2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙26通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:58:40 ID:6G13MhTW
『父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益にさに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ
   
■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙 ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志 ・・ バロン西
中村獅童 ・・ 伊藤中尉
渡辺広 ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工 ・・ 谷田中尉
阪上伸正 ・・ 大杉少将

<兵卒>
二宮和也 ・・ 西郷
加瀬 亮 ・・ 清水
松崎悠希 ・・ 野崎
山口貴史 ・・ カシワラ

裕木奈江(NAE) ・・ ハナコ

注)次スレは>900踏まれた方が立てて下さい

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:00:03 ID:ShkIVJhY
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html

( ※スレの流れが早い間は900踏まれた方が次スレ立てて下さい。)

■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ 
【Letters from】硫黄島からの手紙25通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166709432/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:00:33 ID:ShkIVJhY
硫黄島からの手紙 @2ちゃん関連情報置き場(23通目966氏製作)
http://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:03:17 ID:ShkIVJhY
■過去スレ
硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142589357/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand II 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150348605/
【硫黄島からの手紙】 Red Sun, Black Sand III 【イーストウッド】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157101057/
【イーストウッド】硫黄島からの手紙 4通目【渡辺謙】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161042597/
【Letters from】硫黄島からの手紙 5通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162085403/
【Letters from】硫黄島からの手紙 6通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162865096/
【Letters from】硫黄島からの手紙 7通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163628027/
【Letters from】硫黄島からの手紙 8通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163864862/
【Letters from】硫黄島からの手紙 9通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164613942/
【Letters from】硫黄島からの手紙 10【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165448364/
【Letters from】硫黄島からの手紙 11【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165632259/
【Letters from】硫黄島からの手紙12通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165674168/
【Letters from】硫黄島からの手紙13通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165733368/
【Letters from】硫黄島からの手紙14通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165765221/

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:06:17 ID:ShkIVJhY
【Letters from】硫黄島からの手紙15通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165810162/
【Letters from】硫黄島からの手紙16通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165894412/
【Letters from】硫黄島からの手紙17通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165979648/
【Letters from】硫黄島からの手紙18通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166035344/
【Letters from】硫黄島からの手紙19通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166110460/
【Letters from】硫黄島からの手紙20通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166194985/
【Letters from】硫黄島からの手紙21通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166273491/
【Letters from】硫黄島からの手紙22通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166354150/
【Letters from】硫黄島からの手紙23通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166448724/
【Letters from】硫黄島からの手紙24通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166595960/
【Letters from】硫黄島からの手紙25通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166709432/

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:07:34 ID:ShkIVJhY
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10

【ノミネート】
第64回ゴールデン・グローブ賞(1月15日発表)
 外国語映画賞・監督賞(星条旗・硫黄島でWノミネート)
ブロードキャスト映画批評家協会賞(1月12日発表)
 作品賞・監督賞・外国語映画賞
シカゴ映画批評家協会賞(12月28日発表)
 外国語映画賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・作曲賞

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:08:42 ID:ShkIVJhY
■参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:12:42 ID:ShkIVJhY
■参考資料(関連著書等)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 (著), 半藤一利 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道 (著), 吉田津由子 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録 津本陽 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守 晴夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著), Richard F. Newcomb (原著), 田中至 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー (著), 大島英美 (翻訳)
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:14:18 ID:ShkIVJhY
飲み水は涸れ、弾丸尽きる凄惨な戦場と化した硫黄島で、本土防衛の最前線として、兵士達は、
国の為というより自分達の家族を守る為に戦った。その総指揮官・栗林中将の命令は、玉砕を許
さず最後の1人となってでも、米軍による本土空襲の盾となれというものだった。
自らも、それまでの指揮官の死に様…前線の後ろで自決という形を取らず、身分を示す中将の
階級章を外して最前線に立った。
以下は、3月25日、出撃前夜、栗林中将が述べた当時生き残っていた全将兵に呼びかけた訓示
である。(数少ない生還者の一人…大山純軍曹の証言より)

「予が諸君よりも先に、敵陣に散る事があっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるも
のではない。いま日本は戦いに敗れたりと言えども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、
諸君の勲功を讃え、諸君の霊に対し、涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸
君は国に殉ずべし」

「散るぞ悲しき」…梯 久美子著(新潮社)

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:15:29 ID:ShkIVJhY
月刊【歴史街道】1月号(PHP研究所)600円
http://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=84225
総力特集
硫黄島と栗林忠道〜命をかけて守ろうとしたもの〜
・死よりも苦しい戦いに挑んだ硫黄島総指揮官
・米国を知悉していた故に…不遇の「理性派」陸軍中将
・マリアナ諸島陥落!本土空襲へ次なる「踏み台」にされた島
・全島要塞化に米軍戦慄!過酷な持久戦に臨んだ気高き男たち
・三十六日間にわたる死闘!彼らは何のために戦い続けたのか
・「散るぞ悲しき」決別電報に託された祖国と部下への思い
・「絶対に渡島あいならん」命を救ってくださった閣下の優しさ(元軍属・貞岡信喜)
・家族を守った祖父を「内なる誇り」として(衆議院議員・新藤義孝)
・日本人俳優として感じた「責務」(俳優・渡辺謙)
・「太郎君へ」〜アメリカからの絵手紙
・「気強く元気に朗らかに幸福に」愛する家族へ

VISUAL DATA
・全島要塞と化した硫黄島
・太平洋戦争最激戦地の三十六日間
表紙http://www.php.co.jp/shinkan/84225.gif

コラム
・「ペリリューは大丈夫か」
・将兵を奮い立たせた第二御楯隊
・擦鉢山の星条旗が語る真実
・四十年目の「名誉の再会」

栗林中将の絵手紙のスライドショー
http://www.youtube.com/watch?v=jkrl9taG7_I
在りし日のバロン西のスライドショー
http://www.youtube.com/watch?v=JgBzRulLQbI

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:16:44 ID:OZThannR
>>1
乙。

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:17:29 ID:6G13MhTW
>>11
テンプレ張ってくれた方に感謝感謝ですよ。

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:18:01 ID:6G13MhTW
ID:ShkIVJhY
乙です!!

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:18:09 ID:e7M/fO09
今日は残業で、虎の門見ようと思ったら間に合わなかった。

エビスさん、寝た上に日本を美化しすぎ、といったらしいね。

いかにもエビスさんらしいや。普通のおっさんでこういう感想持ちそうだもんね。

確かに、映画の完成度で言えば、「父親」の方がいい映画だと思う。

「イオウトウ」は、クリントありがとう、とは思うが、アメリカ人にほめられる日本人をイラン人や
アフガニスタン人が見たら、「戦争に負けてアメリカの手下になりやがった日本人め」と悪口言われ
てないかと、一瞬きになったもの。

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:18:33 ID:ShkIVJhY
スカパー!硫黄島関連番組一覧(放送日はリンク先のページ参照)

『硫黄島からの手紙』独占インタビュー特番
それぞれ演じた役柄を独占インタビューや映像とともに解説。
キャストが見た「硫黄島」に迫ります。(番組時間:15分)
渡辺謙→二宮和也→伊原剛志→加瀬亮→中村獅童の順
放送予定は下記参照
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/news/tokuban_interview.html

360ch Super! drama TV 「硫黄島からの手紙」スペシャル 〜栗林忠道中将を知っていますか?〜 30分
http://www.superdramatv.com/line/movie/ioushima.html

706ch ザ・シネマ
360chと同じ番組
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=1023
硫黄島の砂 115分
http://www.thecinema.jp/channel/content.php?cinema_id=939

707ch 日本映画専門チャンネル
ドキュメント『硫黄島』
12月8日(金)深夜2時より3作品一挙放送
硫黄島 1973年 99分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107776_000.html
太平洋戦史 死闘 最后の決戦(OVドキュメンタリー) 1996年 74分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107777_000.html
太平洋戦史 硫黄島決戦 壮絶なる死闘・そして玉砕(OVドキュメンタリー) 1992年 44分
http://www.nihon-eiga.com/prog/107778_000.html

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:19:23 ID:cwSdBnAU
栗林中将の孫 しんどう義孝氏サイト 硫黄島関連資料あり
http://www.shindo.gr.jp/

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:19:45 ID:xnWJNeNA
↑心配しなくてもそれが日本にたいする一般的な評価

18 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:19:54 ID:ShkIVJhY
テンプレ貼り以上です。
また何か追加があればお願いします。

>1スレ立て乙でした。

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:19:55 ID:/BGXtuYx
訂正
Your search for "iwo jima" > Articles
found 245 results
http://www.time.com/time/searchresults?D=iwo+jima&sid=10FAB09234AC&Ntt=iwo+jima&Nr=OR%28p_record_type%3aOther%2cp_record_type%3ablog%2cp_record_type%3aArticle%29&Ntk=WithBodyDate&Ntx=mode+matchallpartial&Ns=p_date_sort%7c0&N=0&Nty=1

Your search for "Tadamichi Kuribayashi"
found 3 results
http://www.time.com/time/searchresults?N=0&Ntk=NoBody&Nty=1&Nr=OR%28p_record_type%3AArticle%2Cp_record_type%3Ablog%2Cp_record_type%3AOther%29&Ntt=Tadamichi+Kuribayashi

Your search for "Ira Hayes"
found 20 results
http://www.time.com/time/searchresults?N=0&Ntk=NoBody&Nty=1&Nr=OR%28p_record_type%3AArticle%2Cp_record_type%3Ablog%2Cp_record_type%3AOther%29&Ntt=Ira+Hayes

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:21:18 ID:DKiLDZGs
>>1

お疲れ様です。

ところで願わくば、今スレでは安易なレッテル貼り合戦が起きりませんように…。

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:22:14 ID:GbUB5T1h
>>14
アメリカと戦争して負けて、アメリカ寄りにならなかった国ってあるかな。

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:22:15 ID:6G13MhTW
脚色されていると思われる場面が多々あったのが残念でした。
けど、ずっと記憶に残るだろうけど。

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:23:21 ID:FeUzzno4
イーストウッドは日本の若者たちがあまりにもあの戦争について無知なことに驚いた。
「学校で教えていないんだ。」と彼は言う。
「出演した日本人俳優たちは誰一人として硫黄島戦についての知識がなかった。
私はこの戦いを語り継ぐことは日本にとって大切なことだと思う。
なぜならば彼らは祖国のために究極の犠牲的精神を体現した人々であるからだ。
そしてこれは日本人にとってだけの話ではない。戦争というものが最高に愚かな行為であり、
平和な世界では優しく友好的な人々が、いったん状況が変われば互いに殺しあわなければ
ならないという現実を理解することが重要なんだ。」
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2101-2489803,00.html

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:24:31 ID:f2Hoe6pF
>>14
日本以外全部だろ。

25 :14:2006/12/23(土) 02:26:41 ID:e7M/fO09
でもさ、クリントも所詮は、最初の内は閣下を切腹させようとしてたんだからさ。

アメリカ人の美しい誤解の中の映画だよ。「イオウトウ」はさ。

それぐらいだったら、アーリントン墓地の旗上げの石膏像はうそっぱちだ!と
正面から世間の常識に戦っている「父親」の方が映画としての完成度は高いぞ。

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:27:08 ID:0VPDEfzR
もし福島みずぽがこの映画を見たら
”命を粗末にしてバカみたい”とか言いそう。

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:27:44 ID:OZThannR
>>14
アフガニスタンは72パーセントが親米
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:28:25 ID:3SUc/ZR4
悪いけど個々の戦闘の状況より、政治、経済、科学技術を知るべき。
でないと中途半端な軍ヲタになるだけ。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:30:21 ID:FeUzzno4
>>25
ハラキリやっちゃたらラストサムライの二番煎じになるからw
謙さんが反対したのはたぶんそれが理由。
そこでコルトのエピソードが創作されたのだろうと思う。
結果的には大正解だったけどね。

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:31:43 ID:6G13MhTW
全米ではどうなにょ?

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:32:24 ID:+0sOj5RW
今次スレッドにおいて以下の語句を使用することを堅く禁ずる

「英霊」「軍神」「天皇陛下万歳」「非国民」「国体護持」
その他、不適切語句と当局が認めたもの

ただしやむを得ざる場合はこの限りではない。
その際には、死者に恥じるべき内容でないか、よく点検せよ。
なお上記言葉を使用する際には斎戒沐浴の後とせよ。
飲食物・視聴機器併用時の記入は絶対に禁ずる

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:33:17 ID:OZThannR
>>30
今25位くらい。上映してる数自体少ないし。
http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2006-12-20&p=.htm

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:33:58 ID:/BGXtuYx
西竹一 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
Sy Bartlett http://en.wikipedia.org/wiki/Sy_Bartlett
Sy Bartlett (サイ・バートレット) http://movie.goo.ne.jp/cast/2714/index.html
硫黄島の英雄(1961)原題 : The Outsider(1961)製作 Sy Bartlett サイ・バートレット
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/index.html
硫黄島の上陸作戦に参加した1人のインディアン青年の生涯を描いたウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイの原作から


920 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/13(水) 23:37:32 ID:Lb0pEO0D
アイラ・ヘイズを主人公にした映画が過去にもあったんだな。
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/comment.html
んでその製作者はバロン西の友達。
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:35:58 ID:OZThannR


戦争で死んだ人たちに対しては英霊という言葉しか使いたくないな。

>>31
おまえに指図される筋合いはない。

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:38:09 ID:bZdmyLUn
今日の虎ノ門のスタジオの雰囲気怖かったな。
言いたいことも言えない不自然さととまどいが支配していた。
米軍を迎え撃つシーンの「天皇陛下万歳」もスルー、憲兵の非国民呼ばわりや、
家族を思いながらの栗林の国体護持にかける悲壮な決意もスルー。
軍神バロン西他、英霊たちにたいして失礼極まりない内容だった。

まぁテロ朝だから仕方ないか。

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:40:24 ID:FJmJKyjE
>>31
明日皇居に行って天皇陛下万歳してから
靖国神社に寄り英霊に祈りを捧げ
汐留でズーミンを買い漁りご飯を食べてから
美容室に行ってバイトに直行するつもりですがなにか

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:41:12 ID:Lt38sRqk
>>31
くどいな。
自分の基準を押し付けるな。


38 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:41:44 ID:f2Hoe6pF
>>31
なんで英霊がダメなんだよw

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:41:50 ID:psxypXG2
しかしこの映画で美化しすぎって言ったら、いったい日本兵はどう描けばいいのだ?
それこそ嘘になるんじゃね?

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:41:57 ID:PyW4I7MZ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166709432/1000

生き残った人達が不幸だったようなこと書いてあるけどさ。
いくら昇進したって死んじまったらおしまいだ。
生き残った方が勝ちだよ。
その後の人生があるんだから。

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:42:51 ID:0VPDEfzR
ケンさん演じる、栗林閣下の”天皇陛下万歳!”は迫力あったな

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:43:57 ID:OZThannR
 監督の意向で真っ先に主演に決まったのは渡辺謙。「ラスト サムライ」「バットマン 
ビギンズ」「SAYURI」に続くハリウッド進出第4弾となる。昨秋に出演が決まると、日
本代表として監督と意見を交換してきた。

 すぐに決着がつくはずの戦いを意外な戦略で40日近い歴史的な死闘に変えた栗林
忠道中将役。「監督からお話をいただき、これは大変なことになったと感じました。今ま
で日本でもなかなか着手できなかった戦争の話です。日本人でも知らなかったことが
たくさんあったのです」とコメント。「亡くなられた多くの 英 霊 たちの声なき声に耳を澄ませ
、真摯(しんし)な目を持って役を生き抜いてこ
ようと思っています」と意気込んでいる。
http://rabbit822.blog22.fc2.com/blog-entry-1605.html

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:44:27 ID:KFYMESs9
脚本:アイリス・ヤマシタ

この人日本人なの?
虎ノ門で脚本は日本人だって言ってた

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:44:41 ID:0VPDEfzR
朝鮮日報とかってこの映画についてなにか書いてる?

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:45:48 ID:GbUB5T1h
>>41
あのシーンは傑作だとおもう

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:45:51 ID:bZdmyLUn
>>43
間違い、在米日系2世。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:46:47 ID:FJmJKyjE
>>43
日系人だけど日本人じゃないよ
虎の門じゃいかにも本当の事のように
嘘ばっか言ってた

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:47:32 ID:DKiLDZGs
>>43

日系アメリカ人二世だって。パンフに載ってる。

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:47:58 ID:OPqMCEzK
>>47
注意書きのテロップくらい出せばいいのにな

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:50:09 ID:zs93G7sL
自分も虎ノ門見たけど、恵比寿批判してる人も過剰にみえるよ。
あの番組ってバラエティーだし、恵比寿自体も評論家じゃないんだし色んな感想があっていいと思うんだけど。
そもそも「日本を美化しすぎ」なんて言ってたか?
「お涙頂戴っぽい」とか「もっと残酷であるべき」みたいなことは言ってたけど、
日本兵がっていうより戦争描写に対して言ってたように聞こえた。
単純に恵比寿の好みの戦争映画はドキュメンタリーみたいな淡々としたものなんだろうなって思った。
職業評論家が客観性無視で好き嫌いで批評してたらアレだけど、恵比寿なんかただのタレントだし
ここで好き勝手語ってる人たちと変わらないと思う
三保が好き勝手言って修正しないのはどうかと思ったけど。

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:52:20 ID:+0sOj5RW
>>34
前スレからの争いは持ち込まない。
俺はもう寝る。
君は好きにすればよろしい。
私の方は言うべきことはだいたい言った。
それでもなお書くのなら、この恥知らず、と思うだけである

>>36
なにか、といわれてもつまらん書き込みだなあとしか言えない。
あるいはつまらん人生だなあとか。
でも本当にしろよ、お前なぁ。吐いた唾は飲みこめんぜ。
真正右翼の人に頭をなでられてこい

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:52:32 ID:0VPDEfzR
>>50 言いたいことは解ったが、長文はやめろな

53 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:52:43 ID:evU7pM62
日本人は、日本人であることを忘れてこの映画を観ないと、男達のYAMATOと
大差ない感想を受けてしまう気がする。

それで満足なら別に良いのだけどね。

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:56:05 ID:psxypXG2
>>53
そりゃ人を馬鹿にしすぎじゃね?w
あまりにも違うよ

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:56:08 ID:FJmJKyjE
>>50
日本を良く描きすぎ
日本人をよいしょしてる
みたいなことは言ってたと思う
正確じゃあないかもしれないけれど

>>51
もちろん行くよ

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 02:59:23 ID:0VPDEfzR
>>51 どうでもいいけど、外人さんはもう寝なさいな。

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:00:19 ID:KFYMESs9
>>46>>47>>48
ありがとう騙されるところだった
パンフ買い損ねたんだ〜

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:01:59 ID:0VPDEfzR
>>53 おまえ本気で言ってるのか?

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:02:21 ID:SDlyHVVr
二宮和也と裕木奈江が激しく交わるシーンを楽しみにしてたのに残念。

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:03:56 ID:ys6BhMfF
>>53
あの映画で日本人を意識できない日本人なんていないと思うぞ。


61 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:05:08 ID:6G13MhTW
>>32
d!!

日本語の壁があついんかなぁ

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:07:13 ID:FeUzzno4
>>53
その意見には同意するね。
これはアメリカ人の監督がアメリカ人に向けて作った映画だということを忘れてはならない。
クリントの真意を理解するためには日本人なら気になってしまう瑣末な過誤には目をつぶり、
できれば日本語の音声を無視して英語字幕で味わうべき作品だと思う。

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:07:13 ID:CWpMAM7u
日本兵を鬼・悪魔のように描くのが今までのアメリカ映画だった。
(トラ・トラ・トラはぐらでしょ。そうでないのは。その代わり、
興行は大失敗だった。)

人間である、日本人を描いたとことろ、蛭子(最初から居眠り)が、
美化したと言った。

蛭子が何をいってもいい。ただ、蛭子が真剣に映画を見ていたとは
いえないだけ。



64 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:08:22 ID:f2Hoe6pF
>>51
真正右翼なんてこの国にいるわけないだろ。みんなお前のお仲間だよw
>>53
その通り。
初めて日本軍を真正面から描いたなんて言われてるけど、
結局これは反戦の名を借りた反日映画だからな。

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:08:33 ID:c2oNcXUB
>>50
この映画を「お涙頂」ねぇ〜、( ´_ゝ`)フーン
鑑賞眼がないとしかいいようがないな。

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:11:47 ID:FeUzzno4
>>64
反日映画であると同時に反米映画でもある。
つまりクリントは昔からずっと国家主義とは対極のスタンスにある人なんだよ。

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:15:46 ID:psxypXG2
反日映画、反米映画とか言うのがもう違うだろ・・・
映画ほんとに観たのかよ

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:18:26 ID:psxypXG2
すまん>>66に向けては言ってない

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:19:21 ID:FeUzzno4
>>67
それは言葉のあやだ。
強いて言うなら人間に焦点を当てた親人映画。
それならいいか?

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:20:16 ID:bZdmyLUn
おまいら眠くて頭朦朧としてるんなら寝てもいいぞ
寝て頭がハッキリしてから書けよ

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:22:25 ID:psxypXG2
そだね寝る。

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:24:36 ID:f2Hoe6pF
>>66
反日と同時に反米って・・・
あれだけ民間人虐殺しといてよくもまあアメリカと日本を同列に扱えるよな。
戦う動機も置かれた環境もアメリカ兵と日本兵じゃまるで違うだろ。
少なくとも太平洋戦争に関してだけは、アメリカは徹底的に加害者だよ。
許す許さないじゃなくて事実として。
「戦争のむなしさ」なんてセリフ、アメリカ人にだけは言われたくないね。

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:24:39 ID:hI8vWONr
TBSでは不自然なスルー。
テレ朝虎ノ門では井筒休みの変な貶し。
何か変だね。

返ってパールハーバーみたいなアホ映画の方がまだ扱いやすいのかな

74 :戦争論映画化希望:2006/12/23(土) 03:24:39 ID:zCIBPqlc
『朝まで生テレビ』で議題?になったら異常に盛りあがるのでは?映画に関してと硫黄島の戦いを深く検証していけば。

75 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:28:06 ID:HmTRsPv6
細かいところは抜きにしてもかなり事実に則した作りになっていて好感が持てた。
最近の戦争映画としては驚くほどの良作だった。
ハリウッド的な俳優の演技しない演技の自然体がリアル感を出している。
戦争は事実を語れば、自然と反戦になる。
反日左翼の多い日本映画界では過剰な演出、臭い芝居でこの品質を出せないのが悲しいところ。
あと、手榴弾自決を具体的に映像化したのはこれが初なのでは。


76 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:28:51 ID:PTUZtiGf
3:50より 
中村獅童が見た“硫黄島からの手紙”  @札幌

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:30:13 ID:FeUzzno4
>>72
民間人の虐殺は当時の戦略の一部だろ。
日本だってもし可能ならばやっていたはず。
原爆の研究だってしていたんだからね。
中国ではそれに近いこともやったし、今のアメリカだって
イラクで似たようなことを続けている。
やられた側だからといって被害者意識に凝り固まっていては
特定アジアの連中と同じことだぞ。

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:35:25 ID:4GmLK81l
>>73
変というより、この映画の力を認めざるを得ないというメッセージ。
正面きって反応することはTBSやテレ朝には不可能だというメッセージ。
イーストウッドにやられたんだよ。

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:37:57 ID:p8W4dpJN
>>31は国民を言論や思想を統制しようとした人の精神状態になっている。

普段は駄目だといっているが人は同じことをしてしまう。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:40:10 ID:7j+maiLd
俺は星条旗のほうが感動したんだけど、感動したからいいかっていうと
こういう戦争映画の場合微妙だよね。
星条旗のほうが映像はグロかったけど、雰囲気は硫黄島のほうが凄惨だったと思う。
とくに自決シーンは映画史上に残るほどではないか。
でも二宮君のせいですぐにその凄惨さが良くも悪くも相対化されてしまう。
そこがこの映画に結局最後まで入り込めなかった理由だと思う。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:42:09 ID:HkCT2jm+
>>78
TV局ってのは、建前の上では中立を貫くところだからな。
こういう映画を支持するか反対するかってのを公共の電波で流すと、
色々と問題が起きるんだろうしな。
そんだけ真摯に見なければならない映画だと俺は思うよ。

久々に『洒落にならない』映画を見た気がする。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:44:13 ID:3kkgJoOP
こんな局、メリケンにくれてやればいいのに。

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:44:48 ID:p8W4dpJN
>>75 事実を隠していた政府と同じことをしている。

都合の悪いことは隠して映画を作っている。

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:54:16 ID:7j+maiLd
前スレにあった批評、「安易なフラッシュバックの多用」と「動物を使った同情集め」
は確かに俺も気になった。
バロン西はたしかに実在したが、あの外人とのとってつけたような会話は
それこそ昼ドラレベルだった。
星条旗と比べるとこちらのほうが感情移入できるぶん遥かに見やすくなってはいるだろう。
それでも相当陰惨だが。

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:57:00 ID:f2Hoe6pF
>>77
自分の親や子供が目の前で無惨に殺されても
お前はそんな簡単な一言で片付けられるのか?

86 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:57:44 ID:MwlrD1TX
>凄惨さが良くも悪くも相対化

よくわからんのだが

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:01:12 ID:2GNp4s/m
>>86
俺も気になるwww
なにとなにを相対化してるのかな?

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:02:11 ID:FeUzzno4
>>84
バロンと俘虜の会話はあまり気にならなかったけどな。
ああやって心を開かせておいてから、多少なりとも敵の情報を聞き出したのかもしれない。
派手好きだったという彼の性格からして、本当にオリンピックやハリウッドスターの写真くらい
持ち歩いていてもおかしくはないわけだし。
それより前スレにも書いたが「オクラホマ」出身ということろがアメリカ人には堪えるだろう。
彼がドイツ系移民であることを暗示する地名だからね。

>>85
あんたは恨の国の人か?

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:03:07 ID:2GNp4s/m
あ〜、wwwを使ってしまった。
ここでは使うまいとしてたんだけどな

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:04:25 ID:7j+maiLd
>>86
「この究極的な状況で一体どうなってしまうんだろう?!」
って思ってドキドキしていたら、二ノ宮君はあっけなく逃げてしまうでしょ。
ほとんどの観客はこれでホッとすると思うし、俺もこれはこれでいいと思うんだけど、
全体的に二宮君の表情にあまり真剣さが感じられないのが気になったなぁ。
あと妊婦さんのお腹に耳を当てて「俺は生き残るぞ」と言うシーンとか、
個々の日本兵の個性を描きたいのは分るんだけど、使い古された陳腐なシーンが多くて、
そこが俺はイマイチだった。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:07:17 ID:7j+maiLd
>>87
ごめん。そんな厳密な意味で相対化って言ったわけではなくて、
まあ中和されるくらいの意味です。

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:07:21 ID:Tj9kJ6hh
>>86
>>87
わかってるクセに
(ゴー宣の影響)

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:09:42 ID:MwlrD1TX
>>90
西郷として観てた?
西郷は真剣じゃないし。
清水に銃を降ろさせる為にとってつけたような説得を言う人物だよ。
まあいいか、いろんな見方があるしな。

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:17:01 ID:2GNp4s/m
>>91
そういうことか。
どうもです

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:17:45 ID:HmTRsPv6
一番以外だったのは、アメリカ軍がどの戦場でも行っていたスピーカーを使って、やさしい日本語で投降を呼びかけるシーンが無かったこと。
バロン西にも名指しで呼びかけていたのは有名だが、なんで省いたんだろう。


96 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:19:22 ID:4xaK42hU
バロン西のうた

♪〜名前は、バロン 気まぐれな仕官
  いつも 勝手な事ばかり している
  でも バロンと呼んだら 口笛吹いたら
  いつも 私のそばにきてネ、バロン〜♪ 

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:22:05 ID:ale66asY
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
こんな、実体験のページを発見しました。

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:22:42 ID:FeUzzno4
>>93
西郷は物語の当初では自分が生き残ることしか考えていない利己的な人間として描かれていたよね。
悪態をついては言い逃れをし、苦楽を共にした戦友が次々と自決していく中から逃げ出して、
愛国的な清水に対しては天皇陛下を持ち出して言いくるめる。
妻や子供のためと言いながら、結局は自分の幸せのことしか考えていなかったように見えた。
でもろくに戦闘にも参加しなかったその西郷が、最後にはスコップを振るって武装した米兵に立ち向かっていく。
あのシーンは西郷というヘタレが他人のために戦うということに覚醒した瞬間だと思ったのは自分だけだろうか。




99 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:23:57 ID:f2Hoe6pF
>>88
ほんとに一言で済ましやがったw

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:24:01 ID:EvGqeMea
バロン植垣

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:24:45 ID:7j+maiLd
>>93
あの時代に、あの状況で、とくに戦中教育を受けた若者の間で、
真剣じゃない者なんてまずいなかったと思う。
でも二ノ宮君のインタビュー見たらわざとそうしたみたいで結構考えてるんだよねw
そういう意味ではあの西郷という人物は現代人から見た日本人なんだけど、
感情移入しやすいようにそういうふうに演技したということは、現代日本人は
戦時中でもああいう反戦ムードの若者がいたと信じたいと思ってるということか。
まあたしかに皆が皆天皇万歳ではたしかに今の観客は誰も感情移入できないだろうし、
映画が成りたつためにはやはり西郷というキャラはなくてはならないんだろうな。
でもやっぱり違和感を感じるのも大切だろう。
文章まとまらないな。寝る。

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:26:20 ID:2GNp4s/m
>>95
やっぱりこの映画もアメリカ人向けだからじゃない?
アメリカ人ならそういうことは知ってるだろうし、アメリカのそういう正義を排除し日本兵を人間として描くことによって中和できてるんじゃないかな。

だから日本人にとって日本兵の人間性を強調してるように思えるくらいがアメリカ人にとって衝撃を受けるんじゃないだろうか

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:32:20 ID:2GNp4s/m
なぜ架空の人物の西郷を物語上の主役にしたのか?

いやぁ、いい映画だ。

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:33:34 ID:HmTRsPv6
>>101
>戦時中でもああいう反戦ムードの若者がいたと信じたいと思ってるということか

それがけっこういたんですよ。学徒出陣の学生とか、アメリカの自由を尊敬したりして。
特攻機でも出撃途中で逃げるのがあった。タブーなのか映画化されてないけど。


105 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:36:37 ID:CWpMAM7u
俺の祖母は海軍大佐の一人娘だが、陸軍憲兵隊が大嫌いだったと
はき捨てるようにいう。

威張り腐って、そのくせ、日本の大事に、一番先に逃げ出したからだって。

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:37:05 ID:d4TgKD+a
『Jポップとは何か』(岩波新書)『Jポップの心象風景』(文春新書)などの著者・烏賀陽弘道氏は、
「日本には、長くオリコンしかヒットチャートが存在しなかったため、その統計学的な正確さが過大評価
されがちです。まず第一に、オリコンは予約枚数もカウントに入れている。予約だけ入れておいて後で
解約するカラ予約が入っている可能性が高いのです。『オリコン初登場1位』などという文言は、その後の
宣伝に使えます。『オリコンの数字はある程度操作が可能だ』というレコード会社員の話も複数聞いたことが
あります。そもそもオリコンは不思議な団体で、『オリコン独自の統計手法だ』と言い張ってその方法をほとんど
明らかにしないんですよ。ふつうの統計調査は、その手法を細かく公開して、その信憑性に疑問が挟む余地がない
ことを強調するのが当たり前です。それをしないで公開されたデータは、統計学的な信用度が低いと自分で言って
いるようなものです」と語る。

http://d.hatena.ne.jp/muffdiving/20061221/1166708403

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:39:29 ID:FeUzzno4
「俺は英雄なんかじゃない。ただ弾丸をよけていただけだ。」という
アイラの台詞が西郷の行動にかぶるんだよなあ…

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:45:29 ID:cimCvHwZ
>>101はおすぎだなー

自分は感情移入なんて誰にもなかった。
でも作品の良さ、伝えたいことはめっちゃ感じたよ。
感情移入が出来る出来ないではなく
西郷を受けとめられないなら、映画としても受けとめられないからな。
合わない罠。

あ、シドーの情けなさには同情しちゃたわw

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:48:10 ID:TZsQz1j5
少年Hっていう本読んだら、戦時中の庶民は案外
冷めた目で戦時下の日本を見てたみたいだし、
政府のやることにも、影では色々言ってたみたい。

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:51:24 ID:TZsQz1j5
どうでもいいけど、おすぎの存在はウザい。
あいつの個人的な感想をテレビという影響力のある媒体で
撒き散らさないでほしい。
本当に社会的に脂肪してほしい。

111 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 04:52:26 ID:KhLl8crK
>>109
少年Hで語られても。

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:18:26 ID:WwQpjnUD
これ見てから二ノ宮がちょっと気になるようになった 男だけど

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:31:53 ID:DKiLDZGs
俺の中で二宮と岡田は

名誉非ジャニーズ。

114 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:32:35 ID:LTc3gKK7
>111
だね。
少年Hは、後知恵で知ったようなことを書いた本だったからな。

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:33:04 ID:WBANNywL
今日、スマステの稲垣のコーナーで出てきそうだね硫黄島からの手紙

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:37:27 ID:5Tojk35Y
もともと、911の流れからの反戦映画だから、
この作品で描かれる日本人は、イラク戦争でのイラク人、と想定して見てみるのも一興。

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:39:05 ID:2GNp4s/m
スマステもテレ朝だからなぁ。
エビスさんのは論外だったからどうでもいいけど

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:44:32 ID:WBANNywL
フジテレビきた「散るぞ悲しき」

119 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:51:04 ID:uKGzstBO
ドイツは文明人だったがジャップは害虫同然。つまり原爆は殺虫剤のようなもの。

       by ジョン・N・ガーナー元副大統領

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:54:22 ID:TZsQz1j5
>>113
その二人は、テレビドラマ(ラブコメ)の
へんなクセ(顔だけで演技、手足をバタバタさせて感情表現する、など)
がついていないのが良いね。

121 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:20:35 ID:Rmt5FHVv
本土から支援があればもっと持ちこたえていたんだろう。
すげーよ日本軍は。

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:29:09 ID:69MJKOrK
今日は天皇誕生日

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:33:02 ID:Tt5UIdt7
>>104
ソースは?

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:36:07 ID:0deT4K5/
>>122
ぜったい、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを
あわせて1個で済まされてるな

天皇かわいそっす

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:39:29 ID:Rmt5FHVv
>>124 なんか心が和んだ

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:58:45 ID:KYsm2aD1
封切から見続けている彼から今来たメール
「今日は天皇誕生日‥硫黄島からの手紙の見納めにはふさわしい日かも」
って、今日も見るんかいっ!w

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:59:05 ID:69MJKOrK
>>124あるあるw

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:09:43 ID:XugNZtYQ
>>124
マジレスすると、神道の祭司なので異教徒の祭りはしない。

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:17:34 ID:kCt4uq7l
栗林中将の突撃前の訓示は
英国ヘンリー5世の『聖クリスピアン・デーの演説』
の影響を受けているポイなあ

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:20:01 ID:4qdqxlEV
天皇陛下お誕生日おめでとうございます。万歳!

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:22:10 ID:SsXhKCxV
そうだ皇居行こう

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:27:03 ID:Rmt5FHVv
>>128 空気の読めない奴だな、そんなことはみんなわかってるよ。

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:32:31 ID:stRUaeI+
>>132
映画スレで皇室ネタを続ける君らのが空気読めてないんですが・・・


134 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:33:42 ID:3pcPRddR
素朴な質問。
昭和天皇は戦後、硫黄島にいかれましたか?
沖縄にさえ一度も行かなかったんですよね?

未来の日本のために、そして少しでも講和の条件を有利にするために
必死に戦った英霊たちを、天皇陛下万歳といって散っていった英霊たちを、
昭和天皇はどう思っていたのでしょう・・・・・

135 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:39:47 ID:Rmt5FHVv
>>133 いちいち反応するなよチョン

136 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:42:11 ID:Rmt5FHVv
>>134 お前ごときがそんな疑問を抱くことさえ無礼だよ。

137 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:54:42 ID:OZThannR
>>134
行幸先は天皇陛下が決めるんじゃねえよ

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:55:34 ID:3pcPRddR
疑問じゃなくて質問です。
日本語わかります??

無礼なのは天皇ですよね?
沖縄に一度も行かれてないのですから

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:59:12 ID:OZThannR
>>138
お前は日本語が読めねえか?

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:00:54 ID:4qdqxlEV
>>138
宮内庁に言えば?

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:01:19 ID:b/LayPYM
そうだな
天皇は行ってほしい
本当なら敗戦と同時に切腹するべきなんだが、
生き残った以上、硫黄島で精霊を癒すべきだ

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:02:56 ID:4cebjW+J
天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容
硫黄島戦についても述べておられます。以下抜粋

「私どもは今までに,軍人と民間人合わせて18万6千人以上の人々が亡くなった沖縄県や,
2万2千人近くの軍人が亡くなった硫黄島,そして昨年の戦後60年に当たっては,軍人
と民間人合わせて約5万5千人の人々が亡くなったサイパン島を追悼の気持ちを込めて訪れました。
救援の手が及ばない孤立した状態で,食糧や水も欠乏し,死者や負傷者の続出する中で,
特に硫黄島では地熱に悩まされつつ,敵の攻撃に耐えて戦ってきた人々の気持ちはいかばかりであったか,
言葉に言い表せないものを感じています。」

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:03:21 ID:OZThannR
沖縄が終戦後日本領土だったら行幸先に入っていただろうよ。
ひょっとして沖縄が長い間米国領土だったことを知らないのでは?

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:04:17 ID:Rmt5FHVv
>>138 お前は何かを質問する時、疑問に思うこと、わからないことを質問
するんじゃないの? 無理やり揚げ足とるような真似して低脳ぶりを披露するなよ

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:05:49 ID:b/LayPYM
>>142
ああ行ってたんだ

それにしてもここの天皇マンセーネットウヨは、そんな事も知らないのかw
さすがエセウヨ
第二次世界大戦のこともよく知らないんだろうな

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:06:59 ID:OZThannR
>>145
あほか。昭和天皇の話題してるんだよ

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:11:35 ID:Rmt5FHVv
>>145
>>ああ行ってたんだ

バカ丸だしw

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:13:14 ID:b/LayPYM
俺は天皇に興味ないからいいの
不必要だと思ってるし
マンセーしてる奴らが知らないってのが笑えるだけw

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:15:36 ID:awVyo9qb
ぶっちゃけ俺は死にたくない 硫黄島のご先祖様方はまさしく超人

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:15:42 ID:OZThannR
>>145
お前は基本知識として昭和天皇が沖縄巡幸を望みながらもできなかったことも知らないのか?
エセ日本人。

昭和63年9月、昭和天皇が病床につかれると、全国の御平
癒祈願所に約9百万人が記帳に訪れた。40数年前の御巡幸で
昭和天皇に励まされた人々も少なくなかったであろう。

昭和天皇は病床で「もう、だめか」と言われた。医師たちはご自分の命の事かと思っ
たが、実は「沖縄訪問はもうだめか」と問われたのである。御巡幸の最後の地、沖縄に
寄せられた昭和天皇の御心は、今上陛下によって平成5年に果たされた。







151 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:16:21 ID:4cebjW+J
俺は、できれば陛下にも本映画を見ていただきたい。


152 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:17:35 ID:b/LayPYM
>>150
できなかった理由は?


153 :UNKO:2006/12/23(土) 09:17:35 ID:PdTKxacq
天皇は見たいと思っても見れない

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:18:58 ID:Rmt5FHVv
>>148 はいはいバカはさっさと消えてねw

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:20:02 ID:OZThannR
>>152
沖縄が米国統治領だったから、戦後の巡幸にいけなかった。
あとはスケジュールを決めるのは宮内庁の役目。天皇が決めるのではない。


156 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:20:55 ID:TZsQz1j5
すげーウヨスレ。
きもい・・・。

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:21:43 ID:b/LayPYM
>>155
沖縄返還から何十年たってんだよw

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:21:58 ID:4cebjW+J
>>153
やはりそうだよね。映画館に行くだけでNewsだもんね。
DVDがでれば、見て頂く事もあるだろうね。


159 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:22:45 ID:OZThannR
>>157
宮内庁にいえ。天皇が自分でスケジュール決めるかバカ

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:24:17 ID:3pcPRddR
でも沖縄返還から昭和天皇崩御まで何年ありました?
その間に一度もいけなかった理由は?

そもそも靖国にも行けないなんて・・
英霊にたいして失礼とは思わないんでしょうか?

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:25:38 ID:OZThannR
>>160
行幸には国家予算が使われるんだ。そっから考えろ。

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:28:48 ID:v0veQKkn
栗林が先頭に立った深夜の最後の突撃は、それまでの万歳突撃ではなく
抜き足差し足で忍び寄って米軍の後方宿営地を襲ったみたいだね。
襲われた米軍は大慌て(後方でノホホンと寝てたんだもんな)
日本軍は寝ている米兵を銃剣で刺殺しまくり、米軍から分捕った兵器で大暴れw
そして玉砕したと・・・
最後まで米軍に出血を強いてやるという栗林の作戦は凄いね。

アメリカの司令官も
「総攻撃は今までの万歳突撃ではなく、我々の混乱と破壊を狙った優秀な計画だった」と書いてるし。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:31:18 ID:ASyTTo1L
こんな些細なことに引っ掛かるのって勿体無いけど…
ナエとか犬のオバサンとか
化粧がこすぎるのが凄く気になった。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:35:46 ID:TZsQz1j5
犬のオバサンに違和感感じる日本人は大半だったと思う。
あれはアメリカ仕様の化粧なんだ。
アメリカ映画に出てくる日本人に、なんか変だと思う典型的な例。

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:35:55 ID:Rmt5FHVv
>>163 犬のおばさんて・・

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:37:21 ID:69MJKOrK
この話はそろそろやめたいが
沖縄に行きたかったが地元の天皇に対する反発も強く
なかなか決められなかった。皇太子だった今上天皇だって沖縄でテロにあってるんだからね
時も流れ、満をじして、倒れる年の10月だったかに公式に決定したんだよ
でいけなかった…そういう運命だった
今上天皇が昭和天皇がいけなかった場所を
意思をついで行かれてるんだ

167 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:37:50 ID:wLR+a7p0
>>160
お前ニュース見てないだろう。
靖国に天皇が行かなかった理由が国営放送でも流れたぞ。

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:41:06 ID:Ah0whWXD
おととい見てきたのでこのスレをのぞいたけど、
案の定、バカが暴れてるな。
2ちゃんねるでこの映画を語るのは無理だ。
so long

169 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:42:19 ID:Rmt5FHVv
>>162 ただでは死なん、一人でも多く道連れに!ってか。
かっこよすぎるね。

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:45:13 ID:TZsQz1j5
ほんとうに気持ち悪いスレだ・・・。


171 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:46:13 ID:OZThannR
>>162
まあバンザイ突撃といえば少数になってからの真正面突破だったからなあ。
それは他の島と違うとこかな。

でも米軍自体同じ上陸のやり方繰り返して、どの島でもいつも同じような犠牲者出してた。
決して偉そうにはいえないね




172 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:47:36 ID:UZd7dn1E
>>162
ほええ・・・凄
でもさ、それまで玉砕した部隊は敵に察知されるのが丸わかりなのに
「万歳」と叫びながら突撃したわけ?何それ?
俺でもどうせ死ぬならひとりでも敵を道づれにしてやる、と思って
こっそり近づくわ。旧日本軍の思考ってやっぱよくわからん。


173 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:49:18 ID:TZsQz1j5
ちょっと大本営やら天皇を批判しただけで、
即効で必死に食いついてくるウヨが常駐してる。
映画を見て感想言いたい、普通の人の感想が
聞きたいだけなのに。
ウヨの話なんか聞きたくない!!

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:52:45 ID:69MJKOrK
ウヨウヨがウヨウヨ

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:53:11 ID:4cebjW+J
>>173
君、さっきから同じエサを播き過ぎ。
蒸し返したいの?

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:53:17 ID:MQbm3NHm
陛下は日本国民の象徴だ
それを批判することは全日本国民を侮辱したこととなんら変わりはない
お前を絶対に許さない


177 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:54:03 ID:OZThannR
本当にあたってる批判ならいいが、事実いっても自分の過ちを認めないような
キモいサヨがいるから仕方ない。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:54:56 ID:Rmt5FHVv
>>175
TZsQz1j5は精神異常者だから華麗にスルーことをお勧めする

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 09:56:48 ID:UZd7dn1E
>>176
おいおい、それじゃ戦前と同じだよ。
天皇についてもいろいろ議論があっていい。
反対意見を持つやつも尊重しようぜ。
(俺はウヨ)

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:02:30 ID:SBy9So0p
話の種提供
1981から1983の間にK谷市H陽中にてS間K里N田5XXの
某茂木家系二郎の子栄二は
弱者にいじめがバレたら親族に危害を与えると脅迫し、
えたひにんと呼び、遺書や奴隷契約書を書かせ、
殴る蹴る汚すを繰り返し、金銭も恐喝していた。
こういう類は親族ともども不幸とは無縁の
社会的信用を得たお金持ちの生活をしている


181 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:09:50 ID:OZThannR
今度はキスカのリメイクして木村昌福の作戦を映画化してほしい。米軍この人には
やられてばかりだったろ。コロンバンガラの時も木村兄弟にしてやられてるし。

1943年5月にアッツ島をアメリカ軍が奪還すると、キスカ島でも緊張が高まった。そ
の結果、戦略的意義が再検討され、キスカ島より撤退することとなった。幾度となく
日本海軍救援艦隊が派遣されたが、気象状況(濃霧)や米艦隊の展開に阻害され、
ようやく木村昌福少将率いる救援艦隊(第五艦隊)により、1943年7月、無事救出された。

なお、この救出成功の要因はキスカ島東側より救出に向かうと敵艦隊に狙われるため、
霧発生などで危険であったが島を西からぐるりとまわり、あらかじめ艦に用意していた
「大発」とよばれる主に海軍陸戦隊または陸軍上陸用に使用される小型艇で救出し、
それを破棄したスペースに兵を乗せたためである。この時期になると物資もかなり不足
しており、貴重な資源を破棄するという大胆な行動であった。

また、アメリカ軍は撤退したとは知らず、無人となった島に艦砲による猛攻撃をかけ、
多数の陸上部隊を上陸させたが、いたのは軍犬2匹のみだったとのことである。この際、
アメリカ軍は同士討ちによる死傷者を多数発生させている。なお、日本軍は悪戯で
「ペスト患者収容所」と書かれた立て看板を残し(実は軍医某の策略だった)、これを
見たアメリカ軍は一時パニック状態に陥り、緊急に本国に大量のワクチンを発注した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B3%B6



182 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:11:24 ID:uy4TsjRo
朝から口だけネットウヨがウヨウヨしてるな。

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:12:22 ID:4cebjW+J
海岸での中将とバロン西のシーン、馬が鼻先で中将の背中を押して戯れている
シーンが印象に残っている。

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:15:35 ID:VzH80EQs
破壊力が半径50pまでしか及ばない手榴弾って凄いな
あんなハイテク兵器を旧日本軍は実用化していたなんてw

なのにやたらリアルでカップルとか親子連れが引いてた
オグリッシュでもあんなグロい映像は滅多に出ないよなw

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:18:54 ID:p8W4dpJN
>>172 自分を奮わせるスポーツの応援に似た気持ちではないだろうか。

意味のある人には意味がある。

テレビで応援しても選手が強くなるわけでもないし、応援する人に気持ちが伝わるわけないから
自分は彼らの行動を理解し難いが感情があるとついつい言ってしまうのに似ている。


186 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:22:15 ID:FeUzzno4
>>184
当時の日本軍の手榴弾の破壊力はあんなものだったらしいぞ。
詳細を知りたければ軍板の過去ログで。

187 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:22:23 ID:PnjUljYg
「我々は最後の一兵になろうともこの島で敵を食い止めることが責務である!!
生きて再び祖国の土を踏めることないものと覚悟せよッ!」

『いま日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え
諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう…』

↑ワタケン演じる栗林中将のこのセリフに感動し打ちのめされたんだけど
実際に栗林はこういうこと言ったのかな?
映画の創作?


188 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:27:56 ID:OZThannR
>>187
>『いま日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え
>諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう…』
この映画の前から、それが最後の訓示だとされているよ。

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:29:21 ID:Tt5UIdt7
>>186
馬鹿だろ?お前。

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:32:03 ID:MJS7AKda
>187
それは栗林が実際に訓示したものだよ。


191 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:32:03 ID:Jqp6b1MZ
>>184
ベトナム戦争の戦記とか読むと、敵の投げた手榴弾を腹に抱えて、
他の戦友を救った話があったよ。
人間の体はかなり頑丈らしい。

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:34:40 ID:Jqp6b1MZ
実生活と同じような中村獅童のヘタレっぷりにワロタ。

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:35:17 ID:Rmt5FHVv
>>191 君のIDがなんとなく不満だ。君のせいではないが。

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:36:50 ID:FeUzzno4
>>191
旧日本軍の手榴弾は米軍やベトナムのものよりずっと炸薬量も少ないしね。
自決も心臓か頭の近くで爆発させないと即死できない例もあったとか。


195 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:39:53 ID:Tt5UIdt7
>>9
だから家族を守るためってのは国を守るためってことだろ。
家族が住んでる自分達の祖国を守るためってなんで思わないの?

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:42:03 ID:9gW+0a2z
WinMXで『硫黄島からの手紙』偽者しか、まだ出回ってないな
2回映画館で見たから、早くPCで見たいもんだ

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:42:44 ID:OZThannR
栗林中将の大本営への最後の無電

「余は17日夜、残存将兵を率いて米軍に対し最後の突撃を決意せり。」
この夜に中将は迫撃砲団を浴びてばらばらに。

でその5日後の3月21日に残存400百名が再び総突撃。

198 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:46:38 ID:PNKtP3LD
いくらいろんなこと言っても


     生き残った西郷と伊藤だけが勝ち組

     後は全部負け組み

     英霊、英霊、英霊、えいれい、エーレー、 栗林 死亡
     英霊、英霊、英霊、えいれい、エーレー、 西  死亡
     英霊、英霊、英霊、えいれい、エーレー、 伊藤 死亡

     死んだ、死んだ、死んだ、英霊

     いくら英霊いっても、じつはただの死体

     集団自決、超サイテーーーーー

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:48:41 ID:OZThannR
硫黄島の日本軍は洞窟決戦の前に何回も夜襲を繰り返した。
3、4名が一組になって、米軍の軍服を着用し、歩哨線を突破、
毎晩毎晩弾薬やガソリンの山に火をつけにくる。
開閉4師団の81ミリ迫撃砲の弾薬を爆破した際が一番効果をあげた。

この時点で米軍の病院船がいっぱいになってしまった。



200 :アメリカ軍の言い訳を書きましたよww:2006/12/23(土) 10:53:24 ID:rTYdU5ys
米軍の指揮官スミス中将の副官は味方の大苦戦に色を失い
「栗林のような指揮官が日本軍にこれ以上いたらとても堪らない」と口走った。

スミス中将は栗林の戦術をこう要約している。
「海兵隊が上陸して硫黄島を奪おうとするならできるだけ多くのアメリカ兵の命を頂戴しよう。
あらん限りの努力を払わせてからでなければ、米軍の目的は達成させない。
たとえ守備隊が全滅しても敵には勝利と引き換えに途方も無い代償を払わせてやる」

「明らかに栗林が指揮をとっていた。彼の個性はその強靭な抵抗にはっきり示されていた。
硫黄島では断崖から飛び降りて自殺する者はいなかった。
日本兵は最後まで戦い、我々の掃討戦を甚だ犠牲の大きいものとした。
栗林は我がアメリカ兵を1人残らず道連れにする積りだったのだ。」


201 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:54:35 ID:OZThannR
「我々に驚くべき大損害を与えたのは、栗林中将であった。彼は部下に1人10殺
の訓示を与え、硫黄島の砂を血に染める戦いを我々に求めた。
負傷して捕虜になった日本兵に、栗林のことを尋ねた。彼らは異口同音に、
栗林の偉大さを称えていた。戦争に負けながら、その部下からこのように賞賛
される将軍こそは、まさに名将というべきであろう」
ホーランド=スミス「硫黄島戦の思い出」

202 :アメリカ軍の言い訳を書きましたよww:2006/12/23(土) 10:57:05 ID:rTYdU5ys
>>201
アメリカ軍って言い訳が好きだよなw


203 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:59:10 ID:t1zjtMyi
>>202
だって交通事故でも謝らないやつが結構いるし。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:02:11 ID:Tt5UIdt7
>>198
惜しい!もうちょっとでIDがピンクなのに!
ピンクじゃないなら用無しだよ、つまらんから消えろ


205 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:02:47 ID:Jqp6b1MZ
なんちゃって戦勝国の中国や韓国は、この映画を観てどう思うのだろう。

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:03:16 ID:OZThannR
>>202

米軍がスミスを評価していなかったら、他の島同様、作戦初期に首切ってるよ

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:05:23 ID:vUTcJNzE
自決用手榴弾なんて物ありましてね。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:06:33 ID:wHwlb0vf
>>199
か、かっこええ!
硫黄島の戦いなんてこの映画ではじめて知った俺だが、栗林およびその下で
戦った兵たちに心から敬服するよ。


209 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:06:40 ID:TZsQz1j5
自分はウヨでもサヨでもないから、国家がどうのとかより、
時代に翻弄されて人生をまっとうできない「個人」が痛ましい、それだけ。
だから、どのシーンより、
「もったいないと思うほど、まだ生きちゃいないんじゃねえか」(うろおぼえ)
というセリフが一番印象に残ってる。
(このときの二ノ宮は感情こもってて本当に良い演技してる)


210 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:08:04 ID:lUhWBeLw
昨日やってた蛭子の映画批評、ちょーむかついた。
寝てたくせに分かったようなこと言うんじゃねえよヴぁか。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:08:17 ID:BcEQSUlJ
硫黄島の「天皇陛下バンザ〜イ」



韓国映画の「金正日マンセー」



基本的に同じだよね?

これは誰も異論がないところ

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:12:24 ID:lUhWBeLw
>>187
中将が言ってたことらしいよ。
中将だけでなく、図らずも玉砕とかしなきゃならなかった
ところで戦ってた人は、結構そういうこと言ってる。
あと、平和の礎の先駆けになるんだ、とか。

人間は、自分の死に対して、何か理由がほしいんだよ。
生き残った連中は、それを出来るだけ汲み取らなきゃならない。
少なくとも、覚えておいたほうが好ましい。
(と私は信仰心が厚いから思うけど。信仰心の無い人は死んだらゴミと一緒、とか思うんだろうな)

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:12:37 ID:1e3codry
>>209
俺はその台詞だけがポツンと浮いてみえた
いい台詞だと思うんだけど、なんか唐突に口から突いて出たような台詞だな、と

で、前のスレでその台詞の前に大幅にカットされた文言があるのを教えてもらって納得



214 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:13:33 ID:u04UsO7F
>>201
栗林が一般将兵に好かれてたのはわかる気がする…
自分が一番感動した話は、本土から栗林宛に野菜が差し入れられたとき
貰ったトマトを細切れにして一般将兵全員にも分け与えた…って話。
こんな上司のためだったら、やっぱり頑張るだろうな。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:14:44 ID:lUhWBeLw
私も、そこはいいセリフだとはおもうけど、唐突だし
二宮ごとき若造に言われたかねえよ、って感じだった。
しかしその前に削られたセリフがあると知って、全部
読んで納得した。ありゃ40台のオッサンが20台の若造に
言うべきだから、削るしかないな。でも真意は理解した。

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:16:10 ID:69MJKOrK
>>187 生き残った人の証言がある

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:22:50 ID:OZThannR
スミス中将は第5師団に擂鉢山の攻略、第4師団に千鳥飛行場の占領を上陸直後
命じる。
二時間たった午前11時

千鳥飛行場に接近した第4師団に待ち受けていた早内政雄大尉の独立速射砲大隊の一斉砲撃
海兵24連隊と第25連隊がほとんど全滅。戦車28台破壊。

海兵隊の連絡によって艦載機による爆撃と艦砲射撃で米軍が立て直し、さらに前進を進めようと
し、海兵隊と戦車部隊が動き出すと同時に、今度は噴射砲が戦車大隊向けて飛んでくる。

千鳥飛行場・元村付近の米軍上陸軍は立ち往生した。

>>208
みやみな夜襲は犠牲者を徒らに増やすだけという栗林の考え方があったから。
「最後の攻撃は北部洞窟陣地で行う。それまでは軽々しく命を落とさないようにせよ」
という訓示があったらしい。
「もういいだろう。各部隊は洞窟に移動せよ」と命令が出たのは2月24日の夕方。

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:23:01 ID:Tt5UIdt7
>>211
なんていう韓国映画?

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:32:15 ID:Tt5UIdt7
コラァ!>>211!なんちゅう糞韓国映画か教えろゆうとんじゃあ!
コラァ!おどりゃ逃げたんかぁ!このヘタレがぁ!

220 :162:2006/12/23(土) 11:32:49 ID:RPnctyX+
>199
>3、4名が一組になって、米軍の軍服を着用し、歩哨線を突破、
毎晩毎晩弾薬やガソリンの山に火をつけにくる。

栗林は大人数での斬り込みを禁止し
3名くらいでの夜襲を指示してたんだよね。
米軍の死体から軍服を奪ってそれを着て成済まし、米歩哨を刺殺して侵入して
自動車倉庫や火薬庫を爆破してたという。
少なからず米軍はそれで損害を蒙ったという・・・

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:34:33 ID:Sb6c6pm3
アメリカでの興行見事にコケてるなぁ。

222 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:35:18 ID:EbuoCJP4
二ノ宮の演技はとても良かったんだけど、かつぜつ悪いのがちょっと気になった。
べらんめえっぽくて、ぶーぶー言うキャラに合ってはいるんだけど、もう少しだけ明瞭に発音してほしかったかな。
でも、もしわざとやってるなら凄いと思うけど、彼が他で喋ってるの見たことないしわからん。

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:35:42 ID:FeUzzno4
>>211
それについては同意する。どちらも単なる符牒のようなものだから。
日本民族の始祖である天皇陛下と、単なる現体制建国の英雄である金正日の違いが
日本とかの国の決定的な差であるということもね。

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:39:16 ID:OZThannR
硫黄島戦の後半の様子

「肉薄攻撃隊員は、夜のうちに戦死した日本兵の死体を集めてきて、自分の腹
や足の上に乗せ、自分も血まみれになって、死んだふりをして横たわっている。
やがて夜が明けてくる。
偽の戦死者は、じっと死体の間にうづくまって、自分の傍らを敵のM4戦車が通り過ぎる
のを待っている。そして戦車が通りかかると、やにわに飛び起きて、爆薬を抱いたまま
戦車の下に飛び込んでゆく。轟然たる爆発音とともに、M4が動かなくなると周囲に
かくれていた歩兵が飛び掛ってゆく。アメリカ兵は悲鳴をあげて逃げ出す。
その隙に戦車の中に入り込んで、砲をぐるりと後ろに向けて、進んでくるM4をうちまくる
のだった。こうして「戦車戦」が始まる。するとやがて、手利きが超低空で飛んできて
爆弾がアメあられとふってくる」(大曲海軍中尉)

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:43:09 ID:mPrbEWdR
>>218
JSAとかw
なんでムキになってんだよ

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:48:11 ID:iPZuO3t7
キムになっている奴はいるけどな

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:50:04 ID:MlnWBibj
栗林中将って優秀な戦術家だったし、日本以上にむしろ米国で評価されてるけど
名前がダサいよな(ww
「栗林忠道」てwww
栗林という苗字が田舎臭くてダサいし、忠道なんて冴えない公務員みたいな名前だ・・

苗字は大門とか勅使河原みたいな迫力のあるのが良かった




228 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:50:05 ID:xwVb9SN2
小学生の頃(30年近く前)、町の図書館に硫黄島戦のマンガ本があった。

当時は図書館に漫画が置いてあること自体が珍しかったので、何気なく手に取ったのだが、一人十殺とか、棒地雷特攻とか、すり鉢山トンネルを必死に掘っているところとか、上陸後に米兵がバタバタやられるところとか、子供ながらに衝撃の内容だった。
玉砕という言葉もその本で初めて知った。

記憶があいまいなのだが、「玉砕!硫黄島」とかいうタイトルだったような気がする。

誰か他にも読んだ奴いる?

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:52:09 ID:Sb6c6pm3
CNNで手紙は一部の人の怒りをかっているって言ってたな。
でも詳細は無かった。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:54:02 ID:69MJKOrK
ふーん(-.-)y-~

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:56:02 ID:mPrbEWdR
まあ硫黄島で死んだアメリカ兵も多いからな
そのカタキの日本を美化した映画ができればあちらのウヨさんも黙ってないだろう
もし日本人監督が南京大虐殺を映画化して、
中国人ヒーロー中心の作りだったらと想像してみりゃわかる
イーストウッドは根性の座った奴だよ
でもこちらでいう「サヨ氏ね、売国氏ね」的なバッシング受けないかと心配


232 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:56:59 ID:1e3codry
>>227
>大門とか勅使河原

絶対嫌だw
クリバヤシって苗字、俺は好きだな
「栗林中将」「栗林兵団」しっくりくるじゃないか

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:59:12 ID:TZsQz1j5
たぶん、怒ってるのは見てないアメリカ人だろうな。
叙情的だし、アメリカを持ち上げてる箇所も多いし。

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:59:57 ID:t1zjtMyi
>>232
大門って聞くとどうしても角刈りレイバン3ピースを思い出す。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:00:13 ID:rzTywEF3
小6の娘が見たがってるんですが、
小学生には難しすぎそうですか?

また、字幕とかどうなってますか?

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:02:02 ID:Jqp6b1MZ
>>221
「父親たちの星条旗」もコケたもんね。
戦争はもうウンザリらしい。
しかし、批評家受けはいいのでアカデミー賞狙えるかも。

>>229
この映画の話は別として、日本軍が行った南京大虐殺や
従軍慰安婦はどうなってんだ?と一言余計につける批評が
多いみたい。
情報戦では今だに負け続けている日本。

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:02:23 ID:pRKBqvg1
大門て渡哲也しかうかばん

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:03:23 ID:3OCfi1qS
>>196
目から黒い涙がでるぞ

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:03:39 ID:TdTsvKqu
>>235
女子供にはオススメできないなぁ。
描いてあることは色々尊いことだが、死体とか血とか内臓とかトラウマにならんかと。
字幕はバロン西と米兵が話すとこだけ。

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:07:41 ID:pRKBqvg1
>>221
前倒し上映で今館数一桁しかないから

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:09:03 ID:kg1rUlwO
中一の弟と見たが、案外けろっとしてたぞ。
最近はグロいゲームも結構あるし、慣れてるせいもあるかもしれないけどね

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:09:23 ID:6UtirNds
>>235
女子供は見ちゃだめです。
高校生くらいになったら見るべき。

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:09:34 ID:YxQKy3vl
北朝鮮は(金日成は)は統治のしかたとして
日本の戦時中のやりかたを研究しパクったからな
似てるように見えるのはあたりまえ

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:10:09 ID:TZsQz1j5
たぶん何か賞とってから館数増やすんでしょう。
よくやる手らしいから。

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:10:43 ID:OZThannR
>>236
とにかく外国映画扱いの限定上映なんで上映館数が少ない。

>日本軍が行った南京大虐殺や
>従軍慰安婦はどうなってんだ?と一言余計につける批評が
>多いみたい。

そうでもない。結構ここで書いてるようなことをそのまんま書いてるのが
多くて不思議。

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:10:45 ID:iPZuO3t7
エラゴン、コケてるな。三部作やる気なのか

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:13:29 ID:P7D9WE4w
小中の女の子どもは、二宮が出ているから見たがるだけでしょう?
内容がかなり深いので理解できないと思うけど、10代20代が見るべき作品だと思う。
それである程度歳くってから、再度見てみるとあの時のってああだったんだ!
ってなると思うよ! でも人それぞれだし考えた方がいいと思う。

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:15:42 ID:TZsQz1j5
自決のシーンさえ目をつぶってれば大丈夫って女友達に前もって言ってたら、
本当にぎゅっと目をつぶってて笑った。終わった頃、薄目で確認してた。

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:17:29 ID:hwbVp16U
本日、皇居でおもいっきり天皇陛下万歳して来たぜ。
この後、靖国神社に参拝し英霊を顕彰してくるぞ。
国体護持して頂き有難うございますとな。

非国民のオマエ等には出来ないだろがなw
羨ましいか?

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:18:32 ID:FeUzzno4
子供に見せるならある程度予備知識を仕込んでいったほうがいいと思う。
二宮の役は創作だが栗林やバロンは実在の人物であることや、
多くのエピソードがかなり忠実に史実に沿って作られていることなど。
何の知識もないままに観たらどこまでが本当にあったことなのかが
わからなくなるだろうからね。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:19:25 ID:69MJKOrK
オニャゴだけど手紙は二回みた
スカパーの太平洋戦争ドキュメンタリーの方が怖かった
サイパン玉砕の日本兵の死体がウギャー

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:24:48 ID:lIdu++LH
失礼します。前スレで「シドウがジェットリーと戦ったから渡辺並みに有名」とか言ってる人がいたけど、
全く有名じゃないんでそこんとこ分かっといてね。適当な憶測や短絡的理由で妄想しないように。
そして渡辺謙も業界人以外には無名ですから。日本のメディア通してだと錯覚しますが気をつけて。
はい、アカデミーにノミネートされようが無名です。
謙は日本オタクには知られていますし、日系にはよく知られた存在です。
その人達(右翼工作員含む)が映画サイトや大学サイトの掲示板に「謙っていいわ〜」みたいな風のコメントを連発してました。
つまりよく右翼2ちゃんねらーがやる工作ですね。で、白人の女の子に頭大丈夫?とか言われてた。
英語が不自由だったので後々指摘されてバレてました。ま、右翼思想の日本人が思っているようなことはないので・・・あしからず。
私は別に反日ではありません。ただ事実と違うことを自信満々に言っている人を見ると呆れるからこのようなカキコをしてます。
右翼系が多いので確実に反論されると思いますが、別に議論をしたいわけではないのでレスは返しません。
ただ私が言っていることは事実です



253 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:25:05 ID:zmVAwOwr
>>247
>内容がかなり深いので理解できないと思う
そういう決め付けはどうか

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:25:43 ID:OZThannR
俺小学校低学年のころ読んだ太平洋戦史を引っ張り出して読んでるんだが、

そこに例の「星条旗を掲げるアメリカ海兵隊」の写真があって
コメントではこう書かれている。

「激烈極めた擂鉢山の争奪戦もアメリカ軍の勝利に終わった。この写真は
当時アメリカで軍需金募集のポスターとして発表され、大きな役割を果たした」

だってよ。これも史実だな。

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:26:16 ID:v+vNu1DI
>>249
全然羨ましくない。

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:27:24 ID:OZThannR
>>252

一言いってやる。おまえの言ってる事は事実じゃねえよw

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:27:45 ID:4qdqxlEV
>>249
いいなぁー。皇居に行ってお祝いしたいわ。大阪やからなかなかいけない。

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:28:51 ID:OZThannR
>>252
ああシドウのことか。それならその通り。すまんかったな。

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:29:31 ID:lUhWBeLw
>>245
「それとこれは別」って感じだもんね。
もともとバイアス掛かった人でもない限りは。

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:29:38 ID:69MJKOrK
アタシはマセガキだったから小学生でも大河ドラマにはまったり
大人と同じ本読んでたよ
今もその頃みたり読んだりしたことはよく覚えてる

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:31:52 ID:lUhWBeLw
>>235
見たがってるならいいんじゃないかな。
ただ小難しいことが理解できるかは疑問。


>>252
2chで1人が書き込んだことを
全員の総意みたいに思わないほうがいいよ。

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:33:40 ID:ZZruodCe
>>249
そんなこと自慢してなんになるんだよ。


263 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:33:49 ID:lUhWBeLw
>>260
私もマセガキだったから好んでそういうの見てた。
ただ、社会出て何年も経ってより見識が深まったので
昔は本当に「見てた」だけだったなあと思う。でもまあ
色んなものを見てよかったとは思う。本当の本当に
理解できてたかどうかは別として。

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:37:12 ID:6UtirNds
女子供でもこの映画なら見られるだろうが、星条旗はマジでやめといたほうがいい。
自決シーンのその後が出てくる。

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:37:56 ID:OZThannR
つか本が娯楽だったし。TVゲームもネットもなかっただけだ。

ある意味今の子より幸せだったかも。

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:38:09 ID:FeUzzno4
>>249
池袋のサンシャインにも寄って無実の罪に斃れた戦犯たちの慰霊もしてきてくれ。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/sugamopurizunn.htm


267 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:45:58 ID:69MJKOrK
オニャゴだけど星条旗も二回みたよ
マジマジみなきゃ平気だよ 一瞬だし

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:50:01 ID:OZThannR
トマトメーター只今94

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:50:32 ID:lUhWBeLw
女子供だけど私はグロ画像も好きだからなあ。

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:51:12 ID:7w5lhrsJ
首都ベルリンにまで攻め込まれても徹底抗戦を繰り広げた誇り高きゲルマン民族

アジアで火事場泥棒を展開し負けて敵が本土まで迫るとすぐに降参する武士道japs

連合国を恐怖のどん底に叩き陥れたティーガー、パンター

連合国を笑いのどん底に叩き陥れたチハタン

総爆弾投下量はjapたちに行われたものの10倍に達し全都市が戦略爆撃で壊滅したにも関わらず地下に生産拠点の一部を移し抵抗した誇りゲルマン民族

主要都市を多少戦略爆撃されただけで発狂しその上拠点を移さなかったため稼働率が著しく落ちたjaps

そして大戦中に弾道ミサイル、ジェット機、誘導弾の数々の新兵器の実用化にこぎつけ連合国を驚かせた誇り高きゲルマン民族

死に物狂いで爆弾を抱えながら突撃してくる新兵器人間爆弾武士道japs



271 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:52:45 ID:OZThannR
>>269
それならデスファイルとかのモンドもん見たほうがいいんじゃない?

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 12:53:39 ID:HBiBETkH
>>270
負け戦なら早く降参した方が国民の犠牲は少なくてすむ
まあ負ける戦争を始めた罪は償わせるべきだったな
当時の政治家全員に

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:00:42 ID:7E72B/G8
しかしさぁ戦争映画や硫黄島に関する著書もそうだけど
なんで反戦や悲しさの観点からばかりしか語られないのかねぇ?
まぁクリントの今作は今までの戦争モノと比べるとわりかし淡々と描いてて良かったけどさ。

実際硫黄島の日本兵は「祖国の為、家族の為」というより
「米兵をいかにブッ殺すか」という事のほうが動機になってたんじゃないのか?
苦しみや悲しさよりも「アメ公を1人でも多くぶっ殺してやる グヘへへへw」みたいなさ。
味方の臓器を乗せて死んだふりして戦車を爆砕した日本兵なんかきっと発狂してて
それが悪趣味だったんだよきっと。
そういう所からも語る必要があると思うんよね


274 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:01:41 ID:Nfhj4VDL
さすがに26スレ目にもなると、同じ質問や疑問しか見当たらないな。
しかもスレによって結論が違ってたりして面白い。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:02:42 ID:wlU0kLDR
>>249
俺を含めて靖国・皇居・サンシャインに行けない人の分も黙祷を頼む。
遠くて行けない。

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:03:45 ID:PX7RXYOg
>「我々は最後の一兵になろうともこの島で敵を食い止めることが責務である!!
>生きて再び祖国の土を踏めることないものと覚悟せよッ!」


栗林中将のこの演説もまぁ、心に残るけど、
昔、ベトナム戦争でやったアメリカ指揮官のこっちの演説の方が好き。

「諸君の全員が生きて戻ってくるとは保障できないが、これだけは保障できる。諸君の先頭には私がいる。そして、生きていようと死んでいようと必ず
全員で祖国に戻るのだ」

うろ覚えだけど、確かこんな言い方。
そして、この文を思い出したとき、未だ硫黄島の地に眠る1万数千体の遺骨を思い出した ・゚・(ノД`)・゚・

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:05:41 ID:Jqp6b1MZ
>>276
文化の違いだからね。
当時の日本兵は死んだら魂は靖国神社へ行くと信じてたから。


278 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:06:50 ID:lkbfx7OM
硫黄島って日本だよな?
最後のあのここは日本か?という台詞もあるしさ。
それなのに生きて再び祖国の地を踏めることなきものっていわれてもな。
生きて再び故郷とかの方が良かったんじゃねえ?

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:08:17 ID:OZThannR
>>273
この戦いの時、米兵は、洞窟を鉄板でふさいでおいて、削岩機で岩盤に穴をあけ、
ガソリンを流し込んで火をつけたり、入り口と出口をふさぎ、小さな穴から燐を
内部に噴射して窒息させる毒ガス作戦をしてた。

海兵21連隊なんぞ日本軍と同じ突貫突撃を行って30mで隊長は両足ふっとばされた。

あえてそれが発狂だとか残酷だと軽々しく言う気持ちはない

どちらも死に物狂いだった。おまえにも何もわからないだろうよ

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:08:29 ID:DD5xG9ec

靖国で合おうなんてほんとに思って死んだやつ少ないんじゃね。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:08:48 ID:Mf2sM/uy
アメリカでも、ごくわずかだけども現在、公開中なんだよね
飴在住の人に聞きたいが投降してきた日本人捕虜がアメリカ兵に射殺されるシーンがあるけど
アメリカではカット編集されずに、その部分は、そのまま上映されているのでしょうか?
このことだけ何だか、とても気になりました

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:09:25 ID:mro6MLWV
個人的に・・・・
日本人は常に悪だと一面的にしか見る事が出来ない
特に中国、韓国、その他アジア諸国の人達にも見てもらって
先の戦争について多面的な考えを持って欲しいと思う。


283 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:10:08 ID:Jqp6b1MZ
今日は天皇誕生日。
皇居で、「天皇陛下万歳!」三唱しなきゃ。


284 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:10:50 ID:V5lMMgBz
あの空港は、米軍占領後、日本兵の遺体の上に
そのままアスファルトを流し込んで固めたらしい。
だから膨大な数の遺体が滑走路の下に眠っていると
青山が言っていた…

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:14:48 ID:OZThannR
>>280
どうだろう。もちろん人それぞれだが、戦友と会えるのは靖国だから。
死線をともに越えた友人への想いとか同士意識は半端じゃないと思うよ。

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:15:46 ID:/qr5to4B
>>284
うそ臭い話だな
そんな強度が均一でない滑走路なんて作るわけなさそうなんだが

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:16:34 ID:NZn++O7l
>>281
横レスだけど、別にあれがアメリカ映画史ではじめてのいわゆる自虐表現
じゃないし、当然にカット編集せずにあるでしょ。例を挙げると地獄の黙示録とか。

288 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:18:09 ID:mro6MLWV
>>279
あれでしょ?
日本兵が潜んでる地下壕に海水を流し込んで
ガソリンだか船舶の燃料だかを流し込み火を付けたんでしょ?
地下壕に向かって火炎放射器を放っても入り口付近しか燃えないし
地下壕自体日本軍が意図的に爆風で全部がダメにならないように
ある程度の間隔で必ず曲がり角があるような設計になってたので
海水を送り込み表面に燃料を浮かせ火をつける
この方法だと奥深くまで海水が浸透し奥まで火の海。


289 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:24:12 ID:OZThannR
>>288
そう。それは天井に穴をあけるやつ。
そして積乱雲がくると洞窟の前に機関銃と火炎放射器を並べ
スコールの時に水を求めて出てくる日本兵を焼き、撃ち殺した

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:27:33 ID:FeUzzno4
>>280
水漬く屍、草生す屍となってしまった人の肉体は帰りたくても帰りようがない。
石ころ一つ入った白木の箱を受け取った遺族にとって、その魂は神となって
靖国に在るという教えは唯一の心の拠り所なんだよ。

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:28:12 ID:hwbVp16U
>>262
最後の2行は>>31の様な一部の思想馬鹿を挑発する意味で書いたが余計だったな。

さて、拝殿参拝も済ませたので
この後遊就館見学→海軍カレー&コーヒー食して
一部の方のリクエストに答えて池袋の方へ向かいましょう。


292 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:29:01 ID:MSTjim3g
>>282 、その他アジア諸国  ってどこだよ。
東南アジアや中東では軒並み日本は高い尊敬の念を抱かれてる。
以前何かの調査で、インドやらタイやらアジア諸国にアンケートとったら
9割が日本を好きだ と答えたとの事。 ヤフーの記事だったか。
世界で愛されて尊敬されてる国が日本。 悪く言うのは朝鮮と中国くらい。
こいつらに世界的信用は無い。 

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:29:33 ID:uuhPjLPr
Iwo Jima veterans OK with 'Letters'
By Dennis McCarthy, Columnist
http://www.dailynews.com/dennismccarthy/ci_4883903
It was up close and very personal.Kill or be killed.

Still, it is a Hollywood movie, and not all the scenes resonated authentic,
especially a part where the Marines are landing on the beach and
quickly running across the black sand.
"We sank in that sand; we didn't run.
"We could hardly walk through it," Welsh said.
At one point in the movie, he leaned forward in his seat and whispered to Swerdlow,
who was a medic at Iwo Jima, that the attacking Marines weren't throwing enough grenades.手榴弾
"That battle was won with grenades and flamethrowers手榴弾と火炎放射器," he said later over lunch.
"They needed more of both. But as far as acting and photography, I thought it was very good."

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:32:19 ID:ch+Id6Ln
国民総懺悔

あの戦争は国民みんなが悪いんです。みんな狂ってたんです。



な〜んて政治家の責任逃れに騙されてる人はいまんせんよね?
今後、戦争を起こさないためにも当時の指導者は全員死刑にすべきだった
もちろんあれもな

295 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:33:34 ID:lkbfx7OM
栗林も娘さんがあんなに早くついてくるとは思ってなかっただろうな・・・・。

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:36:18 ID:MSTjim3g
>>278 [祖国] 大辞林より

[1 先祖から代々住み続け、自分もそこで生まれた国。
[2 (移住した民族などにとって)その民族の、もと住んでいた国。

[国] (一部省略)
 [2] 地域。地方。
 [5] 自分の生まれ育った所。故郷。郷里。

以上から考えて、日本語的には何の問題もない。 
知識が無いなら、よく調べてからケチつけろよ。








297 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:37:55 ID:e2I0Dbx+
483 名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2006/12/23(土) 13:18:09 ID:2EoI6Pzm0
>>481
 硫黄島からの手紙の全米興行収入がわずか
           
           200万円でした(笑) 

 マスゴミは、アカデミー賞に二宮&渡辺ノミネートとか言ってなかった(笑) ?
 いつも日本人はアホマスコミに騙されてる。



298 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:39:29 ID:viMIvf5E
地下トンネルは計画の70%しか完成していなかったそうだ

栗林中将は米軍上陸までに、擂鉢山の地下トンネルと本坑が
つなげられなかったことを残念がったそうだ


299 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:44:15 ID:OZThannR
>>297
アカデミーノミネートはするだろうね。
http://www.imdb.com/title/tt0498380/awards
あと興行収入は上映館数が少ないから。
200万というのは初日$20,635だったことをさしているのかな?


300 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:46:06 ID:WIpQLuOe
っていうかなんで興行収入なんか気にするんだよw


301 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:50:31 ID:viMIvf5E
栗林中将指揮下の硫黄島守備隊は
職務をまっとうしたに過ぎないのだが
彼らその行動は、今を生きる私たち日本人に対して
問いかけのメッセージが隠されていること気がついていますか?


  

302 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:50:46 ID:OZThannR
>>298
擂鉢山と元山部落の間をつなぐ4キロを掘るころには、スコップもつるはしも
すりきれて、手で掘るしかなかった。



303 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:52:22 ID:ch+Id6Ln
>>301
どんな?

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:52:25 ID:Tf/lrJTS
この映画のメインテーマ曲は
「決意の朝に/AQUA TIMES」にすべきだった。
ラストに流れりゃ最高だったよ。
詞も映画にマッチしてたし。

♪辛い時〜辛いといえたらいいのになぁ〜〜
あぁ〜僕達は強がって笑う弱虫だぁ〜〜

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:52:48 ID:kuiBSVCZ
5館で一日200万っていいんじゃない?
ばかアンチは計算できないのかな?


306 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:53:03 ID:9V77QQgC
勘弁してくれ

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:54:14 ID:WIpQLuOe
>>304 それ邦楽? だったら絶対合わない、価値が下がる。

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:54:15 ID:g719s+cg
ウヨとか言って、愛国者煽ってスレ荒らしてる奴うぜえなw
この映画のスレなら、愛国的な言動もOKだろ
しかも今更、もうこの世にいない指導者や昭和天皇は死刑にするべきだったとか言ってる奴って、
何か人格的にキモイ

309 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:54:57 ID:VzH80EQs
馬鹿アンチは向こうの映画館の入場料が
日本の4分の1以下なのも知らないんだろうなw

310 :304:2006/12/23(土) 13:54:59 ID:Tf/lrJTS
硫黄島日本兵にピッタリだし。彼らの心情を代弁した曲とも言える。
タイムスリップして、彼らに聴かせてあげたいくらいです。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:55:28 ID:9V77QQgC
というかアカデミーノミネート対策のための先行5館上映なんだから
興業収入なんて関係ないだろ。

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:55:41 ID:ch+Id6Ln
キモくて結構w

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:55:53 ID:g719s+cg
実際、硫黄島と星条旗どっちが評価されてるの?

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:56:31 ID:pRKBqvg1
>>305
他の作品と同等の上映館数と思ってるんだろうな

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:57:11 ID:lrcMbcCN
>>313
映画の構成・迫力・セット他については星条旗、
ハリウッドで日本視点の映画ということに対しては硫黄島じゃないの?

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:57:38 ID:v+vNu1DI
>>304
うわぁ、最悪。ぞっとするぜ。
まさに今までの邦画がやって来たことじゃない。
釣りだと言ってくれ。

317 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:59:41 ID:nW+XRDPa
>>308
死刑にするべきってのはどうかと思うが、
あれだけ国民を煽って死に駆り立てた最高責任者だから
「戦争に負けたら死ぬのだろう」と思ってた人間がいたのは事実

318 :304:2006/12/23(土) 14:01:09 ID:Tf/lrJTS
釣りじゃないって・・・
二ノ宮の嵐みたいな連中より、マトモな音楽だよ。
俺、この曲聴いた時、泣きはしないけどホロッときたもの。
こういう自分の辛さを肯定しようとする曲なんて今までなかったし。
硫黄島の日本兵も内心、こういう心境だったんだと思うよ。

319 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:01:31 ID:WIpQLuOe
>>317 今何歳?戦時中生きていたの?

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:02:14 ID:IJ5Rw2Se
>>317
牟田口のことかぁぁぁぁぁ!

321 :工作員:2006/12/23(土) 14:02:20 ID:Rtk0vpx8
>>282

>個人的に・・・・
>日本人は常に悪だと一面的にしか見る事が出来ない
>特に中国、韓国、その他アジア諸国の人達にも見てもらって
>先の戦争について多面的な考えを持って欲しいと思う。

絶対に認めんだろうな。
おそらく、あれは日本の侵略戦争として
未来永劫、政治的に日本を利用し続けることだろう。
今後生まれてくる日本人に対しても・・

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:03:50 ID:g719s+cg
>>317
ごめん、俺から振ってる内容で申し訳ないが、
過去の責任とかそういう話は、現代平和に生きてる俺達が偉そうに話す事じゃないし、
もう止めようw

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:04:57 ID:dKThtlPm
>>319
このスレで何回か言っているが
ウチの曾祖母が祖母に語った話

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:05:24 ID:v+vNu1DI
>>318
冗談じゃない。
そんなの入れたらせっかくのイーストウッド映画らしさが
完全にスポイルされてしまう。
ダサダサでお涙頂戴の邦画戦争物になってしまう。
なんてセンスの悪さだ。
信じられない。

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:05:45 ID:ch+Id6Ln
戦争負けたんだぜ
お偉いさんは切腹すんのが普通だろw
未練がましく生きてんじゃねえよ


326 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:05:54 ID:WIpQLuOe
>>322 なんだてめー、ただの根性なしか

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:07:24 ID:mro6MLWV

キモイと言えば・・・・

映画館に旧日本陸軍や海軍の軍服で集まるのだけは止めて欲しい。

何を考えてるのか分からないけど、貴方達が考えている様な映画じゃないし場違いも良いとこだ。
しまいには刺されるよ。


328 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:07:45 ID:ys6BhMfF
>>317
最高責任者は天皇を守って戦いの意味を裁判の席で話して責任を
果たして刑死しましたよ。
靖国は戦友達の約束の場所、血よりも強い絆で結ばれていました。
祖国の各々の家族や愛する人を守るための絆でもあったのです。
今の感覚では受け入れられないでしょうが、理解してあげたいと思います。

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:07:53 ID:g719s+cg
だからそういう煽り、スレ荒れるっつうのw

330 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:08:23 ID:lrcMbcCN
>>318
ありえねぇ。
まず曲がカイルのシンプルな旋律と相反する。

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:08:40 ID:OZThannR
>>323
人それぞれjじゃないの?

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:10:17 ID:tDUMmXzo
宮台氏の論評
ttp://www.miyadai.com/index.php?itemid=440

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:11:56 ID:pRKBqvg1
>>318
歌はイマイチでもジャニーズの曲はきっちりつくってるんだよ。
ジャニーズは劣るって書いてる方が偏見。
自分はジャニーズファンではないが、ただ音楽好きなだけ。いいものはいいと。
スレ違いだからこれでやめておくけど

334 :軍服マニア:2006/12/23(土) 14:12:01 ID:Rtk0vpx8
>>327
マジか?
どこの映画館だ?

335 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:13:21 ID:OZThannR
>>334
おまえやったのか!?

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:13:21 ID:/qr5to4B
>>332
さんざん既出
うざい

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:14:44 ID:g719s+cg
>>327
ようは単なる変体コスプレ集団だろ
思想うんぬんじゃなくてw

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:17:38 ID:dBXG/wsO
>>317
戦争を煽ったのは米国のほうだよ。
日中戦争時にも米国は蒋介石に武器や資金援助していた。
正規軍人を「義勇兵」といつわって戦闘機部隊まで派兵してたからな。
真珠湾以前から日米戦は始まっていた。

蒋介石の支援ルートを遮断するため、仏領インドシナに進駐するとABCD
包囲網で経済封鎖されたというわけ。


339 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:18:44 ID:7w5lhrsJ
>>272
火事場泥棒して負けて本土まで迫ると降参って恥ずかしくないの武士道japs

340 :軍服マニア:2006/12/23(土) 14:18:45 ID:Rtk0vpx8
>>335
まさかw
その異様な集団が訪れた映画館に行ってみたいのだ

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:21:14 ID:viMIvf5E
>>301
あなたの生きている『日本』は
あなたがその命を引き換えにしても惜しくないと思う
価値のある国のままですか?



 


親殺し、子殺し
嗚呼あなたたちが守ろうとした『日本』はいったいどこにありや






342 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:21:54 ID:mro6MLWV
>>334
東京池袋のサンシャインとか

343 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:22:19 ID:c6JHa9Ox
松田優作が生きてたら、彼が栗林役だったんだろうな。
ハリウッドで本格的に認められてたんだし。
ワタケンより凄かったかもな。

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:23:15 ID:ch+Id6Ln
>>338
そういう外交しか出来なかった無能は切腹しろって

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:24:36 ID:g719s+cg
>>344
お前、さっきからやけに切腹を進めるなw
IDが中国人みたいなのが気になるが

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:25:00 ID:TSDNdFLm
>>339
はからずも東条英機自身が『ドロボウをせい、と言うんだな』と言っていた。
当事者自身がわかった上でやっていたのに、いまだに認めないヤツがいるのが不可解だ

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:25:07 ID:ch+Id6Ln
>>339
恥ずかしくないからおめおめと生きてるんだろ
恥ずかしいと思う人間なら責任とってるって

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:25:53 ID:OZThannR
というか日本人を殺したのはアメリカ軍なのだが?

まっ何言っても無理だろな。そういう風に刷り込まれちまったんだから。

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:26:10 ID:ch+Id6Ln
>>345
ギクッ;

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:26:29 ID:WIpQLuOe
チョンやチャンコロがいるみたいだな

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:27:42 ID:mro6MLWV
>>334
http://kjm.kir.jp/pc/?p=27056.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=27057.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=27058.jpg

池袋なんて土地は外人も多いし
もちろんアジア系外国人も多いのに
そんな街中をこんな格好で映画館に来て見て
またそのまま電車に乗って帰る精神が分かりません。
戦争被害者に変な誤解を与えるだけで日本の恥です。

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:28:08 ID:g719s+cg
IDで国籍が分かるとはな
2ちゃんの機能も進歩したもんだ

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:28:08 ID:dBXG/wsO
>>344
今回のイラク戦争見ればわかるだろ! アメリカのやりかたが。
アメリカが戦争を決意したら、どんな汚い手を使ってもぜったいやるの。

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:28:59 ID:kg1rUlwO
>>339
そういうことはイタリアに言え

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:29:15 ID:7w5lhrsJ
>>346
ワロタ
わかった上でやればおkwwwww厨房かよ


356 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:30:16 ID:jfUHmAU/
>>351
外人にぺこぺこする必要はないが、
当の軍人さんに失礼だな

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:30:19 ID:ch+Id6Ln
>>353
アメリカが全世界を相手に戦い挑んでるわけじゃないぞ
戦争したのは一部の国とだけだ
その一部の国になるような馬鹿な外交しか出来なかったってだけだろ
今の北朝鮮以下の外交戦略しかなかったって話だろ

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:32:00 ID:OZThannR
>>351
まあコスプレにはひくが、日本人が日本歩く際に外人に気使うことないって。

あと日本にくるような外人は一部を除いてそんな意識は持ってない。


359 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:32:46 ID:g719s+cg
>>357
分かったから、中華まんでも食って落ち着け

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:34:24 ID:Tt5UIdt7
>>327
誰に刺されるんだ?左巻きにか?


361 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:35:54 ID:lkbfx7OM
>>318
つらいときにつらいと言った清水の結末を見ての台詞ですか?

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:36:03 ID:kg1rUlwO
朝鮮系偽右翼に

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:36:20 ID:pRKBqvg1
今回の日本人のキャスティングとか映画作りに謙さんの意見が
かなり反映されているみたいだし、松田ユウサクの方がよかったかも
とは一概にいえないと思うな

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:38:30 ID:ch+Id6Ln
日本映画界が作れば間違いなく渡哲也だったろうな
西の役は役所さんw

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:40:34 ID:dBXG/wsO
>>357
アメリカが北朝鮮を生かしているのは、極東に軍事的緊張を持続させ、
アメリカ製兵器の得意先である日本や韓国に武器を売りつけるのが一つ。
あと、旧ソ連から核兵器が持ち込まれているからもあるだろう。
まじで「大量破壊兵器」があるからな、イラクは最初から無いのがわかって
いたので安心して攻撃できた。

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:43:42 ID:o3nRL4Ar
アメリカでは大コケっぽいね・・・・

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:45:20 ID:pRKBqvg1
今の渡哲也じゃ、歳とりすぎです

368 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:46:30 ID:ShkIVJhY
5館上映で木曜日公開で$20000なら、まあそんなものなんじゃないの?
もともと大衆向けに大ヒットするような作品じゃないし。

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:47:41 ID:ch+Id6Ln
>>367
それでも重鎮を使うのが日本映画界w

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:50:30 ID:pRKBqvg1
200万ドルの興行成績→アメリカでは大コケか
→前倒しの5館上映で外国語映画扱いなんだが

このループがおそらくしばらく続くだろう

371 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:53:23 ID:uuhPjLPr
【イラク情勢】海兵隊員ら殺人などで訴追 米軍のハディーサ24人虐殺事件[12/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1166750092/
【国際】2006年の記者犠牲者は55人 過去25年で最悪 イラク戦争では03年から92人の記者が死亡[12/21]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1166660187/

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:00:56 ID:uuhPjLPr
戦争映画
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E4%BA%89%E6%98%A0%E7%94%BB

373 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:03:31 ID:NZn++O7l
>>332
関連

ウヨサヨ的宮台論評
ttp://www.tbsradio.jp/miyadai/popup.html
ttp://podcast.tbsradio.jp/miyadai/files/sensei20061222.mp3

374 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:04:27 ID:ML8KyNlM
小6の息子連れて見に行こうとおもいますが、子供じゃ難しくて
たいくつしますかね?

375 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:05:34 ID:tN5obTKu
>>374
小学6年なら理解できるんじゃないかな。
ただ、お母さんがジャニファンとして見に行くのならやめといたほうがいいかも。

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:05:53 ID:uuhPjLPr
我等の生涯の最良の年 作品詳細
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00176/v00398/
第二次世界大戦後の復員兵問題を通して描く名匠ウィリアム・
ワイラー監督の感動的な人間讃歌。

1946年のアカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞などを
受賞した作品。第二次世界大戦後、大きな社会問題となった復員兵
問題をいち早く取り上げた作品。平和を取り戻し、故郷に戻った復員
兵をまっていたのは、地域社会からの孤立だった……。
名匠ウィリアム・ワイラー監督の人間描写が際立つ感動作。

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:06:19 ID:9V77QQgC
>>374

マスターベーションなどの単語がでるが、それ以外は大丈夫では?

378 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:07:45 ID:YWftZI32
>>321
それって日本人側の気の持ちようだけどね。僕らの世代が
「そんな昔の証拠もないことは、知ったことじゃあ、ありません」という
意識に到達すれば良いだけですよ。

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:09:42 ID:Ly1V5cCd
>>ほんとはどっちなの?

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:16:39 ID:ML8KyNlM
>>375>>377
早速、有り難う。連れて見に行ってみます。
純粋にこの映画見てみたいと思ったので、ジャニファンじゃありません。

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:18:18 ID:YWftZI32
>>63
蛭子って、漫画家の蛭子ヨシカズ?
ヘタクソな拗ねた様な漫画描いてヘタウマ気取ってるあいつか?

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:26:23 ID:b9z1u1l4
>>374
硫黄島からの手紙では卑猥な言葉はないですよ

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:28:03 ID:K7SZIPcE
バロンが自決する時、「ライフルを渡せ」とか言っていたが、"ライフル"に
は違和感がある。

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:29:13 ID:svXvLWNg
>>383
それについてはもう散々既出。

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:29:37 ID:MQbm3NHm
銃をよこせでがんす

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:29:49 ID:ShkIVJhY
中高生、特にいじめや人間関係に悩んでいる子供たちに見て欲しいよね。
生きられることに素直に感謝出来るかもしれないし
死ぬことの恐ろしさもわかるかもしれない。

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:30:46 ID:4qdqxlEV
大久保中尉がカッコいいよなぁー

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:31:03 ID:dBXG/wsO
>>378
日本が戦時中占領したのは、アメリカ領フィリピン、イギリス領マレーシア
オランダ領インドネシア等、交戦国の植民地であって「アジア諸国」じゃない
よ。韓国は戦前日本と併合し、シナは蒋介石と毛沢東(共産党)の内戦状態。
アジアで唯一日本以外で独立していたのはタイだけ。歴史のテストで出なかった
っけ?
日本がアジアの国々を侵略し・・・なんてのは無知なサヨクがよく使う手口。

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:31:57 ID:GF5utTRu
>>386
同感。命を大切にせねばな。

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:32:42 ID:MQbm3NHm
侵略したのは、アジア諸国ではなく、
アジア諸国を侵略した連合国を侵略したのよ

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:34:34 ID:NZn++O7l
>>387
関係ないけど、大久保中尉の関連サイトで書き込みすると、律儀にもご本人が
レスポンスしてくれるようだ

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:38:07 ID:uuhPjLPr
LETTERS FROM IWO JIMA
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=daily&id=lettersfromiwojima.htm
Domestic Total as of Dec. 21, 2006: $39,745
Theaters 5


FLAGS OF OUR FATHERS
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=flagsofourfathers.htm
Domestic Total as of Dec. 14, 2006: $33,602,376
Distributor: Paramount (DreamWorks)Release Date: October 20, 2006
Production Budget: $90 million

Domestic: $33,602,376 59.7%
+ Foreign: $22,700,000 40.3%
= Worldwide: $56,302,376

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:41:03 ID:uuhPjLPr
LETTERS FROM IWO JIMA
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm
Domestic Total as of Dec. 21, 2006: $39,745
Distributor: Warner Bros.Release Date: December 20, 2006
Genre: WarRunning Time: 2 hrs. 21 min.
MPAA Rating: RProduction Budget: $15 million


TOTAL LIFETIME GROSSES
Domestic: $39,745 0.3%
+ Foreign: $12,100,000 99.7%
= Worldwide: $12,139,745

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:41:45 ID:dBXG/wsO
>>390
>侵略したのは、アジア諸国ではなく、
>アジア諸国を侵略した連合国を侵略したのよ

ということは、アメリカは硫黄島を侵略し、沖縄を侵略したという
わけか。

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:43:41 ID:GF5utTRu
アメリカの戦い方は米比戦争を通して知っていたわけで。
なぜならフィリピン革命政府が日本の天皇に助けを求めていたが
武器を摘んだ船が沈んでしまう
その時のメンバーは下記のKatipunanのメンバー
http://en.wikipedia.org/wiki/Philippine_National_Heroes

Jacob H. Smithはサマル島の10才以上の住民を全て殺すように命じた。
数十カ所に及ぶ戦いで100万人が虐殺されたという。

その時に必死にSmithを擁護したのがNew York Times
http://en.wikipedia.org/wiki/Jacob_H._Smith

戦犯として裁かれなければばらばいのは誰あろう地主利権をもち総司令官だったマッカーサー
の親父のアーサー。


396 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:43:44 ID:4qdqxlEV
>>394
正解

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:46:32 ID:uuhPjLPr
http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/
Reviews Counted: 62
Fresh: 58 Rotten: 4
Average Rating: 8.3/10
94%

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:46:40 ID:kg1rUlwO
硫黄島、沖縄は日本政府領だから、
交戦国のアメリカが攻めても侵略ではないな。
東南アジアもそれぞれ欧米諸国の委任統治領だから
交戦国の日本が攻めても侵略ではないな。

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:48:53 ID:b9z1u1l4
二宮一等兵「中尉殿は何故そんなにもはげておられるのですか?」
大久保中尉「軍法会議だ」

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:48:59 ID:GF5utTRu
だからアメリカでも硫黄島への侵略という

The film tells the story of the invasion of Iwo Jima during World War II

from the Japanese viewpoint, as opposed to the American viewpoint

depicted in Flags of Our Fathers.
http://en.wikipedia.org/wiki/Letters_from_Iwo_Jima

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:50:22 ID:4qdqxlEV
>>398
正解

402 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:51:37 ID:MQbm3NHm
そうそう日本はアジアを侵略はしていない
だけど、その戦地だった原住民には戦争とはいえ
日本だけに責任がないけどボロボロにしてまったから
賠償ではなくて、補償で金出したんだよ
だから賠償なんかしないよ絶対にだって悪くないもんねーだ


403 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:53:21 ID:b9z1u1l4
>>400
そのinvasionは侵略と言うよりも侵攻と訳すべき

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:53:52 ID:GF5utTRu
当初から日本側についた住民がどの東南アジア国家にもいたからな。

普通ではこんなことは起きない。

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:54:47 ID:DD5xG9ec
Remember パールハーバー

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:56:26 ID:GF5utTRu
>>403
自国の領土奪還の時はinvasion使わないっしょ?

407 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:59:07 ID:H4paD34I
昨日観てきました。
日本側が主人公なので当たり前ですが
非常に公平で関係当事国(特に日本)に気を遣っているなと思いました。
その象徴的だった場面が、第一部作でとても重要な物となっていた
遠くに見える摺鉢山頂にポツンと立っている旗。
そこでデーンと星条旗のアップ画面が映し出されると思いきや、
話は淡々と先に進んでしまう所。この場面で確信しました。

ラストシーンも結構良かったと思いますが、個人的には「父親たちの星条旗」の方が
予想外のラストで素晴らしかったと思いました。

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 15:59:28 ID:ltUxSyGR
昨日、見に行った…すっかり凹んだ
先日、靖国横の資料館見に行ってきただけに、より現実と直結するんだよな…
手榴弾自決とか夢に見そうだ

映像・CGなどやはりお金かけて作られているだけに素晴らしかった
日本で同じ題材を制作したとしても
こんなにリアルに作れないだろうな

なんとなくクリントに感謝
いい監督になったなぁ

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:05:05 ID:4qdqxlEV
1月に出る3枚組のドキュメンタリー買うやついる?

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:11:51 ID:bg8DgLmB
ま、結局この映画(手紙と星条旗)見てわかったことは
調子に乗って、あるいは無理やり戦争にいったらえらいめに
あいますよ。
戦争なんかからは、何があっても逃げ出したほうがいいよ。

って、ことだよね?

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:17:18 ID:GF5utTRu
>>410
まず観に行ったら?

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:18:33 ID:bg8DgLmB
>>411
見たよ。

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:20:35 ID:7ihGcqII
どの国でも下等兵はダメだから。醜い最後だろう。

漏れは戦前の陸軍中将が馬で東京を闊歩しているりりしい
姿が一度見てみたいけどね。

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:27:56 ID:dBXG/wsO
>>402
日本が東南アジアに侵攻したおかげで、戦後多くの植民地が独立することが
できた。戦後も現地にとどまり、原住民にゲリラ活動の指導をした日本兵
もいたみたいだ。
アジアやアフリカ諸国では日本のそういった歴史に敬意をはらってる人が
多いね(一部の近隣国を除いてw)

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:30:20 ID:bg8DgLmB
>>414
で、それがなんの役に立つと?

満州国も、植民地も失って、戦後しばらくは餓死者も出る始末なのに
感謝されるだけで満足しろと?

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:31:30 ID:ltUxSyGR
今後は上層部同士でチェス等で勝敗決めて欲しいな
戦争は凄惨すぎるし無益

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:32:28 ID:n6/dijVN
栗林中将の最期は史実通り、降伏交渉に出向こうとしたところを
参謀(大杉)に斬殺させたほうがよかったかもな。



418 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:33:37 ID:tN5obTKu
>>416
やくざかよw

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:35:21 ID:gwxqCf6J
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。       
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた       
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ        

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある       

                                    
                               by クリント・イーストウッド  

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:35:58 ID:gAMmkWwk
>>416
それはね、弱い側からの発想なんだよ。
原爆なんか持ってたら絶対に実戦で使うよね。
アメリカでイラク戦争の厭戦ムードが出てきたのもメリケン兵が
たくさん死ぬようになってからだしさ。


421 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:36:47 ID:svXvLWNg
>>416
チェスだと西洋が有利になるんで、
ネットゲームにしたら?
Battlefield 2142とか。

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:38:51 ID:bg8DgLmB
日本人なら将棋だろ

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:42:02 ID:GF5utTRu
>>419
クリントはリベタリアンで共和党員。
最近リベタリアンが共和党から少しイラク問題で距離を置いた。

ただ左翼とは対極。近いのはレーガン、サッチャー、竹中

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:43:30 ID:GF5utTRu
訂正
リベタリアン→リバタリアン

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:46:02 ID:pRKBqvg1
負け直前に将棋台ひっくり返す人がでそう

426 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:52:23 ID:dBXG/wsO
>>419
>ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている

政治家というより、それを裏であやつる資本家が戦争を企てているんだろ。
JFケネディなんて、ベトナムから撤退すると言った一ヶ月後に暗殺されて
るしな。 その後一転して本格的にベトナムに参戦。
軍需産業は大儲けだろ。


427 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:54:26 ID:l3KpcSly
>>373
>ウヨサヨ的宮台論評
宮台先生またウソぶちかましてるよ。
宮台は枢軸国とは「統帥側が近代化を進めた国」と説明してるけど
それはあんたの見方。定義は
「枢軸:Axis 国際関係のうえで親密な友好関係にあり、共同行動をとる国々
をいう。たとえば、パリ‐ボン枢軸などとよばれる。このことばは、1936年10
月イタリア外相チャーノのドイツ訪問の際にドイツ・イタリア両国の協力と共
同行動を約し、ついで11月イタリア首相ムッソリーニが、ローマとベルリンを
結ぶ垂直線を「枢軸」としてヨーロッパの国際関係が転回するであろう、と演
説したことから有名になった。」小学館百科事典

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:55:01 ID:GF5utTRu
そういう話になってきたら陰謀論くさくなるし、あまり合わないのでは?
イラク板では右も左も陰謀厨ばかりだけど

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:56:18 ID:bg8DgLmB
真田昌幸は、豊臣秀吉のところに将棋板かかえて乗り込んで
戦わずして、領地を守ったそうだ。

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:56:21 ID:l3KpcSly
ついでに右翼は
「右翼:right wing 他の多くの政治的用語がそうであるように、
右翼ということばも多義的であり、対立概念の左翼と同様、元来、相対的な意味
しかもたないゆえに、厳密な定義を行うことは困難である。」
というように、一般的な意味合いで使って問題ない

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:56:44 ID:pgAKb4qT
>>428
日本板ってある?

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:59:50 ID:3f7BWM97
叶姉妹みたいにメンズを裸にしてチェスの駒にするとか。

433 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:01:11 ID:pgAKb4qT
>>430
日本社会に右翼なんていませんよ
いるのは在日やBで結成された似非右翼団体

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:03:18 ID:l3KpcSly
宮台
「日本にはボンクラな奴が多いので、これは反戦映画だという人がいますがまったく違います」
TBSのラジオから >>373

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:03:38 ID:bg8DgLmB
>>433
あと、ネトウヨなぁ。

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:05:13 ID:pgAKb4qT
>>435
ネトウヨ?
そんなの地球市民や自称市民にとって
とるにたらないもんでしょう

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:05:49 ID:bg8DgLmB
>>436
いや、2ちゃんねらーにとっては超ウザイよ。

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:07:44 ID:pgAKb4qT
>>437
うざいの?
よーし、パパ頑張るぞ
竹島は日本領土

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:09:30 ID:MQbm3NHm
歴史的事実や国際法に照らし合わせても
竹島は日本領土ですが
その程度で右翼なわけない


440 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:12:16 ID:l3KpcSly
宮台真治
「イーストウッドは右翼で、だからこの映画でもナショナリズムを疑え国家を疑えという話だ」
「本当の愛国心はいいものだが、問題は為政者がそれを利用する事」
「さびしい奴が為政者に利用され愛国心を煽られ、国家のために死ぬことになる
 さびしい奴とは、オタク、ヒッキー、フリーター、失業者だ。一人ぼっちの奴の事」

「オレッチは知識人業界で団結してさびしくないから、この映画見ても愛国心は高揚
 しないでこうして批判できる」
「この映画みて興奮するバカ左翼バカ右翼の奴よ、根っこを持て」
以上 宮台先生のご宣託でした  TBSのラジオより  >>373


441 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:13:01 ID:isuWVLrp
>>402
小林よしのり先生に教わったんですね。
良く勉強しましたね。

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:13:06 ID:pgAKb4qT
国際裁判にも出てこないで竹島を
不法占拠している韓国と仲良くなれますか?
国連の事務総長がアナンからチョンになるね
逃げきれると思うなよ

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:15:03 ID:pgAKb4qT
>>440
敵は国内にありだな

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:19:21 ID:GF5utTRu
小林って東大一直線のヘタな漫画家?

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:21:26 ID:pgAKb4qT
俺の爺さんは神風特攻隊の生き残りなんだが
何か質問ある?

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:21:47 ID:2/HHUkMV
>>441
お前、頭大丈夫?

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:21:48 ID:l3KpcSly
宮台でバカだな、知らなかった世。
確かに反戦映画だとは思わないが、こんな風に「頭」だけで解釈しなくてもいいし
映画ってそういうものではない。宮台の商売はなんでも頭で解釈して何か奇抜な事を言う
のが金の元だから、常に騒ぎまわってるようなもの、笛吹き男だな。
 まあ確かに弱い人間は国家に利用されるが、戦争という大きな社会変化の中では
当たり前のことだし、利用されたというより皆よろこんで参加するのよ。WW1のときに
いかにたくさんの人がヨーロッパやアメリカで志願したか?戦争がすぐ終わると思った
人がおおく争って志願した。

まあ結論として宮台の言う事は若者、要はオタクやヒッキーには正しい。
でも社会的(要は世間でこの話をしても誰も頷かない)学問的にも(大学の先生は歓迎しない)
通用しないよ。宮台自身がお宅的だ。

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:22:09 ID:GF5utTRu
名前と所属は?

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:23:48 ID:m+rnT17E
>>440
良家のお嬢様と結婚してフツーの幸せ手に入れたら
ぬるくなっちゃったなこの人も。
売春少女そそのかして円光あおってメンヘラに追い込んだ
ころが人生のピーク。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:25:45 ID:2/HHUkMV
>>447
>宮台の商売はなんでも頭で解釈して何か奇抜な事を言う
のが金の元だから、

その通り。人と違った視点を示すのが学者。
でも香具師の視点はかなりずれてる。

第一、当時の日本人のほとんどが
戦争に喜んで参加したんだが
彼らは孤独のオタク、ニートだったのか?
なわけねーよな。

そう考えただけで宮台が馬鹿だって分かる。
間違えまくり。

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:25:56 ID:pgAKb4qT
名前は2ちゃんで言えるはずもない
所属部隊は知らない
はい、次

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:26:21 ID:bg8DgLmB
>>438-439

俺、サヨだけどがんばって反論してみるね。

竹島は古くから日本領土であることに間違いない、、、、、、、アレ?


453 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:26:45 ID:lkbfx7OM
>>451
貴方のおじいさんとこの映画になんの関係があるの?

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:27:55 ID:GF5utTRu
>>451
>所属部隊は知らない
もう結構です。

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:28:26 ID:pgAKb4qT
>>453
よくわからんけど、爺さんは9人兄弟で
多くの兄弟を無くしたらすい

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:29:15 ID:GF5utTRu
こないだテレビで元特攻隊員同士でけんかしてたよ

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:29:52 ID:9lTuQtIO
>>416

こういう発想しかできないやつってなんなの?
自分では頭良いとか思ってるの?

458 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:30:22 ID:2/HHUkMV
>>456
社会党の田とか最悪だよな。
北朝鮮が拉致認めたら北朝鮮かばいまくり。

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:30:42 ID:bg8DgLmB
元特攻隊員って、戦後おかしくなってほとんどヤクザに
なっちゃったんだよね?

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:30:51 ID:pgAKb4qT
>>454
部隊は知らんけどね、爺さんは知覧にいたんだよ
先輩を送り出すことしか出来なかったと時々泣いている

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:32:35 ID:jfR5MGOL
宮台、結婚
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1105154875/101-200


462 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:33:32 ID:xYcw575e
特攻隊はエリートだぞ。

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:33:37 ID:l3KpcSly
宮台の解釈は全然賛成できない
この映画の制作者は反戦を意図していないのは明確だが、結果として反戦になったそれは
1戦争の悲惨さを絵で示したから
2戦争に個人が利用される様子を示したから
3武力で負かすべき悪である相手国が実は同じ人間であり、戦争という
 行為自体の「意味としての」残酷さ、を思い知らせたから
従って結果として反戦の効果をもっている。
しかし同時に監督を含むアメリカ人は戦争は必要である事を知っている
今も過去も
WW2で真珠湾攻撃を受けたアメリカには戦争以外の選択肢はなかっただろうし
今の世界の勝者としての、政治的・経済的・科学的繁栄を築くことになった
・・・あの戦争がすべきでなかったとは言えないだろう
・・・でも映画を見ると戦争は恐ろしいし、したくない事も骨に染みてわかる
この2本の映画の意味はこの2つだろう。それを簡単に反戦と言葉で言う
しかしただの反戦でないことも確かだ。だから皆、「重い」と言うのじゃないのか?

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:33:49 ID:MQbm3NHm
だって社会党は日本を北みたいな共産主義にしようと必死だもん
そりゃキムをかばうだろ

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:34:20 ID:bg8DgLmB
>>460
え? そんなに長く知覧にいたの?

466 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:34:45 ID:pgAKb4qT
>>462
エリートでもなんでもないよ
命ささげるかどうかの世界だった

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:35:11 ID:CAbigHFy
この映画自体には日本の指導者が戦争を起こしてなければ・・という視点はない。
戦争はむなしい悲しいといっているかもしれんが。
ただ、戦後教育を受けた日本人はそこで戦争は「二度と起こしてはならない」という
感想をもってしまう。日本が戦争似突入しなければ、ましてはそれ以前の日清日露戦争から
日本が戦争しなければ、世界が平和だったと本気で信じているのだ。
中学生の息子の歴史教科書を読んだ。日本とドイツだけが野心をもち他国を侵略していた、と子供たちが
捉えても不思議でない書き方だった。
これでは戦争はいやだ→(日本が)二度と「起こしてはならない」となってもしょうがないのだ。

先にも言ったがこの映画はそこまで言及していないので度々出てくるこの話題は確かにスレ違いなんだが、
見過ごすのが辛いのもわかる。

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:36:10 ID:pgAKb4qT
>>465
数ヶ月・・・
だって志願して特攻隊に入っても
ゼロ戦がなかったらしい

469 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:36:41 ID:2/HHUkMV
>>460
うちの親父の従兄弟はシナから出撃したらしい。
45年8月1日に。
>>466
たぶんそうだろうな。
俺はよくわからんがおそらく上の学校には行ってないように思う。
いろんな人がいるんだろうな。

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:37:38 ID:ZVyrQiYd
さっき見てきたけど、客の入りはなかなか良いね


471 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:37:55 ID:pgAKb4qT
最後のゼロ戦を見送ったとか言ってるけど
ほんまかいな

472 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:39:07 ID:jU72WOsl
>>468
知覧は陸軍基地だから隼とかだろ。

ゼロ戦は海軍の戦闘機だ。

473 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:42:37 ID:GF5utTRu


普通飛行機の訓練はわざわざ石油のある南方までいってやってたのが
南方との道が絶たれて練習がほとんどできなくなった。
生き残ったベテランはB29を落とせる紫電改とか屠龍に回され、
練習の機会があまり与えられないから練習不足で特攻しなくても
どんどんやられた。「それならいっそ・・」特攻はそうした事情からだよな

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:44:15 ID:bg8DgLmB
荒らしだったか・・・

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:45:16 ID:dBXG/wsO
>>462
特攻隊は学徒兵や徴兵された民間人がほとんどだよ。
ベテランの軍人パイロットは本土防空に温存されていた。

476 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:47:50 ID:TCRKgY55
映画の話しようよ

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:48:13 ID:2/HHUkMV
>>476
お前は消えろ。

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:49:10 ID:GF5utTRu
>>472
大戦末期の本土防衛は陸海協力してやってたからわからんよ。

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:52:45 ID:bg8DgLmB
>>478
知覧から海軍が飛び立ったなどという話は聞いたことがないが?

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:53:49 ID:jU72WOsl
>>478
海軍の中型機に陸海軍の搭乗員がペア組んで乗り込んだ例もあるしな。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:54:15 ID:pgAKb4qT
うちの婆さんは米が配給で
一ヶ月に茶碗一杯しか米が貰えなかった・・・
それそか聞いたこと無いなあ

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:54:48 ID:GF5utTRu
>>472
本土防空は陸軍と海軍の協議の末、陸軍が担当し、海軍は軍港と要港のある都市
だけを守ることになっていたが、7月11日から、
海軍の第三百二・第三百三十二・三百五十二各航空隊が防衛総司令部の指揮下に
第18飛行団は第十一飛行師団に、第十九飛行団が第十二飛行師団に改めて
陸海一致の防空体制とってる

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 17:56:53 ID:pgAKb4qT
>>479
記念館があるので詳しいことを知りたければ
知覧を訪ねてもいいのでは
武家屋敷が残る静粛な町並みらすい

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:00:25 ID:4FQ/CpOq
36日も島を守った日本人兵士がいました。
硫黄島は国防の最後の砦でした。

生き残った兵士はわずか1,000人

485 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:01:29 ID:jfR5MGOL
>>僕の妻が大日本帝国憲法を井上毅らと一緒に作った伊東巳代治の直系の子孫です

ttp://www.miyadai.com/index.php?itemid=366&catid=4

宮台の結婚相手は父が東大名誉教授でもあり、まさしく名門の家柄だね。


486 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:02:46 ID:ry94S6B5
そういうの誇りにするのバカらしいね。
伊藤博文の子孫だの自慢げに言う奴いるけど
つまりは犯罪者の血を引いてますって言ってるようなもの。


487 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:03:06 ID:pgAKb4qT
>>482
変な奴追い出してくれたね
GJ♪
>>484
硫黄島は悲惨だがガム、サイパンが玉砕した時点で・・・略

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:04:19 ID:ry94S6B5
東条英機の子孫なんてそれこそ悪魔の眷族だな

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:04:38 ID:enheAm/e
きょうの天皇誕生日の会見、戦没者についての答弁で
硫黄島の話があったけど陛下はこの映画の事ご存知だろうか。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:05:59 ID:pgAKb4qT
>>488
それは朝鮮人の考え方

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:06:22 ID:ry94S6B5
皇族なんて税金食いつぶしてるだけじゃん。
皇居もあいつら追い出して一般に開放したほうが国のためにもなる。
自由ってそういうこと。

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:06:52 ID:dBXG/wsO
硫黄島戦で特攻隊も出撃してるみたいだ。
約50機が硫黄島の米艦隊を攻撃。
空母サラトガを小破。
空母ビスマルクシーをカミカゼが撃沈している。

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:06:57 ID:jU72WOsl
>>486
伊藤博文が何の罪を犯していたのかね?

オマエみたいな薄汚い差別主義者は消えうせろやw

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:07:22 ID:MQbm3NHm
ここにいれば誰が朝鮮の値を引いているか分かりやすい
つまりは自分は白丁ですと言っているようなもの。

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:09:19 ID:pgAKb4qT
>>491
帰れ!
朝鮮半島に帰れ!!!

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:09:53 ID:MQbm3NHm
在日なんて税金食いつぶしてるだけじゃん。
日本もあいつら追い出して一般に開放したほうが国のためにもなる。
自由ってそういうこと。


497 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:10:36 ID:bg8DgLmB
>>494
まず、お前がそうだろ。

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:10:36 ID:jU72WOsl
jU72WOsl

マジでチョン公のようだなw

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:11:22 ID:itPjsR9a
486 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/23(土) 18:02:46 ry94S6B5
そういうの誇りにするのバカらしいね。
伊藤博文の子孫だの自慢げに言う奴いるけど
つまりは犯罪者の血を引いてますって言ってるようなもの。



488 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/23(土) 18:04:19 ry94S6B5
東条英機の子孫なんてそれこそ悪魔の眷族だな


491 名前:名無シネマ@上映中 本日のレス 投稿日:2006/12/23(土) 18:06:22 ry94S6B5
皇族なんて税金食いつぶしてるだけじゃん。
皇居もあいつら追い出して一般に開放したほうが国のためにもなる。
自由ってそういうこと。

特定アジア人 乙

500 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:12:07 ID:MQbm3NHm
>>497
俺を勝手に腐った朝鮮民族にすんなボケ
まじウゼエワ


501 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:13:31 ID:svIvAwLk
伊藤博文って韓国併合したんだろ?

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:14:26 ID:itPjsR9a
このスレは、特定アジア人親派グループが、現在、自演も取り混ぜてのゲリラ戦を展開中。

おそらくこの映画をまともに話題にしたくないピックル系の仕込みと思われる。
普通の人は適宜IDあぼんを活用して、決して奴らの手に乗らないでください。


503 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:14:34 ID:Yfq0Wvvc
>>491
もう、自分の国に帰ったら?君なら、かの国では必要とされてるさ
頑張って自分の国の為に尽くせ。

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:14:39 ID:MQbm3NHm
伊藤博文が併合したわけじゃない
彼は反対派だった

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:15:16 ID:3f7BWM97
さー、今日もネットウヨがウジ虫のようにわいております。

506 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:15:59 ID:pgAKb4qT
>>501
韓国との併合を嫌って最後まで反対してたのに
何故かそうなってしまった不思議
ついでにチョンに殺されて、そのチョンが
韓国の英雄っていう不思議

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:16:35 ID:bg8DgLmB
>>500
ほーれ、すぐファビョって正体現す。

だいたい
>一般に開放したほうが国のためにもなる。

こんなこと書く時点で、北朝鮮の工作員であることはお見通しだ。

508 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:17:23 ID:GF5utTRu

米軍の戦車 約600両 バロン西の戦車23台


カワイソス・・

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:17:44 ID:MQbm3NHm
ウヨとかじゃなくてさ、

伊藤博文は犯罪者ではない
東条英機の子孫は悪魔の眷族ではない
皇族追い出したら国のためにならない

という事実を言って反論しただけでしょ
OK?
嘘のプロパガンダを流している人間に対し、
それは違うといったらなぜウヨク?


510 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:17:53 ID:3f7BWM97
ネットサヨ(って言葉があるのか分からないが)もわいております。
どちらも鬱陶しい。

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:18:42 ID:pgAKb4qT
>>508
バロン西も栗林も圧倒益なアメリカの力を知っていたはずだ
いうな

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:19:12 ID:MQbm3NHm
>>507
ry94S6B5 の返しで反転させただけだけど
お前馬鹿なんだな


513 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:20:25 ID:GF5utTRu
>>510
>ネットサヨ
ネットサヨって外人のことですから。
いや単に外人だけでしょ?ネットウヨクなんていう言葉で他人なじるのは?

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:20:41 ID:FeUzzno4
>>508
戦車は固定砲台として使用したので実質ゼロだよ。
映画でも土に埋めて擬装してただろ?

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:20:53 ID:bg8DgLmB
>>512
日本語でしゃべってくれ。
ここは日本だ。

516 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:23:24 ID:MQbm3NHm
>>515
どこがハングルか言いな
お前馬鹿だから理解できないだけなのをそうやって誤魔化してるだけだろ
さっさと死ねよ

517 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:24:44 ID:GF5utTRu
IDチェックしないと同士討ちしそうな状況w

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:24:56 ID:CD/8pwkJ
ウヨサヨ系のレスを消したら200以上消えたw

519 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:25:48 ID:pgAKb4qT
>>515
お前はこのスレに必要の無い人間だ
悪いが他に行ってくれ


520 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:26:00 ID:GF5utTRu
俺なんかはじめ止め役してたけど、もう開き直ったよw

521 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:26:37 ID:FeUzzno4

 ホロン部のスレに蔓延るその時の映画板の行く手一途に思ふ

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:26:57 ID:MQbm3NHm
>>519
やつには死んでもらうが、
お前はまず日本から出てけ
犯罪者の子孫よ

523 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:27:51 ID:qYQvF/5A
>516
お前のカキコ、単語の羅列が日本語として成立してないんだよ。

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:28:08 ID:pgAKb4qT
>>522
犯罪者はお前だよ
とっとと半島に帰れ

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:29:14 ID:dBXG/wsO
韓国人にしてみれば・・
昔、日本とアメリカ・イギリスが戦争していたのがカッコ良過ぎて
うらやましいんだそうな。
当時、韓国系日本人は徴兵されず徴用されただけで戦闘には参加して
なかった。 
彼らにしてみれば、戦艦大和に乗りたかったし、ゼロ戦も操縦して
みたかったんだろな。
戦時中、仲間はずれにされた恨みが彼らの反日の正体である。

526 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:29:18 ID:bg8DgLmB
>>516
おお!
俺は、ハングルとは言わなかったが、自分で母国語がハングルと
認めてしまったな。「墓穴掘ってるのかな」とはまさにこのことだww

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:29:22 ID:MQbm3NHm
>>523
馬鹿には理解できないからな日本語は
帰れよ糞ダメに

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:30:28 ID:MQbm3NHm
>>526
お前の母国語がハングルだから
どこがハングルに見えるか言えっつたんだが
そんなにハングルが出てくると喜ぶとはおもわなんだ


529 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:30:33 ID:qYQvF/5A
>519
>524

ひょっとして>516を打ち間違えた?

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:30:56 ID:FeUzzno4
>>525
志願兵や職業軍人はいましたよ。
陸軍中将にまで出世した人やゼロ戦に乗って特攻した人も。

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:31:00 ID:pgAKb4qT
>>522
お前の民族なんてW杯のドイツの選手に
ナチスの子孫なんて横断幕広げるゲスな民族だからな

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:31:36 ID:MQbm3NHm
>>524
なんという法律の何条に違反した犯罪者か言え
さもなくば、無実の罪を着せた名誉毀損でお前を告訴する
なお、時間の都合上、10分以内に頼む。



533 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:32:53 ID:bg8DgLmB
>>528
俺は、お前の書いた文字がハングルだとは、一言も言わなかったぞ。
なぜ、俺がハングルで書いたんだろう、と思ったんだ?


534 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:33:01 ID:GF5utTRu
きな臭くなってまいりましたw

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:33:36 ID:MQbm3NHm
>>531
まずはじめにお前は馬鹿だから日本語を理解して来い
それから住所氏名を教えろ
こんな侮辱を受けたら絶対許さないから

表で勝負してやるよ
お前を引き釣り出してやるから覚悟しな

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:34:45 ID:qYQvF/5A
>532
匿名板なのに・・・
無罪の罪とか名誉毀損で訴えとか。。。


痛いよ(ノ_・。)痛すぎるよッ!!

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:35:16 ID:bg8DgLmB


   うははははー、まるで帝国陸軍と帝国海軍の喧嘩のようだー




538 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:35:26 ID:MQbm3NHm
>>533
>>497ですでに朝鮮だと根拠のないにもかかわらず
かつ自分が日本語を理解できないがために
かってに決め付けたから

539 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:35:43 ID:FeUzzno4

 ウヨサヨも皆同胞と思う世になど波風の立ち騒ぐらむ

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:36:40 ID:DD5xG9ec
けんかするやつは硫黄島送りだ!

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:36:48 ID:pgAKb4qT
>>535
低脳のくせに俺にレスするな
この小汚い恥知らずの民族が
この国に住まわせてもらってるんなら感謝しろ
税金のいっちょでも払えよ
この乞食が

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:36:56 ID:GF5utTRu
よくわからないが人類の完全平和実現はまだ遠い。

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:37:41 ID:qYQvF/5A
>535
『こんな侮辱を受けたら許さない』

さぁさぁ、チョンの決め台詞が出ましたよ。

544 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:37:41 ID:bg8DgLmB
>>538
>>497はかまをかけた。

見事に引っかかって正体を現したお前の負けだ。

彼の国の人間は、理性的に対処すべきところで全てファビョるから
正体がすぐわかるww


545 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:38:00 ID:MQbm3NHm
>>536
お前2ch発の裁判とか知らないの?
それとも自分は絶対に関係ないとでもおもってるのか?
個人情報とかマジ完璧か?

546 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:38:20 ID:ltUxSyGR
この映画見ながら
先日、靖国神社で観光気分で詣った事をハゲシク後悔した。
それでも、遊就館には胸を打たれた

この映画も胸をうつ
是非、隣国でも公開して多角的に見て欲しい
…蛍の墓ですらケチつけるから無理か

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:39:17 ID:MQbm3NHm
>>541
お前こそ低脳の汚い民族だろ
感謝しろよ雑魚が
税金払え糞が


548 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:39:50 ID:CD/8pwkJ
迷惑レスが240を突破。まだ記録は伸びるのか?!

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:39:54 ID:pgAKb4qT
だいたいだな、この映画はアメリカ人と日本人がみる映画だ
朝鮮人が何で割り行ってくるんだ
すっこんでろ

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:40:24 ID:qYQvF/5A
>545
うん。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:41:02 ID:pgAKb4qT
>>547
お前なんかどうせ在日の生活保護者だろ
いい加減に死ねばあ?

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:41:46 ID:bg8DgLmB


  栗林中将が降臨してこのスレを見たら、日本を守って玉砕したことを激しく後悔する事だろう





553 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:42:49 ID:FeUzzno4

 国の為重き務めを果たし得でネタ尽き果て散るぞ悲しき

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:43:11 ID:jU72WOsl
bg8DgLmB

コイツが一番の悪玉だろ。
コイツのせいで荒れだしたんだぞ。

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:43:45 ID:qYQvF/5A
映画が汚されていく。
ID:MQbm3NHmという、キチガイ朝鮮人民によって汚されていく(・_・、)

556 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:44:27 ID:MQbm3NHm
>>543
そうか、お前は朝鮮人にされても侮辱とも思わないのか
なぜなんだ?
もともと朝鮮人だからか?

>>544
釜かけたって言い訳手段
wの数が増えてきましたね
理性的に日本語を教えたのに馬鹿にはわからんからって
そんな言い訳はやめたら?

>>551
在日が市ぬならお前が死ななきゃナ
なんでも在日にしたがる在日君?



557 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:44:38 ID:cimCvHwZ
>>552
後悔しないよ、たった一部の基地外ごときで。

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:45:05 ID:8FCG4TEp
ID:MQbm3NHm
とりあえず、半角と全角の変換の仕方を覚えてから来い。
他人の書き込みを引用する時は、「>>」ってやるの。
「>>」じゃ何の意味もないんだが。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:46:15 ID:CD/8pwkJ
さあ、盛り上がってまいりました。
さすが土曜だけあって、バカウヨサヨの迷惑レスが250を突破!
どこまで伸びるかこうご期待!!

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:46:38 ID:MQbm3NHm
>>555
残念だね
朝鮮人じゃないからね
それからキチガイは誰かをはっきり読めうんこ
正論を言ったらウヨク、キチガイにするな

>>558
とりあえず、そんなことを突っ込むためにわざわざ書き込むお前って一体
ご苦労な請った

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:47:02 ID:bg8DgLmB
>>556

   いいや、人に後ろ指刺されるやましさが一片もないからだよ。



562 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:47:17 ID:pgAKb4qT
>>556
朝鮮人と話したくもないし、この映画は対アメリカって事で
じっくり日本人同士話したいんだよ
お前はここに必要とされないお邪魔虫なんだよ
そのくらい気がつけよ
そしてそっとこの場から離れろ

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:47:51 ID:MQbm3NHm
>>556
あなたどこに住んでるの?


564 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:48:22 ID:qYQvF/5A
>556
別に朝鮮人に間違えられても侮辱にはならないな。紳士的に訂正します。



分からないのは、間違ってないのに朝鮮人と言われて侮辱と騒いでキレる朝鮮人だ。

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:48:52 ID:GF5utTRu
まだ続くのかよw

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:48:55 ID:MQbm3NHm
>>562
日本人同士ならお前が消えなきゃならんじゃないか
ばかだなーおまえは

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:48:59 ID:bg8DgLmB


   常に泰然自若(頭の悪いお前らに読めるか?)としていられるかどうかで

   器が分かる。




568 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:50:01 ID:MQbm3NHm
>>564
それがさ、俺も訂正したんだけど、
日本語が分からない在日に認定されちゃったんだよ
まじ迷惑でしょ


569 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:50:15 ID:qYQvF/5A
>563
お前、住所不定かよwwwwwwwwwwwwww

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:51:18 ID:pgAKb4qT
>>566
だからとっとと消えろよ
いい加減にしろよな

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:51:55 ID:MQbm3NHm
>>565
多分やつはしつこいから、ずっと続くでしょう
まだ続くのかよw
って失笑できないくらい続くとおもいますよ


572 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:53:08 ID:MQbm3NHm
>>570
なにをいい加減にするのかわからない
消えればお前が
ただそれだけだ

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:54:51 ID:qYQvF/5A
>572
あ〜やっぱ日本語を完全に理解できないのね

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:55:37 ID:pgAKb4qT
>>572
だから言っているだろ
ここは日本人がアメリカとの戦いを振り返る場所であり
追悼の意も含めてじっくり話し合う場所だって

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:57:44 ID:MQbm3NHm
>>573
お前が消えればて言ってるのがお前は理解できない?

>>574
>>566


576 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:58:05 ID:bg8DgLmB


   後から来ておいて、いきなり先人の書き込みを在日認定。

   日本人がこんな無礼を許すとでも?



577 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:58:10 ID:jfR5MGOL
        ___
       ,∠==、ヽ `i'ー- .
      /    ヽ| 「`'ー、`ー、
       l     ミ| /   `ー、ヽ
      j     R|イ ー-、.  ノ7┐
      `Vハハハ/ヽ.「~ ̄ `''ァf‐┘
.         `、 }ー-`、__..._/::l
          `|:::::::|ヽ/l:;:;:;|
.            |::::::::l:::::::::::::::l
.            l::::::::l:::::::::::::::l
           l:::::::::l::::::::::::::l
           l;::::::::{:::::::::::::l
              `iiiiiiiハiiiiiiiij´
          ∠-、レ'ヽ〃〕


578 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:59:00 ID:pgAKb4qT
>>576
日本人なら囲碁だぞ

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:59:39 ID:bg8DgLmB
>>578


     囲碁は中国だろうがよ。




580 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 18:59:46 ID:qYQvF/5A
>575
誤爆多すぎ
指先プルプルしてるんですか?

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:00:32 ID:dBXG/wsO
伊藤博文の話題が出てからスレの流れがおかしくなったみたいw
彼は日韓併合には反対してたと記憶している。

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:00:43 ID:pgAKb4qT
>>579
そうか?
じゃあ将棋か?

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:01:42 ID:MQbm3NHm
>>576
日本人ならゆるさないな
俺は絶対に許さない

>>578-579
こらこら朝鮮人同士で県下すんな

>>580
してない。


584 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:02:04 ID:bg8DgLmB
>>582

そう書いたよ。



585 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:03:21 ID:bg8DgLmB
伊藤中尉を思い出したw

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:03:32 ID:pgAKb4qT
>>584
爺さんが囲碁5段なので正月に田舎に帰った時に
聞いてくるね
また合おう

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:03:54 ID:OUMNckpj
この映画って第一部をみなくても話しわかりますか?
デートにこの映画ってどう?

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:04:01 ID:qYQvF/5A
>582
俺はオセロを推します

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:04:21 ID:bg8DgLmB
>>586
囲碁は中国にも名人がいるぞ。
名人戦で見た。

590 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:04:33 ID:MQbm3NHm
>>586
また日本来る気ですか?

591 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:08:01 ID:qYQvF/5A
>583
>576
日本人ならゆるさないな
俺は絶対に許さない

適当なトコで許してあげるのが日本人

>578-579
こらこら朝鮮人同士で県下すんな

してませんな

>580

してない。

良かったねo(^-^)(笑)

592 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:09:30 ID:MQbm3NHm
>>591
あなたが良かったなら良かったんでしょ

593 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:10:45 ID:bg8DgLmB
さーーて、座も盛り上がりすぎて段々しらけてきましたねw

594 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:10:50 ID:qYQvF/5A
>592
うん。

595 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:11:35 ID:pgAKb4qT
>>590
いてほしい?
なら、ずっといようか?w

596 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:13:24 ID:MQbm3NHm
>>594
いや在日がいたら困るからそのまま帰ってくるな

597 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:13:51 ID:pgAKb4qT
よし!ID:MQbm3NHmの希望により
暫くいることにしたw

598 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:14:47 ID:KYsm2aD1
>>587
よっぽど映画好きのカップルでなければデートには不向き。

599 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:15:43 ID:lkbfx7OM
透明アボンは便利だな、ほんと。

600 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:17:19 ID:bg8DgLmB
>>587
できれば「星条旗」(第一部ではない)を先に見ることをお勧めします。

(「星条旗」と「手紙」は一部、二部と言う構成ではなく、同じ出来事を
それぞれ、米軍、日本軍側から見た構成)

601 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:17:43 ID:MQbm3NHm
>>597
どこを読めばいて欲しいと書いてあるんだ?
ばかでしょおまえ

602 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:17:52 ID:pgAKb4qT
>>596
在日いうてもな、おまえ伊原剛志みてみいな
立派やないか
11年前に帰化しているが俺より絶対に多く税金払ってるし
今回の映画でも過去があり、私たちは幸せに暮らせてますと言ってるぞ
少しはお前も見習いなよ

603 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:20:28 ID:MQbm3NHm
>>602
彼みたいにおまえも日本人になって頑張れホラ

604 :587:2006/12/23(土) 19:22:16 ID:OUMNckpj
レスありがとうございました。

605 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:22:32 ID:bg8DgLmB
在日、在日というがな。
工作員もおるのだよ。

工作員の方がたちが悪い。日本滅ぼす目的で来ているからな。

606 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:22:43 ID:pgAKb4qT
>>603
俺はがんばらなくても
日本人なんだ
がんばらなきゃいけないのはお前だ
まずは働け

607 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:23:35 ID:7ZVGK/XJ
しかし年寄り臭いスレだな

608 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:23:43 ID:MQbm3NHm
>>604
俺はがんばらなくても
働いているんだ
がんばらなきゃいけないのはお前だ
まずは日本から出てけ

609 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:24:01 ID:gAMmkWwk
キミたち!
http://www.youtube.com/watch?v=ph-qKLyJbkE
これ見て落ち着いて!

610 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:25:18 ID:pgAKb4qT
>>608
日本から出て行きたくても
国籍は日本なんだ
お前みたいに別の国籍持ってないんだな

611 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:26:32 ID:pgAKb4qT
>>605
創価だろ
創価は困ったもんだな
自民党も創価なしでは当選できないし

612 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:26:40 ID:bg8DgLmB
>>609
ブッサイクなキクチモモコだなw

最後のコメントに藁た

>Sucks. I wanna shoot this idiot.

613 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:26:50 ID:MQbm3NHm
>>610
嘘はダメ
がんばって帰国事業を立ち上げなさい
祖国に帰りなさい

つか、日本から出て行きたいのかやっぱり

614 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:28:45 ID:K7SZIPcE
>>587
デートなら「シャーロットのおくりもの」の方がいいみたいですぜ。

615 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:29:14 ID:pgAKb4qT
>>613
出て行きたいかも・・・
先祖様には悪いけどお骨持っていけないしね
この国は病んでるよ
先人に対して尊敬の念も抱けないなんておかしすぎる

616 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:30:19 ID:bg8DgLmB
>>613
お前、なにしにこのスレに来てんの?

映画、全然語ってねーじゃん。

617 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:31:27 ID:MQbm3NHm
>>615
半島はこの世の楽園です
はやく帰りなさい

618 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:32:09 ID:pgAKb4qT
>>616さん、まーいいじゃないですかw
映画より反日なんでしょう

619 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:34:01 ID:bg8DgLmB
>半島はこの世の楽園です

ん?

620 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:34:10 ID:MQbm3NHm
>>618
まーいいじゃないですか
あと反日なのは>>618だけですから
もうすぐ帰しますから

621 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:34:29 ID:pgAKb4qT
>>617
楽園をシャメで撮ってきてw

しかし、この映画は本当に後を引きずるね
見た後のほうが重い

622 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:35:15 ID:OWgo/+cJ
>>616
オマエこそ映画語れよw
自称馬鹿サヨがw

623 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:35:16 ID:MQbm3NHm
>>619
楽園だよ
嘘じゃないよ
だから帰りナよ


624 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:35:50 ID:qYQvF/5A
うわーまだ続いてるよ

625 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:36:26 ID:bg8DgLmB
>>622

過去レス10万回読み直してから出なおしてきな。


626 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:37:04 ID:MQbm3NHm
>>624
だからまだ続くといったじゃないですか
うわーなんてびっくり声出せないくらい続くとおもうよ


627 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:37:18 ID:KF4s02Bl
なんで此処、age厨ばっかなの?

628 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:37:55 ID:bg8DgLmB




そうか、やっぱり・・・・


629 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:38:19 ID:pgAKb4qT
この映画に反感もっている朝鮮半島の人は
当時日本人であり、遺族の人は軍人恩給もきちんと
受けた(受けている)はずなんだが、何か不服があるの?

630 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:41:27 ID:GF5utTRu
メシ食ってきたがまだかよ。おまいら頑張るなw

631 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:42:08 ID:bg8DgLmB
ひさびさのオモチャだ。楽しくてw

632 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:44:06 ID:pgAKb4qT
在日君逃げたか

633 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:44:53 ID:qYQvF/5A
>626
頑張れ糞野郎

もうアンタが日本人だろうが朝鮮人だろうが、どうでも良いや。
何人だろうが、アンタは糞野郎だし。

634 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:46:50 ID:bg8DgLmB
消えたか。

じゃ、飯食ってこよう。

635 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:47:27 ID:pgAKb4qT
この映画が元で
硫黄島ブームらしいね、ν速+で見たけど
何だか悲しい

636 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:49:20 ID:dBXG/wsO
>>611
創価のバックにはユダヤがいるしな。
郵政民営化で一番よろこんでるの奴らじゃないの?

637 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:49:58 ID:pgAKb4qT
水が一番のネックだたらしいけど、雨水は摂氏60度だというし
映画を見ただけでは語りつくせない部分が多いね

638 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:50:21 ID:MQbm3NHm
>>633
糞やろうが糞やろうと言うなよな

糞やろう

639 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:50:36 ID:pRKBqvg1
映画の話しようと書いたら消えろと書かれるってなんかまちがってね?

640 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:52:12 ID:MQbm3NHm
>>628
嘘じゃないからさっさと帰れ

>>630
応援ありがとう
朝鮮人帰国のため頑張るよ

>>631
お前の祖国はもっと楽しいぞ




641 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:52:27 ID:5i9JLcaa
MQbm3NH

bg8DgLmB

pgAKb4qT

以上、3匹の馬鹿がスレを汚したわけだな。

642 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:53:04 ID:pgAKb4qT
>>636
創価=悪魔でしょ?
日本の悪魔と神の戦いにおいては
神様が負けて悪魔が勝ったんだろう
舞鶴の稲荷もしかり


643 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:53:34 ID:MQbm3NHm
>>641
俺は馬鹿ではないがな
馬鹿がいるから俺がそいつらを正してるわけだ
分かったか馬鹿

644 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:53:44 ID:I4mrOrHb
yahooのレビューにアカウントを変えながら☆1つのレビューを投稿しまくってる奴がいるな。
なんでネガティブキャンペーンしてるんだろう?

645 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:57:25 ID:lkbfx7OM
>>643
スルー出来ない時点でアンタも同類。もちろんこんなレスしてる俺もな。
さてお三方をNGにするか。

646 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:58:01 ID:MQbm3NHm
>>643
スルー出来ない時点でアンタも同類。もちろんこんなレスしてるお前もな。

647 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:59:55 ID:dBXG/wsO
>>635
今日、本屋へ行ったら歴史関係の月刊書はほぼ全部硫黄島特集だったよw
アメリカから見れば、例の写真が撮影された場所として有名だろうけど、
日本側からみれば硫黄島なんてサイパンのオマケみたいなものだろう。
よく記録映画ででてくるバンザイクリフからの身投げシーンのほうが
ショッキングだった。

サイパン島をテーマにした映画を日本人の手で撮ってほしいものだ。

648 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:01:14 ID:5i9JLcaa
>>643
オマエが一番の馬鹿なんだよw

pgAKb4qT>>519のレスに
オマエが勘違いして喧嘩売ったから
荒れだしたんだろうが。

pgAKb4qTも馬鹿はスルーするなり間違いを正せば良いものを。

649 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:01:35 ID:pgAKb4qT
>>646
こいつ、面白いわw

650 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:01:51 ID:uuhPjLPr
Private Ryan Is Gone, and War Is Global
By STEPHEN HOLDEN
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24hold.html?ref=movies
So goodbye for now to Private Ryan and traditional Hollywood notions of
American go-it-alone heroism and "the good war" fought by "the greatest generation."


Here’s to the Ambitious and the Altmans
By A. O. SCOTT
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24scot.html?ref=movies
Working with a Japanese cast in their own language, Mr. Eastwood once
again gives his actors room and confidence to work, and they ?
Ken Watanabe in particular ? repay him, and the audience, with remarkable performances.

651 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:03:05 ID:MQbm3NHm
>>648
新たな敵が現れたか
まあ待て
相手してやるからとりあえず待っとけ馬鹿

>>649
あ、そうですか
それはようござんした
で、はやく出て行け

652 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:06:11 ID:ShkIVJhY
今月のスクリーンの批評記事見て思わず笑った。

「硫黄島の手紙」って題名なのに「手紙」部分があまり出てこなくて、
スクリーンに一枚の透明な膜が貼っているでなんだかなー だそうです。

あれでお金貰って記事書いてて恥ずかしくないのだろうか。
ここにいる人たちのほうがよっぽどちゃんと映画を理解していると思う。

653 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:08:12 ID:pgAKb4qT
>>652
それって演出じゃないの?

654 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:10:00 ID:pgAKb4qT
>>651
先に出て行くのはお前と思うよw

655 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:11:25 ID:hI8vWONr
>>130
あんま、考えなしで万歳とかすんな。

656 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:12:11 ID:NGZdiLIU
>>652
>ここにいる人たちのほうがよっぽどちゃんと映画を理解していると思う。

そうでもないだろ
手紙は肝心なんだが

657 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:14:23 ID:5i9JLcaa
>>655
オマエ何様だ?
他人の内心に干渉するな馬鹿がw

658 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:17:29 ID:XlQ1kESM
硫黄島叩きが増えてきたな

659 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:18:33 ID:MQbm3NHm
>>654
先にも後にも俺は出て行かん

660 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:21:45 ID:j0x6F6At
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。        
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた        
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ         

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある        

                                     
                               by クリント・イーストウッド   

661 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:42:26 ID:CD/8pwkJ
只今迷惑レスが330を突破!
全体の半分、新記録だ!

662 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:43:39 ID:ZZxrjbYn
今見てきて帰ってきました
最後に二宮が薄笑いを浮かべてたとこが印象に残りました。
それとワタナベが「天皇陛下万歳」する姿勢が勉強になりました
あと手榴弾で自決する場面ですがやり方の手順が決まっていたんですかね

663 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:44:46 ID:WIJQxhvY
>>660
そらイーストウッドが間違ってる。
あのままフセインがのさばったままで、いい結果であった筈がないよ。

664 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:45:22 ID:69MJKOrK
ワシは実際に中将や兵士が硫黄島から送った手紙もそうじゃが
この映画自体が現代の人におくる手紙(メッセージ)だと思い
題名とマッチした内容だと感心してたわい

665 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:47:11 ID:j0x6F6At
>>663
硫黄島の米軍施設からの書き込みですか?
反米感情を抑えるお仕事ご苦労様です

666 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:47:25 ID:f2Hoe6pF
これって果たして反戦映画と言えるのか?

667 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:50:45 ID:E7r2Bti2
>172
沈黙したままでの襲撃なんてのはよっぽど練度の高い部隊じゃないとできないよ。
叫ぶのは恐怖心をごまかす為と敵をビビらせて自分たちの被害を減らす為。

そのメリットを捨ててまで攻撃できる部隊なんてのはそうそういない。

668 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:51:57 ID:GF5utTRu
>>663
心配するな。それインタビューのつぎはぎだし。続けていったわけじゃない。
勝手にくっつけてるだけ。イーストウッドは共和党員。しかしリバタリアンが共和党
から距離をおいたのでそうなった。

669 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:53:43 ID:GF5utTRu
>ばんざい突撃

夜中の2時。混乱をさそうため。ばんざいは攻撃と同時。

670 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:55:27 ID:cgJnWKho
西郷がラストの場面で笑ったのは
目に入った夕日の美しさに色々な思いが錯綜して、その結果癒された思いをしたからじゃないのか?
つか、摺鉢山の位置ってのは硫黄島の南西端だよな
西郷が担架で下ろされた場所ってのが南東側の海外だとして、あの角度に夕日が沈むのって不自然じゃないか?

671 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:56:48 ID:3ITTKz7/
>>670 細かいなお前

672 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:57:55 ID:NGZdiLIU
何度でも云おう

朝日だっての

673 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:01:18 ID:f2Hoe6pF
まあ何だかんだ言っても、ただのフィクションに過ぎないんだけどね。
半世紀後に何も知らんやつらが手前勝手な後付け解釈してるだけの話。
そこんとこ忘れちゃいかんよ。

674 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:01:33 ID:KYsm2aD1
え、朝日なの?!
「戦いすんで日が暮れて」って感じだと思ってた。

675 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:05:57 ID:cimCvHwZ
ネタじゃね?>朝日

676 :呪う居留守 ◆gKAt9lPJHg :2006/12/23(土) 21:18:02 ID:gmxTj/VL
今日見てきたけど
島で起こった一部始終を映像化しただけって感じで
いまいち内容が薄い感じを受けた。
大和見たときはもっと感無量になったもんだが…

677 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:19:44 ID:ShkIVJhY
>674
散々ガイシュツなんだけど、
硫黄島からすり鉢山を右に太陽を左に見る朝日なんてないよ。
すり鉢山は硫黄島南西端です。

678 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:23:10 ID:GF5utTRu
まっ目新しい情報は書いてないがとりあえず


話題の「硫黄島」米で公開−アカデミー賞レースも期待(12/21 10:38更新)

 【ロサンゼルス20日共同】太平洋戦争の激戦地、硫黄島を舞台に日本側からの
視点で戦争を描いたクリント・イーストウッド監督の意欲作「硫黄島からの手紙」が
20日、米国で公開。既に主要な米映画賞を獲得、アカデミー賞レースでも期待が
高まっている。

 渡辺謙さんが演じる硫黄島守備隊の指揮官を中心に展開する物語は、命を軽ん
じ無謀な攻撃を仕掛ける従来の旧日本兵のイメージを変え「敵を人間としてとらえた
」などと評価が高い。

 先に、硫黄島で戦った米兵士を主人公にした「父親たちの星条旗」を公開しており、
一つの戦争を2部作として日米の両側から描く試みも話題を集めている。

 「硫黄島からの手紙」は今月、全米映画批評会議とロサンゼルス映画批評家協会
の最優秀作品賞を獲得、来年2月のアカデミー賞でも候補入りが確実視されている。
http://www.hokkoku.co.jp/newspack/kurasi2006122101000176.html




679 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:23:22 ID:eW4F8Tag
確かに重い内容なんだが戦勝国の作った敗戦国の映画って何だか
滅んだ後のアメリカインディアンを持ち上げる某映画に似てる。

もう恐れる相手でも何でも無くなったってことかね。

680 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:23:29 ID:wOqeCA8e
硫黄島見てきたー
これ日本人でもわかんないところが結構あるのに
アメリカ人理解出来るのか?ってのが感想
あとラスト、二宮だけ生き残ったのが正直肩透かしというか
唯一しこりが残ったかな。別に死んで欲しい訳じゃないけど
生きても死んでもあの最後は締めとして物足りない感じがある
手紙掘り出した時は泣いたけど

681 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:24:17 ID:EUksKy1u
西郷が微笑んだのは色んな意味があるんだろうね。
クリントはそこを見た人に考えてもらおうって魂胆なんだろう。
栗林中将の「二度あることは三度」の通りになったってことも
微笑みの要因の一つと考えた。

682 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:26:37 ID:eW4F8Tag
>>680
二宮だけじゃなく獅童もだよ。
いちばん死にたがってた奴が生き残る皮肉。

683 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:27:10 ID:4cebjW+J
リチャード・コリス&リチャード・シッケル
タイム誌

「硫黄島プロジェクトの結果は非常にユニークなものだった。その戦争で戦った人々、
戦争から生まれたプロパガンダ、そしてその戦争が迎えた恐ろしい結末。全てが二つ
の側面から語られたのだ。
イーストウッドの監督スタイルには特徴がある。私見をほとんど挟まない。
大袈裟に誇張したり、演説ぶったりもしない。兵士たちの名誉…どれ程常軌
を逸したものであっても、どのような指令であっても、従わねばならなかった
彼らの、忌まわしい物語をただひたすらに語るのである。
『父親〜』も『硫黄島〜』もイラク戦争のメタファーとして受け取ることができる。
映画は地獄のような危険な状況で、生きていられることが最上の喜びで、
唯一できることであることを描いている。」

684 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:29:11 ID:4cebjW+J
トッド・マッカーシー
ヴァラエティ誌

「なぜ戦争が起きたのか、そこには抗いがたい理由があった。しかし『硫黄島からの手紙』
では、生き残って帰る望みがないと知りながら、それでも家に帰りたいと願う日本兵たち
の姿を描いている。渡辺謙は、賢く想像力に富み、常に先を見越した温和な栗林を美しく
繊細に演じている。破滅の運命をたどる中で、彼が見せる落ち着きの表情は素晴らしい。
伊原剛志は地獄のような状況下でも尚、自身のスタイルを変えないような好人物として
描かれており、それに対して二宮和也は単純で直情的な、親しみやすい兵士を生き生きと
演じている。
『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』の二作品は、正真正銘の堂々たる偉業
である。これらは戦争というものを真正面から見据えている。戦争の必要性を否定する
のではなく、戦争が引き起こす人間の死を悼む作品となった。」



685 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:30:19 ID:4cebjW+J
デビッド・アンセン
ニューズウィーク

「クリント・イーストウッドは『硫黄島からの手紙』で、日本側の視点から硫黄島での
戦いを描いている。『父親たちの星条旗』と対になる作品として、また、1つの作品と
しても成立している。どちらにせよ、前例のない、悲しみに満ちた残酷な美しい挽歌で
あり、もっとも素晴らしい反戦映画だ。
『父親たちの星条旗』が複雑な構成であったのに対し、『硫黄島からの手紙』はより感情
に訴えかける作品だ。素晴らしい演技と、静かな揺るぎない視点から描かれたこの作品は、
政治を超えた先にある、かつて我々が「敵」と呼ばなくてはならなかった人々の心の中を
見つめている。そしてそれは同時に我々自身の姿も映し出すのだ。」


686 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:30:56 ID:3ITTKz7/
レベル低いコメントばっかりだなw
無知なおばさんの意見みたいで笑える

687 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:30:59 ID:ae/drDLq
教訓1                    作詞 加川良

♪命はひとつ、人生は一回、だから命を捨てないようにネ
慌てると、ついふらふらと、お国のためなのと言われるとね

青くなって尻込みなさい、逃げなさい、隠れなさい

お国は俺たち死んだとて、ずっと後まで残りますよね
失礼しましたで終わるだけ、命のスペアはありませんよね

青くなって尻込みなさい、逃げなさい、隠れなさい

命を捨てて男になれと、言われた時にはふるえましょうよね
そうよ、わたしゃ女で結構、女の腐ったので構いませんよ

青くなって尻込みなさい、逃げなさい、隠れなさい♪


若気の至りだよなぁ・・・(・ω・` )

688 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:31:40 ID:4cebjW+J
リサ・シュワルツバウム
エンターテイメント・ウィークリー誌

「イーストウッドは常識を覆す映画制作方法と熟練した優美さで、多くのことを最小限
の動きで描ききることに成功している。『硫黄島からの手紙』は、シンプルかつ大胆に
描き、観る者を魅了する。それは日本側の視点で、同じように悲嘆に暮れる母から生ま
れた兵士によって戦われた西洋の戦争を鏡写ししている。」



689 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:32:47 ID:4cebjW+J
ピーター・トラバース
ローリングストーン誌

「『硫黄島からの手紙』は、冒頭から最後まで、まるで詩のように、日本兵の精神や
隠された想いを打ち明けていく。我々は、兵士たちのヘルメットに響く敵弾の恐怖、
そして投降するより自決を選ぶ兵士たちの姿を見るだろう。イーストウッドの映画は、
細部にわたり正確な描写で焼き付ける。結果はユニークで忘れがたい作品になった。」


690 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:35:05 ID:GF5utTRu
>ID:4cebjW+J



691 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:35:52 ID:xdUg3YL9
wikiにもよろ>>683-685 >>688 映画評ページでいいかも
ttp://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list

692 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:36:47 ID:GF5utTRu
>>686
まあいろいろなコメントあるが、英語わからん人にも訳してくれてる
やつねぎらってやれよ

693 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:37:35 ID:Sb6c6pm3
>>683
>>684
>>685
>>688
>>689

CNN:「硫黄島への手紙」が一部の人への怒りを買っている

694 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:39:02 ID:4cebjW+J
いや、映画のHPからの転写です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/review/index.html


695 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:43:52 ID:xdUg3YL9
そりゃ買うだろうな>>693
特に硫黄島で戦死した米兵の遺族とか、あちらのウヨさんはカンカンに怒るだろう
『父親』でも相当保守派から叩かれたと思うし

周辺国からのバッシングが怖くて「バンザイ」も「○国で会おう」も言わせられない某国の監督連中より
叩かれることを覚悟で撮った勇気だけでも褒めてあげるべきだと思うが、、、

696 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:43:58 ID:BP/CgGRa
>>683>>684>>685>>688>>689
ID:4cebjW+J氏、有難う。
本当に向こうの各紙(誌)で絶賛されているんだな。
ところで、これらが日本語で読めるサイトがあるんだろうか。



697 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:45:25 ID:GF5utTRu
>>694
いやフカシかと思って原文覗きに行ったらちゃんとそのまんま訳してたんで
ちなみにTIMEのやつは短く、たくさん列挙してとりあげてる映画のコメントの中の
一つで、硫黄島専用のものではない。こんなんでCNN云々も糞もない。

698 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:45:47 ID:4cebjW+J
>>696
694に示しているHPです。

699 :696:2006/12/23(土) 21:47:51 ID:BP/CgGRa
>>698
有難う。

700 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:54:05 ID:dBXG/wsO
>>678
> 渡辺謙さんが演じる硫黄島守備隊の指揮官を中心に展開する物語は、命を軽ん
>じ無謀な攻撃を仕掛ける従来の旧日本兵のイメージを変え「敵を人間としてとらえた
>」などと評価が高い。

ハリウッド映画が、そういった日本人のイメージを植えつけたんだろが!
ユダヤ系資本のハリウッドで、どうやってクリント・イーストウッドが
このような映画を撮れたのか、そっちのほうが不思議。

701 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:57:05 ID:4IkGkbsq
>>700
これから日本をつぶすから、最後のはなむけ

702 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:02:03 ID:3ITTKz7/
>>701 どゆこと?

703 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:03:01 ID:4IkGkbsq
何も教えないから、つぶせるんだよ。

704 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:05:00 ID:Sb6c6pm3
>>702

答え:南京大虐殺映画。

705 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:05:42 ID:4cebjW+J
>>701
違うと思うぞ。
仮想敵国である中共、ロシアが経済的にも力を付けつつあり、軍事的なアドバンテージを
いつまでも保つことができなくなる可能性がある。
そこで、日本を必要とする。
日本は経済的にも地政学的にも絶妙の位置にいるからな。

706 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:06:29 ID:7ZVGK/XJ
これでオスカー取れなきゃ拍子抜けだな

707 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:10:36 ID:FeUzzno4
>>702
戦後日本の高度経済成長は緒戦の勝利に過ぎなかった。
バブル崩壊はミッドウェイと同じターニングポイント。
これからアメリカの大反攻が始まるんだ。

「景気は順調に回復」という大本営発表に踊らされるなよw

708 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:12:37 ID:3ITTKz7/
>>704 そんなのやるんだ、絶対見たい。

709 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:14:31 ID:NZn++O7l
またいつもの流れか('A`)

710 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:16:54 ID:4IkGkbsq
洗脳なんて簡単

711 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:19:02 ID:3ITTKz7/
しかし、この映画の悲しいテーマが頭から離れない・・。

712 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:19:11 ID:GF5utTRu
まあ核保有云々の時に「第二次世界大戦は終わった」という題で日本の核保有に賛成
する論説も出てたな。

713 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:19:19 ID:4cebjW+J
>>704
戦前もそうだが現在も中国とのプロパガンダ合戦には完全に負けているね。
なぜ、日本人は情報戦に弱いのだろう?
石原莞爾は著書の中で、戦国時代の情報戦は欧米列強も真っ青な情報戦を展開していたが、
江戸時代の太平がそれらの資質を完全に奪ったと述べていたが。


714 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:19:57 ID:NZn++O7l
reina- Thu, Dec 14, 2006 at 10:04 AM EST
Ahh the soul of the movie is not even in the list of actors...
Ninomiya Kazunari appears next to Ken Watanabe in the movie trailer.

Yuri- Thu, Dec 14, 2006 at 7:11 AM EST
I agree, its rather short. It has already won awards as the best film
(e.g. National Board Review and LA Film Critics), so a longer one would
have been nice. Also, Kazunari Ninomiya should be included in the list of actors.
His role is important in the film, and he's more than a "J-pop star" and "a charmer."

http://www.ew.com/ew/article/review/movie/0,6115,1569406_1_0_,00.html?pageName=/ew/article/review/movie/0,6115,1569406_1_0_,00.html&page=1&boardName=/ew/article/review/movie/content/0,9508,1569406___,00.html

一般のレビューサイト見つけたけど、ジャニオタっぽいのがいっぱい海外まで出張してる('A`)



715 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:22:07 ID:3ITTKz7/
チベット人大虐殺のほうが題材としてはいいのに。

716 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:22:33 ID:eImO5ps6
栗「ここはまだ日本か・・」
西「はっ・・すでに米軍の手に落ちております・・」
栗「欧米か!」

717 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:22:46 ID:4IkGkbsq
日本は直接の戦闘は強いが、情報性に弱いね。

718 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:25:02 ID:GF5utTRu
>>714

ほらwNinoの嵐だぞw

http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=letters+from+iwo+jima+%22nino%22

719 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:28:24 ID:mz14TeBD
アメリカ人にとって戦時の日本は北朝鮮なんだよ。

つまり、今の日本におきかえてみれば、キチガイだとおもっていた
北朝鮮のことをあいつらも国や家族をまもるりっぱな国民なんだ
といっていると同じなんだよ。

だから衝撃的なことなんだよ。


720 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:28:32 ID:u04UsO7F
3ITTKz7/ →在日か特定アジア人確定w

絶賛コメントへの反応↓
686 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 21:30:56 ID:3ITTKz7/
レベル低いコメントばっかりだなw
無知なおばさんの意見みたいで笑える

「南 京」キーワードへの反応↓
708 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 22:12:37 ID:3ITTKz7/
>>704 そんなのやるんだ、絶対見たい。

721 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:30:54 ID:hcsWm/ew
>>719
いまだって北朝鮮のトップはたしかに極めつけのキチガイだと思ってるけど
国民全体をキチガイだと思ったことはないけどなあ。
たまたまあんなところに生まれてくるとは不運な、とは思うけど。

722 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:32:45 ID:GF5utTRu
>>719
ちと違うんでないの? 日本は情報封鎖はしてないし、海外の事情もわかってたし、

戦時中でさえ、治安維持法反対の記事が公に出されていた。もちろん政府批判も。

723 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:33:10 ID:KyQQT3jh
>>682
あれ獅童と別の部隊の隊長も実は生きてたんじゃなかったっけ?

724 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:36:55 ID:u04UsO7F
もう一人見つけた。
Sb6c6pm3 →在日か特定アジア人確定w

221 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 11:34:33 ID:Sb6c6pm3
アメリカでの興行見事にコケてるなぁ。

704 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 22:05:00 ID:Sb6c6pm3
>>702
答え:南京大虐殺映画。


229 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 11:52:09 ID:Sb6c6pm3
CNNで手紙は一部の人の怒りをかっているって言ってたな。
でも詳細は無かった。

693 :名無シネマ@上映中 :2006/12/23(土) 21:37:35 ID:Sb6c6pm3
CNN:「硫黄島への手紙」が一部の人への怒りを買っている





725 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:38:55 ID:3ITTKz7/
>>720 てめーなんで俺が在日なんだよw 南京映画を見たいという意味は
どんな捏造映画か見たいだけに決まってるだろボケ。それに715のレスも見ろや!

726 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:41:28 ID:GF5utTRu
おいおいもうやめてくれよ(泣)

727 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:47:10 ID:dBXG/wsO
>>713
>戦前もそうだが現在も中国とのプロパガンダ合戦には完全に負けているね。

戦前の中華民国(蒋介石)にしろ、共産党(毛沢東)にしろ、バックに
ユダヤ人が指南してたんじゃなかったかな?
日本を悪に仕立て上げて、アメリカ世論を反日に導く手法だ。

タイムライフ誌で有名な「上海駅構内で泣いてる赤ん坊」の写真もヤラセ
だったらしいし(ユダヤ人が絡んでいるらしい)。

今の中国共産党のプロパガンダもユダヤ手法そのまんまだ。

728 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:48:16 ID:GF5utTRu
陰謀論は苦手なんだわw

729 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:48:38 ID:FeUzzno4
>>721
北のトップは頭いいし国と国民のことを考えていると思うよ。
成り行き上ああいう政策を取っているだけだろう。
後戻りができない状態に追い込まれつつあるのは戦前の日本と同じこと。

730 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:49:48 ID:1e3codry
>>726
>>542 に戻る

731 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:51:16 ID:GF5utTRu
>>729
頭悪いと思う。国を豊かにする術を知らない。

あと外交が上手とかいうやついるけど、そりゃそうだ。

世論も新聞も野党もじゃまするもんがいねえよ。楽ちん楽ちん

>後戻りができない状態に追い込まれつつあるのは戦前の日本と同じこと。
これは同意。

732 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:53:43 ID:GF5utTRu
>>730
そうなったら年賀状作り終えたあと明日の平和を祈りつつ寝るw

733 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:54:44 ID:do2h1+RU
>>729
> 北のトップは頭いいし国と国民のことを考えていると思うよ。
んなわきゃあない。

> 成り行き上ああいう政策を取っているだけだろう。
どこからそんな見方が?

> 後戻りができない状態に追い込まれつつあるのは戦前の日本と同じこと。
日本は「追い込まれた」。北朝鮮は「自らを追い込んだ」。

734 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:00:11 ID:avjdA/KZ
>>733
ヨーロッパに留学してたときの同級生によると
アタマも良いし人間性も良いそうだ。

ヒネた考え方をするのも良くないが、マスコミに流されすぎるのもどうかな?

735 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:01:42 ID:XR2lGhbT
>>679
俺もそう思った。
「ラストサムライ」とかもそう。
ジャパンバッシングの時代はニッポン人を小馬鹿にした映画が多かったよね。

ちなみに、この映画では親米派(栗林や西)がスマートに描かれている。
それ以外の日本人はカッコ悪く表現されている(「いいか、衛生兵を狙え!」)。
やはり日本人が監督しないとね。

736 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:04:10 ID:wOqeCA8e
>>729
頭悪過ぎるよ・・・・・・

737 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:04:32 ID:ZKY2BL+n
>>733
>日本は「追い込まれた」。
日本が追い込まれた理由ってのが、
黄色人種のくせに先進国になって満州やらで利権とって白人気取りすんな
っていう理由っていうのが、腹立つんだよな。
もし日本人が白人だったら満州だけであれだけ追い込まれんよ
でも日本が明治以後とった行動っていうのは、何百年後か白人以外の人種に必ず評価されるんだろうな............中国、朝鮮除いて

738 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:04:38 ID:GF5utTRu
>>734

彼は政治を司る人間なんだから結果を出さなきゃ政治家として賢いとはいえない。
結果が出ていないことぐらいマスコミに頼らなくてもわかる。

739 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:04:56 ID:VVUQNzSQ
今の俺の人生がバラ色に思えるような映画だった

740 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:05:48 ID:hcsWm/ew
>>734
>ヨーロッパに留学してたときの同級生によると
>アタマも良いし人間性も良いそうだ。

それもマスコミの報道じゃないの?その同級生の知り合い?

一留学生としての人格・能力と国のトップとしての人格・能力は当然別物。
前者としては優れていても、後者としてはダメダメなんてよくあること。
いまは後者としての評価が問われているんだと思うけど。

741 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:07:48 ID:lkbfx7OM
>>735
それ以外の日本兵ねえ?大久保さんを見てなかったのか?

742 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:08:18 ID:GF5utTRu
まず時代背景と倫理観が違うわな。アメリカでも加州日本移民排斥、黒人差別
人種平等案の拒否。英も蘭も堂々と人種差別をし、侵略してた。
みーんなそんな国ばかり。

日本が追い込まれたのは、利権争いの歯車が狂ったにすぎない。

現在の北朝鮮とはそういう意味でちと違うな。

743 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:10:11 ID:FeUzzno4
>>738
うまくいっていない国のトップを馬鹿にするのは誰にだってできるさ。
問題は自分がその立場なら何ができるかということ。
金正日と安部晋三と天皇陛下とブッシュ大統領とフセイン元大統領の頭の良さに
順番をつけることなど凡人の漏れにはとてもできないね。

まあノムタンは馬鹿だと思うけどw

744 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:10:42 ID:avjdA/KZ
>>740
> それもマスコミの報道じゃないの?

まさしくその通り。
だから、”流されてはいけない”と言っている。
良く北朝鮮の「コッチェビ」が取り上げられて、北朝鮮の国民が不幸ないわれ方をしているが、
山谷と隅田川沿いのホームレスはどうだ?

745 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:10:52 ID:GF5utTRu
>>739
何気にいいコトいうな。いじめごときで自殺するやつまとめて映画館に放り込んだらいいかも。

746 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:12:37 ID:/YD53NXX
最後まで運の良かった二宮
最後まで卑怯者だった指導

しかし撮影は俳優さん達、大変だったろうな

747 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:13:57 ID:GF5utTRu
>>743
>うまくいっていない国
いや許容限度越えてるだろ?あの国はw

748 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:15:26 ID:do2h1+RU
>>744

> 良く北朝鮮の「コッチェビ」が取り上げられて、北朝鮮の国民が不幸ないわれ方をしているが、
> 山谷と隅田川沿いのホームレスはどうだ?

いや・・・レベルが違うよレベルがw

749 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:15:31 ID:BYCVVwlB
>>743
安倍晋三は明らかに格落ちだろう。
家庭教師をつけて成蹊大だぞ

750 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:16:56 ID:hcsWm/ew
>良く北朝鮮の「コッチェビ」が取り上げられて、北朝鮮の国民が不幸ないわれ方をしているが、
>山谷と隅田川沿いのホームレスはどうだ?

いやそれ比較できるくらい同レベルだと本気で思ってる?

751 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:17:10 ID:7ZVGK/XJ
アメリカで客入ってんの?これ

752 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:18:52 ID:WX3heJIP
>アメリカで客はいってんの?これ

さぁ?
客入りはどうだろうね

753 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:19:34 ID:GF5utTRu
>>751
まだ全米で5館でしか上映してないから。それで25位ぐらいだから入っていると言えば
入ってるんじゃないの?他の映画は何百、何千れべるだし。

754 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:22:38 ID:FeUzzno4
ベトナム戦争が始まった頃、アメリカをはじめとする西側の人々はホーチミンのことを
世界の平和を乱す極悪人だと思っていた。
58年前の今日、池袋で処刑された人たちだって、もし日本が戦争に勝っていれば
英雄だったわけだ。
テロリストと呼ばれていたPLOのアラファト議長だってノーベル平和賞を受賞した。
現状だけを根拠にして金正日を無能と評価するのはまだ早いと思うぞ。

755 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:24:05 ID:gnqDprjl
>750
ホームレスに関しては、日本の方が大規模で、景気が良いにもかかわらず増えている。
もちろん、彼の国ではそう言う立場になったら長生きできないと言う事情はあるとは思うが。

ここのところの日本の政治は明らかに失敗している。

756 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:26:28 ID:GF5utTRu
>>754
そんな先のコトはどうかわからんから現在の判断で考えりゃいいの。
それじゃどこの国も批判できなくなるぞ? アメリカもフランスもイギリスもね

757 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:27:30 ID:do2h1+RU
>>754
金正日は無能ではなく、極悪人。

>>755
ホームレスの数じゃなくて生活レベルの話なんだが。

758 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:30:28 ID:GF5utTRu
>>755

硫黄島で自殺しないやつもいるし、教室でいじめられたから自殺するやつもいる。

客観的に見てどっちが不幸なのかね?

そういう問題。

日本ではあえてホームレスを選ぶやつもいる。ニートを選ぶやつがいる。
そんなやつは自分を吹こうと嘆くが、アフリカの貧民からみたらどうかね?

そういう問題。

759 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:30:37 ID:FeUzzno4
>>756
批判はあくまでも自分の国の視点からしかできない一面的なものさ。
彼らには彼らの立場があり、思いがあり、理想がある。
たとえ失敗したとしてもそれはそれで尊く否定されるべきものではない。
この映画はそういうことが言いたかったのではないかと思うね。

760 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:31:33 ID:COR+K4zd
>757
生活レベル?
アメリカ流の大量消費文化を幸福だと考えるなら、
北朝鮮ばかりでなくほとんどの国は不幸だ。


761 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:33:07 ID:GF5utTRu
>>759
いやこの映画と北朝鮮とをリンクされても困る。

北朝鮮の場合は彼等じゃなくて「彼」だろ?

762 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:33:08 ID:EfJzSc7e
>>739
良かったなw

763 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:35:29 ID:GF5utTRu
どの国が幸福かどうかは人口移動が決め手。

一生懸命他国人が入らないように苦労している国は幸せで、

国民が一生懸命国外脱出をしようとしている国は不幸な国。

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:37:39 ID:FeUzzno4
>>761
金正日が本当に独裁者なのかどうかなんてわれわれにはわからないじゃないか。
天皇陛下や東條首相のことを極悪人だと思っていたアメリカ人もいただろうが、
日本には結局のところ独裁者などいなかった。
あの国が一枚岩だと単純に信じるほうがどうかしていると思うね。

765 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:40:08 ID:GF5utTRu
>>764
20年以上政治の実権を握っているということで独裁者だとわかる。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:40:36 ID:OY/YVsXE
次々に判断基準が変わるんだなw
まあ、いいか
金持ちがアメリカに移って、企業が生産拠点を東アジアに移す日本は微妙だな。
何と言っても資源がないから仕方ないが。

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:41:51 ID:FeUzzno4
>>765
じゃあ天皇家は2000年以上だぞ。
少なくとも形の上で、外部の人から見る限りは。


768 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:44:34 ID:GF5utTRu
>>766
>金持ちがアメリカに移って、企業が生産拠点を東アジアに移す日本は微妙だな。

金持ちが移るのは生活苦のためじゃないから関係なし。
企業が生産拠点移すのも話の次元が異なる。

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:45:42 ID:GF5utTRu
>>767
2000年も生きていないよ。そして天皇家は政治の実権握っていない。

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:46:14 ID:27YAo4eR
サントラってどこかで買えますか?
映画館には無かったようです。

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:46:37 ID:3mRUjw/d
この映画のシーンで手紙が土の中から発見されるシーンあったよね??あれって本当に発見されたの???教えて下さい!!

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:47:16 ID:ys6BhMfF
>>767
釣れますか?
この時期の夜釣りは寒いですね。

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:49:03 ID:Sz2Noy67
>>771
まじ

774 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:49:05 ID:FeUzzno4
>>769
金正日が政治の実権を握っているという確証でもあるのかい?
少なくとも軍部との軋轢は指摘されているよね。
そもそも現代の政治において一人の人間がすべての決定権を持つことなど
事実上不可能だと思うのだが。

775 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:52:24 ID:GF5utTRu
>>774
実験は握ってる。重要な会談に出てくることで分かる

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:54:56 ID:ZxsT8Age
あのさー
さすがに北朝鮮の情勢はスレ違いだくらいのことは考えて欲しいんだけど。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 23:56:12 ID:GF5utTRu
スマンやめる

778 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:00:00 ID:jrZeCIK9
硫黄島の遺品でアメリカ人から遺族に返還された旗

http://www.iwojima.jp/hinomaru/hata.jpg

779 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:00:34 ID:FeUzzno4
>>776
スマソ

780 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:12:27 ID:8b8XUp8i
この映画どこで撮ってたの?
まさか硫黄島ではあるまい

781 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:15:25 ID:/9sokmle
>>780
一部は硫黄島で撮ってるはず。渡辺謙が上陸したら動揺しまくったって公式に書いてあったよ。

782 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:15:30 ID:PRBRztew
クレジットに硫黄島とカリフォルニア南部と出とる。

783 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:15:32 ID:md7FY8Id
Rocky' helps studios score holiday film knockout
By Rick Warner, BLOOMBERG NEWS
Article Last Updated: 12/23/2006 06:21:57 AM PST
http://www.insidebayarea.com/bayarealiving/ci_4891508
THE tidal wave of holiday movies crested this week with six major releases,
including the second part of Clint Eastwood's Iwo Jima saga, Robert De
Niro's history of the CIA and Sylvester Stallone's Rocky farewell.

Here's a brief rundown of the highlights and lowlights:

'Letters From Iwo Jima'

Memorable line: "There's nothing sacred about this island. The Americans can have it."

Summary: After making "Flags of Our Fathers" about the U.S. soldiers who
raised the flag on Mount Suribachi, Eastwood gives us the famous battle
from the Japanese point of view. Based partly on letters written by Lt.
General Tadamichi Kuribayashi, the film shows how the Japanese soldiers
became sacrificial lambs in a lost cause.

Cast: Ken Watanabe, who plays Kuribayashi, will be familiar to U.S. audiences
from his appearances in "Memoirs of a Geisha" and "Batman Begins."

Verdict: Eastwood humanizes the U.S. enemy, usually portrayed as ruthless robots, in a tour de force.

784 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:16:30 ID:DOZhW5XM
>>780
洞窟やらは違うだろうけど硫黄島で撮影が行われたのはほんと。パーセンテージはわからん

785 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:19:45 ID:xUXAQUK8
まるで日本人が作ったみたいな映画だったな。
アメリカの悪い部分も描いてるし。

見ている最中は「アメリカ憎し」とか思ってたが、冷静に考えると、
そういう内容の映画をアメリカ人が作ったっていう事実がすごいよな。
何が何でも自国が正義のアメリカ人でも、世代が交代して太平洋
戦争が風化しつつあるってことか。

786 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:20:14 ID:bucCvQ58
第三国での評判も知りたいね

787 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:20:48 ID:Gp5AmtJ7
あのさ、何とかって雑誌の1月号は硫黄島の特集ってこのスレで何度も見てて、
「行けばすぐ分かる所にあるんだろう」なんて気軽に考えてたら
硫黄島関連の本すらどこにあるか分かんなかった・・・・
(武士の一分のコーナーはあったのに・・・)
で、何て名前の雑誌だったか教えて下さい。すいません・・・

788 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:21:17 ID:JxqBwLAK
渡辺謙のキャスティング決定の経緯は想像できるんだけど、他の俳優はどうゆう点が決め手になって
キャストされたか知ってる?もちろん、オーディションだろうけど、「彼・彼女の此処が気に入ったので」みたいな
発言とか監督はしてた?知ってる人はいる?


789 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:21:29 ID:8b8XUp8i
>>781
>>782
>>784
アリガト

790 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:25:15 ID:+aDxIfc5
>>735
>ちなみに、この映画では親米派(栗林や西)がスマートに描かれている。
>それ以外の日本人はカッコ悪く表現されている(「いいか、衛生兵を狙え!」)。

衛生兵を狙え!というのは作り話だろ。
むしろ米軍のほうがやりそうな戦術だよ。
常に受身の日本軍に、敵を選別する余裕なんてなかったからな。

791 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:25:37 ID:9aJVek9X
もし戦争になったら日本のために死んでも戦いたいと思った。
それが英霊への最大の供養だと思う。

792 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:25:43 ID:JxqBwLAK
アメリカのあざとい部分ってそんなに描かれてたっけ?特に感じなかったけど。。
しいて言えばどこ?捕虜を殺したところ???

793 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:27:03 ID:M+fzh0uG
そういえば






794 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:27:35 ID:Y4u1Wh3H
>>790
>むしろ米軍のほうがやりそうな戦術だよ。

ん? 衛生兵を狙うのは悪い戦術なの?
俺は、確かに、と思ったが。

795 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:27:38 ID:tG4E7Ad5
>>788
ニノはうさぎみたい顔がクリント気にいったそうです。
穴を掘り続けるうさぎイメージ


796 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:31:00 ID:Yvo3c3LD
>>785

>そういう内容の映画をアメリカ人が作ったっていう事実がすごいよな

「星条旗」も同じことが言える。作品内容が素晴らしいのに米国での興行成績が
芳しくないのもある意味納得できる。


797 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:31:07 ID:wQDMiZ2R
>>788
二宮に関しては、
イーストウッドが想像していた西郷像そのものだったとか、
特徴、ルックス、声、すべてが西郷としてパーフェクトだったとかインタビューで答えているのを見た。

798 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:31:19 ID:JxqBwLAK
>>791 熱くなる気持ちは分からないでもないけど、その考えはちと変えた方がいいのでは?
誰も、貴方に戦って死んで欲しいなんて思ってないと思うんだけど。死んで行った多くの兵士もそう思ってるし、
「死にたくない」と思って死んで行った人が大勢居た訳だし。
「世界大戦で犠牲となった人々のような人を二度と生み出してはならない。そのためには死ぬ気で戦争を阻止する」という方が
よっぽど供養になると思うのだけど。。。
言葉は悪いけど、小学生の「連れション」みたいな考えはもうやめたら?

799 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:33:05 ID:1U7ZIv0A
塩野七生さんのローマ人の物語の中に
「戦争には勝者と敗者しかない。いつから戦争に善と
悪の概念が持ち込まれたのか?」という趣旨の文があったが、
この映画の姿勢とも相通ずるものがあると思う


800 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:34:59 ID:u0K32zIO
二宮が加瀬に恫喝してるシーンの動画
どっかにある?

天皇をどうたら、どっちだ!!
という場面・。

801 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:36:46 ID:ICtXk+Ax
>>784
ポスターにもなってた開襟シャツを着た渡辺謙がひとりで砂浜を歩くシーンは
硫黄島で撮影したらしい。
あとはプロローグとエピローグの現代の発掘場面くらいかな。

802 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:38:23 ID:JxqBwLAK
>>795、797 情報THX。へぇー、確かに背の低さと言い頭でっかちでちょっと前歯の目立つ(ファンには失礼)童顔な彼は、昔の風刺画に出てくる日本人に似てるかもね。
加瀬亮もガリガリな封建的な風貌はマッチしてたかな。
渡辺謙はもう上背あり過ぎでそういう意味では格好良すぎだったよね。伊原さんは何でだったのかなー。謙さん一人が長身だからバランス取ったとか?
私的には好演してたと思うけど。何で選ばれたのかなー?

803 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:39:06 ID:9aJVek9X
>>798
英霊は何のために戦ったと思うんだ?
こんな平和ボケした日本にしたかったのか?
彼らの意志を受け継がないでどうする?

804 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:39:15 ID:fs5wivZa
>>798
こりゃまた酷いカキコw

805 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:40:07 ID:UcfI9djB
>>796
> 「星条旗」も同じことが言える。作品内容が素晴らしいのに米国での興行成績が
> 芳しくない

オスカーは無理かな?

806 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:40:09 ID:ApLjHhrB
当時の日本人はもっとガタイ悪くてズングリしてたんだろうな。
バロンの戦車兵スタイルなんて格好良過ぎでないか

807 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:40:55 ID:ICtXk+Ax
>>802
栗林中将は小柄だったけど、本物のバロン西はもっとかっこいい人だったんだよ。
ググってみればわかる。

808 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:41:07 ID:DOZhW5XM
>>798

この映画って
「戦争の必要性を否定するのではなく、戦争が引き起こす人間の死を悼む作品」
だと思うよ。

硫黄島という設定は決まっていた。その中でどう生きたのかというのを描いて
人間というものをえがきだしてるんじゃないかな


809 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:41:08 ID:c1B3I+bN
>>787
え?なに?文藝春秋か?


810 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:41:41 ID:Ay2ucYRL
>>804
>>798は酷くないよ。
ID:9aJVek9Xが酷い。ってか単純すぎ。

811 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:43:29 ID:xUXAQUK8
>>792
それが一番かな。あとは日本目線で映画を撮ってて、
アメリカ人が殺した日本人にも家族がいるっていうことを
描いてたところとか。

自分はむかし交換留学生だったんだが、太平洋戦争の
話になると、誰もかれも「日本人が悪い」で凝り固まってた。
しかも当時の軍人が戦争を誇りにしてたりする、もうほんと、
日本人としては不条理感じまくり。

そんな状況を思い浮かべると、やっぱあの映画は相当
画期的なんじゃないかと思った。

812 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:43:31 ID:pXmrZrYs
>>799
が一番この映画の趣向に合ってると思う

813 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:43:46 ID:fs5wivZa
>>810
残念ながら同意しかねますw

814 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:44:04 ID:K1UNpe1H
dead aggressor

815 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:45:49 ID:Yvo3c3LD
>>805

2作品で「あわせ技一本」ならありえるが、単独ではノミネも無理かと・・・。
戦闘シーン・作品テーマとも「星条旗」は十分、合格点だが、なにせ米国は
「戦時中」真っ最中なので、正当な評価自体が難しいらしい。


816 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:46:20 ID:JxqBwLAK
チビが多かったと思う。でも、映画は一応エンターテイメントだから多少見栄えのいいメンツを揃えないとイケナイ訳でもあるしねー
謙さんの所作なんかは軍人ぽい感じだったけど、あのスタイルはやはりスター然だよ。

817 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:46:21 ID:Ay2ucYRL
>>813
あなたの文末 『w』 に同意しかねます。

818 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:47:03 ID:wQDMiZ2R
>>815
こういう時のために、あれが作動するよ。滅多に作動しない「特別業績賞」。

819 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:48:01 ID:Ay2ucYRL
>>803
>彼らの意志を受け継がないでどうする?

彼等の中の多くの人の意志は『死にたくない』だよ。


820 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:48:27 ID:9aJVek9X
>>810
はぁ、よくわからんが。

お前は本当に映画見たか?

821 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:49:55 ID:fs5wivZa
>>817
オウム返しはツマンナイよ〜。
もう少し頭捻んなさい、な?

822 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:50:01 ID:DOZhW5XM
この映画、もともと反戦志向の人は反戦映画に、英霊たちの行為に賛同する比地は
その方向に解釈するんじゃないの?

できるだけ自然に淡々と描いたイーストウッドの手法がそうさせてるんだよ。

現実世界なら一つの事実があるとして、真実はそれを見る人の数だけある
リアルであればあるほどその傾向が強くなる。それを狙ったのでは?

823 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:50:55 ID:UcfI9djB
>>819
映画見たか? 栗林と西郷では戦争の捉え方が全く違ってたろ?

824 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:51:26 ID:9aJVek9X
>>819
死にたくないためじゃなくて日本のため家族のために戦ったんだろ。

映画見ろ。

825 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:52:02 ID:YligC96t
本来、戦車兵と言う物は狭い戦車内で体力のいる仕事をするために
背が低くて身体のガッチリしたドワーフ型の人間がなるものなのだが

もっとも西中佐ぐらいの階級になると本人は戦車に乗らないか

826 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:52:09 ID:GYJ71ksW
実際の栗林将軍も(当時としては)大柄な人だよ。


827 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:52:28 ID:8pRKFw27
死にたくないけど家族の為に戦った。
これでいいじゃないか。

828 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:52:28 ID:xUXAQUK8
>>819
でも中西輝政とかが書いてたけど、兵士も洞窟の中で
「日本が今後正しい道に進むためにはこういう戦争を
経験することも必要で、自分たちの犠牲もそのためにある」
みたいな話をしてたみたいだよ。

真偽は結局はわからんけど、当時の人もあれこれ考えてたらしい。

829 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:53:25 ID:WNXLyvsW
>>822
いやほんとそのとおりだと思う。
実際の戦争が終わって復員してきて、反戦運動に走った人間も
毎年靖国へ参拝を欠かさない人間もいたように。
どっちか片方に偏ったメッセージを発信しているわけじゃないところが
イーストウッドのすごさだと思う。

830 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:53:35 ID:6aZ5xO9l
日本映画だったら、栗林:渡哲也、バロン西:舘ひろし、かな?

831 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:54:02 ID:DOZhW5XM
http://www.iwojima.jp/hinomaru/hata.jpg


この旗は硫黄島で一般兵士が作ったやつだよ。何か物語ってない?

832 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:54:49 ID:uTY/NIB/
>>828
できたかな?

833 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:55:24 ID:Y7zNq8kl
〜〜の為に、なんて建前じゃボケ

英霊なんて軽々しく言うな

834 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:55:54 ID:fs5wivZa
>>822
基本は「反戦」に行くと思うぜ。あんだけ痛そうなんだもの。
でもね、日本人として先祖に思いを致せば逆ベクトルも働くのさ。
「戦いたくは無いが何かあれば命を懸けて祖国を守りたい」ってな。
だから国内サヨクメディアも扱いに困ってるんだろうよ。
ついでにネトサヨさんたちもなw

835 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:56:21 ID:ICtXk+Ax
>>825
彼はもともと騎兵だから。
騎兵隊がなくなって戦車隊にそのまま再編された時代。

バロン西の詳しいエピソード発見。
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

836 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:56:43 ID:DOZhW5XM
またきたのか?しきり屋のあらし。英霊は英霊だ。

837 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:57:01 ID:NLjzgvz/
>>831
ただの寄せ書きだが・・・
記念にするつもりだったのか

838 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:57:42 ID:xUXAQUK8
>>829
2本作るっていうのも結構、用意周到だよね。いい意味で。
いきなり反戦映画作っても白ける人は白けるし、
戦争万歳でもやっぱり白けるし。
でも2本作って、見る側にある程度ゆだねれば、
素直に受け入れられる可能性が高くなるし。

839 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:57:47 ID:DOZhW5XM
>>834

じゃあんたがもともと反戦志向なんだよ。この映画見る前から。

840 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:58:59 ID:HZjkdQXq
>803
こんな日本をこそ戦死した人たちは望んでたんじゃないかね?
若者が戦争に駆り立てられたり
空襲で罪もない子供が死んだり
飢えたり
病んだり
そういう苦労がない、今みたいな日本を望んで死んでいったと思うけど、どうだろう?

841 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:59:11 ID:9aJVek9X
>>833
建前?お前に愛国心はないのか?


842 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:59:47 ID:uTY/NIB/
左翼も右翼も戦争を避けれるなら
避けたいんだよね?


843 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:00:46 ID:UcfI9djB
>>833
家族の為にが建前かよ。

>>840
>>803の言うのはそういう意味ではないことはわかってるんだろ?

844 :787:2006/12/24(日) 01:01:03 ID:Gp5AmtJ7
>>809
文芸春秋なの?
 俺も詳しくは知らないんだけど、ずっと硫黄島の特集があって、
 コラムか何かで『ぺリリューは大丈夫か?』って記事があるらしいやつです。
 このスレでも何度か取り上げられてたんだけど・・・

845 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:01:31 ID:DOZhW5XM
>>841

>>833=>>31

みんなの嫌われ者

846 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:02:49 ID:/9sokmle
なんなんだろうね、あのしきり矢の彼は。

847 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:02:50 ID:HZjkdQXq
>843
平和ボケでいいじゃん
戦争ボケよりよっぽど。

戦死したじーさまたちは今の日本を見て満足してくれると思うよ。

848 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:03:34 ID:86/hZuFf
アメリカ人って敵でも英雄をちゃんと称える風潮があるよね。
明治時代の日本軍もそうっだよな。東郷とか乃木とか
武士道に共通するもんがあるから、アメリカ人ってやけにサムライが好きなんだろうな。

849 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:04:00 ID:9aJVek9X
>>840
もちろんそうだが思想の問題。
愛国心は受け継がなければいけない。
英霊を尊ぶことも

850 :787:2006/12/24(日) 01:04:34 ID:Gp5AmtJ7
>>809
 今、文芸春秋のHPチェックしたけど、これじゃない。
 確かにこれにも栗林中将の話が出てるけど、
 こんな一部じゃなくて、ほとんど硫黄島の特集になってる雑誌のようです。

851 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:04:39 ID:d8EOrKt8
>>844
>>10

852 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:04:55 ID:Ay2ucYRL
>>823
観ましたよ。3回。
さあ、果たして栗林さんは死にたかったのかな。
そうは見えなかった。


853 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:05:37 ID:ICtXk+Ax
>天長節の儀式に皇居遙拝を決してしなかった連隊長。
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

バロン西にはそんな一面もあったんだな。。。


854 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:06:44 ID:PRBRztew
家族のためという点で栗林と西郷は同じだったと思うけど。


855 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:07:54 ID:ZybYRneI
>>852
死にたくないが、死んででも守るべきものがあったんだろーが

856 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:08:18 ID:UcfI9djB
>>847
どっちも良くない。

>>852
誰が栗林中将が死にたかったかどうかなんて話をしてる?
戦争に対する態度、意志の違いの話だ。

857 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:08:18 ID:/9sokmle
家族の為に生きて帰るが西郷で、
家族の為にココで死ぬが栗林だと想う。

858 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:08:36 ID:9aJVek9X
>>852
死にたくなかったか死にたかったかで判断するとは、なんて浅はかな。

859 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:09:19 ID:DOZhW5XM
>>854
栗林は自分の家族じゃなくて日本中の家族を守るため。

860 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:09:34 ID:86/hZuFf
>>842
戦争は絶対避けたいな。
日本人が死ぬのは絶対避けたい。
だが、侵略されて日本人が奴隷のように見下されていくのもやだ。
海外で日本人がバカにされると自分の事のようになんか腹が立つ。
もっと日本人独特の精神で、OH〜COOLって外人さんに言われるようになりたい。
これがいわゆる俺の小さな愛国心

861 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:10:29 ID:DOZhW5XM
奴隷になるぐらいなら戦うよ

862 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:13:27 ID:+aDxIfc5
硫黄島でのすり鉢山で星条旗を掲げる写真は、第二次大戦でのアメリカの正義
のシンボルなんだな。

それが、上官の命令で旗がすり返られたり、生き残った3人が戦時国債の徴収
に利用されたり、別人がヒーロー扱いされたり、残りの人生は決して幸福
とは言えなかったりと「裏話」が映画になって、アメリカ国民は皆冷めた
んじゃないかな。
イラク戦争の不条理とあいまって、アメリカ国民の自国にたいする信頼感
が揺らいでいるのかもしれない。

863 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:14:05 ID:DOZhW5XM
状況考えればわかる。あの時代まともな国あったか?欧米がまともだったとでも?
アメリカがフィリピンにしたことは?今とは違う。

864 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:15:52 ID:xUXAQUK8
>>832
「話ができたか」ってこと?
極限状態になるとそういう話を案外するらしい。

…っていうかソースを見つけたから、
真偽のほどはそれを読んで自分で判断してくれ。
この本の184ページです:
「あの戦争になぜ負けたのか」(文春新書)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%8D%8A%E8%97%A4-%E4%B8%80%E5%88%A9/dp/4166605100/

865 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:16:22 ID:Ay2ucYRL
>>858
人間の根源的な本能大切ですよ。



866 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:18:23 ID:MkSHHQYP
>>807
栗林中将は身長170cm以上だったって
散るぞ悲しき書いてあったよ

867 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:18:41 ID:ZybYRneI
かつて散々ドイツ軍を闇討ちにするレジスタンスやパルチザンの活躍を作品の中で持て囃したアメリカが
今現在イラク全土において同じ行為で苦しんでるのは、なんとも皮肉な話

868 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:19:15 ID:uTY/NIB/
ほんと戦争を始めた時点でどちらも悪だよな
理由はどうあれ

869 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:20:50 ID:HZjkdQXq
>849
愛国心とか真顔で言われると引いちゃうんだよなー

870 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:21:16 ID:HZjkdQXq
>868
負けるのが悪でしょ。
戦争自体には善悪はない。

871 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:21:31 ID:DOZhW5XM
>>868
戦争って絶対悪じゃないよ

872 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:23:02 ID:c1B3I+bN
おいおいヨカッタな

873 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:23:20 ID:UcfI9djB
>>869
日本以外の国の人々は普通に真顔で言ってますが何か?

874 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:23:20 ID:9aJVek9X
>>865
本能的に行動しなかったからすごいんだろうが!

猿にはなにを言っても無駄か(´・ω・`)

875 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:23:28 ID:Gp5AmtJ7
>負けるのが悪でしょ。
 じゃあアメリカは常に正しいってことですかな?


876 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:24:25 ID:UcfI9djB
だから善悪じゃないってクリント自身も言ってるじゃないか。

877 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:24:36 ID:DOZhW5XM
まあ確かに本能と美は相対する時があるね。

878 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:24:57 ID:JxqBwLAK
822 の言う通りかな。
特にこれと言ったプロットも無しに戦争をけっこう淡々と描いている訳で、意見がかなり割れるし、そのせいで余計に
個人の考え方にダイレクトに問いかける映画になってるのかもね。
私は反戦派だから「反戦を貫くのが英霊(って言葉あんまり好きじゃないんだけど)の供養に繋がる」と考えました。

>>808 まあ、トリビュートだと監督本人も言ってたし。ただ、映画である以上表前面にガンガンに出さなくてもメッセージがある訳でしょ。
人間を描くのがメインであれば戦争でなくても他に色々と題材はある訳だし。
詰まる所は「こういう人間もああいう人間も戦争は作り出してしまう。同じ事を繰り返していいのか?いけないと思わないか?」だと私は受け取りました。

私は「戦争に善と悪は存在しない」に同意。殺し合いに終始するわけだし。私は、鑑賞中「アメリカ兵がムカつく」とか憎しみは無かった。
ただ、人間同士が殺し合いをしている様子をひたすら虚しいという気持ちで見ていました。>>811 みたいに実際アメリカ人のそういう態度を
みたらそういう気持ちで映画を捉えて見てしまうのかと思うと、やはり憎しみは憎しみしか生まないって感じかなぁ。どこのアメリカ滞在だったのか知らないけど、
そういうアメリカNO1みたいな米人が多いのは事実だと思うけどさ。

879 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:25:19 ID:IXv244Rz
>>875
少なくともアメリカ人はそー考えてる

880 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:25:33 ID:uTY/NIB/
戦争=人殺し(理由はどうあれ)
悪じゃないの?

881 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:26:00 ID:QYbMmp+i
日本帝国さんは身の丈に合わない行動をし続けたので沢山の英霊を出しました。

日本国さんはしっかりとした国体が出来ていないのでこの先、心配です

882 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:26:53 ID:xUXAQUK8
>>881
心配してどうするの?

883 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:27:14 ID:UcfI9djB
>>880
それはそうなんだが、それを言う資格があるのはイエスや仏陀ぐらいのもの。

884 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:28:06 ID:QYbMmp+i
>>882
僕は凡人なので心配しながら選挙に行くぐらいしか出来ません

885 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:28:22 ID:DOZhW5XM
イラク戦争って俺賛成なんだけどっていったら怒る?

886 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:29:33 ID:Gp5AmtJ7
>戦争=人殺し(理由はどうあれ)
>悪じゃないの?
 限りある資源を食いつぶすだけの人間が増え続けるのも困りものなので、
 適度に戦争やって地球上の人口を減らすという目的において悪ではない。
 地球を汚染するような兵器の使用だけは慎んでもらえば戦争、大いに結構。



887 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:29:36 ID:K1UNpe1H
栗林中将が砂浜でバーンバーン!!とか走れ!とか言ってたあれって
敵が上陸してきたときのシミュレートかと思ってたんだけど
考えすぎだったかな?

888 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:29:57 ID:IXv244Rz
>>880
人間には天敵がいない

889 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:29:58 ID:Yvo3c3LD
>>885

怒らないからその理由を・・・。


890 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:30:04 ID:xUXAQUK8
>>885
怒る前に「なんで?」って聞く。
理由如何によっては怒る。

891 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:29:10 ID:nc3cbCu6
>>299
> 200万というのは初日$20,635だったことをさしているのかな?

>>305
> 5館で一日200万っていいんじゃない?

$20,635は日本円だと2千万円だから1館当たり400万円じゃない?

892 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:32:07 ID:9aJVek9X
>>887
他になにがあるんだよ

893 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:32:11 ID:Ay2ucYRL
>>874
既存の思想を鵜呑みにして、自分自身で深く考えず
時流に乗るだけの人間は猿より手におえませんよ。
猿は無害ですから。
本当に大切な考えならこんな所で、連呼せずに
国や亡くなった方々の為に何らかの形で動いたらどうですか?
愛国心を持つのは当然だし、悪いことではないが。、
ここで踏絵のように他人に押し付けるなんて、何とも安っぽい愛国心ですね。




894 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:32:26 ID:HZjkdQXq
>>873
ほんと、あいつら異常だよな。キモいぜ。

895 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:33:17 ID:WNXLyvsW
>$20,635は日本円だと2千万円だから

いやその計算絶対間違ってるw

896 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:33:27 ID:HZjkdQXq
>>875
まあ、その質問の答えになってるかどうかわからんが
正しいか間違ってるかを決めるのは勝ったほうだからね。

お互いがお互いとも「自分が正しい」と言ってするのが戦争なわけで。

897 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:37:00 ID:tawV3GuJ
>>861
>奴隷になるぐらいなら戦うよ

それをどう考えるかだ

イスラエルでは
ユダヤ人によって
ただムスリムだというだけで
塀の中に閉じこめられたり
逮捕されたりレイプされたり
殺されたりしている

人であること自体が
生きていくこと自体が
否定されている

奴隷になっても殺され続ける

神風な自爆攻撃は
悲壮であり痛々しいが
自分たちがムスリムの人たちのような立場になったら
どい生き、どう戦い、どう殺されるのかを考え続けたい

898 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:37:07 ID:9aJVek9X
>>893
話の論点がずれてるぞ、まあどうでもいいや

899 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:37:16 ID:ww152Juh
イラクがクウェートに侵攻さえしなかったらな。
フセインはホントにアホだ

900 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:38:19 ID:lJv4fBs/
最後の演出が素晴らしかった。

届かなかった手紙がパラパラと落ちて、セリフが次々と入る場面。

泣くわ。


901 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:38:30 ID:Gp5AmtJ7
>>197
 でその5日後の3月21日に残存400百名が再び総突撃。
 
 そんなすごい数での総突撃だったら、栗林は史上稀なる無能な指揮官
 呼ばわりされてただろうね・・・


902 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:38:56 ID:DOZhW5XM
>>889
フセインを許せなかったから。湾岸戦争のころから注目して彼の
ことについて結構詳しい知識もってた。もう詳しいコト忘れたけどw

世界人権宣言では普遍的な人権を追及してる。でも国連では国家主権を第一にしてる。
でもさ。国家主権を理由に人権の蹂躙を見逃したら、人権はその時点で国家の
従属物に成り下がってしまう。どちらかというと左ききの人は地球市民を自称してるが
、地球市民なら人権を国家主権の下におくはずがない。

石油云々はもちろん認めない。大量破壊兵器の有無も理由ではない。

まあスレちがいなんでここまで。

903 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:40:11 ID:9aJVek9X
イスラエルはクズ国家。
ユダ公は自業自得としかいいようがない

904 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:41:17 ID:JxqBwLAK
>>858 一平卒の立場からなんかしたら「死にたい」「死にたくない」のそれだけの問題でしょ。
全然浅はかじゃ無いし。ランクなんか関係ない。個人にとって戦争程「死」をクローズアップして突きつけられる事なんて無いでしょ。そりゃ、大事だと思うよ。

905 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:41:26 ID:mWnmUflE
戦争は国益の為です。 正しい、正しくないかではしません

906 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:41:54 ID:Gp5AmtJ7
危ねぇ!!!
もうちょっとで900を踏むところだった・・・

2〜3スレ前には早漏で777ゲットし損ねるわ、こんな所でうっかり900
踏むわじゃ踏んだり蹴ったりだからな・・・

907 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:42:21 ID:xUXAQUK8
アメリカが一国の割に力ありすぎなんだよなあ。
ヨーロッパ並みとは言わんが、せめて3つか4つに別れて
くれればもうちょっと均衡がとれるってもんだが。

908 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:42:31 ID:ZybYRneI
>>902
クルド人に同情してた俺も概ね同意
今はチベット人に関心があるが



909 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:42:35 ID:PRBRztew
戦争に善玉悪玉はないっていう映画でしょ。

910 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:43:19 ID:Gp5AmtJ7
>>900

泣いてるところ申し訳ないけど、次スレちゃんと立ててくれよ。

911 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:45:03 ID:+aDxIfc5
>>875
アメリカはベトナムで散々な目にあっている。
アメリカ映画でベトナムを賛美した映画って無いよな。
負ければボロカスに描かれるのがハリウッドだろ。

912 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:46:08 ID:6aZ5xO9l
20000ドルは、約240万円だろうが。

それとも、釣りの文だったのか?

913 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:46:33 ID:Yvo3c3LD
>>902

俺もスレ違いになるから、詳細な意見は控えるが、
「フセイン憎し」の私怨みたいな理由で、某ご家族が
911テロととイラク戦争をリンクさせたのは「江戸の敵を長崎で」
みたいな感じでどうも釈然としない。

国家主権を理由に人権の蹂躙して、大量破壊兵器をご熱心に開発する国が
他にあるというのに・・・・・。


914 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:46:49 ID:Gp5AmtJ7
おい!お前ら、ちょっと遅くなったけど、

メリークリスマス♪

915 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:47:02 ID:9aJVek9X
>>904
お前に愛国心はないのか?家族を守りたいという気持ちはないのか?

916 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:47:12 ID:xUXAQUK8
>>914
クリスマスは明日だろ

917 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:47:47 ID:JxqBwLAK
>>900 私は、結構涙もろいタイプです。戦争映画もよく見る方です。
でも、最後のシーンでさえ泣けなかったです、今回は。(心ではかなり泣けた)
あの演出はまあちょっとベタではあるけど、人間描写云々でない分、押し付けがましくなくて良かったと思う。


918 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:48:17 ID:sfZ62i9w
前スレだか前々スレだかに、硫黄島現地レポートで青なんとかという人が
感情移入しすぎててキモいとか言われてましたが、その動画URL教えていただけませんか?

919 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:48:50 ID:xUXAQUK8
二宮の奥さん役って誰だったの?

920 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:48:52 ID:q9oVHkSh
何も無い家 赤ん坊 カカア 生きてかえらにゃ男がすたる
しかし、しんどいの弱い俺は心が折れて100パー自決参加コース('A`)

西郷はヒーローでおじゃる

921 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:49:02 ID:9aJVek9X
>>914
それは明日な

922 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:49:29 ID:rP6icrZ/
>>918 その動画、消されてたよ。

923 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:49:34 ID:ww152Juh
>>911
つランボー

924 :914:2006/12/24(日) 01:50:08 ID:Gp5AmtJ7
>>916
 お前、すごいな。
 自分の間違いが23秒後にもう訂正されてるなんて、ちょっとビックリした。

925 :914:2006/12/24(日) 01:54:51 ID:Gp5AmtJ7
そっか、クリスマスは明日だから誰も浮かれてなかったんだな・・・

きっと俺みたいなそそっかしい奴が、まだ砲撃命令も出てないのに
擂鉢山から艦隊を砲撃しちゃったのかもと思うと戦友に対して
申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

926 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:55:33 ID:GM5x7ZEb
映画の出来は別にして、気になったのは劇中での米兵の演出。

米兵の演技が日本の再現ドラマレベルに見えてしまってたので、あれれれと思った。
なんだろう、日本語セリフメインの空気に支配されると、白人は皆ああ映ってしまうんだろうか。
かみ合わないんだよなぁ、不思議。
米兵がほんと大根役者に見えて、イーストウッド映画とは思えなかったほど。
もうイーストウッドが完全に日本の視線で監督してしまった証左と言えば言えるんだけど。

しかし日本人監督によるハリウッド版呪怨では白人はよく日本に溶け込んで見えた。
ビル・マーレーのロストラでは、舞台が東京新宿渋谷なのに、日本人のが浮いて見えた。
ラストサムライは東西役者をファンタジー的にキャラクター化してあって、渾然一体ってところかな。

映画って面白いなぁって思う。
イッセー尾形の太陽はまだ観てないのでDVD化が楽しみだ。




927 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:56:35 ID:Ay2ucYRL
>>925
昼飯抜きということで許す。

928 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:56:49 ID:pXmrZrYs
>>920
まあ、本当にそうかはその時にならないとわからんからな
自分は反対にシドウコースな気が今はする、単純だから

929 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:57:13 ID:btFxedw8
海外サイトでの不評な点は大体

・フラッシュバックの多用
・動物虐待
・展開が遅い

の3点だな。
あとはいたって好評。日本では二宮が褒められてるけど
海外じゃあやはりネームバリューの強い渡辺謙の演技が褒められてる。
↑の3つ目の「展開が遅い」は人それぞれ。「ダルい」と感じる人もいれば
「こんな映画初めてだ」と逆に好意的に受け入れてくれる人もいる。

930 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:57:32 ID:ZybYRneI
>>819
当時、兵隊は死を当然として受け入れる事を旨とした
心中での葛藤はあっただろうが、ほとんどの人間が個人それぞれの思いのために漠然と死を前提として戦地に赴いた

人間だから生きたいと思うのは当然だが、当時の日本を取り巻く状況はそう言ってられない程過酷なものだった
今の人間が想像する以上に、死ぬ覚悟は出来ていたと考えるのが自然だろう


931 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:57:37 ID:JxqBwLAK
>>904 そりゃあるよ。海外生活長かったので、たぶん、そこら辺にいるフツーの若者よりは「日本大好き」だし。
でも愛国心と家族愛と繋げてしまったら、又、軍国主義に走っちゃうんでないですか?
しかも、「お国を守るため=家族を守るため」というのはプロパガンダ的な考えだったのだし、無理やり徴収された兵隊さん達はそう思うことで納得して死んで行こうとしたんでないですか?


932 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:59:21 ID:xUXAQUK8
二宮和也の奥さん役は裕木奈江だったのか…
どこかで見た顔だと思ってたが。
でも奥さん役のほうが13歳も年上って、いくらなんでも無理がない?

933 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:01:23 ID:/gtmy/qW
>>930
帰還兵のおじいさんの手記にも、もう明日には死んでいるかも
みたいな文があったもんな
覚悟はしていたはずさ

934 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:01:50 ID:QdKuuGaK
ムスリムのカミカゼアタックは異教徒を殺せば天国で100人の処女を抱けるぞって吹き込んで
腹に爆弾巻かしてんだよね

935 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:02:52 ID:WNXLyvsW
>でも奥さん役のほうが13歳も年上って、いくらなんでも無理がない?

んなの、映画じゃよくあることだよ。
ついこないだの、謙さんと吉永小百合も奥さん役が14歳上。

936 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:06:25 ID:sfZ62i9w
>>922
えええええ〜
どっかで見れないのかなあ・・

937 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:10:37 ID:0O1Y15xm
海外(アメリカ)での評価は今のところ良いと
判断していいのかな?

938 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:11:00 ID:Ay2ucYRL
>>930
無論「死ぬ覚悟は」はできていたと思うよ。
戦時下「生きたい」など、人間の根源的欲求は
持つことすら許されなかったというのも解かってる。

でもあの映画から、彼等の悲痛な心の叫びを感じず、
無いもののように無視してひたすら「偉いなー。尊敬するなー。勇敢だったんだなー」
と一辺倒に決め付けるのは少し違うと思う。
あの戦いの生き残りの方々の手記を読んで感じるのは
一日でも長く生きつづけて家族の元に帰りたいという生へ執着だった。
これが本音であり、人間の本能。
自己を犠牲にし、信じるものの為に死ぬという行為は行為として美しいし、
感謝され、尊ばれるべきものなのは当然だが、
一人一人の葛藤や心に機微を無視してしまうのは個人的に違和感がある。



939 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:11:56 ID:/gtmy/qW
>>788
特に日本人のキャスティングは謙さんの意向が反映されてる
って記事にあったよ

940 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:20:02 ID:ZybYRneI
>>938
その逆も然りだよ

生きて帰りたいと願う者だけでは無かったという事も、事実として受け留めなければならない
あの小さな島で、日本人の20,129通りの死に方があった

それを一辺倒に決めつけるのは君の言う通り、余りにも強引過ぎる
想像は出来るが断定は絶対に出来ないという事だろう


941 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:23:27 ID:/gtmy/qW
>>784
彼はごく少数のスタッフと渡辺謙を連れて再び島へ渡り、島の洞穴、ビーチなどを撮影した。
その中には、『父親たちの星条旗』で描かれた、米兵が国旗を掲揚し、有名な写真が撮られた
擂鉢山 ─ 硫黄島の荒涼としたランドマーク ─ も含まれている。

と公式にもあった。あと1日限定の撮影許可だったそうだ

942 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:25:54 ID:Ay2ucYRL
>>940
それは同意。


943 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:28:22 ID:yV9Kp7eh
>>938
あたりまえの事を言っているようだけど、
そんな事はわかっているのよ。それをわかった上で
死んでいったからこそ、彼らを尊敬し賛辞しなければならないわけ。
監督もそう話していたでしょ。

944 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:34:03 ID:Ay2ucYRL
>>943
それも当たり前だろ。

あまり深く考えずにひとつの方向に
熱狂するのは考え物という意味で言ってるの。



945 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:39:41 ID:PRBRztew
エンドロールの途中で席を立つ奴はアホだと思う。

946 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:40:42 ID:8jrrUICE
>>945

今でもアメリカ人、、、

20年前の日本では当たり前のことだったのだ。

947 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:43:06 ID:yV9Kp7eh
>>944

> それも当たり前だろ。

と言うことは熱狂する必要は無いけれども
彼らを尊敬し賛辞することには同意なのですね。
それなら了解しました。

948 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:46:20 ID:Ay2ucYRL
>>947
深く考えれた上でならそれは自由じゃないでしょうか。
個人的には深く感謝しただただ、哀悼するのみですが。

949 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:48:28 ID:CJgRf11c
俺の祖父は、仕事が片付き広島の呉を出たのが1945年8月5日。
祖母も東京大空襲の前日に、東京に居る友人の見舞いが終わり自宅に帰宅。


偶然の一致で今俺がここに居る…西郷と清水じゃないけど、生きるも死ぬも運なんだと思い知らされた。
一日安寧に生きられたことを感謝しなければいけないな。

950 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:52:02 ID:ZybYRneI
これもあくまでも想像に過ぎないが、多くの日本兵が「勝って生きて帰りたい」と思ってたんじゃないだろうか

現在の我々には信じ難い事だが、当時の日本兵の中には「必ず最後には神州日本が鬼畜米英に勝つ」と
信じて疑わない者も少なからずいた
(そういった思考は生き残った兵士の手記にも散見する)

負ければ死を意味する
降伏の二文字はほとんどの兵士の脳裏には無かった(そういう精神を軍隊生活で体の芯まで叩き込まれていたため)
でも生きて帰って親兄弟、妻や子供の顔をもう一度見たい
だから西欧人からすれば、理解に苦しむような状況で死闘を繰り広げたんじゃないかと思う

勝って堂々と生きて帰りたかったが、圧倒的な米軍の火力の前に一瞬にして希望が打ち砕かれる
緒戦の段階で「これはどうも生きて帰れない」と多くの人が悟ったと思う
でも周りにいる戦友(同年兵ともなれば家族も同然)のために、何もしない訳にはいかない
一人でも生きて帰れたらいい、ぐらいに思う人もいただろう
本土に残る人たちに、死に様を見せる事でメッセージを送りたかった人もいるかもしれない
つまり自分に出来る精一杯の努力の果てに、「玉砕」があったんじゃないかと

全部想像に過ぎないが



951 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:55:43 ID:pXmrZrYs
>>949
前にも書いたけど、自分の母親は父島疎開者、もう少し遅れていたら
船は沈ずまされて生きていなかったと言っていた
少なからずも自分は、硫黄島の方たちのおかげで生まれている可能性がある
そう思うと本当に運でしかないのだが、元気に生きていける事に
また、生きていける国を残してくれた先人に感謝の心を忘れずにいたい

952 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:58:40 ID:GM5x7ZEb
>>932
裕木奈江はいろいろ苦労して、いままたやっと陽の当たるところに出てこれたんだから、
歳の差なんて野暮な話はどうでもいいのさ。

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1085831702/114-116

953 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:00:17 ID:GM5x7ZEb
>>952
URL間違ってた、こうでした。

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1085831702/115-117

954 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:03:08 ID:XTYQ5O2q
>>929
人間よりも動物が可哀想・・・か
偽善者らしいな

955 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:13:09 ID:oUy6mCIp
http://www.youtube.com/watch?v=0y8sGpaQc20

956 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:18:11 ID:nffHG473
>>949
すげー

体験者の手記も、何度もの奇跡で死なずにすんだと書いてあるしね。
西郷もそうだ。
ウンコバケツの時の不発弾、清水投降について行けなかった、
栗林との二度あることは三度ある、など運命とは怖いもんだ。

957 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:34:57 ID:ZmpQA2ff
>>955
(゚д゚)

実はこの手の映像は初めて見たからか、夜中にチビりそうになったぞ…怖すぎる。
あ、グロはないぞ。

俺どんなことになろうが、絶対に戦争なんかいけねーや。無理だ。


958 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:37:58 ID:CJgRf11c
>>951
そうだよな。中将の「我々の子供たちが〜安寧に〜」は、心にきた。
直接関係あるなしは別にして自分たちが安寧に暮らせるように頑張ってくれた人がいるんだなと。
俺は思いを文章にするのが苦手だから陳腐な表現しかできないけど、物凄くありがたいことだと思った。

>>956
もっと凄いことに、その祖母は豊川にB29が来る30分に軍需工場を用事で出て空襲を免れた。
ほんの30分に仲良く話していた仲間が殆ど亡くなったそうで…思い出すとすごく辛いそうだ。

959 :名無シネマ@上映中 :2006/12/24(日) 03:39:07 ID:2cUZ/ntb
クエートはもともとイラク領で英国の利権のために分離させたのだが

960 :名無シネマ@上映中 :2006/12/24(日) 03:40:30 ID:2cUZ/ntb
ごめん
>>899

961 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:49:53 ID:p9orx9XP
江草先生も推奨しています
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20061224

962 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:50:45 ID:pXmrZrYs
>>958
そうだよね、私は命は肉体的には親に貰ったものだけど
そのまだ小学生であった両親を救うために命を削ってくれた方々がいた
それだけで自分の命を粗末にはできないと思う、じゃあ自分は先人と
同じことができるのかと問われれば難しいとは思うが
最低限子供達に、その思いを伝える事はできる、そういうきっかけを
日本側だけでなくアメリカ側からも作ってくれたクリントンには感謝です


963 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:57:57 ID:HZjkdQXq
クリントン?

964 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:58:36 ID:CNtCY/s/
昨日映画見てきたが、youtubeで予告編を改めて見ただけで泣ける

965 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:04:52 ID:XDbup5Ug
父親達の星条旗でも
兵士はバタバタ死に、その様子を見ながら弾をくぐって生き残った人間も
故国では英雄とまつりあげて利用するのは最初だけ
すぐに忘れ去られてしまった。
硫黄島からの手紙では
戦後教育の「戦争はいけない」「軍国日本の過ち」一辺倒
壮絶に戦い散っていった兵隊さんは負の存在で
彼らに「ありがとう」と言ってはいけない雰囲気だった。

反戦を胸にしたまま、日本兵に「ありがとう」といいたい。
矛盾しない。




966 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:09:05 ID:6aZ5xO9l
クリント・イーストウッドも、追加製作の「硫黄島からの手紙」の方が評判がよくなるとは、
思ってなかったんじゃないかな。

案外、ホッとしていると思う。

967 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:11:24 ID:6wmLxP8u
俺たちの先祖を守ってくれた方々に感謝します。

968 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:16:33 ID:0s4vw01W
今週、アメリカで大ヒットらしいね

969 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:18:06 ID:nffHG473
http://www.youtube.com/watch?v=NvrCp_ffXws

ふざけてんのかーーーーーこの音楽!
フィギアじゃないんだから・・・

970 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:24:51 ID:9aJVek9X
熱しやすく冷めやすいのは日本だけではなかったようだ

971 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:28:37 ID:9aJVek9X
>>900
つーか早く次スレ建てて

972 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:36:17 ID:bePs0rl3
>>936
これ?
ttp://www.youtube.com/watch?v=J25H-LrIwTw


973 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 04:45:29 ID:FuKxpOwv
最後白旗を掲げて投降の意志を示した栗林中将

60年前のことさえ本当のことは誰にも判らない

974 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 06:41:51 ID:6wmLxP8u
大久保中尉って実在の人?

975 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 07:14:13 ID:Ay2ucYRL
市丸利之助少将の「ルーズベルト君に与ふる書」 抜粋

「日本の戦争に対し、或いは好戦的で残虐な国民であると、
或いは黄色人種の跋扈だとか、或いは軍閥の専断によると言われますが、
これはとんでもなく的外れであります。」

「あなた方の立ち振る舞いをみると、
白人とくにアングロサクソンによって世界の利益を独り占めにしようとし、
その野望の為に有色人種を奴隷としてきたではありませんか。
好計を弄して有色人種を騙すといういわゆる悪意のもとの
『善政』によってかれらから考える力を奪い、無力にしてきたのです。」

「今ここでヒトラー総統の行動についての是非を云々することはつつしみますが、
彼が第二次世界大戦を引き起こした原因は、一次大戦終結のとき、
その開戦の責任一切を敗戦国であるドイツ一国にかぶせ、
極端な圧迫をするあなた方の戦後処置に対する反動であることを看過できません。
あなた方がいかに善戦してヒトラー総統を倒したとしても、
どうやってスターリンを首領とするソビエトと協調するつもりでしょうか。」

「おおよそ世界が強者の独占するものであるならば、永久に闘争を繰り返し、
遂に界人類に安寧幸福の日は来ることはないでしょう。
あなた方は今、世界制覇の野望を一応は実現しようとしております。
あなた方も得意になっているのでしょう。
しかしながら、あなたの先輩であるウィルソン大統領は、
そういった得意の絶頂のときに失脚したのです。
願わくば、わたしの言外の意を汲んでいただき、その轍を踏むことがないように。」

市丸海軍少将

976 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 07:28:07 ID:FuKxpOwv
実際は食料の取り合いで地下壕のなかで味方同士で殺し合い
それが硫黄島の現実


977 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 08:07:16 ID:X896aFFU
>>976
戦争を知らない奴が現実を語るw

978 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 08:45:24 ID:qezAj+Y5
>>963
クリント・イーストウッドの本名は
クリントン・イーストウッド Jr. (Clinton Eastwood Jr.)

979 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:03:33 ID:1U7ZIv0A
Jr.はアソコだろ

980 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:03:46 ID:fuLItO70
市丸シャンのいう通り。今もまだ同じ過ちを繰り返してるな

981 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:09:48 ID:6wmLxP8u
歴史は繰り返す。アングロサクソンの愚かさだな

982 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:09:57 ID:KK+vXlsB
>>908
>クルド人に同情してた俺も概ね同意
>今はチベット人に関心があるが
アメリカ合衆国政府の政治的プロパガンダに毒されてるね。
イスラエルと米英が中東地区やアフガン・パキスタン地区で
やってきたことややり続けていることの方が何千倍も何万倍も
悪質で残酷だよ。

983 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:11:28 ID:HZjkdQXq
>978
知らなかった!

>981
違うね。人類のおろかさだよ

984 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:11:54 ID:KK+vXlsB
>>929
>日本では二宮が褒められてる
マスコミの場合、ジャニ様への配慮か。

985 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:17:30 ID:uQe8GlqP
>>975
卓見だな
大東亜戦争には、アジア解放戦争の側面があったことを
いまだに声を大にして言えないとは・・・

986 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:22:47 ID:KK+vXlsB
>>950
>勝って堂々と生きて帰りたかったが、圧倒的な米軍の火力の前に一瞬にして希望が打ち砕かれる
>緒戦の段階で「これはどうも生きて帰れない」と多くの人が悟ったと思う
>でも周りにいる戦友(同年兵ともなれば家族も同然)のために、何もしない訳にはいかない
>一人でも生きて帰れたらいい、ぐらいに思う人もいただろう
>本土に残る人たちに、死に様を見せる事でメッセージを送りたかった人もいるかもしれない
>つまり自分に出来る精一杯の努力の果てに、「玉砕」があったんじゃないかと

その45年前、北京に進駐した欧米八カ国連合軍の圧倒的な火力兵力を前に
侵略軍から自分たちの国を守ろうとして、まなじりを決し、徒手空拳で
戦い死んでいった中国義和団の少年少女たちも同じだったと思うよ。
彼ら(平均年齢14才)は、大砲や機関銃の砲銃弾の雨の中、2年間も
素手で戦い抜き、全滅した。はしめは祖国防衛を信じ、終盤は死後に
霊界で祝福され癒されることを信じ、悲壮な突撃を敢行した。


987 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:27:07 ID:VpC/45/l
>>986
支那竹が発信してる話がどれだけ信用できるって?
お前もお気楽な奴だな

988 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:28:26 ID:X896aFFU
>>987
お前はこの作品を観て何を学んだんだw

989 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:33:22 ID:1U7ZIv0A
義和団は清国が国として認めた外国人を
排斥しようとした狂信的な暴徒
国どおしの戦いであった硫黄島と一緒にするな

990 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:42:24 ID:ik+aDj8K
User Reviews

Unlike the advice that I gave for Flags, spend the $10 to go and see this film,
which I'd deem to be the best film of the year. It's worth every penny.

http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1809425051&s=&rvid=255-821435&i=1&spl=&ys=_My6fbYm5R5ao6HyyR05hQ--

991 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:44:20 ID:59HD8SFl
本当だったら素手で戦ったというのは凄いな
さすがと言うか中国らしいと言うか
ブルース・リーやジャッキー・チェンみたいな達人もいたのかな

992 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:45:24 ID:zTGaJ4nQ
>>988
別に映画の感じ方なんて人それぞれだろ。馬鹿か。
お前みたいに、この映画の意味するところは一つだなんて
考えてる所が実に幼稚。お前みたいな奴が軍国主義に走るんだろうな

993 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:45:38 ID:9/bXH411
中国人20万全滅
八カ国連合死亡者700人程度で
中国人の宣教師などがかなり死んだって
なんだそりゃ

994 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:48:01 ID:HZjkdQXq
>985
アジア開放なんてのは後付のお題目ですから。

995 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:13:55 ID:ogXEH/kx
レビュー張る人

簡単でいいので翻訳きぼん><

996 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:23:20 ID:NwbMDlgb
次スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙27通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166922651/

997 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:27:42 ID:DOZhW5XM
>>994
側面はあったろうね。アジア解放の動きは犬養毅などの日本の民主主義勢力や孫文
や児玉の部下の参謀連中にあり、実際に日露戦争後からずっとアジアの独立運動勢力からも
依頼が来ていた。だが、日本は列強との兼ね合いから表だって応じず動かなかった。そして自
分自身が追い込まれ日本の国益のための戦争を起こしたのだが、その時にそれも理由になっ
たということだ。実際に戦争当初から東南アジアそれぞれの国に日本につくグループが存在した
こと自体、普通ではない。

戦後、アメリカもイギリスも日本についた勢力を戦犯にしようとしたが、インドにおいては
それがもとで大反乱が起き、インドを手放さねばならなくなり、インドネシア、マレーでは
日本が作ったCRISをもとに独立勢力が独立を勝ち取り、フィリピンにおいても、旧日本支持勢力
が選挙で圧勝し、事実上、独立と父となるべき初代大統領のケソンは国家英雄の中にも
入れず、国家英雄としては、日本に応援を求めたカティプーナンのメンバーが今に至るまで
名をそろえている。

998 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:34:11 ID:HZjkdQXq
>997
実際は資源が欲しかっただけなんだけどね。

999 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:34:55 ID:UcfI9djB
1000

1000 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:35:05 ID:mTdf98wJ
資源をとるには独立させ教育しないといけない
それは現地民族も望むとこだった

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

270 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)