を見ていたんだろう。

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:11:46 ID:xhkQSp78
>>113
どの雑誌で褒めてた?
ライアンはボロクソだったのは覚えてるけど。

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:12:00 ID:IsKfq3WA
三船のイメージから今はアキバヲタ系のイメージか、なんとも・・


128 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:13:45 ID:dAFPqkDi
実際オタク設定だし。

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:14:16 ID:/25SdXnd
>>114
やっぱり特別なんじゃないかな
西郷が採ったミミズを渡しに行った後の会話で
栗林は西郷が家族の元に戻りたくて戦争なんかしたくないと思ってる人間だというのを見抜いてたと思う
自分には叶わぬ願望を西郷に託したんだと思う

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:17:02 ID:dhz+I4Cv
この非国民め。こんな糞映画で何舞い上がってんだ。いいかげんにしろ。
伊原は在日だぞ。製作スタッフを精査してみろシナとチョンがいるぞ。

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:17:54 ID:/25SdXnd
映画がすばらしければそれで良い。

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:18:59 ID:AO+Jy9+5
伊原は既に自分の意志で帰化してるじゃん

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:19:38 ID:68kPbqaj
>>119
>生き残った将兵が口を揃えて「自分は栗林中将に会った」
>としかも複数回あったと証言している事実があります。
>単に顔を見たというだけでは無く、「ご苦労」と声をかけられたとか、射撃の指導を受けたとか、
>歩兵、通信兵、海軍兵等の兵種を問わず、「感激をもって栗林中将の面影を懐かしんでいる」のです。
作品としてはどうかはわかりませんが、実際にはほとんどの兵と話を交わしていたみたいです。
参考までに ttp://www2.bbweb-arena.com/norisan/6page.html

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:21:20 ID:NMzy6/NT
>>130
こういう人達よりずっと立派だよ。頑張ってるまともな人にそういう事言うな。

818 名前:_ メール: 投稿日:2006/09/06(水) 03:14:35 ID:RMFsSZR00
■別冊ブブカ7月号 
在日の犯した性犯罪事件
・女児レイプを繰り返したパウロ永田も在日
・世間を騒がせたルーシー・ブラックマンさん事件犯人も在日
・目白通りの19件強姦魔も在日
・世にも恐ろしい、韓国人性犯罪データ
・韓国人男性の55,2%は女性の「イヤ」を額面どおりに受け止める必要なし
・韓国の2000年度の強姦事件は日本の8〜9倍と突出
http://image.blog.livedoor.jp/tommy_6/imgs/f/4/f4956d41.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tommy_6/imgs/c/8/c824dc15.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tommy_6/imgs/d/b/dba9d046.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tommy_6/imgs/e/5/e5c82113.jpg


135 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:22:08 ID:0mH4ce/8
>>130
この腐れ外道め。貴様のような恥知らずはジュピターの代わりに憲兵に撃ち殺されてしまえ
伊原は帰化してんだろーが。いい作品なんだからスタッフの事もとやかく言うな


136 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:22:55 ID:1CcyrY4K
>>122
静止画であまり見つめないで、はずかしいw

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:24:28 ID:0mH4ce/8
訂正

ジュピターは空襲で死んだんだったな
じゃコルセアに思う存分撃たれてくれ

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:29:50 ID:ZlKqZD9m
職業軍人だった栗林中将は
一般人(徴兵された普通の職業の人)を戦争に巻き込んで
申し訳ないと思っていたって散るぞ悲しきに書いてあった。

だからただのパン屋だっと言った西郷を
生きて妻子のもとに帰してあげたいって想いが
少なからずあったんじゃないかなぁ

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:30:23 ID:DbWDcjHU
《在日が帰国・帰化しない理由 「在日特権」》
[地方税] 固定資産税の減免
[特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免
[年 金] 国民年金保険料の免除 心身障害者扶養年金掛金の減免
[都営住宅] 共益費の免除住宅 入居保証金の減免または徴収猶予
[水 道] 基本料金の免除
[下水道] 基本料金の免除 水洗便所設備助成金の交付
[放 送] 放送受信料の免除
[交 通] 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期券の割引
[清 掃] ごみ容器の無料貸与 廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免
[教 育] 都立高等学校 高等専門学校の授業料の免除
[通名]   なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険証など )
     民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
     職業不定の在日タレントも無敵。
     凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
      日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
      予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
      ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
[住民票] 「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
      ( 日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される )
「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:30:24 ID:UVmwNTR3
>>126
福田和也が『プライベート・ライアン』のことをこき下ろしているのは、宮崎哲弥との対談本『愛と幻想の日本主義』だったね。
この本はなかなか面白い。

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:36:10 ID:NMzy6/NT
>>139
爺さん達が火炎放射器で丸こげになったり
必死にがんばった結果がこれか‥‥

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:37:15 ID:9A0yyNUy
>>126
たしか先々週の新潮、闘う時評で

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:38:41 ID:z1Cy8gR2
栗林の最後が玉砕してしまうと思ってたから最後は意外に思えた
あと二宮の演技が良かったと思う
西郷になりきっていた

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:40:20 ID:DbWDcjHU
>>141
伊原剛志を在日在日言っている人がいるから貼らさせて頂きました
これだけの特権を必要ないと判断して自ら日本人に帰化しているのに
未だに在日扱いされては忍びない

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:43:05 ID:satc8AKV
>>121
その人、本業はILMの技術者だったような。

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:43:16 ID:DpE1/hyC
在日特権って在日がうごめくような職場ならまだしも
普通の職場ならかえって総務部とかに迷惑かけるだけの
システムだな

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:43:26 ID:IY7XkUvu
日曜日「硫黄島〜」観てきました。正直な感想としては、みなさんが言うほどのインパクトはなかった。
>>93さんと近い感じかな…
もちろん観終わった時、この国のために亡くなった先人達の事を思わずにはいられませんが…
「父親たち〜」を観れなかったので、そっちを観てればもう少し違う意見かも。
ただしこの映画をアメリカ側で製作した事はとても意義がある事だと思う。
個人的にはプレイベートライアンのようにもっとグロいシーンがあっても良かった。
某教師のような性癖があるわけではなく(;^_^)、より一層戦争の悲惨さが伝わると思うから。
戦争の怖さで言えば、この前Nスペで放送してた「硫黄島 玉砕戦」や、以前観た岡本喜八の
「沖縄決戦」の方が怖かった。細かなところで言えば二宮と裕木奈江の夫婦は無理有り過ぎかなと…。
長文すみません。
>>125 僕も同じ気持ちであのドラマ見てました。

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:43:32 ID:MFjXvbEf
かなり失望!もっとまじめに描いて欲しい。栗林さんが海岸で戦争
ごっこをやるシーンとか、本当は各陣地で小銃の射線を確認するた
めに指揮用の杖を小銃代わりにしてみた、くらいだと思います。
さらに、最後の方で「ミミズ採って来い」はないですよ。司令部壕
には食料ぐらいの蓄えはあったはず。長期持久戦を計画したのは、
栗林将軍です。あと、自決のシーンで副官による首切りですか?罪
人の処刑じゃないんだから、拳銃を使用するべき。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:45:57 ID:DpE1/hyC
>>148
栗林中将も最期の5日は何も食ってない。
映画の西郷と同じ

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:46:32 ID:AOpOv/my
>>147 とりあえず星条旗観てこい
映画の主旨が違う

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:48:01 ID:9gyOQx5J
>>144
必要ないって当たり前だろ。どこまでずうずうしいんだよ。

在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm

韓国では伝統的に厳しい済州島差別があり、現在も続いている。
1948年4月3日に起った済州島四・三事件では、少なくても死亡者7万人にのぼり、
それから逃れる為に、自ら日本に渡って来た在日コリアンも多い。
しかし、在日コミュニティーの中にもやはり済州島差別が残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6
____________________________________
『これでは困る韓国』呉善花、崔吉城 1997 より
呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:48:20 ID:/25SdXnd
>>148
ん まあ 怒りはもっともかもしれないけど、
ミミズは自分で食うためじゃないでしょw
ヒヨコのエサw

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:49:06 ID:gDddVrDa
アメリカからだからまだ映画見てないし、とっくに誰かが書いてるかもしれんが、
栗林はじめ皆の軍服が現実味無し。
胸にさげてる飾緒は参謀がするもんだし、
アイロンかけたみたいにピチッとした服はありえない。
何ヶ月も空襲を受けて、寝る時も帽子と靴だけ取ってあとは着の身着のままで
過ごしてたわけだろ。

この金曜日、Late Night Showという人気番組で、ホストのDavid Letterman が
ゲストにクリントイーストウッドを呼んでインタビューしてた。
イーストウッドは普通ああいうインタビューは受けないんだけどね。
で、Lettermanも普段は数分で済ますインタビューを、その日は三十分ほども延々とやった。
かっこ良かったなー、イーストウッド。

それと、硫黄島のことを考える時、皇后妃殿下のことを思う。
失語症で一年も言葉をしゃべられなかった妃殿下が、硫黄島に慰霊に行かれた時、
隣の侍従に突然「遺族の方々はお元気ですか」と言われ、言葉が戻ったと言う話。
その際、

慰霊碑は 今やすらかに水をたたふ 如何ばかり君ら 水を欲(ほ)りけむ

と詠われたその心がありがたい。


こちらはあさって公開、待ち遠しい。


154 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:50:47 ID:dAFPqkDi
>栗林はじめ皆の軍服が現実味無し。
>胸にさげてる飾緒は参謀がするもんだし、
>アイロンかけたみたいにピチッとした服はありえない。

このへん御大自ら反省してましたよw

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:50:48 ID:ZUmvGJ3/
ネガティブキャンペーンもネタつきたようで。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:51:10 ID:3AXt+fTa
>>116
作品賞
監督賞
主演男優賞
脚本賞
撮影賞
美術賞

か。謙ワタナベはとりあえず推されるんだな。
ワーナーだから当然か。

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:51:59 ID:MFjXvbEf
さらに書かせてもらうと、陸軍VS海軍がなんというか逆転しているような?
というのも、実際に血気にはやっていたのは陸軍側であり、海軍の兵隊が
中村のやった戦術(死体にまぎれて、死体の腸を服からはみ出させて、戦車
が近づいたら地雷を投げつける)を強制?されたことがあったようです。
これはどなたかの本に書いてあります。
しかし、米軍がこれを見破って、死体という死体に銃撃をしたり、火炎放射
を浴びせるようになると当然失敗するようになったそうです。
壕の中が快適そうなのもいただけません。実際には小さい壕に寿司詰め状態
で焼き殺されたりしています。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:53:07 ID:brpxuWED
http://www.cinemablend.com/new/Clint-Eastwood-Considers-The-Rape-4137.html

Clint Eastwood’s interest in Asian tragedy isn’t ending with the Japanese defeat at Iwo Jima.
He may be following up Letters with a movie based on the book The Rape of Nanking.




これ、本当かな? それともガセかな?

本当じゃないことを祈っています。クリント好きで尊敬してるから・・・。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:55:12 ID:kXxi/4By
>>157
軍事板の星条旗・硫黄島スレに行くといいお。

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:55:34 ID:IY7XkUvu
>>150 すでに近場の劇場はどこも星条旗終了…orz
やはり星条旗観ない事には語れませんかね。DVDでチェックします。
ただ、ずっと前から同じ戦争の舞台を日米両方の視点で映画化して欲しいとは
思っていたので、それを実現してくれたイーストウッド&ワーナーには感謝です。

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:56:58 ID:9gyOQx5J

682 名前: メール:sage 投稿日:2006/12/18(月) 17:08:49 ID:ryAPnQWF
>>677
イーストウッドは自らが南京映画撮影とガセ情報流された時、
「オレが南京を撮る? そんなの撮るくらいならいま問題のチベットの映画を撮るよ」
って言ってるんだがw

クリントは謝罪のために国益を損なえなんて言ってない。
手紙ではむしろ本国で忘れ去られた無念の英雄を誉め称えている。
それも分からんなんてこの2本の映画をきちんと観ていない証拠。

確かに一般の日本人は恥じて反省すべきだ。
硫黄島で血を流した兵士たちの気持ちを忘れていたことを。
「日本の俳優たちは誰一人知らなかったんだ」byイーストウッド
ものすごい恥だ。


162 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:58:00 ID:WXHWP2Xx
しかし細かく映画見る奴っているんだね
ヤフーのレビュー。
墓標の水兵の漢字が「水平」になってたとか書いてた…
絶対一緒に映画見たく無いな

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:58:20 ID:+9zsmY4N
栗林が硫黄島に赴任してくる初日は勲章をつけていてもおかしくない。
但し、最高位のものを1つ。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:59:49 ID:MFjXvbEf
最後に、いろいろ見てくるとアラが目立ちますが、この映画のおかげで
硫黄島自体の知名度が「日本国内で」上がったのは事実でしょう。
アメリカにとっては勝利の象徴ですから以前からスゲー有名。ダイハー
ド2かな?空港の浮浪者みたいなのが「イオージマの戦いだ!」などと
発言してますからね。
この機会に硫黄島戦に興味を持った方は、さらにいろんな本を読むこと
をお勧めします。この戦いについては、航空攻撃もかなり行われていま
すから。
しかし、人間が爆発したり火達磨になったりするような描写だけではな
い、戦闘の残虐性を描いて欲しかったと思います。なぜなら、硫黄島は
日本の首都の一部が戦場になった唯一の例であり、その分、将兵も異常
なまでに敢闘したのですから。
ない

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:00:45 ID:IsKfq3WA
>148
沖縄の牛島司令は自刃後、斬首されてますが


166 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:03:46 ID:IY7XkUvu
>>157 壕の中が〜
自分がこの映画に期待してたのはまさしくそのあたりで、壕の中の惨さを
もっと前面に強調して欲しかった。
Nスペでやってた硫黄島からの帰還兵の証言は壮絶だった。

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:03:59 ID:2NlvCmgB
>>162
俺はおまえみたいな奴と観に行きたくねーよ

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:04:19 ID:R8udaRNm
>>165
あれは介錯。斬首とは違うよ

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:06:22 ID:xhkQSp78
アメリカが経験した戦闘の中で、硫黄島の戦いは規模こそ小さいものの、
密度というかインパクトは最大級のものだろうな。
なにしろ、島に上陸した人間の半分近くが自分の足で島から出られなかったんだから。

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:06:54 ID:+9zsmY4N
栗林が求めたのも、介錯だろうが。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:07:29 ID:HRhz01KX
昨日見に行ったんだが、隣の若いバカップルが終始しゃべっていたのが
うざかった。いかにもなデキ婚カップルで、女の方は腹がもう大きかった。
「つまんない」「お腹すいた」「思ってたのと違う」「犬神家にすればよかった」等々
いいシーンのときに言うもんだから、もう台無し。
小声で注意したら、「なにあの人、うざいね〜」っだってさw
ヒットする映画だとこういう輩も来るから、みんな気をつけろよ。

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:08:05 ID:MFjXvbEf
栗林は生きて島から出ることはないと覚悟の上で着任したようですので
勲章や伝来の刀などは家に置いて出征したらしいです。
そもそも、そんな勲章はこの時期の硫黄島には意味のないものだったで
しょうから。
自分の体験からひとつ、硫黄島の東海岸で拾われた(昭和50年ごろ)銃
剣を見せてもらう機会がありましたが、銃剣に黒いペンキかタールが塗
ってありました。通常は「天皇陛下からお預かりした」兵器にこのよう
なことはできないはずですが、きらきら光らないようにするためでしょ
う。銃剣という白兵戦の最終兵器にまで細心の注意を払っていた、硫黄
島守備隊の心意気にとにかく泣けてきたのを覚えています。

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:12:58 ID:Ie3dfGSk
監督はあえてその辺はしょってるとおもったけどな。>豪の中
テーマから話しがそれないように。それが最良だったかはともかく。
戦争映画を求める旨のみなさんは希望のものがなかったと言うのだが
この映画は戦争が舞台だが戦争映画じゃないのが面白いと思ったよ。

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:15:58 ID:IY7XkUvu
>>171
俺の隣のおばちゃんは兵士が死ぬシーンごとに半端じゃなくビビってた。
それが気になって仕方なかった。
おまけに映画館真っ暗。集中できるぶんにはいいんだろうけど、
せめて非常口の誘導灯は目立つ場所に点けるべきだと思った。個人的感想スマソ。

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:16:05 ID:HRhz01KX
まあ、俺は見るの2回目だし
内容知ってたから良かったけど
一緒に見に行った俺の彼女は
そのカップルに切れてたな。

「裕木奈江夫婦の描写見ても
なにも感じなかったのかしら」だって


176 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:16:14 ID:MFjXvbEf
一般的?に、日本軍の将校が自決する際には拳銃が多かったようで、実際に
硫黄島から生還した人の話では拳銃ではないかと思われるような記述があり
ます。牛島さんの件は知りませんでした。
話は変わりますが、日本兵は手紙や日記などよく書いていたようで、その手
紙などがテーマなのかと思ってたらだいぶ違いましたね。
さらに、坂上冬子だったかな?映画の中の「大杉」たぶん実際には「和智」
さんのことを書かれている著書に「硫黄島いまだ玉砕せず」というのがあり
ます。その中に、米兵が日本兵の頭蓋骨を「お土産」に持ち帰り、多数が、
首無しの遺骨になっているそうです。
そう考えると、文化の違い及び感覚の違いが怖い。
さらに、その状態を放置している日本政府にも腹が立ちました。
余談でした。

177 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:17:51 ID:R8udaRNm
>>170
いや、切腹っていうのは腹を切り苦痛をなくすために介錯をする。しかしこれは武士としての終わりを尊重された場合。
斬首ってのは武士として認めない罪人にする場合。切腹はしない。
近藤勇なんかは斬首

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:28:03 ID:IY7XkUvu
>>173
なるほど、単なる戦争映画として観ないようにという事ですね。参考になりました。
DVDで改めて星条旗&硫黄島チェックしよ。

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:29:45 ID:+9zsmY4N
負傷で動けなくなった武将が、部下に介錯させた例はいくらでもある。
止めを刺させるのも介錯。負傷してるから、腹を切った状態と同じ。

だから、栗林が求めたのは、介錯。

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:34:39 ID:AOpOv/my
>>164
したり顔で製作者に無理なことばかり要求してるんじゃねぇよ。
これはアメリカ人が撮った映画だぞ。
恥を知れ。

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:34:51 ID:19u+Kshb
>>172

http://pub.ne.jp/sawaimatumi381/?monthly_id=200607
たまたま見つけたブログだけど
2006,7,14の日記が印象に残ったよ。

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:36:04 ID:ZD67wopk
ID:MFjXvbEfさん凄いね。単純なネガティブ思考とか何とかじゃなくて、
真実の硫黄島を描いているかについての考察と評価には恐れ入るなぁ。
確かに指摘点を無視すりゃノンフィクションドキュメンタリー色は薄れるもんね。
端から気にしてないなら栗林中将出さないで御手洗大将とか創作すりゃ良いんだからな。
じゃこの映画は何だったの?と聞かれれば、硫黄島戦をクリントなりに色々と脚色し、
感動色を抑えた反戦人間ドラマということになるのかな?やっぱり。

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:43:34 ID:Ie3dfGSk
介錯か斬首か、渡辺謙は斬九郎やってた人だから
違いを分かった上であの演出でよしとしてるんだと思うんだけども
前スレのこのレス読んでこの解釈もありだなあと思ったので引用。

410 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/15(金) 10:34:20 kQgJPgOC
栗林の斬首シーンが罪人っぽいという意見があるみたいだが、
あれは意図してああいうポーズにしてるんじゃないかなあ…。
本土の人間を守るためとは言え、2万人の日本人に対して”死ね”と
命令したことは、栗林の心に物凄い葛藤と罪悪感を宿したはず。
多くの兵を死なせてしまったことに対する贖罪の気持ちもあっただろうし、
自分自身を罪人として裁いて欲しいという想いがあったとしても不思議ではない。
あのシーンは、栗林のそういった気持ちを表現した暗喩なのではなかろうか。

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:53:42 ID:+9zsmY4N
>>183
斬首ほどの「悪事」でなくても、切腹(介錯を含む)と言う行為自身が自分を
罰する事。葛藤と罪悪感と贖罪を含んであると思う。


185 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:57:44 ID:R8udaRNm
>>184
ああ、納得。

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 02:59:30 ID:9BUVVmZ3
てか武士は介錯がふつうなんじゃねえの?
西郷隆盛だって介錯されてんだろ。
不勉強な奴らが多いな

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:06:26 ID:68kPbqaj
介錯なしに切腹したら、数十分から数時間死ねません。
介錯は必須。

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:21:20 ID:kXxi/4By
>>176
問題は、あなたの指摘をすべて改善したところで、いい映画にはなるとは限らないことだな。
硫黄島の戦いが、どれだけリアルに再現されているかを見に行かれたのなら、残念なことでした。

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:21:32 ID:L10GeEBr
ずっしり腹に響かせて見てきたけど、
一点だけ、クリントお気に入りで無理にでも若い二宮に西郷をやらせたのがもったいなかったのが
後半、清水に語る、大宮のパン屋での話。
「砂糖が手に入った頃は」から、ついにパンどころか機械まで供出させられたくだり。

普通の営みを続けていた平凡なパン屋が、戦争にじりじりと生活を追い詰められて、追い詰められて
国をを勝たせるために何もかも失った。でも光が宿った。
しかしそこで己が徴兵される。この地獄へ。

ここの経過が、ばあさんに昭和ヒトケタ生まれくらいまでを持つ日本人なら、
追い詰められる過程を鮮明に聴かされているだけに
目の前にいるのがハタチそこそこなのが、仕方ないけどもったいなかった。

でも実際には、内地の事情も1年くらいで急展開だったのかな。
ばあさんも死んじゃって、聞けもしない。

まあ、アメリカ人が見る分には、気にしなくていいんだろうけど。
でも、あのセリフって、星条旗で時間をさいて見せている
(というか、今も戦争しているアメリカの?)
なんのかんの言って国民は豊かに暮らしているさまとの対比になるセリフだと思ったので。

あと、友達の家の、片手のない帰還兵のおじいちゃんは、毎夕仏壇の前でお経さんをあげていた。欠かさず。
片手ふっとぶシーンで、それを思い出した。友達の家で遊んでても会話をしたことがないくらい、寡黙なおじいちゃんだったよ。
あのおじいちゃんが潜り抜けてきて決してしゃべってくれなかったことを、やっと自分は見たんだな。

豊かな強い国として、今まだ戦争をして兵士が死に続けている、アメリカ。
地獄の後、じっと押し黙って、語らず、知らせず、そこそこの豊かさと平和を得ている日本。

に、届く、気持ち。
(↑このコピーもどーなのと思いつつ…。
「想い」とかのほうがしっくりくるような、でもそれほど方向のない、よどむ念のような)

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:27:33 ID:8V4Nff2N
http://www.oscarwatch.com/FYC/2006/images/dec11/letters.jpg
http://www.oscarwatch.com/FYC/2006/images/dec11/letters3.jpg

初めて見る写真だ

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:30:42 ID:z6ShuGr3
切腹する時って短刀を掴んだ時に介錯したんだってね
相当昔は腹切ったあとなんだろうけど

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:41:50 ID:WeQ/VlMx
介錯なしで切腹したら、腸を撒き散らして悶え死ぬまで時間が掛かる。
介錯するのは武士の情け。

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:42:26 ID:Ny1OAQMZ
介錯と言えば、俺の頭に真ッ先に思い浮かぶのは
伝説の公儀介錯人 拝一刀 であるな。

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 04:29:26 ID:HcnLzWWk
子供の頃、子連れ狼見て「こうぎかいしゃくにんてなに?」って
じいさんに聞いたら切腹についてとか延々話されて困ったなー

腕の良い介錯人は首の皮一枚残すんだって
全部斬り落とすと首無しでびょーんって立ち上がることがあるらしい

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 04:30:18 ID:ZlKqZD9m
阿南さんはあえて介錯も、
拳銃で頭を撃ち抜く事もなく
本当に切腹された方だよね

夜に切腹して明け方に絶命されたとか

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 04:33:32 ID:Ny1OAQMZ
>194
あ〜、ニワトリといっしょの原理ね

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 04:35:40 ID:AOpOv/my
>>189
確かにそこはもっと本を練るべきだったかも知れない。
独立開店してこれからって時に供出させられた、など。

ただ白人から見ると誰も彼も若く見えるそうだから、向うの上映では問題無いのかも知れぬ。
食糧不足、供出も最後の2〜3年ほどのはずだ。

いずれにしても見てきたようなことはなにも言えないのだが。
それは脚本のアイリス・ヤマシタにしても同じなのだが、
俳優たちも含めてみんな良く頑張ったと思う。
イーストウッドと背後で資金面、言語面を全て引っ被ったスピールバーグも凄い。

198 :UNKO:2006/12/19(火) 06:06:22 ID:ze5rPUxH
UNKO

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:11:11 ID:qlyjClRN
いままでずいぶん言いがかりみたいな批判は読んだけど、
MFjXvbEfさんの批判は、読むに値する批判だね。
やっとまともな批判が出たというか。なんというか。

ただ、コレに対するアンサーとしては、次の2つのことが言えると思う。


1つ目は、映画を鑑賞する多くの硫黄島の素人へ、わかりやすさを優先させたこと。
ドキュメンタリー映画とドキュメント風映画の違い。この映画は後者。
本質をわかりやすく伝えるために、ビジュアルで事実を曲げて表現するのは許容範囲。

たとえば中将の勲章。あれは一瞬で偉い人ということを観客にわからせる手法。
たとえば、海岸での戦争ごっこ、あれはラストの西郷とピストルの伏線。などなど。映画の文法。
もともと、この映画は硫黄島軍オタフリーク向けの映画じゃない。


2つ目は、調査の弱い点。これは確かにある。
しかし、忘れてはならないのはこの映画は「追加の企画、ついでの企画」だったこと。

トンデモ部分が、この程度に収まったということ自体、ある意味奇跡。
日本の役者がそれぞれ自分の担当する実在の人物を自力でエピソードを調べて補強したり
改変したりしたわけで、それによるリアリティの付加は大きい。(それを採用するクリントも偉い)

戦闘の非情さ、戦争の無常さだけでなく、当時の日本のファッショな空気もよく描けていて説得力があった。


存在意義としてすばらしい映画だし、(戦争を二部作として両側から描くことは)切り口として斬新だし
これからの模範になるし、内容も、今の平和ボケした日本にたたきつけるにふさわしい骨太の内容。
だから、指摘されたような不出来の部分には目をつぶり、やはり、俺は素直に評価と感謝をしたい。

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:11:51 ID:22saPbHQ
>>176
|話は変わりますが、日本兵は手紙や日記などよく書いていたようで、その手
|紙などがテーマなのかと思ってたらだいぶ違いましたね。

「手紙」は最大のテーマだったと思うよ。
要するに、西郷をはじめとして日本兵は映画の初っ端からずーっと手紙を
書いていたわけでしょ。そうするのは当然だなーと思いながら観客は観る。
そこで一転、アメリカ兵が転がり込んできて、そのアメリカ兵も、同じような
手紙を家族から受け取っている事を観客は改めて知らされるわけ。

ここでようやく観客はハッとさせられる。今、ここで戦っている人間の後ろ
には、無事に帰ってきて欲しいと願う家族や友人が居て、もしその人が死ねば
悲しむ人達が居るっていう事をあらためて知らされるわけだね。

想像力のある人なら、この状況がこの戦いに限ったものではなく、現在も
世界各地で繰り広げられている戦闘にも当てはまる事が分かる。
シンプルに、「この状況、どう思うよ?」と観客に突きつけるのが、クリント
イーストウッドの役目だと思ったんだけど、どうでしょう?

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:40:48 ID:Up4NAy/Q
まさにその通りだと思うよ
そんな事までして この戦争に勝つ意味あるのかと
思慮あるやつなら自問自答するだろ

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:47:46 ID:oOWzw1j/
機関銃の弾を体中に巻いて誰に手紙を書いているの?って
歌ってたのは井上陽水だっけか。何か思い出したな

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:48:59 ID:e5irDZE6
敗北が分かっていながら早く戦争を終らせなかった政権の幹部は国民に対する罪人だよ。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:49:10 ID:jZOgWM/r
OSIKKO

205 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 07:52:22 ID:Up4NAy/Q
結局この映画を見て思ったことは何回も繰り返し聞いてる
ありきたりの言葉だけど どんな事があっても戦争だけはやってはいけないという事かな
戦争してもいいと言えるのなら あの悲惨な自決シーンに運悪く自分が遭遇したとしても
しっかり手榴弾炸裂させる覚悟のある奴か
暖かい家族が待っているであろう敵の兵士も 一人残らず
抹殺できる覚悟がある奴だけだな

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:05:43 ID:qlyjClRN
うん。

要するに「戦争の痛み」を描いた作品だね。
その痛みに匹敵するだけの意味が戦争にあるのか、という問い。

戦争をすると決めたら、痛かろうがなんだろうがするんだけど、
実は誰も、戦争による痛みの合計がどのくらいなのか、わかっていない。
戦争をさせる奴は、さまざまな情報操作と抑圧で、痛みを過小評価する。
戦争をさせられた奴は、殺されるか、帰ってきても「戦場のことはしゃべりたがらない」。

だからこの映画が、戦争の痛みは膨大なものだということを皮膚感覚で伝えたのは、
ものすごく意義がある。

戦争の正邪善悪ではなく、戦争にどれだけの意味があるの?ということ。

もし、この自覚を世界中の人が持ったら、いろいろな局面で、戦争を回避して、
別の方法による妥協点を模索しようとすることになるとおもう。
戦争は、国際外交の手段だし、外交の手段はいくらでもあるはずだから。

その意味でも、もっと多くの人に見てもらいたい映画だと思う。

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:08:30 ID:qlyjClRN
話を変えて、すごく小さい話で恐縮なんだけど。

冒頭の「墓穴(はかあな)を掘る」話が、「墓穴(ぼけつ)を掘る」のシャレになってるシーンがあるんだが
あれって、あの面白さのニュアンスを英訳するのは不可能なんじゃないかなと思ったんだが、
どうなんだろう。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:13:05 ID:M9vmnE1j
>>207
「墓穴を掘る」って、普通に英語にもある言い回しだから。(dig one's own grave)
てか、あの脚本って英語から和訳されたんじゃなかったっけ。

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:16:03 ID:qlyjClRN
あ、そうなんだ。同じニュアンスなのね。知らんかった。ありがとう。

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:35:06 ID:IsYrXAMF
話豚切ってスマソ ガイシュツならなおのことスマソ

 この間TVで似たようなのをやっていたんですが、これは、このスレの主題と
なっている映画とどのように違うのですか?
少なくとも、TV版は、かなり予算が限られているのか、飛行機が明らかにCG(それも
素人が作ったようなヘタなの)だったり、演技がショボかったり、兵隊の数が少なかった
りと、いろいろ不満はありましたが、まあ、それなりに良かったです。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 08:46:10 ID:hlPxR2IQ
これだけ書かせてくれ、日本兵が鉄砲を「ライフル」と呼ぶのは止めて!
「小銃」と読んで欲しかった。
日本の映画で、「海軍特別少年兵」というののクライマックスの硫黄島
もお勧めです!

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:00:36 ID:ob0l8jrO
http://ime.nu/diablo.web.infoseek.co.jp/movie/aoyamanaku061213.wmv

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:07:32 ID:VKXbMPy/
>>211
以下は過去スレ(21通目)より引用
934 名前: 名無シネマ@上映中 2006/12/17(日) 19:45:45 ID:tx7UJZWd
今日2回目観て来た

○ジープ・ライフル
「ジープ」と言ったのはジェントルメンを自称する海軍将校
日ごろから田舎者の陸助を小バカにしてる海軍さんらしいなあと個人的には思った
(たとえ相手が総司令官であっても)

「ライフル」はアメリカ通の西中佐とその副官である大久保中尉
まあ西さんはアレだし大久保さんもきっと西さんに感化されたんだろう

○硫黄「じま」
正しいか間違ってるかはともかく仕方がない部分もある
すでに日本でも定着して久しい呼び方だし・・

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:14:37 ID:/25SdXnd
>>199
>たとえば、海岸での戦争ごっこ、あれはラストの西郷とピストルの伏線。
違うでそ
海岸での戦争ごっこは、米軍兵士が上陸して戦闘が始まったとき、逃げても打ち倒せる範囲、時間を予想するためでそ
あれは、ギリギリまでおびき寄せるため攻撃開始を遅らせたシーンの伏線

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:17:17 ID:id07eE6e
>>161
これもガセ、イーストウッドはチベット云々なんて話はしてない。
でたらめばかりだな。

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:19:52 ID:aJLJaCKy
10日に見てきたが日本の視点で撮ったと強調してた割にはつまらなかった
米軍上陸時の景色以外には狭い範囲の人物の映像ばかりで
最後のエンドロールもそのままだったし渡辺謙が言ってたようにNJなしでたんたんと
撮影をこなしたってことは急いで撮影したってことだし、やはりもう一度日本の監督が
制作すべきだと思った。

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:25:41 ID:eVy2yjgS
でも朝日が作ったらもっとひどい出来になる罠

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:26:46 ID:/25SdXnd
>>216
それだと今までと同じ戦意高揚の戦争映画になる。
イーストウッドはそういう点を意識的に排除してたし、それこそがこの映画の凄いところだよ・・・

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:31:37 ID:M9vmnE1j
>>216
NJってNGのこと?
急いで撮ったからじゃなくて、イーストウッドは昔からファーストテイクが好きなんだよ。
撮りなおすたびに演技から新鮮味が薄れていくという理由で。

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:31:43 ID:TbGtBkCE
涙したシーン。

西郷の妻の「だって誰も戻ってきてないんだよ(涙)」

殺された清水を発見した時の西郷の指の震え。

盗まれた栗林のピストルを見た時の西郷の闘志。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:32:37 ID:U/dLPKlT
日本の監督が撮れる時間は何十年もあった筈だがなw

ケチをつけたい輩はどんな作品を作ってもケチつけるもんさw
エンドロールなんざ大抵の作品で背景黒だし、この作品に限ったこっちゃない
リハなしで撮るのはイーストウッドの手法で、何もこの作品だけが早撮りな訳じゃない
『ミスリバ』で主役の3人がリハなし早撮りに慌てて、3人で演技について話し合ったほどだw
お陰でアカデミー賞の主演男優部門総ナメ。この作品でも役者に気合が見て取れる

細かいことは言わない。その代わり自分で考えてくれ
役者に対しても観客に対してもクリントは甘やかさない
だから自ら考えることをしない観客には説明/描写不足と映って感じることができない
すると>>216みたいな感想になるw

日本人の監督にも頑張って欲しいね
さしあたって来年の都知事脚本の沖縄戦が比較の対象となるか…

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:35:20 ID:aJLJaCKy
>>218
半分それも感じてました
別の話だけど数年前に映画のコメントでたけしが日本の視点から
太平洋戦争を撮ってみたいって言ってたんだがどうなったんだろう。

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:36:28 ID:VKXbMPy/
>>221に同意。
そして石○東京都知事の映画予告編を見る限りでは、
既存のお涙頂戴映画となんら変わりなかった。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:37:21 ID:/+UIvssq
ヒロイズムは徹底的に排除してるからね。
それを物足りないというのなら仕方ない罠。


225 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:42:54 ID:/25SdXnd
言い方はキツいが>>221がエエこと言った。

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:44:28 ID:a1fqm224
暑そうに見えないなー
状況説明無しに感情移入はできんぞ

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:44:58 ID:M9vmnE1j
そういやどっかのブログで、これが日本で作った映画だったら
栗林の悲愴な演説30分、西郷の涙のモノローグ20分が入るとこだけど
そんなんじゃなくて本当によかったー、みたいなことが書いてあってワラタ。

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:46:41 ID:lDPJOqxi
『ミスリバ』は39日の予定を37日で撮ったとどっかで読んだ。
ありえねー、てかそんなもんなの?
セット準備とか役作りとかはもちろん別なんだろうけど。

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:12:28 ID:Dg57ePYk
日本で作ったら清水のあのシーンで西郷が
「清水ーーーーーーーーー!!!」
と叫ばせて号泣ださせるのであろう。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:17:39 ID:mT1PaLdK
>>223
予告編観た。確かに仰るとおり。
これって渡辺謙の息子も出てるんだよね。

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:24:51 ID:Xt10x5Mm
伊原のやってるお好み焼き屋はメチャンコ昭和レトロな造りだよね
食べてる姿が外から丸見えなのが恥ずかしい

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:31:52 ID:L9HYlNiX
>>231
「ぼちぼち」だね。
お好み焼きが駄菓子だった頃の雰囲気の良い店だ。
一度行ってみたいなぁ。

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:41:39 ID:hDq6IBhP
>>228
ミリオンダラー〜でしょ

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:44:12 ID:Zao70Ohw
990 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2006/12/19(火) 09:06:10
ダラス−フォートワース映画批評家協会賞
The Dallas - Fort Worth Film Critics Association Awards

作品トップ10
1 ユナイテッド93
(ポール・グリーングラス監督)
2 ディパーテッド
(マーティン・スコセッシ監督)
3 リトル・ミス・サンシャイン
(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス監督)
4 クィーン
(スティーヴン・フリアーズ監督)
5 バベル
(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)
6 硫黄島からの手紙
(クリント・イーストウッド監督)
7 ドリームガールズ
(ビル・コンドン監督)
8 ブラッド・ダイヤモンド
(エドワード・ズウィック監督)
9 Little Children
(トッド・フィールド監督)
10 父親たちの星条旗
(クリント・イーストウッド監督)

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:45:12 ID:Zao70Ohw
991 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2006/12/19(火) 09:06:41
サウスイースタン映画批評家協会賞
The Southeastern Film Critics Association Awards

作品トップ10
1 ディパーテッド
(マーティン・スコセッシ監督)
2 硫黄島からの手紙
(クリント・イーストウッド監督)
3 クィーン
(スティーヴン・フリアーズ監督)
4 ユナイテッド93
(ポール・グリーングラス監督)
5 リトル・ミス・サンシャイン
(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス監督)
6 Notes on a Scandal
(リチャード・エア監督)
7 バベル
(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)
8 Pan's Labyrinth
(ギレルモ・デル・トロ監督)
9 Little Children
(トッド・フィールド監督)
10 サンキュー・スモーキング
(ジェイソン・ライトマン監督)

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:45:46 ID:Zao70Ohw
996 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2006/12/19(火) 10:32:01
>>990-991
スゴイね。
しかも調べたらダラス−フォートワース映画批評家協会賞のほうは
外国語映画賞も受賞してる。
まじでスゴイ。

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:48:05 ID:yRtSrCIO
なんでNo.1が「ディパーテッド」なんだろうね。

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:15:29 ID:RNV27/5R
アカデミー賞にはノミネートされるのかなあ
監督賞をスコセッシとかと争ったら スコセッシが取るだろうな
スコセッシはまだ監督賞もらってないもんな
持ち回りがあるような気がする
ポールニューマンとかアルパチーノなんてのは
わりとしょうむない映画で主演男優賞をもらってるし

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:17:50 ID:7ZjRds9b
とうとう昨日、「観客に感想を聞いてまわる系」のCMを見た・・・
まあアホっぽい「すっごい泣けました!」「感動しました!」
って感じのじゃなかったけど・・・。

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:23:08 ID:Jjuxyjdh
このスレで散々話し合われてきた秀作/凡作の感じ方の答えが>>221だな。
判断材料を提示してあとは説明丸放棄のイーストウッドの描写と
絶対的な山場があってそれを執拗なまでに印象付ける往年の日本映画の描写。
幾様も考えることに面白さを見出だす事が出来れば秀作と評価するし
一見で誰でも分かるような解釈を必要とするなら凡作の評価になる。

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:30:35 ID:q7i7RZI4
ちょっと前(1週間くらい前?)にちょこっと話に出てた
『数人の将校が1人の女を巡って殺し合いをした○○事件』
(内容はちょっと違うかも知れませんが・・・)
この○○の中は何でしたっけ?
気になって仕方ないんで、誰か知ってたら教えてもらえないでしょうか。
確か辻政信の話題と一緒に出てて、そっちを熱心に見てるうちに
○○事件の名前を忘れてしまってそれっきり・・・・

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:44:28 ID:6NILjHU2
>>221
井原が「オーラの泉」でクリントはリハーサルしないから、
謙さんと二人で練習したと言っていたよ。

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:55:15 ID:PYj385i3
>>241
アナタハンか?

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:59:13 ID:ywZs2z8e
>>241
アナタハン島事件かえ?将校だけで争ったんじゃないが。
奇しくも硫黄島と同じ火山島だね

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:00:13 ID:cUBcd7M+
>>242
織田裕二にはできないなw

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:03:34 ID:KWBOxGKL
>>239
見た見た。
この作品だけはああいう宣伝をやって欲しくなかったな。
配給会社って馬鹿じゃないの。

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:05:27 ID:iYYJvhAS
>>245
だってこれ↓だもんなぁ。
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/photo/ET20061209123053683L0.jpg

いつもと同じ髪型に髷を付けただけだし、無精髭はまるでコントのそれみたいだ。

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:06:15 ID:hILVhCbg
どんなCM?二宮っちの舞台挨拶付きのCMなら見たぞ

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:06:17 ID:xlB6N/uz
降伏間近の敗戦国の心理描写と客観性ではヒトラーの方が明らかに上手いな。
あのesを手掛けた監督だから当然だが。

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:06:19 ID:pL+eOHhe
>240
概ね同意するけど、この映画のよさがわからん奴は
自分で物を考える頭がないみたいな論調はどうかなあとオモタ。
制作の勢いが上手い具合にインパクトへ転化してる映画だけど、
勢いで走ってる分詰めの甘いところもあるよ。
判断材料の選別や見せ方、そこに引っかかるひともいるのでは。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:17:37 ID:4FVUWH5f
ハリウッドがつくった日本映画だからな
日本人が西部劇つくったら穴もでるだろう

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:19:21 ID:s0a3leHy
前のほうで二宮が物資供出でパン屋廃業を語るくだりのこと書いてた人がいたが、
自分はあの二宮の語りは上手いと思ったんだよね。
たしかに中年くらいの男が語ったほうがもっとリアルだったとは思うけれど、
あの若さでよくあれだけの内容を浮かずにしゃべれたなーと感心した。

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:24:50 ID:dnxV45MX
>>234
>>235

どの賞も1位にはなってないので、アカデミー賞はきついとおもう。

254 :前スレ657:2006/12/19(火) 12:40:23 ID:TXEEkWZT
昨日、見てきました。
470席に30人くらいの入りでした。
涙が出ず、用意してたポケットティシュ無駄になりました。
一番グッときたのは、オープニングの各県の石で出来た慰霊碑から
海岸線にパンした時でした。
この下に今も故郷を守るために戦い倒れた方達が今尚故郷に帰ることも
できずに埋まっている、しかもここは日本領土。「なぜ出してあげない!」
そう思うと胸にこみ上げてきました。
栗林・西については学生の頃、また硫黄島も「丸」もずっと読んでいたためか
映画の内容は、はしょり過ぎているように感じました。
でも、予備知識の無い方にはどうだったんでしょうか?
映画館ではポケットティシュは無駄になりましたが、一番涙したのは
栗林の最後の訓示、それもスレ内に書かれているのを読んだ時。
会社で密かに涙してました。
邦画って書いてしましましたが、確かに洋画ですよね。
でも感じませんでした。

悲惨で、また戦場においては当時無駄な死であっても
今の日本の礎になった方々に感謝せずにはいられなくなる映画でした。

PS:最後に司令部壕に飛び込むために、機銃掃射の中を皆で走るシーン
 昔、南方で米軍撮影の記録映画で同様なシーンを見たのを思い出しました、
 「なぜ、機銃掃射の中 一列になって的のように走るんだろう?」って。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:41:10 ID:TwGe5NFp
>>253
ここにいるやつらだけだよ、アカデミー賞気にしてるのは
自分はレビューだけで胸いっぱいだ

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:46:06 ID:/25SdXnd
>>254
泣きたいと思って映画みるなら他の映画見れw

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:49:01 ID:Tuvixe+I
たしか谷田大尉も「ライフル」と言ってたと思う・・・

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:52:41 ID:wWOeox6t
首都ベルリンにまで攻め込まれても徹底抗戦を繰り広げた誇り高きゲルマン民族

アジアで火事場泥棒を展開し負けて敵が本土まで迫るとすぐに降参する武士道japs

連合国を恐怖のどん底に叩き陥れたティーガー、パンター

連合国を笑いのどん底に叩き陥れたチハタン

総爆弾投下量はjapたちに行われたものの10倍に達し全都市が戦略爆撃で壊滅したにも関わらず地下に生産拠点の一部を移し抵抗した誇りゲルマン民族

主要都市を多少戦略爆撃されただけで発狂しその上拠点を移さなかったため稼働率が著しく落ちたjaps

そして大戦中に弾道ミサイル、ジェット機、誘導弾の数々の新兵器の実用化にこぎつけ連合国を驚かせた誇り高きゲルマン民族

死に物狂いで爆弾を抱えながら突撃してくる新兵器人間爆弾武士道japs

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:53:36 ID:M8cWHtV5
泣いてスッキリしたくて行ったり、国や世界など、
大きいこと考えて陶酔するため映画館に行った人は、
本当に拍子抜けする映画だったと思う。

自分は「淡々としてる泣かせ映画じゃない」ときいてた
ために、逆にごーきゅー・・

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:57:24 ID:M8cWHtV5
>>246
宣伝も何もかも、日本の映画会社って本当に安っぽいと思う。
栗林さんじゃないけど、外国のやりかた見てから日本のを見ると、
がっくりくるわ。テレビでも政治でも何でも。
まあそのダサさが日本の良いところでもあるんだけどさ。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:58:01 ID:M8cWHtV5
>>232
私も行ってみたい。伊原さんに会えるわけじゃないけどw

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:58:31 ID:M8cWHtV5
>>227
なげえええw

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 12:59:39 ID:xlB6N/uz
>>258
アメリカ、イギリス、ソ連と5年近く戦ったドイツに対して
アメリカだけで十分だった日帝www

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:04:21 ID:blA1BPuV
ガンダム好き小5男児を連れて行ってもよかんべぇか。

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:05:21 ID:Za/c3D7I
とりあえず「父親達の星条旗Flags of Our Fathers」〜の公開初日。

USA 20 October 2006
Japan 21 October 2006 (Tokyo International Film Festival)
Belgium 25 October 2006
France 25 October 2006
Japan 28 October 2006
Australia 2 November 2006
New Zealand 2 November 2006
Sweden 3 November 2006
Philippines 8 November 2006 (Manila)
Greece 9 November 2006
Italy 10 November 2006
Italy 10 November 2006 (Turin Film Festival)
Israel 16 November 2006
Finland 24 November 2006 (Oulu)
Netherlands 30 November 2006
Singapore 30 November 2006
Brazil 1 December 2006
Denmark 1 December 2006
Finland 1 December 2006
Venezuela 1 December 2006
Turkey 8 December 2006


266 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:05:38 ID:lL0iCAGs
>>203 どのくらい負ければ敗北かは難しい。
イギリスもソ連も大損害を受け、首都を攻撃されても降伏しなかったから勝利した。

アメリカも日本に大敗して被害を受けても降伏をしなかったから勝利した。
アメリカや他国にしても、仮に降伏するとしたら基本は軍が壊滅して本土に被害がおよんでから。

日本も戦力は温存していたから本土決戦をして降伏、講和の可能性もある。

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:06:22 ID:Za/c3D7I
UK 22 December 2006
Iceland 26 December 2006
Norway 26 December 2006
Portugal 28 December 2006
Spain 3 January 2007
Hong Kong 11 January 2007
Germany 18 January 2007
Hungary 25 January 2007
Estonia 2 February 2007
Russia 15 February 2007
http://german.imdb.com/title/tt0418689/releaseinfo


268 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:08:19 ID:vx3Pg9PG
>>205
お気持ちはお察しするが、国が侵略されたら武器を取るしかあるまい。
栗林閣下のように合理的思考を心がけるのが肝要である。

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:08:52 ID:xlB6N/uz
>>266
「戦争に『もしも』はない」BHDの名言だぞ。

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:15:55 ID:bTILnjvY
一週間前にみてきた。
自分も「泣き用意」のクチだったので、淡々とした運びに意外感も。
しかしなあ、ずっと重いんだよ。泣いて感動して「戦争イクナイ」で
終われる楽な映画じゃない。
上のほうにも出てくるがクリントに尻叩かれてる感じ。
ちょうど期末試験明けで暇そうだった息子も誘って一緒に見たんだが、
あいつも見終わった後拍子抜け感ただよってた。しかし昨夜自分のと
ころから「散るぞ悲しき」を持って行ったよ。
腹の中に何か残ってんだなあ・・と。

271 :254:2006/12/19(火) 13:17:23 ID:TXEEkWZT
>>256
>254だけみると、そう取られちゃうよね。

でも泣きに行ったわけじゃないよ、他人の為に自己の身体・生命を自分の意志を排し
危険に身を曝す職業に在職し、実際3度死にそうなった経験があるからこその涙です。

そういう先人に頭が下がると言う意味で、泣くのではなく「涙す」って感じ。
 (う〜〜ん、おかしな言い回しですかね)

御批判どうぞ。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:18:38 ID:dnxV45MX
Starttermine fur
Letters from Iwo Jima (2006)
Country Date

Japan 15 November 2006 (Budokan) (premiere)
Japan 9 December 2006
USA 20 December 2006 (limited)
Belgium 21 February 2007
France 21 February 2007
Argentina 22 February 2007
Australia 22 February 2007
Germany 22 February 2007
UK 23 February 2007
Brazil 2 March 2007
Sweden 9 March 2007
Netherlands 5 April 2007
Norway 20 April 2007
ttp://german.imdb.com/title/tt0498380/releaseinfo

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:20:48 ID:wWOeox6t
>>266
>アメリカも日本に大敗して被害を受けても降伏をしなかったから
warota
本土無傷で空母、戦艦がやられた程度で降伏ですかw
空母、戦艦なんて道具でしかないだろw
父親たちの星条旗では全く触れてないが大戦が終了し大量に作りすぎた空母をイラネから自沈してるしなw
それがアメリカのプラグティズム

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:21:17 ID:xpWNjmO0
>>270
親子で見に行けるというか、見に行く価値のある映画ですね…
祖父母と孫の組み合わせも多いみたいですね。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:24:44 ID:dnxV45MX
日本がもし本土決戦やってたら戦況は変わったんだろか?
イラクや、ベトナムの様に。
島国で物資も輸送できないし、石油が掘れるわけでもないから、兵糧攻めでも負けるか。

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:24:53 ID:yRtSrCIO
>他人の為に自己の身体・生命を自分の意志を排し
>危険に身を曝す職業に在職し、実際3度死にそうなった経験

平和時に自らの自由な意志で、それを選択できることは「幸せ」とも
いえますが、戦争時に選択の自由もなく、「なんの為」かも正しくは
知らされず、あの島へ行かざるをえなかった人たちの心中を思うと…。
「安らかに」と願うばかりです。

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:31:13 ID:GOteJhp6
「戦争はよくない」ってのはまったくもって同意だけど、
戦わないといけない時は戦う覚悟も必要だと思う。
非武装論を唱える人の気持ちがまったくわからない。

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:31:17 ID:vx3Pg9PG
>>258
釣のようにも思えるが、おおむね同意。
結局、日本人てさ、合理的思考が嫌いでしょう。昔も今も。
戦死者が日本の礎になったって言うけどさ、
合理的に考えると変だよ。
そういうのなら、たとえば
硫黄島の戦いがなかったら、今の日本が存在しないことを
理路整然と説明できるのか?と。
心情的には、尊い犠牲のうえに今の日本があると考えたいが、
硫黄島や広島や長崎がなくても今の日本はあるんだよ。
栗林中将も水際作戦を採らずに、合理的思考を経て
地下陣地構築をしたわけだが、その合理性が「武士道精神に悖る」
といったような「心情的」な理由で嫌われたんじゃないのか。
つまり、どこまでも合理的に考えないと
日本人は同じ轍を何度でも踏むんじゃないのか?

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:31:33 ID:TXEEkWZT
>>274
私の前の席は、白髪のあばあちゃんと孫(18.9?男)ってかんじでした。
暗くなる前に、孫がおばあちゃんの為にチョコチョコ動き回っていました。
祖父母と孫 新しい語らいができていいかも。

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:34:00 ID:lL0iCAGs
>>205 戦争はしなくても他国からしかけられたら発生する。

戦争賛成も戦争反対も失敗したら悲惨な結果となる。

日本国民やテロリストが国民は私の言うことを聞きなさいと言って攻撃を仕掛けても
警察、自衛隊は反撃出来ないことになる。

自分は戦力は廃止して戦争を仕掛けられたら全身麻酔の後で安楽死するシステムが出来れば良いと思う。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:38:57 ID:L0ua0b2b
二宮はあの顔が気に入られてキャスティングされたんだなと思った。
好戦的なイメージからはるかに遠い愛らしい小動物系の顔
時代違えば、戦争がなければ、
いかにもノホホンと本国で幸せに暮らしてたであろうと思わせる顔
米映画は世界に配給され、米国人それぞれの心理描写を感情移入しながら
外国人は普通に観ているけど
米国人がこんな日本人、まして当時敵国人だらけの映画を感情移入しながら
観たことはないだろうから。
その西郷が最後スコップ振り回すのは切なかった。
西郷なりの戦ってやる!の姿勢が、栗林の意志を継いだみたいで。
二宮で正解。 

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:41:31 ID:vC1S27Ca
ドイツでも公開されるんだな。ドイツ人にはどう写るんだろうな

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:41:33 ID:lL0iCAGs
>>273 日本も戦争続行できる戦力と被害だったから降伏しなかったた。

本土を攻撃されて被害がでたから降伏した。被害が出てなかったら降伏しない。

284 :254:2006/12/19(火) 13:42:40 ID:TXEEkWZT
>>276
そうですね、
 本当にいやなら逃げことも不可能でない<自分
 逃げたくても死への道しか残されていない<先人

比較するには、基になる基礎が違いすぎますね。
痛いな〜。

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:48:31 ID:dnxV45MX
アメリカは明日公開か。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:56:06 ID:lL0iCAGs
>>278 日本の和や情の部分。

和は妥協の部分。陸海軍が協力しなかったり作戦もバラバラなのは相手を潰さず尊重するという考え。
衝突せずみんなで仲良くという考えだから合理的では無い。


情も相手を思いやる心だから合理的ではない。

独裁体制で経済や生活を統制された北朝鮮やソ連のような国が合理的といえる。

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 13:59:47 ID:BaEYpiJ7
>>275
補給も支援も無しでアメリカとソ連に挟撃されるような
最悪の状況になるんじゃないかと思う

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:00:31 ID:a1fqm224
二宮はよかったな。
昔ジャニーズ好きで、ジャニバラエティをよく見ていたのだけど
10年くらい前、二宮はジュニアで、ほかのジュニアが一生懸命演技したり目立とうとしてるのに
いつもぼーとしていて変わった感じの子供だった。
明確な個性とかを強く感じさせない、一般人っぽい雰囲気が映画に出てたと思う。
渡辺謙が、一目で希有な人物と思わせる風貌なのと対照的。

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:03:55 ID:xlB6N/uz
>>286
敗戦国の苦しい言い訳に聞こえるwww

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:05:08 ID:bh+wkvhj
>>254
まとめて再掲載しておく。これはテンプレに入れてほしいなあ。

18 名前: 余は常に諸子の先頭にあり 2006/12/14(木) 04:12:26 ID:QqspUuPy
月曜に見た。
たまらない映画だった。

最後の総攻撃の前、栗林が兵士たちに向かって
「後世国民が我々の健闘を称えてくれる日が来るだろう」という意味のことを
言ってたシーン、万感胸に迫るものがあった。
この台詞を正確に覚えている人いませんか?

54 名前: 名無シネマ@上映中 2006/12/14(木) 09:10:56 ID:qZUAJEuB
>>18
「いま日本は戦いに敗れたといえども、日本国民は諸君の勲功をたたえ、
諸君の霊に対し涙して、黙祷を捧げる日がいつかは来るであろう。安んじて国に殉じよう。
予は常に諸子の先頭に在り」

↑これだね。 俺もこの場面が一番グっときた。正直、今読み返しただけで涙が・・。
亡くなった方々には、本当にお疲れ様でした、ありがとうと言いたい。

89 名前: 名無シネマ@上映中 2006/12/14(木) 10:26:52 ID:ID4mdTFH
飲み水は涸れ、弾丸尽きる凄惨な戦場と化した硫黄島で、本土防衛の最前線として、兵士達は、国の為というより自分達の家族を守る為に戦った。
その総指揮官・栗林中将の命令は、玉砕を許さず最後の1人となってでも、米軍による本土空襲の盾となれというものだった。
自らも、それまでの指揮官の死に様…前線の後ろで自決という形を取らず、身分を示す中将の階級章を外して最前線に立った。
以下は、3月25日、出撃前夜、栗林中将が述べた当時生き残っていた全将兵に呼びかけた訓示である。(数少ない生還者の一人…大山純軍曹の証言より)

「予が諸君よりも先に、敵陣に散る事があっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。
いま日本は戦いに敗れたりと言えども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功を讃え、
諸君の霊に対し、涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし」

「散るぞ悲しき」…梯 久美子著(新潮社)

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:10:58 ID:s1u21S5F
栗林と西のすぐ下の部下の二人はなんていう人たちなんだろう
それぞれ出番は少ないけどそれぞれがとても良かった。
自分がグッときたのは清水が自分で千人針を腹に巻くところ。
それまで人と距離を置いてわけのわからん嫌な感じと思ってたけど
人間味の無いいかにもな日本軍なのに、そこのシーンで家族が見えた。
それがあったからか後の西郷との距離感が縮む所も感情移入しやすかった。

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:13:38 ID:bh+wkvhj
> 栗林と西のすぐ下の部下の二人はなんていう人たちなんだろう
栗林中将−藤田副官
西中佐−大久保中尉
だったかな。いい演技していたよね。

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:13:43 ID:qlyjClRN
あちこち何回か繰り返してみたいところがあるから、早くDVD出してほしい。

たとえばあの「祖国のため〜」の演説とか、鳥肌もの。
あと戦闘CGをコマ送りでチェックしてみたい。

墓の文字をストップモーションで確認したい。





294 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:17:55 ID:t/N+N3Xx
>>275
本土決戦やってたら復興は20年は遅れた。お前もこの世に存在してなかったかもしれん。

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:20:26 ID:xH7fMJHz
すごく見たいけどきつそうな話だなー。悩む。

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:25:39 ID:4KXSf+yI
>>275
少なくとも民間人の死者は沖縄戦どころの話じゃなかったろう。
米は穀倉地帯に枯葉剤を撒く計画もあったし

親父は海軍だったから俺はこの世に存在してないだろうな

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:27:39 ID:xhtndCMH
で、おもしろいの?
この映画?

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:32:50 ID:7kp2pt/G
同盟国が降伏して助けも期待できず勝つ見込みなければ講和を模索するだろ
ただ原爆という兵器がなければ日本は本土決戦してたな。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:36:02 ID:GOteJhp6
原爆落とされる前にすでに日本は降伏(和平交渉?)しようとしたけど、
原爆実験したかったアメリカに時期を延ばされたって聞いたのですが・・・
原爆の被害状況を見極めるために、広島と長崎には空襲がなかったらしいとか。

詳しい人がいたら教えてちょ。

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:39:02 ID:BS/WGo8i
スレ違いどころか板違いだよ。
もっと詳しい奴がいる板があんだろ。

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:41:19 ID:a1fqm224
>>297
人それぞれ
私は微妙

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:42:20 ID:bq+eKPUU
父親たちの星条旗・硫黄島からの手紙 5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1166273753/

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:50:47 ID:A22RfjOq
>>297
いや、すごいよ!
何がすごいって二宮で泣けるのがすごい。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:54:11 ID:s1u21S5F
>>292
ありがとう
パンフ買えば良かった。次に行く時は買おうと思う。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:54:15 ID:M8cWHtV5
>>181
天皇陛下と皇后陛下の詠んだ歌はじめて見たけど
どちらも「悲しき」で終わってるね。

「精魂を込め戦ひし人未だ地下に眠りて島は悲しき」
「銀ネムの木木茂りゐるこの島に五十年(いそとせ)眠るみ魂かなしき」

これは中将の辞世の句に対する返歌か?

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 14:55:23 ID:VaH6czt+
ラスト侍と似たような雰囲気になってきた。



307 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:02:44 ID:bTILnjvY
>>305
栗林の絶唱に唱和したお歌だね。
しかし皇室が心を尽くして慰霊しても慰めきれるものではない・・
後世の日本人として何ができるんだろうね・・

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:07:27 ID:9JEfMwk4
>>297
面白いなんてもんじゃないよ♪
重いよ!

重い重い重い重い重い重い重い!

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:07:59 ID:M8cWHtV5
米軍従軍カメラマンの撮影による戦闘の様子
http://www.historyplace.com/unitedstates/pacificwar/2153.jpg
http://www.historyplace.com/unitedstates/pacificwar/2155.jpg
http://www.historyplace.com/unitedstates/pacificwar/2154.jpg


310 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:13:54 ID:M8cWHtV5
>>102
海外に出ると特に顕著になるな、その傾向。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:22:37 ID:H28H+iby
>>299
おおむね正解。
密かにソ連に講和の仲介を依頼していたが、ヤルタの密約でソ連
は対日戦を決意していた。
ソ連が参戦してくると日本がポツダム宣言を受諾するのは必至。
アメリカはソ連参戦前に原爆実験を大急ぎでやったわけ。

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:26:27 ID:GOteJhp6
>311
ありがとう。
ソ連ってほんとに酷い国だよなー、60年経っても北方領土返す気ないし・・・
原爆実験されても米国を恨まないように日本は戦後徹底教育されたんだよね。

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:39:47 ID:ZhfioVw2
日本はソ連に仲介を頼んでたが、それを知ったアメリカは返事を延ばすよう要請もしていた

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:39:50 ID:e+Q7pklE
アメリカの関心が、60年経ってようやく硫黄島まで来たということだよ。
次は、沖縄だな。何年かかるかな・・・。


315 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:44:20 ID:M8cWHtV5
露スケは個人で見ると田舎モノばかりで良い奴なのに
国になると最悪という話ばかりだねw


>>312
私は戦後作られたお涙頂戴の臭い戦争映画が嫌い
なんで(そうじゃないのもあるけど)、「あんなもの見る
くらいなら」ということで1940年〜1944年に作られた
国産映画をよく見てます。

それらと戦後作られた国産映画との論調の逆転は、
そりゃもう爆笑モンです。ベクトル真逆。
ひとしきりマヌケさに笑わされた後、米国の洗脳の
効果はすげーなー!・・と空恐ろしくなるけどね。

戦中「武勲を立てるのが幸福」
   「戦友が散っても悲しみは表に出さず、戦果でもって
   友を悼むのが男」

戦後「戦争の悲惨さを知り平和を希求する主人公」
   「捕虜となった米兵と仲良くなった主役の日本兵は、
   平和の尊さと大本営の醜さを思い知り、怒りを燃やすのであった」

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:45:38 ID:PYj385i3
>>315
国策映画?

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:48:22 ID:M8cWHtV5
>>307
嘘か誠か知らないヨタですが、オカ板かJ板の
硫黄島スレによると、天皇陛下の行幸のあとは
霊現象が少なくなったって。
霊なんて居ないとおもうけど(私には見えないから)
ちょっと気休めにはなった。
でも本当に、硫黄島や、それ以外の戦跡も、
ご遺骨収拾くらいさっさとやれやとイライラしてくる。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:50:57 ID:SI97x7Gj
中将て当時何人くらいいたの?

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:52:31 ID:M8cWHtV5
>>316
東映とかで昔つくられたのが、DVDで出てるやつ。
国策映画だと思うよ。勇ましいのばかりだから。
昔の俳優はピシっとした人が多くて、見てるこっちも
気合が入ってくるんで、好きで見てます。

加藤隼戦闘隊とかハワイマレー沖海戦とか、円谷英二が
特撮に関わってるのは、今見てもすごい。フジの下請け
CG会社とは雲泥の差。

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:52:53 ID:M8cWHtV5
東映じゃない、東宝ですた。

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 15:54:14 ID:PhSBH1y6
>>317
新田次郎「八甲田山死の彷徨」の最終章でも遭難した青森連隊の亡霊が隊列を組んで、
連隊本部に帰ってくるっていう話が書かれている。それでたまたまいた中隊長が
「諸君らの霊は報われた。関係者は処分された」って言ったらそれ以来亡霊が出なくなったとか。
戦後の映画で題名は忘れたけど、南方の玉砕した島から笠智衆の連隊が幽霊列車に乗って
東京駅に戻ってきて、一晩だけ家族の無事を確かめる作戦を遂行するっていう悲しい映画があった。
亡霊が軍隊口調でテキパキと家族に会いに行くのが涙を誘うんだな、これが。

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:00:58 ID:VLqecPy4
これ面白いとかって感想だと、すげぇ自虐的な気持ちになっちゃう。
ほんと戦争の虚しさがすごい伝わってきた作品だと思うな。誰一人英雄視されてないし。

しかし父親たちのに比べると予算のかけ方が全然違うなw
作品的にはもうちょっとアメリカ軍が苦戦してる部分を見せてほしかった。
日本は善戦してる感じもなく、どんどん追い込まれていかれてるだけだったし。
でも、そういうの入れちゃうと感想が逆転しちゃうか

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:10:05 ID:ZhfioVw2
日本兵の亡霊の行進といえば黒澤明の「夢」のトンネルのエピソード

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:13:28 ID:M8cWHtV5
>>318
将官名簿を見れば分かると思うけど、あれ高いよ。
図書館にあるといいですね。

ネットだと、もっと調べれば出てくるかもしれないけど、
ここの「期別一覧」はどうかな。大東亜のとき現役だった
将官に限って載せてる。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2687/jinji/jinji-annai.html

ただし、大中小の別はないので、知りたければ
「一覧」ではない「人事名簿」のほうを見ればいいかも
しれない。将官の略歴が載ってる。

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:18:03 ID:Gq0LqIwU
>>321
それは「姿なき一〇八部隊(1956)」ですね。サイパン島玉砕の兵ですが
硫黄島からの手紙を観て、私も思い出しましたよ。
戦後間もないのに、手を翻したように変わり果てた日本国民の姿が
印象的でした。

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:19:44 ID:GOteJhp6
ttp://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/
明日の公開に向けて増えてきたみたいです。

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:23:39 ID:M8cWHtV5
国立国会図書館HPにて、「硫黄島」を検索
http://www.ndl.go.jp/cgi-bin/ja/namazu.cgi?query=%CE%B2%B2%AB%C5%E7&submit.x=0&submit.y=0

他にも陸軍とか帝國とかで検索すると面白い。
一日見てても飽きない。

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:26:10 ID:M8cWHtV5
>>325のレス読んだだけでも泣けるわい。

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:38:55 ID:M8cWHtV5
いま「姿なき一○八部隊」のレビューとか見てるけど、
日本人が鎮魂と反省と反戦の祈りを込めて大東亜戦争の
映画を作るとしたら、こういう形だな。切なすぎる。
http://home.f05.itscom.net/kota2/jmov/2004_02/040204.html
なんでこれDVDになってないの・・。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 16:52:00 ID:6qGR5ARL
【映画】「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」効果で硫黄島観光問い合わせ殺到も“上陸”できず
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1166450025/


なんだかな〜

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:02:16 ID:yms1mKGB
>>329
歴史に「鎮魂」も「反省」も「反戦」もいらないわけだけど。
映画に込めるのは、淡々とした事実だけでいい。それを汲み取って何を感じるかは
観客に丸投げしてしまうこと。一方的な思想的ベクトルが効いた映画なんて
これまで何本も作られてきた。もううんざり。

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:02:35 ID:yRtSrCIO
>>329 
「あの世から現世へ、いとしい人に会いに来る」という設定か。
「椿山課長」だの「黄泉がえり」だの作ってんと、こういうのを
リメイクしてほしい。
死者の無念や、切なさって、その人を失った生きている人の切なさでも
あるんだよね。

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:12:24 ID:siUhuiBF
>>330
日本のため、家族のために戦った兵士達は硫黄島の方々だけじゃない。
アッツ、サイパン、グアム、ペリリュー、沖縄…
たくさんあるじゃん!
興味本意じゃなくて、彼らを慰霊する気持ちが少しでもあるなら、行ける所に行くべきなのに…
まぁ、こういうこと言っても仕様がないけどね

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:19:04 ID:VK5CZ2RG
日本人の短絡思考は戦前も今もかわらんだけかな。
戦前は軍の「天皇崇拝」思想に染められ右向け右。
今はマスコミの流す「ブーム」に染められ斜め向け斜め。


335 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:19:25 ID:6soyo7ub
>>333
靖国に行くのが一番手っ取り早いよ。

みんな帰ってきてるはずだから。

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:21:15 ID:qlyjClRN
ただ、今後戦記物を作ると、この映画と必ず比較される。
この映画を超えるのは、不可能なんじゃないかな。

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:21:20 ID:6soyo7ub
>>334
国家神道と軍国拡張路線は必ずしも一致しないわけだが。

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:21:22 ID:f2zfubts
「祖国のためッ 最後の一兵になろうともこの島で敵を食い止めるのが責務である!
生きて再び祖国の土を踏めること無きものと覚悟せよ!!」

こう激を飛ばす栗林謙さんは鳥肌が立つくらいカッコ良かったけど
ぶっちゃけこんなこと言われたら俺だったら逃げるw
海を泳いで米艦隊のとこに行き、捕虜になるw
日本兵士達も内心は「栗林め、偉そうに・・・」と思ってただろうな。


339 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:22:36 ID:wiqtOCSt
>>334
全く的外れな意見だな。

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:25:32 ID:6qGR5ARL
最後のニノの隣居た怪我したアメ兵って繋がってる?

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:25:58 ID:M8cWHtV5
>>334
芸能関係のブームで済んでりゃいいけどな。

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:27:16 ID:mLAc5eZX
このスレの皆が激怒するようなニュースが…すごいタイミングだ…

【社会】 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発…宮司を強迫、
     韓国人を新役員に、社務所や鳥居を撤去
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166513505/l50

鳥居の撤去…凄いね彼らは。

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:27:32 ID:M8cWHtV5
>>338
「散るぞ悲しき」というノンフィクションの本が
あるんだけど、それを読んでどうやったら上手く
捕虜になれるかシミュレーションしてみー。
すっげ難しいから。

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:27:40 ID:VK5CZ2RG
>>339
的外れであって欲しいけどね。
でも「手紙」見て硫黄島を「観光したい」って言う連中見てると
どうももにょもにょしますよ。
観光かよ…って。すでに慰霊ですらないし。

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:29:11 ID:6soyo7ub
>>338
硫黄島の戦略的用途を考えれば、そんな考えは消し飛ぶだろうね。
現在のいかなる人間とも、状況が違いすぎるのが一番大きな要因だろうけど
B29の無差別爆撃で沢山の人が殺されている状況を考えれば、どこで死のうが
同じだし、第一、家族を始め祖国の為に、一分一秒でも長くこの島を守ろう
という気が、少なくとも俺には起きるな。君が逃げても俺は留まると思う。

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:29:38 ID:ZhfioVw2
>>338
今の若者は外国がせめてきたらまっさきに安全な国に逃げるっていうもんな

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:31:21 ID:qNRXz7K+
ヤフーレビューの「一意見として、クールな評価」って書き込み、
なかなか新鮮。
「当時の日本がなぜここまで犠牲を払って欧米諸国と戦わなければ
ならなかったのか」と言う内容。

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:31:33 ID:Q8OguQu1
『再び生まれるとしたら同じ国に生まれたいか 』

日本(また日本に生まれたい:89%)(そうは思わない:9% )
韓国(また韓国に生まれたい:24.5%)(そうは思わない:67.8% )
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79566&servcode=400
ttp://www.tv-asahi.co.jp/n-station/research/030223/shiawasekun.html

『戦争時、先頭に立って戦う』

日本41%
韓国10%
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=78839&servcode=400§code=400



349 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:32:16 ID:jzAvRm18
靖国で合おう

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:36:07 ID:ZhfioVw2
>>342
韓国人は馬鹿だでな

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:36:54 ID:M8cWHtV5
>>345
まあ、>>338は家族も親戚も恋人も友人も、
なーんにも持ってない人なのかもしれないし。


352 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:42:27 ID:/noukaiu
>>338
捕虜になれるかどうか怪しいもんだな。あとあの訓示を聞いて、当時の兵士たちの多くはそんな事は考えず、ただ真摯に重く受け止めていたと思うぞ。
なぜ素人の多かった部隊が栗林中将の下であれだけ奮戦できたのか、自分で調べて真剣に考えた方がいいね。

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:43:32 ID:M8cWHtV5
>>331
歴史ドキュメンタリー映画ならそうだろうけど、
私が言ってんのは戦争映画のこと。

淡々と事実のみを描いた映画がいいなら、
このイーストウッドの映画だって観ててきつか
ったろう。事実と違い脚色されたところが、
たくさんあったわけですし。

思想ベクトルが効いた映画が見たくないのは
こちらも同感です。うんざり。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:53:27 ID:s9nWwGsg
  ∧ ∧
 (*‘ω‘ *)  ちんぽっぽ
  (   )
   v v    
        ぼいんっ
    川
  ( (  ) )


355 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:55:10 ID:M8cWHtV5
ぽっぽ

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:56:38 ID:4Pp8bJ9o
>>340
過去スレで、イーストウッドが「あれはドクだと思ってもらって問題ない」
みたいなことを言ったと書かれていたんだが、真偽は不明。

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:57:31 ID:l0Wvt7sI
エキストラがたまたまドクに似てただけ

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 17:58:27 ID:GOteJhp6
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

>338はこれ読んでみればいい。

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:01:21 ID:t/N+N3Xx
映画の主張と思想ベクトルの話しとは全く別問題だね。
思想ベクトルがうっとうしく感じられる作品は映画として
稚拙だからなだけであって、主張のない映画が優れている
と言う論拠にはならない。
自分と違う思想の元に作られた映画でも優れた映画はいくら
でもあるしね。

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:08:13 ID:eVy2yjgS
思想云々を抜きにしたとして、正確さを追求するなら「亜細亜解放」の大儀
は入れるべきだと思う。

「八紘一宇」の国是は当時の常識であって、あの戦争がそれの延長線上だと考えられ
ていたことは分かりきってる訳だし。左翼的な人は「それは軍部のプロパガンダだ」
って思うかもしれないが、それがその通りだったのかそうじゃなかったのかが問題で
はなく、少なくとも当時の人がそれを信じていたということ、そしてそのことを正確
に描写することが重要。

歴史映画は思想的なものを一切排して事実を正確に描くべきだって主張なんでしょ?
だったらそうなる。

ちょっと前のヒトラーの映画はそこら辺、完璧だったね。さすが理論思考が超一流の
民族ドイツ人。

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:11:44 ID:6soyo7ub
>>353
戦争映画ならなおさらそうじゃないかな?
むしろ脚色のための細かいフィクションは、戦争状況のディディールアップというよりも
製作側の意図や思想が見え隠れして、辟易するものが多い。アクションメインの「戦争映画」
を撮るならまだしも、日本人が大東亜戦争の総括として撮る様な映画では、そんなヒューマニティ
は逆に映画を陳腐にさせるよ。

日本人が撮る大東亜戦争と、アメリカ人が撮る第二次世界大戦太平洋戦線では、全く意味が
違うので、この「硫黄島からの手紙」とでは全く比較にならないと思うけどね。

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:15:42 ID:6soyo7ub
あ、ごめん361=331

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:17:34 ID:57n6haEU
ヒゲが伸びないのがちょっと
気になったな

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:18:20 ID:F5kkx2kC
>347
ちょっと映画批評と言うより自分の思想がはいちゃってるけど同意する場面もある。
服装がどうの時代考証がどうの難くせつけてる批判とは一線を駕しているし
ああいうきっちりした批判はokだとおもう。

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:22:19 ID:qIiXkFlo
みんな、TVCMはすでに見ただろう
なんてひどいCMなんだろう
女どもが感想を述べているだけの、くだらないCM
あれじゃあ映画がかわいそう

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:27:12 ID:6soyo7ub
>>360
軍のプロパガンダで、完全なる真実は日本の侵略主義、と決定するには、今井均の様な人物が
邪魔になってくるしな。

鬼畜日本軍が非道の限りを尽くして町々を蹂躙していく映画も、それはそれで面白いと思うが、
「大東亜戦争を日本人が撮る」というなら、そういう映画にならざるを得ないんだと思うよ。
反戦や反省なんて言葉が浮かんできそうな映画なら、掃いて捨てるほどあった。そんなもの
今更作るまでもないし、そういう風潮でもない。実際「男達のYAMATO」がそうだった。
歴史に付けられたフィクションは所詮虚飾でしかない。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:33:20 ID:SgV63JpC
>>365
イーストウッドも兵士の霊も無言で受け止めると思うよ>CFの女どもの感想

CF見ててなんで嫌な気分になったり腹が立ったりすると思う?
自分のが知った気になっているからさ。

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:35:49 ID:SgV63JpC
>>363
硫黄島の実録フィルムで投降日本兵、ヒゲ生えてたの見たの?

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:40:58 ID:/noukaiu
>>366
今村均、ね。
角田房子の今村大将の伝記を10代に読んだ事があるが、素晴らしかった。
ジャワ島の軍政は現地民に配慮した寛大なものだったが統制が取れていて、大本営も渋々認めざるを得なかったんだよな。

興味がある人は読んでみてね。

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:41:04 ID:SI97x7Gj
大久保さんは西から兵士を預かってるのに死に急ぎすぎ。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:42:29 ID:HH+sE90M
>>368
結構髪も短かったし髭も生えてなかったように見えたけど、画素が荒いからかな?

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:44:28 ID:Yxkxb3rf
明日、アメリカで公開だな。

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:46:22 ID:CvKpEYvk
>>370
兵を預かって、自分が盾(相手の気をそらして)になって、栗林に合流させた
大久保さんが一番諸氏の先頭に立ってる

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:47:13 ID:bheWdMoa
『硫黄島からの手紙』独占インタビュー特番
それぞれ演じた役柄を独占インタビューや映像とともに解説。
キャストが見た「硫黄島」に迫ります。(番組時間:15分)

渡辺謙→二宮和也→伊原剛志→加瀬亮→中村獅童の順

放送予定は下記参照
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/news/tokuban_interview.html





375 :366:2006/12/19(火) 18:47:26 ID:6soyo7ub
おっと、失礼をば…。

あの頃の軍政に、今の日本も相当助けられていると思う。
まぁ、今村均だけじゃなかったけどね、仁将は。

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:49:04 ID:Nwf5VoRL
あまりにタンパク質が足りないと、髪も髭もたいして伸びなかったりするのかな。

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:50:34 ID:2ecG3Ubj
>>376
ドンパチしてない時に急いで切ってたのかも。

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:51:47 ID:9mdopKrl
髭を剃る、髪を刈るといった基本的な身だしなみだけは守り続けていたということじゃないかね。
何と言っても当時の日本兵はサムライの魂を持って戦いの場に臨んでいたのだから。

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:54:04 ID:/noukaiu
>>375
いやいや。
確かによい軍政を敷いた所では日本軍はある程度解放者扱いなんだよね。
オランダなんかかなり搾取していたというしな。

今村大将以外の仁将って例えば?

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:57:33 ID:bheWdMoa
スカパー!硫黄島関連番組一覧(放送日はリンク先のページ参照)

360ch Super! drama TV 「硫黄島からの手紙」スペシャル 〜栗林忠道中将を知っていますか?〜 30分
http://www.superdramatv.com/line/movie/ioushima.html

706ch ザ・シネマ
360chと同じ番組
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=1023
硫黄島の砂 115分
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=939

707ch 日本映画専門チャンネル
ドキュメント『硫黄島』
12月8日(金)深夜2時より3作品一挙放送
硫黄島 1973年 99分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107776_000.html
太平洋戦史 死闘 最后の決戦(OVドキュメンタリー) 1996年 74分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107777_000.html
太平洋戦史 硫黄島決戦 壮絶なる死闘・そして玉砕(OVドキュメンタリー) 1992年 44分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107778_000.html

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:06:20 ID:wlTLfawb
興行成績ランキング。
硫黄島からの手紙は、2週目も1位。
http://movie.goo.ne.jp/ranking/boxoffice/index.html

既出ならスマン。

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:09:54 ID:qlyjClRN
ヤフーの「クールな意見」面白かった。

白人によるアジア植民地化の動きに対し、抵抗し一矢報いて
アジアを守ったのが当時の日本であり戦争は必然だった。

それをやみくもに「立場に善悪はなく、戦争はよくない」とするクリントの映画は、
白人の侵略主義をごまかす役割を果たしていて、そういう映画を賞賛するのはいかがなものか、

という感じの内容。


俺が思うには、
クリントの映画は第1ステップだと思う。
クールな意見の立場は、第2ステップ。
戦争はいやだ、兵隊は悪、無抵抗お手上げが正義、みたいな究極の奴隷根性状態が第0ステップ。

物事には段階があるし、一気呵成にはいかない。
だからクリントの映画は、今の日本にベストタイミングだし、第二ステップの映画は、日本人が作ればいいと思う。



383 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:12:30 ID:OHTE/6yP
栗林中将が来たとき、海軍の少将?の言った
ありゃーやっかいもんだな
って台詞がいかにも昔の人って感じがしてよかった。
あと二ノ宮の口調が爆笑問題の太田に似てるかなーって感じた。
俺自身は関東ではない地方の田舎だから、実際は全然違う(二ノ=太田)のかもしれないけど。

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:16:24 ID:id07eE6e
>>360
たしかに、この映画はわざわざ靖国で会おうとか天皇陛下万歳とかの今の日本人には刺激的な台
詞を入れたくらいだから、八紘一宇や亜細亜解放なんて台詞もプロパガンダ的であったとしても、戦
争の背景の一つとして、描写されてもいいのに、完璧に隠蔽されてるね。
兵士たちの国や祖国の人々を守る心情はしっかり描写されてるのにね。
当時の一般兵の中には亜細亜開放を本気で信じてる人たちもいたし、インドネシアなんかの史実も
あるのにね。
ここに出てくる兵士たちにはその視点は一切ない。
二ノ宮なんて、そういう意識の欠片すら持ってないな、教育もされてなさそう。
星条旗では人種差別もテーマにしてたようだが、硫黄島ではそれはなかったことになっているな。
これを、汚いとか、ずるがしこいとかと見るかはともかく、イーストウッドはどう考えていたか気になるな。
まあ、現状、中国、朝鮮にあそこまで恨みを買ってる状態では、たとえ逆恨みでも、その辺の描写はさ
らに、難しかったのかもしれん。

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:16:48 ID:9BUVVmZ3
>>382
ギャハ!右翼すぎ!
どこの街宣車に乗ってる奴が書いたんだよwwププyププッピ
大東亜戦争万セーってか?ププギャハ

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:20:26 ID:id07eE6e
この硫黄島にも朝鮮人はいたしな。
それも、映画では描写されてないし。

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:20:31 ID:M8cWHtV5
>>360
戦前・中は「現実直視して妥協点さがせないのか?」の
声が言い出しづらい空気だったし、

戦後は「日本は過ちも犯したけど、やったこと全てが
悪いことじゃなかった」「俺らの死んでいったじっちゃん達は、
靖国を心のよりどころとした」なーんてことが言い辛い空気。

ほんとに日本って空気嫁民族w日本人のかつての美徳は
失われたかもしれないけど、悪いところは何も変わってない。

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:21:47 ID:x9NnZEkh
サントラ買ってきた
「硫黄島防備の歌」(サントラでは「硫黄島守備隊に捧げる歌」)
が綺麗なステレオ音声だったのにズッコけた
せめてラジオノイズを入れておけ

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:23:09 ID:dnxV45MX
「陸士上がりはあんなもんです」っていうセリフも当時実際に言ってそうな会話で良かったね
陸軍は大陸で自分が蒔いた種とはいえ、太平洋戦線では海軍に騙されっぱなしだな
最後の極東軍事裁判でも陸軍は貧乏くじを引かされたしな
国民の士気高揚の為の嘘は仕方無いかもしれんが、一緒に戦ってる陸軍には本当のこと教えろよって感じだな
ミッドウェーから台湾沖まで嘘の戦果をもとに作戦が実施されて敗北するという冗談みたいなことが
何度か行われてるしな

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:23:29 ID:M8cWHtV5
>>371
突撃前とかに、多分剃ってるんじゃないかな。
武士は死に際こそ美しく、みたいな感じで。

もちろんジャングルで生き延びた部隊とかは
ボーボーだったろうけど。

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:26:46 ID:mtaEd4S+
>>382
第一ステップが後世語り継がれて終了な悪寒w
世界的に上映するんでしょこの映画。
前のここは脚色だったんですっ!って言っても…どうかなぁ?

>>386
どうも掘削工人として送られたようだね。
日本人より捕虜率が高かったとか何とか。

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:27:40 ID:M8cWHtV5
>>382
大東亜戦争を「アジアを白人の手から解放する」
という良い側面からのみ見ると、そういうレビューも
勿論上がってくるだろうね。

イーストウッドは日本のために映画つくったわけ
じゃないからね。そういう視点を持つ映画こそ、
日本人が撮らなきゃならない。

防衛のための議論すら許さない風潮があるなかで、
いったい何時になったら撮れるんだか知らんが。

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:29:17 ID:t/N+N3Xx
>>382
アメリカの監督に期待するもんじゃないしな。それより第一ステップすら
撮れなかった日本の映画界を嘆くべきだねw

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:29:48 ID:M8cWHtV5
>>391
故郷の半島のためになら喜んで死ねるだろうけど、
東京のために死にたくはないだろうからなあ。兵士でも
ないだろうし。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:30:41 ID:M8cWHtV5
>>393
日本の言論は冷戦でストップしてるからね。情けなくて受ける。w

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:31:27 ID:Y9EbpTCZ
■ある医師の述懐 『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
フィリピン人「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■当時の中国人が描いた漫画 「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/40000/39250.jpg

■中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
(朝鮮人は)一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■仏紙Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著『ニッポンは誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080548/249-1372373-3521946

■古野直也著 『朝鮮軍司令部1904〜1945』(概略)
戦時中、3500人の朝鮮人が捕虜の監視をしていた。(おそらく軍属=民間人)
弱者に残虐性を発揮する民族性で、日本軍に隠れて捕虜の虐待を行なっていた。
http://konn.seesaa.net/image/book_akasen.jpg

■オーストラリア人 ケニス・ハリスン著 『あっぱれ日本兵』
彼ら(朝鮮人)は(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、
日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。 どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、
体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4425946316/503-8018966-9642352?v=glance&n=465392

■『ミャンマーの人々はビルマの竪琴をどう観たか』
ミャンマー人「日本人兵より朝鮮人兵の方がきつかった」
http://www.asahi-net.or.jp/~cr1h-ymnk/96-02-01.html


397 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:34:09 ID:mtaEd4S+
>>394
最終的に信じられるのは同族民だけってことに帰結すんなら、
世界平和って何よ?って話なんだよなぁw
こういうとナショナリズムだ人種差別だって喚き散らす輩が沸いて困るんだけど。
例外除いて真理だよね。

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:36:46 ID:t/N+N3Xx
>>395
どうもここで大東亜とか持ち出してくる人たちには違和感を感じるね。
イーストウッドはそんなことまで語る必要はないし、語るつもりも無い
だろう。それは日本人の主張なんだから日本人が撮ればいい。
ただ、映画として余程の物を撮らない限りトンデモ映画になるのは
間違いない。残念ながら今の日本の監督に撮れる奴が居るとは思え
ないw

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:39:50 ID:jhPJVolB
>>380
情報有難う。
早速、視聴の手配しますた。

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:40:35 ID:3rp+Hziy
日本が作ったら
栗林…寺尾  西…役所 といった配役じゃね?

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:42:27 ID:4FVUWH5f
寺尾じゃ威厳が感じられない

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:43:52 ID:t/N+N3Xx
>>400
寺尾かw それが有りなのが日本映画だもんなwww

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:43:52 ID:4FVUWH5f
まあクリントがつくったハリウッド映画だから世界公開もスムーズであって。

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:45:01 ID:mtaEd4S+
>>400
どっかの監督さんが好みそうな俳優さんたちだなw
ナベケン、伊原コンビの今回のイメージとは大きく変えることが出来そう。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:46:09 ID:t/N+N3Xx
>>404
当然テーマはさだまさしが歌うんだろうな・・・

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:47:27 ID:mtaEd4S+
>>405
そうなるとまさに人情ドラマだなw

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:49:03 ID:qlyjClRN
登場人物が、悲しい悲しいと、ワンワン泣いて、観客はドン引きか失笑。

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:49:24 ID:RU8rY7DT
凄くどうでもいいことだが、清水がムカデを踏み殺したとこ…ムカデは殺せるけど犬は殺せないの?犬が殺せなかったのは、同情だけ?
それとも清水は硫黄島来てから人が変わったの?あのシーンにも何かクリントのメッセージ性があった気がしてならない。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:50:34 ID:vGhAWcH8
>ムカデは殺せるけど犬は殺せないの?

比較になってない。

そりゃ虫も殺せぬ・・とか言うけどさ

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:50:35 ID:PWA/MxZ/
>>404
山田○次か?

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:50:46 ID:eVy2yjgS
まあそこら辺については否が応でも小林よしのりとか出てきそうだなwww

実際あの人が左翼一辺倒の世論を変えたとは思うし。あの人に諸手を挙げて賛同するのはナンダカナーとは思うが。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:51:23 ID:mLmdDYVv
>>408
ムカデは毒持ってるからってのもあるんでないか

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:53:23 ID:mtaEd4S+
>>410
山田洋○だ。
別に隠さんでも良いんだがw

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:53:29 ID:M8cWHtV5
>>408
ムカデと犬じゃ違うだろうwしかも犬んときは
飼い主と子供が見てるわけだし。

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:54:10 ID:wqHrMDyW
若い女性二人組み
「昔の日本って本当に北朝鮮みたいだったんだね。あの時代に生まれなくて良かったよ。」
「だよねー。獅童ヤバ過ぎだし。コントかよw」

あと、関係ないけど爺さんのいびきがうるさかったり着信音がなったり
で、興ざめ。マナーなってないやつ多すぎだ。


416 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:54:21 ID:Zuudzskm
>>408
おまいさんだってムカデは殺せても犬は殺せんだろう。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:56:26 ID:t/N+N3Xx
>>413
山田さんを馬鹿にしちゃあイカンw あの人は確かに左の人だけど
自分の撮れる物と撮れない物をきちんと分かってらっしゃる。
日本で数少ないプロの映画監督だよ。

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 19:58:54 ID:RU8rY7DT
まぁ言われてみればムカデは毒持ってるし、ムカデよりも犬の方が好きだけど…。なら何でクリントはあのムカデのシーンを出したのかな?別に無くてもよくない?考えすぎ?

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:01:42 ID:s0a3leHy
おすすめ2ちゃんねるの奴らが困ってるw

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:04:39 ID:3T511rfj
>>415
ネタうぜえよ、くそ朝鮮人。

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:04:42 ID:mtaEd4S+
>>417
まぁ左だわなw
あー、プロはプロだし馬鹿にもしませんよ。
家の両親も彼のシリーズもの好きだしね。

>>418
洞窟内だよというリアリティのため以外には…うーん?
犬を殺せず硫黄島へ送られたことからくる性格変貌の描写とかかね。
やらなきゃやられるみたいな狂気にとらわれたというか。
いや、考えすぎか。

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:06:21 ID:t/N+N3Xx
>>421
ああ、すまぬ。レスは>>410氏に付けるべきであったw

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:07:07 ID:RU8rY7DT
>>421
やっぱり考え過ぎなのかもしれない…スマソorz

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:07:39 ID:M8cWHtV5
奥にこんなの出てた。
http://www.uploda.org/uporg622683.jpg
http://www.vipper.org/vip404288.jpg
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up0426.jpg

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:08:10 ID:wqHrMDyW
>>420
おれ朝鮮国籍もってないけど・・・
何怒ってんの?

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:08:38 ID:p5cM741S
ロス在住の映画プロデューサーでアカデミー会員の友人が、オスカー
最優秀作品に推すといってきたぞ。
二宮の演技もべた褒めだった。ひょっとしたらひょっとするかも??

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:09:10 ID:M8cWHtV5
>>418
虫程度でおびえる都会育ちのお坊ちゃん、という演出だと思ったけど。
田舎育ちなら虫平気だろうけど、都会で暮らしてたら虫嫌いになる。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:10:20 ID:M8cWHtV5
>>426
にのみやノミはないと思うけど、作品賞ノミはあるかもな。

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:11:41 ID:Zuudzskm
>>427
百足は殺しとかんと危ないんじゃ?

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:12:08 ID:os4dpGO1
>>408
ムカデは野良だが、犬は飼い犬。(現代の日本でもよその飼い犬を勝手に殺すと犯罪)
ムカデは害虫だが、犬はペット。


431 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:13:01 ID:cEqF43k3
清水って元憲兵将校だったんだな。
兵だと思ってた。

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:13:56 ID:TL+oho98
>>427
初めての前線ってことがいいたかったのでは?
ずっと内地勤務=元憲兵隊ってことで。

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:16:37 ID:IPbP6aeJ
>>384
アメリカの人種問題ほど理解ができなかったからでは?
肌身に感じられなかったとか。
中途半端に理解したつもりになって、誤解されるような表現になるぐらいなら
描写しないのは正解だと思うよ。
それに書きたかったのは日本の奮戦振りとか、日本にとっての戦争の正当性とかではなかっただろうし。
それこそそういうことは、イーストウッドではなく日本人の監督がやるべきことだ。

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:17:59 ID:DcBaVTcW
いまんとこオスカー最有力はクイーンなんでしょ?
イギリス女王の苦悩の映画に、アメリカ人が作品賞あげるのもどうなのかね。
コンプ丸出しじゃね?
まあ日本軍人の映画に作品賞上げるのはもっと想像できないが。

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:19:18 ID:l0Wvt7sI
>>408 私も犬は殺さないけど、ムカデはたたきつぶすよ
当たり前に思うが…

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:21:03 ID:WPOTkRvb
硫黄島の時点で、亜細亜の解放もへったくりもないだろ。
本土だけは死守って、視点で十分。

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:21:16 ID:ppGrbOk3
ttp://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g47714602
これ出してるの日本人じゃないね・・・

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:21:55 ID:X5C+/Ije
>>408
自分もムカデを見たら清水と同じリアクションをする。
ムカデの怖さを知らない?

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:22:59 ID:EAlyUFj8
犬云々というのはまさか動物保護の観点からのものではあるまいな。
日本では古来、生類哀れみの令などそうした論争は行われ、昨今では欧米の動物保護団体による鯨云々の問題があるから。


440 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:25:03 ID:Zuudzskm
>>436
その時点でも、インドネシアとか現地の部隊ならアジア解放の意識もあるだろうけど、硫黄島の人たちはそれどころじゃなかっだろうね。

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:26:36 ID:os4dpGO1
>>439
動物愛護ってことじゃないと思うけど。
あの時代の飼い犬ってたいてい番犬だろうし
家の主人を徴兵で取られた女子供だけの家の、その弱い家族を守るべき番犬すら殺すのは忍びない
ってのはちょっとあるかもしれないけど
「動物愛護」ってのじゃないとは思う。


442 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:28:47 ID:RU8rY7DT
>>435>>438
ムカデが怖いのは俺でも分かるし、俺が清水でも当たり前の行動とる。ただ一つ思うのは、何でクリントはそんな当たり前のシーンを入れたかということ。
何か考え過ぎのような気がしてきたorz

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:30:15 ID:EAlyUFj8
しかしあの犬の一見はなにか自然ではない感じがした。
いくら憲兵でもむやみに犬を殺すようなことはなかったのではないのか。

そういう事実があったのかな。
いくら戦中の日本でも、市中においてむやみに拳銃で犬を射殺するようなことはなかったように思うが。
発砲するには相応の理由が必要だったと思う。

アメリカならそういうことはあったかもしれぬが。

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:30:53 ID:os4dpGO1
>>442
多分、>>427>>432の答えが正解じゃないかな。
都会育ち&実践知らずの理論と知識ばっかの元憲兵って感じのキャラを演出してたんじゃない?

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:32:10 ID:slJloi0S
>>408
日本兵の敵は米軍だけでなくムカデを含めた大自然との
闘いもあったということ。
そういったおちおち睡眠もしていられない環境を演出したと思われ。

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:33:05 ID:mtaEd4S+
>>436
戦争が起こったバックグラウンド描写か説明が欲しかったって言ってるんでは?
硫黄島戦は防戦に違いないけどさ。
米人には関係ないって言っても日本の歴史に関する映画だからねぇ。


447 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:33:45 ID:RU8rY7DT
>>444
そうだよな。ありがとorz

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:34:13 ID:Zuudzskm
>>443
そう、あの映画であそこだけがおかしい。
実際あったとしても、それは特例であって、さも常態であったかのように描くのは問題だ。

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:35:15 ID:EAlyUFj8
忠犬ハチ公の物語が称えられるように、日本では犬を大切にする風があった。

それにもかかわらず、犬を五月蝿いからといって市中にて射殺するようなことは、戦中にてもありえなんだと思う。
あれはいかにも不自然。日本は戦中とはいえ全体主義ではなく、法律もしっかりとあって、
市中においてむやみに発砲すればそれこそ大騒ぎになったはずだ。

クリントはあまりに日本を野蛮に描きすぎたな。あれはなにかこう、時代劇風にみえたが。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:35:45 ID:RU8rY7DT
>>445
そうだよな…そういう環境ってのを描写したかったんだろな。ありがとorz

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:38:10 ID:EAlyUFj8
戦中でも日本では私有財産制がしっかりと保持されていたはずだ。
にもかかわらず憲兵がいきなり入ってきて犬を射殺するか?

あれはひどいエピソードだよ。

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:38:11 ID:mtaEd4S+
>>449
そこはほれ、クリントの意図するところの一つなんだろ。
日本鬼子とか鬼軍曹とかさ。

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:38:47 ID:RU8rY7DT
>>449
クリントは生還者に会って直接話してることからも、時代背景とか調べてるはずだが…

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:39:41 ID:EAlyUFj8
第一、犬を射殺しなかったからといって、憲兵をくびになるなんて考えられぬ。
いかにも無理がある。
そしてあいつが島送りになった理由は結構ネックになっている。
と考えると、あの映画の構造はすごく意味不明になる。
むしろ、226事件に加担したために島送りになったとかにするほうが良かったのではないのかな。戦場のメリークリスマスみたいに。

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:42:48 ID:PxrQ5EqT
戦争はいつでも弱い立場の人たちから犠牲になる…。今現在も同じだ。

硫黄島からの手紙を観て、当時の日本は今の北朝鮮よりも酷い国だったことがよく表現されているとおもう。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:44:06 ID:EAlyUFj8
映画を見終わってよくよく検証すると、いかにも自然に見えた映画の節々にいかにも不自然な点が見えてくる。
熱狂が醒めるとそういうことがようやく分かってくる。

オリエンタリズムというか日本を野蛮視する眼がかいまみえる。
結局、あの映画ではアメリカ的なリベラリズムをもった人間がハッピーエンドを迎えるという筋書きである。
ハッピーエンドで分かりやすい筋書きはハリウッドの重要な映画文法だが、よくよくみるとアメリカ的な視点の映画だなと
思う。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:44:32 ID:RU8rY7DT
ムカデと犬の件だが、西が最後に言った『正しいと思う道が正義だ』と関係してんのかな?
清水としては、むやみやたらに犬を殺すことは正義に反していたが、毒を持っていたムカデを殺すのは正義だ…とか。
うわっ…何かますますわからねーorz

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:44:49 ID:3vvAgMYG
今日はコイツかID:EAlyUFj8

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:45:42 ID:Zuudzskm
>>454
実は不祥事の口封じで、知らぬは清水ばかりなり、という状況だったと考えるのが流れとしては自然なのだが。

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:46:25 ID:os4dpGO1
>>457
たぶん、あんたはいろいろ緻密に考えすぎて
森を見失うタイプなんだな。

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:46:40 ID:WPOTkRvb
>>446
アメリカ人に日本の大義を描いてもらいたい、ってのは、甘えが過ぎんじゃないのかね。
向こうには、向こうのいい分もあるだろうし(日本の歴史と言っても、世界の歴史でもあるから)。
「国を思う気持ちに、日本も米国もない」で十分だろ。
大東亜戦争の正当性を描くのは、全然別種のことだと思うよ。

462 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:47:02 ID:PxrQ5EqT
憲兵が飼い犬を射殺した、一方的に女子供に暴力をふるう事なんて
当時の日本では日常茶飯事だった。

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:48:15 ID:hHHU1UL+
BLEACHの方が感動したし質も高いと感じたな
アニメだろ?という先入観を取り除いて
公平な目で見てみれば。

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:48:25 ID:RU8rY7DT
>>460
だよねwちょっと改めるわw

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:49:17 ID:Zuudzskm
そもそもクリントは「アメリカの大義」だって描いてないしw

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:50:03 ID:mtaEd4S+
>>461
じゃ、この映画アメリカ上映だけで終了してほしいもんだね。
メディアの影響力ってわかる?わかんない?
甘いって何だよw
アメリカ製だから批判できないんならBSE牛たらふく食ってみろっての。


467 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:51:00 ID:gsS1nXb+
>>461
そういうこったな。日本の正当は日本人が言うべきであって他者に依存してはいけない。

ただ、この映画が画期的なのは、両面からの視点で戦争を描き、少なくとも『中立』を心掛けた点かと。


468 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:51:45 ID:PxrQ5EqT
この作品は、日本人が永遠に創れない作品だとおもう。
自分の視点で描いても、言い訳や偽善にしか見えないからだ。

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:55:33 ID:mD5NuobP
みんなアメリカ大好きなんだな。
祖父達の話は聞かないけど、アメリカ人の話は素直に聞く。
もし、日本人がまったく同じ映画を作っても、
ここまで評価されないんじゃないかと思う。

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:56:00 ID:wqHrMDyW
>>456
でも正直、海外留学して見聞広めてかつ合理的思考のできる栗林や
西中佐のような人物が疎まれてる時点で当時の日本終わってる。




471 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:56:47 ID:Zuudzskm
>>469
しや、映画として優れていれば評価されるよ。

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:57:00 ID:RU8rY7DT
あっ…あとさ、栗林中将が最後に総攻撃する際にも友達のアメリカ人からもらった拳銃には手すら触れなかったね。何ていうか、分かっちゃいるけど本音は、やはりアメリカと戦いたくなかったんだな。って思った。
実際も最後自決するまであの拳銃使わなかったのかな?

473 :471:2006/12/19(火) 20:58:15 ID:Zuudzskm
×しや
○いや

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:59:08 ID:mtaEd4S+
>>472
「アメリカを知るものはアメリカには弓を引かない」

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 20:59:38 ID:uWNRfgeJ
>>469
まぁ日本人がやると彼らがだまってないから。

【社会】 「卒業式で韓国旗掲揚」「学校で反日・反天皇教育のパネル展」
…日教組・全教による教育現場
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165162152/

【国内】日教組・全教が支配する学校の卒業式で「韓国旗」が掲揚された事例も
・・・教育現場での実態報告
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164990995/l50

【国内】日本の団体・市民の談話−政府の行動は犯罪行為
日教組らとの努力をさらに強める 日朝友好!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165827209/
>日本教職員組合、在日本朝鮮人教職員同盟との提携を基礎にして、各県教職員組合、
>高教組、各地の研究会が結集して、日朝教育交流、日朝友好連帯運動、民族学校支援運動
>などに取り組んできた日本朝鮮学術教育交流協会は


170 名前:        メール: 投稿日:2006/09/24(日) 12:14:57 ID:pmYediIM0
愛国心教育に激しく反対している日教組が、実は「あの国」と
大変親密、友好的で賞賛しているのはなぜなんでしょう?

日教組幹部北朝鮮礼賛集
ttp://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/n-korea.html
北朝鮮から「親善友好勲章第一級」を貰って喜ぶ
日教組のドン 槙枝基文元委員長
ttp://tgm1.pta-koho.jp/hyousi/kizi/k501211a.html


476 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:01:28 ID:pAiALhkA
>>471
だが確実に正当化どうこう言ってる奴らに総攻撃されるわな

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:02:03 ID:uWNRfgeJ
583 名前:_ メール: 投稿日:2006/09/22(金) 09:54:41 ID:fjw3xSh80

日教組の実態
ttp://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/column/shuukannkoramu/75.htm
元教師が語る日教組の実態

彼女の話によると神奈川県の日教組では在日北朝鮮系教師たちの勢力が拡大しているという。
彼らは金日成のバッヂを持ち歩き、誇らしげに見せつけていた。
彼らは教師に相応しからぬ汚い言葉で相手をののしり、
ある時は優しく振る舞いながら教師や思春期の子供たちをマインドコントロールしている。
こうした手口で簡単にハマるケースが多々見受けられるという。

学内では梅毒・エイズ・淋病などの性病、薬物、暴力は日常のことだ。
さらに横浜114校の先生方に原因不明の死亡が相次いでいるといい、
こうした環境を誰かが作ろうとしているのは明白だと言う。

神奈川県教師のうち、日教組の組合員は90%(全国平均は30%)を占める。
N女史によると神奈川県では北朝鮮系在日教師が日教組を事実上支配し、
在日の北系教師が年々増えているのは確かだという。

朴甲東氏(金日成時代の元幹部)によると、
毎年北系の若い在日が万景峰号で北朝鮮に送り込まれ、徹底した反日教育を受けているという。
洗脳された若い在日が北系のコネで年々教師に採用され、
日本の一部勢力は将来巨大な反日勢力になると指摘した。

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:04:08 ID:Zuudzskm
>>476
この映画はそういう内容ではないだろ。

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:08:58 ID:ZhfioVw2
>>475
台北の天皇誕生日祝賀会、李登輝・前総統が初出席
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061219i313.htm?from=main3

台湾人がここまでしてくれるというのに反日日本人ときたら・・・だね

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:09:21 ID:9qlz/Y6b
>>454
犬を殺さなかったことがクビの理由ではなくて、
上官の命令に従わなかった(しかも始末したと偽装工作して嘘をついた)からでしょ。

今の警察ですら事件でっちあげたりするんだから、
当時の憲兵がああいう個人感情で好き勝手やってたとしてもおかしくないんじゃない?

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:09:53 ID:iaO9vu28
>>315
 君、暇だからと言ってデマを流してはいけない。君は1940年代の映画など
見たことはないだろう、書いてある事でわかるよ。
>戦中「武勲を立てるのが幸福」
 こういう直接の台詞・表現はない。
>「戦友が散っても悲しみは表に出さず、戦果でもって友を悼むのが男」
 戦死者の遺骨を胸に抱くシーンはよく見るが、戦果で返そうという表現はない
 戦闘が終わって全てが終わった晴れ晴れとしたシーンに遺骨が配置されてる程度
>戦後「戦争の悲惨さを知り平和を希求する主人公」
 そんな映画はない、戦闘場面の60年代の映画では平和など口にしないで決死の覚悟で戦う
>「捕虜となった米兵と仲良くなった主役の日本兵は、平和の尊さと大本営の醜さを思い知り、怒りを燃やすのであった」
 捕虜になり米兵と仲良くなるという話は映画で見た事がない。ウソ。
・・・ウソばかり書いてはいけません。

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:13:02 ID:wvyECFQV
つーか、犬を出したのはアメリカとの比較の為じゃん。
アメリカでは自由に犬は庭駆け回り猫はこたつで丸くなる。

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:15:01 ID:9mdopKrl
>>472
前スレで指摘した者だが、自殺の直前に取り出しておもむろに遊底を引いている。
つまりあの時点まで薬室に弾丸すら込めていなかった。


484 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:15:27 ID:9qlz/Y6b
>>469
>>祖父達の話は聞かないけど
祖父からは子供の頃にちらっとだけ聞いたことあるが(母方は満州の飛行場勤務、父方は病気かなにかで予備役だった)、
戦争の暗部みたいのは祖母も含めてほとんど耳にしなかった。
話すと思い出すから嫌だったのかもしれんし。
まぁ父親からは町に米軍機の機銃掃射された時(目の前だったのかはわからん。オヤジも5歳くらいなんで)の
話しか聞いてないな。

自ら体験した人っていうのは、あんまり好き好んで悲惨な戦争体験を孫とかに話さないんじゃないか?

そういう風に単純化して見る必要ないんじゃね?

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:16:47 ID:Zuudzskm
>>480
> 今の警察ですら事件でっちあげたりするんだから、
> 当時の憲兵がああいう個人感情で好き勝手やってたとしてもおかしくないんじゃない?

いやだから街中でやたらと発砲するのはまた別次元なわけで。

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:16:54 ID:SjUo/nN/
>>338
相手がキタでも?
捕虜になる?

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:20:36 ID:mtaEd4S+
>>482
猫はこたつでw

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:20:49 ID:jBs2VplS
私は今、33才。映画2本見て、呆然。

硫黄島について教えない日本の歴史教育は、犯罪的とすら思えてきた。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:24:30 ID:t/N+N3Xx
>>484
敗戦でいきなり昨日までの価値観ひっくり返された人たちだからね。
自ら話そうとはしない人たちが殆どだよな。当たり前のことだよ。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:25:22 ID:Z4hcr4Sd
今日観てきたけど、傑作とは思えなかった。
既知のことばかりだったし、バロン西はカッコ良すぎたし
本当に馬を持ち込んだのか? 困ったちゃんになっちゃうぜ?
しかしなぜペリリューみたいに現役兵を投入しなかったのかなぁ…
まあ、その予備兵の寄せ集めで戦ったのだから凄いのだけれども。

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:26:19 ID:tmhjL+sy
中学の頃の教科書が出てきたから読んで見たら第二次大戦4ページでフイタw

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:27:04 ID:mD5NuobP
>>484
日本人には絶対撮れない、的な発言があまりに多かったから。

体験談だけではなく、その気があればいくらでも戦争について
知ることはできるはず。
硫黄島の事をアメリカ人に教えてもらう、って悲しい。

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:29:59 ID:F7qD1/93
自決シーンはきつかったな。
多分俺があそこにいたら心折れて手榴弾使うと思う。

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:34:10 ID:FGj4sMkh
No room for sentiment
Actor Ken Watanabe relishes the realism of "Letters from Iwo Jima"
By Burl Burlingame
bburlingame@starbulletin.com
http://starbulletin.com/2006/12/19/features/story01.html
Honolulu

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:35:26 ID:mtaEd4S+
>>490
あんなとこに馬連れてっても馬刺しになるのがオチだわな。
バロン西は大会出場の回想シーンで良かったのにねぇ。
視覚的なわかりやすさのために矛盾を通した結果がその疑問だわね。

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:35:27 ID:lL0iCAGs
>>480 難しいところ。大半の憲兵はあんなことはしないから良いおこないか普通の憲兵も
描写するべきだがこの映画ではそこまでは難しい。

警察の映画を六十年後に作ったとして捜査に協力しなかった家族の
犬を撃ち殺して観客が昔の警察は不祥事があったから、こんなことがおきていたのかと勘違いするのに
近いことを現在の観客に思わせてしまう。

497 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:37:04 ID:uKy2Txku
>>490>>495

馬がいたのは史実。
確かにバロン西はかっこよすぎだが、現実にはこういう人。
映画の描かれ方は、派手すぎるエピソードを全部削った後の姿だ。



740 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2006/12/14(木) 00:19:15 ID:WOmiw3Za
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html

http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html

http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html


バロン西がかっこ良すぎたから、いくらなんでも演出しすぎだろと
思ってたら、実物は映画の比じゃなかった。
こんな漫画みたいな人間実在していいのかよ。空いた口がふさがらん……。

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:38:07 ID:V4VavkkN
>>492
日本人には絶対撮れないってのは心情的なものじゃなくて、
監督の能力やテクニックの事だと俺は思う。

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:38:08 ID:5YGe0VnJ
>>490
実際に馬を連れて行って、障害物を飛び越えるなどして兵士を楽しませていたそうだよ。
実際の西の部隊は敵の戦車を爆雷で破壊してはその搭載砲を奪い、
それでさらに敵戦車を撃破したり映画以上のことをしている。

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:38:11 ID:wvyECFQV
でもおいら、西郷らが馬に乗っているバロンを見て喜んでるシーン好きだお。

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:39:53 ID:FXOcdPzu
本当は、硫黄島にはムカデはいないらしいね。
蛇もトカゲもいないらしい。

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:40:52 ID:Z4hcr4Sd
>>499
知っているよ、でも西と栗林のアメリカ生活の描写が…
この二人だけ特別な存在みたいだからな
他は余りに惨めじゃないか

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:42:13 ID:Zuudzskm
>>502
大久保は?

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:42:48 ID:pqEDUh2a
西は伯爵じゃないか

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:44:07 ID:pqEDUh2a
ごめん男爵

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:44:22 ID:o/g6yr9q
大久保こそ真の軍人。

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:44:23 ID:Z4hcr4Sd
大空のサムライで硫黄島から守備隊をおいてけぼりにして帰る描写があるけれども
習志野に帰ったら直ぐに水道の水をがぶ飲みするんだ…どんな島なんだよな…

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:44:32 ID:AuORj/Ty
>>504
男爵じゃないの?

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:44:44 ID:ouJmwUoH
>>501
ミミズはどうだろ

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:46:03 ID:EAlyUFj8
西の馬は、西の死の6日後に老衰で死んだらしいね。


511 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:46:08 ID:FGj4sMkh
Box office stars come out for Christmas
New movies from Eastwood, Stiller and Stallone open Wednesday
http://www.rctimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20061219/ENTERTAINMENT04/612190307/1005/MTCN0303
Tennessean News Services

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:46:57 ID:aJLJaCKy
2回ほどレスして映画の描写についての感想でおしかりを受けたが
変な上官がたえず兵士に意味なく命令するシーンがあり現実とかけ離れていて
3流映画になってしまっっている。クリント映画を賛美してるやつって。
そしてカメラマンは普通だった

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:47:07 ID:l0Wvt7sI
(゚Д゚)ウマー ジュピター ウラヌス

514 :UNKO:2006/12/19(火) 21:47:24 ID:ze5rPUxH
おお、ダグラス・フェアバンクスと一緒に写ってる写真まである

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:48:38 ID:FGj4sMkh
西竹一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:48:44 ID:mtaEd4S+
ウィキではウラヌスは、
引退後は馬事公苑にて余生を送っていたが、硫黄島の戦いで西が戦死すると、後を追うように病死した
とあるんだが、硫黄島にいたってソースある人見せてくれるとありがたいね。

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:50:12 ID:FXOcdPzu
>>509
どうでしょう。
地面が熱く変温動物には非常に厳しい環境のようです。

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:50:14 ID:Zuudzskm
>>516
ウラヌスを連れてったなんて誰も言ってないんだが。

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:51:19 ID:t/N+N3Xx
>>492
絶対に撮れないと言うことはないが、非常に困難を極めるだろうな。
なぜなら日本は敗戦国だからだ。敗けると言うことはそう言うこと。
上の方にドイツが撮った事実だけを淡々と撮った映画を賞賛するレスが
あったがそれが敗戦国の描く戦争の限界を図らずも語っている。
残念ながら敗戦国には「映画」という物を「ある狭い箱」のなかに押し込め
ざるを得ない現実がある。勿論映画を撮る能力が無いことには話しにすら
ならないがね。

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:51:25 ID:mtaEd4S+
>>518
おまえは何を言っているんだ?

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:51:28 ID:WAX2yrnC
http://www.eiga.com/ranking/061219.shtml


硫黄島V2達成!!



522 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:51:29 ID:1xEXYtwI
>>516
硫黄島にいたのは父島から持ってきたジュピター
映画見た?

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:51:33 ID:pqEDUh2a
乗馬板にバロン西スレがあったんだなあ。
身内というか知り合いの人まで書き込んでた。

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:52:14 ID:o/g6yr9q
>>520
心配するな、君ほどじゃない。

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:52:34 ID:Z4hcr4Sd
しかしスリバチ山の星条旗を二回くらい日章旗に変えたエピソードは
どうしてなかったんだろう、嘘だったのかなぁ…

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:53:46 ID:F5kkx2kC
ドキュメンタリー映画じゃないからだろ

細かく全部史実通りって映画じゃないし

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:54:13 ID:Ie3dfGSk
ムカデはいるっぽいよ。過去ログより。

217 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/12(火) 18:24:03 ISnKfVmx
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1119669089/
このスレでも実際に硫黄島に行った人が
でっかいムカデがいて刺すって書いてる

219 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/12(火) 18:26:24 ISnKfVmx
硫黄島関連資料
ムカデ標本等
http://www.city.suwa.nagano.jp/scm/kikaku/war2000/iou_tou.htm


馬はネット上のソースはなし。

925 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/14(木) 02:13:05 CeKK588C
>>906
実際に連れてきてた。
てか、栗林中将に送られたものをバロン西が乗ってた。
栗林中将も騎兵隊だったので、ご機嫌取りに送られた。
が、気が荒く乗りこなせなくて、それを西が譲り受けた。

ネット上のソースではないけど、スカパーのドキュメンタリーで見た。

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:54:43 ID:AuORj/Ty
>>525
みなさんご希望のエピソードを全部入れたら尺が足りないでしょう。

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:55:07 ID:mtaEd4S+
ジュピターだったのか…どうりで出てこんわけだ。失礼した orz

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:56:15 ID:Z4hcr4Sd
スリバチ山の陣地が占領されて意気消沈するんだが
朝、日が昇ると頂上には日の丸が翩翻と翻っているんだ
感動する用意は出来ていたんだがなぁ…んなシーンはなかったな

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:56:37 ID:R8udaRNm
>>519
そうだろうね。もしこの映画の監督が日本人だったなら少なからず批判はあっただろうな

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:57:12 ID:t/N+N3Xx
>>526
イーストウッドは映画を「感動」を与える物と言いきる男だからな。
「感動」という言葉をもっとも適切に理解している数少ない映画監督
として後世まで記憶にとどめられるべきだと思うよ。

533 :UNKO:2006/12/19(火) 21:57:15 ID:ze5rPUxH
>>520
映画で馬のことをジュピターと呼んでいたのに気づかなかったの?

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:57:57 ID:l0Wvt7sI
>>515なんでウラヌスのタテガミがアメリカで発見されるんだぉ(>ε<)ドロボウメリケン

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:59:06 ID:9mdopKrl
>>530
そのエピソードはアメリカではほとんど知られていないからでしょう。
つーかあの星条旗がヤラセだったという事実を描いただけでも
一般のアメリカ人にとっては十分に衝撃だったのだから。

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:59:18 ID:IPbP6aeJ
この映画が日本で撮れないのは、CG等の撮影技術もだが、
「天皇陛下万歳!」や「靖国で会おう!」などのせりふに
必要以上に意味を見出し(ただの事実の表現に過ぎないのに)、
自分の思想信条を投影してしまう奴や、
あるいは日本を美化しすぎだ!とファビョル奴が横からわぁわぁ言って来るからだろう。
このスレにいる一部の奴のように。
クリントイーストウッド、そして日本の俳優陣がそういった横槍を受けず、
事実を極力盛り込み、2時間強の尺の中で表現したいことを
極力盛り込んだらこうなったんだな。
天皇がどうとか、靖国がどうとか、硫黄島の環境がどうとかやってたら、
何描きたいのかピントがぼやけるし、おわんねぇよ。
日本の正当性が十分描かれていない、事実が十分盛り込まれていない、
って鼻息を荒くしてる奴が、見たいのはあれだろ、
ソ連が作った「祖国の解放」だっけ?延々と戦争の映像を垂れ流す奴。
ああいうのが欲しいんだろ?そんなの誰が見るかよw
俺は軍オタだから見たいけどな。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:59:24 ID:mtaEd4S+
>>533
馬の名前には別段拘り無く見てきたからな。

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:59:44 ID:R8udaRNm
>>530
そのシーンを入れると気分が高揚してしまうだろ。ヨッシャー!てな感じで

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:59:55 ID:FXOcdPzu
>>527
おっ、ムカデはいましたか。
失礼をば。

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:03:02 ID:Z4hcr4Sd
でもスリバチ山の旗奪還戦は有名なエピソードだろう?
昼にアメリカ軍が星条旗を立てると朝、日の丸に変わっているんだ
激戦を物語るエピソードじゃないのか?
その旗のためだけに大勢が死んでるのになぁ…

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:03:56 ID:tEpMFJom
なんていうか
こういう映画をアメリカに撮られちゃったことって
ある意味二重の敗戦だよな

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:03:59 ID:bpZBBD9u
まだ観てないけど
酒井三郎とか出るの?

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:04:38 ID:EAlyUFj8
>>540
旗を奪還する場面は描かれなかったにせよ、旗を立てたところで日本兵が攻撃する場面が写った。
あれはその奪還を示唆するが、奪還の場面を描いたら例の有名写真の意味が薄れてしまう。

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:04:58 ID:Zuudzskm
>>540
視点が分散するのは映画としては致命的だからな。

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:05:02 ID:ouJmwUoH
>>540
あったらより良かったシーンかもな。
互いの意地とか魂みたいなものの張り合いを象徴するエピソードだ。
特別編とかで追加…はないか。

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:05:18 ID:Z4hcr4Sd
あのな、大空のサムライは洞窟にはいないんだよ、ぼけ

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:06:34 ID:R8udaRNm
>>540
星条旗でもそうだけどこの映画は極力、軍の活躍は描かないようにしてるんじゃない?
そのシーンじゃあんまり悲惨さは伝わらないと思うけど

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:07:00 ID:o/g6yr9q
>>545
お互いの意地とか魂とかを完璧に否定した映画だと思うが・・・

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:08:30 ID:EQ/wl0NT
勇ましいエピソードとかは
両映画で意図的に排除されてる

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:08:55 ID:MFjXvbEf
>>501そうなんです。ですが、サソリがいますよ。サソリモドキだったかも。
みんな、なんだかんだ言って映画見ているようですが、やっぱりハリウッド
映画だし、敵さんが作った映画です。日本人の感性に合うわけがない。
それはラストサムライにも通じることですよね。勝手なイメージ先行の。
しかし、ディズニーの作った「パールハーバー」に比べれば皆さん納得でき
る部分多くないですか?
私は、硫黄島の実際の戦闘は淡々と殺し合いが行われたのではないかと思っ
ています。守備隊に生還の希望はなく、本土を守る、ただその一点でできる
限りのことを、平時でさえ生存が困難な孤島の苛酷な環境で骨と皮だけにな
って敵を迎え撃った彼らに、様々なことを考える余裕はなかった、そう思い
ます。と同時に、そこまで追い詰められていながら最後の瞬間まで戦い抜い
た彼らに、全世界の注目を集めてくれたこの映画に感謝です。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:08:56 ID:QT3JEKsg
これほど戦争が虚しいってのを感じさせられた映画は初めて。これを日本人が作ったんじゃないってのは悲しいな。

映画館では、横の方に成金っぽいオッサンがフィリピンっぽい女を連れて、ずっとうんちくたれてたがうるさくてイライラした(´・ω・`)
女がフィリピン女ってのが何故か知らんが余計にイライラした

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:09:08 ID:EAlyUFj8
父親たちの〜で、星条旗を立てたとき、日本兵が何人か攻撃したけど、全員射殺されて哀れだった。
旗を奪還しようとした人はいたにせよ、ほぼ制圧されて散発的なものに留まったのだろう。
あえて奪還を描く必要はない。わずかな挿話にすぎない。
旗を奪還したとて、すでに米軍にほぼ完全に制圧されているわけだから。

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:10:03 ID:Ie3dfGSk
旗取り合戦、実際に映像化すると
悲壮さと滑稽さがあいまって岡本喜八になるとおも。

554 :UNKO:2006/12/19(火) 22:10:36 ID:ze5rPUxH
メアリーピックフォードとダグラスフェアバンクスと友達っていうのがすごいなぁ
二人の親友のチャップリンとは接点は無かったのかな

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:11:44 ID:083ZpqTu
中村シドウの役って他人厳しく自分に甘い奴だな
本当に戦車の下にもぐりこむ気あったんだろうか?




556 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:12:09 ID:ZQVWRq6a
>541
別にいいんじゃね
原爆映画も作れない民族だし
昔から思索なんてしなかった民族だからな
しかし恐ろしい美的感覚と繊細さはあるがな

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:12:27 ID:k7vUqFQt
サンディエゴ映画批評家協会賞
The San Diego Film Critics Society Awards
◆作品賞
★硫黄島からの手紙
(クリント・イーストウッド監督)
◆監督賞
★クリント・イーストウッド
(硫黄島からの手紙)

◆主演男優賞
★高倉健
(単騎、千里を走る。)w

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:12:32 ID:9mdopKrl
アメリカ人にとってあの写真は今でも海兵隊のシンボル。
その旗が実は一晩だけしかあの場所に立っていなかったという事実は
いくら史実でも描きたくはなかったのジャマイカ。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:14:01 ID:EAlyUFj8
悲惨すぎるものは自国民には作れないってのはあるな。
カンボジアの内戦を描いたキリングフィールドなんて、カンボジア人には絶対に悲しすぎて作れないだろう。

日本で原爆とか沖縄戦の映画なんて作れない。作ったとしても見ることができない。と思う。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:14:19 ID:CvKpEYvk
ミリオンダラーでの尊厳死と硫黄島での自決はクリントにとって通じるものがあるんだろうか

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:14:26 ID:R8udaRNm
>>555
絶対とは言えないけどあったと思うよ。
プライド高い奴は現代にもいるしね

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:14:29 ID:mtaEd4S+
>>558
そんな理由もあるかもな。
とった陣地を取り返されるってのは相手の強さの描写だし。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:16:11 ID:aJLJaCKy
>>555
戦果が得られずに悔しがっている演技だったね
演技力にはすごいものがある

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:17:25 ID:SjUo/nN/
>>541
まだ戦争はおわってないんじゃないか?

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:17:54 ID:9mdopKrl
>>562
星条旗を引き摺り下ろされるってのは、たぶんアメリカ人にとって耐え難い苦痛なんだよ。
国歌の歌詞を否定することにも繋がるからね。

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:17:57 ID:CvKpEYvk
>>555
擂鉢山奪還のため夜襲したときに、アメリカの応戦にあって、退却しようというときに、
伊藤が率先して部下を守って、退却させてるように見えた。
上の命令に背いて勝手な行動して、自業自得ではあるけど、責任感あるよ、実は

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:18:54 ID:Z4hcr4Sd
しかし洞窟で惨めな戦いをしていて、ある朝見上げると
スリバチ山のてっぺんに日の丸がはためいていたら
泣けるがなぁ…

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:18:57 ID:FGj4sMkh
129 名前:白馬に乗った名無し様[] 投稿日:2006/04/02(日) 17:44:09 ID:U+e+b1AS
西竹一が主人公のTVドラマは既に過去3本制作されていた

平幹二朗 『永遠の金メダル』(S35)
鶴田浩二 『東芝日曜劇場 栄光の旗』(S40)
現・松本幸四郎『愛した翔んだそして散った』(S55)

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:19:31 ID:R8udaRNm
>>559
原爆の映画はたぶんずっと撮られることはないだろうね。
いまさらほじくり返す必要もないし、だから南京の映画は見ない

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:19:39 ID:ze5rPUxH
星条旗では暗闇から覗く機関銃が突然火を噴いて意表を突かれる米兵、
米兵が応戦しても全くひるむことなく平然と暗闇から打ち返してくる日本兵が描写されてたけど、
今作ではそこの日本側からの視点が描写されててる。
「おい!早く弾をよこせ!」
「くそ、弾がない!」
「あああ、く、来るぞ!」
「うおおおお!!」
みたいにあたふたしながら必死で拳銃で応戦する日本兵達。
今までのハリウッド映画にはこんな日本兵はいなかった。

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:20:09 ID:pqEDUh2a
だいぶ前、知ってるつもりでもバロン西をやっていたのを覚えてる

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:20:13 ID:Ie3dfGSk
原爆映画って「はだしのゲン」や「黒い雨」、
「父と暮らせば」なんかは入らないの?
他にも色々観た記憶のある広島県民。

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:20:25 ID:EAlyUFj8
竹一って、太宰治の人間失格に出てくる「ワザ、ワザ」っていった人も竹一という名前だったな。

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:21:10 ID:o/g6yr9q
火炎放射器を打ち抜かれて火だるまになる米兵とか結構居たらしいけど映画内では居なかったね。

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:21:36 ID:R8udaRNm
>>567
いやぁ、同じ泣けるにしても映画の趣旨と真逆だよそれは

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:22:42 ID:EAlyUFj8
実質、山が制圧されているのに旗だけ替わってても虚しいだけだろ。旗はただの象徴にすぎない。

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:22:59 ID:mtaEd4S+
>>565
日本の監督は何の忌憚も無くやっちゃいそうなことなんだが、
米国てのは色々違うんだろうね。

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:23:10 ID:MXOO5NBB
めっさ先の話だけど
●バロン西(仮題)
「戦争が終わったら、また、オリンピックがあるかな・・・」
戦前、騎兵中尉時代に“バロン西”の呼び名で世界に広く知られた西竹一の華麗かつ壮絶な人生!
平和の象徴であるオリンピックと戦争で散った命を軸に西竹一の生涯を描く。

2008年全国拡大ロードショー

キャスト ?
スタッフ 監督:竹山 洋
製作国:日本/製作:角川ヘラルド映画
原作:城山三郎「昭和の戦争文学 第一巻 硫黄島に死す」(角川書店刊)



579 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:23:46 ID:ouJmwUoH
>>566
シドー「どこの部隊だ?誰が攻撃命令を出している?」
兵士「それが、自分も良く分からないのであります」
シドー「…退け!退け!」

混乱した状況で、部下を無駄死にさせなかったのは評価できるな

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:24:01 ID:Z4hcr4Sd
その象徴の日の丸のために命を捧げた兵士が何人もいたんだよ。

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:25:10 ID:9qlz/Y6b
>>492
心情的な面でも今の日本には作れないだろうな
それは日本のヒステリックな平和主義でもわかるだろ?
ここ数年で、いくらか(あくまで左に振れすぎてた針が若干中央に寄った程度)
先の戦争について向き合う空気は出てきてるが。

技術的な面ではもう、何もいうことはないだろう?
YAMATOと硫黄島の技術・演出技術の差は歴然としてる。

昨日の深夜の硫黄島特番でも普通に「天皇陛下万歳!」の謙さんのシーン出てたけど、
やっぱあくまで「ハリウッド映画」だからっていうのはあるんじゃないか?
あれを日本映画でやって、TVでまで流したら
そらもう大変なことになってただろ。

表だって左派の人や中国、韓国から抗議みたいなのがないというのも
イーストウッドの映画だからっていうのが大きいと思う。

自国で作れないっていうのは恥ずかしいけどな。
理想は日米合作だったな

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:28:33 ID:9mdopKrl
>>570
制圧後の擂鉢山に響く謎の爆発音。
洞窟に残された自決した日本兵の遺体を見て戦慄する主人公。
前作では到底理解できない行動を取る不気味な存在として描かれた日本兵が
実は家族のことを思い泣きながら手榴弾を抱いていたという事実を知る。
アメリカ人にとってはそれだけでも衝撃だよね。

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:30:14 ID:+5K4cIvV
シドゥもけして卑怯者ではないと思う。
彼は一台でも戦車を道連れにしたかったんだろう。
空回りしてしまったが・・・

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:31:07 ID:Zuudzskm
「天皇陛下万歳!」って、戦後の映画でもある時期まで普通にやってなかったか?

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:31:14 ID:DbWDcjHU
【社会】 "宮司を強迫し、韓国人を新役員に…鳥居も撤去" 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166534475/

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:31:27 ID:9qlz/Y6b
>>580
>>576のいう象徴としての星条旗っていうのはいわゆる「アイコン」であって、
あんたが言ってるのは「アイデンティティ」としての日の丸でしょ?
アイデンティティという意味での日の丸には、日本っていう国、天皇陛下、故郷、家族、仲間っていうものが含まれてるんだし

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:31:56 ID:19u+Kshb
今日は仕事が休みだったので夫婦で見てきた。
印象に残る映画だったよ。
昼間だったので40人位しかいなかったけど、上映中に雑談するような人は
誰もおらず、みんな静かにしてた。
ただ、60歳代と思しき女性グループが放映後「二宮くん、かわいかったね」
「演技も良かったし」と二宮の話題ばかりしててちょっと苦笑した。

それから、上の方のレスで日本兵のヒゲについて話題が出てたから
自分の持ってる古い本(30年位前の雑誌)で調べてみた。
硫黄島で銃を向けられ投降してる日本兵の写真が載ってるんだけど
くちヒゲ1人、アゴヒゲまであるのが1人、ヒゲなしが1人だった。
(他は損傷の激しい遺体の写真ばかりだったのでチェックはパス)

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:33:00 ID:+Ct/DCtu
星条旗奪還はさ、入れるとさ、「なんだ、旗は何回も立て直したんじゃん」って印象が強くなって、「父親たち〜」の
「2度目に旗を立てた人たち」っつー主題がボケるから、って意味もあると思うけどね。

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:35:08 ID:o/g6yr9q
旗取り合戦も市丸の手紙も敢えて入れなかったんだろ。

590 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:35:42 ID:9mdopKrl
>>584
どちらかといえば日本軍の愚行の象徴として描かれることが多かったような気がするなあ。
今回の謙さんのようなさまざまな思いが入り混じった重い万歳はあまり記憶にない。

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:35:51 ID:YThznY5e
シドウ結局隊員を戻らせて1人で爆弾抱えたのは
彼に残ってた良心だと思った。
何日も青い空を見ていて子供の頃の平和な青空でも思い出したのかも。
最後は子供のような表情に見えたもの。
人格まで変えさせてしまう戦争の愚かさをイーストウッドは
描きたかったんだろね。

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:36:53 ID:EQ/wl0NT
>>580
かなりイーストウッドの意図を誤解してると思われ

593 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:37:08 ID:Z4hcr4Sd
でも俺のイメージは栗林とバロン西、それにスリバチ山の星条旗奪還
これが硫黄島の象徴なんだけどなぁ…

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:37:25 ID:9qlz/Y6b
日本兵の髭については、
米軍フィルムで構成されたドキュメントDVD「硫黄島」見た中では、
投降した兵士は髭ぼうぼうは結構いたよ。
あと朝鮮人の軍属?だかが投降するシーンも出てた。
こちらの人たちも同じように無精髭がけっこう長かったかな。

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:38:20 ID:SjUo/nN/
>>579
自分が死にたくなかったからじゃね?

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:38:33 ID:EQ/wl0NT
そういうヒロイックな硫黄島は
ID:Z4hcr4Sdが企画して出資者集めて映画にすりゃいいんだよ

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:38:45 ID:Z4hcr4Sd
>>592
おれはイーストウッドが日本を理解しているとは思わんがなぁ…

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:38:46 ID:QaBYYrnG
西郷の戦友で手榴弾で玉砕したやつ・・・
LAドジャーズの斎藤投手にそっくりだと思った。



599 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:39:44 ID:UqRq/v8J
この大和もよろしくな!
               __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
 ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!        
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,


600 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:40:29 ID:AuORj/Ty
じゃあ>>593が自分で映画撮ったら?
まずイタリア映画に主演するとこから始めて...。

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:41:01 ID:FGj4sMkh
1932年ロサンゼルス大会、馬術競技で初の金メダルを獲得した
西竹一中尉とウラヌス
http://www.joc.or.jp/stories/memorial/20051020.html

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:41:25 ID:EQ/wl0NT
>>597
イーストウッドは「日本の真実」を描こうとしたわけじゃない
「戦争の真実」を描こうとしたんだよ

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:41:50 ID:0mH4ce/8
>>229
情景がまざまざと浮かんでワラタ

>>379
樋口李一郎中将

>>540
そのエピソード、嫁から聞いて感動したよ
でも最後に星条旗が上がった時、それを遠くから見ていた日本兵たちが
「ああ、とうとう力尽きてしまったか」みたいな事言ってたって聞いて涙が出そうになった



604 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:43:06 ID:hglXQ2Gj
【社会】 "宮司を強迫し、韓国人を新役員に…鳥居も撤去" 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発★5
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆クリスマスばぐ太☆φ ★ :2006/12/19(火) 22:21:15 ID:???O
 神社本庁の役員会が十二月七日に開かれ、平成十九年度一般会計予算大綱などが協議
されたほか、本庁業務検討委員会が提出した第一号報告書、京都府内の神社に関して公正
証書原本不実記載罪で刑事告発したことが報告された。 (中略)

★ 本庁が刑事告発

 報告事項では、京都舞鶴市内の神社において、宮司を強迫の上、代表役員変更登記が
行われた事件が発生したことから、神社本庁が刑事告発したことの説明があった。
 府神社庁の調査によれば、被告発人は「同神社の土地を買い取ったので、神社を潰す」
などと言って宮司を強迫。被告発人らが総代会を開き、韓国人三人を新役人に選任している。
 脱税を目的とした神社乗っ取りと見られ、十一月二十二日には、同神社の社務所・石鳥居が
撤去されたことが確認されている。

ソース(神社新報・画像):http://www.vipper.net/vip146262.jpg

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166534475/

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:43:49 ID:ouJmwUoH
>>595
だったら一人で爆弾持って山登ってったりしないと思う。

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:44:06 ID:Z4hcr4Sd
犬を殺した憲兵やシドウが生まれたのは悪だと
んなことじゃないんだよ、自己犠牲の武士道があるんだよ
日本には
その芯をイーストウッドが理解してるとは思わんぞ
栗林はサムライだ、だが決して回想部分のアメリカでの発言が
その所以だとは思わない、違うぞ、絶対、己の意思をも殺すのがサムライだ。

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:44:05 ID:+Ct/DCtu
西郷がうんこバケツ捨てにいくシーン、スピルバーグ映画ならギャグとして西郷がバケツ被って死ぬんだろうな、
と思った。
イーストウッドが常識人で良かった……。

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:44:28 ID:SJLlR82u

おばちゃんは、憲兵が去るまで犬のマズルを握っておくべきだったと
思うのであります・・・

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:44:44 ID:9mdopKrl
>>591
伊藤中尉の取った行動は「自分が正しいと信じたことを貫きなさい」という
死んだ米兵の母からの手紙ともリンクするね。
サムライらしく散華したいという願いは叶えられなかったが、生き残った彼には
日本に帰って苦悩し死ぬまで懺悔するという役割が残っている。
これは星条旗で英雄とされた兵士たちのその後の人生に重ねることも可能。

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:46:11 ID:Z4hcr4Sd
戦争の真実なんて誰が描けると言うんだい?
大それたことを・・・

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:47:54 ID:tjy9b8xu
ようつべの硫黄島の青山レポート消えちゃってる。

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:48:14 ID:pqEDUh2a
「おれはもてているよ。あばよ」

なにこのかっこいい人

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:48:46 ID:SjUo/nN/
>>605
一人の方が気が楽ジャン。
ニートみたいなもんだよ。

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:49:40 ID:uKy2Txku
>>601

>武子夫人にはロサンゼルスオリンピックでの滞在当時一度だけ葉書を書いている。
>文面は「おれはもてているよ。あばよ」だったという。

バロン… orz

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:50:33 ID:9qlz/Y6b
>>597
現代の日本人の俺らだって、当時の日本をどれだけ理解してるんだ?
出てた日本の役者だってそうだろう

ただ、イーストウッドも、役者達も
「理解しよう」としたり、その中で自分たちであの映画での
「日本及び日本人」を表現してると思う

あの時の硫黄島での出来事をなるべくフィルター通さずに見て、
映画というエンタテインメントを加味しつつも、表現したかったんだろ?
じゃなかったら、二部作にしなかったと思う
「星条旗」作って終わったんじゃないか?

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:50:51 ID:R8udaRNm
>>606
そんなの元来の戦争映画じゃないか。
大体、日本人だって同じ人間だったっていう趣旨とかけ離れる。
武士道に憧れを抱いたら危険だよ君

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:54:14 ID:EQ/wl0NT
>>ID:Z4hcr4Sd

この映画の製作意図を己の主観的な心情を元に激しく誤解しているようだ
もっと客観的にこの映画に関する情報を分析したほうがいいと思うが・・・

ま、人それぞれだわな

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:54:45 ID:miNwV9Dd
日本の軍刀持った米兵が妙に喜んでたな。
そんなに日本刀って欲しいものだったの?

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:56:36 ID:Z4hcr4Sd
武士道が危険なんて言うなよ、それこそ偏見だよ
似非武士道が危険なんだよ

じゃあ硫黄島で死んだ人々をなんて形容するんだよ

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:56:52 ID:Ld4hJFhS
>>618
BoBのアメリカ兵もルガーに固執する奴がいたし、
結構欲しがるんじゃないの?

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:57:44 ID:088WRAqS
今日見てきたけど大きな虚無感が襲ってくる映画だったな。
見に来てる人は老齢の人がけっこう多かったんだけど、
隣の席の老人は上映中何度も涙してた。
あと自分は長野市に住んでるんだけど、
市内の映画館行ったら栗林が実際に描いた絵が何点か展示してあったよ。
松代の生家や墓参りに渡辺謙が行った時の写真もあった。

栗林、西郷、西あたりは魅力的だったり感情移入するキャラクターだけど
個人的には清水が好きだな。
一見融通が利かないけど本質的な部分では柔軟だし
あと西郷と仲良かった洋品店の人、名前何て言ったかな?
清水が憲兵卒だと言った後の「そうか・・」が物凄く良かった。
あれはもっと見たいキャラだったな。

監督がイーストウッドってことばかりで
見るまで気が付かなかったけど脚本はポールハギスなんだね。
アイリスヤマシタが女の人だったことにも驚いた。

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:59:11 ID:Z4hcr4Sd
酒井三郎は己がことを大空のサムライと形容した。
武士道で戦ったのじゃないのか?

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:59:22 ID:9mdopKrl
>>618
サムライ・ソードといって戦利品としては最高の価値だった。
日本軍でも下士官以上しか持つことが許されなかったわけだし、
何よりも将官クラスの私物なら、素人が見てもその値打ちが
判ったであろう工芸品だからね。

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:00:28 ID:9qlz/Y6b
>>606
誰も憲兵の上官や獅童を悪だとは言ってないし・・・
アメリカで育ったイーストウッドが真の武士道を理解することなんて出来るわけない。
現代の日本人ですら真の武士道理解してないんだし。
そもそも、今言われてる「武士道」だって、武士がいなくなった後の近代日本で
延々の伝えられてきた結果にすぎないだろ?
もしかしたら、江戸時代までの武士はもっと違ってたかもしれん。
でもそんなの武士が現存しない以上わかるわけがない。


むしろその武士道とやらを心底理解しているらしい、>>606のほうが疑わしいわな。



625 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:01:09 ID:Ld4hJFhS
>>622
字を間違えるのも失礼だよ。
坂井三郎だよ。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:02:55 ID:EQ/wl0NT
栗林中将の軍刀は
陛下にもらったものだろ-史実
(そういう説明はなかったが)

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:02:56 ID:FGj4sMkh
海軍中尉・大曲覚氏の手記がある(「別冊知性1太平洋戦争の全貌」河出書房1956年)。
摺鉢山(すりばちやま)奪回を目指す戦友は次々に倒れ、陸軍第26戦車連隊に合流した。
指揮官は映画では伊原剛志が演じる西中佐。戦車隊に戦車はない。

 ……「おーい、海軍さん、まわりの死体をかき集めて、そのなかにかくれな」と言われた。
兵士は、近くの戦死者の腹を裂き内臓を取り出すと、自分の上着のボタンを外して
押し込み、死んだふりをして敵を待つ。

 ……「硫黄島の戦死者は戦死してまで、こうやって戦闘しているのだ。靖国神社どころ
じゃないね。いったい何回殺されると、本当にあの世にいけるのか」。兵士の声は怒りでふるえていた。

 …… M4戦車が接近してくる。死体の山から立ち上がった兵士が手りゅう弾を投げつける。
動かなくなった戦車から米兵が逃げだす。その戦車に飛びつき、砲塔を逆に向けて砲撃
戦を始める。超低空の敵戦闘機の爆撃でM4は吹き飛ぶ。80メートル前方から敵戦
車が火炎放射器の火を噴きながら進んでくる。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/kaneko/

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:03:12 ID:Z4hcr4Sd
日本人には禅と武士道は在るんだよ、自分が知らないだけだと思うよ
共通の文化以上のものだと思う。精神的な支えだよ。
君にもきっとある。>624

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:03:20 ID:R8udaRNm
>>619
尊敬を抱くのはいいけど憧れを抱いたら危険ってこと。
硫黄島で戦った人も尊敬してるよ
つーかお前伊藤みたいだな

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:04:31 ID:EAlyUFj8
武士道には二種あることをおそらく描いている。
一つは水戸学に連なるような国家主義的な武士道。
もう一つは戦の中で培われた主従倫理としての武士道。

イーストウッドが批判したのは前者で、称揚したのは後者だと思う。

ところでシドウが勇敢だったというのは映画の趣旨からしておかしい。
シドウがはじめは勇ましかったけど実はそれは偽者だったということを描きたかった。
それははじめとおわりの対照をみれば明らか。

イーストウッドはラストサムライにみられるような主従倫理としての武士道に感銘を受けているようだ。

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:04:36 ID:0mH4ce/8
>>621
>西郷と仲良かった洋品店の人

ファーストシーンからその演技の巧さに驚いて、二宮そっちのけで見とれてたw
肩の力が抜けた自然な演技に、ただただ感服

でも.・・・誰?

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:06:52 ID:ysWZNo2r
>>631
松崎悠希さん?
ttp://www.yukimatsuzaki.com/blog/

過去スレに何度も何度も出てくる。

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:07:01 ID:YThznY5e
洋品店の気になるアイツ
http://www.yukimatsuzaki.com/blog/

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:07:14 ID:9qlz/Y6b
>>628
うん、だからね、お前の知ってる武士道っていうのは、
長い歴史の中で語られてきた概念なんだよ
そういうのは時代と共に徐々に変わったりするもんなんだよ

なんつうか、コトバにするの難しいんだが…

もし、>>628の職業が「武士」だったら、無礼を許したてまつり早漏

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:10:18 ID:l0Wvt7sI
>>631 >>1に答え有

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:11:04 ID:EQ/wl0NT
「戦争に英雄はいない。国を思い、家族を思い、そして右や左や前や後ろにいる同僚のために
自分の命を掛ける普通の若者がいるだけである。
英雄は生きている者が創り上げ、そして必要としているものである」

-父親たちの星条旗

この「生きている者が創り上げ、そして必要としているもの」というのは
権力者のプロパガンダの為にってことね

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:11:34 ID:088WRAqS
>>631
ねえ、上手かったよね。
役名は野崎か

>>632-633
ありがとう、ちょっと読んでみてワロタ
なにやってんのw

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:11:36 ID:Z4hcr4Sd
武士道の本質は時代によって変わるものじゃないよ
何時の時代にも本物の武士はいるんだよ
硫黄島にもいたし現在もいるだろう
変節する武士道なんて似非武士道だ。

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:13:11 ID:0mH4ce/8
>>632-633
d

画像ワロタ

>>635
スマソ

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:14:49 ID:EAlyUFj8
武士道というのは様々な要素が複合した概念なんだよ。
だから時代によってそれぞれの要素がクローズアップされたりするんだよ。

主従倫理の部分であったり、尊王の部分であったり、武士の職分意識についてだったりする。

イーストウッドは葉隠的な没我的主従倫理に憧れているように見えたけど。

641 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:17:01 ID:1UmnnoOo
はだしのゲンで被爆者のガイコツに「怨」って筆書きしたのを
進駐軍の米兵が喜んで買ってたけど
あれほんまやろか。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:18:53 ID:EAlyUFj8
クリントが一番描きたかったのは栗林と西郷の麗しい主従関係だろ。
ラストシーンからいってそれしか考えられないが。

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:19:15 ID:Z4hcr4Sd
いいか、武士道は概念なんかじゃねえ
心の中にある観念だ、この西洋かぶれのイカサマ野郎め

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:20:02 ID:lVyVvmay
硫黄島の真実/「役作りはしなかった」−映画「硫黄島からの手紙」
二宮和也(インタビュー)、アカデミー賞  ニューズウィーク(12/27)

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:20:39 ID:/25SdXnd
>>630
>ところでシドウが勇敢だったというのは映画の趣旨からしておかしい。
>シドウがはじめは勇ましかったけど実はそれは偽者だったということを描きたかった。
>それははじめとおわりの対照をみれば明らか。
それは違う。
シドウが生き残ったのは単に運命の悪戯。

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:20:41 ID:bZKduQEm
で結局ID: Z4hcr4Sdは何が言いたいんだろう。
映画が自分好みじゃないと言いたいだけなんじゃないだろうか。

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:22:34 ID:IsKfq3WA
【チョン獣に乗っ取られ、鳥居という祟り封印を壊された・舞鶴の加津良稲荷(強力な祟り神)神社=重要拠点】
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (○), u、(○)、、|  
|  ,,ノ(。_。)ヽ、,u   |  
|  ` -=ニ=- '   .::::|  
\   `ニニ´  .:::/
●海上自衛隊舞鶴補給基地を展望できる、砲撃スポット
http://map.livedoor.com/map/?ZM=11&MAP=E135.21.10.6N35.28.48.9
さらに海上自衛隊舞鶴補給所のすぐ裏で、高台にある自衛隊の重要施設を一望できる場所
http://cgi.2chan.net/f/src/1166532397104.jpg

●神社から東へ1km地点には、海自の弾薬整備所
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E8%88%9E%E9%B6%B4&ie=UTF8&z=16&ll=35.484803,135.354974&spn=0.009295,0.026479&om=1

●高浜原発まで、わずか10km
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=&om=1&z=12&ll=35.506239,135.415764&spn=0.150641,0.2314

鳥居
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85
鳥居(とりい)は、神社などにおいて、神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示す
もの。一種の「門」である。御陵や寺院に建てられていることもあるが、一般的には神社を象徴するものとして捉
えられており、神社の地図記号は鳥居を図案化したものになっている。
------------------------------------------------------------------------------
もっと本質的なこと言うと、鳥居としめ縄ってのは神様を閉じ込めておくためのものであり、
いうなれば監獄の門みたいなものなんだが。日本の神様ってのは、ほとんどが怨霊神だからね。
「どうかおとなしく、常世の国(あの世)に居てください。
 まちがってもこの世に出てきて、祟りなど為さないでください。
 おとなしくしていてくれさえすれば、このとおり丁重にお祀りいたしますから。」
という意味が込められてるんだよ。 それを取っ払ったということは・・・

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:23:19 ID:n1sjCt6r
アメリカ人が西郷を見たら
日本は子供まで徴兵してたのか!って驚くんじゃないか
裕木奈江は久しぶりにみたけど永作より老けてないな

やさしいタイプの上官が「おまいらは生きろ」とか言ってないところが
リアリティあったね。
獅童の自爆すんのやめとくわ、も現実にありそうな気がする。
所詮平凡な人間なんだし周りの目が無ければ死ぬのこわいだろ普通に


649 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:25:28 ID:SrFmp1J/
>>614

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

バロンwww

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:25:32 ID:AOpOv/my
>>264
頼むから子供には観せないでおいてくれ。
平気な顔してても心に傷を受ける。
親に失望されたくないから無理して平静を装う子もいる。
鈍感な子なら平気らしいが。

君の子は鈍感な子かい?
違うだろ。
オレはそれで失敗してるから言うんだ。

親の口から語って聞かせてあげるのが一番だよ。



651 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:27:00 ID:EQ/wl0NT
確かに周りの目が無いからヘタレちゃったとも言える
マスでいる時は狂信的なんだけど
一人になるとヘタレ

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:27:24 ID:088WRAqS
クリントイーストウッドは
「わたしは戦争が大嫌いだ。
この映画を手がけたのは、戦争が与える影響を描きたかったからで、
戦争映画だと思って欲しくない。」って言ってますけど。

勇気萎え本当に久しぶりに見た。
相変わらず泣きの演技はお手の物だね。
来年公開のリンチ映画にも出るけど、色んな作品に出てきのこって欲しい。

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:27:46 ID:Z4hcr4Sd
>>646
それが映画は観たんだけどよく判らないんだよ
栗林の言うように本土攻撃が一ヶ月遅れたところでどうしよもないし
命令だからと言って自決などしないだろうし
それも予備兵の集まりなんだろう? 小笠原兵団
だからその答えを武士道に求めたんだが、…。

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:28:13 ID:9mdopKrl
伊藤の年齢設定は何歳くらいなんだろう。
「陸士あがり」と栗林を小馬鹿にしていたところをみると海兵出身?
それで中尉ということはまだ若いよね。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:28:52 ID:nsZRWhYL
>>651
ヘタレというより憑き物が落ちたんだろう。

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:29:40 ID:R8udaRNm
指導は上官だから部下の前で弱さを見せてはいけないからね。
一人になってずっと寝転んでたら今自分がなにをやってるのかわからなくなったのかもね

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:30:35 ID:EAlyUFj8
>>654
伊藤の鉄兜に碇のマークがついてたよ。

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:30:37 ID:EQ/wl0NT
そう「憑き物が落ちた」という表現が一番しっくりくる

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:31:01 ID:/25SdXnd
シドウはあのまま敵の戦車と自爆するのが本望だった。
それがシドウなりの正義。
しかし、彼は正義を全う出来ずに惨めに生き残る。
それが彼にとって最も重い罰だった。
ヘタレ描写なんてしてないでしょ。
イーストウッドの考える日本の狂気を背負った役でしょ。

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:31:23 ID:IsKfq3WA
神社と原発の位置関係
ttp://www.uploda.org/uporg622994.gif

神社と原発の位置関係
ttp://www.uploda.org/uporg622994.gif

神社と原発の位置関係
ttp://www.uploda.org/uporg622994.gif

神社と原発の位置関係
ttp://www.uploda.org/uporg622994.gif


661 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:32:10 ID:083ZpqTu
死ぬタイミングを逸したら、なんかどーでもよくなったような感じだな・・

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:32:59 ID:nsZRWhYL
>>653
例え世界が明日滅びようと、私は今日、りんごの苗を植える。
人間とはそうしたもの。武士道を持ち出すまでもない。
なお、日本兵の自決、玉砕は、殆どが戦うことに耐え切れなくなったことが原因。

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:34:52 ID:EQ/wl0NT
シドウはそれこそ憑き物落ちたように
体にいくつも巻いていた地雷を捨てちゃったからなあ
ヘタレはヘタレだよ

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:34:57 ID:9qlz/Y6b
Z4hcr4Sd(職業:武士)が壊れかけてきた件について


まぁそれは放っておいて・・・・

>>264
やめとけ!
ガンダムでもアムロが「あの子達(カツ・レツ・キッカ)に人の殺し合い見せるのよくないよ・・・byジャブロー」みたいなこと言ってただろ

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:35:21 ID:FGj4sMkh
DALLAS-FORT WORTH FILM CRITICS ASSOCIATION AWARDS
Best Foreign Language Film: Letters from Iwo Jima
http://www.dfw.com/mld/dfw/entertainment/16273460.htm

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:35:25 ID:SrFmp1J/
>>481
昨日かまたのツタヤの戦争映画コーナーでちらと見たから
タイトル分かんないんだけど、アメリカ人捕虜だか、アメリカ軍
の捕虜になった人だったかが、「日本の軍部は兵の命を大事に
しない」、とか言って平和に目覚める・・ というあらすじの映画が
あったよ。戦後作られたプロパガンダ映画っぽかったから
くだらんと思ってすぐ棚に戻してしまい、タイトルは見てないん
だけど。今度かまたに言ったら題名を探しといてやろう。

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:36:44 ID:Z4hcr4Sd
>>662
ペリリューでは自決を止められ、最後まで戦っている
結果として玉砕だ。

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:37:12 ID:9mdopKrl
>>657
いや…海軍さんだってことくらいは見ればわかるんだが。
どちらかといえば軍板で振るべき話題だったかな。

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:37:15 ID:R8udaRNm
ヘタレとは違うと思うんだけどなぁ。
結果的にはそうなのかもしれないけど

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:37:52 ID:jo87k974
ばんじゃーいとか訓示のシーンとかのやけに仰仰しい台詞の言い方に違和感はあったけど
ハリウッド映画に出てくる日本兵では一番まともな描きかたされてるなとおもた。
あと憲兵のエピソードにも違和感。
やっぱ少しでも日本軍をマシに描こうとしたらああいう異常な日本兵を免罪符として出さなきゃならないのかなぁ。

慰安婦とか出てこないで安心したw

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:39:18 ID:dnxV45MX
>>665

ベストピクチャーにならないのがなぁ。

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:41:15 ID:nsZRWhYL
>>667
結果としての玉砕はいいんだよ。まだ戦えるのにバンザイ突撃でむざむざやられに行くのが多かったから。

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:41:22 ID:n1sjCt6r
いやに獅童にこだわってる方がいますね。
彼にしても俺たちとそう変わらない一般人なんだから
俺たち並みにヘタレでもなんの不思議もない。

獅童は兵隊役が似合うので兵隊ヤクザのリメイクをやって欲しいな

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:42:21 ID:9mdopKrl
>>670
硫黄島には慰安婦とかいなかったのかね。
父島には慰安所があったような話も聞くが。
もちろんあの時期にはそれどころではなかったのだろうが、
あんな娯楽のない絶海の孤島で長期間というのも辛かっただろうなあ。

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:42:44 ID:EAlyUFj8
シドウが刀を構えたところはまさに剣豪みたいで笑った。あれで眼帯でもしてれば柳生十兵衛だ。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:43:27 ID:Z4hcr4Sd
>>672
あのな、硫黄島ではバンザイ攻撃ってもな、爆弾抱えて飛び込むんだぞ
むざむざなんか死んでないぞ、その結果が死傷者の数で米軍のほうが多いんだぞ
誰が好き好んで無駄死にするかよ

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:45:44 ID:9qlz/Y6b
>>670
>>ばんじゃーいとか訓示のシーンとかのやけに仰仰しい台詞の言い方に違和感はあったけど
想像だけど、そういう細かい描写みたいなのって謙さんが自ら演出考えてやってたんじゃないか?
謙さんも自分なりに当時の軍人ってのを意識したんだと思う。

「天皇陛下万歳」とか「靖国で会おう」とかって、映画で流れるのすげーって思っちゃうこと自体が異常だよな?
当時の日本では普通に語られたコトバなんだし、それを「普通のこと」だとして描いただけなんだし。

オレは地雷だか手榴弾だか抱えて戦車とかに特攻するシーンとかあると思ったな。

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:46:03 ID:Z4hcr4Sd
それにな、白兵戦は威力があるんだよ、イラクなんかでも
英軍が白兵戦で窮地を脱した話があるよ。
時と場合によっては白兵突撃もありなんだよ。

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:46:04 ID:XBWU5pG8
一体どれだけの米国での賞を受賞して、ノミネートに入ってるのか、
なんか多すぎてもうすでによくわからなくなったよ・・・嬉しい悲鳴って奴?w

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:46:15 ID:IsKfq3WA
!位置関係!
ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif

ttp://www.uploda.org/uporg623016.gif



681 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:47:34 ID:1usuPszE
隣に座ってたオッサン。
日本兵が何かするたびにいちいち笑って茶化してた
周りの客を啓蒙してるつもりか?
死ねよ団塊世代

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:48:04 ID:9mdopKrl
>>669
そう、だから年齢が気になるんだよ。
もし海兵卒の中尉ならせいぜい20代の前半だから、西郷なんかよりずっと年下で
清水なんかと同世代の世間知らずの若造。
そう考えるとあの狭量さや一途さも理解できるような気がするんだわ。

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:49:14 ID:9qlz/Y6b
>>678
おまい、多分軍事板に張り付いてたほうがシアワセだと思う
でも・・・、あんまりアタマでっかちになるなよ

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:49:14 ID:t/N+N3Xx
>>264
ちんちんに毛が生えて色気が出てきたころでよかんべ

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:49:33 ID:0mH4ce/8
>>264
その前にイデオン好きになれるかどうかでテストするんだ

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:49:56 ID:R8udaRNm
>>677
>オレは地雷だか手榴弾だか抱えて戦車とかに特攻するシーンとかあると思ったな。

俺もそれは星条旗で入れてもいいと思った。

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:50:08 ID:miNwV9Dd
右翼にも左翼にも受け入れられる反戦映画って珍しいよな。

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:50:27 ID:9qlz/Y6b
>>679
オレはむしろアメリカであれだけの映画の賞があることに驚いているw

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:52:00 ID:083ZpqTu
西郷の年齢って何歳なんだ?
最初の所定では40代だったそうだけど、二ノ宮になってから
設定変えたんじゃないのか?

690 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:52:12 ID:YThznY5e
伊藤もアドレナリンが出まくって神経張り詰めてたのが
憑き物が取れたら伊藤の中の潜在意識にあった
「生きたい。死にたくない。」
って気持ちがスッと出てきちゃったのかも。
伊藤は誰に手紙書いてたんだろね?
意地張って海軍はそんなものは書かなかったのかな?

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:53:20 ID:9mdopKrl
>>686
それをやったのは上陸戦じゃなくて中期以降だと思う。
まあ時代考証を無視して入れるという手もあっただろうけどね。

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:53:25 ID:Z4hcr4Sd
>>683
おまえももう少し調べて考えてからカキコすれよな
頭が小さいってのも考えモノだからな・・・

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:53:29 ID:ZhfioVw2
国民の白い目とマスコミの無理解は、強力な武器の携帯を認められず国民からの理解もなくイラクで活動した陸自にもつながるよ
ほんと日本て61年前と変わってない

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:54:01 ID:LM9Ls+rd
うーんと、たぶんイデオロギー的に硬直化しただけの
タカ派とハト派は受け付けずに、混乱しているだろうね。
関西の番組で、青山という馬鹿が論理が破綻して混乱していた。
涙目になって、ヒステリー状態で。
何を擁護しているのか、わけ分からんw
単なる自虐史観に対するまた歪んだアンチでかないから、
駄目なんだよ。情緒的になるだけで。

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:54:33 ID:1CcyrY4K
もうさ当時のアメリカ軍からしたら日本軍なんて土人以下だよね
バンザイ突撃なんてガクブルもんで、捕虜だって目が離せなかったんだろうし、



696 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:54:47 ID:9qlz/Y6b
>>682
西郷って30代前半くらいの設定だっけ?
(にしては二宮はムリあるなw)
獅童は24,5くらいじゃない?
下士官だけに、若気の至りっつうか、青さがあるし。
当然徹底的に海軍の教育受けてるだろうから、
それ鵜呑みにして陸軍士官に敵対心抱いてるのにも通じるし

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:55:30 ID:kTOsswEi
>>689
確か設定上は30代になったと思う。
ただ、二宮本人はそれでも無理があると思ったんで、20代後半くらいの気持ちで演じたとどこかで見た。
まあ、初めての赤ちゃんができた頃なら、30代より20代の方がいい気もする。

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:55:34 ID:Z4hcr4Sd
でも自衛隊はひとりの犠牲者も出さずに任務を終えた
武士の鑑だ。

699 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:56:41 ID:SrFmp1J/
>>674
栗林さんの希望だかで慰安所を設けなかったらしい。
理由は、争いとか風紀の乱れが起こりやすいとか、
民間人の売春婦が空襲に晒されるのが可哀相だったとか、
そんなとこだろうか?謎。慰安所つくってる余裕がなかった
んだとは思うけど。

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:57:10 ID:083ZpqTu
>>697
サンクス、どうも20チョイにしか見えなかった。


701 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:58:16 ID:SrFmp1J/
>>681
笑っている自分を他人にアピールしておかないと
自分を保てないほどにイライラしてたんじゃないのかね。

自分の見たかった杓子定規の反戦映画じゃなかった
からとか。

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:58:38 ID:dnxV45MX
シドーを卑怯者にしたのは右寄り軍国を叫ぶ奴ほど、中身の無い弱虫だと言いたかったんだろう。
この映画どうみても靖国参拝とか推奨するような映画じゃない。
どちらかといえば靖国に祭られてる人間たちに先導された末路がどうだったか?と言うための映画。

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:58:50 ID:9qlz/Y6b
>>695
米軍の上層部は違うだろうけど、一兵卒あたりはそういうような軍事教育されてただろうね
そういう意味でも、清水を殺した米兵の行動もアリかもしれない。
映画での描写はたりーから殺っちまって部隊に合流しようぜって感じだったが。
もしかしたら発狂して自分たちが襲われるかもしれないという恐怖感とかあってもおかしくない。

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:58:59 ID:voBkUfk1
今日見てきた
何だか自分が戦場にいるみたいな感覚に陥って
しばらく震えがとまらなかった

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:59:33 ID:IPbP6aeJ
>>683
えーと、軍板でもお断りいたします。
軍板はこの作品の公開に伴い発生した、
冬厨、酷使様、特ア工作員の上陸作戦に備えています。
予備兵力はございませんので、こちらで処理していただきたい。

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 23:59:53 ID:LM9Ls+rd
今日みたけど、正直言って、大岡昇平の「野火」とか、水木しげるのマンガとか、
実体験に基づいた作品を読んでいると、あまりリアリティを感じなかったな。
その意味では映画のドラマ化が過ぎた感があるかもしれない。
実際には、もはや人間の尊厳も何もない極限状態だったろうからな・・・。

正視に耐えない悲劇を、正視に耐える悲劇にしてしまわなければならないのが、
映画の限界かもしれない。



707 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:00:36 ID:/25SdXnd
>>702
>シドーを卑怯者にしたのは右寄り軍国を叫ぶ奴ほど、中身の無い弱虫だと言いたかったんだろう。
短絡だなw
恥ずかしいw

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:01:08 ID:AOpOv/my
>448
ちょっと違うと思うぞ手紙の犬問題w
アメリカ映画で犬はひとつの記号とすら言えるんだよ〜。
アメリカ人は犬大好きな国民なんだよ。
だから、冷酷非情と思っていた日本兵が犬を助けようとした、へ〜日本兵もいいやついるんじゃん!
という誘導なのです。
そこまでしないと日本兵を人間としてみることが出来ないまでに、アメリカ人の旧日本兵観は固定
されてきた、オレはそう思ってしまったよ観た時。

プレジデントマンも犬を可愛がっていただろ?
アメリカンヒーローの条件なんだよ犬好き。
だから清水が射殺されそうになったとき「STOP!」っていう悲鳴が上がるんだよ。
(アメリカ試写で実際あったという過去レスより)

>>490
既知のことばかりだったのに、あんあ西が馬を持ち込んだことをなぜ知らないんだよw

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:01:21 ID:Z4hcr4Sd
>>705
実は俺の常駐板は創文板だったりする・・・

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:01:32 ID:SrFmp1J/
>>690
やっぱり妻子や母親、兄弟宛てだろうなあ。
伊藤だって木の股から生まれたわけじゃないわけだし。
海軍も当然書いたと思うよ。

きっと職業軍人の家系だったんだろうなあと思うから、
勇敢に戦ってくる旨とか、遺品・遺骨の処理、国家
に対する思いとか、書いてたんでは。

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:03:00 ID:088WRAqS
>>705
映画板住人からしてみれば大迷惑な話なんだが。
このスレだけじゃなくて他の作品スレでも暴れてるバカがいて困る。
どっか行ってくれよ。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:03:26 ID:vZnVghC+
>>708
西洋人や犬と馬に対する愛情がすごいね。
北ヨーロッパの女の子の夢は、馬を飼うことだとか
以前どこかで読んだ。

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:03:38 ID:9mdopKrl
>>696
西郷は30歳前後くらいの感じだね。
初めての子供が生まれる年齢だし、中学か高小を出て働き出して
やっと自分の店を持てたのが昭和15年くらいだと考えれば辻褄が合う。
伊藤が海軍兵学校出身だとすれば卒業と同時に少尉。
よほど出来が悪くなければ21〜22歳で中尉にはなっているはず。

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:04:44 ID:miNwV9Dd
>>703
「米軍は捕虜を大事にする」って日本の神話の否定だろ。
米兵が捕虜を殺した場面。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:05:00 ID:9qlz/Y6b
>>702
敵対してる人間同士でも、各々に背負うものがあって
戦争はそういう「普通の人」が狂気の世界で戦うってことなんだ
ってこと言ってるんじゃない?
この映画観て靖国に参拝しようと思う人はいるだろうが、
それはそれで結果論であって、別に映画としてそこまで意識してないでしょ?


716 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:05:56 ID:kDm/xDK5
>>706
>正視に耐えない悲劇を、正視に耐える悲劇にしてしまわなければならないのが、
>映画の限界かもしれない。

これにはある意味同意だな。

でもそれは大岡昇平の野火とか俘虜記とかが水木しげるの疥癬もん漫画だろが一緒だよ。



717 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:06:48 ID:voBkUfk1
感動したけど最後の「字幕 戸田奈津子」でいろいろひっこんだ

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:06:58 ID:1CcyrY4K
>>702
>軍国を叫ぶ奴ほど、中身の無い弱虫だと言いたかったんだろう。
小学生並みの解釈だな。



719 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:08:39 ID:nr3R92KD
>>716
それはまだ紙媒体の方が肉感的な感覚のいびつさが奇妙に描かれているからな。
要するに主観的な身体感覚があるんだよ。

映画はちょっと綺麗すぎるし、観念的すぎる。
というか、映像そのものだから、直視せずにイデオロギーに走る馬鹿も
いるわけだ。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:09:00 ID:2o1PIUIu
米軍のワンサイドゲームになってからの戦争は
スポーツみたいなものじゃなかったのかなぁ・・・
だから原爆なんかも平気で落せたんだよ、きっと
それもこれも日本兵なんか人間じゃないと思っていたのじゃないのかな?
そこでこのアメリカ人イーストウッドの硫黄島が意味をもっってくる
日本兵も人間だったんだ、隠れていた贖罪がアメリカ人の中に芽生えるのかな?

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:09:09 ID:zD+ehNmR
俺としては投降したシドウの髪がふさふさだったのが気になる。
坊主にするのがいやだったのか。

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:11:14 ID:CQFt4FrX
初めて子供が出来るのが三十前後って、当時の人では遅いよね>西郷
イメージでの憶測だけど。

お腹の子に話しかけてる二人は若い新婚さんって感じ。
ああ切なくなってきた・・・

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:11:18 ID:Ait5vVbK
>>721
海軍士官は特に坊主にしなくてもよかったらしいね。
もっともあの熱血軍国的な性格なら丸刈りのほうが似合ったのは事実だが。

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:11:45 ID:d2nOyN2x
>>715
そうだろうな
クリントにしてみれば日本人がどう戦いどう死んでいったかを
肯定も否定もせずに淡々と描写しただけで
まして靖国の肯定も否定も考えてもないだろ

725 :こぴぺ:2006/12/20(水) 00:12:27 ID:0S+IQhHh
>獅童の役柄は笑うところ?

 彼の役柄は史実に基づいたエピソードを演じています

 地雷を抱えて米軍の戦車をまって死体の中3日3晩。結局戦車はあら
われず。そして4日目の朝、南国の青い空とそのなかを悠然と飛ぶ鳥を
みて、ふと我に帰って戦争が馬鹿らしくなったという話。

 そして、死ぬまで戦えといって逃げてきた兵を切ろうとして止められる
話も史実に基づいたエピソードです。(ちなみに、史実ではその将校は
3月8日の夜襲突撃の際に散華されています。)

 この2つの史実を1つの役にあえて収めたのはイーストウッドの意図
とおもわれ。

 私も最後のシーンは思わず笑ってしまいました。でも、戦争って相手
を殺すか自分が死ぬとかそういう2者選択を迫るもの。映画を見ている
僕らですらそうなってしまう。つい「中村死ねよ、みっともねーやつ、情
けない奴」といってせせら笑ってしまう。でも、そのせせら笑いこそが
「戦争という狂気そのもの」

 そしてイーストウッドはあの役柄を通じて僕らに戦争という狂気とは
何かを伝えたかった

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:12:59 ID:lAyHQSEU
>708>712
米国観客向けの演出を拾っていくと感覚の違いがわかって面白いな。
ジュピターも西のキャラ立て兼親近感の演出のためかな。
なんでわざわざこんなことさせるんだろう?のちょっとした違和感が
向こうにとっては大きいポイントだったりするんだな。

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:13:15 ID:nr3R92KD
>>720
>米軍のワンサイドゲームになってからの戦争は
>スポーツみたいなものじゃなかったのかなぁ・・・

スポーツみたいなものだから、
的確な情報伝達と、状況判断に基づいて、
セコンドはタオルを投げないといけないわな。
それができなかったことがすべてだと思う。

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:13:53 ID:zD+ehNmR
>>724
いや、そこらは十分に吟味しただろ。
靖国の語を入れたのも解釈が分かれることを望んだからさ。
細部にまで様々な解釈の余地を与え、語り継がれることを望んだのさ。

靖国で会おうといったり、来世で会おうといったり、使い分けている。

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:14:10 ID:e/c36qf4
ヤベェ・・・ピンポンのスキンヘッドの指導を思い出してしまった

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:16:10 ID:WAO3AC/Q
サントラって売ってないの?
もうあのメロディ聞いただけで泣けてくるんだけど…

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:16:14 ID:jzcuD5Zx
>>720
原爆落としたのは、戦後の軍事バランス(対ソ連)を考えてのことじゃないの?
実戦で核兵器の効果を確認したかったという。
じゃなきゃわざわざ違う原爆を広島と長崎に投下してないし。
原爆投下はあくまで政治的な判断だったと思うよ。(日本を降伏させようとする判断ではなくて)
実際投下したクルーだって、核兵器だなんて知らないでやったろうし(そういう兵器があること自体知らなかったはず)。

そこまで言うのはちょっと違う気がする

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:18:29 ID:G66+sUim
>>690
星条旗でも負傷したアメリカ兵が
すぐ側で横たわってる日本兵の亡骸を見て
息荒くしてたシーンがあった「死にたくない、死にたくない」って

伊藤も同じだったんじゃないかなぁ
たくさんの亡骸にかこまれて
自分もこうなるんだ…って考えたら(しかも何日も)
誰だって怖いし死にたくないと思う
伊藤が地雷を捨てて逃げても誰も責められないよ…

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:18:31 ID:hTzMluPQ
清水は何歳?

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:18:50 ID:V3UFM6S4
>>725
>「中村死ねよ、みっともねーやつ、情けない奴」
といってせせら笑ってしまう。

普通笑えないよねその心情が理解出来れば
もっとも笑った人の大半は私生活とだぶったからだと思う。

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:19:29 ID:Ait5vVbK
>>728
あの「来世で会おう」という台詞にははっとしたね。
当時の戦場では不自然なようにも感じたが、国家神道は理解できなくても
仏教的な輪廻の概念なら理解できるアメリカ人も多い。
そんな慈悲の心を持った上官を次のシーンでは自分の兵を守るために
犠牲となり死なせている。あのあたりの台本は上手いよなあと思った。

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:19:36 ID:cstKHyId
>>699
栗林中将は真面目(潔癖)な人だから

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:19:53 ID:pAR7vCDF
>>597
イーストウッドは栗林にリスペクトしてこの映画を撮ったの。
栗林は命かけて旗取り替えてこいなんて非合理な命令出さんだろw

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:21:31 ID:nr3R92KD
伊藤大尉(獅童)以前に、野崎を含めて洞穴で
集団手榴弾自殺した連中がむしろ、「弱い」と思って
しまったから、伊藤が情けないとは思えないな。
極限状況から逃げ出したくなる方法が違うだけで、
みんな逃れたいのは同じだったのだろう。


739 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:21:34 ID:bFrVz6ej
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 最優秀作品賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 今年の作品賞トップ10


【ノミネート】
・第64回ゴールデン・グローブ賞
 ★外国語映画賞
 ★監督賞(星条旗・硫黄島でWノミネート)


あと、追加のほう宜しく。


740 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:21:59 ID:jzcuD5Zx
>>734
多分、竹内結子も私生活と役柄でのシナジー効果には驚いてると思う

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:23:05 ID:YR7QjNTp
前半は、父親たち〜と同じ場面がちょくちょくあるのが面白かったな。
父親たち〜の時は日本兵がマジ不気味で、擂鉢山なんか「こんな全体が要塞みたいな山、絶対落とせない
んじゃねーの!?」と感じるほどだったけど、硫黄島だと今度は暗いところで待ち伏せる焦燥感みたいのが
ピリピリ伝わってくるんだよね。

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:24:08 ID:d49e0+76
今日見てきて、このスレもだいたい読んだから普通の感想は控えるけど、気になったことが。
捕虜の米兵が持ってた母親からの手紙の内容(うろ覚えだが)で、
「今朝(?)家の犬が3匹逃げだしました。お隣の○○さんの家のにわとり小屋(?囲い?)に
進入して、そこで飼っていたにわとりが震えあがっていました。」って内容だったと思うんだけど・・・
この犬三匹をそれぞれ、アメリカの陸空海の攻撃と捉え、小屋だか囲いだかを硫黄島の要塞として
にわとりを日本人と考えると
「陸空海から硫黄島を攻め、そこにいる日本人(チキン)は恐怖に震え上がる」と読み取れてしまった
史実においては素人のため、あまり大層な事も言えないので、なんとなくこう思ったって
ことを言いたい。監督がアメリカ人ってことで、暗にそういうメッセージを込めてるのかもとひねくれた考えだし。

あと二宮は最後スコップ振り回して、米兵に撃たれて死ぬのが普通じゃないの?
戦闘がほぼ終わっている状態のああいう時でも、殺さないように、捕虜にする為に生かされるもんなのかな。
変な話し、自分だったら今まで日本兵と戦って仲間も殺されて、その直後にイカれた日本兵がスコップ片手に振り回したら
おもしろ半分とは言ってはなんだけどさっさと殺してそうな気がする


743 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:24:51 ID:nr3R92KD
栗林も日本人士官としては非常にまともだし、
素晴らしい人物なのだろうが、
結局、結果論からみると悲劇を拡大してしまった
ことになるから、賛美するつもりはないな。
皮肉なことに、硫黄島の戦いが長引いたことで、
米軍の本土絨毯爆撃が徹底したものになってしまったようだし。

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:25:21 ID:mVyAT2M+
クリントは獅童の使い方を何故あんなに心得てたんだ?

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:26:37 ID:jzcuD5Zx
ところで、アメリカでは字幕版しか上映しないのかな?
日本での星条旗は吹き替え版も上映してたよな?
アメリカ人は字幕鑑賞嫌いらしいから、
そういうので観る人が少ないのは残念だなぁ。
実際の予定としてはどうなんだろう?

まぁ上映時はムリでも、DVD化する時はアメリカ版には英語吹き替えを入れて欲しいな

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:29:43 ID:jzcuD5Zx
>>743
栗林は硫黄島で時間稼ぎしてる間に、和平交渉を進めて欲しかったみたいよ。
政府、軍はしなかったけど。

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:30:28 ID:X5BM8yhI
>あと二宮は最後スコップ振り回して、米兵に撃たれて死ぬのが普通じゃないの?

ウブだね
日米合わせて何万て兵がいたんだからいろんなことがあったんじゃないの?
白旗揚げるた清水みたいな日本兵を殺す米兵もいただろうし
スコップ振り回す西郷みたいな日本兵をを殺さない米兵もいたんじゃまいか



748 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:30:46 ID:s0ADsnG8
後出しジャンケンで当時の人を裁いてもな・・

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:32:32 ID:X5BM8yhI
>748
乾杯

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:32:52 ID:Ait5vVbK
>>742
そういう解釈の仕方もあるんだな。
漏れは犬が「穴を掘って逃げ出して捕まらない」というのが
洞窟陣地に立て篭もった日本軍の暗喩のように思えたけど。
最後に暴れた西郷を撃たなかったのは、まわりに何人も仲間がいたので
ずっと飲まず食わずでやせ衰え武器も持っていない相手を殺すことは
ためらわれたのだと思う。また海兵隊は何度も部隊を入れ替えているので
新しく送られてきた連中は日本軍との激戦を経験しておらず、日本兵に
対する憎悪があまり強くはなかったとも考えられるしね。

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:33:58 ID:NHhjf5pu
>>743
>皮肉なことに、硫黄島の戦いが長引いたことで、
>米軍の本土絨毯爆撃が徹底したものになってしまったようだし。

結果論としてはそうなのかも知れないし、そうでないかも知れない。
 でも『戦いが長引いたせいで被害が大きくなった』と言うのは、
 『祖国の家族が1日でも長く安心して暮らせるように』と言うことだけを
 心のよりどころに自分の命を捨てて戦ってくれた兵士の方々に余りにも
 失礼では?


752 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:34:07 ID:d49e0+76
>>747
>白旗揚げるた清水みたいな日本兵を殺す米兵もいただろうし

あぁそうかーそういえば。そりゃそうだ、色々あるわなぁ

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:34:53 ID:qS5GD07e
昔、陸軍、今、大蔵省っていうくらい、陸軍は悪者だった。

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:35:24 ID:nr3R92KD
>>746
考え方によると思うけど、
後世の人は軍人を結果で判断すべきだと思う。
本人は望んで職責に殉じたわけだし、
その殉職自体が結果だからね。

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:35:59 ID:pAR7vCDF
>>632
ユウキさんはBBSにぜんぶにレスつけてるね、大変だ。

頭から離れません 投稿者:ほしほし 投稿日:2006/12/13(Wed) 23:19 No.47

映画を見て、数日経っていますが頭から映画の内容のことが離れません。
本当に見てよかった。
松崎さんもどうぞこれからも人を感動させる俳優さんとしてがんばってください!


Re: 頭から離れません ユウキ - 2006/12/14(Thu) 23:10 No.70



どーも、はじめまして!
撮影後はトラウマになってしまって、
本調子に戻るまで時間が掛かりました。
映画内の役と観客の架け橋になるべく、これからも頑張りたいと思います。

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:36:12 ID:YR7QjNTp
>744
資料映像が「新選組!」だったのかもしれない。

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:36:17 ID:2o1PIUIu
ヨーロッパの空襲を見ろよ、ドレスデンなんかは徹底的に爆撃している
本土絨毯爆撃なんて硫黄島があろうとなかろうと変わりはないよ。

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:37:41 ID:c+NGh3ht
>>743
賛美って言うよりオツカレ様って感じだね
レベルを底辺まで落とすとここで使われてる「乙」ってのと同じ意味。

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:37:50 ID:V3UFM6S4
スコップ振り回しの所って誰かが撃ちますか?って聞いて
上官がやめれって言ってたよね。確か?

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:38:46 ID:2o1PIUIu
牛刀鶏肉だよ、古代ローマの時代から味方の被害を少なくするためなら
ナイフには拳銃、拳銃には大砲をつかうのが西洋なんだよ
日本みたいに自衛隊に戦車も与えないで戦地にはださないよ。

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:38:53 ID:e/c36qf4
>>754
軍人としてならそうだけど一人の人間としてなら同意できない

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:39:05 ID:ywja66LC
>>751
やめとけ、また犬死厨が沸いてきてgdgdになるw

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:39:27 ID:nr3R92KD
だから栗林が立派であっても、賛美につながらない
結果が残せないようなシステムが悲劇だったということになる。
そう割り切った上で、このチャーミングな人物をみた方が正しいと思う。

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:40:03 ID:d49e0+76
>>750
>漏れは犬が「穴を掘って逃げ出して捕まらない」というのが
洞窟陣地に立て篭もった日本軍の暗喩のように思えたけど。

そういや穴を掘って〜って下りもあった気がする
なんかあの手紙、やたら説明的で何か裏があるのかと思って。
あー駄目だ。確かにそうだ、アメリカ兵と日本兵の戦力差はかなりのものだった
んだものね。
なんか、知識としては分かるんだけど映画を見てる時にその知識と状況が上手く
繋がらなくてなぁ。もっと勉強してきます。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:40:57 ID:Ait5vVbK
>>760
牛刀鶏肉ってなんか中華料理の名前みたいだなw
正しくは割鶏焉用牛刀ね。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:42:49 ID:D9ZN9OSU
>>742
>変な話し、自分だったら今まで日本兵と戦って仲間も殺されて、その直後にイカれた日本兵がスコップ片手に振り回したら
>おもしろ半分とは言ってはなんだけどさっさと殺してそうな気がする

戦争中の記録見てたら、でもないみたいなんだな。特攻隊で失敗して海に墜落した
日本兵の死体を勇士として水葬した話などもあるし、日本側にも米兵に対してそういう
記録もある。蒋介石が突撃して死んだ日本兵を埋葬して「この日本兵を鑑とせよ」
っていうこともあったし。

またアッツ島の時は雪に座り込んで手榴弾で自決する日本兵を茫然自失で米兵が
みていたってな米の新聞記事もあるし。。。
お互いに死線に生きてる人間としての「同朋意識」と「敵意」のまじりあったものだったと思うよ。

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:44:42 ID:jzcuD5Zx
>>754
結果で判断すべきっていうのはある意味正しいね。
ただ、今の論理で当時の日本を判断するのは難しいよ
日本軍部の愚かさはあったにせよ、
当時としては帝国主義がはびこっていたし、
安易に戦争することすら、外交手段としては普通の感覚だったわけだし

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:45:14 ID:wkUcP35u
>>738
> 伊藤大尉(獅童)以前に、野崎を含めて洞穴で
> 集団手榴弾自殺した連中がむしろ、「弱い」と思って
> しまったから、伊藤が情けないとは思えないな。
> 極限状況から逃げ出したくなる方法が違うだけで、
> みんな逃れたいのは同じだったのだろう。
俺もそこで彼らの弱さを感じたんだけど、ちょっとニュアンスが違う。
そこから逃げ出したいけど、逃げ出せなかった。
自決したくないけど、みんなが自決してるから俺も・・・
という日本人特有の弱さというか。
多分あの上官が見張ってない、あるいは最初に自決する奴がいなければ、
少し話は違うと思うんだよね。
基本的にはみんな生きたかっただろう。
けど、周りの空気で自決を選んじゃうあたりが悲しいよな。
西郷も、上官に「お前は何をしている・・・」
と言われたら自決を選ばざるを得なかったのだろうか?
それとも上官に射殺されたのだろうか?
本当にあのシーンはトラウマ。
西郷、上官を撃ち殺して野崎を救え!とずっと思ってた。

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:45:30 ID:c+NGh3ht
>>763
だな
別に悲劇のストーリ嫌いじゃないし俺的にはそう思うのもオッケー。
人それぞれでは?
別に>>763の文章読んでると先の大戦で死んだ人に敬意を払っていないような感じでもなさげだし。

悲劇なのにひたすら賛美の方向に持っていくと日清戦争後の過ちを反省しないまま太平洋戦争に突入した時とまた同じ過ちを繰り返すかもしれないしね。
むしろここまで追い詰められるに至った経緯の方が問題なわけである。

ってこれ以上言うとスレが荒れるからもう辞めとくよ。

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:45:56 ID:LyK5qiw2
硫黄島が早期に陥落してたら、米軍が本土空襲を手加減しただと?

ありえねぇw

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:46:33 ID:cstKHyId
バロン西が米兵を庇護したシーンも描いたわけだし、
米兵にも「いいやつ」がいるってことを表現したかっただけだろ。

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:49:50 ID:d49e0+76
>>766
>お互いに死線に生きてる人間としての「同朋意識」と「敵意」のまじりあったものだったと思うよ。

ははぁなるほど。
まだまだ自分は読みが浅いや。双方の解釈と意識を考えねば。

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:51:44 ID:D9ZN9OSU
>>770
いやそれはありえるかも。





774 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:52:08 ID:Ait5vVbK
>>771
いや、チビでひょうろひょろで足もおぼつかないほどヨレヨレの姿が
哀れで滑稽に見えたというのが本当だと思うよ。
少なくとも銃床で思いっきり殴って気絶させてるわけだし、決して
人道的に扱ったという描写ではないと思うな。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:56:18 ID:zD+ehNmR
当時の日本兵の思想的背景を知るためにはルーズベルトに与ふる書の解読が最も参考になるだろう。
あれを理解しないかぎり全ては単なる過去の断罪になる恐れがある。

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:56:43 ID:NHhjf5pu
777ゲットして寝ます。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:57:18 ID:w9BV/2Cc
バロン西の読み切りマンガ↓
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=18454

これを読みたくて国会図書館に複写を申し込んだんだけど、
「資料が破損しており、ご利用になれません」だと。
読めないとなると、益々読みたくなる・・・

国会図書館以外で読めるところってあるかな?

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 00:57:22 ID:c+NGh3ht
>>774
良いんじゃねそこら辺は人それぞれで?
自分の納得のいく話しに脳内変換すればいいんじゃね
わかんねーよ実際そんなこと。

779 :776:2006/12/20(水) 00:59:28 ID:NHhjf5pu
悔しくて眠れなくなりました・・・

780 :777:2006/12/20(水) 01:01:06 ID:w9BV/2Cc
ごめん・・・

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:02:08 ID:s0ADsnG8
思うんだけど、早漏の776が悪いだけで
777はちっとも悪くないと思うんだ。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:02:49 ID:lUGvlqnK
>>742
母親からの手紙のくだりの解釈は考えすぎなんじゃないかな
自分は「犬」をキーワードにして
国民全員が精神的に張詰め追い詰められた生活をしている日本と
国内では全く戦争の影がなく、平和な毎日を送ってる余裕のアメリカとの
違いを印象づけるエピかと思った。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:03:44 ID:A2BaCWQ/
今日見てきました。
ま、いまだに戦争やってるような下劣な国を母国に持つ監督でなければ
作れない素晴らしい映画でした。
日本は戦争を克服した国となっているので、こういう映画は作れない。
そして、それで良いのだと思う。こういう映画を作れるということは
それほど切実なものがあるということで、それは悲しいほど劣っている国である
ということなのだと思う。

784 :776:2006/12/20(水) 01:03:55 ID:NHhjf5pu
>>777
 おやすみなさい。

 777おめでとう・・・

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:04:03 ID:Ait5vVbK
>>778
まあそういう風にいろいろ解釈できるように説明を省いて作っているんだからね。
ただ漏れはその場面にいた若い海兵隊員たちの姿が、星条旗のほうで出てきた
まだ戦場を経験していない無邪気な米兵たちとオーバーラップしたんだ。
無益な殺生はしたくないという、あたりまえの理性を持っている人間としてのね。

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:05:58 ID:ibUArgKu
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞

【ノミネート】
第64回ゴールデン・グローブ賞
 外国語映画賞・監督賞(星条旗・硫黄島でWノミネート)
ブロードキャスト映画批評家協会賞
 作品賞・監督賞・外国語映画賞

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:08:48 ID:YTdCFpWQ
大久保中尉が敵前を突っ切って司令部に合流しようとするシーン、
夜まで待って夜陰に乗じた方が犠牲を少なく出来たのでは?
幾ら照明弾が上がっていたとしても、切れ目無くでは無かった
んじゃ?…。

最後の総攻撃後、離脱した栗林に西郷が追いつくのも無理がある。
あの混乱の中で、敵軍にも発見されずに、栗林の行方を見つけるなんて
できっこない。
しかも戦闘中西郷は一人壕内で手紙を処分中。
総攻撃開始から栗林の傍を離れなかったのならまだ分かるけど。

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:11:09 ID:s0ADsnG8
どうでもいいけど、本編前にやってた
大奥の予告編で萎えた

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:11:42 ID:e/c36qf4
いやー、それにしてもいい映画だった。二宮は鉄コン筋クリートの声優もしてるし乗ってるね。

西郷が山Pや亀梨じゃなくて良かった

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:12:44 ID:0itGUYMR
>>783
戦争を克服なんて
してないよ。
戦争はすぐ隣で待ってるよ

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:13:12 ID:yJQ1n/II
硫黄島からの手紙に感動したのなら、この映画も見ようね。
それが2つの視点で映画を作ったイーストウッドのメッセージだ。

=============
 日本人が見るべき最新の南京大虐殺映画  五月と八月
 参照 >>56 >>63
 hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)
=============


792 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:13:17 ID:Ait5vVbK
ふと気になったんだけど、書類を焼くシーンはあったけど
軍旗の奉焼はしてなかったよね?

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:13:30 ID:DeXe8PeY
    /H\
  ('(0M0∩_ 俺をどこかのスレに送ってくれ。
  /ヽ   .〈/\ お別れの時にはお土産を持たせるんだ。
 ./| ̄ ̄ ̄|.\/
  | .カラミソ..|/
   ̄ ̄ ̄
現在の所持品: 辛味噌 バードン ゆかなの生写真 枕営業検出用リトマス試験紙 PS2 MGガンダムMK−Uver2.0ティターンズの腰パーツ PC130B(ポリキャップ) 加藤あい温泉入浴DVD ヅラ(姉葉秀次モデル) カブトゼクター ガンダムA5月号 赤い靴 三八式歩兵銃

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:13:30 ID:pAR7vCDF
>>787
上 演出

下 偶然

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:14:33 ID:qKAca8W6
>>674
昭和19年の夏ごろには、兵士以外の住民や巡査は強制引き揚げさせられ
男ばかりになったみたいよ。

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:15:13 ID:FzZD4yL3
この映画って司馬史観が関係してる?

797 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:17:31 ID:D9ZN9OSU
>>791
スレちがい

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:17:41 ID:sU6sPTLs
作品観て印象的だなと思ったり、良いなと思ったシーンが悉く役者たちのアイディアなんだが、
 ・ 栗林が辞世の句を詠むシーン(元の脚本にはなかったが、ナベケンが入れるべきと言って入れた)
 ・ 西郷が清水の遺体に千人針をかけるシーン(最期に母親との繋がりがないのは寂しいと二宮のアイディアで入れた)
など・・・
これらも事実を知らない人にとっては脚本家の手柄になるんだよな。そこが不満ではある。

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:19:41 ID:V3UFM6S4
>>791
何このお母さんといっしょ?
子供を泣かすなよw

予告編で見る気が失せる

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:22:18 ID:stVBYwks
いよいよアメリカでの公開日になったね。
日本も100万人突破したと二ノ宮が日記で言ってたって。

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:24:08 ID:pAR7vCDF
>>798
イーストウッドは舞台挨拶で「ぜんぶ私のアイデアにしました」
と言ってたよw

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:25:59 ID:f/n48HZt
>>768 自決については生きたいと思う気持ちと仲間と死にたいと思う気持ちがあったと思う。

上官も悪いことにかわりはないが背景には仲間が戦死したのに
自分だけ生き残るのは卑怯だと思ったからだと思う。

そしてシドウが生き残ったことに批判的なことを言う人は自決させようとする
上官に似た考えだと思う。

日本軍の自決は良くないと言いながらもシドウに対しては生き残ることは
良くないこと、弱いことと思っている。

そのことは自分が部下の立場だったら自決は良くないが自分が上官の立場なら
部下に自決させようとして生き残ることは恥である。軟弱である。と考えることを表している。

シドウを駄目な人、弱い人というのは、人命軽視や自決分を批判していながらも自分自身が
そう考えてしまうということ。

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:26:51 ID:Y1/pzgxx
うわあ。
見ましたよ「硫黄島からの手紙」お客さん感動バージョンCM。
これはちょっと。

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:28:28 ID:c+NGh3ht
>>803
リンクある?w

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:33:17 ID:Ait5vVbK
>>800
ん〜残念ながらアメリカはまだ19日だ

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:38:32 ID:CD/MCtRl
>>483
前スレで指摘したことを詳しく教えてくれないか?

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:38:48 ID:CQFt4FrX
自決集団に自分がいたら、迷わず死を選ぶだろうな・・・
そうすれば辛い戦いも一瞬で終わりに出来るんだ・・・
本土で待つ家族達ごめんな・・・

俺はこの映画から何を学んだのだろうorz

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:38:57 ID:KWVfmVsX
>>800
つ 時差

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:38:59 ID:lAyHQSEU
>801
男前だな!

ところで英語→日本語訳にタッチした人の名前ってどこかにありますか?
ラスサムのときは大河秀吉の脚本家竹山氏がやってたと思うんですが、
今回の日本語脚本の、邦画にない生っぽい会話が印象的だったので、
どういう経緯で今回の日本語脚本が出来上がったのか気になるのです。

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:41:46 ID:Ulc9ikxF
ニノがホビットに見えた

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:43:45 ID:DeZdx8HY
今夜のレイトショーで見てきたけど…
父親〜見てて期待値高かっただけに少し消化不良な感じが

定員280名余のシアターで20名切るくらいの客
23区内でもこの入り 普通に終電で帰れる時間なのになぁ

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:45:37 ID:S6JaElMX
>>811

年配は、朝の方が・・

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:46:22 ID:Ait5vVbK
>>806

584 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 11:42:37 ID:hdwayrqV
細かい話になるけど、栗林が自決するときにコルトを取り出して遊底を引いたよね。
つまり初弾は薬室に装填されていなかったということで、最後の突撃に際しても
あの銃をアメリカ人に対して向けるつもりはなかったんだろうなと思った。

592 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 11:55:38 ID:z/nnOi+t
>>584
日本軍の軍規では拳銃の薬室に弾を入れたまま持ち歩いてはいけない。
だからこそ日本製の拳銃は安全装置の作りが甘いらしい。

594 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 11:57:41 ID:hdwayrqV
>>592
それは知らなかったので勉強になった。
でも平時ではなく、あの直前に最後の突撃に向かったんだよ?

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:48:26 ID:9lLhXmj3
海軍陸戦隊、陸軍よりも待遇がいいにもかかわらず、弱いんだな。
対比される米海兵隊とはえらい差だ。
沖縄でかろうじて面目がたったてところか。太田少将の最後の
電文がいい。映画を作ってクリントに挑戦しろ。

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:49:08 ID:Ait5vVbK
>>813の続き

597 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 12:01:33 ID:lljd92zH
>>594
俺は、拳銃の細かな話を置いといて、あなたの推測はあたってると思う。
拳銃をプレゼントされたパーティで、あの拳銃を向けるのか?尋ねられた時、「never」と答えてるしね。
あの最後の突撃は、日本人が日本の意志を貫くためだから、日本刀を当然使う。

598 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 12:02:59 ID:z/nnOi+t
>>594
基本的には拳銃は将校が自腹で購入して携帯する「腰の飾り」で、
戦闘用の武器というよりは「自決用」みたいなものだよ。
(日本軍では原則、拳銃や軍刀を支給はしない)
いくら突撃とはいえ、最後の状況まで拳銃を使うことを想定してない
というのは普通。

604 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/12/17(日) 12:06:44 ID:hdwayrqV
>>598
まあ実際にはその通りだったんだろうけどね。
ただあの遊底を引くという動作をわざわざ入れた背景には
>>597が書いてくれたような伏線に繋げる意図があったんだろうなと
思ったのさ。

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:52:39 ID:UKB+Ji7K
>>791 よかったらこれも一緒にどうぞ。

中国による東トルクスタンの圧政
ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html
トルクスタンの女性がノルウェーで講義、人権賞をもらう
ttp://watch.blogtribe.org/entry-e6871c312925cc3cbc0e764218d92188.html
【カナダ】 6割強のカナダ人、ハーパー首相の対中国政策支持〜経済利益より人類の安全重視を評価
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164209014/
ドイツ人の61%がダライ・ラマ法王を崇拝との調査結果
www.tibethouse.jp/news_release/2006/060906_de.html
中国・胡錦涛主席が訪問中のインドでチベット人活動家らが抗議活動
www.fnn-news.com/index.html
【中国】 国連人権理事会で中国の臓器狩りが俎上に
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159095284/
【英中】中国・温家宝首相が訪英、人権問題などの質問にぶぜん
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158165259/ 

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
中国政府のチベットでの蛮行
http://www.youtube.com/watch?v=jDo30PuJqrU
http://www.youtube.com/watch?v=6VdX5ZTvL24
http://www.youtube.com/watch?v=Hw5TjBsdnz8
チベット人600万人に対し、750万人(2000万人に増やすとの情報
もある) の漢人入植者、チベット女性の強制的な不妊化、
チベット女性と漢人入植者の強制結婚、強制混血児出産
東トルキスタンでは、民族浄化に加えて、数多くの核実験を行なわれた
ために、放射能の影響で多数の人が死に、また奇形児が生まれたという。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:56:36 ID:lxXzx5yz
犬手紙の米人は、オクラホマ出身だったな。

アメリカでもオクラホマあたりじゃ、日本がどのへんにあるのかも定かでなく、
大戦中の関心は、もっぱらドイツに向いていたそうだ。
てなことを、ちょうど最近、オクラホマ生まれの高齢の米人に聞いたばかり。
内陸の州だから、海兵隊に入る人も少ないのかな。

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:00:05 ID:Ait5vVbK
>>817
あのあたりはドイツ系の移民が多いところだから当然だろうね。
米軍当局も心得たもので、ドイツ系やイタリア系は太平洋に送り、
日系の兵士はヨーロッパ戦線に送っている。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:33:06 ID:qQlf0+Dq

なぜ、最後に西郷は米兵たちに射殺されなかったのか?
たぶん、クリントは西郷と米兵たちを国家に例えたんじゃないかな・・・
アメリカは日本を完全にふっ飛ばしてもいいんだけど
頭を冷やしてもう一度よく考えて、一からやり直せと。


820 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:33:52 ID:3noDprSR
マジで泣いた
これはいいわ

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:38:06 ID:ccabJSsl
二宮が所帯持ちの役にはすごい違和感あったな。日本人から見ても高校生ぐらいに見えなくもないのに、アメリカ人から見たら何歳に見えるんだろうかw

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:38:47 ID:gzAiTD3X
>>819
>アメリカは日本を完全にふっ飛ばしてもいいんだけど
>頭を冷やしてもう一度よく考えて、一からやり直せと。

傲岸不遜、思い上がり甚だしいアメ公ならさもありそうだが
違うだろ。



823 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:39:19 ID:yGAZs/wH
米兵が栗林のコルトを拾った時、撃鉄が起きたままだった。
さすがクリントは銃には細かいw。

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:39:48 ID:LeCUYZCV
シドウは西郷らの首を撥ねようとしたんだよね。
どういう顛末だったか?
仲間が集団自決したのに上官の命にも従わず
逃げ出しておめおめと生き延びてだったかな?
無駄に兵を殺す。
こういうのを栗林はたぶん嫌った、栗林に感じるところあったクリントも
この映画を観た自分も。
シドウ死ね!じゃなく、ただただシドウはカコ悪い。

生きる死ぬは、良い悪いじゃなくて
投降して殺される清水と
無駄な反撃に出たのに捕虜として島から救助された西郷の対比をみても
あの島では運不運でしかない。
シドウめはヘタレだが運が良かった、それだけだと思う。

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:41:58 ID:lxXzx5yz
>>818
なるほど。
するとオクラホマ生まれ、ってのは、いかにもな設定なのね。
さすがに本国のことじゃ抜かりはないか。

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:42:26 ID:n6rngoA6
今日見てきた。地方の小さな映画館だけど、
昼過ぎの時間に見に行ったら爺ちゃんばあちゃんで満員だった。

うん、不満はあるけど星条旗見てないのでなんとも言えないね。

827 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:43:06 ID:ODbx2P7y
>>541
でも日本で作ったら右だの左だのうるさいんじゃないかな。

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:43:24 ID:3noDprSR
俺が言った時はカップルばっかりだった
俺も彼女連れだったんで辛くはなかったけど

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:44:36 ID:ULKoDwfC
しかし、最近の「よかったですぅ!」「感動しましたぁ!」ってCMに
出来るような映画じゃねぇのに、やっぱりそういう宣伝してんなぁ・・・

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:46:20 ID:FIE+i3Kc
まだ、星条旗を観れる映画館の一覧表ってどこかにあります?

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:49:01 ID:yGAZs/wH
市丸少将の軍刀は、戦後、米兵から返還されているようだ。
当時なら、「拾った」場所とか分かるから、最後の突撃の状況も
分かったと思うが、情報が無い。

「市丸 刀」で検索するとでてくる。
前スレで教えてもらった。

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:50:08 ID:VTxI5qYI
>>829
そういう感想聞くと、ほんと日本人って自虐的な民族なんだなって思ってしまう

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:50:44 ID:Kvrsa2jS
>>830
> まだ、星条旗を観れる映画館の一覧表ってどこかにあります?

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/title/mo4360.html
念のため、行く前に劇場に確認してね

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:54:23 ID:LeCUYZCV
日本人は犬を大事にしたから殺さない
とか色々言う人いたけど
戦争末期は飼い犬を集めて撲殺したという話を読んだことがあるよ。
危ないからという理由だったかな?
それはともかく
戦前、戦中の日本人はもっと酷いのかと思ってた。
朝鮮、中国の人が言ってるからだけじゃなく、元日本兵も語ってたから。
それも事実であり、でもあれは戦後アメリカの教育だったんだなと
軍国主義といっても、昔の日本人すべてが野蛮人だった訳はないと
この映画をみて思った。また米国人のイーストウッドに教えられた。


835 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:54:36 ID:5NXmxOGF
>>824
はじめの方のレスに書いてあったが
獅童演じる伊藤中尉は実際のエピソードを元に創作した人物。
擂鉢山から脱出してきた兵を斬ろうとした海軍士官も
地雷抱えて三日三晩戦車を待ち続けたが結局戦車は現れず
戦争が馬鹿らしくなって生き残ってしまった、というのも実話。

個人的感想だが、伊藤はいくつかの皮肉を象徴するキャラだと思う。
玉砕したがってた奴が最後まで生き残ってしまう運命の皮肉、
戦争で勇ましい台詞を吐く奴は実は大した策もなく強がってるだけ、という皮肉。

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:03:16 ID:gzAiTD3X
>>834
アメが徹底して行ったウォー・ギルド・インフォメーションですな。

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:05:55 ID:Ait5vVbK
>>825
アメリカ人なら中西部にドイツ系が多いことは誰でも知っている。
オクラホマと聞いた瞬間に敵性国人の負い目から志願したのだろうということも想像可能。
そして同時に、同じような立場に置かれてヨーロッパ戦線で大活躍し大量の戦死者を出した
日系の442部隊のことも脳裏によぎるはず。
多民族国家であるアメリカ人の歴史や戦争、人種問題に関する教育と知識はわれわれ
日本人とは比べ物にならないほど深い。

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:13:16 ID:gzAiTD3X
>>836
×ウォー・ギルド・インフォメーションですな。
○ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラムの成果ですな。

寝ぼけてました。

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:13:56 ID:FIE+i3Kc
>>833
ありがとー

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:15:13 ID:Ait5vVbK
>>838
そこまで正確に書くのならギルドじゃなくてギルトとしてくれw

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:15:48 ID:+1YblXLY
http://ime.nu/www.oscarwatch.com/FYC/gallery/2006-07/film.php?key=Letters%20from%20Iwo%20Jima
チラシ拾ってきました

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:16:51 ID:ewe4R94T
        ∧_∧
       <丶`∀´> エラゴン 絶賛上映中 
        /::/_/
    /|\/::/_(/|\
    ≡⊂/:::/ 三)つミ
<ニlニlニl(::/三ノ
      >:::>:::>
      ヽ)ヽ)
      <_ミ_ミ


843 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:18:56 ID:S8cM2orx
>838
そんなプログラムは存在しないわけだが

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:19:59 ID:vyJB0VyS
政治思想板【硫黄島からの手紙ってどうよ】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1166197119/

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:23:14 ID:LeCUYZCV
>>835
ですね。
でも、シドウが玉砕したがってたようには見えなかった。
隠れていて戦車に忍び寄り、爆弾抱えて突っ込むなら分かるけど
でもシドウは爆弾もって寝てただけだから、覚悟が弱い。
死体に紛れて襲いかかる作戦アリというのも一応読んだけど
敵を確認せずに寝てるだけじゃ運任せで弱い
カッコつけて仲間は斬れるが自分は迷いがあるw
カッコつけきれない。で、やっぱり生き残る。
シドウの役は皮肉が込められてるね。

「父親達の星条旗」勝利者の米国側でも
戦って死んだ者がいて
戦って運良く生き帰れた者は何も語らない
つまり真実は語られることはない。
前線から逃げていた者だけが武勇伝を語る
みたいなことクリントは言ってましたね。
「虚しさ」が語られることはないんだよね。


846 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:24:28 ID:pAR7vCDF
>>837
そこまでホンを練り込んでいたら神だな。
バロン西との邂逅はアメリカ人にとって皮肉以外のなにものでもなくなる。
正直な話将来442部隊までハリウッドに撮られたらたまらないな。
日本の心ある映画人、なんとか邦画で実現して欲しい。

日本人は移住した人々に冷たいから絶対無理だろうが.............orz


847 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:26:51 ID:Y3X9Fo2G
西郷の役のやつが思ってたより遥かに芝居がうまかった。
ジャニーズだからって偏見もたれてるなら可哀想だな。

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:29:40 ID:YvH5bzyr
獅堂の役は俳優としては美味しいと思うぞ。
あのなさけない役をうまく演じてたし。
ああいう人は今でもいそうですな。
さっきまでこのスレにもいたみたい。

それにしてもラストシーンがなんとも美しい。
戦争映画でグロもあるのに静謐で美しいのはなぜだ。
あれで映画が締まったと思うのです。

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:29:53 ID:vyJB0VyS
この映画は自分が日本人であるという事実に
あまりに痛切に訴えかけてくる映画だっただけに
個人的には純粋に映画としての評価ができない。

ただただクリントイーストウッドに感謝したい。
これから先、あの戦争や日本の為に戦い死んでいった方達に対して
恥ずかしくないように生きれるか、ここで言いきれるか自信はないけど
そうでありたいと思う。




850 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:34:17 ID:gzAiTD3X
>>843
存在してるでしょ。

オレがGuiltをギルドと書いたことについて言ってるんなら
親切な糞野郎>>840の書いてる通りギルトが正しいです。

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:34:17 ID:yGAZs/wH
二宮がよかったと言うのは、「地」だったから。
不貞腐れ具合が、「地」そのままで行けた。
演技ではないw。

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:36:18 ID:pAR7vCDF
二宮を見て往年のいしだ壱世を思い出したオレは負け組............orz

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:38:01 ID:3mfxi/iK
それにしても

星条旗、手紙…アメリカ人監督
太陽…ロシア人監督

でもってどれも素晴らしすぎ。
なんてこったい。

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:41:27 ID:u0RlJHSS
>>853
ハッチギ?があるじゃん

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:42:35 ID:S8cM2orx
>850
ソースがSAPIOしかない

コピペで広まった国士サマの中での妄想

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:42:35 ID:pAR7vCDF
  |   |  | |   |    |  | |   |   |   || | |
  |   |  | レ  |    |  | |   |  J   || | |
  |   |  |     J    |  | |  し     || | |
  |   レ |      |  レ|       || J |
 J      し         |     |       ||   J
             |    し         J|
             J                レ
                      _,,..,,,,_
              、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,   @
                、,   /l.  /____/   n   ヽ|ノ,,
             @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,, 
             ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,


857 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:42:42 ID:YvH5bzyr
>>854
なんてこったい。

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:46:20 ID:c+NGh3ht
>>856
なんて安らかな眠りについたんだ・・・・w ID:pAR7vCDF

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:51:21 ID:YvH5bzyr
>>855
GHQによる検閲、書籍や論文の発行停止や掲載禁止、公職追放、放送による宣伝、GHQ批判の禁止

これらがあったのは事実、陰謀ではなくGHQの政策として実施されていますな。

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:05:53 ID:w1H6/sI8
GHQは戦後、戦争を起こしたのは日本の軍部であることを宣伝しまくった
んだな。
今でも、日中〜太平洋戦争は軍部の独走であって国民はだまされたと信じこ
んでる奴が多いんじゃない?
対米戦は、当時の国民の総意であり真珠湾攻撃に狂喜したらしいよ!

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:16:24 ID:+BIEV/Me
この写真は泣ける
http://www.oscarwatch.com/FYC/2006/images/dec11/letters3.jpg

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:33:32 ID:e/c36qf4
摺鉢山で上官が自決する前に吸ってた煙草って今でも皇居でもらえるってマジ?

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 04:54:35 ID:iyhtqOX+
>>588
あー、確かにそうだね。
星条旗と手紙、本当にバランス良く出来てるよなあ。
どちらが欠けても真意は伝わらないような、そんな一対の2作。
星条旗見といて良かった。DVDはセットで出ないかなあ。

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 05:09:48 ID:z69lCx06
なんかハリウッドが作ると出演者が日本人でもかっこよくなるよな・・・・
なんなんだ邦画のあの安っぽい感じは
決して制作費だけの問題じゃないような気がするんだが

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 05:22:05 ID:eL3fhvM7
昔と比べると、日本人をカッコよく撮ってくれる作品が増えたね。
この映画に関して言えば、日本の映画のようなウェット感が無く、
爆弾が飛び交っているのになぜか画面が静謐な感じがする。
イーストウッドの作品に出れて、それが評価も高くて、
おまけにカッコよく撮ってもらえるなんてすごいと思う。




866 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 05:22:16 ID:fF7esxcd
>対米戦は、当時の国民の総意であり真珠湾攻撃に狂喜したらしいよ!

これは逆の意味で”ない”。とくに”総意”のほう。
現代の”国士”様のような方が、(現在の比ではなく本気で)
日本のやりかたに執拗に妨害をかけてくるアメリカに腹を立てていて
その手の脳におからが詰まってるような輩が大喜びしたのは事実だが

対中戦争が続き数十万単位で国民が兵役に取られる総力戦の最中に
さらにアメリカとも戦えるのかという不安と、ついにアメリカとも戦うのだ
という誇らしさが同居した不思議な気持ちだった。と当時の回想では一様に
述べられている。

ようするに、一般国民的には、
「偉い人がちゃんとわかっててやってるんだから大丈夫だよ・・・ほら角度とか?」
ぐらいの感じ。それまではいちおうちゃんとやってるように見えてたから。
(戦後ちゃんと追ってみる(特にドイツと比べる)と猛烈にアバウトな
 日本の戦争/外交に内外の歴史家が悶絶することに。)

てか、なんでもGHQがGHQがもなんも、戦後無数の歴史家がいろんな立場から
いろんなこと書いてまんがな。それを”GHQが”とか”強制”とか一言で
ぜんぶなかったことにするやつぁ、地雷抱いて米戦車と心中してきなさい。

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 05:53:59 ID:JbAVaVBY
>>852
それなら私小説の評価は小説としての評価じゃないのかよ
素の演技も演技でしょ
でしょw。

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:03:23 ID:Qiys5xMH
素でわからないんだけど、硫黄島ってすごく暑いはずだが
みんな服をちゃんと着てるし、あんまり汗も出てないけど
撮ってる人は(監督に限らず)気にならなかったのかな?
「暑苦しさがあまり出てないんじゃないか?」と思う人いなかったのだろうか。
どうでもいいところなのか?すごく気になってしまったんだが。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:26:16 ID:B4CXjWD1
>>868
監督はこの映画で帝國軍人を描きたかったのであって
半裸で戦ってるベトコンみたいなのを描きたかったんじゃなかったのでワザとじゃないの?

謙さんは撮影の後から現地の洞穴に入って初めて気付いたとあるから
普通にそこまで熱いものとは知らなかっただけだろうけど。

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:28:38 ID:BWmeZZ14
私の父はパラオから奇跡的に帰還した一人です。
10年前に86才で亡くなりましたが、32才から39才の7年間
満州から南方最前線まで戦い、生き残り捕虜になりました。
私が30才になった時、お酒を酌み交わし5時間位語り合った時、パラオでの
話をしてくれました。
それまで戦争の話は殆ど口にしたことはありませんでしたが、父が帰って来て
くれたお陰で今の私が存在するわけで、どうしても戦争時の話が聞きたくて、
殆ど玉砕したなかでどうして生き残れたのかとか、捕虜になるまでどうしていたのか
とかが凄く聞きたかったのです。
淡々と語ってくれましたが、内容は壮絶でした。
戦争末期には、戦闘物資はまったく無く戦える状態では無かったので、
毎日ある空襲から逃れて隠れる日々で、殆どの兵士は、餓死、病死、負傷死(医療品が無く)だったそうです。
一番印象的だったのは、捕虜になって米兵から食事を与えられた時の話です。
1年近く食事らしい食事はしていなく、芋のつるや木の実、虫、ねずみ、食べられる
ものは何でも食べて、それも底を突いたとき終戦になり生き残れたわけですけど、
骨と皮の状態で内臓が働いていない状態では、せっかく出された牛肉の缶詰やらが
消化できなくて、幸い私の父は医者だったので、皆にほんの一口ずつ50回は噛んで
から飲み込めと、ここで死なせるわけにはいかないと声を振り絞って言ったけど、
何人かは長かった飢えを満たすように急いで食べて、消化できずに亡くなったそうです。
皆一緒に帰りたかったのに本当に残念だったと、涙をこぼしながら話してくれました。
今書き込みながら、父の顔を思い出し涙しています。
硫黄島で玉砕された方々を思うと、本当に胸が痛みます。
この映画は沢山の方に見ていただきたい映画だと思います。

長文失礼いたしました。

871 :868:2006/12/20(水) 06:35:23 ID:Qiys5xMH
>>869
ピシリとした雰囲気を出したかったって感じ?なるほど…
フィクションなんだから、いいたいこと、えがきたいことを優先すべきだね確かに。
>>870
壮絶なお話ですね。

今年96になる夫の祖母の空襲話を5年ほど前に聞いたけど
辛そうに話すから、きいてはいけなかったと思った。

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:36:00 ID:Yw8IotHX
よく、死体の写真を見せたり
中途半端な戦争教育をしている学校もあるが、

是非、この作品を体育館とかで見せるべきだよな

これは、歴史に残る名作だ

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:37:35 ID:B4CXjWD1
>>870
貴重なお話ありがとうございます。

でも住人が言うのもなんですが
そういう実のある話は2ちゃんではなく新聞投稿や
この辺に投稿してはどうかと思うのです。
ttp://www.eigaseikatu.com/title/16422/
ttp://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324563/

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:38:07 ID:Yw8IotHX
ちなみに硫黄島はめちゃくちゃ暑くて
床に座るのだけでも苦痛らしいね

ましてや、洞窟の中など地獄だろう


米軍は、最後には洞窟の中に海水を流し込んで
そこにガソリンを混ぜ、火をつけたとか

すると、高熱に煽られ、皮膚が綺麗にこそげ落ちるらしい

地獄の中の、地獄だ・・・

さすがに映画だからエンターテインメントとしても成立させないと
話しにならないわけで、そこまでは描かなかったけど

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:41:39 ID:G66+sUim
>>870
私にとってペリリューは硫黄島と同じくらい
感銘を受けた戦いだったので
お父様の貴重なお話にとても衝撃を受けました
悲しいですね、本当に悲しい…

戦争で亡くなられた全ての方が
安らかに眠ってくださいますように…

876 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:41:47 ID:Rw1ZZEpz
>>874

予算がないからだろ。

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 06:44:03 ID:F8Cfuo6n
そういえば、手紙上映前の予告編でいしだ一成出演の映画があったな。新宿ミラノ座にて。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 07:11:16 ID:K3rj82yu
今日はサントラ発売日だな。あれは傑作だと思う

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 07:18:20 ID:d1/0Tw5W
>>869
俳優が硫黄島の異常な風土を知ってなかったのは、普通に監督のミスでしょ。
それをフィクションなのだから、とか監督の意図だった、ってのは見方が甘すぎ。

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 07:31:05 ID:qS5GD07e
硫黄島の洞窟掘りは10分交代でした。

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 08:00:42 ID:e/c36qf4
>>879
だろうね。クリントも服装にミスはあったと言ってたらしいし。
でも完璧すぎなくて良かったわ。
ボロがでなきゃ監督の卵は自信なくすだろwwww

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 08:16:03 ID:iW17dGZb
本日発売のNewsweek日本版、硫黄島特集読みました、非常に興味深いです。

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 08:19:34 ID:D9ZN9OSU
洞窟って・・・基本的に涼しいんじゃないの?

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 08:39:01 ID:Yw8IotHX
>>883
穴掘ると、硫黄ガスが噴出して
悪臭&地熱で、穴掘り作業は5分が限度だったらしい

常時、サウナ室に缶詰みたいなもんかねぇ・・・

そこに毎日何千トンという爆撃が続くんだから、本物の地獄だったろうね

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 08:48:49 ID:RJ6VxnEw
爆撃の音(洞窟内だから反響音もすごかったろう)で、難聴(耳鳴り)になった
帰還兵のおじいさんが青山レポに出てたよな

スチームサウナに近い状態だったんじゃないか?

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:01:41 ID:S8cM2orx
>859
それはWGIPじゃねーべ?

887 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:06:02 ID:HOFVDjUU
今日からアメリカ公開ですか?

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:07:26 ID:Qiys5xMH
洞窟の中、40〜60度だったって
パンフに書いてあった。60度って。

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:38:30 ID:stVBYwks
これ二宮?

http://www.fujisan.co.jp/Product/5766

890 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:42:24 ID:qS5GD07e
12月頃からだと夜風が涼しく感じるんだって、激戦は2月末からだよね。

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:42:45 ID:/ZF2j9dy
>>889
そうだよ。
Newsweek Japan の表紙。
インタビュー記事も掲載されてる。

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:42:49 ID:RJ6VxnEw
だな
ジャニーズ規制でWebに画像載せる段階でボカシ入れてるんだろ

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:45:22 ID:r/tk7zL+
>889
どこの亡霊かと思った。

キム蛸の件といい、表紙のぼかしといい、ジャニって最低最悪な事務所ですね。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:47:09 ID:bl8FjBKt
今朝の読売に、戦前硫黄島島民だった方のインタビューが載ってた
島に残ったのは120人で、生き残ったのは5人だけらしい

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 09:55:14 ID:lxXzx5yz
40度以上の環境で肉労したことあるが、1時間くらい続くと気が狂いそうになる。
30〜40分くらいで、だんだん頭がぼうっとして、
なにも考えずに体を動かしているのが、一番ラクという状態に。
現代の職場だから、強制的に1時間ごとに休みが入って
クーラーの効いている部屋に行けたけど。

>>890
外は南の島でも涼しい風が吹くことはあるけど、
洞窟内は地熱だからなあ。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:03:14 ID:RJ6VxnEw
指揮官が戦死した後、
残党兵士も長時間灼熱の地下壕で、
飲まず食わずで意識朦朧としてきて、
投降した兵士もいたらしいな

ドキュメントフイルムでは、
よたよたになりながら、
米兵から水受け取ったり、
タバコもらったりするの出てた。

あの人達は、あの時、鬼畜米英と教育されてた敵がどう写ったんだろうか?

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:12:00 ID:sUVbT/7M
大東亜共栄圏構想の偉大さが
あらためて実感できた作品でした。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:21:53 ID:pAR7vCDF
>>895
自然換気は起こるように設計されてたらしく、完成後は奥でも30度くらいまでに
下がったって、なにかに書いてあったよ。
坑道が斜めになってると自然換気するんだって。

60度じゃ立てこもる前に半日で死ぬと思う。

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:39:35 ID:Ait5vVbK
>>846
シナリオを書いたのが日系のアイリス・ヤマシタだということをお忘れなく。
100大隊、442連隊の奮戦と苦悩を彼女が知らないわけがない。

>>868
ロケ地はアイスランドの海岸だとか。
さしものハリウッドでも北極圏を亜熱帯に変えることはできなかったということだろう。

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 10:54:43 ID:vtGd5N2R
ヤフーレビューが開戦に至った経緯についての論争
になってきたなあ。
勉強になるのでどんどんやってもらいたいが、
映画のレビューではなくなってくるからなあ。

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:09:41 ID:wRsTqSz/
>>862
勤労奉仕すると貰えたお土産の煙草は
今はたしか廃止になったはず。健康ブームの
あおりを受けて、お菓子だけになったんじゃ
なかったかな。


902 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:12:38 ID:vtGd5N2R
900は自分ですが、どうやら自分のPCでは新スレは
立てられないようです。どなたか代理お願いできますでしょうか。
申し訳ありません

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:12:42 ID:wRsTqSz/
>>882
ニューズウィークって大抵レフティだけど、どんな感じだった?

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:15:56 ID:A3wsaCJx
>>866
ヒステリーによる長文ご苦労w

だがオマエはWGIPの存在を否定できる論拠は何も示せてないぜ。

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:16:59 ID:wRsTqSz/
>>895
地熱でもうれつに熱いだけじゃなくて、
有害ガスによる頭痛も酷くて、穴に入って
作業するのは一人30秒までとか決められ
てたとか、どっかで読んだ。

洞窟ほり作業じゃなく、遺骨収拾作業が
30秒だったかも。でも、とにかく臭いガスが
頭を痛くするらしい。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:30:00 ID:vtGd5N2R
NEWSWEEKのサイトのリンク貼っておくかな
サイトは見出しだけだけど
http://www.newsweekjapan.hankyu-com.co.jp/

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:33:01 ID:kcOeBIFu
大東亜の精神を注入された気分です
再三にわたった天皇陛下への万歳三唱シーンは印象に残ってます
特に主役の渡辺さんが起こした万歳のシーンは観てる私たちも当時のその状況におかれている立場にいると錯覚してしまうほど意味深いものでした
悲しくもないのにつぎつぎと涙がこぼれてきました

一人で観賞して正解でした

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:43:26 ID:RJ6VxnEw
そろそろまとめサイト欲しいな
オレはものぐさだからやらないけど…

スレ冒頭にあるインタビューカキコとか移したほうがよさげ
あと名セリフ集とかあるといいね

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:48:01 ID:RqiKd65/
389 :専守防衛さん :2006/06/28(水) 19:12:36
現役時代硫黄島にいた幹部の人からいろいろ話し聞いたけど・・・、

・毒蟲がいっぱい。
・地面から突き出た窪みを何気に蹴ってみたら不発弾だった。
・不発弾見付けたと言って自転車の荷台に縛り付けて持って来たバカがいた。
(この後みんなの目の前で自転車が倒れ全員一目散に逃げたそうな…、)

恐ろし過ぎる、硫黄島だけは絶対行きたくないな。


910 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:48:34 ID:KWVfmVsX
今日久しぶりに休みが取れて子供を預けられたので、
夫婦で星条旗と手紙を観ようと移動中に財布を落としました…。
イーストウッドさんごめんね。
映画館では観れないようです。

ごまんえん…orz

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:53:48 ID:uUh/9rHV
バロ西は硫黄島に向かう途中で戦車を載せた船をアメリカの潜水艦に沈められて、補給の為に本国へ帰国した際に栗林中将の家族に会いにいってるのね。公私ともども親密な関係だったのだろう。
でも軍歴はパッとしなかったみたいね。
当時でも出る杭は打たれていたのだろう

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:54:42 ID:po4WpxFe
亀だが。このスレのうちに。

>>742
あれは、「ここはまだ日本か?」に対応するところで
ここはもうアメリカ、な状態だから、余裕のよっちゃんで西郷は生かされた、と感じたけど…。
米兵のからかい半分な言い草(なっちーだけど)とか
史実のタイミング的には、これで合ってる?

>>756
えええええ!
あれはあれで、すげー泣けるラストじゃん?
あ? ラストじゃなくて途中。こうもりちゃんなあたりか。



913 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:04:44 ID:Y1/pzgxx
>>912
獅童の捨助は最後は近藤に殉死するんだから硫黄島とは逆。

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:07:53 ID:u0RlJHSS
>>756
なんかすごい色がついたなw

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:16:16 ID:kcOeBIFu
当時の島の正式名称は
いおうとう
でおK?

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:20:44 ID:TAjkldiL
>>915
そのようだ。

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:23:00 ID:aQWMFWjJ
赴任した当初っていうか映画序盤の栗林は
「うん」「そうだね」「知ってるよ」などと普通の受け答え。
このへん邦画だったら無駄に重々しい雰囲気をだそうと
「うむ」とか「である」とか言わせるんだろうけどなと感心してたけど、
そんな現代的な気さくな受け答えをしてた人が死を目の前にした時は
生きて帰ること無きものと覚悟せよ!だからなぁ…戦争の恐ろしさと凄みを感じた。

918 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:23:05 ID:CD/MCtRl
>>910
常識あるヤシが拾ってくれることを祈ろう。

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:25:23 ID:lxXzx5yz
>>898
ああ、自然換気の話は読んだ。
40〜60度ってのは、今の人の探訪記なんかにあるね。
戦闘で壊されて、いろいろと条件が変わったんだろうな。

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:25:48 ID:UxSlGW1l
>>913
「勝っちゃあぁ〜んっ ♥ 捨助でございますよっwww」

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:28:37 ID:vyJB0VyS
>>910
イ`。





922 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:30:04 ID:iMSwB8b4
>>913
あれは「無駄死に」って感じで嫌いだったなあ。
独りよがりなキャラなんだな。シドウに振られる役って。生きよが死のが。

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:33:43 ID:yJQ1n/II
昨日3回目を見てきました
やっぱり一言で言うと感動か、考えさせられる。それで2つの映画を作った
イーストウッドのメッセージを推測すると、戦争の醜さにも目を背けるな
という事だと思う、だとすれば日本人にとって今見るべき映画はこれだと思う
=============
 日本人が今見るべき映画 最新の南京大虐殺映画 「五月と八月」2002年香港
 参照 >>56 >>63
 hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)
=============

この映画見ると泣いちゃう、でもその涙って何?と思う


924 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:43:00 ID:Z9HmcEaY
>>923
hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf

これWMPとかでは見れないんだが・・・・

925 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:45:28 ID:uL1tRhs+
>>923 よかったらこれも一緒にどうぞ。
中国による東トルクスタンの圧政
ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html
トルクスタンの女性がノルウェーで講義、人権賞をもらう
ttp://watch.blogtribe.org/entry-e6871c312925cc3cbc0e764218d92188.html
【カナダ】 6割強のカナダ人、ハーパー首相の対中国政策支持〜経済利益より人類の安全重視を評価
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164209014/
ドイツ人の61%がダライ・ラマ法王を崇拝との調査結果
www.tibethouse.jp/news_release/2006/060906_de.html
中国・胡錦涛主席が訪問中のインドでチベット人活動家らが抗議活動
www.fnn-news.com/index.html
【中国】 国連人権理事会で中国の臓器狩りが俎上に
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159095284/
【英中】中国・温家宝首相が訪英、人権問題などの質問にぶぜん
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158165259/ 

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
中国政府のチベットでの蛮行
http://www.youtube.com/watch?v=jDo30PuJqrU
http://www.youtube.com/watch?v=6VdX5ZTvL24
http://www.youtube.com/watch?v=Hw5TjBsdnz8
チベット人600万人に対し、750万人(2000万人に増やすとの情報
もある) の漢人入植者、チベット女性の強制的な不妊化、
チベット女性と漢人入植者の強制結婚、強制混血児出産
東トルキスタンでは、民族浄化に加えて、数多くの核実験を行なわれた
ために、放射能の影響で多数の人が死に、また奇形児が生まれたという。

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:46:15 ID:d2nOyN2x
>>898
すごいな
ちゃんと考えて作ってあるんだ
俺は自然換気って初めてきいたよ…
ただ穴掘っただけじゃなかったんだね

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:50:16 ID:kcOeBIFu
洞窟の中で玉砕(自決)寸前の先輩諸氏が「靖国で会おう」「来世で会おう」の一言があった事には深く考えさせられた。

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:52:47 ID:qAaBubbo
>>923
見るべきっていうけど、2002年って書いてあるがそれって今公開中なのか?
DVDかなんかが出てんの?

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:53:17 ID:qS5GD07e
地下35b地下三階に病院壕を作くろうとしてました。

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:54:21 ID:8sN4beww
>>899
アイスランドは星条旗の方だよ。
手紙のロケ地は、ロス郊外の砂漠バーストウ。
廃坑があって洞窟にちょうどよかったらしい。

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:02:43 ID:T5q2o5yP
以前読んだ太平洋戦争の戦記には「死んだら靖国で会うんだよな」
といった戦友との会話の記録が何度かでてきた。
靖国神社が政治問題化する以前のことで、なんの違和感もなかった。


932 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:03:11 ID:CS8x2cv/
>>906
今ニューズウィーク買ってきたけど、表紙にこんなボカシ入ってないぞ。
二宮の顔面はネットではグロ画像か何かなのか?

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:06:33 ID:Ait5vVbK
>>930
あ、そうだったのか。
だから擂鉢山が見えるシーンが少ないんだね。納得した。
それにしてもCGと前作のフィルムを使いまわすことで経費を節約しながら
違和感なくまとめるテクニックはすごいわ。

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:08:57 ID:KGOk8kEJ
>>920
余談だが、家族の者が捨助の子孫に会ったと聞いてワロタwww


935 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:09:10 ID:+vXNTOEs
>>932
肖像権の関係でジャニがネット上に画像が流布されるのを認めていない。
ドラマとかのホームページ見てもいつも不自然にジャニタレの写真はないよ

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:09:24 ID:vtGd5N2R
>>932
ジャニーズは肖像権にうるさいからだよ

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:11:08 ID:tIKh1xB1
906さん、情報ありがとうございます。明後日発売だから予約できました

 これまで全く無関心だった靖国問題がこの映画で興味をもった。靖国神社へ
やたらと反対だの行くな!だの言われているけど理由が判らなかったけど、
 映画を見た後は反対する言葉が虚しく思えた。これまで感心が無かった事が恥ずかしい。
 
 


938 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:12:22 ID:wRsTqSz/
>>911
妻への手紙に
「おれはもてているよ。あばよ。」
と書くような、おもろい人だからなw

939 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:14:05 ID:wRsTqSz/
>>931
栗林さんが手紙で「墓はどうでもいいです。
多分骨も帰りません。靖国があるから安心して
下さい」みたいなことを、奥さんに送ってたよ。

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:15:32 ID:zcHcm5Fx
急いで作ったのが良い効果をだしているけど、荒さもめだつかな。
いつの日か、そういうのを補完した完全版を見てみたい。
カットされたフイルムとかちゃんと保存しているものなのかな。

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:15:46 ID:qS5GD07e
硫黄島の話は昔はバロン西伝説ばかりだからね。

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:17:07 ID:VUu82YZj
父親たちの星条旗を見てないんですが、
初デートにこの映画を選ぶのはやめたほうが良いですか?

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:17:23 ID:1mGyMO81
>>936
アメリカのyahooでは写真いっぱいでてる。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:17:42 ID:3o47og6G
【社会】戦死者の霊についてのうわさが絶えない「硫黄島」 常駐する自衛隊員が霊を見たという話は数多く
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166587869/

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:17:44 ID:zQiLaM16
【社会】戦死者の霊についてのうわさが絶えない「硫黄島」 常駐する自衛隊員が霊を見たという話は数多く
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166587869/


946 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:18:20 ID:FTiH2pX8
『Newsweek』なかなか良かったよ
この作品がアメリカで評価が高い理由等々。あとジャニ君の醒めてるインタビューと関連コラム。
いずれも冷静な視点でよい。
400円。立ち読みでも買っても・・俺は米からこの映画がどう見えてるか知りたいから買っちまったw
都心部なら今日発売だよ>>937

サントラも今日発売だな。といってもメインテーマ1曲しかBGMなさげだが・・w
店頭であの曲のトランペット編を流されて売られたら、目を潤ませて佇む人が出そうだ・・

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:18:51 ID:zQiLaM16
2秒負けた・・・orz

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:18:52 ID:uL1tRhs+
>>942
初デートは終わったあとに楽しく会話の出来る作品にしませう。

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:20:20 ID:HOFVDjUU
死んだら終わり。靖国であえる訳ない
なのにそう信じこまされた

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:20:35 ID:VUu82YZj
>>948
分かりました、他の楽しそうな映画を探そうと思います!
ありがとうございました

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:22:50 ID:tIKh1xB1
地方住まいなので、明後日入荷です。近所の書店に即、予約しました。
 多分入荷数も僅かだと思う。>946

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:27:11 ID:A3wsaCJx
>>949
日本人の死生観とか興味ないか?





953 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:27:48 ID:kcOeBIFu
擂鉢山が陥落した時に思った
富士山より偉大な山だなと

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:28:57 ID:pqX9DoKM
【輪廻転生】日本人の宗教観【死者の守護】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1158775659/l50

ついでに
ttp://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:32:35 ID:kcOeBIFu
>>949
まぁおまいもいつか死ぬわけだから
最後は何かに縋ってるよ

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:43:08 ID:Qiys5xMH
死んだら終わりとは確かに思うけどね

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:43:11 ID:Pc/qmj4L
ttp://www.tvguide.com/detail/movie.aspx?tvobjectid=284676&more=ucmoviereview

クリント、インタヴューあり。

958 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:44:39 ID:CD/MCtRl
>>950
その彼女が社会性に長けていて、色んなことを討論するのが大好きならいいんでないかい?

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:45:50 ID:uUh/9rHV
943>

見終わった後、彼女と意見が交換できるなら結婚するだろう。

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:53:06 ID:wRsTqSz/
>>932
あの事務所、肖像権すっごいうるさいからじゃない?
あそこが絡むと映画のHPで人物紹介でもなんでも
写真がでない。徹底してるけど超ばかっぽい。

>>958
初デートで賭けに出るようなことはやばいだろうw

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 13:57:58 ID:B4CXjWD1
>>960
ここまでくると逆にweb運営者の嫌がらせのような気もするけどなw

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:05:42 ID:zslVVUrT
靖国で会おうと言って硫黄島で散っていった英霊。

その靖国でまさか東条と会うとは夢にも思わなかったであろう。

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:11:08 ID:mHBR2BIm
>>910
そんなに簡単に財布て落せるものか?
自分の家かマイカーの中にあるんじゃないのん?

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:12:02 ID:Pc/qmj4L
ttp://movies2.nytimes.com/2006/12/20/movies/20lett.html?pagewanted=1&ei=5083&en=1c19bfdb72b70b5f&ex=1198126800&partner=Rotten%20Tomatoes

NYTも誉めてはいるが、日本軍にたいする批判も忘れない辺り、NYTらしいなw

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:28:21 ID:VfyHgdSj
手紙はは史実をベースとしたドキュメンタリーライクな映画としては断トツ出来がいいし、
戦争の無残さを訴えるにはサイコーだと思う。 
しかし、いかんせん暗いわグロ杉だわ。。。(だからRレイテッド付けられた@米国なんだろう)

日本で大ヒット間違いなしだろうが、米国では興行的に失敗しそうだな。。。
それでもアカデミー・オスカーにノミネートされるチャンスがあるのが救い。

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:32:47 ID:f6HlFvzI
テンプレをまとめようと思ったんだが。
せっかくwikiにしたのに見出しのつけ方とかわかんなくて
とりあえず仮ってことでスマン。
しかも硫黄島のつづり間違えてるし。
誰か俺の屍を超えて完成版作って…。

http://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:33:28 ID:s2uE/2QN
急いで作ったから…ってヤシ
クリントはそれがスタイルなの。
「ミスティック・リバー」のコメンタリー参照。
ちなみに二宮がリハやらない訳を聞いたら
私にとって映画を撮るのは宝物を見つけるようなもの。
リハで宝物を無駄にしちゃったら勿体ない。…と言われたそうだ。
だからこそ現場の緊張感はすごいらしい。

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:45:49 ID:JnioN34e
トマトの評価も上がってきてるな。

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 14:59:09 ID:iTTRtuA6
>>966
GJ!
後はみんなで追加・修正していくか。

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:12:34 ID:KGOk8kEJ
>>966
    ヘ⌒ヽフ
   ( ・ω・) d
   / ~つと)


971 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:34:02 ID:dl7VOB/Q
二宮とかいう奴がどうしても厨房に
見えてしまって、違和感を感じてしまう。

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:37:46 ID:b6/yVL62
>役者に対しても観客に対してもクリントは甘やかさない
>だから自ら考えることをしない観客には説明/描写不足と映って感じることができない

どんなジャンルでもそうだけど信者ってこえーな
釣りだと信じたいよ

説明不足、描写不足だと感じる事も人それぞれで、それも立派な感想の一つなのにね
「説明不足だ!」って言ったからって誰かが死ぬわけでもなし
なんつーか、みんなが同じ感じ方をするのが正しいとでも思っているのだろうか?

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:37:59 ID:wRsTqSz/
>>967
卓越した技術を持つ人が集中して一気に作ったものって、
書にしろ小説にしろ絵にしろ、すごいダイナミックさが感じられ
るし、こっちまで一気に集中してみてしまうよね。

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:38:36 ID:wRsTqSz/
>>968
上がってんだ。
観た人が増えれば増えるほど、下がるかと思ってたわ。


975 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:39:56 ID:UhQpAlzt
俺は勇樹苗とかいうおばちゃんのほうが違和感感じた。
二宮が童顔というのもあるが、どうみても親子にしか見えなかった。
無茶ありすぎて笑っちまったよw

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:43:03 ID:II8ZoqUM
新スレ立てたよ。
【Letters from】硫黄島からの手紙24通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166595960/l50

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 15:50:18 ID:zqRehloT
トマトで評価が94%って凄いな。

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:06:00 ID:RJ6VxnEw
夕張市の職員はこの映画観たほうがいいな

【雇用】夕張市、職員の4割(110人)が退職へ 今年度末まで【地方行政】[06/12/20]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1166592953/


979 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:22:14 ID:stVBYwks
刑務所に入ってる奴らに見せるのも良いかもね。

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:24:15 ID:9i2bUwZL
トマト?

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:25:27 ID:IKCxacy0
今日2回目観て思った。
西郷は手紙を埋める事をいつ思いついたのだろう。
栗林には書類と軍嚢を燃やせと言われてはいたけど。
燃やしながらかな。

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:28:22 ID:hnJIKmHU
トマトがね〜、珍しいねw
あんまり潰れてないわけか。

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:31:14 ID:clv1kFTW
すり鉢山が陥落してから最後の総攻撃までせいぜい1週間ぐらいにしか見えない。
もうすこし時間の経過を分かるようにしてほしかった。
兵隊ももっとよれよれになって、無精髭のびまくりだとおもうんだけど・・・




984 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:35:33 ID:9MkWk27J
>>975
高山亜紀はこなくていいよ
http://cinematoday.jp/cat/selfish

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:38:48 ID:stVBYwks
『Newsweek』で二宮が完成品を見てクリントもう少し説明を入れても
良かったのではないか?と思ったらしい。
観客にそれを投げかけるのがクリントのやり方だって。
あと妻子持ちに見えないとインタビュアーに言われてたw
「そこに捕らわれるのは勿体無い見方だ」って。
重要な所はそこじゃないからって。
うろ覚えなので微妙に違ってたらスマン。

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:50:22 ID:r/tk7zL+
>980
これ

ttp://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:55:30 ID:CPs0lBH3
>>985
二宮って結構頭良いんだな。
二宮のおかげでギャルも映画館に入る。
キッカケはどうであれ、若い人にこの映画を観てもらえるのは良い事だ。

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 16:55:31 ID:CD/MCtRl
俺この映画見てどこかの神社にお参り行きたくなった…。護国神社が一番かな?

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:03:03 ID:FIE+i3Kc
ジャニーズ関係よく知らないんだけど、二宮って人気あるの?歌とか売れてるの?

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:03:58 ID:g11+LpDZ
>>983
俺もそうオモタ。それがこの映画のただひとつ残念なとこ。

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:10:07 ID:r/tk7zL+
>983
>兵隊ももっとよれよれになって、無精髭のびまくりだとおもうんだけど・・・

確かに時間経過は36日間もあるように思えないし、数日の出来事のようにも思えるけど、
それもクリントの計算なんじゃないかな?
よれよれで髭伸びて汚くなった日本人が玉砕するシーンだと、
「なんか可哀想ー」と変な同情心が湧くというか・・・。
逆にかっこよく飛び出してばったばったと敵陣を倒していくのも、
ヒーロー過ぎるというか、うそ臭いというか・・・。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:13:39 ID:W8vWZbVD
>>934
土方の縁者と同級生(土方)。
元上司は勝っちゃんの縁者(宮川)。

栗林の孫とも、川口市役所時代に…

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:15:30 ID:99gww81U
>>989
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%92%8C%E4%B9%9F
大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤という5人組「嵐」のメンバー。

嵐ってのは、ピンでテレビドラマなどに出して人気がでた5人をまとめて作ったグループだったと記憶。
(酢マップとかはグループが先で後からばら売りした)
なので、地味ながらそれぞれファンは多いはず。
自分はジャニファンじゃないが、嵐の面子はドラマでよく見るので見分けがつくw

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:17:35 ID:r/tk7zL+
>993
前からその5人の中だと二宮が一番地味だなーと思っていて、
嵐にいることも忘れていたぐらいだった。
アイドルグループより俳優業に徹したほうがいいかもしれない。

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:26:50 ID:TMgwcYUV
>>993
二宮のドラマは見たことがあるが、他の人は知らないな。

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:30:11 ID:DN8DZ2jK
>>988
私も今日、映画を見終わって、近所の神社(うちの國の3の宮)に参拝して来ました。
勿論、東京なら靖国神社、地方なら護国神社がベストなんでしょうが…。

冒頭のシーンで、暑い場所で作業してる筈の二宮君が汗かいてないとか、
憲兵のシーンでの、山村紅葉っぽい女性の演技が微妙だったこととか、
手紙を掘り出すシーンで、スコップが全然慎重じゃなかったこととか、
非常に細かい点を除けば、大満足でした。世界中の人に見て欲しい希ガス。

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:30:57 ID:wWZ0pz6z
松本潤が舞台でジェームス・ディーンの「エデンの東」やっているの
をチケットもらってみたけど、結構上手いなと思いますた。ジミーに
は及ばないかもですが。大野君も上手いとか噂に聞いたが。じかには
見たことない。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:35:01 ID:TUIwMrQA
>>996
石碑には、たっぷりお水をかけてあげてくだしゃい。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:37:53 ID:r/tk7zL+
>998
石碑にお水掛けるのって駄目らしいよ。
人の頭から水掛けるみたいなもので。
水を入れたコップを備えてお祈りして持って帰るのがいいらしい。

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:38:53 ID:bDFJ7jId
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

348 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)