2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東宝倒産まであげ続けるスレ【企業】

1 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 03:35:05 ID:H9Oc7hDb
興行収入上位独占!快進撃の東宝。この会社どうなる?

多数の優良不動産を持つため映画界の森ビルとも言われ、日比谷の再開発も好調。

配給網は業界1、ヴァージンも買収し劇場チェーンも更に拡充。今後は独立系の劇場もM&Aで狙います。





2 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 04:03:56 ID:TW/mdkAP
カネに目がくらんだカツドウ屋はこうなるという好例

3 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 09:35:22 ID:8ivex7IS
企業が利潤を追求して何か問題でも?

4 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 13:22:37 ID:IE/5ebeo
映画会社の本道は優れた映画の製作であって
不動産投資に奔走することではない。

5 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 13:35:38 ID:XFKEdjct
映画を製作するのは東宝映画の仕事。
そこは本当に映画の製作しかやってない。
不動産投資してるのは東宝株式会社でそ。
東宝マークが最初に出たら東宝映画の作品と思ったり
東宝が映画の製作やら配給やら映画館の経営の全てを賄ってると思い込んでる人って多いね。
「新しくスタジオ作る金があるなら映画の制作費に回せよ」とか言ったりして。

6 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 13:39:14 ID:XFKEdjct
おっと。
東宝不動産という会社もあったか。
とにかく東宝グループの傘下には様々な会社があって
それらの殆どは独立採算制でやってんのよ。

7 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 14:01:59 ID:IE/5ebeo
現在は独立採算制だとしても、東宝が映画製作で一時代を築いた会社であることは
否定できんよ。実際、半世紀ほど前までは至極まっとうな映画会社だったじゃないか。
時代の流れとはいえ、自社の業績を尊重して継承するかわりに、映画市場をただの
集金装置として使うだけの東宝は尊敬するに値しない。
そもそも分社化だって利益重視の経営政策に基づくもので、映画を大切にする経営
姿勢とは相容れない体制だ。ゴジラの扱いを見れば判るが、堕落しきった組織としか
言いようがない。

8 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 16:51:20 ID:ej4eP+kH
DVDの権利手放してくれないかな。
トラフィックやチアーズ、ワンダーボーイズなんかは値段がもっと良心的だったらより売れている
と思うよ。
いい加減迷惑なぐらいだ。

9 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 18:33:23 ID:6Us0rlru
>>8
それらの作品の再販権は多分、東宝は持ってないよ
そのうちどっか別会社から再販されるはず

10 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 19:03:03 ID:bA9v6sQc
エ〜、あのですねぇ、当社東宝はですねぇ、
現在、不動産会社となっておりましてですねぇ、
映画関係のクレームというのは、
いっさい受け付けさせていただいてないっ!
という次第でございまして。  ハイ。


11 :名無シネマさん:2006/08/31(木) 19:15:15 ID:JUC7jdXU
DVD高い

12 :名無シネマさん:2006/09/01(金) 03:39:18 ID:ovA4TFzC
現在の邦画は「製作委員会」(出資各社)による1本毎のプロジェクト方式が主流。その中で
フジ・TBSや電通・博報堂が関わってる作品が続けてヒットしたりといった流れはあ
ることはあるが、各映画ともに出資や制作の形態はそれぞれ違う。
当然、東宝(東宝映画)や松竹・東映が実際にどう関わったかも作品毎によって違う。

例えば話題の「電車男」などは、製作委員会は「東宝/フジテレビジョン/SDP/博報堂DYメディアパートナーズ」
となっているが、制作プロダクション(現場)は「東宝テレビ部/共同テレビ」
スタッフ表を見ても、HD24PでどうもTVの制作形態で作っているみたいなんだな。

東宝が強いのは「固い配給・興行網」→「ヒット」→「またいい企画・作品が集まる」という好循環が出来てるから。
あそこは危ないタマは拾わない。東宝から弾かれた企画が配給他社に回ってるようなものか。

松竹も追いつこうとしてシネコンを建てたり採算の悪いコヤを閉めたりしているが、
さてどうなるかな・・・。今のところ焦ってどうでもいい映画にカネ突っ込んでるわけか?


13 :名無シネマさん:2006/09/01(金) 15:47:42 ID:ovA4TFzC
東宝側は土地持ってるから絶対につぶれないとか思ってるのか?
DVDは高額だし、ゴジラの制作費に10億もかけるし、
小さな館では変な映画ばっか上映するしよぉ!
本当につぶれるぞ!!


14 :名無シネマさん:2006/09/01(金) 23:23:11 ID:urxHbwLB
会社自体が波乱万丈な日活

映画館不動産屋にして最強の私鉄関連会社東宝

カツドウヤ東映

男はつらいよ釣り馬鹿松竹

15 :名無シネマさん:2006/09/01(金) 23:43:56 ID:y8NSzfhF
>>13
ゴジラが大赤字を出しても損害を被るのは東宝映画。
東宝株式会社にはそんなに影響ない。
だって洋画の配給だけで食っていけるもんね。

16 :名無シネマさん:2006/09/03(日) 21:30:44 ID:117TZRAX
東宝側は土地持ってるから絶対につぶれないとか思ってるのか?
DVDは高額だし、ゴジラの制作費に10億もかけるし、小さな館では変な映画ばっか上映するしよぉ!
本当につぶれるぞ!!



17 :名無シネマさん:2006/09/05(火) 01:11:46 ID:YZTbf7em
他の配給興行会社がいったい年間に何億円を劇場などの不動産賃貸に費やしていると思ってる?
それこそ東映や松竹なんてやばいんじゃない。
東宝が勝ち組なのは良くも悪くも自社不動産持ってるからなんだよ。ゴジラで何億使おうが、DVD高かろうがそんなの氷山の一角でしかない。


18 :名無シネマさん:2006/09/05(火) 02:08:13 ID:alwf3wos
テレビ局と広告代理店に一生尻振ってろ。

邦画をまともな黄金期に戻せよ。

取りあえず長澤まさみを演劇学校に入学させろよ。

19 :名無シネマさん:2006/09/05(火) 19:33:38 ID:BPr1kGMU
>>16
ゴジラに有り金突っ込んで東宝映画が赤字を出しても
東宝株式会社自体は痛くも痒くもない。
DVDの売り上げが悪くてもそんなに苦しくない。
洋画の配給があるからね。

20 :名無シネマさん:2006/09/05(火) 20:14:50 ID:hMa8NdgA
東宝は洋画を配給していない(USゴジラを除く)
とマジレスしてみる

21 :名無シネマさん:2006/09/05(火) 22:17:32 ID:KgQCcIkh
一応、グループの中核企業は電鉄・百貨店・東宝ってことになってるけど、
資本的な繋がりが薄いせいか地味な印象、 東宝が阪急グループだなんて知ってる東京人は殆どイナイです。

それと東宝は不動産部門が異常に大きい。これが強味になってる。配給網強さだけじゃないと思う。

22 :名無シネマさん:2006/09/07(木) 02:17:46 ID:1wixrXG2
全国のチェーン館数が違う各館のキャパも東宝の方が大抵デカイ
製作者サイドが儲けたかったら東宝に行くのは自然の流れ。

これからシネコンが都心ではびこるのも目に見えますな〜〜〜



23 :名無シネマさん:2006/09/09(土) 19:49:58 ID:t3L1JSul
夢がナイ

24 :名無シネマさん:2006/09/09(土) 20:34:04 ID:imnRNeDz
>東宝が阪急グループだなんて知ってる東京人は殆どイナイです

映画、演劇に興味のある人間はたいてい知ってるけど
興味ない人間ならそりゃ知らないでしょ

25 :名無シネマさん:2006/09/10(日) 06:55:33 ID:CD1fibV1
一応東宝は阪急グループだけど阪急各社の持ち株比率は高くない。

それに東宝と阪急ホールディングスはそんなに仲良くないよ。特に新宿コマの件でひと悶着あったからね。
阪急は阪神買ったから借金返済のため資産の整理も必要、東宝の株式もどうなるか?


26 :名無シネマさん:2006/09/10(日) 11:12:18 ID:X62XLc1H


映画となんの関係があるの?

27 :名無シネマさん:2006/09/10(日) 14:11:40 ID:CD1fibV1

ぜんぜん関係ないよ。単なるしったかブリ 東宝自体、興業がメインだし製作は特に関係ない。

28 :名無シネマさん:2006/09/10(日) 20:48:24 ID:HN9DU4py
東宝は、映像製作・営業(34%)・映画興行(19%)・不動産経営(16%)が3本柱
ちゃんと知りたければ株主になって 総務部から5月に送られてくる営業報告書嫁!


29 :名無シネマさん:2006/09/12(火) 22:30:46 ID:uPu7ID+j
>>28
この数字は、単独決算の数字、今は連結で見る。そうすると不動産の割合がドンと増える。

これが東宝の収益の底上げにつながる。また演劇部門の割合も出てくる。

東宝がいわばエンターテイメントと不動産賃貸会社のコングロマリット。

30 :名無シネマさん:2006/09/16(土) 22:07:00 ID:G7NJ2R13
なんか、アエラで東宝の特集記事組まれてたが・・・

「とまらぬ東宝1人勝ち」との題名だが、勝因は、結局優良劇場チェーンという事ですね。
2003年にヴァージンを買収したのも興業重視の企業姿勢から、ネット予約などの独自サービス
が欲しかったみたいだけど田舎にも東宝の映画館チェーン広まった。

「東宝型ビジネスモデル=テレビ主導型映画」という事なら東宝がテレビ局買えばいいんじゃないか?
楽天より相乗効果あるだろ、東宝は無借金、それに1200億のキャッシュと毎年200億のキャッシュフォローがある。

TBSの株式50%買うのにいくらかかるか知らんけど、映画会社のテレビ局買収はアメリカではよくあるね。
ディズニーとABC、バイアコム(パラマウント映画)とCBS、日本では東宝とTBSが一緒になったらかなり面白。

もしそうなるとTBSは長澤ばっかりがドラマ出る事になるな、テレビ局と違い映画会社は自分で女優・俳優抱えている。





31 :名無シネマさん:2006/09/17(日) 00:29:47 ID:ONCYWGeb
東宝って東京宝塚の略だよね?

32 :名無シネマさん:2006/09/17(日) 13:24:25 ID:W752IkEC
>>32
昨年の株主総会で、テレビ局との資本関係の説明があったが、
テレビ朝日を除いて在京民放局に出資しているとの事。
出資比率が高い順に フジ>TBS>日テレ>>>>テレ東、MX
言い回しは違うかもしれないが上位3社のコンテンツ生産能力を重
視して、今後は関係を強固にしていくとの事。


33 :名無シネマさん:2006/09/17(日) 13:28:49 ID:W752IkEC
>>30の間違い

34 :名無シネマさん:2006/09/17(日) 19:17:09 ID:T0+5fB4c
>それに1200億のキャッシュと毎年200億のキャッシュフォロー
人だとすると
金持ちの癖に金を使わない嫌な奴だな

35 :名無シネマさん:2006/09/18(月) 02:41:50 ID:WbyrOeTP
>>34 それが関西人のセオリー 東宝に染み付いた体質だよ。

小林一三が昭和8年に全国に百館の映画館を造る「百館主義」を打ち出した。
これが興業重視の始まり、なんでこの政策を打ち出したかといえば、興業収入
の分配が劇場に有利だから、だいたい興業収入の30%から50%を劇場がもらう
事になるが、もし劇場チェーンが強力ならバイニングパワーを発揮して50%も
らう事ができる。それと劇場なら映画作品を取捨選択できる。あまり客が入ら
なければ、他の作品に換えることができる。洋画でもいい。もし自分で製作し
たらある種のバクチ的なリスクを抱える事になる。自社製作作品がつまらなか
ったらまた、商業的に当らなかったらどうする?だから・・・
劇場のほうがリスクも少ないし興行収入分配の割合もよい。ドン岡田が「東宝
は製作に自信がないから諦めて興行に経営をシフトした。」ナンテ言ってるけ
ど、東映だって最近の製作だめだめじゃない。変な宗教映画作りやがって。東宝
は製作に自信が無いんじゃなくて、興業を重視した方が儲かるからそうしてる。
東宝さんはシビアねー!

小林一三は、昭和8年からこの「百館主義」を提唱、全国の都市部の立地条件の
よいところの買収開始。戦争突入の16年までには日劇 帝劇 日比谷 有楽町
なども8年がかりで買収、傘下に全国の都市の一等地を買収完了。この時点で
強力興業網ができた。すべて小林一三の戦略が当ったね。




36 :名無シネマさん:2006/09/19(火) 04:50:15 ID:kgaRObtb
アエラの記事に東宝の社員が、「うちは、4番打者ばかりなんです。」という
記載があるが、東宝の強みは社員が優秀だからではない。
有力な劇場チェーンがある事、財務体質が良い事、立地条件のよい不動産
を所有している事、この3つですね。社員の優劣は東映・松竹とたいして変わ
りない。製作部門だけ見れば東映・松竹の方が優秀かも。それに財務体質が
良い事と立地条件のよい不動産を所有している事はリンクしている。
財務体質がよいのはキャッシュフォローが年間200億近くあるためだが、この内
不動産からの賃貸収入からの利益は100億近い、つまり経常利益の半分は不動産
部門の利益からだ。これがあるから東宝は強い。東映みたいに売上の90%も
映画関連だとモロニ作品の興行収入に影響を受ける。東宝は連結決算から見ると
売上の25%が不動産からの収入になっている。約500億の売上となる。利益は20%
このように映画製作にのめり込まずに不動産部門を持ち続けたのは、えらいね。
含み資産も相当なものになってる。
自主企画を止めたのは90年代初め、でも70年代に角川春樹が映画業界に新規参入し
そこで東宝は興業を引き受けた。都市部は東宝で地方は東映系の興業網が角川映画の
上映を引き受けた。両者ともそれでかなり儲けた。それが外部企画の始まりで
特に東宝はそれにアジをしめた。今では企画だけではなく制作費もちゃっかり頂く
体制に、映画の版権は東宝には無いけど、劇場の稼働率は上げられるしリスクが
回避できる。それに最近の映画はその内容より宣伝力に依存する傾向がある。テレビで
多く宣伝されたほうが、興行収入が多い。
今後は東宝は、都市部での映画館をシネコンに立て替える。田舎と郊外のシネコンは
過剰だけど都内ではまだ少ない。人通りの多いところでシネコンを開業したほうが
収益が上げられる。そのため独立系の劇場会社を東宝が買収したがっているとの噂が
多く聞かれる。特に都心に劇場を持つ会社がその噂になっている。

37 :名無シネマさん:2006/09/19(火) 07:06:56 ID:LyZYjDFz
東宝は嫌な奴


というかこのスレはageていくスレらしいからsageはダメね

38 :名無シネマさん:2006/09/19(火) 07:26:54 ID:NNoEStU+
38

39 :名無シネマさん:2006/09/19(火) 07:31:55 ID:LyZYjDFz
そうそう、今日学校へ行こうのSPで松岡修造は御曹司とあるから
松岡会長が出るみたいだな


40 :名無シネマさん:2006/09/22(金) 03:13:46 ID:m1VNrSi9
東宝をたまにはsageましょう。
まず、制作における企画力ははっきり言ってない。東宝は自分で映画の企画を
する事はできなくなった。黒澤時代は凄かったけど、同じ会社と言えない位
ダメダメ。企画能力なし!映画調整部?あそこはテレビ局や出版社から企画を
仕入れるだけの部署、量販店のバイヤーみたいなもの。叩いて儲けを無理やり
出させるのが仕事、ヒットした作品しかやらないから当たるのは、当たり前。
今後は都心部の映画館チェーンをどこまで充実できるかがカギ。シネコンに
改造するのは当たり前でライバルの多い新宿・渋谷でどれだけ東映・松竹の
シネコンに差をつけられるかが今後の東宝の生きる道。つまりお得意の興業部門
で他の2社にどれだけ差をつけられるかが課題。東宝の映画部門の強みは、
それだけなんだから、そこでライバルに圧倒するしかない。比較的に強いじゃ
ダメダメ!圧倒的に強くなくては!東映・松竹が合併しても興業部門では東宝が
上回っている位でなくては。だから独立系の劇場チェーンの買収話も出る。

41 :名無シネマさん:2006/09/22(金) 07:14:20 ID:vihVqauW
>>40
企画力とは何かという問題になるな
ヒット作を企画すれば企画力があるとなると
ここ数年の中では一番ヒットした映画はとなるとセカチューになるが(博報堂が持ってきたという話もあるけど)
あと電車男もそうだろう
まぁ、タッチが小ヒットしたから調子こいて次ラフだなんていう頭を抱える物や
中年男女(しかも寺島しのぶ)の愛の流刑地なんかも最悪だと思えるが

>ヒットした作品しかやらないから当たるのは、当たり前。
これは分からないよ。映画公開前にヒットするかどうかは分からないだろう



42 :名無シネマさん:2006/09/22(金) 07:43:39 ID:SljNB6yf
ショムニはこけたよな

43 :名無シネマさん:2006/09/22(金) 15:14:38 ID:XqyJzEuD
>>42
高島玲子の?あれは松竹

44 :名無シネマさん:2006/09/22(金) 23:49:40 ID:R8LEsBGR
松竹の自主企画の映画よりも東宝の方が全然ヒットする確率高いよ!

問題なのは、今後の興業網だね、松竹・東映の劇場網に圧倒できるように、
2003年ヴァージンシネマを買収した。これは田舎ばかりの劇場だから今後は
都心の劇場会社を買収する予定。標的は東京テアトル・東急レクリエーション
・武蔵野興業・中日本興業・御園座 等ですね。東急レクリエーション
以外は大株主が居ない会社だから、簡単な買収劇だね。東急レクリエーション
は東急電鉄が26%所有してます。だからここは東宝と東急電鉄の交渉だね。
話がまとまらないと買収できないから、東宝はどんな条件を出すか?王子製紙
と北越製紙のような事になるかもしれないね。だから東宝は東急レクリエーシ
ョンの買収は大変だね。元々東急レクリェーションは東映と仲が深い。ここに
くさびを打ち込むのは東宝の悲願。新宿ミラノ座や渋谷の映画館は東宝として
是非ほしい。これら東急レク系の劇場が東宝の興業網に入ったら東宝の興業収入
シェアは盤石に、現在の東宝の興業収入シェアは26.5%で目標は30%だか
もっと上を目指せる。これらの会社を買収できたらシェア45%いける。
でもそこまで行ったら公取委が黙ってないけどね。


45 :名無シネマさん:2006/09/23(土) 00:26:03 ID:OJGzJy+j
優良サイトが豊富なWMCならまだしも、明らかなシネコンへの
過剰投資で、台所が苦しくなった東レクなんかだれも欲しがらないぜ
東レクは、ごろごろある手残りがほとんどないサイトをまづは改善せにゃ

東宝の大きな買い物は、しばらくはないとみてる





46 :名無シネマさん:2006/09/23(土) 00:26:42 ID:8h2Kj+6G
東急レクはどうかなー。
個人的には東急レクは、東映より松竹との連携のイメージが強いな。
東映の配給網が弱いせいだろうか、松竹・東急系って言葉もありしね。
確かに東映の岡田が東急レクの社長も兼務していた時代があるけど・・・。
ミラノ座なんて手に入れてもしょうがないんじゃない?
向かいに東宝はコマとプラザを持ってるし、歌舞伎町自体地盤沈下激しいもの。
渋谷の映画館はぜひ欲しいって、いま、東急レクは本拠地渋谷にないじゃない。
パンテオン跡地に映画館できるかどうかもわからないでしょ?

47 :名無シネマさん:2006/09/23(土) 23:07:50 ID:KV1oQVOD
コマスタジアムは東宝が自由になるものではない。正確には阪急HDのもの。
持ち株も阪急の方が多く、同じグループだけど温度差あるね。運営には芸能
プロダクションのアミューズも関与してるし、コマスタジアムの大株主でも
ある。なかなか難しいものがある。東京楽天地も同じ、阪急HDのほうが東宝
より持ち株多い、なぜか文芸春秋が東京楽天地の大株主なんだよな。
幻冬舎の雑誌「ゲーテ」に東宝の提灯記事が出てます。何か最近やたら東宝を
ベタホメしてるね。業績いいのは知ってるけど、べつに東宝が制作してる訳
じゃないんだけど、ゲーテの記事だと最近また東宝が制作再開したような事
書いてるけど、実際は企画は出版社、テレビ局がほとんど、制作費もチャッ
カリ頂いてるのが現実。よい作品=ヒット商品を東宝が仕入れてるのは事実
だけど、これも強力な劇場チェーンがあればこそ。あんまり調子に乗ると後
で凹んだ時にガタガタになるぞ。売り上げは映画部門が大きいけど儲けだけ
見れば不動産部門の方が利益率高い。賃貸収入の下支え大きい。
東宝はこれからも制作に力入れずに劇場チェーンの充実に躍起になってくれ。
東急レクの買収は?たしかココの売上げの4割が映像部門だけど、赤字のう
わさあるね。儲けてるのは東急レクも不動産部門、同じく賃貸収入。東京テ
アトルも映像部門は2割しかない。ココも赤字も噂あり、儲けは不動産部門
とホテル事業(ホテル西洋銀座)だから、案外これらを欲しがってるのは
東宝の不動産部門だったりして?

48 :名無シネマさん:2006/09/24(日) 01:17:59 ID:epY6nFzO
東宝にしろ、東急にしろ、テアトルにしろ
映画を経営の柱にして見えるけど、不動産だよね、やっぱり。
スバル座なんて高速道路のメンテナンスが収入源だし。
東急が東宝に買収されると、株主としてはうまみがないな。
東宝はどケチで、日劇PLAXやスカラ座だと、1000株持ってても月1本見られない。
東急なら、ろくな作品かからないけど、1000株で月3本。
その意味ではミニシアター系に特化しているテアトルは、株主優待も使い勝手がいいね。

49 :名無シネマさん:2006/09/24(日) 17:44:01 ID:ohd28FDs
昔(戦前)は松竹の方が劇場チェーン充実してたんだけどね、明治座・帝劇
なんかは松竹だった。帝劇の所有者は別の会社だったけど、小林一三の興業
網への投資で逆転。戦後、組合運動で東宝はごたごたしたけど結局松竹は、
東宝の興行網の強さに負けたのでは、いま松竹はいまだに自主企画の映画
制作にお金突っ込んでるけど、そろそろ東宝方式にした方が良いのでは?
東宝が取りこぼした作品をやるだけども良いのでは、チョボチョボの興業収入
が数多くあれば手堅くいけるのでは、今の松竹のやり方は、博打にお金つぎ込
んでいるのと同じ。監督・脚本家の思いばかりじゃお客来ませんよ。

50 :名無シネマさん:2006/09/24(日) 18:16:40 ID:4Ibz0ydk
長澤まさみという、間違いなく未来の大女優になる人がいるかぎり、東宝の快進撃は止まらないよ!   故・夏目雅子を凌ぐ程の可憐さを感じる

51 :名無シネマさん:2006/09/25(月) 06:53:36 ID:IwcxWI2r
釣りか?



52 :名無シネマさん:2006/09/27(水) 00:06:38 ID:FTH5lGyX
釣りと聞いて、
釣りバカ日誌
の松竹が飛んできましたよ

53 :名無シネマさん:2006/09/27(水) 02:40:19 ID:DefWUdLl
良スレだな。
株板から来た短期ホルダーですが、勉強になってとてもおもしろい。
どもありがと!

54 :名無シネマさん:2006/09/28(木) 16:22:29 ID:4eDikMoX
嫌いな営業がいる。

55 :名無シネマさん:2006/09/28(木) 16:29:21 ID:BA/wz4vD
大体分るw

56 :名無シネマさん:2006/09/28(木) 16:46:48 ID:nTCpIGEC
映画の興行は、製作よりもリスクが少なく収益が上げやすいが、基本的に
あまり映画産業は儲からない。経常利益で10%あげられれば良い方、不動産
部門の利益率の半分程度、東宝の演劇部門は収益性高いから20%前後の数字
を出している。郊外や田舎が中心の外資系シネコンは、なかなか利益出しに
くい状況。ワーナーマイカルは赤字の噂あり、東宝が買収したヴァージンも
あまり利益出してないから、東宝は邦画バブルに踊らされずに今後の利益基
盤の確保を考えないと。売上のポートフォリオで見ると映像関連が約60%で
不動産部門が28%、今後は不動産部門の更なる強化を模索しないと継続的な
高収益な体質が続かないと思う。また海外への劇場チェーンや不動産投資の
展開も考えないとダメかもね。いずれバブルはシボムヨ!

57 :名無シネマさん:2006/09/28(木) 21:46:30 ID:xJBb1aoQ
>>56
ヴァージンを買収したから興行網が余計磐石になった。
他社はひっくり返せない。さらに東宝系チェーンで流したくなるのでは?
フジテレビ、小学館、ジブリそしてTBS、日本テレビは基本的に
東宝系になってしまっている。
集英社(ジャンプ)が東映系が多いけど作品の力の割にヒットに
結びついていない。大和だって東宝系ならもっと稼げた。

58 :名無シネマさん:2006/09/30(土) 12:28:33 ID:nRQVeInU
>57
春樹さんは「天と地と」があるから東宝とは組まないよ。

59 :名無シネマさん:2006/09/30(土) 13:02:53 ID:KeUQ7ufx
>>58
春樹は、「椿三十郎」で東宝と組むだろ
よく調べろ

60 :名無シネマさん:2006/10/01(日) 05:25:11 ID:rFhP2RQ1
角川春樹は、大和で東宝にも興行頼み込んでるよ。
角川映画で1番儲けたのは、東宝だって噂があった。製作した角川よりね。

春樹は、メディアミックスで原作の文庫本が売れる事を目指したのでは?

一瀬隆重プロデューサーは、東宝と上手く行っていないよ。
かれは、「帝都物語」を作って東宝に売り込んだとき、ものすごく安く
買い叩かれた。興行だけでは制作費も出ないくらいで赤だったが、
レンタルビデオ市場での収入でなんとか元を取ったらしい。

だから一瀬プロデューサーは東宝との取引は楽しくない上に儲からない、
というマイナスイメージを持ったようだ。

東宝はこういうケースが多々ある。外部企画の作品を安く仕入れて上映しょう
とするため買い叩いて製作者サイドの不満が出る事がある。
東宝の強みの劇場チェーンはバイニングパワーとして使われてしまっている。



61 :名無シネマさん:2006/10/01(日) 05:44:59 ID:v9scCClP
>>60
東宝は製作(制作)及び下部劇場にとっては怖〜い会社ですよね。まあ大手の
配給・興行チェーンはどこも似たようなところはあるが。
この類のコンテンツ業界におけるメジャー資本の力は恐ろしく強大だ。
よほど強い作品を持っていなければ向こうに頭を下げさせることはできない。

東宝のようなメジャーだけではなく、あの業界の力関係や商習慣は本当に独特で
素人が手を出すと火傷するし、合理的に改善される見込みもない。
どこの業界にもある話とはいえ、力のない個人や零細業者は徹底して相手にされないよな。
ミニシアター・興行会社や零細配給会社も渋い話ばかり。
もちろん某幸福の科学みたいに前売を買ってくれるような所は大事にされる。シビアなほどカネでしか動いてないからな。

62 :名無シネマさん:2006/10/01(日) 11:09:31 ID:Ed2+g7rr
他人に映画を作らせる割には、東宝らしさを求めるから凄いわな。

63 :名無シネマさん:2006/10/01(日) 23:58:44 ID:kYyECWTy
新生 阪急阪神東宝グループ誕生 age





しかし、長いグループ名だなw

64 :名無シネマさん:2006/10/03(火) 20:48:38 ID:jn67rZm4
電波大根女優長澤まさみだけは見たくない

65 :名無シネマさん:2006/10/05(木) 05:00:20 ID:JcDgIEBZ
一瀬プロデューサーは、犬神家の一族のリメイク版を制作するそうだが、
配給・興行は東宝だよね、大丈夫なのかな?もめないのかな〜?両者の間
には色々あったようだが、また東宝がケチな数字だしてもめたら(笑)

一瀬プロデューサーは、山田洋次監督をほめたり、「東宝型ビジネスモデ
ル=テレビ主導型映画」を批判したりするのを見るとなんか松竹のやり方に
近い感じがする。でもこれはなかなか数字出せないね、今はテレビ局巻き込
まないとヒットしないからね。一瀬プロデューサーは、「テレビ局の作る映
画は、予算をかけ派手に見せてもテレビドラマとは質的に変わらない。」
と言ってるね。でも今は数字は出してるし今後映画会社とテレビ局が合併
したら、制作方法が換わるかもね。そしたら映画も変わる可能性あるかも・・・


66 :犬神家の一族:2006/10/06(金) 22:57:59 ID:Dy2g6n1X
横にそれる話でゴメソ。

帝劇で戦前は歌舞伎の興行もあったのに、金の亡者が買収してたんだね。
宝塚はその存在を認めるけど、現実逃避が激しくて嫌いっす…
演劇や映画が好きでも、最近まで東宝=東京宝塚って知らなかったYO!!

東宝のアホアホ社員が「うちの女性の正社員はすべてコネ」と、言ってたが。
三谷が杮落としする劇場の支配人もそうなんか??


67 :名無シネマさん:2006/10/06(金) 23:54:18 ID:g3SCb8lx
昔はコネだけの採用だったらしいが、最近はそうでもないだろ
今でも確かに著名人の2世もいるけど 俺の知ってる人は、コネなしだよ
まぁテレビ局や電博よりはかなりましだろw 

あと、旧帝劇の歌舞伎公演は、昔は松竹の経営だったからね
戦後も日活が映画館としてやった時代もあるらしい

別に俺は東宝万世ーじゃないからねw

68 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 04:23:53 ID:KEx4Bu6P
別に東宝マンセーじゃないけど、他の映画会社がダメすぎ。
松竹なんかは、創業者が興行師だっただけに「自分たちの手で芸術作品を
作りたい」という思いが強すぎる。奥山のシネマジャパネスクもこれが
引き金に・・・古い映画屋のロマンが松竹に残っている。しかしそのロマン
が松竹の経営危機を招いた最大の原因になったのではないか?

それにしても「芸術作品」には見向きもせず「売れ筋」の作品?商品?のみを
扱う東宝ビジネスも色々言われるね。少しお金にビンカン過ぎたのかな?
ねたみ 嫉妬の世の中だからね!ほどほどに、ドン岡田が悔しがってます。

69 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 05:12:56 ID:I42RH0aY
>>68
松竹にロマンなんかあったか? 70年代以降は単に山田組に頼り過ぎた
だけだと思うが。ずっと寅さんのB面や盆暮れ以外の端境期の映画まで山田組の威光が及んで
きたし、今も釣りバカや「出口のない海」は山田脚本だ。
奥山は松竹の山田組中心主義を変えようとしたはいいが趣味に走り過ぎただけなのでは?

ただ、松竹はいまだに自社出資にこだわるよね。東宝も出資を増やしているけど、
東宝映画そのものはそんなに活動していない。

70 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 05:20:36 ID:I42RH0aY
>>67
やっぱ映画会社はTV局や代理店と同じくコネが多いと思いますよ。ああいう
業界は同族社会なので仕方がないんだけどね。

>>65
その一瀬氏も「犬神家の一族」ではTBSに出資してもらっていますよ。
TV局主導ではないエンタテインメントを作りたい気持ちは強いんでしょうけどね。
アメリカは巨大メディアグループの中でハリウッドのクリエイターたちが
占める位置が大きく日本とは比較は出来ないですね。向こうはTVドラマもハリウッド系のプロダクションが作ってますが、
日本の映画屋はただの下請けですしね。

71 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 17:20:55 ID:c4oRbsLc
627 :名無シネマさん :2006/09/23(土) 00:34:25 ID:VMI1LJY2
どこかにこれからの松竹は、山田企画全て映画化目指すってあったよ

古い物に固執すればするほど駄目になっていくって、
世の中見て学ばないのかな


628 :名無シネマさん :2006/09/23(土) 00:44:29 ID:OJGzJy+j
>>627
でも、山田監督 東宝の新スタジオの竣工式で
「とあるスタジオがつぶれてさびしく思ってたら、ま新しいスタジオが出来るところ
があっては喜ばしい限り、これからは、東宝スタジオで撮ることになると思う」
って来賓の挨拶で言って松竹の幹部を皮肉ってたらしい。
当の幹部は、それを聞いて顔が引きつってたらしいw
    ↑
山田監督も松竹見限ってるの?それとも東宝へのゴマすり?たしかに東宝と松竹の差は開くばかりだからな、山田監督もイヤミも言いたくなるのだろう。

72 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 20:50:32 ID:I42RH0aY
>>71
実際に「武士の一分」で東宝スタジオを使いましたしね。木村のスケジュールを
押さえる為に東京のスタジオを拠点にせざるを得なかったためですが。

73 :名無シネマさん:2006/10/07(土) 21:28:46 ID:iGUtwfwQ
>>72
次回作の吉永小百合主演の「かあべえ」も砧らしいな
監督が成城に住んでいることもあるし、もう歳だしね

しかし、砧激混みらしいな 東宝映画でさえ抑えられなくて
調布や大泉借りてる撮ってる有様らしい


74 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 02:41:38 ID:NFmXY7k2
しかし東宝が制作部門に新規の投資とは珍しいな!この会社は劇場か賃貸
ビルにしか設備投資しないかと思った。次第にスタジオが減って制作も大変
だな。お疲れさん!スタジオ押さえるのがプロデューサーのまず始めの大仕
事に。1時期はスタジオガラガラだったのに。
それはともかく、東宝のシネコンへの投資は、いよいよ本格化、上手く行くか
どうか東宝はドキドキモンらしい。まあ「川のそばの松竹」といわれる会社よ
りも「駅のそばの東宝」の方が成功する確率高い。ターミナル駅の近くに劇場が
ある東宝は集客率違う、同じ映画を上映するにしても東宝は松竹の5割増しの
客入りと言われる。そこをシネコンに改造するわけだから、何とかなるでしょ
う。田舎のショッピングセンターの客集めのために赤字覚悟で上映してる訳で
はない。都心のシネコンはそれ単体で採算取れる数少ない商業施設、土地の簿
価は東宝は戦前に買収してるため坪何円の世界。テナントのホットドックや
スナック売って粗利かさ上げて下さい。この収入は馬鹿に成らないから。
いずれにせよ、外部企画の邦画にせよ、洋画にせよ、東宝の劇場の強さ、集
客力の強さに寄せられてまず東宝に売り込もうとする。ヒットの可能性のある
外部企画は、松竹・東映ではなく何かと実績のある東宝に流れている。

75 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 04:22:34 ID:Z6jqMk15
>>74
>しかし東宝が制作部門に新規の投資とは珍しいな!

現在の日本映画の台風の眼になっているフジが、現在、お台場に新スタジオを建設中。
このスタジオはHD撮影に対応しているので、その気にTVスタジオの中で本編も撮影可能となる(らしい)。
またフジはポスプロにも設備投資していることで有名。
業界にはキー局の自主制作能力のアップに対抗せざるを得ない危機感があるらしい。
東宝だけではなく各社でリニューアルしてますよね。

>次第にスタジオが減って制作も大変だな。

ただ今は埋まっているけど、元々が映画制作なんか大きなパイじゃないので、
業界の景気が悪くなればどうなるかは分からないですよ。いま、日本で本編を撮れ
るスタジオが東京に4つ、京都に2つですか。東京は埋まっているようですけど京都はそうでもないでしょ。フ
ジのスタジオがどの程度のものになるのか、もしもフジの作品がそっちに回れば・・・。
それにしても首都圏の映画・TV・CMの大小のスタジオの数って凄いね。日本の映像制作は巨大産業(儲かってるのは一握りの人だけなのに)

76 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 04:37:05 ID:Z6jqMk15
>>75
 ×その気にTVスタジオの中で本編も撮影可能となる(らしい)。
→○その気になればTVスタジオの中で本編も撮影可能となる(らしい)。

>>74
都市部でも地方でも、現在の興行のシネコン化・ミニシアター化の二極化は止まりそうもないですね。
早くも閉館したシネコンもある一方、首都圏でも今まで映画館がほとんど無かった区にまで建てている。
中途半端な既存館はどんどん無くなっているし今後も建つ見込みは無い。
自分も前は古い映画館にかなりノスタルジーがあったしシネコンに批判的な見方も
していたが、今はもうどうでも良くなってきた。時代はどんどん変わっていくんだなあ・・・。

77 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 05:18:23 ID:6W8HaXZX
業界にはキー局の自主制作能力のアップに対抗せざるを得ない危機感があるらしい。
東宝だけではなく各社でリニューアルしてますよね。  
      ↑
だったら、東宝がキー局買収すれば良いのでは?競合する可能性あるところ買収するのも良いのでは?
TBSあたりが安くてよろしいのでは?楽天がドン詰まりだし〜〜〜。
デェズニーやらバイアコム(パラマウント)なんかが買っちゃいましたね。ルパードマードックもフォックステレビ持ってる。
20世紀フォックスと一緒にね。
東宝がルパード マードックやサムナー レッドストーンほどやり手じゃないと思うけど・・・   


78 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 06:03:52 ID:+XD+/gMX
東宝は、ヴァージンシネマをいくらで買ったの?

79 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 06:19:59 ID:6W8HaXZX
確か、100億くらいじゃない?キャッシュ1200億あるからたいした事ないね。
年に現金の収入は280億かな。

TBSは何千億かかるか知らんけど・・・株式50%買うのに2千億ぐらいか?

よく知らん

80 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 06:23:10 ID:Z6jqMk15
>>77
東宝はフジの株主(6.24%)であり、フジ・角川書店などと共に「日本映画衛星放送」
(日本映画専門チャンネル・時代劇専門チャンネル)に出資を行っている。

アメリカの現在の事情は不明だが、メディアがコングロマリット化することにはデメリットもある。
例えば東映はテレビ朝日の株主(16.09%) でありテレ朝の番組を優先的に制作・供給する株
主義務を負っているが、テレビ朝日はこの契約のために東映の番組を買い続けねばならず、フ
レキシブルな番組編成の支障となっている。東映制作の番組の視聴率が低い場合、東映は自社の利益のために株
を持っているテレビ朝日の利益を逸しているというややこしいことになっている可能性もあるわけ。
また東映としてもテレビ朝日の東映制作番組の裏番組を受注することが出来なくなる。
TBSで「Gメン75」を放送していた頃、テレ朝が土ワイを始め、そちらも受注していた東映は
Gメン75を近藤照男プロダクションの制作に分離せざるを得なかった話が有名。
(もちろん、厳密には東映の中にもテレビプロとか東映東京制作所とかの区別はあるんだけどね)

81 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 06:32:34 ID:Z6jqMk15
>>80
要するにコングロマリット化で何かとお互いの手足を縛り合う結果になる可能性も高い。
東宝がTV局を買った(株を買い増しした)場合、まあフジでもTBSでもどこでもいいけど、現在は
普通に出資・配給で各社と付き合っているけど、お互いにシバリが出てくる可能性もある。

現在のような全方位外交に従い、磐石な配給・興行網の力で出資・配給作品を呼
び込んでいる方が手堅いのではないでしょうか?
楽天もTBSに乗り込んだはいいが何も出来ていない。むしろ他のキー局と
付き合いにくくなりかえって損をしているのではないだろうか。

82 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 06:46:47 ID:+XD+/gMX
>>79
じゃぁ、安い買物だった訳だ
シネコンの展開も外資系とかに比べて遅れてたらから

83 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 08:06:33 ID:f0XhZMs6
な〜〜〜〜〜〜るほど!

84 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 11:44:15 ID:6urLk1mo
ヴァージンの買収はすでに元を取ったといわれている
東宝の一番欲しかったのはブランド構築と運営ノウハウだからね

在京キー局との関係は株の持ち合いをやっているフジが一番親密だが
もとは、ラジオ局や大映、松竹なんかと共同出資して作ったテレビ局らしいが
株主はその後、どこも経営難などで困窮、結果、東宝のみが大株主として残った
という感じみたいだな。


85 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 16:01:07 ID:s5amQ3V7
んじゃー アチラさんのハリウッドスタジオは、TV局買収してあまり上手く
いかなかったのか?フォックスの24なんかはおもろいけどな〜〜〜?
バイアコム(パラマウント)やディズニーも大変なん?かなり巨大化したけど、

磐石な配給・興行網の力で出資・配給作品を呼 び込んでいる方が手堅いのではないでしょうか?
       ↑
劇場チェーン各社は今後都心部でのシネコンの整備が最重要課題だけど、
ヴァージンは田舎ばかりのシネコンだから興業網の拡充の観点から都心部の
劇場チェーンの買収の可能性は?松竹・東映も考えてる可能性は。

86 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 21:12:33 ID:Z6jqMk15
>>85
アメリカの事情はよく分からない。向こうは放送業界の構造が日本と違うので
ちょっと比較にならないんですよね。ただ、日本も資本関係などで業界の利害関係が複雑なのは事実です。
ちなみに東宝やキー局・代理店の名前は結構色んな場所に見るよ。「え、こんなところとも繋がりが」とビックリする。

>都心部の劇場チェーンの買収の可能性は?

それはこの板でもよく言われているでしょう? 東宝が都内の興行会社をどこか買うのではと。

87 :名無シネマさん:2006/10/08(日) 22:42:19 ID:5lUkK3Br
昔の社長、森岩雄さんだっけ?あの人の頃の情熱みたいなもんはもうないのかね。

松岡はただの商売人一族。清水雅も社長やったけど何か残る事したのか?本人は、「映画のこと何も知らない」ていってたけど。
元東京電燈の出身で阪急電鉄の常務やってた人だけど・・・



88 :青沼静馬:2006/10/09(月) 07:06:24 ID:8Q64/20O
東宝がヴァージンシネマの100億円買収は既にもと取ったのはスゴイね。
田舎の土地や劇場じゃなくてシネコン運営ノウハウが狙いだったとは!
したたかやね、東映・松竹はこの話来なかったのかな?来ても資金的に
動けなかったとか?東映・松竹は劇場チェーンの拡充やシネコンへの改
装を急がんとやばいぞ!シネコン運営ノウハウ持ってるのか?




89 :青沼静馬2:2006/10/09(月) 07:30:02 ID:8Q64/20O
東宝は監督や脚本家の私小説的な映画作りが終了し、まずどのお客さんに
向けるのか、どう思うのか、それを意識し題材を選び、監督、パッケージ
主題歌を客観的想定して逆算するのが今の映画作りであるという。
だから、どうしてもテレビドラマや漫画 小説を題材にしないと逆算でき
ない。数字が出てこない。これらを使えば視聴率・発行部数である程度
逆算できる。
しかし一瀬隆重プロデューサーは、この顧客逆算方式の映画作りを「テレビ
主導映画」として批判する。そうなるとかつての私小説的映画作りを復活
させるつもりか?まるで「松竹の罠」に落ちてるな。いまだに自主企画にの
めり込む、ひどい時には奥山時代みたいになるぞ!そういう意味では一瀬
プロデューサーは危ないかも。

90 :名無シネマさん:2006/10/09(月) 08:08:25 ID:Z9kn+BHD
>>85
ディズニーはABCを買って助かった。

91 :名無シネマさん:2006/10/09(月) 17:08:23 ID:uIWfxTuC
     ↑
詳しく! 詳しく!!

92 :名無シネマさん:2006/10/09(月) 17:51:36 ID:Z9kn+BHD
単に、映画事業が低調な時、ABCとEPSNが好調で
穴埋めできたってだけの話。

93 :名無シネマさん:2006/10/09(月) 22:28:15 ID:99b55+yH
EPSNじゃなくてESPNだろ?
SONYだってエレクトロニクスの低調をSPEが補ってるだろw

たまたま見つけたが、ディズニーも大変だなw
ttp://boycottespn.wordpress.com/


94 :名無シネマさん:2006/10/09(月) 23:30:14 ID:fnscQcMN
>>80
日本テレビとTBSの株も持ってるらしい。フジは第2位の大株主なので
目立ってるけどね。


95 :名無シネマさん:2006/10/10(火) 03:28:42 ID:x8nl399G
やっぱり、色んな事業持っている方が何かあった時にに補完できる。
それと仮に映画会社がテレビ局買収しても>>80みたいにテレビ局に一方的に
映画会社が番組を押し付けることはやらないのでは?視聴率でカウントされ
るし、押し付けてもし失敗したら映画会社の責任になる。金の卵をつぶすか
どうかは買収した会社の見識だと思う。番組を押し付けて視聴率下げたら
テレビ局買った映画会社馬鹿だと思う。経営者がしっかり部下を管理して楽
な方向に流れないように尻叩き続けるしかない。ただし映画の宣伝について
は、傘下のテレビのネットワークをガンガン使ってやらせる方がよいね。
だからもし東宝がテレビ局を買収してもテレビ局の視聴率に鍛えられた制作
方式のノウハウを吸収すべき。ヴァージンのシネコンの運営ノウハウを吸収
したみたいにね。
世の中1+1=2じゃないと思うし。最近じゃ「製作委員会に参加する際、問
われるのは資本力よりメディア力」と言う意見もある。ホリエモンもリーチ
が欲しいと言ってたし。テレビ番組「踊る大走査線」で映画までシリーズ化
された訳だしメディアミックスが単なる映画や番組の戦略だけじゃなく資本
関係の統一化の口実になるかもね。


96 :名無シネマさん:2006/10/11(水) 04:07:41 ID:vk6HNf+H
外資のシネコンはほとんど赤字経営、映画の入場料だけで収支が黒なんて所
ないね。ワーナーマイカルなんてスクリーン数に比べて興業収入がかなり低
い。それと東宝にヴァージンが吸収されサービスが悪くなるだのダサくなる
だの皆さん言うけど、割引に強引な圧力かけてるのは洋画のハリウッド
メジャー大手だよ一瀬プロデューサー!日本で洋画配給してるハリウッド大
手はロクデモない。査察が入ったフォックス、字幕屋の身びいきで祭りにな
ったかつてのヘラルド、それに洋画配給会社全般を公取委が目を光らしてい
る。強引な独禁法違反が後を絶たないからね。興行に無理難題おっかぶせて
自分らは高みの見物のハリウッド系配給会社という構図はちょっと業界のぞ
いただけでもよくわかる。なぜかその事言わない一瀬プロデューサーは?
ハリウッドのカタ持ちすぎだぞ!
無理難題押し付けられてた代表の東宝が、「最後に残ってた非系列外資」
ヴァージンを買収し、より大きくなったんだからハリウッド系の配給会社は
大変な脅威だよな、圧力掛けにくくなるよな。今までも洋画系の配給会社に
対等に物申せるのは東宝だけだった。それは長年の格配給会社との付き合い
とともに強力な劇場チェーンの存在の賜物だろう。
アメリカでは、1948年のパラマウント(同意)判例により1社で制作と興行を
行うのは禁止された。司法省の反トラスト局によりハリウッドの外部から
強引に制作・興行の分断があり、ブロックブッキングも禁止された。
しかし最近日本もブロックブッキングはともかく1つの映画会社が制作と興
行を行うのはほとんど無い。政府の権力行使ではなく映画産業がダメになり
自然とそうなった。特に70年代に角川春樹が映画の製作に乗り出しその興行
を東宝が都市部で引き受けたのが日本での制作と興行の分離のはじまり。
(東映は、地方の興行を引き受けた)


97 :名無シネマさん:2006/10/11(水) 08:26:50 ID:vk6HNf+H
東宝が生き残ったのは圧倒的な興行網の強さに依存する部分が大きい。松竹はこのスレでも
採り上げられている例の城戸体制の呪縛(城戸に気に入られた企画しか撮れない)が尾を引いているのだろう。
城戸体制以後の空白を経た80年代半ばには今度は奥山体制に陥り、奥山の独断による作品と寅さん・山田映画、
合間にラインナップを埋めるための意味不明な企画と番線は混乱を極めた。

経営的にも大谷家(白井家)・城戸家・永山家・奥山家 とグループの派閥支配が凄まじい。
ちなみに現社長の迫本淳一は城戸家の人間。彼らがあたかも旧中国の軍閥の如くグループを直接間接に分割支配する状況だったようだ。
以前は映画の奥山グループ・演劇の永山グループで一切人事交流が無かったとさえ言われ、
双方がお互いの事業の実態を全く把握していなかったとさえ言われる。そして例のクーデターで奥山家は追放。
あの会社では全ての人間はこうした同族派閥の使用人に過ぎないのだろう。
そこから枝分かれしたコネで身内を固めまくっている模様。コネとは無関係に入った人間
はあの制作に強力な権力を持つ山田洋次でさえ本質的には使用人でしかない。
つまりは古い興行界のガチガチの体質を体現する会社ということなのでしょう

98 :名無シネマさん:2006/10/11(水) 23:59:47 ID:Z37lgGth
東宝は映画文化の破壊者である

99 :名無シネマさん:2006/10/14(土) 08:14:05 ID:kolQoPiQ
854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:10:41
他社タレ叩き記事(宣伝)の発信源は東宝とd2ですよ。
映画の宣伝はするが長澤さんより目立って貰っては困るので上げ下げコントロール。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:25:12
長澤は電通主導による捏造がなかったら生きて行けない

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:31:03
長澤が電通と東宝に守られていてライバルの
沢尻上野が叩かれているのだとしたら
セカチューヒロインで長澤と一番被る綾瀬が叩かれないのは
綾瀬も電通に守られているからじゃないか

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:31:49
沢尻には確実に負けるけど、綾瀬・山田優にさえも負けそうな長澤歌手デビュー

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:39:51
>>862
東宝とダストの関係考えると長澤に勝たせなきゃダストはやっていけないぞw

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:44:39
お離婚チャートの捏造の件は最近サイぞーでも書かれているが
要はヒット感だけ演出すればよい。チャートを創作しても
巷で疑問を持たれるのは下手糞なやり方。
ドラマタイアップだとテレビがヒット感を演出してくれる。
CDの売れ行きを水増しすればするほどテレビ局の版権会社に還元される
ので大歓迎。


100 :名無シネマさん:2006/10/14(土) 20:58:50 ID:cdm2Cssx
まさみん100

101 :名無シネマさん:2006/10/14(土) 23:46:51 ID:kolQoPiQ
映画だな
他社上映=宣伝になりにくい叩き
自社上映=宣伝か宣伝になる叩き
考えて見れば何かにつけて関係のない長澤の売名も記事に挿入されるから分かり易い

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:56:29
>>866
沢尻と上野が東宝映画に出てるからってこと?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:58:21
東宝映画に出すか出さないか
なんてのが立派に脅しとして成立する現状だからね。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:02:24
沢尻上野が東宝映画に出ている場合は宣伝になる叩き
東宝以外の映画に出ている場合は叩く
タイヨウのうた松竹
出口のない海 松竹
シュガー&スパイス東宝

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:03:38
東宝は沢尻や上野その他が長澤より格下だと洗脳したいだろう
同じ広報誌から長澤だけ持ち上げ記事で他者は持ち上げと落としと混ざってる記事が出る

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:07:33
まあ、映画界は今や東宝の天下だから、逆らえまい。沢尻も上野もそりゃ後ろに引くよw

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:20:53
まあ、映画界は今や東宝の天下だから、逆らえまい。沢尻も上野もそりゃ後ろに引くよw
→だから叩かれても大人しくしてろよ by 東宝 ってことかw


102 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 08:59:04 ID:7qbAcQnp
長澤まさみの特異な部分は、東宝という映画会社の看板女優になったこと。
宮崎あおいがいくら、朝ドラ→大河 と道を進んだとしても、比較にならない。
なぜなら、宮崎のその後の面倒までNHKが見てくれるわけではないから。
もっとも、彼女は実力が本物なので、大丈夫とは思うが。
長澤=東宝 なんだよ。
上手だとかヒットしたとか、もちろん大事だよ。が、企業価値を高める
存在としてのほうがより重要。

59 :名無シネマさん :2006/10/14(土) 17:39:41 ID:6uyD7kLL
>>56
相変わらず東宝(東宝芸能)がどんな会社か全く理解していないなorz

>>58
東宝芸能の人が「なんでこんな子にこんなに仕事が来るの?」といちばん驚いてるんじゃないの

61 :名無シネマさん :2006/10/14(土) 17:46:44 ID:6uyD7kLL
>>56 >>60
東宝(東宝芸能)はタレントの面倒はほとんど見ない会社とすら言っていい。せいぜい
東宝の舞台の仕事を与えることしか出来ない。
東宝が長澤を今後も丸抱えする保証は全く無い。かと言って舞台・司会・レポーターが
勤まりそうもないし、長澤なんかもう終わってる。
長澤まさみはいずれは、東宝の大作に「だけ」主演する女優になる。
それは決定事項だと思う。

103 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 11:29:50 ID:vsEUzzqj
↑わけのわからんコピペで埋めるな。

104 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 13:41:42 ID:OAZxVl6n
↑マジだけどな、特に東宝芸能がタレントの面倒見ない事なんかはwww

映画会社が果たして芸能プロダクション持ってる事自体今の時代に必要な事ことなのかよく検証してるべき。

長沢のマネージメントはバーニングがやってる。長沢が、だんだん色っぽくなってるのもそのため、Hな接待も会合もがんがんやらせるよ。

105 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:20:38 ID:vsEUzzqj
>>104
>>102のコピペ自体は滅茶苦茶。元スレでは別々のレスを一繋ぎにしている。

>東宝(東宝芸能)はタレントの面倒はほとんど見ない会社とすら言っていい。せいぜい
>東宝の舞台の仕事を与えることしか出来ない。
>東宝が長澤を今後も丸抱えする保証は全く無い。かと言って舞台・司会・レポーターが
>勤まりそうもないし、長澤なんかもう終わってる。
(ここまでで一旦終わり。そこに↓)
>長澤まさみはいずれは、東宝の大作に「だけ」主演する女優になる。
>それは決定事項だと思う。

と別のレスを繋げているので、段落の繋がりが全く意味不明なものになっている。
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1160796494/61-62

たまに2ちゃんにはこういうコピペ馬鹿が出てくるがどうにかならないのか?

106 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:26:34 ID:vsEUzzqj
>>104
>↑マジだけどな、特に東宝芸能がタレントの面倒見ない事なんかはwww

某スレの馬鹿はその一事すら全く理解しようとせず、「東宝=長澤」マンセーを繰り返している。

>長沢のマネージメントはバーニングがやってる。長沢が、だんだん色っぽくなってるのもそのため、Hな接待も会合もがんがんやらせるよ。

長澤とバーニングの関係については知らないが、「東宝が長澤を大女優にする」
という類の妄想を吹く輩は早く死んでしまえばいい。
興行スレは本当に笑えるぞ。ここまで極端な奴以外にも、東宝を美化して持ち上げる馬鹿が2〜3人張り付いてるから。

107 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:34:31 ID:BfdUDGw3
>>106
ああ、君はあの駄々っ子レスしていた人かw


108 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:41:36 ID:vsEUzzqj
>>107
駄々っ子と言われても構わないが、東宝を持ち上げている奴は東宝の株価でも上げたいのか?

109 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:49:59 ID:BfdUDGw3
>>108
なずなは異常だが

現実を現実と認めているだけだが
それを認めたくないだけじゃないのか?

それが東宝に幻想を抱いているとか・・・・・・アホちゃうかとしか思えない



110 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 14:54:43 ID:vsEUzzqj
>>109
キミたちの話を聞いていると、あたかも東宝が企画・制作まで一貫して全てを手
掛ける超精鋭クリエイター集団みたいに聞こえるのだが・・・。

そういう点がメジャーに対する幻想なんじゃないの? と言っている。

111 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:01:05 ID:BfdUDGw3
>>110

>一貫して全てを手 掛ける
>超精鋭クリエイター集団みたいに聞こえるのだが・・・。
www笑えるよ
一つでもいいから、この手のレスを持ってきて(なずな以外で)
配給、興行、宣伝が強いと言っているだけ
まぁ、君はそれを小林一三の偉かったの一言で済ませるのは馬鹿だろということ



112 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:06:44 ID:vsEUzzqj
>>111
>まぁ、君はそれを小林一三の偉かったの一言で済ませるのは馬鹿だろということ

いや、もうその一言で済ませちゃっていいんだけど。>>35-36 >>40 のそのままでしょ?

113 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:16:26 ID:BfdUDGw3
>>112
じゃ、一つ聞くけど
東宝はここ数年シェア1位を取り続けているけど
その前は当然、洋画メジャーの会社が1位だったわけだが
ではその頃は小林一三は偉くなかったのか?



114 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:25:07 ID:vsEUzzqj
>>113
それって興収(配収)のシェアのこと? どういうデータか不明なので
何とも言い様がないが、鉄壁の興行網を誇る東宝がTV局などの企画・出資を得て
本気で自社配給に力を入れた結果がそれでしょ?
やっぱり決め手は東宝のチェーンマスターとしての強大な権力だよ。

115 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:30:45 ID:vIjlxxiQ
東宝の戦略が当たっただけだろ
川上(制作)から川下(興行)まですべてやらずに
ファブレス(制作は他社任せ)にして販売店を強化したからリスクが減った
減ったリスクで儲かった 儲かったお金でさらに販売網を強化

他2社の川上(制作)から川下(興行)までこだわった施策が外れただけ
それだけのこと

116 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:40:22 ID:BfdUDGw3
>>114
>本気で自社配給に力を入れた結果がそれでしょ?
それを企業努力と言うんだよ
親の財産だけあてにしていても落ちぶれるだけ
トップを取るなら、常に時代とともに進化していかないといけない
それが分からぬのか!と

ようするに小林一三は基礎となったが、今の繁栄に何でも関係つけるのはおかしいよ

それから矛盾しているけど
> やっぱり決め手は東宝のチェーンマスターとしての強大な権力だよ。
と書いているのに
企画、製作、宣伝等にはどこまで口をだして、力があるのか疑問だとか書いていたよね
巨大な権力を持っていたら口をだすし、力も働かす

117 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:49:58 ID:vsEUzzqj
>>116
>それを企業努力と言うんだよ

東宝がなぜ「企業努力」するようになったか? シネコン化・多媒体化などに
伴いコンテンツに対する投資が活発化し、キー局などが動いて映画マーケットに
大量の企画・出資が行われたから。
そこで強い配給・興行網を持つ東宝の存在感が俄然と増すことになった。

注意して欲しいのは、「動かざること山の如し」東宝がこれらの状況を自ら
作り出したわけでは決してないということである。

118 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 15:52:13 ID:vsEUzzqj
>>117
>巨大な権力を持っていたら口をだすし、力も働かす

では各作品において、東宝が具体的にどう関わったか実例を出せ。掛尾
や大高の大袈裟な持ち上げを真に受けてはいけない。

119 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:06:55 ID:BfdUDGw3
>>117-118
>シネコン化・多媒体化などに
>伴いコンテンツに対する投資が活発化し、キー局などが動いて映画マーケットに
>大量の企画・出資が行われたから。
自分で言っているね小林一三は関係なしとw

>注意して欲しいのは、「動かざること山の如し」東宝がこれらの状況を自ら
>作り出したわけでは決してないということである。
何を言いたいのかもう一つ分かりにくいが
自らつくりだしていないから評価できないとでも言いたいのか?
自ら状況を作ろうと、周りの状況が変わって対応しようと
大切なことは柔軟に変わって行き、時代に合わせること。それが出来たのだろ
それだけでも評価できないのか?君は。
また評価すれば東宝幻想て言うのはやめないか

>では各作品において、東宝が具体的にどう関わったか実例を出せ。掛尾
>や大高の大袈裟な持ち上げを真に受けてはいけない。

あのね、俺は個々の作品に関わってないから具体的な例を出すことは出来ない
でも、この前のゲーテの特集で東宝のpの市川南(セカチュー、いま会い等のpだね)
が求める企画は東宝らしさに沿うかどうかでうちでやるかどうか決めると言っていたな
そうじゃくてもあくまでも常識論として巨大な権力を持っていたら、普通に口をだす
その常識は君には非常識なのか?

また掛尾とか大高の話は知らない
何を言っているのかもわからないから真に受ける事はない






120 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:07:55 ID:vsEUzzqj
>>116
東宝は近年の出資・企画の活発化に伴い大量に外から持ち込まれてきているであろうネタのうち、手堅
そうなものにしか参加(出資・配給)していない。
松竹・東映に比べ初めから手持ちカードの枚数がまるで違い、さらに優良そうなカ
ードのうちでも上澄みの使えるカードしか切っていない。
80〜90年代の保守的な番組編成と根本的には何も変わっていないし、むしろ
この姿勢は強固になっているとさえ言える。

東宝を持ち上げる奴は「東宝」と「東宝映画」の違いぐらいは知っているのだろうか?
東宝が製作幹事社になったり企画を自ら立ち上げた作品がどれだけあるかもよく知らない
のではないだろうか? これは自分も知らん。誰か教えてくれ。
東宝スタジオのリニューアルにせよレンタルで稼ぐという点では不動産開発と
基本的には同じ。また本編の本数が減ってもその代わりにCMだの他の映像作品が
どんどん入れば埋め合わせは可能なので、景気のいい時期に設備投資して他のスタジオに差をつけておくということか。

121 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:13:15 ID:vsEUzzqj
>>119
>自分で言っているね小林一三は関係なしとw

だからさ〜、なんで東宝の興行網は業界の台風の目になれるぐらいそんなに強いの?

>それだけでも評価できないのか?君は。

評価も何もさ〜、松竹や東映とは初めから条件が違い過ぎるんだっての。その違いの根源とは?

>東宝らしさに沿うかどうかでうちでやるかどうか決めると言っていたな

それが>>120ってことでしょ? いまだにあそこは超保守だよ。具体例は挙げないけど
まだ作品によっては東映や松竹の方がチャレンジャーじゃないの? 興行的には失敗しているかもしれないけど。

122 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:25:47 ID:BfdUDGw3
>>120
>東宝を持ち上げる奴は「東宝」と「東宝映画」の違いぐらいは知っているのだろうか?
>東宝が製作幹事社になったり企画を自ら立ち上げた作品がどれだけあるかもよく知らない
>のではないだろうか? これは自分も知らん。誰か教えてくれ。

ww
君はそんな基本的な事を知らずに
叩いていたのか?
そんなもの東宝の公式に行って、ラインナップなどを見たりしたら分かるよ

ちなみに今年の東宝幹事、ならびに東宝映画製作は
サイレン、県庁の星、ラフの3作品
あとは出資だな(有頂天ホテルは限りなくフジと共同製作に近いだろうけど)
05年は
春の雪、タッチ、電車男
ローレライは幹事ではないけど東宝映画制作

なんにしたって1年に30本以上の映画を配給するが
そのほとんどに出資してたりする
出資し、配給し、興行し・・・・・・・これで力が無かったら笑う




123 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:29:35 ID:vsEUzzqj
>>122
そうですか。東宝ファンが誉める割にはそんなに多くないですね。

>なんにしたって1年に30本以上の映画を配給するが
>そのほとんどに出資してたりする

あそこが何で出資するようになったかというと、邦画の活況で確実なリターンが
可能と判断するようになったからに過ぎないんだけどね。
基本的に映画製作のようなリスクの高い事業には身銭なんぞ一銭も切りたくない会社ですから。

124 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:44:29 ID:BfdUDGw3
>>121
>だからさ〜、なんで東宝の興行網は業界の台風の目になれるぐらいそんなに強いの?
だから進化しているからじゃないの
例えばヴァージンの買収などな

>評価も何もさ〜、松竹や東映とは初めから条件が違い過ぎるんだっての。その違いの根源とは?
条件が違うのは当たり前だろ
皆条件の違いの中で考えて、努力して頑張っているのだから
それで成功したら賞賛され。失敗したら非難される
それとも同じ条件でスタートしていないから卑怯だとでも言うのか
そもそも、50年代60年代には東映が絶好調で日本で一番の映画会社の時ぐらいあった
その時何をしていたのか?未来に対しての投資は?

>いまだにあそこは超保守だよ。具体例は挙げないけど
>まだ作品によっては東映や松竹の方がチャレンジャーじゃないの? 興行的には失敗しているかもしれないけど。
だから保守的だからダメで、チャレンジしたら偉いのかうよw
そうじゃないだろあくまで君が言う
東宝に幻想を抱いているw俺たちが評価しているのは成功しているから
なぜコレが分からない?
努力したから評価するのは小学生レベルでいいの



125 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:47:13 ID:BfdUDGw3
>邦画の活況で確実なリターンが
>可能と判断するようになったからに過ぎないんだけどね。
子供ぽい・・・・・・
会社は慈善事業でないのだから・・・・儲けようとして当たり前

結論としては
>そうですか。東宝ファンが誉める割にはそんなに多くないですね。
なんか君は綺麗好きだよね
映画会社は何をしないといけないとか、純粋性を求めるというか・・・・・・
そんなもの求めていないし(求めるのなら、面白い映画。それがどこが作ろうと知ったこっちゃない)
映画会社としての純粋さがないから東宝をたたいているのw







126 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 16:53:18 ID:vsEUzzqj
>>124-125
誤解があるかもしれませんが、自分も東宝の強さ自体は認めています。ただ、かと言って「評価」とか持ち
上げるのはちょっと違うのではないですかと申し上げているのです。
このニュアンスは映画会社を電機メーカーや自動車メーカーに置き換えれば分かる話ではないでしょうか?
例えば読売新聞は部数NO1なので素晴らしい会社なのでしょうか? フジテレビジョンは
視聴率NO1(なのかどうか知りませんが)なので素晴らしいのでしょうか?

こうした企業に対してのファン心理って自分には無いのでよく分かりませんね。
いまだに「ウチは××新聞でなきゃイヤだ」とかいうオヤジがいますがそういう感じなのでしょうか?

127 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 17:03:22 ID:vsEUzzqj
>>125
>会社は慈善事業でないのだから・・・・儲けようとして当たり前

そこは誰も否定してないでしょ。ただ、そこで自ら新しいマーケットを作るなり画
期的な商品開発を行えれば凄い会社ということになるんでしょうけど、そうした点から見ても東宝
はそんなに優れた会社でもないですよ。もういちいちは繰り返しませんが。

というかキミが反論すればするほど「全ての道は小林一三に通じ、それ以上でも以下
でもない」というこちらの持論を裏打ちしていることに気付いていますか?
キミが>>124で持ち上げている興行網への投資もまさに小林翁の方針を忠実に守った結果ではないでしょうか?

128 :名無シネマさん:2006/10/15(日) 18:27:18 ID:2ukC6Syb
評価軸は複数あるということ。
おれは株屋だから、企業収益にかかる指標群に注目するけど、
企業収益に関してだっていくつかの視点がある。

以上。

129 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2006/10/17(火) 23:40:52 ID:TA0/colx
>>126-127
小林一三翁の方針をきちんと理解してるからともいえる。
10年前でも東宝は圧倒的な興行網だったが、あくまで都市部での話し。
つい最近まで、映画は都会の娯楽でしかなかった。(都会でしか興行が
成り立たなかったのかもしれない)
現在は地方都市でも夜遅くまで映画を見れるようになった。

130 :名無シネマさん:2006/10/18(水) 05:45:08 ID:XI488rVL
東宝はかつてATGに出資してたし今も演劇部門では劇作家の養成してるから
他社に比べるとずっとマシだと思うよ

おれは舞台好きだから文楽・OSKを切り捨て
SKDをつぶした松竹は許せない



131 :名無シネマさん:2006/10/18(水) 06:37:43 ID:1ClWN4cX
>>130

> SKDをつぶした松竹は許せない
フラガールを見たけど松雪演じる主人公がSKD所属だったという設定でしたが
劇中で
西の宝塚、東のSKDと言っていたが
そんなに有名だったんですか?
まったく知らない〜

132 :名無シネマさん:2006/10/18(水) 19:10:17 ID:pTeBhEmb
SKD解散して20年だから知らなくても無理はないか
やっぱり金ばかりか掛かって儲けの出ないグランドレビューを維持するのは
阪急みたいな大資本じゃないと無理なんだな

ちなみに出身女優をザッとあげると
SKD 水の江滝子、加藤治子、草笛光子、淡路恵子、倍賞千恵子・美津子
OSK(大坂) 京マチ子

133 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 17:26:00 ID:P2IFoj4z

ルパード マードック vs 小林一三   

134 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 18:31:12 ID:P2IFoj4z
先日から欧米の主要メディアなどで、「米地域電話会社大手のベライゾンが
自社のネットワーク(固定電話線)でテレビ放送サービスをする際に、通常
無料であるはずの地上波ネットワークCBSに加入者辺りのフィーを払う」と
言うニュースが取り上げられている。
アメリカではケーブルテレビによるテレビ視聴が広く浸透しており、コムキャ
スト、タイムワーナーケーブル、コックスと言った大手ケーブル放送会社
(MSOと言います)が、「トリプルプレイ」と言ってビデオ(テレビ番組)、
高速インターネット、電話、をバンドリングしたサービスを提供する傾向に
あります。これは通信サービスがコモディティ化し、ただでさえマージンの
圧迫されている電話会社にとっては、大変辛いところです。よってこの動き
に対抗するためにAT&Tなどの電話会社も自社のネットワークでビデオ(テレ
ビ放送)サービスを行うと宣言しており、ベライゾンの今回の動きもその一
貫です。

アメリカのケーブルテレビは、普通に地上波も見れますし、ケーブルのみで
しか見れない有料チャンネルも見れます。ちなみにケーブルのみのチャンネ
ルを英語では「Cable Network」といい、CNN、MTV、ESPN、Discovery Channel
などが含まれます。それに対して先ほど挙げたケーブル放送会社(MSO)は、
放送設備やケーブルインフラを提供している会社になります。

ケーブルMSOやディレクTVなどの衛星放送会社は、コンテンツを提供している
ケーブルチャンネル会社に対しては、加入者辺り幾らと言う形でフィーを支
払うのが通常です。そのフィーはケーブルテレビの加入者に対してチャージ
され、一般視聴者は月に数千円から場合によっては1万円を超える視聴料を払
っています。



135 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 18:39:51 ID:P2IFoj4z
それに対してベライゾンのケースでは、ケーブルテレビ局に対抗して新たに
テレビ放送サービスを開始したければ、コンテンツの確保が最優先になりま
す。現時点では視聴者もゼロですので、CBSなどのテレビ局に対する交渉力が
全くない状態にあると言えるため、今回のような話になったのだと思います。

これは地上波側から見ると、大変美味しい新ビジネスと言うことになります。
アメリカでは、CBS、NBC、ABC、FOXなどの地上波ネットワークはケーブルネ
ットワークに急速に視聴シェアを奪われています。それは広告収入の減少に
つながり、当然地上波を放送するテレビ局にとっては死活問題です。それで
も比較的みんなが黙っていたのは、現在アメリカでは、4大ネットワークの全
て及びその系列テレビ局の多くがメディア・コングロマリットに保有されて
おり、これらの企業は同様にケーブルネットワークも保有しているためです。

136 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 18:44:02 ID:P2IFoj4z
これは地上波側から見ると、大変美味しい新ビジネスと言うことになります。
アメリカでは、CBS、NBC、ABC、FOXなどの地上波ネットワークはケーブルネッ
トワークに急速に視聴シェアを奪われています。それは広告収入の減少につな
がり、当然地上波を放送するテレビ局にとっては死活問題です。それでも比較
的みんなが黙っていたのは、現在アメリカでは、4大ネットワークの全て及び
その系列テレビ局の多くがメディア・コングロマリットに保有されており、
これらの企業は同様にケーブルネットワークも保有しているためです。

CBSのケースが特にユニークなのは、CBSは去年までバイアコムと言う大手メ
ディア企業の傘下にあり、バイアコムはMTVネットワークスと言うケーブルネ
ットワーク最大手の一社も傘下に収めていました。よってCBSの視聴率が下が
っても、その分をMTVなどが穴埋めすることが出来ていたことになります。

それが昨年末に、「高成長のケーブルチャンネルや映画部門と低成長で安定
的なキャッシュフローを生むテレビ、ラジオ部門を一緒にしておくことは、
企業全体の株式価値(バリュエーション)にネガティブである」との判断か
ら、テレビ・ラジオ部門をCBS社として新たにスピンオフしました。よって現
在のCBS社はバイアコム傘下にないため、MTVが伸びているからといって安心
しているわけにはいかないことになりました。



137 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 18:49:18 ID:P2IFoj4z
メディアの機能分化が進んでいるアメリカでは、ドラマなどの番組を制作する
のは通常ハリウッドスタジオであり、それをまとめるのが地上波なり有料放送
なりのネットワーク(日本語で言うところのチャンネル)であり、それを物理
的に放送するのがテレビ局なりケーブルテレビ会社(MSO)なりと言うことに
なります。よって例えばニューズコープ傘下の20世紀フォックステレビが作成
したドラマを、タイムワーナー傘下のWBネットワークが購入し、それを独立系
オーナーが所有するテレビ局がWBブランドで放送する、なんてことも起こり得
るわけです。

CBS社のケースでは、いわゆる4大ネットワークの一つであるCBSと言う「チャ
ンネル」に加えて、全米に多くの「CBS系列テレビ局」も多く保有しています。
番組の放送権を持っているのは最終的にはこの「テレビ局」になるため、今回
のニュースで「ベライゾンがCBSにフィーを払うことになった」と言う際には、
CBS社の保有する系列テレビ局を指すことになります。

<アメリカの番組の流れ>
 番組制作:  ハリウッドスタジオ(及び一部チャンネル)
   ↓
 チャンネル: 地上波ネットワーク/ケーブルネットワーク
   ↓ 
 放送設備:  テレビ局/ケーブルMSO、衛星放送会社

CBS社と同様に、例えばディズニーもABCネットワークと系列局、ニューズコー
プもFOXネットワークと系列局、と言う感じでテレビ局を多く保有しています。
ただディズニーやニューズコープは、傘下にESPNなどのケーブルチャンネルを
多く抱えているため、CBS社のように電話会社に対してフィーの支払いをプッ
シュすることはないと思われます。特にニューズコープの総帥ルパート・マー
ドック氏は、バイアコムのオーナーであるサムナー・レッドストーン氏が決断
した企業分割を「無意味な行為」と批判しており、今後も拡張傾向を続けるも
のと思われます

138 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 18:59:29 ID:P2IFoj4z
これらのネットワーク系列局に対して、独立系のテレビ局運営会社、例えばハ
ースト・ブロードキャスティングやクリア・チャンネルなどは、新たな収入源
として、地元で電話会社がビデオサービスを提供したければ地上波の再送信に
フィーを払え、とプッシュすることが予想されます。

テレビ放送ビジネスは収入の大半を広告に頼っており、広告はどうしても景気
連動型であるため、投資家から見ると成長ストーリーが見えにくいと言うのが
正直なところです。これはアメリカでも日本でも同じで、テレビ局は成長スト
ーリーをどう描けばいいかで頭を悩ませています。特に日本では、コンテンツ
の制作力を在京の民放キー局が握っているため、有料放送チャンネルなども非
常に普及しにくい状況にあります。また、アメリカのように番組の二次流通市
場(シンジケーションマーケット)も整備されておらず、権利問題から地上波
放送向けに制作された番組の二次利用は非常に困難です。

そんな中で、現在の広告放送を一切犠牲にすることなく、課金が可能なサービ
スが確立されれば、テレビ局のバリュエーションにも大きなポジティブになる
のではと思います。アメリカでは手始めに電話会社への課金が始まりそうです
が、最終的にはケーブルMSOとも同様の交渉をするものと予想されます。

日本では4月から携帯電話への地上波テレビ放送(ワンセグ)が始まると理解
しています。タイミング的に既に遅いかもしれませんが、通信キャリアから加
入者辺りのフィーを取ることが出来れば、テレビ局にとっては大きなビジネス
チャンスになるかもしれません。

「携帯でテレビを見れるようにしたければ、月に300円払え」と言われれば、
払う人は沢山いるのではと思います。単純に計算しても、8千万人の加入者×
300円×12ヶ月で、実に2,880億円にもなります。実際にサービスに加入する人
がその3分の1でも960億円、これはテレビ局にとっても携帯電話会社にとって
も、実に魅力的な話です。


139 :名無シネマさん:2006/10/20(金) 19:02:19 ID:P2IFoj4z
ルパード マードック vs サムナー レッドストーン

140 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 18:38:48 ID:Mvw0pUFh
1999年に3大ネットワークのCBSがバイアコムに買収された。95年には同じ3大ネットの
ABCがディズニーに買収されており、これで2局が大手エンタテインメント企
業の傘下に入ったことになる。米国では地上波テレビの視聴率が年々低下。
CBSの買収劇は地上波テレビの衰退を象徴しているのかもしれない。

 3大ネットワークのCBSがバイアコムに344億ドル(約3兆5000億円)で買収
された。新会社の社名はバイアコムとし、会長兼最高経営責任者(CEO)に
は、バイアコムのサムナー・レッドストーン会長が、社長兼最高執行責任者
(COO)にはCBSのメル・カーマジン社長が就任する。新生バイアコムの売り
上げは189億ドル(バイアコム121億ドル+CBS68億ドル)で、ウォルト・ディ
ズニー、タイム・ワーナー、ニューズと肩を並べる総合エンタテインメント
企業となる。


141 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 18:42:22 ID:Mvw0pUFh
バイアコムは、メジャー映画会社のパラマウントやMTV、米国最大のファミリー
向けCATVチャンネルのニケロデオン、世界最大のビデオレンタルチェーンのブ
ロックバスターなどを所有している。売り上げではCBSの2倍近い巨大企業だ。

 CBSがバイアコムの傘下に入ったのは、競争の激しいテレビ業界で単独での
生き残りが難しくなってきたから。3大ネットワークはCATVやFOXテレビの台頭
で年々視聴率を落としており、3局合計のプライムタイムの視聴率は25%前後に
まで落ちこんでいる。

 視聴率アップの決め手は番組の中身だが、3大ネットワークの製作能力は高
いわけではない。95年まで、政府の規制で自社製作の番組を放送する時間数が
決められていたからだ。テレビ局は映画会社や番組製作会社から番組を購入
している。


142 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 18:45:15 ID:Mvw0pUFh
現在、CBSがプライムタイムに放送する22番組中、自社で単独製作する番組は
わずか6、共同製作が9、他社からの購入番組が7である。自社の製作能力はす
ぐに高くなるわけではない。そこでCBSはコンテンツ製作能力の高いバイアコ
ムをパートナーに選んだのだ。95年に3大ネットワークのABCがウォルト・デ
ィズニーの傘下に入ったのと同じ理由である。

 一方、バイアコムがCBSを買収したのは、自社のコンテンツを流せるインフ
ラが欲しかったから。現在のエンタ業界は映画、音楽、放送のすべてを兼ね
備える「コングロマリット化」(複合化)、「垂直統合化」(川上のコンテ
ンツ製作から川下の放送インフラまでを所有する)がすすんでいる。



143 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 20:55:08 ID:Mvw0pUFh
――そもそも、なぜディズニーはABCを買収しようと考えたのでしょうか。

有馬 「一つは自分たちが作った作品を流すメディアが欲しかったというこ
とでしょう。ディズニーは毎年数多くの映画を作っていますが、大ヒットす
るのはそのうちわずかです。企業全体として収益を上げるためには、それほ
どヒットしなかった映画でも、テレビで流すなどして活用していかなければ
ならない。また、近年映画のヒットにはテレビ・コマーシャルが大きな役割
を果たしています。コマーシャルにはおカネがかかりますが、自分のテレビ
局でオンエアすれば、支払った広告費もそのまま収入として戻ってくるとい
うわけです」


144 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 20:57:49 ID:Mvw0pUFh
――ディズニーはテレビ番組も数多く制作しているようですが、それを確実に放送するにも、テレビ局は有用ですね。

有馬 「そうですね。せっかく番組を制作しても、放送局で採用されなかった
ら終わりですからね。地上波のテレビで流れた番組は、ケーブルテレビ局に売
ったり、ビデオにしたりして何度も稼ぐことができます。ですから、まず地上
波で放送されるということが重要なのです」



145 :名無シネマさん:2006/10/21(土) 21:01:09 ID:Mvw0pUFh
――ABCを買収した効果は出ているのでしょうか。

有馬 「プラスの面とマイナスの面があります。まず、狙い通りディズニーの
作品をテレビで放送する機会は増えました。それから、ABCが持っているESPN
というスポーツ・チャンネルとの相乗効果も大きいようです。スポーツとアニ
メは共通項があるので、一緒に作品を販売したりすることができるのです」

――マイナス面はどうですか。

有馬 「まず、ABCの視聴率が下がってしまったことが挙げられます。買収後、
ABCの視聴率は三大ネットワーク中最下位になりました。他局で『ER』や『ア
リー・マイ・ラブ』などのヒットが出た反面、ABCは振るわなかった。やはり、
自社の番組を数多く――面白いものもつまらないものも――流すことになった
のが影響しているのでしょう。また、ニュース部門の質が落ちたとも言われて
います。ディズニーはエンタテインメントの会社ですから、報道部門の人たち
はどうしても組織の中での存在感が薄くなってしまう。事実、ABCが持ってい
る新聞社を売ろうという動きもあるようです」



146 :名無シネマさん:2006/10/26(木) 10:58:56 ID:898qkYkN
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1161779069/l50
スカパーとJSATが統合、来春共同持ち株会社へ

いよいよ日本でもメディアの統合始まります。パイが小さくなってますからね。いずれ地上波にも動きがあるでしょう。

147 :名無シネマさん:2006/10/30(月) 20:03:23 ID:gYNvH3Wx
長澤まさみ主演ドラマの視聴率
金【22】セーラー服と機関銃 17.3__14.2__*9.6__


東宝芸能が書かせた提灯記事
http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006102701.html

148 :名無シネマさん:2006/10/31(火) 22:22:45 ID:YvhKEiC+
やらせたのはバーニングだろ。彼女のマネージメントの一部はここ。

149 :名無シネマさん:2006/11/02(木) 20:45:49 ID:2cfQDtG3
バーニングヲタはなぜageたがるのかね
まったく根拠のないことでも、言い続ければ真実になると思っているのだろうな
うそは100回言ってもうそだが、1万回言えば本当になる

150 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 00:55:26 ID:Pw5Q4NQo
東宝、平成19年2月期の中間連結決算短信を発表



 東宝は10月24日、平成19年2月期の中間連結決算短信(18年3月1日〜8月31日)を発表した。

 売上1107億26百万円(前期比7・7%増)、営業利益169億18百万円(30・6%増)、経常利益179億15百万円
(24・1%増)、中間当期純利益80億80百万円(6・4%増)、1株あたり中間当期純
利益43円01銭(40円77銭)だった。中間期の連結発表は今回で6回目だが、
売上、営業利益、経常利益、純利益で発表以来の最高となった。

 事業別では、映画事業の映画営業事業が好調に推移した。営業収入が247億
08百万円(43・8%増)、営業利益が69億61百万円(68・0%増)だった。映画興行
事業も前期を大きく上回っており、営業収入が325億65百万円(15・6%増)、
営業利益が32億02百万円(69・2%増)を記録した。映像事業は営業収入が156億
44百万円(12・7%増)、営業利益が16億56百万円(7・8%減)だった。

 通期は、売上1970億円、経常利益240億円、純利益109億円を見込む。

151 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 04:06:44 ID:Pw5Q4NQo
新生バイアコムがなかなか株価を上げられず、困っている模様。

*****

昨年末に、株主の圧力から、会社分割をしたバイアコム。MTVを中核にケーブル
やインターネットなど成長性のある領域の企業で構成された新バイアコムと、
テレビやラジオなど飽和安定市場を中心に構成されたCBS Corp.に分けられた。
その新バイアコムが苦悩のようだ。

その理由は、新バイアコムの中核のMTVのビジネスモデルが、YouTubeに代表さ
れるビデオ・シェアリング・サイト群に脅かされているから、という。

152 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 04:17:11 ID:Pw5Q4NQo
優先課題のひとつは、市場の期待によりうまく対応することだ。会社分割を前
に、経営陣は”新生”バイアコムは高成長企業となると売り込んだ。しかし1
−3月期決算はさえない結果となり、このやり方は裏目に出た。

バーンスタイン・リサーチのアナリスト、マイケル・ネーサンソン氏は「期待
が高すぎた。2けた成長する企業に発展させるには、インターネット事業の拡
大が必要だ。それには、誰も望まない大型買収が必要だろう」と述べた。バー
ンスタインのバイアコム株の投資判断は「バイ」。バーンスタインはバイアコ
ム株を保有しておらず、取引関係はない。

フレストン氏解任後の株価急落の背景には、バイアコムが大型買収に乗り出す
との懸念があった。レッドストーン会長は、アナリストとの電話会見で解任の
理由として、人気ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)「マイスペー
ス」の買収にフレストン氏が失敗したことを挙げた。マイスペースはニューズ
が昨年買収した。この発言を受け、レッドストーン会長が大型買収を望んでい
るとの観測が強まった。

★結局、CBS手放しても、別のパイプラインが必要ってこと。いくらコンテンツ作ってもエンドユーザーに届けられなければダメ!
 放送局はいらないけど、ネットでいろんなコンテンツ見せる必要があるんだ。だからネットの企業が必要になる。

153 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 04:40:51 ID:pW+0GOPg
次男のバカ息子は早く死んでほしいものだ。

154 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 06:22:06 ID:1Erxmo9y
>>149
日刊ゲンダイが長澤宣伝記事を連発
それも異常な持ち上げ方だ
東宝がバーニングと提携した可能性は高い
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2662356/detail?rd

155 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 10:18:29 ID:O/HjhryL
赤字関連会社の日本映画新社はどうよ?

156 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 20:46:28 ID:ALppUmER
どうでもいい

157 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 23:50:00 ID:7QZGwugt
だいぶ前になりますが、>>80への反論です。

アメリカの現在の事情は不明だが、メディアがコングロマリット化することに
はデメリットもある。 例えば東映はテレビ朝日の株主(16.09%) でありテレ朝
の番組を優先的に制作・供給する株 主義務を負っているが、テレビ朝日はこの
契約のために東映の番組を買い続けねばならず、フ レキシブルな番組編成の支
障となっている。東映制作の番組の視聴率が低い場合、東映は自社の利益のた
めに株 を持っているテレビ朝日の利益を逸しているというややこしいことにな
っている可能性もあるわけ。
       ↑
についてですが…はっきり言ってコンテンツを製作する側は、つまり映画会社は
視聴率や広告収入を多少犠牲にしても自社製作のコンテンツを流す事にしてる。
これがアメリカの実態、ニューズやディズニー・GEなどはそういう戦略。

国内外でメディア事業を展開する場合、良質なコンテンツが必要になるけど、そ
れには莫大な制作費がかかる。しかし国内で「パイプライン」「はけ口」を持つこ
とにより確実に国内での放送で使用するめどが立っているため、巨額のコストを
回収できる。ディズニーのCEOのアイズナーは「国内にはけ口を持っていることは
ロケット台を持っていることだ。」と言ってる。
それとぶっちゃけた話、映画を数多く製作すると駄作も多く出てくる。ディズニ
ーの場合、年間15本以上製作すると駄作の割合が急上昇するそうだ。そこで映画
館で上映には耐えられなくてもテレビ番組としてなら使える。だから映画会社は、
テレビ局を持つ必要が出てくる。たけしの映画なんかはその典型じゃないですかね。


158 :名無シネマさん:2006/11/03(金) 23:53:03 ID:7QZGwugt
それにアメリカの場合、90年代のクリントン政権でメディアでの規制緩和が行われた。
プライムタイムアクセス・ルールとフィンシン・ルールが撤廃された。
これは前者は、日本でいうゴールデンタイムのテレビ局の自社製作規制であり、
後者は番組の著作権のテレビ局の所有とその転売の規制である。それがなく
なりテレビ局が次第に番組の自社製作と著作権の所有にのり出し始めていた。
したがって映画会社は、いくら人気番組を作っても確実な収入に繋がるかどうか
分からなくなった。そしてテレビ局に番組の編成権がある以上コンテンツの
できに関係なく自分の都合で放送を止めてしまう。そうなるとコンテンツの製作
にかけたコストは回収できないことになる。このような不安定で不利な状況か
ら脱する必要があったと言うことだろう。

159 :名無シネマさん:2006/11/04(土) 11:29:06 ID:5L/5Vn8Q
だから日本映画新社はどうよ?

160 :名無シネマさん:2006/11/04(土) 15:50:54 ID:wTCNSVgO
だからどうでもいいって言ってんだろ〜しつこいよ

161 :名無シネマさん:2006/11/04(土) 20:22:37 ID:KyIa18dm
なんだよ?日本映画新社って?

162 :名無シネマさん:2006/11/05(日) 10:14:25 ID:Z0UcOVVl
>154
長澤の権利の一部をバーニングが持ってるとのことですが、
東宝芸能とバーニングに接点あったかな??

163 :白井泰二:2006/11/06(月) 08:54:27 ID:jTvWCl8O
日本映画新社を語れ

164 :名無シネマさん:2006/11/06(月) 12:03:44 ID:w3wNE++c
ちょw 社長 何カキコしてんのw

165 :名無シネマさん:2006/11/06(月) 12:39:22 ID:joXxIZkI
自作自演ですな。

166 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 09:09:35 ID:mCe+RsO1
>>162
映画ビジネス一人勝ちの東宝はメンツにかけて長澤をスターにする必要に迫られた
そこでバーニングに提携を持ちかけたのだろう

167 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 10:10:53 ID:mdwMa70u
提携というか、要は女優を育てるノウハウがないからバーに
営業頼んでいるだけじゃないのか?

168 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 11:17:15 ID:RzXIC05c
日本映画新社を語れ

169 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 12:44:53 ID:HMJoqQLw
日本映画新社を語れ!

170 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 15:12:48 ID:yikVaUm0
>167
東宝シンデレラはもともとカネボウとのタイアップで始まったもの
だから沢口はデビューと同時にカネボウのキャンペーンモデルを先代の古手川祐子から引き継いだ
朝ドラヒロインを何人も輩出してるしもともと女優を育てる力はあるよ

ただ東宝女優はある時期から舞台に重点を置くから(古手川はこれが嫌で辞めたらしいけど)
TVしか見ない人には地味に見えるんだろうね


171 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 17:04:24 ID:49YDvRVZ
日本映画新社を語れ!

172 :名無シネマさん:2006/11/07(火) 17:26:17 ID:eslfEBtq
要するに東宝の一人勝ちってことで。
他の興行網はもうダメ3!!!

173 :名無シネマさん:2006/11/09(木) 12:17:31 ID:iPdE5Uxb
日本映画新社を語れ

174 :名無シネマさん:2006/11/10(金) 13:25:26 ID:f4ddpAhG
日本映画新社を語れ

175 :名無シネマさん:2006/11/10(金) 13:44:43 ID:OeD0hl9f
松岡修造が東宝に入社し、会長の子息として特権的に社長におさまれば、
あるいは東宝も…

176 :名無シネマさん:2006/11/11(土) 09:09:26 ID:C7IkzMkU
日本映画新社を語れ

177 :名無シネマさん:2006/11/11(土) 10:56:06 ID:meheEsm+
長澤まさみは19歳、世間的にはセカチューの女の子としてのポジションでしか無いタレントだった
今年バーニングの手を借りて強引な売り出しを行いギリギリで最終列車に飛び乗った

178 :白井泰二:2006/11/11(土) 17:16:17 ID:sYJsz7H5
日本映画新社を語れ

179 :白井泰二:2006/11/12(日) 10:44:15 ID:xnW+Je3j
日本映画新社を語れ

180 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 11:46:30 ID:FTqPXhP6
>>177
業界での力
東宝>>>>>>>>>>>>バーニング
当たり前
バーニングは芸能村という小さな村での顔役でしかない
バーニングオタクは常識を知らないから、妄想で大きく、大きく膨らませているけどね
提携という言葉をよく使うが
ある程度、規模の大きさが同等じゃないと提携なんか成立しない
たとえば、今年の春
東宝と電通がさらに協力関係を強化したと新聞発表があったように

では、なぜバーニングオタクは本当の力以上に大きいと錯覚するか
それは実体がつかめないから
実体がつかめないものを、人は脳内で大きくしがち
特に、パソコンの前に座っているだけの実社会をしらない引きこもりはね
その傾向が強くなる

181 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 12:02:26 ID:FTqPXhP6
>>166
君が東宝の社長と考えよう
東宝の社長=東宝芸能の社長だ
日本のショービジネス界に70年以上トップに居座り続ける東宝の社長だよ
メンツのことを考えたら、バーニングというたかだか芸能事務所ぐらいの会社に
自分ところの女優を格下と思っているバーニングみたいな会社にお願いすると思っているか?
君の言うとおり、会社にはメンツというものがあるのだから
それで売れないのだったら、売れなくてもかまわないだろ
わざわざ長澤まさみを売る必要はまったくない
芸能事務所だけやっているわけじゃないのだから

その辺をまったく理解していない奴が多いけど
東宝芸能という芸能事務所は超人気タレントが所属していなくても潰れない
仕事はいくらでも作れるんだよ
それがほかの芸能事務所との大きな違い


182 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 15:46:30 ID:dv3UdXLt
東宝グループ全体ならバーニング全然かなわないけど、
東宝芸能だけならバーの方が上だぞ、テレビドラマへの売り込みはバーに任せた方がいいだろ。断然。
東宝芸能は売り込み力なし、タレント、ホッタラカシだぞ。自分のグループ内取引だけかなやれるのは。
それに、意外と東宝芸能のタレントの下の営業は激しい。宝塚は政界への下処理集団みたいなところある。
沢口靖子と堤義明ミタイナコトも多し。噂では東宝芸能とバーが繋がってから下がひどくなったという話もある。

企業規模比べるのは意味なし。芸能界の影響力は、規模と関係なし。それにバーの影響力の源泉は企業規模ではない。
893への顔の広さもある。東と西の大きい塊3つとも顔つなぎできるのがバーのスゴイトコロ。今の狭い芸能界
の事務所の社長さんにそこまで顔の広い人いない。みんなどこかの色つきがち。
それにバーの親父財政的には苦しいよ。業界のアチコチにお金ばら撒いているし、不動産投資をやってるけどそれも借入金
で結構大変。つまり企業の財務内容と業界への影響力関係なし。東宝みたいにはるか昔に小林一三が不動産買い入れたわけ
ではないからね。それに東宝は、実質無借金経営。ヴァージン買収も預金取り崩しで対応。東映みたいに借り入れで自社株
33%の買取・償却してるのとは違う。お金あるけど、ケチダゾ東宝は。

183 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 16:23:08 ID:0FrN9BXo
>>182
>>180-181はいつもの東宝オタク・長澤オタクでしょ。東宝は映画・演劇興行の
力は強いが、芸能マネジメントなんか全然真面目にやらない。
シンデレラもまともに売り出さずにほとんど潰した。自社イベントのマスコット・ガール
に使って、少し映画やドラマに出して後は東宝の舞台に送って飼い殺し。

184 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 16:59:06 ID:xTQA6QRG
東宝に粘着してるのは他の負け組み企業だろうなw
仮に東宝が悪だとすると他は肥溜め以下だなw

185 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 17:40:12 ID:jkDUv2Om
日本映画新社を今後どうなる?

186 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 18:12:26 ID:FTqPXhP6
>>182 長くなるよ
まず、こういうを主張を言う奴は
いくつか大きな壁があるんだよな
@東宝と東宝芸能は違う
東宝はでかいけど、東宝芸能は小さい
でもね、君
東宝の100%子会社が東宝芸能。東宝芸能の社長が東宝の社長
別の会社だというのが無理がある

A芸能界というのは特別な社会だから普通の資本の理屈が通用しない
芸能界も実社会の一部でしかない。資本の理屈が通用しないてありえないの
単純にいえば、金を持っているところが強い
これはどこの国でも、どの社会でも一緒
君はヤクザ社会は違うとでもw
山口組も同じだよ。金を持っているから人を養える
人を養えるから、規模がでかくなる
芸能界は違うなんていっているのはありえない



187 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 18:13:37 ID:FTqPXhP6
あと、ドラマの売り込みが弱いとか言っているけど
>>181でも書いたが
普通の芸能事務所と違うということ
普通の芸能事務所はタレントを売り込まないと生き残っていけないが
東宝は、あんたの言うとおり自分たちで成り立つ仕組みがあるのだから
必死に売り込む必要性がないのさ
それを、真面目にやらないという言い方ができるがね
で、本気で売り込もうと思ったらいくらでもできるだろ
出来なかったらおかしいだろ。東宝とテレビ局の関係から言って

でも、冷静になって考えるが果たして東宝芸能はほかの大手芸能事務所より
タレントを売り出すのは下手なのか?
例えば、スターダスト。今多くの人気女優を抱えているが
でもスターダストのタレントは何百人もいて売れているのはごく一部だよ
ホリプロもスカウトキャラバンなんかを毎年やっているがほとんどが消えている
国民的美少女コンテストをやっているが同じよなもの
と、考えると少なくと、何年かに1度の開催のシンデレラで
今まで沢口靖子、水野真紀、田中美里、長澤まさみなどを出したシンデレラって
ほかと比べて生き残る確率はいいほうだろう
だって新しいのを含めて14人しかいないのだから


188 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 18:14:57 ID:FTqPXhP6
で、バーの強さでヤクザ組織との付き合っているからと言うが
そんなものな、どこの業界でも多かれ、少なかれ付き合いがあったりしているだろうよ
特に興行の社会では特にそうだろう
でもな、そんな世界で70年間中心であり続けてきたのは
そういうのも対応してきたからだろうよ
そんなものいまさら持ち出したからといって、理論武装にもならないな
まぁ、そんなことで脳内でまたバーニングが実体以上に大きくなっていくw

ついでに
あんたの沢口や宝塚あたりの噂を書いてどうしろと?
特に宝塚の噂なんて三流雑誌も書かないような、誹謗中傷レベルだよ
そんなもの誰でも作れる噂を持ち出して、あんたの理屈を強化できるとでも
しかも、はじめに東宝と東宝芸能を分けて考えろと書いているあんたが
さらに遠い宝塚を持ち出すなよ
自分の都合のいいところは引っ付けるんだなw

>>183
なずなではない
理屈に合わないことを平気でいう奴が嫌いなだけ

189 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 22:11:47 ID:m6K8Ry93
>>183
>東宝の舞台に送って飼い殺し

キャパ1000人以上の大劇場をいくつも所有し維持し続けることがどれだけ凄いことか解ってないね
日本生命のような大資本でさえ日生劇場を開場数年で貸し小屋にしちゃったんだよ

>>186
>東宝芸能の社長が東宝の社長

正確にいえば東宝芸能社長は東宝会長の兼務

>>188
>東宝と東宝芸能を分けて考えろと書いているあんたがさらに遠い宝塚を持ち出すなよ

宝塚は東宝というより阪急の直営

190 :名無シネマさん:2006/11/12(日) 22:22:23 ID:m6K8Ry93
以上は
劇場・映画館に足を運んで映画演劇雑誌に目を通していれば自然に身に付く知識です
みなさん本物を観ましょうね

191 :名無シネマさん:2006/11/13(月) 08:42:11 ID:nyi3EQab
意外と東宝と阪急HDは仲悪いよ。阪急鉄道がHDに変わるとき、東宝もその傘下に入れるつもりが、東宝側の抵抗でダメになった。
だから阪急阪神東宝グループは、東急グループみたいな統制力なし、まあここも五島昇が死んだ後は内乱状態になったけど、阪急はいまだにそれやってる感じ。

阪急HDや阪急百貨店・不動産が大株主だけど、何時まで持ってるか?阪神買収して阪急HDの借入れも大幅増加で資産売却?東宝株も?


192 :白井泰二:2006/11/13(月) 10:43:29 ID:pr4bUnT4
日本映画新社を語れ

193 :名無シネマさん:2006/11/13(月) 10:51:07 ID:/W4Msk4B
>>192
おまえも相当粘着だなー。
2ちゃんでもう3年以上はこのネタ続けてるだろ。

194 :白井泰二:2006/11/13(月) 17:28:19 ID:kGDpUQr5
日本映画新社を語れ

195 :名無シネマさん:2006/11/13(月) 18:41:39 ID:nyi3EQab
東宝は椿三十郎のリメイクを制作するつもりのようですが・・・
東宝のリメイクは失敗作多し、10年前のトヨエツ金田一の八つ墓村はひどいものだった。
興行成績もあんまり良くないし、できも?鶴太郎金田一もひどいけど、トヨエツもだめだった。

東宝は、制作はあんまり強くない。東映・松竹と比べて実力は????
東宝は興業中心の会社、不動産部門も強いし、演劇部門もかなりの収入ある。
ムリに制作すると駄作が増えるよ。会社の規模の割には、自社のキャラクターも少ない。
まあ今後は都心にシネコンを作って行くのが東宝の1番の仕事かな〜〜〜〜
ヴァージンも買収したんだし。

196 :ラジオネーム名無しさん:2006/11/13(月) 19:29:20 ID:d05P/9lh
>>195
…日本沈没。
試写を終えた際の松岡会長の弁「アルマゲドンより泣けましたな。ヒットさせな
あきまへんで。」

197 :名無シネマさん:2006/11/13(月) 19:31:51 ID:LBeBk5iM
>>195
トヨエツ「八つ墓村」は東宝映画製作。実質的には市川と仲のいいフジテレビが
仕切った。東宝本社は余り関わっていないと思う。
織田「椿三十郎」は角川春樹事務所主導で製作(出資)は角川春樹事務所・
エイベックス・東宝。この件で東宝を責めるのはお門違い。

映画の制作形態が複雑化して久しい。もっと調べて書き込もう。

198 :名無シネマさん:2006/11/13(月) 19:33:10 ID:LBeBk5iM
>>196
リメイク「日本沈没」だって製作幹事社はTBS。

199 :名無シネマさん:2006/11/14(火) 00:04:47 ID:ho55YpoM
>>192
もういい加減にしろよ。元組合員よ〜
東京ユニオンのこと、どうなったんだよ〜
お前らがろくに仕事できない低脳ってこと示してるだけだろー

200 :名無シネマさん:2006/11/14(火) 09:16:58 ID:bRSrGiih
東京ユニオンと組合委員長の出来レースだったわけで。

201 :名無シネマさん:2006/11/14(火) 15:22:32 ID:xfEF1j5k
>>191
たしかに東宝と阪急HD仲悪い。だからいつまで阪急HDが東宝の大株主でいるか分からない。
阪急HDは阪神買ったから借金多いね。三井住友銀行がメインバンクだけど阪急HDに東宝株売らせるかもな。
それで三井住友は貸した金回収かな?

そうしたら東宝が外部から狙われるよ乗っとり屋が目を光らせてる。東宝は借金ほとんどないし含み資産が大きいから
皆ヨダレたらしてる。もしかして韓流ブームにのって韓国の財閥が乗っ取りにきたりして?サムソンとか?LGとかさ〜〜〜

202 :名無シネマさん:2006/11/15(水) 07:42:05 ID:eUXHqwe/
>>201
個人的にはハリウッドの大手、フォックスやワーナーが株主になってくれると
面白いのだが……

203 :名無シネマさん:2006/11/15(水) 13:29:51 ID:A/FxOYTa
日本映画新社を語れ

204 :名無シネマさん:2006/11/15(水) 16:13:53 ID:yzKmrz20
日本映画新社を書き込め

205 :名無シネマさん :2006/11/15(水) 21:32:52 ID:9sLmPrT9
>>201
しかし、東宝の松岡会長は、創業者小林一三の直系の孫じゃん。

206 :名無シネマさん:2006/11/15(水) 23:09:11 ID:eFercywv
阪急HDの社長はサラリーマン、こいつが、松岡会長に「傘下に入れ!」と言ったから揉めたんだよ。

松岡会長の方がどう考えても格が上。阪急グループも大変だよ。だれかが乗っ取れば〜〜?

東宝の大株主がむかついて手放して?KDDIが買収?ソフトバンクは借入金多いからムリだよな。

あとは、フォックス・ディズニー・タイムワーナーかな?ハリウッド脚本不足気味だから、連中来るかもよ〜〜〜

207 :名無シネマさん:2006/11/16(木) 14:39:46 ID:0M1bF91c
日本映画新社を語れ

208 :名無シネマさん:2006/11/16(木) 18:00:38 ID:b/g460d9
日本映画新社とは・・・PR映画の作成・記録映画の企画・制作・映像ライブラリー事業だそうです。

昔の白黒映画やニュース映画ばっかりストックしてますね。

儲かってんですか? それと東宝グループ概要が東宝のホームページに出てますが、
コマスタジアムがグループから抜けてますが・・・

東宝と新宿コマ劇場は、もう関係ないんですか?

209 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 00:27:16 ID:9wv0clnS
>>206
しかし、角社長は切れ者だぞ。阪神を取り込んで自分とこの借金を軽減したからね。
もしかして、東宝もその一環かな?

210 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 09:08:00 ID:/ij6Odl5
日本映画新社って地味な会社そう。
あまり儲かってなさそう。

211 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 13:20:04 ID:C3m15WBP
貴重な財産の日本ニュースをNHKに売っちゃった時点で
日映新社は、終わり

212 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 15:57:22 ID:NIbXP12N
何で日本映画新社にこだわるんですか

213 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 16:04:09 ID:VDoE5ng6
昔は名の知れた会社だったみたいだな。
今の白井さんが勇退したら終わりだろう。

214 :名無シネマさん:2006/11/17(金) 17:08:59 ID:Hu3yU+5A
>>209
阪神を取り込んで自分とこの借金を軽減したからね。
     ↑
このスキームを考えたのは、三井住友銀行だよ〜〜〜〜〜〜ん!

角社長が考えたわけではない。彼は、そこまでのアイデアというか陰謀家ではない。

このスキームについては、関西財界では評判悪いよ。「相変わらずのガメトモ銀行だね」て言われてる。
阪急HDはバブルの頃の過剰投資で、借入金多い。で、借入れ金少なくて余剰金もある阪神電鉄と合併させて三井住友銀行が回収する
スキーム(陰謀www)を作った。こんな事やるから関西でまた住友銀行の評判が・・・てな感じ。

これからは、阪急HDがもつ東宝の株式12.06%が焦点に、売却してしまうのか?
松岡一族も自分たちが大株主ではないんだよ。阪急グループで株式持ち合っているだけ。
だから、阪急HDが東宝の株式売り出したら大変だね。乗っ取り屋が来るね〜〜〜〜

KDDIかマードックかディズニーかタイムワーナーかバイアコム(パラマウント映画)か、それとも大穴でジュピターテレコムかwww

わかりません。

215 :名無シネマさん:2006/11/18(土) 01:28:28 ID:Ccsf32Iq
クイズ
以下は最近作の製作陣です。このうち「戦犯」は誰でしょうか?

■監督・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 村上正典 :共同テレビジョン(所属)
■製作・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 島谷能成 :東宝・取締役・映画調整担当
 早河洋 :テレビ朝日・専務
 細野義朗 :スターダストプロモーション社長
 安永義郎 :博報堂DYメディアパートナーズ・エンタテインメント文化事業局長
 平野ヨーイチ:ドゥ・ドリーム・代表取締役
  山本良生 :朝日放送・事業メディア局長
  石川治   :?
■プロデューサー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  仁平知世  :東宝・テレビ部
稲田秀樹  :共同テレビジョン
■エグゼクティブ・プロデューサー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市川南   :東宝・映画調整部長
  亀山慶二  :テレビ朝日・編成制作局長
  梅澤道彦  :BS朝日・執行役員編成業務部長
  春名慶    :博報堂DYメディアパートナーズ・エンタテインメント文化事業局
■企画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川村元気  :東宝・映画調整部
■脚本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金子ありさ :フリー

出典:http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163690882/20

216 :名無シネマさん:2006/11/18(土) 09:27:04 ID:5qlB2D/0
日本映画新社。

217 :名無シネマさん:2006/11/19(日) 03:18:45 ID:4OlKOolN
東宝芸能の売上のポートフォリオ見たいね。普通、芸能プロダクションは、芸能人への
映画・テレビ・演劇への斡旋がメインだけど。ここは、演劇の企画・製作が割合として大きい
東宝の演劇部門のための会社と言う事か?

あんまりテレビへの売り込みをやらずに東宝グループ内の取引で済ませてるのはこのためか?
ちなみに演劇のチケット販売部門は東宝エージェンシーと言う会社。営業マンが全国の農協・草加学会に
足を棒にして歩き回り、大変ですな〜〜お仕事といっても。

218 :名無シネマさん:2006/11/19(日) 14:29:28 ID:fdIEOHU7
日本映画新社を語れ

219 :名無シネマさん:2006/11/20(月) 03:07:47 ID:+4Q6L/ZO
東宝のホームページ見ると、新宿武蔵野館が東宝の劇場になってるが・・・

東宝が新宿武蔵野館買収したのか、それとも単に劇場の運営委託なのか?よく分かりません。誰かおせーて!

220 :名無シネマさん:2006/11/20(月) 11:33:13 ID:dS2TckBq
日本映画新社を語れ

221 :名無シネマさん:2006/11/20(月) 17:11:31 ID:KmPKctgP
日本映画新社を語れ

222 :名無シネマさん:2006/11/21(火) 08:41:59 ID:5vkw1pti
日本映画新社を語れ

223 :名無シネマさん:2006/11/21(火) 13:33:00 ID:w594f9zI
日本映画新社を語れ

224 :名無シネマさん:2006/11/22(水) 12:46:45 ID:k9OBMmVu
日本映画新社を語れ

225 :名無シネマさん:2006/11/22(水) 17:05:17 ID:ukdrT3uA
日本映画新社を語れ

226 :名無シネマさん:2006/11/23(木) 11:24:27 ID:GrNyF+SH
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ




227 :名無シネマさん:2006/11/24(金) 10:07:36 ID:LtcTAAzR
日本映画新社を語れ

228 :名無シネマさん:2006/11/25(土) 01:11:14 ID:TZx+CDeU
東宝の今年の興行収入は、過去最高だった2001年(548億)を
既に超えてるんだってね。

229 :名無シネマさん:2006/11/25(土) 03:40:21 ID:bdpXqn4f
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ

230 :名無シネマさん:2006/11/25(土) 15:16:25 ID:p1Trb8Up
日本映画新社を語れ

231 :名無シネマさん:2006/11/25(土) 17:08:16 ID:zOQTSlS0
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ
日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ 日本映画新社を語れ

232 :名無しシネマさん:2006/11/26(日) 04:31:59 ID:PHdRCpVE
ワーナー・ブラザーズの傘下になって、東宝の名前を残して、阪急阪神HD
から完全に独立した会社になってほしい。


233 :名無シネマさん:2006/11/26(日) 16:15:53 ID:4e9lerNL
>232
何故ワーナーの?

234 :名無シネマさん:2006/11/26(日) 21:37:08 ID:nUMldScT
本土のタイムワーナーは業績回復したけどね。1時期大変だった。
ワーナーブラザースはその映画部門だね。

日本のワーナーマイカルは大変だけどね業績が、大箱の劇場50カ所作ったけど
田舎ばかりだからなかなか稼働率が上がらない。もともとあんまり映画の興行なんて
儲からないけど、ここはかなりやばいって話。図体ばかりでかいけど利益穫れてない。
赤字噂有り。ワーナーブラザースとイオン(旧マイカル)の合弁企業ですけどイオン
は自分の所のショッピングセンターの客寄せにシネコンやってるだけだから
赤字にならなきゃ良いて感じでやってる。でもワーナー側はこれには不満有るらしいけど
ワーナーマイカルもシェアだけは穫ったけど、利益出さないとね。それには都市部での
出店が欠かせないけど、今まで田舎ばかりの出店でこのざま。いまから首都圏に出店は
遅いかもよ。なかなか物件でない。必死になって物件探してるけど。だから本社のタイムワーナー説得して日本の映画会社
ごと買うのも手かもね。むこうの商売のやり方は強引かつ乱暴かな。
東宝も狙われたりしてね。もうそろそろ三角合併解禁だね。だからワーナー
マイカルダシにしてやるかも、ただし東映・松竹の方が安上がりだけど。

235 :大和史明:2006/11/27(月) 12:46:07 ID:F+Cbb+fr
日本映画新社を語れ

236 :名無シネマさん:2006/11/27(月) 13:44:57 ID:82VejZxs
東宝は今やハリウッド準メジャー並の配給成績を叩き出している。そう簡単に
無くならないよ^^


237 :名無シネマさん:2006/11/27(月) 14:14:15 ID:MPQkPkno
一応ワーナーマイカルの出店の告知張っておきます。
        ↓
映画館を、よりお客様のお近くへ。1993年に神奈川県海老名の劇場を開業以来、私達は、一貫してベッドタウンにほど近い郊外での展開に力を注いできました。

しかし、人口の都心回帰が進み、都市中心部のさらなる活性化が予測される中、今後私達ワーナー・マイカルは、郊外だけにとどまらず、都心部での開業をも含めた新たな劇場展開に乗り出します。

又従来のグループ以外での2005年秋にオープンの東京の多摩市への初出店等今後もイオングループを含む新しいパートナーとの出店開発を積極的に推進してまいります。

つきましては、下記内容の物件の紹介をお願い致します。



1) 魅力度の高いターミナル及び都市
2) 足元商圏が厚く乗降客一日10万以上の駅周辺
3) 道路アクセスが良好で、商圏が道路に沿って拡大する駐車場機能を備え、吸引力のある業態を構成し、回遊性のある商業施設
4) 人口比率において、顧客のコア年齢層(20歳〜29歳)が多い都市

>>234 タイムワーナーはAOL と合併したときの話?何か大変だったみたい。内部はガタガタになったけど。
最近のタイムワーナーの調子はいかがなんでしょうかね?何かヒット作出してるのか?ココは出版社やケーブルテレビもやってるけどな。

シネコンは、これからは、23区内の立地じゃないと儲からない。環7までだろう。それも駅の近く。
都心の映画館もほとんどシネコンに改装決定。

238 :名無シネマさん:2006/11/27(月) 14:31:04 ID:A2d2FXcJ
そうそう23区内にシネコン付きの物件は簡単に見つからないと思うよ
仮にあったとしてもお台場なんかのようにオープンから数年は大赤字で大失敗って
ケースもあるし、豊洲なんかも我慢の時期を迎えると思う
今ある北千住、押上などの数少ない物件は、各社血眼になって取りに掛かるだろうし
16号線圏内もだんだん難しくなるだろうね

239 :白井泰二:2006/11/27(月) 16:43:30 ID:H3fX4WoQ
日本映画新社を語れ

240 :名無シネマさん:2006/11/28(火) 10:52:42 ID:YJ0UEZvo
>>234
ワーナーマイカルは昨年の2月にマイカル倒産時の借入が全部なくなって
表面上は黒字だよ JETROからも非常に経営がうまくいっている外資系合
弁企業として評価されている

241 :名無シネマさん:2006/11/28(火) 21:05:34 ID:VtvFTyTi
宝塚がある限り、阪急と東宝は縁は切れないのだが。
阪急直営になったとはいえ東宝劇場の大家は東宝。
またジェンヌやOGの再就職としてのつながりも大きい。

242 :名無シネマさん:2006/11/29(水) 02:47:16 ID:6E1wiWZa
>>240
表面上は黒字だよ 
  ↑
あくまでも表面上の黒、実際はあまり稼動してない。特に田舎の劇場は。
50の劇場のほとんどがイオンや旧マイカルの店の付属の劇場。だから大家のイオンの家賃のさじ加減でいかようにも操作は可能。
あんまり儲かってないよ。ワーナーマイカルは、スクリーン数が400近くもあるのに、興行シェア少ない。


243 :名無シネマさん:2006/11/29(水) 11:24:59 ID:zjDsXhcC
日本映画新社を語れ

244 :名無シネマさん:2006/11/29(水) 15:59:19 ID:QBHhqQYJ
いいかげんにしろ!日本映画新社!

245 :北村:2006/11/29(水) 18:40:01 ID:kXpce+Or
東宝ってひどいぜ。いろいろなブログやミクシイ見てると、ホステスや、キャバ
嬢にマスコミ試写配ってるくせに、まじめにレビューと書くライターなどには
試写状を送らないそうだ。自分の友人も媒体4つも持ってるのに今だに試写状を
送ってこない。僕もミクシイの映画評を見ると、キャバ嬢がただつまんないとか書いてる
と頭に来る。

246 :名無シネマさん:2006/12/01(金) 03:20:04 ID:6f0mlkHu
>>245
東宝の宣伝部は仕事なめてるな!自分たちが行く店のネーちゃんに配っているだけだろ。

TBSを朝鮮系のABCマートが狙ってる。株式5%買い占めた。

TBSなんか東宝が買えよ!サクット!映画会社とテレビ局事業の補完性がバリバリあるZO!

企業戦略的な買収なら裁判所も有利ナ判決出す。靴屋とテレビ局?補完性&関連性まったくなし。

同じなのは朝鮮系の社員が多いだけ。いま北朝鮮は日本の経済制裁で慌ててる。

247 :名無シネマさん:2006/12/01(金) 03:21:36 ID:6f0mlkHu
>>245
東宝の宣伝部は仕事なめてるな!自分たちが行く店のネーちゃんに配っているだけだろ。

TBSを朝鮮系のABCマートが狙ってる。株式5%買い占めた。

TBSなんか東宝が買えよ!サクット!映画会社とテレビ局事業の補完性がバリバリあるZO!

企業戦略的な買収なら裁判所も有利ナ判決出す。靴屋とテレビ局?補完性&関連性まったくなし。

同じなのは朝鮮系の社員が多いだけ。いま北朝鮮は日本の経済制裁で慌ててる。

248 :名無シネマさん:2006/12/01(金) 04:11:36 ID:+zRM+oOA
>>245
そもそも試写やサンプルビデオは宣伝のために出すものなので、配給会社・宣伝会社は昔
からタダで試写室に入りたいだけ・ギョーカイの身内になりたいだけの有象無象の映
画ライターやマスコミ業界人なんぞ切り捨てたいのが本音。でもどこで切るかの線引きも難しいので
ズルズルになっているだけ。余り切り過ぎても各媒体に波及しなくなるし、無名の宣伝予算も無いような作
品だととにかく誰でもいいから1人でも多く見せなくてはいけない。
このスキマで有名無名の映画ライターたちが温存されている。
本当は一般の試写会族も締め出したいんだけど、これも線引きが(ry 最近は口コミ狙いでブロガーを招待する試写とかもあるね。

かと言ってホステスやキャバ嬢の口コミが宣伝の役に立つのかどうかは分かりませんが、映画
オタクなライターやマニアの小難しい感想よりも、正直に「つまんない」と言ってくれるそこらへん
の姐ちゃんの方が素人目線なのである意味ではマーケティング的に有難いんでないの?
残念ながら映画オタを釣ったところでお金にはならないんですよ。だから映画ライターも実は要らないんだよね。単
に媒体の埋め草をして映画の固有名詞を出してくれるから重宝しているだけ。他に宣伝経路があれば切りたい。
映画ジャーナリズムが利権やシガラミから独立して成立し得るなんて幻想ですよ。

249 :名無シネマさん:2006/12/02(土) 16:28:01 ID:CPPTdKyp
日本映画新社を語れ

250 :名無シネマさん:2006/12/03(日) 10:10:00 ID:LL14o1od
日本映画新社を語れ

251 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 04:03:14 ID:jGLCrWFc
「weeklyぴあ」がシネコンの特集やってる。これから都心部にもシネコンでき
るから競争激化による飽和状態の予想も出てくるが、人口の都心回帰と需要の
強さを見て強気な劇場・映画会社もある。山手線は池袋と品川にしかシネコン
はなかったが来年早々に新宿バルト9のオープンや渋谷パンテオンの再開発で
の大型シネコン建設が始まってる。またあまり言われていないが、中野が全く
のシネコン空白地帯であるため各社が進出を検討してる。中野サンプラザは取
り壊しが決定されているし、その隣の警察学校跡は数千坪もあり再開発が待た
れている。いずれにせよシネコンの熾烈なバトルは始まることは間違いない。

252 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 04:28:31 ID:3goLZGA+
>>251
今はとにかく銀行は借りて欲しいみたいで、日本全体の景況はボロボロなのに、
ここ数年の東名阪だけは箱物がプチバブルになってきている。
興行会社も出遅れが怖いのでイケイケで投資しているみたいね。せいぜい六大都市圏
ぐらいかな、景気が少しでもマシなのは。六大都市圏は再開発もありダイナミックで面白い。
他はもう駄目。地方にもシネコンやショッピングセンターだけは進出してくるが持つものなのかな。
需要が伸びている時代に大型店が出来るのはいいのだがねえ。

253 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 00:26:08 ID:wRs2Kk5W
東宝は企画見極める力が落ちてんじゃないか?
秋以降の惨敗。来年のラインナップ。
冒険もできないわ、TV企画の続編頼みじゃおわっとる。

254 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 02:56:02 ID:Glnrk/nQ
>>253
元々が東宝は冒険なんかしない会社だよ。興行網で作品が集まるだけ。企画の見
極めも何も、集まった企画から手堅そうなものを配給するだけだし。
勘違いしたジャーナリストや記者が東宝を持ち上げ過ぎなのよ。お酒でも飲ませて
もらっているのかもしれないけどさ。

255 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 04:10:46 ID:B5RCz7+2
確かに東宝は興業網が強すぎるため、社員が頭使ってないかもwww
制作に限れば松竹の連中の方が上かもよ。しかし大船撮影所は無い。鎌倉女子大に

シネコンバブルで今後苦しい劇場会社出てくるかも。とくにワーナーマイカルは
赤字のウワサ絶えないぞ。おまけにムリに都心に出ようとするからマスマス
赤字が・・・イタイのは社長が外人で役員も半数が外人で日本に常駐してない
おまけに持ち株は日本と折半だからつらいよ〜ある意味無責任体制。
いなかのシネコンつぶれる時代が来るかもよ!

東映がテレ朝と近ずく体制になりました。テレ朝が東映の株式の13%買い取りで影響力行使できますね。
いよいよ日本もメディアコングロマリット時代の始まりでつ。
いづれ東宝もテレビ局とお近づきになるでしょう。しかし東宝>東映なので単純にテレビ局が東宝を買えるかどうか?
東宝は東映の2倍以上のデカさ。逆に東宝がテレビ局を買うのでは?他にもWOWOWやらジュピターテレコムやらと
くっ付くかもナ。東宝が有料放送会社に出資するの可能性も。

256 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 22:01:42 ID:GKtn5/au
>>255
フジテレビと東宝は株の持ち合いやってるし、日本映画衛星放送(日本映画専門
チャンネルなど)は事実上、東宝の衛星放送部門(第4位株主)。東映や松竹、日活
みたいに自社のみで衛星放送事業をやろうとしないところが社風を表している。

松岡会長いわく、つまらないコンテンツを自社でごろごろ抱え込むぐらいなら制作部門
はなくてもいいと暗に東映を皮肉ったらしいからな。でも、ここ数年はこの前言撤回
する位の制作部門の建て直しなんだろうかと思う。


257 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 02:49:17 ID:VaOJ65LU
>>256
>でも、ここ数年はこの前言撤回する位の制作部門の建て直しなんだろうかと思う。

でも東宝単独の企画・製作作品なんかないでしょ。製作委員会に乗っかって出資し
ているだけ。東宝が企画幹事社を取った作品ってどれだけあるの?
子会社の東宝映画はまだあるけどね。東宝スタジオも邦画バブルできっちりステージが埋まるという
見込みがあってこそ改修したわけだし。

東宝はどこまで行っても配給・興行網の強さこその会社ですよね。

258 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 04:47:50 ID:ndajfEkb
皆さん東宝にキビシイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

259 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 09:24:58 ID:wfIZhFqG
東宝が製作幹事やってる作品も一昔に比べたら明らかに増え
ているよね。今年だけでも県庁、サイレン、トリック2、ラフ、7月24日
通りとかあるし、コケもあるがまぁまぁ当たってる。テレビ部から
映像製作部への昇格がでかいのかな。来年も愛ルケ、眉山2本
と椿三十郎は東宝映画の受託制作作品。かなりやる気満々なん
じゃないの?しかし、自慢の配給部門が秋からコケ気味なのが
気になるがw

260 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 14:46:25 ID:/86Uep1f
日本映画新社、整理会社とのこと。

261 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 20:03:21 ID:643wbQEi
>>259
しかし、自慢の配給部門が秋からコケ気味なのが気になるがw
    ↑
詳しく!くわしく!


262 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 23:22:36 ID:DjAh3Ed7
>>261
詳しくも何も、今年前半あんなに絶好調の東宝が、シュガスパを狭間に
虹の女神・7月24日通りのクリスマス・NANA2と公開する作品が壮絶に
こけ初めてるだろ!この先、犬神家・愛ルケ・どろろどれもヤバイだろw

263 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 07:23:36 ID:Vz9nBuK8
どろろは一般の試写でみんなひどくてびっくりしてるよ。VFXも金が足りなかったのだろうって
70代のばあちゃんにも言われている(笑)。あのカップルのファン以外見なくていいらしい。

264 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 14:25:38 ID:aldXr9Hr
東宝はどこかの時点で自分たちに企画力があると勘違いしたのだろう。
大人しく興行だけに専念すればよいものを。

265 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 14:29:17 ID:aldXr9Hr
NANA2が10億、犬神が10億、愛ルケ5億、どろろ15億と予想。
アニメを除いたら西遊記まで恐らくヒットはない。

266 :東宝関係者:2006/12/13(水) 21:00:55 ID:RPGKSoxR
東宝は現在つらい立場ですよ。
松竹の俳優をゴリ押しで使わないといけない

東宝がどんなにがんばってもちょっとしんどいな。


267 :東宝関係者:2006/12/13(水) 21:17:50 ID:RPGKSoxR
東宝で松竹映画の予告をやるのがつらい
死にたい気分になる
なんで映画を知らない若造が多い
松竹の柳樂裕弥の映画予告をする必要があるのか?
自殺を考えた事があります。

そして退職者が後を立ちませんm(__)m

268 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 23:45:30 ID:XeAkRSCD
東宝、興行収入が累計約590億円で過去最高に

 東宝は13日、今年の自社映画の興行収入(興収)が累計約590億円に達し、
過去最高になるとの見通しを発表した。500億円超えは平成16年以来3年連続。
邦画が洋画を圧倒した今年の映画興行界を象徴する数字といえそうだ。
 東宝によると、11月末の時点で興収は約559億5000万円。
12月公開の作品を含めると590億円前後になる見通しという。
同社は今年27本の新作を上映。興収100億円以上のヒット作はゼロだったが、
興収20億円以上が10本あった。興収1位は「ゲド戦記」で約76億5000万円、
2位は「LIMIT OF LOVE 海猿」で71億円、3位は「THE 有頂天ホテル」で60億8000万円だった。

269 :白井泰二:2006/12/14(木) 11:28:07 ID:q9I5qd/8
森川政智とは誰だ?

270 :名無シネマさん:2006/12/15(金) 07:08:15 ID:dl+LMSYE
ゴジラはマジでもうやらないの?
さみしい〜

271 :名無シネマさん:2006/12/16(土) 03:02:22 ID:iPgXE91I
しかし、東宝は制作に首突っ込むと全然ダメだな、センスの悪さもろだし。
なんとかならんのか。松竹の方がシナリオもおもろいな!山田組に頼りがち
なのは分かるけど、しかたないやん!ここまで数字取れる監督は彼しかいな
いんだよ。東宝の現役の監督に著名な奴おるんかい。
はっきり言って東宝は、不動産屋・ビル屋と言っても良い。興業収入増えて
いる間に良い物件買い増したら良い。海外の物件でも良いかも。バンコクと
かシンガポールとか。東宝は制作で利益あげようとするのはムリかもYO!
そんだけの能力ある奴いないモン。市川南?あいつは制作能力無し大手量販
店のバイヤーみたいなもんwww仕入れ部長かなせいぜい。
製作会社の連中の前でふんぞり返ってるだけだよ!

272 :名無シネマさん:2006/12/16(土) 04:31:51 ID:IU/0wDPG
>>271
>山田組に頼りがちなのは分かるけど、しかたないやん!

釣りバカなどのシナリオにもまだ名前があるし、山田が亡くなったら松竹映画の伝統は
絶えるだろうな。本木・朝原・阿部あたりにはもう大船調への執着はないだろ。本音では自分の映画を撮りたいはず。

>東宝の現役の監督に著名な奴おるんかい。

もう東宝(東宝映画)には社員監督も東宝スタジオを根城にする監督もいないでしょ。

>そんだけの能力ある奴いないモン。

純粋に東宝(東宝映画)が製作幹事を取ったといえる作品がどれだけあるものか。
映画記者たちが去年から散々東宝を持ち上げたもんな。あいつら、どれだけ接待されたんだろうね。まあ映画
ジャーナリストほど陰で軽蔑されている人種もないけどなw
昔みたいに作品通で俳優や監督とも対等に話せるような人がいるわけでもないし。

273 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 20:20:06 ID:j+eUihEk

【興行】東宝が邦画“独り勝ち”…人気21作品が目白押し 来年も勢い止まらず!?[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167034507/

【興行】東宝が邦画“独り勝ち”…人気21作品が目白押し 来年も勢い止まらず!?[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167034507/

【興行】東宝が邦画“独り勝ち”…人気21作品が目白押し 来年も勢い止まらず!?[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167034507/

【興行】東宝が邦画“独り勝ち”…人気21作品が目白押し 来年も勢い止まらず!?[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167034507/

【興行】東宝が邦画“独り勝ち”…人気21作品が目白押し 来年も勢い止まらず!?[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167034507/


274 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 20:49:02 ID:LyFsheI1
>純粋に東宝(東宝映画)が製作幹事を取ったといえる作品がどれだけあるものか

俺から言わせればこの純粋さがキモい
製作幹事じゃないから東宝の成績を評価できないてアホか?
純粋真っ直ぐ君みたいで気持ち悪い
同じようなもので、映画俳優を語るとき
少しドラマに出たら奴はドラマに出たから映画俳優・女優ではないとムキになって否定する奴・・・・



275 :名無シネマさん:2006/12/26(火) 02:10:40 ID:J0RB4FtN
>>274
東宝グループ自体に特別に高い制作能力があるわけでもないのに、「東宝マンセー」
するジャーナリストや映画オタがキモいって話なんじゃないの?

映画俳優云々については、いま、純粋に映画専業俳優といえる人種がいるのは主にアメリカ
だけなので(強いて言えばインドなどもそうか)、そうした議論を行うこと自体が無意味。
いまだに映画俳優幻想の強い奴が麻生久美子とか宮崎あおいとか誉めたりするけど。アメリカでも
中堅以下の俳優は昔から映画にもTVにもどっちも出てるんだけどね。

276 :名無シネマさん:2006/12/30(土) 19:43:47 ID:iDmxif3U
福岡の直営館天神東宝で、故か東映の「大奥」を、いちばんデカイ箱でやっている。
訳判らん…

277 :名無シネマさん:2007/01/02(火) 08:59:54 ID:qFu/HHjA
ワーナー中国映画館経営撤退
11月10日16時14分配信 産経新聞

 米メディア大手タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザース国際映画は、中国での映画館経営事業から撤退すると発表した。
 昨年、中国政府による外資に対する規制が強化され、合弁企業の経営権を中国側に委譲しなければならないことになったため、同社は全面撤退を決断した。

 同社は2002年に中国に進出し、中国側企業との合弁の形で現在、上海などで6館を運営。将来は30館にまで規模を拡大する計画が進んでいた。(ロサンゼルス 松尾理也)

合弁企業の経営権を中国側に委譲しなければならないことになったため、同社は全面撤退を決断した。
      ↑
これじゃ〜〜中国には進出するのは無理だね。台湾とか東南アジアとか・・・
シネコンを中国に持っていくのは、おじゃん!

しかし、散々設備投資させておいて、あとから取り上げるのはむかつく!中国はそういう国!

278 :名無シネマさん:2007/01/03(水) 21:26:57 ID:rdKYBBrm
正月はみんなで東宝映画見ましょう!

犬神家の一族www

279 :名無シネマさん:2007/01/03(水) 22:07:50 ID:zKPSHvOo
>>275
>いま、純粋に映画専業俳優といえる人種がいるのは主にアメリカ
>だけなので(強いて言えばインドなどもそうか)、そうした議論を行うこと自体が無意味。

だからそういうような純粋に映画俳優などはアメリカしかいないとか
純粋性を言い出すお前がキモいと言っているんだ(しかも、お前どこまで各国の映画界の状況をしっているんだw)
結局それは純粋性を求めているから。だから否定をしようとする
ああ、キモキモ

280 :名無シネマさん:2007/01/05(金) 07:41:03 ID:Tusde0ut
★邦画活況、商社呼び込む

 大手商社が邦画など日本製映像コンテンツを使った事業に力を入れる。
三井物産は松竹への出資比率を約1%から3%に上げ、映画製作などで
協力関係を強める。双日も米国で動画配信事業を始めた。
邦画は2006年興行収入で21年ぶりに洋画を逆転したもようで、
正月作品も勢いを維持。商社のノウハウで海外市場開拓やインターネット配信を
強化できれば、邦画の収益力や作品の規模も膨らみそうだ。

 三井物産は保有する松竹子会社の衛星劇場(東京・中央)の株式と、
松竹の新株約202万株を交換するなどして松竹への出資比率を引き上げた。
三井物産は06年6月に松竹と資本・業務提携し、松竹に約1%出資していた。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070105AT1D270AQ04012007.html

281 :名無シネマさん:2007/01/06(土) 12:00:52 ID:j4JlFSRV
>>280
東宝は、特定の商社との連携はないようだが、ジブリやポケモンは
三菱商事と組んでローソンなんかでよくキャンペーンやったりして仲良いよね。

282 :名無シネマさん:2007/01/06(土) 16:08:40 ID:ojMUqv88
来年、誕生10周年記念で踊るファイナルをやるので、それまで今年は我慢・・・・

283 :名無シネマさん:2007/01/06(土) 16:29:54 ID:Er5JiEr3
>>274-275
東宝を見ると、映画会社にとって最も重要なのは興行だってのがよくわかる。

284 :名無シネマさん:2007/01/06(土) 23:25:04 ID:63//oeIi
東宝は、とっととJ-COMと合併せい。

TBSでもいいけどもうチョンのもの、映画会社は地上波テレビ局といっしょにあなるのは?

それよりもケーブルテレビがいいかも!

285 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 12:40:48 ID:S9lp5bM9
で、東宝はどうやったら潰れるの?
あの不動産部門がある限る。何もしなくても金は入ってくるんだろ


286 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 13:18:15 ID:Ab6pFmAU



                            ある限る

287 :名無シネマさん:2007/01/08(月) 04:43:05 ID:Q1YMdByR
>>285

良いことに気づきましたね。その通りです。

マー公取委に言われて独禁法違反で製作部門と興行部門が分離されたらかなり危ないかもね。


288 :名無シネマさん:2007/01/08(月) 07:06:04 ID:OGXTb5LD
>>287
>製作部門と興行部門が分離されたらかなり危ないかもね
製作部門と興行部門を分離させられると
当然簡単に製作部門を切って、不動産と興行でますますの発展ということになるんじゃないのか?

289 :名無シネマさん:2007/01/08(月) 14:16:09 ID:uiIowDw0
というか本社に映像制作部門が出来て、興行部門が本社から切り離されたジャン
結局は、金が集まるローリスクものは本社に 競争原理の激しいハイリスクものは
社外へ そして、徹底的にリストラ それが東宝

290 :名無シネマさん:2007/01/08(月) 19:05:52 ID:OGXTb5LD
舞台についてまったく無知なんだが
東宝の舞台てどれくらい強いの?
東宝売り上げ全体でどれくらいの%を占めているのかな?

291 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 23:40:01 ID:6dY7Y5E5
>>285
東京宝塚ビルは年60億を売り上げ、6億の利益を出すそうだ。

292 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 07:58:05 ID:fxAPQk2d
何もしなくても(もちろんメンテナンスはするが)年6億の利益
そんなビルを全国各地に抱えている東宝・・・・・
よく映画なんかやっているね


293 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 22:42:50 ID:3NSHF/UK
>>292
先達が土地の価値をよく分かってたわけだわな。
東京、大阪、名古屋、福岡本当にいいとこに劇場を持ってる。
しかも建て直せばさらに価値を高めることも可能。

294 :名無シネマさん:2007/01/11(木) 05:23:51 ID:YkVh7fEY
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1168439150/

【証券】糸山英太郎氏:テレビ東京株保有比率上昇、11・48%に…第2位の主要株主に [07/01/10]
1 :明鏡止水φ ★ :2007/01/10(水) 23:25:50 ID:???
 元衆院議員の糸山英太郎氏によるテレビ東京株の保有比率が、糸山氏が経営する
新日本観光分と合わせ、これまで発表していた10・41%から11・48%に高まった
ことが10日、関東財務局に提出した大量保有報告書で分かった。

 同報告書によると、本人名義が18万株、新日本観光名義が219万株で全株式の
取得総額は約97億円。保有目的は「純投資」としている。一方、テレビ東京は同日、
新日本観光名義の議決権比率が10・61%と、日本経済新聞に次ぐ第2位の主要株主と
なったと発表した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E5%B1%B1%E8%8B%B1%E5%A4%AA%E9%83%8E
糸山英太郎はホームページでテレビ東京の対応に感謝すると共に、更にテレビ東京株を買い増しして影響力を強めていく意向を
述べたが、一方で大株主が人事に介入するのはおかしいとしてテレビ東京側への批難の声も上がっている。また、深夜のアニメ
放送に抗議するなど番組編成にまで口出しし、「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」と発言した。


>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」
>「深夜にアニメを放映するぐらいならお色気番組を放映したほうが健全だ」

しかし、すごいな〜〜〜
東宝!何とかしてやれよ。東宝がテレ東買えば?社員かわいそうジャンwww

295 :白井泰二:2007/01/12(金) 11:54:09 ID:D6DCU+jF
日本映画新社を語れ!

296 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:21:03 ID:dAMz+cQd
*なっちです。
 かの有名な(会場爆笑)。
 さてA、このスレの存在は以前から知っていましたが、興味もなく、
 ROMしたのも今日が初めてです。 
 映画界に詳しくないので、めまいがしそうなほどですね。みなさん詳しい。
 こっちは単なる、一映画ファンですので、余り難しいことを書かないでください。
 では、今日から参入です。

297 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:25:50 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(1)】

Q このスレでは企業としての東宝が語られていいますが、一部、
 東宝芸能の件に触れたレスもありますね。なっちさんはどう思いましたか?
A よく聞く「東宝(東宝芸能)はろくに人を育てられない」という
 内容を、少し詳しく堅苦しく述べているだけって感じかな。
 特段、これといった内容もないし、アンチなら言うでしょう。
 まず、東宝は映画会社なんだよ。演劇部はあるとはいえ、まず映画。
 そこに着目して語らないと、シンデレラの件とかがいい加減な
 語り方になると思う。

298 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:30:56 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(2)】

Q と言いますと、このスレで語っている内容など周知のこと、
 新しい視点が必要では、とおっしゃるんですね?
A 東宝シンデレラがスタートしたのは、日本映画が完全に斜陽化
 してからのことだよね。書いている人もいたけど、これってたぶん
 第1回とは名乗ってなかったんだと思う。
 東宝50周年記念イベントでやってみたら、沢口靖子が採れたので
 第2回以降があったんだと思う(歴史を知らないので間違いかも
 しれないけど9.つまり、その後のグランプリが引退したり、
 引退しないまでも無名だったりしたのは、ある意味仕方のない面もある。
 時はまさに日本映画暗黒時代。グランプリですら、主演作もなく
 ドラマに流れたり、特別賞の水野真紀に至っては完全なドラマ女優。
 時代のせいが大きいというのを、少し考えてあげないと。


299 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:36:27 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(3)】

Q なるほど。確かに沢口靖子の代表作も、ドラマですものね。第5回の
 長澤まさみのオーデションは2000年。これも日本映画暗黒時代ですね?
A そうなんだよ。長澤のデビュー作「クロスファイア」を初め、
 初主演作「ロボコン」など、一連の作品はみな日本映画暗黒時代の
 作品。しかし、ついていたのは、長澤はオーデ時12歳で、まだ幼い
 ときに、苦労時代があった。今の長澤初め、若手女優はみな同じ
 ような流れに乗ってるんだけど、苦労時代があって、ちょうど
 年齢的に熟したあたりに、日本映画復活期がきた。


300 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:42:25 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(4)】

Q 東宝は「ロボコン」を見て、2005年のカレンダーの表紙に長澤を抜擢、
 ついでに「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインに抜擢しました。
A  つまり、長澤まさみのブレイクは完全に仕掛けられたものなんだよ。
 しかし重要なのは、あんなメガヒットになり、7つも賞を取るとまで
 予想していなかったということ。
 期待に応えたなどというレベルではなく、たった一作で、東宝芸能
 最年少で事実上のトップに立ってしまった。表紙に抜擢した人事は
 まさしく的中したわけ。
 だから、東宝は人を育てられないなんて簡単に言うなってこと。
 時代の限界もあるし、運もある。後づけで「デビュー時から長澤の
 オーラはすごかった」なんて言う人間が多いが、12作の出演作品の
 10作を映画館で見てきたけど、「セカチュー」までは何とも
 思わなかった。作品と役者との運命的な出会いということ。


301 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:49:20 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(5)】

Q そこで、第6回東宝シンデレラの話になるわけですが、なっちさんは
 3名とも高く買ってらっしゃいますね。
A 先日、朝倉あきという、たぶんオーデ落選組と思われる新人が
 加入してたけど。
 グランプリの黒瀬真奈美は、長澤に似ていると所期に散々言われたが
 最近の写真ではそんなでもない。全く異なるよさがある。長々書いても
 しょうがないので簡潔に言うなら、こんな純朴さをもった女優は
 稀有としかいえないってこと。絶対にブレイクする。
 増元裕子は特別賞のハンデはあるが、今回はレベルの高い争いで
 (朝倉の例でわかる)映画でブレイクを予想。
 池澤あやかはやや不安だが、都会的センスを生かせば、東宝カラー
 とはちょっと異なる部分で、人気が出る可能性も。
 以上の4名は、これまでのシンデレラとはちょっと別格。長澤とは
 言わないが、時代を味方につけて、各方面での活躍を期待。

302 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 16:56:02 ID:dAMz+cQd
【なっち・東宝シンデレラを語る(6)】

Q 東宝シンデレラについてお聞きしてまいりましたが、そろそろ
 お時間となりました。最後に一言お願い致します。
A 長澤まさみの成功を、たまたまととっている人がすごく多い。
 極端な言い方だとごり押しとか。
 時代ですよ、最大の問題は。いくらがんばろうが、映画がだめだった
 時代には、ドラマに流れるか、演劇に行くしか道はなかった。
 東宝はやっと悲願の看板女優を得て、成功の味をかみしめているはず。
 「東宝ジュニア」なんていう、そうは言っていないが、事実上の
 東宝シンデレラ予備軍みたいな養成所まで開校するに至った。
 よもや、五社協定の時代にまで戻るとは言わないが、自社の女優を
 抱えるメリットは余りに大きい。
 今後もシンデレラを応援し、このスレタイが馬鹿みたいに見えるまで
 がんばろうと思います。 ではA 

303 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 01:03:25 ID:ASOAY5BV
東宝舞台ですが昨年夏秋の新作2本が失敗しています。
今年度も特に目新しい作品はなく、興行的には先細りの傾向です。

【皇居前】東宝総合スレッドPart11【帝劇】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/drama/1164799573/

304 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 07:18:01 ID:fmmFMiaY
>>297から>>302まで
市川南が傲慢カマしてますねwww 偉そう〜

それはともかく、東宝は、売上の4分の1が自社物件からの賃貸収入、利益の半分不動産部門からという会社。
だから、会社の利益は不動産から、映画市場の拡大は本当に東宝の利益拡大になるの?競争激化のあおりで
利益率が逆に下がる事はないのか?シネコンバブルをマジで東宝は危惧してる。新規にはシネコン造りたくない
のが東宝の考え、既存館のシネコン改装がほとんど。

五社協定の時代にまで戻るとは言わないが、
          ↑
当たり前!独禁法違反!社長辞めさせるきか?by不二家のペコちゃん.

自社の女優を抱えるメリットは余りに大きい。

確かに!テレビ局のように芸能プロダクションへの外注ばかりだとキャッシュの流出が激しい。
おまけに芸能界は893の巣窟、警視庁・警察庁も排除したがってるぞ。

自前で女優・俳優抱えれば、スケジュール管理も自社に有利に!この業界あまりにも分業しすぎ。
外注しすぎ、テレビ局も自分で制作しろよ〜 今後は、エンターテイメント業界も統合化始まるぞ!
もっともアメリカは、統合化しすぎでハリウッドの国際競争力がガタ落ち。バイオコム(パラマウント映画)
は買収したCBSテレビを分離、垂直統合も良し悪し。ディズニーのABC買収は、なんとかなったみたいだが・・・

305 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 13:42:06 ID:PXXI9YtC
なっちさん、日本映画新社をどう思いますか?

306 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 13:49:34 ID:dmH4IkJs
>>305
おまえは、なずなにまで訊くのかw
キチガイとキチガイの邂逅。

307 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 13:51:24 ID:m+j2AM/q
> 初主演作「ロボコン」など、一連の作品はみな日本映画暗黒時代の作品。

嘘付け(笑)!
「ロボコン」は明らかに日本映画復活期の作品だろ!
そうじゃなきゃ誰が古厩監督に商業映画なんか撮らせる(笑)?

308 :白井泰二:2007/01/18(木) 16:54:33 ID:zw3q2btU
日本映画新社を語れ

139 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)