2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙25通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 22:57:12 ID:0/yDeECT
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ

注)次スレは>900踏まれた方が立てて下さい

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:00:19 ID:0/yDeECT
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
( ※スレの流れが早い間は900踏まれた方が次スレ立てて下さい。)

■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙24通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166595960/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:02:48 ID:0/yDeECT
硫黄島からの手紙 @2ちゃん関連情報置き場(23通目966氏製作)
http://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:12:00 ID:0/yDeECT
■過去スレ
硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/
【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:13:36 ID:0/yDeECT
【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/
【Letters from】硫黄島からの手紙16通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165894412/
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/
【Letters from】硫黄島からの手紙18通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166035344/
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/
【Letters from】硫黄島からの手紙21通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166273491/
【Letters from】硫黄島からの手紙22通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166354150/
【Letters from】硫黄島からの手紙23通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166448724/
【Letters from】硫黄島からの手紙24通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166595960/

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:15:56 ID:0/yDeECT
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10

【ノミネート】
第64回ゴールデン・グローブ賞(1月15日発表)
 外国語映画賞・監督賞(星条旗・硫黄島でWノミネート)
ブロードキャスト映画批評家協会賞(1月12日発表)
 作品賞・監督賞・外国語映画賞
シカゴ映画批評家協会賞(12月28日発表)
 外国語映画賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・作曲賞

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:17:36 ID:0/yDeECT
■参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:18:45 ID:0/yDeECT
■参考資料(関連著書等)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本陽 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守 晴夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著), Richard F. Newcomb (原著), 田中至 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー (著), 大島英美 (翻訳)
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:20:39 ID:0/yDeECT
飲み水は涸れ、弾丸尽きる凄惨な戦場と化した硫黄島で、本土防衛の最前線として、兵士達は、国の為というより自分達の家族を守る為に戦った。
その総指揮官・栗林中将の命令は、玉砕を許さず最後の1人となってでも、米軍による本土空襲の盾となれというものだった。
自らも、それまでの指揮官の死に様…前線の後ろで自決という形を取らず、身分を示す中将の階級章を外して最前線に立った。
以下は、3月25日、出撃前夜、栗林中将が述べた当時生き残っていた全将兵に呼びかけた訓示である。(数少ない生還者の一人…大山純軍曹の証言より)

「予が諸君よりも先に、敵陣に散る事があっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。
いま日本は戦いに敗れたりと言えども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功を讃え、
諸君の霊に対し、涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし」

「散るぞ悲しき」…梯 久美子著(新潮社)

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:22:08 ID:0/yDeECT
月刊【歴史街道】1月号(PHP研究所)600円
http://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=84225
総力特集
硫黄島と栗林忠道〜命をかけて守ろうとしたもの〜
・死よりも苦しい戦いに挑んだ硫黄島総指揮官
・米国を知悉していた故に…不遇の「理性派」陸軍中将
・マリアナ諸島陥落!本土空襲へ次なる「踏み台」にされた島
・全島要塞化に米軍戦慄!過酷な持久戦に臨んだ気高き男たち
・三十六日間にわたる死闘!彼らは何のために戦い続けたのか
・「散るぞ悲しき」決別電報に託された祖国と部下への思い
・「絶対に渡島あいならん」命を救ってくださった閣下の優しさ(元軍属・貞岡信喜)
・家族を守った祖父を「内なる誇り」として(衆議院議員・新藤義孝)
・日本人俳優として感じた「責務」(俳優・渡辺謙)
・「太郎君へ」〜アメリカからの絵手紙
・「気強く元気に朗らかに幸福に」愛する家族へ

VISUAL DATA
・全島要塞と化した硫黄島
・太平洋戦争最激戦地の三十六日間

表紙http://www.php.co.jp/shinkan/84225.gif

コラム
・「ペリリューは大丈夫か」
・将兵を奮い立たせた第二御楯隊
・擦鉢山の星条旗が語る真実
・四十年目の「名誉の再会」

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:29:13 ID:0/yDeECT
スカパー!硫黄島関連番組一覧(放送日はリンク先のページ参照)

『硫黄島からの手紙』独占インタビュー特番
それぞれ演じた役柄を独占インタビューや映像とともに解説。
キャストが見た「硫黄島」に迫ります。(番組時間:15分)
渡辺謙→二宮和也→伊原剛志→加瀬亮→中村獅童の順
放送予定は下記参照
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/news/tokuban_interview.html

360ch Super! drama TV 「硫黄島からの手紙」スペシャル 〜栗林忠道中将を知っていますか?〜 30分
http://www.superdramatv.com/line/movie/ioushima.html

706ch ザ・シネマ
360chと同じ番組
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=1023
硫黄島の砂 115分
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=939

707ch 日本映画専門チャンネル
ドキュメント『硫黄島』
12月8日(金)深夜2時より3作品一挙放送
硫黄島 1973年 99分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107776_000.html
太平洋戦史 死闘 最后の決戦(OVドキュメンタリー) 1996年 74分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107777_000.html
太平洋戦史 硫黄島決戦 壮絶なる死闘・そして玉砕(OVドキュメンタリー) 1992年 44分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107778_000.html

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:51:32 ID:CsHI/ncL
朝の3時から無関係な南京スレコピペしてあらししてる
ID:v+6dGWHhは出入り禁止。

>>1
乙。

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:53:20 ID:a2NWNkCF
栗林中将の絵手紙のスライドショー
http://www.youtube.com/watch?v=jkrl9taG7_I

在りし日のバロン西のスライドショー
http://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI

14 :UNKO:2006/12/21(木) 23:55:52 ID:Se3y+YJk
見てから1週間経った今はこう思う。
この映画のテーマは、「戦場にガンダムはいない」
っていうことだったんじゃないかと。
戦争と言うとどうしてもガンダムを思い出すけど、
実際の戦争にはガンダムなんかいなかったんだ・・

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:56:50 ID:8/TQcLpX
アメリカでの反応はどうなってますか?
クリントが売国奴扱いされてたりしなければよいのですが。

16 :UNKO:2006/12/21(木) 23:59:11 ID:Se3y+YJk
http://www.imgup.org/iup303776.jpg

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:59:39 ID:9yZi+1wK
>>15
日本人のすさまじい負けっぷりに激怒するようなアメリカ人はそんなにいないだろ?

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:59:49 ID:xpdaRpXd
アメリカはクリスマスに向けて戦争映画どころじゃない気が…
クリスマスが終わってからのほうが、いろんな評価が増えてきそう。

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:00:20 ID:HBD4Dg1D
>>15

アメリカでは少数スクリーンだろうから、見た人自体がとてつもなく少なくなる予感。

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:01:26 ID:W9Rnm9cM
語学力ある方いたら、今後出てくる英語圏の批評文の
翻訳できるようでしたらどんどん載せてください。
(有名誌・新聞)


21 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:01:37 ID:CsHI/ncL
>>15
異常なほど良い反響です。Reviewでも高評価です

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」最優秀作品賞、「AFI AWARDS」に続き、
アカデミー賞の前哨戦を軒並み制覇。来年1月23日にノミネーションされるアカ
デミー賞について、渡辺は「1月からアメリカに滞在する。それ(アカデミー賞)と
は関係ないけど」。伊原も「年明けにLAに行く。語学の勉強で」と、冗談めかした
言葉の裏に手応えをのぞかせた。

 米では20日にニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコの3都市で先行上
映されるが、大反響を得て、シカゴ、ボストンなどさらに14都市での公開も来年1
月12日に繰り上がった。配給元のワーナー・ブラザース映画では、全編日本語作
品としては異例の「全米50州での公開を目指す」としている。
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20061212/spon____hou_____000.shtml



22 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:01:37 ID:RPIdJKuZ
>>1
乙!

UNKO、ガンダムネタちょっとしつこいw

23 :UNKO:2006/12/22(金) 00:02:30 ID:Se3y+YJk
アメリカ版では、クリスマス時期に合わせて
二宮がうんこを捨てに行く場面に「メリー・クソシマス!」
というセリフが追加されるらしい。

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:04:15 ID:XCSoUJ1P
>>17
アメリカ人のヒーローがいない映画なんか奴らは誰も見ないべ。
アメリカ兵の日本人捕虜銃殺のシーンも大問題。

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:04:17 ID:QAW6wrd3
昭和40年、すっかり戦争も風化しかかった頃、ハリウッドからサイ・バートレット
という映画のプロディーサーがケーリー・グラントを伴って、西武子未亡人を麻布に訪れた。
彼は大戦で空軍大佐としてB29に搭乗。硫黄島に不時着したという。
そして32年のオリンピックの時に19歳の若者だった彼は、あの思い出のリヴィエラ・
カントリー・クラブでバロン西に大変可愛がられたという。なんという運命のいたずら。
彼は戦争が終わってバロン西に再会するのをどんなに待っていたことか。
彼は靖国神社でバロン西のためにたった一人の慰霊祭を主催する。
「………ロサンジェルスに帰りましたら、スペンサー・トレーシー、ロバート・モンゴメリー
及びカントリークラブの貴方の旧友達にこの報告をするつもりです。我が友よ安らかに」
サイ・バートレット大佐の涙の弔辞である。
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

西竹一 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
Sy Bartlett http://en.wikipedia.org/wiki/Sy_Bartlett
Sy Bartlett (サイ・バートレット) http://movie.goo.ne.jp/cast/2714/index.html
硫黄島の英雄(1961)原題 : The Outsider(1961)製作 Sy Bartlett サイ・バートレット
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/index.html
硫黄島の上陸作戦に参加した1人のインディアン青年の生涯を描いたウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイの原作から


920 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/13(水) 23:37:32 ID:Lb0pEO0D
アイラ・ヘイズを主人公にした映画が過去にもあったんだな。
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/comment.html
んでその製作者はバロン西の友達。
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

26 :重複、長文スマソ。:2006/12/22(金) 00:05:24 ID:wiT2zS02
前スレに書き込んだんですが、皆さんの意見を聞きたいので、重複すみません


 まだ、映画は観てません。今度のイブの夜なら、変なオヤジやカップルがいないと思うので、独りで観に行こうと思っています。
 最近テレビを見てなかったんですが、この映画のCMでいつもの、「私、泣けました。」っていうのをやってるのを初めて見ました。
 この硫黄島2部作だけはしてほしくなかったんですが、皆さんはどう思いましたか?

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:06:14 ID:4SquSNgk
裕木奈江を観に行ったのに一瞬だったな。

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:06:27 ID:7dHKqOYE
>1
スレ立て乙です!

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:07:41 ID:Da5Ulkbh
>>15

前スレから。批評家からは結構絶賛されてる。
今までは南京とかに絡めた筋違いな批判が多かったが、映画に関する批判も出始めた。


632 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/21(木) 17:16:46 ID:a2NWNkCF
まともな批判記事が出てきた。
ttp://www.reel.com/movie.asp?MID=142271&buy=open&Tab=reviews&CID=13#tabs
「硫黄島からの手紙」は、日本の兵士もアメリカの兵士と同じように奮闘していたことを
描くというイーストウッドの試みの部分では成功していると言える。しかし、「戦争は悲惨だ」という
定型から超えることはない。アメリカを愛した日本軍の将校という、個人と国に挟まれた栗林の
ジレンマを表現するときも、安易なフラッシュバックで片付けてしまう。同じことは、他のすべての
登場人物の性格付けにも言える。彼らのプレッシャーの元での行動で性格を表現するよりも、
イーストウッドは不自然な記憶のフラッシュバックを多用して、映画の流れをさえぎってしまう。
2匹の動物を殺して観客の反応を得ようとする行為は、彼の監督としてのキャリアの汚点となるだろう。
「硫黄島」の最近の受賞ラッシュは、ポリティカル・コレクトネスの歪んだ形か、
あるいはイーストウッドの努力に対して報酬を与えたいという願望を意味している。

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:07:46 ID:XCSoUJ1P
>>26
何を言いたいんだかようわからん。
TVのCMなんて俺的にはどうでもいい。
それで作品の中身が変わるわけじゃない。

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:10:19 ID:BVPcQpBc
残念ながらクリントはまだガンダムの域に達していない。。。

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:10:41 ID:efbWkZK1
見た直後は興奮していたけど、冷静になってふと思ったのは
この映画は全くの創作でもないし、かといってドキュメンタリーでもないし
生還者の証言や記録を元に作られているけど、敢えて例えて言えば
脚色(狂言回しとしての西郷と、司令官の栗林中将の人間像)を加えた
テレビでよく見る再現フィルムみたいなものだと思って良いのかな。
かと言って、いろんな意味でこの映画の価値を否定するわけではないけれど…

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:11:54 ID:PTHJzvVh
硫黄島防備の歌(無線から流れていた子供の歌)
http://www.h7.dion.ne.jp/~igu1903/siryositu-ioujima-gunka.html.html

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:12:25 ID:QAW6wrd3
硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい
BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M
【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/
Iwo Jima - part 1
http://www.youtube.com/watch?v=dhq1hfwPTnM
Iwo Jima - part 2  ←リアルグロ有り(グロ苦手な人はやめとけよ。マジで)
http://www.youtube.com/watch?v=fDiVeZeoKWs

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:12:41 ID:5zA9+SwJ
Charlie Rose - An hour with Clint Eastwood
http://video.google.com/videoplay?docid=7948735594918210853&q=eastwood

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:13:00 ID:KOGazw7X
リハ無しって言ってるけど、上官に対する返事の抑揚の付け方はあれは練習しないと出来ないだろ

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:13:36 ID:3oVAHxOi
>>25

これでサイ・バートレットというプロデューサーを調べたが、
だれかわからんかった。
そもそも硫黄島に不時着て、アメリカが占領した後の話だよね?
この話本当かな。

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:16:29 ID:x099nUOa
>>29 紹介してくれた批評について

フラッシュバック多様の技法的なことは一里あるかもだが
戦争は悲惨だという提携を否定すると
お笑い的なものにしかならんのでは・・
それにイーストウッドは
悲惨だというメッセージも送ってないと思うぞ

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:18:01 ID:XgwA7lwr
>>37
Like General Kuribayashi, Baron Nishi considered the Americans his friends.
In fact, in their research the filmmakers uncovered a tale of an American
filmmaker, Sy Bartlett, who knew Baron Nishi from his time in Los Angeles.
“Bartlett landed on Iwo Jima after it had been taken over by the United
States and learned that his friend Baron Nishi was on the island,” Lorenz
explains. “So, he did a broadcast over the public address system asking for
him to come out and surrender.”

http://www.emanuellevy.com/article.php?articleID=3926


40 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:19:19 ID:XgwA7lwr
>>37
wikiにあった
Sy Bartlett
http://en.wikipedia.org/wiki/Sy_Bartlett

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:25:45 ID:MDii2Xeq
>>29
日本人が見たら面白くない映画と思っていたが、
外国人もまったく同じ感想を持ってるんで驚いた。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:26:38 ID:k29WjUSQ
いつも、海外のサイトの評判を見つけて、ここに貼ってくれてる人、乙です〜。

さて、ウヨサヨ書き込みうざいと言われている諸氏へ

南京
韓国
中国
プロパガンダ

これらの言葉をNGワードに設定してごらんあれ、
うざい書き込みがほぼ消えます。
そして、レスの1/3が消えますww

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:28:58 ID:r/LFrque
>>29
最後の二行は蛇足と思われ

44 :UNKO:2006/12/22(金) 00:30:31 ID:vVmoMavL
この映画のテーマって、SMAPの「世界に一つだけの花」と同じだと思う。
アメリカ人も日本人も、みんな違うけど、みんなそれぞれ精一杯に咲いてるんだなーって思ったら、
頭の中につよポンが歌ってる姿が浮かんできて、自然に涙が出てきたよ。


45 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:31:00 ID:wiT2zS02
 >>30 なんか、宣伝する側から見たら、カップルとかが見に行く、泣ける映画と同じ扱いなのかと思いました。
 それよりも渡辺さんや伊原さんが、試写会やインタビューで話したことを写してもらえば、もっと伝わるモノがあるんじゃないかと思ったもので‥‥。

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:33:31 ID:3igGTMyt
昨日観てきた。

二ノ宮和也の嫁役の言葉遣いがすごく気になった。
あの時代だったら旦那様には敬語だろう?!
どういう言い回しが適切かについて観てる間ずっと考えてしまった。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:33:52 ID:lK2MM9Hr
自決から逃げようとする西郷が、清水に捕まったとき
ちょ、おま、って感じの説得が妙にリアル。
生きて戦うのが陛下のため、とか言ってたが、あの時はそう思ってたのだろうか。

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:34:01 ID:3oVAHxOi
>>39
>>40

サンクス!
これは貴重だな。

やっぱバロン西に投降を呼びかけた話は創作じゃなかったんじゃん!

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:34:38 ID:zwEm1w5/
島の形が変わるほどの激戦、2万人の日本人が亡くなった、遺骨は未だ未収集…くらいしか硫黄島の知識がなかった。
「星条旗」を見て何も知らなかった(知ろうとしなかった)自分に衝撃を受けた。
ただ「星条旗」で上陸してくるアメリカ兵をトーチカから狙っている時に
一瞬だけど強烈に日本兵に「頑張れ!」と念じている自分が
いるのに心底驚いた。
だってついさっきまで東京ローズに聞き入るアメリカ兵の姿に共感していたのに!

「星条旗」を見て衝撃のままネットや本で硫黄島について調べまくったので
「硫黄島」は比較的冷静に見ることが出来た。

なんだか不思議な映画体験だった。

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:36:07 ID:Nu13+K0v
>>27
俺は裕木奈江の濡れ場があると聞いて観に行ったのに・・・・orz

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:39:51 ID:k29WjUSQ
出征前の最後の晩、しばらく会えなくなるからと
くんずほぐれつやりまくるナエとニノ。

しかし、時間の関係でそのシーンは劇場版ではカット。

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:39:57 ID:jnaoSv6Q
>>45 仕方が無いとも思う。あちらも商売だから。

真面目に宣伝しても客が入らなければ意味がない。


53 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:41:01 ID:wCUwATqV
現在の日本での名称は「イオウジマ」?

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:41:25 ID:vIcQrwG7
>47
清水が納得しやすいと思ってそう言ったのかとおもった。
普通に敬愛はしてるとは思うけど、清水や伊藤程頭堅くないキャラ設定みたいだったから。

そういえば、カットされたシーンで西郷が
「国のために玉砕するよりも自分の作った国でみんなが幸せに暮らしている方が、御上も喜ぶと思うんだけどなぁ」
って感じの台詞のシーンがあったらしいけど、ソース持ってる人いる?

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:44:24 ID:p5zM7r/8
>>47
あの時はただの言い訳だろうね。


56 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:45:58 ID:lK2MM9Hr
>>54
>清水が納得しやすいと思ってそう言ったのかとおもった。

私もそう思ったんだよ。
清水説得の台詞覚えてる人いますか?


57 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:46:08 ID:2wjtLKjJ
>>29
登場人物の内面をもっとドラマッチックに描いた作品にしろって言ってるようにしか見えないよ。

58 :50:2006/12/22(金) 00:46:26 ID:Nu13+K0v
>>52
 そう!そう聞いてたんだよ。
 出征前の最後の晩・・・・
 もうね、あの変なタスキ掛けたおばさん達が赤紙を持って来た頃から
 俺のテンションはヒートアップして、奈江が「だって誰も帰ってこないんだよ」
 なんて言った時には「だから今晩燃えるんでしょ♪」ってなもんだったのに。
 
 時間の関係でそのシーンはカットか・・・
 このシーンだけ2時間半みっちりやってもらっても良かったのにな。 




59 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:47:09 ID:Xd7jvPxn
>>47
目がうそぽかった
清水も死にたくないのは明白だったから
銃をおろしやすい言葉をいっただけだろな

見た目は子供だけど中味はスレているぜ>西郷

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:48:29 ID:D8lMgsAl


61 :58:2006/12/22(金) 00:49:07 ID:Nu13+K0v
くだらない事書いた上に間違えた・・・
もう寝ます。

× >>52
○ >>51

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:49:15 ID:uHQ6nYQC
昨日NYTimes に批評がでたぞ。
普段あまり褒めないNYTimesの批評欄だが、「手紙・・・」は手放しで絶賛。

http://movies2.nytimes.com/2006/12/20/movies/20lett.html

「戦争映画のスタイルを踏襲してはいるが、その手腕と洞察においては
全く独自な、むしろ過激と言える冴えだ・・・・
「これほど敵の心情を深く、繊細に描いた映画は思いつかない・・・

などなど。

初日の昼間に見に行ったけど、観客はまばら。
NYはマンハッタンで二軒だけで上映中、興行的にはどうかな。
でもクレジットが終わるまで誰も席を立とうとしなかった。



63 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:49:21 ID:JnrUJPss
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166595960/989
俺も萌えますた。まだ若いのに…


64 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:50:11 ID:Obog6nH7
「死ね」と言う方も「死なない」と言う方も
どちらも屁理屈だな

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:52:45 ID:P6mSHC1o
>>48
さんざん史実だって言われたやん
とりあえず本色々出てるから読め

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:56:30 ID:IZIwBAFE
>>65
とりあえずwikiを編集しといてくれよ。


67 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:57:50 ID:Z3UJIMiS
最期の万歳突撃はいただけなかった。
あそこは声を出さずにやってほしかった。あれじゃ中将が焼け起こしたように見えるよ

68 :実録アメリカの陰謀:2006/12/22(金) 00:58:42 ID:qeFVJ2Rn
映画の世界に没頭しずぎて「天皇陛下、…」のシーンで『万歳!』を映画館で言ってしまった…。廻りの視線集中。トイレに逝くフリして 撤退してきました。  恥ずかしかったぁ

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:59:07 ID:SD8KRrB4
>>56
うろ覚えだが

「何をしている…!(西郷に銃を向ける)」
「陛下は○○と合流しろとおっしゃった。俺は聞いた、…無線でだ。本当だ。」
「……。」
「ここでこのまま死ぬのと、生きて闘い続けるのと、どっちが陛下の御為になる?…あぁ?」
「……。」
「……どっちだよ!!」
「……ッ。(怯む)」
その後、清水の殺意が消えたのを確認して駆け出す西郷と後に続く清水。
それより銃弾の雨の中を走って移動するときの

「距離をとって歩け。固まって歩くとそこを狙い撃ちにされる。」
「……卑怯者め。(無視して行こうとする)」
「(引き止めて)…動けない兵隊は使えねえんだよ。」

の方が本心っぽくて好きだ。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:59:20 ID:ugtElyv8
>>59
フランキー堺的スレ具合w

「私は貝になりたい」でも「世界大戦争」でもどちらでも構わない。

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:59:37 ID:K8hBQa1S
>>68
お前か!あの時バンザイしたやつは!

72 :UNKO:2006/12/22(金) 01:02:45 ID:vVmoMavL
ああいう頭を下げて万歳って見たことないんだけど
あれが正式なやり方なの?

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:03:45 ID:SD8KRrB4
ついでに二宮アンチがウザイので貼っとく


512 :名無シネマ@上映中 [sage] :2006/12/21(木) 13:34:28 ID:QGIsBfU/
ニューズウィークの二宮のインタビュー読んだか?

西郷のような人間は当時いなかった
 →あんな人間は当時絶対にいなかったと思うが
  観客が感情移入しやすいよう現代人のようなキャラメイキングを心掛けていた。
祐木苗と夫婦に見えない
 →自分を西郷ではなく二宮として見ているから。花子は二度目の結婚だったのかもしれない。
  以前に、そんな所にこだわっているのは勿体ない。
オスカー宣言
 →テレビが面白くなるようにああ言った。本気で取れるとは思っていない。
  上の話により助演賞は取れないということも知っている。

ここで散々批判されていた事への回答ばかりだ。悔しいが二宮は一枚も二枚も上手だった。
コイツ、歌って踊って少しだけ演技が出来るだけじゃないみたいだ。

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:05:00 ID:zb8076GI
前スレ970さん
> 「クリント・イーストウッド 名匠の実像」のインタビューにおいて彼は今回の作品を
> 「日本映画」と呼んでいる。

そうなんですか。
私にはこの映画が「日本映画」としてしか認識できず、日本人にそう思われることを監督
本人ははどう感じるかと心配だったのです、安心できました。

ミリオン・ダラー・ベイビーやミスティック・リバー、父親達の星条旗などを考えると、
不条理な状況に追い込まれた人間の苦悩と選択(決断という言葉がいいのか)がテーマな
のかと思っていたのですが、場面が日本人がある意味無視してきた戦争であるだけに、複
雑な心理状態になります。
言い方は悪いのかもしれませんが、怖くて正視するのを避けてきていたことに対する罪悪
感に対して「助けられた」気がするもので。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:06:50 ID:Hm7qBEcb

武士道による「台湾精神と日本精神」
李登輝前総統講演全文

http://www.yorozubp.com/0303/030301.htm


76 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:07:31 ID:gXjJp2ws
>>54
戦争で華々しく散ることが、お上への奉仕だとみんな言うけどよ。
俺もわからねえよ。
でもよ、俺に言わせりゃあ、お上は、自分が作ったこの世をさ、
みんなが楽しく生きてくれてるほうが喜ぶ気がするんだよなあ…
清水、お前はさ、奇麗な夕日が山を真っ赤に染めてんのを、
ずーっと眺めることなんぞ、なかったろう。
村の祭りにちょっと寄ってさ、田舎料理食ったり、
盆踊りがちょっと違うなあって思ったりしたことねぇだろう。
女のほら、山だの谷だのをさ、眼えつぶっても思い出せるほど知らねえだろう。
腹ん中のガキの音とかさ…
女房の、薄皮一枚向こうの腹ん中で、てめえのガキが息してんだ…
なあ清水、お前はさ…何かがもったいないって程、まだ生きちゃいないんだよ。

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:07:38 ID:IZIwBAFE
>>67
そこが一番の功績じゃね?

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:07:45 ID:Ypp5U51Q
今日見てきた。

あの安っぽいドラマ版と比べるとやはり雲泥の差だな。
洞窟掘りのシーンが短過ぎて「あれ?もう完成したの?」と思ったり、
あんまり暑そうに思えなかったり、色々違和感もあったけど
栗林の最後の演説にはグッと来るものがあったし、総じていい映画だった。
「擂鉢山は取り返すッ!栗林の思惑など知ったことかッ!!」と上官を怒鳴りつけておきながら
結局死に切れずに捕虜になった伊藤中尉のエピソードも
思い通りに生き死にできない運命の非情さが出てて良かった。


しかし2万1千人いて死者2万、死亡率95%って改めて凄い話だよな…。

79 :76:2006/12/22(金) 01:08:50 ID:gXjJp2ws
>>54
うおお、コピペだけしてしまった。
インタビュー特番の「加瀬亮が見た硫黄島からの手紙」で出てたよ。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:09:31 ID:TmzyC6Yu
もう一度行って、今度は最後まで見てねw>>68

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:14:11 ID:LA+ad8Hu
>>62

やはり、興行的には厳しいでしょう。米国では。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:14:56 ID:3CWWOupe
二宮の演技以上に、コメントに感嘆した。
受け答えが上手だね。 


83 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:16:39 ID:k29WjUSQ
>>76
その最後の台詞だけシーンで使われてた。

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:18:52 ID:X1w8JXPK
>>69

俺もうろ覚えだけど「陛下は○○と合流しろと〜」は「閣下」でなかった?

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:19:26 ID:Abbr11Hw
獅童が表紙になってる男性ファッション誌に
獅童のインタビューあり。
最初から伊藤の役をやりたくてオーディションを受けたらしい。
いろんな軍人の役をやったが、伊藤が1番人間味あった
みたいなことが書いてあったよ。
獅童いいヤツだな、と思った。

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:20:14 ID:vIcQrwG7
>>76
おお!ありがとう!

真っ赤な夕日云々の台詞があるってことは
最後、担架で米軍陣地に運ばれて微妙な顔で空を見上げるシーンは
夕日見てた可能性が高いかな。

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:20:37 ID:3CWWOupe
アメリカで6館ときいたが、「星条旗」の公開もその程度だったの?


88 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:23:32 ID:ugtElyv8
>>81
大丈夫、日本だけで元は取れるよ>手紙
出来るなら星条旗の分まで日本で回収してっちゃって欲しい。
それくらい感謝している。

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:25:13 ID:XCSoUJ1P
>>78
残った5%もどう考えても五体満足じゃなかったろうしね・・


>>47
赤紙1枚で最前線に送られてた時代。当然、いろんな考え方の人間がいる。
本気で天皇陛下の御ためにと思ってたのもいたろし、兎に角生きて家族の
元に帰りたいと思ってたものもいたろう。伊原のような部下思いの将校も
いたし、獅童のように部下を死地に追いやって自分は逃げた(レイテ特攻の
ときの富永ね)将校も現実にいた。
それが現実の日本軍の実態だろうし、そういう意味でこの映画は非常に
リアル。日本人以上に日本人の本質をついているというしかない。

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:26:31 ID:ugtElyv8
>>85
獅童ってさ、思いがけず今作品で株を上げたよね。
情けない演技がとても上手い役者だ。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:33:53 ID:QC8DaDqV
米兵に忘れられた戦車に忘れられた男その名は始動!

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:34:13 ID:k29WjUSQ
シドーが情けないとみんなが思うようになったのは、

地雷抱えて朝起きて、空見上げて、なんとも情けない顔になって

抱えてた地雷全部捨ててフラフラどっか逝っちゃったから。

ある意味、戦争オタに対するめちゃくちゃ強力なアンチの役。

なかなか出来るもんじゃありませんよ、こんな演技。

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:34:48 ID:RJhAQSnA
>>87
はぁー全米で6館?んなあほな。

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:36:24 ID:iyYfj0xU
>>46
二宮嫁は下町のパン屋の女房。小津映画に出てくる山の手の奥様じゃない。
「もう店もなくなっちまった。この上あんたが兵隊に取られっちまったら
あたしゃこの子抱えて、この先一体どうすりゃいいんだい?」
こんな感じで喋ってる上での「だよ」なわけで。



95 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:36:52 ID:k29WjUSQ
>>93
今年は限定公開なので、
来年から徐々に全国展開するみたい。

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:37:31 ID:/Rb7mUwH
>獅童

デスノートの死神役(声)はひょうひょうとした感じでうまいし
この映画での演技も完璧だし
私生活はともかく、かなり素晴らしい役者だよ

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:39:10 ID:ugtElyv8
>>21
>配給元のワーナー・ブラザース映画では、全編日本語作
>品としては異例の「全米50州での公開を目指す」としている。

>>95
WB、希望持っちゃったみたい。

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:39:50 ID:k29WjUSQ


  役者ってもんは、遊んでゲイを磨くもんです。



99 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:41:08 ID:RJhAQSnA
西郷は国に帰った後まともな生活送れないような・・・
あんな体験したら精神おかしくなるよね。

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:43:21 ID:RJhAQSnA
>>95
あっ!年内は6館なのね、
そりゃ知らなんだ。

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:46:28 ID:k29WjUSQ
>>99

南方帰り(徴兵で南方戦線に送られて人)はだいたいあんな体験して
帰ってきてる。

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:48:38 ID:BsSsFn76
対戦車地雷が逆向きに倒れて、拾って爆発させて死ねばばいいものを
そのままスルーして洞窟で寝てたら捕虜になった情けない軍人。


103 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:49:28 ID:M1lJfC8w
>>29
>「硫黄島」の最近の受賞ラッシュは、ポリティカル・コレクトネスの歪んだ形か、
>あるいはイーストウッドの努力に対して報酬を与えたいという願望を意味している。

これは前から気になっていた。
今レヴュー書いてるのって米のリベラルなインテリ層でしょ。
全米公開されるようになったら、いろんな方面からカウンターっぽい批評出るだろうな。


104 :UNKO:2006/12/22(金) 01:50:51 ID:vVmoMavL
>>102
その死なないのは情けないという感覚はおかしいんじゃないか。
少し頭を冷やして考え直せ。分かったな。

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:51:25 ID:ugtElyv8
>>102
それがどうかしたの?

BOBを製作したトム・ハンクスなんかは手紙をどう観るかな。
あのドラマ、手紙のエピソードなんてひとつも出てこなかったし。
手紙観てからだと、BOBが特攻野朗Aチームのリアル版にしか
見えなくなって困るんだよw

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:52:42 ID:YlkwzH7B
>>68 わかるぞ。その気持ち。

あの温厚で優しい雰囲気で親米派の栗林が、米軍上陸後、
全洞窟陣地に有線放送を通じて
「1人で10人にアメリカ兵を殺せ!! てんのぅへいかっ ばんずわぃっ!」
て低頭しながら鬼気迫る万歳やるとこは、たしかにこっちの眼球が飛び出すぐらい
あの世界にのめり込んじゃうとこだったな。あれは凄かった。

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:53:21 ID:k29WjUSQ
しかし、クリントそのものはRepublicanなんだけどなぁ。
今じゃ、DemocraticだけじゃなくRepublicanの中にも
相当厭世気分が蔓延してると思う。

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:57:13 ID:ugtElyv8
>>103
出ればいいと思う、どんどん>批判的な意見
それで肯定側の見方も補強されるし、作品の持つ説得力も補強されていく。
単純な厭戦気分じゃなく、戦争についてよりしっかりとした理解も生まれるんじゃないか。

黒澤がトラ!トラ!トラ!でやろうとしたことがやっと実現したんだ。
これから日米関係に実る果実も豊かなものになると思う。

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:57:58 ID:/Rb7mUwH
厭世気分つーか厭戦気分ね
9.11テロ〜イラク戦争でだいぶ見方が変わったろ

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:59:52 ID:LA+ad8Hu
この映画を賞賛してしまったら、

アーリントンの星条旗記念碑は、益々色あせていく。

アメリカ人としては、あまりヒットしてもらいたくない
映画では・・と思うね。

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:00:43 ID:SD8KRrB4
>>78
実際の撮影地はロス郊外でヒョウが降るほど寒かったらしい。
硫黄島の実際の暑さを再現するのは俳優の体力も考慮して難しかったんだろう。

>>84
おっしゃる通りだ、スマソ。
○閣下
×陛下

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:05:40 ID:/0+byvDC
>>73
>観客が感情移入しやすいよう現代人のようなキャラメイキングを心掛けていた。
俺も見ていて西郷にはすぐ感情移入できたんだよなあ。二宮の狙い的中ですよ。
二宮って意外と頭いいのか?(;´∀`)

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:10:13 ID:1Oj0dOI/
>>73
向こうで二宮がノミネートされないのはワケアリみたいに書いてるところが複数あるようだが
二宮自身もわかっているのか。それなのに期待されて煽られまくって可哀相だなあ


114 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:11:55 ID:p5zM7r/8
感情移入どころか自分が西郷になった気分だった。

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:15:01 ID:AflONAOd
いいだろ、「男たちの大和」よりは何十倍上だ

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:16:28 ID:AflONAOd
いいだろ、「角川映画」よりは何百倍上だ


117 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:16:31 ID:WdsbbYPk
アカデミーは大げさな演技が好きだから
ノミネートされるなら渡辺謙だろう。
そういう意味で
シドウは、今後多分ハリウッドからオファーが来る。

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:19:27 ID:LA+ad8Hu
外国語映画の部門で取れるだけ。



119 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:21:17 ID:Xd7jvPxn
徴兵で戦争に取られた人の本音みたいなのは
なんとなく想像も出来るし親戚のじいさんに聞いてみることも出来るが
職業軍人で戦局がある程度判っていた人ってどんな風に思っていたのだろうか?

この映画を見てこんなことを思った。

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:23:27 ID:AflONAOd
緻密なスピルバーグと違って
イーストウッドのDirectionがわからんから
どこまで指示なのか、自演なのか、偶然なのか意図的なのか、わからん
あとシドウのワンパターンはもう日本でも見抜かれてるから
吉本だろ、
加瀬にはオファー行くな、マジで

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:24:17 ID:p5zM7r/8
大和を絶賛してた俺はこの映画を観て戸惑いを感じてしまったな。

硫黄島は悲惨な最後を美化してないクールな出来で、大和で俺は日本軍に憧れのような物を抱いていたが、憧れと尊敬は別物だと思った。

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:30:03 ID:3aD45cZD
NHKのドキュメンタリーのインタビューで圧倒された
硫黄島での戦闘の過酷さや壮絶さ、絶望感はあんま
感じられなかったな。そこがちょっと残念。

でもクリント・イーストウッドの映画見て何時も思うんだけど
彼は大人やね。ほんと大人が作った映画という感じがする。
いちいち人の見方が成熟してる。

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:33:23 ID:ugtElyv8
>>118
おまえさっきからなんのために書き込んでいるんだw?
しかもだんだん弱気になってるしw

それにアカデミーでは外国語映画扱いされないんだよ残念だったな。

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:35:45 ID:Umfro3AM
前も書いたけど大和とかは商売的にしょうがないんだよ。
日本市場だけであの製作費を回収しようとしたら
わかりやすいカンドー系にしなくちゃ難しい。

泣きの要素を入れたがるのは監督ではなくプロデューサーだと聞く。

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:38:38 ID:yoBhBgmA
硫黄島も大和も両方よかったていうのは俺だけ?

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:39:53 ID:Umfro3AM
そら沢山いるだろ
ただ情緒溢れる作りに批判的な人もいるのはしゃあない



127 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:40:49 ID:3aD45cZD
大和はトレイラーだけでお腹いっぱい。

戦争映画では戦場のピアニストが良かったな。
ああいう感じで淡々と原爆投下後の惨状を描けば
すごい映画になりそうなんだが。

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:45:17 ID:X1w8JXPK
俺は大和は観てないけど、両方良かったって人(別にウヨではない)は周りに何人かいるよ。

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:45:46 ID:Xd7jvPxn
さて来週の1Kデーだが
硫黄島2回目にいくか、犬神か大奥にするか迷っている

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:45:50 ID:ugtElyv8
>>127
硫黄島のSFXを担当したマイケル・ベイのデジタルドメイン社は広島原爆映画の
構想を何年か持ってるから、早くしないととんでもない映画を撮られる危険性が
あり要注意。
今のところ製作は進んでないからいいけど・・・・

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:47:59 ID:XHuRvxAv
単純に、戦争を泣かせの道具にするのは失礼だと思う派。


132 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:48:46 ID:p5zM7r/8
>>125
実際俺も好きだよ。
硫黄島よりも感動したし。

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:49:44 ID:SD8KRrB4
>>127
戦場のピアニストは良かった。
あれは完全なヒューマンドラマだったが
車椅子の老人を窓から突き落とすシーンが直視出来なかった。
清水の銃殺シーンも同じく。

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:49:53 ID:Umfro3AM
>>129
書き込まず普通に自分で決めりゃええやん

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:54:47 ID:QEs2qZfI
>>131
広末のCMなんか違和感あるよね。美容のために映画で泣くっていう

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:00:09 ID:u+k5oVmO
YAMATOも硫黄島もそれぞれ役割を持った映画さ
優劣なんか無いよ
どっちも良かった


と思ってはいても

「戦争映画なのに泣けませんでした!駄目映画です!」

なんて感想見かけたらやっぱ頭にくる・・・

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:29:26 ID:l3O0vfq7
二宮のカット台詞超長いんだね
今加瀬の語る硫黄島みてたけどあっという間にテロップ消えて読めなかった

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:36:42 ID:2Jlt/oeR
おーーい!68君よ、いるか?
気に入ったよ、おまえ。
俺と友達になれ。

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:49:14 ID:BA2XzuYo
>>129
つ『鉄コン筋クリート』

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:01:11 ID:jaTR+MtQ
>>39-40
>>48
すんません。和訳して教えてもらえませんか。
事実では西連隊はギリギリまで奮闘して最後の突撃で散った事になってます。
映画とはいえバロン西をあんな形で終わらせないでください。

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:11:59 ID:2wjtLKjJ
>>127
原爆の映画だけはやめて欲しいな
あれは相手がいない
気持ちの準備も無い只の殺戮
グロテスクな映像を垂れ流す以外の意味を見つけられるとは思えん

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:22:36 ID:p5zM7r/8
原爆映画は俺が作る!!!!!

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:22:42 ID:ZcQgWGlZ
戦争がいくら悲惨でも、国家国民は戦争から逃れる事は出来ないのも事実。
左翼が反戦映画を作っても、まともな人間なら、逃れられない事を知っている。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:25:52 ID:QWjO1tSJ
>>127
原爆投下寸前までを淡々と描いた
「Tomorrow明日」ってのがありますよ。
地味だけど良作だとおもう。

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:26:09 ID:AxPBm3u8
17 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2006/12/21(木) 19:33:03 ID:WW4sKGD70
アメリカの批評家には従軍慰安婦や南京大虐殺が本来の日本人の姿で
この映画はその事実を隠蔽してるってことで評判悪いみたいよ。

ソースはNEWSWEEK今週号

18 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2006/12/21(木) 19:39:07 ID:qXTaM0fi0
んなこといわれても別の戦線だし

19 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2006/12/21(木) 19:39:24 ID:PiSmAmcV0
>>17
アジア版、それともアメリカ版?

つか、普通のアメリカ人が日本と戦争したの覚えてても、
従軍慰安婦だの、南京大虐殺だの半島や大陸の話まで
知ってるのかよw だいたい、そんな歴史的にきちんと検証されてない
話を、したり顔でニューズウィークはのせてんのか?

20 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2006/12/21(木) 19:40:49 ID:AKsERu270
ちなみに英語字幕は戸田奈津子である。

21 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2006/12/21(木) 19:41:51 ID:0GbKJCrk0
>>17
キムチ臭いから息すんな

22 名前:名無しさん@恐縮です[age] 投稿日:2006/12/21(木) 19:42:22 ID:bmseBwFV0
赤紙で無作為に兵を集め、東大卒の人まで前線に出して死なせたおろかな軍幹部。
その反省にもとづき戦後日本は中卒高卒の馬鹿だけを自衛隊員として戦死要員とした。
死ぬのは馬鹿だけでいいのだ。




146 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:27:23 ID:ZcQgWGlZ
単純な反戦思想ほど、薄っぺらい物は無い。

国家国民が生きていく為には、「硫黄島からの手紙」と同じような事が、
再び有り得ることを覚悟していないとダメだ。

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:29:27 ID:S7i8wcvN
今日の毎日新聞に硫黄島からの手紙のコラムがあったんだけど
栗林中将の娘のたか子さんの
「父が指揮して2万もの方が亡くなった事は
今でもとても申し訳なく思います…」
といった感じのコメントに続いて

『A級戦犯の名誉回復などと言う遺族とは大違いだ』
な〜んて物言いでコラムを締めくくってた。

遺族の気持ちを、この映画を、
自分の主張のことに使うな!恥知らず!!
と、本当に怒りで手が震えた。

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:30:21 ID:p5zM7r/8
>>143
俺はそうは思いたくないね。
現実はそうかもしれないけど、そうは思わないね。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:32:25 ID:p5zM7r/8
>>146
お前戦争したいの?


150 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:33:01 ID:OH1AReHO
>>140
栗林司令と同様にバロン西もアメリカ人を友人であると考えていた。
作品には出てこなかった史実として、西のロスアンゼルス時代の知己であり、
アメリカの映画人であるSy Bartlettに関する次のような話が伝えられている。
「米軍制圧後の硫黄島にやってきたBartlettは、この島に友人であるバロン西が
いたことを知り、拡声器を使って彼に投降を呼びかけたという」

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:35:40 ID:2wjtLKjJ
>>147
あーそれはムカツク
又聞きでも腹が立つ

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:41:03 ID:81byx/Mg
だったらID:ZcQgWGlZが真っ先に前線に向かえよな。
俺は為政者のために貴重な命を落とすなんて願い下げだ。

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:43:18 ID:ZcQgWGlZ
誰も戦争など望んでいない。

しかし、悲惨だと言って目を背けていても、起こる時には起こる。

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:44:58 ID:H00EFHfx
監督賞は決まりだろ?

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:49:32 ID:BPMDgu2V
ユダヤ人の代わりに下品な日本人が虐殺されるべきだった。

       by ニキータ・フルシチョフ

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:53:20 ID:ZcQgWGlZ
>>152
お前が行かなくても、敵のほうからやってくる。

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:54:39 ID:p5zM7r/8
>>153
んで?お前は覚悟しとけといいながら自分は覚悟してるのか!?

お前に上官の命令があれば自決できるほどの覚悟はあるとは思えないけど。

自分が死なないとでも思ってるのかな?

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:55:36 ID:+LFfCR70
>>156
病院に行けハゲwww

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:58:36 ID:UqQR2NCy
>>155
中央ヨーロッパ以東にいたユダヤ人は改宗ユダヤで聖書時代のユダヤじゃない
んでしょ。

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 04:59:10 ID:ZcQgWGlZ
>>157
自分が嫌なことは、目を背けていれば起こらないと思ってるのか(藁

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:00:48 ID:ZcQgWGlZ
まあ、思考停止で頑張って下さい。

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:02:04 ID:+LFfCR70
日本を愛し、日本のために戦う俺ってカッコいいとか思ってるんだろZcQgWGlZって。
これだからネット右翼は馬鹿しかいないんだ。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:02:53 ID:2V87Ogvf
>>162
カッコわるいのか?

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:04:30 ID:p5zM7r/8
>>160
俺も戦争はなくならないと思う気持ちもわかるけど、鼻からあきらめてたら何も変わらないじゃないか。

少しは希望を持ったらどうだ。少なくとも日本は60年平和なんだし。

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:05:39 ID:EeFlQHDt
あぼ〜ん

ID:XCSoUJ1P
ID:k29WjUSQ
ID:p5zM7r/8
ID:+LFfCR70

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:06:11 ID:ZcQgWGlZ
>>162
だから、お前は投降すれば良いんだよw。

俺が言ってるのは、自分が望まなくても、戦争とかそう言う状況が
起こると言う事。

俺は嫌だ→だから、そう言う状況は起こらない→思慮不足

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:09:13 ID:p5zM7r/8
>>166
誰も起こらないとは断言してないぞ。
ただ起こって欲しくないだけ。
そういう気持ちは重要だし必要だろ

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:09:32 ID:+LFfCR70
>>166
そもそも軍隊すらもってない国は戦争できないから。

169 :靖国参拝の意義:2006/12/22(金) 05:09:34 ID:oov+ePFy
戦争は反対だが、どうしても戦わなくてはいけない状況になってしまったら、国のため戦うべき

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:11:08 ID:ZcQgWGlZ
>>167
希望を持つことと、可能性を否定する事は別。

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:14:11 ID:BPMDgu2V
>>170
まず少子化と高齢化社会の心配をしろ馬鹿が。

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:14:49 ID:ZcQgWGlZ
>>168
軍隊が無ければ、戦争が起こらないと考えているのか?
徹底的にオメデタイ。

樺太の女性電話交換手が味わったような苦痛を味わうだけだ。

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:15:49 ID:p5zM7r/8
>>170
え?お前なに言ってんの?
戦争が起こることは否定してない。だからお前の気持ちもわかるんだよ!

でも・・・もうやめとこ

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:17:03 ID:ZcQgWGlZ
>>171
関係ないレスをつけてるお前が…(藁。

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:18:50 ID:BPMDgu2V
>(藁
ねらー初心者なのがバレバレですなwww

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:19:17 ID:p5zM7r/8
最後にID:ZcQgWGlZへ

つまらない人生は送るなよ


177 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:21:30 ID:ZcQgWGlZ
>>173
俺は、戦争したい、などと一言も言っていない。

絡んでるのはお前だ。
勝手に絡んで、勝手に撤退宣言か(藁

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:23:08 ID:BPMDgu2V
>>174
おめーがそもそもスレ違いだぜwww

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:23:26 ID:ZcQgWGlZ
>>175
昔、流行ったんだよ(藁

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:26:36 ID:ZcQgWGlZ
>>176
捨て台詞、御苦労。

>>178
少子高齢化よりテーマに近いwww。www←が今風か?

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:31:23 ID:BPMDgu2V
負けると分かっているのならさっさと降伏するのが利口な人間である。

         by ウィリアム・ウェストモーランド将軍

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:35:06 ID:ZcQgWGlZ
相手の降伏条件はすべて受け入れればよい。
無条件降伏にこだわるから長引く。一旦降伏させれば、後は何とでもなる。

    by スターリン

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:41:33 ID:BPMDgu2V
日本に対する侵略行為は無力でひ弱な子供を殴るのと一緒だ。

       by スティーヴン・ハーパー首相

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 05:42:10 ID:KBnCBbQu
二回見たが、野崎はかなりよかったな。
難癖つけるなら赤痢くんの最後のシーンで
ずーっと揉み手で砂払いしてたのが微妙
赤痢くんの台詞の邪魔をしないように手をほかしてたらヨカタ
砂払いなら揉み手→太腿パンパンが自然な流れだろう

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:10:30 ID:RHp4SKpG
>>175
どっちが初心者なんだか……┐(´ー`)┌

186 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:16:51 ID:CBZuBMxl
>>175
昔の2ちゃんでよく書かれてたのです。
>(藁
>オマエモナー
>age
>と小一時間

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:31:24 ID:Lzk8SoAB
南京と軍ヲタがなくなった(意図的アボンふくむ)ら、すごくいいスレになったね。


●上映館の少なさについて

バス男という映画。最初6館程度だったが、評判が評判を呼び、最盛期には1000館を超えた。
硫黄島からの手紙も、批評家の絶賛があるし、動員された観客は打ちのめされている。
だから評判は口コミで広がる。大丈夫。


●大和との比較について

大和は日本軍への憧憬、手紙は日本軍への畏敬。
誰かが上のほうのスレでそんなことを言ってた。うまいことをいいやがるとおもった。



188 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:34:07 ID:ImIfpjUb
>>147
うわ、最低の新聞記者だな。
多分、この映画の存在自体もほんとは気に入らないんだけど、空気呼んで、何もいえないんだろうな。
やっぱ、日本人監督がこの映画とったら、反日左翼系はここぞとばかり袋叩きにしたんだろうな。
しかし、人間としておわっとる記者だな。

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:45:11 ID:2xJJgYvJ
今度角川ヘラルド製作で、「バロン西」(仮題)が2008年に公開されるらすぃな。

「戦争が終わったら、また、オリンピックがあるかな・・・」
戦前、騎兵中尉時代に“バロン西”の呼び名で世界に広く知られた西竹一の華麗かつ壮絶な人生!
平和の象徴であるオリンピックと戦争で散った命を軸に西竹一の生涯を描く。  
監督:竹山洋
ttp://www.kadokawa-herald.co.jp/movie/lineup.html



190 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:53:56 ID:5SFRH2Ii
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。     
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた     
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ      

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある     

                                  
                               by クリント・イーストウッド 

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 06:57:56 ID:+nMciT8j
星条旗と違ってこっちのエンドロールの背景が真っ黒である
ことにクリントはメッセージを投げかけているな。日本に対して。
強烈なメッセージだな、これは。



192 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:26:20 ID:Qx3TqJs1
>>165
どう考えてもお前とID:ZcQgWGlZ、ID:vVmoMavLがアボーンだろ。

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:27:41 ID:XgwA7lwr
あぼーん推奨
ID:5SFRH2Ii


194 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:30:50 ID:Qx3TqJs1
>>193
ID検索したけどおかしなことは書いてなかった。
アボーンはお前だ。

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:36:01 ID:XgwA7lwr
>>194
ん?そりゃ単発だからなw
昨日からモトネタ出せない断片的なイーストウッドのインタビューをくっつけて印象操作
してるからだよ。この映画とイラク戦争は関係ない。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:37:06 ID:XgwA7lwr
>>194
あぼーん推奨
ID:Qx3TqJs1

理由  誰にでも噛みつく狂犬。

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:37:52 ID:OH1AReHO
>>191
ああ、その読みは深いな。
必ずしも否定的な意味ではないにしろ、あのラストシーンの手紙に対しては
われわれ日本人がきちんと答を出さなくてはならないと思った。

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:40:10 ID:jIN/3ine
議論に参加せず、後から出てきて、アポーンとか言ってる香具師が一番痛い。
>>192のような香具師。ただのアホwww。


199 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:44:17 ID:jIN/3ine
文句があるなら、理由を書いて本人に直接言えw。

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:01:09 ID:YV9kYuc0
ID:BPMDgu2V
>>ウィリアム・ウェストモーランド将軍
>>スティーヴン・ハーパー首相

拾ってきたコピペを得意げに貼る中ニ(藁

201 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:04:24 ID:cD8xNTY+
>>117
シドウは、今アメリカでナベケンと同じくらい知名度あるよ。
ジェット・リーと戦った男だからね。
アメ人は、この映画の他の日本人は区別つかないけど、ナベケンとシドウだけはわかるみたい。

202 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:08:39 ID:MDii2Xeq
シドウは小物顔。
オーラなし。
知名度あるのか本当に?
クレジットされてるにすぎないと思うが。

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:20:44 ID:p4U82T4R
海外の映画サイトだと指導の写真がやたら出てくるね。
渡辺謙や二宮以上に。
やっぱあの顔がアジアっぽくて映えるのかな。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:22:22 ID:p4U82T4R
目が細くてエラ張りの顔ね、指導

205 :UNKO:2006/12/22(金) 08:23:19 ID:vVmoMavL
ジェット・リー自体B級

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:27:37 ID:wjQcELTN
なんにしても日本の若い人達がこの映画を観て、色々と議論を始めたこと
だけ見ても、この映画は成功だったんじゃないかと思う。日本の映画では
ここまでいかないでしょ。こうしてみんなで感想、議論することが、亡く
なった全ての兵隊達への慰霊になるような気がする。

207 :UNKO:2006/12/22(金) 08:33:08 ID:vVmoMavL
最後の突撃のシーン、日本軍にガンダムが1機でもいいからあれば・・・
と思いながら見てた。と同時に、ガンダムは一機で戦局を変える
最強の兵器であるということを実感したよ。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:36:16 ID:NE1LuWcW
>>207
核バズーカ持ってる旧ザクでも十分だあな

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 08:58:10 ID:2V87Ogvf
>>206
日本の映画では・・・って邦画馬鹿にするなよ。
おまえ普段戦争映画のスレなんか来てないだろ。

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:06:17 ID:1MLDRL1+
とくだね きた。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:06:43 ID:wjQcELTN
>>209

けっして日本の映画を馬鹿にしてるわけじゃないがな。ただイーストウッド
が作ったハリウッド映画ということで、普段戦争映画も観ないような層も映画
を観にいくんだろうなという話。匿名の掲示板だからって、おまえよばわり
はやめろよ。最低のルールぐらい解るだろ?ただ日本映画を馬鹿にしたように
感じたのなら俺のミス。それはあやまるよ。

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:07:09 ID:2V87Ogvf
ふじ

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:08:45 ID:cD8xNTY+
日本映画も、まだ戦場体験者が社会や現場の前線にいた50年代・60年代には、
いい戦争映画いっぱいあったんだけどね。

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:10:13 ID:Gfw8aEwU
役者もスタッフも本物だからなあ…さすがにそれと現代を比べるのは

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:11:19 ID:8uI9rvwT
とくだねの内容教えてホスイ

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:17:49 ID:ZflAUdXC
右翼映画キモイ

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:21:34 ID:2V87Ogvf
>>211
悪いと思ったら潔く謝っとけ。おすぎの言い訳みたいだぞ。
まあ素人爆発してるから半年ROMっとけ。以上

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:24:12 ID:2V87Ogvf
>>215

一言で言うと、二ノ宮マンセー

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:25:13 ID:OCp5sx7p
硫黄島では日本人は玉砕したけど、朝鮮の兵士は50%以上が捕虜になったそうだ
ニノは捕虜かそうか

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:25:39 ID:wjQcELTN
批判されついでに一応俺も日本の戦争映画を観ている。好きなところでは
野火、日本の一番長い日、戦争と人間、人間の条件。まあ有名どころは
普通に観てるよ。きけわだつみの声だっけ?あれは最初よりリニューアル
作品の方がまだマシだったように思う。ただ、大日本帝国、連合艦隊あたり
から最近の俺たちの大和まで個人的には好きになれないなあ。なんか描写
が陳腐というか・・・。まあ、今回の硫黄島の映画でも、憲兵が理不尽
に犬を殺すシーンなど重箱の隅をつつけば色々と問題あるんだろうけどね。

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:26:31 ID:Utk6EZUJ
おすぎは硫黄島を語るな。

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:27:10 ID:hLHW231u
小倉はなんて言ってたの?

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:28:25 ID:Dy30FOzD
>>222
コリン星から来たって言ってた。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:48:29 ID:iiKt04L3
エガちゃんがこの映画について、なかなかいい着眼点で評論をしてる


映画評論家 江頭2:50さん
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1166248815/

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:01:24 ID:HrPP3gEu
>>189
d!
誰が演じるのかわからないけど
プレッシャーだな。

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:04:01 ID:Yr4OFD6g
おめーら硫黄島語るなんざ100万年早い

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:05:06 ID:Dy30FOzD
>>226
百万年かかるなら誰も語れないじゃん。

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:09:45 ID:Yr4OFD6g
おめーら硫黄島語るなんざ1カ月早い

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:10:32 ID:Dy30FOzD
>>228
じゃあ一ヶ月後に語りまーす。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:10:51 ID:xPOwfAUV
トクダネレポ求む(`Д´)ゝ

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:12:06 ID:Yr4OFD6g
おめーら硫黄島語る前に靖国行って遊就館行って我が家の仏壇に手を合わせろや!

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:14:14 ID:K8hBQa1S
ばつ仏壇
まる神棚

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:14:57 ID:X42oJzcs
>>226-229
仲良いなw


234 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:15:49 ID:Yr4OFD6g
>>232
仏壇じゃ!うちの爺さんは硫黄島で死んでるんじゃい!

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:25:00 ID:QC8DaDqV
しるか、そんなこと。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:25:11 ID:meyvhbf1
>>234
なら怒れよ。
爺さんの命をハリウッドマネーに換金されてんだぜ。
映画パールハーバーで感動して泣いてる女くらい、非国民じゃないならさ。

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:25:52 ID:yuwoqNwj

学徒出陣
http://www.youtube.com/watch?v=pP0Xn7FNOM4
http://www.youtube.com/watch?v=uq2r-muptKM


238 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:35:59 ID:8uI9rvwT
大いに語れよ語れ若人よ

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:41:56 ID:RdXWYq7y
或る自衛官からの書簡
ttp://www.geocities.jp/ryoujidou/jsdf-shokan.html

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:42:04 ID:6lKUwg5a
オレの恩師とか担当教授(も恩師)は学友を戦争で亡くしている。学科の大先輩なども
親や兄弟を亡くしている。オレの担当教授の俺達への遺言は「昭和天皇は戦争責任を
取るべき(退位すべき)だった」

どのような理由があるにせよトップが責任を取らなかったツケが今の日本にもある。
大義もないイラク戦争への派兵を決めた責任。国の財政赤字1000兆円の責任。
政治家も官僚も彼らは誰も責任を取らないだろう。


241 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:45:28 ID:6lKUwg5a
多くの若者が「天皇陛下 万歳!」と言って天皇の名のもとに国に命を捧げたのだから

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:47:58 ID:Yr4OFD6g
学徒出陣なんて非国民のパレードだろ
本当に愛国心があるんだったらなぜ開戦直後に志願しなかったんだよ!
結局パイロットの養成が後手後手に回って特攻隊くらいしか使い道が無くなっちゃったんじゃないか

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:49:03 ID:aJmJLMbo
うちの母はマッカーサーが天皇制を廃止しちゃえばよかったのにっていうよ
安保世代

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:51:05 ID:hLHW231u
あの時に廃止したら、国内の混乱は免れなかっただろうな。。

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:52:07 ID:XgwA7lwr
>>241
死んだ人の遺志に沿うのか?
あとイラク戦争とかは関係ない。

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:56:02 ID:uHQ6nYQC
NYにいます。
昨日NYTimes に批評が載りました。普段のTimesの映画批評は辛口なんですが、「手紙・・・」は手放しの絶賛。

http://movies2.nytimes.com/2006/12/20/movies/20lett.html

そのうち見に行こうと思ってたんですが、批評につられて見てきました。
NYは二箇所だけでの上映中で、昼間の時間でしたが観客は三・四十人ぐらいしかいませんでした。プロには好評ですが、興行的にはどんなもんでしょうか。

Timesの評論の一部を抄訳。

「戦争映画の手法に沿ってはいるが、その手法と洞察において、全く独自なむしろ過激と言っていいほどの冴えをみせる・・・・・
「これほど敵の心情について、深く繊細な描写をした戦争映画は思いつかない・・・
「この映画には謂われ無き修飾やまやかしはなく、危地に立つ人間の情感と悪徳、軍略上の冷酷な論理と戦闘行為に噴出する非合理があり、生と死がある・・・

というようなぐあいです。

観客は当時兵士だったような老人がメインでした。皆クレジットが終わるまでじっと席に残って、普通の映画の後のようなざわめきは有りませんでした。

硫黄島の戦闘の一部始終を色々見聞した人間には不満な面は多々ありましたが、大筋をきちんと押さえて、和製映画と比べても遜色の無い筋立てでした。
戦争という、ともすればスケールによって幻惑されがちな事象に、ヒューマンな内省を中心に据える監督の手腕は見ごたえがあると思いました。
黒澤明のカメラワークを思わせるシーンが多々あり、それもオールドファンには嬉しいものでした。


247 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:56:30 ID:Yr4OFD6g
安保世代に熱に浮かされた奴なら言いかねないな
国が混乱してソ連の直接介入を招き、赤化しちゃえばよかったのにって筋書きじゃないか?

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 10:58:52 ID:Etw7/QYt
フジのドラマを観て
さも本当の硫黄島戦を知ったかのようにレビューする奴がムカつく

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:02:44 ID:aJmJLMbo
それはこの映画だって同じじゃないの248
あくまで映画、物語だもの

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:05:03 ID:ImoiY6pD
硫黄島に民間人が住んでいたとは初めて知った。
っていうか考証の誤り?

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:05:04 ID:i9LJ29SL
>>246

映画批評はノリミツオオニシの毒牙にかかってないんですね

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:06:55 ID:wn2wY/5N
>>250
決戦前に強制退去。一部の人は、徴用で残る。

つーか、キミ、映画、みてないだろ。

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:07:43 ID:or83s91R
>>244
天皇制の廃止?退位と廃止は違うぞ

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:08:29 ID:ImoiY6pD
>>252
いや、昨日丸ピカで観たけど、
あんな居住に不向きな島にも民間人がいたとは思ってなかったので。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:10:52 ID:or83s91R
あの石原珍太郎でさえ天皇戦争責任論者だな

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:12:30 ID:SD8KRrB4
>>230
だから二宮特集だったって。
硫黄島を見終わったアメリカ人に一番印象に残った俳優は誰かとインタビュー
その多くがカズナリニノミヤと答えていたそうで、ドラマ撮影中の様子や蜷川のコメント「天才的にうまい」。
絶賛マンセーの嵐の中で二宮本人は「俳優じゃなくてアイドルだから」と言い切っていたのが印象的 。

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:14:37 ID:XgwA7lwr
>>251
いんや。でもない。俺はNYTの批評は他に比べてほめてない方だと思う。

ちゃんとすかさずノリミツ色が入っている

Since the fighting that Mr. Eastwood depicts is limited to a single, self-contained
piece of the Japanese homeland, the bloody roster of Japanese atrocities elsewhere
in Asia and the South Pacific remains off screen.

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:15:41 ID:SvS2TGu6
>>239
すごくバランスのいい考えだ。俺は感銘を受けた。

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:16:52 ID:/Rb7mUwH
昔は「戦争=悪」ではなかったわけで
今の価値観では当時の人間たちを裁けん

当時の人間たちを裁けるのは当時の人間たちだけ
これものすごく重要なこと

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:17:56 ID:Lzk8SoAB
俳優じゃなくてアイドルだから・・・て、。。すげぇ。。。

なんか、二宮に、アカデミー賞助演男優賞をやってみたくなった。
で、その上で「ほーらどうだ、これでもまだ俳優じゃなくてアイドルやりてぇってかぁ?あん?」って
聞いてみたい。



261 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:18:54 ID:wjQcELTN
>>257

いやあ本当だねえ。さすが親中反日の大新聞。こうでなくちゃNYTじゃ
ないね。

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:19:47 ID:62HL4zOg
まあ、人間が人間を裁くのも宗教的に言ったら問題なのかも知れないが。

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:20:32 ID:q40/iRik
二宮はバク転で獅堂の攻撃をかわして欲しかった

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:21:10 ID:atu/z1MR
なんだったか忘れたけど、二宮と加瀬がインタビュー受けてるやつで、
アカデミー賞ノミネート有力と言われてますが…との質問に対し、

二宮「ジャニーズ事務所ですから、顔が良かったんでしょうね」
加瀬「え???」
二宮「違うの??」

みたいのがあって、コイツ面白いヤツだなと思った。

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:22:00 ID:IetgVRVY
>>147

お前の怒りは、たか子さんの気持ちとは全く別のところにあるね。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:23:02 ID:4rlJk+o/
最初は見る気がなかった星条旗も手紙が良かったのでこの間見ました。
金かかってるなと思ったのは星条旗だったけど、見終わった後に深く心に
残ったのは手紙のほうだった。
男達の大和と違って、手紙の方は、やる気なさそうな西郷が目立ってた分
「職業軍人」と「一般人」の戦いに対する温度差を感じたよ。

(余談だが、友人の「バロン西って呼ばれてた?ハーフ?」には脱力した)

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:23:25 ID:ImIfpjUb
>>247
ネトウヨよばわりされる俺だが、でも、やはり昭和天皇は退位すべきだったと思うよ。
国民に対する、敗戦責任は取らなきゃ。
ああ、でも、退位しないことで、間接的に日本の正当性アピールすることにはなって
るかも。
中国あたりはこれは気に食わないかもな。

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:25:11 ID:q40/iRik
>>266
バロン=男爵て意味。
ムッシュかまやつみたいなもんだ

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:25:23 ID:Lzk8SoAB
>>239 同感です。特に、吉田茂の演説。感銘を受けました。

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:25:47 ID:66fgyEFs
>>259
       勝てば官軍負ければ賊軍

国民を勝てもしない戦争に導いた当時の指導者は断罪されて当然。
国が滅びていまだに敗戦国。米軍に占領されたまま。国連にも多額の
負担金を払わされ続けているが、イラク派兵したのに常任理事国入りは
米国に反対された

   



271 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:25:56 ID:62HL4zOg
>>266
友人?ハーフ??しっかり映画見ろよ。別に悪くないと思うぜ。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:27:04 ID:/Rb7mUwH
>>266
ほとんど史実である映画のバロン西のエピソードで脱力したのなら
実像のバロン西を研究したら
もっと脱力するかもしれん

まずはググれ

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:28:38 ID:q40/iRik
>>270
その論法でいけばやはり日本は再軍備しなければならん。
日本の技術で空母や原子力潜水艦は建造すべき。
日本が二度と負けないようにな。

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:28:53 ID:/Rb7mUwH
>>270

戦後ずっと日本を守ってるのは米軍だがな

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:29:09 ID:66fgyEFs
夕張市が破綻しても、当時の市長、議員に何も責任がないと主張する連中がいるわけだ。
つまり、市民が悪いと。

夕張市民は今年の夏まで騙され続けていたんだろ?
当時の国民と同じだよ。大本営発表に騙され続けていた。


276 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:30:06 ID:66fgyEFs
>>273-274
自国は自国で守る。
当たり前の話だが何か?



277 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:30:39 ID:SnExemo9
>>256
なんか、その開き直りというか、自分のポジションわきまえた発言すごいな
しかもジャニーズで

売れ出したらアイドル視されるのを極力拒んでたどっかのタクヤさんとは大違いだな

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:31:17 ID:/Rb7mUwH
>>275
当然夕張市の市民の責任も大きい
上のほうの責任だけじゃない
あたりまえだろ

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:31:33 ID:62HL4zOg
>>272
ラスベガスで女侍らせて一日に数千万使っていたとか…

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:32:58 ID:FTcCJFkF
>>260
それでも言うと思うよ。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:33:10 ID:vYH44LF6
勝てもしない何も得るものが無い戦争に兵を送りたがるバカウヨには信で貰いたい

              また国が滅びる




282 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:35:43 ID:q40/iRik
>>281
軍備をする、戦争がおきた時の準備をする、議論する、のと戦争をするのはまったく別。
なにもしない事のほうが国が滅びる。

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:35:57 ID:XgwA7lwr
直接に手を下したのでもない指導者責任論というのは本来敗戦国への戦犯裁判では
稀。マッカーサーの非常識が、日本国民に浸透し、ずっと戦後言われ続けてなんでかしらんが
常識になっちゃった。

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:36:00 ID:SnExemo9
>>275
「市民の為、 最後の一人になろうともこの市役所で財政破綻を食い止めるのが責務である!
生きて再び夕張の地を踏めること無きものと覚悟せよ!!」

という気概ある市長&市職員だったらよかったのにね…

実際は夕張市が陥落するとわかるやいなや、6割の職員が脱出を試みてるわけだが…

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:36:35 ID:Lzk8SoAB
彼はしたたかだから、ああいう「わきまえた姿勢」を見せることで
さらにマスコミが好印象を持ってヒートアップすることまで計算してると思う。

事務所にもいい顔が出来るし、世間からは(もし取れるのに辞退ということになれば)
悲劇のヒーローとして祭り上げられる。どう転んでも、悪いことはない。
結構ずるがしこい。

ただし、これは、えさに安易に飛びつかない自制心と、第三者の客観的な目で自分を
見つめることができなければ出来ない芸当。

で、己の客観視と自制心って、役者に必要な資質なんだよな。
やっぱ彼は、乳首をみせる穴あきYシャツを着て頭に花を挿して笑いながら踊る
アイドルになるのではなく、世界をまたにかけるハリウドスターとしての役者になるべきだと思う。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:37:38 ID:q40/iRik
>>285
褒めすぎでは?ww

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:39:43 ID:bx0bM9YA

    勝てもしない戦争、得るものが無い戦争に兵を送る指導者は断罪されていいよ!!!

               また国が滅びてもいいのか?

           まだ60年しか経ってないのにハクチが増えたのか?

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:41:29 ID:XgwA7lwr
指導者責任論といえば、アメリカは一度もそれを自国に適用していない。

ソンミ村の虐殺の責任は下っ端に追わせ、司令官は責任を負わず、
アルグレイブの件も司令官ではなく直接行為に及んだ兵士がとらされた。

司令官クラスが無理矢理命令もしていないものを責任とらされた異常な状態
が敗戦国となったB級戦犯裁判。

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:45:57 ID:4rlJk+o/
>>272
バロン西でググってきました。

画像も見たけど、実物の西さんはわりに男前ですね。
ドラマ化すると普通は本物より俳優の方の顔がいいけど、逆のパターンは
珍しい。ちょっと意外だった。

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:51:45 ID:2V87Ogvf
>>277
ただのパン屋にかけてるんだろ。

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:52:37 ID:ImoiY6pD
名誉の赤痢には笑った

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:53:52 ID:IetgVRVY
再び戦争が起きたとき、今いる自衛官の数でこなせると思うなよ。
今の自衛官の数じゃ、戦争こなすには数が少なすぎる。

アメリカ見てみろよ。ベトナム戦争のときは徴兵制、イラクだって
続々と志願兵を募ってる。

で、そのとき戦場にいくことになるのは、バカで若くて金も地位もない
おまえら。間違いなくお前らが行くことになる。

世界中どこを探したって、それなりの年齢で地位も姉もある連中から先に
戦場に送る国なんてない。送られるのは無学で貧乏でそれなりに体力のある
おまえら。そして次は、それなりの歳だが、地位も金もないやっぱりおまえら。

政府は手を変え品を変え、お前らを戦場に送るためにいろいろ手段を講じるよ。
年収いくら以下で兵隊に志願しない者は愛国心がない、とか何とか言ってな。

で、ここで、戦争、戦争騒いでる連中。もうすぐ戦争できるぞ。お前らの体で。
地獄を味わってきな。

俺は地位も金もあり、それなりの歳だからいけないがなww


293 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:56:03 ID:XgwA7lwr
>>292
侵略するわけでもなし。数で戦争するのでもなし。

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:57:15 ID:/Rb7mUwH
>>292
何きばってるのかわからんが
日本に戦争仕掛けてくる側(北朝鮮など)の軍部にキチガイがいれば
いやおうなく戦争になる
こっちがいやでも

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 11:59:40 ID:XgwA7lwr
>>292
つかあんたいくつ?あと民主主義国家で生まれた人?

あと誰が戦争したいっていってるの?

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:01:01 ID:IetgVRVY
戦争は数さ。

最新兵器備えた米軍が、続々と兵士をイラクに送っているのを
知らないのか?

特に中国の何億もの人間を抱えてる国と戦ったら、数で圧倒的に
不利になるから、再び一億総戦争状態。

297 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:01:52 ID:QC8DaDqV
>>292
良かった、俺姉がいるから戦争に行かなくて良いんだ。
ほっとしたよ。

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:02:57 ID:IetgVRVY
自分が戦争にいくかもしれない、って話したら、途端にトーンダウンしたな。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:03:01 ID:XgwA7lwr
>>296

侵略能力の意図も持っていないので数はいりません

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:04:38 ID:XgwA7lwr
>>298
>>295

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:05:30 ID:iyYfj0xU
>>292
地位と金ねえ…
犬神家の佐清だって、赤紙一枚で激戦地に行ったんだけどねえ。
ああ日本国籍が無いのか。そりゃ仕方ない。祖国へ帰って銃後を守れ。てか今帰れ。


302 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:06:17 ID:/Rb7mUwH
>>ID:IetgVRVY

??
おまえがすごい剣幕なのに
何言いたいのかわかんないから
みんな目を合わせないほうがいいかなと思って
ひいちゃっただけだよ

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:07:14 ID:IetgVRVY
戦争になったら、日本の資源輸入を確保(太平洋戦争みたいな
資源不足にさせない)ために、輸入、輸出の防衛戦力で自衛隊
はかなりの戦力を割かれる。
さらに、敵国進入を防ぐための防衛網を築くために、日本海、及び
沿岸に一大防衛ラインを引かざるをえない。

→志願兵(徴兵)は必須。

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:07:26 ID:QC8DaDqV
>>それなりの年齢で地位も姉もある連中から先に 戦場に送る国なんてない。

シスコンは戦争に行くなとの主張です。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:08:55 ID:62HL4zOg
>>292
コイツはは北朝鮮の工作員ニダ(・∀・)

306 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:09:32 ID:vrw63lNq
>>272
アメリカにいるとき奥さんに「おれはもててるよ、あばよ」って
手紙書く人だからな
かっこよすぎだわ

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:09:56 ID:wn2wY/5N
>>303
そのたくさんの兵隊さんを養っておく余裕は、日本にあるのかな。

あ、移民政策の推進かwww



308 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:09:59 ID:IetgVRVY
>>305

日本の防衛戦略を常に考えている地位も名誉もある人間だよ。

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:11:18 ID:XgwA7lwr
>>303
資源?アメリカさんもオースラリアさんも味方だよ。同じ状況にはならんわなw

なんかキモい



310 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:11:28 ID:IetgVRVY
>>307

兵隊ケチってて、日本国が守れるか、アフォ。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:11:55 ID:/Rb7mUwH
だからさ
日本も徴兵制にしろって言いたいのか?
財源は?

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:12:41 ID:sIKp4SL8
なんだ簡単じゃない、核武装すればすべて丸くおさまるでしょう。
兵士の数なんて今の自衛官で十分でしょ。核、さえ持てればね。

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:12:50 ID:62HL4zOg
北の工作員は黙ってろよ

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:12:58 ID:QC8DaDqV
硫黄島からきた手紙が載ってる本はないかな?
散るぞかなしきに少し載ってたんだがもっと読みてえ。

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:13:00 ID:1ntFkigX
>>246
>これほど敵の心情について、深く繊細な描写をした戦争映画

そうだよな、米国からみれば「敵国を米人監督が描いた」映画だよな。
その前提にたっての絶賛だから、日本人としては正直ビミョー。

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:13:28 ID:wn2wY/5N
>>310
わかった。そのとおりだ。
日本を守るために、キミからあぼーんする。
もう、キミはこのスレでは存在しない。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:13:34 ID:jnaoSv6Q
>>284 それが良くもわるくも戦後の考え。

国のために命をかけたり自分を犠牲にしたら駄目という考え。

318 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:14:27 ID:IetgVRVY
>>309

バカか、その資源を輸入途中で船や飛行機落とせば、日本はあっという間に
資源不足に陥る(元から資源のない国)ことは誰が考えても(バカには考えが及ばないのか?)
分かる話。

日本が戦争に勝つには、戦争状態で如何に輸出、輸入を維持し続けられるか。
これぐらい分かってなくて、戦略など立てられるか、アフォめ。

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:14:52 ID:wn2wY/5N
>>314
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:16:22 ID:62HL4zOg
だから戦争しなければいいんだろ。はいおしまい。

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:17:11 ID:QC8DaDqV
>>319
ありがとう。それは買ってる。ごめん、勘違いさせるようなかきこみだったな。
一般の兵士達の手紙。ちょっとのってるじゃない。息子の写真に話しかけてる、とか
お父さんが立てた家を見たかったです、とか言うヤツが。

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:19:34 ID:ImIfpjUb
チベットみたいにされるくらいなら、命かけて戦うしかないだろ。
まあ、今中国相手に戦争したら、核で日本人全員蒸発させられるだけだろうけど。
通常兵器で日本と戦争しても、中国に勝ち目はないしな。
日本に戦争で負けたら、中国共産党は国民から粛清されるから、生き残るには
核使うしかないよな。

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:19:56 ID:XgwA7lwr
>>315
IMDbでのこれを日本で観た在日米人のコメント


The strangest part of all. Clint Eastwood has made a Japanese movie that the
Japanese should have made. There is almost no way to tell it was a "foriegn"
production until you see the credits.

なんといっても奇妙なこと。それは日本人が作るべき映画をクリントが作っちゃったってコト
クレジット見るまで「外国映画」ってのがわからない。
http://us.imdb.com/title/tt0498380/usercomments

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:20:37 ID:IetgVRVY


    ハハハハ、いずれ日本は攻められる。戦争は避けられないと話しておきながら

    戦略論話して、今の兵士数で勝てるわけないと諭したら

    途端に沈黙か。

    とんだ愛国者だな。



325 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:21:46 ID:XgwA7lwr
>>318
あほうかw 制空権とれてる以上関係ないよ。おまえの頭ん中ではレーダーもイージス
も存在しないのかw

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:22:23 ID:nQRsufN7
ワイワイ騒いでる方々、これを是非見て下さい。
もし戦争になったら真っ先に行く事になる自衛官の言葉です。
ttp://www.geocities.jp/ryoujidou/jsdf-shokan.html

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:22:44 ID:PfiOIgUb
今日見に行こうと思うのですが、なんか事前に最低限入れといたほうが楽しめるぞっていう知識はありますか?

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:24:37 ID:IetgVRVY
>>325

バカが、日本がどれだけの数の飛行機や船で輸入を行っていると
思っているんだ。
その全てを、レーダーやイージス数隻で護衛できると思っているのか。
護衛ってのは日本の領海内に入る前からやってないと意味ないんだがな。

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:24:46 ID:XgwA7lwr
>>326
それ観たよ。立派な自衛官だ。軍人はそれでいいのよ。
ただ国政を考えるのは彼じゃなくて国民。

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:26:09 ID:XgwA7lwr
>>328

>その全てを、レーダーやイージス数隻で護衛できると思っているのか。
ああ、できるよ。

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:27:02 ID:vrw63lNq
ウィキとか栗林さん関連本読めばどない

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:27:33 ID:QC8DaDqV
ああ、なんで軍オタってこんなにうざいんだろう。

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:28:48 ID:vrw63lNq
>>331>>327さんあてで

334 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:29:54 ID:jnaoSv6Q
戦争に勝てるかはアメリカが助けてるか次第。

今の所は船や航空機で攻めてきても自衛隊で撃破できる。

アメリカを無視してミサイルや核を使われたら勝ち目は無い。
ミサイル防衛システムがあれば多少はましになるかも知れない。

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:31:03 ID:czhnw7C7
http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2006-12-20&p=.htm

全米圏外に登場です。

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:31:12 ID:/Rb7mUwH
これからの戦争の形や自衛の形は
コストを考えても、戦争そのものの抑止力を考えても
核装備がいちばん現実的だわな

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:31:49 ID:25mwKYJa
「オレなら逃げて降伏する」ってやついるけど
夕べヒストリーchで沖縄戦の米軍退役兵のインタビューやってたけど
降伏した日本兵は尋問したあと銃やナイフで首を欠き切って全て殺したと言ってたぞ


338 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:35:09 ID:25mwKYJa
サヨクほど二言めには戦争!戦争!という理由は何?

あれか、霊感商法と同じ論理か
不安、恐怖をあたえ洗脳、オルグする

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:36:45 ID:KOGazw7X
>>335
アメリカだと5館しか上映してないんだね

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:37:04 ID:Ty6hdMNo
戦争戦争詐欺です

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:37:18 ID:25mwKYJa
>328
AWACSって知ってるか?


342 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:38:09 ID:XgwA7lwr
>>335
乙。
でもアメリカでは限定公開だから上映館数も少ないし、それでも頑張ってる方だろうね。

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:38:33 ID:JI4LwOjs
映画を見た元生存兵は途中で席を立った。「実際はあんなもんじゃないよ」「悲惨でむごいものだった」と語っている。
(読売新聞12月9日夕刊)

これもテンプレにいれるべきでは?

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:40:35 ID:dIJuGNcL
>>332
軍板あがりはあんなもんですよ

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:42:33 ID:CGy9kk9h
>>343
それ、星条旗のほうだから

346 :140:2006/12/22(金) 12:47:19 ID:jaTR+MtQ
>>150
ありがとうございます。
ロスオリンピックの馬術金メダルは今と違って価値が全く違います。
欧米では現在のマラソンや冬季のフィギュアスケートに匹敵するほど注目度がありました。
ロスの名誉市民になるほどの有名人。憶測ながらラジオ局の番組にゲスト出演をしていたかもしれません。

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:47:31 ID:3igGTMyt
>>94
見てればパン屋の嫁だ、くらいはアホでも分かるわい。
旦那様に敬語遣うのは裕福な家の奥様だけだとでも?

まんま>>94の台詞「あたしゃ〜」だったらまだわかるけど、
「だって行った人たち誰も帰ってきてないんだよ?」(語尾上げ)
みたいな台詞だったぞ。
あれで一気に萎え萎え。
その直前の二ノ宮が読書しつつ「帰ってもらいなさい」と嫁に命令するシーンは
時代に合ってるというか、いかにも亭主関白な旦那様って感じなのに、
その後は現代風のカップルのようなやり取りになったりと、
かなりチグハグだった。

まぁ所詮外人の撮った映画だからなぁ〜と自分で自分を納得させたけどさ。

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:57:13 ID:wn2wY/5N
>>321
そうですか。まとめてはしらないな。

辺見じゅんの「昭和の遺書」も、「戦場からの遺書」もいろんな所で戦った人のだし・・・。
スレ違いだが、収容所から来た遺書は読まれましたか?


349 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:59:24 ID:/Rb7mUwH
>>347
大戦前の昭和15年ぐらいまでの風俗や町並みなどは
実は今とあんまり変わらんけどな

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:02:09 ID:sIKp4SL8
>>347
世帯もちでしょうか。当事においては対外的にはそりゃ亭主をたてるでしょう。
しかし一対一になればかかあが強い家庭はどこにでもあった。まして下町であればね。
しかも亭主を思っての台詞、あそこからの流れにはぐっとくるものがあったよ。

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:14:06 ID:tiIL6jkM
つか日本のドラマでもあんな感じちゃうん?
NHKの朝ドラぐらいしか該当しないけど

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:27:23 ID:9iEcbs6B
自分も違和感があった。
でもよく考えたら祖母は普通にしゃべってたな。(山の手ってほどじゃないが下町でもない)
戦後変わったわけでもないだろうし。

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:28:46 ID:znNhXDlC
>>237
aaaaaこれみたかったんだ!!!
ありがとう!ありがとう!!!


おじいちゃーーーん
おばあちゃーーーーーん

60年前の貴方と再会できて嬉しいです 涙

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:47:54 ID:bx0bM9YA
しかし硫黄島を取り囲んだ米軍の船団は凄い迫力だったな
495隻? あの物量で攻めてくる国には勝てないよ

米国と戦争を始めた低能指導者・・・・マヌケ杉
留学経験のある栗林も西も相手の凄さは判っていたはずだ罠

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:55:10 ID:XgwA7lwr
ところで戦争する前に相手の領土要求を飲んだ独立国ってどのくらいあるんだろうね。

でもしあるとしてどんな運命たどったんだろう?

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:57:32 ID:K8hBQa1S
そんな国があるとしても
実際はすでにこの世に存在して無いだろうよ

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:59:26 ID:IZIwBAFE
>>355
竹島とか取られてる国あるじゃん

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:59:42 ID:1ulVq6dN
二宮の上官谷田って大尉?中尉?どっちですか?
台詞では大尉になってたような・・・

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:00:11 ID:9Yq9Glc2
>>354
日露戦後には既にアメリカに次の標的として目をつけられてますので。
横にいた海洋国家、海軍国家が悪かったとしか言えません。

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:02:34 ID:XgwA7lwr
いつも思うんだが、歴史の分かれ道で日本は戦争をとった。

で負けた。でもう一つの分かれ道をとったとして、果たして真逆の結果。

つまりいい方に進んでいただろうか?その保証はない。

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:09:50 ID:HBD4Dg1D
アメリカでは上映館極少、入ってる人も極少か、
結局日本人ばっかの日本語映画なんて見ないよな。
このまま消えそうで残念だな。

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:10:19 ID:FTcCJFkF
>>358
うん、台詞では大尉だったよ。

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:11:45 ID:5zA9+SwJ
シドーの素敵動画をどうぞ
NY Times Movie Minutes: Iwo Jima
mms://wm.world.mii-streaming.net/media/nytimes/t_assets/20061221/50bb14dd4b91b9852b389d38dfa7469aba7ce19b.wmv

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:15:13 ID:XHzMBKxy
アメリカ人は自分達に都合の悪いものは見ようとしない、糞国家

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:15:26 ID:bx0bM9YA
>>>359
会社を倒産させたマヌケ経営者の言い訳みたいなもんだな
それとも夕張市長か?

回りが悪い! 景気が悪い! オレには責任がない!
 

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:15:43 ID:p6GCsgxv
アメリカではもともと2月に公開する予定だった作品を、
わざわざ年の瀬も押し迫った20日に無理やり繰り上げて公開するなんて、
賞レースのためとはいえ異例のことだと思うよ。他の州も1月公開らしいし・・・。

万人受けする映画とは思えないけど、みんなに見て欲しい映画だと思う。特に日本人。
来週から学校も休みだし、特に中高生には是非お勧めする。
「死」に対する価値観が少し変わるかもね。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:23:09 ID:XgwA7lwr
>>365
つかあんた戦時中に生きてて被害被ったの?

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:30:17 ID:/SulbXDI
ヨーロッパならそこそこ受けるだろ


369 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:33:03 ID:rdY3+fTe
中国人に近現代史を教えると「反日」になる!
日本人に近現代史を教えると「反米」になる!

ガッコで近現代史の教え方が駆け足になっているのは「意図的」なことなのだよ。
南京大虐殺30万人はマユツバものだが、ヒロシマ・ナガサキの「30万人」は史実。
原爆以外にも無差別じゅうたん爆撃で一般市民が何人死んでる?

この映画を見るまで「硫黄島のことを知らなかった」としても無理もない。
そういう筋書きでニッポン人を教育していたのだから!!
現在でも1万柱以上の英霊が硫黄島に放置されているが、言い換えれば、
それだけの数をアメリカ軍が「生き埋め」にしたんだ。


370 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:38:16 ID:XgwA7lwr
>>365
いやね、俺この日本で何不自由ない暮らししてるし、今の状態を作ってくれた
英霊に感謝こそすれ、負けたコトについては生まれる前の出来事だから
あんたみたいに必死に(w)なれないんだよ。責任とってくれって.・・俺別に不幸に
されてないもん。

>>369
戦争だからお互い様だ。爺さん同士がわめきあうのはいいが、実際に被害受けていない
世代が反中になるのも、反米になるのも、反日になるのもどうかな?
事実関係ははっきりと主張すべきだけどね。

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:41:26 ID:XgwA7lwr
豊臣秀吉は徳川に負けた責任とれ!! 





俺も一応興奮しとく。

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:45:33 ID:uCf5YhLE
>>367
いまだに敗戦国で米軍に占領されたままだが、キミはそれに気がついてないの?
おめでたいヤツだな(嘲笑

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:47:01 ID:XgwA7lwr
>>372
じゃ米軍基地に特攻してきたら?口だけか根性なしw


374 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:48:02 ID:uCf5YhLE
国連に多額の金を支払っていて常任理事国にもなれず
いまだに敗戦国なんだよ

それを知らない、知りたくない珍米ネットウヨ(哀れ

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:48:05 ID:f+YDZRVm
>>364
ま、パールハーバーを喜んでみる日本人もいい勝負だと思うがな

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:48:31 ID:uCf5YhLE
>>373
特攻しか手段が見出せないDQN乙

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:50:13 ID:wn2wY/5N
>>376
まあ、吠えてるだけのキミもそうとうイタイな。


378 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:50:25 ID:XgwA7lwr
やれやれ、ネットウヨクだってか?w 

でもどうやら他人をネットウヨクと呼ぶやつほど戦争好きで(戦争の経験もないくせに)w
オバカなようだねw

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:57:29 ID:xkZzgRnv
まぁなんだ、偉そうに一説講じていても、
所詮は「平日昼から2ちゃん」ってことだ。

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:00:55 ID:I3AvGUqD
目糞鼻糞

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:05:44 ID:cHjkb6EJ
>>363
シドーについて行った兵たちが戻りながら「馬鹿じゃねーの?」とかいってるセリフは訳されてないね。


382 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:08:05 ID:/SulbXDI
おまいらこれでも見て落ちつけ
http://www.youtube.com/watch?v=zHr24_OzmfY&NR

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:08:58 ID:h2fRUwN8
教えてください。

映画の冒頭で栗林が飛行機(輸送機?)で上陸するシーンがあったと思うけど
当時あんなに簡単に人員輸送出来てたの?護衛無かったみたいだし。

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:12:23 ID:Yr4OFD6g
パールハーバー見て喜ぶ日本人なんているのか?
同僚のアメリカ人も下らないって嘆いてたぞ

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:19:01 ID:0TZMIwDS
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。      
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた      
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ       

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある      

                                   
                               by クリント・イーストウッド

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:27:04 ID:jnaoSv6Q
>>383 栗林が航空機で来たかは知らない。

硫黄島以外では場合により高級士官の移動は航空機でおこなっていた。
護衛も場合によると思う。

硫黄島には何度か航空機が輸送していた。



387 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:28:24 ID:Yr4OFD6g
>>383
マリアナ沖海戦の前だから米軍の制空権はまだ及んでないよ

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:28:51 ID:S+RlbOKv
>>384
サービスデーに「いっちょ話のネタにしようぜ」と
冷笑しながら見にいった客でも、「興行成績」には入ってしまう。
そう、極端な話「九割九分が冷笑ヲチ客」であろうとも。

日本でのパールハーバーはこのパターン。

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:31:57 ID:A4GtKfYL
まだ制空権は確定して無い時期だったかと。
私の記憶では硫黄島戦で日本軍の攻撃機も米軍を爆撃してたと思う。

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:35:38 ID:OoVY6H79
>>384
おかげで「トラ・トラ・トラ!」が再評価されたから
そういう面だけは認めてる(作品的には「パール・ハーバー」は噴飯ものだが)

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:36:57 ID:p6GCsgxv
パールハーバーとタイタニックをいまだ見てない俺は勝ち組w

それはおいておいて、トマトのレヴューも公開してから倍ぐらいになりました。
制作費が18億らしいから、日本だけでも回収可能でしょうし、
来月アメリカ全土で公開が始まったら、観る人も少しは増えるでしょうし、
1月のGG賞が取れれば少しは追い風になるかもですね。

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:38:59 ID:9Yq9Glc2
栗林が着任した時は、横須賀航空隊が硫黄島での迎撃戦で頑張ってる頃だな。

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:39:32 ID:POs/f7Cd
裕木奈江は少し浮いてたと思う。
夫婦に見えなかったし、あの「なんだよ?」みたいな
しゃべりかたも昔とぜんぜんかわってなかった

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:41:30 ID:fYQiD1FX
>382
なんでほたるすぐしんでしまうん?

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:42:18 ID:HBD4Dg1D
>>393

演技がくさいとは思ったな。
町の人が日本人じゃ無い時点で自然な演技は難しいだろうけど。

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:43:48 ID:E4V9mlgq
小笠原から硫黄島までの距離だから
別に制空権云々言わなくても飛べるよ。

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:48:25 ID:1ZVg6Aj8
パール・ハーバーの内容は忘れたが、真珠湾に攻撃を仕掛ける
日本のゼロ戦を見上げるハワイの白人の子供に肥満児が居たのが
印象に残っている。肥満児が富みの象徴に見えましたわ。

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:49:18 ID:tiIL6jkM
制空権って言ったって広い太平洋をパトロールしてる訳でもないしな。
一応到着時刻をごまかすぐらいの配慮はしてるわけだし。

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:49:36 ID:+GyeOzDO
デビットリンチの新作にも出るんだってよ有機苗

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:53:11 ID:A4GtKfYL
>>392
そう考えるとまだ戦争が出来てた頃だね。
このタイミングで形はどうあれ終戦出来てたら大分状況は違ったろうね。
大和特攻の頃はもう・・・。


401 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:53:36 ID:Ty6hdMNo
当時の硫黄島では航空部隊がまだ踏ん張ってたんじゃない?
硫黄島から進発してサイパンに駐留していたB29を撃破してるし
坂井中尉が十五対一の空戦で絶対絶命のピンチに
硫黄島の対空砲火に救われた頃はボロボロだったろうけど

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:53:37 ID:YrV2u4or
日本兵は頑強に抵抗した。
栗林は我がアメリカ兵を1人残らず道づれにするつもりだった
byスミス中将

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:53:48 ID:P4YOTcMD
>>391
アメリカで公開されたら退役軍人、その家族、現役軍人でかなりの動員数になるんでは?

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:57:47 ID:E4V9mlgq
硫黄島は絶対落としちゃいけなかった。
本土決戦用に取って置いた武器、残ってる戦艦、
航空機、全て投入してでも硫黄島を守らなきゃいけなかった。

もし、硫黄島が陥落していなかったら、後の沖縄戦も
中止になってたかもしれないし、原爆投下もなかったかもしれない。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:00:31 ID:9Yq9Glc2
>>400
和平工作はしてたよ。ただ仲介を頼んだ相手が、
ルーズベルトに日本を半分にしようと持ちかけられたソ連であり、
アメリカは日本の政府を解体したいので無条件降伏以外にはないと突っぱねた。
で、トルーマンに大統領が代わって、とりあえずソ連に日本をやるのはあり得ないって事で、
さっさと降伏させる為に原爆投下したものの、日本が温存した戦力の駆逐には余り意味が無く、
更にソ連の参戦で、大慌てしたアメリカが傀儡政権の樹立で妥協して終戦。


406 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:04:19 ID:E4V9mlgq
>>405
おいこら、むちゃくちゃ言うな。
日本への降伏勧告、ポツダム宣言はソ連参戦のずっと前にだされてるわい。

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:04:40 ID:jnaoSv6Q
>>354 歴史にもしもは無く。間違いであるとしても広い目で見て欲しい。

石油、資源、領土をアメリカに放棄させられようとしていた。

それを受け入れると中国には勝てない。
それはソ連と対抗できなくなる。
ソ連がまとな国だったら仲良くできるが今も昔もまともとはいえない。
アメリカと戦うのは厳しいが戦わないとソ連に負ける。

戦うもダメ。戦わないのもダメ。

アメリカのいうとおりにしてソ連に対抗できなくなって、欧米に助けを求めても他国のことまで面倒は見てくれない。

アメリカは大国で自国が安全だが、日本はソ連というまともでは無い国があり危険。
アメリカは石油や資源やアジアの権益が欲しいんだろうけど、日本は国や国民が危険で
アメリカさん勘弁してくれ日本の立場も分かってよ。ソ連の支配から守ってくれるのかい責任とるのかいう情報。

拉致問題、中東問題にしても自国のことしか考えていないアメリカ。悪いことだが日本だって他国だって自国が大事。


408 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:07:53 ID:h2fRUwN8
色々勉強になります。
当時の方々に感謝しないといけないですね。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:09:07 ID:Yr4OFD6g
日本は悪いことなにもしてません。
すべて朝鮮人が悪い
朝鮮人はこの世に存在すること自体が非合法です

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:09:34 ID:9Yq9Glc2
>>406
だから、無条件降伏でなら認めるとアメリカは言ったと書いてるじゃん?
それに対して日本は国体の護持、要するに日本人が統括する日本の政府を残せと言った。
その後は、書いたとおりだが?

あ、もしかして無条件降伏飲んだと本気で信じてたの?

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:12:01 ID:e/BdS9No
今日サントラ届いた。同じような曲ばっかだけど味があっていいねえ

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:14:02 ID:iy5Qo8T4
前スレで、ドクは硫黄島の戦いの最初のほうで呼び戻されたので
西條と並んで治療を受けることはありえない、ということを言っていた人がいたが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97
によると、星条旗を立てたメンバーが本国に呼び戻されたのは
「硫黄島の戦い終了後」ということになっている。

旗を立てた6人中戦死した3人の3人目が死んだのが3/21だそうな。

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:15:57 ID:4M/Y2OCG

エキストラというか
セリフの無い脇役というか…
明らかに演技に加わってないヤツが妙に2、3人居て少し気になって苛ついた
西郷の所属する摺鉢山の部隊が手榴弾で一人一人自決していくシーンでの中程に居た
とても食い物に不自由していたとは思えない、田舎臭い顔したデブ。
栗林だったか、失明した西、どちらだったか忘れたが最期の別れの訓辞をしている山場とも云えるシーンに於いて
前列左手辺りに居たチラチラ、チラチラカメラを見ていた佐野史郎に似た、ニヤけたヤツ。
あーいう、意識の低いヤツ等がせっかくの映画をダメにすんだよな。

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:16:27 ID:E4V9mlgq
>>410
つーか、日本は国体の保持の条件での幸福を連合軍に打診してるが
それに対する連合軍の返事はあいまい。ケンケンガクガクの議論の末
結局8/14の御前会議で天皇陛下がポツダム宣言受諾を決定。

って、こんな当たり前のことを議論しようって?

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:23:11 ID:Etw7/QYt
>>413
エキストラは仕方ないとも思う

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:24:40 ID:HBD4Dg1D
>>403

日本兵が良く描かれているシーンがあるだけど抗議されそうだよ。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:25:09 ID:aJmJLMbo
仕方なくはないよ!415
ちゃんと参加しようよ

自分ではそんなとこきづかなかたtけど

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:25:52 ID:9Yq9Glc2
>>414
ポツダム宣言のカイロ宣言履行のなかの無条件降伏が8/10での折衝で、
日本の政体は日本国民が自由に表明する意思のもとに決定されるという米側の回答を受けて、
これならとりあえず国体は護持できるので、ポツダム宣言を受け入れて降伏する運びとなった。

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:27:37 ID:tiIL6jkM
>>413
つかデブが出てるので違和感があるってのはそいつのせいじゃないだろw

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:28:31 ID:Etw7/QYt
栗林の最後の演説のシーンでも
かき分ける兵隊の中にデブが居たな

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:28:46 ID:W9HNh65j
特定アジア フラッシュ リンク集
http://linkflash.hp.infoseek.co.jp/

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:29:33 ID:z3LH2UE5
この作品って、ビデオ撮影?

黒部分ほとんど潰れてたし、奥行きも全然無かった。
「父親たちの星条旗」は普通だったのに・・・
それとも粗悪プリントのフィルムだったのかな。
もしくは会場のせいか。

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:36:17 ID:E4V9mlgq
>>418
残念だなぁ。そこまで書いといて、
「降伏の時より、天皇および日本政府の国家統治の権限は連合軍最高司令官に従属する」
の部分を書いてないとは。

わざと?


424 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:41:30 ID:9Yq9Glc2
>>423
先生、わざわざ傀儡政権って>>405で書いたじゃん。
だから、レスを読んでから反論してください。
アメリカは政府の解体できなくても実質抑えられるし、
日本は建前上国体は護持できるラインで妥協って分かるでしょ?

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:42:14 ID:cbIiHp+k
今日見てきました。
感動という言葉では言い表せられない、ただただ重く痛い映画でした。

当時を生きた人から、「西郷こそ当時の一般的な人々の姿だ」という感想が
スレでも出ていましたが、なんとしても生き残ろうとする彼に
自決や万歳突撃を強要しようとする上官,戦友の理不尽な要求に
日本を覆っていた狂気が見事に描かれていたと思います。

捕虜の待遇など、戦争時の常識とも言うべきことを知らない
異常な集団に立ち向かわずを得なかったアメリカの若者に深く敬意を表したい。
アメリカに行くことがあったら是非アーリントン墓地に行って手を合わせたく思いました。



426 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:44:12 ID:Etw7/QYt
凄いの見つけた

http://kingkong.jugem.cc/?eid=712
http://kingkong.img.jugem.jp/20061221_314441.jpg

>スタッフとキャスト用の試写会がこっちであり、映画のキャストが数人日本からきてくれました! 
>ロス在住の人たちも含め、ファミレスでゆっくりとコーヒーを飲みながら、いろいろと話が盛り上がりました。
>
>日本からパンフレットをもってきてくれた人がいて、よく観てみるとキャストの名前が6人しかのってない! 
>あんなにセリフがあっていい演技をしていた人たちがいたのになぁ・・・。
>ここにいる役者さんたちは将来が本当に楽しみな人たちばかりです!

>左からご紹介:
>松崎さん(野崎役)・・・ニノ(西郷)の友達役。こちらで頑張ってる役者さんです。
>背も高くアメリカ人にも劣らない体格で、コメディー系もやるんだとか。
>本当に自然な演技で、兵隊役をしていてもそのキャラクターに観客として親近感が沸いてきます。
>現場で彼の出番がない時には、彼の控え室から戦争の歌や音響が聞こえていました。
>リサーチも専門家顔負けで、他のキャストの人たちも彼から学んでいたほど。
>
>尾崎さん(大久保役)・・・バロン西の部下役。日本からはるばる試写会に来てくれました。
>何事にも真剣で、現場では本当に感化されました。柏原役の山口さんのお友達で、
>ラスト侍などの映画にも共演。これからロスに移住してタレントで頑張るらしいです。
>彼は留学の経験があり英語も達者なので、ロスでの活躍が楽しみですね。


427 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:45:25 ID:Etw7/QYt
>KK(通訳・お世話役)・・・役者ではありませんが、夢は映画監督。今回、クリントのいる現場で働いている間、
>本当にいろいろなことを学びました。一歩下がって観察できる位置にいたので、
>これ以上いい経験はなかったように思います。
>
>わたなべさん(藤田役)・・・彼はこちらで活躍する役者さんです。謙さんの部下役で、
>謙さんがいる場面には必ずいます。実際会ってみると、本当に静かで謙虚な方。
>芝居では声が通ってますが、本人はおっとりしていて話しやすい人です。
>本番とは全く違った人物になるのでみんなびっくり。やっぱりプロですね。
>
>あんどーさん(小沢役)・・・ロスで活躍中。ガーディナの日系スーパーの魚セクションのお兄さん。
>現場では社交的で、みんなの世話役のような人物でした。
>今年の忘年会は彼が仕切り役です。映画では洞穴での出番がたくさん。
>
>山口さん(柏原役)・・・大阪弁バリバリのさわやかなお兄さん。
>ニノ(西郷)の友達役。寒い寒い現場では、控え室をシェアしてくれるほど優しい!! 
>関西人っぽいのりもあってか、アメリカ人の間でも人気者でした。
>現場ではみんな坊主頭だったので、今回再会して雰囲気が変わっていてびっくり。
>関西では演劇界で活躍されてます。彼はこの役を手に入れるため、
>「アメリカで来週オーディションがある」という情報を聞きつけ、
>大阪からわざわざロスへ次の週にとんで来たそうです。やる気は並大抵ではありません! 


428 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:46:22 ID:wn2wY/5N
>>425
つ戦争時の常識

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm



429 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:49:01 ID:4M/Y2OCG
>>425
>捕虜の待遇など、戦争時の…

その逆もまた然り┓(´ー`)┏

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:50:50 ID:XCSoUJ1P
>>407
ま、その要求もソ連のスパイが書いたハルノートによるものだがな。
結局、日本も国民中国もアメリカもソ連の策略に踊らされてたってこった。
3者痛み分けで最終的に東亜利権はソ連と共産中国に。誰が本当の
勝者だったかは歴然。


431 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:51:42 ID:Etw7/QYt
>日本からパンフレットをもってきてくれた人がいて、よく観てみるとキャストの名前が6人しかのってない! 

これ、なんでなん?

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:52:00 ID:E4V9mlgq
>>424
何いってんの、君?

横から分けわかんないこと言ってこないでよ。つまらないよ。
それとも君も基地外の御同胞?


433 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:52:23 ID:XCSoUJ1P
>>428-429
また、そんなよくある釣りに・・・・

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:54:21 ID:z8yCRIcu
>>422
わざとああいうセピアっぽい色合いにしたんだろ。
当時、アメリカはカラー撮影してたが
日本はまだモノクロのみ。

日本側の視点ってことで、日本が撮影したような風合いにしたんだろうと
勝手に解釈。

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:55:14 ID:9Yq9Glc2
>>433
ID:E4V9mlgqも釣りだったのかな?
それなら釣れた釣れたの絵本はってもらえると気が楽なんだけど…

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:59:21 ID:kVkf1rNF
>>422
クリントの演出でわざと彩度を下げた絵にしてる
多分ドキュメントっぽい感じとか、戦場の冷たさみたいなのを狙ってるんだと思う。
星条旗でも、本国のシーンは普通の色合いにしてるけど、
硫黄島等の戦争シーンでは彩度下げたタッチにしてる

あの撮り方はいいと思うね。
素の色合いだったら、アクション映画っぽい感じを抜けきれないと思うし

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:59:31 ID:QRZXmPBr
「こういう映画を日本人の手で作って欲しかった」
とか言う声あるけど、実際に日本人の監督が撮ってたら、公開すら危ういんじゃないのか?
中国や韓国辺りは「六カ国協議が進展しない原因の1つ」とか言ってきそうだし、
軽い(むしろ重い?)国際問題になりそうだ。
マスコミの対応も全然別のものになってそう。

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:02:23 ID:IZIwBAFE
>>431
コスト削減じゃないか?

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:02:44 ID:XHzMBKxy
>>425
くだらん釣りすんな。
英霊に呪い殺されろ

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:03:36 ID:Etw7/QYt
>>438
キャスト一覧を載せる事とコストとどう関係が?

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:04:24 ID:yMb0jMGU
日本で撮るべきだったが、様々な要因で日本では決して撮ることの出来ない映画だったんじゃないのか。
クリントに感謝


442 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:04:44 ID:FaMNG3uW
メインキャスト5人はそれぞれ自分の演じる部分を
成せてて良かったと素直に思う。

二宮は情けなそうな顔とは裏腹にしっかりした人物を演じられてて見事。
昨今は顔しっかりで叙情的演技が上手いってやつは多いけどね。

非イケメン非ジャニーズで前者みたいなやつはあんまりいないのかな。
あ、二宮が非イケメンと言ってるわけではないぞ。

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:06:52 ID:8uI9rvwT
負けたから他の国にいぢめられるんだね(・A・)

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:10:01 ID:ImIfpjUb
反日マスコミがほんとは袋叩きしたい内容の映画だが、クリントの名声のおかげで
連中びびって何も言えなくなってる。
さすが、権威に極端に弱い反日バカマスコミだ。

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:11:48 ID:cbIiHp+k
>>439
英霊?
国家による犠牲者を単純に英雄視するほうが
なくなられた方への冒涜だと思います。

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:13:13 ID:C9daSGLU
藤田中尉が青学出身なんですね。

プロテスタントのメソジスト派のアメリカ人が作った青山学院。
彼もクリスチャンではないにしろ日常的にアメリカ人教師と接して、牧師の説教を聴き、賛美歌を歌っておられ、アメリカの理解者の一人だったと思います。

今年、文化祭に行く機会があったのですが、くったくのない男の子たちの顔を思い出すにつけ、切なくなりました。

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:13:33 ID:1+UxRSid
>>442
ジャニヲタ浮いてるぞw

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:16:03 ID:0bAjmoC3
 / ̄ ̄\  
< ´・  \
 | 3   丶
< 、・    \
 \__/∪ _∪)
      U U

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:17:15 ID:9CoidoGy
星条旗のエンドロールと違って手紙の方は何もない字幕だけということには
意味がこめられてるな。
「硫黄島の戦いを知らない日本人があまりにも多い」と語るクリント。
もしも、星条旗の様に実際の映像を観たいのであれば本やネットで調べて
みたり実際に島で戦った人や爺さん婆さんに当時の話を聞いてみろと。
そして、もう一度この映画を観て自分が学んだ事をその何も無いエンド
ロールにイメージしてみろと。

まあ、そんなところだろw

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:17:43 ID:4M/Y2OCG

そういや
大戦中の記録写真を収めた写真集の中に、砲芯の先にスス汚れた骸骨らしきモノを引っ掛けた戦車の前で、ニヤついている米軍兵の写真が載ってたのを思い出した
確か左巻き新聞関連の出版社だったと思うが、写真の脇には『泥を固めて作ったドクロの前で休息するアメリカ兵』
なんて明らかにインチキなキャプションが添えられてた。左巻き連中はどうしても日本軍を絶対悪としたいようでヘドが出る思いをしたのを思い出した。

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:17:43 ID:kRQZWrUe
島国根性丸出しでコミュニケーション嫌いじゃ駄目ってことよ
うまく行かないと玉砕することしかできない。



452 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:18:46 ID:kRQZWrUe
まぁ2ちゃんにも珍米工作員が常駐しているからな。
他国を占領するって洗脳することだから・・・




453 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:20:16 ID:9Yq9Glc2
>>451
コミュニケーション嫌いねえ。
日本人排斥法とか日貨排斥運動とか知ってて言ってるんだろうか?

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:21:26 ID:kRQZWrUe
さぞかし国連で主導権取れているんだろうなぁ
お隣の国に比べても(苦笑



455 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:21:53 ID:E4V9mlgq
>>450
アメリカに左巻き新聞社なんてあるのか?
当時からアメリカは赤嫌いだぞ。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:23:34 ID:E4V9mlgq
>>453
いや、アメリカ人に英語でしゃべりかけられると逃げるっしょ?

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:27:28 ID:4M/Y2OCG
>>455
いや、日本の出版社だよ。

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:28:35 ID:HBD4Dg1D
>>437

映画となんの関係があるのか・・

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:28:47 ID:8MrR/3wy
キモい流れだなw

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:29:23 ID:TgUEJNAj
硫黄島知らない若者がいてもあまり驚かないが、真珠湾がハワイにあること
やミッドウェー海戦やレイテ海戦を知らない奴とかマジでいるよ。
最近の歴史の教科書って、どうなってるのかな??

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:30:18 ID:8MrR/3wy
とりあえず「珍米」とかいう言葉出すやつはイラク板にごろごろいるから、
どんなやつか観てきたらいいよw


462 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:35:15 ID:znNhXDlC
>>393
大宮のパン職人のおかみさんにしちゃ、
肉体労働してる感が全くなくて、専業主婦
っぽい外見で違和感があった。
下町的な言葉遣いと容姿があってない。

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:37:10 ID:X7SGUuvJ
朝見たけど西郷は我々を映画の中に引き込んでいくとかアメリカ人達も褒めてくれてたよ
どうしてニノは謙さん達と一緒にアメリカに連れてってもらえないの
連れてってあげてよ

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:38:50 ID:8uI9rvwT
アタシは貧乏な育ちだけど深窓のお嬢様って言われるわ

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:41:01 ID:62HL4zOg
>>464
ハイハイワロスワロス

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:44:13 ID:znNhXDlC
>>463
アイドルの仕事が忙しいんだろう。
ジャニーさんに直訴したらどうか。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:44:56 ID:Gqz+6x3y
今日観てきた。
自分にとって今年一番の映画だった。
みんな良かったが、獅童の役は深いね。伊藤のことを情けないとか
滑稽とか言ってる人をみるとゾッとする。

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:46:21 ID:T8a51iX5
>>463 『嵐』のコンサートで忙しくてそれ所じゃないはずだが。

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:49:12 ID:E4V9mlgq
世界有数の俳優の才能捨ててまでやりたい物かね、アイドルってのは?

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:50:28 ID:4M/Y2OCG
4>>26
乙です。
いい俳優なのに何でパンフに名前無いのかなって思ってたけど、アメで活躍してる俳優なんだな。

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:53:05 ID:4M/Y2OCG
訂正
>>26×
>>426

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:05:00 ID:T8a51iX5
>>468 まぁ一発屋で終わる可能性もあるし。英語堪能な訳じゃないから
これから先苦労するよりは楽でしょうが。オファーが山の様に押し寄せ
たら考えるだろうけど。自分で道広げる様なガッツがなけりゃ海外で
俳優として生きるのは辛いよ〜。それが出来ないから事務所の庇護
の元にいる訳で。

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:06:40 ID:I3AvGUqD
>>395
>町の人が日本人じゃ無い

どういうこと?
赤紙渡しに来た人と愛国婦人会のおばちゃんのこと?

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:16:50 ID:VITD4fsN
勝ったら勝ったで連合軍を苛めてたさ。そこいらはお互い様。

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:17:11 ID:7ziM2ypm
首都ベルリンにまで攻め込まれても徹底抗戦を繰り広げた誇り高きゲルマン民族

アジアで火事場泥棒を展開し負けて敵が本土まで迫るとすぐに降参する武士道japs

連合国を恐怖のどん底に叩き陥れたティーガー、パンター

連合国を笑いのどん底に叩き陥れたチハタン

総爆弾投下量はjapたちに行われたものの10倍に達し全都市が戦略爆撃で壊滅したにも関わらず地下に生産拠点の一部を移し抵抗した誇りゲルマン民族

主要都市を多少戦略爆撃されただけで発狂しその上拠点を移さなかったため稼働率が著しく落ちたjaps

そして大戦中に弾道ミサイル、ジェット機、誘導弾の数々の新兵器の実用化にこぎつけ連合国を驚かせた誇り高きゲルマン民族

死に物狂いで爆弾を抱えながら突撃してくる新兵器人間爆弾武士道japs


476 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:17:57 ID:9AS/FZ3j
>>472
鉄コン筋のクロの声もやるみたいだし、結構オファーが来るかもよ。
若いから英語を覚えるのもはやいかも。

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:25:47 ID:X7SGUuvJ
>>472
だから記念に連れてって欲しいんだよ

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:26:25 ID:Nu13+K0v
>>460
『レイテ海戦』知らない奴は普通にいるんじゃないか?
 俺は興味あったから知ってたけど、教科書にも載ってないし・・・

 真珠湾⇒ミッドウェー⇒(サイパン)⇒空襲⇒原爆⇒ポツダム受諾
 学校で習うのはこんな感じじゃなかったかな?

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:30:48 ID:10NYsVe7
>>478
大岡昇平があるから大丈夫じゃない?

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:31:02 ID:OH1AReHO
>>473
見たことのない顔だから、多分在米の役者さんではないかと。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:32:16 ID:nxOSFE+T
>>472ふふふ。知ってる?今ニノは英語を頑張ってます。そこもしっかり、一歩前を行ってる。さすがとしか言えない。

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:34:39 ID:nzGhI8u7
>>391
CGI予算は星条旗の方に計上してあって、予算は3500万ドルだから、
CGIの少ない硫黄島はあと1000万ドルは多めに稼ぎたいね。

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:36:00 ID:8MrR/3wy
何がゲリマンだw

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:39:30 ID:TgUEJNAj
>>478
レイテ海戦は、有史以来おそらく最初で最後の大海戦だからね。
日本人なら知ってなきゃならない常識だろ。
このときはじめて戦術としての「カミカゼ」が行われた。
当初は米空母の甲板に体当たりして航空機を使えないようにする
作戦だったんだな。


485 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:39:51 ID:Nu13+K0v
>>479
 そうだね、じゃあ安心しました。

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:40:35 ID:iy5Qo8T4
カミカゼつったら片山右京を思い出すなあ。

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:45:39 ID:o75ipdBs
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=daily&id=lettersfromiwojima.htm

アメリカの20日興行デイリーでてるけど
5館だけしかないから2万ドルだって。すくねー

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:50:23 ID:o75ipdBs
二宮は1月からフジで連続ドラマ主演あるもん。
いま忙しくてそれどころじゃねーだろ。
ドクターコトーの後継で良いドラマっぽい。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:50:43 ID:uN2h3Avy
>>484
ネット知識乙w

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:51:07 ID:8MrR/3wy
ジェームス=フィールド少佐
「日本海軍は、どんな絶望的なときにも、その苦難を乗り越えていく勇気と力を持っていた」
「レイテの日本艦隊」

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:51:38 ID:eMtr2m05
>>482
CGIって何? CGやVFXの事?

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:52:42 ID:ImIfpjUb
日本人にとっては数ある悲惨な負け戦のひとつだから、知らなくてもしょうがないんじゃない。
アメリカにとっては珍しく苦戦した戦場だから、いろいろ言及されるんだろうけど。

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:53:32 ID:7ziM2ypm
>レイテ海戦は、有史以来おそらく最初で最後の大海戦だからね。
ワロタwwwwwwwwwwwwwwww

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:54:11 ID:H0hMoDwf
見てきた
二宮がよかったよ
しかしまんま日本映画だよな
中村獅童だけはワロタ
ああいう奴いるよ

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:54:51 ID:8MrR/3wy
>>486
俺はカミカゼに先立って一式陸攻に自ら乗り込んで空母に特攻していった
有馬正文中将だな。

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:58:34 ID:kVkf1rNF
>>478
ちょ、沖縄忘れてるw

オレの記憶ではこんな感じ
 真珠湾⇒ガダルカナル⇒空襲⇒沖縄戦⇒原爆⇒ポツダム受諾⇒ソ連侵攻(北方4島)

 北方領土は東北海道だから、日常的に出てきたな。
 しょっちゅう拿捕されてたし、F15のスクランブルで飛んでるの何度も見てるし


497 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:00:09 ID:ACygdK0G
>>413
>前列左手辺りに居たチラチラ、チラチラカメラを見ていた佐野史郎に似た、ニヤけたヤツ

黒澤明だったら、物凄い雷が落ちてただろうなw

「うてっ!」という台詞に違和感を覚えたというレスがあったけど
随分昔に撮ったトラトラトラでは「よーそろー・・・てっ!」ってちゃんと言ってるね

脚本を黒澤が担当してるからかな?

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:00:36 ID:E4V9mlgq
>>490
日本とアメリカの戦いは1944年以降、全部日本にとって絶望的な戦いだなぁ。
いつまで絶望し続けるのかと

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:00:45 ID:7ziM2ypm
馬鹿が知ったかでカオスを作り出してるなw
男たちの大和を見た馬鹿がレイテを重要視してるんだろうが最期の艦隊決戦はマリアナのことを指すのが一般的なんだがw
レイテは航空戦力主力の時代に空母艦載機ねえから空母を囮にして戦艦の類で突撃した戦いなのね

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:01:06 ID:o75ipdBs
硫黄島って日本史受験のレベルで
どのくらいの単語なんだろ。
Bランクくらいか?

501 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:02:02 ID:E4V9mlgq
>随分昔に撮ったトラトラトラでは「よーそろー・・・てっ!」ってちゃんと言ってるね

ばか、海軍じゃねっ!

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:04:14 ID:8MrR/3wy
まあアメリカ軍が海軍で苦戦したというのは、南太平洋海戦 コロンバンガラ島海戦、第三次ソロモン沖海戦、
死傷者多数で社会問題になったブラッディ・タラワ、米軍を翻弄したのがキスカ撤収、ガダルカナル撤収
かな。

503 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:10:26 ID:ImIfpjUb
日本海軍は弱すぎる。あまりに無能。
補給のない陸軍は南洋でまともに戦えないし。
いったいどれだけの人間と資材が潜水艦で沈められたか。
先の大戦は日本海軍による日本国民を道連れにした、自殺みたいなもんだ。

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:12:26 ID:ACygdK0G
>>501
ん?
陸軍は「うてっ!」で合ってるって事か?

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:18:19 ID:E4V9mlgq
>>504
もちろんじゃ。

>>503
周りを海で囲まれた国が海軍力弱いんじゃ、話にならねーじゃねーか。

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:20:21 ID:H0hMoDwf
>>505
だからすぐ負けたじゃねーかw

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:20:41 ID:7ziM2ypm
>>503
チハタンよりはましだろ(嘲笑)

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:22:17 ID:TgUEJNAj
>>499
マリアナは最後の機動部隊決戦だろ。
旗艦にはZ旗が掲げられた。 サイパンを失うことは本土空襲を意味していた
からね。

マリアナで惨敗した連合艦隊が早期講和をめざして、捨て身の決戦をいどんだ
のがレイテ海戦だろ。まさに総力戦だったからね。

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:22:21 ID:7OONRd2S
http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/

批評の数けっこう増えてきたけど、あいかわらず点数高いな…

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:24:27 ID:E4V9mlgq
>>506
ばかー、それじゃいつまでたっても日本は3流国家だろうが〜〜〜

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:24:29 ID:4M/Y2OCG
>>503
日本兵個人個人は士気も戦闘能力も高いんだが
なんせ上層部の連中が……

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:25:16 ID:sLf1sxSU
でも1ポイント下がったね>トマト

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:26:02 ID:vrw63lNq
>>427-428
よくみつけたね
ありがとう

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:27:10 ID:7ziM2ypm
>>508
はいはい、ワロス


515 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:40:27 ID:IZIwBAFE
7 名前:名無し三等兵 投稿日:2006/12/22(金) 04:18:51 ID:???
[250]名無し三等兵
2006/12/13(水) 02:24:07 ID:???
【日露戦争終結】

  陸
(´・∀・`)ノ よう、ロシアの危急的脅威も消えた事だしこの辺で軍縮して国家経済テコ入れしようぜ

   海
Σ(;゚д゚)  !そんな事したら予算と艦長ポストが減・・・じゃない、えーと・・・

   海
ヽ(`д´;)/ べ・・・米軍の脅威である!米国艦隊に対抗すべく八八艦隊の予算計上を認めれ!

  陸
(;´Д`) 米軍って・・・あんな海の彼方に仮想敵求めるつもりかよ・・・


【WWT】

  陸
(´Д`) なあ・・・大戦バブルが無かったら確実に経済破綻してたんだぜ、聞いてんのか?

  海
(∩ ゚∀゚) アーアー 聞こえない聞こえない

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:43:51 ID:IZIwBAFE
[251]名無し三等兵<sage>
2006/12/13(水) 02:24:57 ID:???
【対米戦費計画】

  _海 ∩
( ゚∀゚)彡 空母!13号艦!空母!13号艦!
 ⊂彡
 陸
( ゚Д゚) 資材も燃料もみんなアメリカ経由のくせに何が対米戦費だよ

  _海
( ゚∀゚) その発言は海軍の独立統帥権に干渉するものであり強く抗議する

 陸
(´ー`;).。oO 全軍的な指令中枢もないのに、陸軍のサポートに徹するべき海軍が勝手な権限持っちゃって大丈夫かな?


【連合艦隊所属艦の刷新!】

 陸
(´Д`) 派手な艦隊はいいけれどちゃんと船団の護衛訓練とかやってんのか?

 海
(゚∀゚) アヒャッ 地球には大和がある!必殺の主砲で敵主力を殲滅すれば無問題ですよ

 陸
(´Д`) 水雷戦隊が敵潜の追尾とか爆雷投下の練習してんの見た事ないんですけど

 海
(゚∀゚) そんな小物どうでもいいですよ。それより敵戦艦に必殺の魚雷ブチ込むですよ

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:43:51 ID:j0ocfc7K
二宮がテレ朝Mステ登場

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:49:50 ID:IZIwBAFE
[252]名無し三等兵<sage>
2006/12/13(水) 02:25:44 ID:???
【ABCD包囲網発動】

  陸
( ゚Д゚)ノ 雲行きおかしくなってきたぞ、資源確保のためインド洋作戦考えとけよ!

  _海 
( ゚∀゚) 心配のしすぎではないか?広く南方に資源を求めれば勢力圏も拡大して敵も膝を屈するですよ


【開戦前夜】
   陸
ヽ(`Д´)ノ 敵、ますます怒ってるじゃん!散々デカい事言ってたけど大丈夫だろうな!

  海
((;゚Д゚)ガクブル は・・・半年の間なら大暴れしてみせる!・・・けど・・・その・・・

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:50:10 ID:6LHYZ5t/
歌って踊ってる。

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:52:01 ID:IZIwBAFE
[253]名無し三等兵<sage>
2006/12/13(水) 02:26:32 ID:???
【パールハーバーアタック!】

  陸
ヽ(`Д´)ノ んなトコで中途半端に油売って肝心のインド洋どした!?

  _海 ∩
( ゚∀゚)彡 つおい!強すぎるわが軍!米英なんて楽勝ですよ!
 ⊂彡

  陸
ヽ(`Д´)ノ じゃねえよっ!資源ヌキで戦争やる気かよ!

  海
( ´,_ゝ`)プッ 資源?なにそれ?"敵主力艦隊が我が勢力圏内にノコノコ出てきた所を正面から叩きのめす"完璧な作戦ですよ


【緒戦の勝利】

 陸
( ゚Д゚) 海軍のために大陸から兵割いてわざわざ南方に送ってんだ、抜かりはないだろうな?

  _海 
( ゚∀゚) フッフッフ 七つの海を駆け巡る我が軍の諜報能力は完璧にして憂いなし、今日もAFでは真水が不足ですよ

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:52:24 ID:j0ocfc7K
>519
つか、それ本業

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:53:08 ID:6LHYZ5t/
あっ、そうだった(笑)

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:58:05 ID:bGlMVrtd
見てきたけど…

ほとんどいい歳したおっさんおばはん、ご高齢の客だったにも関わらず
なんと鑑賞マナーの悪いこと、酷いこと…
謙の演説シーンにビニール袋ガサガサいわせて物食ってた隣のババア、最低。

映画は、まあさんざんガイシュツだろうけど
簡単に「感動」できるような代物じゃないですな。
重い…

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:58:23 ID:cbIiHp+k
南京大虐殺に参加していた人たちや、直後に現地に入った人たちの
証言はたくさんあるのに、そんなことなかった、という人たちがいるんですよね。
現にアメリカ人宣教師ジョン・マギーの撮った当時のフィルムが存在してるわけです。
ところが、あの記録フィルムさえ、嘘だ、という人までいるのですから、口あんぐりですね。

日本陸軍の1つの中隊が南京市内・郊外で殺戮した人数は約6000人なんです。
南京での虐殺はなかったと主張する人達は、その数字をもとに「大」虐殺はなかったと
言い張るんですね。

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で
6000×50=300000人になりますので、中国政府の主張する30万人の殺戮
という数字は正しいことになります。
つまり、南京大虐殺がなかったと主張する人達は小学校程度の算数すらも
出来ない、無知無能の低脳だということになります。


525 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:59:03 ID:POs/f7Cd
あの日系ぽいおばちゃん
鼻に不自然なプロテーゼはいってたように見えたから
最初は韓国人かと思った


526 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 19:59:40 ID:7ziM2ypm
ネットウヨは単純だから>>515-520にすぐに飛びついて洗脳されるんだろうなw 嘲笑

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:00:46 ID:Etw7/QYt
>>524
何故いきなり南京?


どうでも良いからこっちでやれ↓


【反日】南京大虐殺のトンデモ映画の詳細が判明、南京のシンドラー
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165840760/

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:00:46 ID:zbgvYN5n
陸助
偉そうだぞ。

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:01:52 ID:atu/z1MR
二宮は実にもったいない。
あれが本業か・・・

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:02:17 ID:zbgvYN5n
ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で


531 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:03:46 ID:BNZCXGpi
>>529
他のメンバーが結構映ってるのに対して、
端とか後ろとかばかりでほとんど映ってねぇんだったら渡米して宣伝してくりゃ良かったのに。

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:04:41 ID:K8hBQa1S
>>524
よく分からん俺に説明してくれ

証言はどれくらいある?そのうち信憑性を検証したものは?
6000の数のソースは?そのソースの信憑性は?
単純計算した根拠は?

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:06:10 ID:Etw7/QYt
だから、こっちでやれ

【反日】南京大虐殺のトンデモ映画の詳細が判明、南京のシンドラー
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165840760/

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:07:31 ID:tVtOHeUm
>>532
ttp://www.otafuku.co.jp/f_catalog/search_com_list.asp?com_l_cd=01&SType=2

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:08:56 ID:8MrR/3wy
とりあえず映画史に残ったね。
1990 - Goodfellas
1991 - Bugsy
1992 - Unforgiven
1993 - Schindler's List
1994 - Pulp Fiction
1995 - Leaving Las Vegas
1996 - Secrets and Lies
1997 - L.A. Confidential
1998 - Saving Private Ryan
1999 - The Insider
2000 - Crouching Tiger, Hidden Dragon
2001 - In the Bedroom
2002 - About Schmidt
2003 - American Splendor
2004 - Sideways
2005 - Brokeback Mountain
2006 - Letters from Iwo Jima
http://en.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Film_Critics_Association

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:10:48 ID:TgUEJNAj
>>520
まぁたしかに海軍が先走りしすぎ、陸軍が尻拭いさせられた感はあるなw
オランダ領インドシナ・パレンバンの油田を確保したあとは、米艦隊が
やってこない限り、インド洋でドイツの援護すべく通商破壊作戦に徹して
いれば違った展開になってただろう。
のこのこ太平洋の島々を占領したとこで、補給面なんて海軍はまったく
考えてなかったフシがあるな。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:14:01 ID:8MrR/3wy
>>534
あんたもし手足動けるなら人殺せるよね? じゃおまえ殺人犯w

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:18:02 ID:cbIiHp+k
まあ南京虐殺と731石井部隊の人体実験全世界で有名だから昔からドキュメンタリーとか
映画化されてるから。
今が初めてじゃないしいまさら騒ぐことないと思うよ。
2ちゃんの歴史知らない若造がいくら騒いだところで世界の世論変える子と出来なし事実が消えてなくなるわけでないしな。
ツタヤで中国製作の南京事件の映画みたし731部隊の「黒い太陽」も見たしヒットラーのアウシュビッツ見たく永遠に映画の
題材にされて続々作られるんだろうな。
ヨーロッパのドイツでも同じ歴史に対する共感からかTVで731部隊のドキュメンタリーながしてきたけど。
事実は知っておいてから海外旅行したほうがいいよ。
現地の人に馬鹿にされるし危険な目にあうこともあるから。

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:19:23 ID:8MrR/3wy
そういやクリントが南京の映画とるってな捏造もあったなw

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:20:50 ID:8MrR/3wy
ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で


単純にアホじゃねw

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:21:48 ID:nXUMRdcc
二宮、好きなものと上手に出来るものは違う、
ていうアレかね。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:23:10 ID:DGztP5iv
南京大虐殺を否定したたかじんの委員会は神番組決定だな

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:26:34 ID:Z8nGvIG+
>>406

ポツダム宣言の秘密条項はご存知?

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:29:34 ID:j0ocfc7K
もうここでは映画の話はだめぽか

545 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:30:20 ID:iIACbuHB
とりあえず、南京のことは横に置いとけよ

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:30:36 ID:8MrR/3wy
南京虫が出てきたらあぼーんすりゃいいのよ。

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:32:39 ID:7ziM2ypm
ネットウヨファビョッてワロスwwwww

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:37:00 ID:8MrR/3wy
>>547
まあ政治板とかおまえの素に帰れよ。とりあえず敵たくさんできたね。おめでとう

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:37:05 ID:Ty6hdMNo
>547
独りで笑ってると、おかしい奴だと思われるぞ

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:39:22 ID:jpP/4ALZ
アメの一般人のレビュー載っているとこ、誰か知らない?

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:39:43 ID:TgUEJNAj
>>538
南京虐殺はただの創作だが、731部隊は極秘に存在した部隊。
ただし、人体実験に利用されたのはみな共産スパイなんだな。
本来なら即刻死刑になる囚人。 だから実験用の囚人は憲兵隊から引き
渡された。 
共産スパイを即刻銃殺刑にするか、医学の発展のために苦痛を与えながら
死刑にするかは倫理感の問題だろう。

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:40:04 ID:7ziM2ypm
>>549
馬鹿を見て笑って何が悪いw
周りを気にするネットウヨ、そして流され洗脳される


553 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:43:19 ID:8MrR/3wy
>>550
http://us.imdb.com/title/tt0498380/usercomments

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:44:21 ID:8MrR/3wy
>>552
とりあえずおまえの巣にカエレって。迷惑だし。

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:56:00 ID:vrw63lNq
今回の特に日本人のキャスティングには謙さんの意見が
大きく反映されているって雑誌に載ってた。
だからはまり役の人たちが多いのかなと思ったんだけど。

556 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:00:52 ID:E4V9mlgq
南京
韓国
中国
プロパガンダ

これらの言葉をNGワードにしてると、おまいらの書き込みが
二宮のMステ登場で盛り上がってんだろーなー、くらいしか
わからん。

なに話してんだ?

557 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:01:17 ID:AxPBm3u8
>>371
豊臣秀吉は徳川に負けてないよ。

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:03:21 ID:AxPBm3u8
>>557
初めて書きこんだのにID:AxPBm3u8
誰かと一緒だ。

キムチ臭いなんてわたしは書かない。
臭いけどキムチ好きだ。



559 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:06:26 ID:E4V9mlgq
>>558
ふふふふ、関が原の戦いも、その後もとっくに秀吉は死んでいるから
とか言いたいんだろうが、そうはいかんわ、若造。

実際、秀吉と家康は戦い、秀吉が負けている、ふふふふふ。

               出典:功名が辻


560 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:08:59 ID:AxPBm3u8
>>559
日本がアメリカに仕掛けたような前面戦争じゃないだろ。


561 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:10:09 ID:E4V9mlgq
>>560
負け惜しみかぁ〜〜?

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:10:43 ID:8MrR/3wy
>>560
当時の人々にとってはおなじようなもんだわさ。

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:14:42 ID:sxjASYJc
しかし、愛国婦人会のおばさんの
台詞まわし何とかならなかったのか。
あのシーンだけ映画から舞台(演劇)に移行したようだ。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:17:27 ID:jquurJFs
確かに婦人会のテンションの高さは浮いてたなw

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:24:12 ID:vAJw9yxR
山椒大夫とか雨月物語とか思い出した

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:24:48 ID:AxPBm3u8
>>563
あれは死の宣告に似た行為を平然とするような状況だった
当時の国と愛国婦人会のおばさんの精神的不気味さを表現したクリントの確信犯的な演出。

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:27:10 ID:C9spwy08
ああいうおばちゃん、今でもいると思うけどな。DQNなPTAとか。
あと、「自分の夫や息子は戦場に送られて帰ってこないのに、お前のとこだけ行かずにすませるのは許せない」
って気持ちも当時はあったんじゃないだろうか。

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:31:10 ID:AxPBm3u8
「もう後継ぎもおできになったんだし!!!」 


569 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:32:37 ID:NdR+CYmB
でもご主人と息子をすでに戦地に送ってるのは可哀想だた・・・・

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:36:06 ID:wgbDvxpR
Films of the Year
From a stunning Clint Eastwood drama to a deceptively crude comedy,
here are the 10 movies that most impressed EW critic Lisa Schwarzbaum in 2006
http://www.ew.com/ew/report/0,6115,1572277_1_0_,00.html
1. Letters From Iwo Jima


Iraq has largely eluded the grasp of Hollywood
Industry views subject as too recent and too risky
http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955807.html?query=Iwo+Jima


Iwo Jima veterans OK with 'Letters'
By Dennis McCarthy, Columnist
http://www.dailynews.com/dennismccarthy/ci_4883903
It was up close and very personal.Kill or be killed.

Still, it is a Hollywood movie, and not all the scenes resonated authentic,
especially a part where the Marines are landing on the beach and
quickly running across the black sand.
"We sank in that sand; we didn't run.
"We could hardly walk through it," Welsh said.
At one point in the movie, he leaned forward in his seat and whispered to Swerdlow,
who was a medic at Iwo Jima, that the attacking Marines weren't throwing enough grenades.手榴弾
"That battle was won with grenades and flamethrowers手榴弾と火炎放射器," he said later over lunch.
"They needed more of both. But as far as acting and photography, I thought it was very good."

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:36:23 ID:sxjASYJc
>>569
そうだな.........
プライベートライアンのお母さんは4人の息子を取られ、うち3人戦死か。
母の気持ちは何処も同じか。

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:41:47 ID:TgUEJNAj
愛国婦人会の奥さん連中のだんなさんは、皆職業軍人じゃないの?
職業軍人と、民間人で徴兵された奥さんとでは温度差がかなりあったんじゃないかな?
靖国問題でもここら辺が分かれ道になってるんでないの?



573 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:43:08 ID:NFWd8nYf
音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
http://lightmellow.livedoor.biz/archives/50805346.html

でも実は日本の音楽業界でも、いまかなりヤバイことが起こっている。
■オリコンが自分たちに都合の悪い記事を書いたジャーナリストを潰すべく高額訴訟を起こす(音楽配信メモ/12月18日)

オリコンも事実上、日本唯一のチャート誌として、もっとやるべきコトが他にあるはず。集計の真偽はともかく、
出荷数によってチャートを作ってこと自体、大きな矛盾をはらんでいるのは誰もが知ってることでしょう? 堂々チャート初登場第●位!
なんていっても、3ヶ月後には7〜8割返品なんてコトがまかり通っている。これじゃあオリコンの集計自体が正確だったとしても、何の意味もない。
先日、とある飲み会でチャートの話になり、「返品集計が終わった頃に、実売チャート出したら面白いよね!」といって盛り上がった。
そんなの出された日にゃあ、メーカーがどれだけ無駄なことをやっているかが白日の下に晒される。そうした情報の伝達こそが、
ほぼ唯一のチャート誌であるオリコンの使命ではないのか。

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:49:37 ID:IZIwBAFE
>>571
ニート、ひきこもりの親はそれでも戦争に連れて行ってほしいだろうな・・・

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:55:09 ID:6dr2XZHU
おまえの親か

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:57:04 ID:VbGfpeH5
>>574
お前の母親以外はそんなこと思わないぞ?

お前の母親以外はそんなこと思わないぞ?

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:01:49 ID:TgUEJNAj
>>571
プライベートライアンのモデルは、サリヴァン5人兄弟の逸話だろ。
サリヴァン兄弟は米海軍の進言を断って、同じ軍艦・・軽巡洋艦「ジュノー」
に乗り込んだ。
ジュノーはガダルカナルで日本潜水艦の雷撃で轟沈。
5人兄弟は艦とともに全員戦死。
それ以降、兄弟は別々の戦線に配属になったそうな。


578 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:02:38 ID:sxjASYJc
千人針の布の使い方(腹巻き)を本映画で初めて知ったが、
弾が当らないように親が針縫を集めてくれたものなんですね。
ただ親の愛に感謝。

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:04:10 ID:q5EhDYyi
以下のwikiの記述、このスレで間違っているということがわかったよね。
誰か書き直して。


投降勧告について
硫黄島の戦いで西の率いた戦車第26連隊は玉砕することとなったが、
攻撃したアメリカ軍は『馬術のバロン西、出てきなさい。世界は君を
失うにはあまりにも惜しい』と連日呼びかけたが、西大佐はこれに応じなかった。
というエピソードが有名である。しかし、当時のアメリカ軍は硫黄島守備隊に
彼がいることは知りえなかったとされているので、このエピソードは
創作であると思われる。

「バロン西への投降勧告」考

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:05:32 ID:wgbDvxpR
They're saying that Oscar might make his day
Eastwood astounds with Iwo Jima films. Both are nominated for Golden Globe awards
DAVID GERMAIN, AP
Published: Thursday, December 21, 2006
http://www.canada.com/montrealgazette/news/arts/story.html?id=25416fb0-0cce-4bc5-aae2-40b908931c33


The Pacific War Forum Index -> Letters From Iwo Jima
http://www.the-pacific-war.com/phpBB2/viewforum.php?f=10


Posted: Thurs., Dec. 14, 2006, 8:05pm PT
The best films about WWII mine moral complexities
Beyond the flag waving
By LAWRENCE CHRISTON
http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955808.html?query=Iwo+Jima


Posted: Sun., Dec. 17, 2006, 6:00am PT
New marching orders
Iraq war overshadowing WWII films
By STEVEN ZEITCHIK
http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955875.html?query=Iwo+Jima

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:06:01 ID:iU5guKG4
千人針の腹巻をしても虫ケラの如く死んで逝くんだなぁ…
哀れだなぁ…

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:07:20 ID:iMP994st
まず>579がたたき台をつくれば
有志が直し入れてくれると思うよ。

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:12:01 ID:0WCALRT7
今日見てきた。
野崎役の松崎悠希がどう見ても斎藤隆だった。
そしてその斎藤隆の死様は哀れなものだった。

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:14:40 ID:Xw6ZlOAM
おまえら、ジョン・ウェイン主役の「硫黄島の砂」も観たの?


585 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:16:37 ID:q5EhDYyi
>>582
じゃあ、あくまでもたたき台として・・・

これまで、この話については、当時のアメリカ軍は硫黄島守備隊に
彼がいることは知りえなかったはずであるので創作であると言われることも
あったが、西がロスアンジェルスにいるときに個人的にかわいがられた
後のアメリカの映画プロデューサー、サイ・バートレットSy Bartlett
が投降を呼びかけたという証言が残っている。


586 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:18:05 ID:QC8DaDqV
個人的に親しいからといってそんなことをする軍人って一体・・・・。

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:23:22 ID:8MrR/3wy
連隊レベルだったらアメさんにも分かっていたかも知れないね。西は連隊長だったから

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:26:03 ID:8MrR/3wy
靖国神社にサイが西に「会い」に来たのはガチ。

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:28:47 ID:/ZZ5fDRd
http://wildoldboy.cocolog-nifty.com/wild_old_boy/


このおっさんらしき人に同意。
他の映画に関してはどうか知らないけど、この映画に関して見事に読み解いて
くれている。

590 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:29:58 ID:wgbDvxpR
Clint Eastwood's near escape
Dec 17, 2006, 12:00 GMT
http://people.monstersandcritics.com/news/article_1234060.php/Clint_Eastwoods_near_escape
Clint Eastwood nearly died while serving in the US army, despite never being in a combat zone.
The Oscar-winning star hitched a ride in the radar compartment of a torpedo
bomber flying to California when he was 20, and the door fell open, leaving
him exposed thousands of feet above the ground.
Eastwood told Britain's Esquire magazine: "Those things aren't designed to carry
humans and the intercom didn't work. I nearly fell out. I was a mile up
and holding on for dear life."
The 'Flags of Our Fathers' director managed to wedge the door shut but
as the plane climbed to a higher altitude he was forced to reach for a supply of
oxygen and found that wasn't working either.
He passed out and came round an hour later to find the pilot had run out
of fuel and was preparing to crash land in the sea.
Eastwood was thrown free and fought a powerful current to swim to shore.
He added: "I don't recall how long it took to get out but it was an ordeal
I never want to repeat. I collapsed on the beach. After I came round,
I began searching the beach for the pilot, every rock uncovered
by the sea seemed to look like his body.
"After a while, I felt certain he'd drowned. It was a contradictory feeling.
I felt terribly depressed at this idea, yet strangely elated because it wasn't me."

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:34:31 ID:8MrR/3wy
なるほど。イーストウッド自体が軍隊で死線を歩いた経験があるんだね。

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:36:59 ID:lK2MM9Hr
>その荷物の重さを知ることで、これから起きるかもしれない未来の不幸を減らして
行くしかないのだ。

同意。





593 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:37:07 ID:DdFL6/7a
>>581
みんなが心を込めて縫ってくれたものだから
外すわけにも行かなくて大変だったらしいね。

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:37:40 ID:IZIwBAFE
>575
>576

まぁいないんだけどな・・・



595 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:37:51 ID:QC8DaDqV
今ケーブルTVのスーパーチャンネルで特集が有ってるね。

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:38:48 ID:sxjASYJc
>>589
そのおっさん、
小島 一志・塚本 佳子: 大山倍達正伝
立花 隆: 天皇と東大 大日本帝国の生と死
を勧めている時点で、左回転のバイアスがかかっている。
おまけに韓流映画を薦めているし。

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:46:53 ID:OPoaDGrR
>>596
いいじゃん。
一つの感想の提示ってことで。誰でもなんらかのバイアスがかかってるものだろう。

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:51:38 ID:q5EhDYyi
>>596

まあ、典型的な団塊の世代なんだろうな・・・
どうでもいいが。

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:54:57 ID:8MrR/3wy
クリント・イーストウッドは 小さな政府 個人主義 新保守主義リバタリアン、いわゆる右翼だし。
日本だったら竹中とか小泉とかホリエモンが一番近いんじゃないの?考えてみりゃ、某共産主義
国家の宣伝映画作るわけねーよな

http://www.theadvocates.org/celebrities/clint-eastwood.html


600 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:54:59 ID:AxPBm3u8
>>596
何でそんな事にこだわるの?
国籍や思想によって映画に想いを寄せることすら許さないの?

ファシストだな。

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:56:13 ID:h2fRUwN8
昔、「シンレッドライン」っていう映画も
硫黄島の話じゃあなかったかな?

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:57:35 ID:q5EhDYyi
>>600

別にいいんだろうが、こういう世代のやつらって、
いきなりここから「・・・だから日の丸・君が代には反対すべきだ」
なんてとんでもない結論を導いてくるからなw

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:58:34 ID:d/LDwmFg
>>567
> ああいうおばちゃん、今でもいると思うけどな。DQNなPTAとか。
> あと、「自分の夫や息子は戦場に送られて帰ってこないのに、お前のとこだけ行かずにすませるのは許せない」
> って気持ちも当時はあったんじゃないだろうか。

つーか、これこそあのおばさん、当時の日本の主婦連の本音だろ。
「お前だけ幸せに暮らすのは許さない!」てな感じで。
ところで、アメリカなんかだと議員の息子とか有力者の息子なんかは、
徴兵されない、されても後方勤務って聞いたけど、
日本でもそうだったのかな?
日本では逆に有力者の子息から兵隊に取ったとすると、
その母や妻は強力な徴兵マシーンと化すから、政策としてはうまいと思うんだが。



604 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:59:04 ID:sxjASYJc
>>600
「ファシスト」っていう言葉の意味知ってる?
お勉強しましょうね。

このおっさんの言っているこの部分は納得できないね。
以下おっさんの記述

「天皇陛下万歳!」
低く両手を挙げる栗林中将の表情・・・それは決して『万歳!』ではないのだ。
その表情がこの戦争の全てを物語る。
『天皇』のためでは決して無い。何故こんな戦いをしなくてはならないのか?
もう『本土にいる家族』を守りきれないかもしれないという・・・むなしさ・・・。
それらが一瞬の中に凝縮されていた。」

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:01:06 ID:OPoaDGrR
誰もが自分と同じ感想を持たなきゃ気がすまない人もいるんだな。
思想統制ってそういうことじゃないの。

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:02:02 ID:3BXIUXoo
もう『本土にいる家族』を守りきれないかもしれないという・・・むなしさ・・・。
それらが一瞬の中に凝縮されていた。」
 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ィ´`´`´`)
     ト´  ̄`ヽ
    (i,~[・‐][・.]
     ゝ、 )3、,)     ∧_∧
    /     \    <`∀´ > さすが将軍様ニダ
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / . |   | |
||\ ..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  <    >     ~\_____ノ|   ∧_∧
   /   ヽ天才ニダ      \|   <`∀´ >ウリナラマンセー 
  |     ヽ

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:03:07 ID:QC8DaDqV
貞岡さんが出てきた。まだ生きてらっしゃったんだね。この映画見たらどう思うだろう。

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:04:13 ID:OH1AReHO
>>589
>追い詰められた戦局の中、何とか生き残った兵士たちが暗い洞窟にで最期
>の決意をするシーン・・・栗林中将(渡辺謙)が叫ぶ・・・。

>「天皇陛下万歳!」


そんなシーンあったか??

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:04:23 ID:8MrR/3wy
>>604

そのおっさんの言葉の中の「本土にいる家族を護りきれないんだ」というのには同意。


ただバイアスかかってて、「天皇陛下ばんざい」を否定したいがためにそう書いてるという
感じがするね。

俺の思うには日本の家族・愛しい土地・郷土・天皇制も含めた日本のイメージが浮かんだと思う。
もちろん家族第一に思い起こすだろうがね

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:05:10 ID:AxPBm3u8
>>604
勿論知ってるよ。知って言ってる。

後の文章には、まさに共感した。
ジェネラル栗林は覚悟はできていただろうが
当然、死にたくなかったと思うよ。
戦争で亡くなった日本人全員が死にたくなかったと思う。

その文章を異様なもののように捉えるあなたの考えの方が
偏っっていると思う。




611 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:05:31 ID:tVtOHeUm
>>608
思いっきりあったよ。

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:06:18 ID:zuMmgqfq

                 武士道による「台湾精神と日本精神」
                    李登輝前総統講演全文


                http://www.yorozubp.com/0303/030301.htm


613 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:07:13 ID:2wjtLKjJ
>>601
あれはガダルカナル島だったらしい
しかしシン・レッド・ラインって哲学的なモノローグが多くてあんまり記憶に残ってないな

614 :名無し:2006/12/22(金) 23:07:42 ID:KdhYRPwm
大和とこの映画を比べるのは失礼だろう
戦艦大和は実物大の模型で戦争シーンを再現しようとしただけ
のアホ映画
前に作られた天と地と同じようなもので俺は大駄作だと思う
この映画は戦争に流されていく人の悲しさをきめ細かに
表現していた。  最高傑作

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:11:51 ID:OH1AReHO
>>611
漏れの観た「硫黄島からの手紙」では、戦闘開始前の訓示にしか
天皇陛下万歳はなかったような気がするんだが…。
バイアスがかかっている人には場面の順序が入れ替わって見えるのだろうか?

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:12:30 ID:gDMHPLiN
何気にサヨクが批判しない映画なんだよねぇw
ま、理由はわかるけど。


617 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:13:39 ID:8uI9rvwT
アタシのにはあったキガス…

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:14:10 ID:sJ/yneYs
今日、4回目見に行ってしまった・・・

大和は金かけた割には全然迫力無いんだよな。
出口の無い海なんて見る気もしなかった。



619 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:15:44 ID:q5EhDYyi
まあ、サヨ・ウヨ論争はもうやめてくれ。


620 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:18:22 ID:8MrR/3wy
大和がひどいのは長渕剛の歌を選んだところ。

>何気にサヨクが批判しない映画なんだよねぇw

イーストウッドはリベタリアンだから、国家の個人への干渉を嫌う。
そういう面がサヨクには受けるんじゃないの?

ただほんとは左翼とは真逆で、彼は同時に政府に何ももとめない。
公共物の椅子でケガしても訴えないし、いじめがあるからって国のせいにもしない。
全ては自己責任。国家の責任ばかり追及する乳離れしない日本の左翼
と違うんだがそこが全く通じていない。

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:18:34 ID:sxjASYJc
>>609
同意です。
当時の軍人(職業軍人)の気持ちを現在の感覚で捉えるとだめですよね。



622 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:23:50 ID:iN2WACdX

昭和20年4月 首相記者会見

「ただ戦の形を見て負けたようにいうのは間違いである。
硫黄島などは私は負けたとは思っていない。これは精神的大打撃を与えている」

内閣総理大臣 鈴木貫太郎 男爵



623 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:23:54 ID:nphF2oMa
知り合いがweb日記上で
硫黄島に的外れな批判しててムカついてるんだが。

イーストウッド文法わかんない奴はイーストウッド観なくていいよ。
なんかすげー悔しいよ。

624 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:24:37 ID:h2fRUwN8
>>614
スレ違いスマソ。
大和は実物大作ったの?
いくらくらい費用かかったんだろ・・・。

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:25:11 ID:sxjASYJc
ところで今日の筑紫哲也News23で、おすぎの正月映画特集
をするみたいだが、本映画がどのように紹介されるか
本当に楽しみだ。筑紫哲也の感想も。

626 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:27:13 ID:E4V9mlgq
天皇陛下バンザイは、アメリカ軍が硫黄島に向かってきて
いよいよ戦闘が始まるというとき、栗林中将がみんなを集めて
朝礼をやったときの最後に言った言葉。

いよいよ最後に突撃するときには「世は常に諸氏の・・・」だったと思う。

627 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:28:09 ID:xAqw51um
アメリカが攻めてきたときの天皇陛下万歳と、最後の突撃の時の訓示をごっちゃにしてる奴、多いよな。

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:29:19 ID:LGQXhKtJ
>>603
うちの爺さんは金出して医学部いって徴兵を遅らせてるうちに
敗戦して兵隊とられずに済んだけど、華族の師弟とかはガンガン
戦死してたと思う。代表的なのは近衛さんの息子とか、あと醍醐
という華族なんて子息が亡くなって途絶えてた気がした。うろ覚え。
バロンも最前線だし、うちの県の元・殿様も亡くなってる。当然
逃げた人もいると思うけどね。それは庶民も一緒だろう。逃げる
選択肢が多いか少ないかは、地位や財力によって違うと思うけど。

あと、オバチャンが強引に「うちの子や夫も戦地にいってるんだから」
とでも西郷のおかみさんを窘めておかなきゃ、おかみさんが
思想に難ありとしてしょっ引かれるかもしれないから、お隣さん
としては、当然しかっておかにゃならんのではないかとも思う。
「んなこと思ってても公言したらマズいから、よしとき!」と。

629 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:30:17 ID:q1aKQugO
そういやここで数日前、「天皇陛下…」の場面のとき映画に入り込み
すぎてしまって、思わず「バンザイ」と声を出してしまって、周りからジロ
ジロみられた。恥ずかしい…という書き込みを見た。

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:30:20 ID:E4V9mlgq
>>623
どのweb?
突撃オK?

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:30:50 ID:NdR+CYmB
世は常に諸氏の先頭に有りは2回言ったと思う。

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:31:56 ID:/Rb7mUwH
イーストウッドは
日本国内のミクロなウヨ・サヨの論争とはまったく無関係だからな

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:31:58 ID:LGQXhKtJ
>>578
効力あるか分かんないけど、やれることはやっとこうと、
1000人の女性に一針ずつ縫って貰って・・ なんか切ないねえ。

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:33:25 ID:8MrR/3wy
>>603
日本海軍は将校というか司令官クラスの戦死大杉。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2687/jinji/jinji-na.html

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:33:54 ID:E4V9mlgq
>>629
いくらなんでも、そりゃキチガイにしか見られないから
恥ずかしいと思ふ。

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:35:14 ID:AxPBm3u8
>>620
何でそう2ちゃんが全てのようなこと言うかな。
「硫黄島からの手紙」はイーストウッドの思想が受けてるんじゃないよ。
そんな事を知らない人達も多いでしょう。
バイアスがかかってるいのは、ネットの論争が全てのように感じてる
ネト右翼の方が酷い気がする。
反戦や、戦争に対する懸念、硫黄島のあの戦いの中で、必ずしも
天皇への忠誠を感じて死んでいった人達ばかりではなく
時代や軍になす術なく、ただただ家族の為に死んでいった方々も居たのでは…。
そうゆう意見とか反戦、戦争に対する懸念を匂わす意見を書いただけで
左翼のレッテルだもの。

そういう単純な図式を信じてしまう人は、完全にネットにやられてるよ。
もっと自分の頭で冷静に物を考えられるようになった方がいいと思う。







637 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:35:55 ID:9BGPZW0J
日本兵をまともに描いた始めてのアメリカ映画だな。
イーストウッドは名監督だ。二宮もよかった。
こういう映画が作れるのも、日米が死闘を演じ、そして後に共に
発展し友好関係にあるからこそだね。
日本人に殴られながら炭鉱掘ってキムチ喰ってたチョンには無理だね。
慰安婦が南方でオッパイチョゴリ姿でアリラン唄って「アイゴ〜」が
関の山だねw。

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:36:33 ID:kgt0CzRL
イーストウッドの映画としては極めて凡庸。
政治談義も一過性。

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:37:52 ID:E4V9mlgq
>>634
そりゃ、海軍司令官(船乗り)は船と運命を共にするが作法だから。

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:37:55 ID:nphF2oMa
>>630
突撃は勘弁。
晒したのが俺だってたぶんばれるし。

だが内容だけ要約すると
「日本兵がなにやってるのかよくわからん」とか
「主人公が軟弱だが、最後だけはかっこよかった」とか
「CGはすごかったよ」とか
全文アイタタな内容で頭にきてる。
だから2chでうさばらし。


641 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:38:44 ID:8MrR/3wy
>>636

>反戦や、戦争に対する懸念、硫黄島のあの戦いの中で、必ずしも
>天皇への忠誠を感じて死んでいった人達ばかりではなく
>時代や軍になす術なく、ただただ家族の為に死んでいった方々も居たのでは…。

別に否定しないよ?そういうので左翼と俺は呼ばないし。
俺がいってるのは明らかな左翼。

あんた自身が俺にネット右翼ってレッテル張ってるけど大丈夫か?

人のことあったこともないのに「単純」だとかあんたネットにやられてない。失礼なやつだな

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:39:52 ID:jZgzBHzj
上のほうに、アメリカの興行状況が出てた。
20日分、5館、2万ドル。

んで、勝手に計算してみた。
アメリカは、料金が800円くらいらしい。240万円÷800円=3000(人)
1館あたり、600人。3回上映として200人の入り。…良いのか、悪いのか…

643 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:40:04 ID:LGQXhKtJ
>>572
そんなこと無かったと思うよ。
祖母が出た学校の校長が婦人会の関係者
だったみたいで戦後しばらく公職追放されてた
けど、旦那さん普通の実業家だったよ。

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:41:56 ID:sxjASYJc
>>636
確かに、兵にはそういう者も多くいたと思うが、
将校、ましてや司令官である中将がそのように感傷的であるはずがない。
ちなみに、今まで中将の万歳に関する論戦があった訳だが。

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:42:17 ID:8MrR/3wy
>>639
それが船の上ばかりで死んでるんじゃないんだよ。陸戦隊とかの指揮をとったりね。
世は常に諸氏の先頭にあり」じゃない?

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:42:34 ID:E4V9mlgq
ウヨサヨ論争もいいが、最近めっきり書き込みが減ったな。

もう、初めて見に行ったヤシはいないのかな?
2ちゃんの映画ファンはそんなに少ないのか?

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:42:45 ID:BNZCXGpi
>>642
映画館自体の収容人数は何人?

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:43:26 ID:AxPBm3u8
>>641
良く読んで。
誰もあなたをネット右翼とは言ってない。

あなたを単純だとも。
『単純な図式を信じる人』と言ったんだよ。

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:44:31 ID:kVkf1rNF
>>622
確かにアメリカに対して相当の打撃は与えたようだよ
あの戦いで、海兵隊第4,5部隊が使い物にならなくなって、
沖縄戦後に計画していた九州上陸作戦が中止されたって話だし
逆に、それで手っとり早く原爆投下でカタをつけたっていう見方もあるらしい。
これに関しては仮に九州に上陸されても、原爆は投下されたと、俺は思うけどね。

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:44:39 ID:nphF2oMa
脚本のアイリス・ヤマシタ氏の詳細情報キボン

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:45:11 ID:LGQXhKtJ
>>566
軍人が普通の人間であるように、婦人会といった
って普通のおばさんだよ。あの描写のせいで婦人会と
憲兵が誤解されたら、たとえ監督が映画を分かり易く
するため意図的にやったことだとしても、ちょっといや
だなあ・・。うちの祖母ももう何年か戦争が続いてれば
婦人会の活動とかしてたろうし、まるで自分のことを
言われてるかのようで、冷静でいられない。

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:45:14 ID:C9spwy08
>>646
今までが異常。
てか、今でもこの板の中じゃ最も回ってるスレの一つでしょ。

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:46:16 ID:LGQXhKtJ
ずっと一番上あたりにいるしね。
いつみても。

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:46:46 ID:E4V9mlgq
天皇陛下バンザイって、今の時代では「がんばろう!」みたいなもんでしょ。
日常的に使われてた言葉だから、そんな感慨とかなかったと思うよ。

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:47:36 ID:8MrR/3wy
>>648
>『単純な図式を信じる人』
十分失礼じゃないのか?
あんたのほうこそ「ネット右翼」って単純な図式で人を差別する言葉じゃないのか?

俺は別にあんたを名指ししていないしあんたを左翼だとも思ってないのに
あんたが俺に対して勝手にそういう判断俺に対して下してるんだよ

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:47:52 ID:5CnK8pOp
今日、深夜2時からテレ朝で井筒が硫黄島からの手紙斬るらしいぞ。観ようぜw

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:48:06 ID:tVtOHeUm
>>652
でもレスの1/4〜1/3がアレだけどね。

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:48:20 ID:E4V9mlgq
>>653
まぁ、たまに故意に上げたりしてる俺のようなヤシもいるしなw

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:49:48 ID:LGQXhKtJ
>>658
ぶはw故意かよw

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:49:49 ID:nphF2oMa
>>656
井筒が下手なイーストウッド批判したら電凸で

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:50:01 ID:kgt0CzRL
>>657
たかだかこの程度の映画で下らないウヨサヨ議論に走るくらい
ナイーブだから、戦争に負ける国民なんだ・・・という気さえする。

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:50:19 ID:E4V9mlgq


   感傷的思考ではなく、論理的思考を持とうぜ。

   「言った、言わない」は厨2病だよ。




663 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:50:48 ID:LGQXhKtJ
>>656
なんか偏見はよくないって分かるけど、
井筒にイーストウッドが汚される気がして、気が気じゃない。
江頭の映画評のほうがウン億倍いい。

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:23 ID:4HUIdGX3
獅童が「恥晒しめがっ!」と叫ぶシーンで、なぜか、逆に家で獅童が結子に、
「この恥晒しがっ!」と叱られてる映像が浮かんでしまったヨ〜。

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:27 ID:AxPBm3u8
>>651
でもクリントには異様に見えたのかもしれない。
日本人の全ての人が不快な思いをしないように…。
そればかりを考えて映画作りは出来ないと思うし。

いろんな考え方の人が居たと思う。
かと言って当時の国側や軍部を全て
美化して描くような映画はちょっと違うと思う。

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:29 ID:sxjASYJc
>>661
しかし、そのナイーブさが日本の技術革新を支えているとも思うぞ。

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:34 ID:tbGS/I0p
>>654
幼稚園児から老人に至るまで、飽きるくらい聴いた言葉だろうしな
でも、戦の前の万歳はまた特別なんじゃないか?

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:46 ID:5CnK8pOp
>>660
あのジジイのことだから、☆1つだろうなw

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:51:57 ID:RyBOQqLz
井筒がまともなこと言うわけないだろうと・・・

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:52:09 ID:vPMvRe5r
小室直樹によると
この硫黄島でアメリカに与えた精神的損害は計り知れないらしい。
この戦いがあったから、戦後日本はアメリカ一国が民主的に統治したと。
この戦いがなければロシアだの中国だのに分けられて取られてたかも
しれないらしい

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:52:20 ID:kgt0CzRL
>>666
お前、英語できないな。ナイーブではなくて、naive
辞書で調べてみな。

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:52:42 ID:AxPBm3u8
>>655
まあそう見えたの。


673 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:53:15 ID:E4V9mlgq
>>667
そりゃ、戦の前の「がんばろう」だって特別だろ。

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:53:45 ID:kJJ8TsM5
Newsweekの二宮のインタビュー読んだ。
結局俺らの反応は二宮の思惑通りで
俺らは奴に踊らされてたいただけのか…

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:54:21 ID:gDMHPLiN
ID:AxPBm3u8はちょっと浮いてるよなw
なんか切れやすいし。

676 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:54:30 ID:sxjASYJc
>>671
了解。

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:54:33 ID:E4V9mlgq
>江頭の映画評のほうがウン億倍いい。

な、なんだってーーーー(AA略


678 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:55:31 ID:kgt0CzRL
>>666
そもそも、ウヨサヨ議論の輩が、経済においても、戦争においても、
使えるわけない。せいぜい世間を呪いながら、下らない感傷に浸るくらいだろ。
ニートや引き籠もり風情が。

679 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:55:35 ID:jquurJFs
井筒はチョンに金玉握られてるから
シネカノン系のしかマンセーしないし、評価は厳しいかも

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:56:00 ID:E4V9mlgq
>>675

   えーい、追い討ちを掛けるな!

   お前は武士の情けというものw



681 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:56:23 ID:s9QXt9al
>>639
あと、自分の艦を沈めた艦長は
左遷されて飼い殺しにされるのが通例だったのも大きい
それくらいならここで死んだ方がまし、と思わせるほどの冷遇ぶりだったようで
日本軍は海も陸も人間を大切に扱わなかったね

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:56:27 ID:2wjtLKjJ
>>661
まるで根性が無いから負けたかのような言い方だなw

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:57:09 ID:nphF2oMa
この映画腐すような奴は映画人やめろと

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:57:13 ID:BNZCXGpi
井筒、役者は褒めると思う。
加瀬はパッチギ出演者だし、伊原はアレだし、
狙われるとしたら二宮か裕木だな。

685 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:58:41 ID:TS41GE0r
>>671
naiveを翻訳するとナイーブになるんだが。
カタカナで正確な発音表記は出来ないだろう。

686 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:58:44 ID:KOGazw7X
理不尽な運命を宛がう構図も描かれてるから井筒は評価すると思う。
でスタジオで体制批判かな。

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:59:04 ID:C9spwy08
裕木なえは、どうこう言われるほどの出番はなかったような。


688 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:59:28 ID:ACygdK0G
>>624
http://www.youtube.com/watch?v=SRz3h117qgQ&NR

689 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:59:50 ID:8MrR/3wy
>>681
例えば誰?

690 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:01:06 ID:TIA/ugoo
>>687
おれが一番集中して見てたのが奈江が出てきたシーンだった。

691 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:01:22 ID:5WgWCBvx
今日見てきた。天皇陛下万歳・・!と靖国で・・!の台詞のときにはさすがに
しびれた。日本にいる売国奴連中はこの映画を500回は見ろ

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:01:35 ID:NdR+CYmB
TBSでおすぎでるよ。お正月映画特集。

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:01:41 ID:E4V9mlgq
お正月映画特集クル━━(゜∀゜)━━ッ

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:01:50 ID:kVkf1rNF
ろれつ回らないじいさんと、オカマのお正月映画特集キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━ !!!!

695 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:03:00 ID:Cdbp/euI
>>691
お前が500回見ればいいよ。
売国奴に500回見せても何も感じないだろw

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:03:04 ID:kVkf1rNF
まずは007

697 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:03:35 ID:s9QXt9al
>>689
えーと誰だったかな
阿川弘之の本で読んだ気がするんだが・・・・・・
今調べる

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:03:57 ID:AxPBm3u8
すぐチョンはとか言うのって頭悪いと思う。

人前で堂々と言えないのに。人として卑劣。
この映画が、そんなことを言う人達を喜ばせることになるなんて
きっとクリントもきっとがっかりするでしょう。

この映画を観れて良かったけど、がっかりした。


699 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:04:11 ID:WHX+S7ZD
期待は筑紫の左翼的コメントと
おすぎの二宮コメントだなw

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:04:41 ID:Cdbp/euI
007キタ━━(゜∀゜)━━ッ、エラゴンキタ━━(゜∀゜)━━ッ

701 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:05:22 ID:ShkIVJhY
硫黄島来ない!

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:05:37 ID:qYg97RwO
>>698 チョンはチョンだろ、それ以下でもそれ以上でもない。


703 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:05:41 ID:sxjASYJc
硫黄島紹介無いぞーーーーー!

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:06:22 ID:5AluQ+RG
>>680
スマン。なんかID:AxPBm3u8て偏屈でさ、人の意見聴かないじゃん。
ID:8MrR/3wyがかわいそうなんで本音がぽろっとなw

>>698
チョン乙。こう言って欲しいのか?え?あ?
まったく安い餌だ。

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:06:32 ID:sLSSH69Y
あー選ばれなくて良かった。
またおすぎに汚されるところだった。

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:06:42 ID:Cdbp/euI



      硫黄島コネ━━(゜∀゜)━━ッ




707 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:06:59 ID:69x7ZzX8
>>698
おまえのレスをずっと読んでても
悪いが、おまえが何が言いたいのかわからない
とりあえず先生に添削してもらってから
もっかい投稿しろ、な?

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:07:11 ID:OZThannR
以前、なんやらの番組で中国批判やってるところ、井筒が噛み付いた場面
があったが、出演者に「韓国のことじゃありませんよ」といわれて「それならいい」
とひっこんだってなことがあった。なんか中途半端で「あれ?」と思ったよ。

>>698
ここでチョンって誰かいったか?


709 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:07:23 ID:/BGXtuYx
Iris Yamashita Writes Letters
Source: Edward Douglas
December 18, 2006
http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=17904

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:07:35 ID:psxypXG2
不穏当な発言しかねないおすぎに配慮したんだな
生放送だから

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:07:38 ID:KYsm2aD1
私の彼は封切以来毎日観てます。その内3回一緒に観ました。
何回観ても泣ける。今日は無線で子供たちの歌が届くところが一番泣けました。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:08:55 ID:PTUZtiGf
さて見に行ってこ

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:08:59 ID:qYg97RwO
>>711 お金持ち

714 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:09:19 ID:4cebjW+J
筑紫哲也が逃げた!!
興行成績1位の正月映画を紹介せずして、何が正月映画特集だ。

715 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:09:56 ID:WHX+S7ZD
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)   硫黄島はスルーだろ
    | ⌒    ` ⌒´ノ   常識的に考えて・・・
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:10:31 ID:lUhWBeLw
>>665
クリントにはそう見えたんだろうね。
で、婦人会側の身内である私は、その考えに
全く賛成できない。

あのクリントの演出によって婦人会や
憲兵が誤解されて、したり顔の連中、しかも
同じ日本人にカルト集団扱いされると思うと
気が気ではありませんけど、まあ映画
だからね。

717 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:10:54 ID:avjdA/KZ
しかし、いまさらエラゴンはネエよな。

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:10:59 ID:TQDzcXuQ
栗林さんが、アメリカを去るときにもらったピストルが
小道具として使われていたと思うのですが、
最後にこれで自決をした彼の気持ちってどんなだったのでしょうか?
友人からのプレゼントが最終的に自分の命を奪う悲しさ?
瀕死の状態、苦しみから救ってくれたもの?
私には容易に想像できません。

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:11:45 ID:Cdbp/euI
まて、まだ分からん。
最初に紹介してない映画も論評するみたいだ。

720 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:12:15 ID:lUhWBeLw
>>711
あの子供達の歌はクるよねー。
冷淡なまでに爽快感を排除した映画だけど、
あのシーンとかは、もう耐えられんかった。


721 :642:2006/12/23(土) 00:12:33 ID:Lt38sRqk
>>647
>>487氏のデータを自分で計算しただけなので、当方は収容人数等は分からない。

http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=daily&id=lettersfromiwojima.htm
>アメリカの20日興行デイリーでてるけど
>5館だけしかないから2万ドルだって。すくねー




722 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:13:45 ID:hI8vWONr
>>704
餌じゃないよ。

>>708
>>679

純正の日本人です。

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:13:53 ID:lkbfx7OM
星条旗はストロベリーソース。
手紙は便器か・・・・・。

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:15:34 ID:Cdbp/euI
加瀬キタ━━(゜∀゜)━━ッ

725 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:15:44 ID:lUhWBeLw
>>718
友人に向かってコルトの引き金引かずに住んでよかったとか思ってたかもね。
中将は職業軍人、それも現場の最高責任者だから、普通の兵士とは少し違うかも。
しかし、日本のこれからが心配で心配でたまらなかったろうなあ。色んなことが
無念だったろう。

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:16:01 ID:avjdA/KZ
チカソ映画か・・・・
ホントはやったんだろう!

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:17:19 ID:93cJnjWA
一億六千万?

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:17:59 ID:Cdbp/euI


終わたorz



729 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:18:15 ID:qYg97RwO
さすがTBSw 硫黄島は華麗にスルーだなw

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:18:23 ID:ShkIVJhY
関西では終わった。
続きがあるなら教えて。>NEWS23

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:19:12 ID:Cdbp/euI
>>727
映画人口だろ。

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:19:13 ID:69x7ZzX8
>>689
ごめん
今調べたけどどうもその箇所が出てこない
阿川の本で読んだかも怪しい
山本七平か、他の誰かかも・・・・・・
軍板いけば答えられる人いると思うので
よければそっちで聞いてきてくれ
スマソ

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:20:01 ID:WHX+S7ZD
>>727
1年間の映画観客動員数の延べだと思う

つうか、1月下旬に公開する作品を【お正月映画】というのはいかがなものか?

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:20:23 ID:Cdbp/euI
まだ終わってなかった━━(゜∀゜)━━ッ

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:20:26 ID:TeP3FB1N
TBSは硫黄島の存在を大きくした。

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:21:55 ID:WHX+S7ZD


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   後半の推薦作品は正月映画じゃないだろ
  |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:22:00 ID:1yY+FSWa
だんだん単館映画になってきてるし、硫黄島はスルーされそう。

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:23:27 ID:KF4s02Bl
多分、今夜の「虎の門」のこちトラ自腹じゃ!で
「硫黄島〜」やるよ

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:23:44 ID:ajaNxUsL
>>736
クソワロタ

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:25:09 ID:/Ts+U64W
>>738
スルーだと思うけどな
常識的に考えて…



741 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:25:45 ID:/nLDA1pR
ルワンダか・・・
チツ族とクリ族の対立だったらもっと日本の関心が高かったのに

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:25:48 ID:qYg97RwO
映画評論家ってどういう基準でなれるの?

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:25:51 ID:WHX+S7ZD
おすぎ、社会性云々言ってて硫黄島スルーはないだろ

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:26:58 ID:SEknZmYe
友人三人でみにいったけど、みんなすげーブルーになった。
一時間は皆無言で落ち込んだ

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:27:29 ID:bZdmyLUn
額縁ショーの映画見て〜w
童貞兵士を戦場に送る唄・・・

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:27:34 ID:BEW1ukNB
おすぎ「硫黄島〜」はあんまり興味なさそうだもんね。

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:27:53 ID:Z9W2K/Ba
おすぎは余り認めたくないスタンスだったし
ウダウダ言われるくらいならスルーでもよかったかも

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:28:31 ID:EkA7rcRO
なかなか面白そうな映画選ぶな〜。

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:28:47 ID:FeUzzno4
>>685
ナイーブを誉め言葉に使うあんたがナイーブだと
>>671は言いたいのだと思うが。

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:29:06 ID:Cdbp/euI
今、なんかちょこっと言わなかった?


751 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:29:15 ID:bZdmyLUn
取り上げられない方がいいよ。
今週も興収一位維持だからこんなクソ番組なんざ関係ないさ。

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:29:54 ID:WHX+S7ZD
何故紹介しないのか?
理由はこれだ


筑紫「戦争美化な映画だから試写見てない」
おすぎ「華のない映画だから試写見てない」

よって語られることはない

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:30:08 ID:qYg97RwO
おすぎ・・きもいな

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:30:10 ID:+0sOj5RW
みなさんにお願いしたい。
今後は「英霊」という言葉を二度と使わず、書き込みをしてもらいたい。
非情に不愉快である。

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:30:29 ID:Cdbp/euI
イーストウッドの名前出しといて、それでスルーか?

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:30:47 ID:BEW1ukNB
「硫黄島からの手紙」がすでに125万人に届いたって。

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:30:55 ID:EkA7rcRO
別にクソとは思わんが。

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:31:01 ID:avjdA/KZ
もう何が何だか・・・・
全く参考にならん

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:31:14 ID:qYg97RwO
>>752 そう発言したの?

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:31:26 ID:Erx8b+0Z
おすぎは男の好みで決めるからな

761 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:31:35 ID:bZdmyLUn
アネット・ベニングスは最初から上手いよクソ筑紫

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:29 ID:ajaNxUsL
T B S 始 ま っ た な

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:31 ID:WHX+S7ZD
てか、これってマイナー映画をさも知識人のごとくうんちく垂れて
自分たちだけで悦に入ってる特集だな

おおよそ地方都市でやらない映画ばっかじゃん

全国放送でやるネタじゃないな

流石TBSクォリティ

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:40 ID:Cdbp/euI
>>759

言ってない、言ってない。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:43 ID:EkA7rcRO
別にクソとは思わんが2。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:48 ID:GbUB5T1h
>>760
あの坊主の男たちのかっこよさがわからんとは…

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:32:48 ID:avjdA/KZ
>>754
クリ的な視点からすると「戦場に英雄はいない」の
だから「戦死者に英霊はない」のだろうが、
そこは人それぞれ

768 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:33:16 ID:OZThannR
>>754

なんで?英霊は英霊だ。Spirit of the war dead のことだよ


769 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:33:26 ID:lUhWBeLw
>>754
2chブラウザにはNGワードって機能があるから
自分で見たくない単語を登録して消去すればいいと思うよ。

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:33:31 ID:69x7ZzX8
>>754
はあ?なんで?

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:33:57 ID:qYg97RwO
ところで、しどーは敵の戦車かなにかにへばりついて自爆しようと
したけどできなかったってことでOKなん?

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:34:30 ID:cwSdBnAU
おすぎ、以前も他の映画ばかりを推してたよね
何か忘れたけど

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:34:44 ID:Cdbp/euI
「長い散歩」見てみたい、と思た。

>>763
まぁ、いくつか見てみたいと思った映画があったからいいぢゃないか。
DVD出たら借りてみる。

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:34:47 ID:AAc3Q5Kh
>>732
先生に添削してもらってからもう一度書き込めな


775 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:34:53 ID:WHX+S7ZD
>>771
おk

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:35:45 ID:cwSdBnAU
>>771
うん。おじいさんが帰還兵の手記サイトにもあったような
待ち伏せしたけど戦車がこなかったクチだろう

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:36:17 ID:69x7ZzX8
>>774
いや確かに読んだんだが……
てか何でキレてんの?

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:36:48 ID:OZThannR
>>754
おまえ歪んでるよ・・・
ここで「英霊」と書き込んで「日→英」のボタン押してみろ
http://www.excite.co.jp/world/english/


779 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:36:49 ID:Cdbp/euI
>>771

おめー、それぜってー映画見てねーだろw


780 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:38:02 ID:qYg97RwO
>>771 見たよバカ

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:38:07 ID:+0sOj5RW
>>767-768
気軽に使いすぎるだろう、一部の方々は。
戦死者の遺族に英霊になられましたから気を落とさず、とか言えるか?
戦時中ならともかく、この時代に。
青二才どもが。
ふだん使いつけない言葉を使うな。実感も真意もこもってないだろうが。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:38:19 ID:Erx8b+0Z
バズーカ砲って人間一人やダッチワイフやヘビには
強力すぎだよね?

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:38:40 ID:YXgjGey0
降伏した清水は撃ち殺され寝ていただけのシドウは助かる。なんかすごいな。

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:39:17 ID:6yU9BsvG
なんか今日はカッカした人が多いな。

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:39:40 ID:Cdbp/euI
>>780
また興奮してアンカー間違えてやがんのw

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:40:28 ID:OZThannR
>>781
はあ?なんでそう決め付けるんだ?アホ?

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:40:53 ID:+0sOj5RW
>>770
おまえもか。
「はあ、なんで?」だと?
さっきそう言った口で、今度は護国の英霊を語るか。
やめとけ、あほう。身の丈にあった言葉で語れ

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:41:01 ID:5AluQ+RG
みんなモチツケ。
カプサイシンの採りすぎか?

789 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:41:29 ID:GbUB5T1h
>>782
戦車くらい大きい的じゃないと当たらない

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:42:22 ID:OZThannR
>>787
おまえ病院行って頭診てもらったほうがいいぞ・・

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:42:51 ID:nwXQbcC+
女房と「父親達の星条旗」を観てきた。
「硫黄島からの手紙」より数倍面白かったな。
多くの日本人には米国側から見た硫黄島のほうが面白いだろう。

逆に、英国人にとっては「硫黄島からの手紙」のほうが面白いかもしれない。
どちらにしても絶対に両方を観るべき。



792 :791:2006/12/23(土) 00:43:22 ID:nwXQbcC+
米国人の間違いw

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:43:42 ID:69x7ZzX8
>>787
お前意味ワカンネw
>さっきそう言った
俺がなにを言ったって?
きちんと指摘してくれ
「それ」じゃわからんw

794 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:44:51 ID:hI8vWONr
>>791
英国人なの?

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:45:17 ID:jI+5ixcW
カッカ祭りじゃ〜。

796 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:45:44 ID:avjdA/KZ
確かにおいそれと使う言葉じゃねえな『英霊』
戦時中の『軍神』の大安売りに通じるものが

797 :791:2006/12/23(土) 00:46:23 ID:nwXQbcC+
「硫黄島 いまだ 玉砕せず」上坂冬子も参考になる。
イーストウッドがこの映画を通じて伝えたいことと同じことが書かれている。




798 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:47:28 ID:+0sOj5RW
>>790
そうそう、それぐらいの文章がお前にはお似合いだ。
そういう風に映画を語れ。
知的レベルにあわせた書き込みをすれば、
それはそれで価値はあるのだ。
こういう見方の人間もいると知ることはできるのでな。

ただし、繰り返すが英霊とか書くな。
いかに無神経なのかはお前には一生わからんだろうから、
とにかく禁止。それを守れ。

799 :アネット・ベニングですが何か?:2006/12/23(土) 00:48:06 ID:KF4s02Bl
>>761
アネット・ベニングスって誰だよ?
知ったかぶりワロシュw

800 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:48:12 ID:gwxqCf6J
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。      
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた      
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ       

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある      

                                   
                               by クリント・イーストウッド  


801 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:48:14 ID:OZThannR
>>796
いや「英霊」自体が戦争で死んだ人をさす言葉であって、そう辞書にも載ってるから
軍神とは違う。

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:48:17 ID:4cebjW+J
硫黄島戦に参加した元米兵が観た本映画の感想で、
砂浜に足を取られて映画のように進めなかったとの証言があった。
また、主に手榴弾と火炎放射機を用いて戦い、映画でもその状況が良く描かれていたと述べていた。


803 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:48:19 ID:Cdbp/euI
暴漢モード

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:49:15 ID:jI+5ixcW
議論と喧嘩は違うもの〜。

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:49:44 ID:OZThannR
>>800
イーストウッドはリバタリアンつまり新保守で右翼
http://www.google.co.jp/hws/search?hl=ja&q=libertarian+eastwood&client=fenrir&adsafe=off&safe=off&lr=all&btnG.x=61&btnG.y=8

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:51:05 ID:QrBRpu2s
>>805
リバタリアンだけど戦争を嫌ってるよ。

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:51:35 ID:OZThannR
>>806
俺も嫌いだが何か?

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:51:45 ID:p8W4dpJN
>>634 海軍と陸軍では規模が違う。

大将の数は陸海でそんなにかわらないけど、中将は陸軍では師団長だから百人はいる。

海軍では中将は艦隊司令官だからそんなに数はいないはず。

あと、海軍は壊滅して被害が多いから戦死も多い。

809 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:52:19 ID:QrBRpu2s
別に>>807の事は何も言ってないよ。

810 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:52:44 ID:Lt38sRqk
>>798
だったらお前が適当だと思う言葉を作れ。
妥当性があれば、自然に広がる。


811 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:53:02 ID:avjdA/KZ
>>771
ちなみに99式破甲爆雷は630gのTNT火薬が入っていて
M4の一番弱い腹の下の装甲(20mm)なら破れたそうだ

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:53:51 ID:+0sOj5RW
>>793
お前のIDだけはうらやましいが。
>>787の文意が分からんとは驚きだな。
でもそれでいいんだよ。
よっぽど地に足ついた文章だ

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:54:34 ID:OZThannR
>>809
つかここにいるやつが戦争を好きだと思ってるの?したがってると思うの?
あとイーストウッドは英霊に敬意を表すべきだといってるよ。それはいいの?

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:54:48 ID:HF06i01V
『星条旗』『手紙』両作品とも、兵士を使い捨てにする国家への不信をテーマにしているのに、
愛国心を掻き立てられている人が多いのは、おめでたい勘違いとしか言いようがない。

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:54:48 ID:avjdA/KZ
>>801
何?
大したことしてなくても戦争で死ねば「英霊」扱いされるのか?

816 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:55:01 ID:p8W4dpJN
>>645 船が無いから陸にあがって指揮をする。陸軍と条件は同じ。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:56:56 ID:OZThannR
>>812
お前のほうがわかっていないと思われw

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:58:24 ID:avjdA/KZ
>>814
資本も人間も世界を跳びまわっているなか
今どき愛国心なんて押しつけられるのは、国を出ようにも出られない社会の底辺の人間だけ。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:59:49 ID:+T0RTZWU
>815
つ名誉の赤痢

820 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:59:59 ID:OZThannR
>>815
たいしたこと?どういう基準で?

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:01:40 ID:+0sOj5RW
>>810
いや、だからだね。
英霊という言葉はいいんだよ、いろんな意味も込められるしな。
またどんな立場から書かれたものであっても、
真摯な論考や感情からこの言葉しか使えないという選択であったなら
おおいに使用してもいいでしょうよ。


ところがどうだい、実際は口先野郎のただのファッションじゃねえか。
それこそ死者を冒涜している最たるものなのに
それに気づかん無神経さに怒りを覚える

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:02:03 ID:OZThannR
えいれい 0 【英霊】


(1)霊魂。特に、戦死者の魂を敬っていう語。
(2)すぐれた人。また、その魂。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B1%D1%CE%EE&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

えいれい 英霊
the spirits of the war dead.
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B1%D1%CE%EE&search_history=%B1%D1%CE%EE&kind=jn&kwassist=0&mode=0&je.x=36&je.y=12

823 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:02:08 ID:s7k1Su5a
ID:OZThannRはどして坊やか?(笑)

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:02:37 ID:CteCLxKs
俺は英霊という言葉を使ったことはないが、
どこの誰だかも分からんお前に偉そうに命令される覚えはない。

お前が『禁止』と言ったくらいで二度とこの言葉が出なくなることは
ないだろうが、何故使ったらダメなのかを説得力のある説明をすれば
理解を示して使わなくするようにする奴は何人か出てくるだろう。
まずはそこから始めろ。781程度のお粗末なのじゃ話にならんぞ!

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:02:51 ID:avjdA/KZ
>>820
味方の設置した地雷を踏むとか→仲間を道連れ

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:03:00 ID:g8O3Kcw8
テレ朝ではじまったよ

827 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:04:27 ID:gwxqCf6J
>>814
同感。
観てもいないか、いわゆるネットウヨか?

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:04:46 ID:OZThannR
何やら憲兵隊員がいていちいち言論をチェックし、「貴様ら英霊という言葉を使うな」と監視
しているようだなw

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:04:59 ID:p8W4dpJN
>>681 艦が沈められたら責任を取らないといけないから左遷は仕方がないのでは。
気持ちは分かるが支店を潰して左遷されたからといって自殺されても困る。

艦長としては責任感が強さや誇りをもって仕事をしていたから
艦長をはずされたくなかったのでは。

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:05:09 ID:Lt38sRqk
>>821
だったら、初めからそう書けばよかったんだよ。

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:05:54 ID:g8O3Kcw8
今日は井筒の変わりに蛭子さんが
硫黄島を評論だよ

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:06:09 ID:5AluQ+RG
言葉狩りはやめようぜ>all

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:07:59 ID:GbUB5T1h
ものども、美しい国の為に氏ね

今の日本でこんな事言っても騙される奴はいない
上から下まで完全にしらけちゃったんだな

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:08:01 ID:LG1nmAo+
>>814
俺も同感。
最近若い人にネットウヨが増えたような気がする。

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:08:47 ID:DKiLDZGs
遅いかもしれないけど、ナイーブには良い意味(無邪気)も悪い意味(単純な、騙されやすい)もあるよ。

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:09:09 ID:FeUzzno4
>>814
愛国心のありすぎる国となさすぎる国の対比だろ。
戦死者を英雄として讃えいつまでも語り継ぐアメリカ人と
歴史の闇に葬り去って顧みることのなかった日本人の戦後が
エンドロールの違いに如実に示されている。

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:09:37 ID:OZThannR
国家がどうあれ、大戦で戦った兵士たちは敬うべきだろ?

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:10:29 ID:avjdA/KZ
>>833
あるいは国際化と言うべきか
金持ちも企業も平気で外国へ行ってしまう。
超一流企業(トヨタ)を国内にとどめるために労働者を奴隷化する始末

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:10:45 ID:cwSdBnAU
>>831
こちらではやってないんで実況みてくる
ありがと

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:12:13 ID:avjdA/KZ
蛭子で大丈夫か?

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:12:40 ID:6u52UpOH
来た

842 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:12:51 ID:5AluQ+RG
>>834
最近ネットサヨは劣勢だよね。
ま、ろくな議論できねーからしゃーないんだろうけど。
「日本が悪い」しか言えないんだもんなぁ…。

843 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:14:03 ID:Cdbp/euI
テレビ朝日やってますー。

844 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:14:04 ID:H2J9ueXW
エビスはこの映画観て寝てましたww

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:14:51 ID:OZThannR
>>842
左翼は70年代がピークだったんだよ。

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:14:56 ID:I/nCDt6H
誰だ、この二人選んだの。

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:17:15 ID:Cdbp/euI
さすがのえびすも寝なかった

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:17:46 ID:avjdA/KZ
>>846
井筒よりはマシだろう

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:17:58 ID:+0sOj5RW
>>824
>>821に書き込んだ内容では納得してもらえんかな?

追記するとこうだ。
「英霊」という言葉でひとくくり、祭りあげられることにより、「個人性」が奪われる。
その人=その死人、にとってそれは望まれることなのか?
そりゃ「犬死に」よりは「英霊」のほうがましだろう、当人にも遺族にも。
でもそれだけで、その人の一生が精算されていいものか。

で、そういう背景にがあるかも知れないということに、
すくなくともそう言う考えも出来るということに意を介さず、
「英霊」連呼している奴らは恥知らずと言っておるのだ。

だいたいポテチ喰いながら書き込む言葉が英霊に、護国の鬼かよ。
情けなくって涙が出るわ。

850 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:18:21 ID:Cdbp/euI
そのコメントはおかしいぞ、エビス。

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:18:59 ID:H2J9ueXW
星一つ半です。

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:20:41 ID:MSTjim3g
えびす気を使ってるね。
テレ朝だからね。

853 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:21:21 ID:ATj3kAUx
一人女が、伊原のバロン西役を、「こんな人がほんとにいたんだろうなって」
実在します

854 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:21:27 ID:TeP3FB1N
>>852
気を使ってるというより、指示通りだろ

855 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:21:35 ID:Cdbp/euI
この映画を称して、最初の20分はたいくつかよ。
何みてんだよ、えびす。

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:21:37 ID:avjdA/KZ
戦争美化だから1つ半か・・・・

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:21:58 ID:COXJGs7z
「井原離婚しねーかなあ」

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:22:05 ID:p8W4dpJN
英霊や軍神は死者を美化しているかもしれないし、集団自決を玉砕と軍は美化したと批判もされる。

でも、死者に感謝して名誉を与えようとすることは自然なことなどでは。



859 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:22:28 ID:TeP3FB1N
「離婚させられた」 この表現に真実が潜んでいる。

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:22:40 ID:D9Pj0aKu
どうでもいいけど、よく寝られたな

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:23:02 ID:8d8sZUNM
>>814
同意するけど、若い人の「愛国心」には、
日本政府への愛国心は含まれて無いと思われ。
若い世代にとって政府とは透明なもの。

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:23:36 ID:TeP3FB1N
台本どおりの言葉の端々に、この映画の凄さが光っている。

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:23:50 ID:CWpMAM7u
硫黄島で亡くなった人たちも、蛭子の幸せのためだと思うと、可哀想。

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:23:56 ID:OZThannR
>>849
>「英霊」という言葉でひとくくり、祭りあげられることにより、「個人性」が奪われる。
「戦死者」だって人くくりだよ



865 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:24:26 ID:zCRkKnEb
ネットサヨはオーマイニュースと心中してろ

866 :伊原剛志ですが何か?:2006/12/23(土) 01:24:34 ID:KF4s02Bl
>>857
井原って誰だよ?
井原正巳かよ

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:24:39 ID:FeUzzno4
蛭子も所詮団塊だな。
あの世代の価値観では否定するしかないんだろうと思った。

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:25:11 ID:6G13MhTW
みてきた!

映画らしい面白さだった。
このスレを2スレくらいは読んでから行ったけど、
思ったより淡々とはしてなかったね。
戦場のピアニストぐらいの淡々さを期待していたので、
そこはちょっと、残念だった。

けど、やはり色々な場面でぐっと来た。となりの女性は
泣いていましたよ。

>>7
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
↑この日記の方が自分的には興味深かった(というと、失礼だろうが)
この人をモデルにしたほうが良かったんじゃないかなと思ったりもした。

けど、イーストウッドには感謝感謝。この硫黄島(あまり現在の日本人が知らない歴史)
にスポットを当ててくれたことが、何よりも、感謝感謝。

全米5館しか上映していないんだっけ?それが残念だ。

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:25:22 ID:avjdA/KZ
>>858
気の毒だとは思うが名誉だとは思わないな。

あと『玉砕』
客観的に見ると全滅させられたのだから、不名誉な筈なのだが


870 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:25:37 ID:xHb6h/P2
エビスまとめ

・前半は寝てた
・日本を美化しすぎ


871 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:25:46 ID:5AluQ+RG
>>845
ネットでの話よw

>>849
総体的な、便宜的な呼び方として使うのには良いんじゃない?
戦没者何万人にはそれぞれの物語があるだろうが、
その個人個人に焦点当てて呼称つけろって方が無茶だぜ。


872 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:09 ID:CWpMAM7u
まぁ、もともと井筒出演の番組なので・・・

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:17 ID:+QOkemHm
>>824
今日の日本があるのは英霊のおかげです。

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:18 ID:lmCXzbCn
伊原は離婚しないよ。奥さんが放しません

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:20 ID:GqKgLr3f
エビスに途中寝てあんな偉そうに感想言われたくない。
日本兵が米兵殺すとこ見てなかったのかね。
さんざんここで泣かせる映画じゃないって言われてんのにな。



876 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:24 ID:ATj3kAUx
>・前半は寝てた
結局はどうでも良いんだな

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:31 ID:pgAKb4qT
お正月にお客さんがいっぱい入りますように

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:26:33 ID:H2J9ueXW
>>856
戦争美化に共感したな血が流れなさすぎ。
ちょっと長いと思うしね。

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:27:01 ID:Cdbp/euI
>>867
えー、この映画の観客層、50代、60代が多いって言ってたけど。

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:28:14 ID:bZdmyLUn
蛭子見損なったわ。
アイラ・ヘイズに感情移入して泣いといて、日本人はいい人に描くなか。

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:28:16 ID:BEW1ukNB
やっぱり不愉快なだけの特集だったか。

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:28:19 ID:/Ts+U64W
エビス史寝

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:29:05 ID:Cdbp/euI
あいつらは、あの手榴弾自決シーンをどうみたんだろう?
日本を美化? バカ杉

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:29:18 ID:avjdA/KZ
思想信条はともかく浅い論評だったな、蛭子

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:29:29 ID:TeP3FB1N
お前らのナイーブな反応にあきれた

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:29:29 ID:vZmK+LZQ
しんみりさせたら駄目
戦争を肯定してることになるって言ってたね


887 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:30:28 ID:SSawBTwD
日本兵が仲間を思っていたり家族を思っていたりすることを
もしかして「日本を美化している」と思ったのかな
日本軍はとにかく極悪非道でなければいけないみたいに思ってるんじゃないの

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:30:38 ID:93cJnjWA
ドキュメンタリーじゃないんだから
あれで美化っていいすぎだろ。
本来ならもっと映画的な見せ場はあったのに
それがどんだけクールにそぎ落とされてるか知らない奴の寝言だなあ。
大事なのは表面的な体裁じゃなくてメッセージだろと。

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:31:14 ID:CWpMAM7u
戦争映画に興味がない蛭子に見せても、答えは見る前からわかってたのに・・



890 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:31:40 ID:D9Pj0aKu
あと日本兵は一人残らず死にたくないと泣き喚いて
そこらへんの人間を虐殺していないとリアルに感じないとみた

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:31:50 ID:OZThannR
>>869
玉砕は正しくは「全滅」だろう。「転進」と同様の大本営によるすり替えだが、

英霊は違う。

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:32:11 ID:NZn++O7l
ナレーションも紋切り型でグダグダ

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:32:13 ID:Cdbp/euI
えびすをここに連れてきて、このスレ見せろ。

894 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:32:29 ID:6G13MhTW
>>878
長いって上映時間?

逆に短すぎと思ったけどなぁ。
若年層に見てもらうためにはあのくらいの長さで良いんだろうと思うけど、
2時間30分〜3時間くらいはみていたかったなぁ。
端折られたシーンみたい。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:33:11 ID:CWpMAM7u
もともと戦争映画に興味が無いから、さいしょっから寝た蛭子。

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:33:29 ID:/5bePhvS
日本は美しい国。
蛭子はただのブーデー。
そんなことより次の戦争は絶対に勝とうぜ。
大陸に戦勝記念碑たてちゃうくらいな♪

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:33:55 ID:hwbVp16U
>>754
天皇陛下万歳。

英霊万歳。

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:33:58 ID:ATj3kAUx
戦争はできればあってほしくないだろ。


899 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:02 ID:8BTcyZMQ
なんで蛭子さんを連れて行ったんだ。

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:08 ID:93cJnjWA
自分と価値観の違う映画を冷静に評論できない奴に
評論させるなってことだな。

901 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:41 ID:pgAKb4qT
恵比寿ってだれ

902 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:42 ID:avjdA/KZ
この映画で唯一違和感を感じたところは夕日で終わったところ。

西部劇かよ、と。

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:45 ID:MwlrD1TX
>>886
とんちんかんな事言ったなー

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:34:49 ID:CWpMAM7u
>>899

井筒の代わり・・

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:35:20 ID:Cdbp/euI
>>896
ばーか、勝つとか負けるとか言う話ではないだろ。
戦争は勝った側も負けた側も悲惨。

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:35:42 ID:p8W4dpJN
>>869 国民や軍も悪意をもっての呼び名ではないのでは。
故人や殉職と同じように良心から無惨な死に方をしたのだから
申し訳ない、ありがとうという気持ちからではないだろうか。

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:35:52 ID:FJmJKyjE
エビスすごいなぁ
日本を美化しすぎだとか
戦争映画はもっと残酷に描くべきとか
もう阿呆かと馬鹿かと

真ん中の女も
脚本書いたのは日本人だとか
日本人の監督はもちろんいるだとか
ウソばっかし

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:36:02 ID:FeUzzno4
>>902
あれは大日本帝国の落日の暗喩だろ。

909 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:36:42 ID:/BGXtuYx
Your search for "iwo jima" > Articles
found 245 results
http://www.time.com/time/searchresults?D=iwo+jima&No=60&sid=10FAA7E3E3A9&Ntt=iwo+jima&Nr=OR%28p_record_type%3aOther%2cp_record_type%3ablog%2cp_record_type%3aArticle%29&Ntk=WithBodyDate&Ntx=mode+matchallpartial&Ns=p_date_sort%7c0&N=45&Nty=1

Your search for "Tadamichi Kuribayashi"
found 3 results
http://www.time.com/time/searchresults?N=0&Ntk=NoBody&Nty=1&Nr=OR%28p_record_type%3AArticle%2Cp_record_type%3Ablog%2Cp_record_type%3AOther%29&Ntt=Tadamichi+Kuribayashi

Your search for "Ira Hayes"
found 20 results
http://www.time.com/time/searchresults?No=10&D=Ira+Hayes&sid=10FAADA3D19E&Ntt=Ira+Hayes&Nr=OR%28p_record_type%3aOther%2cp_record_type%3ablog%2cp_record_type%3aArticle%29&Ntk=WithBodyDate&Ntx=mode+matchallpartial&N=0&Ns=p_date_sort%7c0&Nty=1

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:36:47 ID:ATj3kAUx
>>907
そうそう。違うだろ!ってTVに突っ込みいれた

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:36:55 ID:93cJnjWA
物事にはいろんな側面がある、
というイーストウッドの主張を全然くめてないえびすw

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:37:19 ID:0VPDEfzR
>>896 はぁ? 

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:37:48 ID:+0sOj5RW
>>871
便宜的という言い方がちょっと引っかかるが、まあいいよ。

おれの真意は、まあはっきりいって馬鹿のくせに良くも気軽に、といっては言い過ぎなら
あまりに浅慮に英霊という言葉を使う風潮に異を唱えたかったのさ。
別に英霊否定でも英霊賛美でもどっちでもかまわないのよ。
ちゃんとした考えあるのならさ。
このスレで出てくる「英霊」はちょっと使ってみました風が多すぎて腹が立つんだ。
アンガジュマンとかルサンチマンとか、メタフィクションとか脱構築とか。
その手の言葉を喜んで使ってるのと同じでしょうが。

914 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:13 ID:KhLl8crK
パッチギ宣伝に配慮した、台本のある感想としか思えないな。
とりあえず伊原とジャニはほめとけ、と。
こわっぱタレントが、感動したとも言えない空気があったし。

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:20 ID:xJjTGLP7
蛭子は何を観てたんだろう。まあ、寝てたからな・・・
どこをどう観たら、戦争を肯定してるのか教えて欲しい

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:20 ID:93cJnjWA
えびすは自決シーンで寝てたに1000ジョニーウォーカー

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:29 ID:CWpMAM7u
日本人はしんみりしたかもしれないが、、、
アメリカ人・・外国人はそーなるとは限らない。
これは、アメリカ映画だということを、蛭子は忘れている。

918 :824:2006/12/23(土) 01:38:37 ID:CteCLxKs
>>849
824を書き込んだ時に821とかぶったみたいで申し訳ない。
 俺は元々使ってないんだが、821と849の内容で納得する奴もいるんじゃないか?
 

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:38:43 ID:Cdbp/euI


   ここで一言。

   イーストウッドはあらゆる感情に訴える場面を排除した。

   映画見た後の結論は自分で出せよ、と。









と、ここでいい子ぶってみる。

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:39:00 ID:OZThannR
>>906
玉砕って言葉は第二次大戦ではじめて戦局がまずくなってから生まれたんだよ。
だから英霊とはちと違うのでは?
もっともそれが普通の軍隊用語になって
「玉砕せず万難を排して撤退せよ」なんて命令も出されるようになった。

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:39:30 ID:6G13MhTW
いい映画だったことは確かだよ。

ただ、以前のスレにあったように、むだな泣かせシーン・美化シーンは
ちょっと気に入らなかったなぁ。

延々と淡々に描いても事実が事実なだけに、見終わった後に
うーんとなることは確実だと思うんだよなぁ。

922 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:39:54 ID:f2Hoe6pF
>>905
負けるほうが悲惨に決まってんだろw
それも圧倒的に

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:39:55 ID:2GNp4s/m
ぶっちゃけエビスが寝たのは笑った

924 :919:2006/12/23(土) 01:40:19 ID:Cdbp/euI



    おっと、結論言うの忘れてたorz


    だから、いろんな感想があっていいと思ふ。



925 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:40:20 ID:hwbVp16U
>>905
馬鹿はオマエだろw
戦争は勝たなきゃ意味ねえだろが。

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:40:58 ID:FeUzzno4
>>921
>むだな泣かせシーン・美化シーン

たとえば?犬とか??

927 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:41:10 ID:+0sOj5RW
蛭子さんが喜んでいたところは手榴弾自決シーンだけだろう
あの人の作風からして、きっとそうだ

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:41:21 ID:6G13MhTW
>>919
いや、感動的な場面では音楽を流し、結構
感動を誘導してたと思ったよ。

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:41:26 ID:Cdbp/euI
>>925




       戦争は生き残らなきゃ意味がない





930 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:42:00 ID:ChKdyz3c
>>919
何その丸投げ

931 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:42:05 ID:MSTjim3g
>>900 その通り。
映画を映画として評価するなら、個人の思想感情倫理宗教は除外して
客観的に見なくては。


932 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:42:23 ID:CWpMAM7u
蛭子は、硫黄島にいた兵隊の気持ちを理解しようという態度が、
まったくないわけで、、だから、寝ちゃったわけ。

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:42:50 ID:93cJnjWA
クリントの編集に無駄なんかないよ

と信者レスしてみる

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:42:58 ID:5AluQ+RG
>>913
君が「言葉の重み」に拘る気持ちはわかるが、
それ以外の有効な表現方法が実質無いのだから今後「英霊」で
過剰反応しないようにな。もっと有益な議論をしたらよろしい。

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:43:11 ID:GqKgLr3f
ここまで真剣にムカついた批評(と呼べるもんではないが)は初めてだ。

一番若い女がエビスと真ん中の女の感想を聞きながら、何か言いたそうだったように見えたのは俺の気のせいか?
意外にも一番まともなこと言ってたりな。

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:43:21 ID:OZThannR
「勝元も死に様を教えてほしい」

「いや、生き様をお話しましょう」

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:43:21 ID:/5bePhvS
>>905
馬鹿は貴様だ!
>戦争は勝った側も負けた側も悲惨
だと?
馬鹿も休み休み言いたまえよ。キミ。
キミ、あの戦争で餓死したアメリカ兵は何人いるか知ってるのか?
餓死した日本兵の数はどうだ?
アメリカ国民は空襲で死んだか?
アメリカ国民は原爆で死んだか?
「勝った側も負けた側も悲惨?」
悲惨なのはキミの脳みそのデキだろう?






と言ってみるテスト。

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:43:57 ID:FJmJKyjE
見た2人は硫黄島の史実を知らなすぎて
バロン西を創作だとすら思ってそう

実際のバロンの武勇伝を知っていたら
もっとあんな事があっただろう!
何故あれを描かない!?って思うくらい
淡々と描いた「~手紙」すら『美化しすぎ』になる

939 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:44:16 ID:CWpMAM7u
蛭子を守るために死ぬなんてゴメンだ。

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:44:18 ID:FeUzzno4
>>937
生き残ったものも死んだものも悲惨


と言い換えてみるテスト。

941 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:44:42 ID:Cdbp/euI



    なに、その集団自決的ヒステリー??





942 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:44:47 ID:ATj3kAUx
やっぱ戦死した兵士の家族たちは勝った側も負けた側も悲惨だな。
自分の家族が死んでうれしいやつなんかいるか?

943 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:45:03 ID:p8W4dpJN
>>891 転進は格好が悪いからだろうけど玉砕は軍としても思いやりや感謝の気持ちからでは。

陸軍にも良心はあるだろうし救助したくてもできない、全滅させようとはしていなかったのにさせてしまったのだから。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:45:58 ID:GbUB5T1h
末期の日本兵(特にこういう補給の無い戦地)は死にかけのガリか
痩せマッチョが多いと思ってたけど、
本土からの補充兵も多数いただろうから、中年オッサンとかデブもいたのかな

945 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:47:24 ID:FeUzzno4
>>938
ああそれは感じた。
栗林でさえ架空の人物だと思ってるかも。

確かに創作だと思って観たら面白くないよね。
もっとドラマチックに作ろうと思えばいくらでもできた。
でもこれが戦争というもの。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:47:59 ID:Cdbp/euI
>本土からの補充兵も多数いただろうから

配給制、食糧不足。

デブになれない、と思われ。

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:48:04 ID:6G13MhTW
>>926
犬もそうだね。西郷の召集令状しーんとか、
清水がの投降後のシーンとか、
やはり「魅せるシーン」はあったよ。

自分の中では戦場のピアニストの淡々さで
戦争の恐ろしさを感じたので
ただちょっと、自分の嗜好に合わなかっただけかもしれん。

映画としてはもちろん良質でした。



948 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:48:13 ID:xJjTGLP7
アジアのDVD販売を考えてああいう作りになったとか
いい加減な憶測コメントをバラエティとはいえ、よくも堂々と流すもんだな・・・
VTRなんだから、ちゃんとカットしとけよw

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:48:25 ID:0VPDEfzR
映画館で見ておいてよかった。1800円(1500円)の価値はあるね。

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:48:38 ID:GbUB5T1h
>>938
西中佐は火炎放射器で目と体を焼かれた後も戦闘に参加したんだよな

951 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:49:41 ID:r//Ibiso
>>944
夏場は、最高司令官でさえ痩せ細っていたという話

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:49:49 ID:0VPDEfzR
>>948 てろ朝の番組ですから

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:49:51 ID:7v30mQDu
クリスマスの夜、レイトショーで3回目見に行きます。もちろん一人で。

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:50:16 ID:DKiLDZGs
俺も蛭子さんの意見はちょっと浅いと思ったが、ただロケの部分は編集があるからなあ。

ところで>>900はスレ立ててる?

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:50:16 ID:YxQKy3vl
しかし硫黄島関係のスレ見て驚くのは
あの犬のエピソードの是非はともかく
戦時中の憲兵そのものを好意的に考えてるヤツがけっこう多いことだな

東条時代の東条憲兵は本人も使いすぎたと言ってるように
恐怖政治の象徴でもあるんだがな

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:50:23 ID:cTXa4yBv
VTR見てたときのよゐこの濱口涙目っぽかった気がする

てかエビスもだけど真ん中の人にも腹立った。
なにが離婚しないかな〜だよ


957 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:52:08 ID:FeUzzno4
>>944
最初と最後で明らかにやせ衰えて消耗したという演出が欲しかったな。
一ヶ月以上も敗走して軍服がさほど乱れず元気そうなのはちょっといただけない。

958 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:52:32 ID:OZThannR
>>943
まあそうかもしれんな・・玉砕という言葉を聴く度に当時の国民が悲しい思いをしたらしいから。
ただ英霊は普通に使われていた言葉だし。

>陸軍にも良心はあるだろうし救助したくてもできない、全滅させようとはしていなかった

俺はね。補給がどうのこうので人命軽視で当時の軍隊にはろくなやつがいないって書いてるやつ
見るとね、どれだけの犠牲払って補給していたか、救助しようとしていたか、それを知らないで
いってるやつが多くてあきれてしまうんだよ。

959 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:53:03 ID:/Ts+U64W
渡辺謙と餌微巣の対談きぼんぬ

960 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:53:34 ID:ShkIVJhY
>900
スレ立てないなら宣言して他の人にお願いしないと、
このスレもう終わっちゃうよ。

って毎回こんな感じで無責任な人ばかりが>900踏むのね・・・

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:54:17 ID:Cdbp/euI
>>900


     スレ立てて〜〜〜〜〜〜〜




962 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:54:25 ID:0VPDEfzR
>>960 あなたが立ててくれないか?

963 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:54:29 ID:f2Hoe6pF
>>940
じゃ俺生き残るから、お前死ぬ方でよろしくw


と言ってみるテスト。

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:54:48 ID:FeUzzno4
>>956
美保純を知らない人が多いのには驚くな。
ロマンポルノ出身の元祖エッチ系アイドルなのに。

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:54:59 ID:GbUB5T1h
>957
壕の中には負傷した兵士が治療も受けられず横たわり、
汚物が垂れ流しで…正直もうこんなの映像化できんね

966 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:55:18 ID:6G13MhTW
てんぷれ張っていただければ、次すれたてますよ。
重複にならないように、立てても良いですか?

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:55:47 ID:+0sOj5RW
蛭子さんはグロくなかったから退屈したんだろう。
戦争美化はまあ言っとくか、くらいなもんで本心からとは思えぬ。
あの人の抱える闇は深すぎて怖い

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:56:15 ID:pU13VxS7
ヒゲが剃りたてみたいに綺麗なのが
気になった。

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:56:48 ID:ShkIVJhY
>966
お願いします。

>962
立ててもいいけど、確認してからでないと重複スレになったりするのよ。

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:57:30 ID:6G13MhTW
>>969
了解しました。テンプレお願いいたします。

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:57:36 ID:psxypXG2
>>955
>あの犬のエピソードの是非はともかく
>戦時中の憲兵そのものを好意的に考えてるヤツがけっこう多いことだな
なるほどそういうことか
犬のエピソードに噛みつく人が多くて驚いてたんだけど
今のおまわりさんくらいに考えてるのかもな

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:58:11 ID:FeUzzno4
>>965
>>967
戦後間もないころの日本映画では結構描写されてたような希ガス。
傷口が腐ってウジがわくシーンとか。
蛭子はそういう作品も観てきた世代だから物足りなく感じたのかも。

973 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:58:59 ID:GbUB5T1h
おまわりさんの仕事をするヤクザってとこだろうか

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:59:41 ID:6G13MhTW
【Letters from】硫黄島からの手紙26通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166806720/

テンプレお願いいたします。

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:59:43 ID:9RcOCYjy
これからは栗林閣下を軍神に祀り上げさせていただこう。
えびすはうざいでぶ。えびす世代は銭金しか興味のない日本の恥部。

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:00:24 ID:OZThannR
>>965
壕の中は、まず昼間は一歩も出られない。それだけならいいが
下手したら水が沸いてくるんだよ。で夜を待って壕の外で眠り、昼間
稀に攻撃の合間があるときは、汚物とか水でぬれた体を乾かすとかの繰り返し

977 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:01:37 ID:+0sOj5RW
>>975
あ。てめー、このやろう。あれほど英霊って書くなと言ったのに、
こんどは軍神かよ。もういいかげんにしとけよ、あほんだらああああ

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:01:45 ID:FeUzzno4
>>971
戦時中は国家総動員体制で、国民全員が兵士みたいな扱いだったらしいからね。
軍紀を守る立場の憲兵が市民生活に介入することも許されたんだろうと思う。

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:01:57 ID:5AluQ+RG
>>974


980 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:02:14 ID:psxypXG2
>>972
蛭子さんはいじめられっこだから、いじめっこが闊歩する戦争がキラい
そんなレベルじゃないかと・・・w

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:02:51 ID:MwlrD1TX
>>974


テンプレ貼ってくれてる奴も乙!

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:03:18 ID:p8W4dpJN
>>955 東京憲兵隊に限っては同意だが、他はそれなりにまともだと思う。


983 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:03:22 ID:hI8vWONr
ID:hwbVp16U
下らない。

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:04:04 ID:9RcOCYjy
>>977
とりあえず鮮人は半島へ帰れ

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:04:08 ID:Rj77byiR
『いま日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう…』

最期の突撃に際し、栗林中将が述べた訓辞(劇中でもあった)
こういうことを『戦争賛美だ!』とか言って、素直に思えない人達がまだ大勢いるんだな…
亡くなった硫黄島の方々は、こういう人達を見て、どう思うだろうね…

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:05:47 ID:Cdbp/euI
>>978
そんなこと許すこと事態がもう、どうかしちゃってる。

987 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:06:15 ID:OZThannR
>>985
乙。
今それちょうど探してんだよ。その通りだ。

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:08:34 ID:Cdbp/euI
>>985
そうそう、慰霊するときに「もう戦争は二度としませんから
心安らかにお眠りください」って慰霊するから、なんも問題ないよな。

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:09:37 ID:HEQYxPxy
>>681
大きい船で記憶にあるのは大和、武蔵、飛龍の艦長。
大和、飛龍では指令まで死んでいる。
伊藤整一中将、山口多門少将ね
みんな戦闘での死ではなく退艦しなかった
山城、扶桑の艦長も仲間に入れていいかな?

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:09:45 ID:3kkgJoOP
蛭子さんはともかく女性は普通に泣くんだね、この映画。

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:10:28 ID:FeUzzno4
>>986
そこまでやらなくちゃアメリカとなんて戦争できなかったし、
そこまでやっても勝てなかったんだよね。
日露戦争のような局地戦ならともかく、国力の違いすぎる国とは
全面戦争なんてするもんじゃない。
今の日本は中国だけは敵に回してはいかんとつくづく思う。

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:10:42 ID:6G13MhTW
>>990
なくよ。なかなかったかね?

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:11:39 ID:YxQKy3vl
戦争末期の東条憲兵というのはそれまでの憲兵とはちと違って
東条の私兵&弾圧警察の性格を持ち、国家総動員法のもと
東条の政敵や戦争に少しでも批判的な行動をとった人間をどんどん逮捕したんで
(岸信介でさえ東条憲兵に脅迫された)
ああいうエピソードだってあっておかしくないんだがな

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:12:09 ID:f2Hoe6pF
戦死者は全員被害者、英霊だなんてとんでもないってわけか・・・
どんなに国のためにと思って戦っても、
こうやって半世紀も経てば反戦主義者の都合で、
好き勝手に書き換えられちゃうんだよな。
それも平和ボケの子孫ならともかく、よりによって旧敵国の人間に。

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:12:25 ID:Cdbp/euI
>>992
最後は泣いてたね。

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:13:19 ID:MwlrD1TX
>>990
女だけど、二回観たけど泣きませんでした。
泣けちゃうってより虚しさでいっぱいで、ずっと引きずってる。

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:13:51 ID:GbUB5T1h
昔英霊、今捨て駒。
でも彼らの信じたものは語り継がれるのだ

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:14:25 ID:FeUzzno4
>>993
あれは上官が特別にDQNだったと解釈しよう。
たまたま清水は不運だったということで。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:14:26 ID:psxypXG2
>>987
>諸君の霊に対して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう
・・・か
映画終わった後、感想がうまく纏まらなかったけど、
あの場で亡くなった方達に黙祷を捧げたい気持ちになったのは間違いない
イーストウッドいい仕事したね

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:14:26 ID:avjdA/KZ
>>681
生き残った人で有名なのは比叡の西田艦長だね
http://sidenkai21.cocot.jp/m379.html

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

263 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)